バイオスパーク(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
写真一覧
現役 牡5 黒鹿毛 2015年3月27日生
調教師浜田多実雄(栗東)
馬主宮田 直也
生産者小島牧場
生産地浦河町
戦績23戦[4-8-3-8]
総賞金10,468万円
収得賞金2,400万円
英字表記Bio Spark
血統 オルフェーヴル
血統 ][ 産駒 ]
ステイゴールド
オリエンタルアート
ナナヨーティアラ
血統 ][ 産駒 ]
マイネルラヴ
ナナヨーストーム
兄弟 メイショウライナーイリスファルコン
前走 2020/07/19 函館記念 G3
次走予定

バイオスパークの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
20/07/19 函館 11 函館記念 G3 芝2000 16127.233** 牡5 55.0 和田竜二浜田多実476(-6)2.00.0 0.336.9⑤⑤⑤アドマイヤジャスタ
20/05/16 京都 11 都大路S (L) 芝1800 145716.572** 牡5 56.0 藤井勘一浜田多実482(0)1.48.2 0.035.3ベステンダンク
20/03/08 阪神 11 大阪城S (L) 芝1800 165920.784** 牡5 54.0 和田竜二浜田多実482(-4)1.47.3 0.435.3⑧⑧レッドガラン
20/02/02 京都 10 飛鳥S 3勝クラス 芝1800 133340.591** 牡5 57.0 和田竜二浜田多実486(+4)1.48.1 -0.034.0⑦⑤アシュリン
19/12/08 阪神 9 オリオンS 3勝クラス 芝2400 1381232.3912** 牡4 55.0 藤岡佑介浜田多実482(+8)2.27.8 1.234.8⑤⑥バレリオ
19/11/17 京都 10 嵯峨野特別 2勝クラス 芝2000 9443.721** 牡4 57.0 C.スミヨ浜田多実474(+2)2.01.9 -0.234.4⑤⑤⑤④ダンスディライト
19/06/22 阪神 10 京橋特別 2勝クラス 芝2000 1281110.153** 牡4 57.0 和田竜二浜田多実472(+6)2.01.4 0.736.1シフルマン
19/06/02 東京 9 ホンコンJT 2勝クラス 芝2000 11559.453** 牡4 57.0 戸崎圭太浜田多実466(-14)2.00.5 0.433.3⑤⑤④アンネリース
19/03/31 阪神 9 明石特別 1000万下 芝2000 11226.142** 牡4 57.0 戸崎圭太浜田多実480(-6)2.04.8 0.134.1エーティーラッセン
19/03/02 阪神 9 千里山特別 1000万下 芝2000 1281113.456** 牡4 57.0 藤岡佑介浜田多実486(+2)2.01.0 0.936.0ジェシー
19/02/09 小倉 11 壇之浦特別 1000万下 芝2000 1851018.567** 牡4 56.0 丸山元気浜田多実484(+28)2.01.7 0.635.0⑱⑱⑱⑮バイオレントブロー
18/11/10 福島 10 三春駒特別 500万下 芝2000 16353.211** 牡3 55.0 丸山元気浜田多実456(-10)2.01.5 -0.034.7⑤⑦⑧⑧トミケンボハテル
18/10/21 新潟 10 浦佐特別 500万下 芝2000 137106.232** 牡3 55.0 丸山元気浜田多実466(-6)1.59.7 0.034.3④④ジャーミネイト
18/07/21 函館 10 横津岳特別 500万下 芝2600 12554.734** 牡3 54.0 藤岡佑介浜田多実472(+6)2.42.1 0.534.9⑥⑥⑧⑤シャイニーゲール
18/06/30 函館 6 3歳未勝利 芝2000 118102.211** 牡3 56.0 藤岡佑介浜田多実466(+4)2.01.5 -0.335.5⑧⑦⑥トーセンヴァロン
18/06/16 函館 4 3歳未勝利 芝2000 15472.612** 牡3 56.0 藤岡佑介浜田多実462(-4)2.01.8 0.036.2⑦⑥⑦⑥ハイドラン
18/05/20 京都 3 3歳未勝利 芝1800 18482.612** 牡3 56.0 藤岡佑介浜田多実466(+6)1.49.4 0.135.4⑦⑦サトノガーネット
18/04/29 新潟 5 3歳未勝利 芝1800 15595.322** 牡3 56.0 丸山元気浜田多実460(-10)1.47.9 0.033.3⑪⑦ロードザナドゥ
18/04/08 福島 7 3歳未勝利 芝1800 16482.924** 牡3 53▲ 横山武史浜田多実470(-2)1.50.4 0.536.6⑮⑮⑬⑩デクレアラー
17/12/03 阪神 6 2歳未勝利 芝1800 16595.532** 牡2 55.0 池添謙一浜田多実472(+4)1.48.1 0.134.7⑥⑤ロードアクシス

⇒もっと見る


バイオスパークの関連ニュース

 ★函館記念3着バイオスパーク(栗・浜田、牡5)は、京都大賞典(10月11日、京都、GII、芝2400メートル)で戦列に復帰する。

 ★UHB賞8着キングハート(美・星野、牡7)は、産経賞セントウルSへ向かう。

 ★阿蘇S2着メイショウワザシ(栗・南井、牡5)はシリウスS(10月3日、中京、GIII、ダ1900メートル)、僚馬でサマーチャンピオン2着メイショウテンスイ(牡3)はグリーンチャンネルC(10月11日、東京、L、ダ1400メートル)を視野に調整される。

 ★サマーチャンピオンを除外になったヒラソール(栗・加用、セン4)は、エニフS(9月12日、中京、L、ダ1400メートル)で仕切り直し。

【函館記念】15番人気!アドマイヤジャスタ復活星 2020年7月20日(月) 05:00

 サマー2000シリーズ第2戦の函館記念が19日、函館競馬場で16頭によって争われ、吉田隼騎乗で15番人気のアドマイヤジャスタが鮮やかに差し切って重賞初制覇。2018年紫菊賞(2歳500万下=現1勝クラス)以来の復活Vを飾った。2着に13番人気のドゥオーモ、3着に3番人気のバイオスパークが入り、3連単はレース史上最高となる343万2870円の大波乱となった。

 ◇

 力強く、肌寒い函館の空気を切り裂いた。“ブービー”15番人気のアドマイヤジャスタが、目の覚めるような末脚で抜け出して重賞初制覇。土曜の函館2歳Sに続き、レース史上最高配当となる3連単343万2870円という“激アツ”の大波乱を演出した。

 「びっくりしたけど、うれしかった。直線では(まだまだ)手応えもあったけど、最後に気を抜くところがあるので気をつけて乗りました」と初コンビの吉田隼騎手はしてやったりの笑み。中団の馬群で追走し、前半1000メートル58秒8のハイペースでじっくりと脚をためた。3コーナー過ぎから積極的に仕掛けると、直線では右ステッキに応えて馬場の真ん中から突き抜けた。

 須貝調教師は「“馬混みに入れてほしい”と指示したけど、隼人が理想的な競馬をしてくれた」と絶賛。集中して走れていた前走(鳴尾記念6着)に続いて、ホライゾネット(目穴部分をネットで覆った馬装具)を着用したのも奏功し、「晩成型だし、4歳を過ぎてから良くなる」と成長力にも目を見張った。

 次走は様子を見てからだが「(父の)ジャスタウェイも重い馬場が得意だった」と洋芝適性を確認できたことから、札幌記念(8月23日、札幌、GII、芝2000メートル)が候補に挙がっている。

 2018年10月の紫菊賞以来、1年9カ月ぶりのV。2歳GIホープフルSで2着となった実力馬が、ど派手に復活ののろしを上げた。(渡部陽之助)

アドマイヤジャスタ 父ジャスタウェイ、母アドマイヤテレサ、母の父エリシオ。鹿毛の牡4歳。栗東・須貝尚介厩舎所属。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬。馬主は近藤旬子氏。戦績14戦3勝。獲得賞金9582万8000円。重賞は初勝利。函館記念須貝尚介調教師、吉田隼人騎手ともに初勝利。馬名は「冠名+父名より」。



★19日函館11R「函館記念」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【函館記念】レースを終えて…関係者談話 2020年7月20日(月) 04:58

 ◆和田騎手(バイオスパーク3着)「最後も狭いところを抜けてきたんですが…。ペースが流れていたので、脚が上がってしまいましたね」

 ◆木幡育騎手(トーラスジェミニ4着)「もう少しペースを抑えられればよかったが、バテずに頑張ってくれた」

 ◆団野騎手(レイホーロマンス5着)「もう1列前(の位置)が取れていればよかったんですが」

 ◆武豊騎手(ランフォザローゼス6着)「(内めの)枠を生かした競馬。最後まで踏ん張っていた」

 ◆藤岡佑騎手(カウディーリョ7着)「出たなりで流れに乗れました。4コーナーで狭くなったところで伸びかかったんですが」

 ◆池添騎手(ミスマンマミーア8着)「4コーナーで下がってきた馬のあおりを受けてしまったので」

 ◆横山武騎手(ベストアプローチ10着)「前走よりいい状態。広いコースの方が良さそう」

 ◆ルメール騎手(レイエンダ11着)「最後に止まったし、距離が少し長かった」

 ◆岩田康騎手(レッドサイオン12着)「ハイペースで最後は馬が嫌がっていた」

 ◆勝浦騎手(ニシノデイジー13着)「3コーナー手前で手応えがなかった。気持ちの問題としか思えない」

★19日函館11R「函館記念」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【函館記念】バイオスパークが重賞初挑戦で3着 和田「スムーズに競馬ができた」 2020年7月19日() 19:13

 7月19日の函館11Rで行われた第56回函館記念(3歳以上オープン、ハンデ、GIII、芝2000メートル、16頭立て、1着賞金=4100万円)は、吉田隼人騎手騎乗で15番人気のアドマイヤジャスタ(牡4歳、栗東・須貝尚介厩舎)が差し切り重賞初V。タイムは1分59秒7(良)。



 オープン入り後、リステッド競走で4、2着と堅実に走っていたバイオスパークは、重賞初挑戦で3着。2番枠からゲートを出ると流れに乗って5番手の好位を追走。直線に入ると逃げたトーラスジェミニレイエンダの間を割って抜け出しを図るも、外からきた勝ち馬にあっという間に交わされ、ゴール手前でドゥオーモにも交わされてしまった。



 ◆和田竜二騎手「スムーズに競馬ができたし、最後も狭いところを抜けてこられました。ペースが流れていたので最後は脚が上がってしまったけど、重賞でもやれることは証明できましたね」



★【函館記念】払い戻し確定!! 全着順も掲載

[もっと見る]

【函館記念】15番人気アドマイヤジャスタが重賞初制覇!3連単は343万超の大波乱! 2020年7月19日() 15:47

 7月19日の函館11Rで行われた第56回函館記念(3歳以上オープン、ハンデ、GIII、芝2000メートル、16頭立て、1着賞金=4100万円)は、吉田隼人騎手騎乗で15番人気のアドマイヤジャスタ(牡4歳、栗東・須貝尚介厩舎)が、4コーナーから外に持ち出すと直線鋭く伸びて、スタートから速いペースで逃げ粘るトーラスジェミニらを差し切りV!タイムは1分59秒7(良)。



 1馬身1/2差の2着には後方から渋太く脚を伸ばしたドゥオーモ(13番人気)、さらにクビ差の3着には、バイオスパーク(3番人気)が入線した。



 また、1番人気のカウディーリョは7着に、2番人気のレイエンダは11着に敗れた。



 函館記念を勝ったアドマイヤジャスタは、父ジャスタウェイ、母アドマイヤテレサ、母の父エリシオという血統。北海道安平町・ノーザンファームの生産で、馬主は近藤旬子氏。通算成績は14戦3勝。重賞初制覇。管理する須貝尚介調教師、騎乗した吉田隼人騎手ともに函館記念は初制覇となった。



 ◆吉田隼人騎手(1着 アドマイヤジャスタ)「びっくりしたけどうれしかったですね。スタートだけうまく切れたらいいなと思って、予定より出てくれました。いいポジションで競馬ができたと思う。まだ4歳ですし、これからよくなってほしいですね」



函館記念払い戻し確定!! 全着順も掲載

[もっと見る]

【農林水産省賞典 函館記念】入線速報(函館競馬場) 2020年7月19日() 15:29

函館11R・農林水産省賞典 函館記念(2回函館6日目 函館競馬場  芝・右2000m サラ系3歳以上オープン)は、1番手14番アドマイヤジャスタ(単勝77.3倍/15番人気)、2番手6番ドゥオーモ(単勝58.4倍/13番人気)、3番手2番バイオスパーク(単勝7.2倍/3番人気)で入線しています。

想定オッズは以下の通り。

馬連6-14(1316.7倍) 馬単14-6(2770.9倍) 3連複2-6-14(2838.8倍) 3連単14-6-2(34328.7倍)

更に詳しい情報はこちら→http://umanity.jp/racedata/race_8.php?code=2020071902020611
※着順・払戻金等の確定情報は、レース結果確定後にレース結果ページにてご覧頂けます。

(注=上記は確定前情報を含みます。成績、払戻金など正確な情報につきましては、必ず今後JRA(日本中央競馬会)から発表されるものと照合してください。)

[もっと見る]

⇒もっと見る

バイオスパークの関連コラム

閲覧 1,242ビュー コメント 0 ナイス 1

先週は東西で2つの重賞が行われた。

西のプロキオンSではサンライズノヴァが鮮やかな差し切り勝ち。土曜日から阪神のダートは外が良く伸びていたが、日曜も傾向が継続し、メインも外枠勢や外を回した組が有利な決着となった。

ダートのバイアスは見た目でわかりづらい分、馬券的には美味しいケースが多い。手前みそになるが、私の本命もダート適性を見込んでいた外枠の◎エアスピネル。鮫島駿騎手らしい柔らかい当たりの騎乗で、外から伸びて来た。3着ヤマニンアンプリメも8枠16番を生かした外枠先行。3連複は14万馬券と、なかなかの高配当となった。



〜梅雨入りとともに大活躍の内田騎手

一方、夏の福島名物・七夕賞を制したのはクレッシェンドラヴ。内田博騎手は前週のバビットに続き、2週連続の福島重賞制覇。先月のエプソムCに続いて短期間で3つの重賞を固め打ちしたことになる。

この梅雨時に内田騎手が重賞戦線で活躍しているのは偶然ではない。かつて荒れ馬場の皐月賞ゴールドシップに騎乗し”インマクリ”を決めたように、タフな馬場をノメらせず走らせられるのが内田騎手の長所。そこは地方仕込みの技術なのだろう。荒れ馬場になりやすい梅雨時の開催は同騎手にとっては得意シーズンだ。ちなみにダイワキャグニーで制したエプソムCは不良、バビットで制したラジオNIKKEI賞はやや重、そして先週のクレッシェンドラヴで制した七夕賞は重馬場だった。

なお、古い話ではあるが初のJRA・G1制覇だった2007年のNHKマイルC(ピンクカメオ)はやや重、2度目のJRA・G1制覇となった2008年の宝塚記念エイシンデピュティ)は重馬場。内田博幸には、芝の塊が飛び散るような馬場が良く似合っている。

内田騎手に限らず、騎手にはそれぞれ馬場の得手不得手がある。高速馬場が得意な騎手、荒れた馬場が得意な騎手、ダートの方が成績が良い騎手など、レースを観ているといろいろな傾向が見えて来る。宣伝で恐縮だが、4月に発売した『競馬記者では絶対に書けない騎手の取扱説明書』では、そういった騎手ごとの特徴を書いているので、興味のある方はぜひ手に取ってほしい。


〜9年連続3連複万馬券継続中、函館記念の穴馬

さて、今週末は函館最終週を飾るハンデ重賞・函館記念が行われる。過去10年で1番人気は1勝、2着1回のみという波乱の重賞で、ここのところ9年連続で3連複から万馬券になっている。思い切って穴馬を狙って良い、穴党向きの一戦だ。

ここでは注目の穴馬を2頭挙げてみたい。

ベストアプローチ
実に2年2か月ぶりの出走となった前走の巴賞がなかなか見どころのある内容。着順こそ6着と振るわなかったが、トーラスジェミニが逃げ切る完全な立ち回り戦を4コーナーで動いて最後まで脚を使えていた。距離延長は間違いなくプラスで、頻繁に穴をあける巴賞敗戦組。叩いた上積みがあれば通用の余地があるはず。荒れて来ている馬場も向きそうだ。

バイオスパーク
前走の都大路Sは最後差されたもののコース取りを考えれば上々といえる2着。レースぶりに安定感があるため派手さはないが器用なタイプで函館の2000mは合いそう。荒れ馬場も苦にしないので、上手く立ち回れればチャンスもある。

いずれにしても波乱必至のレースなので、あまり弱気にならず思い切って攻めて行きたい一戦だ。

※重賞の結論は、『TAROの競馬』にて無料公開予定。また、馬券の買い方や券種の選び方なども含めた結論は、競馬ノートにて限定配信の予定です。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』
(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)、『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)。


登録済みの方はこちらからログイン

2019年6月6日(木) 15:00 競馬プロ予想MAX
先週の回顧~(6/1~6/2)G1安田記念 nigeプロが◎○▲パーフェクト的中! 週間回収率トップはあおまるプロ!
閲覧 1,386ビュー コメント 0 ナイス 9



先週は、2(日)に東京競馬場でG1安田記念が行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G1安田記念は、1番人気に単勝1.7倍でアーモンドアイ、2番人気に同3.2倍でダノンプレミアム。以下は、大きく離れて同12.5倍の3番人気にアエロリット、4番人気インディチャンプ(同19.2倍)、5番人気ステルヴィオ(同21.4倍)と、2強オッズを形成し発走の時を迎えます。
注目のスタートは、内の各馬が好発を決めて前へ。そしてその後に問題のシーン。大外枠から出を窺ったロジクライが内にヨレて、ダノンプレミアムアーモンドアイペルシアンナイトロードクエストといったところまでが影響を受ける一幕が発生。この人気馬を巻き込んでのアクシデントに、2週連続でスタート直後の悲鳴に包まれる東京競馬場。落馬こそなかったものの、人気2頭を含む外枠勢はこれにより後方からの競馬を余儀なくされます。
先手争いは、グァンチャーレを押して交わしていったアエロリットが制してハナへ。2番手グァンチャーレに次いで、インディチャンプが3番手。以下は、ロジクライサングレーザーモズアスコットロードクエストエントシャイデンフィアーノロマーノサクラアンプルールと中団にかけて追走。直後の11~12番手あたりにダノンプレミアムアーモンドアイと、人気2頭は後方集団の一角まで挽回。ケイアイノーテックスマートオーディンステルヴィオ、最後方にペルシアンナイトとなって、3コーナーを目指します。
前半4Fを45.8秒(推定)で通過するアエロリット。2番手でマークするグァンチャーレ以下は、2~3馬身ほど離れて続く態勢でコーナーリング。アーモンドアイダノンプレミアムは、後方集団のまま外目を回す形となって、直線勝負に賭けます。
迎えた直線、依然逃げるアエロリットまでは10馬身ほどの差がある中で、早々に追い出されるダノンプレミアムと、まだほぼ持ったままのアーモンドアイ。前では、徐々にアエロリットを目がけグァンチャーレが差を詰め、その直後にはロジクライの外に持ち出してロードクエストも早めのスパートで前を追います。残り300mを過ぎると、さらに後ろから4番人気インディチャンプが脚を伸ばし始め、連れてモズアスコットも併せ馬の形で進出。その頃、ダノンプレミアムが馬群に沈んでいく一方で、アーモンドアイモズアスコットの外へ舵を切り、ここでようやくファンの心配を期待に変えるスパートを開始します。残り150mでモズアスコット、残り100mでグァンチャーレと馬体を並べ、さらに表彰台の最上段を目指して突き進むアーモンドアイ。決死の追い上げは、ゴール直前まで続いたものの、先んじて内を抜け出していたアエロリットインディチャンプの内2頭との差はあまりにも大きく。結局、3番人気アエロリットをゴール直前でクビ差封じた4番人気インディチャンプが優勝。アーモンドアイは、2着アエロリットからハナ差3着に終わっています。
公認プロ予想家では、nigeプロ導師嵐山プロジョアプロら計4名が的中をマークしています。
 
 
 
----------------------------------
 
☆☆☆注目プロ →新参者プロ
1(土)こそ苦戦するも、2(日)に大幅プラスとなった先週。まず、阪神1Rを◎○△で仕留めると、東京9Rで○◎▲的中を披露し、30万9,100円のスマッシュヒットを記録しました。これにより、週間回収率119%を達成し、3週連続週末プラスをマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →あおまるプロ
先週は、1(土)阪神7Rカフジロッソ的中での50万9,000円払戻しのビッグヒットを筆頭に、阪神10Rなどの的中を記録。土日2日間トータル成績で、回収率207%、収支31万8,000円のトップに立っています。
 
☆☆☆注目プロ →nigeプロ
2(日)G1安田記念では、◎インディチャンプアエロリットアーモンドアイのパーフェクト予想を披露! 10万420円払戻しのスマッシュヒットをマークし、週間回収率188%で終えています。「ダート専門」といえど、この春G1戦線で存在感をアピールし、芝回収率308.2%を達成中のnigeプロからますます目が離せません。
 
☆☆☆注目プロ →霧プロ
1(土)は東京5Rなどで的中をマーク。2(日)も、新馬戦東京5Rなどで活躍を披露すると、東京9Rでは、◎アンネリース(単勝39.4倍)○コーカスバイオスパークのパーフェクト的中を達成! 単勝、馬連、馬単、3連複を総獲りで、しめて140,140円を払戻しています。週末トータルでは、回収率122%を達成しています。
 
 
 
この他にも、KOMプロ(120%)、馬侑迦プロ(113%←3週連続週末プラス)、夢月プロ(104%)、シムーンプロ(110%)らが、週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
 
 
----------------------------------
 
※全レースの結果情報はこちら


今週も「プロ予想MAX」にぜひご注目下さい。

[もっと見る]

バイオスパークの口コミ


口コミ一覧
閲覧 248ビュー コメント 0 ナイス 5

おはようございます!(=^・^=)
いつもブログ訪問される方々、ありがとうございます。
ついでに応援”ポチ”もよろしくお願いします。

やっと、「梅雨明け宣言」があるかもしれません!? 
蝉の鳴き声で目が覚める、8月ですね?
って、まだ7月ですけどね?

相変わらず、我が懐はカラッカラッですけど、何か?

【リニューアル週間スケジュール】

一週間の基本的なブログスケジュールは、下記参照。
(毎朝7時ごろ更新/競馬変則日程の場合は変更あり)

月曜日 : お休み
火曜日 : 週末の重賞(日刊馬番コンピ指数分析篇)
水曜日 : 週末の重賞(血 統データ分析篇)
木曜日 : 先週末重賞に関する回顧(日記)等
木曜日 : 週末の重賞(刻を見極めるラップ篇)
金曜日 : 週末の重賞(過去ラップ分析篇)
土曜日 : 土曜当日の重賞レースを予想(“総合分析”予想篇)
土曜日 : 土曜当日の重賞レースを回顧
日曜日 : 日曜当日の重賞レースを予想(“総合分析”予想篇)
日曜日 : 日曜当日の重賞レースを回顧

*各曜日の予想を週末の重賞レース“総合分析”予想のみに絞り込みます。
木曜インパクトデータを止めて重賞レース回顧(日記)へ変更
金曜重賞レース回顧(日記)から有力馬ラップ分析へ変更
ハイブリッド指数予想を止めて重賞レース“総合分析”予想へ変更

※引き続き「人気ブログランキング」「にほんブログ村」「ウマニティ競馬ブログ」以上のブログランキングへ参戦中!応援クリックをよろしく、お願いします。

ブログのアドレス   https://89923493.at.webry.info/

宜しくお願い致します。

【“総合分析”予想 最終結果】
第7期(7月5日~7月19日)4日間(CBC賞~中京記念:全7戦)

最終週末は、当てる事ができたのか!?

土曜、G3 函館2歳Sでは、6番カイザーノヴァ軸で勝負!
ワイド(6-2,3,8,14,15)
結果は、ハズレ…(ノД`)・゜・。

土曜「函館2歳S」の軸馬カイザーノヴァ、中団後方追走から直線で弾けて優勝…のはずが、伸びてはいるが5着まで…残念。1着リンゴアメ、2着ルーチェドーロで波乱決着!?反省点として、軸馬・相手馬選択…等全面的に見直し!? 今回、連対馬2頭がノーマークでは、当たるわけがない。唯一、血統データ分析篇で取り上げた父Pサンデー系=ラヴケリー(3着)、リンゴアメ(1着)が好成績…残念。


日曜、G3函館記念では、5番カウディーリョ軸で勝負!
ワイド(5-1,2,10,11,13)
結果は、ハズレ…(ノД`)・゜・。

日曜「函館記念」の軸馬カウディーリョ、先行追走から直線で弾けて優勝…のはずが、馬群に沈み込み7着入線…。1着アドマイヤジャスタ、2着ドゥオーモが入り、大波乱!?反省点として、函館2歳S同様に軸馬・相手馬選択…等全面的に見直し!? 今回、連対馬2頭がノーマークでは、当たるわけがない。また、函館2歳S同様に血統データ分析篇で取り上げたボールドルーラー系の血を引く馬(母母父Caveat)アドマイヤジャスタ(1着)、ロベルト系の血を持つ馬(クロス血量9.38% 4+5母方)ドゥオーモ(2着)が好成績…残念。


日曜、G3中京記念では、13番ラセット軸で勝負!
ワイド(13-4,6,7,11,15)
結果は、ハズレ…(ノД`)・゜・。

日曜「中京記念」の軸馬ラセット、後方追走から直線で弾けて優勝…のはずが、クビ差まで迫るが2着まで…。1着メイケイダイハード、3着エントシャイデンが入り、大波乱!?馬券は、相手馬が抜けてハズレ…(ノД`)・゜・。反省点として、相手馬選択の失敗!? 1着メイケイダイハード、3着エントシャイデンの2頭に対して、ほぼノーマークでは、当たるわけがない。特に、優勝したメイケイダイハードは、どの角度から見直しても引っかからなったが、3着エントシャイデンは、血統(父ディープインパクト)から芝マイルで有利、調教抜群だったことから拾えたはず…残念。



最終週末、3戦3敗。第7期(7月5日~7月19日)4日間(CBC賞~中京記念:全7戦)も前期に続き、全敗。情けない結果ですが、これが現実。確かに、結果だけを見直せば、波乱決着ばかり!? CBC賞(13→11人気)、ラジオNIKKEI賞(8→7人気)、七夕賞(3→7人気)、プロキオンS(5→8人気)、函館2歳S(10→4人気)、中京記念(18→6人気)、函館記念(15→13人気) と1番人気馬が連対していない。個人的には、1人気を基本的に軸馬選択なので、当たらなくても当たり前?? 例年になく難解だったことが結論。来期での復活に賭けましょう!?


過去10年のレース傾向(1番人気の信頼度)
アイビスSD=新潟(芝直)1000=Ⅾ(69)外枠有利

【ラップ分析試行錯誤中】
【ラップ分析実戦 結果検証篇】
<G3 函館記念 (タイム1分59秒7)の回顧>
LAP(前半3F 35.3)
LAP(後半3F 37.1)
バイオスパーク(3着)
和田竜二騎手のコメント「スムーズに競馬ができました。最後は狭いところを抜けていけた。結構(ペースが)流れていたので、最後は脚が上がりましたが、重賞でもやれることは証明できました」

<重賞ラップ分析実戦篇>
アイビスサマーダッシュ 新潟(芝直)1000㍍
<傾 向>
リピーターが強いというレース傾向。
<ポイント>
外枠断然有利のコース形態。
<注目馬>
ライオンボス(牡5、美浦・和田正一)
ディフェンディングチャンピオンであり、前哨戦の韋駄天S1着と好調。千直適性の高さから主役!!

【重賞レースの馬番コンピポイント篇】
(アイビスサマーダッシュ)
注目したのは、"馬番コンピ指数値60"

過去10年内(0-2-2-1/5)
連対率40%/複勝率80%(回収率194%)
近5年 (0-1-2-0/3)
連対率33%/複勝率100%(回収率213%)
昨年、出現していないだけに今年は期待!?
複勝で勝負!!

詳細は、ブログまで訪問して下さい。
ブログのアドレス  https://89923493.at.webry.info/
宜しくお願い致します。

 アイざん 2020年7月21日(火) 01:41
函館記念 覚えておくべき血統傾向
閲覧 125ビュー コメント 0 ナイス 11

函館記念。大事な大事な血統傾向を見逃しました
それは、⓵ロベルト系を持っているか②欧州型ノーザンダンサー
⓵の該当馬は他にもいましたが、ロベルトを2つ持っているのはドゥオーモ1頭でした。
②は母父の欧州型ノーザンダンサーは、ドゥオーモとアドマイヤジャスタの2頭でした。
じゃあバイオスパークは?となると、母にロベルトを持ってるんですね。
父は注目しないのか?というと、ステイゴールド系が函館で調子が良かったのがあり、凱旋門賞2着に
入る名馬。欧州のレースで活躍した馬という点ではロベルトや欧州ノーザンに匹敵する血統といえます。
ジャスタウェイは、今函館で一番熱い血統馬です。勝率、複勝率、連帯率が驚異的な数字をたたき出してます。そしてディープインパクト。ハンデ戦で穴を出す血統であり、G1級の力は無いがG2やG3で何度も
好走することがあります。
以上色々と考察すれば函館記念で好走する理由が血統だけで語れます。今後の参考になるレースだったと言えます。

[もっと見る]

 KSA 2020年7月20日(月) 21:30
【月曜】仕事終わりの深夜作業
閲覧 84ビュー コメント 0 ナイス 11

『競馬推進部 予想課』更新
本日は【先週の予想したレース】の
結果更新。

【函館記念】注目点
週頭で予想バイオスパークが3着
(↑過去10年傾向など)

【中京記念】注目点
単複期待回収率共に上位5位以内
メイケイダイハードが1着 
(↑タイプ分類)

平たく言うと、的中率重視の人と組めば、
自分案外悪くないんじゃないでしょうか??笑

[もっと見る]

⇒もっと見る

バイオスパークの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
8:
  fc0703d559   フォロワー:2人 2020年7月19日() 13:13:04
ラゴン ○相手
7:
  fc0703d559   フォロワー:2人 2020年7月19日() 12:28:21
ラボ坂、調教○
6:
  fc0703d559   フォロワー:2人 2020年7月19日() 12:22:58
ラボ水、○相手

⇒もっと見る

バイオスパークの写真

投稿写真はありません。

バイオスパークの厩舎情報 VIP

2020年7月19日函館記念 G33着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

バイオスパークの取材メモ VIP

2020年7月19日 函館記念 G3 3着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。