アイスバブル(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
アイスバブル
アイスバブル
写真一覧
現役 牡4 芦毛 2015年4月8日生
調教師池江泰寿(栗東)
馬主金子真人ホールディングス 株式会社
生産者ノーザンファーム
生産地安平町
戦績14戦[4-4-1-5]
総賞金7,887万円
収得賞金3,550万円
英字表記Ice Bubble
血統 ディープインパクト
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
ウインドインハーヘア
ウィンターコスモス
血統 ][ 産駒 ]
キングカメハメハ
ミスパスカリ
兄弟 グリュイエールバニーテール
前走 2019/12/07 中日新聞杯 G3
次走予定

アイスバブルの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
19/12/07 中京 11 中日新聞杯 G3 芝2000 16364.619** 牡4 55.0 C.スミヨ池江泰寿450(+2)1.59.9 0.734.7⑤⑤サトノガーネット
19/11/03 東京 11 アルゼンチン G2 芝2500 13447.5411** 牡4 55.0 浜中俊池江泰寿448(-6)2.32.5 1.034.0⑬⑬⑬⑬ムイトオブリガード
19/08/04 小倉 11 小倉記念 G3 芝2000 13224.537** 牡4 55.0 福永祐一池江泰寿454(-2)1.59.2 0.435.5④④④メールドグラース
19/05/26 東京 12 目黒記念 G2 芝2500 134512.852** 牡4 54.0 B.アヴド池江泰寿456(+10)2.28.4 0.234.7⑨⑨⑧⑨ルックトゥワイス
19/01/27 東京 10 早春S 1600万下 芝2400 118113.921** 牡4 55.0 O.マーフ池江泰寿446(-2)2.25.4 -0.134.5ヘリファルテ
18/11/10 京都 7 3歳以上1000万下 芝2200 8554.021** 牡3 55.0 J.モレイ池江泰寿448(0)2.14.5 -0.135.0⑤⑤⑥⑥ジャーミネイト
18/10/21 京都 9 北野特別 1000万下 芝2000 9555.232** 牡3 55.0 J.モレイ池江泰寿448(-4)2.00.4 0.234.0⑦⑦⑦⑤アシュリン
18/08/26 小倉 7 3歳以上500万下 芝1800 16245.121** 牡3 54.0 B.アヴド池江泰寿452(0)1.46.0 -0.335.4⑩⑨⑧⑥メイショウグロッケ
18/07/29 小倉 12 3歳以上500万下 芝1800 9118.452** 牡3 54.0 浜中俊池江泰寿452(+18)1.49.2 0.837.5⑤⑤シャルルマーニュ
18/05/05 東京 11 プリンシパル OP 芝2000 1481424.888** 牡3 56.0 川田将雅池江泰寿434(-4)1.59.3 1.135.0⑦⑧⑥コズミックフォース
18/03/31 中山 9 山吹賞 500万下 芝2200 11449.675** 牡3 56.0 藤岡康太池江泰寿438(0)2.14.6 0.834.8⑨⑨⑨⑧レイエスプランドル
18/01/28 中京 7 3歳未勝利 芝2000 18483.321** 牡3 56.0 藤岡康太池江泰寿438(0)2.03.4 -0.235.4④④⑥⑥アリュマージュ
17/12/24 阪神 4 2歳未勝利 芝2000 168161.713** 牡2 55.0 V.シュミ池江泰寿438(+4)2.02.2 0.336.1ウインラナキラ
17/12/10 中京 5 2歳新馬 芝2000 9881.712** 牡2 55.0 藤岡康太池江泰寿434(--)2.04.1 0.434.3ステイフーリッシュ

アイスバブルの関連ニュース

 中日新聞杯(GIII、芝2000メートル)が7日、中京競馬場で16頭によって争われ、坂井騎乗の8番人気サトノガーネットが、直線一気の競馬で重賞初勝利を決めた。2着は3番人気のラストドラフトで、1番人気のアイスバブルは9着だった。

★レースを終えて…関係者談話

 ◆坂井騎手(サトノガーネット1着)「昨年の春に未勝利を勝たせてもらったときから重賞でも通用すると思っていました。もう少し前でレースをしたいと思っていましたが、進んでいかなかったのであの位置(14番手)からに。外へ出すといい脚を使ってくれました。まだまだ上(のクラス)でもやれると思います」

 ◆マーフィー騎手(ラストドラフト2着)「調教でも乗っていたし、すごくいい馬ですね。勝ったと思ったのですが、最後でフワッとしてしまったのが残念」

 ◆吉田隼騎手(アイスストーム3着)「直線はよく伸びているが、最後は勝ち馬にマークされていたぶんでしょうか」

 ◆吉田豊騎手(ショウナンバッハ4着)「人気馬の後ろで運んでいたのですが…。もう少し早めに追い出していればよかったですね」

 ◆秋山騎手(サトノソルタス5着)「ラストで前がゴチャついてしまいました。残念です」

 ◆藤岡康騎手(ランドネ6着)「いいスタートを切れたので、そのままハナへ行って、この馬のペースで運ぶことができました」

 ◆スミヨン騎手(アイスバブル9着)「好位で運んでほしいという指示だったので、一瞬の脚を生かそうとしたが、その場面がなかった」

 ◆太宰騎手(ロードヴァンドール13着)「行けたらハナへ行こうと思っていたのですが、つまずいてスムーズに行き脚がつきませんでした」

サトノガーネット 父ディープインパクト、母ビートリックスキッド、母の父ヴィクトリーノート。黒鹿毛の牝4歳。栗東・矢作芳人厩舎所属。北海道白老町・(有)社台コーポレーション白老ファームの生産馬。馬主は(株)サトミホースカンパニー。戦績は16戦5勝。獲得賞金1億92万5000円。重賞は初勝利。中日新聞杯矢作芳人調教師、坂井瑠星騎手ともに初勝利。馬名は「冠名+宝石の一種」

【中日新聞杯】スミヨン騎乗で1番人気のアイスバブルは9着「一瞬の脚を生かそうとしたが…」 2019年12月7日() 18:33

 12月7日の中京11Rで行われた第55回中日新聞杯(3歳以上オープン、GIII、芝2000メートル、ハンデ、16頭立て、1着賞金=4100万円)は、坂井瑠星騎手騎乗の8番人気サトノガーネット(牝4歳、栗東・矢作芳人厩舎)が重賞初制覇。タイムは1分59秒2(良)。



 1番人気のアイスバブルは、好位につけて積極的にレースを進めるも、直線伸び切れずまさかの9着に終わった。



 C.スミヨン騎手「正直、調教の段階からダッシュ力がないと感じていました。好位で運んでほしいという指示でしたので、一瞬の脚を生かそうとしましたが、その場面がなかったです。いろんな距離を使っているので馬が戸惑っているのか、今ひとつつかみどころがありません」



★【中日新聞杯】払い戻し確定!! 全着順も掲載

[もっと見る]

【中日新聞杯】8番人気の伏兵サトノガーネットが直線一気伸びで重賞初V 2019年12月7日() 16:19

 12月7日の中京11Rで行われた第55回中日新聞杯(3歳以上オープン、GIII、芝2000メートル、ハンデ、16頭立て、1着賞金=4100万円)は、坂井瑠星騎手騎乗の8番人気サトノガーネット(牝4歳、栗東・矢作芳人厩舎)が向こう正面後方3番手の待機策から、直線はいったん先頭に立ったラストドラフト(3番人気)の外から豪快に伸びてアタマ差で重賞初制覇を飾った。タイムは1分59秒2(良)。

 アタマ+クビ差の3着にはアイスストーム(2番人気)が続き、1番人気に支持されたアイスバブルは9着に敗れた。

 中日新聞杯を勝ったサトノガーネットは、父ディープインパクト、母ビートリックスキッド、母の父ヴィクトリーノートという血統。北海道白老町・(有)社台コーポレーション白老ファームの生産馬で、馬主は(有)サトミホースカンパニー。通算成績は16戦5勝。

 ◆坂井瑠星騎手(1着 サトノガーネット)「昨年の春に未勝利を勝たせてもらった時から、重賞でも通用すると思っていました。きょうは結果を出せて良かったです。もう少し前でレースをしたいと思っていましたが、進んで行かなかったのであの位置からに。促しつつではありましたが、外へ出すといい脚を使ってくれました。まだまだ上でもやれると思います」



★【中日新聞杯】払い戻し確定!! 全着順も掲載

[もっと見る]

【斬って捨てる!】中日新聞杯2019 前走芝1800~2000m以外使用馬の連対は人気サイドのみ!前走非重賞戦で低評価かつ3着以下敗退馬の深追いは禁物!  2019年12月7日() 11:00

ウマニティの重賞攻略ページに掲載されている「データ分析」の内容や、中日新聞杯の近年の結果をもとに、凡走パターンに合致する馬をピックアップするものです。予想の際にお役立てください。


【全般】
ハンデ53キロ以下の連対例はゼロ(3月開催時を含めた2008年以降)

メイショウエイコウ
サトノガーネット
ランドネ
ミスマンマミーア

3カ月以上の休養明けを除くと、前走G3格のレースで6着以下に敗れていた馬の連対例は皆無(2008年以降)

アドマイヤジャスタ

前走が6~9着の煮え切らない結果だった馬の好走例は皆無(新装中京施行の2012年以降)

サトノガーネット
ラストドラフト
ショウナンバッハ
パリンジェネシス

【人気】
6番人気以下、かつ前走で芝1800~2000m以外のレースに出走していた馬の連対例は皆無(2008年以降)
※10時30分現在の6番人気以下、かつ該当馬

メイショウエイコウ
サトノガーネット
パリンジェネシス
ミスマンマミーア

13番人気以下の連対例はゼロ(2008年以降)
※10時30分現在の13番人気以下

メイショウエイコウ
ランドネ
ジェシー
パリンジェネシス

単勝オッズ80.0倍以上の好走例は皆無(1998年以降の同名レース)
※10時30分現在の単勝オッズ80.0倍以上

メイショウエイコウ

前走でG2格のレースに出走し、4番人気以下かつ6着以下だった馬の連対例はゼロ(2008年以降)

ランドネ
アイスバブル
パリンジェネシス

前走で非重賞戦に出走し、4番人気以下かつ3着以下だった馬の好走例は皆無(2012年以降)

ロードヴァンドール
メイショウエイコウ
ジェシー
ショウナンバッハ

【脚質】
前走の4角通過順が2番手以内、かつ6着以下に敗れていた馬の連対例はみられない(2012年以降)

パリンジェネシス

【枠順】
馬番枠9番、14番、16番の好走例は皆無(2008年以降)

ラストドラフト
パリンジェネシス
マイネルサーパス

馬番枠2番、4番の連対例はゼロ(2008年以降)

メイショウエイコウ
サトノガーネット

【血統】
キングマンボを経由しない父ミスプロ系の連対例は皆無(2012年以降)

メイショウエイコウ
アイスストーム
マイネルサーパス

サドラーズウェルズを経由しない父ノーザンダンサー系の好走例はゼロ(2012年以降)

パリンジェネシス


【上記の凡走パターンに合致しなかった馬(連軸候補)】
カヴァル
タニノフランケル
サトノソルタス



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【重賞データ分析】中日新聞杯2019 差し優勢!「人気馬×穴馬」の組み合わせで攻めるのがベター! 2019年12月7日() 10:30

ウマニティの重賞攻略ページに掲載されている「データ分析」の内容をもとに、中日新聞杯のファクターごとの傾向に注目し、好走パターンに合致する馬をピックアップしました。予想の際にお役立てください。


【全般】
2012年以降の3着以内に入った馬の斤量は54~58キロ

ロードヴァンドール
カヴァル
アイスバブル
アイスストーム
アドマイヤジャスタ
ラストドラフト
ジェシー
タニノフランケル
ショウナンバッハ
サトノソルタス
パリンジェネシス
マイネルサーパス

【人気】
毎年1~3番人気のいずれかが馬券に絡んでいる(2007年以降)
※10時00分現在の1~3番人気

カヴァル
アイスバブル
アイスストーム

※「人気馬×穴馬」の組み合わせで攻めるのが正解

【脚質】
差し脚質が有利(2012年以降)

カヴァル
サトノガーネット
アイスバブル
アイスストーム
ショウナンバッハ
サトノソルタス
ミスマンマミーア

※近走の内容を参考に上がり上位馬を想定

【枠順】
枠順の有利不利は少ない(2012年以降)

※当日の馬場傾向(内外の有利不利)次第

【血統】
ディープインパクト産駒が強い(2012年以降)

サトノガーネット
アイスバブル
サトノソルタス

父もしくは母父にロベルト系種牡馬を持つ馬が活躍(同時期に行われていた金鯱賞の傾向)

ランドネ
アイスストーム
タニノフランケル
ミスマンマミーア

トニービン内包馬の好走例が多い(同時期に行われていた金鯱賞の傾向)

アドマイヤジャスタ
ジェシー


【3項目以上該当馬】
アイスバブル(4項目)
アイスストーム(4項目)
カヴァル(3項目)
サトノソルタス(3項目)



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【ズバリ!調教診断】中日新聞杯2019 ゴドルフィンのストーミングホーム産駒に好レースを期待!桜花賞馬の仔も巻き返しに向け余念なし! 2019年12月7日() 09:40

中日新聞杯の出走馬の追い切り内容について、1頭ずつ考察していきます。予想の際にお役立てください。


ロードヴァンドール
中2週と間隔は詰まるが、意欲的に本数を重ねている。ただ、4日に栗東CWで行われた追い切りは、6Fこそ前走時と同程度のタイムをマークした一方で、終いの伸びは今ひとつ。休み明けを叩いた上昇度はあまり感じられず、デキは良くて平行線。首位争いを演じるには少々足りないのではないか。

メイショウエイコウ
この秋5戦目ということもあって大幅な上積みこそ見込めそうにないが、栗東坂路で実施した最終追いでは、しっかり攻めているように体調面の不安はなさそう。ただ、昇級戦の前回はクラス慣れが必要と思わせるレースぶりだっただけに、新馬戦以来の芝戦で一変を期待させるほどの内容には映らない。今回は静観が妥当だろう。

カヴァル
11月中旬に帰厩後は美浦Wで併せ馬中心に入念な調整。1週前、今週としっかり負荷をかけて攻めを強化しているあたりは好印象。とはいえ、前走の結果をみるに重賞の壁は厚そう。調子自体は悪くないので、連下争いに食い込むことができれば、といったところか。

サトノガーネット
中3週となるが栗東坂路で本数を重ね、元気の良い動きを見せており、状態はいい意味で平行線といえよう。牝馬限定の重賞で今一歩の結果に終わっているだけに、G3とはいえ牡馬相手のレースは楽ではないが、今回は斤量がグンと軽くなる。その利点を活かすことができれば、浮上の目もありそうだ。

ランドネ
福島記念で除外の憂き目にあったが、その後も緩めることなく乗り込まれて、中間の調教量は豊富。栗東坂路で行われた最終追いでは、終い重点ながらもラスト2Fを24秒6-11秒9でまとめているあたり、復調ムードを感じさせる。自分のリズムで運べるようなら、変わり身があってもおかしくはない。

アイスバブル
1週前、当週と2週続けて栗東CWで併せ馬を実施。どちらも併走遅れを喫したのは印象が悪いものの、自身の時計はキッチリ走っている。脚取りも確かで、遅れ自体を深刻にとらえる必要はない。アルゼンチン共和国杯の大敗は展開によるものが大きく、巻き返しの余地は十分にある。

アイスストーム
中2週と間隔は詰まるが、前走(アンドロメダS5着)時よりも攻めを強化してきた。大型馬らしからぬ軽快なフットワークで駆け抜けるさまをみるに、一度実戦を使った効果は想像以上。気配の良さを活かせるようなら、好レースを期待できそうだ。

アドマイヤジャスタ
2週続けてレースでも手綱を取る予定の岩田康誠騎手がまたがり闘魂注入。今週の坂路追いでは今までになく動いており、上昇ムードを感じさせる。ただ、この秋2戦は覇気のないレースをしているだけに、半信半疑の面があるのも事実。いずれにせよ、当日の気配をキッチリと確認したほうがいいだろう。

ラストドラフト
この中間は美浦Wで併せ馬主体に調整。前回よりも負荷を強めているあたり、陣営の強い意欲をヒシヒシと感じる。2週前、先週とレースでも騎乗する予定のO.マーフィー騎手がまたがって、しっかりとコンタクトをとっており、コンビの面も問題なさそう。重賞勝ちのある実績馬だけに一変の可能性は十分にありそうだ。

ジェシー
今週の本追い切りは栗東CWで6F85秒程度の内容にとどめたが、結果を残せなかった前回よりも時計を要しているあたりは、上積みの点で疑問が残る。条件戦を勝ち上がった時は、もっと攻めていたことを鑑みると、相手強化の重賞で激変を望むのは厳しそう。今回は静観が賢明ではないか。

タニノフランケル
普段から調教でそんなに速い時計を出すタイプではないとはいえ、栗東CWの1週前追いが5F72秒程度、当週の坂路4Fが56秒5というのは重賞に挑む調整過程として負荷が軽い印象。体調面に不安があるのではないかと疑いたくなる内容では強調できない。復調にはもう少し時間がかかりそうだ。

ショウナンバッハ
8歳の冬を迎え、さすがに大きな底上げを望むことは難しそうだが、今週の本追い切りではスムーズな走りを披露。デキはいい意味で平行線と思われる。着順こそ冴えないが、3戦連続で上がり3ハロン33秒台の脚を繰り出しており、衰えが目立つわけではない。昨年は僅差の2着。展開次第の注釈付きではあるが、穴として一考の余地はありそうだ。

サトノソルタス
3勝クラスを勝ち上がった前走から中4週での重賞挑戦となるが、本追い切りでしっかりと負荷をかけてきたのは好印象。その一方、レース間隔の違いを考慮しても、乗り込み量は前回よりやや少なめ。そのあたりを素質の高さでどこまでカバーできるか。その1点に尽きる。

パリンジェネシス
1週前に栗東CWで6F81秒前後の速い時計をマーク。元気のいいところを見せた。自身の力を出せる状態にはありそうだ。2走前(1秒2差)→前走(0秒6差)と徐々に着差を詰めてきており、自分の競馬に徹することができるようなら、連下争いに加わる可能性も十分に考えられる。

ミスマンマミーア
栗東CWで行われた今週の本追い切りでは、シャープな伸びを示して追走先着。6F81秒台前半とエリザベス女王杯の最終追いよりも攻めを強化している点は好感が持てる。オープンクラスの牡馬相手でも通用しそうな雰囲気を漂わせており、軽ハンデを考えると無視することはできない。

マイネルサーパス
中2週で再度の遠征競馬。その点を考慮して美浦Wの最終追い切りは余力残しの調整ではあったが、力強い走りを披露した。大きなアクションをみるに、アンドロメダS優勝の好調を持続している様子。デキは高いレベルで安定しており、軽くは扱えない1頭だ。



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

⇒もっと見る

アイスバブルの関連コラム

閲覧 1,895ビュー コメント 0 ナイス 4



週末の注目レースを伊吹雅也プロが「1点」の傾向に注目して分析するウマニティ会員専用コラム。「さらにプラス1!」として挙げている種牡馬別成績も含め、ぜひ予想にご活用下さい。今週のターゲットは、師走ステークス・中日新聞杯・リゲルステークス・カペラステークス阪神JFの5レースです。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


▼2019年12月07日(土) 中山11R 師走ステークス
【“同年、かつJRA、かつ出走頭数が13頭以上のレース”における優勝経験の有無別成績(2015年以降)】
●あり [3-4-3-19](複勝率34.5%)
●なし [1-0-1-33](複勝率5.7%)
→年明け以降の戦績を素直に評価した方が良さそう。勝ち切れていない馬はもちろん、少頭数のレースしか勝っていない馬も過信禁物と見るべきでしょう。

<<さらにプラス1!>>
【『血統大全』このコースの“買い”】
中山ダ1800m×アイルハヴアナザー×前走9着以内
→複勝率37.3%、複勝回収率155%


▼2019年12月07日(土) 中京11R 中日新聞杯
【“同年、かつJRA、かつ重賞のレース”において3着以内となった経験の有無別成績(2017年以降)】
●あり [2-2-2-9](複勝率40.0%)
●なし [0-0-0-17](複勝率0.0%)
→現在の施行条件に戻った2017年以降は実績馬が優勢。特別登録を行った馬のうち“2019年、かつJRA、かつ重賞のレース”において3着以内となった経験があるのは、アイスバブルタニノフランケルマイネルサーパスラストドラフトランドネロードヴァンドールの6頭です。

<<さらにプラス1!>>

続きは、ウマニティ会員登録(無料会員)でご覧頂けます。
※限定公開期間終了後は、非会員の方もご覧頂けます。
続きを読む
登録済みの方はこちらからログイン

2019年10月27日() 15:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2019年10月27日号】特選重賞データ分析編(174)~2019年アルゼンチン共和国杯~
閲覧 1,716ビュー コメント 0 ナイス 2



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G2 アルゼンチン共和国杯 2019年11月03日(日) 東京芝2500m


<ピックアップデータ>

【前走の条件がG1ではなかった馬の、前走の着順別成績(2010年以降)】
○4着以内 [5-6-7-31](複勝率36.7%)
×5着以下 [1-2-1-82](複勝率4.7%)

 長期間に渡って好走馬の傾向が変わっていないレース。前走の条件がG1だった馬は2010年以降[3-1-1-8](複勝率38.5%)とまずまず堅実ですし、前走好走馬もそれなりに信頼できます。一方、前走がG1以外のレースだったにもかかわらずその前走で5着以下に敗れていた馬は不振。思い切って評価を下げたいところです。

主な「○」該当馬→アフリカンゴールドノーブルマーズルックトゥワイス
主な「×」該当馬→アイスバブルハッピーグリンムイトオブリガード


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

○「出走数が15戦以内」だった馬は2010年以降[8-2-6-10](複勝率61.5%)
主な該当馬→アイスバブルアフリカンゴールド

[もっと見る]

2019年5月29日(水) 14:00 競馬プロ予想MAX
先週の回顧~(5/25~5/26)2週連続週末プラスの新参者プロが日本ダービー△◎○で3連単的中39万オーバー!!
閲覧 878ビュー コメント 0 ナイス 7



先週は、26(日)に東京競馬場でG1日本ダービーが行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G1日本ダービーは、詰めかけた11万人超がどよめく“波乱”の幕開け。スタート直後に起こったそのハプニングの中心にいたのは、単勝1.6倍の断然人気サートゥルナーリアでした。2冠を目指した大本命馬はゲートのタイミングが合わず、大きく立ちあがっての発馬となってしまい、出遅れ。2番人気ヴェロックス(単勝4.3倍)、3番人気ダノンキングリー(単勝4.7倍)が、まずまずのスタートを決めて各馬の出方を見ながら位置取りを選択する運びを見せる一方、序盤からサートゥルナーリアは鞍上の促しによる挽回を余儀なくされるまさかの展開。3強から離された4番人気アドマイヤジャスタ(単勝25.9倍)は行きっぷりが悪く最後方、5番人気ランフォザローゼス(単勝33.3倍)は中団外目となって1コーナーを目指します。
最内枠から積極策のロジャーバローズを、押して1コーナーで交わしていったリオンリオンがハナへ。後続を離しての逃げの態勢を徐々に築いていくと、2番手にロジャーバローズが収まり、以下はサトノルークスエメラルファイトダノンキングリークラージュゲリエヴェロックスマイネルサーパスシュヴァルツリーゼランフォザローゼスと続き、ちょうど中団11番手あたりにサートゥルナーリアニシノデイジーナイママレッドジェニアルタガノディアマンテアドマイヤジャスタヴィントと後方にかけて続き、最後方にメイショウテンゲンといった位置取りで向こう正面へ。
リオンリオンに急遽代打騎乗となった横山武史騎手は、ここからさらに積極的な運び。ペースを維持したまま後続を引き離すようにして、前半1000mを57.8秒で通過していきます。2番手ロジャーバローズの態勢は変わらずも、その差は12~13馬身ほどに拡がり、そのロジャーバローズから後続にかけても徐々に開き始める隊列。3番手以下は、ほぼ継ぎ目のない大きな集団を形成しながら、早くも先頭のリオンリオンは、3コーナーに差し掛かっていきます。
徐々に2番手からロジャーバローズが押上げにかかると、連れて3番手サトノルークスダノンキングリー以下も、前との差を詰めながら3コーナー~4コーナーにかけて回っていきます。ヴェロックスは6~7番手の外、サートゥルナーリアはさらに後方から大外を回しての追撃態勢となって直線へ。
想定外の後方からになったものの、手応え抜群に4コーナーを出たサートゥルナーリア。直線で追い出されると鋭い伸びを披露し、内のヴェロックスをはじめ数頭を交わして7~8番手辺りまで進出。先頭に躍り出たロジャーバローズを目標に、ここからさらにエンジンを点火していきます。
単独2番手をダノンキングリーが窺い、残り300mを迎える頃には、サートゥルナーリアは自慢の瞬発力で単独4番手→3番手へとさらに差を詰め、鞍上も決死のアクション。
前では、12番人気ロジャーバローズと、これに1完歩ごとに迫る3番人気ダノンキングリーの2頭による、接近戦が開始。激しい叩き合いが繰り広げられます。残り100mを過ぎてもなお、内ラチ沿いで先頭を懸命にキープのロジャーバローズに、クビ差ほどのところまで迫るダノンキングリー。そして、3~4馬身後方からサートゥルナーリア。その直後からは、ヴェロックスクラージュゲリエランフォザローゼスニシノデイジーらも連れて脚を伸ばしてきます。
出遅れに始まり、大外を挽回してさすがの伸びを見せてきたサートゥルナーリアは、ここで限界を迎え、他馬と同じ脚色に。追撃空しく、3馬身前方に2頭の勝ち負け争いを見る形となったところで万事休す。
世代頂点を巡る、ロジャーバローズダノンキングリーによる手に汗握る叩き合いは長く続き、最後まで際どい争い。内ラチ沿いで浜中騎手の右ムチに懸命に脚を伸ばすロジャーバローズに対し、戸崎騎手の左ムチが飛ぶ外ダノンキングリー。2頭が鼻面を併せる状態でゴールラインを迎えますが、カメラがオーロラビジョンに映し出した第86代日本ダービー馬はロジャーバローズでした。クビ差ダノンキングリーを下して、見事、日本ダービー制覇を達成。7071頭の頂点に立っています。
3着争いからは、最後まで力強く伸びた2番人気ヴェロックスが、サートゥルナーリア以下を交わしてゴール前で抜け出し、2着ダノンキングリーから2馬身1/2差の3着に入線しています。
公認プロ予想家では、新参者プロスガダイプロら計4名が的中をマークしています。
 
 
 
----------------------------------
 
☆☆☆注目プロ →新参者プロ
26(日)G1日本ダービーでは、△◎○で3連単200円分を仕留める“ファインプレー”を披露!! 398,120円払戻しのスマッシュヒットをマークしています。他にも、25(土)東京11R◎○▲パーフェクト的中や、京都4Rアモローサ(単勝50.4倍)からの的中等を記録した先週は、週末回収率112%を達成。2週連続週末プラスをマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →蒼馬久一郎プロ
先週は、26(日)京都2Rでの▲コパノケネディーカフジローズ予想(3連複ほか的中計23万9,080円払戻し)や、勝負予想京都11Rなどで好調をアピール。土日トータルで回収率212%、収支19万7,140円プラスをマークし、2週連続プラス収支で終えています。
 
☆☆☆注目プロ →いっくんプロ
26(日)京都12Rで◎○▲的中を披露すると、続くG2目黒記念では◎ルックトゥワイスアイスバブルからの3連単本線的中を披露し、一撃90万5,000円払戻しのホームラン!週間トータルでは、回収率300%、収支66万3,000円プラスを記録し、トップに立っています。
 
☆☆☆注目プロ →、佐藤洋一郎プロ
25(土)勝負予想の東京1Rグロリアスホープ(単勝25.6倍)的中、同京都12Rでの◎ドリームソルジャー(単勝35.1倍)からの3連複的中、26(日)東京7Rでの◎ミフトゥーロ(単勝40.6倍)からの3連単的中などの活躍を披露。週末トータル回収率135%、収支16万9,840円プラスをマークし、2週連続プラス収支で終えています。
 
 
 
この他にも、“帰ってきた”凄馬勝子プロ(122%)、岡村信将プロ(118%←2週連続週末プラス)、エース1号プロ(117%)、dream1002プロ(110%)、覆面ドクター・英プロ(107%)、ゼット1号プロ(105%)、馬っしぐらプロ(104%)、馬侑迦プロ(102%←2週連続週末プラス)らが、週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
 
 
----------------------------------
 
※全レースの結果情報はこちら


今週も「プロ予想MAX」にぜひご注目下さい。

[もっと見る]

アイスバブルの口コミ


口コミ一覧

中日新聞杯備忘録

 fedo_love 2019年12月8日() 17:36

閲覧 33ビュー コメント 3 ナイス 6

【予想】
◎3カヴァル/丸山
〇11タニノフランケル/松若
▲16マイネルサーパス/丹内
▼6アイスバブル/スミヨン
△1ロードヴァンドール/太宰
 12ショウナンバッハ/吉田豊
→馬連ボックス3,11,16,6の6点、3連複3-11-16、6を軸に10点の計11点

【結果】
①サトノガーネット/坂井
②ラストドラフト/マーフィー
③アイスストーム/吉田隼
④ショウナンバッハ
⑦マイネルサーパス
⑨アイスバブル
⑫カヴァル
⑬ロードヴァンドール
⑭タニノフランケル・・・

【的中】
なし。。。

【振返り】
惨敗です、何もありませんが、ショウナンバッハ、頑張ってますね。
あとはタニノフランケル、応援してたけど、ここまでかな。。。

 ちびざる 2019年12月7日() 17:42
【GⅢ】中日新聞杯の結果
閲覧 52ビュー コメント 2 ナイス 10

1着:④サトノガーネット
2着:⑨ラストドラフト
3着:⑦アイスストーム


私の◎にした⑥アイスバブルは9着でした。
1着の④サトノガーネットは無印
2着の⑨ラストドラフトは▲
3着の⑦アイスストームは無印

でした。

買い目は
馬連ボックス
①③⑥⑧⑨


でしたので、予想は、ハズレました。_| ̄|○


 まずはに⑥アイスバブルに関して。
スタートはまずまず。4~5番手の好位からの競馬、
直線では、インを選択しましたが、思ったほど伸びませんでしたね。
位置どりは完璧でしたし、無理して追いかけた感じでもなかったので
これで伸びなかったのは、本調子ではなかったってことですかね。
がっかり感が強い負け方でした。


1着の④サトノガーネットについて。
道中は後方から。
直線は外に持ち出し伸びましたね。
上がり三ハロン最速の33.3秒の豪脚が物語っています。
上手く脚が溜まりましたね。
レースの流れも向いたと思います。
斤量の恩恵があったと思います。
もともと切れる脚は持っていましたが、重賞では荷が重いと思いましたが・・・・。


2着の⑨ラストドラフトについて。
この馬にとっては惜しいレースでしたね。
マーフィー騎手も完璧に乗っていたと思います。
道中は、アイスバブルの後ろでマークする形。
直線では、馬場の真ん中から脚を伸ばしましたが
勝ち馬の切れ味に屈した形になりました。
ただこの馬の力は出したと思います。

的中された方々、本当におめでとうございます。

[もっと見る]

 DEEB 2019年12月7日() 16:51
恥ずかしい馬予想2019.12.07[結果]
閲覧 31ビュー コメント 0 ナイス 2

中山11R 師走ステークス (L) 3歳以上オープン(国際)(特指)
◎ 1 ラビットラン…12着
○11 メイショウワザシ…3着
▲ 2 マイネルユキツバキ…2着
×16 ☆コパノチャーリー …14着
× 8 ☆リーゼントロック…10着
[結果:ハズレ×]

阪神10R 境港特別 3歳以上2勝クラス(混合)[指定]
◎ 5 ショウリュウイクゾ…8着
○ 1 レイエスプランドル…3着
△ 8 ☆ジャーミネイト…9着
[結果:ハズレ×]

阪神11R リゲルステークス (L) 3歳以上オープン(国際)(特指)
◎15 カリビアンゴールド…5着
○16 サウンドキアラ…3着
▲12 エントシャイデン…8着
△10 レインボーフラッグ…6着
× 3 ☆マイネルフラップ…11着
[結果:ハズレ×]

中京 3R 3歳以上1勝クラス[指定]
☆ 1 ベルペスカ…8着
[結果:ハズレ×]

中京11R 中日新聞杯 GⅢ 3歳以上オープン(国際)(特指)
◎ 6 アイスバブル…9着
○ 9 ラストドラフト…2着
▲16 マイネルサーパス…7着
△ 7 アイスストーム…3着
×12 ショウナンバッハ…4着
×11 タニノフランケル…14着
[結果:ハズレ×]

今日は、朝だけ仁川に行こうと思っています。
朝の運試しです。

[今日の結果:5戦0勝5敗0分]
朝の運試しはよかったのですが、後は全敗。

[もっと見る]

⇒もっと見る

アイスバブルの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
1:
  HELPRO   フォロワー:0人 2019年11月3日() 16:38:42
浜中、お前はもう乗るな!
斜行癖にビビり屋など見たくない!

アイスバブルの写真

アイスバブル
アイスバブル

アイスバブルの厩舎情報 VIP

2019年12月7日中日新聞杯 G39着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

アイスバブルの取材メモ VIP

2019年11月3日 アルゼンチン共和国杯 G2 11着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。