コスモカレンドゥラ(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
POGウォッチリストに登録すると、ウマニティPOGのPOGリストに追加できます。
今すぐ会員登録
コスモカレンドゥラ
写真一覧
現役 牡3 栗毛 2016年4月7日生
調教師田中博康(美浦)
馬主有限会社 ビッグレッドファーム
生産者ビッグレッドファーム
生産地新冠町
戦績 6戦[2-1-0-3]
総賞金3,371万円
収得賞金900万円
英字表記Cosmo Calendula
血統 ノヴェリスト
血統 ][ 産駒 ]
Monsun
Night Lagoon
ミルルーテウス
血統 ][ 産駒 ]
アグネスタキオン
ミルレーサー
兄弟 ハットラブデルフト
前走 2019/03/17 フジTVスプリングS G2
次走予定

コスモカレンドゥラの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
19/03/17 中山 11 スプリングS G2 芝1800 163637.21214** 牡3 56.0 丹内祐次田中博康446(+2)1.49.2 1.436.7④④④エメラルファイト
18/12/28 中山 11 ホープフルS G1 芝2000 1381341.684** 牡2 55.0 戸崎圭太田中博康444(+2)2.02.2 0.636.1サートゥルナーリア
18/11/11 京都 9 黄菊賞 500万下 芝2000 7444.531** 牡2 55.0 J.モレイ田中博康442(+6)2.02.6 -0.435.0オールイズウェル
18/10/20 東京 9 アイビーS OP 芝1800 107762.672** 牡2 55.0 戸崎圭太田中博康436(0)1.48.9 0.333.1クロノジェネシス
18/09/22 中山 3 2歳未勝利 芝1800 12563.921** 牡2 54.0 戸崎圭太田中博康436(-2)1.49.7 -0.335.5ラステラデファルコ
18/09/02 新潟 5 2歳新馬 芝1800 1624153.4124** 牡2 54.0 嘉藤貴行田中博康438(--)1.51.5 0.433.4⑥⑤ジャスパージャック

コスモカレンドゥラの関連ニュース

 ◆田辺騎手(タガノディアマンテ4着)「少し口向きが難しい面はあるが、気分良く競馬できれば上位に来られる馬」

 ◆ミナリク騎手(ヒシイグアス5着)「スタート良く、いい位置が取れた。ただ、レースでは(他から)プレッシャーをかけられっぱなしだった」

 ◆川田騎手(ロジャーバローズ7着)「パドックからゲートに入るまで、競馬に向かう精神状態ではなかったですね」

 ◆内田騎手(シークレットラン8着)「道中はいい感じで走れたが、(勝負どころで)苦しいところに入って動くに動けなかった」

 ◆柴山騎手(ゲバラ9着)「1コーナーでハミをかんで、3コーナーでは少し置かれた」

 ◆勝浦騎手(ニシノカツナリ10着)「道中の走りは良かったが、最後は伸びかけて止まった。まだ若い馬だけど、能力は高い」

 ◆松山騎手(ユニコーンライオン11着)「前々でしぶとさを生かす競馬をしたかったが、(出る直前で)ゲート内で座り込んでしまって…」

 ◆野中騎手(フィデリオグリーン12着)「中団からの競馬でしたが、思ったよりも頑張ってくれた」

 ◆三浦騎手(リーガルメイン13着)「ゲートで寄られて後ろからの競馬になった」

 ◆丹内騎手(コスモカレンドゥラ14着)「4コーナーで手応えがなかった」

 ◆大野騎手(リバーシブルレーン15着)「きょうはイレ込みのきつさが影響した」

 ◆黛騎手(カラテ16着)「格上挑戦でしたからね。自己条件なら」



★17日中山11R「スプリングS」の着順&払戻金はこちら

【有名人の予想に乗ろう!】スプリングS こじはる、徳光さんほか多数!競馬大好き芸能人・著名人が最終決断!2019年3月17日() 10:01

※当欄ではスプリングSについて、競馬好きとして知られる芸能人、著名人の皆さんの予想を紹介していきます。迷ったときは彼らの予想に乗るのも手。参考になさってください。




【小嶋陽菜(こじはる)】
◎⑬シークレットラン

【徳光和夫】
3連単ボックス
ファンタジスト
クリノガウディー
リーガルメイン
リバーシブルレーン
タガノディアマンテ
ワイド1頭軸流し
①→②③④⑥⑦⑧⑨⑫

【田中裕二(爆笑問題)】
◎⑥コスモカレンドゥラ
○⑧ヒシイグアス
▲⑮ロジャーバローズ
△②クリノガウディー
△③ユニコーンライオン
△⑫タガノディアマンテ
△⑬シークレットラン
馬連1頭軸流し・3連単1頭軸流しマルチ
⑥→②③⑧⑫⑬⑮

【DAIGO】
◎⑮ロジャーバローズ

【杉本清】
◎⑧ヒシイグアス

【林修】
注目馬
クリノガウディー

【さゆりんご(松村沙友理・乃木坂46)】
◎②クリノガウディー

【大久保洋吉(元JRA調教師)】
◎⑫タガノディアマンテ
○⑩ディキシーナイト
▲①ファンタジスト
△⑦リーガルメイン
△⑨エメラルファイト
△⑬シークレットラン

【橋本マナミ】
◎②クリノガウディー

【斉藤慎二(ジャングル ポケット)】
◎⑦リーガルメイン
単勝


【キャプテン渡辺】
◎④ニシノカツナリ
ワイド1頭軸流し
④→⑤⑧

【安田和博(デンジャラス)】
◎①ファンタジスト

【船山陽司】
◎⑫タガノディアマンテ

【鈴木麻優(元岩手競馬騎手)】
◎⑨エメラルファイト

【目黒貴子】
◎②クリノガウディー

【天童なこ】
◎⑮ロジャーバローズ



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【斬って捨てる!】スプリングS 前走6着以下敗退馬の巻き返しは困難!前走複勝圏外の美浦所属馬も出番なし!2019年3月17日() 09:17

ウマニティの重賞攻略ページに掲載されている「データ分析」の内容や、スプリングSの近年の結果をもとに、凡走パターンに合致する馬をピックアップするものです。予想の際にお役立てください。




【全般】
前走4着以下敗退、かつ美浦所属馬の好走例はみられない(2009年以降)

ゲバラ
コスモカレンドゥラ
シークレットラン
フィデリオグリーン

前走で芝1800m戦に出走、かつ5着以下敗退馬の好走例はゼロ(2009年以降)

ゲバラ

前走6着以下敗退馬の好走例はみられない(2009年以降)

フィデリオグリーン

前走で1秒0以上の大敗を喫していた馬の好走例はゼロ(2009年以降)

ゲバラ
フィデリオグリーン

前走京成杯組の好走例は皆無(2009年以降)

リーガルメイン
シークレットラン

前走未勝利組の好走例はゼロ(2009年以降)

ニシノカツナリ
カラテ

キャリア7戦以上馬の連対例はなし(2009年以降)

カラテ

前走の馬体重が460キロ未満だった馬の連対例は皆無(2009年以降の中山開催)

コスモカレンドゥラ
リーガルメイン
エメラルファイト
リバーシブルレーン

【人気】
2番人気以下、かつ前走朝日杯FS出走馬の連対例はゼロ(2009年以降)
※8時30分現在の2番人気以下、かつ前走朝日杯FS出走馬

クリノガウディー

11番人気以下の連対例は皆無(2009年以降)
※8時30分現在の11番人気以下

ゲバラ
コスモカレンドゥラ
リーガルメイン
リバーシブルレーン
カラテ
フィデリオグリーン

【脚質】
前走G1連対馬を除くと、前走の4角通過順が9番手以降だった馬の好走例はゼロ(2009年以降)

ニシノカツナリ
リーガルメイン

【枠順】
馬番15番から外は、2013年3着のマイネルホウオウが唯一の好走例(2008年以降の中山開催)

ロジャーバローズ
フィデリオグリーン

馬番枠11番、13番の好走例はゼロ(2009年以降)

リバーシブルレーン
シークレットラン

馬番枠3番の連対例は皆無(2009年以降)

ユニコーンライオン

【血統】
9番人気以下、かつ父非サンデーサイレンス系の好走例はゼロ(2009年以降)
※8時30分現在の9番人気以下、かつ父非サンデーサイレンス系

コスモカレンドゥラ
リーガルメイン
エメラルファイト
カラテ


【上記の凡走パターンに合致しなかった馬(連軸候補)】
ファンタジスト
ヒシイグアス
ディキシーナイト
タガノディアマンテ



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【ズバリ!調教診断】スプリングS 若竹賞を制したハーツクライ産駒が好勝負に持ち込めるデキ!きさらぎ賞2着馬も仕上がり順調!2019年3月16日() 16:00

日曜日に行われるスプリングSの出走馬の追い切り内容について、1頭ずつ考察していきます。予想の際にお役立てください。


ファンタジスト
2週前、1週前と栗東坂路で好タイムをマーク。13日の坂路追い切りでは、4F50秒1の猛時計を記録した。半面、約2カ月ぶりだった京王杯2歳S時の中間よりも、約3カ月ぶりとなる今回のほうが乗り込み量が少ない点はいただけない。京王杯2歳Sは僅差1着だったことを勘案すると、勝ち切るイメージは湧いてこない。押さえまでの評価が正解ではないか。

クリノガウディー
この中間は栗東坂路で調整。1週前に4F50秒8、ラスト2F24秒1-12秒2の好タイムを楽々と計測。13日の追い切りでもラスト1F12秒4を記録した。ただし、一頓挫した影響もあってか、休養前と比べると区間ラップがバラつき気味。体もまっすぐ向いていない。その点を踏まえると、軸とするには少々不安。連下評価が妥当とみる。

ユニコーンライオン
この2カ月で3走目となるが、栗東坂路主体に負荷をかけた調教をしっかりこなしている点は好感が持てる。13日の併せ馬ではビッシリと攻め、4F50秒8、ラスト1F12秒0の好ラップをマーク。中間の調教過程をみるに、ほぼ陣営の思惑通りに仕上がっているものと思われる。少なくとも状態面の不安はない。

ニシノカツナリ
南Wで実施した今週の3頭併せでは馬場の外側を深く入り、前を行く2頭に馬なりで並びかけ、軽く促されるとアッサリ突き放した。僚馬と並んでいる時に首を使えていない点は気になるが、スピードに乗り切った際の弾力性に富んだ走りはなかなかのもの。上位食い込みがあっても不思議はない。

ゲバラ
10日までの内容に目立つものはなかったが、南Wで実施した今週の併せ馬では、上々の伸び脚を披露。キレイな後傾ラップを記録した。少しぎごちない走りではあるが、鞍上の合図に対する反応が鋭く、前回よりも馬に活気が感じられる。いい雰囲気でレースに臨めるのではないか。

コスモカレンドゥラ
2月下旬に帰厩してからは、南Wと坂路を交えて入念な調整。南Wで行われた今週の併せ馬では、スムーズな伸び脚を見せた。一方で、強い攻めの本数が少ない点は気がかり。そのぶん、最後のツメが甘くなる可能性もある。動き自体は悪くないので、軽視とは行かないまでも、ヒモ評価に留めておくのが賢明ではないか。

リーガルメイン
2月中旬に帰厩後、併せ馬主体に丹念な調整。ただ、2週前、1週前と2週続けて僚馬に劣勢だった点は気がかり。併走相手がエールヴォアとはいえ、自身が前を行くかたちだっただけに心許ない印象を受ける。今週の併せ馬の内容も目立つものではなく、調教面の強調材料は少ない。

ヒシイグアス
2週前、1週前と2週続けて南Wで及第点のタイムを余力残しで記録。同じく南Wで14日に実施した併せ馬でも終い重点ながら、ラスト1F12秒台前半の好ラップをマークした。折り合いがスムーズで、仕掛けに対する反応も上々の部類。気配、乗り込み量ともに不足はなく、好勝負に持ち込めるデキとみる。

エメラルファイト
帰厩後は南W主体に調整され、2週前、1週前とマズマズの時計をマーク。今週の併せ馬でも、5F66秒ソコソコのタイムを記録した。ケイコ駆けする併走馬に手応えでは見劣りしたものの、自身のパフォーマンスは示しており、過度に気にする必要はない。動ける態勢にある。

ディキシーナイト
南Wで併せ馬主体に調整され、帰厩後の乗り込み量は十分すぎるほど。1週前追い切りではアーモンドアイの先導役を務め、及第点の時計を記録。今週の併せ馬は僚馬とシンクロする部分が多く、判断しづらい面はあるものの、脚元の動きは決して悪くなかった。この馬なりにいい仕上がり具合ではないか。

リバーシブルレーン
帰厩後は坂路と南Wの併用で調教本数を重ねているが、時計が詰まってこない印象。坂路で実施した13日の追い切りでは、ピッチの利いた走りを見せたものの、スピード感という面では今ひとつに映る。良化途上の感は否めず、相手強化のG2では割引が必要だろう。

タガノディアマンテ
前走後は放牧に出さずに在厩調整。栗東坂路と栗東CWの併用で調教を重ね、1週前にCWで実施した3頭併せでは楽な手応えで僚馬に先着。坂路で行われた今週の併せ馬では、しっかりと後傾ラップを記録した。僚馬にやや劣勢のかたちで見映えこそ悪いが、坂路では目立たないタイプなので気にする必要ない。仕上がり順調。

シークレットラン
帰厩後は南Wで急ピッチに乗り込まれ、1週前追い切りでは併走相手のセンチュリオンを一蹴。今週の併せ馬では馬場の外めを通り、5F66秒台前半の好タイムを記録した。体を大きく使った躍動感のある走りは目を引くものがある。力を出せる状態とみていい。

カラテ
1週前、今週と南Wで併せ馬を行い、マズマズのタイムを計時。ただ、首をうまく使えていないせいか、全体的に重心が高め。加えて、併せた際に自ら競りに行かない点も気がかり。前進気勢に乏しく、上積みは期待できそうにない。今回は苦しい戦いになりそうだ。

ロジャーバローズ
挫跖明けで約2カ月半ぶりの実戦となるが、2週前、1週前と栗東CWで速い上がりタイムを記録。栗東坂路で実施した今週の併せ馬では、前を行くエルプシャフトを楽にかわして先着を果たした。素軽い身のこなしをみるに、一頓挫した影響はないものと考えても良さそう。上位争い可能のデキと判断したい。

フィデリオグリーン
この中間は南Pで調整。2週続けてマズマズのタイムを記録しているものの、それは前回も同様。良い意味で変わった面は窺えない。肝心の動きについても、走りやすいトラックにしてはラストの伸びを欠いている印象。強調材料に乏しいうえに、相手強化のトライアルとあっては厳しいと言わざるを得ない。



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【重賞データ分析】スプリングS 中心は人気サイド!前走500万下1着の関東馬が好パフォーマンス!2019年3月16日() 13:42

ウマニティの重賞攻略ページに掲載されている「データ分析」の内容をもとに、日曜日に行われるスプリングSのファクターごとの傾向に注目し、好走パターンに合致する馬をピックアップしました。予想の際にお役立てください。



【全般】
前走500万下1着の関東馬が好パフォーマンス(2013年以降)

ヒシイグアス
エメラルファイト

キャリア別では3~5戦が中心(2013年以降)

ファンタジスト
クリノガウディー
コスモカレンドゥラ
リーガルメイン
ヒシイグアス
エメラルファイト
ディキシーナイト
リバーシブルレーン
タガノディアマンテ
シークレットラン
ロジャーバローズ

【人気】
1番人気の軸としての信頼度はかなり高い(2008年以降)
※土曜日13時00分現在の1番人気

ファンタジスト

2~5番人気も好成績(2008年以降)
※土曜日13時00分現在の2~5番人気

ユニコーンライオン
ヒシイグアス
シークレットラン
ロジャーバローズ

【脚質】
先行馬が有利(2008年以降の中山開催)

クリノガウディー
ユニコーンライオン
コスモカレンドゥラ
ヒシイグアス
ロジャーバローズ
フィデリオグリーン

※近走の内容を参考に先行策をとりそうな馬を想定

逃げ経験(初角先頭経験を含む)のある馬に注意(2008年以降の中山開催)

コスモカレンドゥラ
ヒシイグアス
シークレットラン
フィデリオグリーン

【枠順】
1~3枠が圧倒(2008年以降の中山開催)

ファンタジスト
クリノガウディー
ユニコーンライオン
ニシノカツナリ
ゲバラ
コスモカレンドゥラ

【血統】
サンデーサイレンス内包馬が優勢(2012年以降)

ファンタジスト
クリノガウディー
ニシノカツナリ
ゲバラ
コスモカレンドゥラ
リーガルメイン
ヒシイグアス
エメラルファイト
ディキシーナイト
リバーシブルレーン
タガノディアマンテ
シークレットラン
カラテ
ロジャーバローズ
フィデリオグリーン

母父サンデー系では、母母系に父系のクロス(5代内)が入っている(かかっている)馬の好走例が目立つ(2012年以降)

ニシノカツナリ
エメラルファイト


【4項目以上該当馬】
ヒシイグアス(6項目)
コスモカレンドゥラ(5項目)
ファンタジスト(4項目)
クリノガウディー(4項目)
エメラルファイト(4項目)
シークレットラン(4項目)
ロジャーバローズ(4項目)



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【スプリングS】厩舎の話2019年3月15日(金) 05:09

 ◆エメラルファイト・石川騎手 「段階を上げて仕上げ、いい意味でピリピリしてきた」

 ◆カラテ・高橋祥師 「前走後も順調だし、だいぶ馬がよくなってきた」

 ◆クリノガウディー・藤沢則師 「テンションを上げないようにラストだけ。時計は予定通り」

 ◆ゲバラ・伊藤大師 「体に緩さはあるが、一瞬の脚を生かしたい」

 ◆コスモカレンドゥラ・田中博師 「久々でも息はまずまず。ただ体を使えていないので」

 ◆シークレットラン・田村師 「具合はいいですよ。ヨーイドンの競馬では分が悪いけど、動き出すといい走りをする」

 ◆タガノディアマンテ・梛木助手 「追走して折り合いの確認。十分折り合えていたし、能力は高い」

 ◆ディキシーナイト・国枝師 「先週もしっかりやっていて順調にきている。全体的に落ち着いてきた」

 ◆ニシノカツナリ・水野師 「まだ子供っぽい面はあるが、能力は高い」

 ◆ファンタジスト・梅田師 「ここが最終目標ではないから余裕はもたせてあるが、力は出せる」

 ◆フィデリオグリーン・根本師 「前々で競馬をして、どこまで」

 ◆ユニコーンライオン・宮内助手 「時計は抜群でした。芝の中距離くらいがいいかな」

 ◆リバーシブルレーン・高木師 「成長が感じられる。距離延長が鍵」

 ◆リーガルメイン・橋口師 「よくなってきているし、気持ちの面で前向きさが出てきた」

 ◆ロジャーバローズ・辻野助手 「前回と比べても今回の方が動きはいいし、反応も上々」

★フジテレビ賞スプリングSの出馬表はこちら

[もっと見る]

⇒もっと見る

コスモカレンドゥラの関連コラム

閲覧 1,039ビュー コメント 0 ナイス 8



こんにちは、公認プロ予想家のくりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
前走からの中間の調整内容(評価はA~F)を中心に、各馬コメントをしていきたいと思います。


3月17日(日) 第67回 阪神大賞典(G2、4歳以上、芝3000m)


【登録頭数:11頭】(フルゲート:16頭)

リッジマン(D)
今回は有馬記念以来のレース。休み明けでも成績の良い馬ではあるが、好走している時と比べるとこの中間はCWでの時計が物足りない。

シャケトラ(A)
前走1年1ヶ月ぶりのレースを勝ち、今回はその反動が出ないか心配なところだったが杞憂となりそう。前走時もしっかり乗り込まれており、パドックでも骨折明けにはとても見えないくらいのデキに映ったが、この中間も1ヶ月前からいつも通り坂路とCWでこの厩舎流の調教過程。内容に関しても文句なし。

ヴォージュ(A)
1月から間隔が空いたが、この中間は坂路のみで調整されており速い時計も出ている。過去このような調教内容で調整されている時は成績も良く、調子も良さそう。

アドマイヤエイカン(B)
この中間は小林徹、畑端、岩田と3週連続ジョッキー騎乗で追い切られていることもあり、CWで速い時計が出ている。ジョッキー騎乗で調教されている時はレースでの成績が良いことが多く、その点今回は期待できるかもしれない。

ステイインシアトル(B)
前走は8ヶ月ぶりのレースだったが、3週連続併せ馬で先着と時計もしっかり出ていて、マイナス体重での出走。出来は悪くなかったと思う。今回も少し間隔は空いたが、この中間も入念な乗り込みで良くなっている感じはあり。得意の阪神コースも味方するかもしれない。

サイモンラムセス(E)
前走は中1週での出走で、小倉大賞典の時よりも物足りない時計。もう少し待っての出走の方が良かったと個人的には見ていて、今回も中1週で状態が回復している感じはしない。

コルコバード (C)
もう少し乗込みたい感じもあるが、1週前に併せ馬でいつもの時計が出ていて仕上りは悪くなさそう。

ロードヴァンドール(C)
近走は調教でも物足りない時計が多かったが、この中間は坂路中心に乗り込まれて3週前、2週前、1週前と併せ馬で先着。良い方向に変わってきている感じがある。

ソールインパクト(B)
近走は調教師が追い切りで跨る機会が増えてきているが、この中間は2週前、1週前と連続で調教師騎乗で追い切られていて、今回は特に気合いが感じられる。

ケントオー(C)
好調時は坂路でかなり速い時計が出ていた馬なので、近走の時計を見ると全然物足りない。それでも、ここ数戦は全体の時計は出るようになってきていて、あとは終いの時計が出るようになってくればというところ。そうなれば、もっと変わってくるかもしれない。

カフジプリンス(C)
長期休養明け3戦目になるが、前走1600万で3着と少しずつ良くなっている傾向にある。


3月17日(日) 第68回 フジテレビ賞スプリングステークス(G2、3歳、芝1800m)

【登録頭数:19頭】(フルゲート:16頭)

ファンタジスト(A)
休み明けの今回、2週前、1週前と坂路で好時計が出ていて仕上りは良さそう。今回は初めてコーナー4つのコースでの競馬だが、折り合いさえつけば息を入れることもできるだろうし、このようなコースの方が向いているかもしれない。

クリノガウディー(B)
弥生賞にも登録はしていたが当時は時計もほとんど出していなくて、使える状況ではなかった。そこから2週で2本速い時計を出していて、ここに向けて順調に調整されている感じ。

ディキシーナイト(A)
この中間は間隔にも余裕があり、乗り込み量も豊富。1週前にはアーモンドアイに併入と時計も出ていて、調教内容も良い。

タガノディアマンテ(B)
この中間は前走以上の乗り込み量で、1週前にCWを併せ馬で先着と上積みが期待できそう。

エメラルファイト(B)
この中間は乗り込み量こそ多くないが2週前、1週前と南Wで好時計が出ていて調教内容は前走より良い。今回は関東での競馬で、長距離輸送を気にしないで調整できる点も良い。

コスモカレンドゥラ(D)
休み明け。調教の内容を見ると、もっとビシビシ追われている方が良いと思うが。

シークレットラン(C)
3戦連続10kg以上馬体重増。これ以上増えるのは良くない。2週前、1週前と一杯に追われているので、その辺りのことを考えての内容だろう。時計も出ていて先着もしているので調整内容としては悪くない。

ヒシイグアス(A)
未勝利、若竹賞と連勝中。この中間はCW中心の追い切りで2週前、1週前と前走以上の時計が出ている。前走よりも良い調教内容。

ロジャーバローズ (B)
この中間はこの厩舎流の調整内容で順調に調整されている。1週前には併せて先着と仕上がりも良さそう。

アンクルテイオウ(B)
前走未勝利勝ちでこの中間は間隔を空けてきたが、乗り込み量も多くいつも通りの内容で順調そう。

カラテ (E)
デビュー戦から使い詰めで前走小倉遠征で未勝利勝ち。1週前追い切りは併せ馬で遅れていて、上積みは期待できない。

キュアン(D)
休み明け。1週前追い切りで速い時計を出す馬だが、今回はジョッキー騎乗の割には時計がそれほど速くない。

ゲバラ(D)
この中間は1週前に坂路を併せ馬で追い切られて時計は出るようになってきたが、併走遅れで特に良くなった感じはない。

ニシノカツナリ(B)
この中間は単走での調整だが、南Wを馬なりで速い時計が出ていて前走よりも良さそうな感じ。

フィデリオグリーン(D)
年末から今年にかけてかなり詰まったローテーション。大きな馬で使い減りしない馬ではあるが、1週前の時計を見ても前走時とそれほど変わらず。上積みは厳しそう。

モズベッロ (B)
坂路で好時計の出る馬で、無理のないローテーションでここまで使われてきている。この中間も1週前に坂路で好時計が出ていて、使われつつ良くなっている感じ。

ユニコーンライオン(C)
かなり大きな馬だが新馬戦でも◎にしたように、調教では好時計の出る馬。素質はあると思うがまだ体を持て余している感じで、良くなるのはもう少し先かもしれない。

リバーシブルレーン(D)
今回は休み明けで乗り込まれているが、調教の内容を見ると単走のみで時計ももうひとつ詰めたいところ。ここを使われてからの方が良さそう。

リーガルメイン(D)
デビューから3戦、この馬は1週前にCWを併せ馬で追い切られてきていてこれまではすべて先着していた。今回はジョッキー騎乗で追い切られたものの、先着しておらず、また2週前追い切りでも遅れと、その辺りが気になるところ。



◇今回は阪神大賞典&スプリングS編でした。
私の勤めている会社では、年に1度「ストレスチェック」を行っています。これは「労働安全衛生法」という法律が改正されて、労働者が50人以上いる事業所では2015年12月から年1回、この検査を全ての労働者に対して実施することが義務付けられたことによるもの。当コラムを読んで頂いた方の中にも、この「ストレスチェック」を行っているという方も多いと思います。
私に関してはほとんどストレスが無いという診断結果でした。昨年もそのような感じだったと記憶していますが、本人もそれほどストレスを感じていることはないと思っているので、間違ってはいないと思います。なぜこのストレス社会で真逆の結果が出ているのか考えてみると、何よりも好きなことができていることが大きいと思います。やらなければならないこともかなり多く忙しい日々ではありますが、それ以上に自分がやりたいことをやれていることが、ストレスを溜めこまないひとつの理由になっているのかもしれません。やることが多いとうまくいかないことがあっても次から次へ気持ちを切り替えていかなくてはならず(JRAの予想が外れても、地方競馬、香港競馬にこのコラムと、次から次へと気持ちを切り替えていかないと進んでいけないので)、悩んでいる暇がないということもあるかもしれませんが(^^;。
とにかく、何より周りの人たちに恵まれているからこそ好きなことを遠慮なくできているわけで、これからも周りの人たちへの感謝の気持ちを忘れないよう生きていきたいと思っています。



それでは次回、高松宮記念編(予定)でお会いしましょう。


阪神大賞典、フジテレビ賞スプリングS出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。
※最終結論はレース当日のくりーくプロページでチェックしてください。


登録済みの方はこちらからログイン

2019年3月10日() 15:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2019年03月10日号】特選重賞データ分析編(141)~2019年スプリングステークス~
閲覧 1,489ビュー コメント 0 ナイス 1



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G2 フジテレビ賞スプリングステークス 2019年03月17日(日) 中山芝1800m内


<ピックアップデータ>

【“JRA、かつ芝1800~2000m、かつ500万下から上のクラスのレース”において3着以内となった経験の有無別成績(2012年以降)】
○あり [6-6-6-31](複勝率36.7%)
×なし [1-1-1-40](複勝率7.0%)

 実績と距離適性がポイント。“JRA、かつ芝1800~2000m、かつ500万下から上のクラスのレース”において3着以内となった経験のない馬は苦戦しています。なお、この経験がなかったにもかかわらず3着以内となった2013年1着のロゴタイプ、2014年2着のアジアエクスプレス、2015年3着のダノンプラチナは、いずれも朝日杯フューチュリティステークスの優勝馬でした。マイル以下のレースを主戦場としてきた馬は思い切って評価を下げたいところです。

主な「○」該当馬→ロジャーバローズエメラルファイトコスモカレンドゥラ
主な「×」該当馬→クリノガウディーファンタジストディキシーナイト


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

○「前走の着順が3着以内」だった馬は2012年以降[7-7-6-42](複勝率32.3%)
主な該当馬→ディキシーナイトロジャーバローズ

[もっと見る]

2018年12月26日(水) 10:00 くりーく
くりーくの中間調教チェック 2018ホープフルS
閲覧 1,557ビュー コメント 0 ナイス 11



こんにちは、公認プロ予想家のくりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
前走からの中間の調整内容(評価はA~F)を中心に、各馬コメントをしていきたいと思います。


12月28日(金)中山11R 第35回ホープフルステークス(2歳G1・牡牝・芝2000m)


【出走登録数:17頭】(フルゲート18頭)


ニシノデイジー(B)
休み明けの前走時は、併せ馬で入念に乗り込まれ、しかも初の輸送競馬でありながら+12kgでの出走。それでもパドックで見た感じでは全く太め感はなく、成長分と考えて良さそうな馬体だった。この中間は叩き2戦目ということもあり、1週前だけ併せ馬で強めに追われている。これは札幌2歳S時と同じような調教パターンで、前走時パドックではテンションが高かったので良い内容とみていいだろう。仕上がり十分といった印象で、最終追い切りは馬なりで十分だろう。

クリノガウディー※回避してシンザン記念に出走予定

サートゥルナーリア(A)
2戦ともパドックではゆったりしているものの、レースでは前半にデムーロ騎手の膝が真っすぐ突っ張る姿勢になってしまうほど行きたがる面を見せていて難しい面を持っている馬。それでいて、直線で追い出されると反応良く伸びて一瞬で突き放す末脚を見せており、かなり強い馬であることは間違いない。今回中山競馬場でのレースになるが、前2走のコーナー2つのコースと比較し、コーナー4つのコースのほうが息を入れやすく、この馬には向くのでないかと思う。ただ外枠にでも入って前に壁が作れず持って行かれてしまうようなこともなくはないので、そのあたりが課題になってきそう。この中間は2週前、1週前とCWを併せ馬で追われ、好時計での先着と状態面に関しては前走以上が期待できそう。

ミッキーブラック(B)
ゆったりしたローテーションで使われてきているが、前走時はコラムでも書いた通り1週前追い切りを坂路で行い、関西圏での初めての競馬と多少いつもとは違う調整だった。パドックではイレ込むというよりは首を上下に動かす集中力を欠くような面も見せていたので、いつもとは何かが違っていたのかもしれない。この中間は、2週前が坂路、1週前はジョッキー騎乗でCWを長めから併せて強めに追われて併入。折り合いはついており、直線の走りも軽やかで順調に調整されている感じ。

ブレイキングドーン(A)
前走時のパドックでは多少うるさい面を見せることはあっても、ドッシリとした感じで集中力もあり良く見えた。この中間は2週前、1週前追い切りを坂路からCWに変えてきている点がやや気になるところ。それでも1週前の動きを見ると強めに追われると前にしっかり伸びていて、走りが柔らかくかなり良い動きだった。今回は初めての長距離輸送も控えており、1週前にこれだけ仕上がっていれば最終追い切りは軽めで十分。

アドマイヤジャスタ(A)
大きな馬で3走目の前走がパドックでは毛ヅヤも良く一番の出来に見えた。この中間は2ヶ月半ほど間が空いているので乗り込み量は豊富だが、馬体が増えていないか気になるところ。ただ1週前追い切りを見ると、軽く肩ムチは入ったものの持ったまま先着しており、馬体も太めが残っている感じはない。

コスモカレンドゥラ(B)
新馬戦のパドックでは小柄な割にお腹がぷっくり膨らんでいて明らかに仕上り途上といった感じだったが、使われるごとに体も締まってきていて良くなってきている。前走時には調教でも良い時計が出るようになっていた。この中間も、1週前に南W、土曜日に坂路で強めに追われて好時計と疲れを感じさせない。

ヴァンドギャルド(B)
前走時のパドックでは、トモが寂しく見えた割には、2戦目で重賞3着と能力の高さを見せた。この中間もこれまで通り1週前にCWを長めから併せ馬で追われて先着と、力強い走りで調子は良さそう。

キングリスティア(C)
新馬戦時のパドックでは、一番後ろを周回して気合い乗りも良くかなりの好馬体だった。中1週での出走になるため1週前は軽めの内容だったが、気合いも入っており動き自体はかなり良く見えた。

コパノマーティン※回避してシンザン記念に出走予定

ジャストアジゴロ(D)
未勝利勝ちから2ヶ月ほど空いたこの中間は、調教の時計もそれほど目立たず1週前追い切りの動きを見ても先着はしているものの力強さに欠ける感じで物足りない。

タイセイモナーク(F)
前走は連闘、中1週ときての未勝利勝ち。そして今回、中2週での出走とローテーション的に厳しい。1週前追い切りの動きを見ても、首が上がり気味で併走遅れと疲れを感じる。

タニノドラマ(D)
前走の新馬戦では鞍上の好騎乗もあっての差し切り勝ち。乗り込み量は多かったもののそれほど目立つ時計が出ていた訳でもなかった。今回中2週となりこの中間は坂路中心の調整。小柄な馬で長距離輸送もあるのであまり強くは追えない感じで上積みはどうか。

ハギノアップロード※回避して福寿草特別に出走予定

ハクサンタイヨウ(E)
前走時は馬体も減ってパドックでは良く見えたものの、さすがに相手のレベルが高かった感じ。この中間も目立つ時計は出ておらず、状態面での変わり身なし。

ヒルノダカール(B)
2走目の前走は大きな馬で馬体が増えていたものの、新馬戦の時よりも体が締まって毛ヅヤもピカピカでかなり出来は良さそうだった。この中間もCWを中心に乗り込み豊富で、1週前追い切りでも併走馬を突き放す内容で上積みが期待できそう。

マードレヴォイス(F)
ひいらぎ賞からの中1週で、この中間は速い時計を出していない。前走時も目立つ時計が出ていた訳ではなく、ここではかなり厳しそう。



◇今回はホープフルS編でした。
毎週月曜日に近くの本屋さんで「週刊Gallop」を買っているのですが、1ヶ月前に本屋さんに行くと1枚の紙を渡されました。その紙には『静岡県内「週刊Gallop」販売終了のお知らせ』というような見出しで、文章が書かれていました。内容は出版不況で静岡県下での売り上げが好転しないため、やむなく静岡県内での「週刊Gallop」の販売を12月24日を最後に終了させていただくというものでした。私も20歳を過ぎて地元に戻り、たまたま知り合いの女性がその本屋さんで働いていたので毎週とってもらうようになったのですが......。20年以上続いていたことが来週からなくなってしまうというのは寂しいもの。24日の最後の発売日には「長い間定期購読ありがとうございました」というメッセージ付で本屋さんからお礼と粗品を頂き、小さなドラマのラストシーンのような感じでした。誰が悪い訳でもなく雑誌がなくなってしまう訳でもないのですが、何か本屋さんにも申し訳ない気持ちになってしまい、便利な世の中になることによって失っていくことも多くなっていくのかもしれないなー、と感じさせる出来事でした。





それでは次回『第3回ウマニティ杯くりーく賞特別編』編(予定)でお会いしましょう。



※ホープフルS出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。
※最終結論はレース当日のくりーくプロページでチェックしてください。

[もっと見る]

2018年12月25日(火) 17:30 覆面ドクター・英
ホープフルS2018
閲覧 2,307ビュー コメント 0 ナイス 6



有馬記念は、ブラストワンピースがあんなに器用なレースをすると思っておらず、ダービーも菊花賞も本命を打って裏切られた身としては、何とも皮肉な結果となってしまいました(印を打った2戦のみ敗戦で通算7戦5勝)。WIN5も、一つしか当たらないという私としては珍事となってしまいましたが、結局キャリーオーバーと、俄然最終日のWIN5が楽しみになってきました。その有馬記念デーは中央では不発も、地方競馬でのばんえいダービー万馬券的中に、香港競馬での特大ホームランの4連単的中2発と、違ったところではまずまずだったのですが......。そちらで運を使ってしまいましたかね。
さて今週は、交流重賞が24(祝月)名古屋グランプリ、27(木)兵庫ゴールドトロフィー、29(土)東京大賞典と連続で組まれていて、28日(金)の中央競馬前後にも楽しみが満載の一週間。いい年末とするためにも、なんせ的中ラッシュとしたいものです。ホープフルS自体はまだあまりG1という感覚を持てないのですが、この時期の若駒には中山2000mはハードで、消耗しすぎて成長を阻害しなければいいなーなんて思いもありつつ、今年最後の“全頭診断”張り切ってまいりたいと思います。


1番人気想定 サートゥルナーリアロードカナロア×シーザリオという、まさに世代を代表する血統馬で実際に新馬、萩Sと楽勝で2連勝。半兄のエピファネイアリオンディーズ同様、能力はかなり高そう。ロードカナロアスプリンター種牡馬ではないと再三このコラムで主張しているように、距離不安に関しては全く思わないが、ただちょっと人気になり過ぎか。

2番人気想定 アドマイヤジャスタ:まだまだ幼い面を見せながらも、未勝利、500万下の紫菊賞と連勝してきた。選べる立場のルメール騎手が乗るということは素質が高いのだろうが、前走もレース前にイレこみもあり、初の関東輸送も微妙か。

3番人気想定 ニシノデイジー:函館の未勝利戦勝ちの後に札幌2歳Sと東スポ杯2歳Sをそれぞれ6番人気、8番人気で制して3連勝中。母母はセイウンスカイ×ニシノフラワーでニシノ軍団のG1馬同士配合という“渾身血統”でもあり、血統連動すると言われる中山での重賞(金杯も含め)で有馬記念勝ち馬を輩出した父ハービンジャーということもあり、血統的にも良さそう。

4番人気想定 ブレイキングドーン:新馬勝ちの後は萩Sで放馬して除外となったが、京都2歳Sではこの世代の強豪であるクラージュゲリエに競り負けるものの、好走を果たす。母がホワイトマズル×エルコンドルパサーということで、スタミナ勝負に持ち込めればやれて良い。

5番人気想定 ミッキーブラック:イレ込んで終い止まった前走は、レース後にC.デムーロ騎手が2000mは長いという発言もしており、スタミナを問われる中山2000m向きではないか。

6番人気想定 ヴァンドギャルド:新馬勝ち直後の東スポ杯2歳Sでは、直線で一旦先頭に立つも結局3着だったが、仕掛けのタイミングひとつだった印象で、1~2着馬に引けをとらない好素質馬。ただ中山2000mよりはシンザン記念あたりのほうが向いていそうだが・・・・・・。

7番人気想定 クリノガウディー:朝日杯で2着した後で、どうやら回避のよう。ネット上では間隔が詰まっての出走=悪みたいな意見が多いが、矢作調教師も連闘は体調を保ちやすいとコメントしているように、必ずしも悪というわけではなく脚元や相手関係次第では使ってみてもいいところなのだろう。稼げるときに稼ぎ、引退後も功労馬として大事にしてもらえるよう自力で道を切り開くのはありなのでは。

8番人気想定 コスモカレンドゥラ:未勝利勝ちで臨んだアイビーSは、阪神JFで僅差2着だったクロノジェネシスの末脚に屈したが、500万下の黄菊賞では2馬身半差の楽勝。モレイラ騎手が乗れないのは痛いが、通用するだけの力はありそう。

9番人気想定 ジャストアジゴロ:未勝利勝ちからの参戦だが、これからの馬で、まだ上位陣とは差がありそう。

10番人気以下想定
キングリスティア:12/16の新馬戦を逃げて5馬身差の楽勝で好時計勝ちしてきた。間隔が詰まっていて使ってこないのかもしれないうえに、逃げられずにもまれて惨敗ということもあるのだろうが、素質は高そうで穴にぴったりか。ベルシャザールも、個人的には現状の評価よりずっとやれる種牡馬と踏んでいるのだが。

コパノマーティン:ダートの未勝利勝ち後はダートでも芝でも2桁着順続きで買い要素はない。

タニノドラマ:1戦1勝の新馬勝ちのみだが、特に大物感のない勝利で、特に買う要素は見あたらない。

タイセイモナーク:8戦目でようやく未勝利勝ちをおさめたが、ノーザンF生産馬にしてはイマイチなのだろう。

ヒルノダカール:調教の動きがいい馬で2戦目で未勝利を2馬身半差で楽勝してきた。母の血統を見ると、メジロマックイーンカツラギエース、ダンシングキャップ(オグリキャップの父)とかなり昭和の香りがする馬だが、暮れの中山なら激走もあり得る馬では。

ハギノアップロード:6戦目でようやく未勝利勝ちを果たしての参戦。母父ザールが日本への適性が極めて低かったように、特にここで買いたい要素はない。

マードレヴォイス:3戦目で未勝利勝ちも、その後の500万下で4着、6着とぱっとしない。ここでは厳しい。

ハクサンタイヨウ:3戦目で未勝利を脱出するも、以降惨敗続きなように厳しい。


<まとめ>
有力:サートゥルナーリア

ヒモに:ニシノデイジーアドマイヤジャスタブレイキングドーンヴァンドギャルド

穴で:コスモカレンドゥラキングリスティアヒルノダカール

[もっと見る]

2018年12月23日() 15:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2018年12月23日号】特選重賞データ分析編(130)~2018年ホープフルステークス~
閲覧 2,275ビュー コメント 0 ナイス 5



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G1 ホープフルステークス 2018年12月28日(金) 中山芝2000m内


<ピックアップデータ>

【“同年11月以降、かつJRA、かつ芝のレース”において1着となった、もしくは1位入線馬とのタイム差が0.0秒だった経験の有無別成績(2015年以降)】
○あり [3-2-3-10](複勝率44.4%)
×なし [0-1-0-24](複勝率4.0%)

 2015年以降の3着以内馬9頭中、2015年2着のロードクエスト、2017年1着のタイムフライヤーを除く7頭は、同年11月以降に芝のレースを勝っていた馬。なお、2017年1着のタイムフライヤーも、同年11月25日の京都2歳ステークスで勝ち馬とタイム差なしの2着に好走していました。たとえ実績上位でも、直近のレースで勝ち馬に離されてしまった馬や、10月以前のレースから直行してきた馬は評価を下げましょう。

主な「○」該当馬→ヴァンドギャルドコスモカレンドゥラニシノデイジー
主な「×」該当馬→サートゥルナーリアブレイキングドーンミッキーブラック


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

○「前走の4コーナー通過順が3番手以下」だった馬は2015年以降[3-3-3-18](複勝率33.3%)
主な該当馬→サートゥルナーリアニシノデイジー

[もっと見る]

コスモカレンドゥラの口コミ


口コミ一覧

弥生賞勝負や!

 ネアルコとハイペリオ 2019年3月17日() 13:09

閲覧 49ビュー コメント 0 ナイス 2

オルフェーヴル信者としては皐月賞に出れれば良いのでタガノディアマンテが3着以内に来れば良いという馬券を買いました。思い切って攻めた馬券買いました、一番人気ヒシイグアスは単純に無いと思って買ってないだけですが、エメラルファイトとコスモカレンドゥラを一着でも買ってるのは攻めたんじゃないでしょうか。今回はウマニティとリアル馬券全く同じ10000円勝負です
12
1,2
1,2
って馬券も含めて全部同じ
◎タガノディアマンテ
〇ファンタジスト
▲クリノガウディー
△コスモカレンドゥラ
△エメラルファイト

でも買った後三連単のオッズ見たらコスモカレンドゥラ(11番人気)→エメラルファイト(10番人気)→タガノディアマンテ(8番人気)でも45万くらいしかいかないんだよね、100万くらい当たり前に行くと思ってたのに

追記
タガノディアマンテ単勝1000円複勝10000円もリアル馬券で追加しました。総額21000円の勝負、是非当ててタガノディアマンテに皐月賞出てもらいましょう。ちなみにタガノディアマンテの兄タガノエスプレッソは弥生賞10番人気で3着

 グリーンセンスセラ 2019年3月17日() 12:09
🐎無料情報 当たりはずれあり。 自己責任で。2019年3月17日... 
閲覧 99ビュー コメント 0 ナイス 4

━━━━ 3月17日(日) ━━━━


中山11R
スプリングS(G2)

◎ 15番 ロジャーバローズ
○ 6番 コスモカレンドゥラ
▲ 2番 クリノガウディー
△ 8番 ヒシイグアス
△ 1番 ファンタジスト
△ 10番 ディキシーナイト
△ 12番 タガノディアマンテ

三連複軸1頭流し

軸:15
相手:1, 2, 6, 8, 10, 12

ハズレ~ ハズレて当たり前。大荒れレースで普通の馬券フォーカスで当たるわけない。
---------------------------------------


阪神11R
阪神大賞典(G2)

◎ 10番 シャケトラ
○ 7番 カフジプリンス
▲ 9番 アドマイヤエイカン
△ 2番 リッジマン
△ 1番 ロードヴァンドール
△ 4番 ステイインシアトル
△ 6番 ソールインパクト

三連複軸1頭流し

軸:10
相手:1, 2, 4, 6, 7, 9

あ、珍しい🎯的中! 3連複と三連単大当たり!!
3連複
1-7-10 27,560円 77番人気

3連単
10-7-1 87,820円
これを獲った人はおめでとうございます!✨✨✨✨✨
---------------------------------------


中京11R
小牧特別

◎ 2番 ファスナハト
○ 7番 スヴァルナ
▲ 8番 サーレンブラント
△ 12番 アロハリリー
△ 4番 モザイク
△ 10番 コーカス
△ 11番 アーデルワイゼ

三連複軸1頭流し

軸:2
相手:4, 7, 8, 10, 11, 12

軸2 ハズレ~ 惜しいね(笑)
相手のBOX馬券なら当たりなんやけど・・・
3連複
4-7-12 1,590円

3連単
12-4-7 6,210円

[もっと見る]

 スペースマン 2019年3月17日() 07:49
スプリングステークス、◎本命は?
閲覧 59ビュー コメント 0 ナイス 3

新潟の春は、まだまだだな!

寒い寒い!

さて、スプリングステークスの◎本命は、迷っていたけど、

調教を見てヒシイグアスに決めた!

このメンバーの中で、3月14日に1頭だけ調教したんだけど、

調教した馬体が良かった!

この張りのある馬体なら、自信を持って本命にできるよ!

このヒシイグアスは、マイPOGの馬だから、力が入るね!

別に血統とかでは、POGは、決めてないからね!

あくまでも馬体を見て決めた馬だからね!

ウマニティポイント5000で落札した馬なんだよ!

果たして、逃げることができるか?

〇対抗は、ヒシイグアスよりも逃げるかもしれない、

コスモカレンドゥラにする!

ホープフルステークスで逃げているわけで、丹内に乗り替わって

も逃げるだろう!

ヒシイグアスが、逃げるのか?コスモカレンドゥラが、逃げる

のか?

このレースのポイントだな!

▲単穴は、中山を続けて使っているシークレットランだ!

中山を続けて今回で4戦目、何かあるかな?

名前のとおり秘密か?

ファンタジストは、マイラーだと思うので、やめた!

このレースの結果しだいでは、どこに進むのか?

マイルへ行くのか?中距離に行くのか?

ヴァーミリアンみたいにダート戦に行くのか?

このスプリングステークスは、分岐点になるので、

しっかり見て行こう!

フジテレビ?8チャンネルだな!

[もっと見る]

⇒もっと見る

コスモカレンドゥラの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

コスモカレンドゥラの写真

コスモカレンドゥラ

コスモカレンドゥラの厩舎情報 VIP

2019年3月17日フジTVスプリングS G214着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

コスモカレンドゥラの取材メモ VIP

2019年3月17日 フジTVスプリングS G2 14着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。