コパノマーティン(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
POGウォッチリストに登録すると、ウマニティPOGのPOGリストに追加できます。
今すぐ会員登録
コパノマーティン
写真一覧
現役 牡3 黒鹿毛 2016年3月23日生
調教師村山明(栗東)
馬主小林 祥晃
生産者谷岡牧場
生産地新ひだか町
戦績 8戦[1-0-1-6]
総賞金705万円
収得賞金400万円
英字表記Copano Martin
血統 スクリーンヒーロー
血統 ][ 産駒 ]
グラスワンダー
ランニングヒロイン
ラブディラン
血統 ][ 産駒 ]
Dylan Thomas
ゴンチャローワ
兄弟 カシアス
前走 2019/01/06 日刊スポシンザン記念 G3
次走予定 2019/01/26 はこべら賞 他1レース

コパノマーティンの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
19/01/06 京都 11 シンザン記念 G3 芝1600 12812280.91210** 牡3 56.0 藤岡康太村山明484(+10)1.36.7 1.036.9ヴァルディゼール
18/12/16 阪神 11 朝日杯FS G1 芝1600 15712604.61511** 牡2 55.0 坂井瑠星村山明474(-4)1.35.9 2.034.4⑨⑫アドマイヤマーズ
18/11/17 京都 9 もちの木賞 500万下 ダ1800 103389.31010** 牡2 55.0 池添謙一村山明478(-2)1.56.5 4.340.8⑥⑤⑤⑧ノーヴァレンダ
18/11/04 京都 3 2歳未勝利 ダ1400 107723.871** 牡2 55.0 戸崎圭太村山明480(+12)1.26.5 -0.238.4キョウワドリヴン
18/09/01 札幌 1 2歳未勝利 ダ1700 1481339.6611** 牡2 54.0 古川吉洋村山明468(-6)1.50.5 3.741.6④④⑥⑧フクノワイルド
18/08/18 札幌 2 2歳未勝利 芝1800 73319.443** 牡2 54.0 古川吉洋村山明474(-2)1.52.3 1.238.2シェーングランツ
18/07/14 函館 1 2歳未勝利 ダ1000 1281111.154** 牡2 54.0 古川吉洋村山明476(-2)1.00.5 1.236.3⑧⑥デンバーテソーロ
18/06/24 函館 5 2歳新馬 芝1200 155920.469** 牡2 54.0 古川吉洋村山明478(--)1.11.3 1.336.1アスターペガサス

コパノマーティンの関連ニュース

 ◆池添騎手(パッシングスルー4着) 「今回はいつでも動ける位置からもたもたした。直線はまた伸び返そうとしていたので、これがいい経験になれば」

 ◆秋山騎手(ハッピーアワー5着) 「前を射程圏に入れて運ぶレースだったが、そういう走りをすると止まってしまい、距離が少し長いと感じた」

 ◆松山騎手(ミヤケ6着) 「いいところを通れた。直線もこの馬なりに伸びてくれました」

 ◆武豊騎手(ゴータイミング7着) 「一瞬、伸びそうだったけどね。これが次につながれば」

 ◆福永騎手(ドナウデルタ9着) 「スペースがなく、かわいそうなことをしてしまった。申し訳ない」

 ◆藤岡康騎手(コパノマーティン10着) 「行ってくれという指示。これから力をつけてくれば」

 ◆和田騎手(シャドウエンペラー11着) 「3番手で落ち着いたが、手応え通りに動けなかった」

 ◆浜中騎手(ニホンピロヘンソン12着) 「いろいろ工夫して臨んでも、イレ込んだのが痛かった」



★6日京都11R「シンザン記念」の着順&払戻金はこちら

【シンザン記念】ヴァルディゼールがイン伸び接戦制す 2019年1月6日() 15:55

 1月6日の京都11Rで行われた第53回シンザン記念(3歳オープン、GIII、芝・外1600メートル、別定、12頭立て、1着賞金=3800万円)は、北村友一騎手騎乗の4番人気ヴァルディゼール(牡3歳、栗東・渡辺薫彦厩舎)が無傷の2連勝。タイムは1分35秒7(良)。

 ハナを切ったのは大外枠から好スタートを決めたコパノマーティンヴァルディゼールは中団を追走。直線は京都外回り芝特有のラチの切れ目で最内があく位置をグイッと抜けて、大外から脚を伸ばすマイネルフラップをクビ差抑えて、11月の新馬勝ち(京都芝1600メートル)からの連勝で初タイトルを手にした。キャリア2戦目でのシンザン記念優勝は史上初。これまでの最少キャリアは2018年アーモンドアイなどの3戦目だった。管理する渡辺薫彦調教師は開業4年目でJRA重賞初制覇。

 クビ差の2着に最後方追走から大外一気に追い込んだマイネルフラップ(10番人気)、さらに1馬身半差遅れた3着にはミッキーブリランテ(2番人気)。1番人気のアントリューズは8着に敗れた。

 シンザン記念を勝ったヴァルディゼールは、父ロードカナロア、母ファーゴ、母の父ハーツクライという血統。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬で、馬主は(株)G1レーシング。通算成績は2戦2勝。重賞初制覇。シンザン記念は、渡辺薫彦調教師、北村友一騎手ともに初優勝。

 ◆北村友一騎手(1着 ヴァルディゼール)「ゲート自体が安定する馬ではないので、いい枠でしたし、ゲートだけしっかり出て好位で競馬をしたいと思っていました。体も気性もまだ幼いですが、“伸びしろ”ととらえたいですね。ポテンシャルはあるので、もっともっとこれから成長していってほしいです」



★【シンザン記念】払い戻し確定!! 全着順も掲載

[もっと見る]

【ズバリ!調教診断】シンザン記念 デイリー杯2歳S経由の2頭が好感触!前走新馬快勝のロードカナロア産駒も上々の伸び脚!2019年1月6日() 09:40

日曜日に行われるシンザン記念の出走馬の追い切り内容について、1頭ずつ考察していきます。予想の際にお役立てください。


マイネルフラップ
中1週ということもあってか、栗東坂路で行われた今週の追い切りは軽めの内容。それ自体はいいとしても、ラスト2Fのラップは26秒6-13秒4。単走とはいえ、物足りない印象を受ける。上り目に乏しく、今回は割引が必要だろう。

ヴァルディゼール
今週の追い切りは栗東坂路で実施。反応鋭く、上々の伸び脚を披露した。少し若さの残る走りではあるが、脚捌きの力強さには目を引くものがある。攻めの良さを活かすことができれば、見せ場以上のシーンがあってもおかしくない。

ハッピーアワー
朝日杯FSをパスして、ここ目標に慎重かつ丹念な調整。その効果もあってか、栗東CWで行われた最終追い切りでは、集中力に満ちた安定した走りを見せた。首が立つような姿は変わらないが、四肢の可動域が広くなっている点は好印象。そのぶん、時計以上に進みが良くなっている。好仕上がり。

ゴータイミング
この中間は前回と打って変わって栗東坂路主体の調整。目立つ時計は出ていないが、坂路では動かないタイプなので、過度に気にする必要はない。まとまりのあるフォームで、スイスイ登坂するさまをみるにデキは悪くなさそう。あとは、実戦で折り合いがつくかどうか。その1点に尽きる。

アントリューズ
坂路と南Wで丹念に乗り込まれ、26日に南Wで行われた3頭併せではホウオウカトリーヌを一蹴。今週の坂路追い切りでも、終い重点ながらキレイな加速ラップを記録した。中間の内容を確認する限り、デキ落ちは感じられない。輸送をクリアできれば、チャンスは十分にある。

ドナウデルタ
栗東帰厩後は坂路で毎週のように併せ馬を敢行。最終追い切りでは、4F自己ベストをマーク、ラスト2Fも24秒4-12秒2でまとめてきた。手前をコロコロ替える点は気になるが、気配は間違いなく前回以上。一撃あっても不思議はない。

ニホンピロヘンソン
最終追い切りは栗東CWで実施。緩めの内容で時計は平凡だが、行きたがる面ばかりが目立っていた、これまでのイメージとはガラリ一変。頭の位置が低く、ハミ受けもスムーズ。トビまで大きくなっている。このままテンションを維持できるようなら、一考の価値はありそうだ。

ミヤケ
今週の追い切りは栗東CWにて長めから実施。掛かることなくスムーズな脚捌きを見せたものの、全体的にワンペースの走りで切れ味に欠けるところは、これまでと同様。良い意味での変わり身は窺えず、今回の舞台で好パフォーマンスを示せるかどうかについては疑問。ここは様子見が賢明だろう。

パッシングスルー
この中間は南Wと坂路を交えて順調にメニューを消化。2週前と1週前に南Wでミュゼエイリアンと併せ馬を行い、及第点のラップを計測&互角以上の動きを披露。同じく南Wで行われた今週の併せ馬も悪くない内容だった。初戦と比べて、気配は確実に上昇している。上位を狙える仕上がりとみたい。

ミッキーブリランテ
28日の栗東坂路追い切りでは、終い重点の内容でキッチリと後傾ラップを記録。同じく坂路で実施した最終追い切りでも、マズマズのタイムを計時した。終いのラップを少し要しているが、追ってバテているわけではないので、大きな問題はないとみる。好調キープと判断したい。

シャドウエンペラー
1週前、今週と栗東坂路でラスト1F12秒台前半の好ラップをマーク。少し流れ気味の完歩ではあるが、蹴り足は力強く、身のこなしも素軽い。中間の気配だけを検証すると、もっと実戦で走れていいハズだが……。いつ結果を出してもおかしくないだけに、警戒を怠れない1頭と言えよう。

コパノマーティン
使い込まれているが、キッチリと本数をこなしており、体調面の不安はなさそう。調教時計も悪くはない。とはいえ、前回から大きな変化が見受けられないのも事実。ゆえに、調教面の強調材料は少ないと言わざるを得ない。芝のマイル重賞では厳しいだろう。



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【斬って捨てる!】シンザン記念 前走大敗馬の変わり身は期待薄!複勝圏外続きの馬も要割り引き!2019年1月6日() 09:20

ウマニティの重賞攻略ページに掲載されている「データ分析」の内容や、シンザン記念の近年の結果をもとに、凡走パターンに合致する馬をピックアップするものです。予想の際にお役立てください。


【全般】
前走2ケタ着順、かつ1秒0以上敗退馬の連対例は皆無(2008年以降)

ゴータイミング
ニホンピロヘンソン
コパノマーティン

近2走とも4着以下(降着は除く)に敗れていた馬の好走例はゼロ(2009年以降)

シャドウエンペラー

近3走内に非重賞戦で2ケタ着順(降着を除く)がある馬の好走例はみられない(2009年以降)

コパノマーティン

前走で2000m戦に出走していた馬の連対例は皆無(2009年以降)

ミヤケ
シャドウエンペラー

2カ月以上の休み明けの馬を除くと、近2走とも左回りのレースに出走していた馬の連対例はゼロ(2008年以降)

アントリューズ

【人気】
前走1番人気だった馬を除くと、前走で左回りの新馬・未勝利戦に出走していた馬の好走例は皆無(2009年以降)

パッシングスルー

【枠順】
馬番枠10番の連対例はゼロ(2009年以降)

ミッキーブリランテ


【上記の凡走パターンに合致しなかった馬(連軸候補)】
マイネルフラップ
ヴァルディゼール
ハッピーアワー
ドナウデルタ



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【血統アナリシス】シンザン記念 ここでも好戦可能のハービンジャー産駒!血統魅力度の高いロードカナロア×名門牝系配合馬! 2019年1月5日() 16:31


日曜日に行われるシンザン記念の出走馬について、血統的な舞台適性の有無を1頭ずつシンプルに考察していきます。 予想の際にお役立てください。




マイネルフラップ
ヴィクトワールピサ×ロージズインメイという、馬力型同士の組み合わせ。そのあたりが影響しているのか、ここまでの2勝は直線急坂コース+道悪競馬で挙げたもの。半面、速い上がりを求められる競馬ではいいところがない。適性を計りかねる部分はあるが、千両賞のハマり具合をみるに、阪神→京都のコース替わりがプラスに作用するとは思えない。ここは様子見が賢明ではないか。

ヴァルディゼール
母ファーゴはハーツクライ×ウッドマンの配合馬。地味に見えるが、さかのぼると4代母に名牝セックスアピール、3代母の半妹にはロッタレースがいる名門の出自。その牝系にロードカナロアを掛け合わせ、母父にサンデーサイレンス系種牡馬を挟むという配合構成はアーモンドアイを想起させる。ゆえに、潜在的な舞台適性については申し分がない。血統魅力度の高い1頭だ。

ハッピーアワー
父のハービンジャーは産駒として、マイルCSを制したペルシアンナイトを輩出。当レースでも数少ない出走頭数ながら、2頭の上位入線馬を送り出している。加えて、母父であるディープインパクトも父として多数の京都マイル重賞好走馬を輩出しており、血統構成上の舞台適性については文句のつけようがない。近い親族に重賞級がいない点はネックだが、本馬自身がデイリー杯2歳Sで3着入線を果たしており、馬齢限定のG3なら底力の不足はないとみる。ここでも好戦可能だ。

ゴータイミング
父のディープインパクトは産駒として、京都芝マイル重賞の活躍馬を多数輩出。母のサラフィナは仏G1で3勝を挙げており、牝系の底力についてもケチのつけようがない。兄と姉の日本国内における成績は評判倒れのかたちになっているが、全兄のジェニアルが昨夏の仏G3を制するなど、ファミリーの近況が活気づいている点は好感が持てる。特長を存分に活かせる持続力勝負になれば、面白い1頭になりそうだ。

アントリューズ
父のロードカナロアは産駒として昨年の勝ち馬アーモンドアイを輩出。シンザン記念と同じコースで行われるマイルCSでも優勝馬を送り出している。ゆえに、父系の舞台適性については申し分がない。一方、きょうだいをみると、重賞級はゼロ。根幹重賞を勝ち切るには、活力の面でパンチが足りない。父の適性の高さと連勝の勢いを、評価しての連下扱いが妥当とみる。

ドナウデルタ
母のドナウブルージェンティルドンナの全姉にして重賞ウイナー。G1でも上位争いを演じた優れたマイラーだった。その母にロードカナロアを配合しているのだから、高いマイラー資質を秘めているのは明白。キングマンボ系×サンデーサイレンス系配合馬の当レースにおける相性も良く、大きなマイナス材料は見当たらない。上位争いに絡んできても、何ら不思議のない血統構成だ。

ニホンピロヘンソン
さかのぼると、5代母に鶴藤(クリフジの全姉)の名があるように、由緒正しい牝系の出。祖母のニホンピロクリアは、複数の重賞ウイナーを輩出。近親にも重賞級の名が見られることから、時代遅れのクラシカル血統と結論付けるのは早計。配合次第では、まだまだ活躍を期待できる血脈と言えよう。本馬の父ルーラーシップは当レースと比較的相性が良いキングマンボ系。前回から多少なりとも相手が軽くなる点も好材料。警戒を怠れない1頭だ。

ミヤケ
ディープブリランテ×アンブライドルズソングの配合馬。父系、母系ともに当レースで好走馬を送り出している点を鑑みると、本馬もそれなりの適性を備えているものと考えられる。半面、兄姉と近い親族に重賞級の存在はなく、根幹重賞では活力の面で物足りない印象。強調できるポイントは少なく、得意とする道悪馬場の出現でもない限りは見送りが正解だろう。

パッシングスルー
兄姉はクラスが上がると頭打ち、近い親族は重賞一歩手前というタイプが多く、爆発力に乏しい印象。ただ、ルーラーシップ×クロフネの配合は、昨春のクラシック戦線を賑わせたリリーノーブルと同じ。そのあたりを踏まえると、セカンドクラスの重賞であれば、上位争いも可能という図式が成り立つ。また、上がり最速の末脚を繰り出して新馬勝ちした本馬には兄姉の傾向が当てはまらない可能性もある。侮れない1頭と言えよう。

ミッキーブリランテ
父の父ディープインパクトは京都芝のマイル重賞で数多くの活躍馬を輩出し、母父は当レースと好相性のダンチヒ系。仏G3勝利経験に加え、仏G1でも2着がある母の実績についても不足はない。母のエピックラヴはディープインパクト、ならびにキングカメハメハと配合するも仔は出せなかった。その事情からディープブリランテにお鉢が回ってきた経緯がある。つまり、従来の同産駒とは少し毛並みが違うということ。思わぬパフォーマンスを示す可能性もある。軽視できない存在だ。

シャドウエンペラー
母はタニノギムレット×サドラーズウェルズ系の配合馬、祖母はムーンバラッドの全妹と、少し軽さに欠ける構成ゆえに、速い上がりを求められる競馬ではひと押し足りない印象。血の良さを活かすには、一定以上の持久力を求められる競馬(前崩れなど)になるか、あるいは自身から動いて我慢比べに持ち込むしかない。それを今回の舞台で望めるかどうかについては疑問が残る。

コパノマーティン
3代母に愛オークス馬がいる、一本筋が通った牝系の出自。半兄カシアスは早期から重賞戦線で活躍。一族には高松宮記念勝ち馬のファイングレインの名が見られる。スピードの持続力に優れていると同時に種牡馬の持ち味が活きる牝系と言えよう。その点を踏まえると、スクリーンヒーロー×ディラントーマスの配合である本馬の適性は中距離以上にありそうな印象。それゆえ京都マイルの決め手勝負では分が悪い。今回は厳しい戦いを強いられるのではないか。



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【重賞データ分析】シンザン記念 人気を過度に意識する必要ナシ!中4週以内の臨戦馬に妙味アリ!2019年1月5日() 16:02

ウマニティの重賞攻略ページに掲載されている「データ分析」の内容をもとに、日曜日に行われるシンザン記念のファクターごとの傾向に注目し、好走パターンに合致する馬をピックアップしました。予想の際にお役立てください。




【全般】
2008年以降の3着以内馬のほとんどが中4週以内での臨戦

マイネルフラップ
ニホンピロヘンソン
ミッキーブリランテ
コパノマーティン

前走朝日杯FS組が有力(2008年以降)

ニホンピロヘンソン
コパノマーティン

前走で阪神芝1600mの500万下に出走していた馬の活躍が目立つ(2008年以降)

マイネルフラップ

【人気】
人気サイドをアテにしづらい(2008年以降)

※人気を過度に意識する必要はない

【脚質】
逃げ・先行勢の期待値が高い(1999年以降)

マイネルフラップ
ゴータイミング
ニホンピロヘンソン
ミッキーブリランテ
シャドウエンペラー
コパノマーティン

※近走の内容を参考に先行策をとりそうな馬を想定

【枠順】
連対馬の大半が1桁馬番(2008年以降)

マイネルフラップ
ヴァルディゼール
ハッピーアワー
ゴータイミング
アントリューズ
ドナウデルタ
ニホンピロヘンソン
ミヤケ
パッシングスルー

【血統】
父もしくは母父に中・長距離G1の勝利経験のある、サンデーサイレンス系種牡馬を持つ馬の活躍が目立つ(2008年以降)

マイネルフラップ
ヴァルディゼール
ハッピーアワー
ゴータイミング
ドナウデルタ
ミヤケ
ミッキーブリランテ
シャドウエンペラー

父もしくは母父にサンデーサイレンス系種牡馬を持ち、かつダンチヒ系種牡馬を内包(父、母父、父母父、母母父)している馬の好走例が多い(2008年以降)

ハッピーアワー
ドナウデルタ
ミッキーブリランテ


【4項目以上該当馬】
マイネルフラップ(5項目)
ニホンピロヘンソン(4項目)
ミッキーブリランテ(4項目)



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

⇒もっと見る

コパノマーティンの関連コラム

閲覧 870ビュー コメント 0 ナイス 7



先週は、5(土)に中山競馬場でG3中山金杯、京都競馬場でG3京都金杯が、6(日)には京都競馬場でG3シンザン記念が行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G3中山金杯は、バラついたスタートでの幕開け。最内からタニノフランケル、さらにコズミックフォース、5枠両頭あたりが先行策をとります。ハナを奪い切ったタニノフランケルは、2番手コズミックフォースに対し1馬身半差ほどのリードを保って、前半1000mを59.9秒(推定)のペースで通過。1番人気マウントゴールドは中団、2番人気タイムフライヤーは後方からの競馬でレースは後半戦へ。とここで、外を回ってステイフーリッシュが進出を開始。遅れてタイムフライヤーも大外からポジションを上げにかかると、馬群は徐々にペースアップしながら3、4コーナーへ。直線を向いても先頭をキープする9番人気タニノフランケルに、コズミックフォースステイフーリッシュと並び掛けますが、コズミックフォースは直線半ばを迎えたところで苦しくなって後退。代わって7番人気ステイフーリッシュが先頭に躍り出ます。そこへ、外を通った後続各馬がどっと押し寄せる展開。最後はハンデ戦らしくゴール前で密集するなか、中団から力強く伸びて制したのはトップハンデのウインブライトでした。3番人気での勝利で、重賞4勝目を挙げています。
公認プロ予想家では、岡村信将プロはははふほほほプロ金子京介プロくりーくプロ蒼馬久一郎プロ馬侑迦プロら、計6名が的中しています。
 
G3京都金杯は、カツジバリスといったところが出遅れ。こちらもばらついたスタートとなるなか、好スタートは外枠勢のツーエムマイスターアサクサゲンキマイスタイルトゥラヴェスーラパクスアメリカーナあたり。この中からツーエムマイスターが先頭に立って、前半800mを47.5秒(推定)で通過していきます。1番人気のパクスアメリカーナは好位の外目を追走。各馬4コーナーを回って直線へ。先頭のツーエムマイスター目がけて横並びで迫る、グァンチャーレアサクサゲンキマイスタイルの3頭。5番人気マイスタイルがこの争いから抜け出そうと脚を伸ばしますが、直後に迫るパクスアメリカーナも手応え十分。結局、ゴール手前50mでマイスタイルを外から交わし去ったパクスアメリカーナが、1番人気の支持に応えて優勝。重賞初制覇を飾っています。
公認プロ予想家では、セイリュウ1号プロ導師嵐山プロ馬っしぐらプロ山崎エリカプロ、ほか計15名が的中しています。
 
G3シンザン記念は、大外枠から逃げたコパノマーティンが軽快なラップを刻み、前半800m47.3秒(推定)を計時。1番人気アントリューズ、2番人気ミッキーブリランテ、3番人気ハッピーアワーら人気どころを、比較的後方に従える形で、引き続きコパノマーティン先頭の隊列のまま4コーナーを回ります。内~馬場の中ほどにかけて横に広がった追い比べの中から、脚色良く抜け出したのは最内を突いた4番人気ヴァルディゼール。外を通っては、ミッキーブリランテ、10番人気マイネルフラップも目立つ末脚でこれに迫ります。勢いでは、完全に勝ったかに見えた外2頭でしたが、並び掛けられてから再び突き放そうと応戦するヴァルディゼール。二枚腰の伸びでマイネルフラップミッキーブリランテらの追撃封じてみせたヴァルディゼールがクビ差優勝。連勝で重賞初制覇をあげています。
公認プロ予想家では、岡村信将プロ田口啄麻プロおかべプロら、計7名が的中しています。
 
 
 
----------------------------------
 
☆☆☆注目プロ →岡村信将プロ
5(土)にG3中山金杯的中、中山9R的中などの活躍を披露。6(日)には、G3シンザン記念での◎ヴァルディゼール-○マイネルフラップ馬連1点的中を含む計17万3,400円払戻しのスマッシュヒットを筆頭に、中山1R他での的中を記録。連日のプラス収支を達成し、週末トータル回収率137%をマーク。収支12万9,600円プラスを達成しています。前週28(金)もトータルプラスを計上し、2週連続の週末プラス達成となっています。
 
☆☆☆注目プロ →馬っしぐらプロ
5(土)京都9Rで◎ヴァルディノート(単勝14.7倍)から的中をマークすると、G3京都金杯では3連単985.8倍を的中させ、週末トータル回収率トップの382%(収支7万9,110円プラス)をマーク!2019年のプラス発進を決めました。前週28(金)もトータルプラスで終えていて、これで2週連続週末プラスとなっています。
 
☆☆☆注目プロ →おかべプロ
5(土)は中山7R的中などできっちりプラスを決めると、6(日)もG3シンザン記念での◎マイネルフラップ(単勝32.7倍)複勝1点勝負的中を披露し、連日のプラスをマーク。週間トータル回収率202%を記録しました。これでG1ホープフルS的中などで回収率100%達成の28(金)を挟み、回収率100%以上は9週連続継続中。最高の形で2019年のスタートを切っています。
 
☆☆☆注目プロ →山崎エリカプロ
5(日)G3京都金杯、同京都12Rと的中をマーク。6(日)にも京都10Rでの◎ヴォージュ(単勝23.3倍)的中などを披露した先週は、トータル回収率120%をマークしています。28(金)の回収率114%を挟み、3週連続週末プラスを継続中。
 
 
 
この他にも、セイリュウ1号プロ(213%)、エース2号【予想マイレージクラブ限定】プロ(199%)、【U指数】3連単プリンスプロ(154%)、エース1号プロ(153%)、【U指数】3連複プリンセスプロ(142%←3週連続週末プラス)、ゼット1号プロ(116%)、くりーくプロ(107%)、サラマッポプロ(102%)らが週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
 
 
----------------------------------
 
※全レースの結果情報はこちら


今週も「プロ予想MAX」にぜひご注目下さい。


登録済みの方はこちらからログイン

2018年12月28日(金) 15:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2018年12月28日号】特選重賞データ分析編(131)~2019年シンザン記念~
閲覧 2,136ビュー コメント 0 ナイス 5



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G3 日刊スポーツ賞 シンザン記念 2019年01月06日(日) 京都芝1600m外


<ピックアップデータ>

【“JRA、かつ芝、かつ右回り、かつ阪神芝1600~1800mを除くコースのレース”における優勝経験の有無別成績(2013年以降)】
○あり [5-5-6-33](複勝率32.7%)
×なし [1-1-0-34](複勝率5.6%)

 これまでの勝ち鞍に注目したい一戦。左回りのレースやダートのレースしか勝ったことがない馬は苦戦していました。また“阪神芝1600m外・阪神芝1800m外のレース”において優勝経験があった馬は、他コースにおける優勝経験があった馬を含めても2013年以降[0-2-0-16](複勝率11.1%)、2015年以降[0-0-0-10](複勝率0.0%)。このレースとは相性が悪いので注意しましょう。

主な「○」該当馬→クリノガウディーハッピーアワーミヤケ
主な「×」該当馬→アントリューズコパノマーティンミッキーブリランテ


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

○「前走の条件が“JRA、かつ重賞のレース”」だった馬は2013年以降[2-2-3-12](複勝率36.8%)
主な該当馬→クリノガウディーハッピーアワー

[もっと見る]

2018年12月26日(水) 10:00 くりーく
くりーくの中間調教チェック 2018ホープフルS
閲覧 1,471ビュー コメント 0 ナイス 11



こんにちは、公認プロ予想家のくりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
前走からの中間の調整内容(評価はA~F)を中心に、各馬コメントをしていきたいと思います。


12月28日(金)中山11R 第35回ホープフルステークス(2歳G1・牡牝・芝2000m)


【出走登録数:17頭】(フルゲート18頭)


ニシノデイジー(B)
休み明けの前走時は、併せ馬で入念に乗り込まれ、しかも初の輸送競馬でありながら+12kgでの出走。それでもパドックで見た感じでは全く太め感はなく、成長分と考えて良さそうな馬体だった。この中間は叩き2戦目ということもあり、1週前だけ併せ馬で強めに追われている。これは札幌2歳S時と同じような調教パターンで、前走時パドックではテンションが高かったので良い内容とみていいだろう。仕上がり十分といった印象で、最終追い切りは馬なりで十分だろう。

クリノガウディー※回避してシンザン記念に出走予定

サートゥルナーリア(A)
2戦ともパドックではゆったりしているものの、レースでは前半にデムーロ騎手の膝が真っすぐ突っ張る姿勢になってしまうほど行きたがる面を見せていて難しい面を持っている馬。それでいて、直線で追い出されると反応良く伸びて一瞬で突き放す末脚を見せており、かなり強い馬であることは間違いない。今回中山競馬場でのレースになるが、前2走のコーナー2つのコースと比較し、コーナー4つのコースのほうが息を入れやすく、この馬には向くのでないかと思う。ただ外枠にでも入って前に壁が作れず持って行かれてしまうようなこともなくはないので、そのあたりが課題になってきそう。この中間は2週前、1週前とCWを併せ馬で追われ、好時計での先着と状態面に関しては前走以上が期待できそう。

ミッキーブラック(B)
ゆったりしたローテーションで使われてきているが、前走時はコラムでも書いた通り1週前追い切りを坂路で行い、関西圏での初めての競馬と多少いつもとは違う調整だった。パドックではイレ込むというよりは首を上下に動かす集中力を欠くような面も見せていたので、いつもとは何かが違っていたのかもしれない。この中間は、2週前が坂路、1週前はジョッキー騎乗でCWを長めから併せて強めに追われて併入。折り合いはついており、直線の走りも軽やかで順調に調整されている感じ。

ブレイキングドーン(A)
前走時のパドックでは多少うるさい面を見せることはあっても、ドッシリとした感じで集中力もあり良く見えた。この中間は2週前、1週前追い切りを坂路からCWに変えてきている点がやや気になるところ。それでも1週前の動きを見ると強めに追われると前にしっかり伸びていて、走りが柔らかくかなり良い動きだった。今回は初めての長距離輸送も控えており、1週前にこれだけ仕上がっていれば最終追い切りは軽めで十分。

アドマイヤジャスタ(A)
大きな馬で3走目の前走がパドックでは毛ヅヤも良く一番の出来に見えた。この中間は2ヶ月半ほど間が空いているので乗り込み量は豊富だが、馬体が増えていないか気になるところ。ただ1週前追い切りを見ると、軽く肩ムチは入ったものの持ったまま先着しており、馬体も太めが残っている感じはない。

コスモカレンドゥラ(B)
新馬戦のパドックでは小柄な割にお腹がぷっくり膨らんでいて明らかに仕上り途上といった感じだったが、使われるごとに体も締まってきていて良くなってきている。前走時には調教でも良い時計が出るようになっていた。この中間も、1週前に南W、土曜日に坂路で強めに追われて好時計と疲れを感じさせない。

ヴァンドギャルド(B)
前走時のパドックでは、トモが寂しく見えた割には、2戦目で重賞3着と能力の高さを見せた。この中間もこれまで通り1週前にCWを長めから併せ馬で追われて先着と、力強い走りで調子は良さそう。

キングリスティア(C)
新馬戦時のパドックでは、一番後ろを周回して気合い乗りも良くかなりの好馬体だった。中1週での出走になるため1週前は軽めの内容だったが、気合いも入っており動き自体はかなり良く見えた。

コパノマーティン※回避してシンザン記念に出走予定

ジャストアジゴロ(D)
未勝利勝ちから2ヶ月ほど空いたこの中間は、調教の時計もそれほど目立たず1週前追い切りの動きを見ても先着はしているものの力強さに欠ける感じで物足りない。

タイセイモナーク(F)
前走は連闘、中1週ときての未勝利勝ち。そして今回、中2週での出走とローテーション的に厳しい。1週前追い切りの動きを見ても、首が上がり気味で併走遅れと疲れを感じる。

タニノドラマ(D)
前走の新馬戦では鞍上の好騎乗もあっての差し切り勝ち。乗り込み量は多かったもののそれほど目立つ時計が出ていた訳でもなかった。今回中2週となりこの中間は坂路中心の調整。小柄な馬で長距離輸送もあるのであまり強くは追えない感じで上積みはどうか。

ハギノアップロード※回避して福寿草特別に出走予定

ハクサンタイヨウ(E)
前走時は馬体も減ってパドックでは良く見えたものの、さすがに相手のレベルが高かった感じ。この中間も目立つ時計は出ておらず、状態面での変わり身なし。

ヒルノダカール(B)
2走目の前走は大きな馬で馬体が増えていたものの、新馬戦の時よりも体が締まって毛ヅヤもピカピカでかなり出来は良さそうだった。この中間もCWを中心に乗り込み豊富で、1週前追い切りでも併走馬を突き放す内容で上積みが期待できそう。

マードレヴォイス(F)
ひいらぎ賞からの中1週で、この中間は速い時計を出していない。前走時も目立つ時計が出ていた訳ではなく、ここではかなり厳しそう。



◇今回はホープフルS編でした。
毎週月曜日に近くの本屋さんで「週刊Gallop」を買っているのですが、1ヶ月前に本屋さんに行くと1枚の紙を渡されました。その紙には『静岡県内「週刊Gallop」販売終了のお知らせ』というような見出しで、文章が書かれていました。内容は出版不況で静岡県下での売り上げが好転しないため、やむなく静岡県内での「週刊Gallop」の販売を12月24日を最後に終了させていただくというものでした。私も20歳を過ぎて地元に戻り、たまたま知り合いの女性がその本屋さんで働いていたので毎週とってもらうようになったのですが......。20年以上続いていたことが来週からなくなってしまうというのは寂しいもの。24日の最後の発売日には「長い間定期購読ありがとうございました」というメッセージ付で本屋さんからお礼と粗品を頂き、小さなドラマのラストシーンのような感じでした。誰が悪い訳でもなく雑誌がなくなってしまう訳でもないのですが、何か本屋さんにも申し訳ない気持ちになってしまい、便利な世の中になることによって失っていくことも多くなっていくのかもしれないなー、と感じさせる出来事でした。





それでは次回『第3回ウマニティ杯くりーく賞特別編』編(予定)でお会いしましょう。



※ホープフルS出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。
※最終結論はレース当日のくりーくプロページでチェックしてください。

[もっと見る]

2018年12月25日(火) 17:30 覆面ドクター・英
ホープフルS2018
閲覧 2,200ビュー コメント 0 ナイス 6



有馬記念は、ブラストワンピースがあんなに器用なレースをすると思っておらず、ダービーも菊花賞も本命を打って裏切られた身としては、何とも皮肉な結果となってしまいました(印を打った2戦のみ敗戦で通算7戦5勝)。WIN5も、一つしか当たらないという私としては珍事となってしまいましたが、結局キャリーオーバーと、俄然最終日のWIN5が楽しみになってきました。その有馬記念デーは中央では不発も、地方競馬でのばんえいダービー万馬券的中に、香港競馬での特大ホームランの4連単的中2発と、違ったところではまずまずだったのですが......。そちらで運を使ってしまいましたかね。
さて今週は、交流重賞が24(祝月)名古屋グランプリ、27(木)兵庫ゴールドトロフィー、29(土)東京大賞典と連続で組まれていて、28日(金)の中央競馬前後にも楽しみが満載の一週間。いい年末とするためにも、なんせ的中ラッシュとしたいものです。ホープフルS自体はまだあまりG1という感覚を持てないのですが、この時期の若駒には中山2000mはハードで、消耗しすぎて成長を阻害しなければいいなーなんて思いもありつつ、今年最後の“全頭診断”張り切ってまいりたいと思います。


1番人気想定 サートゥルナーリアロードカナロア×シーザリオという、まさに世代を代表する血統馬で実際に新馬、萩Sと楽勝で2連勝。半兄のエピファネイアリオンディーズ同様、能力はかなり高そう。ロードカナロアスプリンター種牡馬ではないと再三このコラムで主張しているように、距離不安に関しては全く思わないが、ただちょっと人気になり過ぎか。

2番人気想定 アドマイヤジャスタ:まだまだ幼い面を見せながらも、未勝利、500万下の紫菊賞と連勝してきた。選べる立場のルメール騎手が乗るということは素質が高いのだろうが、前走もレース前にイレこみもあり、初の関東輸送も微妙か。

3番人気想定 ニシノデイジー:函館の未勝利戦勝ちの後に札幌2歳Sと東スポ杯2歳Sをそれぞれ6番人気、8番人気で制して3連勝中。母母はセイウンスカイ×ニシノフラワーでニシノ軍団のG1馬同士配合という“渾身血統”でもあり、血統連動すると言われる中山での重賞(金杯も含め)で有馬記念勝ち馬を輩出した父ハービンジャーということもあり、血統的にも良さそう。

4番人気想定 ブレイキングドーン:新馬勝ちの後は萩Sで放馬して除外となったが、京都2歳Sではこの世代の強豪であるクラージュゲリエに競り負けるものの、好走を果たす。母がホワイトマズル×エルコンドルパサーということで、スタミナ勝負に持ち込めればやれて良い。

5番人気想定 ミッキーブラック:イレ込んで終い止まった前走は、レース後にC.デムーロ騎手が2000mは長いという発言もしており、スタミナを問われる中山2000m向きではないか。

6番人気想定 ヴァンドギャルド:新馬勝ち直後の東スポ杯2歳Sでは、直線で一旦先頭に立つも結局3着だったが、仕掛けのタイミングひとつだった印象で、1~2着馬に引けをとらない好素質馬。ただ中山2000mよりはシンザン記念あたりのほうが向いていそうだが・・・・・・。

7番人気想定 クリノガウディー:朝日杯で2着した後で、どうやら回避のよう。ネット上では間隔が詰まっての出走=悪みたいな意見が多いが、矢作調教師も連闘は体調を保ちやすいとコメントしているように、必ずしも悪というわけではなく脚元や相手関係次第では使ってみてもいいところなのだろう。稼げるときに稼ぎ、引退後も功労馬として大事にしてもらえるよう自力で道を切り開くのはありなのでは。

8番人気想定 コスモカレンドゥラ:未勝利勝ちで臨んだアイビーSは、阪神JFで僅差2着だったクロノジェネシスの末脚に屈したが、500万下の黄菊賞では2馬身半差の楽勝。モレイラ騎手が乗れないのは痛いが、通用するだけの力はありそう。

9番人気想定 ジャストアジゴロ:未勝利勝ちからの参戦だが、これからの馬で、まだ上位陣とは差がありそう。

10番人気以下想定
キングリスティア:12/16の新馬戦を逃げて5馬身差の楽勝で好時計勝ちしてきた。間隔が詰まっていて使ってこないのかもしれないうえに、逃げられずにもまれて惨敗ということもあるのだろうが、素質は高そうで穴にぴったりか。ベルシャザールも、個人的には現状の評価よりずっとやれる種牡馬と踏んでいるのだが。

コパノマーティン:ダートの未勝利勝ち後はダートでも芝でも2桁着順続きで買い要素はない。

タニノドラマ:1戦1勝の新馬勝ちのみだが、特に大物感のない勝利で、特に買う要素は見あたらない。

タイセイモナーク:8戦目でようやく未勝利勝ちをおさめたが、ノーザンF生産馬にしてはイマイチなのだろう。

ヒルノダカール:調教の動きがいい馬で2戦目で未勝利を2馬身半差で楽勝してきた。母の血統を見ると、メジロマックイーンカツラギエース、ダンシングキャップ(オグリキャップの父)とかなり昭和の香りがする馬だが、暮れの中山なら激走もあり得る馬では。

ハギノアップロード:6戦目でようやく未勝利勝ちを果たしての参戦。母父ザールが日本への適性が極めて低かったように、特にここで買いたい要素はない。

マードレヴォイス:3戦目で未勝利勝ちも、その後の500万下で4着、6着とぱっとしない。ここでは厳しい。

ハクサンタイヨウ:3戦目で未勝利を脱出するも、以降惨敗続きなように厳しい。


<まとめ>
有力:サートゥルナーリア

ヒモに:ニシノデイジーアドマイヤジャスタブレイキングドーンヴァンドギャルド

穴で:コスモカレンドゥラキングリスティアヒルノダカール

[もっと見る]

2018年12月19日(水) 16:30 競馬プロ予想MAX
先週の回顧~(12/15~12/16)先週も!!サラマッポプロがG1朝日杯FS▲◎○75,120円払戻しなど連勝街道継続中!注目新人田口啄麻プロも好発進!
閲覧 502ビュー コメント 0 ナイス 4



先週は、16(日)に阪神競馬場でG1朝日杯FSが行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G1朝日杯FSは、小雨が降り出すあいにくの空模様のなか、発走時刻を迎えます。牝馬グランアレグリアが圧倒的な人気の中心で単勝1.5倍の1番人気。以下、2番人気にアドマイヤマーズ(単勝4.6倍)、3番人気ファンタジスト(同8.5倍)、4番人気ケイデンスコール(同11.2倍)、5番人気マイネルサーパス(同21.3倍)と上位人気を形成します。
スタートは、各馬ほぼ出揃い大きな出遅れがない状況で、枠なりに内の各馬が主導権争いを展開。ケイデンスコールコパノマーティンニホンピロヘンソンエメラルファイトといった外枠勢が、少し遅れ始め位置取りを下げていくなか、横並びの内~中枠勢からまずイッツクールが出を窺うと、ディープダイバー、最内クリノガウディーとの間に、グランアレグリアアドマイヤマーズの人気2頭も続き、結局この2頭が2番手、3番手の位置取りで3コーナーに向かいます。4番手以下は、クリノガウディーディープダイバーアスターペガサスドゴールファンタジストヒラソールマイネルサーパスコパノマーティンソルトイブキニホンピロヘンソンケイデンスコールエメラルファイトといった態勢。ファンタジスト、後手を踏んだニホンピロヘンソンらが外を回って早めに進出するシーンなども見られる展開で、3コーナーへと突入していきます。
逃げるイッツクールのリードは1~2馬身で、2番手にピタリとこれをマークする形のグランアレグリア。1~2馬身ほどさらにそこから離れて3番手アドマイヤマーズの態勢で4コーナーを回って直線へ。本格的に追い出されるアドマイヤマーズに対し、内イッツクールと外アドマイヤマーズの間でグランアレグリアはまだ軽く気合を付けられる程度。先にアドマイヤマーズを行かせる形で、追い出しのタイミングを計ります。単独先頭に立ったアドマイヤマーズを目標に、鞍上のルメール騎手がGOサインを出したのは内回りコースとの合流点あたり。しかし、いざ追い出されてからのグランアレグリアの伸びは長くは続かず。アドマイヤマーズに並び掛けた後は、M.デムーロ騎手の懸命のアクションに応えてアドマイヤマーズが、息の長い末脚で突き放しにかかるのとは対照的に、グランアレグリアはジリジリと後退。内ラチ沿いでもがく“大本命”馬を尻目に、アドマイヤマーズが直線を力強い伸び脚で最後まで駆け抜け、無傷の4連勝Vを達成。2歳マイル王者に輝いています。2馬身差の2着には、直線半ばでは4番手からこちらも鞍上の激しいアクションとともに、上がり上位の脚を繰り出して迫った9番人気クリノガウディーが浮上。1番人気グランアレグリアはそこから1/2馬身差の3着に終わっています。
公認プロ予想家では、サラマッポプロ西野圭吾プロ馬侑迦プロ霧プロ岡村信将プロ蒼馬久一郎プロマカロニスタンダーズプロ他、計18名が的中しています。
 
 
 
----------------------------------
 
☆☆☆注目プロ →サラマッポプロ
先週は、15(土)中京11Rでの◎マリエラ的中、16(日)中京6R的中での◎マンハッタンロック単勝1万円1点勝負的中などを披露すると、G1朝日杯FS的中で締め括り。そのG1朝日杯FSは、「前向きな気性で距離短縮◎。最内枠からロスなく運べれば一発ある」と評した◎クリノガウディー(単勝77.4倍)から▲◎○的中!馬連、3連複、ワイド、複勝を仕留め、計75,120円を払戻すファインプレー予想を披露しました。週末トータルでは、回収率130%をマークし、これで5週連続週末プラスを達成しています。
 
☆☆☆注目プロ →豚ミンCプロ
15(土)は阪神11Rの◎エントリーチケット(単勝10.3倍)-▲ビップライブリー(単勝48.9倍)でのワイド1点的中などでこの日のトータルプラスを決めると、16(日)には中山3R阪神12Rなどの的中をマークし2日間連続のプラスを達成。週間トータル回収率122%を記録し、3週連続週末プラスを達成しています。
 
☆☆☆注目プロ →覆面ドクター・英プロ
先週は 15(土)阪神5Rでの14万5180円払戻し。16(日)には阪神4Rでの14万8080円払戻し、中山10Rでの31万4100円払戻しなどスマッシュヒットを連発!トータル回収率130%、収支22万400円プラスをマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →夢月プロ
15(土)は阪神3Rの11万2100円払戻し、G3ターコイズSでの◎ミスパンテール的中。16(日)には、中京2Rで◎○▲パーフェクト的中、同中山1R、同阪神12Rなど的中で好調アピールの先週は、トータル回収率114%をマークし、3週連続週末プラスを達成しています!
 
☆☆☆注目プロ →田口啄麻プロ
15(土)の中山1Rをいきなりの勝負予想指定とし、◎アロハブリーズからワイド2点を的中!好発進を決めると、中京10RG3ターコイズSなどの的中で、初日プラス収支を達成!16(日)にも中山4R阪神4RG1朝日杯FSの的中を中心に活躍を披露!週間トータル成績では、デビュー初週としてはまずまずの的中率36%、回収率97%の好スタートを切っています。
 
 
 
この他にも、【U指数】3連単プリンスプロ(155%)、ゼット1号プロ(135%)、エース1号プロ(127%)、おかべプロ(127%←6週連続週末プラス)、山崎エリカプロ(119%)、馬っしぐらプロ(100%)、またJRDBから期間限定参戦中の金子京介プロ(129%←2週連続週末プラス)らが週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
 
 
----------------------------------
 
※全レースの結果情報はこちら


今週も「プロ予想MAX」にぜひご注目下さい。

[もっと見る]

2018年12月13日(木) 14:30 くりーく
くりーくの中間調教チェック 2018朝日杯FS
閲覧 1,282ビュー コメント 0 ナイス 10



こんにちは、公認プロ予想家のくりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
前走からの中間の調整内容(評価はA~F)を中心に、各馬コメントをしていきたいと思います。



12月16日(日)第70回 朝日杯フューチュリティステークス(G1、2歳、芝1600m)

【登録頭数:16頭】(フルゲート:18頭)

ファンタジスト(B)
この馬は前2走ともこのコラムでも高評価していた馬で、重賞を連勝と状態の良さが結果につながったとみている。その2走ともに、馬体重が10kg以上増えてのもので、前走のパドックではまだ余裕のある馬体といった印象。これで余分な肉がなくなったら、もっと走るのではと思わせる馬だが、この中間は1週前こそ強めに追われているものの前2走ほどハードには追われていない状況。これを良いほうに考えたほうが良いのか、悪い方にとらえたほうが良いのかが今回は迷いどころ。距離に関しては折り合いの心配はなく、それほど気にしなくても良いでしょう。最終追い切りと調教後の馬体重がかなり気になる存在。

アスターペガサス(E)
前走時はこのコラムでも触れたように、休み明けの影響か追い切りの動きも終い伸びきれずで、当日も関東への輸送があって+12kgでイレ込みもキツく、結局レースでも5着に敗れた。この中間は2週前が坂路、1週前がCWを単走で追われているものの時計は平凡。1週前の動きを見ても、首が上がり気味で走りづらそうな印象を受けた。どこか痛いところでもあるのではないかと思ってしまう動きだった。

ケイデンスコール(D)
新馬戦では◎にしたくらい坂路で好時計の出る馬。その新馬戦ではこのレースにも出走してくるアドマイヤマーズと差のない2着。その後未勝利、新潟2歳Sと連勝しての休み明けでの今回、中間は1ヶ月前から時計を出して3週前、2週前、1週前とこの馬の時計は出ている。ただ1週前追い切りの動きを見ると、鞍上の手綱が激しく動いている割に伸びきれておらず、併走相手の手応えと比べても物足りないものだった。この時点では休み明けの影響が残っているといった感じだ。

イッツクール(D)
坂路で好時計の出る馬だが、パドックではテンションが高いほうでレースでもスタートからカーッと前に行くようなタイプ。レース内容からも、短い距離のほうが向く感じで、マイル戦は距離が長い印象。

ニホンピロヘンソン(D)
パドックでのこの馬の馬体を見ると胸前にガッチリと筋肉がついており、坂路中心の調教時計を見てもスピードが勝っている感があり、短距離志向の馬だと思われる。この中間の時計も、デビュー前からそれほど変わらない坂路での時計で、終いの甘さはトモの筋肉が淋しいところが影響しているように感じる。

ドゴール(B)
前走のパドックではうるさかった割には、出遅れながらも後方で折り合いがついていた。同じく後方からのレースとなったグランアレグリアが外から上がって行く時に、つられて一緒に上がっていかなかったのが良かったのだろう。結果的に勝ち馬以外の前に行った馬には厳しい展開になり、流れもこの馬に向き、そこはジョッキーの好判断だったと言える。この中間は間隔に余裕があり、しっかりと乗り込まれていて1週前追い切りもかなり良い動き。状態面に関してはかなり良さそう。

マイネルサーパス(C)
南W、坂路で好時計の出ていた馬で新馬戦でも◎にした馬。2戦目以降は間隔も詰っていたのでそれほど目立つ時計は出ていなかったが、3戦目→4戦目と連勝。この中間も乗り込み量は豊富で、時計は目立たなかったが1週前追い切りではなかなか素軽い動きを見せていた。使い詰めでも調子落ちはなさそう。

クリノガウディー(B)
デビュー前から坂路で好時計の出ていた馬で、レースでも◎1着。前走時も、乗り込み量こそ少なかったものの坂路での動きは前走以上に映った。そのため好評価としたが、前半から行きたがる面を見せて直線の坂でもフラフラして惨敗。この中間に関しては、間隔は詰まっているものの2週前、1週前と坂路で好時計が出ていて悪くない内容。1週前の動きは、馬なりでも全身を使えていて終いもしっかりと、調子に陰りは感じられなかった。

コパノマーティン(E)
芝・ダートともに短距離から中距離までいろいろな距離のレースを経験している馬ではあるが、短い距離のほうが良いタイプ。パドックではうるさい面を覗かせる馬で、この中間は特に目立つ時計は出ていない。変わり身は見られない。

ソルトイブキ(C)
前走3戦目での勝ち上がり。終いの切れる脚は持っている馬でハマれば怖い面もあるが、このコース向きの馬ではない印象もある。1週前追い切りでは、先週中京でデビューした僚馬と併せて伸びきれず。上積みはなさそうな感じ。

タニノミッション※阪神JFに出走したため回避予定。

ディープダイバー(B)
馬体重の割にガッチリ見せる馬で、使われるごと馬体重も増えていてレースを使われながら良くなっている感じがする。新馬戦でも◎にしたくらい調教では時計の出る馬で、この中間もしっかり本数をこなしている。1週前追い切りでは坂路で併せて先着と、悪くない仕上がりできている。

ヒラソール(E)
2戦目の未勝利戦から使い詰めできており、前走で未勝利勝ち。前走時はパドックでうるさい面を見せており、距離延長はマイナスになりそう。1週前追い切りの動きもそれほど目立つ動きではなかった。

※なお、グランアレグリアアドマイヤマーズエメラルファイトに関してはシューナカコラムでコメントしていますのでそちらをご覧下さい。


◇今回は朝日杯FS編でした。
月に一度ほど小学生の子供の宿題で、“親子読書”という親子で同じ本を読んで感想を書くという宿題があります。基本的には子供が選んできた本を読んで感想を書くのですが、先日2年生の長男が持ってきた本は『だいじょうぶ、だいじょうぶ』という本でした。低学年向けの10ページほどの絵本なのですが、とてもグッとくるものがあって、シンプルであるからこそ伝わる絵本の持つパワー――その凄さを改めて感じてしまいました。まあ、読む人の年齢、性別、生きてきた環境によって、受け止め方はそれぞれ違うとは思いますが、大人の方にも『だいじょうぶ、だいじょうぶ』おススメですよ^^;
先週の阪神JFに続き、今週も2歳G1レースが行われます。新馬戦や2歳戦を見ていると、まだ素質だけで走っているのにこの先どんな馬になるのだろう、と期待を膨らませたくなるような馬が現れることがあります。厳しく、そしてのびのびと『だいじょうぶ、だいじょうぶ』と言いながら、馬も騎手も若くこれから未来を背負っていく世代を、大きな心で育ててあげてもらいたいものです。





そして、先週お伝えした12月31日の『第3回ウマニティ杯くりーく賞』の続報です。今年も正式決定の運びとなりました『くりーく賞』開催に併せて、『ウマニティ地方競馬予想コロシアム』を活用した一発勝負の競馬予想大会が行えないかと企画しています。まだ、頭の中のアイディアレベルではありますが、賞品や、参加方法なども検討していき、また折を見て発表させて頂ければと思っておりますのでご期待ください。そして、当日はもうひとつサプライズ企画をと考えているところではありますが、こちらはもう少し温めつつ後日発表させて頂きます。
いずれにしましても、今年の大みそかも笠松競馬場で、全国の場外馬券売り場、ネット中継でレースを楽しんでもらえたらと思っています。

それでは次回、有馬記念編(予定)でお会いしましょう。


※朝日杯FS出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。
※最終結論はレース当日のくりーくプロページでチェックしてください。

[もっと見る]

⇒もっと見る

コパノマーティンの口コミ


口コミ一覧

シンザン記念回顧

 モズ@ 2019年1月6日() 17:31

閲覧 69ビュー コメント 0 ナイス 12



12.3-10.8-11.6-12.6-12.5-12.1-12.1-11.7

「うまく脚をためたい」と
陣営が直前コメントを残していた
コパノマーティンが押しての逃げ。

外枠からコパノが行くと考えれば
スロー想定は消せたので、
ちょっとこのコメントはいただけない。



1着ヴァルディゼール

この条件向きの脚なのは
新馬戦で示していてここは順当勝ち。

今後は相手強化で
末脚負けしないかが課題。



2着マイネルフラップ

序盤が流れた事で
末脚勝負の流れが消え、
この馬としては走りやすい展開。

ただ、前走の千両賞は
先団が相当下手に乗っていて
フロック視が妥当な内容。

今回のペースが
仮に読めたとしても、
この馬は拾えなかったと思う。



3着ミッキーブリランテ

このペースが分かっていれば
本命視したかった馬だが、
予想通り加速後の脚が微妙。

1400のほうが
展開が合う可能性は高そう。



8着アントリューズ

加速でモタつく弱点が
そのまま出てしまう結果。

京都の直線ではやはり短いし、
東京・新潟で評価を上げたい。





ヴァルディゼール以外
ピンとこないメンバーだったので、
6.8倍付けば単勝で十分と思ってしまうが、
本当に単勝を買う癖がつかない。

 Roger 2019年1月6日() 03:18
シンザン記念能力指数&最終ジャッジ
閲覧 332ビュー コメント 0 ナイス 7

■R-INDEX(レース適性指数)
1.⓶ヴァルディゼール91
2.➉ミッキーブリランテ89
3.⓽パッシングスルー88
4.⓹アントリューズ78
5.⓻ニホンピロヘンソン78
6.⓷ハッピーアワー77

■D-INDEX(距離能力指数)
1.⓹アントリューズ95
2.⓽パッシングスルー82
3.➉ミッキーブリランテ77
4.⓵マイネルフラップ73
 ⓷ハッピーアワー73
6.⑪シャドウエンペラー72
7.⑦ニホンピロヘンソン71
8.②ヴァルディゼール66
9.⑥ドナウデルタ65
10.⑫コパノマーティン50

■最終ジャッジ
1~2着候補 ◎パッシングスルー 伸びしろ1番の可能性、年末大仕事の鞍上期待
      〇アントリューズ 実績からは勝つのはこの馬
2~3着候補 ▲ミッキーブリランテ  
      △ハッピーアワー
 3着候補  △シャドウエンペラー
Xヴァルディゼール 同舞台完勝とはいえ新馬戦レベル低く過剰人気

関東馬2頭の軸はリスク高いがD指数上位3頭で勝負!
(東西金杯はR指数ダントツの2頭がそれぞれ勝ちましたがここは3歳戦なので・・・)

[もっと見る]

 ゼファー 2019年1月5日() 22:56
第53回 日刊スポーツ賞シンザン記念GⅢ
閲覧 275ビュー コメント 0 ナイス 9

2019年も宜しくお願い致します。

<馬場状態>
サークル<馬場研究会の通りです。

<展開>
3歳馬で良くわかりません。

<戦歴分析>
これを重視して予想しているので、3歳になったばかりのこの時期の戦歴は・・・
第35回ホープフルステークスGⅠのサートゥルナーリアを
数少ない戦歴から時計のみで判断して軽視した反省から、
戦歴時計には現れない、今後オオモノになりそうな走りをレース映像から探してみる。

アントリューズ:普通・・・だが、あらゆる予想で1番人気だけに。
ヴァルディゼール:直線で突き放した脚は魅力
ミッキーブリランテ:ギアがスッと上り、仕掛けると突き放した
ハッピーアワー:出遅れが・・・
パッシングスルー:長い脚が魅力
ドナウデルタ:切れないが、ナタの決め手でオオモノの予感
ゴータイミング:長い脚は使えるが、オオモノ感は無いか・・・
ニホンピロヘンソン:前走は×も、2走前・3走前の粘りは面白い
マイネルフラップ:ギアの上りが遅い・・・が力は有る。
シャドウエンペラー:新馬より劣化しているここ2走では
ミヤケ:ノーコメント
コパノマーティン:ノーコメント

<馬券>
◎:ドナウデルタ
 前走は前が残る展開と直線の不利で着順は度外視。
 ここ3戦の決脚は大物を感じる!
 坂で他が切脚を殺がれた方が助かるが、馬場が悪い今の京都ならナタの決脚が活きる。
〇:ミッキーブリランテ
 ギアの上りが速く、反応も素晴らしいが、↑にオオモノ感で少し劣る
▲:不在
△:アントリューズ・ヴァルディゼール・パッシングスルー
  ゴータイミング・ニホンピロヘンソン・マイネルフラップ

[もっと見る]

⇒もっと見る

コパノマーティンの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

コパノマーティンの写真

コパノマーティン

コパノマーティンの厩舎情報 VIP

2019年1月6日日刊スポシンザン記念 G310着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

コパノマーティンの取材メモ VIP

2019年1月6日 日刊スポシンザン記念 G3 10着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。