フェルトベルク(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
フェルトベルク
写真一覧
抹消  鹿毛 2014年5月1日生
調教師荒川義之(栗東)
馬主加藤 徹
生産者三嶋牧場
生産地浦河町
戦績37戦[5-1-3-28]
総賞金7,248万円
収得賞金2,450万円
英字表記Feldberg
血統 ブラックタイド
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
ウインドインハーヘア
プリンセスブルー
血統 ][ 産駒 ]
Pulpit
ジャストフォーチャンス
兄弟 メイショウカシュウメイショウメイコウ
前走 2020/10/10 夕刊フジ杯オパールS (L)
次走予定

フェルトベルクの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
20/10/10 京都 11 オパールS (L) 芝1200 1861260.81710** 牝6 52.0 藤懸貴志荒川義之456(0)1.09.9 1.335.1⑮⑮リバティハイツ
20/09/13 中京 11 セントウルS G2 芝1200 1771497.31415** 牝6 54.0 藤懸貴志荒川義之456(+6)1.09.1 1.233.7⑯⑮ダノンスマッシュ
20/08/22 小倉 11 佐世保S 3勝クラス 芝1200 117980.7111** 牝6 55.0 藤懸貴志荒川義之450(-2)1.07.6 -0.034.3⑪⑪カレンモエ
20/08/01 新潟 11 新潟日報賞 3勝クラス 芝1400 185966.61715** 牝6 52.0 小林脩斗荒川義之452(-2)1.21.6 1.235.2⑨⑨アフランシール
20/07/19 阪神 10 オークランド 3勝クラス 芝1400 1571268.51512** 牝6 55.0 藤懸貴志荒川義之454(+2)1.23.0 1.035.5⑫⑫アバルラータ
20/06/27 阪神 11 水無月S 3勝クラス 芝1200 1681677.2142** 牝6 51.0 藤懸貴志荒川義之452(+14)1.09.1 0.035.1ブライティアレディ
20/01/25 京都 11 石清水S 3勝クラス 芝1400 1624150.71414** 牝6 51.0 川島信二荒川義之438(0)1.23.9 1.436.4⑭⑬ドナウデルタ
19/12/28 阪神 12 ファイナルS 3勝クラス 芝1200 16714115.21415** 牝5 55.0 団野大成荒川義之438(-4)1.11.0 1.534.2⑮⑮エイティーンガール
19/10/15 東京 11 白秋S 3勝クラス 芝1400 1581481.51312** 牝5 55.0 江田照男荒川義之442(-10)1.21.6 0.934.6ブルベアトリュフ
19/09/28 阪神 10 道頓堀S 3勝クラス 芝1200 161226.286** 牝5 55.0 浜中俊荒川義之452(+8)1.08.7 0.334.2④④ラルムドランジュ
19/08/31 小倉 11 北九州短距離 3勝クラス 芝1200 1781615.1715** 牝5 52.0 田中健荒川義之444(-4)1.08.9 0.734.6⑥⑨メイショウカズヒメ
19/07/28 新潟 11 アイビスSD G3 芝1000 1881733.4108** 牝5 54.0 木幡巧也荒川義之448(0)0.55.5 0.432.9--ライオンボス
19/07/14 中京 10 フィリピンT 2勝クラス 芝1200 102210.351** 牝5 55.0 浜中俊荒川義之448(+4)1.08.4 -0.034.6サヤカチャン
19/06/29 中京 10 知多特別 2勝クラス 芝1400 1871398.2138** 牝5 55.0 西村淳也荒川義之444(0)1.20.9 0.635.3ミッキーブリランテ
19/06/01 阪神 10 三木特別 2勝クラス 芝1800 127923.4910** 牝5 52.0 川島信二荒川義之444(+6)1.47.5 0.936.9ルナーランダー
19/05/12 東京 7 4歳以上1000万下 芝1600 88833.964** 牝5 55.0 川島信二荒川義之438(+2)1.32.8 0.234.6アバルラータ
19/04/28 京都 8 糺の森特別 1000万下 芝1800 1181037.6811** 牝5 55.0 団野大成荒川義之436(-2)1.48.1 2.338.7シャイントレイル
19/04/06 福島 6 4歳以上500万下 ダ1700 156104.921** 牝5 52▲ 団野大成荒川義之438(-8)1.47.6 -0.839.3チビノヴァルタン
19/03/23 阪神 7 4歳以上500万下 ダ1400 155912.163** 牝5 55.0 城戸義政荒川義之446(+10)1.25.7 0.439.0ミヤジヴィジェ
18/12/15 中京 3 3歳以上500万下 ダ1200 1481419.9611** 牝4 55.0 城戸義政荒川義之436(+4)1.13.6 1.137.8⑤⑦メイショウラケーテ

⇒もっと見る


フェルトベルクの関連ニュース

 ◆北村友騎手(ミスターメロディ3着)「イメージ通りの競馬はできましたが、1600メートルからの休み明けということもあって、直線の反応がじりっぽかった」

 ◆松山騎手(タイセイアベニール4着)「手応えも良く、力のあるところは見せてくれました。展開ひとつですね」

 ◆藤岡佑騎手(ビアンフェ5着)「力む馬でしたが、好位でも初めてというぐらい折り合いました。直線も盛り返す姿勢を見せて収穫のある競馬でした」

 ◆武豊騎手(トゥラヴェスーラ6着)「デキが良く、思い通りのいい形で運べたが、相手が強かった」

 ◆森裕騎手(クリノガウディー7着)「脚は使っていますが、前残りで差が詰められませんでした」

 ◆吉田隼騎手(ラヴィングアンサー8着)「ペースが流れたぶん、脚がたまりませんでした」

 ◆丸田騎手(トウショウピスト9着)「今回は重賞ですから。よく頑張っています」

 ◆岩田望騎手(シヴァージ10着)「脚も使っているんですが、前が残る展開になったので…」

 ◆池添騎手(ノーワン11着)「しまいはじりじり来てるんですが…」

 ◆藤岡康騎手(メイショウキョウジ12着)「前半にためる形からこの馬自身はしっかり脚を使っているんですが…」

 ◆菱田騎手(キングハート13着)「一発を狙っていたんですが、相手が強かった」

 ◆鮫島駿騎手(クライムメジャー14着)「前半から力んでハミが抜けませんでした」

 ◆藤懸騎手(フェルトベルク15着)「イライラして出遅れ。気分的に走る方に向いていませんでした」

 ◆斎藤騎手(ラブカンプー16着)「大外枠で番手からに。スピードは見せてくれたんですが…」

 ◆幸騎手(セイウンコウセイ17着)「ペースも速くてラストは一杯になりました」

【有名人の予想に乗ろう!】産経賞セントウルS2020 ジャンポケ・斉藤さん、大久保先生ほかズラリ!競馬大好き芸能人・著名人がガチ予想! 2020年9月13日() 05:30


※当欄では産経賞セントウルSについて、競馬好きとして知られる芸能人、著名人の皆さんの予想を紹介していきます。迷ったときは彼らの予想に乗るのも手。参考になさってください。



【斉藤慎二(ジャングル ポケット)】
◎⑬クライムメジャー
単勝


【大久保洋吉(元JRA調教師)】
◎⑯ダノンスマッシュ
○⑪ビアンフェ
▲⑭フェルトベルク
△⑦ミスターメロディ
△⑧タイセイアベニール
△⑩トゥラヴェスーラ

【DAIGO】
◎⑯ダノンスマッシュ

【杉本清】
◎⑦ミスターメロディ
○⑯ダノンスマッシュ
▲⑨シヴァージ
☆⑪ビアンフェ
△⑧タイセイアベニール
△⑩トゥラヴェスーラ
△⑬クライムメジャー
△⑥セイウンコウセイ

【林修】
注目馬
ダノンスマッシュ

【横山ルリカ】
◎⑦ミスターメロディ

【神部美咲】
◎⑯ダノンスマッシュ

【旭堂南鷹】
◎③メイショウグロッケ
○⑯ダノンスマッシュ
▲⑬クライムメジャー
△⑥セイウンコウセイ
△⑨シヴァージ

【稲富菜穂】
◎⑨シヴァージ
○⑥セイウンコウセイ
▲⑮クリノガウディー
△⑦ミスターメロディ
△⑯ダノンスマッシュ
△⑩トゥラヴェスーラ

【キャプテン渡辺】
◎⑮クリノガウディー
単勝


【安田和博(デンジャラス)】
◎⑥セイウンコウセイ

【ビタミンS お兄ちゃん】
◎⑨シヴァージ
ワイド流し
⑨-①②⑤⑭
3連単2頭軸流しマルチ
⑨→⑧→③④⑥⑦⑩⑪⑫⑬⑮⑯
⑨→⑩→③④⑥⑦⑧⑪⑫⑬⑮⑯

【ギャロップ林】
◎⑨シヴァージ
馬連流し
⑨-④⑧⑬⑮

【こいで(シャンプーハット)】
◎⑨シヴァージ
3連単2頭軸流しマルチ
⑨→⑬→⑦⑪⑫⑮⑯

【てつじ(シャンプーハット)】
◎⑪ビアンフェ
単勝

3連単1頭軸流しマルチ
⑪→⑥⑦⑩⑮⑯

【浅越ゴエ】
◎⑪ビアンフェ
ワイド流し
⑪-⑥⑭
3連単1頭軸流しマルチ
⑪→⑥⑦⑧⑨⑭

【盛山晋太郎(見取り図)】
◎⑥セイウンコウセイ
3連複フォーメーション
⑥-⑦⑧⑩⑪⑬-①②③④⑤⑦⑧⑨⑩⑪⑫⑬⑭⑮⑯⑰

【リリー(見取り図)】
◎⑪ビアンフェ
3連単1頭軸流しマルチ
⑪→⑥⑦⑨

【船山陽司】
◎①トウショウピスト

【鈴木麻優(元岩手競馬騎手)】
◎⑥セイウンコウセイ

【熊崎晴香(SKE48)】
◎⑨シヴァージ
○⑥セイウンコウセイ
▲⑮クリノガウディー
△⑪ビアンフェ
△③メイショウグロッケ
△④ラヴィングアンサー

【皆藤愛子】
◎⑦ミスターメロディ

【高田秋】
◎⑪ビアンフェ

【目黒貴子】
◎⑦ミスターメロディ



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【馬人クローズアップ】藤懸貴志騎手 2020年9月11日(金) 04:54

 今週の『馬人』は、フェルトベルクとのコンビで産経賞セントウルSに挑む藤懸貴志騎手(27)=栗・フリー。前走で白星に導いた相棒とともに、重賞初制覇を狙っている。

 ◇

 悔しさをばねにつかんだ白星で、たどり着いた重賞の舞台。節目のデビュー10年目を迎えた藤懸騎手が、フェルトベルクとのコンビで産経賞セントウルSに挑む。

 「能力はあるんですけど、自分の形じゃないと走れない。もまれない形で運びたいです」

 自らの騎乗で手にしたチャンスをにすべく、力を込めた。初コンビの4走前・水無月Sで、14番人気ながら2着に導いた。だが、騎乗予定だった前々走の新潟日報賞で熱中症により乗り替わり…。「悔しさもそうですし、厩舎の方やオーナーさんなどに申し訳ない気持ちでした」。それでも、前走の佐世保Sで再び手綱を取ると、11頭立ての最低人気(単勝8070円)で差し切り。今回の重賞挑戦につながった。

 今年1月にデビューから所属していた平田厩舎を離れ、フリーに転向。「今は自分で乗りたい馬を優先して組んでいます。あとは結果だけですね」。今年はまだ3勝だが、自ら厳しい状況に身を置きつつ、新たな厩舎との縁が広がっている。

 昨年は、同期の森一騎手が障害リーディングを獲得。1つ後輩の長岡騎手が先月の小倉記念アールスター)で重賞初Vを飾ったことも刺激を受けた。「まだまだ僕にもチャンスがあるんじゃないかと思わされます」と笑みを浮かべる。

 「重賞を勝ちたいし、100勝(あと12勝)もしたい。乗せていただけることに感謝をして、アピールにしたいです」。自身25回目の重賞騎乗。注目度は低くとも、再びアッと驚かせる。(山口大輝)

 藤懸 貴志(ふじかけ・たかし) 1993(平成5)年2月25日生まれ、27歳。長野県出身。2011年3月5日に栗東・平田修厩舎からデビュー。同年8月20日の小倉6R(ハナカゲ)でJRA初勝利。今年1月にフリーに転向した。10日現在、JRA通算2853戦88勝。



産経賞セントウルSの出馬表はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【セントウルS】厩舎の話 2020年9月10日(木) 11:13

 キングハート・星野調教師「先週しっかりやったので坂路単走で。しまいは確実に脚を使う」

 クライムメジャー・渡辺調教師「ハミがかりが良すぎる。マイルより1200メートルのほうが合う」

 クリノガウディー・藤沢則調教師「左回りには実績があるし、走りやすい。この馬のリズムで」

 シヴァージ・野中調教師「前走は外々を回らされながらも脚を使ってくれた。展開が向けば」

 セイウンコウセイ・上原調教師「併せ馬で気合を乗せた。いい状態だし、中京は得意なので」

 タイセイアベニール・西村調教師「前走の敗因が分からないが、雨の影響か。展開が向けば」

 ダノンスマッシュ・安田隆調教師「前走は距離が長かった。左回りはいいし、この距離なら」

 トウショウピスト・土田調教師「動きはいい。かぶされず運びたい」

 トゥラヴェスーラ・高橋康調教師「前走はひと伸びがなかった。前向きさが出るように調整」

 ノーワン・笹田調教師「芝の6~7Fあたりで最も力を発揮できる」

 ビアンフェ・藤岡佑騎手「以前に比べて腰がしっかりしてきた。古馬相手でも期待している」

 フェルトベルク・荒川調教師「前走は流れがはまったが、今回も一発を」

 ミスターメロディ・藤原英調教師「春は段取りが悪かった。状態はいいし、中京芝6Fも合う」

 メイショウキョウジ・藤岡調教師「体調は変わりない。展開がはまれば」

 メイショウグロッケ・荒川調教師「状態はいいし、前走よりは動ける」

 ラヴィングアンサー石坂正調教師「動きが良く、上積みに期待したい」

 ラブカンプー・森田調教師「中京には実績がない。まだCBC賞のころの筋肉が戻っていない」

(夕刊フジ)



産経賞セントウルSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【セントウルS】追って一言 2020年9月10日(木) 04:53

 ◆キングハート・星野師 「先週しっかりやっているので。しまいは確実にいい脚。ゲートを五分に出られれば」

 ◆クライムメジャー・渡辺師 「前走よりいい感じ。1600メートルだと行ってしまうので、1200メートルの流れの方が合う」

 ◆クリノガウディー・森裕騎手 「いい感じでした。気持ちも入ってきたかな、と思います」

 ◆シヴァージ・野中師 「開幕週の馬場がどうかだけど、脚は確実に使う。コース替わりもプラスに働くだろうね」

 ◆セイウンコウセイ・上原師 「先週はまだ動きが重かったけど、併せ馬で気合が乗ってきた。雨も苦にしない」

 ◆タイセイアベニール・西村師 「前走の敗因がつかみ切れないけど、雨の影響もあったかも。展開がかみ合えば」

 ◆トウショウピスト・土田師 「相変わらず稽古の動きはいい。(他馬に)かぶされずに競馬ができれば」

 ◆トゥラヴェスーラ・高橋康師 「しまい重点で。前走はもうひと伸びがなかったので、気持ちの面で前向きさが出るように調整しています」

 ◆ノーワン・笹田師 「前走はダートの適性がなかったし、1200~1400メートルが一番力を発揮できる距離だと思う」

 ◆フェルトベルク・荒川師 「引き続きいい状態。前走は体調も良かったし、はまった。今回も狙いたい」

 ◆メイショウキョウジ・藤岡師 「中2週でも、体調に関しては変わらずいい。うまく展開などがはまれば」

 ◆メイショウグロッケ・荒川師 「動きは良かったです。上積みはあると思います」

 ◆ラヴィングアンサー石坂正師 「元気がいいから使う。動きは良かったよ。上積みはある」

 ◆ラブカンプー・森田師 「上積みはあまり感じない。中京に実績もないからね」

産経賞セントウルSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【産経賞セントウルステークス】特別登録馬 2020年9月6日() 17:30

[もっと見る]

⇒もっと見る

フェルトベルクの関連コラム

閲覧 1,718ビュー コメント 0 ナイス 2



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G2 産経賞 セントウルステークス 2020年09月13日(日) 中京芝1200m


<ピックアップデータ>

【前走の条件が“G1・G2のレース”以外だった馬の、前走の着順ならびに前走の1位入線馬とのタイム差別成績(2013年以降)】
○着順が1着、もしくは1位入線馬とのタイム差が0.4秒以内 [4-4-4-25](3着内率32.4%)
×着順が2着以下、かつ1位入線馬とのタイム差が0.5秒以上 [0-1-2-44](3着内率6.4%)

 前走の条件が“G1・G2のレース”だった馬は2013年以降[3-2-1-9](3着内率40.0%)とまずまず堅実。一方、前走が格の高いレースだった馬を除くと、大敗直後の馬は苦戦していました。臨戦過程を素直に評価すべきでしょう。

主な「○」該当馬→ビアンフェフェルトベルク
主な「×」該当馬→ジョーカナチャンダイメイプリンセスラブカンプー


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

○「“同年、かつJRA、かつ重賞のレース”において3着以内となった経験がある」馬は2013年以降[6-6-5-19](3着内率47.2%)
主な該当馬→ジョーカナチャンビアンフェラブカンプー

続きは、ウマニティ会員登録(無料会員)でご覧頂けます。
※限定公開期間終了後は、非会員の方もご覧頂けます。
続きを読む
登録済みの方はこちらからログイン

2019年7月25日(木) 14:15 くりーく
くりーくの中間調教チェック 2019アイビスサマーダッシュ
閲覧 1,142ビュー コメント 0 ナイス 4



こんにちは、くりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
今回も前走からの中間の調整内容(評価はA~F)を中心に各馬コメントをしていきたいと思います。


7月28日(日) 新潟11R 第19回アイビスサマーダッシュ(3歳以上G3・芝1000m)

【登録頭数21頭】(フルゲート18頭)


ラブカンプー(D)
今年の春は調教内容も動きも悪く、調子がイマイチだった。この中間は回復の兆しは感じられるが、昨年のような勢いはない。

ダイメイプリンセス(A)
昨年の勝ち馬で直線1000mは3戦3勝。この中間は坂路での時計が良くなってきており、得意の条件に向けて調子も上がってきている感じ。

カイザーメランジェ(C)
前走重賞勝ちも、6頭が除外となったレースでのもの。函館からの輸送もあり、マイナス材料は多い。

ナインテイルズ(C)
昨年3着馬。調教では速い時計の出る馬だが、この中間はこの馬にしてはやや時計がかかり気味で、物足りないところあり。

ビップライブリー(C)
前走時は坂路、CWでかなりの好時計が出ていて調子が良さそうだったものの、パドックではまだ馬体に余裕がある感じ。その意味で今回は、上積みがありそう。

ラインスピリット(B)
このレースへは2年連続出走していて6着、5着の成績。休み明けのCBC賞時は3週連続強めに追われていたが、終いの時計がかかっている印象で、パドックでも動きが硬く映った。この中間は、1週前に好時計が出ていて上積みを感じさせた。前走を使われての硬さが取れてくるようなら、好走も期待できる。

ライオンボス(C)
今年春の新潟では直線競馬2連勝、それまでの2勝もダート1000mでのもので、直線競馬と言うよりは1000m戦自体が向いているのかもしれない。前走後は、ここを目標に調整されているが、工事中のため南Wでの調教ができずPコースでの調整。もともとそれほど目立つ時計の出る馬ではないが、連勝中の勢いを感じるほどの内容でもない。

トウショウピスト(F)
栗東所属時はCWでは好時計が出ていても、坂路ではそれほど目立つ時計は出せていなかった馬。美浦転厩後は坂路中心に調教されてきているが、終いの時計がかかってしまっている。今回初の千直参戦となるが、このコースに向いているようなタイプではなさそう。

ミキノドラマー(D)
毎年出走したレースの半分以上が直線競馬というくらい、舞台経験豊富な一頭。休み明けのこの中間は、北Cコースでの追い切りということもあるとは思うが、物足りない調教内容。休み明けでの勝利もあるが、どちらかと言えば叩き2戦目の千直での好走のイメージが強い。

アルマエルナト(D)
5月の韋駄天S4着以来と直線競馬を待っての出走も、南Wコース工事中のため芝コースで追われての調整過程。普段南Wで好時計の出る馬がマークした内容としては今回の芝コースでの時計はかなり物足りなく、前走の走りは期待できない。

オールポッシブル(D)
近走は前に行ってもバッタリ止まってしまうレースが続いている。前走時は坂路でかなり良い時計が出ていたが、この中間は中1週とはいえ時計になるところを出しておらず調子が良いと言える感じはない。今回1000m戦も直線競馬も初めてだが、適性の前に調子が良くならないと厳しそう。

シベリアンスパーブ(B)
前々走、前走時と南W、坂路で好時計が出ていて、調子自体は悪くなさそう。この中間も、中1週でもレース翌週の火曜日から坂路で軽めに乗られていて、速い時計こそ出していないが疲れは感じさせない。最終追い切りで好時計が出るようなら注意したい。

レジーナフォルテ(B)
休み明けの春雷S時は、パドックでもかなり良く見えて2着に好走。2走前の新潟ではかなりイレ込んでいて、前走バーデンバーデンC時はパドックでお腹のあたりが緩く映った。ここ2戦は、そのあたりが影響していたかもしれない敗戦内容。ただ前走時は調教では好時計が出ており、叩かれての中1週で今回馬体が締り、最終追い切りで好時計が出ているようなら、ここ2年3着、4着と好走しているレースなので軽視はできない。

アンフィトリテ(F)
デビューから3連勝した馬だが、その後2度の長期休養を挟んでの2戦消化でここへ。ただ、調教時計も良化に乏しく、パドックでの歩様もぎこちない。今回中1週でのレースだが、まだまだ時間はかかりそう。

ショウナンアエラ(D)
この中間は栗東で調整されており、小倉の佐世保Sに出走する予定。ただこの間隔なら1週前に速い時計を出していても良さそうなところ、栗東坂路で軽めの調整なので、まだビッシリ追える状態にはないのかもしれない。

フェルトベルク(E)
3月から使い詰めできていて、前走時もこの中間も物足りない時計しか出ていない。状態面での不安あり。

ブロワ(E)
直線競馬には5回出走しているが8着が1回であとは2桁着順で、全て勝ち馬から0.8秒以上離されている状況。この中間も間隔が空いている割に、速い時計は1週前のPコースでの追い切り1本のみと少なく、ガラッと変わる感じはない。


<以下、抽選対象馬(1/2)>


カッパツハッチ(A)
今年4戦は好成績で、昨年の調教時計との比較でも今年は南W、坂路と好時計が出ていて調子がかなり良さそう。この中間も乗り込み豊富で、3週前から速い時計で追い切られている。勢い、状態と、今年のメンバーでは一番。

レッドラウダ(A)
直線競馬の常連と言っても良いくらい、このコースで多く走っている馬だが、かなりムラがある。ただこの中間は坂路で良い時計が多数みられていて、近走の中では最も良い状態で出走できるかもしれない。


<以下、除外対象馬>


ゲンキチハヤブサ(D)
長期休養明けの韋駄天Sでは初めての直線競馬で5着の好走。ただその後の2戦、この中間と目立つ時計は出ておらず、その時よりも良くなっている感じはない。

プッシュアゲン(F)
先週函館で出走して15着。出走するにしても北海道から新潟への輸送があり、普通に考えても移動するだけで疲れてしまう。



◇今回はアイビスサマーダッシュ編でした。今週からは札幌、新潟、小倉と3場すべて開催場が変わります。とりわけ新潟開催のひとつの魅力であり、今回のアイビスサマーダッシュの舞台でもある直線芝1000m戦に関しては、現在発売中の『競馬の天才!8月号』でも取り上げたように、私個人としても気合の入る条件。誌面では、限られたスペースの都合上調教面から狙える馬についてシンプルにまとめていますが、好走する馬たちの特徴などを掴んで頂ける内容になっているのではないかと思っていますので、ぜひ参考にしてもらえたらと思います。千直競馬は、新馬戦以外の2歳未勝利戦からG3アイビスサマーダッシュまで、1日1レース限定で様々な条件で行われていきますので、陸上の100m走を見るような感覚で、あの独特の雰囲気を楽しんで頂きたいと思っています。

それでは次回、札幌記念編でお会いしましょう。(^_-)-☆


アイビスサマーダッシュ出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。
※最終結論はレース当日のくりーくプロページでチェックしてください。

[もっと見る]

2017年4月2日() 14:55 覆面ドクター・英
桜花賞2017
閲覧 5,239ビュー コメント 0 ナイス 13

いよいよ桜花賞です。やはりクラシックは格別ですね。大阪杯終わったら当たった人も外れた人も切り替えて、一週間桜花賞の事をたっぷり考えて楽しみましょう。今年は牝馬のレベルがかなり高い(牡馬は低い)とされていて、持ったままの3連勝を飾った大物ファンディーナは牡馬相手の皐月賞へと矛先を向けましたが、フランケル産駒の2騎を含め楽しみなメンバーが揃いました。それでは恒例の全頭診断です。

1番人気想定 ソウルスターリング:注目のフランケル産駒で、暮れのG1勝ち含む無傷の4連勝でチューリップ賞でも強さ見せつけリスグラシューに完勝してきた。2歳女王としてファンディーナと決着つけるまで、こんなところでは負けられない。最有力の一頭。

2番人気想定 アドマイヤミヤビ:どんどん強さを増しての3連勝でクイーンCも完勝してきた。ハーツクライの繁殖牝馬レベル高かった世代の一頭で距離延びてもよく今年のクラシック戦線で主役級の一頭。

3番人気想定 リスグラシュー:私自身それほど高評価していなかったのだが阪神JFでも「負けて強し」的な事を言われ世間的には高評価されていたが、チューリップ賞での完敗をみても馬体も小さく、成長それほどでもなく危険な人気馬では。一戦だけではまだ評価さほど下がらないだろうから消して妙味か。

4番人気想定 ミスエルテ:期待のフランケル産駒のもう一方だが牡馬相手の朝日杯にぶつけるも、気難しさを出して4着とイマイチな結果。ポテンシャル高く巻き返しておかしくないのだろうが「気難しい馬と川田騎手」という組み合わせはダメそうで思い切って消しもありかとも思うが一応大人の対応でヒモに。

5番人気想定 レーヌミノル:フィリーズRでは1400でも距離長いというようなハイペース追いかけて大斜行しての早め先頭で差されるという最悪騎乗で浜中騎手から池添騎手へのスイッチとなったが阪神マイルで末脚比べとは違った適性の馬で、本番より前哨戦に全力投球だったのに取りこぼした状況で、ここは消し。

6番人気想定 ヴゼットジョリーローエングリンの評価が上がって繁殖牝馬いい馬が揃った世代で新潟2歳Sの覇者でもあるが、成長いまひとつのようで、ここでは足りない。

その他の馬

アエロリット:3戦連続2着でここ2戦は重賞での2着と勝ち切れないまでも強い馬に食らいついていける一頭でヒモには入れたい。

アロンザモナ:血統的には距離もっておかしくないのだろうが伸び負けた前走からもここでは足りなく先々ダート戦線で活躍するタイプか。

カラクレナイ:フィリーズRはミルコの好騎乗もありずばっと差し切って3連勝を飾ったがレースレベル自体が高くなく、田辺騎手×ローエングリン産駒というのは一発ありそうな組み合わせではあるがここでは苦しいのでは。

カリビアンゴールド:新馬勝ちの後に3戦まずい騎乗などで足踏みしていたがシュタルケ騎手で鋭い末脚繰り出した前走。ダーレー軍団の馬は母系がかなりしっかりした馬で、育成自体は社台軍団ほどでないので少し遅れて上昇してくる事あり、ヒモに加えたい穴で期待の一頭。

カワキタエンカ:チューリップ賞で5着に負けた後に低レベルな500万下を逃げ切り勝ちをしてきたが力が足りない。

ゴールドケープ:フィリーズRでは、最後方から末脚伸ばして3着したがワークフォース産駒は全般にスピードが足りなすぎる。

サロニカ:エルフィンSは、逃げの嫌いな福永騎手での逃げ切りだったが低レベルなレースで、力が足りない。

ショーウェイ:11月のファンタジーSではミスエルテ相手に人気薄で、よく逃げ粘ったがこのレースは逃げ粘りタイプは向かないしスケール的にも厳しい。

ジューヌエコール:デイリー杯2歳Sの覇者だがその後の成長いまひとつで、前走は浜中騎手の斜行の被害のせいだとまだ人気になるようなら消して妙味。

スズカゼディープブリランテ産駒の得意な1400Mで今後出番あるのでは。ここでは要らない。

ディアドラ:ハービンジャー産駒らしく末脚甘くて相手が強くても弱くても惜敗するのだが、ローカル2000Mくらいで今後出番では。ここは要らない。

ハローユニコーン:未勝利を1800Mで勝っているように距離延びて良さもっと出てくるのかもしれないが、ここでは力不足。

フェルトベルク:デビュー戦を勝っただけで以後さっぱりで賞金的にはじかれるのだろうが要らない。

ベルカプリ:人気薄で逃げて最後差し返す粘りでオープンに上がってきたがフィリーズRで惨敗しており、ノーチャンスだろう。

ミスパンテール:夏の札幌以来のチューリップ賞でいきなり2着して権利ゲットした、チューリップ賞ではメンバー最速の末脚を見せていて遅れてきた大物の可能性有る馬で更なる上積みもありそう。ヒモには是非入れたい一頭。

ライジングリーズン:4戦3勝と素晴らしい成績だが、さすが岡田さんの馬、というようなレース選択が絶妙で弱い相手にきっちり結果出してきたが、ここで通用する力は無い。


<まとめ>
有力~ソウルスターリングアドマイヤミヤビ

ヒモ~ミスパンテールアエロリットカリビアンゴールド(穴で期待)、ミスエルテ

人気で評価下げたい重賞勝ち馬~リスグラシューレーヌミノルヴゼットジョリーライジングリーズン

[もっと見る]

2016年12月15日(木) 16:50 競馬プロ予想MAX
先週の回顧~(12/10~12/11)マカロニスタンダーズプロが勝負レース的中連発で回収率トップ!
閲覧 1,042ビュー コメント 0 ナイス 4

先週は11(日)に阪神競馬場でG1阪神ジュベナイルフィリーズが行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G1阪神ジュベナイルフィリーズは1番人気がソウルスターリングで2.8倍、2番人気がリスグラシューで3.0倍、続いてレーヌミノル6.9倍、ジューヌエコール8.0倍とここまでが10倍を切る形で人気を形成しました。
 
注目のスタートはエムオービーナス、人気のリスグラシューがやや立ち遅れる中、アリンナが単独先頭に立ってレースを引っ張ります。2番手にショーウェイ、3番手にゴールドケープ、続いてソウルスターリングレーヌミノルジューヌエコールスズカゼと追走して先行集団を形成。中団から後方は馬群が固まってディーパワンサジャストザマリンクインズサリナブラックオニキスシグルーンポンポンヴゼットジョリーエムオービーナスリスグラシューフェルトベルクと続いて最後方にサトノアリシアの態勢。
 
先頭を行くアリンナが刻んだペースは前半600m通過が34秒7(参考)の平均的な流れ。各馬折り合いに専念して直線勝負!
 
先頭はアリンナでリードは2馬身、2番手グループは内からソウルスターリングショーウェイゴールドケープが追走、その後ろはズラッと横に広がって最内からジューヌエコール、馬場の真ん中からレーヌミノル、大外からはリスグラシューも追い出しにかかります!
 
残り200mを通過、ここで逃げるアリンナを抜き去った1番人気のソウルスターリングが先頭!2番手に懸命に粘るアリンナ、その後ろからディーパワンサレーヌミノル、大外からはリスグラシューも豪快なストライドで差を詰めてきます!
 
残り100mを通過、完全に抜け出したソウルスターリングは余裕の手応えでリードは2馬身!ゴール前、レーヌミノルを交わしたリスグラシューがグングン差を詰めてきますが、時すでに遅し!ソウルスターリングが好位抜け出しの横綱競馬で初G1制覇を飾りました!
勝ちタイムは1分34秒0(良)。1馬身1/4差の2着にリスグラシュー、そこから1馬身3/4差の3着にレーヌミノルが入っています。
 
公認プロ予想家では覆面ドクター・英プロほか13名が的中させています!
 
 
------------------------------------------------------------------------------
  
☆☆☆注目プロ →マカロニスタンダーズプロ
10(土)中山9Rで単勝44.1倍の伏兵◎ショウナンマルシェの単複を仕留め、14万4200円を払い戻し!さらに10(土)中山11R(◎セカンドテーブル)、中京10R(◎マイネルフレスコ)、11(日)中山10R(◎マイネオーラム)、中京6R(◎ディナスティーア)と勝負レースを次々と的中させました!週末トータル回収率151%、収支プラス20万4200円をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →シムーンプロ
11(日)中山9Rで『スピード感抜群。鞍上強化で上手く制御して終いに繋がれば。』と狙った単勝71.2倍の◎ラッシュアウトが見事1着!単複に加え、馬連337.4倍、3複675.4倍などを仕留め、16万5900円を払い戻しました!週末トータル回収率135%、収支プラス6万3390円をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →くりーくプロ
勝負レースに指定した11(日)中京5Rの新馬戦で『評価A:大型馬だが乗り込み豊富で時計も出ていて仕上がり良さそう』と本命に推した◎テイエムグルービー(22.6倍)からの3複67.1倍、ワイド29.6倍などを仕留めました!10(土)中山9Rでも『中間好時計を連発して今週の追いきりもズバ抜けた時計が出ています。』と狙った◎ショウナンマルシェの単勝44.1倍、複勝7.0倍を仕留めました。週末トータル回収率116%をマークしています。
 
 
この他にもおかべ育成プロ(132%)、ろいすプロ(110%)、山崎エリカプロ(109%)、☆まんでがんプロ(105%)が週末トータル回収率100%超えの活躍を見せています。
 
※全レースの結果速報はこちら

今週もウマニティ競馬プロ予想MAXにご期待ください!

[もっと見る]

フェルトベルクの口コミ


口コミ一覧
閲覧 129ビュー コメント 0 ナイス 9

<馬場状態>

雨が降り続いています。

芝コース含水率
ゴール前:(金)19.0 (土)20.5
4コーナー:(金)17.6 (土)19.5

芝コースクッション値:(金)8.5 (土)7.0
7.0:やや軟らかめ らしい。

【馬場ポイント】
開幕週の絶好の馬場なのに、不良馬場
滑る馬場で、直線で良い脚が殺がれるので、狙いは4角で前に位置する馬。

<展開>

1
6
3.5.9

2.4.7.8.10

<馬券>

ピンクカメハメハ:★
4角で先頭は、この馬
不良馬場を味方に粘り込む。
穴は、この馬!!

スペシャルトーク:◎ 〇
前走は、2歳未勝利ながらラスト2F:12.4-12.5と垂れる流れを、
キッチリ差し切った脚は、不良馬場でも可能性を感じる、
不良馬場名人、ミルコ デムーロJへの乗り替りも大きな上積み。

ジャンカズマ:▲
大きく負けたが、メイクデビュー阪神 2着が魅力有り。

△:5.6.7.8.9

「夕刊フジ杯オパールステークスリステッド」も少々

<馬場状態>

京都も不良馬場
芝コースクッション値:(金)7.8 (土)7.2

<馬券>

Hペースだが、後ろも脚を消耗して、不良馬場に決め脚が殺がれると読む。
前に行ける組から、不良馬場で踏ん張る馬を馬券にする。

イエローマリンバ :★

アスタールビー:◎

ヤマカツマーメイド:〇

レジェーロ:▲

フェルトベルク:△

 回収率予報官 2020年10月10日() 10:15
【回収率予報】買ってはいけない 2020-10-10(土) サウジア...
閲覧 137ビュー コメント 0 ナイス 4

おはようございます。回収率予報官です。
「買ってはいけない」をお知らせします。
予測回収率が低い馬ですので、馬券購入の際には避けることをおすすめします。

予測回収率が高い馬は「予想コロシアム」の「一言コメント」に記載しています。

《メインレース》

■新潟11R 芝2000m 3歳上2勝クラス 15:25 魚沼特別
 10 50% ・ 33.3倍(10) サブライムカイザー

■京都11R 芝1200m 3歳上オープン 15:35 夕刊フジ杯オパールS
 *1 60% ・ 23.1倍(15) タマモメイトウ
 *4 60% ・ 29.0倍(16) トウショウピスト
 *5 60% ・ 20.4倍(12) アリンナ
 *9 50% ・ 20.6倍(13) イエローマリンバ
 10 60% ・ 58.5倍(18) メイソンジュニア
 12 50% ・ 33.7倍(17) フェルトベルク
 15 60% ・ 16.8倍(9) エイシンデネブ
 16 60% ・ 17.4倍(10) レジェーロ
 18 50% ・ 19.9倍(11) エレナアヴァンティ

■東京11R 芝1600m 2歳オープン 15:45 [G3]サウジアラビアRC
 *7 60% ・ 9.2倍(4) ダディーズビビッド
 10 60% ・ 27.6倍(8) カガフラッシュ

《単勝オッズ6.0以下で予測回収率60%以下》

京都 02R *7 60% ▲ 3.6倍(1) ビクトリアバローズ
京都 07R *8 60% △ 3.6倍(2) キラープレゼンス


表は左から、レース、馬番、予測回収率、印、単勝オッズ、人気順、馬名、です。
◎印は回収率とは関係なく、1着の確率が最も高いと思われる馬です。
オッズはデータ作成時点のものです。

※回収率予報には他にも使える情報がたくさん
 【回収率予報】メインサイト
 https://note.com/hrrf

[もっと見る]

 ForeignerX 2020年9月12日() 23:15
2020/09/13(日) 京成杯AH・セントウルS・2歳戦の調教で気に...
閲覧 229ビュー コメント 0 ナイス 7

中山11R 京成杯オータムハンデ

スマイルカナ

万全としか言いようがない調整過程で。


中京11R セントウルステークス

フェルトベルク

いつも通りのポリトラック調整で、終い11.4はかなりの良化。
本当に状態が良さそうで、一発を警戒したい。


中山1R 2歳未勝利

カンタベリーマッハ

そもそも調教では動きまくってるのでもうちょっと走っていいだろ感はある。


中山2R 2歳未勝利

グアドループ

ウッド調教でデビュー前から全体的に高水準。


中山3R 2歳新馬

ブルーガーデニア

ウッド調教が一貫して高水準。


中山5R 2歳新馬

ゴスホーククレスト

芝追切でも軽く流して終い34.1-11.5はなかなかスピードがありそう。


中京2R 2歳未勝利

レイニーデイ

そろそろ走ってくれないだろうか・・・。
毎回毎回調教では終いがキレッキレだが実戦ではキレ負けする。ダート替わりで。


中京3R 2歳未勝利

チカリヨン

ダノンシュネラ組で極めて調教が良かった4頭のうちの1頭(他はフォティノース、アルムファーツリー、インフィオラータ)。


中京4R 2歳新馬

ビーアイフェリペ

2週続けて坂路で全体時計は51秒台、終いも共に11.9と相当な大物感がある。
枠が余ってたらPOGで指名したかった。


中京5R 2歳新馬

モンテディオ

栗東Cウッドで7分目を通って終い37.0-11.7は、新馬と考えればかなり速い。

[もっと見る]

⇒もっと見る

フェルトベルクの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

フェルトベルクの写真

フェルトベルク

フェルトベルクの厩舎情報 VIP

2020年10月10日夕刊フジ杯オパールS (L)10着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

フェルトベルクの取材メモ VIP

2020年9月13日 産経賞セントウルS G2 15着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。