ジョーカナチャン(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
ジョーカナチャン
写真一覧
抹消  鹿毛 2015年2月3日生
調教師松下武士(栗東)
馬主上田 江吏子
生産者三村 卓也
生産地新冠町
戦績15戦[5-2-0-8]
総賞金10,748万円
収得賞金4,350万円
英字表記Jo Kana Chan
血統 ロードカナロア
血統 ][ 産駒 ]
キングカメハメハ
レディブラッサム
ラッキーダイス
血統 ][ 産駒 ]
ネオユニヴァース
ミスベガス
兄弟 メガミチャンラッキータカチャン
市場価格
前走 2020/12/13 カペラステークス G3
次走予定

ジョーカナチャンの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師



馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
20/12/13 中山 11 カペラS G3 ダ1200 163649.71216** 牝5 55.0 石橋脩松下武士 458
(-8)
1.11.9 2.138.2⑤⑤ジャスティン
20/11/29 阪神 12 京阪杯 G3 芝1200 164810.8612** 牝5 54.0 菱田裕二松下武士 466
(+2)
1.09.0 0.835.2フィアーノロマーノ
20/08/23 小倉 11 北九州記念 G3 芝1200 1881811.957** 牝5 55.0 菱田裕二松下武士 464
(+4)
1.08.3 0.535.6レッドアンシェル
20/07/26 新潟 11 アイビスSD G3 芝1000 18597.821** 牝5 54.0 菱田裕二松下武士 460
(0)
0.54.5 -0.032.8--ライオンボス
20/05/24 新潟 11 韋駄天S OP 芝1000 167146.852** 牝5 53.0 菱田裕二松下武士 460
(+6)
0.54.2 0.032.3--ライオンボス
20/02/16 小倉 11 北九州短距離 OP 芝1200 177149.355** 牝5 54.0 菱田裕二松下武士 454
(-10)
1.10.3 0.336.6シヴァージ
20/01/11 京都 11 淀短距離S (L) 芝1200 1571385.6132** 牝5 54.0 菱田裕二松下武士 464
(+2)
1.09.7 0.134.9アイラブテーラー
19/10/27 新潟 11 ルミエAD (L) 芝1000 182411.4410** 牝4 54.0 菱田裕二松下武士 462
(+18)
0.56.8 0.434.4--レジーナフォルテ
19/04/27 新潟 11 駿風S 1600万下 芝1000 137114.721** 牝4 55.0 幸英明松下武士 444
(-8)
0.55.6 -0.133.3--ブラッククローバー
18/10/20 新潟 11 飛翼特別 1000万下 芝1000 183643.9131** 牝3 51.0 鮫島克駿松下武士 452
(+18)
0.55.0 -0.032.7--ジュリーハーツ
18/04/01 阪神 5 3歳500万下 ダ1200 1681515.361** 牝3 54.0 池添謙一松下武士 434
(0)
1.13.4 -0.038.4⑤⑤スターリーウォリア
18/03/17 阪神 6 3歳500万下 芝1200 1471232.488** 牝3 54.0 藤岡佑介松下武士 434
(-4)
1.09.9 0.434.9エイシンデネブ
18/01/28 京都 9 若菜賞 500万下 芝1200 126717.076** 牝3 54.0 池添謙一松下武士 438
(-4)
1.10.6 0.235.0オジョーノキセキ
18/01/14 京都 3 3歳未勝利 ダ1400 1661212.241** 牝3 54.0 池添謙一松下武士 442
(-6)
1.27.1 -0.238.5スーブレット
17/12/17 阪神 6 2歳新馬 芝1400 185913.846** 牝2 54.0 武豊松下武士 448
(--)
1.22.8 0.636.8エアシンフォニー

ジョーカナチャンの関連ニュース

12月7日(木)の栗東トレセンでは、2歳馬22頭がゲート試験に合格。デビューへの関門を突破した。

ヴェストラン(母アテナブルー、牡、大根田裕)

キングピン(母ラブリーベルナデット、牡、四位洋)

クインズアルテミス(母ケイアイアテナ、牝、宮本博

クリノルイーズ(母ファルクスオーパー、牝、大橋勇)

シャインウォーリア(母ワイズアンサー、牝、大根田裕)

セルリアンジャガー(母チェキ、牡、宮徹

タイセイミニスター(母フロイラインシチー、牡、大橋勇)

タナバリアシハヤイ(母アドマイヤヒラリー、牡、大根田裕)

ディスタントスカイ(母エリシェヴァ、牡、角田晃)=おじジャンダルムスプリンターズS・GⅠなど重賞3勝

テーオーサファイア(母ノバラ、牝、宮徹

ナムラカメジロー(母ナムラチアーズ、牡、杉山佳)=半兄ナムラカメタロー佐賀記念・JpnⅢ勝ち

ネグレスコ(母アイスブレイク、牝、西園正)

パワーマックィーン(母マヤブリリアント、牡、大橋勇)

ペレグリン(母フラミンゴ、牝、杉山佳)

ラストボーン(母ハナイチリン、セン、加用正

ラッキーラン(母ラッキーダイス、牝、高橋康)=半姉ジョーカナチャンアイビスサマーダッシュ・GⅢ勝ち

アンブラッセモアの2021(牝、安田隆)

サイレントクロップの2021(牝、高橋康)

ノーブルサンズの2021(牝、鮫島一)

ペニーウェディングの2021(牡、清水久)

マスターチアフルの2021(牝、荒川義)

ミッキーオリーブの2021(牡、安田隆)

【血統アナリシス】アイビスサマーダッシュ2021 Storm BirdとNijinskyの血を併せ持つ馬が4連覇中、サンデーサイレンス系は苦戦 2021年7月24日() 12:00

ウマニティ重賞攻略チームが毎週末の重賞をあらゆる切り口で考察!今回はアイビスサマーダッシュ2021・血統予想をお届けします!


昨年はロードカナロア産駒の2番人気ジョーカナチャンが勝利。そもそもロードカナロアは種牡馬として新潟芝1000mのコース適性が高く、とくに牝駒の活躍ぶりには目を見張るものがある。また、同種牡馬はStorm BirdとNijinskyの血を併せ持つ点でも強調しやすく、
アイビスサマーダッシュにおいても17年ラインミーティア、18年ダイメイプリンセス、19年ライオンボス、20年ジョーカナチャンと2頭の種牡馬の血脈を併せ持つ馬が4連覇中だ。

一方で、アイビスサマーダッシュはサンデーサイレンス系種牡馬の産駒が苦戦を強いられる傾向にあり、レースが創設された2001年以降でも同系統で勝利した馬はおらず、連対例も15年2着シンボリディスコ(父アドマイヤマックス)、19年2着カッパツハッチ(父キンシャサノキセキ)の2頭に限られる。

ライオンボスは、父バトルプラン×母ウーマンインレッド(母の父ステイゴールド)。新潟芝1000mでは「4-2-0-1」と抜群の相性を誇り、はじめて連対を外した前走韋駄天Sにおいてもタフな馬場と負担重量58kgの酷量に敗因を求められる。アイビスサマーダッシュは19年1着、20年2着と2年連続で好走しており、持ち時計の比較からも一度の凡走だけでは見限れないだろう。また、本馬はBest in Showに遡る牝系となるが、同馬の血を引く馬が3連覇中であることも見逃せない。

ロードエースは、父エーシンフォワード×母エーシンパナギア(母の父エイシンサンディ)。本馬はStorm Bird直系のエーシンフォワード産駒で、2代母の父はStorm BirdとNijinskyを併せ持つHigh Yield。これまで全4勝をダート1200m以下で挙げているが、母エーシンパナギアもJRAのダート1000mで3勝を挙げたスプリンターだった。はじめての直線競馬ながら前走韋駄天Sでは9番人気3着と適性を示しており、時計勝負に対応できればさらなる前進もありそう。

トキメキは、父アドマイヤムーン×母リーベストラウム(母の父ゼンノエルシド)。重賞やリステッドで息の長い活躍を続けたストーミーシーの全妹。本馬はゼンノエルシド、ラツキーソブリンと2本のNijinsky血脈を持つが、過去にアイビスサマーダッシュで上位入線を果たしたアドマイヤムーン産駒(ハクサンムーンアットウィルプリンセスムーン)も母系にNijinskyの血を引いていた。なお、13年の勝ち馬ハクサンムーンとはモガミ、テスコボーイの血も共通することを気に留めておくべきだろう。


【血統予想からの注目馬】
ライオンボス ⑪ロードエース ⑨トキメキ

[もっと見る]

アイビスSD制覇のジョーカナチャンが引退…繁殖入り 2020年12月18日(金) 04:50

 今年のGIIIアイビスSDを制したジョーカナチャン(栗・松下、牝5、父ロードカナロア)が17日付で。13日のカペラS16着が最後となった。通算15戦5勝で獲得賞金は1億748万6000円。今後は北海道新ひだか町の平野牧場で繁殖馬となる予定。

ジョーカナチャンの競走成績はこちら

[もっと見る]

【カペラステークス】特別登録馬 2020年12月6日() 17:30

[もっと見る]

【京阪杯】レース展望 2020年11月24日(火) 16:22

 阪神の日曜メインはスプリント重賞の京阪杯(29日、GIII、芝1200メートル)。ジャパンカップと同じく最終12Rで行われる。過去10年で1番人気は【2・2・0・6】と苦戦しており、ひと筋縄ではいかないイメージだが、今年は京都から阪神へと舞台を移してどう変わるのか注目される。

 サマースプリント王者のレッドアンシェル(栗東・庄野靖志厩舎、牡6歳)を中心視する。昨年のCBC賞で重賞初制覇を飾ったが、7カ月の休養を挟むと2戦続けて二桁着順に敗れた。しかし、次走のCBC賞は連覇こそならなかったが、3着に好走し、続く北九州記念を8番人気で勝利してスプリント重賞2勝目を挙げた。そして前走のスプリンターズSでは6着に健闘。復調は明らかだ。GIIIのここなら実績は上位で、重賞3勝目が期待される。

 カレンモエ(栗東・安田隆行厩舎、牝4歳)は父がロードカナロア、母がカレンチャンという生粋のスプリンター血統だ。その血統通りにこれまでの8戦全てが芝1200メートル戦で、【4・1・2・1】と安定感を誇る。昇級初戦は全て敗れている点が不安材料だが、ここを勝てば両親に続くスプリントGI制覇への道が大きく開けるだろう。

 プリモシーン(美浦・木村哲也厩舎、牝5歳)は初めてのスプリント戦で関屋記念15着からの巻き返しを図る。マイル重賞を3勝しており、昨年のヴィクトリアマイルでも2着に入るなど、実績は上位だ。1200メートルに対応できれば上位争いは必至だろう。

 昨年のダービー卿チャレンジT勝ち馬のフィアーノロマーノ(栗東・高野友和厩舎、牡6歳)は今年のマイラーズCを右前肢跛行で競走除外になり、その後の2戦は振るわないが、阪神Cと阪急杯で2着に好走した阪神の内回りで巻き返しを期す。

 スワンS5着のシヴァージ(栗東・野中賢二厩舎、牡5歳)は再び1200メートル戦に戻って重賞初制覇を狙う。これまでの重賞成績は5戦して全て馬券圏外だが、それでも高松宮記念で5着という好成績を残しており、一気に重賞タイトルに手が届いても不思議はない。

 アンヴァル(栗東・藤岡健一厩舎、牝5歳)は2走前のCBC賞で11番人気ながら2着と好走。勝ったのが13番人気のラブカンプーで、3連単244万4630円という波乱を演出した。続く北九州記念でも4着に健闘しており、ここも立ち回りひとつだろう。

 タイセイアベニール(栗東・西村真幸厩舎、牡5歳)は昨年の春に芝へ再転向すると、コツコツと条件戦を勝ち上がって地力を強化してきた。今年5月にオープン特別を勝ち、重賞へ再び挑戦して4、9、4着とまずまずの成績。展開次第では出番がある。

 他にはアイビスサマーダッシュ勝ち馬のジョーカナチャン(栗東・松下武士厩舎、牝5歳)、前述のラブカンプー(栗東・森田直行厩舎、牝5歳)、18年フィリーズレビュー勝ち馬で前走の夕刊フジ杯オパールSを勝って復調気配のリバティハイツ(栗東・高野友和厩舎、牝5歳)、アイビスサマーダッシュ3着馬のビリーバー(美浦・石毛善彦厩舎、牝5歳)、重賞で連続6着も大きく負けていないトゥラヴェスーラ(栗東・高橋康之厩舎、牡5歳)、条件戦を連勝中のロードアクア(栗東・浅見秀一厩舎、牡4歳)なども上位をうかがう。



京阪杯の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【血統アナリシス】京阪杯2020 サンデーサイレンスの血がネックとなる舞台 2020年11月24日(火) 12:00

ウマニティ重賞攻略チームが毎週末の重賞をあらゆる切り口で考察!今回は京阪杯・血統予想をお届けします!


今年は京都競馬場整備工事に伴う開催日割の変更があり、京阪杯-G3は京都芝1200mから阪神芝1200mに舞台を移して開催される。7月に行われたCBC賞-G3も阪神芝1200mにて代替開催されているが、13番人気のラヴカンプー(父ショウナンカンプ)と11番人気のアンヴァル(父ロードカナロア)が1・2着となる大波乱で、サンデーサイレンスの血を全く引かない馬同士のワンツー決着でもあった。

なお、2006年12月のコースリニューアル以降、阪神芝1200mでは17回重賞が施行されているが、サンデーサイレンス直系の勝利例は、2009年セントウルS-G2・アルティマトゥーレ(父フジキセキ)、2011年高松宮記念-G1・キンシャサノキセキ(父フジキセキ)、2012年セントウルS-G2・エピセアローム(父ダイワメジャー)の3頭に限られる。3頭のうち2頭がフジキセキ産駒であるほか、キンシャサノキセキエピセアロームはDamasiに遡る遠縁であったことはポイントだろう。

カレンモエは、父ロードカナロア×母カレンチャン(母の父クロフネ)。10年京阪杯-G3の勝ち馬スプリングソングの姪で、母は12年高松宮記念-G1や11年スプリンターズS-G1など短距離重賞を5勝した。本馬は父と母が芝1200mのG1馬という名スプリンター同士の掛け合わせで、サンデーサイレンスを抱えない血統構成も強調しやすい。伯父が制した所縁あるレースであれば、重賞初制覇にも期待が高まる。

リバティハイツは、父キングカメハメハ×母ドバウィハイツ(母の父Dubawi)。15年に仏2000ギニー‐仏G1とフォレ賞‐仏G1を制したMake Believeの姪で、母は11年にゲイムリーS-米G1、イエローリボンS-米G1などアメリカの芝重賞を3勝した。本馬は前走オパールS-Lで約2年半ぶりの勝利を飾ったが、前傾ラップのタフな展開を得意とするだけに、持ち味を発揮できなかったレースも少なくない。2走前に初めてブリンカーを着けたときの行きっぷりが申し分なく、スプリンターとして新境地を開いたのであれば、今回も警戒しておきたい存在だ。

ジョーカナチャンは、父ロードカナロア×母ラッキーダイス(母の父ネオユニヴァース)。タヤスブルームやカタマチボタンが出たGrey Autumnに遡る牝系で、2代母ミスベガスは04年セニョリータS-米G3の勝ち馬。本馬はテンの速力には目を見張るものがあり、前走北九州記念-G3においてもモズスーパーフレアに引けを取らなかった。休み明けを苦にするタイプでもなく、むしろフレッシュな方が気性的にも力を出しやすいので、一息入れて立て直された効果に期待したい。

(文・シンヤカズヒロ)


【血統予想からの注目馬】
カレンモエ リバティハイツ ジョーカナチャン

[もっと見る]

⇒もっと見る

ジョーカナチャンの関連コラム

閲覧 2,163ビュー コメント 0 ナイス 2



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G2 産経賞 セントウルステークス 2020年09月13日(日) 中京芝1200m


<ピックアップデータ>

【前走の条件が“G1・G2のレース”以外だった馬の、前走の着順ならびに前走の1位入線馬とのタイム差別成績(2013年以降)】
○着順が1着、もしくは1位入線馬とのタイム差が0.4秒以内 [4-4-4-25](3着内率32.4%)
×着順が2着以下、かつ1位入線馬とのタイム差が0.5秒以上 [0-1-2-44](3着内率6.4%)

 前走の条件が“G1・G2のレース”だった馬は2013年以降[3-2-1-9](3着内率40.0%)とまずまず堅実。一方、前走が格の高いレースだった馬を除くと、大敗直後の馬は苦戦していました。臨戦過程を素直に評価すべきでしょう。

主な「○」該当馬→ビアンフェフェルトベルク
主な「×」該当馬→ジョーカナチャンダイメイプリンセスラブカンプー


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

○「“同年、かつJRA、かつ重賞のレース”において3着以内となった経験がある」馬は2013年以降[6-6-5-19](3着内率47.2%)
主な該当馬→ジョーカナチャンビアンフェラブカンプー

続きは、ウマニティ会員登録(無料会員)でご覧頂けます。
※限定公開期間終了後は、非会員の方もご覧頂けます。
続きを読む
登録済みの方はこちらからログイン

2020年8月21日(金) 14:00 TARO
【TAROの競馬研究室】スピード競馬の経験が馬に刺激を与える&波乱含みの北九州記念
閲覧 1,520ビュー コメント 0 ナイス 2

先週末は小倉記念関屋記念が行われた。

小倉記念は通常の2週目ではなく開幕週の開催となったことで、例年よりスピードを問われる結果になった。アールスターは長岡騎手がテン乗りだったが上手く馬群を捌いて、見事なイン突きで勝利。フェブラリーSでのケイティブレイブ激走でファンの度肝を抜いた杉山厩舎&長岡騎手のコンビが、再び重賞で大仕事をやってのけた。

一方、関屋記念サトノアーサーが直線追い込みを決めて勝利。2着に逃げたトロワゼトワル、3着にアンドラステ。勝ったサトノアーサーは掛かる気性でマイルへの距離短縮が向いたのもあるが、戸崎騎手の腕も見逃せない。スタートでやや出負けした後、これまでだと位置を取りに行くような競馬も目立ったが、今回は騎手の好判断でじっくり脚を溜める作戦。もともと自分から動くよりも極限まで溜めた方が良いタイプだけに、騎手の判断が功を奏し、最後の伸びに繋がった。


〜侮れない”前走直線組”

先週の競馬でもう一つ印象に残ったのは、スピード競馬を経験することのメリットだ。小倉記念で猛然と追い込んで2着したサトノガーネットは、1600m→1800mと使われて今回は2000mに距離延長。もともと追い込みタイプだけに前半追走に苦労する面があったが、今回はスタートからスムーズに追走できたことで、最後の伸びに繋がった。適性よりも短い距離を使われ続けていた効果が今回出た形だった。

また、札幌メインのUHB賞では前走アイビスサマーダッシュを使われてきた2頭が好走。カッパツハッチは6番人気2着、イベリスは4番人気3着と、いずれも人気より上位に持ってきた。前走で直線1000mを使われてきた馬はあまり人気にならないケースが多いが、この究極のスピードレースを経験することで馬が得る物は多い。低調なメンバー構成になりがちなアイビスサマーダッシュ組が案外その後の重賞で穴をあけるのは偶然ではなく、ある意味激流の競馬を経験することで馬に”闘魂注入”効果があるためだ。

昨年はダイメイプリンセスが、アイビスサマーダッシュ6着から北九州記念に出走し9番人気1着。4年前にはアイビスサマーダッシュを8番人気で制したラインミーティアが、次走のセントウルSでは6番人気2着と好走。過去にもアイビスサマーダッシュ好走馬は意外とその後のレースでも穴をあけており、特殊な直線競馬だから…ということで侮らない方が良い。それだけ馬にとってキツい経験となる激流レースを経由する効果は大きいのだ。


〜波乱必至・北九州記念の展望

さて、今週末は夏の大一番・札幌記念が行われるが、馬券的に面白そうなのは小倉競馬場で行われる北九州記念だろうか。前述したアイビスサマーダッシュ経由馬も、勝ち馬ジョーカナチャンや、ダイメイプリンセスラブカンプーなど複数頭がエントリーしている。

ポイントは馬場状態と展開だろうか。外からの差しが決まるケースも多いレースだが、例年の4週目から今年は2週目の開催になり、傾向が変わる可能性がある。

というわけで、ココでは2頭注目馬を挙げておきたい。

アンヴァル
昨年当レースで3着以降は不振が続いていたが、前走は久々に北村友一騎手が騎乗し復活。前半の行きっぷりが良くなり、以前の自在性が戻ってきた感じがする。引き続き同騎手騎乗、前がやり合う流れになれば今年もチャンス。

ラブカンプー
2走前のCBC賞で復活の勝利。前走は10着に敗れたが、直線競馬で不利な1枠2番から見せ場は作っており、着順ほど悲観するような内容ではなかった。毎年差しが決まる北九州記念だが、2週目の開催で前が粘れるような馬場&流れになればチャンスも。

※重賞の結論は、『TAROの競馬』にて無料公開予定。また、馬券の買い方や券種の選び方なども含めた結論は、競馬ノートにて限定配信の予定です。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』
(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)、『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)。

[もっと見る]

2020年7月31日(金) 13:30 競馬プロ予想MAX
先週の回顧~(7/25~7/26) アイビスSD◎的中の岡村信将プロが5週連続プラスをマーク!
閲覧 841ビュー コメント 0 ナイス 0



26(日)のG3アイビスサマーダッシュほか、様々な的中がマークされた先週。
好成績を収めた注目プロ予想家や、その的中の数々をご紹介していきたいと思います。
 
 
 
☆☆☆注目プロ →岡村信将プロ
『これが渾身の結論』とした26(日)G3アイビスサマーダッシュを◎ジョーカナチャンできっちり的中。25(土)札幌1R2歳未勝利、26(日)新潟1R2歳未勝利、同新潟12R3歳以上1勝クラスなどの活躍をみせ、土日ともプラスを達成。2日間トータルでは、回収率131%、収支10万7600円プラスの好パフォーマンスを披露し、これで連続週末プラスを「5」に伸ばしています。
 
☆☆☆注目プロ →佐藤洋一郎プロ
25(土)には札幌5R2歳新馬での13万オーバー、札幌11RしらかばSでの31万オーバーなどで大幅プラスを達成。26(日)にも札幌5R2歳新馬での12万オーバーなどで、連日のプラス収支をマークした先週は、週末トータル回収率168%、収支25万7890円プラスと2週連続の大勝!これで、3週連続週末プラスとしています。
 
☆☆☆注目プロ →霧プロ
25(土)、勝負予想新潟12R3歳以上1勝クラスでの◎○▲パーフェクト的中を筆頭に、新潟8,9,10R3連発など活躍をアピール。26(日)には、新潟7R3歳未勝利で再びの◎○▲完全的中を披露すると、土日2日間ではトータル回収率104%を達成。こちらも3週連続週末プラスを記録しています。
 
 
 
この他にも、“帰ってきた”凄馬勝子プロ(402%)、田口啄麻プロ(141%)、暴君アッキープロ(129%←4週連続週末プラス)、エース2号【予想マイレージクラブ限定】プロ(122%)、くりーくプロ(115%)、ジャンヌプロ(115%)、馬侑迦プロ(112%←4週連続週末プラス)、“ゼット1号プロ(111%)、エース1号プロ(108%)、イレコンデルパサープロ(107%←3週連続週末プラス)、KOMプロ(106%)、セイリュウ1号プロ(103%)、導師嵐山プロ(100%)らが週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
 
 
今週も「プロ予想MAX」にぜひご注目下さい。

[もっと見る]

2020年6月26日(金) 14:00 TARO
【TAROの競馬研究室】穴連発の酒井学・「お買い得」の菱田/宝塚記念展望
閲覧 3,762ビュー コメント 0 ナイス 1

函館スプリントSは人気のダイアトニックが堂々の抜け出しで勝利したが、2着に大外枠から逃げたダイメイフジが入り、3連複は万馬券の波乱。

菱田騎手は今年、”買い時”のジョッキーだ。重賞での騎乗機会は多くないが、今年4度目の騎乗でファルコンSヴェスターヴァルト(8番人気3着)に次いで2度目の穴。オープン特別でもジョーカナチャンで複数回馬券に絡むなど、上級条件でも地味ながら活躍を見せている。

もともとあの安藤勝己元騎手をして、「乗れる若手」と言わしめた腕達者。以前ほど存在感はなくなっているが、その分、馬券的な妙味は増している。これから夏のローカルが本格化すれば、まだまだ穴をあけてくれそうだ。”お買い得”な今のうちに先物買いしておきたい。

ユニコーンSでも人気のカフェファラオが勝利したが、こちらもヒモ穴で波乱。その立役者がケンシンコウ酒井学騎手。同騎手は、鳴尾記念レッドジェニアルマーメイドSサマーセントに次いで、重賞で3週連続の馬券圏内となった。いずれのレースを見ても、位置取りやコース取りなど、騎手の判断が光っている。

もともとハンデ戦や中長距離戦で強みを発揮するベテラン騎手。こちらも夏のローカルシリーズで引き続き注目したいジョッキーだ。

夏競馬は小回りが中心の上に、力差の少ない混戦になりやすい。騎手の判断や腕一つでどうにかなるレースも多いので、通常の中央場所以上に騎手の特徴や買いどころについてはチェックしておきたい。

買いどころを探る上では、拙著『競馬記者では絶対に書けない騎手の取扱説明書』が参考になるはずだ。


宝塚記念展望

さて、今週末はいよいよ上半期の総決算、宝塚記念が開催される。今年は海外遠征ができない分、頭数も揃い楽しみなメンバーが揃った。

その中でも注目はサートゥルナーリア金鯱賞以来の実戦となるが、ルメール騎手が乗れる上にパワーを問われる急坂コースもプラスで、死角は少ないのではないか。今回は信頼の軸で良いだろう。

問題は相手。大阪杯を制したラッキーライラックは、最内を完璧に立ち回ったメリットも大きかった。今回はその大阪杯で外枠からキッチリ2着に好走したクロノジェネシスが逆転する可能性が高いとみる。

またその大阪杯ではまったく力を出せずに終わったブラストワンピースが、開催後半の阪神2200mなら怖い存在。タフな馬場でスタミナを問われれば、よりこの馬向きのレースになりそうだ。

近走は不発続きながら昨年2着好走のキセキも、スタートさえ決めることができれば一連の内容からもまだ見限れない。タフな阪神コースは間違いなく合うし、今回は展開面の恩恵もありそうだ。

あとは週末の馬場に注目。今季の阪神芝は非常に内の状態が良く、今週はBコース替わり。通常の宝塚記念は外枠の方が良いレースなのだが、今年はどうなるか。週末は雨予報も出ているので、馬場のチェックはキッチリしておきたい。

宝塚記念の結論は、『TAROの競馬』にて無料公開予定。また、馬券の買い方や券種の選び方なども含めた結論は、競馬ノートにて限定配信の予定です。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』
(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)、『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)。

[もっと見る]

ジョーカナチャンの口コミ


口コミ一覧
閲覧 270ビュー コメント 0 ナイス 1

★アイビスSD

過去10年のデータから

※A……ZI値2位以内が連対9/10年、3位以内が毎年3着以内
⇒○1位11アヌラーダプラ、2位6マリアズハート、3位13ヴェントヴォーチェ

※B……1人気(7/2/0/1)着外1頭の12年ビウィッチアスは当該コース未経験の3才牝馬
⇒○1人気13番

C……前走海外を除く年明け~春季の芝短距離重賞直行組(0/0/0/6)
⇒なし

★※D……韋駄天S組が3頭以上出走すれば3着以内9/10年(例外15年)
0.1~0.2差つけた勝ち馬は(1/1/1/0)前走5人気以内(3/5/1/9)6人気以下(0/0/0/14)
1着馬(1/2/1/1)2着馬(1/2/0/1)3着以下(1/1/0/21)※連対2頭は、17年
ラインミーティア(2着馬に0.1差4着)と21年ライオンボス(20年2着)
⇒◎6マリアズハート1着-2着に0.1差
 ★○5ロードベイリーフ2着0.1差
 ※△3着17番、4着16ビリーバー、6着3オールアットワンス、
7着14オヌシナニモノ8着10ジュニパーベリー、10着4スティックス、
15着2トウショウピスト
 ○1人10番、2人6番、3人14番、5人3番
 ×6人16番、7人4番、9人17番、10人5番、16人2番

★E……前走10着以下(0/0/2/42)例外12年エーシンヴァーゴウ5牝(11年1)
19年オールポッシブル5牝(ききょうOP0.2差3)
⇒△2(OP3),7,9,14,15(OP1),18(OP1)

★★※F……1枠(0/0/1/16)▲2枠(1/2/1/13)×3枠(0/0/0/18)4枠(1/1/0/18)
5枠(1/1/1/17)▲6枠(1/2/2/15)○7枠(2/2/4/16)◎8枠(4/2/1/17)
1~4枠の3着以内6/7頭は4人気以内(例外の21年バカラクイーン)
※2002年から20年連続で6~8枠が連対
17番(0/1/0/4)18番(0/0/0/4)2着は12年エーシンダックマン(デビュー以来
23戦全てハナを切れるダッシュ力)
⇒1~4枠○6番4人気
     △1,2,3,4,5,7,8番
▲6枠11,12トキメキ
○7枠13,14,15クリスティ
 8枠16番
▲  17番(千ダートで逃げて2戦2勝、韋駄天Sでもハナを切って3着)
×  18番 

G……3才(1/2/1/9)勝率7.7 連対率23.1 複勝率30.8
   4才(3/1/1/16) 14.3    19.0    23.8
   5才(4/6/5/28)  9.3  23.3 34.9
6才(0/1/2/35) 0 2.6 7.9
7才以上(2/0/1/42) 4.4 4.4 6.7
※6才以上55K以下(0/0/1/25)16年プリンセスムーン(駿風Sと韋駄天Sを
連勝中で3人気)は牝馬で54Kなので実質56Kだから実質は3着以内無し。
7才3頭は、14年セイコーライコウ(韋駄天OP1)17年ラインミーティア
(邁進特別千万1)18年ナインテイルズ(駿風S準OP3)と当該コース適性あり
6才以上の6頭の内、リピーターの21年ライオンボスを除けば前走4着以内
⇒○4才3,4,8番
  5才5,10,11,12,13,14,15,17,18番
  6才牡×9番
    牝▲6番、×7番
  7才○1番、×16番
 10才×2番 

★H……牡馬セン馬(5/5/3/70)牝馬(5/5/7/60)※6年連続で3着以内に牝馬が2頭
⇒○3,4,6,7,8,10,11,12,15,16,17,18番

★※I……勝ち馬9/10頭は、前走CBC賞、韋駄天S、函館SS、葵Sの4レースで
そこで4着以内8/9頭。近3年の血統は父ミスプロ系、母父サンデー系
⇒○6,16,17番
 ▲1,3,4,7,17番

★J……斤量/馬体重→12%以下(10/8/10/107)12.1%以上(0/2/0/23)
⇒1番58/544K=10.7
 2番56/480=11.7
 3番54/456=11.8
 4番54/496=10.9
 5番56/478=11.7
 6番55/500=11
 7番54/502=10.8
 8番54/460=11.7
 9番56/516=10.9
10番54/478=11.3
11番54/484=11.2
12番54/516=10.5
13番56/518=10.8
14番56/476=11.8
15番54/492=11.0
16番54/464=11.6
17番54/476=11.3
18番54/422=12.8× 

※K……前走比斤量増減なし(4/2/3/39)勝率8.3、連対率12.5、複勝率18.8○
          増加(3/2/3/59)  4.5     7.5 11.9▲
減少(3/6/4/32) 6.7 20.0 28.9◎
⇒◎2,3,8,12,15番
 ○9,13,14,18番
 ▲1,4,5,6,7,10,11,16,17番

★★L……直千実績ある馬が毎年3着以内、連対9/10年、3着以内2頭以上9/10年
 ★a3着以内でリピーター5頭=○1,3、16番
 bOP1着あり5頭=◎1,6番
 ★cOP2着あり3頭=◎5番
 ★dOP3着あり1頭=◎10,17番
 e3勝級3着以内3頭=○12番
 f2勝級3着以内1頭=○
 g1勝級3着以内1頭=○8,13番
 h未勝利勝ち1頭=○

★M……前走芝千二以下30/30
⇒×7,9,14,15番

★N……韋駄天S(勝ち時計と斤量増減、枠順)⇒アイビスSD
14年55.3 ☆1着3番セイコーライコウ55k⇒1着2番56k(+1k)54.3
  55.5 3着14番アースソニック57k⇒3着10番56K(△1k)54.4
15年54.9 ★1着5番フレイムヘイロー53k⇒9着4番56k(+3k)55.1
     3着14番アースソニック57k⇒3着12番56k(△1k)54.2
16年54.4 ♀☆1着16番プリンセスムーン53k⇒3着6番54k(+1k)54.3
  54.6 2着13番ネロ     57.5k⇒2着13番56k(△1.5k)54.1
17年54.3 ♀☆1着8番フィドゥーシア54k⇒2着10番54k(±0)54.2
  54.6 4着16番ラインミーティア52k⇒1着16番56K(+4k)54.2    
18年54.9 ♀☆1着11番ダイメイプリンセス53k⇒1着15番54k(+1k)53.8
  55.5 5着10番ナインテイルズ53k⇒3着12番56k(+3k)54.2
19年53.9 ☆1着15番ライオンボス53k⇒1着11番56K(+3k)55.1
  54.0 ♀2着14番カッパツハッチ52k⇒2着3番54k(+2k)55.2
20年54.2 ☆1着10番ライオンボス57.5⇒2着13番57k(△0.5)54.5
  54.2 ♀2着14番ジョーカナチャン53k⇒1着9番54k(+1k)54.5
21年56.5 ★1着6番タマモメイトウ53k⇒7着8番56k(+3k)55.0
  57.6 9着9番ライオンボス58k⇒2着12番57k(△1k)54.3

★a韋駄天1着馬が+3Kだと着外(例外の19年ライオンボスは勝ち時計近10年で最速の
53.9だったので斤量増で時計が遅くなっても55.1で勝てた)
22年54.8 1着16番マリアズハート54k⇒6番55k(+1k)
※14年セイコーライコウの様に内枠→内枠なら良いが、16年プリンセスムーン(16→6番)
19年カッパツハッチ(14→3)の様に外から内枠へとなると着順が上がらず下がる
⇒▲6番は2戦2勝だがいずれも16番枠と恵まれ、勝ち時計も近9年で6番目と
遅く、差しても上がり3位以内で無かったので、勝ち切るまでは難しいのでは
55kで3着以内に来た牝馬は、前年勝ちの12年3着エーシンヴァーゴウと16年ベルカント
のみで買い被れない

★b牝馬で韋駄天組から3着以内に来たのは16年プリンセスムーン(1→3)、
17年フィドゥーシア(1→2)18年ダイメイプリンセス(1→1)19年カッパツハッチ
(2、勝ち馬に0.1差→2)20年ジョーカナチャン(2、勝ち馬と同タイム→1)
※0.1差以上負けていると着順は上がらない
⇒▲17番は0.1差3着から+2Kだが、5→17番と外枠になったアドバンテージで
3着維持か

※O……3着以内の牡馬は6~8枠12/13頭(例外の14年2番セイコーライコウは
2走前韋駄天S3番枠で勝ち)
⇒×1,2,5,9番
 ○13,14番


6枠から外で千直実績ある1人気が13番が軸
千直実績ある馬が9/10年2頭入っているなら相手も当該コース適性高い馬からで
牝馬なら連対しているのが5人気以内なので(6人気以下は3着止まり)
6,8,12,17番
牡馬は13番以外は全滅なので、3着候補の押さえも牝馬から3,10番
1番は19年こそ韋駄天S勝ちから中9週で勝ったが、その後は韋駄天Sからの
前2年の当レースでしか好走が無く、年齢的に韋駄天Sを使えず4ヶ月の休み明け
ともなると流石に厳しい

馬連13→6,8,12,17各五百円
三連複13=(6,8,12,17)ー3,10、各二百円14点
三連単13→(6,8,12,17)→(3,6,8,10,12,17)
フォーメーション各百円20点
複勝勝負は、問題無ければ妙味ある13番へ
※馬体重+10Kだと(0/0/0/10)なので発表後に要チェック!
該当馬がいれば消し
≫≫16-17-5
6番が馬体重+14で消し
13番はスタートダッシュが前走ほど無く外目へ寄せる事が出来ず前の進路も空かず
中団でもがいたままで終わった
17番がハナを切って外ラチ沿い進めるが後方から逃げ馬の直後から追い上げ内横
抜け出して差し切る
内枠の馬が内ラチへ殺到して内外馬群が2分する大変な展開も、5番は更に後方から
徐々に外目へ寄せていって追い込むが届かず
韋駄天S4-3-2着馬の決着、8枠牝馬のワンツーってデータ通りなのだが、( ̄▽ ̄;)
とは言えず、内枠の穴の牡馬は来るわ、ZI値、1人気など要修正
項目Gはリピーターの16番なら7才でも前走4着だし消せないのが正解で訂正(ー'`ー;)
項目LとN重視で行くべきかと
やはり臨戦過程の詳細分析が重要

 山崎エリカ 2020年12月13日() 08:28
本日の見所(カペラSなど)
閲覧 405ビュー コメント 0 ナイス 13

2020年 カペラS・阪神ジュベナイルF
__________________

●カペラステークス

カペラSはJRAでは唯一行われるダ1200mの重賞。ゆえにJBCスプリントの上位馬や同年のスプリント重賞で勝ち負けした馬、前走勝ちの上がり馬など、強豪が集結し、例年ほぼフルゲート16頭立てで行われます。当然、スピード自慢のスプリンターが集うわけですから、出走馬16頭中、逃げ、先行馬が大半を占めます。

カペラSが行われる中山ダ1200mは、高低差4.5mのダートコースの頂上に位置する2コーナー奥の芝のポケット地点からのスタートするコース。緩やかに坂を下って行くコースで、最初の3コーナーまでの距離は約502m。芝スタート+下り坂で行き脚がつくうえに最初のコーナーまでの直線が長く、隊列形成がすぐに決まらないとなれば、当然、前半のペースは速くなります。

しかも、中山は年間を通してもJRAのどのダートコースよりも時計を要すタフな馬場状態。前崩れの条件が揃ったも同然でしょう。実際に過去10年を見ても、ダ1200m戦ながら逃げ馬3頭、先行馬5頭しか連対できていません。※先行馬の基準は3コーナーまでの位置が2~5番手以内。

それもこのレースを逃げ切り勝ちした馬は、2014年のダノンレジェンド、2016年のノボバカラと、その後のG1でも連対している馬。また、2018年に逃げて2着のサイタスリーレッドも、当時はハナを切った場合には、G1級の能力を発揮する実力馬でした。つまり、逃げ馬はG1級の実力がないと通用しないし、先行馬も中団、差し、追い込み馬を上回れる実力が必要ということです。

今回も前走のJBCスプリントこそ、外隣りにモズスーパーフレアが出走していたために、ハナを主張できませんでしたが、中央のオープンやこの路線で逃げ続けて来たヒロシゲゴールドが出走。すぐ外には芝1000mでもハナに行けるジョーカナチャンがいます。中山ダ1200mは芝スタートなので、ジョーカナチャンが行って、ヒロシゲゴールドにプレッシャーをかける形が濃厚。逃げて6連勝のダンシンシングプリンスプリンスはそえらの出方を窺いながらになるのではないでしょうか? いずれにせよ、前半3F33秒台までペースが上がりそうです。


●阪神ジュベナイルF

「白毛一族ソダシとメイケイエールはどちらが強い?」

また、制御不能なメイケイエールのプランBはあるのかなど、『SPAIA』ではPP指数を用いて、当レースの傾向と有力馬と穴馬を綴っております。穴馬はファンタジーSで後半、メイケイエールを目標に乗ったあの馬d(-_^)good!!


無料で閲覧できます(^▽^)/
https://spaia.jp/column/horserace/12011


★★★★★★★★★★
Twitterもよろしく!
@_yamazaki_erika
★★★★★★★★★★

[もっと見る]

 回収率予報官 2020年12月12日() 23:42
【回収率予報】買ってはいけない 2020-12-13(日) 阪神ジュベ...
閲覧 545ビュー コメント 0 ナイス 7

こんばんは。回収率予報官です。
「買ってはいけない」をお知らせします。
予測回収率が低い馬ですので、馬券購入の際には避けることをおすすめします。

予測回収率が高い馬は「予想コロシアム」の「一言コメント」に記載しています。

《メインレース 予測回収率60%以下》

■中山11R ダート1200m 3歳上オープン 15:20 [G3]カペラステークス
 *3 60% ・ 79.1倍(14) ノーフィアー
 *6 50% ・ 22.7倍(8) ジョーカナチャン
 *8 60% ・ 214.6倍(16) サイタスリーレッド

■中京11R 芝1400m 3歳上3勝クラス 15:30 飛騨ステークス
 *3 60% ◎ 4.0倍(1) アーデンフォレスト
 *7 60% ・ 11.9倍(7) レジーナドーロ
 *8 50% ・ 222.4倍(16) エイシンハルニレ
 10 60% ・ 54.0倍(15) アリア

■阪神11R 芝1600m 2歳オープン 15:40 [G1]阪神ジュベナイルF
 *4 50% ・ 122.4倍(15) リンゴアメ
 *7 60% ○ 4.9倍(2) サトノレイナス
 *9 50% ・ 243.4倍(18) ナムラメーテル
 10 60% ・ 46.3倍(11) シゲルピンクルビー
 12 60% ・ 11.9倍(5) オパールムーン
 13 60% ・ 131.3倍(16) アオイゴールド

《単勝オッズ6.0以下で予測回収率60%以下》

中山 01R 16 60% △ 5.7倍(2) ステラダイヤ
中京 02R 13 60% ・ 5.1倍(3) バーニングソウル
中京 03R *4 60% ◎ 4.6倍(2) ミーアシャム
阪神 03R *4 60% ・ 4.5倍(1) ヨリナメンテ
中山 08R *7 50% ▲ 4.3倍(1) ヴィンクーロ
中京 08R *4 60% ▲ 5.4倍(3) レインカルナティオ
中京 09R *6 50% × 6.0倍(3) レッドレビン
中京 10R *6 60% △ 5.9倍(3) ムーンビード
阪神 10R 13 60% ◎ 4.5倍(1) グアン
中京 11R *3 60% ◎ 4.0倍(1) アーデンフォレスト
阪神 11R *7 60% ○ 4.9倍(2) サトノレイナス


表は左から、レース、馬番、予測回収率、印、単勝オッズ、人気順、馬名、です。
◎印は回収率とは関係なく、1着の確率が最も高いと思われる馬です。
オッズはデータ作成時点のものです。

※回収率予報には他にも使える情報がたくさん
 【回収率予報】メインサイト
 https://note.com/hrrf

[もっと見る]

⇒もっと見る

ジョーカナチャンの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
17:
  fc0703d559   フォロワー:6人 2020年11月29日() 02:50:05
み 穴
16:
  fc0703d559   フォロワー:6人 2020年11月28日() 23:03:00
単複、4番手
15:
  fc0703d559   フォロワー:6人 2020年8月23日() 07:55:16
郎、本命対抗

⇒もっと見る

ジョーカナチャンの写真

ジョーカナチャン

ジョーカナチャンの厩舎情報 VIP

2020年12月13日カペラステークス G316着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ジョーカナチャンの取材メモ VIP

2020年11月29日 京阪杯 G3 12着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。