バリス(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
写真一覧
現役 牡8 栗毛 2011年3月29日生
調教師鈴木孝志(栗東)
馬主杉澤 光雄
生産者小泉牧場
生産地新冠町
戦績21戦[4-7-2-8]
総賞金7,728万円
収得賞金1,550万円
英字表記Baris
血統 ステイゴールド
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
ゴールデンサッシュ
プラントパラダイス
血統 ][ 産駒 ]
パラダイスクリーク
ブランドシャトル
兄弟 ワイズリースナークマイハート
前走 2019/02/11 雲雀ステークス
次走予定

バリスの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
19/02/11 東京 10 雲雀S 1600万下 芝1400 136834.21112** 牡8 55.0 戸崎圭太鈴木孝志500(-4)1.21.7 1.033.4⑩⑪キャナルストリート
19/01/05 京都 11 スポ京都金杯 G3 芝1600 1735154.51517** 牡8 52.0 酒井学鈴木孝志504(+8)1.36.1 1.235.2⑰⑮パクスアメリカーナ
18/10/13 東京 10 白秋S 1600万下 芝1400 1571210.0514** 牡7 57.0 内田博幸鈴木孝志496(+6)1.22.5 1.433.6⑬⑪リナーテ
18/04/29 東京 10 晩春S 1600万下 芝1400 186115.732** 牡7 55.0 内田博幸鈴木孝志490(-4)1.20.2 0.034.0⑨⑧リライアブルエース
18/03/18 阪神 9 山陽特別 1000万下 芝1400 9222.821** 牡7 57.0 和田竜二鈴木孝志494(-8)1.21.8 -0.433.6プルメリアスター
18/01/20 京都 9 祇園特別 1000万下 芝1400 12682.417** 牡7 57.0 和田竜二鈴木孝志502(+6)1.23.1 0.835.5⑥⑥ロライマ
17/11/11 東京 10 三鷹特別 1000万下 芝1400 15585.922** 牡6 57.0 戸崎圭太鈴木孝志496(+2)1.20.6 0.233.7⑧⑨モズアスコット
17/09/16 阪神 10 瀬戸内海特別 1000万下 芝1400 13574.622** 牡6 57.0 和田竜二鈴木孝志494(+4)1.21.8 0.235.2⑤⑤スターオブペルシャ
17/07/09 中京 9 清洲特別 500万下 芝1400 16484.611** 牡6 57.0 和田竜二鈴木孝志490(-4)1.19.8 -0.434.2⑥⑤サンライズマジック
17/05/13 新潟 9 4歳以上500万下 芝1400 163510.732** 牡6 57.0 柴山雄一鈴木孝志494(0)1.21.9 0.034.9⑤④ヴェネト
17/03/18 中京 12 4歳以上500万下 ダ1400 16359.059** 牡6 57.0 柴山雄一鈴木孝志494(0)1.26.4 1.538.2⑥⑤ミッキーデータ
16/07/09 函館 10 八雲特別 500万下 芝1800 127103.113** 牡5 57.0 柴山雄一鈴木孝志494(+2)1.47.7 0.136.1フォールインラブ
16/06/26 函館 10 奥尻特別 500万下 芝1800 11794.123** 牡5 57.0 菱田裕二鈴木孝志492(0)1.48.2 0.435.7⑧⑨カルヴァリオ
16/05/21 新潟 12 三条特別 500万下 芝1600 1651050.5112** 牡5 57.0 柴山雄一鈴木孝志492(+16)1.33.5 0.134.1チャンピオンルパン
16/04/03 阪神 6 4歳以上500万下 芝1600 1561124.61012** 牡5 57.0 菱田裕二鈴木孝志476(-10)1.35.1 1.734.0⑮⑮マラムデール
15/03/21 阪神 9 須磨特別 1000万下 芝1800 104414.968** 牡4 57.0 菱田裕二小野次郎486(0)1.49.4 1.236.5⑤④フェイマスエンド
14/08/31 札幌 9 帯広特別 500万下 芝2000 14332.611** 牡3 54.0 菱田裕二小野次郎486(+2)2.02.6 -0.035.7⑥⑥⑧⑨トーセンツリー
14/07/05 函館 4 3歳未勝利 芝1800 16234.731** 牡3 56.0 菱田裕二小野次郎484(+8)1.49.6 -0.535.8⑨⑧⑦⑧プラチナジュエリー
14/05/10 東京 3 3歳未勝利 ダ1400 168151.718** 牡3 56.0 横山典弘小野次郎476(0)1.28.7 0.839.2ウラノスガッキ
14/04/26 東京 2 3歳未勝利 ダ1600 168152.212** 牡3 56.0 横山典弘小野次郎476(-4)1.39.7 0.037.7メガオパールカフェ

⇒もっと見る


バリスの関連ニュース

ウマニティの重賞攻略ページに掲載されている「データ分析」の内容や、スポーツニッポン賞京都金杯の近年の結果をもとに、凡走パターンに合致する馬をピックアップするものです。予想の際にお役立てください。




【全般】
8歳以上馬の連対例は皆無(2009年以降)

バリス

前走で1600m戦に出走、かつ0秒6以上の着差で敗れていた馬の好走例はゼロ(2009年以降)

ストーミーシー
スマートオーディン
リライアブルエース
トゥラヴェスーラ
アサクサゲンキ
ゴールドサーベラス
ロードクエスト

前走がタイム差なしの1着だった馬の好走例はみられない(2009年以降)

グァンチャーレ

前走中山組の好走例は皆無(2009年以降)

ミエノサクシード

前走でG1~G2格のレースに出走していた馬を除くと、前年11月以降未出走馬の好走例はみられない(2009年以降)

バリス
アドマイヤアルバ
リライアブルエース
ゴールドサーベラス

ハンデ53キロ未満の連対例はゼロ(2009年以降)

バリス
ツーエムマイスター

【人気】
4番人気以下、かつ牝馬の連対例は皆無(2009年以降)
※11時00分現在の4番人気以下、かつ牝馬

ミエノサクシード

6番人気以下、かつ美浦所属馬の連対例はゼロ(2009年以降)
※11時00分現在の6番人気以下、かつ美浦所属馬

ストーミーシー
ゴールドサーベラス
ロードクエスト

14番人気以下の好走例は皆無(2009年以降)
※11時00分現在の14番人気以下

バリス
トゥラヴェスーラ
ゴールドサーベラス
ツーエムマイスター

【脚質】
前走の4角通過順位が6番手以下、かつ今回の馬番枠14~17番の好走例は皆無(2009年以降)

ゴールドサーベラス
ロードクエスト

【枠順】
4~8枠、かつ1番人気の連対例はゼロ
※11時00分現在の1番人気、かつ4~8枠馬

パクスアメリカーナ

5枠の連対例は皆無(2009年以降)

スマートオーディン
リライアブルエース

馬番枠11番、12番、15番、17番の好走例は皆無(2009年以降)

トゥラヴェスーラ
パクスアメリカーナ
マイスタイル
ロードクエスト

馬番枠10番、16番の連対例はゼロ(2009年以降)

リライアブルエース
ツーエムマイスター


【上記の凡走パターンに合致しなかった馬(連軸候補)】
サラキア
カツジ
ヒーズインラブ



ウマニティ重賞攻略チーム

【重賞データ分析】京都金杯 ハンデは重すぎても軽すぎてもダメ!重視すべきは京都コース実績!2019年1月5日() 11:00

ウマニティの重賞攻略ページに掲載されている「データ分析」の内容をもとに、スポーツニッポン賞京都金杯のファクターごとの傾向に注目し、好走パターンに合致する馬をピックアップしました。予想の際にお役立てください。




【全般】
ハンデ55~57キロの馬が好成績(2008年以降)

カツジ
グァンチャーレ
ヒーズインラブ
スマートオーディン
パクスアメリカーナ
マイスタイル
ロードクエスト

京都かつ芝1600m以上の勝ち鞍がある馬の上位占有率が高い(2008年以降)

カツジ
グァンチャーレ
アドマイヤアルバ
ミエノサクシード
ヒーズインラブ
スマートオーディン
リライアブルエース
トゥラヴェスーラ
パクスアメリカーナ
マイスタイル

【人気】
1、3番人気が優秀な成績(1998年以降)
※10時30分現在の1、3番人気

カツジ
パクスアメリカーナ

【脚質】
先行優勢(1999年以降)

グァンチャーレ
トゥラヴェスーラ
パクスアメリカーナ
アサクサゲンキ
マイスタイル
ツーエムマイスター

※近走の内容を参考に先行策をとりそうな馬を想定

【枠順】
1~4枠が好成績(1999年以降)

ストーミーシー
サラキア
カツジ
グァンチャーレ
バリス
アドマイヤアルバ
ミエノサクシード
ヒーズインラブ

【血統】
2400m以上のG1を自身が勝利しているサンデーサイレンス系種牡馬を父あるいは母父に持つ馬が好相性(2008年以降)

サラキア
カツジ
バリス
アドマイヤアルバ
ミエノサクシード
リライアブルエース
トゥラヴェスーラ
マイスタイル
ロードクエスト

父もしくは母父にミスプロ系種牡馬を持ち、かつサンデーサイレンスを内包している馬の好走例が多い(2008年以降)

ストーミーシー
マイスタイル


【4項目以上該当馬】
カツジ(5項目)
マイスタイル(5項目)
グァンチャーレ(4項目)
パクスアメリカーナ(4項目)



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【U指数的考察】京都金杯 ひとケタ馬番のU指数上位馬が有力!5歳以上の低指数馬は苦戦傾向!2019年1月5日() 09:43

スポーツニッポン賞京都金杯の近年の傾向をもとに、U指数を絡めてピックアップした条件に合致する馬を提示しました。予想の際にお役立てください。

※2014年以降の結果をもとに検証



<ポイント①>
毎年必ず指数97.0以上の馬が最低1頭は馬券に絡んでいる。好配当を演出することもあるので、近走の成績にかかわらず、徹底マークが必要だ。

指数97.0以上

グァンチャーレ
パクスアメリカーナ
マイスタイル
ロードクエスト

<ポイント②>
軸馬を絞り込む際に頼れるのは、内~中枠を引いた高指数馬。なかでも、指数5位以内かつ馬番枠1~9番の好走率が高い。

指数5位以内かつ馬番枠1~9番

グァンチャーレ
ミエノサクシード

<ポイント③>
明け4歳馬を除くと、2014年以降で馬券に絡んだ馬はすべて指数95.5以上。指数95.5に満たない5歳以上馬を外せば、検討対象をかなり絞り込める。

指数95.5未満かつ5歳以上

ストーミーシー
バリス
スマートオーディン
リライアブルエース
ゴールドサーベラス
ツーエムマイスター



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【血統アナリシス】京都金杯 マイルCS惜敗のディープインパクト産駒に前回以上の結果を期待!高い舞台適性を備えたスクリーンヒーロー産駒も侮りがたし! 2019年1月4日(金) 16:20


スポーツニッポン賞京都金杯の出走馬について、血統的な舞台適性の有無を1頭ずつシンプルに考察していきます。予想の際にお役立てください。




ストーミーシー
父であるアドマイヤムーンの産駒は当該コースで好成績。当舞台で相性の良いニジンスキー系種牡馬を母父に持つところも好感が持てる。一方で、近い親族をみると重賞級はゼロ。このあたりが重賞でひと押し足りない要因なのかもしれない。また、安定した末脚を駆使して堅実に走っていたにもかかわらず、ここ2走は1秒以上の敗退を喫している点も気がかり。今回はプラス要素に乏しく、劣勢は否めないだろう。

サラキア
サンデーサイレンス系×ノーザンダンサー系の組み合わせは、当レースの活躍配合のひとつ。毎年のように好走馬を送り出している父のディープインパクトについても文句のつけようがない。ただし、母方が欧州型の重厚な血で固められているため、高速決着になると後塵を拝すケースが増えてくる。勝ち負けに加わるには、適度に上がりを要する展開、あるいは馬場が望ましい。

カツジ
瞬発力型のディープインパクトを父に持つ一方、母父は持続力型のホワイトマズル。加えて、リファールのインブリードを有し、祖母の父はトニービンと、やや持続力に偏りがちな血統構成。ゆえに、速い上がりの決め手勝負ではどうしても後れをとるケースが増えてくる。視点を変えれば、マイルCSで届かずも上がり最速をマーク→時計を要する傾向が強い当レース、という臨戦過程はプラスに作用する可能性が高い。極端な高速決着にならなければ、前走以上の結果を期待できるのではないか。

グァンチャーレ
スクリーンヒーロー×ディアブロの配合馬。同配合の活躍馬には、さきの朝日杯FSで2着に食い込んだクリノガウディーがいる。地味な血統構成ゆえに注目度は低いものの、爆発力のある組み合わせと言えよう。当レースにおける父ロベルト系の出走例は少ないが、2017年にブラックスピネルが2着入線を果たしているように、相性は決して悪くない。なにより本馬自身、同時期&同コースで行われるシンザン記念を制しているのだから、高い舞台適性を備えているのは明らか。侮れない1頭になりそうだ。

バリス
シアトリカルやタイキブリザードなどを輩出した名牝ツリーオブノレッジの4×4のインブリードを母方に有しているのが大きな特徴。とはいえ、近い親族に目立った活躍馬はおらず、ここでは活力の面で物足りない。ステイゴールド×パラダイスクリークの配合についても、可もなく不可もなしという感が強く、1400mの条件戦大敗→マイルG3の臨戦過程がプラスに作用するとは言い難い。苦戦必至だろう。

アドマイヤアルバ
サンデーサイレンス系×ノーザンダンサー系の組み合わせは、当レースの好走配合のひとつ。半面、一族を振り返ると4代母までさかのぼらなければ、これといった活躍馬が見当たらず、やや活力に欠ける印象。本馬の勝ちみが遅い要因のひとつだろう。そのあたりを踏まえると、相手強化の重賞で勝ち切るにはパンチが足りない。芝1600m複勝率100%の戦績を、そのまま評価しての連下扱いが妥当とみる。

ミエノサクシード
ステイゴールド産駒の当該コース成績が低調な点は気がかりな一方で、エーピーインディ系種牡馬を母父に配する馬の京都芝外回り1600mにおける期待値は上等の部類。母母父のダンチヒ系も当舞台と相性が良く、米国型の母父×欧州牝系配合の母を持つ馬の当レースにおけるパフォーマンスも悪くない。母方の持ち味を活かすことができれば、父の悪影響を打ち消して上位争いに絡んできても不思議はない。

ヒーズインラブ
父のハービンジャーが属するダンチヒ系の当レースにおける相性が上々の一方で、ややダート色が濃い母父の血脈が影響しているせいか、速い上がりを求められる競馬ではひと押しを欠く。とはいえ、マイルCSでは上がり3ハロン33秒8の末脚を繰り出して、勝ち馬の0秒4差まで追い上げているように、相手弱化のG3ならば間に合う可能性もある。当該コースで大きく崩れていない堅実性は評価されてしかるべき。完全無視は禁物の1頭だ。

スマートオーディン
高いスピード能力が持ち味のダノンシャンティに、パワーとスピードの持続力を兼備したリファール系×スターリング系の肌馬を組み合わせることで、バランス抜群の総合力を実現している本馬。半面、突出したファクターに欠けるのも事実で、根幹距離の重賞ではひと押し足りない印象。爆発力がある母系の血脈が活性化するようであれば面白いが……。その気配が窺えない現状では期待薄とみる。

リライアブルエース
ディープインパクト×ノーザンダンサー系の組み合わせは、京都芝マイル重賞の好走配合のひとつ。母はAW8Fの米G1勝ち馬で、その全兄には芝12Fの米G1勝ち馬がいる。ゆえに、活力と底力の面でも不足はない。本馬の全兄アルバートドックは中距離指向の強いタイプだったが、読売マイラーズカップで0秒4差の5着があるように、京都芝1600mにマッチする適性を備えていた。全兄よりもスピード色が濃く、マイル適性の高い本馬は、さらに上を行く可能性もある。要注目の1頭だ。

トゥラヴェスーラ
ドリームジャーニー×アドマイヤコジーンという、機動力とパワーに長けたタイプ同士の組み合わせ。叔母にスプリンターズSを制したアストンマーチャンがいることからも、スピードだけならここでも足りる。半面、晩成指向が強い血統背景だけに、本格化するのはもう少し先かもしれない。今回の結果がどうのこうのではなく、長い目でみるべき馬だろう。

パクスアメリカーナ
全姉のホエールキャプチャヴィクトリアマイル勝ち馬、3代母はエリザベス女王杯勝ち馬タレンティドガール、その兄ニッポーテイオー安田記念勝ち馬というように、牝系の底力についてはケチのつけようがない。一方で、クロフネ産駒の当該コースにおけるパフォーマンスが低い点は気がかり。牝系こそ違うが、さきのマイルCSでは本馬と同じクロフネ×サンデーサイレンス系配合馬のアエロリットが大敗を喫している。そのあたりを踏まえると、軸鉄板と決め付けるのは考えもの。資質ならびに前走圧勝を評価してのヒモ扱いが正解ではないか。

アサクサゲンキ
父ノーザンダンサー系は当レースの活躍血脈のひとつではあるが、本馬の父ストーミーアトランティックが属するストームバード系の当該コースにおけるパフォーマンスは今ひとつ。母系についてもパワーに偏りがちな血統構成で、阪神→京都のコース替わりがプラス要素になるとは言い難い。強調できるポイントは少なく、今回は厳しい戦いになりそうだ。

ゴールドサーベラス
父であるスクリーンヒーローの当該コースにおける産駒成績は上々の部類。半面、母父にネイティヴダンサー系種牡馬を持つ馬は勝ちみに遅いタイプが多く、エンジンのかかりが悪い本馬も同様の傾向にあるのかもしれない。そのあたりを踏まえると、直線平坦の京都芝コース替わりは不安材料。相応の相手が揃う根幹重賞となればなおさらだ。今回の舞台ではプラス要素を見出せない。

マイスタイル
父は持続力型サンデーサイレンス系のハーツクライ。加えて、米G1 11勝を挙げた名牝レディーズシークレットを3代母に擁する牝系の影響も強く、本質的には中距離がベター。ただ、一族にはスプリントG1を2勝したビリーヴの名が見られるように、短距離がまったくダメというわけではない。パワーとスピ―ドの持続力に傾倒している母系の血脈がこの舞台とうまくマッチするようであれば、好パフォーマンスを示す可能性もある。警戒を怠れない1頭と言えよう。

ツーエムマイスター
3代母のフローラルマジックを基点とする一族からは、多数の活躍馬が出ているものの、近い親族の重賞級はゼロ。ここに入ると活力の面で見劣る感は否めない。加えて、ヘイロー4×4のインブリードが強く反映されたスピードタイプであることを考えると、前回から2ハロンの距離延長も不安材料。重賞となればなおさらで、今回は強調材料に乏しい印象を受ける。

ロードクエスト
当レースと相性の良いダンチヒ系種牡馬を母父に配している点は好印象。祖母が2002年のマイルCS勝ち馬トウカイポイントの母と同様、リアルシャダイ×ノーザンテーストの配合馬であるところも好感が持てる。一方で、マツリダゴッホ産駒の当該コースにおける成績が芳しくない点は気がかり。母方の舞台適性、ならびにG1→G3の相手弱化を踏まえたうえで、連下候補にとどめておくのが賢明かもしれない。



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【スポ京都金杯】厩舎の話2019年1月4日(金) 05:08

 ◆アサクサゲンキ・音無師 「順調に来ている。1600メートルにして前に行けるようになったのが良かった」

 ◆アドマイヤアルバ・須貝師 「まだ子供っぽさが抜けない。長い目でみていきたい」

 ◆グァンチャーレ・北出師 「好調を維持できている。今の(寒い)時期の方が元気」

 ◆ゴールドサーベラス・清水英師 「順調に乗り込めた。左回りよりも右回りの方がいい」

 ◆サラキア・池添学師 「31日にやって十分です。競馬がわかっているので、自分で体を作っている」

 ◆ストーミーシー・斎藤誠師 「末脚を生かす自分の形を持っているので、うまくはまってくれれば」

 ◆スマートオーディン・兼武助手 「動きは良かったですよ。反応もよく、具合もいい。前回の反動もないです」

 ◆ツーエムマイスター・本田師 「サッとやった。1200メートルより1600メートルの方が楽にいける」

 ◆トゥラヴェスーラ・高橋康師 「ひと叩きして素軽さと力強さが出てきた」

 ◆バリス・鈴木孝師 「いつも通りの動きで具合はいい。格上挑戦になるけど、ハンデ52キロなら」

 ◆ヒーズインラブ・藤岡師 「緩めずここを目標にやってきて、いい状態。京都も合っていそう」

 ◆マイスタイル・藤野助手 「状態は悪くない。使いつつよくなっている感じがある」

 ◆ミエノサクシード・喜多助手 「中山より京都の方がコース実績がある」

 ◆リライアブルエース・矢作師 「追い切りは思ったより時計が出たが、それだけ状態がいいのでしょう」

 ◆ロードクエスト・小島茂師 「すごく馬が軽い。ハンデ57キロなら許容範囲」

[もっと見る]

【スポーツニッポン賞京都金杯】特別登録馬2018年12月28日(金) 17:30

[もっと見る]

⇒もっと見る

バリスの関連コラム

閲覧 989ビュー コメント 0 ナイス 7



先週は、5(土)に中山競馬場でG3中山金杯、京都競馬場でG3京都金杯が、6(日)には京都競馬場でG3シンザン記念が行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G3中山金杯は、バラついたスタートでの幕開け。最内からタニノフランケル、さらにコズミックフォース、5枠両頭あたりが先行策をとります。ハナを奪い切ったタニノフランケルは、2番手コズミックフォースに対し1馬身半差ほどのリードを保って、前半1000mを59.9秒(推定)のペースで通過。1番人気マウントゴールドは中団、2番人気タイムフライヤーは後方からの競馬でレースは後半戦へ。とここで、外を回ってステイフーリッシュが進出を開始。遅れてタイムフライヤーも大外からポジションを上げにかかると、馬群は徐々にペースアップしながら3、4コーナーへ。直線を向いても先頭をキープする9番人気タニノフランケルに、コズミックフォースステイフーリッシュと並び掛けますが、コズミックフォースは直線半ばを迎えたところで苦しくなって後退。代わって7番人気ステイフーリッシュが先頭に躍り出ます。そこへ、外を通った後続各馬がどっと押し寄せる展開。最後はハンデ戦らしくゴール前で密集するなか、中団から力強く伸びて制したのはトップハンデのウインブライトでした。3番人気での勝利で、重賞4勝目を挙げています。
公認プロ予想家では、岡村信将プロはははふほほほプロ金子京介プロくりーくプロ蒼馬久一郎プロ馬侑迦プロら、計6名が的中しています。
 
G3京都金杯は、カツジバリスといったところが出遅れ。こちらもばらついたスタートとなるなか、好スタートは外枠勢のツーエムマイスターアサクサゲンキマイスタイルトゥラヴェスーラパクスアメリカーナあたり。この中からツーエムマイスターが先頭に立って、前半800mを47.5秒(推定)で通過していきます。1番人気のパクスアメリカーナは好位の外目を追走。各馬4コーナーを回って直線へ。先頭のツーエムマイスター目がけて横並びで迫る、グァンチャーレアサクサゲンキマイスタイルの3頭。5番人気マイスタイルがこの争いから抜け出そうと脚を伸ばしますが、直後に迫るパクスアメリカーナも手応え十分。結局、ゴール手前50mでマイスタイルを外から交わし去ったパクスアメリカーナが、1番人気の支持に応えて優勝。重賞初制覇を飾っています。
公認プロ予想家では、セイリュウ1号プロ導師嵐山プロ馬っしぐらプロ山崎エリカプロ、ほか計15名が的中しています。
 
G3シンザン記念は、大外枠から逃げたコパノマーティンが軽快なラップを刻み、前半800m47.3秒(推定)を計時。1番人気アントリューズ、2番人気ミッキーブリランテ、3番人気ハッピーアワーら人気どころを、比較的後方に従える形で、引き続きコパノマーティン先頭の隊列のまま4コーナーを回ります。内~馬場の中ほどにかけて横に広がった追い比べの中から、脚色良く抜け出したのは最内を突いた4番人気ヴァルディゼール。外を通っては、ミッキーブリランテ、10番人気マイネルフラップも目立つ末脚でこれに迫ります。勢いでは、完全に勝ったかに見えた外2頭でしたが、並び掛けられてから再び突き放そうと応戦するヴァルディゼール。二枚腰の伸びでマイネルフラップミッキーブリランテらの追撃封じてみせたヴァルディゼールがクビ差優勝。連勝で重賞初制覇をあげています。
公認プロ予想家では、岡村信将プロ田口啄麻プロおかべプロら、計7名が的中しています。
 
 
 
----------------------------------
 
☆☆☆注目プロ →岡村信将プロ
5(土)にG3中山金杯的中、中山9R的中などの活躍を披露。6(日)には、G3シンザン記念での◎ヴァルディゼール-○マイネルフラップ馬連1点的中を含む計17万3,400円払戻しのスマッシュヒットを筆頭に、中山1R他での的中を記録。連日のプラス収支を達成し、週末トータル回収率137%をマーク。収支12万9,600円プラスを達成しています。前週28(金)もトータルプラスを計上し、2週連続の週末プラス達成となっています。
 
☆☆☆注目プロ →馬っしぐらプロ
5(土)京都9Rで◎ヴァルディノート(単勝14.7倍)から的中をマークすると、G3京都金杯では3連単985.8倍を的中させ、週末トータル回収率トップの382%(収支7万9,110円プラス)をマーク!2019年のプラス発進を決めました。前週28(金)もトータルプラスで終えていて、これで2週連続週末プラスとなっています。
 
☆☆☆注目プロ →おかべプロ
5(土)は中山7R的中などできっちりプラスを決めると、6(日)もG3シンザン記念での◎マイネルフラップ(単勝32.7倍)複勝1点勝負的中を披露し、連日のプラスをマーク。週間トータル回収率202%を記録しました。これでG1ホープフルS的中などで回収率100%達成の28(金)を挟み、回収率100%以上は9週連続継続中。最高の形で2019年のスタートを切っています。
 
☆☆☆注目プロ →山崎エリカプロ
5(日)G3京都金杯、同京都12Rと的中をマーク。6(日)にも京都10Rでの◎ヴォージュ(単勝23.3倍)的中などを披露した先週は、トータル回収率120%をマークしています。28(金)の回収率114%を挟み、3週連続週末プラスを継続中。
 
 
 
この他にも、セイリュウ1号プロ(213%)、エース2号【予想マイレージクラブ限定】プロ(199%)、【U指数】3連単プリンスプロ(154%)、エース1号プロ(153%)、【U指数】3連複プリンセスプロ(142%←3週連続週末プラス)、ゼット1号プロ(116%)、くりーくプロ(107%)、サラマッポプロ(102%)らが週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
 
 
----------------------------------
 
※全レースの結果情報はこちら


今週も「プロ予想MAX」にぜひご注目下さい。


登録済みの方はこちらからログイン

バリスの口コミ


口コミ一覧
閲覧 57ビュー コメント 0 ナイス 14

東京9R テレビ山梨杯

◎⑫ノーブルカリナン
△⑤ダンサール
△⑥アヴィオール
△⑧ゴージャスランチ
△⑩レッドラフェスタ

馬連⑫ー⑤・⑥・⑧・⑩への4点。

体調が整わなかった時に使った重賞以外は崩れ無し。昇級でもここで止まる様な器じゃないしね。

東京10R 雲雀ステークス

◎⑫タイキサターン
△③アンブロジオ
△④フレッチア
△⑤ショウナンライズ
△⑧バリス

馬連⑫ー③・④・⑤・⑧への4点。

前走は休み明けで少し忙しい千二。一叩きしての千四への距離延長で変わり身期待。

東京12R 4歳上1000万下

◎④エピックアン
△⑥フィスキオ
△⑪トワイライトタイム
△⑬ゲンパチカイナル
△⑯ラムセスバローズ

馬連④ー⑥・⑪・⑬・⑯への4点。

前走は指示が行き届かなかったみたいよ。気を抜いた時だけプレッシャー掛ける様に
指示したつもりがずっとプッシュし続けて怒らせちゃったみたい。
今度は日本人騎手だしそんな気性なら距離短縮も良いだろうしね。

次は佐賀記念だけど堅そうだね・・・。

 ターフィーTD 2019年1月5日() 00:03
タフィスポ(金杯号)
閲覧 63ビュー コメント 0 ナイス 2

新年、あけましておめでとうございます。本年もタフィスポをよろしくお願い致します。

1月5日(土)中山・京都
【★=今週一番】

中山10RカーバンクルS
◎8.ペイシャフェリシタ 15.5
○7.キャンベルジュニア 14.5
▲1.レジーナフォルテ 14.5
★9.ダイワリベラル (14.5)
△3.トウショウピスト 14.5
△12.モズスーパーフレア 14
△4.アルマエルナト 13.5

中山11R中山金杯
◎6.エアアンセム 15
○14.ブラックバゴ (16)
▲2.アドマイヤリード 14.5
★5.サンマルティン 13.5
△7.マイネルハニー 13.5
△11.ウインブライト 13.5
△1.タニノフランケル 13

京都11R京都金杯(★)
◎15.マイスタイル 12.5
○5.バリス (12.5)
▲3.カツジ 12
★4.グァンチャーレ 12
△12.パスクアメリカーナ 11.5
△16.ツーエムマイスター 11
△17.ロードクエスト 10.5

~レーティングについて~
 馬名右の数値は、該当馬の実力に騎手の巧拙、枠順やコーナーの有利不利を加味して算出した独自のレーティングです。1ポイント=0.2秒の差を示し、5ポイントで入線タイム差が約1秒と想定しています。(カッコ)付き数値は長期休養馬、もしくは8カ月以上前のレースぶりを見て算出したものです。予想の参考としてご覧ください。

【参考買い目】
<単勝>
◎=1点
<3連単>
◎↔〇▲★△△△(1頭軸マルチ)=90点
〇→▲★→▲★△△△=8点
◎→〇→▲★=2点

◆勝負レース回収率◆
単勝 73%
三連単 43%

【本日の厳選1頭】
中山9R
6.ベルウッドテラス

以上

[もっと見る]

 tntn 2019年1月4日(金) 00:38
京都金杯の乗る乗らん! 
閲覧 162ビュー コメント 45 ナイス 264

**************************
2019年、2番目の重賞、京都金杯!

マイルCSと同じ芝1600m!
ルメデムの休暇の為名前無し。。。そしてみんな帰っていった。。。ヾ(ーー )
京都金杯の乗る乗らん!
※鞍上は確定版 ☆=過去勝利数。※=年男。
--------------------

【継続騎乗】
アサクサゲンキ。。。。。。。松若風馬※
カツジ。。。。。。。。。。。松山弘平
ゴールドサーベラス。。。。。柴山雄一
サラキア。。。。。。。。。☆池添謙一
パクスアメリカーナ。。。。☆川田将雅
ヒーズインラブ。。。。。。。藤岡康太
マイスタイル。。。。。。。。田中勝春※
ミエノサクシード。。。。。。川島信二

【乗替わり】
アドマイヤアルバ。。。。☆☆岩田康誠
グァンチャーレ。。。。。。。古川吉洋
ストーミーシー。。。。。。。吉田隼人※
スマートオーディン。。。。。秋山真一郎
ツーエムマイスター。。。☆☆四位洋文
トゥラヴェスーラ。。。。。。浜中俊
バリス。。。。。。。。。。。酒井学
リライアブルエース。。。。。坂井瑠星
ロードクエスト。。。。。。。福永祐一

--------------------

続・松山さん【カツジ】マイルCSでまさかの0.2秒差4着!ヾ(ーー )

続・池添さん【サラキア】秋華賞4着なら即通用?

川田さんお手馬【パクスアメリカーナ】デビュー全7戦マイル。NHKマイルでもトップに0.4秒差の6着!

フルキチさん手戻り【グァンチャーレ】前々走のスワンS3着はコンビで。

続・康太さん【ヒーズインラブ】マイルCSでまさかの0.4秒差8着!ヾ(ーー )

スワンS勝ち馬【ロードクエスト】マイルCSは17着から巻き返しを初騎乗となる福永さんに!

続・勝春さん【マイスタイル】ここで良いのか。勝算!?年男勝春さん関西で決めるか重賞50勝目!

***********

走れPOG馬!『エスポワール』vs『プランドラー』

https://umanity.jp/home/view_diary.php?id=4a87a965d8&owner_id=4a85df85ef

****************************

[もっと見る]

⇒もっと見る

バリスの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
1:
     フォロワー:0人 2014年7月11日(金) 00:13:57
菱田裕騎手「折り合いだけ気をつけて乗りました。前半でうまく折り合いがつけばしまいは伸びると思っていましたが、しまいはすごい反応でした。上のクラスでも楽しみです」

バリスの写真

投稿写真はありません。

バリスの厩舎情報 VIP

2019年2月11日雲雀ステークス12着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

バリスの取材メモ VIP

2019年1月5日 スポニチ賞京都金杯 G3 17着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。