今週の重賞レース

2022年12月10日( 中日新聞杯 G3
2022年12月11日( カペラS G3 阪神ジュベナイルF G1

シリウスS G3

日程:2022年10月1日() 15:35 中京/ダート1900m
ウマニティ会員登録(無料)



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 B タイム 着差 オッズ 人気 上がり
3F
通過順
1 5 9

ジュンライトボルト

牡5 56.0 石川裕紀  友道康夫 478(-2) 1.57.7 7.7 4 37.6 ⑦⑦⑦⑦
2 4 8

ハピ

牡3 53.0 横山典弘  大久保龍 466(-2) 1.57.8 3/4 3.7 2 37.6 ⑪⑩⑧⑧
3 2 3

オーヴェルニュ

牡6 58.0 団野大成  西村真幸 474(+4) 1.58.1 1 3/4 18.0 7 38.3 ④②④④
4 3 6

クリノドラゴン

牡4 54.0 藤岡康太  大橋勇樹 482(0) 1.58.5 2 1/2 44.7 9 37.6 ⑯⑯⑯⑭
5 6 11

サクラアリュール

牡7 55.0 岩田望来  村山明 484(+6) B 1.58.5 クビ 28.9 8 37.9 ⑫⑫⑭⑬
6 1 1

デルマルーヴル

牡6 54.0 三浦皇成  戸田博文 502(-2) 1.58.6 1/2 158.2 14 38.1 ⑫⑭⑪⑨
7 1 2

ハヤブサナンデクン

牡6 56.0 吉田隼人  吉村圭司 510(-2) 1.58.7 クビ 3.5 1 38.8 ⑤⑤⑥④
8 8 15

アルドーレ

牡7 56.5 和田竜二  西村真幸 488(-6) B 1.59.1 2 1/2 49.6 10 38.9 ⑦⑦⑧⑨
9 4 7

エブリワンブラック

牡5 54.0 秋山真一  武幸四郎 488(-4) B 1.59.2 1/2 182.6 16 38.8 ⑫⑫⑪⑨
10 7 14

ハセドン

牡3 53.0 鮫島克駿  安田翔伍 478(+2) B 1.59.2 ハナ 10.4 6 38.8 ⑩⑩⑪⑭
11 2 4

クリノフラッシュ

牝7 52.0 池添謙一  橋田満 454(-2) B 1.59.3 3/4 89.5 12 39.7 ①①①①
12 3 5

サンライズホープ

牡5 57.0 幸英明  羽月友彦 538(-8) B 2.00.0 10.3 5 40.3 ②②②②
13 5 10

エイコーン

牡7 54.0 高倉稜  吉田直弘 468(+8) 初B 2.00.7 164.0 15 39.9 ⑮⑮⑮⑯
14 7 13

ホウオウルバン

牡4 54.0 岩田康誠  池上昌和 516(0) B 2.00.8 1/2 99.8 13 41.0 ⑤⑤④④
15 6 12

バーデンヴァイラー

牡4 57.0 福永祐一  斉藤崇史 506(-2) 2.00.8 ハナ 5.0 3 40.6 ⑨⑨⑧⑨
16 8 16

レーヌブランシュ

牝5 54.5 松山弘平  橋口慎介 476(+8) 2.01.2 2 1/2 78.4 11 41.5 ②②②②
ラップタイム 7.2 - 11.3 - 11.3 - 13.1 - 12.3 - 11.9 - 12.5 - 12.6 - 12.2 - 13.3
前半 7.2 - 18.5 - 29.8 - 42.9 - 55.2
後半 62.5 - 50.6 - 38.1 - 25.5 - 13.3

■払戻金

単勝 9 770円 4番人気
複勝 9 250円 4番人気
8 170円 2番人気
3 450円 7番人気
枠連 4-5 1,520円 6番人気
馬連 8-9 1,520円 5番人気
ワイド 8-9 620円 6番人気
3-9 1,840円 21番人気
3-8 1,280円 16番人気
馬単 9-8 3,960円 15番人気
3連複 3-8-9 8,440円 29番人気
3連単 9-8-3 49,520円 165番人気

出走馬の最新ニュース

最新ニュースをもっと見る

ウマニティ会員 ウマニティの会員数:344,840人(12月08日現在)

ウマニティに会員登録(無料)すれば、高精度スピード指数・U指数を重賞全レースでチェックできるほか、全国トップランカー予想家たちの予想閲覧、あなただけの予想ロボット作成機能など、予想的中・予想力アップに役立つ20以上のサービスを無料で利用することができます。

厩舎
の話

【シリウスS2022特集】バーデンヴァイラー「間隔あいた方がいいタイプ」 ハピ「53キロなのでここでもやれても」

【シリウスS2022特集】バーデンヴァイラー「間隔あいた方がいいタイプ」 ハピ「53キロなのでここでもやれても」

アルドーレ・梛木助手「気持ちの面が大きい子なので、速い流れにどう対応できるか。能力的には差はない」

エイコーン・高島助手「近走はズブさを見せているので、気を乗せるようにブリンカーを着けます」

エブリワンブラック・武幸師「競馬でやめてしまっている。ハンデは軽いのでまじめに走れれば」

オーヴェルニュ・梛木助手「舞台は得意でこの斤量でも勝っている。脚抜きのいい馬場が理想ですね」

クリノドラゴン・大橋師「状態面の上積みはある。この馬の競馬に徹してどこまでやれるか」

クリノフラッシュ・橋田師「本来はダートがいい。2走前の交流重賞でもいい競馬をしている」

サクラアリュール・村山師「追い切り本数もそこまでやっていないのでしっかりやりました。(55キロの)ハンデが効いてくれれば」

サンライズホープ・羽月師「中京は得意で距離もいいと思う。力の要る馬場が向いています」

ジュンライトボルト・花田助手「前走の勝ちっぷりは良かった。ダートの適性はある。距離が延びるのも大丈夫だと思います」

デルマルーヴル・斎藤助手「坂路追いに替えてから前向きさが出てきた。斤量も軽くなってきっかけがほしい」

ハセドン・鮫島駿騎手「位置取りや仕掛けどころなど、スタートしてからいろいろ考えて決めたいと思います」

ハピ・山口助手「レパードSはレベルが高かったと思う。53キロなのでここでもやれても」

ハヤブサナンデクン・吉田隼騎手「完歩が大きいのでスムーズに運びたい。左回りの広いコースはいいと思います」

バーデンヴァイラー・斉藤崇師「前走は強い競馬だった。力をつけています。間隔もあいた方がいいタイプ」

ホウオウルバン・池上師「状態はいい。ハンデも手ごろで、展開がかみ合えばやれていい」

レーヌブランシュ・橋口師「前走は距離が短かった。左回りの1900メートルは合うと思う。時計がかかれば」

出走馬の最新ニュース

最新ニュースをもっと見る

データ
予想

【シリウスS2022特集】前走オープン特別快勝のハヤブサナンデクン、ジュンライトボルトなどを主力評価

【馬齢】

2012年以降(2019年以前は阪神ダート2000mで施行)の3着以内馬延べ30頭の年齢を検証すると、3歳から9歳まで実に幅広い。一方、8~9歳の好走(3着以内)はJRA・G1で連対(2着以内)歴があった馬のみ。3歳の複勝圏入りは重賞で2着以内の連対経験を持っていた馬に限られる。その点には配慮が必要だろう。

(減点対象馬)
⑧ハピ ⑭ハセドン

【所属】

2012年以降、栗東所属馬の【9.10.9.96】に対し、美浦所属馬は【1.0.1.21】と劣勢。しかも後者の1勝は、単勝オッズ1倍台の支持を集めたカフェファラオ(2020年)が挙げたもの。相対的に関東馬の信頼度は低いと言わざるを得ない。

(減点対象馬)
①デルマルーヴル ⑬ホウオウルバン

【前走使用距離】

2012年以降の3着以内馬延べ30頭の前走使用距離を確認すると、1700mから2100mまでの範囲。これ以外のステップで臨んだ馬は、みな複勝圏外に敗れている。

(減点対象馬)
④クリノフラッシュ ⑭ハセドン ⑯レーヌブランシュ

【前走着順】

2012年以降の1~3着馬延べ30頭のうち29頭は前走の着順が8着以内。例外は2014年3着のトウシンイーグル(前走阿蘇S9着)1頭のみ。同馬は前走で単勝1番人気の高支持を集めていた。相応の評価を受けていなかった、前走9着以下敗退馬は割り引いて考えたい。

(減点対象馬)
①デルマルーヴル ③オーヴェルニュ ④クリノフラッシュ ⑦エブリワンブラック ⑩エイコーン ⑬ホウオウルバン ⑮アルドーレ

【近走成績】

2012年以降、近2走内に非重賞戦で10着以下敗退歴があった馬の連対(2着以内)例は見られない。該当馬は連対(2着以内)候補から外したほうがよさそうだ。

(減点対象馬)
⑥クリノドラゴン ⑦エブリワンブラック ⑩エイコーン

【近走人気】

2012年以降、前走連対(2着以内)馬を除くと、近3走いずれも単勝3番人気以下だった馬が、当レースで2着以内に入ったケースはゼロ。前走で2着連対圏を逃しているうえに、高支持を集めきれないレースが続いている馬は分が悪い。

(減点対象馬)
①デルマルーヴル ④クリノフラッシュ ⑦エブリワンブラック ⑩エイコーン ⑪サクラアリュール ⑯レーヌブランシュ

【データ予想からの注目馬】
上記6項目で減点がないのは、②ハヤブサナンデクン、⑤サンライズホープ、⑨ジュンライトボルト、⑫バーデンヴァイラーの4頭。

最上位には②ハヤブサナンデクンを推す。2012年以降、前走がオープン特別、かつ0秒2以上のタイム差で勝利を収めていた馬は【1.2.3.4】と過半数が馬券(3着以内)に絡んでいる。本馬自身、当該コースで2戦2勝の良績を挙げている点も心強い。

同じくオープン特別快勝から臨む、⑨ジュンライトボルトを次位に。以下は、⑤サンライズホープ、⑫バーデンヴァイラーの2頭横並びの評価とする。

<注目馬>
ハヤブサナンデクン ⑨ジュンライトボルト ⑤サンライズホープ ⑫バーデンヴァイラー

このレースの傾向やデータをもっと見る

U指数
予想

【シリウスS2022特集】期待度高い3歳馬のハピと人気妙味のある古馬勢で勝負!

U指数は、ウマニティが独自に開発した競走馬の能力値「スピード指数」で、その精度の高さから多くのユーザーに支持されています。ウマニティに会員登録(無料)すると重賞レースの出走予定馬全頭のU指数をご覧いただけますので、是非お試しください。
---------------------

まずは上位人気の一角を占めることが予想される、3歳馬の⑧ハピ(95.5)の取捨を検討していきたい。古馬初対戦となる3歳馬はU指数が伸びにくい傾向にあるため、評価が難しいからだ。過去にこのレースで好走した3歳馬を見ると、2020年1着のカフェファラオはU指数3位で、十分に圏内とみなせる96.7をマーク。2018年1着のオメガパフュームは、順位こそ13位と低かったものの、指数は94.4と悪くないレベルだった。今年のハピは95.5で9位。これならば古馬相手に太刀打ち可能と判断できる。もう1頭の3歳馬ハセドン(92.8)は、指数的にやや足りない感が否めない。

古馬で注目したいのは、U指数上位ながらも人気の盲点になっている馬。2017年1着のメイショウスミトモ(4位、11番人気)、2019年2着のアングライフェン(3位、7番人気)、2021年2着のウェスタールンド(1位、5番人気)、など、過去の激走例は枚挙にいとまがない。今年は、1位③オーヴェルニュ(99.6)、3位⑮アルドーレ(98.2)、あたりが面白い存在になりそうだ。

そして最後に、無類の中京巧者で2位の評価を得ている②ハヤブサナンデクン(98.6)を押さえておく。

【U指数予想からの注目馬】
ハピ ③オーヴェルニュ ⑮アルドーレ ②ハヤブサナンデクン

出走予定馬のU指数をチェックする

ウマニティ会員 ウマニティの会員数:344,840人(12月08日現在)

ウマニティに会員登録(無料)すれば、高精度スピード指数・U指数を重賞全レースでチェックできるほか、全国トップランカー予想家たちの予想閲覧、あなただけの予想ロボット作成機能など、予想的中・予想力アップに役立つ20以上のサービスを無料で利用することができます。

血統
予想

【シリウスS2022特集】古馬オープン特別以上で躍進するA.P. Indyの直系

【シリウスS2022特集】古馬オープン特別以上で躍進するA.P. Indyの直系

今年も京都競馬場整備工事に伴う開催日割の変更があり、シリウスSは3年連続で中京ダート1900mに舞台を移して行われることになる。当該コースで常設されている古馬のオープン特別以上のレースはないが、21・22年平安S、21・22年アルデバランSもシリウスSと同様に代替開催されているため、それらのレース傾向も併せて考えてみたい。

大まかな種牡馬系統でみると、古馬オープン特別以上ではA.P. Indyの直系が「2-2-1-7」と活躍しており、これには昨年の勝ち馬サンライズホープ(父マジェスティックウォリアー)も該当する。なお、今年おこなわれた平安Sにおいては、1着テーオーケインズ(父シニスターミニスター)、2着ケイアイパープル(父パイロ)、3着メイショウハリオ(父パイロ)と同系統の馬たちで1~3着までを独占していたことは念頭に置くべきだろう。

ほか、20年シリウスSではゴールドアリュール産駒のサクラアリュールが7番人気2着と低評価を覆す走りをみせていたが、スマートファルコン産駒のオーヴェルニュも21年平安Sでコースレコードを記録するなど、ゴールドアリュールの直系も存在感を示している。

サンライズホープは、父マジェスティックウォリアー×母オーパスクイーン(母の父スペシャルウィーク)。本馬は昨年の勝ち馬であるとともに、中京競馬場は21年三宮Sでオープン勝ちの実績も持つ。前走は同じコースで行われた平安Sに出走して7着。本来の粘り強さが見られなかったが、540kgを超える大型馬でもあり、久々の影響が応えた部分もあったのだろう。今回も約4か月ぶりの実戦となるだけに、当日の馬体等は気にかけておきたい。

デルマルーヴルは、父パイロ×母カリビアンロマンス(母の父コマンズ)。同産駒は代替開催された過去2年のシリウスSに出走歴がないものの、今年の平安Sでは2・3着に揃って入線しており、本馬自身も16番人気10着と人気以上の走りは見せていた。今回は54kgで出走できるハンデ戦。20年日本テレビ盃2着を最後に馬券圏内には届いていないが、9~11月に良績が集まっていることを鑑みると、ここで大駆けがあっても不思議はなさそうだ。

ハヤブサナンデクンは、父ゴールドアリュール×母ホワイトクルーザー(母の父クロフネ)。中京競馬場では「3-2-0-0」と連を外していない巧者で、そのうちダート1900mは2戦2勝と負け知らず。同年の三宮S勝ちの実績を持つ点においては、昨年の勝ち馬サンライズホープとも共通する。また、注目に値するゴールドアリュール産駒であることのほか、叔母に15年チャンピオンズカップなど重賞6勝のサンビスタがいる血統背景も特筆できるだろう。

【血統予想からの注目馬】
サンライズホープ ①デルマルーヴル ②ハヤブサナンデクン

出走馬の最新ニュース

最新ニュースをもっと見る

乗り変わり
勝負度

【シリウスS2022特集】人気がなくても頑張るコース巧者の新コンビでの一発に期待!

【シリウスS2022特集】人気がなくても頑張るコース巧者の新コンビでの一発に期待!

編集部(以下、編) いや~、先週は痛快でした。

新良(以下、新) 久しぶりにいい当たりのヒットを飛ばすことができましたね。

編 土日トータルで8頭中3頭が馬券に絡み、単勝回収率は278.8%、複勝回収率は151.3%! とくにオールカマーを5番人気(単勝19.5倍)で勝ったジェラルディーナの推奨が光りました。

新 横山武史騎手が、しっかり期待に応えてくれました。いや、期待以上の騎乗だったと思います。

編 引き続き、この調子でよろしくお願いします。

新 はい。良いリズムをキープできるように全力を尽くします。

編 今週は土日に重賞が1鞍ずつ組まれている番組構成です。土曜日にはシリウスSが行われますが、狙っている乗り替わり馬はいますでしょうか?

新 藤岡康太騎手から岩田望来騎手に乗り替わる⑪サクラアリュールに注目しています。

編 お、なかなか渋い狙い目ですね。

新 まず、この馬の推奨理由を述べる前に、レース全体を俯瞰しての上位人気馬の消去法的な話をさせてください。

編 興味深いです。よろしくお願いします。

新 今週は凱旋門賞に遠征しているトップジョッキーが多く、関西における主役は福永祐一騎手が務めることになります。ですので、福永祐一の騎乗馬をチェックすると、勝負度合いの高い馬とそうでない馬が見えてくるんですよ。

編 なるほど。ルメール騎手、川田将雅騎手、武豊騎手が不在となれば、おのずと福永騎手に有力馬が集まりますものね。

新 シリウスSで福永騎手が前走で騎乗していたのは、オーヴェルニュ、ハヤブサナンデクン、バーデンヴァイラーの3頭。そのなかからバーデンヴァイラーに継続騎乗することになりました。

編 これはすなわち、オーヴェルニュとハヤブサナンデクンの期待度が落ちると?

新 そう考えていいと思います。いずれも鞍上的には戦力ダウン感が否めません。

編 確かに、福永騎手が続けて乗らないとなると、あまり良い印象は受けませんね。

新 もう1頭、人気の一角を占める3歳馬のハピは、横山典弘騎手のテン乗りに注目が集まっていますが、私は怪しいとみています。先日の日本テレビ盃の結果を見ればわかるように、3歳馬と古馬との間には、まだまだ大きな壁がありますよね。こちらも軽視の姿勢で構わないでしょう。

編 だんだん絞られてきました。

新 そこで注目したのがサクラアリュールです。一昨年は2着、昨年は5着と、このレースとの相性はバッチリ。人気以上に走るタイプですので、今年も軽くは扱えません。

編 近走はオープン特別、重賞で2着、3着と、成績が安定しています。

新 そうなんです。そんななか、斤量はさらに1キロ軽くなりましたからね。お得感は十分。おおいにチャンスはあると思います。

編 鞍上が岩田望騎手に替わるのも、プラスに働きそうですか?

新 岩田望騎手は中京ダ1900mで2019年以降、勝率12.5%と水準以上の成績を残しています。サクラアリュールにはテン乗りになりますが、末脚一手の乗り難しいタイプではないので、うまくアテンドしてくれるはずです。

編 今回も人気以上の激走が……。

新 見られるかもしれませんよ。買っておいて損はない存在。人馬ともに頑張ってもらいましょう!

【乗り変わり勝負度からの注目馬】
サクラアリュール

過去10年の結果

【シリウスS2022特集】過去のレース結果と結果U指数をチェック!

2021年10月2日() 中京/ダ1900m
天候:晴 馬場:
シリウスステークス2021
着順 馬番 馬名 騎手 タイム 着差 オッズ 人気 上3F U指数
1 8 サンライズホープ 幸英明 1:57.4 6.3 4 37.9 102.9
2 11 ウェスタールンド 藤岡佑介 1:57.5 アタマ 10.0 5 36.4 102.5
3 2 ブルベアイリーデ 福永祐一 1:57.8 1 3/4 4.7 2 38.2 101.3
4 1 ダノンスプレンダー 川田将雅 1:57.8 ハナ 6.2 3 37.9 101.3
5 12 サクラアリュール 藤岡康太 1:58.4 3 1/2 21.9 7 37.8 99.0
2020年10月3日() 中京/ダ1900m
天候:曇 馬場:
シリウスステークス2020
着順 馬番 馬名 騎手 タイム 着差 オッズ 人気 上3F U指数
1 15 カフェファラオ C.ルメール 1:57.8 1.7 1 36.9 99.5
2 2 サクラアリュール 藤岡康太 1:57.9 3/4 40.5 7 37.0 99.1
3 3 エイコーン 高倉稜 1:58.1 1 1/4 56.3 9 37.0 98.3
4 9 ダノンスプレンダー 川田将雅 1:58.3 1 1/2 8.4 3 37.0 97.5
5 6 メイショウワザシ 浜中俊 1:58.4 1/2 15.1 6 37.7 97.1
2019年9月28日() 阪神/ダ2000m
天候:晴 馬場:
シリウスステークス2019
着順 馬番 馬名 騎手 タイム 着差 オッズ 人気 上3F U指数
1 6 ロードゴラッソ 藤岡佑介 2:03.5 11.7 6 36.4 99.1
2 8 アングライフェン 川田将雅 2:03.5 クビ 14.9 7 36.2 99.1
3 12 メイショウワザシ 松山弘平 2:03.8 1 3/4 8.3 5 37.1 97.9
4 11 ジョーダンキング 岩田康誠 2:03.8 クビ 5.6 3 36.6 97.9
5 14 キングズガード 浜中俊 2:03.8 ハナ 53.8 10 36.3 97.9

過去10年の結果をもっと見る

歴史と
概要

【シリウスS2022特集】レースの歴史や競走条件、歴代優勝馬は?

2015年の優勝馬アウォーディー
2015年の優勝馬アウォーディー

JBCクラシックチャンピオンズカップにつながる、ダート中距離路線のステップレース。第13回(2009年)は帝王賞かしわ記念JBCクラシックなど、地方交流G1を勝ちまくったワンダーアキュートが勝利。第19回(2015年)は、芝からダートに矛先を変えて2戦目となるアウォーディーが参戦。鮮やかに勝利を収めると、その勢いのまま連勝モードに突入し、6連勝でG1馬に上り詰めた。

歴史と概要をもっと見る

ウマニティ会員 ウマニティの会員数:344,840人(12月08日現在)

ウマニティに会員登録(無料)すれば、高精度スピード指数・U指数を重賞全レースでチェックできるほか、全国トップランカー予想家たちの予想閲覧、あなただけの予想ロボット作成機能など、予想的中・予想力アップに役立つ20以上のサービスを無料で利用することができます。

シリウスS特集 バックナンバー

トップへ