リリーノーブル(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
POGウォッチリストに登録すると、ウマニティPOGのPOGリストに追加できます。
今すぐ会員登録
リリーノーブル
リリーノーブル
リリーノーブル
リリーノーブル
リリーノーブル
リリーノーブル
リリーノーブル
リリーノーブル
写真一覧
現役 牝3 鹿毛 2015年3月15日生
調教師藤岡健一(栗東)
馬主有限会社 サンデーレーシング
生産者ノーザンファーム
生産地安平町
戦績 6戦[2-2-2-0]
総賞金13,809万円
収得賞金4,400万円
英字表記Lily Noble
血統 ルーラーシップ
血統 ][ 産駒 ]
キングカメハメハ
エアグルーヴ
ピュアチャプレット
血統 ][ 産駒 ]
クロフネ
バプティスタ
兄弟 シャプレドサクレエクザルフ
前走 2018/05/20 優駿牝馬 G1
次走予定

リリーノーブルの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
18/05/20 東京 11 優駿牝馬 G1 芝2400 181112.342** 牝3 55.0 川田将雅藤岡健一496(-2)2.24.1 0.333.9アーモンドアイ
18/04/08 阪神 11 桜花賞 G1 芝1600 18597.433** 牝3 55.0 川田将雅藤岡健一498(0)1.33.5 0.434.3⑥⑥アーモンドアイ
18/03/03 阪神 11 チューリップ G2 芝1600 10892.923** 牝3 54.0 川田将雅藤岡健一498(+4)1.33.8 0.433.5④④ラッキーライラック
17/12/10 阪神 11 阪神JF G1 芝1600 18475.532** 牝2 54.0 川田将雅藤岡健一494(-4)1.34.4 0.133.9⑥⑤ラッキーライラック
17/11/26 京都 9 白菊賞 500万下 芝1600 12442.811** 牝2 54.0 川田将雅藤岡健一498(-4)1.36.3 -0.234.9スカーレットカラー
17/10/28 東京 5 2歳新馬 芝1600 167134.721** 牝2 54.0 内田博幸藤岡健一502(--)1.35.5 -0.634.0④⑦アイアムヒメ

リリーノーブルの関連ニュース

 今週の『覆面記者の耳よりトーク』は、日本ダービーを総力取材。今開催の東京は時計が速く、高速決着への対応が鍵をにぎりそう。ほとんどの馬が経験している2000メートルの持ち時計トップのコズミックフォースがイチオシだ。稍重の皐月賞でハマった感が強いエポカドーロには、疑問の声が上がった。

 記者A オークスは2冠達成のアーモンドアイは強かったけど、2着のリリーノーブル推しは上出来やった。日本ダービーも耳寄り情報を届けたいな。

 記者B そのオークスの勝ち時計は2分23秒8と速く、晴天予報の今週末も高速決着が濃厚。時計勝負への対応力がポイントでしょう。

 記者C 先週に東京で騎乗した複数の騎手は「芝丈が短くて、路盤が硬いから時計が速い」と証言。X騎手は「ドゥラメンテが出したレースレコードくらいの時計になりそう」と見込んでたで。

 記者D 高速決着ならコズミックフォースが面白いですよ。前走のプリンシパルSでマークした1分58秒2は、芝2000メートルの持ち時計でメンバーNo.1。ドゥラメンテと同じキングカメハメハ産駒で、母の父ネオユニヴァースと“ダービー血統”の魅力もあります。

 記者E そういえば、U助手からは「未勝利戦を勝った後にルメールが『ダービーにいける』と評価していたくらいで、ステルヴィオよりこっちに気があったらしい」と聞きました。

 記者A Z調教師は「今週こそ“ディープ馬場”になるやろう」と読んでたぞ。同産駒3頭の中なら、サウジアラビアRCでコースレコード勝ちのダノンプレミアムが筆頭かな。

 記者B いや、どうでしょう。R厩務員は「一頓挫あってのぶっつけ本番での高速決着は厳しい。ダービーはそんな甘いもんちゃう」と疑問符をつけていました。

 記者C それならキタノコマンドールやろう。P騎手が「すみれSの勝負どころで上がっていく姿はディープにそっくり。左回りもよさそう」とゲキ推ししとったわ。

 記者D “消し”はエポカドーロ。Q助手は「前走は馬場も含めてすべてが向いた。まともな勝負ならしんどい」と辛口でした。

 記者E ブラストワンピースも時計勝負は微妙。V調教師は「前走の時計は悪くないけど、よりパワー型にシフトした感じ。今回の条件に合うかどうか」とジャッジしていたよ。

日本ダービーの枠順はこちら 調教タイムも掲載

オークス2着馬リリーノーブルが骨折 2018年5月23日(水) 17:40

 オークスの2着馬リリーノーブル(栗東・藤岡健一厩舎、牝3歳)が、右第1指骨を剥離(はくり)骨折したことが5月23日に判明した。

 藤岡健一調教師は「ごくごく軽い骨折。骨片を除去して3カ月はかかるけど、もともと休む予定だったからね。秋はローズS(9月16日、阪神、GII、芝1800メートル)から秋華賞(10月14日、京都、GI、芝2000メートル)の予定です」と軽症であることを強調した。

リリーノーブルの競走成績はこちら

[もっと見る]

【オークス】アーモンド2冠!好位キープから余裕の抜け出し 2018年5月21日(月) 05:05

 第79回オークス(20日、東京11R、GI、3歳牝馬オープン国際(指)、定量、芝2400メートル、1着本賞金1億1000万円 =出走17頭)桜花賞馬で1番人気のアーモンドアイが、好位から直線で抜け出し、2着に2馬身差をつけて完勝。2012年のジェンティルドンナ以来、史上14頭目の牝馬クラシック2冠を達成した。タイム2分23秒8(良)。この日が39歳の誕生日だったクリストフ・ルメール騎手は、昨年のソウルスターリングに続く連覇。国枝栄調教師(63)は10年のアパパネ以来の春の牝馬2冠を制した。

 さえぎるものは、やはりいなかった。史上14頭目の牝馬クラシック2冠を、アーモンドアイが有無をいわせぬ横綱相撲で達成。39歳のバースデーを、オークス連覇という最高の形で飾ったルメール騎手の笑みがはじける。

 「ごっつあんです! いっぱい勝つ自信はあったけど、完璧な誕生日になりました。桜花賞は楽に勝てたけど、今回は彼女も精いっぱい走りました。みなさん、きょうはチャンピオンホースの走りを見ましたね」

 単勝オッズ1・7倍。出遅れた桜花賞から一転して、好スタートを決めた。1コーナーを前めの7番手で通過。想定外の光景に国枝調教師は、内心ヒヤリと肝を冷やした。「ゲート裏でエキサイトしていたし、実際ちょっと引っ掛かり気味だった。ゆったり行っているならいいけど…」。

 しかし、それも無用の心配に終わる。向こう正面で折り合いがつくと、あとは最強人馬の独壇場。直線で力強く抜け出すと、2着リリーノーブルに2馬身差をつけ、歓喜のゴールに飛び込んだ。

 「ルメール! ハッピーバースデー!」

 引き揚げてきた殊勲の騎手を満面の笑みで祝福したトレーナーにとって、樫制覇は2010年のアパパネ以来。当時はサンテミリオンと同着だっただけに、ひとりで上る表彰台は感慨もひとしおだ。

 「引っ掛かってロスもしているぶん、最後までもつのかと思ったけど、やっぱり底力があるね。ジェンティルドンナ(12年に2分23秒6のレースレコードでV、GI7勝)と同じような時計で走れたのも、やっぱりすごい馬だということ。いい馬に巡り合えて幸せ。おかげさまで無事に2冠を取れた。(3冠宣言した)ルメールが言った通りに、来られているからね」

 秋に見据える秋華賞(10月14日、京都、GI、芝2000メートル)は、アパパネなど4頭しか成し遂げていない牝馬3冠がかかる。宣言通りにオークスを制した名手も、偉業への視界を鮮明に捉えている。

 「2400メートルも問題なかったですけど、2000メートルはちょうどいいかもしれない。3冠にトライしたいですし、海外にだって行けます。特別な牝馬ですから」

 新緑のターフに鮮やかに輝くニューヒロイン。夢は3冠、そして世界へと広がっていく。 (内海裕介)

★20日東京11R「オークス」の着順&払戻金はこちら

 ◆オークスのプレゼンターを務めた女優の土屋太鳳 「馬券は(13)アーモンドアイの単勝を買いました。また、私が2月3日生まれの23歳なので(2)ラッキーライラックと(3)マウレアの複勝で勝負しました。結果は見事的中! 日本ダービーは4人で伺うのでとても楽しみです」

[もっと見る]

【オークス】リリーノーブル、勝ち馬の強さに脱帽2着 2018年5月21日(月) 05:04

 第79回オークス(20日、東京11R、GI、3歳牝馬オープン国際(指)、定量、芝2400メートル、1着本賞金1億1000万円 =出走17頭)阪神JF2着、桜花賞3着のリリーノーブルは、またも戴冠とはならず。最内枠から好位を確保したが、直線でアーモンドアイに一瞬にしてかわされ2着となった。川田騎手は「いい枠でしたし、スムーズな競馬ができました。全力で競馬をしてくれました」とパートナーをねぎらった上で、「やっぱり勝った馬が強かったですね」と脱帽。藤岡調教師も「直線でこれは(勝てる)と思ったけどね。勝ち馬が強かったです。ただ、ラッキーライラックには先着したし、やってきたことは間違っていなかった」とうなずいた。

★20日東京11R「オークス」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【オークス】リリーノーブルは好位から抜け出すも2着 川田「やっぱり勝った馬が強い」 2018年5月20日() 19:58

 5月20日の東京11Rで行われた第79回オークス(3歳オープン、牝馬、GI、芝2400メートル、定量、17頭立て=トーセンブレスは左前挫跖で出走取り消し、1着賞金=1億1000万円)は、桜花賞アーモンドアイ(美浦・国枝栄厩舎)が差し切り勝ち。史上14頭目の春の牝馬2冠を達成した。



 上位人気3頭からやや離れた4番人気だった桜花賞3着馬のリリーノーブルは、道中は内枠を利して好位で脚を溜めると、最後の直線で抜け出して見せ場を作ったが、惜しくも2着止まりだった。



 川田将雅騎手「(厩舎サイドに)いい状態に馬をつくってもらって、いい枠でスムーズな競馬ができました。全力で頑張ってくれましたが、やっぱり勝った馬が強い」

★【オークス】払い戻し確定!! 全着順も掲載

[もっと見る]

【オークス】アーモンドアイが史上14頭目の春の牝馬2冠達成 2018年5月20日() 15:47

 5月20日の東京11Rで行われた第79回オークス(3歳オープン、牝馬、GI、芝2400メートル、定量、17頭立て=トーセンブレスは左前挫跖で出走取り消し、1着賞金=1億1000万円)は、クリストフ・ルメール騎手騎乗の桜花賞馬アーモンドアイ(美浦・国枝栄厩舎)が1番人気に応えて差し切り勝ちを収め、史上14頭目の春の牝馬2冠を達成した。タイムは2分23秒8(良)。



 アーモンドアイは、後方一気の末脚で制した桜花賞とは一変。好スタートを切った後、昨年の2歳女王で桜花賞2着のラッキーライラック(2番人気)をマークする形で6番手を進んだ。直線に向くと、一旦先頭に立っていた桜花賞3着馬リリーノーブル(4番人気)を力強くかわし、2馬身差をつけてゴール。ラッキーライラックが、さらに1馬身3/4差の3着で、サトノワルキューレ(3番人気)は6着だった。



 アーモンドアイは、父ロードカナロア、母フサイチパンドラ、母の父サンデーサイレンスという血統。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬で、馬主は(有)シルクレーシング。通算成績は5戦4勝。重賞は2018年シンザン記念・GIII、桜花賞・GIに次ぐ3勝目。オークスは、国枝栄調教師は10年アパパネ(1着同着)に次いで2勝目。クリストフ・ルメール騎手は17年ソウルスターリングに次いで2勝目。

 ◆クリストフ・ルメール騎手「テンションは高かったけど、スタートで早めに(いい)ポジションを取ることができました。それからずっとリラックスしていて、直線でもすごくいい脚を使ってくれましたね。(初の2400メートルは)問題なかったです。牝馬3冠? 桜花賞後に『トリプルクラウン(3冠)を達成できる』と言いました。2000メートル(の秋華賞)もいけそうです。特別な牝馬で、ポテンシャルが高いですね」



★【オークス】払い戻し確定!! 全着順も掲載

[もっと見る]

⇒もっと見る

リリーノーブルの関連コラム

閲覧 1,242ビュー コメント 0 ナイス 7



 先週のオークスは、サヤカチャンがしっかりとレースを引っ張って平均ペースに持ち込んでくれたことでほぼ能力どおりに決着しました。最内枠から内々を上手く立ち回ったとはいえ、リリーノーブルラッキーライラック桜花賞での着順が入れ替わったことは意外でしたが、これはリリーノーブル自身の成長力によるものでしょう。

 私の本命◎マウレアは、桜花賞から大きな上積みを見せることができずの5着。しかし、現時点で成長力を欠いたと判断するのは早計。阪神ジュベナイルFチューリップ賞の上位3頭の中で、マウレアだけがデビューから一度も休養させていないので、その辺りの影響もあったのではないでしょうか。立て直されてからのレースぶりを見てみたいです。


■2018春シーズン 『競馬プロ予想MAX』presents連載コラムについて詳しくはこちら
https://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=10147


 さて、今週はいよいよ春競馬のクライマックス、日本ダービー。今週も決着指数の高かったハイレベルなレースをピックアップしました。ぜひ、参考にして下さい♪


 ★レベル1位 2018年 皐月賞 (PP指数21)

 前夜~朝方にかけての雨の影響で、タフな馬場で行われた皐月賞。内から押して押してアイトーンが逃げ、ジェネラーレウーノジュンヴァルロがそれに競って行く形。スタートしてから7F目(3コーナー)までペースがほとんど緩まず、レースは消耗戦となりました。

続きは、VIPクラブ会員登録でご覧頂けます。
※限定公開期間終了後は、一般会員の方もご覧頂けます。
続きを読む
登録済みの方はこちらからログイン

2018年5月23日(水) 17:45 競馬プロ予想MAX
先週の回顧~(5/19~5/20)今年2度目の3連単100万超払戻しマークのいっくんプロがトップ!
閲覧 829ビュー コメント 0 ナイス 6



先週は、20(日)に東京競馬場でG1オークスが行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G1オークスは、単勝1.7倍の断然人気で2冠を目指すアーモンドアイを中心に、2番人気にラッキーライラック(同4.1倍)、3番人気にサトノワルキューレ(同5.5倍)が続き、4番人気にはリリーノーブル(同12.3倍)、以下は単勝20倍以上と少し離れたオッズを形成し、スタートの時を迎えます。
最内から好スタートを切ったリリーノーブルに、外からサヤカチャンランドネが出を窺い、控えてリリーノーブルは3番手で1コーナーへ。カンタービレラッキーライラックと続き、直後の6番手にこの日は鞍上が抑えるくらいの行きっぷりの良さでアーモンドアイが好位追走。レッドサクヤオールフォーラヴマウレアサトノワルキューレパイオニアバイオシスターフラッグウスベニノキミと差なく1コーナーを回り、少し途切れてロサグラウカトーホウアルテミス、再び途切れてウインラナキラ、最後方にポツンとオハナの態勢でバックストレッチを目指します。サヤカチャンが後続との差を拡げ、10馬身以上離れて集団馬群の形で、前半1000mを59.6秒(推定)のペースで通過。縦長の淡々とした流れを、有力各馬は4番人気リリーノーブルが最も前の単独3番手、5番手~6番手にラッキーライラックアーモンドアイ、9番手あたりをサトノワルキューレの位置取りのまま3コーナーを回ります。
先頭のサヤカチャンのリードが徐々になくなって、リリーノーブルラッキーライラックアーモンドアイサトノワルキューレの上位人気馬間の差も徐々詰まりながら直線へ。残り400mで馬場の3分どころを通って先頭に立ったリリーノーブルに、すぐ背後からアーモンドアイラッキーライラックの2頭が迫り、その後ろからはレッドサクヤマウレアサトノワルキューレが追い出されます。必死に追われる先頭のリリーノーブルと、リリーノーブルの内に進路を切り替えて追撃するラッキーライラックの1枠両頭。これら2頭の鞍上の激しいアクションとは対照的に、ただ一頭“静”のスパートで外からあっさり飲み込んだのはやはりアーモンドアイでした。2~3番人気馬たちを楽々交わした後は、ゴールまでしっかりと差を拡げながら駆け抜け、見事2冠達成!2着リリーノーブルに2馬身差をつけて2分23秒8の好時計でゴール板を駆け抜けています。1馬身3/4差の3着にはラッキーライラックが入っています。
公認プロ予想家では、サウスプロ霧プロ西野圭吾プロサラマッポプロおかべプロ他、計19名が的中しています。
 
 
 
----------------------------------
 
☆☆☆注目プロ →いっくんプロ
19(土)の新潟2Rで3連単的中計20万7,800円払戻しをマーク!さらにこの日は新潟10Rで、3連単12万9,280円馬券1000円分を的中し129万払戻しのホームランを記録するなどの活躍を披露!週末トータル回収率220%、収支86万6,500円プラスのトップ成績をマークしています!
 
☆☆☆注目プロ →KOMプロ
19(土)新潟8Rで3連複732.4倍を含む計9万9,630円払戻しをマークすると、20(日)には東京2Rで◎スターオンザヒル(単勝56.8倍)的中や、新潟12Rでの◎カネトシブレス(単勝25.7倍)的中などの活躍を披露。週末トータルでは回収率141%、収支13万1,520円プラスを達成しています!
 
 
この他にも、おかべプロ(188%←2週連続週末プラス)、エース2号【予想マイレージクラブ限定】プロ(138%←2週連続週末プラス)、河内一秀プロ(103%)、サラマッポプロ(102%←2週連続週末プラス)、夢月プロ(101%)らが週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
 
 
----------------------------------
 
※全レースの結果情報はこちら


今週も、競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家陣の予想にご注目下さい。

[もっと見る]

2018年5月20日() 13:00 競馬プロ予想MAX
「プロ予想MAX四天王の決断!」/オークス G1(スガダイプロ)
閲覧 1,178ビュー コメント 0 ナイス 6

本日は3歳牝馬の頂点を争うオークスの予想を提供します。登場してもらうのは、ウマニティ公認プロ予想家のエースとして活躍しているスガダイプロです。ブレることのな先鋭的な予想で、数々のビッグヒットを飛ばしてきたカリスマ予想家の最終結論にご注目ください。
「例年以上にハイレベルだった桜花賞上位組を重視したい」と評価したスガダイプロが本命に推したのは②ラッキーライラック「これまではマイルしか走っていないが、体型、血統は明らかに中長距離向き。桜花賞ではアーモンドアイに完敗も、2400の距離なら逆転可能」と評価しました。対抗は「距離延長が歓迎とは言えないものの、絶対能力の違いで馬券圏内は確保してくれるはず」の⑬アーモンドアイ。以下、単穴に①リリーノーブルを指名し、⑤、⑥、⑦、⑪まで押さえます。馬券は単勝②、3連複2頭軸流し②⑬→①⑤⑥⑦⑪で勝負です。本レース以外のスガダイプロの予想は、ウマニティのプロ予想MAXでご確認ください。

(ウマニティ編集長・岡田大)

------------------------------------------------
プロ予想MAX四天王の決断!」とは・・・ウマニティが日曜のサンケイスポーツ競馬面にてお届けする連載コラムで、プロ予想MAX最強プロ予想家陣の中でも売上ランキング(前月の月間予想売上)で頂点に君臨する四天王の中から毎週1名の予想家が登場し、重賞予想を掲載しています。
------------------------------------------------


ウマニティ公認プロ予想家の予想はここが違う!
プロ予想家の予想は、予想の収支が完全公開されているガチンコ勝負の予想です。予想収支を出さない他の予想サイトとは一線を画しています。

【プロ予想家の提供する予想】
1.予想印(◎◯▲△×)による評価
2.コメントで予想根拠を提示※1
3.資金配分をした買い目(予算最大1万円)
※1:コメントの無い予想もあります。コメントの有る無しは購入前に確認できます。

【予想例】いっくんプロの皐月賞予想
3連単106万4360円を10点買いで的中!1063万4360円払戻し!


「競馬プロ予想MAX」には総勢30名のウマニティ公認プロ予想家がいます!
プロ予想家の収支はリアルタイムで完全公開されています。
まずは、どんな予想家がいるかあなたの目で確かめて下さい。
>>詳しくは競馬プロ予想MAXへ<<

[もっと見る]

2018年5月16日(水) 12:15 くりーく
くりーくの中間調教チェック 2018オークス編
閲覧 1,604ビュー コメント 0 ナイス 9



こんにちは、公認プロ予想家のくりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
前走からの中間の調整内容(評価はA~F)を中心に、各馬コメントをしていきたいと思います。


オークス>登録頭数:20頭(フルゲート:18頭)

【優先出走馬】

トーセンブレス(B)
NHKマイルCにも登録していたくらいなので距離に関して気になるところがあるのかもしれないが、その分早い段階から強めの追い切りを普通に消化していて動きを見ても疲れがあるようには見えない。状態面に関しては問題なさそう。

パイオニアバイオ(D)
前走時のコラムでは、使い詰めでも予想外に良い動きをしていたので最終予想でも印を回していたが、さすがに今回は1週前追い切りの動きを見ても前走の勢いはなさそう。

マウレア(C)
ここ2戦が良い感じだったのでこの中間は時計的には少し物足りない感じもするが、ガクッと調子が落ちたという感じではない。

ランドネ(C)
デビューも遅く、使い詰めのため1週前はさすがに控えめな追い切り内容。もう一度輸送もあるのでビシッと追うことも難しそうで、ゆったりしたローテーションの馬とは調整の差が出てしまうだろう。

リリーノーブル(A)
前2走とも順調に調整されての出走で、先着した馬が強過ぎたというしかない内容。ただこの中間も坂路で入念に乗り込まれており、1週前の坂路での動きだけで判断するならもう一度◎にしても良いくらい、これまでで一番良い動きだった。今回も最終追い切りはCWだろうが、そこでどんな動きを見せるか非常に気になるところ。


<以下、収得賞金順>

カンタービレ(C)
前走のフラワーC勝ちでトライアルを使わずに済んだことは大きく、角居厩舎の残りの2頭と比較しても調教内容に関してはこの馬が一番。ただ、使い詰めのサトノワルキューレに先着を許しているようでは、もっと強い相手には歯が立たないかもしれない。

オールフォーラヴ(D)
この馬も使われる毎に馬体重が減っていて、前走時はかなり細く見えた一頭。この中間の調整も、併せ馬を行っていないことや、2週前が坂路、1週前が芝とこれまでのようなCWで併せて追い切られる本来の調教ができていない点などを見ると、馬体を維持するので精一杯なのかもしれない。

レッドサクヤ (B)
前走時も乗り込まれていて最終追い切りの動きも良く見えた馬だが、今回も入念な乗り込みで順調にきている感じ。この馬も出来に関しては問題なさそう。

スカーレットカラー※フレグモーネのため出走回避。

サヤカチャン(F)
アルテミスSでは、ラッキーライラックの2着に好走している馬だが、近走は大敗続きで逃げられても距離延長はプラスにはならない。

オハナ(D)
小柄な馬で前走では2kg増えてはいたものの身になっている感じはなく、もっと馬体が増えてこないと厳しい感じ。間隔も詰まっていて、1週前もビシッと追うことができず上積みは期待できそうにない。

トーホウアルテミス(C)
2走前に増えた馬体も、前走で絞れてしまいこれ以上は馬体を減らしたくない状態。坂路で時計の出る馬なので、最終追い切りで終い伸びる走りができれば何とか前走の状態を維持できそうではあるが、輸送もあるので上積みまでは厳しそう。

ロサグラウカ(B)
2戦2勝。トライアルも使わずマイペースで順調に調整されてきている。1週前にはG1馬のレッドファルクスの外に併せて、多少重い感じに映ったものの互角以上の動きで状態面での不安はない。最終追い切りでの動きにも注目。


【以下、抽選により3頭出走可能】

ウインラナキラ (D)
これまで最終追い切りはDPコースか芝コースで追われていて物足りない時計しか出ていない馬。使い詰めでもありここでは厳しい。

ウスベニノキミ(C)
フラワーC時にはトモが寂しく見えたが、前走時は馬体を少し戻して悪くはない感じ。追い切りに関しては、ここ2戦力強さに欠ける印象もガタっと悪くなったということもなく、1週前追い切りでは併せ馬で先着と動きは前走より良く見えた。

ゴージャスランチ(C)
パイオニアバイオに先着しての未勝利勝ちで、前2走も上位とは差のない競馬をしていることから、能力的にはフローラS上位組と同じくらいの力はある。ただ大きめの馬なので最終追い切りをビシッと追ってくるくらいでないと、力は出せない。

シスターフラッグ(B)
この馬は重賞でもそこそこ走っていて、前走でも◎にしたくらい坂路で速い時計の出る馬。切れる馬ではなく追い出しを待っても前走のように切れ負けしてしまうタイプなので、自分で動いて長くいい脚を使ってのスタミナ勝負に持ち込みたいところ。最終追い切りでも、坂路で好時計は出るだろうがあとは動きを見てから判断したい。


※なお、アーモンドアイラッキーライラックサトノワルキューレに関してはシューナカコラムでコメントしていますのでそちらをご覧下さい。



◇今週はオークス編でした。
いよいよオークス、そして翌週のダービーと、3歳クラシックの頂点を決めるレースが迫ってきて日を追うごとに緊張感が高まってきます。新馬戦を中心に2歳、3歳戦を多く予想している私にとってはオークス、ダービーはこの1年の総決算であり、いちばん目に焼きつけておきたいレースでもあります。
今週のオークスでは強い桜花賞組を中心に、府中の2400mを舞台にどんなレースを見せてくれるのか、個人的には強い馬に秋のロンシャンへ繋がるようなレースを期待したいと思っています。
今シーズンは、オークス、ダービーに繋がるようにと、G1レース以外でもこのコラムを連載してきたので、おさらいの意味も兼ねて、もしよければ過去のコラムもご覧頂ければ幸いです。そして、少しでも皆さんの予想のお役に立てたらと思っております。


◆2017阪神JF編→こちら
◆2018弥生賞&チューリップ賞編→こちら
◆2018桜花賞編→こちら
◆2018賞フローラS編→こちら

それでは次回日本ダービー編でお会いしましょう。



オークス出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。

※最終結論はレース当日のくりーくプロページでチェックしてください。

[もっと見る]

2018年5月15日(火) 15:15 覆面ドクター・英
オークス2018
閲覧 2,358ビュー コメント 0 ナイス 16



先週の振り返りから。ヴィクトリアマイルは、1着と3着が、トップ種付け料4000万円のディープインパクト産駒で、2着が種付け料800万円と第3位のハーツクライ産駒でした。人間でも娘は父親似が多いように((?)ウチは二人ともそうです)、牝馬は父の影響がより強い印象で、ディープインパクトが牝馬のほうが活躍馬の多いフィリーズサイアーと言われたりするのも、牝馬のほうがよりストレートに自分の能力を伝えられるからなのかもしれません。先週のコラムで推奨した馬たちの決着だったのですが(ジュールポレールは昨年同様やれてよい、リスグラシューは人気ほど抜けた実力でないが当然やれてよい、レッドアヴァンセは2週連続で激走のある血統)、軸にしたアドマイヤリードがさっぱりで……。雨の影響を考えてステイゴールド産駒を抜擢したのですが、雨は考えないほうが的中に近づいていたようです。

さて、今週はオークスがやってきました。桜花賞組対「マイルでは足りないかという、はじめからオークス狙い組」との対決になります。この時期の牝馬にとって2400mというのはどの馬にも長くてタフな条件であり、能力で距離をこなすのか、この距離に適性があるタイプが台頭するかというレースでもあります。余談ですが、5月は固定資産税の請求が毎年来る月でもあり、まずは固定資産税分くらいはG1で稼ぎたい、ついでに3軒分土地を買い建てた我が家の残り20年分のローンもWIN5で一気の完済をして、より自由な身となりたい(笑)


それでは恒例の全頭診断へ。

1番人気想定 アーモンドアイ 桜花賞は豪脚繰り出して圧勝を見せており、まだまだ幼い感じがありマイルCSあたりで狙おうと思っていたのだが、いきなり結果を出してしまった。母が桜花賞2番人気14着、オークス2着、秋華賞3着、エリザベス女王杯1着だったように、むしろ距離不足が心配なタイプだったので、ロードカナロアを短距離種牡馬だと誤解している人たちを尻目にここでもしっかり評価したい。ロードカナロアはまだ今よりだいぶ若かった福永騎手じゃなかったら、マイルから1800mを中心に使っててもおかしくなかったんじゃないかと思われる。距離不安で人気落としてくれればむしろ幸い。

2番人気想定 ラッキーライラック チューリップ賞と桜花賞が全く同じ時計の1分33秒4と、自分の力は出し切っており、桜花賞は負けたが仕方なかった状況。母がフォーティーナイナー系×シアトルスルー系で距離はマイルまでなんて競馬記事も見るが、全然そんなことは無いと思っている。ハーツクライもそうだが、スタミナ種牡馬は母系がスピード系くらいがちょうど良く、日本の馬場でのこのくらいの距離は全然問題なくこなす。そもそもオークスは能力で同世代同士なら距離こなすことの多いレースで、母系から消すのはナンセンス。

3番人気 サトノワルキューレ 4戦3勝でトライアルのフローラSでもスローの流れを最後方から、上り3F33.4秒と豪脚を見せて勝ち切った。角居厩舎らしく無理使いせず、ここを目標にやってきて、当然通用の一頭。

4番人気想定 リリーノーブル 新馬、白菊賞と連勝した馬でデビューから5戦連続マイルを使ってきたが、ルーラーシップ産駒だけに距離は延びても悪くはないのでは。500kg前後の雄大な馬格もあり、特に消し要素も無い。

5番人気想定 マウレア 桜花賞馬のアユサンの下で、この馬もデビューから6戦続けてマイルを使われてきたように桜花賞を意識していたのだろう。姉はオークスで4着だったが、後に秋華賞エリザベス女王杯を制したり、ヴィクトリアマイルで2着するメイショウマンボデニムアンドルビーに負けただけで、血統的に距離が長かったとするのは早計か。ただ今年は上位馬のレベルが高く、掲示板の下の方に来ることができればといったところか。

6番人気想定 オールフォーラヴ 以前は忘れな草賞組も侮れない勢力だった時期もあったのだが、今年もレベルの高くないレースだったので、ばっさり消すのが良いのか。

7番人気想定 トーセンブレス オークスにリンクすると言われていたフラワーCの2着馬で、桜花賞では終わった頃に差してきて4着だったが、距離が延びて良さそうに見えて距離が延びてもやはり届かず、のタイプなのでは。

8番人気以下想定
カンタービレ スタミナを問われるのでオークスとリンクしそうな先述のフラワーCの勝ち馬だが、今年は特にレベルの高くないレースだったので要らなそう。

レッドサクヤ エルフィンS勝ちで、桜花賞7着とゆっくり力をつけてきている。社台F&藤原英厩舎らしく無理使いせずに上昇してきた。頭までは無さそうだがヒモには入れたい。

パイオニアバイオ 惜敗続きで勝ち上がりまでに8戦を要したが、未勝利勝ち後にいきなりフローラSで13番人気2着とルーラーシップらしいゆっくりした上昇みせている。

ゴージャスランチ 忘れな草賞もスイートピーSも3着と、強くない相手にも勝ち切れないようでは、ともにあまりレベルの高くないレースだっただけに......。2400mだから特に良さそうでもなく要らなそう。

オハナ 母母が名牝ノースフライトで、堀厩舎にオーナーは金子さんと人気要素満載なのだが、410kg台の小さな身体でビシビシ調教を積めずで、新馬、菜の花賞と連勝した後はクイーンC4着、フローラS14着と結果を出せていない。繁殖に上がってからに期待の馬か。

ロサグラウカ 母母がローズバドの良血馬でデビュー戦が2000m、2戦目が中山2200mの水仙賞を選んで連勝してきたように、スタミナに自信があるのだろう。間隔が空いたのは微妙だが、順調に成長していれば血統的にも通用しておかしくない底力を秘めているのでは。

スカーレットカラー フレグモーネのため出走回避。出走していても厳しかっただろう。

トーホウアルテミス 忘れな草賞で11着と惨敗したが、自己条件の矢車賞を8番人気ながら快勝してきた。トーホウジャッカルトーホウアマポーラの下でポテンシャルはあるのだろうし、ハーツクライ産駒だけに距離が延びるのはいいのだろうが、成長は秋以降か。

サヤカチャン アルテミスSラッキーライラックの2着したあとは低迷が続いている。種牡馬リーチザクラウン自体は母系が非常に優秀なのでこのくらいやれて全然おかしくないのだが、この馬自身は......。既に12戦使っているように、ちょっと伸び悩み。

ランドネ マル外で父はロベルト系のブレイム、母がエーピーインディ系で、500kg近い雄大な馬体からも、先々は牝馬交流重賞あたりが活躍の場となるのではないか。距離自体は良いのだろうが、東京の長い直線は向かなそう。

ウインラナキラ 未勝利勝ちしかなく、自己条件の500万下でも6着に負けているようでは望み薄。

シスターフラッグ 昨年7月にいきなり函館で新馬勝ちするも、以降結果出せず。父ルーラーシップだけに、そのうち上昇してくるのかもしれないが既に7戦使っており、ここは要らなそう。


<まとめ>人気上位馬が強い。
有力馬 アーモンドアイラッキーライラックサトノワルキューレリリーノーブル

穴馬 レッドサクヤパイオニアバイオロサグラウカ

[もっと見る]

2018年5月13日() 15:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2018年05月13日号】特選重賞データ分析編(98)~2018年オークス~
閲覧 1,915ビュー コメント 0 ナイス 7



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G1 オークス 2018年05月20日(日) 東京芝2400m


<ピックアップデータ>

【“同年、かつ東京か京都か阪神、かつ1600m以上、かつ重賞のレース”における連対経験の有無別成績(2014年以降)】
○あり [4-4-2-15](複勝率40.0%)
×なし [0-0-2-44](複勝率4.3%)

 近走成績を素直に評価したい一戦。2013年以前を含めても、3着以内馬の大半は年明け以降に東京か京都か阪神の重賞で連対を果たしていました。条件クラスやオープン特別のレースを主戦場としてきた馬はもちろん、2歳時、ローカル場、中山の重賞でしか好走したことがない馬も信頼できません。

主な「○」該当馬→パイオニアバイオマウレア
主な「×」該当馬→オールフォーラヴカンタービレリリーノーブル


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

[もっと見る]

⇒もっと見る

リリーノーブルの口コミ


口コミ一覧

18-19 POG 11週目③

 ムーンシュタイナー 2018年8月10日(金) 21:31

閲覧 34ビュー コメント 0 ナイス 5

■OUT

アルポルト  
(ルーラーシップ×ガラアフェアー)
KTレーシング 須貝厩舎 ノーザンF

KTレーシング×須貝厩舎で
すでのゲート試験合格済み。
放牧出されて2カ月経ちますが、音沙汰なし。
秋に向けて早い馬は暑い時期でも戻って
用意し始めていますが、少し遅くなるかなぁと、
やや不安に思っていました。
初仔で体質面やサイズに問題があった場合は
即OUTとしたいので、チェンジ候補がいれば
積極的に替える判断。
ルーラー牝馬で秋デビューで活躍馬といえば
リリーノーブルですが、
キンカメ×バプティスタのニックス馬なので、
この馬はちょっと別扱いかと。


■IN

カレンブーケドール
(ディープインパクト×ソラリア)
鈴木氏 国枝厩舎 社台F

7月に入厩して1カ月でデビュー予定出ていましたが
この時期にフケ?のようで1-2週遅らせるよう。
その合間に獲得しましたが、
言わずもがな社台のディープ。

社台ファームの落ち目はディープインパクト産駒を
上手く育成できていないところにあり、
今なおその傾向が続くなかで指名するのはどうか
と思ったが、社台ファームでのPOG期間の成功馬は
マルセリーナ、レッドオーヴァル、トーセンブレス、
エバーブロッサム、レッドサクヤ姉妹などマイラー系。
配合的にはマルセリーナ以外はノーザンダンサー
(特にニジンスキー含む)とミスプロの影響下にある
わかりやすいパワースピードタイプの血統をもつ母
から活躍馬が出ていて、そこを狙うのが常套。

カレンブーケドールの母ソラリアは自身の実績とは別に
血統的にはミスプロの凝縮+ノーザンダンサー薄目だが
ニジンスキー経由2本で相性は良いはず。
赤本に馬体が出ているが、胴が詰まり気味で
「体の割にたくましさ」コメントあり、
近況でも素軽い動きを見せているように、
社台ファームでも何とかなるかもしれない
マイラータイプのディープ。
また国枝厩舎、カレンの鈴木氏なら、
当たりの可能性はあるかと。
少なくとも調教見ながら出し入れできるので
このタイミングで入札。


牝馬では以下のようなフォーメーション。
中距離以上
 ラフランシール
 クィーンユニバンス
1600m
 ルガールカルム
 カレンブーケドール
1200-1400m
 リサオブザナイル
 ヴォルカン
 (テルモードーサ)
ダートも可
 アマーティ


ルガールカルムは東京予定
リサオブザナイルは再入厩したので
早ければ中山ぐらいか。

 イータン 2018年6月1日(金) 09:23
安田記念2018 気になる馬
閲覧 737ビュー コメント 6 ナイス 65

本当に出走するの?と思う連闘のモズアスコット。鞍上もルメールに変わりそこそこ人気になりそうです。前走の安土城S後、同馬を管理する矢作芳人調教師は「調整に関しては疲れを取ることが主眼です。連闘は私の得意なローテーションですから何の心配もしていません。」とコメントしておりますが、走るのはお馬さんですからとツッコミたくなりますね。
今の東京の超高速馬場はホント危険だと思います。オークスではリリーノーブルが骨折。そして、昨日日記にも書きましたがダービーではキタノコマンドールが屈腱炎。前走は出遅れて大外を回って上がり32秒9(消耗している)京都で走って連闘で東京輸送。今回、背負ったことがない斤量58キロ。そして初GⅠ。しかも、未だ1年も経っていないのにこれで11走目。私は心配だらけです。馬券になるならないに関わらず無事にレースを終えてほしいです。

ダービー14着でしたグレイルは右第1指骨剥離骨折していたことが判明。今後3ヶ月以上の休養を要する見込みです・・・。←追記しました。

[もっと見る]

 ターフネス 2018年5月27日() 11:54
霜降り明星・粗品の態度が悪すぎ。
閲覧 117ビュー コメント 0 ナイス 2

こんにちわ。
先週は阪神JF2着のリリーノーブルを
軽視した自分に反省している芝猫です。
関西で放送されているうまんちゅにて
霜降り明星・粗品の悪態に気分が悪くなったので
ちと書かせていただきます。
オークスの予想でバトルするのはいいと思います。
結果が出るまでは「オレの本命馬」推しで
言い合うのは当たり前なんですが
結果が出てから外れたシャンプーハット・てつじの予想を
「てつじさんがラッキーライラック2着にしか入れてなかったのを見て
ひとしお嬉しかったです。」
って人が外した予想を喜ぶなんてサイテーです。
いくら先輩が上から目線で言っていたとはいえ
結果後はノーサイド、結果から自分の予想の
「何が良かったか、何が悪かったか。」を見るべきなのに
自分が的中したレースで予想を外した人を貶すなんてナンセンス。
と、思ったので書いてみました。

[もっと見る]

⇒もっと見る

リリーノーブルの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

リリーノーブルの写真

リリーノーブルの厩舎情報 VIP

2018年5月20日優駿牝馬 G12着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

リリーノーブルの取材メモ VIP

2018年5月20日 優駿牝馬 G1 2着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。