ミスマンマミーア(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
ミスマンマミーア
ミスマンマミーア
写真一覧
現役 牝5 栗毛 2015年2月23日生
調教師寺島良(栗東)
馬主吉田 勝利
生産者新生ファーム
生産地日高町
戦績20戦[3-1-2-14]
総賞金6,596万円
収得賞金2,330万円
英字表記Miss Mamma Mia
血統 タニノギムレット
血統 ][ 産駒 ]
ブライアンズタイム
タニノクリスタル
サンデーメモリー
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
タヤスメモリー
兄弟 マジカルサンデー
前走 2020/10/24 新潟牝馬ステークス OP
次走予定

ミスマンマミーアの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
20/10/24 新潟 11 新潟牝馬S OP 芝2200 138138.344** 牝5 54.0 藤田菜七寺島良468(0)2.16.7 1.435.8⑬⑬⑬⑫ウラヌスチャーム
20/10/11 京都 11 京都大賞典 G2 芝2400 1781637.9913** 牝5 54.0 池添謙一寺島良468(-2)2.27.2 1.635.2⑭⑭⑮⑯グローリーヴェイズ
20/09/19 中京 11 ケフェウスS OP 芝2000 1671418.675** 牝5 52.0 池添謙一寺島良470(+16)1.59.2 0.535.7⑭⑬⑫⑫トリコロールブルー
20/07/19 函館 11 函館記念 G3 芝2000 162314.578** 牝5 52.0 池添謙一寺島良454(-12)2.00.4 0.736.7⑭⑫⑩⑩アドマイヤジャスタ
20/06/14 阪神 11 マーメイドS G3 芝2000 167149.659** 牝5 53.0 小崎綾也寺島良466(0)2.01.9 0.835.6⑭⑭⑯⑮サマーセント
20/05/24 京都 11 烏丸S 3勝クラス 芝2400 16366.231** 牝5 55.0 池添謙一寺島良466(+14)2.24.9 -0.134.6⑫⑫⑫⑩ショウリュウイクゾ
20/02/15 京都 10 松籟S 3勝クラス 芝2400 12338.764** 牝5 53.0 池添謙一寺島良452(-4)2.28.6 0.335.1⑥⑤⑥⑧トーセンカンビーナ
20/02/02 東京 10 早春S 3勝クラス 芝2400 136911.768** 牝5 53.0 福永祐一寺島良456(-4)2.25.7 1.035.5⑥⑤④ボスジラ
19/12/07 中京 11 中日新聞杯 G3 芝2000 1681534.21210** 牝4 50.0 藤田菜七寺島良460(-6)1.59.9 0.733.8⑯⑯⑯⑯サトノガーネット
19/11/10 京都 11 エリザベス杯 G1 芝2200 18715166.31617** 牝4 56.0 浜中俊寺島良466(-2)2.16.0 1.933.7⑱⑱⑱⑱ラッキーライラック
19/10/06 東京 9 六社S 3勝クラス 芝2400 1571317.773** 牝4 53.0 四位洋文寺島良468(+16)2.26.0 0.233.5⑨⑨⑨⑩アフリカンゴールド
19/06/30 中京 9 木曽川特別 2勝クラス 芝2200 128113.721** 牝4 55.0 福永祐一寺島良452(-4)2.14.7 -0.336.2⑨⑨⑧⑧スヴァルナ
19/06/09 阪神 9 三田特別 2勝クラス 芝2400 147117.453** 牝4 53.0 四位洋文寺島良456(+4)2.26.5 0.335.6⑩⑩⑩⑨サトノガーネット
19/04/14 阪神 8 4歳以上500万下 芝2200 12224.521** 牝4 55.0 四位洋文寺島良452(+6)2.13.9 -0.135.2⑦⑦⑦⑤プルンクザール
19/03/24 中京 7 4歳以上500万下 芝2000 168169.246** 牝4 55.0 北村友一寺島良446(-13)2.00.4 0.834.2⑭⑭⑭⑭アドラータ
18/01/13 中山 9 菜の花賞 500万下 芝1600 123310.549** 牝3 54.0 森泰斗佐藤賢二438(-8)1.36.7 0.734.6⑪⑨⑨オハナ
17/12/02 中山 9 葉牡丹賞 500万下 芝2000 97715.655** 牝2 54.0 森泰斗佐藤賢二446(-8)2.01.8 0.434.4⑧⑧⑧⑦ジェネラーレウーノ
17/10/28 東京 11 アルテミスS G3 芝1600 152334.0109** 牝2 54.0 宮崎光行松本隆宏454(-6)1.35.5 0.634.8⑬⑪ラッキーライラック
17/09/02 札幌 11 札幌2歳S G3 芝1800 143316.567** 牝2 54.0 宮崎光行松本隆宏458(-2)1.51.7 0.336.0⑪⑩⑩⑫ロックディスタウン
17/08/12 札幌 10 コスモス賞 OP 芝1800 112237.072** 牝2 54.0 井上俊彦松本隆宏460(-4)1.51.3 0.035.4⑨⑨⑨⑦ステルヴィオ

ミスマンマミーアの関連ニュース

 ★南部杯2着モズアスコット(栗・矢作、牡6)は、チャンピオンズC(12月6日、中京、GI、ダ1800m)を目指す。27日に帰厩しており、体調次第で武蔵野S(11月14日、東京、GIII、ダ1600m)を挟む。

 ★ブラジルCを快勝した白毛のハヤヤッコ(美・国枝、牡4)はチャンピオンズCへ。

 ★富士S3着ケイアイノーテック(栗・平田、牡5)はマイルCS(11月22日、阪神、GI、芝1600m)へ向かう。9着サトノアーサー(栗・池江、牡6)は、リゲルS(12月12日、阪神、L、芝1600m)へ。

 ★菊花賞3着サトノフラッグ(美・国枝、牡3)は、ステイヤーズS(12月5日、中山、GII、芝3600m)などが視野に。6着ロバートソンキー(美・林、牡3)は、今週中に福島県・ノーザンファーム天栄に移動し短期放牧。15着ダノングロワール(美・国枝、牡3)は、グレイトフルS(12月26日、中山、3勝クラス、芝2500m)へ。

 ★京王杯SC8着のあと休養しているタワーオブロンドン(美・藤沢和、牡5)は、香港スプリント(12月13日、シャティン、GI、芝1200m)が有力。阪神C(同26日、阪神、GII、芝1400m)も視野に。

 ★信越Sを勝ったジャンダルム(栗・池江、牡5)は阪神Cへ。僚馬で3着ダノンチェイサー(牡4)はオーロC(11月15日、東京、L、芝1400m)に参戦予定。

 ★秋華賞13着リアアメリア(栗・中内田、牝3)は、エリザベス女王杯(11月15日、阪神、GI、芝2200m)に向かう予定。

 ★新潟牝馬S2着エスポワール(栗・角居、牝4)はエリザベス女王杯に登録するが、賞金面で入らなければ中日新聞杯(12月12日、中京、GIII、芝2000m)へ。僚馬で11着サトノワルキューレ(牝5)はアンドロメダS(11月21日、阪神、L、芝2000m)へ。4着ミスマンマミーア(栗・寺島、牝5)は愛知杯(1月16日、中京、GIII、芝2000m)に出走の構え。

 ★甲斐路Sを快勝したレッドアステル(美・国枝、牝4)は、愛知杯へ。

 ★トルマリンSを勝ったクリスティ(栗・杉山晴、牝3)はターコイズS(12月19日、中山、牝GIII、芝1600m)へ。僚馬でポートアイランドS8着ロードマイウェイ(牡4)はキャピタルS(11月28日、東京、L、芝1600m)へ向かう。

 ★貴船S1着テーオーターゲット(栗・吉岡、牡4)はオータムリーフS(11月15日、阪神、OP、ダ1400m)に参戦の予定。

 ★ルミエールオータムダッシュ6着ビリーバー(美・石毛、牝5)は、京阪杯(11月29日、阪神、GIII、芝1200m)が視野に。13着カイザーメランジェ(美・中野、牡5)は、ラピスラズリS(12月6日、中山、L、芝1200m)へ。

 ★新潟牝馬S10着リープフラウミルヒ(美・相沢、牝5)は、福島記念(11月15日、福島、GIII、芝2000m)へ。

 ★赤富士S快勝のネオブレイブ(美・小西、牡4)は、カノープスS(11月29日、阪神、OP、ダ2000m)へ。

菜七子は2020年の最終週となる新潟で計16鞍騎乗 2020年10月22日(木) 17:30

 10月24、25日の出走馬が22日に確定した。秋の新潟開催で6勝を挙げる活躍を見せている藤田菜七子騎手(23)=美浦・根本康広厩舎=は土日合計16鞍に騎乗。2020年の最終週となる新潟で、勝ち星を量産することができるか注目したい。



 一番の注目を集めそうなのは、初コンビを組んだ前走で2着に善戦しているコミカライズ(土曜10R)。特別戦で斤量増となる点がカギとなりそうで、同型の先行馬が揃っているのも気になるところだが、マイペースで走れれば再び見せ場を作ることができるのではないか。



 同じく前走が初騎乗(4着)だったルクスムンディー(土曜9R)は、引き続き平場で斤量面の恩恵があるだけに上位進出の可能性がありそう。7頭立ての少頭数で楽に先行できそうなメンバー構成となっただけに、思い切った騎乗でアッと言わせてもらいたいところだ。



 土曜メインの新潟牝馬S(土曜11R)では、ミスマンマミーアと昨秋の中日新聞杯以来2度目のコンビを組む。京都大賞典ではさすがに相手も強かったが、牝馬限定のオープン特別なら、通用してもいいだろう。



 最終日のメインとなるルミエールオータムダッシュ(日曜11R)には、ダート1000m戦で好走を続けてきたハクアイブラックとの初コンビで挑む。3勝クラスからの格上挑戦で相手は一気に強くなるが、芝でも好走歴がある上に、先手を取り続けているようにスピードは非凡なものがあるだけに、初体験の直線競馬で驚きの走りを見せてくれる可能性もありそうだ。今週末の騎乗馬は以下の通り。



10月24日(土)【新潟】◆3R・2歳未勝利ビービーダルク(牝2、栗東・千田輝彦厩舎)◆6R・3歳上1勝クラスサイクロトロン(牡3、栗東・音無秀孝厩舎)◆7R・3歳上1勝クラスブライトロージー(牝5、栗東・村山明厩舎)◆8R・3歳上1勝クラスケイティディライト(牝3、美浦・小野次郎厩舎)◆9R・3歳上1勝クラスルクスムンディー(牡5、栗東・寺島良厩舎)◆10R・十日町特別 3歳上1勝クラスコミカライズ(牝3、美浦・和田勇介厩舎)◆11R・新潟牝馬ステークス 3歳上オープンミスマンマミーア(牝5、栗東・寺島良厩舎)◆12R・柏崎特別 3歳上2勝クラスエピックスター(セン5、美浦・田村康仁厩舎)

10月25日(日)【新潟】◆1R・2歳未勝利エイシンキンボシ(牡2、栗東・石坂公一厩舎)◆2R・2歳未勝利ハンデンディオーネ(牝2、美浦・石毛善彦厩舎)◆3R・3歳上1勝クラスストラトフォード(牝4、美浦・竹内正洋厩舎)◆5R・メイクデビュー新潟 2歳新馬ゴルトメーネ(牝2、美浦・小手川準厩舎)◆6R・3歳上1勝クラスワルツフォーデビー(牡3、栗東・森秀行厩舎)◆7R・3歳上1勝クラスキモンボーイ(牡4、栗東・田所秀孝厩舎)◆11R・ルミエールオータムD 3歳上オープンハクアイブラック(牡3、栗東・松永昌博厩舎)◆12R・鳥屋野特別 3歳上2勝クラスオデュッセイア(牝5、美浦・新開幸一厩舎)



★「藤田菜七子騎手の特集ページ」はこちら!フォトギャラリーなど菜七子の魅力が満載!★「週刊Gallop臨時増刊 丸ごと一冊藤田菜七子VOL.3(電子版)」好評発売中!

[もっと見る]

【京都大賞典】レースを終えて…関係者談話 2020年10月12日(月) 04:50

 ◆横山典騎手(キングオブコージ3着)「よく頑張った。直線の伸びも良かったし、休み明けとしては最高だったんじゃないかな」

 ◆北村友騎手(シルヴァンシャー4着)「休み明けでも長く脚を使ってくれました。もう少し反応がよくなってほしいけど、久々とすればよく頑張っています」

 ◆藤岡佑騎手(ステイフーリッシュ5着)「いいスタートからいいポジションを取れました。以前に乗ったときよりも古馬らしくなっています」

 ◆福永騎手(パフォーマプロミス6着)「勝ち馬の位置を取りたかったけど、枠的にそうはいかなかった。それでも大きく負けていないし、まだまだやれる」

 ◆松若騎手(ダンビュライト7着)「ノンプレッシャーで自分の形で運べ、しぶとく頑張ってくれました」

 ◆幸騎手(アイスバブル8着)「3コーナーから直線にかけて離されました。それがなければ最後は伸びているし、上位にきていたかも」

 ◆和田竜騎手(バイオスパーク9着)「スタートが決まって理想的な位置で競馬ができたけど、最後は止まった。距離かな」

 ◆古川騎手(リッジマン11着)「休み明けでもいい感じだった。ラストは伸びているし、これで変わってくれると思う」

 ◆高倉騎手(ノーブルマーズ12着)「勝ち馬の隣で折り合ったけど、少しノドが気になる感じだった」

 ◆池添騎手(ミスマンマミーア13着)「GIIのメンバーでは厳しかったかな」

 ◆藤岡康騎手(ドゥオーモ15着)「いつもの形でこの馬なりにジリジリ脚を使っています。次はもう少し動けると思います」



★11日京都11R「京都大賞典」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【有名人の予想に乗ろう!】京都大賞典2020 大久保先生、キャプテン渡辺さんほかズラリ!競馬通の芸能人・著名人がガチ予想! 2020年10月11日() 05:30


※当欄では京都大賞典について、競馬好きとして知られる芸能人、著名人の皆さんの予想を紹介していきます。迷ったときは彼らの予想に乗るのも手。参考になさってください。



【大久保洋吉(元JRA調教師)】
◎③シルヴァンシャー
○②キセキ
▲⑬グローリーヴェイズ
△④タイセイトレイル
△⑥ステイフーリッシュ
△⑰キングオブコージ

【キャプテン渡辺】
◎⑬グローリーヴェイズ
単勝


【田中裕二(爆笑問題)】
◎⑯ミスマンマミーア
○②キセキ
▲⑰キングオブコージ
△⑬グローリーヴェイズ
△①ダンビュライト
△③シルヴァンシャー
△⑧カセドラルベル
3連単1頭軸流しマルチ
⑯→①②③⑧⑬⑰

【杉本清】
◎⑥ステイフーリッシュ
○②キセキ
▲⑰キングオブコージ
☆⑬グローリーヴェイズ
△③シルヴァンシャー
△⑧カセドラルベル
△⑮パフォーマプロミス

【細江純子(元JRA騎手)】
◎⑧カセドラルベル

【旭堂南鷹】
◎②キセキ
○⑧カセドラルベル
△④タイセイトレイル
△①ダンビュライト
△⑥ステイフーリッシュ

【稲富菜穂】
◎⑮パフォーマプロミス
○⑬グローリーヴェイズ
▲②キセキ
△⑥ステイフーリッシュ
△①ダンビュライト
△⑧カセドラルベル

【小木茂光】
注目馬
グローリーヴェイズ
キングオブコージ
バイオスパーク
3連単フォーメーション
⑪⑬⑰→①②⑥⑧⑪⑬⑮⑰→⑪⑬⑰

【安田和博(デンジャラス)】
◎⑧カセドラルベル

【ビタミンS お兄ちゃん】
◎⑥ステイフーリッシュ
3連単ボックス
②⑥⑰
3連単フォーメーション
①②⑪⑬⑮⑰→⑥→①②③⑤⑧⑪⑬⑮⑯⑰
①②⑪⑬⑮⑰→①②③⑤⑧⑪⑬⑮⑯⑰→⑥

【ギャロップ林】
◎⑧カセドラルベル
馬連流し
⑧-③④⑥⑭⑮⑰

【こいで(シャンプーハット)】
◎③シルヴァンシャー
3連単2頭軸流しマルチ
③→⑥→①②⑤⑧⑪⑫⑬⑮⑰

【てつじ(シャンプーハット)】
◎⑧カセドラルベル
3連単2頭軸流しマルチ
⑧→⑥→①②③⑪⑬⑭⑮⑯⑰

【浅越ゴエ】
◎①ダンビュライト
ワイド流し
①-③⑥
3連単1頭軸流しマルチ
①→③⑥⑧⑮

【盛山晋太郎(見取り図)】
◎⑥ステイフーリッシュ
3連単2頭軸流しマルチ
⑥→⑮→①②③④⑤⑩⑪⑬⑯⑰

【リリー(見取り図)】
◎①ダンビュライト
3連単1頭軸流しマルチ
①→②⑥⑪⑮

【船山陽司】
◎⑯ミスマンマミーア

【鈴木麻優(元岩手競馬騎手)】
◎②キセキ

【熊崎晴香(SKE48)】
◎⑪バイオスパーク
○①ダンビュライト
▲⑧カセドラルベル
△⑥ステイフーリッシュ
△⑰キングオブコージ
△③シルヴァンシャー

【目黒貴子】
◎⑥ステイフーリッシュ



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【京都大賞典】秋競馬で好調ミスマンマミーア一発期待 2020年10月9日(金) 04:58

 “夏は牝馬”という格言があるが、秋競馬に入っても牝馬が好調だ。京成杯AHはトロワゼトワルスマイルカナ産経賞オールカマーセンテリュオカレンブーケドールがワンツーフィニッシュを飾り、先週のスプリンターズSでもグランアレグリアアウィルアウェイが1、3着に入った。

 今週の京都大賞典には2頭の牝馬がエントリーしているが、条件が好転するミスマンマミーア=写真=に注目だ。前走のケフェウスSは、北海道から輸送して日が浅いなか、後方からしぶとく伸びて5着。【0・1・0・9】の芝2000メートル以下に対して、4走前の同舞台Vをはじめ、2200メートル以上では【3・0・2・3】。寺島調教師は「ひと叩きして、いい感じで上向いています。相手関係は強くなるけど、その他の条件は全て良くなる」と前向き。鞍上の池添騎手も過去10年で2勝2着1回の好成績を挙げており、一発が期待できそうだ。

京都大賞典の出馬表はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【京都大賞典】厩舎の話 2020年10月8日(木) 11:09

 アイスバブル・池江寿調教師「1回使って攻めで動けている。2400メートルへの距離延長はいい」

 アルバート・橋口慎調教師「追い切りは素軽い動きで体の張りもいい。年齢を感じさせない」

 カセドラルベル・余田助手「状態は良さそう。大型馬だが、重い感じはしない。充実している」

 キセキ・角居調教師「早めに帰厩して、入念にやってきた。先週の金曜にゲート練習をしてピリッとしてきた」

 キングオブコージ・安田翔調教師「57キロで成長したところをどれだけ出せるか。結果が次の方向性につながる」

 グローリーヴェイズ・尾関調教師「帰厩後は硬さが見られたが、ひとつずつ課題をクリアして休み明けとしては十分」

 シルヴァンシャー・池江調教師「昨年は骨折明け。臨戦過程は今年のほうがいい」

 ステイフーリッシュ・矢作調教師「疲れは取れた。いつも頑張る馬だし、何とかタイトルを」

 タイセイトレイル・矢作調教師「オールカマーには間に合わなかったが、待ったかいがあっていい状態で臨める」

 ダンビュライト・音無調教師「追い切りの動きは良かった。京都はいいし、そろそろ去勢の効果が出るころだと思う」

 ドゥオーモ・野中調教師「動きは良かった。上々の仕上がり。馬場は渋ったほうがいい」

 ノーブルマーズ・宮本調教師「前走はレースぶりがひと息。しぶとい脚を生かしたいが…」

 バイオスパーク・浜田調教師「先週の追い切りで気持ちが入ってきた。距離は少し長い」

 パフォーマプロミス・藤原英調教師「前走はよくしのいだ。夏場も緩めずに乗り込んできた」

 ミスマンマミーア・寺島調教師「使って確実に上向き。この条件ではいい内容で勝っている」

 モンドインテロ・手塚調教師「脚部不安明け。何とか間に合った感じで、GIIでは厳しい」

 リッジマン・庄野調教師「牧場でしっかり乗り込んだ。状態はいい」(夕刊フジ)

京都大賞典の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

⇒もっと見る

ミスマンマミーアの関連コラム

閲覧 2,213ビュー コメント 0 ナイス 8



こんにちは、くりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
今回も前走からの中間の調整内容(評価はAA~F)を中心に各馬コメントをしていきたいと思います。



11月10日(日)京都11R 第44回エリザベス女王杯(3歳以上G1・牝馬・芝2200m)


<優先出走馬>

スカーレットカラー(A)中3週
デビュー前から調教では速い時計の出ていた馬。半年前までは出走取消が多かったが、ここ数戦は追い切りもしっかり消化し、レースでも安定して力を出せるようになっていて馬体がしっかりできてきたように思う。調教ではデビューから数戦レースにも騎乗していた太宰騎手(レースでは岩田騎手が騎乗予定)がしっかり調教をつけていて、このジョッキーの影の支えが大きい印象。1週前追い切りでは、その太宰騎手が騎乗して前走時よりも力強い走りで、この時点でしっかり仕上がっており良い状態で出走できそう。


<賞金上位順>

クロノジェネシス(A)中3週
前走休み明けで+20キロだったがパドックで見た感じではトモが細く見えるくらいで、太い感じにはまったく見えなかった。この中間もしっかり時計を出していて、1週前追い切りの動きを見ると走りに勢いがみられるようになり、1度使われて気合いが乗ってきているという印象。馬体を絞る必要はないと思うので、テンションを上げ過ぎない最終追い切りができればここでも勝ち負けになりそう。

ラヴズオンリーユー(C)6ヶ月
オークス以来の休み明けとなるが2週前、1週前と併せ馬で追われている。動きを見るとこれまでより強めに追われていて、いかにも休み明けと言った印象を受け、ぶっつけ本番はややマイナスとなりそう。

ラッキーライラック(C)中3週
休み明けの前走時はパドックでは胸前に余裕があるくらいだったが、追い切りは硬さがいつも以上にある感じだった。この中間も1週前にCWで強めに追われているが、硬さがまだ残っていて、動きも重い感じに見えた。

クロコスミア(B)中3週
2年連続このレース2着の好走実績あり。今年も札幌記念、府中牝馬Sをステップに使われてきて、1週前追い切りでは昨年よりも気合いの入った力強い動きを見せた。

フロンテアクイーン(C)中3週
若い頃はパドックでのイレ込みが激しいところがあった馬だが、近走は落ち着きがあり気性的に成長はしているように思う。今回は関西への輸送があるので気を使うところはあると思うが、昨年も落ち着いて周回できていたので直前でビッシリ追ってテンションを上げてしまうようなことがなければ。ただ、ちょっと距離は長いような気はする。

ポンデザール(A)中9週
4連勝中と勢いのある馬。イレ込むこともなくレースでの折り合いも問題ない。この中間もしっかり乗り込まれ、1週前追い切りの動きを見ても気負うことなくリラックスして走れていて状態も良さそう。

ウラヌスチャーム(D)中3週
前走時から栗東で調整中。ただ1週前追い切りの動きを見ると、力強さがなく伸び脚もイマイチ。

ゴージャスランチ(C)3ヶ月
前2走は坂路での調整だったが、この中間は南Wでの追い切りが中心。調教内容を変えてきたことは気になる。

サトノガーネット(B)中3週
クイーンS時は馬の動きが硬い感じがあったが前走、今回と動きが柔らかくなった感じで上積みがありそう。

センテリュオ(A)中9週
前走の新潟記念では◎にした馬だが、初の左回りとコーナー2つのコースで息が入らなかったのか直線は伸びる感じがなかった。この中間も坂路で好時計を多くマークしていて調子は良さそうで、右回りコーナー4つのコースに変わっての変り身がありそう。

サラキア(E)中2週
前走から中2週で1週前に速い時計を出していない。前走時よりも馬体を減らしたくないところはあると思う。

レッドランディーニ(E)中3週
マーメイドSで2着の実績はあるが、定量戦で一線級相手だと厳しいところはありそう。調教でも目立つ時計が出ている訳でもないので、一発がありそうな感じもない。

アルメリアブルーム(D)中3週
小柄な馬で、使うたびの馬体増減が大きい馬。デビューからよく見ている馬だが、何とかオープンまで上がってきた感じがあり、突き抜けるような強さはない。

レイホーロマンス(C)中2週
休み明けの前走時は乗り込んでいた割に速い時計が出ていなかった。この中間は坂路での時計が良くなってきていて、それでもまだこの馬としては物足りないが、少し上積みがありそう。

シャドウディーヴァ(B)中3週
この中間も栗東での調整。前走時も追い切りの動きが良く見えたが、今回も1週前追い切りでは併せ馬で一杯に追われて好時計で先着と、引き続き調子は良さそう。

ブライトムーン(B)中1週
この中間は間隔が詰まっているので1週前には速い時計は出していないが、最終追い切りでしっかり時計を出しているようなら力は出せそう。

ミスマンマミーア(C)中4週
休み明けの前走時、パドックではかなり余裕がある馬体に映った。この中間は時計を多く出してきているが、ガラッと変わってきた感じの時計が出ている訳ではない。



◇今回はエリザベス女王杯編でした。
今週4(祝月)に、浦和競馬場では初のJBCが行われました。JBC当日の1日の売得金は2016年の川崎での48億円を10億円近く上回る58億円のJBCレコード(地方競馬場での開催時のみ)。さらに、浦和競馬場単体での売得金としても、レコードを43億円以上も上回る1日あたり売得金記録を更新しました。これは地方競馬の馬券発売網の充実や宣伝効果、さらにこれまで19回積み重ねてきた関係者の努力の結果だと思います。浦和での開催で2年前(川崎)の売り上げを上回ることができたことは、今後その他の競馬場での開催(特にまだJBCを開催したことのない競馬場)検討の際の指針になりますし、大きな意義をもった今回だったように思います。地方競馬は地方競馬で、これからもそれぞれの個性を出して盛り上がって行ってもらいたいものです。

それでは次回、マイルチャンピオンシップ編(予定)でお会いしましょう。


エリザベス女王杯出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。
※最終結論はレース当日のくりーくプロページでチェックしてください。


登録済みの方はこちらからログイン

2019年11月6日(水) 19:00 覆面ドクター・英
エリザベス女王杯・2019
閲覧 2,491ビュー コメント 0 ナイス 15

三連休(今年はなんか多くてありがたかったのですが)+メルボルンCと競馬三昧のまま次の週末がすぐ来てくれて、11月はいい感じで来ています。メルボルンCは、前走でメールドグラースの2着だったのに52kgと斤量恵まれたヴァウアンドディクレア(C.ウィリアムズ騎手の悲願のメルボルンC勝ちに忖度じゃないかという恵量)に本命を打ち、当たったのですが、ヒモは繰り上がりあっても全部抜けで残念でした。


では恒例の全頭診断へ

<全頭診断>
1番人気想定 クロノジェネシス:悲願のG1制覇を秋華賞で成し遂げたが、もともと京都得意の北村友騎手の好騎乗もあってのもので、今回距離が延びるのは正直そう良くはないと思っている。ただ、外を回しての末脚一辺倒のような若い頃の競馬から、前走では先行して抜け出す器用なレースができるようになったところを見せた。成長した今、実力があるのは確かでやれてよい。

2番人気想定 ラヴズオンリーユー:4戦4勝のオークス馬。リアルスティールの下という良血で、春は能力だけで何となく勝ってしまった感じだった。順調に使えない馬で秋華賞はパスしたが、調教ではCWで猛時計を出しており、脚部不安は大丈夫そう。20kg以上馬体が増えているとの矢作調教師のコメントもあり、更なる成長を加味すると、能力断然で順調ならあっさりまであるか。

3番人気想定 ラッキーライラック:府中牝馬Sでは直線でやる気が失せたのか、3着と相変わらず勝ち切れず。桜花賞アーモンドアイに完敗してからは、レース終盤に投げ出すようになった。成長度合いを含め人気からすると妙味の無い馬だが、スミヨン騎手の闘魂注入で最後まで力を出し切れば、能力自体は高く巻き返しの可能性はあり。ただ、やっぱり、スミヨン人気もあって……。

4番人気想定 スカーレットカラーヴィクトワールピサ産駒らしく晩成な感じもあり、ようやく府中牝馬S勝ちで重賞制覇。母父ウォーエンブレムはスタミナがあり、決してマイラーではなくここも狙い目。

5番人気想定 クロコスミア:一昨年のこのレースで9番人気2着と和田騎手の奇襲が決まったが、前哨戦の府中牝馬Sで5着とイマイチ。ただ、距離を問わずずっと重賞でそれなりには来ており、地味ゆえに2200mで再度輝く可能性もあるが、6歳秋だけにそう上積みは無いのでは。

6番人気想定 ゴージャスランチマンハッタンカフェ産駒らしく非根幹距離が得意で準オープンを勝ってきた。引き続きの非根幹距離ではあるが、大一番での激走種牡馬ではなく、力が足りないのでは。

7番人気想定 ウラヌスチャーム:距離が長く7着だった京都大賞典からの距離短縮で、マーフィー騎手への乗り替わり。ここで一発を期待してもいいかもしれない。

8番人気想定 ポンデザール:4連勝中で前走は札幌で2600m戦を圧勝してきた。2200mに関しては、正直もっと距離があった方がいいのだろうが、ギリギリやれる距離か。

9番人気想定 センテリュオ:5月に準オープンを勝ってからは重賞の壁もあり、4着→7着と冴えないのだが、ルメール騎手を確保できたあたり、まだ伸びしろのある馬なんだろう。人気次第か。

10番人気想定 サラキア:正直、逃げるのは巧くない石橋脩騎手の逃げで3着だった前走だが、川田騎手に乗り替わっても大一番でやれる力は無いのでは。

11番人気以下想定
フロンテアクイーン:府中牝馬Sでは2着と健在ぶりをアピールしたが、重賞で好走を繰り返していた昨年でも7着止まりで、2200m適性は低そう。

シャドウディーヴァ:13番人気で4着と頑張った秋華賞だったが、若い馬が有利なレースとはいえ、ここはまだトップレベルとは差がある。

アルメリアブルーム:前走は京都巧者らしく北村友騎手が6番人気で勝たせてしまったが、ちょっとまだ力が足りないのでは。

サトノガーネット:いかにも距離が足りなかった府中牝馬Sだけに距離延長は良さそうだが、オープン実績ゼロでそもそも力不足か。

レッドランディーニ:5月に2勝クラスを勝った勢いで臨んだマーメイドSでは、51kgの恵量を生かして10番人気2着。ただ、秋初戦の府中牝馬Sでは7着とイマイチで、まだトップレベルまでは強くないか。

ミスマンマミーア:前走準オープンで3着の馬で、スタミナはあるが大仕事は無いのでは。

レッドラフェスタ:準オープン2着からの参戦だが、ちょっと力が落ちるか。

レイホーロマンス:前走10着とピークを過ぎた感じの6歳秋で要らないか。

ブライトムーン:準オープン3着からの参戦だが、大仕事するには力が足りない印象。


<まとめ>
最有力:ラヴズオンリーユー

有力:スカーレットカラークロノジェネシス

ヒモに:ウラヌスチャームポンデザール

[もっと見る]

2018年1月12日(金) 20:00 凄馬
『凄馬』で今週の鉄板馬情報をゲット! 2018年01月12日
閲覧 1,671ビュー コメント 0 ナイス 3

毎週、確勝級の鉄板馬をお知らせする『凄馬(スゴウマ)』情報。
さっそく、今週の凄馬を紹介いたしましょう!

<2018年1月13日()の凄馬!>
極凄馬
京都2R 3歳未勝利
キングブラック(+6.0)

極凄馬
中山3R 3歳未勝利
フォーマイセルフ(+5.4)

超凄馬
中山9R 菜の花賞
ミスマンマミーア(+3.1)

超凄馬
中京12R 伊良湖特別
クラシコ(+2.9)

超凄馬
中山2R 3歳未勝利
ラインアストリア(+2.7)

超凄馬
中京3R 3歳未勝利
ペルペトゥオ(+2.5)

<『凄馬』の見方>
超凄馬・・・勝率36%、複勝率69%を誇る軸馬候補!
極凄馬・・・凄馬の極み、断然の軸馬!勝率46%、複勝率77%
馬名の右にある数字・・・数字が大きいほど勝率が高い
(集計期間:2008年6月1日~2018年1月14日、集計数:30,650レース分)

<日曜日の『凄馬』を受信しよう!>
日曜日の凄馬情報は『凄馬』メールに登録(無料)することで受信できます。
『凄馬』メールは、その日に出走する馬の中から確勝級の馬を携帯メールでお知らせしてくれる無料サービスです。

<『凄馬』メールの登録のしかた>
携帯電話で右上のQRコードを読み取って、何も記入せずにメールを送信してください。
1、2分ほどで登録完了メールが返ってきたら、登録は完了です。
日曜日の『凄馬』は、土曜日の午後6時以降にお届けになりますのでお楽しみに!

QRコードがうまく読み取れない場合は、直接、s@umanity.jp へ空メール※を送っても登録できますのでお試しください。
※件名と本文に何も記入せずにメールを送信してください

[もっと見る]

2017年10月27日(金) 20:00 凄馬
『凄馬』で今週の鉄板馬情報をゲット! 2017年10月27日
閲覧 1,302ビュー コメント 0 ナイス 3

毎週、確勝級の鉄板馬をお知らせする『凄馬(スゴウマ)』情報。
さっそく、今週の凄馬を紹介いたしましょう!

<2017年10月28日()の凄馬!>
極凄馬
東京3R 2歳未勝利
ニシノマメフク(+4.1)

超凄馬
東京12R 3歳以上500万以下
イーグルバローズ(+2.8)

超凄馬
新潟1R 障害3歳以上未勝利
ショウナンアリスト(+2.7)

超凄馬
東京1R 2歳未勝利
リードザウインド(+2.5)

超凄馬
東京6R 3歳以上500万以下
ケイブルグラム(+2.5)

超凄馬
新潟12R 飛翔特別
グラミスキャッスル(+2.4)

超凄馬
東京11R アルテミスステークス G3
ミスマンマミーア(+2.3)

<『凄馬』の見方>
超凄馬・・・勝率36%、複勝率68%を誇る軸馬候補!
極凄馬・・・凄馬の極み、断然の軸馬!勝率46%、複勝率77%
馬名の右にある数字・・・数字が大きいほど勝率が高い
(集計期間:2008年6月1日~2017年10月29日、集計数:30,041レース分)

<日曜日の『凄馬』を受信しよう!>
日曜日の凄馬情報は『凄馬』メールに登録(無料)することで受信できます。
『凄馬』メールは、その日に出走する馬の中から確勝級の馬を携帯メールでお知らせしてくれる無料サービスです。

<『凄馬』メールの登録のしかた>
携帯電話で右上のQRコードを読み取って、何も記入せずにメールを送信してください。
1、2分ほどで登録完了メールが返ってきたら、登録は完了です。
日曜日の『凄馬』は、土曜日の午後6時以降にお届けになりますのでお楽しみに!

QRコードがうまく読み取れない場合は、直接、s@umanity.jp へ空メール※を送っても登録できますのでお試しください。
※件名と本文に何も記入せずにメールを送信してください

[もっと見る]

ミスマンマミーアの口コミ


口コミ一覧

新潟牝馬ステークス

 しんすけ49 2020年10月24日() 06:02

閲覧 83ビュー コメント 2 ナイス 22

おっは~♪

怒られ覚悟で連投上等!

ラガービックワンみたいに12連闘しますかね?

新潟11R 新潟牝馬ステークス

◎⑩コンダクトレス
△②エスポワール
△⑥ウラヌスチャーム
△⑨パルティアーモ
△⑬ミスマンマミーア

馬連⑩ー②・⑥・⑨・⑬への4点。

新設レースだけどね。メンバーレベルは正直イマイチどころかイマニ、イマサン?
馬場も良くなさそうだし内回りなんで先に行けそうなこの馬から。逃げ一車だし展開向きそうだし。
イワータジュニアくんもここらで初重賞を!

さて、後は何処買うかね?

 ブルー☆ギラヴァンツ 2020年10月23日(金) 22:50
10/24 単複王 No. 107 富士ステークス
閲覧 121ビュー コメント 0 ナイス 5

こんばんわ明日10/24単複王です
No.709 京都 9レース 壬生特別(3勝クラス)  芝 1200m ◎ クリスティ ◯ モアナアネラ
No.710 京都 10レース トルマリンS(2勝クラス)  芝 1600m ◎ ヴォイスオブジョイ ◯ キャスパリーグ
No.711 京都 11レース 室町S(OP)  ダート 1200m ◎ ヒロシゲゴールド ◯ ウルトラマリン
No.712 東京 9レース アイビーS(L)  芝 1800m ◎ バニシングポイント ◯ オーソクレース
No.713 東京 10レース 赤富士S(3勝クラス)  ダート 2100m ◎ リフトトゥヘヴン ◯ サトノグラン
No.714 東京 11レース 富士S(G2)  芝 1600m ◎ シーズンズギフト ◯ レイエンダ
No.715 新潟 10レース 十日町特別(1勝クラス)  芝 1400m ◎ コミカライズ ◯ オシリスブレイン
No.716 新潟 11レース 新潟牝馬S(OP)  芝 2200m ◎ ウラヌスチャーム ◯ サトノワルキューレ
No.717 新潟 12レース 柏崎特別(2勝クラス)  芝 1600m ◎ インテンスライト ◯ ラストヌードル
続いて
No.107 富士ステークス ◎ シーズンズギフト ○ レイエンダ ▲ スマイルカナ ☆ ラウダシオン ペルシアンナイト
明日10/24のメインレースは
京都 11レース 室町S(OP) ダート 1200m
東京 11レース 富士S(G2) 芝 1600m
新潟 11レース 新潟牝馬S(OP) 芝 2200m
です
室町S(OP) ◎ ヒロシゲゴールド ○ ウルトラマリン ▲ アユツリオヤジ ☆ レッドルゼル テーオージーニアス
富士S(G2) ◎ シーズンズギフト ○ レイエンダ ▲ スマイルカナ ☆ ラウダシオン ペルシアンナイト
新潟牝馬S(OP) ◎ ウラヌスチャーム ○ サトノワルキューレ ▲ エスポワール ☆ ミスマンマミーア リープフラウミルヒ
よろしくお願いします

[もっと見る]

 組合長 2020年10月13日(火) 09:39
重賞回顧 京都大賞典
閲覧 77ビュー コメント 0 ナイス 8

終わってみればG1ホース同士の決着となりました。

勝ったグローリーヴェイズ、2着のキセキともに初騎乗。しかも川田騎手はキセキに、浜中騎手はグローリーヴェイズに騎乗経験があり、なかなか頭からは狙いづらいレースでした。

川田騎手は好位で我慢して、京都のインが開く直線まで待っての追い出し。ここしかないというところで先行馬を捕まえて、流れ込んでの優勝。やはり宝塚記念は休み明けと、馬場が敗因と割り切った人が的中にあるつけたのではないでしょうか?58キロで勝ち切ったことで秋のG1が楽しみになってきました。

 2着のキセキは完全に決め打ちのレース。それでも仕掛けをギリギリまで遅らせたのは良かったですが、コーナーで勢いをつけすぎたところが痛かった。それでも地力は見せただけに、まだまだ見限れない存在を印象付けました。

 3着のキングオブコジーンはここも突き抜けたかったところですが、今回は相手が悪かった。次走はいよいよG1に挑戦となるでしょうが、勝負になるにはもう一つ上げられるギアが必要かもしれません。

 所長◎のミスマンマミーアはここが勝負でしたが、見せ場なく惨敗。まだG2は荷が重かったです。

[もっと見る]

⇒もっと見る

ミスマンマミーアの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
5:
  fc0703d559   フォロワー:4人 2020年10月9日(金) 00:10:44
スガダ、もう少し売れて良い、2才時見せ場、前々走騎乗ミス、道悪、距離延長○
安井、買い、上がり○、近走は持ち味不利、今回見直し
4:
  fc0703d559   フォロワー:4人 2020年9月18日(金) 18:13:49
tech、本命◉、近走は不利、長い直線末脚
3:
  fc0703d559   フォロワー:4人 2020年7月19日() 12:26:10
ラボ水、○抑え

⇒もっと見る

ミスマンマミーアの写真

ミスマンマミーア
ミスマンマミーア

ミスマンマミーアの厩舎情報 VIP

2020年10月24日新潟牝馬ステークス4着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ミスマンマミーアの取材メモ VIP

2020年10月24日 新潟牝馬ステークス 4着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。