サヤカチャン(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
サヤカチャン
サヤカチャン
写真一覧
現役 牝4 鹿毛 2015年4月29日生
調教師田所秀孝(栗東)
馬主瀬谷 隆雄
生産者棚川 光男
生産地新ひだか町
戦績24戦[1-4-0-19]
総賞金3,331万円
収得賞金1,000万円
英字表記Sayakachan
血統 リーチザクラウン
血統 ][ 産駒 ]
スペシャルウィーク
クラウンピース
アップルトウショウ
血統 ][ 産駒 ]
アンバーシヤダイ
ダーリントウショウ
兄弟 ニシノアップルパイトウショウレリーフ
前走 2019/08/04 驀進特別
次走予定

サヤカチャンの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
19/08/04 新潟 10 驀進特別 2勝クラス 芝1000 1871310.254** 牝4 55.0 吉田隼人田所秀孝470(-2)0.54.6 0.332.3--サラドリーム
19/07/14 中京 10 フィリピンT 2勝クラス 芝1200 107714.172** 牝4 55.0 西村淳也田所秀孝472(-4)1.08.4 0.034.3④④フェルトベルク
19/06/23 阪神 9 皆生特別 2勝クラス 芝1200 125528.287** 牝4 52.0 高倉稜田所秀孝476(+8)1.09.7 0.834.8⑧⑧シャンデリアムーン
19/03/23 阪神 10 天神橋特別 1000万下 芝1600 1281232.2811** 牝4 52.0 高倉稜田所秀孝468(+2)1.35.0 1.735.0⑧⑨エアアルマス
19/03/03 小倉 11 太宰府特別 1000万下 芝1800 154621.598** 牝4 55.0 西村淳也田所秀孝466(+8)1.51.8 1.037.8⑤⑤⑤⑦カレンシリエージョ
19/02/10 京都 12 4歳以上1000万下 芝1400 1381245.9116** 牝4 55.0 高倉稜田所秀孝458(-2)1.22.9 0.633.9⑫⑪ライトオンキュー
19/01/27 京都 12 4歳以上1000万下 ダ1400 11448.8411** 牝4 54.0 高倉稜田所秀孝460(0)1.27.3 2.038.7ヌーディーカラー
19/01/12 京都 10 北大路特別 1000万下 芝1800 1381338.7811** 牝4 54.0 高倉稜田所秀孝460(+12)1.49.5 1.537.3シャンティローザ
18/10/14 京都 11 秋華賞 G1 芝2000 18817290.11617** 牝3 55.0 高倉稜田所秀孝448(+4)2.02.0 3.537.6⑤⑤⑥⑧アーモンドアイ
18/09/22 阪神 10 夕月特別 1000万下 芝1800 135744.7115** 牝3 52.0 高倉稜田所秀孝444(-10)1.46.8 0.334.5メサルティム
18/09/01 札幌 12 日高特別 1000万下 芝2000 164725.2715** 牝3 52.0 松岡正海田所秀孝454(0)2.06.6 3.040.2カリビアンゴールド
18/05/20 東京 11 優駿牝馬 G1 芝2400 18612262.51416** 牝3 55.0 松岡正海田所秀孝454(0)2.26.5 2.737.6アーモンドアイ
18/04/29 東京 11 スイートピー OP 芝1800 114440.996** 牝3 54.0 西村淳也田所秀孝454(-4)1.48.2 0.534.7ランドネ
18/04/08 阪神 9 忘れな草賞 OP 芝2000 145761.71114** 牝3 54.0 幸英明田所秀孝458(-4)2.03.0 2.540.4オールフォーラヴ
18/03/03 阪神 11 チューリップ G2 芝1600 107776.9710** 牝3 54.0 松田大作田所秀孝462(-4)1.35.9 2.536.4ラッキーライラック
18/02/03 京都 10 エルフィンS OP 芝1600 125617.5711** 牝3 54.0 幸英明田所秀孝466(-2)1.38.0 2.438.5レッドサクヤ
18/01/07 中山 11 フェアリーS G3 芝1600 16118.4512** 牝3 54.0 松岡正海田所秀孝468(+2)1.35.9 1.335.6⑤⑪⑩プリモシーン
17/12/10 阪神 11 阪神JF G1 芝1600 181124.7814** 牝2 54.0 松岡正海田所秀孝466(+12)1.35.8 1.535.3⑥⑤ラッキーライラック
17/10/28 東京 11 アルテミスS G3 芝1600 1546108.5132** 牝2 54.0 松岡正海田所秀孝454(-2)1.35.0 0.135.2ラッキーライラック
17/10/08 京都 9 りんどう賞 500万下 芝1400 84413.255** 牝2 54.0 坂井瑠星田所秀孝456(+6)1.22.0 0.334.8マドモアゼル

⇒もっと見る


サヤカチャンの関連ニュース

 ◆池添騎手(サラキア4着) 「ゲートは今までで一番うまく出てくれました。道中もいい感じと思いましたが、ちょっと苦しくなって内にモタれた」

 ◆秋山騎手(ラテュロス5着) 「今までで一番の状態でした。よく頑張って走ってくれましたよ」

 ◆戸崎騎手(ランドネ6着) 「前の2頭が速く、その後ろからリズムよく運べました。力をつけていますよ」

 ◆北村宏騎手(プリモシーン7着) 「前回からパワーアップしていましたが、後ろ過ぎたのが…。最後まで伸び続けたのですが」

 ◆横山典騎手(ゴージャスランチ8着) 「(本格化に)時間がかかると思っている馬。そういうなかで、よく走っているよ」

 ◆浜中騎手(サトノガーネット10着) 「まだ良くなる余地のある馬。素質は感じました」

 ◆藤岡佑騎手(トーセンブレス11着) 「最後、突き抜けかけて伸びなかったのは距離ですかね」

 ◆柴田善騎手(パイオニアバイオ12着) 「全くハミを取らなかった。気が向かなかったのかな」

 ◆M・デムーロ騎手(ダンサール13着) 「全く走らなかったし、すぐ止まってしまった。枠順もきつかった」

 ◆幸騎手(オールフォーラヴ14着) 「折り合いはつきましたが、伸び切れなかったですね」

 ◆大野騎手(ハーレムライン15着) 「勝負どころで一杯に。これから力をつけてくれれば」

 ◆川須騎手(オスカールビー16着) 「GIの雰囲気にのまれず、よく頑張ってくれましたよ」

 ◆高倉騎手(サヤカチャン17着) 「枠順が厳しく、追走に一杯でした」



★14日京都11R「秋華賞」の着順&払戻金はこちら

【U指数的分析の結論!】秋華賞 能力通りに決まりやすいレース!上位+中位+下位のフォーメーションが面白い!2018年10月14日() 09:28

G1開催週に公開されるコラム「U指数的分析」の内容をもとに、ピックアップした条件に合致する馬や買い目を提示しました。予想の際にお役立てください。

※2012年以降の結果をもとに検証



<ポイント①>
大荒れになる年もあるが、基本的に能力通りに決まりやすいレースで、指数下位の出番はほとんどない。U指数11位以下は、【0.0.2.46】。

U指数11位以下

ラテュロス
ランドネ
パイオニアバイオ
トーセンブレス
サトノガーネット
ハーレムライン
サヤカチャン

<ポイント②>
U指数上位の人気馬の信頼度は高く、過去6年は指数91.0以上かつ3番人気以内の馬が勝利している。該当馬の成績は、【6.3.0.8】。単勝回収率は189.4%

指数91.0以上かつ3番人気以内
※8時30分現在の1~3番人気、かつ指数91.0以上

カンタービレ
ラッキーライラック
アーモンドアイ

<ポイント③>
U指数1~10位を3つにエリア分けすると、上位・中位・下位それぞれのエリアから1頭ずつ馬券に絡むという決着構図が多い。指数1~3位+同4~7位+同8~10位という組み合わせの3連複フォーメーションを購入した際の回収率は220.6%(6回中4回的中)

指数1~3位+同4~7位+同8~10位という組み合わせの3連複フォーメーションの買い目

⑤⑪⑯+②⑦⑬⑭+⑩⑫⑱



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【斬って捨てる!】秋華賞 前走6着以下敗退馬の巻き返しは困難!前走ローズS組以外の穴は期待薄!2018年10月14日() 09:18

ウマニティの重賞攻略ページに掲載されている「データ分析」の内容や、秋華賞の近年の結果をもとに、凡走パターンに合致する馬をピックアップするものです。予想の際にお役立てください。




【全般】
オークスから直行馬の複勝圏内は皆無(2007年以降)

ラッキーライラック
アーモンドアイ

前走でローズSに出走していた重賞勝ち経験のある馬を除くと、前走6着以下敗退馬の連対例はゼロ(2008年以降)

トーセンブレス
オールフォーラヴ

前走で1800m未満のレースに出走していた馬の好走例は皆無(2008年以降)

プリモシーン

前走500万下条件組の連対例はなし(2008年以降)

サトノガーネット
オスカールビー
ダンサール

前走が6~9着の中途半端な着順に留まっていた馬の連対例はゼロ(2008年以降)

オールフォーラヴ

【人気】
前走で非重賞戦に出走、かつ当日4番人気以下の連対例は皆無(2008年以降)
※8時30分現在の4番人気以下、かつ前走非重賞戦組

サトノガーネット
オスカールビー
ミッキーチャーム
サヤカチャン
ダンサール

前走ローズS組を除くと、6番人気以下の連対例はゼロ(2008年以降)
※8時30分現在の6番人気以下、かつ前走ローズS組以外

ランドネ
パイオニアバイオ
サトノガーネット
オスカールビー
ハーレムライン
プリモシーン
サヤカチャン
ダンサール

前走でG3より下のクラスに出走し、そのレースで4番人気以下だった馬の連対例は見られない(2008年以降)

ランドネ
パイオニアバイオ
ハーレムライン
サヤカチャン

【脚質】
前走の4角通過順が10番手以降、かつ前走4着以下敗退馬の好走例は皆無(2008年以降)

パイオニアバイオ

【枠順】
馬番枠でみると8番、11番、17番の好走例は皆無(2008年以降)

トーセンブレス
アーモンドアイ
サヤカチャン

【血統】
4番人気以下のディープインパクト産駒の好走例はゼロ(2012年以降)
※8時30分現在の4番人気以下、かつディープインパクト産駒

ラテュロス
サラキア
トーセンブレス
サトノガーネット
オールフォーラヴ
ミッキーチャーム
プリモシーン


【上記の凡走パターンに合致しなかった馬(連軸候補)】
カンタービレ
ゴージャスランチ



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【秋華賞】最新ナマ情報2018年10月14日() 05:05

◆あとは舞台適性〔1〕ラテュロス

 坂路で4ハロン77秒5をマーク。ゆったりしたキャンターで息を整えた。高野調教師は「前回と同じくらいの体重で出走できると思います。雰囲気はいいですし、態勢は万全です。あとはコース適性があれば」と語った。

◆希望通りの内枠〔4〕ランドネ

 坂路でラスト1ハロン14秒1(4ハロン57秒7)と軽く伸ばされた。「番手でも競馬ができますし、スムーズな形で先行できれば。枠は希望通りの内めでしたし、状態もいいので」と辻野助手は胸を張る。

◆陣営「力出せる」〔8〕トーセンブレス

 渋滞もなく、午後0時46分に到着した。田辺厩務員は「何度も(関西には)来ているし、慣れていますね。落ち着きもあるし、力を出せそう。しまいにかける競馬で頑張ってほしい」とイメージする。

◆末脚生かせれば〔9〕サトノガーネット

 最終調整は厩舎周りの運動のみ。中1週の競馬になるが馬体減りはなさそうだ。「ペースが流れてくれればいいですね。この馬に向く展開になるようなら」と安藤助手は末脚の生きるレースを願う。

◆調整効果出れば〔10〕オールフォーラヴ

 坂路でしまいを伸ばす調整。ラスト1ハロン13秒6(4ハロン63秒4)のタイムをマークした。中内田調教師は「前回と同じように折り合いがつくように調整してきました。その効果が出るようなら」と前進に期待する。

◆仕上がりは順調〔12〕オスカールビー

 坂路をキャンター(4ハロン64秒4)で駆け抜け、最終調整を終えた。安藤助手は「順調ですね。前回はマイペースで運べたのが大きかったです。スムーズな立ち回りができれば」と期待を込めた。

◆体も大きく成長〔16〕プリモシーン

 金曜日に輸送し、レース前日は軽めの運動と装鞍所のスクーリングを行った。楠助手は「もともとあまり環境の変化に強くないので早めに来ましたが、明日までに慣れてくれれば。夏頃から本当に成長して、体も大きくなりました。ペースが流れれば、距離も問題ありません」と期待を寄せる。

◆陣営善戦を願う〔17〕サヤカチャン

 角馬場で体をほぐし、Bコースで軽めの周回。「前回で控える競馬をしたことは評価できる。何が何でもハナに行く気持ちはないよ。頑張ってほしいね」と田所調教師は善戦を願っていた。

◆ムードは上々!!〔2〕カンタービレ

 坂路で4ハロン62秒0-15秒1をマークして軽く汗を流した。ムードは上々だ。「追い切った後も変わらずにきましたし、落ち着いているのがいいですね。枠もいいので、いいレースを期待です」と辻野助手はうなずいた。

◆条件かみ合えば〔5〕サラキア

 CWコースでキャンター調整。最終追い切り後も順調にメニューを消化している。「ここまで順調にきました。末脚は持っているので、展開を含め、すべてがうまくかみ合うようなら」と池添学調教師は期待している。

◆状態リラックス〔6〕パイオニアバイオ

 木曜日に到着した。土曜日はパドック、装鞍所などスクーリングを行って決戦に備えた。伊藤厩務員は「なるべく現地に慣れてもらうために、(通常より)2日前に入りました。昨日と比べても、だいぶリラックスしていますね」と好ムードを伝えた。

◆乗り替わりOK〔7〕ラッキーライラック

 坂路で4ハロン64秒3。力感あふれるキャンターだった。「馬の雰囲気はいいですね。乗り替わりになりますが、乗り難しい馬ではないので大丈夫でしょう」と松永幹調教師は確かな口調で伝えた。

[もっと見る]

【血統アナリシス】秋華賞 春の女王にマイナス要素は皆無! ディープインパクト×ドイツ牝系配合のアノ馬はいかにも秋華賞向き! 2018年10月13日() 16:15

日曜日に行われる秋華賞の出走馬について、血統的な舞台適性の有無を1頭ずつシンプルに考察していきます。 予想の際にお役立てください。





ラテュロス
ディープインパクト×ヴァイスリージェント系の組み合わせは、2014年の優勝馬ショウナンパンドラと同じ。ただし、本馬は母父と母母父の血脈が強く反映されているせいか、タメの利かないワンペース型に仕上がっている。よって、揉まれると案外のケースも少なくない。その点を踏まえると、阪神外回り→京都内回りのコース替わりは不安材料。相手強化のG1となればなおさらだ。今回の舞台ではプラス要素を見出せない。

カンタービレ
ディープインパクト×ガリレオという、日本と英・愛のチャンピオンサイアー同士の配合馬。欧州型の血で固められた母系をみるに、スピードの持続力とスタミナに優れた中距離馬と言えよう。直線急坂コースの重賞を2回制しているように、タフな競馬質でこそ力を発揮するタイプ。それだけに速い上がりの時計勝負になった場合の危うさはある。勝ち負けに加わるには、適度に上がりを要する展開、あるいは馬場が望ましい。

スカーレットカラー
スタミナとスピードの持続力に優れたヴィクトワールピサに、パワーとスピードを兼備したミスプロ系のウォーエンブレムを組み合わせることで、好バランスの総合力を実現している本馬。視点を変えると、コレといった特長に欠けるため、根幹距離のG1では、パンチが足りない印象。爆発力のある母父の血脈が活性化するようであれば面白いが……。その気配が窺えない現状では期待薄とみる。

ランドネ
父はBCクラシックで、稀代の名牝ゼニヤッタから大金星を挙げたブレイム。ゆえに、勝負強さについては文句なし。4回京都開催において、ブレイムが属するロベルト系の奮闘が目立つ点も好感が持てる。半面、母父であるエーピーインディの当該コースにおける成績が芳しくない点は気がかり。そもそも、額面上の血統構成はダートの中距離型。今回の舞台で持ち味を活かすためには、自身から早めに動いて我慢比べに持ち込むしかない。

サラキア
サンデーサイレンス系×ニジンスキー系の組み合わせは、2009年の勝ち馬レッドディザイアと同様。本馬の場合は、父がディープインパクトで速い上がりの瞬発力勝負にも対応可能なタイプに仕上がっている。重厚なドイツ血脈で固められている母系をみるに、牝馬同士のレースであればタフな競馬質になっても不安はない。いかにも秋華賞向きのバランスのとれた血統構成だ。

パイオニアバイオ
ルーラーシップ産駒は当該コースと好相性。母は2010年の2着馬アニメイトバイオで、本馬が高い舞台適性を秘めていることは疑いようがない。母の半弟レインボーラインが今春の天皇賞を制しているように、母系の活力も十分すぎるほど。父キングマンボ系の特長を存分に活かせる持続力勝負になれば、上位進出のチャンスはある。

ラッキーライラック
父はクラシック3冠を含むG1 6勝のオルフェーヴル。米G1勝ち馬の母、一族にミッキーアイルアエロリットなどを擁する牝系についても申し分がない。スピードの持続力と機動力に優れたタイプで、京都内回りは歓迎のクチだろう。半面、北米血統が色濃く反映された母系ゆえに、粘り強さを要求されると案外の可能性もある。コース替わりをストレートに評価しての、連下扱いまでが正解ではないか。

トーセンブレス
ディープインパクト×大系統ノーザンダンサー系の組み合わせは秋華賞の活躍配合のひとつ。一方で、一族からG1級の大物が出現していない点は気がかり。このあたりが、本馬の勝ち味の遅い要因ではないだろうか。また、パワー型のノーザンダンサー系を丹念に重ねている母系をみるに、阪神→京都の舞台替わりが好材料とは言い難い。条件面の上積みに乏しく、今回は様子見が妥当だろう。

サトノガーネット
瞬発力型のディープインパクトを父に持つ一方、母父は持続力型のフェアリーキング系。そのうえ、ノーザンダンサーの多重クロスとリファールのクロスを内包と、やや持続力&スタミナに偏りがちな血統構成。ゆえに、瞬発力勝負ではパンチが足りない印象。持ち味を発揮するためには、上がりを要する競馬、あるいは自身から動くなど、思い切った策が不可欠となる。

オールフォーラヴ
父のディープインパクトと母父のキングカメハメハは、ともに当舞台で多数の活躍馬を輩出しているだけに、本馬も相応の適性を持ち合わせているものと考えられる。一方、母系については、アベレージヒッターの印象が強く、芝G1ではパンチ力に欠けると言わざるを得ない。相手強化で巻き返しが利きづらい父の特徴を鑑みると、G2大敗→G1の臨戦過程も不安材料。積極的には手を出しづらい。

アーモンドアイ
父は現役時に最優秀短距離馬に選出されたロードカナロア。近親の活躍馬を見ると、パワーとスピードの持続力に長けたマイラータイプが多い。そのあたりを鑑みると、芝2400mから芝2000mへの距離短縮は好材料。セックスアピールやスペシャルという名牝の血が強調された母系のポテンシャルについても文句なし。父キングマンボ系の当レースにおける相性も良く、血統面のマイナス要素は皆無に等しい。

オスカールビー
ハーツクライ×ネイティヴダンサー系(ミスプロ系を含む)の組み合わせは、2017年2着のリスグラシュー、2011年2着のキョウワジャンヌと同じ。その点だけを踏まえると、このメンバーでも見劣りはしない。半面、母系の血脈は現在の潮流から少し外れる印象。近親もインパクトを欠き、根幹G1では底力ならびに活力不足。強調できるポイントは少なく、今回は厳しい戦いになるのではないか。

ミッキーチャーム
過去6年で4頭の秋華賞勝ち馬を送り出している父のディープインパクトについては文句なし。母父のダンシリは種牡馬としてハービンジャー(昨年の1着馬ディアドラの父)を輩出。ダンシリの父デインヒルは、2002年の勝ち馬ファインモーションを送り出している。ゆえに、秋華賞における縁という点では見劣りしない。短距離指向の強い母ではあるが、京都内回り2000mなら対応可能とみる。軽視は禁物の1頭と言えよう。

ゴージャスランチ
マンハッタンカフェは産駒として、2009年の勝ち馬レッドディザイア、2015年の2着馬クイーンズリングを輩出。母系をみると、祖母に仏G1ヴェルメイユ賞の勝ち馬を持つなど、一族の活躍馬はフランスを核とした欧州中心。タフなレース質になりがちな、当レースの傾向を鑑みると、父系、母系ともに悪くない血統背景の持ち主だ。長所を最大限に活かせる持久力勝負になれば、浮上の目は十分にある。

ハーレムライン
マンハッタンカフェ×グルームダンサーという、スタミナとパワーが強調された配合。ゆえに、速い上がりや瞬発力を求められる競馬ではひと押しを欠く。ただし、一族からマイルCSの勝ち馬トウカイポイントが出ているように、決してG1で足りない血統構成ではない。持ち味である持久力と、大舞台に強いリボーの血脈(父母父)がうまく噛み合うようなら、連下争いに加わってきても不思議はない。

プリモシーン
秋華賞で実績十分のディープインパクト産駒。母は豪G1を4勝した女傑で、近親にも香港マイルの勝ち馬など、多数の活躍馬が並んでいる。スピード、パワー、底力の3要素が揃った名牝系だ。ディープインパクト×ダンチヒ系の配合と、ノーザンダンサーの多重クロスを内包している点は、2012年の勝ち馬ジェンティルドンナを想起させる。持ち味を最大限に活かせる決め手比べになれば、ここでもヒケはとらない。

サヤカチャン
亜流ともいえる父ではあるが、サンデーサイレンス系×ノーザンダンサー系の組み合わせは秋華賞における好走配合と合致する。一方、牝系についてはかなり遡らないと、これといった活躍馬が出ておらず、活力不足の面は否めない。速い上がりや高速決着に対する適応力も見劣るため、根幹距離のG1で上位に食い込むためには極端な馬場悪化など、多くの馬が苦にする状況にならないと厳しい。

ダンサール
父は秋華賞でしばしば好走馬を送り出しているハーツクライ。母はアルゼンチンの2冠牝馬、一族からもアルゼンチンのG1ウイナーが多数出ている。スピード、パワー、スタミナの3要素が揃った名牝系と言えよう。南米色の濃い血筋ゆえに、直線平坦のスピード競馬は歓迎のクチ。加えて、リファールのクロスやグレイソヴリンの血が効いているので、タフな競馬質になっても問題はない。血統魅力度の大きい1頭だ。



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【ズバリ!調教診断】秋華賞 ”兄弟タッグでG1制覇”の大願成就に向けて仕上がり万全のディープインパクト産駒!古馬混合重賞を制したアノ馬も好勝負可能のデキ! 2018年10月13日() 13:55

日曜日に行われる秋華賞の出走馬の追い切り内容について、1頭ずつ考察していきます。予想の際にお役立てください。





ラテュロス
最終追い切りは栗東坂路で終い重点の内容。その割にラストは余裕が感じられず、一杯一杯という印象を受ける。大柄な乗り手に加え、攻め駆けしないタイプだけに情状酌量の余地はあるが、それにしても……。日曜以前に行われた追い切りにも特筆できるようなところは見当たらず、上昇度に欠ける点は否めない。今回は見送りが正解とみる。

カンタービレ
1週前に栗東CWにて実施した3頭併せでは、ラスト1F11秒台の好ラップを叩いて僚馬を完封。同じくCWで行われた最終追い切りでも及第点の上がりタイムを記録した。半面、よほど折り合い面を意識しているのか、前半緩め→終い重点のスタイルは相変わらず。ビッシリ追っていないぶん、最後のツメが甘くなる可能性も十分に考えられる。今回はヒモ評価までに留めておくのが正解ではないか。

スカーレットカラー
栗東CWで実施した1週前追い切りでは、バランスのとれた好ラップをマーク。栗東Pに場所を移して行われた今週の追い切りでも、余力残しで及第点のタイムを記録した。ただし、テンションの高さは相変わらず。この馬なりに順調なのかもしれないが、相手がさらに強くなる今回は様子見が賢明かもしれない。

ランドネ
今週の追い切りは栗東坂路で実施。キッチリと追われて、4F51秒9、ラスト1F12秒0の好ラップを計測した。栗東CWの1週前追い切りでは、ラストの脚が上がり気味だった点を鑑みると、ひと追いごとに良くなっているのは明らか。攻め巧者だけに、額面以上の評価はできないものの、好ムードであることは間違いない。上位食い込みがあっても、おかしくない状態にある。

サラキア
1週前に栗東CWで行われた併せ馬では、長めからキビキビとしたフットワークを披露。楽々と追走先着を果たした。同じくCWで実施した今週の追い切りでは、終い重点の内容でラスト1F11秒台半ばの好ラップを計測。全休明けの走りやすいコンディションとはいえ、馬場の外側を深く入り、気負うところなく叩いたラップだけに好感度は高い。万全の仕上がり。

パイオニアバイオ
今週の追い切りは南Wで併せ馬を実施。馬場のやや外めを通り、上々のタイムをマーク&僚馬を楽々と制した。追われてヘッドアップする点は相変わらずだが、四肢の回転力の速さとパワフルな動きには目を見張るものがある。輸送をクリアし、テンションを維持できれば、かなり面白い存在になるのではないか。

ラッキーライラック
1週前追い切りでは栗東CWで長めから上々のタイムを計測。同じくCWで実施した今週の追い切りでは、余力残しで好タイムを記録した。ただし、脚元の不安が残っているのか、トレセンの乗り込み量は少なめ。動き自体は悪くなく、一概に大きな減点材料とは決めつけられない半面、万全とも言い難い。調教タイムをストレートに評価しての、連下の押さえまで、という扱いが妥当ではないか。

トーセンブレス
今週の追い切りは南Wで実施。重心の低いフォームでスムーズな脚捌きを見せた。半面、中間の攻めがセーブ気味である点は気がかり。春先は、中間・終いを伸ばす→最終・ラスト3F13-13のスタイルがハマッていた印象が強く、その辺りを鑑みると、想像以上に折り合い面で苦労している可能性もある。積極的には手を出しづらい。

サトノガーネット
今週の追い切りは栗東坂路で浜中騎手を背に実施。登坂途中までは、安定した走りを見せていたものの、徐々にバランスが悪くなり、最後は失速気味。時計の出やすい馬場状態(水曜日)ならびにジョッキー騎乗だったことを勘案すると、ラスト2F25秒6-12秒7の走破ラップはいただけない。今回は割引が必要だろう。

オールフォーラヴ
前走は最終追い切り時におけるハミ受けの悪さが、そのまま出た格好の、掛かる→バテる→惨敗。1週前、今週の追い切りを確認する限り、前回のようなハミを嫌がるところは見られない。その点には好感が持てる半面、今度は気勢のノリが悪いうえに、手前も替わらない。四肢の可動域も狭い印象を受ける。まだ教育中、といったところか。今回の結果がどうのこうのではなく、長い目でみるべき馬だろう。

アーモンドアイ
1週前に南Wで6Fから追われ、好ラップを計測&ロジチャリスに追走先着。場所を坂路に移して行われた今週の追い切りでもパワフルな走りを披露した。僚馬とほぼ同入のかたちとなり、見た目の派手さはないが、急かすことなく4F50秒割れのタイムを叩いているのだから、まったく問題はない。上々の仕上がり。

オスカールビー
今週の追い切りは栗東坂路で実施。軽めの内容でバランスのとれたラップを記録した。ただし、肝心の動きは今ひとつ。首と四肢の連動性を欠くトボトボした走り。ラスト1F12秒4のラップを刻んだ割に、終いの脚は上がり気味で見映えが悪い。最終追い切りの内容を確認する限り、調教面の強調材料は少ないと言わざるを得ない。

ミッキーチャーム
1週前に栗東CWで長めから追われ、及第点以上のタイムを記録。同じくCWで行われた今週の追い切りでも軽快な動きを見せた。半面、少し背中の安定性に欠け、推進力が上に逃げ加減である点は気がかり。それ以外に悪い面は見当たらず、この馬なりに順調なのは間違いないが、前回からの上積みに関しては疑問符がつく。今回はマイナス評価と厳しくジャッジしたい。

ゴージャスランチ
今週の追い切りは南Wで併せ馬を実施。折り合い重視の内容ながらも、素軽い動きを披露した。行きたがる面を見せるところは相変わらずだが、前回の最終追い切り時と比べて鞍上の手に余裕が窺えるのは何より。勝ち切るまでには至らないかもしれないが、前走(ローズS0秒3差4着)並みのパフォーマンスなら十分に期待できる。

ハーレムライン
この中間は坂路で順調に調教を重ね、1週前追い切りではラスト1F12秒3の好ラップを計時。最終追い切りではサラッと流すかたちで、キレイな加速ラップを記録した。頭を振るなど、少し若さが目立つ走りではあるが、いつもと比べればマシなほう。フットワークも力強く、1回叩いた上積みは大きそう。紛れた場合の3着候補として一考の価値はある。

プリモシーン
帰厩後は南Wと坂路を交えて丹念な乗り込み。1週前に南Wで及第点のラップを計測。同じく南Wで実施した最終追い切りでも上々の伸び脚を披露した。体を大きく使った推進力あふれる走りは見応え十分。春先のようなトレセンにおける乗り込み量の不足もなく、ここ目標に態勢は整った印象。好勝負可能のデキとみる。

サヤカチャン
この中間は栗東Bコースで調整。1週前は強めに追われて、ラスト1F11秒台前半の好ラップを計測。今週の追い切りでは、6F81秒台、ラスト1F11秒台半ばの好タイムで走り抜けた。ただし、ケイコで良く見せるのはいつものこと。ここ数走の中間内容から大きく変化した点は見受けられず、変わり身を望めるかどうかについては疑問が残る。

ダンサール
中2週続きではあるが、栗東坂路で順調に調教を消化。4日に行われた追い切りでは、終い重点ながらも4F自己ベストをマーク。今週の追い切りは流す程度の調整だったが、鞍上の手綱は絞り気味で、追えばグイグイ伸びていきそうな印象を受けた。動きをみるに、疲れやデキ落ちはまったく感じない。上位争いに絡めるだけの状態にある。



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

⇒もっと見る

サヤカチャンの関連コラム

閲覧 3,003ビュー コメント 2 ナイス 9

アーモンドアイの3冠濃厚と考えつつも、少し夢も見てみたい秋華賞である」

とは先週の締めの一文だが、終わってみればそんな淡い波乱への期待の方が余程、夢物語であった。直線、大外一気。ペースも、枠も関係なし、見事な3冠ストーリーの完結である。

スティルインラブの3冠を現地で観た15年前を昨日のことのように思い出すが、そのスティルインラブアパパネより数段上の勝ちっぷり、同じ牝馬3冠馬としてはジェンティルドンナに匹敵するパフォーマンスであった。

なお、筆者の最終的な本命馬はダンサールであったが、何一つ見せ場のないまま終わってしまった。夢をみる隙すらも与えてもらえず、強いモノは強いという結果。これもまた競馬である。

~中堅騎手の中で頭一つ抜けた川田将雅

もっとも、秋華賞自体は勝ち馬以外低調な内容であった。ただでさえオークス2着リリーノーブル、紫苑S勝ち馬ノームコアなどが不在という手薄さに加え、当面のライバルと目されたラッキーライラックがぶっつけ本番の影響もあったか見せ場なく後退。3冠牝馬誕生の一方で、ジェンティルドンナでいえばヴィルシーナのような強力なライバルが不在だったのは残念であった。

その中で、見せ場を作ったのは3連勝で挑んだミッキーチャーム…というよりも、鞍上の川田将雅だろう。レースを先導するかと思われたサヤカチャンランドネらが控える中で一目散にハナを奪うと、直線も見せ場十分の走りで2着を確保。同騎手はこれでファインニードルのスプリンターズS勝利から、重賞4連続好走。毎日王冠の3着(キセキ)は積極策が実を結んだものだったし、京都大賞典の勝利(サトノダイヤモンド)は安定したレースぶりが光った。

川田騎手といえばかつては良くも悪くも”剛腕”のイメージが強かったが、近年はレースでの駆け引き、判断力も上がっているように思える。日本人騎手に最も足りない、「出して行って前で折り合う」という技術が確立されているのも強みで、先行策での好走が特に目立っている。ファインニードルの躍進も、馬自身の成長もさることながら、良きパートナーを得たことも大きいだろう。

実は同騎手、今年の芝千二重賞で5戦5勝という驚異的な数字を残している。そのうち4勝はファインニードルなので、当然馬に恵まれていることはあるだろう。それでも、瞬時の判断力やスタート力を求められるスプリント重賞での活躍は、確かな腕の証明になろう。長距離は騎手…とは昔からよく言ったものだが、短距離もまた、騎手である。

藤岡佑介北村友一など、関西の中堅ジョッキーは今まさに戦国時代といえるが、その中でももっとも次代を担うのに一番近い位置にいるのは、川田将雅ということで間違いないだろう。今週末はチェスナットコートでの遠征で不在ではあるが、来週以降のG1戦線でもまだまだ活躍が見込めそうだ。

~デムーロもルメールも武豊も今週は危うい!?~

というわけで、今週末はいよいよ牡馬クラシック最終戦、菊花賞が行われる。上述通り長距離は騎手とは昔からよく言われるが、そうなれば当然注目は、デムーロ、ルメール、武豊といったお馴染みの面々だろうか。

もっとも、人気が予想されるエタリオウに騎乗するデムーロは、実は京都の長丁場があまり得意ではない。昨年こそ特殊な馬場状態の中でキセキを駆り勝利に導いたわけだが、外を回して自ら動かしていくスタイルは、菊花賞天皇賞(春)といった淀のマラソンレースにはやや不向きである。

ルメール騎乗のフィエールマンもそこそこ人気はするだろうが、ラジオNIKKEI賞2着だけの実績しかない馬が、いきなりぶっつけ本番のG1で人気というのはかなり危うい印象だ。武豊騎手はこの舞台なら右に出るものがいないほどの達人だが、ユーキャンスマイルも能力的には一枚か二枚落ちだろう。

そこで、今回も気になる穴馬を2頭ピックアップしたい。

1頭目は、中穴程度だろうが、神戸新聞杯3着のメイショウテッコン=松山。逃げ馬のイメージが強いかもしれないが、ラジオNIKKEI賞ではインで控えて伸びる大人の競馬も見せている。3枠6番も絶好で、立ち回りひとつでチャンスが生まれそうだ。

2頭目は、初のG1制覇を目指す松若騎乗のアフリカンゴールド。もともと未勝利勝ちの頃から期待していたスタミナ型で、折り合いにも問題はなくこの舞台は合いそうだ。5枠10番という少々微妙な枠順に入ったことがどう出るかだが、適性の高さ、能力的な伸びシロは申し分ない。松若騎手もどちらかといえば中長距離が得意なジョッキーで、立ち回り次第ではチャンスがありそうだ。

アーモンドアイの3冠で幕を閉じた牝馬路線。だが、牡馬路線はひと筋縄では収まりそうもない。皐月賞は3連単37万、日本ダービーは3連単285万…。大荒れが続いた牡馬クラシックのラスト1冠・菊花賞。混戦模様の今年は、思いもよらぬ伏兵の台頭があるかもしれない。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)


登録済みの方はこちらからログイン

2018年10月17日(水) 16:30 競馬プロ予想MAX
先週の回顧~(10/13~10/14)夢月プロが10万超3本、的中率25%・回収率127%の好成績で収支トップ!
閲覧 687ビュー コメント 0 ナイス 4

先週は、14(日)に京都競馬場でG1秋華賞が行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G1秋華賞は、アーモンドアイの史上5頭目となる牝馬3冠達成に注目が集まる中、残念ながら前日に出走取り消しとなったスカーレットカラーを除く全17頭がゲートイン。そのアーモンドアイは単勝1.3倍の圧倒的な支持を集め、2番人気に同7.3倍でラッキーライラック、以下は同10倍台で3番人気カンタービレ、4番人気サラキア、5番人気ミッキーチャームと続き上位人気を構成します。
詰めかけた4万4,000人余りの観衆を前に、ややばらついたスタートでの幕開け。先手主張のミッキーチャームが1コーナーまでに先頭に立つと、2番手オスカールビー、3~4番手にランドネハーレムラインの隊列で1コーナーを通過。以下、サヤカチャンラテュロスラッキーライラックゴージャスランチサラキアオールフォーラヴと中団にかけて続き、注目のアーモンドアイは直後の11番手あたりの追走。後方集団にかけては、カンタービレダンサールトーセンブレスパイオニアバイオプリモシーンサトノガーネットの隊列で各馬向こう正面へと出ていきます。先頭ミッキーチャームの前半1000m通過は59.6秒(推定)。4、5馬身ほどの差を維持しながらの牽引が続くまま、3コーナーを迎えるあたりで徐々に後続が接近。内回りコースを意識しての早めの追い出しも見られる中、泰然自若のアーモンドアイは、やや後方に位置取りを下げ大外を回すようにして4コーナーを通過していきます。
直線入り口で先頭のミッキーチャームは遥か前方。2番手ランドネも後続をやや引き離しにかかる展開と、先行勢での決着を予感させる直線前半の攻防。依然後方集団の外から、ここで軽く促されたアーモンドアイが内の各馬を1頭、また1頭と楽々と交わしつつ、満を持して追い出されます。ミッキーチャームまで5馬身ほどのところまで詰め寄った残り200m地点では、既に勝ちを予感させるほどの強烈な伸びを見せ始めていた女王が、ここでは力が違うと言わんばかりにそのまま豪脚一閃。ゴールでは、楽々と1馬身1/2差までその差を広げる形で3冠を達成しています。2着には内ラチ沿いを粘り込んだミッキーチャームが入り、そこから1馬身差の3着にはアーモンドアイの直後を追うように大外を伸びたカンタービレが入っています。
公認プロ予想家では、KOMプロdream1002プロ山崎エリカプロ蒼馬久一郎プロ馬っしぐらプロろいすプロら計9名が的中しています
 
 
 
----------------------------------
 
☆☆☆注目プロ →夢月プロ
13(土)の新潟5R◎○的中を皮切りに、京都8R◎○▲的中、14(日)新潟12R◎○的中と、精度の高い予想で10万オーバーを連日披露。土日ともにプラス収支計上の先週は、週間トータルで、62レース参戦し的中率25%、回収率127%、収支トップの17万3,510円プラスのハイアベレージを達成しています。
 
☆☆☆注目プロ →馬っしぐらプロ
13(土)新潟5Rでの的中、14(日)新潟8RG1秋華的中で、土日ともにプラス収支を達成!週末2日間のトータルでは、回収率156%を記録しています。
 
☆☆☆注目プロ →シムーンプロ
13(土)は新潟12Rサウンドドゥイット(単勝66.9倍)、京都6Rセルバンテスカズマ(単勝106.7倍)、京都8Rクリノピョートル(単勝18.9倍)と好調予想を披露。14(日)にも東京2Rでの◎セイカヤマノ(単勝14.2倍)ゲットなど、連日の活躍をアピールしました。週末2日間のトータルでは、回収131%の好成績を達成しています。
 
☆☆☆注目プロ →西野圭吾プロ
13(土)の勝負レース東京12Rでの◎○△的中、14(日)にも勝負レース2R的中、京都6Rの◎コンクエストシチー(単勝76.8倍)的中などを披露し、土日ともにプラス収支で終えています。週末2日間のトータルでは、回収率127%を達成しています。
 
☆☆☆注目プロ →おかべプロ
13(土)は1レースのみの的中で苦戦も、翌14(日)新潟6Rでの馬連1点1万円勝負的中で見事挽回。週トータルでは、回収率131%をマークし、4週連続週末プラス収支を達成しています。
 
 
 
この他にも、馬侑迦プロ(124%←3週連続週末プラス)、マカロニスタンダーズプロ(117%)、ジョアプロ(111%)、【U指数】3連複プリンセスプロ(109%)、きいいろプロ(107%←2週連続週末プラス)、くりーくプロ(102%)らが週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。

また、先週は期間限定参戦中の奥野憲一プロ(176%)、金子京介プロ(169%)も活躍をみせています。
 
 
 
----------------------------------
 
※全レースの結果情報はこちら


今週も「プロ予想MAX」にぜひご注目下さい。

[もっと見る]

2018年10月10日(水) 15:00 覆面ドクター・英
秋華賞2018
閲覧 1,496ビュー コメント 0 ナイス 6

前回のスプリンターズS編。自信の本命◎ファインニードルは着差は小さくとも明らかに強い勝ち方で、何度やっても勝つんじゃないかという勝ち方でそこまでは良かったのですが......。馬場が悪くて荒れ過ぎな日で、2着、3着がダメでした。特に、好調武豊騎手が腕だけで人気薄を3着に持ってきたのには参りましたね(笑) 後付けで近年のスプリンターズSと好相性のフォーティーナイナー系とも言えるのですが。

秋華賞は、上位を形成するであろう馬たちが順調さを欠いたりでぶっつけ本番(予定通りのぶっつけ本番も)となるので、それが荒れる要因にはなりそう。断然人気となるアーモンドアイは、その当初からのここ直行ローテであり、おそらくジャパンカップあたりが最大目標での始動戦となるのでは。

それでは恒例の全頭診断へ。

1番人気想定 アーモンドアイ:予定通り、休み明け初戦での参戦だが、能力的にここも通過点か。斤量差を生かせばジャパンカップでもやれていい(昔は3歳牝馬がJCとかって論外だったのですが)、新時代を象徴する馬。内で包まれたりしなければ末脚は鋭い。

2番人気想定 ラッキーライラックアーモンドアイがいなければ、といってもしょうがないのだが例年なら2冠馬になっていてもおかしくない馬。順調さを欠き、本番前のひと叩きは叶わなかったが1週前追い切りの動きは鋭く、全く問題なさそう。オルフェーヴル譲りの成長力で更に強くなっている可能性もありそうで、アーモンドアイが差し遅れた際に勝ち切れればいいが、といったところか。

3番人気想定 カンタービレ:前哨戦のローズS勝ちで本番を迎えるが、フラワーC勝ち→オークス惨敗だったように、トライアルレースで強く本番はイマイチなタイプではと見ている。勝ち方はゆとりあったが、人気だけに評価は下げたい。

4番人気想定 サラキア:春はチューリップ賞もフローラSも4着で、桜花賞オークスも出られなかったがローズS2着で出走権。一瞬の脚はあり、本番ではカンタービレよりこっちに期待か。

5番人気想定 プリモシーン:3歳馬ながら関屋記念を51㎏で鋭く差して勝ってきたが、京都内回りの2000mはあまり向いていないのでは。

6番人気以下想定
ミッキーチャーム:3連勝で本番に臨む上り馬。前走は横山典騎手が「逃げるつもりはなかった」というが、札幌1800mを逃げて3馬身半差の圧勝。前で勝負できる強みを生かして、本番でも好走可能では。京都内回り向きの先行力があって楽しみな存在。

オールフォーラヴ:忘れな草賞勝ち馬だが、ローズSで9着だったように成長力がいまひとつか。大駆けはあまり期待できないタイプでは。

ウラヌスチャーム:父に似て序盤でもたつき終盤は追い上げてくるタイプだが、秋華賞向きではないか。

パイオニアバイオオークスは後方から詰めてきて7着。紫苑Sも後方から詰めてきて4着とこちらも序盤でもたつく馬で、器用さは無く、同様に秋華賞でというタイプではないか。

ゴージャスランチ:忘れな草賞、スイートピーSともに3着、ローズSで4着と、それなりに善戦するが足りないタイプでG1で、大駆けを期待できるタイプでない。

トーセンブレス:見栄えのする末脚で穴人気になりやすいがオークスは取り消し、ローズSで15着だったように、あまり買える要素は無い。

ランドネ:ロベルト系のマル外で瞬発力が足りないタイプ。馬格はあるので、先々はダート路線で活躍してきそうだが、ここでは足りなそう。

スカーレットカラー:フレグモーネで休んだり、ローズSでは不利を受けて惨敗したりと、流れが来ていない印象の馬で特に買う要素は無い。

サヤカチャンリーチザクラウン産駒で早い時期が良かったのかアルテミスSではラッキーライラックの2着だったが、以降は2桁着順が9戦中7戦と期待できず。

ラテュロス:昨年10月のアルテミスSラッキーライラックの3着だった馬が、トライアルのローズSでも3着してきたが、やはりトップグループには少し届かないか。

サトノガーネット:10/2の500万下を勝って中1週。間隔を詰めて使う矢作厩舎とはいえ、まだまだ将来性のありそうなこの馬を無理に使ってこないのでは。もし使ってくるようなら3着はあるかもだが。

ハーレムライン:春は3連勝でアネモネSを勝ち桜花賞にたどりつくも、馬体がだんだん減り本番ではお釣りなく14着と惨敗。秋の始動戦の紫苑Sでは10番人気5着とそこそこの好走で、馬体重を26kg増やしてきたのは好材料ではある。

リュヌルージュ:9/22の1000万下で3着してきたが、低レベルな牝馬限定戦でここでは通用は難しそう。

オスカールビー:500万下ではあるが前走(9/16中山2000m)で大逃げを打って7馬身ちぎってきたように、ハーツクライ産駒らしく晩成気味ながらも楽しみな馬。賞金的に出走ならずか。

ダンサール:2月の新馬勝ちの後は半年休んで8月から始動し、前走9/22の500万下で5馬身ちぎって勝ってきた。こちらも、ハーツクライ産駒らしく実力をつけてきていて先々は楽しみだが、ここには賞金的に間に合わなそう。

カレンシリエージョ:札幌2歳Sで3番人気に推されたように、デビュー当初は期待されていた馬。ただ、その後の成長が一息で、紫苑Sでも10着で出走自体も難しそう。

サラス紫苑Sでは3番人気に推されるも、道中でごちゃつきにも阻まれ13着と惨敗。賞金も積めず出走は難しそう。


<まとめ>
ぶっつけ本番でも上位2頭は強く崩れないだろう。
人気だけに相手を絞って勝負の予定。

本命候補:アーモンドアイラッキーライラックは強い。

ヒモ候補:サラキアミッキーチャーム

[もっと見る]

2018年5月26日() 08:00 山崎エリカ
【山崎エリカのG1ナビゲーション】~2018日本ダービー~
閲覧 1,472ビュー コメント 0 ナイス 7



 先週のオークスは、サヤカチャンがしっかりとレースを引っ張って平均ペースに持ち込んでくれたことでほぼ能力どおりに決着しました。最内枠から内々を上手く立ち回ったとはいえ、リリーノーブルラッキーライラック桜花賞での着順が入れ替わったことは意外でしたが、これはリリーノーブル自身の成長力によるものでしょう。

 私の本命◎マウレアは、桜花賞から大きな上積みを見せることができずの5着。しかし、現時点で成長力を欠いたと判断するのは早計。阪神ジュベナイルFチューリップ賞の上位3頭の中で、マウレアだけがデビューから一度も休養させていないので、その辺りの影響もあったのではないでしょうか。立て直されてからのレースぶりを見てみたいです。


■2018春シーズン 『競馬プロ予想MAX』presents連載コラムについて詳しくはこちら
https://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=10147


 さて、今週はいよいよ春競馬のクライマックス、日本ダービー。今週も決着指数の高かったハイレベルなレースをピックアップしました。ぜひ、参考にして下さい♪


 ★レベル1位 2018年 皐月賞 (PP指数21)

 前夜~朝方にかけての雨の影響で、タフな馬場で行われた皐月賞。内から押して押してアイトーンが逃げ、ジェネラーレウーノジュンヴァルロがそれに競って行く形。スタートしてから7F目(3コーナー)までペースがほとんど緩まず、レースは消耗戦となりました。

[もっと見る]

2018年5月23日(水) 17:45 競馬プロ予想MAX
先週の回顧~(5/19~5/20)今年2度目の3連単100万超払戻しマークのいっくんプロがトップ!
閲覧 1,074ビュー コメント 0 ナイス 6



先週は、20(日)に東京競馬場でG1オークスが行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G1オークスは、単勝1.7倍の断然人気で2冠を目指すアーモンドアイを中心に、2番人気にラッキーライラック(同4.1倍)、3番人気にサトノワルキューレ(同5.5倍)が続き、4番人気にはリリーノーブル(同12.3倍)、以下は単勝20倍以上と少し離れたオッズを形成し、スタートの時を迎えます。
最内から好スタートを切ったリリーノーブルに、外からサヤカチャンランドネが出を窺い、控えてリリーノーブルは3番手で1コーナーへ。カンタービレラッキーライラックと続き、直後の6番手にこの日は鞍上が抑えるくらいの行きっぷりの良さでアーモンドアイが好位追走。レッドサクヤオールフォーラヴマウレアサトノワルキューレパイオニアバイオシスターフラッグウスベニノキミと差なく1コーナーを回り、少し途切れてロサグラウカトーホウアルテミス、再び途切れてウインラナキラ、最後方にポツンとオハナの態勢でバックストレッチを目指します。サヤカチャンが後続との差を拡げ、10馬身以上離れて集団馬群の形で、前半1000mを59.6秒(推定)のペースで通過。縦長の淡々とした流れを、有力各馬は4番人気リリーノーブルが最も前の単独3番手、5番手~6番手にラッキーライラックアーモンドアイ、9番手あたりをサトノワルキューレの位置取りのまま3コーナーを回ります。
先頭のサヤカチャンのリードが徐々になくなって、リリーノーブルラッキーライラックアーモンドアイサトノワルキューレの上位人気馬間の差も徐々詰まりながら直線へ。残り400mで馬場の3分どころを通って先頭に立ったリリーノーブルに、すぐ背後からアーモンドアイラッキーライラックの2頭が迫り、その後ろからはレッドサクヤマウレアサトノワルキューレが追い出されます。必死に追われる先頭のリリーノーブルと、リリーノーブルの内に進路を切り替えて追撃するラッキーライラックの1枠両頭。これら2頭の鞍上の激しいアクションとは対照的に、ただ一頭“静”のスパートで外からあっさり飲み込んだのはやはりアーモンドアイでした。2~3番人気馬たちを楽々交わした後は、ゴールまでしっかりと差を拡げながら駆け抜け、見事2冠達成!2着リリーノーブルに2馬身差をつけて2分23秒8の好時計でゴール板を駆け抜けています。1馬身3/4差の3着にはラッキーライラックが入っています。
公認プロ予想家では、サウスプロ霧プロ西野圭吾プロサラマッポプロおかべプロ他、計19名が的中しています。
 
 
 
----------------------------------
 
☆☆☆注目プロ →いっくんプロ
19(土)の新潟2Rで3連単的中計20万7,800円払戻しをマーク!さらにこの日は新潟10Rで、3連単12万9,280円馬券1000円分を的中し129万払戻しのホームランを記録するなどの活躍を披露!週末トータル回収率220%、収支86万6,500円プラスのトップ成績をマークしています!
 
☆☆☆注目プロ →KOMプロ
19(土)新潟8Rで3連複732.4倍を含む計9万9,630円払戻しをマークすると、20(日)には東京2Rで◎スターオンザヒル(単勝56.8倍)的中や、新潟12Rでの◎カネトシブレス(単勝25.7倍)的中などの活躍を披露。週末トータルでは回収率141%、収支13万1,520円プラスを達成しています!
 
 
この他にも、おかべプロ(188%←2週連続週末プラス)、エース2号【予想マイレージクラブ限定】プロ(138%←2週連続週末プラス)、河内一秀プロ(103%)、サラマッポプロ(102%←2週連続週末プラス)、夢月プロ(101%)らが週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
 
 
----------------------------------
 
※全レースの結果情報はこちら


今週も、競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家陣の予想にご注目下さい。

[もっと見る]

2018年5月16日(水) 12:15 くりーく
くりーくの中間調教チェック 2018オークス編
閲覧 1,839ビュー コメント 0 ナイス 10



こんにちは、公認プロ予想家のくりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
前走からの中間の調整内容(評価はA~F)を中心に、各馬コメントをしていきたいと思います。


オークス>登録頭数:20頭(フルゲート:18頭)

【優先出走馬】

トーセンブレス(B)
NHKマイルCにも登録していたくらいなので距離に関して気になるところがあるのかもしれないが、その分早い段階から強めの追い切りを普通に消化していて動きを見ても疲れがあるようには見えない。状態面に関しては問題なさそう。

パイオニアバイオ(D)
前走時のコラムでは、使い詰めでも予想外に良い動きをしていたので最終予想でも印を回していたが、さすがに今回は1週前追い切りの動きを見ても前走の勢いはなさそう。

マウレア(C)
ここ2戦が良い感じだったのでこの中間は時計的には少し物足りない感じもするが、ガクッと調子が落ちたという感じではない。

ランドネ(C)
デビューも遅く、使い詰めのため1週前はさすがに控えめな追い切り内容。もう一度輸送もあるのでビシッと追うことも難しそうで、ゆったりしたローテーションの馬とは調整の差が出てしまうだろう。

リリーノーブル(A)
前2走とも順調に調整されての出走で、先着した馬が強過ぎたというしかない内容。ただこの中間も坂路で入念に乗り込まれており、1週前の坂路での動きだけで判断するならもう一度◎にしても良いくらい、これまでで一番良い動きだった。今回も最終追い切りはCWだろうが、そこでどんな動きを見せるか非常に気になるところ。


<以下、収得賞金順>

カンタービレ(C)
前走のフラワーC勝ちでトライアルを使わずに済んだことは大きく、角居厩舎の残りの2頭と比較しても調教内容に関してはこの馬が一番。ただ、使い詰めのサトノワルキューレに先着を許しているようでは、もっと強い相手には歯が立たないかもしれない。

オールフォーラヴ(D)
この馬も使われる毎に馬体重が減っていて、前走時はかなり細く見えた一頭。この中間の調整も、併せ馬を行っていないことや、2週前が坂路、1週前が芝とこれまでのようなCWで併せて追い切られる本来の調教ができていない点などを見ると、馬体を維持するので精一杯なのかもしれない。

レッドサクヤ (B)
前走時も乗り込まれていて最終追い切りの動きも良く見えた馬だが、今回も入念な乗り込みで順調にきている感じ。この馬も出来に関しては問題なさそう。

スカーレットカラー※フレグモーネのため出走回避。

サヤカチャン(F)
アルテミスSでは、ラッキーライラックの2着に好走している馬だが、近走は大敗続きで逃げられても距離延長はプラスにはならない。

オハナ(D)
小柄な馬で前走では2kg増えてはいたものの身になっている感じはなく、もっと馬体が増えてこないと厳しい感じ。間隔も詰まっていて、1週前もビシッと追うことができず上積みは期待できそうにない。

トーホウアルテミス(C)
2走前に増えた馬体も、前走で絞れてしまいこれ以上は馬体を減らしたくない状態。坂路で時計の出る馬なので、最終追い切りで終い伸びる走りができれば何とか前走の状態を維持できそうではあるが、輸送もあるので上積みまでは厳しそう。

ロサグラウカ(B)
2戦2勝。トライアルも使わずマイペースで順調に調整されてきている。1週前にはG1馬のレッドファルクスの外に併せて、多少重い感じに映ったものの互角以上の動きで状態面での不安はない。最終追い切りでの動きにも注目。


【以下、抽選により3頭出走可能】

ウインラナキラ (D)
これまで最終追い切りはDPコースか芝コースで追われていて物足りない時計しか出ていない馬。使い詰めでもありここでは厳しい。

ウスベニノキミ(C)
フラワーC時にはトモが寂しく見えたが、前走時は馬体を少し戻して悪くはない感じ。追い切りに関しては、ここ2戦力強さに欠ける印象もガタっと悪くなったということもなく、1週前追い切りでは併せ馬で先着と動きは前走より良く見えた。

ゴージャスランチ(C)
パイオニアバイオに先着しての未勝利勝ちで、前2走も上位とは差のない競馬をしていることから、能力的にはフローラS上位組と同じくらいの力はある。ただ大きめの馬なので最終追い切りをビシッと追ってくるくらいでないと、力は出せない。

シスターフラッグ(B)
この馬は重賞でもそこそこ走っていて、前走でも◎にしたくらい坂路で速い時計の出る馬。切れる馬ではなく追い出しを待っても前走のように切れ負けしてしまうタイプなので、自分で動いて長くいい脚を使ってのスタミナ勝負に持ち込みたいところ。最終追い切りでも、坂路で好時計は出るだろうがあとは動きを見てから判断したい。


※なお、アーモンドアイラッキーライラックサトノワルキューレに関してはシューナカコラムでコメントしていますのでそちらをご覧下さい。



◇今週はオークス編でした。
いよいよオークス、そして翌週のダービーと、3歳クラシックの頂点を決めるレースが迫ってきて日を追うごとに緊張感が高まってきます。新馬戦を中心に2歳、3歳戦を多く予想している私にとってはオークス、ダービーはこの1年の総決算であり、いちばん目に焼きつけておきたいレースでもあります。
今週のオークスでは強い桜花賞組を中心に、府中の2400mを舞台にどんなレースを見せてくれるのか、個人的には強い馬に秋のロンシャンへ繋がるようなレースを期待したいと思っています。
今シーズンは、オークス、ダービーに繋がるようにと、G1レース以外でもこのコラムを連載してきたので、おさらいの意味も兼ねて、もしよければ過去のコラムもご覧頂ければ幸いです。そして、少しでも皆さんの予想のお役に立てたらと思っております。


◆2017阪神JF編→こちら
◆2018弥生賞&チューリップ賞編→こちら
◆2018桜花賞編→こちら
◆2018賞フローラS編→こちら

それでは次回日本ダービー編でお会いしましょう。



オークス出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。

※最終結論はレース当日のくりーくプロページでチェックしてください。

[もっと見る]

⇒もっと見る

サヤカチャンの口コミ


口コミ一覧

8月4日のWIN5予想

 藤沢雄二 2019年8月4日() 14:56

閲覧 46ビュー コメント 0 ナイス 4

先週のWIN5は2→1→1→4→1人気で決まって配当が3万円チョットと労力の割に報われない結果でした。
いやまあ当たってないヤツが何を言うってところですが(^^;)

でもどうせ当てるなら実りもしっかりといただきたいところです。


【小倉10R RKB賞】④トウカイレーヌ ⑩レストンベ
【新潟10R 驀進特別】⑰アイルチャーム ⑬サヤカチャン
【札幌11R UHB賞】①ダイメイフジ ⑪リナーテ
【小倉11R 小倉記念】⑧メールドグラース
【新潟11R レパードS】⑩デルマルーヴル ⑪エルモンストロ ④ヴァイトブリック
2×2×2×1×3=24

RKB賞は普通に考えると連闘のトウカイレーヌで大丈夫だと思うが、斎藤(鮫島駿)→川田だけで1番人気というのは評価が急上昇すぎてちょっと怖い。
なので権利持ちの関東馬のレストンベも押さえる。

驀進特別は昇級戦でもアイルチャームでなんとかなりそうだが、このレースは関西馬がやたら強いこともあってサヤカチャンも持っておく

UHB賞は函館SSを無念の除外になったリナーテが決めそうだけど、こういう時に怖いのがダイメイフジ。この2頭で。

小倉記念は色々と考えたがメールドグラースを信頼することにする。

小倉記念を絞った分、レパードSにあてがう。
軸はデルマルーヴルで良さそうだが戸崎もミルコも乗らないで吉田隼人というのは若干引っかかる。特にミルコが新潟にいながらに乗らないのは少し勘繰りたくなる。別に吉田隼人に不満はないが。
そこでその戸崎が乗るヴァイトブリックと、追悼競走に強そうな気がする角居厩舎のエルモンストロまで拾ってみる。

最初にボヤいたくせにオール1番人気という組み合わせが入っているのがアレだが、小倉記念以外で適度に1番人気じゃない方が勝ってくれると嬉しいです。

 ターフィーTD 2019年8月4日() 01:41
タフィスポ(8月4日号)
閲覧 127ビュー コメント 2 ナイス 5

8月4日(日)新潟・小倉・札幌
【★=今週一番】

新潟11RレパードS(★)
◎6.ハヤヤッコ  20
○4.ヴァイトブリック  14.5
▲8.ハヤブサナンデクン  13.5
・10.デルマルーヴル  11.5
・11.エルモンストロ  11
・12.ロードリバーサル  11
・2.アヴァンセ  10.5

小倉11R小倉記念
◎8.メールドグラース  18
○2.アイスバブル  16.5
▲3.タニノフランケル  15
・5.アイスストーム  14.5
・1.カフェブリッツ  14
・13.ストロングタイタン (14)
・10.シャイニービーム  13

札幌11RUHB賞
◎4.スビールアスール  15.5
○8.ジョーマンデリン  15.5
▲1.ダイメイフジ  14.5
・11.リナーテ  14
・2.ダイトウキョウ  13
・3.オールインワン  13
・14.エメラルエナジー  13

~レーティングについて~
 馬名右の数値は、該当馬の実力に騎手の巧拙、枠順やコーナーの有利不利を加味して算出した独自のレーティングです。1ポイント=0.2秒の差を示し、5ポイントで入線タイム差が約1秒と想定しています。(カッコ)付き数値は長期休養馬、もしくは8カ月以上前のレースぶりを見て算出したものです。予想の参考としてご覧ください。

【参考買い目】
単勝◎=1点
複勝◎=1点
馬連◎―〇=1点
馬単◎→○=1点
3連複◎―○―▲=1点
3連単◎→〇→▲=1点

【本日の厳選一頭】
新潟10R
13.サヤカチャン

以上

[もっと見る]

 ミラクルジョージ 2019年7月15日(月) 12:24
◎ グッドブリッジ激走!
閲覧 95ビュー コメント 0 ナイス 7

今週のスマッシュヒット(◎単勝オッズ10倍以上掲載)

2019年7月13日(土)
函館 4R ◎ オビワンズドーン  3着 (単勝オッズ 13.8倍)
福島 1R ◎ コスモカッティーボ 2着 (単勝オッズ 11.4倍)
福島 9R ◎ フィデリオグリーン 3着 (単勝オッズ 43.3倍)
福島11R ◎ メイショウアリソン 2着 (単勝オッズ 16.9倍,3連複46.6倍)
福島12R ◎ コンピレーション  3着 (単勝オッズ 15.2倍)
中京12R ★ ステラドーロ    2着 (単勝オッズ 87.1倍)

2019年7月14日(日)
函館 1R ◎ グッドブリッジ   1着 (単勝オッズ 170.6倍)
函館10R ◎ ドリームスピリット 2着 (単勝オッズ 14.6倍)
福島 1R ◎ エレガントクルーズ 1着 (単勝オッズ 11.5倍)
福島 8R ◎ ワイルドフォックス 2着 (単勝オッズ 18.5倍)
中京 1R ◎ ダイヤモンドライフ 3着 (単勝オッズ 15.6倍)
中京10R ★ サヤカチャン    2着 (単勝オッズ 14.1倍)

土日回収率:195.3%
 
 
ご参考<<重賞成績>>

 函館記念
  ◎ カルヴァリオ    12着(単勝オッズ 51.0倍)
  ★ ブラックバゴ    14着(単勝オッズ 41.2倍)

 

[もっと見る]

⇒もっと見る

サヤカチャンの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

サヤカチャンの写真

サヤカチャン
サヤカチャン

サヤカチャンの厩舎情報 VIP

2019年8月4日驀進特別4着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

サヤカチャンの取材メモ VIP

2019年8月4日 驀進特別 4着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。