エングレーバー(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
エングレーバー
写真一覧
現役 牡5 鹿毛 2016年2月26日生
調教師中内田充正(栗東)
馬主有限会社 キャロットファーム
生産者ノーザンファーム
生産地安平町
戦績13戦[4-3-1-5]
総賞金7,121万円
収得賞金2,400万円
英字表記Engraver
血統 オルフェーヴル
血統 ][ 産駒 ]
ステイゴールド
オリエンタルアート
マルティンスターク
血統 ][ 産駒 ]
シンボリクリスエス
ラテルネ
兄弟 グリューヴァインショーンガウアー
前走 2021/05/15 京王杯スプリングC G2
次走予定

エングレーバーの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
21/05/15 東京 11 京王杯SC G2 芝1400 177136.8313** 牡5 56.0 浜中俊中内田充442(-6)1.20.6 0.833.9⑤⑤ラウダシオン
21/04/18 阪神 10 心斎橋S 3勝クラス 芝1400 15239.041** 牡5 57.0 浜中俊中内田充448(-6)1.20.2 -0.534.6⑦⑦シャイニーロック
21/01/16 小倉 11 虹の松原S 3勝クラス 芝1800 14698.339** 牡5 57.0 藤岡佑介中内田充454(-2)1.46.9 0.736.1④④④アーデントリー
20/04/05 阪神 10 難波S 3勝クラス 芝1800 16127.543** 牡4 55.0 藤岡佑介中内田充456(+2)1.45.8 0.533.7⑥⑦セラピア
20/03/08 中京 11 トリトンS 3勝クラス 芝1600 13568.049** 牡4 57.0 岩田望来中内田充454(-6)1.40.2 1.637.7⑥⑦⑦ペプチドバンブー
20/01/11 京都 10 逢坂山特別 2勝クラス 芝1800 12671.711** 牡4 56.0 川田将雅中内田充460(+10)1.49.2 -0.234.8⑤⑤ショウナンバルディ
19/12/14 中山 12 3歳以上2勝クラス 芝1800 168153.012** 牡3 56.0 O.マーフ中内田充450(0)1.47.4 0.034.9⑥⑥⑥トーセンスーリヤ
19/09/16 中山 11 セントライト G2 芝2200 185914.2716** 牡3 56.0 藤岡佑介中内田充450(-2)2.13.7 2.237.7⑤④⑤リオンリオン
19/08/10 小倉 10 宮崎特別 2勝クラス 芝2000 10661.512** 牡3 54.0 和田竜二中内田充452(-6)2.00.0 0.235.1ハイヒール
19/05/12 東京 10 プリンシパル (L) 芝2000 142211.372** 牡3 56.0 川田将雅中内田充458(+6)1.58.3 0.033.9ザダル
19/02/03 京都 11 きさらぎ賞 G3 芝1800 8226.748** 牡3 56.0 藤岡佑介中内田充452(-4)1.50.6 1.636.2④④ダノンチェイサー
19/01/05 中山 6 3歳500万下 芝2000 123311.151** 牡3 56.0 藤岡佑介中内田充456(+6)2.02.4 -0.234.8④④エスポワール
18/10/07 京都 5 2歳新馬 芝2000 10332.011** 牡2 55.0 浜中俊中内田充450(--)2.05.7 -0.034.9⑦⑥④④パトリック

エングレーバーの関連ニュース


※当欄では京王杯SCについて、競馬好きとして知られる芸能人、著名人の皆さんの予想を紹介していきます。迷ったときは彼らの予想に乗るのも手。参考になさってください。



【杉本清】
◎③グルーヴィット
○⑩ラウダシオン
▲①エアアルマス
☆⑭タイセイビジョン
△⑤カイザーミノル
△⑪ミッキーブリランテ
△⑬エングレーバー
△⑯シーズンズギフト

【安田和博(デンジャラス)】
◎⑪ミッキーブリランテ

【鈴木麻優(元岩手競馬騎手)】
◎⑩ラウダシオン

【原奈津子】
◎③グルーヴィット
○⑭タイセイビジョン
▲⑤カイザーミノル

【天童なこ】
◎⑬エングレーバー
○⑭タイセイビジョン
▲④エーポス
☆⑩ラウダシオン
△①エアアルマス
△②ビッククインバイオ
△⑤カイザーミノル
△⑪ミッキーブリランテ
△⑫トゥラヴェスーラ

【目黒貴子】
◎⑭タイセイビジョン



ウマニティ重賞攻略チーム

【重賞データ分析】京王杯スプリングカップ2021 減点なし5頭の中からタイセイビジョン、カイザーミノル、エングレーバーに注目 2021年5月14日(金) 12:00

ウマニティ重賞攻略チームが毎週末の重賞をあらゆる切り口で考察!今回は京王杯スプリングカップ・データ分析 をお届けします!


【性別】
2011年以降の性別成績は、牡・せん【10.9.9.116】、牝【0.1.0.12】。前者に分がある。しかも後者の好走は前走重賞2着以内の好調馬のみ。前走3着以下敗退の牝馬は推奨しづらい。

【馬齢】
2011年以降の3着以内延べ30頭の馬齢をみると、4歳から8歳の範囲。ただし、6歳以上の好走は芝の重賞勝利経験、もしくは芝マイル重賞で2着内歴がある馬に限定される。頭に入れておきたい傾向だ。

【前走使用距離】
2011年以降の3着以内馬の前走使用距離を確認すると、芝1200m、芝1400m、芝1600m、芝1800mの4パターン。これ以外のステップで臨んだ馬は、いずれも複勝圏外に敗れている。

【前走4角通過順位】
2011年以降、前走の4角通過順位が12番手以降だった馬が当レースで2着連対圏に入ったケースは皆無。その一方で、前走4角3番手以内通過馬の連対はオープンクラスのマイル戦経由馬に限られる。中団から好位で競馬をしていた馬が買いやすいレースといえよう。


【データ予想からの注目馬】
上記4項目で減点がないのは、③グルーヴィット、⑤カイザーミノル、⑨ビオグラフィー、⑬エングレーバー、⑭タイセイビジョンの5頭。トップには⑭タイセイビジョンを推す。2011年以降、前走で芝マイルの重賞に出走していた馬は4勝を含む11連対と活躍。本馬自身、今回と同じ舞台の京王杯2歳Sを制していることも評価ポイントだ。

同じく芝マイル重賞経由馬の⑤カイザーミノルを2番手に。1400mに距離を短縮した前走が強い勝ち方だった、⑬エングレーバーにもマークが必要だろう。対照的に③グルーヴィットと⑨ビオグラフィーは、近10回3着以内ゼロの前走・高松宮記念以外の1200m戦使用馬。ゆえに強調しづらい印象を持つ。

<注目馬>
タイセイビジョン ⑤カイザーミノル ⑬エングレーバー

[もっと見る]

【U指数的分析の結論!】京王杯スプリングカップ2021 芝1400m以下で堅実な昨年3着のグルーヴィットを高評価! 2021年5月14日(金) 12:00

ウマニティ重賞攻略チームが毎週末の重賞をあらゆる切り口で考察!今回は京王杯スプリングカップ・U指数予想をお届けします!


U指数は、ウマニティが独自に開発した競走馬の能力値「スピード指数」で、その精度の高さから多くのユーザーに支持されています。ウマニティに会員登録(無料)すると重賞レースの出走予定馬全頭のU指数をご覧いただけますので、是非お試しください。
---------------------

U指数上位勢の安定感が際立つレースで、過去5年間で3位以内の馬が馬券に絡まなかった年はなく、2016年、2017年、2020年は5位以内が上位3着を独占。5位ながら11番人気に甘んじていた2017年2着のクラレントのような例もあり、積極的に穴も狙っていける。指数も人気も上位の馬を軸候補として評価しつつ、人気の盲点になっている高指数馬をしっかり押さえて勝負。このアプローチ方法が京王杯スプリングCを攻略するうえでのベストアンサーとなる。
 
最有力視できるのは、1位の評価を得ている③グルーヴィット(100.0)。一昨年の中京記念以来、勝利からは遠ざかっているが、芝1400m以下では大きく崩れておらず、登録メンバー中唯一指数100超えをマークしている。このレースで昨年3着に好走している点も大きな強調材料だ。
 
2番手評価は、千二が主戦場ながらもG1で掲示板に載るなどその実力は確かな⑫トゥラヴェスーラ(99.0)。以下、千四に距離短縮した前走を鮮やかに勝利した3位⑬エングレーバー(98.4)、千四で2勝2着1回とパーフェクト連対を記録している5位⑩ラウダシオン(97.4)を押さえておく。

【U指数予想からの注目馬】
グルーヴィット ⑫トゥラヴェスーラ ⑬エングレーバー ⑩ラウダシオン

[もっと見る]

【京王杯SC】追って一言 2021年5月13日(木) 04:46

 ◆イッツクール・武英師「動きは良かった。元々、芝で走っていたし、当時より精神面も成長しているので期待」

 ◆エングレーバー・片山助手「引き続き状態は良く、追い切りの動きも上々」

 ◆エーポス・中村助手「休み明けを使って、ガラッと変わってきた。前進気勢があって、雰囲気はいい」

 ◆カイザーミノル・中村助手「フワフワしたタイプだが、単走でいい走りだった。好調はキープしている」

 ◆カタナ・上原師「使われて体調アップ。目先を変えて芝へ。障害練習で体力もつき、どんな競馬を見せてくれるか」

 ◆グルーヴィット・松永幹師「ラストを伸ばすように指示。中間も順調にきています」

 ◆シャインガーネット・栗田師「調教でも折り合いがつくようになって、めりはりが出た。先週より動きもいい」

 ◆ショウナンライズ・上原師「広い東京は競馬しやすく、走れる条件はそろっているが、相手が強く、どこまで」

 ◆シーズンズギフト・杉原騎手「先週に続いて稽古をつけたが、いい感じ。折り合い面が課題だが、悪いイメージはない」

 ◆セイウンコウセイ・上原師「涼しいせいか、体調は良い。8歳にしてはしっかりした走りで状態は前走以上」

 ◆タイセイビジョン・余田助手「いい動きでした。先週の土曜もCWコースでラストを伸ばしているし、順調」

 ◆トゥラヴェスーラ・高橋康師「しまいを伸ばす感じで動きは良かった。左回りの舞台はいい」

 ◆ビオグラフィー・藤岡師「全体時計は少し遅かったが、動きは悪くなかった」

 ◆ビッククインバイオ・大野騎手「先週より感じは良かったし、順調にきている」

 ◆ミッキーブリランテ・和田竜騎手「単走だと力まずに走れる。折り合えば最後は動くし、先週よりは良かった」

 ◆ラウダシオン・Mデムーロ騎手「いつも通りで、いい動き。前の週にやって、レース週はテンションを上げないのが、この馬には合う」

京王杯SCの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【京王杯SC】レース展望 2021年5月10日(月) 16:44

 東京の土曜メインは京王杯スプリングC(15日、GII、芝1400メートル)。1着馬に安田記念(6月6日、東京、GI、芝1600メートル)の優先出走権が与えられる重要前哨戦だが、今年は抜けた存在が見当たらず、大混戦の様相だ。

 実績的には昨年のNHKマイルC勝ち馬ラウダシオン(栗東・斉藤崇史厩舎、牡4歳)が上位。東京ではその他にクロッカスS勝ちと富士S2着があり、適性もかなり高い。昨秋のマイルチャンピオンシップでは15着と、スローの瞬発力勝負で完全に切れ負けしてしまい、スピードを生かせないともろい面を出してしまった。今年もシルクロードSで3着とひと息で、続く前走の高松宮記念では重馬場にも泣かされて14着に大敗。まずは良馬場が条件になる。

 タイセイビジョン(栗東・西村真幸厩舎、牡4歳)は、同舞台の京王杯2歳Sをレコード勝ちした実績がある。朝日杯フューチュリティSはサリオスの2馬身半差の2着、続くアーリントンCを快勝と3歳春までは将来を嘱望された存在だったが、その後は気性面の難しさが顔を出して勝ち切れないレースが続いている。折り合いを考えれば前走の京都金杯(4着)から200メートルの短縮は好材料。京王杯2歳S以来のルメール騎手とのコンビで復活を狙う。

 16番人気だった高松宮記念で4着に健闘したトゥラヴェスーラ(栗東・高橋康之厩舎、牡6歳)。その前走ではそれまでとは違った待機策でいい末脚を発揮した。昨年2月以降は全て1200メートル戦に出走。距離克服がポイントになるが、前走で抑えて競馬した内容から1ハロンの延長はクリアできそうだ。

 前走のマイラーズCで3着だったカイザーミノル(栗東・北出成人厩舎、牡5歳)。オープン昇級後の夕刊フジ賞オーシャンS5着、前走の内容から、重賞でも戦えるめどが立った。これまではマイル路線中心だったが、3走前の斑鳩S(3勝クラス)で1400メートルを経験して快勝。このときから着用しているブリンカーの効果もあり、安定して力を発揮できるようになった。今なら上位争いも可能だろう。

 昨年のフィリーズレビュー勝ち馬エーポス(栗東・北出成人厩舎、牝4歳)は桜花賞9着以来1年ぶりの出走だった前走のサンケイスポーツ杯阪神牝馬Sで小差の5着に善戦。叩かれた今回は変わり身が見込めそうだ。

 3勝クラスの心斎橋Sを圧勝したエングレーバー(栗東・中内田充正厩舎、牡5歳)、2勝クラス、3勝クラスを連勝中のビオグラフィー(栗東・藤岡健一厩舎、牝4歳)、阪急杯2着の実績があるミッキーブリランテ(栗東・矢作芳人厩舎、牡5歳)なども上位進出は十分に考えられる。

 ほかでは近況はひと息ながら2017年の高松宮記念優勝馬セイウンコウセイ(美浦・上原博之厩舎、牡8歳)などの登録もある。

京王杯SCの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【京王杯スプリングカップ】特別登録馬 2021年5月9日() 17:30

[もっと見る]

⇒もっと見る

エングレーバーの関連コラム

閲覧 1,640ビュー コメント 0 ナイス 8



こんにちは、くりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
今回も前走からの中間の調整内容(評価はA~F)を中心に各馬コメントをしていきたいと思います。


9月16日(祝月) 中山11R 第73回セントライト記念(3歳G2・芝2200m)

【登録頭数:22頭】(フルゲート:18頭)


<地方馬>

ミューチャリー(B)中8週
ダートではJRA馬相手でも好勝負していて能力は高い。この中間はここを目標に、2週連続併せ馬で好時計先着と、仕上がり状態はかなり良さそうなので、あとは芝でどれだけ走れるか。


<賞金上位順>

ニシノデイジー(B)4ヵ月
休み明けのこの中間はいつも通りの坂路と、工事中の南Wに変えてPコースというメニューでの調整。コースが違うのでPコースでは時計がでて当然ではあるのだが、それでも乗り込み量多く、終いの時計も出てと、状態面の良さと仕上がりの良さには期待が持てそう。

リオンリオン(C)4ヵ月
ダービー以来の休み明け。この中間は函館、栗東とWコースで追い切られて乗り込み量は豊富。もともと時計はかかる馬だが、1週前の動きを見ると気合いが入っていて、調子は悪くはなさそう。最終追い切りで終いの時計が出ているようなら、良くなってきそう。

メイショウテンゲン(A)4ヵ月
この馬もダービー以来の休み明け。函館から乗り込まれて栗東に移動してからも速い時計を3本。1週前にはジョッキーが騎乗して併せ馬で追い切られて先着と、仕上がりは良さそう。

ランフォザローゼス(D)中3週
前走の札幌記念時はほとんど乗り込まれずに出走していて、今回はそこを叩かれての2戦目。上積みはありそうだがしっかり乗り込まれずにレースを使ったことで、逆に反動が出るということもあり得る。

ザダル(B)4ヵ月
前走(延期のあった)プリンシパルSでも◎にした馬。調教での動きがかなり良く見える馬で、今回の1週前は坂路での追い切りだったが、休み明けでも動きは力強く、状態は良く映った。

サトノルークス(A)4ヵ月
休み明けでも、乗り込み量は多く1週前には併せ馬で先着しており仕上がりは良さそう。

ナイママ(C)4ヵ月
ダービー以来の休み明け。乗り込み量は少ないが1週前の追い切りでは良い時計が出ていて悪くはなさそう。

オセアグレイト(A)中8週
長い距離を使われてきて3連勝中。この中間はジョッキー騎乗で2週連続坂路で好時計が出ていて、この先の大目標に向けて権利を取りにきている感じ。

タガノディアマンテ(B)4ヵ月
休み明けで、2週前、1週前には併せ馬で先着という調整過程。春は間隔が詰まっていて疲れもあったと思うが、今回は休み明けで調子が良さそう。


<以下、12頭抽選対象で8頭出走可能>

アドマイヤスコール (C)中10週
この中間は3週連続併せ馬で追い切られていて、前走時よりも終いの時計がかかっている。まだ物足りない内容。

アトミックフォース (C)中5週
休み明けの前走時は調教の時計も物足りなかったが、1週前追い切りの時計は良くなっていて、少し上積みはありそう。

エターナルヴィテス (B)中5週
この中間は坂路で時計を出し、時計も前走時よりも良く、好状態をキープできている感じ。

エフェクトオン (C)中4週
この中間は南Wに戻しての調整。前走時の坂路の時計に比べると、南Wでの時計はやや物足りない。

エングレーバー (A)中4週
休み明けの前走を使われての叩き2戦目。この中間も坂路、CWと好時計が出ていて上積みがありそうな感じ。

サトノラディウス (D)4ヵ月半
春の前2走は重賞で少し力が足りない内容。休み明けのこの中間は乗り込み量は多いものの、併せ馬では遅れが続き特に変わったような感じはない。

ショウナンバルディ (E)中10週
この中間は坂路で乗り込まれてきているが、時計的に物足りないところあり。

シークレットラン (C)4ヵ月
プリンシパルS以来の休み明け。1週前追い切りでは好時計で併せて先着も、乗り込み量がかなり少なくその点がどう出るか。

マテリアルワールド(F)中2週
2月から休みなく使われてきていて、1週前追い切りでは3頭併せて追い切られて遅れていて疲れがありそう。

モズベッロ (D)中7週
休み明けの今回、休む前ほどの時計も出ておらず、使われてからのほうが良さそう。

ルヴォルグ (A)中5週
前走札幌で休み明けを使われて2勝目。この中間も美浦に戻って乗り込まれ、1週前追い切りでも好時計が出ていてさらに上積みがありそう。

レッドサイオン(C)中7週
2連勝となった前走から間隔が空いて乗り込み量は豊富だが、ジョッキー騎乗で追い切られていてもあまり良い時計も出ておらず、この中間は物足りない内容。


<除外対象馬>

ブラッドストーン(C)中10週
除外対象も乗り込み量は豊富で状態自体は悪くなさそう。



◇今回はセントライト記念編でした。
今年も夏競馬最終日に新潟競馬場に出かけてきました。
今年は声をかけてあった佐藤洋一郎さんを埼玉で拾っての6人旅。
詳しくは洋一郎さんのサンスポコラム(https://race.sanspo.com/keiba/news/20190904/etc19090412340004-n1.html)で書いてくれているので、そちらをご覧頂けたらと思います。
今回、洋一郎さんに声をかけたのは個人的に知り合って10年ほど、サンスポのコラムは30年近く読んできていて一線を退いてからは少し元気がないと感じる(同世代の競馬記者たちが亡くなったり、若いPOG仲間が亡くなったり、他にも体調を崩して競馬場に来られなくなってしまった馬仲間がいたりとかなり落ち込んでいたことも重なって)ことが多くなってきていたからです。
洋一郎さんの書く文章には何か引き込まれるものがあります。まだまだたくさん文章を書いてもらいたいというのが一番の願いで、それには本人の心が元気でなくては始まりません。ちょっと“おっちょこちょい”なところはありますが、年齢(年齢不詳を売りにしているので公表しませんが)を考えると、体と頭はとても元気。あとは気持ちの問題だと思い、これまでもウマニティのイベントやオフ会には必ず声をかけて連れ出してきていました。
洋一郎さん自身、新潟は5年ぶりだったそうで、現役時代とは違う形での旅だったのでかなり刺激を受けたようでした。何より冒頭のサンスポコラムでは“洋一郎節”も飛び出ていましたし、何か役に立てたのではないかと思っています。
それにしても、家族旅行が『旅打ち家族』になっていたり、小学生が馬券を買っているようなことになっていたり(※未成年者は馬券を購入することも譲り受けることもできません)と、ブッ飛んだ話になっていましたが……(^^;
そんな旅行中も、月曜日の午前中までに月刊誌の原稿を「大ちゃん(ウマニティ編集長)に頼まれているから」と朝5時まで頑張って書き上げていたり、待ち時間でウマニティの地方競馬の予想を打ち込んでいたりと、そんな姿を見て安心した思いと、まだまだ元気に文章を書いてもらえるようにこれからもできる限りサポートしていこうという思いになりました。
旅のエピソードはたくさんあるので、また機会があればこのコラムでお話しできたらとも思っています。



それでは次回、神戸新聞杯編(予定)でお会いしましょう。

セントライト記念出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。
※最終結論はレース当日のくりーくプロページでチェックしてください。


登録済みの方はこちらからログイン

2019年2月7日(木) 14:30 競馬プロ予想MAX
先週の回顧~(2/2~2/3)いっくんプロがG3きさらぎ賞で170万超払戻し!
閲覧 1,338ビュー コメント 0 ナイス 4



先週は、3(日)に京都競馬場でG3きさらぎ賞、東京競馬場でG3東京新聞杯が行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G3きさらぎ賞は、本降りの雨に見舞われるなか、良馬場発表でスタートの時を迎えます。2番人気アガラスが挟まれて後方からとなる以外は、各馬ほぼ出揃った状態からランスオブプラーナがハナへ。2番手ダノンチェイサー、3番手エングレーバー、4番手ヴァンドギャルドらをやや引き離す逃げで、3~4コーナーを通過していきます。直線を向いても、依然4~5馬身ほどのリードをキープするランスオブプラーナ。追い出された2番手ダノンチェイサーが、後続との差を徐々に広げながら迫ると、前を行くランスオブプラーナを射程圏内に。勢いのまま、残り100mで内ラチ沿いのランスオブプラーナをとらえた3番人気ダノンチェイサーが、敢然と抜け出しV。ゴール前大外強襲で2着浮上のタガノディアマンテに2馬身差を付けて、重賞初制覇を達成しています。
公認プロ予想家では、いっくんプロ岡村信将プロ蒼馬久一郎プロサラマッポプロ豚ミンCプロら、計9名が的中。また、プロテスト最終審査としてプロ予想MAX参戦中のあげだしさんも的中を披露しています。
 
G3東京新聞杯は、1番人気インディチャンプがタイミング合わず、最後方からとなる波乱含みの幕開け。数頭が先手を主張する中から、最終的にショウナンアンセムがハナを奪って、前半4F45秒7(推定)の快調なペースで飛ばしていきます。出遅れたインディチャンプは、徐々に内を通ってポジションを押し上げ、縦長の馬群の中団インあたりで4コーナーを通過。直線を向いたところで、徐々に3番人気ロジクライが抜け出しを図ると、残り400mあたりで単独先頭へ。直後の内には、1番人気インディチャンプ、2番人気タワーオブロンドンと人気両頭が虎視眈々。ロジクライが先頭に立ったのも束の間、これをあっさりと交わしたのはインディチャンプ。伸びあぐねるタワーオブロンドンとは対照的に、残り200mで1馬身ほど抜け出し、ゴール前で詰め寄ったレッドオルガサトノアレスらを振り切って優勝。3連勝、レースレコードのおまけ付きで重賞初制覇をあげています。
公認プロ予想家では、伊吹雅也プロスガダイプロ豚ミンCプロほか計4名が的中。プロテスト最終審査参加ユーザーからはャンヌさんゆめさん暴君アッキーさんら5名が的中しています
 
 
 
----------------------------------
 
☆☆☆注目プロ →いっくんプロ
先週は2(土)の京都7Rでの10万1,160円払戻し等の的中を披露すると、3(日)G3きさらぎ賞では◎ダノンチェイサーランスオブプラーナからの3連単1,3着流しで◎×○的中!170万3,520円を払戻す特大ホームランをマークしています。週間トータルでは、回収率256%、収支112万9,880円プラスのトップ成績で終えています。
 
☆☆☆注目プロ →豚ミンCプロ
2(土)は京都3R東京6R京都12Rと好調予想を披露し回収率180%超を達成。3(日)には、京都10Rの◎クインズサリナレーヴムーン的中を筆頭に、G3きさらぎ賞G3東京新聞杯の両重賞的中と活躍をアピール。週末トータル回収率153%をマークし、これで4週連続週末プラス達成となっています。
 
☆☆☆注目プロ →蒼馬久一郎プロ
2(土)は中京7R的中、勝負レース指定の中京9R的中、中京11R的中、京都12R的中と、随所に好調予想を連発。3(日)には、中京2R京都4R、勝負レースG3きさらぎ賞などの的中をマークした先週は、連日のプラス収支達成となりました。週間トータルでは回収率130%をマークし、2週連続の週末プラスを記録しています。
 
 
 
この他にも、くりーくプロ(149%)、ゼット1号プロ(129%←5週連続週末プラス)、ース2号【予想マイレージクラブ限定】プロ(101%←3週連続週末プラス)、ース1号プロ(100%)、おかべプロ(100%)らが週末トータル回収率100%以上の活躍を見せています。
また、ラッキーライラックさん(203%)、新参者さん(153%)、あおまるさん(123%)、ゆめさん(109%)、暴君アッキーさん(103%)らが、プラス収支で終えています。
 
 
 
----------------------------------
 
※全レースの結果情報はこちら


今週も「プロ予想MAX」にぜひご注目下さい。

[もっと見る]

2019年1月28日(月) 17:30 くりーく
くりーくの中間調教チェック 2019きさらぎ賞
閲覧 1,648ビュー コメント 0 ナイス 12



こんにちは、公認プロ予想家のくりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
前走からの中間の調整内容(評価はA~F)を中心に、各馬コメントをしていきたいと思います。


2月3日(日) 京都11R 第59回 きさらぎ賞(3歳G3、芝1800m)

【登録頭数:11頭】(フルゲート:18頭)

アガラス(C)
毎回パドックでは落ち着きのある馬で、初の長距離輸送でのレースもそれほど気にしなくても良さそう。ただ関東牡馬でこの時期に関西に輸送しての競馬が、何を意味するのかは分からない面もある。それほど乗り込まれて出走する馬ではないが、この中間は間隔が少し空いた割に時計はいつもより物足りず......。特に1週前は、輸送も控えているのでいつもよりビシッと追ってきても良さそうな感じなのだが。

エングレーバー(C)
オルフェーヴル産駒にしてはパドックでの落ち着きもあり、踏み込みもしっかりしている馬。前走時は変則日程も、年末にしっかり乗り込まれ、新馬戦時よりも良い時計が出ておりかなり良い仕上がりだった。この中間は、1週前に坂路を藤岡佑騎手騎乗で追い切られたが、終い伸ばす程度の時計で前走後の回復に時間がかかっているのではないかと思う。

コパノマーティン(E)
はこべら賞からの参戦となるが、前走時の調教内容を見ても特に良くなっている感じもなく、連闘でガラッと変わる気配はない。

サンアップルトン(C)
前走で未勝利戦を勝ち上がって中2週での参戦だが、1週前時点坂路では特に目立つ時計は出ていない。最終追い切りで前走並みの好時計が出て輸送もクリアしなくてはならないとなると、厳しいかもしれない。

タガノディアマンテ (D)
前走時のパドックではまだ緩い感じの馬体に見えたが、間隔の空いたこの中間も特に乗り込み量が多いわけでもない。1週前も馬なりでの追い切りで、大きく変わってきているという印象は受けない。

ダノンチェイサー(A)
前走時はパドックでの気合い乗りが抜群で、これまでで一番良い出来に見えた。この中間は間隔に余裕があり、乗り込み量も豊富。1週前追い切りでは、CWを川田騎手騎乗で一杯に追い切られて先着と、順調に調整されている。未勝利勝ちの時のような時計が出ていれば、前走以上のデキでの出走を期待できそう。

ハギノアップロード (C)
デビューから月1ペースでレースを使われてきているが、レースごとに馬体が増えていて成績も安定。ただこの中間は乗り出しが遅く、1週前追い切りでも併せ馬で遅れた。そろそろ疲れも出てくる頃かもしれない。

マコトジュズマル (B)
中1週になるが前走時のパドックではお腹の余分な肉が取れ、スッキリした馬体でかなり良かった。間隔も詰っているため1週前は速い時計を出していないが、最終追い切りの動きが良ければ好走もありそう。

メイショウテンゲン(B)
パドックで見るとまだトモが寂しい感じに見えるが、使われる度に調教での時計が出るようになってきている馬。前走は阪神で勝っているが、直線平坦の京都のほうが良さそう。年末に使ったばかりだがこの中間も2週前、1週前とCWで時計を出しており、調子落ちはなさそうな感じ。

ヴァンドギャルド(C)
前走のホープフルSではパドックでかなりイレ込んでおり、東スポ杯2S時とは別馬のようだった。この中間は1週前に3頭併せで遅れていて、これまで新馬戦時くらいしか併せ馬で遅れたことがなかっただけに、残り1週間で変わり身を見せるか気になるところ。

ランスオブプラーナ (B)
前走は未勝利戦時(2走前)のふっくらした馬体が絞れ、軽さが出ている感じだった。ただ、さらに馬体が減るのは良くなさそう。中1週となるためこの中間は速い時計は出ていないが、最終追い切りは軽めでも動きが良ければ。



◇今回はきさらぎ賞編でした。
まず初めに『第3回ウマニティ杯くりーく賞』予想コンテスト企画へのたくさんの応募ありがとうございました。プレゼントに関しては、抽選の結果当選された方に直接ご連絡させていただきました。またこのような企画を行う際には、たくさんの方のご参加をお待ちしております。
さて、今回から実は努力目標として、今までよりも出来るだけ早く公開をと思い執筆しています。G1レースに関しては2週前に登録馬が発表されますし、中間調教チェックなのでそのほうがよりタイムリーに情報をお届けできるのではないかと考えています。試行錯誤しながらということになっていくかとは思いますが、その中でだんだんと形が定まっていけばと思っています。基本は、1頭1頭丁寧に評価していくことで変わらないので、やむをえず公開が遅れてしまうこともあるかもしれませんが、そのあたりについてはご容赦ください。

それでは次回共同通信杯編(予定)でまたお会いしましょう。


きさらぎ賞出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。
※最終結論はレース当日のくりーくプロページでチェックしてください。

[もっと見る]

エングレーバーの口コミ


口コミ一覧
閲覧 167ビュー コメント 0 ナイス 14

<馬場状態>

今週からBコースを使用します。
柵の移動により大きな傷みはカバーできましたが、
3コーナーから4コーナーおよび正面直線の内柵沿いに軽微な傷みがあります。

<馬券>

シャインガーネット:単穴
Hペースを想定すると、掛らずに追走して6番枠を活かして前に馬を置いて、
馬場が良い「内」から差し込む!

ラウダシオン:本命

タイセイビジョン:対抗

エングレーバー:3着

カイザーミノル:穴

 回収率予報官 2021年5月14日(金) 23:41
【回収率予報】買ってはいけない 2021-05-15(土) 京王杯スプ...
閲覧 220ビュー コメント 0 ナイス 15

「買ってはいけない」をお知らせします。

予測回収率が低い馬ですので、馬券購入の際には避けることをおすすめします。
予測回収率が高い馬は「予想コロシアム」の「一言コメント」および「コメント」に記載しています。


《メインレース 予測回収率60%以下》

■新潟11R ダート1200m 4歳上3勝クラス 15:25 八海山ステークス
 *3 60% ・ 41.7倍(11) メイショウサチシオ
 *8 60% ・ 21.8倍(9) ロイヤルバローズ
 12 60% ・ 62.2倍(14) ムスコローソ
 13 50% ・ 126.6倍(15) ファビュラスギフト

■中京11R 芝2000m 4歳上オープン 15:35 都大路ステークス
 *2 60% ・ 12.9倍(5) ハナズレジェンド
 *3 60% ・ 38.2倍(10) アメリカズカップ
 *5 50% ・ 111.2倍(12) キングニミッツ
 *7 60% ・ 70.7倍(11) ドリームソルジャー

■東京11R 芝1400m 4歳上オープン 15:45 [G2]京王杯スプリングC
 *8 50% ・ 157.9倍(16) ショウナンライズ
 11 60% ・ 8.4倍(4) ミッキーブリランテ
 13 60% ・ 11.2倍(7) エングレーバー
 17 50% ・ 121.4倍(15) カタナ

《単勝オッズ6.0以下で予測回収率60%以下》

新潟 06R 13 50% ・ 5.5倍(2) ロケットペンダント
新潟 09R *5 50% ・ 5.3倍(3) ウインドラブリーナ
新潟 09R 12 60% ・ 3.8倍(1) タンジェリンムーン
中京 09R *9 60% ・ 1.8倍(1) ヴェルトハイム
東京 12R *5 60% ・ 2.5倍(1) ウインドジャマー


【実績】(2020-08-15から2021-03-28)
 単勝オッズ(予報公開時)6.0倍以下
 ・予測回収率 60%以下 → 460件/81勝/勝率18%/回収率65.3%
 ・予測回収率100%   → 310件/66勝/勝率21%/回収率114.0%

※表は左から、レース、馬番、予測回収率、印、単勝オッズ、人気順、馬名、です。
※オッズはデータ作成時点のものです。
※回収率予報は前日公開ですが、オッズや人気順が変わっても予測回収率は変わりません。
※回収率予報には他にも使える情報がたくさん
 【回収率予報】メインサイト
 https://note.com/hrrf

[もっと見る]

 una_una 2021年5月14日(金) 23:28
2021 京王杯スプリングC G2
閲覧 121ビュー コメント 0 ナイス 8


2021 京王杯スプリングC G2
◎1エアアルマス
○10ラウダシオン
▲14タイセイビジョン
△5カイザーミノル
×13エングレーバー

[もっと見る]

⇒もっと見る

エングレーバーの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

エングレーバーの写真

エングレーバー

エングレーバーの厩舎情報 VIP

2021年5月15日京王杯スプリングC G213着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

エングレーバーの取材メモ VIP

2021年5月15日 京王杯スプリングC G2 13着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。