ゴールドスミス(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
ゴールドスミス
写真一覧
抹消  黒鹿毛 2014年5月13日生
調教師高柳瑞樹(美浦)
馬主ゴドルフィン
生産者ダーレー・ジャパン・ファーム有限会社
生産地日高町
戦績25戦[6-3-1-15]
総賞金10,647万円
収得賞金3,850万円
英字表記Goldsmith
血統 ステイゴールド
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
ゴールデンサッシュ
ザミリア
血統 ][ 産駒 ]
Cape Cross
Angelic Sounds
兄弟 ザマンダハートトゥハート
市場価格
前走 2023/01/05 日刊スポ賞中山金杯 G3
次走予定

ゴールドスミスの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師



馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
23/01/05 中山 11 日刊中山金杯 G3 芝2000 1781640.51217** セ9 57.0 大野拓弥高柳瑞樹 534
(+6)
2.01.8 1.636.6⑪⑪⑪⑫ラーグルフ
22/11/13 福島 11 福島記念 G3 芝2000 167147.947** セ8 56.0 石橋脩高柳瑞樹 528
(-2)
2.01.0 0.835.1⑬⑬⑬⑬ユニコーンライオン
22/10/16 東京 11 オクトーバー (L) 芝2000 1661117.271** セ8 56.0 大野拓弥高柳瑞樹 530
(-6)
1.58.1 -0.233.9⑫⑪⑪ラストドラフト
22/09/04 新潟 11 新潟記念 G3 芝2000 184730.0117** セ8 53.0 吉田豊高柳瑞樹 536
(+16)
1.59.7 0.834.5カラテ
22/07/09 福島 11 阿武隈S 3勝クラス 芝1800 162317.681** セ8 54.0 石橋脩高柳瑞樹 520
(-4)
1.47.8 -0.435.7エターナルヴィテス
22/06/05 中京 10 高山S 3勝クラス 芝2000 151156.3116** セ8 57.0 鮫島克駿高柳瑞樹 524
(+2)
2.00.3 0.635.6イクスプロージョン
20/10/18 京都 10 大原S 3勝クラス 芝1800 135732.6611** セ6 55.0 松山弘平高柳瑞樹 522
(-6)
1.48.1 1.836.2⑥⑥レイパパレ
20/09/19 中山 11 レインボーS 3勝クラス 芝1800 148137.947** セ6 55.0 戸崎圭太高柳瑞樹 528
(+6)
1.48.9 0.635.4⑩⑨⑦⑦コスモカレンドゥラ
20/06/28 東京 10 江の島S 3勝クラス 芝1800 16366.2311** セ6 57.0 津村明秀高柳瑞樹 522
(+4)
1.51.0 1.236.8⑤⑤⑤ボッケリーニ
20/05/31 東京 10 むらさき賞 3勝クラス 芝1800 144529.3112** セ6 54.0 松山弘平高柳瑞樹 518
(+6)
1.46.1 0.133.6⑥⑤⑤ウインガナドル
20/04/19 中山 9 鹿野山特別 2勝クラス 芝2000 13226.221** セ6 55.0 武豊高柳瑞樹 512
(+2)
2.03.0 -0.035.1⑦⑧⑦⑥ヴァンランディ
20/03/21 阪神 9 川西特別 2勝クラス ダ2000 16477.137** セ6 55.0 武豊高柳瑞樹 510
(-14)
2.07.4 1.739.3コンカラー
20/02/02 東京 7 4歳以上1勝クラス ダ2100 16244.021** セ6 57.0 武豊高柳瑞樹 524
(0)
2.14.8 -0.137.4エグジットラック
20/01/19 中山 7 4歳以上1勝クラス ダ1800 15595.123** セ6 57.0 大野拓弥高柳瑞樹 524
(+2)
1.55.5 0.638.8⑭⑬⑫⑩マックスアン
19/11/02 福島 6 3歳以上1勝クラス ダ1700 12446.535** セ5 57.0 伴啓太高柳瑞樹 522
(-12)
1.47.5 1.039.0⑥⑦⑧⑨パレニア
17/12/09 中山 9 霞ヶ浦特別 1000万下 芝1800 127102.018** 牡3 56.0 戸崎圭太二ノ宮敬 534
(+8)
1.49.8 1.134.3⑥⑥⑥⑦クラウンディバイダ
17/11/12 東京 9 tvk賞 1000万下 芝1800 10114.624** 牡3 55.0 V.シュミ二ノ宮敬 526
(-2)
1.47.3 0.233.8⑥⑥⑥ヒストリア
17/10/22 東京 8 3歳以上1000万下 芝1600 122212.852** 牡3 55.0 柴山雄一二ノ宮敬 528
(+2)
1.40.9 0.138.5⑧⑤キャプテンペリー
17/08/20 新潟 10 阿賀野川特別 1000万下 芝2200 123312.967** 牡3 54.0 大野拓弥二ノ宮敬 526
(+2)
2.12.9 1.234.1⑧⑧⑧⑧ポポカテペトル
17/07/23 福島 9 栗子特別 500万下 芝1800 157127.241** 牡3 54.0 大野拓弥二ノ宮敬 524
(0)
1.47.7 -0.035.6⑪⑪⑧⑧ヨシノザクラ

⇒もっと見る


ゴールドスミスの関連ニュース

◆横山武騎手(アラタ4着)「(24キロ増は)成長分もありますが、結果的に少し重かったかもしれません」

◆横山和騎手(マテンロウレオ5着)「自分が思い描いた競馬をできなかったが、馬はダービーで乗せてもらったときよりも精神的に成長しています」

◆北村宏騎手(レッドランメルト6着)「結果的に外枠がつらかった。ただ、立ち回り次第で重賞でもやれますよ」

◆斎藤騎手(カレンルシェルブル7着)「ベストの舞台ではなかったが、ここでもやれると感じました。直線が長いコースなら」

◆江田照騎手(フォワードアゲン8着)「3コーナーからスムーズに上がって、最後も脚を使ってくれました」

◆バシュロ騎手(ラーゴム9着)「気難しい面があって、道中は掛かってしまいました」

◆丹内騎手(エヴァーガーデン10着)「手応え良く来たが、思ったよりも伸び切れなかったです」

◆石橋騎手(スカーフェイス11着)「〝出していってほしい〟という指示でしたが、進みませんでした。今回は上へ浮くような走りで厳しかったです」

◆石川騎手(レインカルナティオ12着)「直線で挟まる不利が痛かった」

◆田辺騎手(ヒュミドール13着)「もう少し距離がある方がいいかも」

◆松岡騎手(ウインキートス14着)「行きたかったが行けなかった」

◆柴田大騎手(コスモカレンドゥラ15着)「3コーナーあたりから踏ん張れなかったです」

◆津村騎手(ワンダフルタウン16着)「走りが硬くて、いいフォームで走れなかった」

◆大野騎手(ゴールドスミス17着)「本来の力を発揮できなかった」

【有名人の予想に乗ろう!】中山金杯2023 新年を飾る名物レース!勝ち名乗りを上げるのは!? 2023年1月5日(木) 05:30


※当欄では日刊スポーツ賞中山金杯について、競馬好きとして知られる芸能人、著名人の皆さんの予想を紹介していきます。迷ったときは彼らの予想に乗るのも手。参考になさってください。



【キャプテン渡辺】
注目馬
ゴールドスミス
フェーングロッテン
3連単フォーメーション
⑯→⑤→①③
⑯→①③→⑤

【粗品(霜降り明星)】
◎⑦アラタ
馬単流し
⑦→①②③④⑤⑭⑮

【ゴルゴ松本(TIM)】
◎⑫ウインキートス
ワイド流し
⑫-⑤⑭⑮⑯⑰
3連単ボックス・ワイドボックス
レインカルナティオ
エヴァーガーデン
カレンルシェルブル

【田中裕二(爆笑問題)】
◎④レインカルナティオ

【じゃい(インスタントジョンソン)】
◎⑮レッドランメルト

【熊崎晴香(SKE48)】
◎⑮レッドランメルト

【鈴木麻優(元岩手競馬騎手)】
◎①マテンロウレオ

【熊切あさ美】
◎③ラーグルフ

【天童なこ】
◎⑮レッドランメルト
○⑦アラタ
▲⑧カレンルシェルブル
☆③ラーグルフ
△①マテンロウレオ
△④レインカルナティオ
△⑤フェーングロッテン
△⑭ワンダフルタウン
△⑯ゴールドスミス



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【レーティングとモノサシで考える重賞予想】中山金杯2023 ハイパフォーマンス連発の馬を探せ! 2023年1月4日(水) 18:00

今週のメインは一年初めの重賞、日刊スポーツ賞中山金杯。JRAレーティング(公式格付)をベースとし、これにいくつかモノサシを組み合わせ、出走各馬の真の力関係を解き明かしていく。まずはベースのモノサシ、レーティングの比較から入ろう。

113 ラーグルフ
112 アラタ スカーフェイス
111 マテンロウレオ
108 フェーングロッテン
106 ウインキートス
104 クリノプレミアム
103 ゴールドスミス
101 スカーフェイス
100 コスモカレンドゥラ
98 フォワードアゲン
93 エヴァ―ガーデン

(以下格付なし)

中山金杯の例年の好走基準数値は106。紛れも考慮し少し広めに103以上の8頭を残し、これを別のモノサシで比較していく。

第二にして最終のモノサシは“レーティング平均値”。昨年1月以降、各馬が走ったレースのうち「レーティング格付対象数」と、「実際に格付けされた数(G1ならば全着順、G2以下は4着以内)」を調べてみた。以下はその結果である。

まずはラーグルフ。113は皐月賞8着時のものだが、格付対象3に対し格付はこの1回。一昨年のホープフルS3着時の数値が110で最高能力値は高いが、直近で見ると格付けされなかったセントライト記念(5着)ではクビ差4着馬が104に格付されていることから、同馬も直近の数値はその近辺で、やや調子を落としている感がある。

次にアラタ。格付対象数4に対し格付2。札幌記念4着の112と福島記念3着の107だ。平均値は109.5と比較的高く格付されれば脅威だが、好不調の差が激しくムラが多い。

次にスカーフェイス。格付対象数6に対し格付はG1大阪杯を含め3。昨年2着の金杯は102で6着大阪杯が112。3着函館記念は101。平均値は105だが6着大阪杯がやや出来過ぎの感が強い。

マテンロウレオは一昨年暮れのホープフルSまで含めると格付対象数6に対し格付5。キラーアビリティの6着に敗れたホープフルSが109で、ダンテズビュー以下を下したきさらぎ賞が111。12着の皐月賞は110、13着のダービーが99。1着アンドロメダSは108で、直近キラーアビリティのクビ差2着、中日新聞杯は111。5鞍の平均値は108だが、明らかに長かったと思われるダービーを除く4戦で見れば平均値は109.8。G2、G3ならばいつでも勝てる数値で、57.5キロの斤量は微妙だが実力からすると有力な候補だ。

フェーングロッテンは格付対象数4鞍全て格付され、1着白百合Sは104、同じく1着のラジオNIKKEI賞は108。3着新潟記念が105で15着大敗の菊花賞は92。平均は102.25だが、極端に距離が長かった菊花賞を除けば105~108の範囲内のパフォーマンスが可能で、馬券圏内には残したい。

ウインキートスは格付対象数4に対して格付3。3着目黒記念は104で同じく3着オールカマーが106。平均は105だが、ここは斤量次第。ただ実力的にはやや劣る印象だ。

クリノプレミアムは格付対象数8に対し格付5。1着中山牝馬Sは100、2着福島牝馬Sは103。16着大敗のヴィクトリアマイルは104、3着京成杯AHも104。11着エリザベス女王杯は101。平均102.4で実績も見劣る。

最後にゴールドスミス。格付対象数5に対し格付1。有馬記念にも出走したラストドラフト以下を封じたオクトーバーステークスだが数値は103。ここでは力不足と思われる。

レーティング平均値から推せるのはマテンロウレオラーグルフの2頭。フェーングロッテンアラタまでは押さえておきたい。
モノサシの答え合わせは明日、1/5(水)だ。

【モノサシ比較による注目馬】
マテンロウレオ ○ラーグルフ ▲フェーングロッテン

(文:のら~り)

[もっと見る]

【ROBOTIPの勝率予測】中山金杯2023 競走馬の能力重視予測ではアラタが他馬を一歩リード 2023年1月4日(水) 17:00

こんにちは!ROBOTIP開発プロジェクトメンバーの曹操です。

今回の担当は日刊スポーツ賞中山金杯G3です。一年で一番最初の重賞レースはやっぱり気持ち良く当てたいものですね!さっそく数値を見ていきましょう。

曹操ROBOTIPの基本設定は「競走馬」の能力指数を100%とし、適性は「距離適性」と「周回方向適性」のみを配合、補正は「斤量」「調教評価」「厩舎評価」の補正をONにします。

これによって弾き出された勝率予測は以下の通りです。

曹操ROBOTIPが弾き出した中山金杯全馬の勝率
(順位・馬番・馬名・勝率)

1 ⑦アラタ       13.88%
2 ②クリノプレミアム   8.01%
3 ⑧カレンルシェルブル  7.87%
4 ①マテンロウレオ    7.22%
5 ⑬フォワードアゲン   7.10%
6 ③ラーグルフ      6.17%
7 ⑫ウインキートス    6.03%
8 ⑪ラーゴム       5.89%

9 ⑤フェーングロッテン  5.83%
10 ⑰エヴァーガーデン   5.53%
11 ⑥スカーフェイス    5.07%
12 ⑨ヒュミドール     4.89%
13 ⑩コスモカレンドゥラ  4.09%
14 ⑯ゴールドスミス    3.90%
15 ⑮レッドランメルト   3.47%
16 ④レインカルナティオ  3.00%
17 ⑭ワンダフルタウン   2.05%

アラタが1頭、二桁勝率で抜け出しました。2位以下はほぼ横並びで、上位から下位までほとんど差がついていない状況です。
平均勝率(17頭立ての場合は5.88%)を上回る馬のみを馬券対象にするので、上位8頭がその対象になります。上位頭の勝率の差を鑑みて隊列にすると以下の通りです。

 ⑦ > ②⑧①⑬③⑫⑪

馬券は⑦アラタの単勝と⑦からの馬連、合計10,000円で勝負します。

単勝
⑦ 3,700円
馬連(ながし)
⑦ー②⑧①⑬③⑫⑪ 900円
合計10,000円


**************************************
ROBOTIPは自分の競馬予想理論に従って6つの能力指数(競走馬・騎手・血統・調教師・馬主・生産者)と、5つの適性(距離・トラック・馬場状態・周回方向・G前の坂)を自由に配合して出走馬の勝率を予測するロボットです。
ROBOTIPはウマニティに会員登録(無料)すると無料でご利用頂けます。
⇒詳しくはこちらへ!
**************************************

[もっと見る]

【重賞データ分析】中山金杯2023 全クリアとなったのは、カレンルシェルブル、ラーグルフ、マテンロウレオ、アラタの4頭 2023年1月4日(水) 12:00


ウマニティ重賞攻略チームが毎週末の重賞をあらゆる切り口で考察!日刊スポーツ賞中山金杯・データ分析 をお届けします!


【馬齢】
2013年以降(過去10年)の1~3着馬延べ30頭の馬齢を確認すると、4歳から7歳の範囲で収まっている。ただし、7歳の複勝圏入りは前走5着以内の馬だけ。前走で掲示板を逃していた7歳馬は、苦戦する可能性が高いとみるべきだろう。

(減点対象馬)
スカーフェイス ⑨ヒュミドール ⑩コスモカレンドゥラ ⑯ゴールドスミス

【性別】
2013年以降の3着以内馬延べ30頭の性別をみると、いずれも牡・せん馬。牝馬は【0.0.0.9】と劣勢を強いられている。サンプル数が少ないとはいえ、傾向的に牝馬は強調しづらい。

(減点対象馬)
クリノプレミアム ⑫ウインキートス ⑰エヴァーガーデン

【前走距離】
2013年以降の1~3着馬延べ30頭の前走使用距離は、芝の1600~2500mとなっている。その一方、2000m超組の好走(3着以内)は前走が3着以内だった馬のみ。1800m未満組の複勝圏入りは、前走マイルCS出走馬または前走3着以内の馬に限られる。覚えておきたい傾向だ。

(減点対象馬)
クリノプレミアム ④レインカルナティオ ⑤フェーングロッテン ⑪ラーゴム ⑫ウインキートス ⑰エヴァーガーデン

【前走着順】
前走の着順に関しては、G1・G2なら10着以内、G3・OP特別は5着以内、条件クラスであれば1着が目安。2013年以降、この条件を満たしていなかった馬は、いずれも2着連対圏に届いていない。

(減点対象馬)
クリノプレミアム ④レインカルナティオ ⑤フェーングロッテン ⑥スカーフェイス ⑨ヒュミドール ⑩コスモカレンドゥラ ⑫ウインキートス ⑬フォワードアゲン ⑭ワンダフルタウン ⑯ゴールドスミス

【重賞実績】
2013年以降の1~2着馬延べ20頭には、例外なく芝1800~2200mの重賞で5着以内の善戦・好走経験があった。過去の戦績を比較する際は、中距離での重賞実績馬を重視したいところだ。

(減点対象馬)
レインカルナティオ ⑮レッドランメルト ⑯ゴールドスミス



【データ予想からの注目馬】
上記5項目で減点がないのは、①マテンロウレオ、③ラーグルフ、⑦アラタ、⑧カレンルシェルブルの4頭。

トップには⑧カレンルシェルブルを推す。2013年以降の馬齢別で勝率、連対率、複勝率いずれもトップの明け5歳馬に該当。近年の当レースで、前走3勝クラス(旧1600万下)組が勢力を強めつつあることも好印象だ。

同じく前走3勝クラス組の③ラーグルフを2番手評価。ほか、①マテンロウレオ、⑦アラタらも大きな差はない。

<注目馬>
カレンルシェルブル ③ラーグルフ ①マテンロウレオ ⑦アラタ

[もっと見る]

【中山金杯】出走馬の「調教後の馬体重」 2023年1月4日(水) 11:05


1月5日(木曜)に行われる中山金杯(G3)の出走馬の調教後における馬体重は以下の通り。

<馬名/馬体重/計量日/前走馬体重※参考>
アラタ       486 1月3日(火曜) 460
ウインキートス   488 1月3日(火曜) 478
エヴァーガーデン  498 1月2日(月曜) 490
カレンルシェルブル 520 1月2日(月曜) 512
クリノプレミアム  490 1月3日(火曜) 484
コスモカレンドゥラ 480 1月3日(火曜) 470
ゴールドスミス   538 1月2日(月曜) 528
スカーフェイス   466 1月2日(月曜) 454
ヒュミドール    470 1月2日(月曜) 462
フェーングロッテン 486 1月3日(火曜) 472
フォワードアゲン  440 1月2日(月曜) 436
マテンロウレオ   482 1月3日(火曜) 476
ラーグルフ     502 1月3日(火曜) 492
ラーゴム      540 1月2日(月曜) 529
レインカルナティオ 507 1月2日(月曜) 500
レッドランメルト  510 1月2日(月曜) 510
ワンダフルタウン  490 1月2日(月曜) 474


(JRA発表)

[もっと見る]

⇒もっと見る

ゴールドスミスの関連コラム

閲覧 2,255ビュー コメント 0 ナイス 5



こんにちは、くりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
今回も前走からの中間の調整内容(評価はA~F)を中心に各馬コメントをしていきたいと思います。



11月27日(日)東京12R 第42回ジャパンカップ(3歳以上G1・芝2400m)
ジャパンカップは第12Rです。

【登録頭数:23頭(外国馬6頭)】(フルゲート:18頭)


<前走:天皇賞(秋)出走馬>(中3週)

ダノンベルーガ(3着、500kg(+6kg))<A>
前走の天皇賞(秋)時は、大柄な馬の休み明けらしく追い切りでモタモタしているようなところがあり、好評価にはしなかった。ただ、乗り込み量は豊富で、無理に馬を追い込むことをしていなかったので見た目以上に仕上がりは良かったのかもしれない。パドックではまだ余裕がある馬体だったので、100%に近い状態ではなかったとは思うが直線しっかり追い込んでの3着は能力の高さ。前走時にしっかり乗り込まれ、この中間には坂路にも入れての調整。1週前追い切りでは、ムーア騎手騎乗でダービーの1週前のように無理に馬を追い込むことはせず、馬なりで相手に併せていく内容と、理想的に状態を上げきている印象。前走からの上積みに十分期待が持てそう。

シャフリヤール(5着、456kg(前々走海外出走))<C>
前走時のパドックでは、馬体は仕上がっていたもののややテンション高さが感じられた。今回、芝コースでの1週前追い切りでもかなり行きたがる面を見せていて、不安が残る。今回は強力な逃げ馬もいないので、もう少しリラックスして走れていないと、レースでの折り合い面が心配に。

カラテ(6着、528kg(-4kg))<D>
かなり大きな馬だが、前走時のパドックでは太め感なく馬体はできていた感じだった。今回、距離延長で追い切りでは行きたがるところを押さえ込んでの調整となっているが、首が高くなってしまい走りに余裕がない。日曜日の坂路での時計も良い時には好時計が出ていたが、ここ2戦は平凡な時計で。

ユーバーレーベン(8着、476kg(-22kg))<C>
前走時は大きく馬体が減っていたが、通常に戻ってきた感じ。ただ、追い切りで強めに追われていることが多かったので当日のパドックではかなりテンションが高かった。この中間も1週前に強めに追われているので、直前は馬なりでの調整が理想的だが。




<前走:京都大賞典出走馬>(中6週)

ヴェラアズール(1着、518kg(+8kg))<B>
大型馬の休み明けで迎えた前走時のパドックでは、馬体こそ増えていたがそれほど太め感はなくドッシリと構えている感じだった。この中間も2週前、1週前とCWで好時計が出ていて、大きく良くなったという印象は受けないものの上積みは窺える。

ボッケリーニ(2着、472kg(+8kg))<D>
休み明けの前走時のパドックでは肩の出が硬く感じた。この中間、1週前追い切りでもモタモタした感じがあり、物足りない動きだった。




<前走:その他のレース出走馬>

デアリングタクトエリザベス女王杯:6着、486kg(+2kg)中1週)<C>
前走時は追い切りの動き、パドックでの馬の様子と決して悪くはなかった。ここ2戦は前半から力みがあり、その分終いの伸び切れなさにつながっている感じで、ペースが速くなって気分よく追走できれば直線の伸びも変わってきそう。

ユニコーンライオン福島記念:1着、530kg(-2kg)中1週)<B>
福島記念からの中1週でこの中間は軽めの調整。前走時のパドックでは、硬い感じも太め感はなく良い仕上りだった。

ハーツイストワールアルゼンチン共和国杯:2着、478kg(+4kg)中2週)<B>
この中間は、間隔が詰まっているため軽めの調整。前走時に目を向けると、追い切りは坂路で平凡な時計も動き自体悪く見せず、パドックではトモの筋肉こそ寂しく映ったが毛艶はかなり冴え、出来良く見せていた。

テーオーロイヤルアルゼンチン共和国杯:6着、458kg(-2kg)中2週)<C>
前走時の追い切りでは、モタれる面を見せていて終いの時計もかかっていた。こちらもこの中間は軽めの調整。坂路、CWと速い時計の出る馬なので、休み明け3戦目でどこまで上がってくるか。

ヴェルトライゼンデオールカマー:7着、494kg(-2kg)中8週)<B>
前走時も坂路で好時計が出ていたが、当時は走りやすそうな馬場で時計ほど伸びている感じはなかった。この中間は、乗り込み量も多く、1週前追い切りではジョッキー騎乗で終いの伸びも良好。変わり身が期待できそう。

シャドウディーヴァ(府中牝馬S:7着、486kg(±0kg)中5週)<D>
前走時の追い切りでは、重心が高く首も上がっている感じだった。この中間も、乗り込み少なく坂路での時計も平凡と評価しづらい。

トラストケンシン(オクトーバーS:11着、468kg(+4kg)中5週)<D>
この中間乗り込み量は多いが、併走遅れ、坂路での時計も平凡と大きな変わり身なし。

リッジマン(桂樹杯:7着、475kg(+7kg)中10週)<E>
JRA所属時は重賞勝ちもあったが、前走盛岡の芝でのレースで凡走と昔の勢いはない。


<外国招待馬>

オネスト(凱旋門賞:10着、中7週)<B>
終いの脚を活かす馬だが切れるという馬でもなく、スローの切れ脚勝負になると厳しそう。ただ、ルメール騎手が騎乗予定で日本の馬場、レースにあった乗り方をしてくる可能性もあり注意は必要。

グランドグローリー(凱旋門賞:5着、中7週)<C>
昨年好走してその後も好成績の1年だったが、日本のレースでは昨年以上は期待できそうもない。

シムカミル(ニエル賞:1着、中10週)<C>
ニエル賞ではドウデュースに先着も、フラつく場面もあり東京の馬場ではもっと甘くなりそう。

テュネス(バイエルン大賞:1着、中2週)<A>
デビュー戦で敗れているが、2戦目から5連勝。今年3戦は長距離のレースを使い、6馬身、8馬身、10馬身とタフな馬場を重い斤量を背負って先行しての圧勝続き。ヨーロッパでももっともタフな馬が多いドイツの馬で、日本馬に一番足りないものを持っており能力はかなり高そう。来年のヨーロッパでは、大きなレースをいくつか勝つ馬になっているか。今回のジャパンカップに関しては、馬場が向くかどうかに焦点が集まっているが、これだけ圧勝できる馬なので未知の魅力のほうが勝るとの印象。


<出走回避馬>
ブルーム、マジカルラグーン、ウインマリリンウインマイティーゴールドスミス


※今回このコラムでの中間の状態からの推奨馬は、ダノンベルーガ、テュネス、ヴェラアズールの3頭をあげておきます。


◇今回は、ジャパンカップ編でした。
ジャパンカップ過去10年の連対馬は関西馬15頭に関東馬5頭。それらの馬の調教内容を見てみると、連対した5頭の関東馬はカレンブーケドールの1週前追い切りが坂路だった以外、すべて南Wでの追い切りでした。その南Wでの追い切りも、1回目にアーモンドアイが勝った時の最終追い切りが終い仕掛けられていたのみで、あとは1週前、最終追い切りいずれも馬なりという調整過程。関東馬に関しては、休み明け2戦目で中間に南Wで追われ、そこで馬なりで好時計をマークというのが理想的な調教パターンと言えそうです。
そして、連対馬の多くを占める関西馬に関しては、坂路、CWが半分くらいずつではあるものの、勝利した8頭だけに絞ると坂路での追い切り6頭、CWでの追い切り2頭と、坂路調教馬の活躍が目立っています。ただ、坂路での追い切りも一杯に追われた馬はなく、馬なりもしくは終い仕掛けられて伸ばす内容となっています。関西馬に関しては、天皇賞(秋)同様に輸送を控えているため1週前までに仕上げておき、直前は馬なりもしくは軽く終いを伸ばす程度の調整というのが理想的なようです。
最後に近年不振が続く外国招待馬に関しては、シンプルに日本で追い切られている本数が多いか強めに追われて好時計をマークしている馬が好走しています。東京競馬場に検疫用の厩舎ができたことで、今年から来日後に東京での調整が可能に。追い切りの本数が多く好時計の出ている馬に関しては、注意が必要かもしれません。


※ジャパンC出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。
※最終結論は、レース当日のくりーくプロページでチェックしてください。


登録済みの方はこちらからログイン

2019年11月1日(金) 20:00 凄馬
『凄馬』で今週の鉄板馬情報をゲット! 2019年11月01日
閲覧 1,684ビュー コメント 0 ナイス 2

毎週、確勝級の鉄板馬をお知らせする『凄馬(スゴウマ)』情報。
さっそく、今週の凄馬を紹介いたしましょう!

<2019年11月2日()の凄馬!>
極凄馬
京都2R 2歳未勝利
エキスパート(+4.7)

超凄馬
福島2R 2歳未勝利
ゴールデンエポック(+3.2)

超凄馬
福島1R 2歳未勝利
ロマネスク(+3.0)

超凄馬
京都12R 3歳以上500万以下
ウスベニノキミ(+2.9)

超凄馬
東京2R 2歳未勝利
ダイヤモンドリリー(+2.7)

超凄馬
福島4R 障害3歳以上未勝利
メイショウボンロク(+2.6)

超凄馬
福島6R 3歳以上500万以下
ゴールドスミス(+2.3)

超凄馬
東京1R 2歳未勝利
ファイブリーフ(+2.3)

<『凄馬』の見方>
超凄馬・・・勝率36%、複勝率69%を誇る軸馬候補!
極凄馬・・・凄馬の極み、断然の軸馬!勝率46%、複勝率77%
馬名の右にある数字・・・数字が大きいほど勝率が高い
(集計期間:2008年6月1日~2019年11月3日、集計数:36,478レース分)

<日曜日の『凄馬』を受信しよう!>
日曜日の凄馬情報は、ウマニティ会員登録(無料) することで受信できます。
凄馬メールは、その日に出走する馬の中から確勝級の馬を携帯メールでお知らせしてくれる無料サービスです。

<凄馬メール受信設定の仕方>
こちら から、ウマニティ会員登録を行ってください。
仮登録メール受信→確認リンク押下→登録完了メール受信、の手順で会員登録は完了です。
②ウマニティにログインし、各種メール設定 より、凄馬メール受信をオンに設定する。

日曜日の『凄馬』は、土曜日の午後6時以降にお届けになりますのでお楽しみに!

[もっと見る]

2010年7月2日(金) 20:00 凄馬
『凄馬』で今週の鉄板馬情報をゲット! 2010年07月02日
閲覧 313ビュー コメント 0 ナイス 0

毎週、確勝級の鉄板馬をお知らせする『凄馬(スゴウマ)』情報。
さっそく、今週の凄馬を紹介いたしましょう!

<2010年7月3日()の凄馬!>
超凄馬
函館11R 美利河特別
ミスクリアモン(+3.4)

超凄馬
福島2R 3歳未勝利
クールエレガンス(+3.2)

超凄馬
阪神7R 3歳未勝利
ステキナシャチョウ(+2.9)

超凄馬
函館1R 2歳未勝利
コスモマスク(+2.5)

超凄馬
福島7R 3歳未勝利
ダイワボニータ(+2.4)

超凄馬
函館12R 3歳以上500万以下
ツルマルネオ(+2.3)

超凄馬
阪神4R 3歳未勝利
キクノフェーデ(+2.3)

超凄馬
阪神1R 2歳未勝利
ビッグスマイル(+2.2)

超凄馬
函館6R 3歳以上500万以下
メイショウエルピス(+2.1)

超凄馬
函館10R 3歳以上500万以下
マーチインパクト(+2.1)

超凄馬
阪神12R 3歳以上500万以下
ゴールドスミス(+2.1)

超凄馬
阪神8R 3歳以上500万以下
ブライダルベール(+2.0)

<『凄馬』の見方>
凄馬・・・勝率28%、複勝率58%を誇る軸馬候補!
超凄馬・・・凄馬を超えた凄馬、堅軸候補。勝率・複勝率が大幅UP
極凄馬・・・凄馬の極み、断然の軸馬!勝率51%、複勝率81%
馬名の右にある数字・・・数字が大きいほど勝率が高い

<日曜日の『凄馬』を受信しよう!>
日曜日の凄馬情報は『凄馬』メールに登録(無料)することで受信できます。
『凄馬』メールは、その日に出走する馬の中から確勝級の馬を携帯メールでお知らせしてくれる無料サービスです。

<『凄馬』メールの登録のしかた>
携帯電話で右上のQRコードを読み取って、何も記入せずにメールを送信してください。
1、2分ほどで登録完了メールが返ってきたら、登録は完了です。
日曜日の『凄馬』は、土曜日の午後6時以降にお届けになりますのでお楽しみに!

QRコードがうまく読み取れない場合は、直接、s@umanity.jp へ空メール※を送っても登録できますのでお試しください。
※件名と本文に何も記入せずにメールを送信してください

[もっと見る]

ゴールドスミスの口コミ


口コミ一覧
閲覧 230ビュー コメント 0 ナイス 4

★中山金杯

近10年のデータから

★A……ZI値5位以内が毎年連対、
⇒○1位1マテンロウレオ、2位7アラタ、3位8カレンルシェブル、4位
3ラーグルフ、5位11ラーゴム、12ウインキートス、15レッドランメルト

★B……5人気以内が毎年連対
⇒1~5人気3,1,7番,5フェーングロッテン、15番

※C……ハンデ△53K以下(0/1/1/21)54~55k(2/4/3/46)56~57k
(5/3/5/57)◎57.5k~(3/2/1/5)
⇒◎1番、11番、14ワンダフルタウン
 △(17エヴァーガーデン6才牝馬で実質55K)

★※D……3着以内馬は、前2走でa3勝級勝ちかOP以上3着以内23/30、
bOP以上3人気以内3/30、c例外の4頭は、15年ラブリーデイ(13年金鯱賞2)
ロゴタイプ(13年皐月1)16年マイネルフロスト(14年ダービー3)
19年ウインブライト(18年2)※G2連対かG1で3着以内かリピーター
⇒○aG2:12番
   G3:1番、5番、7番
   OP:16ゴールドスミス、17番
   3勝級:3番、4レインカルナティオ、8番、15番
  bなし
 ▲6スカーフェイス(22年2)14番(青葉賞1)

★E……前走からa斤量増(8/4/3/10)b±0(0/3/4/55)c斤量減(2/3/3/64)
⇒○a1、3,4,7,11,13,14、16番
 △b9番
 ▲c2,5,6,8,10,12,15,17番

★F……前走距離a芝マイル(2/1/0/7)b千八(1/3/3/36)c二千(6/6/7/58)
d二千二百以上(1/0/0/24)※1頭はアルゼンチン3着で1人気、×ダート(0/0/0/4)
⇒◎aなし
  b6,10,15番
 ○c1,3,7,8,9,13,14,16番
  d2,4,5,12,17番
 ×11番

★G……勝ち馬は、5人気以内かつ480k以上9/10、例外の14年オーシャンブルー
は有馬2あり
⇒○3番492k、15番510k

★★H……1~4枠(8/6/6/60)5枠(1/1/1/17)6枠(1/1/2/15)7枠(0/0/0/20)
8枠(0/2/1/22)

※※I……牝馬(0/0/0/9)
⇒×2,12,17番

※J……前走ディセンバーS6着以下(0/0/0/17)中日新聞杯(0/0/0/10)
菊花賞組も全滅
⇒×6,10番
  5番

★K……4歳 (2-3-2-19) 7.7% 19.2% 26.9%
   5歳 (3-3-2-18)11.5% 23.1% 30.8%
   6歳 (3-4-3-33) 7.0% 16.3% 23.3%
   7歳 (2-0-3-34) 5.1% 5.1% 12.8%
   ×8歳上(0-0-0-25) 0.0% 0.0% 0.0%
⇒×16番

★L……前走6着以下の7枠・8枠(0-0-0-31)
⇒×13,14,16番

★M……前走6着以下の7歳以上(0-0-0-48)
⇒×6,9,10,16番

★N……×a単勝オッズ50.0倍以上(0-0-0-54)
⇒×9,10,13,17番

   b◎前走から斤量増で当日3番人気以内(6-2-2-2)
★⇒○1,3番

※   c×前走重賞で10番人気以下且つ10着以下(0-0-0-22)
⇒×2,4,5,12,13番

   d×前走2100m以上だった馬で当日2番人気以下(0-0-0-25)
※⇒×2,4,5,11,12,17番


圏内は、1,3,7,8番と次いで8枠でも15番
3番はホープフルSで勝ち馬で後に中日新聞杯を勝つキラーアビリティ、
神戸新聞杯勝ちから菊花賞3着のジャスティンパレスに次いだ3着馬
1番はそこで3番から0.1差5着

7番は札幌記念で、ジャックドール、パンサラッサ、海外G1勝ちのウインマリリン
に次ぐ4着でソダシに先着
8番は4走前緑風Sで後にJCを勝つヴェラアズールに先着、セントライト記念では
チェレンジC連覇のソーヴァリアントや菊花賞2着のオーソクレースらに次ぐ4着

15番は、中山(2/1/0/1)着外は内枠の3頭で決着した葉牡丹賞で8枠のため
昨年のスカーフェイスの様にうまく立ち回れば

8/10年が3人気以内の連軸だが、狙い目は4人気以下からで、7と8番

馬連(7,8)→1,3、15各四百円7点
三連複(7,8)1頭軸=(1,3,15)各三百円9点
三連単(7,8)→(1,3,7,8,15)2,3着BOX各百円24点
複勝勝負は、超難解で絞れずハンデ戦だけに見送り
代わりに金杯ワイドで、(7,8)→(1,3)各五百円5点
≫≫3-2-5
後傾ラップで圧倒的に内枠先行有利
逃げた5番が粘る所3,2番が好位から差して1,2着
7番中団から差すも届かず更に後ろからの1番も同様
15番は外から前へとりつき4角も外々回らされてゴール前は切れ負け
データ的には5番が前走菊花賞、2番が距離牝馬で買いづらく難解だった
1,7番が位置取りで届いてないので前へ行ける内枠で買うしか無いのか



)

 末三 2023年1月5日(木) 13:18
仕事の合間に両金杯予想でも・・・ 第72回中山金杯と第61回...
閲覧 163ビュー コメント 0 ナイス 6

仕事の合間にブログを更新している末三です。

 (;^_^A アセアセ・・・


では、さっそく。
 
ヾ(o´∀`o)ノ♪
 
 5日 中山 第72回 中山金杯より

【末三調教評価】

A評価 ・・・ フォワードアゲイン レインカルナティナ レッドランメルト

B評価 ・・・ ゴールドスミス ラーグルフ ラーゴム

C評価 ・・・ ごめんなさい、その他の出走馬たち。

【末三予想】

◎ 15番 レッドランメルト

〇 3番 ラーグルフ

▲  4 番 レインカルティナ

馬券は3連複6頭ボックス15-3-4-16-3-11番で

5日 中京 第61回 京都金杯より

【末三調教評価】

A評価 ・・・ イルーシヴパンサー シュリ プレサージュリフト

B評価 ・・・ エアロロノア タイムトゥヘヴン ピースワンパラディ

C評価 ・・・ ごめんなさい、その他の出走馬たち。

【末三予想】

◎  2 番 プレサージュリフト

〇  7 番 イルーシヴパンサー

▲ 12番 シュリ

馬券は3連複6頭ボックス2-7-12-5-6-3番で

さぁ、それでは張り切っていってみよっ
 
(* ̄0 ̄)/ オゥッ!!

[もっと見る]

 サクラ007 2023年1月5日(木) 00:54
Wマテンロウ&W横山で決着 W金杯
閲覧 197ビュー コメント 0 ナイス 3

京都
◎10 マテンロウオリオン
○5 エアロロノア
▲7 イルーシヴパンサー
☆2 プレサージュリフト

中山
◎1 マテンロウレオ
○16 ゴールドスミス
▲2 クリノプレミアム
☆7 アラタ

[もっと見る]

⇒もっと見る

ゴールドスミスの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

ゴールドスミスの写真

ゴールドスミス

ゴールドスミスの厩舎情報 VIP

2023年1月5日日刊スポ賞中山金杯 G317着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ゴールドスミスの取材メモ VIP

2023年1月5日 日刊スポ賞中山金杯 G3 17着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。