ミスマンマミーア(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
ミスマンマミーア
ミスマンマミーア
ミスマンマミーア
写真一覧
現役 牝6 栗毛 2015年2月23日生
調教師寺島良(栗東)
馬主吉田 勝利
生産者新生ファーム
生産地日高町
戦績24戦[4-2-2-16]
総賞金11,361万円
収得賞金4,680万円
英字表記Miss Mamma Mia
血統 タニノギムレット
血統 ][ 産駒 ]
ブライアンズタイム
タニノクリスタル
サンデーメモリー
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
タヤスメモリー
兄弟 マジカルサンデー
前走 2021/05/30 目黒記念 G2
次走 2021/06/27 宝塚記念 G1

ミスマンマミーアの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
21/05/30 東京 12 目黒記念 G2 芝2500 168157.8312** 牝6 54.0 福永祐一寺島良460(+4)2.34.2 1.433.2⑪⑪⑪⑩ウインキートス
21/04/11 阪神 10 大―ハンC OP 芝2600 14347.131** 牝6 53.0 福永祐一寺島良456(0)2.35.1 -0.033.0⑪⑪⑫⑫ヒートオンビート
21/02/20 東京 11 ダイヤモンド G3 芝3400 164735.81110** 牝6 53.0 松若風馬寺島良456(-2)3.33.3 2.135.9⑯⑮⑮⑮グロンディオーズ
21/01/17 中京 11 日経新春杯 G2 芝2200 163599.0132** 牝6 52.0 松若風馬寺島良458(-10)2.11.9 0.134.7⑯⑯⑯⑯ショウリュウイクゾ
20/10/24 新潟 11 新潟牝馬S OP 芝2200 138138.344** 牝5 54.0 藤田菜七寺島良468(0)2.16.7 1.435.8⑬⑬⑬⑫ウラヌスチャーム
20/10/11 京都 11 京都大賞典 G2 芝2400 1781637.9913** 牝5 54.0 池添謙一寺島良468(-2)2.27.2 1.635.2⑭⑭⑮⑯グローリーヴェイズ
20/09/19 中京 11 ケフェウスS OP 芝2000 1671418.675** 牝5 52.0 池添謙一寺島良470(+16)1.59.2 0.535.7⑭⑬⑫⑫トリコロールブルー
20/07/19 函館 11 函館記念 G3 芝2000 162314.578** 牝5 52.0 池添謙一寺島良454(-12)2.00.4 0.736.7⑭⑫⑩⑩アドマイヤジャスタ
20/06/14 阪神 11 マーメイドS G3 芝2000 167149.659** 牝5 53.0 小崎綾也寺島良466(0)2.01.9 0.835.6⑭⑭⑯⑮サマーセント
20/05/24 京都 11 烏丸S 3勝クラス 芝2400 16366.231** 牝5 55.0 池添謙一寺島良466(+14)2.24.9 -0.134.6⑫⑫⑫⑩ショウリュウイクゾ
20/02/15 京都 10 松籟S 3勝クラス 芝2400 12338.764** 牝5 53.0 池添謙一寺島良452(-4)2.28.6 0.335.1⑥⑤⑥⑧トーセンカンビーナ
20/02/02 東京 10 早春S 3勝クラス 芝2400 136911.768** 牝5 53.0 福永祐一寺島良456(-4)2.25.7 1.035.5⑥⑤④ボスジラ
19/12/07 中京 11 中日新聞杯 G3 芝2000 1681534.21210** 牝4 50.0 藤田菜七寺島良460(-6)1.59.9 0.733.8⑯⑯⑯⑯サトノガーネット
19/11/10 京都 11 エリザベス杯 G1 芝2200 18715166.31617** 牝4 56.0 浜中俊寺島良466(-2)2.16.0 1.933.7⑱⑱⑱⑱ラッキーライラック
19/10/06 東京 9 六社S 3勝クラス 芝2400 1571317.773** 牝4 53.0 四位洋文寺島良468(+16)2.26.0 0.233.5⑨⑨⑨⑩アフリカンゴールド
19/06/30 中京 9 木曽川特別 2勝クラス 芝2200 128113.721** 牝4 55.0 福永祐一寺島良452(-4)2.14.7 -0.336.2⑨⑨⑧⑧スヴァルナ
19/06/09 阪神 9 三田特別 2勝クラス 芝2400 147117.453** 牝4 53.0 四位洋文寺島良456(+4)2.26.5 0.335.6⑩⑩⑩⑨サトノガーネット
19/04/14 阪神 8 4歳以上500万下 芝2200 12224.521** 牝4 55.0 四位洋文寺島良452(+6)2.13.9 -0.135.2⑦⑦⑦⑤プルンクザール
19/03/24 中京 7 4歳以上500万下 芝2000 168169.246** 牝4 55.0 北村友一寺島良446(-13)2.00.4 0.834.2⑭⑭⑭⑭アドラータ
18/01/13 中山 9 菜の花賞 500万下 芝1600 123310.549** 牝3 54.0 森泰斗佐藤賢二438(-8)1.36.7 0.734.6⑪⑨⑨オハナ

⇒もっと見る


ミスマンマミーアの関連ニュース

 今週は春のGIを締めくくる宝塚記念。「俺のチェックポイント」4日目は、大阪サンスポの山口大輝記者が栗東トレセンで〔8〕枠(12)番ミスマンマミーアに注目した。先週のマーメイドSにも登録しており、状態面が気になるところ。好成績の外枠から激走の可能性を探った。

 ◇

 クロノジェネシスレイパパレに加え、カレンブーケドールも参戦。牝馬が人気の中心となりそうだが、同じ牝馬でも穴党としてミスマンマミーアが気になった。

 今年は、牡馬相手の大阪-ハンブルクC1着、日経新春杯2着など充実ぶりが目立つ。牝馬限定のマーメイドSにも登録があったが、距離などを考慮しスライドでの参戦。1週前追い切りは、栗東DPコースで5ハロン68秒5と軽めの調整でもあり、状態面が気になっていた。最終追い切りも、前走・目黒記念が栗東CWコースで6ハロン81秒6に対し、今回が同83秒0。時計だけで比較はできないが、陣営のジャッジを確認したいところ。早速、寺島調教師を直撃した。

 「馬のリズムで走った結果ですからね。(時計は)全然、気にしていません。いい状態をキープしていますよ。調子の上下が少ない馬。今年に入って走りがよくなってきました」

 指揮官の口ぶりからも、好調が伝わってくる。前走の目黒記念は12着だったが、レースの上がり3ハロンが32秒8という瞬発力勝負は、後方から追い込むタイプだけに厳しかった。敗因は明確で「不完全燃焼でした」と振り返る。精神面が成長しており、「気性的なものが大きい。落ち着きが出てきました。きのう(23日)の追い切りも、我慢が利いての時計でいいことだと思います」と続けた。

 阪神コースは【2・0・1・1】で、2200メートルの距離も【2・1・0・2】と好成績。〔8〕枠(12)番の枠順も追い風となりそうだ。〔8〕枠は過去8年で7勝の“吉兆枠”。佐藤助手は「後ろから行く馬ですし、外枠でもまれず運べるのはいいですね」と笑顔。好調キープに条件が好転し、好枠もゲット。予想も週頭の●(=二重△)から▲に昇格し、穴馬の期待をかけたい。(山口大輝)

【ズバリ!調教診断(水曜追い切りチェック)】宝塚記念2021 単独A評価アリストテレスが鋭さ十分に登坂 2021年6月24日(木) 12:00

ウマニティ重賞攻略チームが毎週末の重賞をあらゆる切り口で考察!今回は宝塚記念・調教予想(水曜版) をお届けします!


日曜日に行われる宝塚記念の登録馬の水曜追い切り(追い切り映像が確認できた馬に限る)について、1頭ずつシンプルに考察していきます。予想の際にお役立てください。なお、出走馬確定後に最終版記事を改めて掲載します。

※評価は上からA~D、F(判定不能)の5段階

アドマイヤアルバ【C】
美浦坂路単走。それなりの時計を刻んだものの、首の動きが硬く、四肢だけで走っているように映る。手前の切り替えに手間取っていたのも気になるところ。よくて現状維持の範囲内という印象が強く、大望まではどうか。

アリストテレス【A】
栗東坂路併走。折り合い重視のメニューながら、テンポの良い走りを披露した。持ち前の回転鋭いフットワークで、力強く駆け上がる姿は見映えがする。ここ数走の最終追い時より制御がしっかり利いていることも好印象。いい雰囲気でレースに臨めそうだ。

カデナ【B】
栗東坂路単走。最後は手前を戻して少し減速したが、単走ではいつもこんな感じ。全体的な動きとしては及第点の部類にある。左手前主導の走りから、右回り・阪神へのコース替わりはプラス。有力どころの動向次第では、浮上の余地があるかもしれない。

カレンブーケドール【B】
美浦坂路単走。前を行く僚馬の併せ馬を見る形で進める調整。手前の変換時にフォームが乱れる場面があったものの、立て直したあとの走りは至ってスムーズ。概ね自身のパフォーマンスは示している。順調とみていいだろう。

キセキ【B】
栗東坂路単走。やや重心が高く見えるが、活気は十分。大きなストライドで駆け上がる姿は目を引くものがあった。稽古映えする馬なので過度の評価はできないものの、雰囲気は決して悪くない。あとは本番で集中力を維持できるかどうか。そのあたりがポイントになりそうだ。

クロノジェネシス【B】
栗東CW併走。一旦かわした僚馬に再び追いつかれるような形でゴールしたが、先着することに重点を置いた調整ではないので、過度に不安視する必要はない。鞍上の手ごたえ以上に競る気配は示しているし、制御もしっかり利いている。及第点の仕上がりではないか。

シロニイ【C】
栗東坂路併走。右手前1本ながらも、脚いろを乱すことなく、上々の上がりタイムを記録した。その一方、追われて頭が高くなる点は相変わらず。競り合いになった場合の不安は募る。上位争いに加わるには、展開や馬場など何らかの恩恵が必須といえよう。

ミスマンマミーア【C】
栗東CW単走。リズム良く運んでいたものの、追われてからのハミ取りが悪く、伸びそうで伸びきれない。道中の体を大きく使った走りに能力を感じる一方で、操縦性の難しさも垣間見えた内容だった。得意の阪神でどこまでカバーできるかが焦点となろう。

メロディーレーン【D】
栗東坂路併走。中盤までは淡々と駆け上がっていたが、徐々にペースダウン。最後までひたむきに脚を伸ばそうとしているところは評価できるものの、G1で上位を狙えるほどの上積みがあるとは思えない。今回は様子見が妥当とみる。

モズベッロ【B】
栗東坂路併走。最後までしぶとく脚を伸ばし、体勢有利の形でゴールした。時計は地味だが、そもそも稽古駆けしないタイプ。いかにも体重がありそうな助手を背に、気勢を失うことなく走り抜いた点は評価できる。現状の力を出せる態勢とみたい。

ユニコーンライオン【B】
栗東坂路併走。最後まで集中を切らすことなく駆け抜けた。リラックスしているし、鞍上の指示に対する反応も悪くない。この馬としては口向きも安定しており、状態は良さそう。テンションを維持できれば、怖い存在になるかもしれない。

レイパパレ【B】
栗東坂路単走。やや脚さばきが硬く映るものの、追われてからの反応は素早く、鞍上の手ごたえに見合った動きはできている。初の2200m戦に臨むにしては、反応と前進気勢が過ぎるような気もするが、走りの質は高く、杞憂に終わる可能性もある。ぞんざいには扱えないだろう。

ワイプティアーズ【C】
栗東坂路単走。道中の走りは手前の切り替えも含めてスムーズだったが、しまいにかけての伸びは今ひとつ。鞍上のゲキにこたえるべく、懸命に前へ進もうとする姿は好感が持てるのだが……。この舞台で上位争いを演じるには、もう一段階上の変わり身がほしい。


【調教予想からの注目馬】
アリストテレス

[もっと見る]

【宝塚記念】厩舎の話 2021年6月24日(木) 10:52

 アドマイヤアルバ・柄崎調教師「前走はブリンカーを着用し、ハンデも軽かった。今回は相手も強くなるので」

 カデナ・中竹調教師「距離経験はあるし、折り合いもつく。湿った馬場でも頑張っているが、できれば良がいい」

 カレンブーケドール・国枝調教師「ディープ産駒はあまり追い込まないことが大事。もう戦闘モードに入っている」

 キセキ・辻野調教師「2年連続2着が示すように舞台適性は高い。スタートを決めて自分の力を出してくれれば」

 クロノジェネシス・斉藤崇調教師「前走は強い競馬だった。海外遠征を経験して精神面でドッシリと成長してきた」

 シロニイ・池江調教師「追い切りは集中して走れていた。いい状態をキープ。雨が降ってスタミナが生きるようなら」

 ミスマンマミーア・寺島調教師「直線の脚を生かす自分の競馬をするだけ。相手は強いが、いい着順を目指したい」

 メロディーレーン・森田調教師「中1週だが、疲労も取れて追い切りの動きは良かった。前めで粘るような形が合う」

 モズベッロ・森田調教師「状態は戻った。上位の牝馬は道悪が得意なので、差を縮めるためには良馬場のほうがいい」

 ユニコーンライオン・矢作調教師「しまいをしっかりやった。状態は落ちていないし、秋につながるレースを」

 レイパパレ・高野調教師「最高のコンディション。馬の能力を信じて、乗りやすい状態にしてジョッキーに託したい」

 ワイプティアーズ・和田竜騎手「距離は少し長いが、馬場は問わない。ビュッとした脚がないので消耗戦になれば」

(夕刊フジ)

宝塚記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【宝塚記念】追って一言 2021年6月24日(木) 04:50

 ◆アドマイヤアルバ・柄崎師「坂路で単走は予定通り。前走はブリンカーを着用し、ハンデも軽かった。今回は相手も強くなるので」

 ◆シロニイ・池江師「先週までにしっかりやっているので調整程度で良かったけど、調子がいいので時計は出ましたね」

 ◆ミスマンマミーア・寺島師「ジョッキー(岩田望騎手)は初めてなので、感触を確かめてもらいました。最後はしっかりやってもらって、動きは良かったです」

 ◆メロディーレーン・幸騎手「乗り味がいいし、性格もいい。周りから見ているときは小さく感じましたが、乗ってみるとそうではなかった」

 ◆ワイプティアーズ・和田竜騎手「時計が出やすい馬場だったけど、しまい重点でいい動きでした。馬格のわりに素軽い動きを見せていたし、余裕もありました」

宝塚記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【宝塚記念】ミスマンマミーア岩田望を背にビッシリ 2021年6月23日(水) 10:31

 4走前に2200メートルの日経新春杯で牡馬を相手に0秒1差2着と好勝負、2走前の大阪-ハンブルクC(2600メートル)ではレコードをマークした。栗東CWコースで単走。初コンビの岩田望騎手を背にゴールまでビッシリと追われた。

 ◆寺島調教師「最後までしっかりとやった。目黒記念(12着)は展開が向かず結果を出せなかったけど、いいデキは維持している」(夕刊フジ)

宝塚記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【宝塚記念】ミスマンマミーアが岩田望と初コンビで挑戦 2021年6月17日(木) 04:47

 マーメイドSに登録していたミスマンマミーア(栗・寺島、牝6)は、同レースを見送って宝塚記念(27日、阪神、GI、芝2200メートル)に挑戦することを16日、寺島調教師が発表した。この日は栗東DPコースで5ハロン68秒5-12秒3を馬なりでマーク。「先週でほぼ仕上がっていたので、無理せず。前走(目黒記念12着)は展開が向かず不完全燃焼の競馬だったけど、いい脚が使える。相手は強いですが、この馬の競馬をしてどこまでやれるか」と話した。鞍上は初コンビとなる岩田望騎手を予定している。



宝塚記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

⇒もっと見る

ミスマンマミーアの関連コラム

閲覧 446ビュー コメント 0 ナイス 1



こんにちは、くりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
今回も前走からの中間の調整内容(評価はA~F)を中心に各馬コメントをしていきたいと思います。


6月27日(日) 阪神11R 第62回宝塚記念(3歳以上G1・芝2200m)

クロノジェネシス(A)3ヶ月
海外遠征後の休み明けとなるが、2週前が福永騎手、1週前はルメール騎手騎乗での追い切りを消化し、重め感はなく伸び脚もシッカリしていて仕上がりは良さそう。

レイパパレ(A)3ヶ月
この中間もこれまでと同じように、日曜、水曜、日曜と坂路で追われている。1週前追い切りでは、前走時同様に終いグッと前に伸びる推進力を見せていて、引き続き好状態。

カレンブーケドール(A)中7週
この中間は坂路調整で乗り込み量は豊富。1週前の動きも内めを回ったとはいえ手応え抜群で、終いも力強く伸びていて前走以上の動きを披露している。

キセキ(B)中8週
香港遠征以来の休み明け。動きに関しては終いの伸びが物足りなく映ったが、時計的にはここ2戦と比べてもかなり良く、出来自体は悪くなさそう。

アリストテレス(B)中7週
この中間は前走時よりも好時計が出ていて状態は悪くなさそう。ただ、1週前追い切りの動きを見ると、先着こそ果たしたもののもう少し力強さがほしい印象も。

モズベッロ(A)3ヶ月
前走時に追い切りの動きが良くなっていたこの馬だが、この中間も好時計が出せている。1週前追い切りは、終い重心が低くしっかりと伸びていて、この馬の良いときの状態をキープといった感じ。

メロディーレーン(F)中1週
小柄な牝馬でほぼ月一ペースで使われていて今回は中1週。この中間に速い時計もなく、疲れがない訳がないとは思うが。

ヨシオ※回避予定(D)中5週
ジャパンC以来の芝のレース。その間もダートG1、障害、ダート短距離と、何でもかんでも使えば良いというものでもないとは思うが・・・。

カデナ(B)中2週
勝ち馬からコンマ5秒と差のない競馬をみせた安田記念から中2週。前走時点で調教の動きも良く、この中間も1週前の金曜日に坂路で速い時計をマークしており、引き続き状態は良さそう。

シロニイ(D)中7週
この中間も乗り込み量は豊富で、時計も前走時と変わらない感じ。ただ動きを見ると、終い首が上がりかなり耳を絞って嫌がりながら走っていて、気持ち的に疲れがあるのかもしれない。

ユニコーンライオン(B)中2週
大型馬で連勝中と勢いあり。1週前追い切りの映像がないので動きに関しては何とも言えないが、最終追い切りで前走時のような重心の低い走りで終い伸びていれば、さらなる上積みも期待できそう。

ミスマンマミーア(C)中3週
この中間も2週前にCW、1週前にDPコースと、外めを走って速い時計が出ていて調子落ちはみられない。ただ、全体的に重心が高い動きになっていて高評価はどうか。加えて今回は、56キロと近走と比べて過酷な斤量で走らなくてはならずプラス材料が少ない。

ワイプティアーズ(D)中2週
オープン勝ちもなく、1週前追い切りの動きを見ても力強さや迫力、勢いを感じない。

キングニミッツ※回避予定(E)中5週
この中間は、18日に坂路でやっと時計になる程度のものしかマークしておらず、軽めの調整が続く。G1への出走態勢という感じはない。

アドマイヤアルバ(D)中3週
前走は、京都新聞杯2着以来の重賞好走を果たすも、大きく馬体が減っていた。今回は関西輸送も控えていることから、馬体を維持するだけでもギリギリだろう。上積みは期待できそうもない。


※このコラムからの推奨馬はレイパパレカレンブーケドールモズベッロクロノジェネシスの4頭をあげておきます。



◇今回は宝塚記念編でした。
近年牝馬が活躍している宝塚記念ですが、今年も主役候補に牝馬が揃い、その勢いは止まりそうもありません。
レイパパレのような小柄な牝馬が、あの大阪杯での力の要る馬場をものともせずに勝ち切ったあたりは、調教技術の進歩や血統の改良であったりと、これまで積み重ねてきた日本競馬関係者の努力の賜物でしょう。このレースには秋の凱旋門賞にも登録している馬も何頭か出走してきますし、1番人気になりそうな馬も日本生れのディープインパクト産駒の3歳牝馬。これだけ勢いのある馬たちがたくさんいるのなら、日本牝馬の強さを秋のパリロンシャン競馬場で見せつけてもらいたいものです。

宝塚記念出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。
※最終結論は、レース当日のくりーくプロページでチェックしてください。


登録済みの方はこちらからログイン

2021年6月20日() 15:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2021年06月20日号】特選重賞データ分析編(259)~2021年宝塚記念
閲覧 1,878ビュー コメント 0 ナイス 6



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
https://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G1 宝塚記念 2021年06月27日(日) 阪神芝2200m内


<ピックアップデータ>

【“同年、かつJRA、かつG1・G2のレース”において4着以内となった経験の有無別成績(2012年以降)】
○あり [9-6-7-50](3着内率30.6%)
×なし [0-3-2-52](3着内率8.8%)

 年明け以降の戦績を素直に評価したい一戦。キセキクロノジェネシスのように国外のビッグレースで善戦してきた馬ならともかく、大敗続きの馬、G3やオープン特別のレースを主戦場としてきた馬は強調できません。

主な「○」該当馬→カレンブーケドールシロニイミスマンマミーアレイパパレ
主な「×」該当馬→キセキユニコーンライオン


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

○「“前年の有馬記念”において9着以内となった経験がある」馬は2012年以降[4-6-2-12](3着内率50.0%)
主な該当馬→カレンブーケドール

[もっと見る]

2021年1月22日(金) 14:00 TARO
【TAROの競馬研究室】年明けから重賞が波乱続きの理由を考える/AJCC展望
閲覧 1,941ビュー コメント 0 ナイス 4



先週は東西で3重賞が行われた。京成杯こそルメール騎手のグラティアスが制し人気どころでの決着だったが、愛知杯は人気のセンテュリオが不発で、3連単は7万馬券。日経新春杯は7番人気の伏兵ショウリュウイクゾが制し、2着には13番人気のミスマンマミーアが突っ込んできて3連単は96万馬券と大波乱になった。

年明けから重賞は波乱続きの印象があるが、改めて調べてみると、やはりよく荒れていた。波乱の基準を3連複の万馬券とすると、7レース中6レースで万馬券が発生。3連単は10万超の配当がやはり7レース中6レースと、高配当が続いている。

◆2021年の重賞配当(3連複:3連単)

中山金杯   18,300円 : 64,390円
京都金杯   135,900円 : 1,228,010円
シンザン記念 13,750円 : 118,210円
フェアリーS 24,370円 : 120,220円
愛知杯    19,070円 : 79,590円
日経新春杯  112,200円 : 961,790円
京成杯     3,210円 :  11,750円

波乱が続く理由をザックリまとめると、大きく以下の2点ではないか。

1、例年と異なる中京での開催

ひとつめは中京競馬場での開催。例年ならば京都で開催されている各重賞が中京での代替開催となっており、それが傾向の変化をもたらしている。当然のことながら、右回りで直線平坦の京都競馬場と、左回りで直線急坂の中京競馬場ではまるで傾向が異なるため、過去のデータ等があまりアテにならず、波乱を招いている。ミスマンマミーアウラヌスチャームなどは、いかにも中京のスタミナ戦が向いた印象だった。

2、中山芝のタフ化

ふたつめは、中山の芝の傾向だ。昨年末の有馬記念でも外枠のサラキアが台頭したように、中山の芝が荒れて来ていることも波乱の一因とみている。本来であれば立ち回り戦が多く内枠の馬や先行馬が人気を集めがちな舞台だが、年明けから差し馬、外枠の馬の台頭が目立つ。中山金杯では8枠16番で人気を落としていたウインイクシードが11番人気で3着に健闘。フェアリーSでも8番人気の低評価を覆し2着に突っ込んできたホウオウイクセルは、本来は不利とされる8枠15番だった。

そんな状況に追い打ちをかけるように今週末は各地ともに久々に雨予報が出ており、さらに予想は難しくなりそう。年明けからの傾向を踏まえれば、あまり人気や新聞の印を気にし過ぎず、思い切って狙っていくことも重要にになりそうだ。

~久々に多頭数で難解なAJCCの伏兵候補

年明けからの波乱傾向を振り返ったところで、今週末の話へ。今年のAJCCは17頭立て。過去3年は12頭以下と比較的落ち着いた頭数だったことを考えると、久々に多頭数の競馬となる。前述通り今年の傾向にしたがって、波乱に期待しつつここでは伏兵候補を2頭取り上げたい。

ラストドラフト

アルゼンチン共和国杯は苦しい内枠から2着に健闘。昨年の当レース3着、一昨年の京成杯1着と中山芝では安定して走れており、舞台が替わるのはプラスになりそうだ。タフな馬場を得意とする三浦騎手の騎乗で、上がりが掛かる流れになれば引き続き面白い。

タガノディアマンテ

久々のステイヤーズSでは強気に動いて2着確保と地力を見せた。相手に恵まれた面もありフロック視されそうだが、かつてスプリングS4着、皐月賞でも6着と中山芝重賞では安定した走りを見せており、万葉S圧勝歴からもスタミナを問われる馬場状態もプラス材料。思い切った騎乗が身上の津村騎手にも期待して、再度一発に期待してみたい。

※AJCCの本命馬は、ブログ『TAROの競馬』にて無料公開予定です。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』
(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)、『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)。

[もっと見る]

2021年1月22日(金) 13:00 競馬プロ予想MAX
先週の回顧~(1/16~1/17) シムーンプロが◎ロイヤルパールス(単勝299.5倍) ◎アキリザーブ(単勝150.5倍)的中など大暴れ!
閲覧 349ビュー コメント 0 ナイス 2



16(土)に行われたG3愛知杯、17(日)のG2日経新春杯、G3京成杯ほか様々な的中がマークされた先週。
好成績を収めた注目プロ予想家をご紹介していきたいと思います。
 
 
 
☆☆☆注目プロ →シムーンプロ
先週は、16(土)の中京12R4歳以上3勝クラスで◎ロイヤルパールス(単勝299.5倍)的中での計24万7180円払戻し(12,359%回収)のホームランを披露。他にも、同小倉2R3歳未勝利的中や、17(日)小倉4R障害4歳以上未勝利アキリザーブ(単勝150.5倍)的中(15,050%回収)、同中山3R3歳未勝利的中などの活躍で、土日完勝。トータル回収率247%、収支33万9530円の大幅プラスを達成しています。
 
☆☆☆注目プロ →ジョアプロ
17(日)G2日経新春杯では、◎ショウリュウイクゾ×ミスマンマミーア馬連的中含む9万7800円払戻しのスマッシュヒットを披露。他にも、中京2R3歳未勝利などの的中をマークし、週末2日間トータル回収率105%を記録、3週連続週末プラスを達成しています。
 
☆☆☆注目プロ →あおまるプロ
16(土)G3愛知で、◎×○的中計10万7940円払戻し(2,998%回収)をマーク! 他にも同小倉11R虹の松原S、17(日)小倉11R門司Sなどの活躍を披露し、週間トータル回収率101%、2週連続週末プラスとしています。
 
 
 
この他にも、エース2号【予想マイレージクラブ限定】プロ(140%)、nigeプロ(118%←2週連続週末プラス)、金子京介プロ(110%)、エース1号プロ(110%)、馬侑迦プロ(105%←2週連続週末プラス)、暴君アッキープロ(102%←3週連続週末プラス)らがプラス収支をマークしています。
 
 
 
今週も「プロ予想MAX」ならびにプロテスト最終審査の動向にぜひご注目下さい。

[もっと見る]

2021年1月11日(月) 15:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2021年01月11日号】特選重賞データ分析編(236)~2021年日経新春杯~
閲覧 1,720ビュー コメント 0 ナイス 3



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G2 日経新春杯 2021年01月17日(日) 中京芝2200m


<ピックアップデータ>

【前走の着順ならびに前走の1位入線馬とのタイム差別成績(2016年以降)】
○着順が1着、もしくは1位入線馬とのタイム差が0.5秒以内 [4-5-5-15](3着内率48.3%)
×着順が2着以下、かつ1位入線馬とのタイム差が0.6秒以上 [1-0-0-38](3着内率2.6%)

 ハンデキャップ競走ということもあり、基本的には前走好走馬が優勢。前走が格の高いレースだった馬を含め、大敗直後の馬は苦戦していました。直近のパフォーマンスがいまひとつだった実績馬を信頼し過ぎないよう心掛けるべきでしょう。

主な「○」該当馬→アドマイヤビルゴヴェロックスサンレイポケット
主な「×」該当馬→サトノソルタスダイワキャグニーミスマンマミーア


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

○「前走との間隔が中8週以内」だった馬は2016年以降[3-5-5-31](3着内率29.5%)
主な該当馬→アドマイヤビルゴヴェロックスサトノソルタス

[もっと見る]

2019年11月8日(金) 15:30 くりーく
くりーくの中間調教チェック 2019エリザベス女王杯
閲覧 2,293ビュー コメント 0 ナイス 8



こんにちは、くりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
今回も前走からの中間の調整内容(評価はAA~F)を中心に各馬コメントをしていきたいと思います。



11月10日(日)京都11R 第44回エリザベス女王杯(3歳以上G1・牝馬・芝2200m)


<優先出走馬>

スカーレットカラー(A)中3週
デビュー前から調教では速い時計の出ていた馬。半年前までは出走取消が多かったが、ここ数戦は追い切りもしっかり消化し、レースでも安定して力を出せるようになっていて馬体がしっかりできてきたように思う。調教ではデビューから数戦レースにも騎乗していた太宰騎手(レースでは岩田騎手が騎乗予定)がしっかり調教をつけていて、このジョッキーの影の支えが大きい印象。1週前追い切りでは、その太宰騎手が騎乗して前走時よりも力強い走りで、この時点でしっかり仕上がっており良い状態で出走できそう。


<賞金上位順>

クロノジェネシス(A)中3週
前走休み明けで+20キロだったがパドックで見た感じではトモが細く見えるくらいで、太い感じにはまったく見えなかった。この中間もしっかり時計を出していて、1週前追い切りの動きを見ると走りに勢いがみられるようになり、1度使われて気合いが乗ってきているという印象。馬体を絞る必要はないと思うので、テンションを上げ過ぎない最終追い切りができればここでも勝ち負けになりそう。

ラヴズオンリーユー(C)6ヶ月
オークス以来の休み明けとなるが2週前、1週前と併せ馬で追われている。動きを見るとこれまでより強めに追われていて、いかにも休み明けと言った印象を受け、ぶっつけ本番はややマイナスとなりそう。

ラッキーライラック(C)中3週
休み明けの前走時はパドックでは胸前に余裕があるくらいだったが、追い切りは硬さがいつも以上にある感じだった。この中間も1週前にCWで強めに追われているが、硬さがまだ残っていて、動きも重い感じに見えた。

クロコスミア(B)中3週
2年連続このレース2着の好走実績あり。今年も札幌記念、府中牝馬Sをステップに使われてきて、1週前追い切りでは昨年よりも気合いの入った力強い動きを見せた。

フロンテアクイーン(C)中3週
若い頃はパドックでのイレ込みが激しいところがあった馬だが、近走は落ち着きがあり気性的に成長はしているように思う。今回は関西への輸送があるので気を使うところはあると思うが、昨年も落ち着いて周回できていたので直前でビッシリ追ってテンションを上げてしまうようなことがなければ。ただ、ちょっと距離は長いような気はする。

ポンデザール(A)中9週
4連勝中と勢いのある馬。イレ込むこともなくレースでの折り合いも問題ない。この中間もしっかり乗り込まれ、1週前追い切りの動きを見ても気負うことなくリラックスして走れていて状態も良さそう。

ウラヌスチャーム(D)中3週
前走時から栗東で調整中。ただ1週前追い切りの動きを見ると、力強さがなく伸び脚もイマイチ。

ゴージャスランチ(C)3ヶ月
前2走は坂路での調整だったが、この中間は南Wでの追い切りが中心。調教内容を変えてきたことは気になる。

サトノガーネット(B)中3週
クイーンS時は馬の動きが硬い感じがあったが前走、今回と動きが柔らかくなった感じで上積みがありそう。

センテリュオ(A)中9週
前走の新潟記念では◎にした馬だが、初の左回りとコーナー2つのコースで息が入らなかったのか直線は伸びる感じがなかった。この中間も坂路で好時計を多くマークしていて調子は良さそうで、右回りコーナー4つのコースに変わっての変り身がありそう。

サラキア(E)中2週
前走から中2週で1週前に速い時計を出していない。前走時よりも馬体を減らしたくないところはあると思う。

レッドランディーニ(E)中3週
マーメイドSで2着の実績はあるが、定量戦で一線級相手だと厳しいところはありそう。調教でも目立つ時計が出ている訳でもないので、一発がありそうな感じもない。

アルメリアブルーム(D)中3週
小柄な馬で、使うたびの馬体増減が大きい馬。デビューからよく見ている馬だが、何とかオープンまで上がってきた感じがあり、突き抜けるような強さはない。

レイホーロマンス(C)中2週
休み明けの前走時は乗り込んでいた割に速い時計が出ていなかった。この中間は坂路での時計が良くなってきていて、それでもまだこの馬としては物足りないが、少し上積みがありそう。

シャドウディーヴァ(B)中3週
この中間も栗東での調整。前走時も追い切りの動きが良く見えたが、今回も1週前追い切りでは併せ馬で一杯に追われて好時計で先着と、引き続き調子は良さそう。

ブライトムーン(B)中1週
この中間は間隔が詰まっているので1週前には速い時計は出していないが、最終追い切りでしっかり時計を出しているようなら力は出せそう。

ミスマンマミーア(C)中4週
休み明けの前走時、パドックではかなり余裕がある馬体に映った。この中間は時計を多く出してきているが、ガラッと変わってきた感じの時計が出ている訳ではない。



◇今回はエリザベス女王杯編でした。
今週4(祝月)に、浦和競馬場では初のJBCが行われました。JBC当日の1日の売得金は2016年の川崎での48億円を10億円近く上回る58億円のJBCレコード(地方競馬場での開催時のみ)。さらに、浦和競馬場単体での売得金としても、レコードを43億円以上も上回る1日あたり売得金記録を更新しました。これは地方競馬の馬券発売網の充実や宣伝効果、さらにこれまで19回積み重ねてきた関係者の努力の結果だと思います。浦和での開催で2年前(川崎)の売り上げを上回ることができたことは、今後その他の競馬場での開催(特にまだJBCを開催したことのない競馬場)検討の際の指針になりますし、大きな意義をもった今回だったように思います。地方競馬は地方競馬で、これからもそれぞれの個性を出して盛り上がって行ってもらいたいものです。

それでは次回、マイルチャンピオンシップ編(予定)でお会いしましょう。


エリザベス女王杯出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。
※最終結論はレース当日のくりーくプロページでチェックしてください。

[もっと見る]

⇒もっと見る

ミスマンマミーアの口コミ


口コミ一覧

宝塚記念

 競馬が大好き(複勝男 2021年6月25日(金) 00:48

閲覧 114ビュー コメント 0 ナイス 6

宝塚記念

6月27日 日曜日 阪神競馬場 右回り Bコース 
芝2200M GⅠ 3歳以上 


過去10年
サンデーサイレンス系     5-4-8
ミスタープロスペクター系   2-4-1
ノーザンダンサー系      1-1-0
ヘイルトゥリーズン系     1-1-0
ナスルーラ系         1-0-1

このレースの傾向として(競馬ブック参考)

〇 4,5歳が中心
〇 牝馬は古馬混合でGⅠで連対経験があるのが強い 入着経験も信頼度高い
〇 前走傾向 
  天春 3走以内にGⅠで馬券に絡んでいるか 
  鳴尾(旧金鯱)最低でも入着もしくはそのレースで人気していた
  目黒記念  4着以下は苦しい
  大阪杯   0.4秒差以内か前年以降にG1で連対
  海外    前走3着以内
  それ以外  ヴィクトリアマイルなら要注意、それ以外は割引

〇 2200M重賞で勝利に注目 連対も悪くない
〇 GⅠ馬
〇 3勝5連対以上 芝2000M以上1勝3連対以上 連対率4割以上 中2~8週 すべてクリアなら
〇 外枠優勢

出走馬の個人的な評価

クロノジェネシス
(去年勝っているので、馬場も去年より速い時計が出やすいけど去年の天皇賞秋の3着で問題なさそう。距離もこれぐらいがベストと思うのでずっと崩れなく結果が出ているので今回も死角はなさそうですが、個人的にハイペースになった時にどうなるかと個人的には思っているが)

レイパパレ
(今回逃げ馬がいるので展開的にどうするかがカギと思う。距離延長と56Kgと今回も課題はありそうなので、時計の速い馬場でまだ信頼できるかどうかもあるし、今回勝てば本物なんだろうと思いますが馬場悪ければチャンスは上がるけど距離も心配なので)

カレンブーケドール
(善戦ばかりなので地力は上位でも常に惜しい内容。今回も当然無視は出来ないので先行力も高くて馬場も苦にしない馬。毎回連複候補)

キセキ
(ここ2戦差しに回って勝ち切れてなくいる状況。安定感は出てきたと思うけど、去年2着のレースなので馬場も苦にせずスタートだけ気をつければ、いい勝負は出来そう)

アリストテレス
(ここ2戦長距離で意外に成績良くなかったので重賞を勝った距離でチャンスは合ってもいいので、馬場も苦にせず課題は折り合いになりそう。)

モズベッロ
(距離延長はプラスですが良馬場だと瞬発力勝負で劣るのは分かっているので、ハイペースになるかまた馬場が稍重以下悪くなるかで、チャンス具合も変わってくる。)

ユニコーンライオン
(前走逃げきって重賞勝ちで今回は相手強化と右回り、58Kgと距離延長で不安はあるし前走は展開も恵まれていたことを考えると 厳しそう。逃げても前に行くレイパパレとカレンブーケドールがいて楽な展開には)

カデナ
(前走GⅠ6着でいい脚は使えていたので軽視は出来ない。コーナー4つとまだ2週目のいい馬場なら、自身の好走条件には当てはまっているので穴馬ならこれ)

ミスマンマミーア
(前走は素晴らしくスローで進んでしまった展開でこの馬に最悪の流れで参考外、今回の方が相手強化で厳しいが、展開とコースがこの馬は向きそう。直線最後の200Mで上がりが掛かれば)

ワイプティアーズ
(実績不足とGⅠ経験がないので、厳しいと思うが自身の力以上走ることが出来ればと思うがインパクト不足な感じもしているからなぁ、)

メロディーレーン
(タフな馬場なら出番はありそう。多分良馬場ならきついでしょうね。)

アドマイヤハダル
(前走目黒記念の3着は展開利があったと思う。今回の相手ではペースも変わるし速い展開ならしんどいですね)

シロニイ
(ずっとここ3戦3000M以上だったので、2200Mでしんどいと思います。実績も足らないですね)


  

 ナリタブライアン 2021年6月24日(木) 22:07
2021年春G1馬当て 第13戦宝塚記念 
閲覧 157ビュー コメント 0 ナイス 8

安田記念、流石ルメールの騎乗と思いましたが、ダノンキングリーの川田が更に上へ
春最後のG1、宝塚記念の一番人気は、クロノジェネシスでしょうか?

現在、先頭のみすてぃさん、最後まで逃げ切れるか?
ジョウテンさん、または、別の方が差し切るのか楽しみですd(⌒ー⌒)!

<宝塚記念>
1枠1番 ユニコーンライオン(牡5、栗東・矢作) 坂井

2枠2番 レイパパレ(牝4、栗東・高野) 川田

3枠3番 メロディーレーン(牝5、栗東・森田) 幸

4枠4番 ワイプティアーズ(牡6、栗東・加用) 和田竜
4枠5番 アドマイヤアルバ(セ6、美浦・柄崎) 酒井

5枠6番 シロニイ(牡7、栗東・池江) 松若
5枠7番 クロノジェネシス(牝5、栗東・斉藤崇) C.ルメール

6枠8番 カデナ(牡7、栗東・中竹) 松山
6枠9番 アリストテレス(牡4、栗東・音無) 武豊

7枠10番 カレンブーケドール(牝5、美浦・国枝) 戸崎
7枠11番 モズベッロ(牡5、栗東・森田) 池添

8枠12番 ミスマンマミーア(牝6、栗東・寺島) 岩田望
8枠13番 キセキ(牡7、栗東・辻野) 福永

[もっと見る]

 マキト 2021年6月24日(木) 16:24
宝塚記念枠順確定
閲覧 156ビュー コメント 0 ナイス 8

1枠1番 ユニコーンライオン(牡5、栗東・矢作) 坂井

 

2枠2番 レイパパレ(牝4、栗東・高野) 川田

 

3枠3番 メロディーレーン(牝5、栗東・森田) 幸

 

4枠4番 ワイプティアーズ(牡6、栗東・加用) 和田竜

4枠5番 アドマイヤアルバ(セ6、美浦・柄崎) 酒井

 

5枠6番 シロニイ(牡7、栗東・池江) 松若

5枠7番 クロノジェネシス(牝5、栗東・斉藤崇) C.ルメール

 

6枠8番 カデナ(牡7、栗東・中竹) 松山

6枠9番 アリストテレス(牡4、栗東・音無) 武豊

 

7枠10番 カレンブーケドール(牝5、美浦・国枝) 戸崎

7枠11番 モズベッロ(牡5、栗東・森田) 池添

 

8枠12番 ミスマンマミーア(牝6、栗東・寺島) 岩田望

8枠13番 キセキ(牡7、栗東・辻野) 福永

 

[もっと見る]

⇒もっと見る

ミスマンマミーアの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
5:
  fc0703d559   フォロワー:4人 2020年10月9日(金) 00:10:44
スガダ、もう少し売れて良い、2才時見せ場、前々走騎乗ミス、道悪、距離延長○
安井、買い、上がり○、近走は持ち味不利、今回見直し
4:
  fc0703d559   フォロワー:4人 2020年9月18日(金) 18:13:49
tech、本命◉、近走は不利、長い直線末脚
3:
  fc0703d559   フォロワー:4人 2020年7月19日() 12:26:10
ラボ水、○抑え

⇒もっと見る

ミスマンマミーアの写真

ミスマンマミーア
ミスマンマミーア
ミスマンマミーア

ミスマンマミーアの厩舎情報 VIP

2021年5月30日目黒記念 G212着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ミスマンマミーアの取材メモ VIP

2021年5月30日 目黒記念 G2 12着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。