サトノソルタス(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
サトノソルタス
サトノソルタス
サトノソルタス
サトノソルタス
サトノソルタス
サトノソルタス
サトノソルタス
サトノソルタス
写真一覧
現役 牡7 芦毛 2015年1月28日生
調教師堀宣行(美浦)
馬主株式会社 サトミホースカンパニー
生産者ノーザンファーム
生産地安平町
戦績15戦[2-2-2-9]
総賞金9,227万円
収得賞金3,400万円
英字表記Satono Saltus
血統 ディープインパクト
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
ウインドインハーヘア
アイランドファッション
血統 ][ 産駒 ]
Petionville
Danzigs Fashion
兄弟 オーシャンドライブパシフィックギャル
前走 2021/11/07 アルゼンチン共和国杯 G2
次走予定

サトノソルタスの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師



馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
21/11/07 東京 11 アルゼンチン G2 芝2500 152312.5512** 牡6 55.0 大野拓弥堀宣行B 498
(-2)
2.33.5 1.134.2⑩⑪⑪⑪オーソリティ
21/09/26 中山 11 オールカマー G2 芝2200 164878.8106** 牡6 56.0 大野拓弥堀宣行B 500
(+6)
2.12.4 0.535.1⑭⑭⑬⑩ウインマリリン
21/06/05 中京 11 鳴尾記念 G3 芝2000 13575.337** 牡6 56.0 川田将雅堀宣行B 494
(-12)
2.01.7 1.034.4④④⑦⑥ユニコーンライオン
21/05/09 新潟 11 新潟大賞典 G3 芝2000 1481419.073** 牡6 55.0 秋山真一堀宣行B 506
(0)
1.59.3 0.037.2サンレイポケット
21/01/17 中京 11 日経新春杯 G2 芝2200 162313.665** 牡6 55.0 池添謙一堀宣行B 506
(0)
2.12.5 0.735.7⑪⑩⑪⑩ショウリュウイクゾ
20/12/12 中京 11 中日新聞杯 G3 芝2000 188189.347** 牡5 55.0 池添謙一堀宣行B 506
(+16)
2.00.8 0.733.9⑬⑬⑪⑪ボッケリーニ
20/04/05 阪神 11 大阪杯 G1 芝2000 122255.71010** 牡5 57.0 藤岡康太堀宣行B 490
(-8)
1.59.4 1.034.6⑨⑧⑨⑧ラッキーライラック
20/03/15 中京 11 金鯱賞 G2 芝2000 126841.382** 牡5 56.0 藤岡康太堀宣行B 498
(+2)
2.01.9 0.333.8サートゥルナーリア
19/12/07 中京 11 中日新聞杯 G3 芝2000 167138.955** 牡4 54.0 秋山真一堀宣行B 496
(+6)
1.59.6 0.434.3⑥⑥⑦⑤サトノガーネット
19/11/02 東京 10 ノベンバーS 3勝クラス 芝2000 8223.731** 牡4 55.0 C.スミヨ堀宣行 490
(0)
1.59.0 -0.033.2④④④レッドラフェスタ
19/07/13 中京 11 マレーシアC 3勝クラス 芝2000 10552.617** 牡4 57.0 M.デムー堀宣行 490
(-8)
2.01.5 0.734.3⑦⑦⑦⑤カヴァル
19/06/15 東京 11 ジューンS 3勝クラス 芝2000 10445.543** 牡4 57.0 津村明秀堀宣行 498
(+18)
2.05.5 0.536.7⑥⑧⑥ジナンボー
18/04/28 東京 11 青葉賞 G2 芝2400 188184.636** 牡3 56.0 M.デムー堀宣行 480
(-8)
2.25.0 0.634.6⑬⑬⑦⑦ゴーフォザサミット
18/02/11 東京 11 共同通信杯 G3 芝1800 12116.332** 牡3 56.0 R.ムーア堀宣行 488
(+8)
1.47.5 0.133.3⑥⑦⑦オウケンムーン
17/10/29 東京 5 2歳新馬 芝1800 10331.511** 牡2 55.0 M.デムー堀宣行 480
(--)
1.58.3 -0.036.4ダークナイトムーン

サトノソルタスの関連ニュース


※当欄ではアルゼンチン共和国杯について、競馬好きとして知られる芸能人、著名人の皆さんの予想を紹介していきます。迷ったときは彼らの予想に乗るのも手。参考になさってください。



【徳光和夫】
3連複ボックス
レクセランス
サトノソルタス
アイアンバローズ
アイスバブル
オーソリティ
トーセンカンビーナ
ワイド流し
⑩-①②③⑥⑦⑧⑭⑮

【斎藤司(トレンディエンジェル)】
◎⑮アンティシペイト

【大久保洋吉(元JRA調教師)】
◎⑮アンティシペイト
○⑩オーソリティ
▲⑫マイネルウィルトス
△⑥アイアンバローズ
△⑦アドマイヤアルバ
△⑧アイスバブル

【キャプテン渡辺】
◎⑥アイアンバローズ
馬連流し・ワイド流し
⑥-①⑤
3連単フォーメーション
⑤⑥→⑤⑥→⑩
⑤⑥→⑤⑥→①

【DAIGO】
◎⑬ボスジラ

【ゴルゴ松本(TIM)】
◎③サトノソルタス

【レッド吉田(TIM)】
◎⑮アンティシペイト

【粗品(霜降り明星)】
◎⑮アンティシペイト

【田中裕二(爆笑問題)】
◎⑤フライライクバード
○⑩オーソリティ
▲⑦アドマイヤアルバ
△⑮アンティシペイト
△⑫マイネルウィルトス
△⑨ディアマンミノル
△⑭トーセンカンビーナ
3連単1頭軸流しマルチ
⑤→⑦⑨⑩⑫⑭⑮

【杉本清】
◎⑩オーソリティ
○⑬ボスジラ
▲⑤フライライクバード
☆⑫マイネルウィルトス
△③サトノソルタス
△④ロードマイウェイ
△⑧アイスバブル
△⑮アンティシペイト

【林修】
注目馬
ロードマイウェイ

【橋本マナミ】
◎⑩オーソリティ
○⑮アンティシペイト
▲⑬ボスジラ
☆⑤フライライクバード
△⑧アイスバブル
△⑪ゴースト
△⑫マイネルウィルトス

【横山ルリカ】
◎⑮アンティシペイト

【小島瑠璃子】
◎⑩オーソリティ

【神部美咲】
◎⑩オーソリティ

【小木茂光】
◎⑨ディアマンミノル
3連単フォーメーション
⑤⑨⑮→①③④⑤⑥⑧⑨⑩⑫⑮→⑤⑨⑮

【じゃい(インスタントジョンソン)】
◎③サトノソルタス

【船山陽司】
◎④ロードマイウェイ

【鈴木麻優(元岩手競馬騎手)】
◎⑩オーソリティ

【熊崎晴香(SKE48)】
◎⑫マイネルウィルトス
○⑩オーソリティ
▲⑤フライライクバード
△①レクセランス
△⑪ゴースト
△⑮アンティシペイト

【皆藤愛子】
◎⑪ゴースト

【高田秋】
◎⑬ボスジラ

【原奈津子】
◎⑮アンティシペイト
○⑪ゴースト
▲⑤フライライクバード



ウマニティ重賞攻略チーム

【ROBOTIPの勝率予測】アルゼンチン共和国杯2021 騎手重視の劉備は連続GI制覇で勢いに乗るあの騎手を中心に 2021年11月6日() 12:00

こんにちは。ウマニティのROBOTIP開発プロジェクトメンバーの劉備です。
サンスポ関東版日曜日掲載の『予想ロボットROBOTIP(ロボティップ)の勝率予測』からスピンオフした本企画。日曜日に行われるG2アルゼンチン共和国杯は、わたくし劉備が担当させていただきます。

先週担当した天皇賞(秋)は、勝率予測1位のグランアレグリアを軸に馬単で勝負いたしましたが、直線で先頭に立つも上位2頭に交わされ最後は3着に。3強対決となり非常に見ごたえのあるレースでしたが、馬券的には残念な結果に相成りました。
天皇賞(秋)の記事はこちら
今週は的中できるよう気を取り直して予想を始めさせていただきたいと思います。

わたくし劉備ROBOTIP設定は騎手を重視しますので「競走馬」30%、「騎手」70%を基本ベースとしています。適性については、レース条件に応じて、騎手の「距離」、「トラック」、「周回方向」、「G前の坂の有無」の各適性を配合していきます。補正は、レース条件に関係なく「斤量」「調教評価」の2点を補正ONにします。
これが劉備のROBOTIP設定の基本方針となります。

さて、今回のアルゼンチン共和国杯の舞台である東京芝2500mですが、5月の目黒記念と本レースのみで使用される特異なコース。ここはそんな舞台を考慮して、距離適性70%、G前の坂の有無適性20%、周回方向適性10%のセッティングといたしました。
この設定によって算出された勝率予測は以下の通りとなります。

劉備ROBOTIPが弾き出したアルゼンチン共和国杯全馬の勝率
(順位・馬番・馬名・勝率)

1 ⑮アンティシペイト 11.36%
2 ⑫マイネルウィルトス 9.85%
3 ⑩オーソリティ    8.62%
4 ⑧アイスバブル    8.38%
5 ⑨ディアマンミノル  8.05%
6 ③サトノソルタス   7.64%
7 ①レクセランス    7.03%
8 ⑥アイアンバローズ  6.65%
9 ⑤フライライクバード 6.56%
10 ⑬ボスジラ      5.91%
11 ⑦アドマイヤアルバ  5.53%
12 ④ロードマイウェイ  4.63%
13 ⑪ゴースト      4.34%
14 ②オウケンムーン   3.16%
15 ⑭トーセンカンビーナ 2.29%

ROBOTIPの基本的な考え方は、平均勝率(15頭立ての場合は6.67%)を上回る馬のみを馬券対象としますので、今回のアルゼンチン共和国杯では上位7頭までが対象馬となります。

1位⑮アンティシペイトが勝率11.36%と微差ながらトップ評価となりました。勝率の差で隊列を組むと以下の並びになります。

⑮>⑫>⑩⑧⑨③①

勝率的に抜けた馬が不在で、算出データからもハンデ戦らしい混戦傾向が伺えます。平均勝率を上回る7頭すべてにチャンスがありそうですが、ここは上位2頭(⑮⑫)を軸に、以下の馬連合計10,000円(11点)で勝負いたします。

【劉備のアルゼンチン共和国杯勝負馬券】

馬連
⑫-⑮
1点×各6,000円=6,000円

馬連ながし
⑫-①③⑧⑨⑩
5点×各400円=2,000円

馬連ながし
⑮-①③⑧⑨⑩
5点×各400円=2,000円

**************************************
ROBOTIPは自分の競馬予想理論に従って6つの能力指数(競走馬・騎手・血統・調教師・馬主・生産者)と、5つの適性(距離・トラック・馬場状態・周回方向・G前の坂)を自由に配合して出走馬の勝率を予測するロボットです。
ROBOTIPはウマニティに会員登録(無料)すると無料でご利用頂けます。
⇒詳しくはこちらへ!
**************************************

[もっと見る]

【U指数的分析の結論!】アルゼンチン共和国杯2021 強調材料を持つU指数上位勢を中心に馬券を組み立てる! 2021年11月6日() 12:00

ウマニティ重賞攻略チームが毎週末の重賞をあらゆる切り口で考察!今回はアルゼンチン共和国杯・U指数予想をお届けします!


U指数は、ウマニティが独自に開発した競走馬の能力値「スピード指数」で、その精度の高さから多くのユーザーに支持されています。ウマニティに会員登録(無料)すると重賞レースの出走予定馬全頭のU指数をご覧いただけますので、是非お試しください。
---------------------

ハンデ重賞というと「荒れる」という印象を持たれがちだが、このレースは比較的平穏に決着しやすい。勝ち馬に関しては、過去5年間はいずれも3番人気以内。また、2着連対した10頭中8頭が5番人気以内(ほか2頭は6、7番人気)というように、伏兵の台頭はあまり見られない傾向が続いている。U指数をチェックする際は、併せて人気も確認したい。同程度の指数の評価であれば、人気を集めているほうをチョイスするのが賢明だ。

もうひとつのポイントは、人気の3歳馬は低指数でも押さえておいたほうがいいということ。2017年1着のスワーヴリチャード(8位、1番人気)、同3着のセダブリランテス(11位、3番人気)、2020年1着のオーソリティ(17位、3番人気)と、過去5年間で馬券になった3歳馬はすべて3番人気以内。今年の出走はないが、来年以降に備えて覚えておくといいだろう。

注目するのは、昨年の勝ち馬で今年は2位タイと高い評価を得ている⑩オーソリティ(98.1)、1位評価ながらも美味しいオッズを示してくれそうな③サトノソルタス(99.1)、強豪相手の札幌記念で4着に好走した5位⑫マイネルウィルトス(96.6)、絶好調の横山武史騎手が跨る6位⑮アンティシペイト(95.7)の4頭だ。

【U指数予想からの注目馬】
オーソリティ ③サトノソルタス ⑫マイネルウィルトス ⑮アンティシペイト

[もっと見る]

【重賞データ分析】アルゼンチン共和国杯2021 連有力候補5頭の中からフライライクバードをトップに 2021年11月6日() 12:00

ウマニティ重賞攻略チームが毎週末の重賞をあらゆる切り口で考察!今回はアルゼンチン共和国杯・データ分析 をお届けします!


【馬齢】
2011年以降の3着以内馬延べ30頭の馬齢をみると、3歳から6歳の間で収まっている。なお、近2走とも掲示板外に敗れていた5~6歳馬の好走例はゼロ。5歳以上を狙う場合は近走の着順をしっかりチェックしておきたい。

(減点対象馬)
サトノソルタス ⑦アドマイヤアルバ ⑭トーセンカンビーナ

【性別】
2011年以降の性別成績は、牡【10.10.8.119】、牝【0.0.0.4】、せん【0.0.2.8】。出頭頭数の違いがあるとはいえ、牝馬とせん馬は傾向的に連対候補として推しづらい印象を持つ。

(減点対象馬)
アドマイヤアルバ ⑪ゴースト

【ハンデ】
2011年以降の3着以内馬延べ30頭の負担重量を確認すると、51キロから58.5キロまで幅広い。その一方、54キロ以下の好走は前走3着以内の馬に限られる。頭に入れておきたい傾向だ。

(減点対象馬)
レクセランス ⑥アイアンバローズ ⑦アドマイヤアルバ ⑨ディアマンミノル

【前走使用距離】
2011年以降の1~3着馬の前走使用距離を検証すると、1800mから3200mまでバラエティに富んでいる。ただし、前走で2200m未満の条件戦に出走していた馬の複勝圏入りはゼロ。該当馬は敬遠するのも手といえる。

(減点対象馬)
アンティシペイト

【前走人気】
2011年以降の2着以内馬延べ20頭のうち、13頭は前走の単勝人気が3番人気以内。残りの7頭は、いずれも前走でG1またはG2のハイグレード戦を使用していた。少なくとも前走G3以下で低評価だった馬が、幅を利かせるレースではない。

(減点対象馬)
レクセランス ②オウケンムーン ⑧アイスバブル ⑭トーセンカンビーナ


【データ予想からの注目馬】
上記5項目で減点がないのは、④ロードマイウェイ、⑤フライライクバード、⑩オーソリティ、⑫マイネルウィルトス、⑬ボスジラの5頭。

トップには⑤フライライクバードを推す。2011年以降、前走で2200m使用の4歳馬は【4.1.0.5】という上々の成績。前走で芝2200m以上の条件戦に出走し、3番人気以内かつ3着以内だった馬が【2.3.2.4】の好パフォーマンスを示していることも加点材料だ。

近10回【3.1.1.9】の前走G1組に該当する、⑩オーソリティを2番手に。以下は、④ロードマイウェイ、⑫マイネルウィルトス、⑬ボスジラの3頭横並びの評価としたい。

<注目馬>
フライライクバード ⑩オーソリティ ④ロードマイウェイ ⑫マイネルウィルトス ⑬ボスジラ

[もっと見る]

【ズバリ!調教診断(最終版)】アルゼンチン共和国杯2021 フライライクバードをトップに、ディアマンミノルほか2頭が差なく続く! 2021年11月5日(金) 12:00

ウマニティ重賞攻略チームが、毎週末の重賞をあらゆる切り口で考察!今回はアルゼンチン共和国杯・調教予想(最終版)をお届けします!


日曜日に行われるアルゼンチン共和国杯の出走馬の追い切りについて、1頭ずつ考察していきます。予想の際にお役立てください。

※評価は上からA~D、F(判定不能)の5段階

レクセランス【C】
栗東坂路単走。首をしっかり使って活気はあるが、四肢のさばきに軽さはなく、あくせくと走っている印象。その割に全体時計は55秒1と遅め。ラスト2ハロンこそ24秒9-12秒3を刻んだものの、額面を超える価値はないように思える。良くも悪くも平行線といったところか。

オウケンムーン【C】
美浦坂路併走。小ぶりな馬体を考慮してか抑えめの調整。ただ、53秒6の全体時計に対し、ラスト2ハロンは25秒7-13秒1。攻めは動くタイプという点を踏まえると、しまいのラップが物足りない。重賞で好パフォーマンスを見込めるほどのデキには達していないように思える。

サトノソルタス【C】
美浦南W併走。コーナーでの動きが硬く、何か元気のない走り。直線を向いてから軽く促されるも、競る気配が薄く最後は手ごたえ劣勢でゴール。微調整程度の内容とはいえ、もう少し覇気を出してほしいのも確か。よほど展開が向かないと、出番は回ってこないかもしれない。

ロードマイウェイ【A】
栗東坂路単走。流す程度の調整もあってか、首の可動域こそ狭く映るが、四肢のさばきは柔らかく、踏み込みも力強い。ラストのラップは平凡ながらも、追えば伸びそうな余力を十分に残していたので、不安視する必要はなさそう。少なくとも前回の最終追い時より気配はいい。

フライライクバード【A】
栗東CW単走。この馬としてはリラックスしているし、フットワークも柔らかい。完歩はさほど大きくないが、後肢の踏み込みの深さ、そして首を上手に使ったテンポの良い走りは目を引くものがある。力をフルに発揮できる仕上がりと判断したい。

アイアンバローズ【C】
栗東坂路単走。中盤までは気負いがちで頭の振り幅が安定せず、推進力を上に逃す完歩がチラホラ。それでいて規則的なラップを踏むのだから、確かな脚力の持ち主であることは間違いないのだが……。54キロのハンデでどこまでカバーできるかが焦点となろう。

アドマイヤアルバ【C】
美浦坂路単走。手前をスムーズに替え、中盤までは淡々と駆け上がっていたが、徐々に余裕を無くし、しまいの伸びは今一歩。軽めの調整とはいえ、1週前追いの動きが良かっただけに、物足りなさを覚えてしまうのは確か。積極的には手が出ない。

アイスバブル【B】
栗東CW併走。追い出す際にズブい面を見せるのは相変わらずも、脚どりは力強くストライドもしっかり伸びている。もう少し躍動感があれば言うことはないが、もとより稽古映えしないタイプ。それを思えば許容範囲だろう。マズマズの仕上がり具合ではないか。

ディアマンミノル【A】
栗東CW併走。コーナーを回る際に首の動きが少し硬く映るも、それ以上に前肢を有効に使った大きなフットワークが目を引いた。ステッキが入ったあとの四肢を広げて力強く進む姿も見ごたえ十分。いい雰囲気でレースに臨めそうだ。

オーソリティ【C】
美浦南W併走。コーナーで気の悪さを出し、直線を向いてからスムーズに手前が替わらないのは相変わらず。それでいて鞍上が仕掛けると反応を返し、きっちり同入に持ち込むのだから判断に悩ましい。いずれにせよ高評価はしづらく、これで勝ち切るようなら能力と舞台適性が一枚上ということだろう。

ゴースト【A】
栗東CW単走。落ち着いて走れているし、鞍上の指示に対しても従順。夏場に函館→札幌と転戦した当時と比べて、後肢の踏み込みが深くなり、振り幅も大きくなったように映る。活気も程よく調子は良さそう。持ち前のしぶとさを活かせる競馬になれば、一撃あっても不思議はない。

マイネルウィルトス【B】
栗東CW併走。頭の位置がやや高く、完歩も小さめだが、脚どりに乱れはなく、鞍上の手ごたえに見合った走りはできている。この程度の動きは常に見せる馬なので過度の評価はしづらいものの、雰囲気は決して悪くない。警戒を怠れない1頭だ。

ボスジラ【B】
美浦坂路併走。体勢不利の形でゴールしたが、ステッキまで入れて目一杯に追われる僚馬に対し、こちらはそれに合わせて追うだけ。前後のバランスはとれており、概ね自身のパフォーマンスは示している。順調とみていいだろう。

トーセンカンビーナ【C】
美浦南W併走。体勢不利でのフィニッシュとなったが、ゴールを過ぎてからは少し前に出た。ただ、以前に比べると手前を替えたあとの重心の沈みが浅く、躍動感の面では今ひとつ。その点を踏まえると、まだ良化の余地を残しているように思える。今回は期待よりも不安のほうが大きい。

アンティシペイト【B】
美浦南W併走。キレはさほど感じないが、3頭併せの真ん中で両サイドから圧を受けながらも、集中を欠くことなくキビキビと動けていた点は評価できる。状態自体は悪くないので、あとは実戦で気分を損ねず走れるか否かがポイントになりそうだ。


【調教予想からの注目馬】
A判定は4頭。トップは⑤フライライクバードとする。しなやかな身のこなしと弾むようなフットワークが印象的。休み明け好走後の反動は見受けられず、むしろ上げ潮ムードにある。

ダイナミックなフォームと活気の良さが目を引く、⑨ディアマンミノルを2番手評価。ここ数走の中間時より動きに余裕が感じられる⑪ゴースト、最終追いで好気配を誇示した④ロードマイウェイらも差はない。

<注目馬>
フライライクバード ⑨ディアマンミノル ⑪ゴースト ④ロードマイウェイ

[もっと見る]

【アルゼンチン】厩舎の話 2021年11月5日(金) 04:56

 ◆アイスバブル・池江師「直線の長いコースは合う」

 ◆アンティシペイト・国枝師「前走がいい内容。距離はもつ」

 ◆オウケンムーン・国枝師「重賞勝ちのある東京で頑張ってほしい」

 ◆オーソリティ・太田助手「ハンデは重いけど、タフな馬」

 ◆ゴースト・橋口師「前向きさが出て精神面が良化」

 ◆サトノソルタス・堀師「シャープな動き。毛づや、体の張りがいい」

 ◆ディアマンミノル・本田師「広いコースのほうがいい」

 ◆フライライクバード・友道師「体はしっかりしている」

 ◆ボスジラ・国枝師「気持ちが穏やかで長い距離は合う」

 ◆マイネルウィルトス・宮師「状態はさらに上がっている」

 ◆レクセランス池添学師「しまい勝負でいくつもり」

 ◆ロードマイウェイ・小関助手「きれいな馬場でやりたいですね」

アルゼンチン共和国杯の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

⇒もっと見る

サトノソルタスの関連コラム

閲覧 1,678ビュー コメント 0 ナイス 2



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
https://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G2 産経賞 オールカマー 2021年09月26日(日) 中山芝2200m外


<ピックアップデータ>

【“JRA、かつG1のレース”において7着以内となった経験の有無別成績(2017年以降)】
○あり [4-4-4-9](3着内率57.1%)
×なし [0-0-0-27](3着内率0.0%)

 実績馬が中心。2017年以降の3着以内馬12頭は、いずれも“JRA、かつG1のレース”において7着以内となった経験のある馬でした。条件クラスやオープン特別のレースはもちろん、G2やG3のレースを主戦場としてきた馬も扱いに注意しましょう。

主な「○」該当馬→ウインマリリンステイフーリッシュレイパパレ
主な「×」該当馬→ウインキートスサトノソルタスロザムール


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

○「前走との間隔が中7週以上」の馬は2017年以降[4-4-4-19](3着内率38.7%)
主な該当馬→ウインマリリンサトノソルタスレイパパレロザムール

続きは、ウマニティ会員登録(無料会員)でご覧頂けます。
※限定公開期間終了後は、非会員の方もご覧頂けます。
続きを読む
登録済みの方はこちらからログイン

2021年1月11日(月) 15:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2021年01月11日号】特選重賞データ分析編(236)~2021年日経新春杯~
閲覧 1,799ビュー コメント 0 ナイス 3



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G2 日経新春杯 2021年01月17日(日) 中京芝2200m


<ピックアップデータ>

【前走の着順ならびに前走の1位入線馬とのタイム差別成績(2016年以降)】
○着順が1着、もしくは1位入線馬とのタイム差が0.5秒以内 [4-5-5-15](3着内率48.3%)
×着順が2着以下、かつ1位入線馬とのタイム差が0.6秒以上 [1-0-0-38](3着内率2.6%)

 ハンデキャップ競走ということもあり、基本的には前走好走馬が優勢。前走が格の高いレースだった馬を含め、大敗直後の馬は苦戦していました。直近のパフォーマンスがいまひとつだった実績馬を信頼し過ぎないよう心掛けるべきでしょう。

主な「○」該当馬→アドマイヤビルゴヴェロックスサンレイポケット
主な「×」該当馬→サトノソルタスダイワキャグニーミスマンマミーア


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

○「前走との間隔が中8週以内」だった馬は2016年以降[3-5-5-31](3着内率29.5%)
主な該当馬→アドマイヤビルゴヴェロックスサトノソルタス

[もっと見る]

2020年6月28日() 07:00 覆面ドクター・英
宝塚記念・2020
閲覧 3,092ビュー コメント 0 ナイス 10

昔は、ここがG1初勝利となることの多い、先行馬のレースだった宝塚記念。最近はやたらと牝馬が来るようにもなってきました。私個人としては、牡牝混合のG1でマイルまでならいざ知らず、なかなか中距離以上だと牝馬に本命を打ちづらかったのですが、最近はもう牡牝関係なく強ければ本命を打つように切り替えました。

上半期の締めのG1、しかもグランプリは何としても当てたいものですが、馬券的には結構悩ましいメンバーです。




<全頭診断>

1番人気想定 サートゥルナーリア:4連勝でホープフルS皐月賞のG1ふたつ勝ったあたりでは、どれだけ強くなるんだろうと思わせつつ、断然1番人気の1.6倍で臨んだダービーで4着に負け、秋の天皇賞6着と残念な結果。その後は有馬記念で2着と距離は保つことも示しつつ、金鯱賞は貫禄勝ちで左回り不安を払拭した。本来、古馬の牡馬を引っ張っていく立場の馬なのだが、倒した相手がいかにも弱くて、サトノソルタスダイワキャグニーギベオンラストドラフトとG2とは言ってもかなり層の薄い感じ(ダイワキャグニーは先週の道悪で前で粘ってエプソムCを勝ったが)で、1番人気で買える馬かというと微妙か。

2番人気想定 ラッキーライラック阪神JFを勝ち、1番人気で臨んだ桜花賞アーモンドアイに敗れてからはメンタル的にまいったのか、しばらく不振気味だったが昨秋から復活傾向。エリザベス女王杯を勝ち、香港でも2着、大阪杯も勝ち、しかも馬体を増やしつつ更に強くなってきた。成長力を示していて、ここも非常に楽しみ。

3番人気想定 クロノジェネシス:たまに大物を出すバゴ産駒で、昨秋の秋華賞を勝ち、今年は京都記念勝ち、大阪杯2着と充実している。ただ前走もラッキーライラックには完敗で、ここで逆転は難しいのでは。

4番人気想定 ブラストワンピース:ドタドタした感じの巨漢馬で、強さを見せたり、凡走したりと扱いの難しい馬。能力は高いのだが、大外を引いてしまった今回は、立ち回り下手だけに妙味薄いか。

5番人気想定 グローリーヴェイズ:香港でも期待通り勝ってくれたステイヤーだが、距離不足と思われて人気を落としそうなここは、レース上手だけに楽しみ。

6番人気想定 キセキ:昨年の2着馬だが、その後は不振気味で気難しさが増してきている。敢えてここで買う必要は無いのでは。

7番人気想定 ワグネリアン大阪杯5着と期待ほど走ってくれなかったが、福永騎手はもっと長い距離がいいと、世間の評価とら逆の発言をしている。ただそう器用な感じでなく、東京で瞬発力を生かすのが合っているタイプなので、内回りで好走するかというと違うのでは。

8番人気想定 スティッフェリオ:前走の春の天皇賞で11番人気2着と激走した。私自身は期待していて11番人気というのが意外だったが、今回は北村友騎手がクロノジェネシスに乗るため幸騎手への乗り替わりで、その点はマイナスか。ただ、正直そう難しいタイプでなさそうで、この人気なら楽しみ。

9番人気想定 カデナ:3年前の弥生賞馬が前々走の小倉大賞典で激走して、期待していた大阪杯でも11番人気ながら4着と好走した。引き続き調教では元気で、充実期間はまだ持続している様子で、それなりに期待できそう。ただ、前走4着は正直勝負がついたあたりでの差しで、激走は難しいか。



10番人気以下想定

ダンビュライト:去勢後に約半年間休んで臨んだ前走の天皇賞春は、楽に先行できそうで期待したがイマイチ。鉄砲駆けするが叩いても上向かないタイプで、今回はあまり期待できないか。

トーセンカンビーナ阪神大賞典2着、春の天皇賞でも5着とだんだん強くなってきている。京都のほうがより良いのかもしれないが、距離はこのくらいが良さそうで、人気ほど差は無いのでは。

モズベッロ:今年は、日経新春杯勝ち、日経賞2着と充実していて、春の天皇賞はディープブリランテ産駒には距離が長く、しかも掛かっていた。巻き返しがあって不思議ない。

ペルシアンナイト:だんだんマイルでのスピード勝負がきつくなってきており、衰えもあるが、ハービンジャー産駒らしくこのくらいの距離で、もうひと花咲かせる激走というのはあるかも。

メイショウテンゲン:数少ない本格的ステイヤーだけに、ダイヤモンドS(2着)と阪神大賞典(3着)に比べ軽いスピードを問われる春の天皇賞では着順を落とした。距離は少し足りないがスタミナを問われる流れになったら出番も。

レッドジェニアル:昨年の京都新聞杯勝ちの後は着順こそ冴えないものの大阪杯鳴尾記念とそう負けておらず、人気以上にやれるタイプでは。

トーセンスーリヤ:前走は10番人気でG3新潟大賞典を制したが、まだここでは厳しそう。

アフリカンゴールド:昨秋のアルゼンチン共和国杯(3着)頃までは頑張っていたのだが、今年は3戦ともに二桁着順であり、激変は期待できなさそう。

アドマイヤアルバ:もう1年以上、ここ8戦中7戦で二桁着順のスランプ状態で、この大一番では期待薄。


<まとめ>
有力:ラッキーライラックサートゥルナーリアクロノジェネシス

ヒモに:グローリーヴェイズスティッフェリオ

穴で:レッドジェニアルモズベッロ

[もっと見る]

2020年4月3日(金) 14:00 TARO
【TAROの競馬研究室】大阪杯展望/川田騎手騎乗で今年は前に行けそうなブラストワンピース
閲覧 2,042ビュー コメント 0 ナイス 4

先週末の高松宮記念ではなかなか珍しい経験をした。

当コラムでも大穴候補として推奨し、最終予想でも本命にした◎クリノガウディーが想定通りの走りで1位入線も、なんと降着。ゴール直後の歓喜から一転、不的中となってしまった。3連複13万馬券×300円が紙クズ(実際にはネット投票なので紙ではない)になった他、レース直後に多く届いていた祝福の声もどう反応して良いかわからなくなってしまった(苦笑)。配信している「競馬ノート」の読者の中には3連単を買っていた方も何人かいて、170万超の馬券が消えてしまったのはさすがにショックが大きかったかもしれない。



もっとも、降着自体はたまにあることだし、どんな理由であれ4着は4着なので20分くらいで立ち直れたのだが、各馬の走りがだいたい見立て通りだっただけにその推理を馬券に生かせなかったのが悔しいところだ。

さて、ちょっと愚痴になってしまったので回顧を。勝ったモズスーパーフレアは1200mでは極めてシンプルな穴のパターン。直近2走はいずれも差しが届く荒れた馬場で逃げて失速しており、その中でもとりわけ前走のシルクロードSは4着と良く粘っていた。今回スンナリ行けたことで一変は納得の結果だろう。

2着グランアレグリアも掛かる気性を考えれば1200mが合わないこともなく、道悪もスタミナを問われた分良かったとみている。道悪が良いわけではなく、1200mなら道悪、タフな馬場くらいの方が良いということ。

さらに言えばモズアスコットの出遅れも先週の当コラムで「ゲートが下手過ぎるデムーロ」と書いたように想定通りだった。デムーロ騎手は出遅れる可能性のある馬ではキッチリ出遅れてくれるので、馬券的にはありがたい存在だ。各指標をみても現状は喜んで買う騎手ではなく、基本的にはデムーロからの鞍上強化を狙う方がお得なのである。昨年暮れの香港国際競走ではデムーロ乗り替わりの馬が2勝を挙げたが、それも決して偶然ではない。

騎手に関してはイメージだけでなく、現在の力量や癖をキッチリと掴む必要がある。そして騎手の能力は絶対的なものでもないので、馬との相性やコース、距離なども含めて複合的に考える必要がある。

それは難しいというのであれば、是非、4/14(火)発売の新著『競馬記者では絶対に書けない騎手の取扱説明書』を読んでいただきたい。こちらではJRA所属のすべての騎手について触れているので、馬券の大いなる見方になってくれるはずだ。


〜波乱度は低い!? 大阪杯展望

さて、今週末は大阪杯アーモンドアイサートゥルナーリアなどの名前がないのは残念だが、中距離路線の有力各馬がまずまず揃った。

人気は上位拮抗という感じを想定しているが、その中で注目したいのはブラストワンピース。昨年6着と人気を裏切っているために少々買いづらいイメージもあるかもしれないが、阪神芝2000mを走るならば池添騎手よりも川田騎手の方が断然手が合うだろう。上手くゲートを決めて位置を取りに行く競馬ができれば、昨年とは異なるレースをできる可能性が高い。昨年のような外を回して届かないという競馬にはならず、先行して抜け出す競馬になるとみている。

安定感という点ではやはりダノンキングリーが一番だろうか。前哨戦が鮮やか過ぎたのは少し気にならないこともないが、それでもレース運びも上手く、2000mの距離もベストに近い。連複軸での信頼度という点ではブラストワンピースよりも上かもしれない。

その他、伏兵をあえて挙げるならば、近走力を付けてきているサトノソルタスだろうか。上手く流れに乗ってこられれば、2〜3着くらいに入れる可能性はありそうだ。

先週は波乱の決着となったが、今週はどちらかといえば堅い決着の可能性が高いと考えているので、買い方も重要になりそうだ。


※重賞の結論は、『TAROの競馬』にて無料公開予定。また、馬券の買い方や券種の選び方なども含めた結論は、競馬ノートにて限定配信の予定です。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』
(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)、『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)。

[もっと見る]

2020年4月2日(木) 14:00 くりーく
くりーくの中間調教チェック 2020大阪杯
閲覧 1,566ビュー コメント 0 ナイス 3



こんにちは、くりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
今回も前走からの中間の調整内容(評価はAA~F)を中心に各馬コメントをしていきたいと思います。


4月5日(日) 阪神11R 第64回大阪杯(4歳以上G1、芝2000m)


【優先出走馬】

ダノンキングリー(C)中4週
<1週前追い切り>
南W併せ馬の内。前走時と同じように追われている割に、伸び脚はそれほどでもない。ここを強く追われて、最終追い切りで馬なりでグイグイ伸びる動きに変わってくれば良いが……。


【以下、賞金順】

ブラストワンピース(A)中9週
<1週前追い切り>
南W併せ馬の内。前走時の力みが抜けて折り合いもしっかりついていて、一度使われての上積みがありそう。

ラッキーライラック(D)中4週
<1週前追い切り>
CW単走。もともと(映像から伝わってくる)こういった走りの馬だが、力強さがなく時計ほどの伸び脚はない。

クロノジェネシス(AA)中4週
<1週前追い切り>
CW併せ馬の内。抜群の手応えで直線一気に伸び、併走馬を並ぶ間もなく抜き去り、大外を走っていた他厩舎の馬をもパス。

ワグネリアン(C)4ヶ月半
<1週前追い切り>
DPコース3頭併せの内。もともとこのコースでは良い動きは見せないが、前を走る2頭が速く追い抜けず。休み明けでまだ物足りなさが残る走り。

ヴェロックス※出走回避

ロードマイウェイ(B)中2週
<1週前追い切り>
坂路単走。前走時はおとなしく折り合いもついていたが、今回は押さえるのに苦労するくらい気合いが乗っている感じ。この気合いが良いほうに出れば。

マカヒキ(D)4ヶ月半
<1週前追い切り>
CW併せ馬の内。時計は出ているが動きに力強さがなく、伸び脚もイマイチ。

ステイフーリッシュ(C)中6週
<1週前追い切り>
坂路単走。手応えの割に終いの伸び脚がイマイチ。

クレッシェンドラヴ※出走回避

カデナ(C)中4週
<1週前追い切り>
坂路単走。勢いよく駆け上がってきたが、脚の回転の速さの割に伸びきれず。

レッドジェニアル(B)中10週
<1週前追い切り>
CW併せ馬の内。押さえたままでも、最後まで抜かせず先着。

サトノソルタス(C)中2週
<1週前追い切り>
映像なし。中2週と間隔が詰まっていて、水、木、金、土、日と坂路で軽く乗られているが、追い切りと言えるのは日曜日の坂路くらい。ただそれも、終いの時計が少し出ている程度。

ジナンボー(B)中5週
<1週前追い切り>
南W3頭併せの内。終いもうひと伸びがほしい感じも、休み明けを一度使われての上積みはありそう。



◇今回は大阪杯編でした。
海外ではドバイワールドカップが中止になるなど、コロナウイルスの影響は日に日に増すばかり。このような状況下では、競馬開催中止という最悪の事態を避けるため(競馬関係者から感染者出てしまったら自粛しなくてはならないかもしれない)にも、観客を入れての競馬開催はなかなかできそうもなく、無観客競馬は長引くのではないかと思います。普段、競馬場で馬券を買っていてネット投票の術を持たない方もいると思いますが、このような人たちでも馬券が買えるように、これからはコンビニでも馬券を買えるようなシステムを考えたほうが良いのではないかと思います。実は、25年くらい前に私が東京で一人暮らしをしている時にコンビニを使った電話投票を試験的に行っていたことがあり、たまたま私が住んでいる家の近くのコンビニで会員を募集していたので申し込み、コンビニで馬券を買っていたことがありました。システムは、専用銀行口座を作りお金を入金しておき、コンビニに置かれている専用マークシートを塗り投票するとレシートが出てくる、とこんな感じだったと記憶しています。試験的だったので半年か1年で終わってしまいましたが、その後この“コンビニ投票システム”の話すら出てこないまま今に至っています。
現在、競馬場では『UMACA』というキャッシュレスで馬券が買えるシステムが出来上がっています。それを有効活用して、全国のコンビニに『UMACA投票機』を置くようにしたらどうかと思います。競馬場に毎週のようにきている年配の方たちで、『電話投票』は持っていないけど『UMACA』なら持っているという人たちもたくさんいると思います(競馬場を歩いていると、首から『UMACA』をぶら下げて歩いている年配の方たちを見かけることが思いの外多い感じがしています)。全国すべてのコンビニとはいかなくても、一つの市や町で3店舗(セブンイレブン、ファミリーマート、ローソンで1店ずつ、駅前のコンビニに投票機を置くとか)ぐらいあれば、競馬場まで足を運ぶことを考えれば近いものだと思います。
誰もが予想しなかったこのような事態が今後も起こる可能性はいくらでもあると思いますし、その時にコンビニで馬券が買えるようになっていれば、今回カバーできない層の売り上げを伸ばすことができるかもしれません。何よりも、昔から競馬場で馬券を買って日本の競馬を支えてきてくれた年配の方々も、引き続き競馬を楽しめるのではないかと思っています。スポーツくじがコンビニで買えるなら、馬券もコンビニで!なんとか農林水産省の方々には頑張ってもらいたいものです。もっとも、最良はこのような事態が収束し、今後起こらず、普通に競馬場で観戦できる平和で健康に生活できる日が続いていくことなのでしょうが(そして、“頼み”の(?)コンビニですら発症者が出ていたりするくらいの昨今ですしね^^;)。

それでは次回、桜花賞編でお会いしましょう。


大阪杯出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。
※最終結論は、レース当日のくりーくプロページでチェックしてください。

[もっと見る]

2020年3月30日(月) 18:00 覆面ドクター・英
大阪杯・2020
閲覧 1,952ビュー コメント 0 ナイス 9

高松宮記念は難しかったですね...。降着のクリノガウディーはG1になると張り切るんでしょうか。雨の後の内から乾くパターンともなると、栗東坂路48秒台という猛時計仕上げのモズスーパーフレアあたりも怖いなぁとは感じていましたが、コラムで要らないと記した手前もあって思い切れませんでした。まあ、常に逃げ馬というのは激走する可能性が高いわけで....。前にも書いたように、もし自分が騎手だったら、最短距離をある程度主導権を握って走れるので、逃げられる限り逃げの手を選ぶと思いますしね。

さて、大阪杯はフルゲートとならなそうですがG1馬が多数と上り馬が加わり楽しみな一戦です。阪神の内回り2000mというのはアンカツ騎手が得意としていたように、勝ちに行くと勝てないという難しいコースで、騎手の力量も結果にかなり関わってきそうです。


<全頭診断>
1番人気想定 ダノンキングリー:8戦5勝で前走の中山記念も快勝してきた。勝つ時はかなり強く見える勝ち方をするので、人気になりやすいタイプ。距離はもっと短い方が良いと思われ、前走でのその見た目のアピール度十分な勝ちっぷりを披露してしまっているぶん妙味は無く、ヒモ扱いが良いのではと考えている。

2番人気想定 ブラストワンピース新潟記念は相手が弱かったので大外というか外ラチ沿いをズコーンと差してきたが、基本的には直線は長くないほうが良い様子。距離的にもこのくらいが絶好の舞台では。メンタル的に海外は向かないと最初から思っていたので、凱旋門賞の惨敗はノーカウント。前走のAJCCも快勝したし、主役を張れる存在だろう。

3番人気想定 ラッキーライラック:昨秋はスミヨン騎手に乗り替わって迎えたエリザベス女王杯で、チューリップ賞以来となる勝ち星をあげた。香港でも2着して、中山記念でも2着と早熟というわけでなく、能力を高く維持し、好調を保ち続けてきているここまで。やや渋り気味な馬場も味方しそうで、好走は十分可能。

4番人気想定 クロノジェネシス:前走は相手がそれほどでなかったとはいえ、2馬身半差の完勝でまだまだ強くなってきている感じはある。馬場が渋っても平気で、ここもやれるのでは。

5番人気想定 ワグネリアン:昨秋のJCで3着と、本来長いであろう距離を友道厩舎の育成力でこなして好走した。距離はここの方が断然良く、5歳春という充実期間で頭まであるとみている一頭。

6番人気想定 ヴェロックス:昨年はクラシックで2着、3着、3着と好走したが、世代の王道路線の馬が、前走で小倉のハンデ戦G3小倉大賞典を使ってきたあたりで私としては「???」。そしてそこで1番人気9着と敗れ、成長力、状態に問題がある現状ではないだろうか。→回避予定のよう

7番人気想定 ロードマイウェイ:5連勝で昨年11月末のチャレンジCを制したが、休み明けの金鯱賞は2番人気10着と惨敗した。ひと叩きしたからといってここで通用はしないだろう。

8番人気想定 マカヒキ:3年前も昨年もこのレースでは4着と、そこそこやれる下地あるのだが……。瞬発力を生かす東京でも差し切れない現状で、7歳という年齢だけに上積みも期待できず、要らないとみる。

9番人気想定 ステイフーリッシュ:瞬発力は無いが先行してしぶといタイプで、G1の厳しい流れはいいのかもしれない。前に行って、もたせるのが得意なオーストラリア仕込みの坂井騎手が、自厩舎の馬で張り切って頑張るシーンに期待も。

10番人気以下想定
カデナ:前走の小倉大賞典での勝利が約3年ぶりとなるが、完勝でここに来ての本格化もあり得る。穴で狙う価値はありそう。5戦3勝で弥生賞を制したように、当時は世代トップレベルと目されていた馬の復活で、色々とかみ合わずに低迷が続いたが、ここでもやれるだけの器だと思うのだが。

サトノソルタス:ゆっくり強くなってきて昨秋に準オープン勝ち、前走金鯱賞サートゥルナーリアの2着と頑張っている。ただ2馬身差をつけられたように、まだトップレベルとは差があるのでは。

レッドジェニアル:昨春の京都新聞杯勝ちの後は結果を出せていないように、ここで激走というタイプではないか。

ジナンボーディープインパクト×アパパネという良血馬だが、まだ小倉大賞典で3着止まりというように力が足りないだろう。

クレッシェンドラヴ:もう6歳で、G3の福島ならやれるが、という馬でG1でどうこういう感じではないのでは。


<まとめ>
有力:ブラストワンピース

ヒモに:ダノンキングリーラッキーライラック

穴で:ステイフーリッシュカデナ

[もっと見る]

⇒もっと見る

サトノソルタスの口コミ


口コミ一覧
閲覧 230ビュー コメント 0 ナイス 7

おはようございます!(=^・^=)
いつもブログ訪問される方々、ありがとうございます。
ついでに応援”ポチ”もよろしくお願いします。

11月に入り、妙に暖かい?
先日(月曜8日)名古屋(愛知)で、夏日(25.1℃)を記録!?

懐具合も、暖かくならないかなぁ?

≪異常天候早期警戒情報とは?≫
気象庁が、原則として毎週火曜日と金曜日に、情報発表日の5日後から14日後までを対象として、7日平均気温が「かなり高い」または「かなり低い」となる確率が30%以上と見込まれる場合に発表されます。


【週間スケジュール】

一週間の基本的なブログスケジュールは、下記参照。
(毎朝7時ごろ更新/競馬変則日程の場合は変更あり)

月曜日 : お休み
火曜日 : 週末の重賞(日刊馬番コンピ指数分析篇)
水曜日 : 週末の重賞(血 統データ分析篇)
木曜日 : 先週末重賞に関する回顧(日記)等
金曜日 : 検討中??(具体的には?? 予定は未定)
土曜日 : 土曜当日の重賞レースを予想(“総合分析”予想篇)
土曜日 : 土曜当日の重賞レースを回顧
日曜日 : 日曜当日の重賞レースを予想(“総合分析”予想篇)
日曜日 : 日曜当日の重賞レースを回顧

*各曜日の予想を週末の重賞レース“総合分析”予想のみに絞り込みます。

※引き続き「人気ブログランキング」「にほんブログ村」「ウマニティ競馬ブログ」以上のブログランキングへ参戦中!応援クリックをよろしく、お願いします。

ブログのアドレス   https://89923493.at.webry.info/

宜しくお願い致します。

【“総合分析”予想 第11期途中経過】
第11期(11/6~11/28)8日間(京王杯2歳S~京阪杯)13戦

週末は、当てる事ができたのか!?

土曜、G2京王杯2歳Sでは、5番ベルウッドブラボーに注目!
馬連( 5 - 10,13,14 ) 
結果は、ハズレ…(ノД`)・゜・。

土曜「G2京王杯2歳S」で注目したベルウッドブラボー(2人気)は、スタート悪く後方追走から直線で一気に突き抜けて優勝…のはずが、伸びも欠き9着惨敗。レースは、2番手で進めたキングエルメス(8人気)が、直線に入って先頭に立ち、直後から追ったトウシンマカオ(4人気)を寄せ付けず、これに1.1/4馬身差をつけ優勝。さらに3/4馬身差の3着にラブリイユアアイズ(3人気)が入り波乱決着!? 当然ながら馬券はハズレ…(ノД`)・゜・。 反省点として、軸馬選択の失敗!? 同様に相手馬の選択!? つまり、根本的な予想の誤り?? レース後の検証、2走内に先行(2、3番手内)から差す競馬で勝った経験のある馬。ちなみに、今年の対象馬(キングエルメス、ベルウッドブラボー、トウシンマカオ、コラリン、ラブリイユアアイズ、ヴィアドロローサ)6頭。



土曜、G3ファンタジーSでは、5番ウォータナビレラに注目!
馬連( 5 - 2,8,9 ) 
結果は、的中! (馬連450円)

土曜「G3ファンタジーS」で注目したウォーターナビレラ(2人気)は、逃げ馬から離れた2番手でレースを進めて直線で脚を伸ばし、外のナムラクレア(1人気)との追い比べを制して、これに3/4馬身差をつけ優勝。さらに1.3/4馬身差の3着にママコチャ(3人気)が入り本命決着!? 馬券は的中、ただ元返し?? 反省点として、馬券種の選択?? 人気馬同士での決着だっただけに、1点で狙えたレース…残念。優勝したウォータナビレラの父シルバーステートの母父キングヘイローはLypahrd系×Haloであるのでディープインパクトの裏返し配合。2010年~15年ごろは、さほど注目される母父ではなかったが、2016年以降に、16年産 ジョーマンデリン(父ジョーカプチーノ)*サンデーサイレンスの孫世代との配合、17年産 ディープボンド(父キズナ)、18年産 ピクシーナイト(父モーリス)等サンデーサイレンスが産駒3世代前・4世代前に登場する産駒が大活躍をはじめた…要注目!




日曜、G2アルゼンチン共和国杯では、6番アイアンバローズに注目!
ワイド( 6 - 5,10,15 ) 
結果は、ハズレ…(ノД`)・゜・。

日曜「G2アルゼンチン共和国杯」で注目したアイアンバローズ(5人気)は、スタート良く5番手追走から直線で一気に突き抜けて優勝…のはずが、最後の伸びを欠き6着。レースは、好位でレースを進めたオーソリティ(1人気)が、直線で一気に抜け出し、2着のマイネルウィルトス(4人気)に2.1/2馬身差をつけ優勝。さらに3/4馬身差の3着にフライライクバード(3人気)が入り本命決着!? 軸馬選択の失敗!?当然ながら馬券はハズレ…(ノД`)・゜・。 反省点として、軸馬選択の失敗!? 何も言うことは無く…完敗の一言。今後は、ルメール騎手騎乗馬中心の組立てに変更。




日曜、G3みやこSでは、11番クリンチャーに注目!
ワイド( 11 - 3,4,13 ) 
結果は、ハズレ…(ノД`)・゜・。

日曜「G3みやこS」で注目したクリンチャー(1人気)は、先行5、6番手追走から直線で一気に突き抜けて優勝…のはずが、伸びを欠き6着。レースは、中団後方でレースを進めたメイショウハリオ(5人気)が、直線で馬の間から抜け出し、外から強襲したロードブレス(6人気)との大接戦を制して、これにハナ差をつけ優勝。さらに2.1/2馬身差の3着にアナザートゥルース(10人気)が入り波乱決着!?当然ながら馬券はハズレ…(ノД`)・゜・。 反省点として、軸馬選択の失敗!? あと、馬券種の選択?? 荒れる傾向と分析しながら、1人気馬を軸にするマヌケ…当たるわけがない。


【第11期 短 評】
週末、4戦3敗1分…みたいな完敗。 プロ野球クライマックスで、負けたチームの成績みたいな感じ?? 主な敗因は、注目馬(軸馬)が馬券に絡んでこない。相手馬も絡んでいない、レースもありましたけどね…反省。今週末も4戦(武蔵野S、デイリー杯2歳S、エリザベス女王杯、福島記念)あるだけに、スタートの遅れを巻き返したい!?



【重賞レースの馬番コンピ 回 顧 篇】
(京王杯2歳S)
注目(複勝)したのは、"日刊馬番コンピ指数5位"
*無条件
該当馬=5位(8番トウシンマカオ)
結果は、的中! (2着/複勝320円)

(ファンタジーS)
注目(複勝)したのは、"日刊馬番コンピ指数4位"
*無条件
該当馬=4位(6番アネゴハダ)
結果は、ハズレ…(ノД`)・゜・。(5着)


(アルゼンチン共和国杯)
注目(複勝)したのは、"日刊馬番コンピ指数2位"
*無条件
該当馬=2位(3番サトノソルタス)
結果は、ハズレ…(ノД`)・゜・。(12着)


(みやこS)
注目(複勝)したのは、"日刊馬番コンピ指数5位"
*無条件
該当馬=5位(7番スワーヴアラミス)
結果は、ハズレ…(ノД`)・゜・。(7着)


【重賞レースの馬番コンピポイント篇】
(武蔵野S)
注目(複勝)したのは、"日刊馬番コンピ指数5位"

*無条件
過去10年内(1-1-2-6/10)
勝率10%/連対率20%/複勝率40%/的中率40%/回収率116%
近5年内 (0-0-0-5/5)
勝率0%/連対率0%/複勝率0%/的中率0%/回収率0%

16年以降、馬券に絡んでいないだけに、今年こそは期待大!?


(デイリー杯2歳S)
注目(複勝)したのは、"日刊馬番コンピ指数2位"

*無条件
過去10年内(2-3-3-2/10)
勝率20%/連対率50%/複勝率80%/的中率80%/回収率118%
近5年内 (1-1-1-2/5)
勝率20%/連対率40%/複勝率60%/的中率60%/回収率88%

近5年内低迷しているだけに、今年も期待大!?


(エリザベス女王杯)
注目(複勝)したのは、"日刊馬番コンピ指数2位"

*無条件
過去10年内(1-2-4-3/10)
勝率10%/連対率30%/複勝率70%/的中率70%/回収率124%
近5年内 (0-0-3-2/5)
勝率0%/連対率0%/複勝率60%/的中率60%/回収率88%

昨年(16着)大敗しているだけに、今年は期待大!?


(福島記念)
注目(複勝)したのは、"日刊馬番コンピ指数1位"

*無条件
過去10年内(3-3-2-2/10)
勝率30%/連対率60%/複勝率80%/的中率80%/回収率124%
近5年内 (1-2-1-1/5)
勝率20%/連対率60%/複勝率80%/的中率80%/回収率112%

ハンデ戦の盲点?? 指数1位が安定した成績を残している。
さすがに3年連続馬券に絡んでいるだけに、今年は期待薄!?


詳細は、ブログまで訪問して下さい。
ブログのアドレス  https://89923493.at.webry.info/
宜しくお願い致します。

 DEEB 2021年11月7日() 17:07
恥ずかしい馬予想2021.11.07[結果]
閲覧 98ビュー コメント 0 ナイス 6

東京10R 錦秋ステークス 3歳以上3勝クラス(混合)(特指)
◎ 9 フルデプスリーダー…1着
○10 ルコルセール…3着
×13 ☆オレンジペコ…11着
[結果:アタリ△ ワイド 9-10 310円]

東京11R アルゼンチン共和国杯 GⅡ 3歳以上オープン(国際)(特指)
◎ 5 フライライクバード…3着
○ 9 ディアマンミノル…5着
▲10 オーソリティ…1着
△15 アンティシペイト…8着
× 3 サトノソルタス…12着
[結果:ハズレ×]

阪神 8R 3歳以上2勝クラス(特指)
◎13 サイモンルモンド…5着
○ 9 スギノマジェスティ…7着
▲11 ☆クレデンザ…6着
△ 2 タイセイシェダル…8着
× 6 グレースルビー…9着
[結果:ハズレ×]

阪神 9R もちの木賞 2歳1勝クラス(混合)(特指)
◎ 9 アトラクティーボ…3着
○10 アナザーエデン…9着
▲13 クラウンプライド…1着
△ 1 ☆ウェルカムニュース…2着
[結果:アタリ△ 複勝 1 150円]

阪神11R みやこステークス GⅢ 3歳以上オープン(国際)(指定)
◎ 3 メイショウハリオ…1着
○10 メイショウムラクモ…5着
▲11 クリンチャー…6着
△ 6 ロードブレス…2着
× 9 オーヴェルニュ…12着
[結果:アタリ○ 馬連 3-6 6,680円]

阪神12R 3歳以上2勝クラス(混合)
◎ 9 ジャカランダレーン…1着
○ 1 ☆インフィナイト…3着
▲ 6 サヴァイヴ…5着
[結果:アタリ△ 複勝 1 160円、ワイド 1-9 220円]

福島 7R 3歳以上1勝クラス
◎13 ゴールドフィンガー…1着
○ 7 グランドストローク…2着
× 2 ☆ハイプリーステス…10着
×11 ☆ジャスティンリーチ…13着
[結果:アタリ○ 馬連 7-13 740円、ワイド 7-13 320円]


福島 8R 3歳以上1勝クラス若手騎手
◎ 3 スマートルグラン…4着
○14 ララマカロン…3着
▲12 ☆ロマネスク…14着
△10 ピュリフィアン…7着
× 5 セリシア…6着
[結果:ハズレ×]

福島11R フルーツラインカップ 3歳以上3勝クラス(混合)(特指)
◎ 7 スワーヴシャルル…4着
○13 ショウナンアニメ…13着
▲ 3 ワルツフォーラン…1着
△ 1 オヌシナニモノ…2着
×16 サイファーシチー…10着
[結果:ハズレ×]

福島12R 三陸特別 3歳以上2勝クラス(混合)
◎ 7 ペレ…5着
○ 3 ウォルフズハウル…2着
☆15 クリノオウジャ…13着
[結果:ハズレ×]

[今日の結果:10戦2勝3敗5分]
久々にズバッと来ました。

[もっと見る]

 ken1 2021年11月7日() 16:39
錦秋Sもデータ精査すれば今後狙える、芝でもアルゼンチン共...
閲覧 83ビュー コメント 0 ナイス 4

★アルゼンチン共和国杯

過去10年のデータから

★★A……ZI値3位以内が毎年連対
⇒○1位15アンティシペイト、2位5フライライクバード、3位10オーソリティ

★B……3才(2/0/2/0)○4才(5/4/4/25)5才(1/4/4/41)6才(2/2/0/29)
7才36頭全滅
⇒○1,5,6,9,10,15番

★C……54K以下(1/1/3/53)55K(1/4/6/26)○56K(6/2/0/19)56.5k以上
(2/3/1/33)※4才以上で54K以下(0/1/2/53)
⇒○2オウケンムーン、4ロードマイウェイ、12マイネルウィルトス、13ボスジラ
 Δ1番 

★D……前走G2で、ローテ中4週以下(0/2/0/27)中5週以上(4/2/2/26)
⇒○3サトノサルタス、7アドマイヤアルバ、12番
 Δ4,6,9番

★★E……勝ち馬の人気は、9/10頭が3人気以内(例外は13年7人気アスカクリチャン
近5年は前走、G1か5月のG2で今回3人気以内
⇒◎1人気10番
 ▲2人気5番、3人15番

★F……前走5人気以下のOP組(0/0/0/25)4人気以内(1/2/2/9)3着以内5頭の内
4頭は前走から斤量減
⇒×2,14番
 Δ1,2,8,11,13,14番

★G……東京二千四百~二千五百で3着以内19/30頭、ダイヤモンドS勝ち2頭
⇒○6アイアンバローズ、7アドマイヤアルバ、8アイスバブル、9ディアマンミノル
10番、13番、15番


圏内は、3サトノソルタス、7アドマイヤアルバ、10番、12番、15番
軸はZI値1,3位の10,15番から

馬連(10,15)→3,7,12各三百円、ただし10-15のみ五百円計7点
三連複(10、15)1頭軸=3,7,12各二百円9点
三連単10→(3,7,12,15)2,3着BOX各百円12点
複勝勝負は、ハンデ戦だけに見送り
≫≫10-12-5
先行10番直線抜け出し、12番差してくるが、3着争いは消したのばっか(ー'`ー;)
爆笑田中の5番は疫病神か(○`ε´○)
ZI値2位、4才、サウスポー、二千四百問題なしで当たり前なら買っていた( ´-`)
3番は後ろで動けず、15番は前へ行って粘れず、7番は先行出来ず


¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥

★みやこS ※20年から阪神施行、19~11年京都千八M施行、18年は休止

★★A……今年4月以降JRAOP以上4着以内あり(9/7/8/49)なし(0/2/1/55)
⇒○3メイショウハリオ、6ロードブレス、7スワーヴアラミス、8ニューモニュメント
9オーヴェルニュ、10メイショウムラクモ

※B……勝ち馬9頭の前走4角は6番手以内、かつ前走3人気以内、かつ項目Aクリア
⇒◎10番

★★C……前走OP組で今回1桁人気(5/3/1/9)複勝率5割、4人気以内なら(3/0/0/3)
⇒○3番

D……前走地方交流重賞組(0/2/3/22)3着以内5頭は5人気以内
⇒▲4ヴェンジェンス5人気、7番3人気、9番4人気、11番1人気、

★E……2ヶ月半以上の休み明け(3/2/4/34)連対した5頭は前走3着以内
⇒○6番、10番、11番
 Δ2,9番

※F……前走シリウスS組、勝ち馬は8,12,5着で×、(0/1/2/20)3頭は0.3差以内負
⇒×5,13番

★G……和田竜騎乗6戦惨敗
⇒×9番

※H……前走OP以上で1人気(7/0/1/9)前走OP1人気で今回4人気以内(3/0/0/3)
⇒○10番

★I……4人気以内が3着以内に2頭7/9年


圏内は、3,6、7、10,11番、押さえに4番
昨年勝ちの11番は頭の無い7才だけに、7,10番と2頭軸で三連系は組み立てる
2年連続で勝ち馬を出している前走太秦S組の3番は、5/9年で勝ち馬を出している
4才だけに狙い目

馬連11→3,7,10各五百円 3→7,10各二百円 10→7,三百円計6点
三連複(3,7,11)=10-4,6、各二百円16点
三連単(3,7)→(3,7,10,11)→(3,4,6,7,10,11)
フォーメーション各百円36点
複勝勝負は、超難解で絞れず見送り
≫≫3-6-5
太秦S組3年連続軸最適化ーエルムS組とパターンだった、やはり4,5才中心
7才11番に拘りすぎた
5番は逃げて先行勢で唯一粘る、10番は直線イマイチ伸びず
4,7番も思いのほか動けず

[もっと見る]

⇒もっと見る

サトノソルタスの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

サトノソルタスの写真

サトノソルタスの厩舎情報 VIP

2021年11月7日アルゼンチン共和国杯 G212着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

サトノソルタスの取材メモ VIP

2021年11月7日 アルゼンチン共和国杯 G2 12着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。