レッドジェニアル(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
POGウォッチリストに登録すると、ウマニティPOGのPOGリストに追加できます。
今すぐ会員登録
写真一覧
現役 牡3 黒鹿毛 2016年4月5日生
調教師高橋義忠(栗東)
馬主株式会社 東京ホースレーシング
生産者社台ファーム
生産地千歳市
戦績 3戦[1-0-2-0]
総賞金780万円
収得賞金400万円
英字表記Red Genial
血統 キングカメハメハ
血統 ][ 産駒 ]
Kingmambo
マンファス
レッドアゲート
血統 ][ 産駒 ]
マンハッタンカフェ
セカンドチャンス
兄弟 ノワールギャルソンピンクアゲート
前走 2019/02/17 3歳未勝利
次走予定 2019/03/30 アザレア賞

レッドジェニアルの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
19/02/17 京都 5 3歳未勝利 芝2000 14464.021** 牡3 56.0 酒井学高橋義忠484(-4)2.02.1 -0.535.4⑧⑦⑦⑤サンライズアキレス
19/02/02 京都 6 3歳未勝利 芝2000 10893.323** 牡3 56.0 北村友一高橋義忠488(-10)2.03.1 0.735.2⑩⑩⑩⑩パトリック
19/01/13 京都 6 3歳新馬 芝2000 1651013.733** 牡3 56.0 北村友一高橋義忠498(--)2.04.5 0.136.1⑮⑭⑫⑪サトノソロモン

レッドジェニアルの関連ニュース

 1月13日の京都6R・3歳新馬(芝2000メートル)は、ミルコ・デムーロ騎手騎乗の1番人気サトノソロモン(牡3歳、栗東・池江泰寿厩舎)が好位追走から直線であっさり抜け出してデビュー勝ち。タイムは2分4秒4(良)。サトノソロモンは2016年当歳セレクトセールで2億8000万円(税抜き)で取引された。この日の馬体重は552キロ。

 半馬身差の2着には中団から差を詰めたトーセンスカイ(2番人気)、さらにハナ差遅れた3着に大外を追い上げたレッドジェニアル(3番人気)。

 サトノソロモンは、父ディープインパクト、母イルーシヴウェーヴ、母の父イルーシヴシティという血統。母は2009年フランス1000ギニー・仏GIの勝ち馬。

 ◆ミルコ・デムーロ騎手(1着 サトノソロモン)「強かったですね。スタートが良くて、すぐにいい位置が取れました。直線は伸びたし、他の馬が来たらもう1回伸びてくれました。最後まで余裕がありました」

★13日京都6R「3歳新馬」の着順&払戻金はこちら

レッドジェニアルの関連コラム

関連コラムはありません。

レッドジェニアルの口コミ


口コミ一覧
閲覧 30ビュー コメント 0 ナイス 0

自称「優馬」研究家のおがちゃんです。
馬券に絡む「優馬」の寸評の統計を取っています。
80パーセント複勝馬券に絡む馬をウマニティの読者予想で公開しています。

http://umanity.jp/coliseum/registration_list2.php

2月23日の寸評上位馬です。

< 勝ち負け >

< 好勝負 >

中山9R  ◎④アイスブラスト

阪神1R  ▲⑧ヒロノトウリョウ
阪神4R  ◎⑨マルシュロレーヌ
阪神11R ◎①アングライフェン

< 上位争い >

中山12R △⑤カレンカカ

阪神4R  △⑦シャンタンエドゥー
阪神12R ◎⑤エアアルマス

2月17日の寸評上位馬結果です。

< 勝ち負け >

< 好勝負 >

京都10R ◎③レッドアンシェル 3着、1番人気

< 上位争い >

京都5R  ▲⑥レッドジェニアル 1着、2番人気
京都7R  ◎⑭サンライズセナ 1着、1番人気
京都11R △⑧ゼンノサーベイヤー 11着、5番人気
京都12R 〇⑦グアン 1着、2番人気

実績

勝ち負け 勝率 32%、連対率 49%、複勝率 65%

好勝負  勝率 25%、連対率 43%、複勝率 55%

上位争い 勝率 22% 連帯率 37% 複勝率 50%

 藤沢雄二 2019年2月23日() 07:20
仏の顔が通用するのは何度目まで?~POG第38節~
閲覧 44ビュー コメント 0 ナイス 13

我がPOG指名馬の成績…😟 https://t.co/OudmXbPuB5

♪わからずやの濡れた唇で~死にたいほど胸に火をつ~けて~

………なんて呑気に歌っている場合ではない。


先週のPOG指名馬は2頭が出走しましたけど、またしてもまたしても惜敗という結果に終わりました。

【出走結果】
・2月16日 京都5R
☆マイディアライフ 4着 1.35.9・良(1着馬とのタイム差+0.2)
単勝オッズ 10.0倍(5番人気)
【採点:5.0】
《ラップタイム》12.5-10.9-11.4-12.4-12.5-12.1-11.7-12.2

京都の未勝利戦に出走したマイディアライフは4着でした。

《川田将雅騎手》
前回よりもいい内容で走れています。
こういう競馬を続けていけばと思います。


着順は前走よりも1つ下げましたけど、着差は0.2秒詰めているので確かに内容は悪くなかったかとは思います。
ゴール前で勝ち馬に寄られて追い難い場面があったことを考えると(ちなみに勝った川須騎手はその件で過怠金50,000円)
馬券対象にならなかったのは残念ではあるけど“認定3着”ぐらいの感じにはなるかと。
でも不利がなかったら勝っていたのに…とは言えないのですね。早め先頭で押し切れるような競馬ができればいいのですけど。

で、次走は3月16日の中京の2200mを予定するとのこと。
この選択自体は大歓迎。京都の内回りの1600mを2回使っているだけに、そのまま阪神の1600mもしくは1800mに駒を進めると外回りだけに京都の1800mを使ってきた馬か暮れの阪神の外回りから待機していた馬に分があるかと思います。
また、今回の勝ち馬が新馬戦からの2戦目で変わり身を見せたので、距離的にもそういう馬のいる可能性が高そうな印象はあります。
なので優先出走権を行使しての続戦なら阪神の内回りか中京での距離延長がレースを終えた後の個人的な希望でした。
まあ厩舎的にも1週前の土曜日に小倉1800mでギルマが、マイディアライフの翌日の2000mでレッドジェニアルが未勝利戦を突破したので、いよいよマイディアライフも長いところを躊躇なく使ってくれるのかと。

一つ不安な点があると、前回に続いて今回も1600mだったのは、前回時のジャッジで「ワンペースなところがあるから距離を詰めてもいいかも」と川田が話していたみたいで、番組さえあれば1400mに投入というプランがなかったわけでもないみたい。
でも今回のレースで川田も内容が良化したことは認めているし、なにより母系からの距離延長希望はずっと指摘していることなので、次こそは間違いなく馬券的にも勝負どころだと言えそうです。
あとは裏開催の中京だから騎手は誰を確保できるのか、という問題もポイントでしょうね。同じ日にファルコンSがあるから、うまくいけば川田続投もあるのかな?せめてシュタルケぐらいは確保してほしいけど。


・2月16日 東京5R
△サトノエルドール 3着 1.46.5・良(1着馬とのタイム差+0.0)
単勝オッズ 2.7倍(1番人気)
【採点:5.0】
《ラップタイム》12.7-11.1-11.3-11.8-12.0-12.1-11.5-11.8-12.2

東京の未勝利戦に出走したサトノエルドールでしたが、ハナ+クビ差で勝ち馬とは同タイムの3着に敗れました。

《北村宏司騎手》
平均的に流れて展開としてはちょうどいいとは思っていましたが、手応えはあまり良くなかったですね。
並べないのではないかと思うくらい苦しかったですが、最後は追いつくところまで差を詰めてくれました。
あの差だけに悔しいです。


秋の東京の最終週から使い出して4戦目だから、若干デキ落ちはあるのかもしれないけど、それでも言い訳は聞きたくない。
再三再四、指摘しているけど去年の8月の新馬戦のレベルの高さからは本当に未勝利にいるレベルの馬じゃないのよ。
この直後の500万下でも、当時の4着馬のヴィッテルスバッハが勝ち上がっているけど、勝ち馬のレッドアネモスはサフラン賞で後に菜の花賞を圧勝したコントラチェックを完封したわけだし、2着馬のマイネルサーパスはきんもくせい特別でダノンチェイサーなどに勝っているわけでしょ。
5着馬のスイープセレリタスも500万下で3着→3着だから勝ち上がりにメドは立っているし、6着馬のラージヒルも正月の中山の500万下で惜しい3着はあったわけだし。

これだけの裏付けがあるから、控え目に言っても未勝利では2枚上の存在。だから北村宏には「それ勝てませんか?」って詰問していいでしょ。まずは「そこに正座しろ」からですよ。
折しも『ヒトラー~最期の12日間~』でヒトラー役を演じたブルーノ・ガンツさんがお亡くなりになりましたけど、本当にこの結果には総統閣下もご立腹ですよ。
(※試合結果や内容に不満があった時に、この映画でヒトラーが激昂する場面にそれっぽい字幕をあてるネタ投稿がYouTubeでは人気)

国枝調教師も意地になっているのかもしれませんね。木曜日の時点で在厩だったから未勝利勝ちまでは放牧に出さないのでしょうね。
番組表を見ると3月16日の中山に2000mの未勝利戦があるから、ここをルメールかミルコのどちらかじゃないのかな。とりあえず北村宏だけはこの馬に二度と乗せたくない。

※第38節終了時
13-20-12-33/78
《指名馬の騎手成績》
クリストフ・ルメール:3-3-0-1
福永祐一:2-2-1-1
川田将雅:2-0-1-1
戸崎圭太:1-3-1-7
田辺裕信:1-2-0-0
内田博幸:1-1-1-2
ミルコ・デムーロ:1-0-1-0
北村友一:1-0-0-4
荻野極:1-0-0-2
北村宏司:0-2-3-2
オイシン・マーフィー:0-2-1-0
ジョアン・モレイラ:0-2-0-1
酒井学:0-1-1-1
クリスチャン・デムーロ:0-1-0-1
ウィリアム・ビュイック:0-1-0-0
横山典弘:0-0-1-2
岩田康誠:0-0-1-0
ブレントン・アヴドゥラ:0-0-0-1
和田竜二:0-0-0-1
丸山元気:0-0-0-1
津村明秀:0-0-0-1
坂井瑠星:0-0-0-1
柴山雄一:0-0-0-1
浜中俊:0-0-0-1
フランク・ブロンデル:0-0-0-1

《人気度数》
1番人気:8-5-3-4
2番人気:2-8-2-8
3番人気:1-4-4-4
4番人気:0-1-2-4
5番人気:0-0-1-7
6番人気:1-0-0-2
7番人気:0-1-0-2
8番人気:1-1-0-1
9番人気:0-0-0-1

これで暮れの阪神でグラディーヴァが勝って以来、8週間未勝利。いつの間にか勝利度数に3着度数が近づいてきました。
勝てるレースをいくつ落とせば気が済むんだ?というくらいフラストレーションは溜まっています。
これ以上、俺をイライラさせないでくれ。

[もっと見る]

 おがちゃん 2019年2月16日() 20:32
馬券に絡む寸評上位馬 (2月17日)
閲覧 44ビュー コメント 0 ナイス 0

自称「優馬」研究家のおがちゃんです。
馬券に絡む「優馬」の寸評の統計を取っています。
80パーセント複勝馬券に絡む馬をウマニティの読者予想で公開しています。

http://umanity.jp/coliseum/registration_list2.php

2月17日の寸評上位馬です。

< 勝ち負け >

< 好勝負 >

京都10R ◎③レッドアンシェル

< 上位争い >

京都5R  ▲⑥レッドジェニアル
京都7R  ◎⑭サンライズセナ
京都11R △⑧ゼンノサーベイヤー
京都12R 〇⑦グアン

2月16日の寸評上位馬結果です。

< 勝ち負け >

< 好勝負 >

東京5R  〇②グレルグリーン 4着、4番人気
東京6R  ◎④トロシュナ 3着、2番人気

京都5R  〇①ヒーリングマインド 5着、2番人気

< 上位争い >

東京3R  注③オオゾラ 9着、5番人気
東京7R  ◎⑫ガチコ 4着、1番人気

京都6R  ◎⑦キュールエサクラ 1着、1番人気
京都12R ◎⑥ハニージェイド 2着、1番人気

小倉3R  △④リヴォルバー 3着、4番人気
小倉10R ◎⑥ピュアドリーマー 12着、4番人気
小倉11R △④ドルチェリア 2着、6番人気

< 連覇を狙う >

京都11R ◎⑭ミスパンテール 5着、1番人気

実績

勝ち負け 勝率 32%、連対率 49%、複勝率 65%

好勝負  勝率 25%、連対率 43%、複勝率 55%

上位争い 勝率 22% 連帯率 37% 複勝率 50%

[もっと見る]

⇒もっと見る

レッドジェニアルの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

レッドジェニアルの写真

投稿写真はありません。

レッドジェニアルの厩舎情報 VIP

2019年2月17日3歳未勝利1着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

レッドジェニアルの取材メモ VIP

2019年2月17日 3歳未勝利 1着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。