会員登録はこちら
ターコイズステークス G3   日程:2019年12月14日()  中山/芝1600m

ターコイズステークスのニュース&コラム

【古馬次走報】ワンダーリーデル、チャンピオンズCへ
 ★エリザベス女王杯10着フロンテアクイーン(美・国枝、牝6)は、ターコイズS(12月14日、中山、GIII、芝1600メートル)に向かう。 ★武蔵野Sで初の重賞Vを飾ったワンダーリーデル(栗・安田翔、牡6)は、引き続き横山典騎手でチャンピオンズC(12月1日、中京、GI、ダ1800メートル)に向かう。同4着ダンツゴウユウ(栗・谷、牡5)は、師走S(12月7日、中山、L、ダ1800メートル)へ。 ★オーロC11着トウショウピスト(美・土田、牡7)はラピスラズリS(12月1日、中山、L、芝1200メートル)へ。同15着ウインファビラス(美・畠山、牝6)はターコイズSかディセンバーS(12月15日、中山、L、芝1800メートル)を最後に繁殖入りする予定。 ★観月橋Sを勝ってOP入りしたメモリーコウ(栗・松永幹、牝4)は、クイーン賞(12月11日、船橋、交流GIII、ダ1800メートル)に登録する。 ★昨年の日本ダービー13着以来、戦列から離れていたサンリヴァル(栗・藤岡、牡4)は、チャレンジC(30日、阪神、GIII、芝2000メートル)かディセンバーSで復帰する。 ★オパールS11着ミラアイトーン(栗・池江、牡5)はタンザナイトS(12月14日、阪神、OP、芝1200メートル)に向かう。
2019年11月13日(水) 05:00

 78

【古馬次走報】シゲルピンクダイヤ、ターコイズSへ
 ★秋華賞3着シゲルピンクダイヤ(栗・渡辺、牝3)はターコイズS(12月14日、中山、GIII、芝1600メートル)に向かう。 ★南部杯を制したサンライズノヴァ(栗・音無、牡5)は戸崎騎手とのコンビで武蔵野S(11月9日、東京、GIII、ダ1600メートル)の予定。6着ミツバ(栗・加用、牡7)はチャンピオンズC(12月1日、中京、GI、ダ1800メートル)へ。
2019年10月23日(水) 05:01

 313

京成杯AH制覇のトロワゼトワルはターコイズSへ
 前走の京成杯AHで重賞初制覇したトロワゼトワル(栗・安田隆、牝4)の次走が20日、所属する社台サラブレッドクラブのホームページで発表された。ターコイズS(12月14日、中山、GIII、芝1600メートル)に向かい、同舞台で重賞連勝を目指す。中間は、山元トレーニングセンターで調整を進めていく予定となっている。★トロワゼトワルの競走成績はこちら
2019年9月20日(金) 16:16

 374

ただ今の時間は追い切り情報はありません。

※更新時間の目安は水曜日05:00頃となります。
(年始やG1レースで異なる場合があります)

まだコラムはありません。
予想家コラムは
レース開催週の月曜日より順次公開されます

ターコイズステークス過去10年の結果

2018年12月15日() 中山競馬場/芝1600m 天候: 馬場:
1着 ミスパンテール 横山典弘 1:32.7 9.9倍 101.7
2着 リバティハイツ 北村友一 1/2 33.5倍 101.0
3着 デンコウアンジュ 柴田善臣 クビ 58.3倍 101.0
2017年12月16日() 中山競馬場/芝1600m 天候: 馬場:
2016年12月17日() 中山競馬場/芝1600m 天候: 馬場:

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

ターコイズステークスのデータ分析とレース傾向

コース図中山芝1600m

年末の中山ではおなじみとなっている牝馬限定のハンデ戦だが、2015年から重賞となり実績馬が出走しやすくなったことで、好走馬のローテに変化が生じてきている。オープン特別時代は11月東京のユートピアS(牝馬限定)など前走1600万下戦で敗れた馬が格上挑戦して軽ハンデを味方に好走していたが、重賞昇格後は準オープン馬の出走自体が少なくなり、オープンへの昇級緒戦となる馬も苦戦するようになった。もっともハンデ戦かつ前走G1出走馬の取捨など一筋縄でいかないレースであることに変わりはなく、中山のなかでも特段トリッキーな芝1600mというコース設定が、予想をさらに難解にさせている。(各種データ、原稿は本年のレース発走前のものとなります

データ分析をもっと見る >

ターコイズステークスの歴史と概要


2017年の優勝馬ミスパンテール

同名のオープン特別を引き継ぐ格好で2015年に新設された牝馬限定重賞。第1回(2015年)は、11番人気のシングウィズジョイが1着、16番人気のダンスアミーガが2着、15番人気のオツウが3着と、初っ端から大波乱の幕開けとなり、3連単の配当は驚愕の2,954,680円を記録した。しかし、続く第2回(2016年)は1番人気のマジックタイム、第3回(2017年)は4番人気のミスパンテールと、一転して比較的人気サイドが勝利するようになっている。

歴史と概要をもっと見る >

ターコイズステークス昨年のBIGヒット予想家

去年のターコイズステークスを見事的中させた予想家です。
今年もBIGヒットが期待される予想家の無料予想を枠順確定から発走直前まで続々と公開します!
無料予想は 会員登録(無料)するだけでご覧頂けます。

今すぐ会員登録(無料)する!

2018年12月15日(土) 15:23更新
予想家名
予想家レベル・クラス
配当 払戻 予想
Lv 102 
690,180円 2,760,720円
Lv 99 
131,780円 1,317,800円
Lv 90 

690,180円
131,780円
882,840円
Lv 99 
15,220円 380,500円
Lv 92 
11,970円 359,100円
Lv 106 
29,440円 294,400円
Lv 106 

15,220円
3,870円
229,600円
Lv 100 
15,220円 152,200円
Lv 91 
15,220円 152,200円
Lv 105 
15,220円 152,200円
Lv 97 
131,780円 131,780円
Lv 82 
131,780円 131,780円
Lv 88 
131,780円 131,780円
Lv 83 

29,440円
3,870円
125,500円
Lv 98 
1,180円 118,000円
Lv 90 
1,180円 118,000円
Lv 89 
1,180円 118,000円
Lv 86 
3,870円 116,100円
Lv 107 

29,440円
400円
109,120円
Lv 94 
6,790円 101,850円

ターコイズステークスの攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2019年11月16日(
東京スポーツ杯2歳S  G3
2019年11月17日(
マイルチャンピオンS  G1

競馬番組表

2019年11月16日(
3回福島5日目
5回東京5日目
5回京都5日目
2019年11月17日(
3回福島6日目
5回東京6日目
5回京都6日目

ターコイズステークス特集
バックナンバー

ターコイズステークス2019
ターコイズステークス2018
ターコイズステークス2017
ターコイズステークス2016
ターコイズステークス2015
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡7
100,070万円
2 アーモンドアイ 牝4
90,211万円
3 レイデオロ 牡5
88,155万円
4 オジュウチョウサン 牡8
66,681万円
5 スワーヴリチャード 牡5
58,813万円
6 リスグラシュー 牝5
58,398万円
7 キセキ 牡5
52,914万円
8 マカヒキ 牡6
51,710万円
9 アルアイン 牡5
51,170万円
10 ブラストワンピース 牡4
50,950万円
» もっと見る

3歳
1 サートゥルナーリア 牡3
31,176万円
2 アドマイヤマーズ 牡3
27,353万円
3 クロノジェネシス 牝3
26,043万円
4 ダノンキングリー 牡3
24,181万円
5 ダノンファンタジー 牝3
23,621万円
6 ヴェロックス 牡3
21,907万円
7 ラヴズオンリーユー 牝3
19,950万円
8 グランアレグリア 牝3
19,878万円
9 ワールドプレミア 牡3
19,473万円
10 リオンリオン 牡3
13,748万円
» もっと見る