今週の重賞レース

2020年8月16日( 関屋記念 G3 小倉記念 G3
鳴尾記念 G3   日程:2020年6月6日() 15:35 阪神/芝2000m



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気 上がり
3F
通過順
1 1 1

パフォーマプロミス

牡8 56.0 福永祐一  藤原英昭 466(+14) 2.00.1 33.5 10 35.7 ⑧⑨⑦⑤
2 4 7

ラヴズオンリーユー

牝4 54.0 M.デムー  矢作芳人 474(+8) 2.00.1 ハナ 1.8 1 35.7 ⑤⑥⑤⑤
3 4 8

レッドジェニアル

牡4 56.0 酒井学  高橋義忠 486(0) 2.00.2 1/2 9.9 4 35.2 ⑮⑭⑬⑬
4 5 10

サイモンラムセス

牡10 56.0 川須栄彦  梅田智之 454(-4) 2.00.6 2 1/2 606.8 16 35.3 ⑭⑭⑯⑮
5 7 13

レッドガラン

牡5 56.0 北村友一  安田隆行 512(-2) 2.00.8 1 1/4 9.2 3 36.6 ③③③②
6 2 3

アドマイヤジャスタ

牡4 56.0 西村淳也  須貝尚介 512(-8) 2.01.1 1 1/2 197.5 13 36.4 ⑨⑩⑨⑧
7 1 2

トリコロールブルー

牡6 56.0 和田竜二  友道康夫 490(-12) 2.01.1 クビ 21.4 8 36.9 ③③③②
8 8 16

サトノルークス

牡4 56.0 武豊  池江泰寿 480(+10) 2.01.1 ハナ 8.6 2 36.0 ⑮⑭⑮⑭
9 5 9

サトノフェイバー

牡5 56.0 古川吉洋  南井克巳 504(-14) 2.01.2 1/2 69.5 11 37.4 ①①①①
10 8 15

エアウィンザー

牡6 56.0 川田将雅  角居勝彦 516(+8) 2.01.2 ハナ 11.3 5 36.4 ⑫⑫⑫⑫
11 6 12

ドミナートゥス

牡5 56.0 松山弘平  宮本博 484(-8) 2.01.6 2 1/2 16.9 7 37.0 ⑤⑥⑨⑧
12 6 11

ジェシー

牡5 56.0 坂井瑠星  石坂公一 486(+4) 2.01.7 クビ 284.5 14 37.0 ⑫⑫⑨⑪
13 2 4

テリトーリアル

牡6 56.0 藤岡康太  西浦勝一 482(-2) 2.01.8 1/2 32.3 9 37.2 ⑨⑥⑦⑧
14 7 14

アメリカズカップ

牡6 56.0 幸英明  音無秀孝 452(-2) 2.02.1 1 3/4 390.3 15 37.7 ⑤③⑤⑤
15 3 6

キメラヴェリテ

牡3 52.0 岩田望来  中竹和也 538(0) 2.02.7 3 1/2 12.5 6 37.6 ⑨⑩⑬⑮
16 3 5

ブラックスピネル

セ7 56.0 松若風馬  音無秀孝 510(-2) 2.03.2 96.5 12 39.2 ②②②②
ラップタイム 12.2 - 11.0 - 12.8 - 12.2 - 11.8 - 12.2 - 11.6 - 11.7 - 12.1 - 12.5
前半 12.2 - 23.2 - 36.0 - 48.2 - 60.0
後半 60.1 - 47.9 - 36.3 - 24.6 - 12.5

■払戻金

単勝 1 3,350円 10番人気
複勝 1 570円 10番人気
7 120円 1番人気
8 260円 5番人気
枠連 1-4 900円 3番人気
馬連 1-7 3,360円 11番人気
ワイド 1-7 1,080円 8番人気
1-8 2,790円 37番人気
7-8 520円 4番人気
馬単 1-7 11,200円 32番人気
3連複 1-7-8 7,730円 28番人気
3連単 1-7-8 83,670円 248番人気

出走馬の最新ニュース

最新ニュースをもっと見る

 ウマニティの会員数:289,282人(08月13日現在)

ウマニティに会員登録(無料)すれば、高精度スピード指数・U指数を重賞全レースでチェックできるほか、全国トップランカー予想家たちの予想閲覧、あなただけの予想ロボット作成機能など、予想的中・予想力アップに役立つ20以上のサービスを無料で利用することができます。

厩舎
の話

【鳴尾記念2020予想】サトノルークス「動きはよかった」サイモンラムセス「今年一番といっていい状態」

 ◆サイモンラムセス・梅田師 「今回がラストラン。今年一番といっていい状態」

 ◆サトノフェイバー・南井師 「稽古は動く。2000メートルは気にしていない」

 ◆サトノルークス武豊騎手 「動きは良かった。競馬に行ってどんな走りをするか」

 ◆トリコロールブルー・和田騎手 「休み明けだけど地力はある」

 ◆パフォーマプロミス・藤原英師 「稽古はしっかりとやれている」

 ◆レッドガラン・安田隆師 「4回あるコーナーはともかく、阪神は合う」

 ◆レッドジェニアル・中塚助手 「いい状態。展開がかみ合えば」

出走馬の最新ニュース

最新ニュースをもっと見る

データ
予想

【鳴尾記念2020予想】減点ナシは5頭!トップ評価はエアウィンザー!

【馬齢】

6月開催の芝2000m戦となった、2012年以降の3着以内24頭の馬齢をみると、4歳から7歳まで幅広い(3歳馬の出走はなし)。ただし、ここ3戦続けて1600m超のG2以下戦に出走し、いずれも3着以下に敗れていた6歳以上の連対例はゼロ。その点には注意を払いたい。

【近走成績】

2012年以降、近2走ともに斤量56キロ以下で8着以下に敗れていた馬の好走例は皆無。該当馬が上位争いに食い込むのは難しい。

【近走人気】

2012年以降、近2走ともに2ケタ人気だった馬の好走は、2017年3着のマイネルフロスト1頭だけ。低評価続きの馬は苦戦を強いられている。

【非重賞戦大敗歴】

2012年以降、近2走内に非重賞戦で10着以下の大敗を喫していた馬の好走例はゼロ。該当馬は評価を下げるべきだろう。

【年明け初戦馬】

2012年以降の3着以内24頭のうち23頭は、年明け以降1戦以上を消化していた。例外は2016年2着のステファノス(前走香港カップ10着)のみ。国内組に関しては、順調に使われている馬のほうが優位の傾向にある。

【データ予想からの注目馬】
上記5項目で減点がないのは、エアウィンザーサンレイポケットラヴズオンリーユーレッドガランレッドジェニアルの5頭。現時点のトップ評価はエアウィンザーとする。近年、当レースで勢力を拡大している前走新潟大賞典出走馬であることに加え、【4.2.0.1】の阪神芝成績も好印象。変わり身あってもおかしくはない。

同じく新潟大賞典組から、レッドガランを2番手に。ラヴズオンリーユーと、レッドジェニアルも大きな差はない。残りの1頭、サンレイポケットは近8年で好走例がない、前走3勝クラス(旧1600万下)出走馬で強調しづらい印象を持つ。

<注目馬>
エアウィンザー レッドガラン ラヴズオンリーユー レッドジェニアル

このレースの傾向やデータをもっと見る

U指数
予想

【鳴尾記念2020予想】指数96.0以上は有力!93.0未満は割引が必要

U指数は、ウマニティが独自に開発した競走馬の能力値「スピード指数」で、その精度の高さから多くのユーザーに支持されています。
ウマニティに会員登録(無料)すると重賞レースの出走予定馬全頭のU指数をご覧いただけますので、是非お試しください。

指数96.0以上の馬を中心に攻めるのが定石

2014年以降で3着以内に入った18頭のうち15頭がU指数96.0以上。指数96.0以上の馬を中心に攻めるのが定石といえよう。

指数6位以内馬の一変に注意

指数上位馬の一変が目立つ一戦。指数6位以内かつ前走で馬券に絡めなかった馬に絞ると、4勝を含む8連対の好パフォーマンスを示している。

指数93.0未満は割引

馬券に絡んだ馬の最低指数は93.0。これ未満の馬は基本的に割引が必要となる。

出走予定馬のU指数をチェックする

 ウマニティの会員数:289,282人(08月13日現在)

ウマニティに会員登録(無料)すれば、高精度スピード指数・U指数を重賞全レースでチェックできるほか、全国トップランカー予想家たちの予想閲覧、あなただけの予想ロボット作成機能など、予想的中・予想力アップに役立つ20以上のサービスを無料で利用することができます。

血統
予想

【鳴尾記念2020予想】Bold RulerやDanzigの小回り適性が活きる舞台

阪神の内回りコースで行われる重賞らしく、Bold RulerやDanzigの立ち回りを強調しやすい傾向にあり、小回りの持続力勝負がデフォルトのアメリカ競馬とリンクする部分も少なくない。一方で、昨年はルーラーシップ産駒のメールドグラースが快勝していたように、少頭数であればトニービンらしい大味な捲り差しも嵌る。

エアウィンザーは、父キングカメハメハ×母エアメサイア(母の父サンデーサイレンス)。母は2005年秋華賞の勝ち馬で、近親には2014年鳴尾記念を制したエアソミュールがいる血統。3代母アイドリームドアドリームが小回りを得意とするRaja Babaの直系であることを強調しやすく、自身も今回と同じコースで行われた2018年チャレンジCを制した実績を持つ。血統背景は申し分ないだけに、状態面に問題がなければ好走必至だろう。

キメラヴェリテは、父キズナ×母ルミエールヴェリテ(母の父Cozzene)。3代母Pantuflaは1998年フロリダオークス-米G3の勝ち馬。また、2代母の父Honor Gradesは2017年鳴尾記念の勝ち馬ステイインシアトルの近親にあたり、先述したRaja Babaとも同牝系の間柄となる。若葉Sの内容が秀逸で、走破時計だけで言えば鳴尾記念でも勝ち負けになっていいレベル。半兄リアンヴェリテ同様に強気な逃げでこそ持ち味が活きてくる。

ドミナートゥスは、父ルーラーシップ×母デグラーティア(母の父フジキセキ)。母は2008年小倉2歳Sの勝ち馬で、芝1200mで4勝を挙げたスプリンター。母系でBold Rulerの血を3本引いており、4代母SweepingはRaja Baba直仔のインデエアンキング産駒でもある。父系のスタミナと母系のスピードが丁度いい塩梅で、コーナー4回の芝2000mでは「2-3-0-0」と未だ底を見せていない。

テリトーリアルは、父Teofilo×母コンサヴァトワー(母の父Street Cry)。2代母Mezzo Sopranoは2003年ヴェルメイユ賞-仏G1の勝ち馬で、近親にはシュヴァルグランやヴィブロス、ヴィルシーナなどがいる血統。また、鳴尾記念においては、2014年2着アドマイヤタイシ、2013年3着ダノンバラードを出した牝系でもある。器用さが売りの血統ではあるが、時計や上がりの掛かる馬場がベスト。

(文・シンヤカズヒロ)

出走馬の最新ニュース

最新ニュースをもっと見る

過去10年の結果

【鳴尾記念2020予想】過去のレース結果と結果U指数をチェック!

2019年6月1日() 阪神/芝2000m
天候: 馬場:
着順 馬番 馬名 騎手 タイム 着差 オッズ 人気 上3F U指数
1 7 メールドグラース D.レーン 1:59.6 2.7 1 34.6 102.9
2 9 ブラックスピネル 三浦皇成 1:59.8 1 1/2 13.7 5 35.5 101.7
3 6 ステイフーリッシュ 藤岡佑介 1:59.8 アタマ 4.8 4 35.2 101.7
4 3 ギベオン 福永祐一 1:59.9 クビ 3.6 2 34.8 101.1
5 5 ノーブルマーズ 高倉稜 2:00.0 3/4 18.5 6 35.2 100.5
2018年6月2日() 阪神/芝2000m
天候: 馬場:
着順 馬番 馬名 騎手 タイム 着差 オッズ 人気 上3F U指数
1 8 ストロングタイタン M.デムーロ 1:57.2 5.9 4 34.8 105.9
2 2 トリオンフ C.ルメール 1:57.3 1/2 2.8 1 34.8 105.3
3 5 トリコロールブルー 岩田康誠 1:57.7 2 1/2 3.8 2 35.0 102.9
4 6 マルターズアポジー 武豊 1:57.9 5.1 3 36.0 101.7
5 11 サトノノブレス 川田将雅 1:57.9 ハナ 12.6 6 35.7 101.7
2017年6月3日() 阪神/芝2000m
天候: 馬場:
着順 馬番 馬名 騎手 タイム 着差 オッズ 人気 上3F U指数
1 9 ステイインシアトル 武豊 1:59.4 7.9 3 34.1 99.1
2 8 スマートレイアー M.デムーロ 1:59.4 クビ 2.3 1 33.6 99.1
3 3 マイネルフロスト 丹内祐次 1:59.7 1 3/4 13.8 7 34.2 97.4
4 4 スズカデヴィアス 横山典弘 1:59.7 クビ 9.2 5 33.7 97.4
5 2 スピリッツミノル 幸英明 1:59.8 クビ 56.4 10 34.1 96.8

過去10年の結果をもっと見る

歴史と
概要

【鳴尾記念2020予想】レースの歴史や競走条件、歴代優勝馬は?

2015年の優勝馬ラブリーデイ

施行条件や時期が目まぐるしく変わってきた歴史ある重賞で、現在は宝塚記念の前哨戦のひとつである。12月開催だった昭和後期には、第40回(1987年)のタマモクロス、第41回(1988年)ヤエノムテキなどのビッグネームが勝利。平成に入ってからもG1馬やのちのG1馬の活躍は絶えず、第45回(1992年)をタケノベルベット、第50回(1997年)をバブルガムフェロー、第54回(2001年)をメイショウオウドウ、第63回(2010年)をルーラーシップが、それぞれ制している。第68回(2015年)の勝ち馬ラブリーデイは、続く宝塚記念も勝利して念願のG1タイトルを獲得した。

歴史と概要をもっと見る

鳴尾記念特集 バックナンバー