会員登録はこちら
鳴尾記念 G3   日程:2019年6月1日() 15:35 阪神/芝2000m

レース結果

鳴尾記念 G3

2019年6月1日() 阪神/芝2000m/9頭

本賞金:4,100万 1,600万 1,000万 620万 410万


レコード:1分57秒2
天候:
馬場:



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気
1 7 7

メールドグラース

牡4 56.0 D.レーン  清水久詞 476(-2) 1.59.6 2.7 1
2 8 9

ブラックスピネル

牡6 56.0 三浦皇成  音無秀孝 506(-8) 1.59.8 1 1/2 13.7 5
3 6 6

ステイフーリッシュ

牡4 56.0 藤岡佑介  矢作芳人 458(+4) 1.59.8 アタマ 4.8 4
ラップタイム 12.5 - 11.5 - 12.2 - 12.2 - 12.0 - 12.0 - 11.9 - 11.5 - 11.5 - 12.3
前半 12.5 - 24.0 - 36.2 - 48.4 - 60.4
後半 59.2 - 47.2 - 35.3 - 23.8 - 12.3

■払戻金

単勝 7 270円 1番人気
複勝 7 130円 1番人気
9 280円 5番人気
6 150円 3番人気
枠連 7-8 1,250円 6番人気
馬連 7-9 1,880円 7番人気
ワイド 7-9 650円 8番人気
6-7 300円 3番人気
6-9 770円 12番人気
馬単 7-9 2,600円 13番人気
3連複 6-7-9 2,380円 8番人気
3連単 7-9-6 11,410円 42番人気

鳴尾記念のニュース&コラム

【古馬次走報】ニシノデイジー、神戸新聞杯目指す
 ★日本ダービー5着ニシノデイジー(美・高木、牡3)は、北海道・日高町の西山牧場で夏休み中。神戸新聞杯(9月22日、阪神、GII、芝2400メートル)を目指す。 ★NHKマイルC3着カテドラル(栗・池添学、牡3)は中京記念(7月21日、中京、GIII、芝1600メートル)に参戦する。鳴尾記念9着プラチナムバレット(栗・河内、牡5)も同レースを視野に入れる。 ★高松宮記念4着ダノンスマッシュ(栗・安田隆、牡4)は、函館スプリントS(16日、函館、GIII、芝1200メートル)に使ったあと、秋はセントウルS(9月8日、阪神、GII、芝1200メートル)からスプリンターズS(9月29日、中山、GI、芝1200メートル)の青写真。なお函館競馬場で川田騎手が乗って追い切りを行う。函館SSには京王杯SC2着リナーテ(栗・須貝、牝5)も藤岡康騎手で参戦予定。 ★安田記念8着ステルヴィオ(美・木村、牡4)は、来週に福島・ノーザンファーム天栄に移動。秋に備える。11着サクラアンプルール(美・金成、牡8)は、近日中に函館入りして、札幌記念(8月18日、札幌、GII、芝2000メートル)を目指す。 ★スレイプニルS1着テルペリオン(栗・寺島、牡5)は、放牧を挟んでマーキュリーC(7月15日、盛岡、交流GIII、ダ2000メートル)へ向かう。6着クイーンマンボ(栗・角居、牝5)、12着リテラルフォース(栗・高柳大、牡5)は、名鉄杯(7月14日、中京、L、ダ1800メートル)が視野。 ★鳴尾記念6着ブラックバゴ(美・斎藤誠、牡7)は、美浦で調整して函館記念(7月14日、函館、GIII、芝2000メートル)に向かう。8着タニノフランケル(栗・角居、牡4)は、七夕賞(7月7日、福島、GIII、芝2000メートル)へ。 ★さきたま杯4着サンライズノヴァ(栗・音無、牡5)、麦秋S1着ミッキーワイルド(栗・安田隆、牡4)は、プロキオンS(7月7日、中京、GIII、ダ1400メートル)へ。 ★栗東・友道厩舎所属で白百合S1着レッドアネモス(牝3)、5着サヴォワールエメ(牝3)は、ラジオNIKKEI賞(30日、福島、GIII、芝1800メートル)へ。鞍上はレッドが北村友、サヴォワールが津村。 ★マリーンCで競走除外になったオウケンビリーヴ(栗・安田隆、牝6)は、スパーキングレディーC(7月4日、川崎、交流GIII、ダ1600メートル)を予定。 ★エプソムCに登録していたキョウヘイ(栗・宮本、牡5)は、自重して米子S(16日、阪神、L、芝1600メートル)へ。ここには谷川岳S6着アンコールプリュ(栗・友道、牝4)も参戦する。 ★韓国馬事会杯勝ちのゴライアス(美・高木、牡4)は、アハルテケS(22日、東京、OP、ダ1600メートル)で戦列復帰。
2019年6月6日(木) 05:00

 625

【鳴尾記念】メールドグラース重賞連勝
 鳴尾記念が1日、阪神競馬場で9頭によって争われ、レーン騎乗で1番人気のメールドグラースが鮮やかな差し切り。新潟大賞典に続く重賞連勝で、父ルーラーシップとの親子制覇を飾った。レーン騎手は重賞5勝目となり、短期免許取得期間内の最多重賞制覇を達成。2着は5番人気のブラックスピネル、3着は4番人気のステイフーリッシュが入った。 強い日差しが降り注ぐ仁川のターフで、豪快に突き抜けた。充実一途の4歳馬メールドグラースが、新潟大賞典に続く重賞連勝。レーン騎手が涼しげな表情で喜びを口にした。 「素晴らしい馬に乗せてもらって、最高の気持ち。みなさんに感謝しています」 後方3番手でリズムよく運び、勝負どころから外めを回って進出。「手応えがよかったし、ペースが流れてくれたのもこの馬によかったです。気持ち動くのが早くなりましたが、馬が強かったです」。直線は馬場の真ん中からメンバー最速の上がり3ハロン34秒6の末脚。最後は手綱をおさえる余裕を見せながら、後続を1馬身半突き放した。 レーン騎手は先週の目黒記念(ルックトゥワイス)に続く重賞5勝目。短期免許取得期間内の最多重賞勝利となった。今後も、きょうの安田記念(ステルヴィオ)や宝塚記念(リスグラシュー)など、有力馬の騎乗が控えており、「残りの短期免許の騎乗も楽しみです」と胸を躍らせる。 メールドグラースは破竹の4連勝。次走は未定だが、大舞台も見えてくる。清水久調教師は「以前はフワッとして遊んだりする面がありましたが、抜け出してからもしっかり伸びてくれるようになりました」と、精神面の成長を実感する。 中距離界に躍り出た新星。2010年にこのレースを制覇し、その後GI馬に上り詰めた父ルーラーシップのように、まだまだ飛躍を遂げていく。 (斉藤弘樹)★1日阪神11R「鳴尾記念」の着順&払戻金はこちらメールドグラース 父ルーラーシップ、母グレイシアブルー、母の父サンデーサイレンス。黒鹿毛の牡4歳。栗東・清水久詞厩舎所属。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬。馬主は(有)キャロットファーム。戦績16戦6勝。獲得賞金1億4201万3000円。重賞は2019年GIII・新潟大賞典に次いで2勝目。鳴尾記念は、清水久詞調教師が13年トウケイヘイローに次いで2勝目、ダミアン・レーン騎手は初勝利。馬名は「フランスのメール・ド・グラース氷河より。母名より連想」
2019年6月2日() 05:02

 472

【鳴尾記念】レースを終えて…関係者談話
 ◆三浦騎手(ブラックスピネル2着)「この形がベスト。うまく同型を制してハナにいけたし、リズムも良かった。3着馬が勢いよくきたけど、ねじ伏せて2着。力はあります」 ◆藤岡佑騎手(ステイフーリッシュ3着)「スタートも決まっていい位置。4コーナー先頭のイメージだったが、前をかわせず、後ろから差された。2着馬はかわしてほしかった」 ◆福永騎手(ギベオン4着)「ゲートで後ろから崩れる感じになって出負け。その影響か、道中もトモが入り切らない感じだった」 ◆高倉騎手(ノーブルマーズ5着)「もう一つ前の位置を取りたかった。淡々とした流れで折り合いはついていた。最後は久々のぶん、甘くなったかも」 ◆岩田康騎手(ブラックバゴ6着)「じっくり乗って、道中のリズムもよかった。ラストもこの馬なりに伸びていますが…」 ◆藤岡康騎手(サンデーウィザード7着)「一瞬行きたがったけど、それ以降はスムーズでした。直線では“オッ”と思える手応えだったんですけどね。復調の兆しは感じました」 ◆武豊騎手(タニノフランケル8着)「休み明けのぶんかな。今回は走りのバランスが良くなかった」★1日阪神11R「鳴尾記念」の着順&払戻金はこちら
2019年6月2日() 05:02

 352

【鳴尾記念】ブラックスピネルが逃げ粘って2着 三浦「この形がベスト」
 6月1日の阪神11Rで行われた第72回鳴尾記念(3歳以上オープン、GIII、芝2000メートル、別定、9頭立て、1着賞金=4100万円)は、D.レーン騎手騎乗の1番人気メールドグラース(牡4歳、栗東・清水久詞厩舎)が道中中団後ろを追走から直線で鮮やかに差し切り快勝。前走新潟大賞典に続く連勝となり重賞2勝目を飾った。タイムは1分59秒6(良)。 スタートから先手をとった5番人気のブラックスピネルは、1着馬には差し切られたものの渋太く2着に逃げ粘った。 三浦皇成騎手「この形がベスト。うまく同型を制してハナに行けましたし、リズムも良かったですね。3着馬が勢い良く来ましたが、ねじ伏せて2着。力はあります」★【鳴尾記念】払い戻し確定!! 全着順も掲載
2019年6月1日() 18:49

 553

鳴尾記念のニュースをもっと見る >

【鳴尾記念】厩舎の話
 ギベオン・荻野助手「落ち着いているし、阪神も大丈夫。鞍上もいいイメージで乗れるはず」 サンデーウィザード・大久保調教師「動きは良かった。阪神はいいし、ためる競馬ができれば」 ステイフーリッシュ・藤岡佑騎手「変わらずにいい感じ。調教を重ねつつ、良くなっている」 タニノフランケル・武豊騎手「状態は悪くない。阪神は合っているので、マイペースなら」 ノーブルマーズ・宮本調教師「変わらずにきている。久々の2000メートルがいいほうに出れば」 ブラックスピネル・東田助手「具合はいい。すんなりと前に行って、どこまで粘れるか」 ブラックバゴ・斎藤誠調教師「前走は出遅れ。速い時計の決着も合わなかった。状態はいい」 メールドグラース・清水久調教師「元気が良く絶好調。条件も問題ないので良馬場でやりたい」(夕刊フジ)★鳴尾記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2019年5月30日(木) 11:07

 1,446

【鳴尾記念】追って一言
 ◆サンデーウィザード・大久保師 「調教は良かった。お釣り残しで動きました。阪神コースはいいと思いますし、ためる競馬ができれば」 ◆ステイフーリッシュ・藤岡佑騎手 「少し追ってほしいとのことでしたが、変わらずにいい感じ。調教を重ねつつ、良くなっているみたい。状態はいいと思います」 ◆タニノフランケル・武豊騎手 「調教ではいい感触の馬ではありませんが、状態は悪くない。阪神コースは合っているので、マイペースなら」 ◆ノーブルマーズ・宮本師 「調教はおしまいを伸ばす感じで。変わらずにきています。久々の2000メートルがいい方に出れば。阪神コースは合っていますから」 ◆ブラックスピネル・東田助手 「具合はいいよ。最近は、すんなりとした競馬の方がいいみたいだね。前に行ってどこまで粘れるか」 ◆ブラックバゴ・斎藤誠師 「前走は出遅れて、速い時計の決着も合わなかった。中間の状態はいい」 ◆メールドグラース・清水久師 「元気がいいです。いい動きでしたし、絶好調といえますね。条件は問題ないので、良馬場なら」★鳴尾記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2019年5月30日(木) 05:03

 1,159

【鳴尾記念】ギベオン俊敏
 ギベオンはCWコースでラスト1ハロン12秒0(6ハロン84秒0)。単走ながらも、俊敏な反応で好ムードを漂わせた。体の使い方が柔らかく、キレのあるフォームで納得の態勢が整っている。 荻野助手は「今回は落ち着いている。変なりきみがない。いい状態になっているよ」と気配の良さを告げる。GIII・中日新聞杯勝ちを含め、今回のメンバーでは実績上位の存在。「(2戦1勝、2着1回と)阪神コースに問題はないし、祐一(福永騎手)もいいイメージで乗ってくれるんじゃないかな」と結んだ。★鳴尾記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2019年5月30日(木) 05:03

 821

【安田記念】インディチャンプ2馬身突き放す
 インディチャンプは3連勝で東京新聞杯を制したあと、マイラーズCで4着。「ダノンプレミアムをマークしすぎたね。自分の競馬をしたほうがいい」と、音無調教師が本音を語る。 栗東坂路で鳴尾記念に挑むブラックスピネルを1馬身追走。3F目からグッとペースを上げ、残り1Fでクビだけ前へ。一杯に追われたラスト1Fは12秒4で、ブラックを2馬身突き放した。 「前走は調教を加減した分、太かった。今回は“音無流”でハードにやっているし、コンディションはいい。東京で重賞を勝っているし、持ち味の一瞬の脚を生かすような乗り方をしたい」と福永騎手はやる気満々だ。(夕刊フジ)★安田記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2019年5月29日(水) 10:37

 2,435

鳴尾記念の直前追い切り情報をもっと見る >

プロ予想家の的中情報


鳴尾記念の無料予想&プロ予想【的中情報】

最強の予想家決定戦「予想コロシアム」から厳選した予想家の無料予想を続々と公開!
レース発走前に無料予想をご覧になるには 会員登録(登録無料)が必要です。

今すぐ会員登録(無料)する!

6月1日 15:41更新
予想家名
予想家レベル・クラス
配当 払戻 予想
Lv115 
770円 38,500円
Lv113 

11,410円
2,380円
67,330円
Lv108 
300円 3,900円
Lv108 
650円 10,400円
Lv106 
2,380円 11,900円

的中情報をもっと見る >

鳴尾記念過去10年の結果

2018年6月2日() 阪神競馬場/芝2000m 天候: 馬場:
2017年6月3日() 阪神競馬場/芝2000m 天候: 馬場:
2016年6月4日() 阪神競馬場/芝2000m 天候: 馬場:
1着 サトノノブレス 川田将雅 1:57.6 3.8倍 101.8
2着 ステファノス 戸崎圭太 クビ 3.3倍 101.8
3着 プランスペスカ 幸英明 クビ 252.7倍⑬ 101.2

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

鳴尾記念のデータ分析とレース傾向

コース図阪神芝2000m

伝統ある重賞ながら、たびたび開催時期やレースの条件が変更されてきた一戦。ここでは、現行の開催時期&条件に移された2012年以降のデータを中心に傾向を探っていきたい。年齢別で見ると、【5.4.4.11】という、上々の成績を残している4~5歳馬が馬券の軸としてオススメ。一方で、6~7歳のベテラン勢も侮れない。2012年以降、馬券に絡んだ8頭中5頭が7番人気以下の人気薄。そのうち2頭は2桁人気で、高配当演出の一役を担っている。悩むようなら「4~5歳馬×重賞好走歴のある6~7歳馬」を中心に、馬券を組み立てるのが有効な手段だ。舞台となる阪神2000mは、スタート直後に上り坂があるため、あまりペースは速くならない。従って、基本的には先行有利のコースである。(各種データ、原稿は本年のレース発走前のものとなります)

データ分析をもっと見る >

鳴尾記念の歴史と概要


2015年の優勝馬ラブリーデイ

施行条件や時期が目まぐるしく変わってきた歴史ある重賞で、現在は宝塚記念の前哨戦のひとつである。12月開催だった昭和後期には、第40回(1987年)のタマモクロス、第41回(1988年)ヤエノムテキなどのビッグネームが勝利。平成に入ってからもG1馬やのちのG1馬の活躍は絶えず、第45回(1992年)をタケノベルベット、第50回(1997年)をバブルガムフェロー、第54回(2001年)をメイショウオウドウ、第63回(2010年)をルーラーシップが、それぞれ制している。第68回(2015年)の勝ち馬ラブリーデイは、続く宝塚記念も勝利して念願のG1タイトルを獲得した。

歴史と概要をもっと見る >

鳴尾記念の攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2019年6月30日(
CBC賞  G3
ラジオNIKKEI賞  G3

競馬番組表

2019年6月29日(
1回函館5日目
2回福島1日目
3回中京1日目
2019年6月30日(
1回函館6日目
2回福島2日目
3回中京2日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡7
100,070万円
2 レイデオロ 牡5
87,155万円
3 アーモンドアイ 牝4
74,871万円
4 オジュウチョウサン 牡8
66,681万円
5 スワーヴリチャード 牡5
58,813万円
6 リスグラシュー 牝5
58,398万円
7 キセキ 牡5
52,914万円
8 マカヒキ 牡6
51,710万円
9 アルアイン 牡5
51,170万円
10 アップトゥデイト 牡9
47,571万円
» もっと見る

3歳
1 アドマイヤマーズ 牡3
27,353万円
2 ロジャーバローズ 牡3
26,876万円
3 サートゥルナーリア 牡3
25,716万円
4 グランアレグリア 牝3
19,878万円
5 ダノンファンタジー 牝3
18,337万円
6 ダノンキングリー 牡3
17,411万円
7 ラヴズオンリーユー 牝3
17,295万円
8 ヴェロックス 牡3
16,304万円
9 クロノジェネシス 牝3
14,611万円
10 ニシノデイジー 牡3
11,910万円
» もっと見る