ジャミール(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
写真一覧
抹消  鹿毛 2006年3月9日生
調教師松元茂樹(栗東)
馬主吉田 照哉
生産者福田牧場
生産地浦河町
戦績27戦[4-7-4-12]
総賞金17,838万円
収得賞金5,150万円
英字表記Jamil
血統 ステイゴールド
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
ゴールデンサッシュ
ジャスーラー
血統 ][ 産駒 ]
Sadler's Wells
Fenney Mill
兄弟 カネスベネフィットジョーキーマン
前走 2013/02/10 京都記念 G2
次走予定

ジャミールの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
13/02/10 京都 11 京都記念 G2 芝2200 1166150.4109** 牡7 56.0 武幸四郎松元茂樹468(0)2.15.0 2.536.3⑪⑪⑩⑨トーセンラー
11/08/06 函館 11 みなみ北海道 OP 芝2600 12224.825** 牡5 57.0 安藤勝己松元茂樹468(+18)2.42.7 1.037.6⑩⑩⑨⑥ネコパンチ
11/05/28 東京 11 目黒記念 G2 芝2500 1881831.9117** 牡5 57.0 吉田豊松元茂樹450(-8)2.32.7 0.235.7⑬⑬⑬⑭キングトップガン
11/05/01 京都 11 天皇賞(春) G1 芝3200 1871344.41115** 牡5 58.0 C.ウィリ松元茂樹458(-2)3.22.6 2.037.2⑭⑮⑩⑧ヒルノダムール
11/04/09 阪神 10 大―ハンC OP 芝2400 18244.128** 牡5 57.0 安藤勝己松元茂樹460(+4)2.27.4 1.035.4⑰⑰⑱⑰ビートブラック
10/12/26 中山 10 有馬記念 G1 芝2500 1681691.81515** 牡4 57.0 福永祐一松元茂樹456(+4)2.34.0 1.435.1⑨⑨⑨⑩ヴィクトワールピサ
10/12/04 中山 11 ステイヤーズ G2 芝3600 15594.522** 牡4 57.0 安藤勝己松元茂樹452(0)3.43.5 0.135.6⑩⑩⑧⑦コスモヘレノス
10/11/07 東京 11 アルゼンチン G2 芝2500 18595.422** 牡4 56.0 大庭和弥松元茂樹452(+8)2.30.3 0.335.4⑫⑫⑪⑩トーセンジョーダン
10/09/26 中山 11 オールカマー G2 芝2200 108104.725** 牡4 57.0 安藤勝己松元茂樹444(-6)2.11.8 0.435.1⑤⑤④⑤シンゲン
10/08/22 札幌 9 札幌記念 G2 芝2000 168158.845** 牡4 57.0 安藤勝己松元茂樹450(-12)2.00.1 0.735.6⑦⑪⑪⑩アーネストリー
10/07/25 函館 9 函館記念 G3 芝2000 166125.212** 牡4 56.0 安藤勝己松元茂樹462(+10)1.59.1 0.635.6⑨⑧⑧⑧マイネルスターリー
10/05/02 京都 10 天皇賞(春) G1 芝3200 187136.937** 牡4 58.0 安藤勝己松元茂樹452(0)3.17.4 1.734.6⑱⑱⑱⑯ジャガーメイル
10/03/21 阪神 11 阪神大賞典 G2 芝3000 14465.842** 牡4 56.0 安藤勝己松元茂樹452(0)3.07.3 0.035.7⑩⑩⑩⑩トウカイトリック
10/01/11 中山 10 迎春S 1600万下 芝2500 12792.111** 牡4 56.0 安藤勝己松元茂樹452(+2)2.34.6 -0.134.7⑩⑩⑨⑨ポルカマズルカ
09/12/13 阪神 10 オリオンS 1600万下 芝2400 185104.533** 牡3 55.0 安藤勝己松元茂樹450(-2)2.28.1 0.234.9⑧⑧⑧⑤トップカミング
09/11/21 京都 9 八瀬特別 1000万下 芝2400 14451.811** 牡3 55.0 安藤勝己松元茂樹452(+4)2.26.5 -0.034.3④④④④コパノジングー
09/10/17 京都 10 鳴滝特別 1000万下 芝2200 10112.822** 牡3 54.0 安藤勝己松元茂樹448(+6)2.13.8 0.033.3④④④④ホッコービクトリー
09/09/26 阪神 9 野分特別 1000万下 芝1800 11783.622** 牡3 54.0 安藤勝己松元茂樹442(-8)1.45.7 0.734.3スリーロールス
09/08/22 札幌 12 3歳以上500万下 芝2000 167144.721** 牡3 54.0 安藤勝己松元茂樹450(+8)2.00.7 -0.135.6⑦⑥トモロポケット
09/05/17 京都 7 3歳500万下 芝2000 10896.022** 牡3 56.0 安部幸夫松元茂樹442(0)2.04.3 0.335.0⑦⑦⑤⑤アドマイヤショット

⇒もっと見る


ジャミールの関連ニュース

 《本紙の狙い》ジャミールが◎。3カ月ぶりだが、乗り込みは入念で、力を出せる状態に仕上がっている。重賞2着4回の実力馬。ステイヤーとしての資質はGI級で、オープン特別ならば、信頼度は高い。ビートブラックキタサンアミーゴが相手本線。

【メイクデビュー東京】フィッシュザビート2011年2月6日() 05:04

 【5R】母の弟に長丁場で活躍中のジャミールがいる。同じステイゴールド産駒で、ジャミールと血統構成はかなり近い。東京の2000メートルならば、力を出せそうだ。中間の除外で乗り込みも十分に消化。畠山吉調教師は「ひと追いごとに良化してきました。条件も合いそうですし、牡馬が相手でも楽しみです」と期待している。

[もっと見る]

【有馬記念】’10世相有馬は女の戦い!? 2010年12月25日() 05:08

 今年もいろいろありました-。1年の総決算、有馬記念を、今年を振り返って予想してみました。一昨年は、7月に不倫騒動を起こした山本モナ(34)にちなんだアドマイヤ“モナ”ークが2着に激走。3連単98万5580円の波乱の立役者となっています。世相馬券と侮るなかれ。暮れに勃発した大桃、麻木の不倫バトルが、馬券的中のカギを握っているかもしれませんよ。

確定枠順へ

★大桃ディザイアVs麻木ブエナ

 年末が近づいて話題沸騰なのが、タレント、大桃美代子(45)の前夫、山路徹氏(49)とタレント、麻木久仁子(48)の不倫騒動。まるで有馬記念に合わせたかのように、今週の巷はこの大バトルの話題で持ち切りとなっている。やり手ジャーナリストをめぐって激突している2人の名前で美代子((3)(4)(5))と久仁子((9)(2)(5))に注目。馬連(2)(3)(4)(5)(9)のボックスは不可欠だ。“熟女”という観点でいけば、すっかり毛色も白くなった5歳牝馬の〔4〕枠(8)番メイショウベルーガ(芦毛馬は年々白くなるのです)となる。また、麻木を浅葱色(あさぎいろ=ごく薄い藍色)と考えても、〔4〕枠は確実に狙い目だ。大“桃”のピンク(〔8〕枠)との枠連〔4〕〔8〕も押さえておきたい。したたかに強いのは、やはり歴戦の古馬牝馬かも!?

★フォ“ゲゲゲの”(3)流し

 今年の流行語大賞は「ゲゲゲの~」。馬名にゲを使っているのは(3)フォゲッタブルただ1頭。馬連(3)総流しで。「ゲゲゲの女房」の作者・武良布枝さん、夫の水木しげるさんが住居を構え、舞台となったのは東京都調布市。東京都出身は(4)三浦騎手、(13)横山典騎手。夫を演じ、お泊まりデートを撮られたばかりの俳優、向井理(28)は神奈川県出身で、(2)後藤騎手と同じ。妻を演じた女優、松下奈緒(25)は兵庫県出身で、(3)岩田康騎手と同郷だ。馬連(2)(3)(4)(13)で。

★AKB48

 先日発表された2010年度のオリコンシングル年間ランキングは、AKB48と嵐が上位10曲を独占した。月並みではあるが、AKB“48”で(4)トーセンジョーダンと(8)メイショウベルーガ。また、AKB48のジャンケン選抜でセンターに決まった「内田」眞由美が、大いに「フラッシュ」を浴びたことも記憶に新しい。内田博が乗る(10)エイシンフラッシュは不可欠だ。そして嵐は5人組なので(5)ルーラーシップも押さえ、馬連(4)(5)(8)(10)のBOXで。

★“海老”蔵と言えば馬連(7)(8)

 今年の芸能界で最大の話題といえば“海老蔵事件”。歌舞伎役者の第11代、市川海老蔵(33)が11月25日、飲食店で殴打された事件だ。(7)ブ“エ”ナ“ビ”スタに、(8)メイショウベルーガは蛯名(えびな)正義騎手。馬連(7)(8)でバッチリ。また、(2)ヴィクトワールピサの馬主は「市川」義美氏。(3)フォゲッタブル、(11)トゥザグローリーを担当しているのは「市川」明彦厩務員。少し手を広げて馬連(2)(3)(7)(8)(11)のボックスも買いたい。

★“センジョー”カメラマン単勝(4)

 今年、大ブレークした人といえば、戦場カメラマンの渡部陽一(38)。独特のゆっくりとした語り口で、バラエティー番組などに引っ張りだこの大人気となった。“センジョー”をその名前にズバリと含むのが、〔2〕枠(4)番のトー“センジョー”ダン。ここは迷わず、単勝(4)の1点買いでビシッと勝負したい。

★竜=辰年 馬連(1)(5)(16)ボックス

 今年は大河ドラマ「龍馬伝」が放映され、プロ野球セ・リーグは中日ドラゴンズが優勝した。竜=辰年生まれのホースマンは福永祐一騎手(76年生まれ)と角居勝彦調教師(64年生まれ)がいる。(1)ヴィクトワールピサ、(5)ルーラーシップ、(16)ジャミールの馬連(1)(5)(16)ボックスをぜひ。

★尖閣カラーで枠連〔1〕〔4〕〔6〕BOX

 9月7日に、尖閣諸島沖で中国漁船が海上保安庁の巡視船と衝突。日中間が一触即発の状態になったのは記憶に新しい。中国漁船の船体が“青”で〔4〕枠、海上保安庁の巡視船の船体が“白”で〔1〕枠。巡視船のデッキの床の色が“緑”で〔6〕枠。枠連〔1〕〔4〕〔6〕のBOX。

★食べ“ルラー”油で(5)大人買い

 今年、食品で大ブームとなったのが「食べるラー油」。一時期はどのスーパーでも品切れ状態となったほどだ。食べ“ルラー”油で、(5)ルーラーシップに注目。先駆けとなったのが、09年8月に発売された桃屋の「辛そうで辛くない少し辛いラー油」。“桃”屋でピンクの〔8〕枠2頭(15)レッドディザイア(16)ジャミールも警戒したい。桃屋といえば、喜劇役者・三木のり平のアニメCMが有名。(3)フォゲッタブルも気になる。馬連(3)(5)(15)(16)のボックスで高配当をゲットし、食べるラー油を大人買いだ!

★服の色〔1〕〔2〕〔3〕で整いました

 「整いました~」。この謎かけで今年、ブームを呼んだのが漫才コンビ、Wコロンのねづっちこと根津俊弘(35)と、木曽さんちゅう(40)。ねづっちといえば、赤い地に、白と黒のチェックが入ったジャケットがトレードマークだ。白(〔1〕枠)、黒(〔2〕枠)、赤(〔3〕枠)で、枠連〔1〕〔2〕〔3〕のボックス。これで有馬記念も「整いました~」となるか。

★福永も持ってる!?「祐」ちゃんの(16)

 ドラフトで4球団が競合となった結果、日本ハムが“当たりクジ”を引き当てたハンカチ王子こと斎藤佑樹投手(22)。漢字は微妙に違うが、佑ちゃんならぬ「祐ちゃん」で、福永祐一騎手の(16)ジャミールは要チェックだ。佑ちゃんの背番号が18に決まったことから、馬連(1)(8)も抑えておく。

★奇跡の“33”人から(3)(5)(13)

 チリで8月5日、鉱山落盤事故が起こり地下に33人が閉じこめられた。だが、事故から69日後の10月13日、全員が無事に救出され、現地では33が“奇跡の数字”として大きな話題となった。その奇跡に託して、枠連〔3〕〔3〕で有馬も勝負したかったが、(6)ローズキングダムが無念の出走取り消し-。3絡みで(3)フォゲッタブル-(13)オウケンブルースリと、〔3〕枠の(5)ルーラーシップで馬連(3)(5)(13)のボックスを少々、買っておきたい。

★今年の漢字「暑(ショ)」から(2)(8)

 今年を表す漢字1文字は「暑」。訓読みは「あつい」だが、音読みなら「ショ」となる。(2)ネヴァブ「ショ」ンと(8)メイ「ショ」ウベルーガは、ともに人気薄だけにワイド(2)(8)を抑えておきたい。また、日本は冬だが、豪州は今が夏。豪州のクレイグ・ウィリアムズ騎手が騎乗する(11)トゥザグローリーも要注意だ。ワイド(2)(11)、(8)(11)も追加。

[もっと見る]

【有馬記念】ジャミールまさかの大外枠…2010年12月24日(金) 05:06

 堅実な成績を残すジャミールは、大外の〔8〕枠(16)番となった。「大外になるとは…」と松元茂樹調教師は言葉を詰まらせたが、続けて「あまり枠にこだわる馬ではない。あとは、この枠でどう乗るかは乗り役(福永祐一騎手)に任せます」と、関西リーディングを快走するユーイチの手腕に期待を寄せた。

有馬記念枠順へ

[もっと見る]

【有馬記念】ジャミール、中2週も合格点 2010年12月23日(木) 05:07

 状態の良さは伝わってきた。ジャミールは福永騎手を背に坂路で単走。動きに硬さはなく、まっすぐに駆け上がってきた。4ハロン52秒0、ラスト1ハロン13秒3をマーク。「動きはよかったね。中2週だからサーッとやっただけ。スッと脚を伸ばしていた。馬体重は4~6キロくらい減りそうだね」と松元茂調教師。重賞未勝利だが、堅実さは不気味だ。

[もっと見る]

【ステイヤーズS】コスモヘレノス重賞初V 2010年12月4日() 15:52

 第44回ステイヤーズS(4日、中山11R、GII、3歳以上オープン、国際、特指、別定、芝3600メートル、1着賞金6400万円)松岡正海騎手騎乗の5番人気コスモヘレノス(牡3歳、美浦・菊川正達厩舎)が快勝。勝ちタイムは3分43秒4(良)。

 3/4差の2着には2番人気ジャミール、2着から1馬身1/4差の3着には3番人気ネヴァブションが入った。1番人気に支持されたトウカイメロディは9着に敗れた。

 逃げるミッキーミラクルの後ろで競馬を進めたコスモヘレノス。直線に入るとフォゲッタブルらを競り落とし、先頭に。後方から鋭く追い込んだジャミールの追撃も振り切り、勝利を飾った。

 コスモヘレノスに騎乗した松岡騎手は「距離も持ちますし、来年は天皇賞・春とかで頑張ってくれればと思います」と今後への期待を語った。

 勝ったコスモヘレノスは父グラスワンダー、母スターフェスタ、母の父エリシオという血統で通算成績14戦4勝。重賞は初制覇。松岡騎手はステイヤーズS初制覇。管理する菊川調教師は嬉しいJRA重賞初勝利となった。

 払戻金は単勝が1490円、枠連が(1)-(5)で2700円。馬連は(1)-(9)で2500円、馬単は(1)-(9)で7000円。3連複は(1)-(7)-(9)で4170円、3連単は(1)-(9)-(7)で3万5920円。ワイドは(1)-(9)が830円、(1)-(7)が960円、(7)-(9)が370円。

[もっと見る]

⇒もっと見る

ジャミールの関連コラム

閲覧 298ビュー コメント 0 ナイス 4

第194話 「函館記念


07年 37.1-49.8-35.9 =2.02.8 ▼1▼ 2△6 平坦戦
08年 34.8-48.6-36.9 =2.00.3 △1± 0△6 消耗戦
10年 34.5-48.0-36.0 =1.58.5 ▼2▼10△8 瞬発戦
11年 34.7-49.7-35.9 =2.00.3 ▼3▼ 2△3 平坦戦

西の小倉大賞典が「アサカディフィート大賞典」なら東の函館記念は「エリモハリアー記念」というぐらいリピーターが存在するレース。
アサカディフィートが10歳でエリモハリアーが7歳で重賞を勝てるのです。
年齢は関係なく適性というファクターが非常に重要ということですね。
この2頭の共通点は平坦適性が高い馬ということ。
アサカディフィート 【瞬1平16消1】
エリモハリアー   【瞬2平10消4】
平坦戦の連対数が10を超える馬はなかなかいないです。
近年では瞬発戦、平坦戦、消耗戦とバラバラな結果となっていますが重要なのはやはり平坦適性となるでしょう。
近年の連対馬のラップギアを見てみましょう。

1着馬
エリモハリアー   【瞬2平9消4】
トーセンキャプテン 【瞬2平1消0】
マイネルスターリー 【瞬4平3消0】
キングトップガン  【瞬3平5消0】
2着馬
ロフティーエイム  【瞬4平4消0】
フィールドベアー  【瞬7平7消1】
ジャミール     【瞬6平1消1】
マヤノライジン   【瞬7平4消2】

平坦特化タイプは少ないですが瞬発戦と平坦戦の両方に実績がある馬が多く連対しています。
ジャミールがどちらかといえば瞬発戦特化のように見えますが重賞だけに限定すれば現在は【瞬1平2消1】という成績でむしろ瞬発戦以外のレースの方がベターの馬とも思えます。

次にポイントになるのは洋芝適性でしょう。
これは血統にある程度の偏りが見られます。
近年は3代内にノーザンダンサー系の血を持った馬が多く馬券になっています。
特に多いのはニジンスキー系で12頭中5頭が該当していました。
次に多いのはノーザンダンサー系ではなくグレイソヴリン系で12頭中4頭が該当していました。
今年の登録馬でニジンスキー持ちの馬は、キングトップガンストロングガルーダトウカイパラダイスマイネルスターリーミッキーパンプキンロードオブザリング
グレイソヴリン持ちの馬は、キングトップガンネオヴァンドームマイネルスターリーリッツィースター
となっています。
また、血統ではありませんが函館実績もポイントの一つ。
エリモハリアー(7番人気)、ロフティーエイム(10番人気)、マヤノライジン(12番人気)などの人気薄の馬は過去に函館芝のレースで連対経験がありました。
単純に過去に函館芝で連対経験のある馬は買いでしょう。
マヤノライジンマイネルスターリーリッツィースターメイショウクオリアトウカイパラダイスゴールデンハインドキングトップガンミッキーパンプキン
が該当します。

「本命ドリパスの3連単1点予想(水曜時点)」
キングトップガントウカイパラダイスマヤノライジン
適性重視のレースなんだから9歳だろうが11歳だろうが関係ありませんという予想。
キングトップガンは昨年のこのレース以降惨敗続きですが瞬発戦ばかりで全く出番なし。
横山Jに手が戻ってここが勝負。


(補足)
「▼4▼2△6」や「平坦戦」などの表記はラップギアを使用しています。
数値などは岡村信将プロより提供して頂いています。
表記の意味などの詳細は岡村信将プロのマイページをご覧下さい。


登録済みの方はこちらからログイン

2010年11月8日(月) 20:53 本命ドリパス
『競馬』という名の推理小説 ~第78話アルゼンチン共和国杯(解決編)~
閲覧 252ビュー コメント 0 ナイス 4

7.0-11.1-10.8-12.2-12.2-12.1-12.2-12.3-12.1-12.2-11.8-11.6-12.4=2.30.0
(35.0-42.6-36.6-35.8) ▼4▼2△8 平坦戦

「俺はかーなーり強い」
レース後、トーセンジョーダンの口からそんな言葉が出ても不思議ではないレースでした。

この日の東京の芝コースはメイン前まで逃げ馬が4-0-1-1と圧倒的な勝率となっていた馬場状態でした。
(馬場の内側が伸びるほどの前有利馬場ではないですが外に回す&追い込みではアウトという感じ)
これが影響したかどうかは酒井Jに聞いてみないと分かりませんが逃げたドリームフライトの刻んだラップは3着に粘った2月のダイヤモンドSとは全く別物となりました。
テンの3Fは35.0秒でまずまず速く1コーナーに突入したところで12秒台のラップに落ちます。
しかし、ここから4コーナーを回ったラスト4F目までずっと12.1~12.3秒の均一のラップで淡々とレースが進みました。
(見事なブルボン逃げでした)
つまり脚を溜める区間がほとんどないタフな流れということになりました。
直線に入ると▼4▼2という加速で「長くいい脚が重要」と謎解き編で書いた通りの結果です。

脚を溜める区間がほとんどなく直線では▼4の加速が生じた今年のAR共和国杯はレースレコードが示す通りかなりレベルが高い内容だったと思われます。
レベルの高いレースとなると適性よりも総合力が重要だったでしょう。
その総合力で1枚も2枚も高い評価が出来るのは勝ったトーセンジョーダン
トップハンデの57kgに加えて直線では外に持ち出し上がり最速で1馬身3/4差という結果は文句なしの強さ。
レースの上がりが35.8秒でトーセンジョーダンの上がりが35.2秒と0.6秒しか差がありません。
つまりトーセンジョーダンも道中はそれなりの位置で追走していて脚を使っていたことになります(>上がりだけで勝った訳ではない)
遅れてきた大物が遂にGⅠの舞台に登場することになるでしょう。
中山の小回りコースも問題ない馬なので有馬記念では主役の一頭になるはず。
今年のキーワードは「下克上」となるかどうか今から有馬記念が楽しみですね。

2着のジャミールは安藤勝Jから突然の乗り替わりで大庭Jが騎乗しました。
内を上手く突いての2着で乗り替わりによるマイナス面はなかったと思われます。
ピンチヒッターという位置からすれば嬉しさ半分悔しさ半分といったところでしょうか。
ジャミールはこれで重賞2着が3度目。
通算成績も4-6-4-6と堅実ながらも一歩足りないレースが多いです。
まだ4歳馬ですしこれからでしょう。
どこかできっかけが欲しいか。

3着には9番人気のコスモヘレノス
前走がフロックでないことを示せたレースか。
今回は+10kgの馬体重で過去最も重い体重でした。
51kgの軽い斤量に助けられたかもしれませんが秋に入って本格化した可能性もありますね。
実はこのAR共和国杯は近年の傾向では重賞実績馬か前走好走馬のどちらかしか上位に来ていないというのがあったのですが前走3着以内だった馬はこの馬とトーセンジョーダンの2頭しかいなかったんですよね。
調子というのもキーワードだったかもしれません。


(補足)
「▼4▼2△6」や「平坦戦」などの表記はラップギアを使用しています。
数値などは岡村信将プロより提供して頂いています。
表記の意味などの詳細は岡村信将プロのマイページをご覧下さい。

[もっと見る]

2010年11月3日(水) 19:00 本命ドリパス
『競馬』という名の推理小説 ~第77話アルゼンチン共和国杯(謎解き編)~
閲覧 241ビュー コメント 0 ナイス 8

第77話 「アルゼンチン共和国杯

05年 36.7-43.7-36.6-35.4 =2.32.4 ▼2▼3△9 平坦戦
06年 34.5-42.9-37.9-35.7 =2.31.0 ▼8±0△3 瞬発戦
07年 35.6-42.6-37.5-35.2 =2.30.9 ▼7▼1△9 瞬発戦
08年 36.0-42.2-36.5-36.1 =2.30.8 ▼4△7▼1 平坦戦
09年 37.0-43.2-36.0-34.7 =2.30.9 ▼13△8△1 瞬発戦

過去に何度も同じ事を言ってきましたが今回も言っておきます。
東京芝25と東京芝24は似て非なるコース。
「あの兄弟は見た目は瓜二つなんだけど性格は別」
という感じ。
東京芝25は東京芝24に比べて瞬発力が問われないコース。
1コーナーまでの距離が100m長いためテンの3Fが若干速くなり、そのため上がりが掛かる傾向にあります。
昨年こそテンが37秒とスローだったこともあって上がりが34.7秒とやや速かったですが基本的には35秒以上がスタンダードとなっています。
過去5年では上がり最速の馬は僅か1勝、しかも以外の4勝は上がり4位以下の馬となっています。
上がり3Fで勝負する馬ではなく上がり4Fで長くいい脚が使えるタイプの馬が好走しやすいレースと言えるでしょう。

瞬発力+平坦力というのがポイントになるので過去の好走馬の多くに京都芝20コースや京都芝24コースが得意な馬がいて東京よりも京都実績というのが重要かもしれません。
あと血統的に見ると瞬発力をそれほど問われない非根幹距離のレースということで近年はサンデー系の馬は不振傾向となっています。
過去5年では0-0-3-28(勝率0.0%、複勝率9.7%)という結果です。

今年のメンバーでは非サンデーのトーセンジョーダンとサンデー系のジャミールが人気になると思われます。
トーセンジョーダンが遂に重賞の舞台に復帰。
初の長距離戦にトップハンデの57kgと決してハードルは低くありませんがここは通過点と位置付けたい馬でしょう。
ジャミールはここ2走凡走となっていますが京都20や京都24実績もあって巻き返しも十分可能。
個人的にはこの2頭の間に割って入るのがスリーオリオンとみています。
前走初の重賞で平坦戦0.1秒差5着ならまずまずでここに繋がる内容だったように感じます。

「本命ドリパスの3連単1点予想(水曜時点)」
トーセンジョーダンスリーオリオンジャミール
安そうな馬券ですが今のところ穴馬らしい穴馬がいないメンバー構成の気がします。


(補足)
「▼4▼2△6」や「平坦戦」などの表記はラップギアを使用しています。
数値などは岡村信将プロより提供して頂いています。
表記の意味などの詳細は岡村信将プロのマイページをご覧下さい。

[もっと見る]

2010年9月24日(金) 15:55 上海こうぞう
コウゾウメン~今週末の調教注目馬~ 9月25・26日分
閲覧 196ビュー コメント 0 ナイス 18

みなさん、こんにちは!

2週間の帰国休暇を終え、昨日、上海に戻ってきました。
やはり生で見る競馬は格別で、多くの方々との交流も素敵な思い出になりました。
毎週競馬場へ通える環境に早く戻りたいです(><)

今週は3日開催後の全休日の影響で、最終追い切り日の調整が難しかったようです。
土曜出走なのに木曜追った馬、月曜追いとなった函館滞在馬などは多少割り引いて調教評価してみました。


1.重賞の調教重視予想

<日曜阪神10R> 神戸新聞杯
エイシンフラッシュ
○シルクオールディー
ローズキングダム
マイネルゴルト
2週連続でウッドで好時計、坂路併用で仕上げたエイシンフラッシュ本命。人気でもこのメンバーなら抜けている。
相手は今週のCWの時計が良かったシルクオールディー。
単穴はローズキングダム。坂路のみの仕上げなので評価を下げたが、地力は上位。
あとは坂路ではいつも動くが、この距離がプラスに出そうなマイネルゴルト

<日曜中山11R> オールカマー
ミステリアスライト
ジャミール
ドリームジャーニー
ベンチャーナイン
中間ポリトラックで好時計連発のミステリアスライト本命。
相手本線は調教過程は不満だが、中間のCWの時計が出ているジャミール
単穴はドリームジャーニー。斤量59kg、坂路のみの仕上げなので評価を下げたが、実力上位。
穴なら坂路の時計を大幅に詰めたベンチャーナイン


2.今週の狙い馬~穴馬偏~

<土曜中山9R> 
◎ショウナンアルディ
内目を回ったがウッドで好時計を出しており、出遅れなければ一発ありそう。
追い不足だがポリトラックで破格の時計を出したトーセンポセイドンも魅力。

<土曜札幌4R>
◎オブザモーメント
しっかり水曜に追えたこの馬で穴狙い。

<日曜札幌12R>
◎サアドウゾ
他に調教が目立つ馬がいなかったので、狙いたい。


3.今週の幸くん

先週は超久しぶりに生で幸君を応援。女性ファンに混じって、声援を送りました^^;

<土曜阪神7R> 
★アイファーハイカラ
引き続き坂路で動いており、前走お世話になったので、また穴で狙います。
2,3着の気もしますので、▲あたりで応援。

<土曜阪神9R> 
クーデグレイス
最終追い切りはモヤで計測不能だったが、中間の函館ウッドの時計を見る限りは好仕上がり。
大混戦のメンバー構成なので、◎で勝負したい。

<土曜阪神12R> 
★ツルマルシルバー
木曜のBコースで鋭い伸び。
絞れれば一発がありそうで、他のメンバーの調教も目立たないので穴で狙いたい。

<日曜阪神1R> 
★ノーザンソング
坂路で好時計。芝も問題ないと信じて◎予定。

<日曜阪神2R> 
★カガタイキ
調教では動かないタイプで、出来は平行線。△印予定。

<日曜阪神5R> 
★ロマンスアンダルザ
出来は平行線だが、叩いた上積みとダート変わりで一変に期待したい。
坂路で動いているティアモブリーオ本命なので、相手本線で。

<日曜阪神6R> 
★ミニーバローズ
中1週なので馬なりの調整だが、CWで上々の時計をマークし、上積みがありそう。
人気になると思いますが、◎予定。


なんか、幸くんが中心のコラムになってしまった^^;

中国は水・木・金が三連休で、土日が振替出勤です。
競馬人にとっては悲しい週末です(涙) 寝る時間を削ってでも予想頑張ろうと思います♪

それでは、今週も競馬を楽しみましょう!

[もっと見る]

2010年8月20日(金) 23:12 上海こうぞう
コウゾウメン~今週末の調教注目馬~ 8月21・22日分
閲覧 186ビュー コメント 0 ナイス 2

みなさん、こんにちは!

今週の栗東CWは引き続き好時計ラッシュ、坂路は全体的に時計は速いが終いは多少時計を要する馬が目立った印象。
美浦は時計自体は出にくい馬場だったようだが、終いの伸びが目立つ馬が多かった印象。


1.今週の調教注目馬

<土曜新潟5R>
◎サーストンサブリナ
ウッドと坂路併用で好仕上がり。人気になりそうな馬の調教が不満なので、この馬から狙いたい。
相手はトーセンストーリーやジャーグラットあたりで。

<土曜小倉9R> 
◎ショウナンアトム
追いかけ続けてる馬だが、引き続き調教は動いており、今回も◎で勝負。
前走この馬に先着したシルクナデシコが相手本線だが、CWで好時計を出したウィザースプーンも狙いたい1頭。

<土曜札幌2R> 
◎スファレライト
函館ウッドで馬なりで好時計。ダートで一変に期待。

<日曜小倉7R> 
ハナノシンノスケ
前走も本命にしたが、太目残りだった模様。ビッシリ追った今回は末脚炸裂の予感。
穴っぽいところでは小倉滞在で仕上げたオーゴンキップも魅力。


2.重賞の調教注目馬

<土曜新潟9R> 新潟ジャンプステークス
ビコーフェザー
○トーセンコックス
コウエイトライ
△トップフリーダム
調間隔は空いたがまずまずの動きを見せたビコーフェザー本命。
相手は馬なりの調整だが順調なトーセンコックスとコウエイトライ
穴っぽいところではCWの動きが良かったトップフリーダム。

<日曜札幌9R> 札幌記念
ヒルノダムール
ジャミール
ヤマニンキングリー
アーネストリー
長めからビッシリ追われてる馬が活躍する傾向で、特に函館ウッド組が有力。
本命は札幌ダート・芝コースで3週続けて6Fから追われ、好時計を出したヒルノダムール
相手はウッド組中心で。
馬なりだが叩いた上積みが見込めそうなジャミールが相手本線。
ヤマニンキングリーはウッドでは動かない方だが、この馬としては時計が出ており、昨年同様の出来にある。
アーネストリーは中間の時計こそ良かったが、ここ2週は速い時計を出してないので評価を下げた。

<日曜新潟11R> レパードステークス
プレファシオ
ミラクルレジェンド
プレシャスジェムズ
ソリタリーキング
調教は動くタイプだが、CWでキレのある動きをみせたプレファシオが本命。
相手本線は引き続き好調教の牝馬2頭。
兄同様に調教は動かなくてもレースで力を出せるソリタリーキングは人気でも外せないか。


個人的なことですが、21日に誕生日を迎えます。
BIGな配当をJRA様からプレゼントしてもらいたいです♪

今週も競馬を楽しみましょう!

[もっと見る]

2010年7月27日(火) 00:45 本命ドリパス
『競馬』という名の推理小説 ~第48話函館記念(解決編)~
閲覧 230ビュー コメント 0 ナイス 0

12.3-11.0-11.2-11.5-11.8-12.1-12.6-12.4-11.4-12.2=1.58.5
(34.5-48.0-36.0) ▼2▼10△8 瞬発戦

週中に書いた「謎解き編」のコラムですが全く役に立ちませんでした。
参考にして頂いた方には大変申し訳ないと思っています。
謎解き編では過去のレース結果から傾向を探るのですが今年は過去のそれとは全く違っていたのが大きな要因です。
今週から函館はBコースに変更となったのですがこの馬場状態が大誤算でした。
土日でレコードがいくつも出る様な高速馬場へと変貌していたのです。
こうなってくると謎解き編で書いた「パワー」というのはほぼ必要ではなく替わって「スピード」「先行力」というファクターの方が重要となってきます。
私は土曜開催後に気付いたので予想コロシアムのコメントでは対応した予想内容にはなっていますが水曜の時点で推測するのは困難でした。
雨雪風など天候の変化も同じですが自然を相手にしているところが競馬の難しいところでしょうか。

テイエムプリキュアが大逃げしたせいでラップ上はテン~中盤はかなり速いペースとなっています。
明らかに飛ばしすぎなので離れた2番手を追走したドリームサンデーが実質先手を取ったレースと言えるでしょう。
メイン前までの芝レースは逃げた馬が4戦3勝という馬場状態を考えればドリームサンデーが有利な位置取りだったと思われます。
しかし、テイエムプリキュアが3コーナー手前辺りから脚が止まり始めると差が一気に縮まりました。
おそらくこの辺りの区間で脚を使うことになり結果的に動き出しが若干早くなってしまったのだと思われます。

勝ったのはマイネルスターリーで3~4コーナーでポジションを4→2とじわりじわりと上げ直線に入ると一気に突き放すレース内容でした。
ラスト2F目に▼10の大きな加速が生じていますがこれは逃げたプリキュアと後ろの馬がガラっと入れ替わったがためのもので瞬発力が問われたものではないと思います。
そもそもマイネルスターリーは瞬発力が抜群にある馬ではなく長くいい脚が使えるタイプ。
追走スピードと持続的な脚、この2点が圧勝した要因だと思われます。

2着のジャミールは逆に一瞬の瞬発力を武器にしている馬。
いわゆる「溜め専」なのでしょう。
安藤Jもギリギリまで我慢して仕掛けたようですが今日のレースの流れでは2着が精一杯でした。
この上位2頭は次走札幌記念なのでしょうか?
高速決着となった函館記念なので今年はこの2頭は十分期待できるでしょう。
締まった流れになりそうであればマイネル、スロー気味に流れそうならジャミールが上位に来る可能性が高いと判断していますが、まだメンバーも未定ですし大きな声で言うのは止めておきます。


(補足)
「▼4▼2△6」や「平坦戦」などの表記はラップギアを使用しています。
数値などは岡村信将プロより提供して頂いています。
表記の意味などの詳細は岡村信将プロのマイページをご覧下さい。

[もっと見る]

ジャミールの口コミ


口コミ一覧

有馬記念 予習

 ザンダカゼロ 2010年12月21日(火) 23:40

閲覧 117ビュー コメント 0 ナイス 2

 今年1年を振り返ってみると、確かGⅠは一度も当ててないです 汗 そんな私ですが

懲りずに今回も「血統予習」を!

◆過去3年の1~3着馬の血統

        父         母父
去年 1着  ターント  ×    ヘロド
   2着  ターント  ×   ノーザン
   3着  ターント  ×   ノーザン

一昨年1着  ターント  ×   ノーザン
   2着  ノーザン  ×   ナスルーラ
   3着  ターント  ×   ノーザン

3年前1着  ターント  ×   ナスルーラ
   2着  ターント  ×   ノーザン
   3着  ターント  ×   ノーザン


【ポイント1】
★過去3年で9頭中6頭が  ターント  ×  ノーザン
★毎年、3着までに ターント × ノーザン が2頭
【ポイント2】
☆残り1頭が父ターントかノーザンで、母父がヘロドかナスルーラ


★ポイント1に該当するのは

 ・ジャミール ・ブエナビスタ ・揉んでクリ○リス ・レッドディザィア の4頭

 この中から2頭が絡む可能性が大

☆ポイント2に該当するのは
 
 ターント × ヘロド が  ・ドリームジャーニー 1頭

 ターント × ナスルーラが ・コスモラピタ ・誰のパンティ ・ネヴァブション
               ・フォゲッタブル ・ベルーナ の5頭

 父ノーザンは ・メイショウベルーガ 1頭

この中にザンダカの「My注目馬」・揉んでクリ○リス ・ネヴァブション ・メイショウベルーガの3頭が。
 ローズキングダムも「My注目馬」であるが、『血統』が該当してません。

馬券の組み立て的には

フエナビスタ→ジャミール     →ドリームジャーニー
        揉んでクリ○リス  コスモラピタ  
        レッドディザィア   誰のパンテイ
                  ネヴァブション
                  フォゲッタブル
                  ベルーナ
                  メイショウベルーガ

 これで完璧です

ジャミールの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

ジャミールの写真

投稿写真はありません。

ジャミールの厩舎情報 VIP

2013年2月10日京都記念 G29着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ジャミールの取材メモ VIP

2013年2月10日 京都記念 G2 9着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。