ステイインシアトル(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
ステイインシアトル
写真一覧
抹消  黒鹿毛 2011年1月11日生
調教師池江泰寿(栗東)
馬主青芝商事 株式会社
生産者ノーザンファーム
生産地安平町
戦績16戦[5-3-0-8]
総賞金11,405万円
収得賞金5,050万円
英字表記Stay in Seattle
血統 ステイゴールド
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
ゴールデンサッシュ
シアトルサンセット
血統 ][ 産駒 ]
Belong to Me
Weekend in Seattle
兄弟 タンギモウジアフサイチレオン
前走 2020/10/18 オクトーバーS (L)
次走予定

ステイインシアトルの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師



馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
20/10/18 東京 11 オクトーバー (L) 芝2000 161258.91415** 牡9 58.0 武藤雅池江泰寿 490
(-10)
2.02.8 3.338.7⑤⑥⑤テリトーリアル
20/08/30 小倉 11 小倉日経OP OP 芝1800 121148.11112** 牡9 58.0 荻野極池江泰寿 500
(+8)
1.48.2 2.137.1サラキア
19/03/17 阪神 11 阪神大賞典 G2 芝3000 114421.679** 牡8 56.0 浜中俊池江泰寿 492
(+2)
3.09.8 3.340.4④④⑤⑧シャケトラ
19/01/20 中山 11 AJCC G2 芝2200 116730.368** 牡8 56.0 内田博幸池江泰寿 490
(-6)
2.14.6 0.935.5シャケトラ
18/05/06 新潟 11 新潟大賞典 G3 芝2000 1671426.792** 牡7 57.0 秋山真一池江泰寿 496
(+8)
2.00.1 0.133.2スズカデヴィアス
17/07/16 函館 11 函館記念 G3 芝2000 165105.6215** 牡6 57.0 武豊池江泰寿 488
(+4)
2.03.3 2.137.9⑤⑤⑤⑧ルミナスウォリアー
17/06/03 阪神 11 鳴尾記念 G3 芝2000 10897.931** 牡6 56.0 武豊池江泰寿 484
(-8)
1.59.4 -0.034.1スマートレイアー
17/04/16 福島 11 福島民報杯 OP 芝2000 168165.626** 牡6 55.0 吉田隼人池江泰寿 492
(-4)
1.58.9 0.436.2マイネルミラノ
17/02/25 阪神 10 尼崎S 1600万下 芝2200 8113.721** 牡6 57.0 武豊池江泰寿 496
(+12)
2.14.5 -0.035.4アドマイヤキズナ
16/10/10 京都 10 ジェンティM 1600万下 芝2000 10558.652** 牡5 57.0 武豊池江泰寿 484
(0)
1.59.4 0.033.8トーセンビクトリー
16/04/30 京都 10 下鴨S 1600万下 芝2000 176122.817** 牡5 56.0 武豊池江泰寿 484
(0)
1.59.5 0.734.7⑤⑤⑦⑦レッドソロモン
16/02/20 京都 9 春日特別 1000万下 芝1800 13223.321** 牡5 57.0 武豊池江泰寿 484
(-8)
1.50.3 -0.036.0エイシンエルヴィン
16/01/23 京都 12 4歳以上500万下 芝2000 11221.911** 牡5 57.0 武豊池江泰寿 492
(-4)
2.02.3 -0.334.2レッドカイザー
15/12/27 阪神 7 3歳以上500万下 芝2200 18474.022** 牡4 57.0 武豊池江泰寿 496
(+10)
2.16.8 0.036.3エイシンハドソン
14/05/10 京都 11 京都新聞杯 G2 芝2200 18597.2415** 牡3 56.0 C.ウィリ池江泰寿 486
(-4)
2.13.5 2.537.9ハギノハイブリッド
14/04/12 福島 2 3歳未勝利 芝2000 16122.211** 牡3 55☆ 菱田裕二池江泰寿 490
(--)
2.01.1 -0.836.0ドルチェレガート

ステイインシアトルの関連ニュース

 2017年のGIII鳴尾記念を勝ったステイインシアトル(栗・池江、牡10)が21日付で。通算16戦5勝。総獲得賞金1億1405万7000円。今後は滋賀県甲賀市の甲賀ファームで乗馬になる予定。昨年10月のオクトーバーS15着が最後となった。また、同年の交流GIII北海道2歳優駿を勝ったドンフォルティス(栗・牧浦、牡6)も同日付で。通算17戦4勝(うち地方4戦1勝)。総獲得賞金7913万3000円(うち地方3225万円)。川崎競馬に移籍する予定。



ステイインシアトルの競走成績はこちら

【古馬次走報】スワーヴアラミスはブラジルCへ 2020年9月29日(火) 21:00

 ★産経賞オールカマーを勝ったセンテリュオ(栗・高野、牝5)は、エリザベス女王杯(11月15日、阪神、GI、芝2200メートル)に参戦する。

 ★神戸新聞杯2着ヴェルトライゼンデ(栗・池江、牡3)、4着ディープボンド(栗・大久保、牡3)、9着マンオブスピリット(栗・斉藤崇、牡3)は、菊花賞(10月25日、京都、GI、芝3000メートル)へ向かう。

 ★シリウスSに登録しているスワーヴアラミス(栗・須貝、牡5)は、同レースを自重してブラジルC(10月25日、東京、L、ダ2100メートル)に進む。

 ★宝塚記念5着メイショウテンゲン(栗・池添兼、牡4)は、アルゼンチン共和国杯(11月8日、東京、GII、芝2500メートル)で復帰する。

 ★2勝クラスの夕月特別を勝ったソフトフルート(栗・松田、牝3)は、秋華賞(10月18日、京都、GI、芝2000メートル)に登録する。

 ★札幌記念2着ペルシアンナイト(栗・池江、牡6)は、富士S(10月24日、東京、GIII、芝1600メートル)へ。僚馬で新潟記念16着アイスバブル(牡5)は、幸騎手で京都大賞典(10月11日、京都、GII、芝2400メートル)、小倉日経OP12着ステイインシアトル(牡9)は、大野騎手でオクトーバーS(10月18日、東京、L、芝2000メートル)へ。

[もっと見る]

【小倉日経OP】追って一言 2020年8月27日(木) 04:47

 ◆サラキア池添学師 「この中間は前2走よりすっきりした体つきで、攻めの動きも申し分ない。特に前走は不良馬場に脚をとられて全く力を出せなかったので、良績ある小倉の良馬場で巻き返したい」

 ◆ステイインシアトル・池江師 「坂路の併せ馬は相手が動きすぎただけ。長期休養明けでも乗り込んできて、体重も休養前と変わらない。ポン使いも利くタイプです」

 ◆セラピア・犬山助手 「1週前にすごい時計(坂路4ハロン51秒7-11秒8)が出たので、今週はサラッと。取り消しの影響はないが、初のコーナー4つで気持ちと折り合い面が鍵ですね」

 ◆ダノンチェイサー・池江師 「長期休養明けを使って息の入りが良くなり、攻めの動きもいいですね。今回は正念場」

 ◆ボッケリーニ・池江師 「いいデキをキープ。力もつけてバランス良く走れるようになったので、今ならコーナー4つ(の舞台)でも。良馬場ならなおいい」

 ◆ミスディレクション・太宰騎手 「前回は相手も強く、ペースも速すぎた。叩いて良くなるタイプで上積みもあるし、小回り1800メートルのオープン特別なら」

 ◆ワイプティアーズ・加用師 「攻めは馬場が良くなかった割に走れており、順調だね。前走は道悪の昇級初戦で4着なら頑張っている」



★小倉日経OPの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【古馬次走報】アドマイヤジャスタが札幌記念に参戦へ 2020年7月23日(木) 04:45

 ★函館記念勝ちのアドマイヤジャスタ(栗・須貝、牡4)は札幌記念(8月23日、札幌、GII、芝2000メートル)に参戦予定。鞍上は未定。5着レイホーロマンス(栗・橋田、牝7)は小倉記念(8月16日、小倉、GIII、芝2000メートル)に向かう。6着ランフォザローゼス(美・藤沢和、牡4)は中1週で関越S(8月2日、新潟、OP、芝1800メートル)を視野。同厩で11着のレイエンダ(牡5)は放牧に出された。 9着プレシャスブルー(美・相沢、牡6)は新潟記念(9月6日、新潟、GIII、芝2000メートル)へ。

 ★目黒記念2着アイスバブル(栗・池江、牡5)、8着の僚馬サトノクロニクル(牡6)はともに新潟記念に向かう。さらに僚馬ステイインシアトル(牡9)は小倉日経オープン(8月30日、小倉、OP、芝1800メートル)へ。

 ★鳴尾記念8着サトノルークス(栗・池江、牡4)は小倉記念へ。

 ★中京記念4着ケイアイノーテック(栗・平田、牡5)は、津村騎手とのコンビで関屋記念(8月16日、新潟、GIII、芝1600メートル)に向かう。同レースにはCBC賞12着クリノガウディー(栗・藤沢則、牡4)、エプソムC6着サトノアーサー(栗・池江、牡6)、僚馬でダービー卿CT10着ジャンダルム(牡5)も参戦する。

 ★福島テレビOP2着プリディカメント(栗・吉村、牝5)、14着メイショウキョウジ(栗・藤岡、牡5)、CBC賞9着ジョイフル(栗・吉村、牡6)は北九州記念(8月23日、小倉、GIII、芝1200メートル)に向かう。

 ★中京記念7着同着ストーミーシー(美・斎藤誠、牡7)は朱鷺S(8月30日、新潟、L、芝1400メートル)へ。

 ★ジュライS5着オーヴ ェ ル ニ ュ(栗・西村、牡4)、同10着アードラー(栗・音無、牡6)はともに阿蘇S(8月15日、小倉、OP、ダ1700メートル)へ。

 ★オークス8着ホウオウピースフル(美・大竹、牝3)は紫苑S(9月12日、中山、GIII、芝2000メートル)で始動する。

 ★七夕賞12着オセアグレイト(美・菊川、牡4)は夏は休養に充て、アルゼンチン共和国杯(11月8日、東京、GII、芝2500メートル)で復帰の予定。

[もっと見る]

【古馬次走報】サトノルークスは川田で小倉記念へ 2020年7月17日(金) 04:45

 ★池江厩舎のOP馬の動向は以下の通り。鳴尾記念8着サトノルークス(牡4)は、川田騎手とのコンビで小倉記念(8月16日、小倉、GIII、芝2000メートル)に向かう。エプソムC6着サトノアーサー(牡6)、ダービー卿CT10着ジャンダルム(牡5)は関屋記念(8月16日、新潟、GIII、芝1600メートル)へ。ジャンダルムは引き続き藤井騎手が鞍上。目黒記念2着アイスバブル(牡5)、8着サトノクロニクル(牡6)は新潟記念(9月6日、新潟、GIII、芝2000メートル)に向かう。阪神大賞典9着ステイインシアトル(牡9)は、小倉日経OP(8月30日、小倉、OP、芝1800メートル)へ。

 ★七夕賞2着ブラヴァス(栗・友道、牡4)は、新潟記念が目標。今週の中京記念で除外となった僚馬レッドアネモス(牝4)はクイーンS(8月2日、札幌、GIII、芝1800メートル)へ。同レースを予定している僚馬ビーチサンバ(牝4)は、引き続き福永騎手が騎乗する。

[もっと見る]

【乗り替わり勝負度チェック!】安田記念 2週連続人気裏切りの汚名返上をこの馬とともに! 2019年5月31日(金) 14:00

当企画のコンセプトにつきましては、コチラにてご確認ください。今週も“勝ち逃げ馬券師”新良武志氏に、注目の乗り替わりをピックアップしてもらいます。
※データは2015年以降の結果をもとに集計




編集部(以下、編) ダービーのロジャーバローズには驚かされました。そして、乗り替わりはまたしても勝利ならず。当企画にとっては、やはり厳しいレースでしたね。

新良(以下、新) 競馬に絶対はないということを、改めて思い知らされました。ホントに乗り替わりは勝てませんね(苦笑)。

編 でも、先週はそれ以外の推奨レースでしっかり勝ち馬が出て、単勝回収率118%。良い流れは続いています。

新 そろそろ大きなレースでバシッと1着馬を指名したいですね。

編 今週の安田記念はいかがでしょう? アーモンドアイダノンプレミアムの対決に注目が集まっていますが、いずれも継続騎乗。逆転できる存在は果たしているかどうか……。

新 この2頭に堂々とケンカを売るのは正直難しい。でも、一角崩しの可能性ならあると思いますよ。

編 狙い目の乗り替わりはありますか?

新 丸山元気騎手からレーン騎手に乗り替わる⑧ステルヴィオが面白いとみています。

編 ダービーでは断然人気に応えることのできなかったレーン騎手。それを引きずっていないといいのですが。

新 そんなタマではないでしょう。紛れもない一流ですから、気持ちの切り替えはちゃんとできているはずです。むしろ、オークス、ダービーと人気を裏切ったことで、汚名を返上してやろうと意気込んでいるかもしれません。

編 確かに、ダービー直後の目黒記念を見事な手綱捌きで勝ちました。心配はなさそうですね。

新 その一方で、ダービーの敗戦を重く受け止めているファンは多いと思います。一気に株が下がってくれるのは大歓迎。がぜん買いやすくなりますからね。

編 鞍上のコース適性はいかがでしょう?

新 実はレーン騎手、千四からマイルあたりの競馬を乗りこなすのが上手いんですよ。初来日してからまだ間もないですが、東京芝1600mでは勝率30.0%を誇っています。このコースはプラスと考えて構いません。

編 ステルヴィオ自身もマイル以下では連対を外したことがありませんしね。

新 人馬ともに、まさしくベストの舞台。大阪杯14着からの一気の巻き返しはおおいにあり得ると思います。ノーザンファームとしても、レーン騎手を乗せてきたということは、この馬がアーモンドアイに次ぐ2番手と評価しているということでしょう。

編 人気の盲点という感じで、非常に楽しみですね。

新 ヒモで押さえるのは必須と考えます。

編 了解です。注目しましょう。続いて、土曜日に組まれている鳴尾記念はどうみていますか?

新 吉田隼人騎手から武豊騎手に乗り替わる④タニノフランケルがいいですね。

編 鳴尾記念というと、武豊騎手がけっこう勝っているイメージがあります。

新 はい。開催時期が6月に移ってから、13年のトウケイヘイロー、17年のステイインシアトルと2勝を挙げています。阪神芝2000mのコース勝率は、2015~2017年が10.4%、2018年以降が17.4%と上昇中。最近はとくに乗れていますよね。

編 レース適性もコース適性もバッチリということですね。

新 はい。過去の2勝はいずれも逃げて挙げたもので、今回騎乗するタニノフランケルは逃げタイプ。先手を主張できそうなメンバー構成ですし、ここもチャンス十分でしょう。

編 二度あることは三度ある、と。

新 あるかもしれませんね。アタマで狙っていく価値があると思います。

編 そのまま! そのまま! ですね(笑)。今から叫ぶ準備をしておきます。今週もありがとうございました!


★その他の注目乗り替わり★
土曜東京8R ②スマイル(ミナリク→石橋脩
日曜東京10R テーオージーニアス (浜中俊→ルメール)

【プロフィール】
新良武志(しんら・たけし)
20歳を過ぎたころに競馬を覚え、40代半ばまでは負け組人生を送っていたが、データベースソフト『TARGET』と『ウマニティ』のU指数に出会い、データ馬券に開眼。騎手と種牡馬をメインにした斬新なデータ活用術と馬券購入テクニックを武器に、コンスタントに好配当馬券を的中させる“勝ち逃げ馬券師”へと変貌を遂げる。15年秋に雑誌『競馬最強の法則』でデビューし、翌16年春には単行本『毎週コツコツ勝ち逃げリーマン最強馬券術』(ベストセラーズ)を上梓。現在もデータ馬券研究の日々を送る。昨年10月1に新創刊された『競馬の天才!』(メディアボーイ)で連載をスタート!
最新情報は『“新良式”データ馬券ブログ』で公開中。

[もっと見る]

⇒もっと見る

ステイインシアトルの関連コラム

閲覧 1,610ビュー コメント 0 ナイス 8



こんにちは、公認プロ予想家のくりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
前走からの中間の調整内容(評価はA~F)を中心に、各馬コメントをしていきたいと思います。


3月17日(日) 第67回 阪神大賞典(G2、4歳以上、芝3000m)


【登録頭数:11頭】(フルゲート:16頭)

リッジマン(D)
今回は有馬記念以来のレース。休み明けでも成績の良い馬ではあるが、好走している時と比べるとこの中間はCWでの時計が物足りない。

シャケトラ(A)
前走1年1ヶ月ぶりのレースを勝ち、今回はその反動が出ないか心配なところだったが杞憂となりそう。前走時もしっかり乗り込まれており、パドックでも骨折明けにはとても見えないくらいのデキに映ったが、この中間も1ヶ月前からいつも通り坂路とCWでこの厩舎流の調教過程。内容に関しても文句なし。

ヴォージュ(A)
1月から間隔が空いたが、この中間は坂路のみで調整されており速い時計も出ている。過去このような調教内容で調整されている時は成績も良く、調子も良さそう。

アドマイヤエイカン(B)
この中間は小林徹、畑端、岩田と3週連続ジョッキー騎乗で追い切られていることもあり、CWで速い時計が出ている。ジョッキー騎乗で調教されている時はレースでの成績が良いことが多く、その点今回は期待できるかもしれない。

ステイインシアトル(B)
前走は8ヶ月ぶりのレースだったが、3週連続併せ馬で先着と時計もしっかり出ていて、マイナス体重での出走。出来は悪くなかったと思う。今回も少し間隔は空いたが、この中間も入念な乗り込みで良くなっている感じはあり。得意の阪神コースも味方するかもしれない。

サイモンラムセス(E)
前走は中1週での出走で、小倉大賞典の時よりも物足りない時計。もう少し待っての出走の方が良かったと個人的には見ていて、今回も中1週で状態が回復している感じはしない。

コルコバード (C)
もう少し乗込みたい感じもあるが、1週前に併せ馬でいつもの時計が出ていて仕上りは悪くなさそう。

ロードヴァンドール(C)
近走は調教でも物足りない時計が多かったが、この中間は坂路中心に乗り込まれて3週前、2週前、1週前と併せ馬で先着。良い方向に変わってきている感じがある。

ソールインパクト(B)
近走は調教師が追い切りで跨る機会が増えてきているが、この中間は2週前、1週前と連続で調教師騎乗で追い切られていて、今回は特に気合いが感じられる。

ケントオー(C)
好調時は坂路でかなり速い時計が出ていた馬なので、近走の時計を見ると全然物足りない。それでも、ここ数戦は全体の時計は出るようになってきていて、あとは終いの時計が出るようになってくればというところ。そうなれば、もっと変わってくるかもしれない。

カフジプリンス(C)
長期休養明け3戦目になるが、前走1600万で3着と少しずつ良くなっている傾向にある。


3月17日(日) 第68回 フジテレビ賞スプリングステークス(G2、3歳、芝1800m)

【登録頭数:19頭】(フルゲート:16頭)

ファンタジスト(A)
休み明けの今回、2週前、1週前と坂路で好時計が出ていて仕上りは良さそう。今回は初めてコーナー4つのコースでの競馬だが、折り合いさえつけば息を入れることもできるだろうし、このようなコースの方が向いているかもしれない。

クリノガウディー(B)
弥生賞にも登録はしていたが当時は時計もほとんど出していなくて、使える状況ではなかった。そこから2週で2本速い時計を出していて、ここに向けて順調に調整されている感じ。

ディキシーナイト(A)
この中間は間隔にも余裕があり、乗り込み量も豊富。1週前にはアーモンドアイに併入と時計も出ていて、調教内容も良い。

タガノディアマンテ(B)
この中間は前走以上の乗り込み量で、1週前にCWを併せ馬で先着と上積みが期待できそう。

エメラルファイト(B)
この中間は乗り込み量こそ多くないが2週前、1週前と南Wで好時計が出ていて調教内容は前走より良い。今回は関東での競馬で、長距離輸送を気にしないで調整できる点も良い。

コスモカレンドゥラ(D)
休み明け。調教の内容を見ると、もっとビシビシ追われている方が良いと思うが。

シークレットラン(C)
3戦連続10kg以上馬体重増。これ以上増えるのは良くない。2週前、1週前と一杯に追われているので、その辺りのことを考えての内容だろう。時計も出ていて先着もしているので調整内容としては悪くない。

ヒシイグアス(A)
未勝利、若竹賞と連勝中。この中間はCW中心の追い切りで2週前、1週前と前走以上の時計が出ている。前走よりも良い調教内容。

ロジャーバローズ (B)
この中間はこの厩舎流の調整内容で順調に調整されている。1週前には併せて先着と仕上がりも良さそう。

アンクルテイオウ(B)
前走未勝利勝ちでこの中間は間隔を空けてきたが、乗り込み量も多くいつも通りの内容で順調そう。

カラテ (E)
デビュー戦から使い詰めで前走小倉遠征で未勝利勝ち。1週前追い切りは併せ馬で遅れていて、上積みは期待できない。

キュアン(D)
休み明け。1週前追い切りで速い時計を出す馬だが、今回はジョッキー騎乗の割には時計がそれほど速くない。

ゲバラ(D)
この中間は1週前に坂路を併せ馬で追い切られて時計は出るようになってきたが、併走遅れで特に良くなった感じはない。

ニシノカツナリ(B)
この中間は単走での調整だが、南Wを馬なりで速い時計が出ていて前走よりも良さそうな感じ。

フィデリオグリーン(D)
年末から今年にかけてかなり詰まったローテーション。大きな馬で使い減りしない馬ではあるが、1週前の時計を見ても前走時とそれほど変わらず。上積みは厳しそう。

モズベッロ (B)
坂路で好時計の出る馬で、無理のないローテーションでここまで使われてきている。この中間も1週前に坂路で好時計が出ていて、使われつつ良くなっている感じ。

ユニコーンライオン(C)
かなり大きな馬だが新馬戦でも◎にしたように、調教では好時計の出る馬。素質はあると思うがまだ体を持て余している感じで、良くなるのはもう少し先かもしれない。

リバーシブルレーン(D)
今回は休み明けで乗り込まれているが、調教の内容を見ると単走のみで時計ももうひとつ詰めたいところ。ここを使われてからの方が良さそう。

リーガルメイン(D)
デビューから3戦、この馬は1週前にCWを併せ馬で追い切られてきていてこれまではすべて先着していた。今回はジョッキー騎乗で追い切られたものの、先着しておらず、また2週前追い切りでも遅れと、その辺りが気になるところ。



◇今回は阪神大賞典&スプリングS編でした。
私の勤めている会社では、年に1度「ストレスチェック」を行っています。これは「労働安全衛生法」という法律が改正されて、労働者が50人以上いる事業所では2015年12月から年1回、この検査を全ての労働者に対して実施することが義務付けられたことによるもの。当コラムを読んで頂いた方の中にも、この「ストレスチェック」を行っているという方も多いと思います。
私に関してはほとんどストレスが無いという診断結果でした。昨年もそのような感じだったと記憶していますが、本人もそれほどストレスを感じていることはないと思っているので、間違ってはいないと思います。なぜこのストレス社会で真逆の結果が出ているのか考えてみると、何よりも好きなことができていることが大きいと思います。やらなければならないこともかなり多く忙しい日々ではありますが、それ以上に自分がやりたいことをやれていることが、ストレスを溜めこまないひとつの理由になっているのかもしれません。やることが多いとうまくいかないことがあっても次から次へ気持ちを切り替えていかなくてはならず(JRAの予想が外れても、地方競馬、香港競馬にこのコラムと、次から次へと気持ちを切り替えていかないと進んでいけないので)、悩んでいる暇がないということもあるかもしれませんが(^^;。
とにかく、何より周りの人たちに恵まれているからこそ好きなことを遠慮なくできているわけで、これからも周りの人たちへの感謝の気持ちを忘れないよう生きていきたいと思っています。



それでは次回、高松宮記念編(予定)でお会いしましょう。


阪神大賞典、フジテレビ賞スプリングS出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。
※最終結論はレース当日のくりーくプロページでチェックしてください。


登録済みの方はこちらからログイン

2019年1月24日(木) 17:00 競馬プロ予想MAX
先週の回顧~(1/19~1/20)日曜ヒット連発のKOMプロ他13名が週末プラス!スガダイプロら5名は2週連続プラス収支達成!
閲覧 932ビュー コメント 0 ナイス 6



先週は、20(日)に中山競馬場でG2AJCC、中京競馬場でG2東海Sが行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G2AJCCは、ステイインシアトルがハナを奪って、前半1分2秒2(推定)のスローペースで牽引。2番人気ジェネラーレウーノが2番手で続き、1番人気フィエールマンは中団後方を追走していきます。ペースが上がらないまま3コーナーを迎えた馬群は、ここでようやく一斉にペースアップ。中団からシャケトラメートルダールらが押上げ先団に取り付くようにして4コーナーを通過すると、直線で早々先頭に立ったのは7番人気シャケトラ。交わされて2番手となったジェネラーレウーノも懸命に応戦しますが、手応えで上回るシャケトラが半馬身ほど抜け出し、残り200mを通過。外からはフィエールマンメートルダールが伸びてシャケトラを追いますが、なかなか並びかけるまでは至らず。結局、早め抜け出しのシャケトラが、最後はアタマ差まで迫ったフィエールマンを封じ切って優勝。1年1か月ぶりの復帰戦で、見事重賞2勝目をあげています。
公認プロ予想家では、ゼット1号プロジョアプロきいいろプロマカロニスタンダーズプロ田口啄麻プロ夢月プロ蒼馬久一郎プロ馬侑迦プロら、計11名が的中しています。
 
G2東海Sは、単勝1.5倍の断然人気に推されたインティが逃げてマイペースの展開。前半1000mを1分1秒5(推定)で通過していきます。2番手にはスマハマが続き、比較的人気馬が前々を占める展開で後半戦へ。3コーナーを1馬身ほどのリードで通過するインティ。依然ピッタリとこれをマークするスマハマの態勢はそのままに、グレンツェントチュウワウィザードがこれに続く形。直線を迎えても手応え十分のインティに対し、スマハマグレンツェントはいっぱいになりやや後退。外に持ち出して伸びるチュウワウィザードが2番手に浮上します。ここから、チュウワウィザードが3番手以下をぐんぐん突き放す伸びを見せますが、前を行くインティも負けず劣らずの末脚で“圧逃”。結局、ゴールまでその差は縮まらず、最終的に2馬身差でインティが完勝V。堂々の6連勝で重賞初制覇を飾っています。
公認プロ予想家では、豚ミンCプロほか計11名が的中しています。
 
 
 
----------------------------------
 
☆☆☆注目プロ →KOMプロ
先週は20(日)に計48万超を払戻す大暴れ。序盤に京都1Rを◎スナークスター(単勝73.5倍)で仕留め計111,980円の払戻しに成功すると、京都7R中京8Rと好調予想を連発。京都11Rタイムトリップ中京12Rヒロシゲゴールドと勝負予想をきっちりと仕留めて、この日の回収率300%オーバーを決めました。週末トータルでは、回収率171%、収支トップの22万5,760円プラスを達成しています。
 
☆☆☆注目プロ →スガダイプロ
前週に引き続き回収率130%台をマーク。まず19(土)は中山6R○◎▲、中山11R◎△▲的中などの活躍を披露。続く20(日)は、中山1R的中で好スタートを切ると、その後も京都2R中京3R中山10Rなどコンスタントに的中積み重ねていきます。さらに京都11R◎○▲パーフェクト的中、京都12R◎○的中と終盤でのダメ押しも決めてフィニッシュ。週末2日間トータルでは、的中率43%、回収率137%、収支7万1,790円プラスをマークし、2週連続週末プラスで終えています。
 
☆☆☆注目プロ →マカロニスタンダーズプロ
先週は2日間ともにプラス収支を達成。19(土)は中山7Rサトノシャーク的中、中京10Rジャスティンなどの予想を披露。20(日)には、中山2Rグッバイガール中山4Rヘッドオブステート京都6Rアンドラステ、勝負予想指定の中京10Rバイマイサイド(複勝6,000円分的中)と仕留めると、極めつけはG2AJCC。◎シャケトラ(単勝38.5倍)できっちりと単勝をゲットし、5万7,750円の払戻しを記録しました。週末トータルでは、回収率140%、収支7万3,760円プラスをマーク。2週連続プラス収支を達成し、1/6(日)から続く6開催日プラスを継続中!
 
☆☆☆注目プロ →夢月プロ
先週は、19(土)中京6Rでの◎○▲的中9万4,350円払戻し、20(日)中山10Rでの馬単2点勝負◎▲的中、京都11Rタイムトリップ的中などを筆頭に、他にも随所に少点数勝負的中を披露。土日2日間のトータル回収率106%をマークし、こちらも2週連続プラス収支を達成しています。
 
☆☆☆注目プロ →馬侑迦プロ
19(土)京都12R的中(◎モンテヴェルデ)、同中山12R的中(○ボーダーオブライフ)、20(日)中京10R的中(◎ナムラドノヴァン)、同G2AJCC的中(◎フィエールマンからシャケトラメートルダールへのワイド2点勝負W的中)など、高精度予想を連発。週間トータルでは、的中率67%、回収率157%の安定した成績をマークしています。
 
 
 
この他にも、馬っしぐらプロ(191%)、ジョアプロ(142%←2週連続週末プラス)、エース1号プロ(140%)、エース2号【予想マイレージクラブ限定】プロ(138%)、豚ミンCプロ(138%←2週連続週末プラス)、ゼット1号プロ(118%←3週連続週末プラス)、☆まんでがんプロ(116%)、dream1002プロ(112%)、ろいすプロ(109%)、金子京介プロ(106%)、覆面ドクター・英プロ(100%)らが週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
 
 
----------------------------------
 
※全レースの結果情報はこちら


今週も「プロ予想MAX」にぜひご注目下さい。

[もっと見る]

2017年7月21日(金) 13:40 競馬プロ予想MAX
先週の回顧~(7/15~7/16)いっくんプロが函館9Rで91万超の高額払い戻し!
閲覧 1,255ビュー コメント 0 ナイス 5

先週は、16(日)に函館競馬場でG3函館記念が行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G3函館記念は、当日降ったどしゃ降りの雨によって重馬場まで悪化しスタートの時を迎えます。まず外からヤマカツライデンタマモベストプレイがハナへ立とうと併せ馬の形で前へ。パリカラノテガミもこれに絡み、マイネルミラノは4番手の位置取りとなって1コーナーを通過。2番人気に推されたステイインシアトルはその直後の5番手、1番人気サトノアレスは中団の内々を追走します。ヤマカツライデンが単独先頭となったほぼ一団の隊列の中から3角手前でマイネルミラノがじわじわと進出を開始すると、内からはタマモベストプレイ、外からはアングライフェンルミナスウォリアーといったところも連れて仕掛けていきます。迎えた直線、内で粘るヤマカツライデンに、アングライフェンルミナスウォリアーが横並びとなり、マイネルミラノは脚色が鈍り苦しい態勢。残り100mを切ったところでこの争いから力強く抜け出したのはルミナスウォリアーでした。ゴール前で脚を伸ばしたタマモベストプレイケイティープライドも加わっての熾烈な2着争いを尻目に、ルミナスウォリアーが1馬身1/2差の完勝で重賞初制覇を飾っています。2着には最後に14番人気タマモベストプレイが上がり、そこからアタマ差の3着には逃げてゴール前盛り返しを見せた7番人気ヤマカツライデンが入っています。
 
公認プロ予想家では☆まんでがんプロセイリュウ1号プロマカロニスタンダーズプロ【U指数】馬単マスタープロサラマッポプロスガダイプロら6名が的中しています。
 
----------------------------------
 
☆☆☆注目プロ →いっくんプロ
16(日)函館9Rで◎ケルベロスを頭固定、2、3着に○サフランハートを添えた3連単勝負!2着に△ペイシャマリヤが入り、3連単364.1倍を2500円的中!91万250円を払い戻しました!同日の福島5Rでも3連単148.8倍を1000円的中させ、14万8800円を払い戻しました!週末トータル回収率161%、収支プラス44万480円をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →シムーンプロ
15(土)函館9Rで『ダートに替えてから好内容続き。1700も良さそうで勝負になる。』と狙った◎プティットクルール(32.8倍)の単複を的中!4万7200円を払い戻しました!勝負レースに選んだ翌日の函館12Rでは『この舞台で全2勝を上げている洋芝長距離巧者。今回も好枠を引いた。ここ2走はブービー、シンガリと散々だが得意舞台で別馬の様な走りを見せてくれることを望む。』と狙ったクラシックエースの単複を的中!7万180円を払い戻しました!週末トータル回収率118%、収支プラス4万4150円をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →マカロニスタンダーズプロ
16(日)函館11R函館記念G3で◎タマモベストプレイの複勝15.3倍を3500円を的中させ、5万3550円を払い戻しました!16(日)中京12Rでは◎リッパーザウィンの単複を的中!3万100円を払い戻しました!週末トータル回収率139%、収支プラス5万7500円をマークしています。
 
この他にもろいすプロ岡村信将プロおかべプロ伊吹雅也プロきいいろプロkmプロが回収率100%超の活躍を見せています。
 
----------------------------------
 
※全レースの結果速報はこちら


今週も競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家陣の予想にご注目下さい。

[もっと見る]

2017年7月16日() 14:00 凄馬プロジェクトチーム
第283回『凄馬出馬表分析&馬券検討』~函館記念 G3
閲覧 1,365ビュー コメント 0 ナイス 2



みなさんこんにちは!

本日は函館11R「函館記念 G3」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「-1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「-1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。




第1グループ(橙)はマイネルミラノから1.0ポイント差(約1馬身差)内のケイティープライドアングライフェンタマモベストプレイステイインシアトルまでの5頭。
第2グループ(黄)は、サトノアレスから1.0ポイント差(約1馬身差)内のルミナスウォリアーツクバアズマオーナリタハリケーンパリカラノテガミまで5頭。
第3グループ(薄黄)は、ヤマカツライデンから同差内のレッドソロモンサクラアンプルールカムフィーまで4頭となっていて、以下は第4G(灰)となっています。

凄馬出馬表を見渡すと、全体を通してもほとんど大きな差は生じず、最大でも【厩舎評価】マイナスが大きく響いた格好の最下位ダンツプリウスが少し離されて1.1ポイント差、という大混戦の状況です。
今年もBコース替わり2日目で迎える実力拮抗のメンバー構成となった印象の函館記念。それだけに、展開・状態面や近年傾向としても顕著な“外不利”など上記評価に含まれない部分の精査が、今年も予想のポイントになってくるとみています。

そんななか今回の私の本命は◎スーパームーンとしました。まさか自分でも、よりにもよって2頭しかいない第4Gから本命馬を選ぶことになるとは思いませんでしたが(^^;、先にも書いたようにこの馬とダンツプリウス間の1.1ポイント差以外は大差ないメンバー構成です。巴賞で負けてここで人気を落として好走というパターンに合致し、この馬より内を引いた馬で☆マイネルミラノらが作る後半長く脚を使う流れが合い且つ強調材料の多い馬があまり見当たらなかったことから狙いを定めました。久しぶりに叩き2戦目で使える点と前走から2キロ減の55キロ斤量にも好感。洋芝実績もありますし、新馬戦含め中10週以上ローテを除けば国内通算(3-6-4-6)とその大半が馬券圏内という戦績のこの馬に、今回一発を期待してみたいと思っています。前走からすると、後方から外を回す形となってしまいそうな鞍上乗り替わりには若干不安もありますが、1ハロン延長と過去一度だけ騎乗した際に札幌で差し切り勝ちを決めたことをプラスと捉えてその点には目を瞑ります。あとは、願望になりますが当日ひと雨あってラスト1Fが掛かってくれれば......。

○はツクバアズマオー。北海道では全て掲示板の安定感を誇り、直線が短いコースも向くタイプ。またハイレベルだったとみている中山記念での戦歴も光ります。その中山記念では、1番人気に推されたアンビシャスよりもさらに後方から大外を回して追い込んで勝ち馬ネオリアリズムから0.5秒差6着なら、ここでは57キロでも上位評価妥当ではないでしょうか。1週前から状態の良さが伝わってくる出来で昨年以上の走りを期待。
▲はルミナスウォリアー。○ツクバアズマオーとは同斤で接戦歴があり、こちらも状態は良さそう。展開の助けは必要になりそうですがいつもよりも積極策で運ぶことが出来れば。○▲いずれももう少し内なら本命もと目論んでいた馬たちですが、この枠を考慮しての2、3番手評価。
☆はマイネルミラノ。気温の上昇と追い切りの動きが結果に直結するタイプのイメージがあり、いずれも条件は揃った印象なのですが、今年は昨年よりも展開面で厳しくなるとみて一枚割引き4番手評価としました。
そして△1番手に昨年の当コラムで的中に貢献してくれた△ケイティープライド。その昨年のレースでは鞍上と馬場にも助けられた印象で、今年は鮫島克騎手での参戦。期待しつつも今年は鞍上面で半信半疑な部分もありこの評価に止めました。

以下、△サクラアンプルールサトノアレスダンツプリウスステイインシアトルアングライフェンナリタハリケーンレッドソロモンタマモベストプレイヤマカツライデンと混戦だけに手広く押さえます。
今回の私の馬券はおそらく◎の単複勝負になると思いますが、当コラムでは◎からの3複で勝負です。


【3複フォーメーション】
◎=○▲☆=印
9=7,11,12=1,2,3,4,5,6,7,10,11,12,14,15,16(33点)

[もっと見る]

2017年7月16日() 13:00 競馬プロ予想MAX
「プロ予想MAX四天王の決断!」/函館記念 G3(いっくんプロ)
閲覧 1,209ビュー コメント 0 ナイス 0



 本日は「荒れるハンデ重賞」でおなじみの函館記念が行われます。まさに穴党の出番ですので、ウマニティ公認プロ予想家陣きっての長距離砲として数々の大穴馬券を仕留めてきた実績を持つ、いっくんさんに予想を披露してもらいましょう。
「圧倒的に内枠先行有利のレースなので、高配当を狙うべく、思いきって外枠勢をバッサリ切って臨みたい」と大胆なプランを表明したいっくんさんが本命を打ったのは⑦マイネルミラノです。「昨年の勝ち馬で、今年もいい枠に入り、ロスなく先行できそう」と2連覇達成に期待しました。
 対抗は「道中マイネルミラノをマークし、一緒に直線で粘り込む姿がイメージできる」⑩ステイインシアトル。単穴は「人気馬ゆえに飛んでほしいが、実績的にこれ以下には落とせない」①サトノアレス。以下、⑤、⑨、②、④の順に押さえ、馬券は3連単⑦→⑩⇔①②④⑤⑨の10点で勝負します。本レース以外のいっくんプロの予想は、ウマニティのプロ予想MAXでご確認ください!

(ウマニティ編集長・岡田大)

------------------------------------------------
プロ予想MAX四天王の決断!」とは・・・ウマニティが日曜のサンケイスポーツ競馬面にてお届けする連載コラムで、プロ予想MAX最強プロ予想家陣の中でも売上ランキング(前月の月間予想売上)で頂点に君臨する四天王の中から毎週1名の予想家が登場し、重賞予想を掲載しています。
------------------------------------------------

ウマニティ公認プロ予想家の予想はここが違う!
プロ予想家の予想は、予想の収支が完全公開されているガチンコ勝負の予想です。予想収支を出さない他の予想サイトとは一線を画しています。

【プロ予想家の提供する予想】
1.予想印(◎◯▲△×)による評価
2.コメントで予想根拠を提示※1
3.資金配分をした買い目(予算最大1万円)
※1:コメントの無い予想もあります。コメントの有る無しは購入前に確認できます。

【予想例】いっくんプロの皐月賞予想
3連単106万4360円を10点買いで的中!1063万4360円払戻し!


「競馬プロ予想MAX」には総勢31名のウマニティ公認プロ予想家がいます!
プロ予想家の収支はリアルタイムで完全公開されています。
まずは、どんな予想家がいるかあなたの目で確かめて下さい。
>>詳しくは競馬プロ予想MAXへ<<

[もっと見る]

2017年7月9日() 15:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2017年07月09日号】特選重賞データ分析編(55)~2017年函館記念~
閲覧 3,493ビュー コメント 0 ナイス 10



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G3 函館記念 2017年07月16日(日) 函館芝2000m


<ピックアップデータ>

【前走の着順別成績(2010年以降)】
○6着以内 [7-4-4-37](複勝率28.8%)
×7着以下 [0-3-3-54](複勝率10.0%)

 基本的に前走好走馬が強いレース。特に前走が“JRAの重賞”、かつ前走の着順が6着以内だった馬は2010年以降[6-1-1-7](複勝率53.3%)と安定しています。今年は出走メンバーの大半が前走で大敗を喫していますから、大胆に絞り込んでいいんじゃないでしょうか。

主な「○」該当馬→サトノアレスステイインシアトルルミナスウォリアー
主な「×」該当馬→サクラアンプルールツクバアズマオーマイネルミラノ


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【向かい風データ】

×「“同年の巴賞”において連対経験がある」馬は2010年以降[0-0-0-9](複勝率0.0%)
主な該当馬→アングライフェンサトノアレス

[もっと見る]

⇒もっと見る

ステイインシアトルの口コミ


口コミ一覧
閲覧 135ビュー コメント 0 ナイス 6

8月30日(日)新潟・小倉・札幌

新潟10R朱鷺S
◎5.ハーレムライン  21
・6.アンコールプリュ  20
・16.プリンスリターン  19.5
・3.グランドボヌール  17.5
・10.アビーム  17.5
・14.アリンナ  17.5
・18.プールヴィル  17

小倉11R小倉日経OP
◎9.セラピア  21.5
・6.ボッケリーニ  21
・1.ステイインシアトル  20.5
・2.ダノンチェイサー (21.5)
・12.ワイプティアーズ  20
・10.サラキア  19
・4.ミヤビパーフェクト  18.5

札幌11RキーンランドC
◎12.ライトオンキュー  19
・1.ダイアトニック  19
・16.ヤマカツマーメイド  18
・14.エイティーンガール  17
・2.イベリス  16.5
・9.ダイメイフジ  16.5
・15.ディメンシオン  15.5

~レーティングについて~
 馬名右の数値は、該当馬の実力に騎手の巧拙、枠順やコーナーの有利不利を加味して算出した独自のレーティングです。1ポイント=0.2秒の差を示し、5ポイントで入線タイム差が約1秒と想定しています。(カッコ)付き数値は長期休養馬、もしくは8カ月以上前のレースぶりを見て算出したものです。予想の参考としてご覧ください。

【勝負馬券】
(カッコ内は前週までの年間回収率)
単勝◎=1点(82%)

以上

 ブルー☆ギラヴァンツ 2020年8月29日() 22:18
8/30 単複王 No.86 新潟2歳ステークス   No.87...
閲覧 202ビュー コメント 0 ナイス 3

こんばんは明日8/30単複王です
No.591 小倉 9レース 英彦山特別(1勝クラス)  芝 2000m ◎ ホウオウエクレール ◯ ケイアイコブラ
No.592 小倉 10レース 九スポ杯(2勝クラス)  ダート 1700m ◎ メイショウカズサ ◯ レディマドンナ
No.593 小倉 11レース 小倉日経OP(OP)  芝 1800m ◎ タニノフランケル ◯ ブランノワール
No.594 新潟 9レース 五頭連峰特別(2勝クラス)  芝 1600m ◎ ウインレフィナード ◯ ジャストアジゴロ
No.595 新潟 10レース 朱鷺S(L)  芝 1400m ◎ アビーム ◯ プリンスリターン
No.596 新潟 11レース 新潟2歳S(G3)  芝 1600m ◎ ブルーシンフォニー ◯ ショックアクション
No.597 札幌 9レース 小樽特別(1勝クラス)  芝 1200m ◎ ホーリーライン ◯ タンレイ
No.598 札幌 10レース 苫小牧特別(2勝クラス)  ダート 1700m ◎ アンダープロミス ◯ ハイパーステージ
No.599 札幌 11レース キーンランド(G3)  芝 1200m ◎ ダイアトニック ◯ ライトオンキュー
No.600 札幌 12レース 支笏湖特別(2勝クラス)  芝 1800m ◎ タイセイメガロス ◯ ジャーミネイト
続いて
No.86 新潟2歳ステークス ◎ ブルーシンフォニー ○ ショックアクション ▲ ブルーバード ☆ タイガーリリー ロードマックス
No.87 キーンランドカップ ◎ ダイアトニック ○ ライトオンキュー ▲ フィアーノロマーノ ☆ ヤマカツマーメイド イベリス
明日8/30のメインレースは
小倉 11レース 小倉日経OP(OP) 芝 1800m
新潟 11レース 新潟2歳S(G3) 芝 1600m
札幌 11レース キーンランド(G3) 芝 1200m
です
小倉日経OP(OP) ◎ タニノフランケル ○ ブランノワール ▲ アメリカズカップ ☆ ステイインシアトル ダノンチェイサー
新潟2歳S(G3) ◎ ブルーシンフォニー ○ ショックアクション ▲ ブルーバード ☆ タイガーリリー ロードマックス
キーンランド(G3) ◎ ダイアトニック ○ ライトオンキュー ▲ フィアーノロマーノ ☆ ヤマカツマーメイド イベリス
よろしくお願いします

[もっと見る]

 山崎エリカ 2019年6月1日() 09:40
本日の見所(鳴尾記念)
閲覧 297ビュー コメント 0 ナイス 19

2019年 鳴尾記念
________

昨日、金曜日の正午の時点でダートが稍重だっただけに、超高速馬場かどうかはともかく、3回阪神開幕日のパンパンの良馬場で行われる鳴尾記念。阪神はスタートしてから坂を下って上るコースがほとんど。全体に的にはペースが上がりやすい競馬場です。しかし、阪神芝2000mはスタート直後に上り坂があるため、意外とペースが上がりません。

阪神芝2000mが舞台の今春のG1・大阪杯で逃げたエポカドーロは早々とバテましたが(後日報道によると、鼻出血)、その内々を先行したアルアインが押し切って優勝。また、阪神芝2000mで行われるようになった過去6年のこのレースでも、2度ほど逃げ切り勝ちが決まっています。(2013年のトウケイヘイロー、2017年のステイインシアトル) このことからも、逃げ、先行馬向きのペースになりやすいのがご理解いただけるでしょう。

今回は二の脚こそ遅いもののスタートが上手い内枠のタニノフランケルが逃げるか、大外からブラックスピネルが逃げるかといったところ。タニノフランケルの鞍上・武豊騎手が主導権を握ると、前後半差のない平均ペースでまとめてくることが多いとはいえ、開幕週を考慮すると先行馬向きの流れになる可能性が高いでしょう。先行馬主体で予想を組み立てたいです。


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
フォローした瞬間から、馬券が当たり出す(?)
山﨑エリカのTwitter
https://twitter.com/_yamazaki_erika
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

[もっと見る]

⇒もっと見る

ステイインシアトルの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
1:
  fc0703d559   フォロワー:4人 2020年8月29日() 21:14:12
jp坂路

ステイインシアトルの写真

ステイインシアトル

ステイインシアトルの厩舎情報 VIP

2020年10月18日オクトーバーS (L)15着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ステイインシアトルの取材メモ VIP

2019年3月17日 阪神大賞典 G2 9着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。