会員登録はこちら
平安ステークス G3   日程:2018年5月19日() 15:35 京都/ダート1900m

レース結果

平安ステークス G3

2018年5月19日() 京都/ダート1900m/16頭

本賞金:3,600万 1,400万 900万 540万 360万


レコード:1分53秒7
天候:
馬場:稍重



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気
1 5 9

サンライズソア

牡4 57.0 M.デムー  河内洋 506(+4) 1.57.3 18.7 7
2 7 14

クイーンマンボ

牝4 55.0 C.ルメー  角居勝彦 506(+6) 1.57.5 1 1/2 11.0 3
3 5 10

クインズサターン

牡5 56.0 四位洋文  野中賢二 482(+6) 1.57.5 ハナ 17.1 5
ラップタイム 7.1-11.5-12.5-13.1-12.5-11.9-11.7-12.1-12.3-12.6
前半 7.1-18.6-31.1-44.2-56.7
後半 60.6-48.7-37.0-24.9-12.6

■払戻金

単勝 9 1,870円 7番人気
複勝 9 740円 7番人気
14 650円 6番人気
10 580円 4番人気
枠連 5-7 1,650円 5番人気
馬連 9-14 5,940円 13番人気
ワイド 9-14 1,830円 16番人気
9-10 2,530円 25番人気
10-14 2,180円 21番人気
馬単 9-14 16,030円 33番人気
3連複 9-10-14 24,480円 55番人気
3連単 9-14-10 168,500円 303番人気

平安ステークスのニュース&コラム

ダート重賞3勝のクリノスターオーが引退、乗馬に
 ダート路線で活躍したクリノスターオー(牡8歳、栗東・高橋義忠厩舎、父アドマイヤボス、母マヤノスターライト、母の父ジェイドロバリー)が5月25日付でJRAの競走馬登録を抹消する。今後は日高育成牧場で乗馬となる予定。 クリノスターオーは通算成績35戦7勝。獲得賞金はJRA2億2681万7000円、地方競馬2324万円、海外競馬2149万5400円。重賞は2014年平安S・GIII、シリウスS・GIII、2015年アンタレスS・GIIIの3勝。2016年コリアC・韓国GIは2着。先週の平安S・GIII(12番人気、15着)がラストランになった。★クリノスターオーの全競走成績はこちら
2018年5月24日(木) 15:36

 228

【平安S】サンライズソア、鮮やか逃げ切りV
 第25回平安ステークス(19日、京都11R、GIII、4歳上オープン国際(指)、別定、ダ1900メートル、1着本賞金3600万円 =出走16頭)ミルコ・デムーロ騎乗の7番人気サンライズソアが厳しい展開を克服して逃げ切り、JRA重賞初勝利を飾った。タイム1分57秒3(稍重)。3番人気クイーンマンボが1馬身1/2差の2着で、1番人気グレイトパールは5着に敗れた。 積極果敢な走りで、一変した。ブリリアントS14着から中1週のローテーションで挑んだサンライズソアが、鮮やかな逃げ切りで2走前の交流GIII名古屋大賞典に次ぐ2つ目のタイトルを奪取。M・デムーロ騎手が笑顔で汗をぬぐった。 「強かったですね。ハナに行ったら一生懸命走ってくれた。メンバーも強かったけど、僕の馬も強いと思っていました」 スタートを決めてハナを主張。向こう正面で外から競りかけられても、リズムを崩すことなくマイペースで運ぶ。直線は鞍上の叱咤(しった)に応え、しぶとく伸びてそのまま押し切った。 レース後、河内調教師は開口一番「うまくいった!!」と満面の笑み。前走は出遅れて14着と大敗したが、「前回は走っていないから疲労もなかった」と中1週での巻き返しに成功した。今後は一旦放牧に出て、様子を見てから決められる。 (長田良三)★19日京都11R「平安ステークス」の着順&払戻金はこちらサンライズソア 父シンボリクリスエス、母アメーリア、母の父スペシャルウィーク。青鹿毛の牡4歳。栗東・河内洋厩舎所属。北海道浦河町・富田牧場の生産馬。馬主は松岡隆雄氏。戦績17戦5勝(うち地方2戦1勝)。獲得賞金1億5292万2000円(うち地方3675万円)。重賞は2018年交流GIII名古屋大賞典に次いで2勝目。平安Sは河内洋調教師、ミルコ・デムーロ騎手ともに初勝利。馬名は「冠名+急上昇」。
2018年5月20日() 05:04

 222

【平安S】“砂の怪物”グレイト負けた…直線伸びず5着
 第25回平安ステークス(19日、京都11R、GIII、4歳上オープン国際(指)、別定、ダ1900メートル、1着本賞金3600万円 =出走16頭)1・7倍の圧倒的1番人気に支持されたグレイトパールは5着に敗れた。中団の後ろに位置し、バックストレッチから徐々に進出したが、直線でこれまでのような脚を使えずに、なだれ込む感じでフィニッシュ。ダート転向後、7戦目で初の敗戦となった。 「向こう正面まではいい形で進められましたが、そこからこの馬にとっていい形にはなりませんでした。こういう結果になり、申し訳ないです」と川田騎手は残念そうにレースを振り返った。★19日京都11R「平安ステークス」の着順&払戻金はこちら
2018年5月20日() 05:03

 362

【平安S】レースを終えて…関係者談話
 ◆ルメール騎手(クイーンマンボ2着) 「いいポジションでいい競馬ができた。向こう正面で少し忙しかったけど、最後までよくきていた。広いコースの方がいいね」=次走はブリーダーズゴールドC(8月16日、門別、交流GIII、ダ2000メートル)の予定 ◆四位騎手(クインズサターン3着) 「いつもより前のポジションでロスなく運べた。競馬としては最高の形だったけどね」 ◆松山騎手(ミツバ4着) 「真面目に走ってくれました。もう少しペースが流れてほしかったですね」 ◆古川騎手(テイエムジンソク6着) 「楽に前の馬をかわせると思ったけど。休み明け、58キロがこたえたということかな」 ◆福永騎手(ナムラアラシ12着) 「ゲート内で膠着(こうちゃく)して何をしても反応がなかった。トモも流れていて、いいころに比べて気になるところがあった」 ◆田中勝騎手(トップディーヴォ13着) 「初めて乗って分からない部分もあるけど、もう少し走れると思ったけどね」★19日京都11R「平安ステークス」の着順&払戻金はこちら
2018年5月20日() 05:03

 299

平安ステークスのニュースをもっと見る >

【調教ズームイン】ミツバ走る気みなぎる
★平安S 併走追いにも関わらず、終始モタモタしていた前走時とは一変だ。ミツバが坂路単走でシャープな伸び。全身を上手に使って走る姿から好調が伝わってきた。 とにかく、アンタレスS2着時とは素軽さが違う。鞍上の強いアクションを必要とせずに、最後まで集中力を保てていた。併せ馬で闘志をかりたてる必要はない。少し気難しい面のある馬だが、ゴール前で自らハミを取る姿勢を見れば走る気がみなぎっていることは一目瞭然(いちもくりょうぜん)だ。攻め駆けするタイプではないだけに、動きの良さが余計に目についた。 休み明け3走目の走り頃で、状態は文句ない。レースでムラな面を出しさえしなければ、好勝負になるだろう。(宇恵)★平安Sの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2018年5月17日(木) 12:02

 834

【平安S】追って一言
 ◆アスカノロマン・太宰騎手 「先週びっしりやったので半マイルで軽め。極端な競馬で後ろから運んでどうか」 ◆クインズサターン・野中師 「使い詰めで上積みはどうかも、状態はキープできている」 ◆クイーンマンボ・前川助手 「しまい重点の指示で、めちゃくちゃよかった。だいぶ気が乗ってきた」 ◆クリノスターオー・高橋忠師 「調整パターンを変えてコースで。少しモタモタしたけど、最後は動いていた」 ◆グレイトパール・猿橋助手 「追い切りは動くタイプではないけど、ジョッキーが『反応は良化している』と。反動もなく順調にきています」 ◆コスモカナディアン・加山助手 「単走だったがいい動き。体調面の大きな波はない。うまく展開が向けば」 ◆サンマルデューク・中田助手 「1週前に長めから追って仕上がった。京都は合うので、展開がはまれば」 ◆サンライズソア・河内師 「併せた相手が走りすぎたけど、順調にきている。スタートを決めて前に行ければ」 ◆トップディーヴォ・昆師 「中1週なのでやるつもりはなかった。使い込んだ方がいいタイプ」 ◆ナムラアラシ・牧田師 「単走で、しっかりできた。前走は攻めが軽すぎた。展開が向いてくれれば」 ◆プリンシアコメータ・清水助手 「具合がすごくいい。牡馬相手になるが、どこまで頑張れるか」 ◆マイティティー・平田厩務員 「使った上積みはある。前走は半年ぶりだったけど、ひるまずに走れたのは収穫」 ◆ミツバ・松山騎手 「動きがよくて具合がいいと思う。行きっぷりがよくなって前向きさが出ている」 ◆メイショウウタゲ・安達師 「状態は変わらず。前走はもう少し流れてほしかった。そろそろ動いてほしい」 ◆メイショウスミトモ・南井師 「結構やってきていて状態はいい。デキのよさを生かして、そつなく乗れれば」★平安Sの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2018年5月17日(木) 05:02

 1,159

【平安S】ジンソク、グングン加速12秒1!
 テイエムジンソクは、古川騎手を背にCWコースで単走。序盤はゆったり運び、勝負どころから馬なりでぐんぐん加速。余力十分に6ハロン83秒0、3ハロン37秒4-12秒1をマークした。4週連続で手綱を取った鞍上は「今回はスイッチが入りすぎないように気をつけた。休み明けとしては十分だと思う」とうなずいた。 フェブラリーS12着後はひと息入れ、仕切り直しの一戦。木原調教師は「強い馬がいて斤量も重いけど、相性のいい京都で頑張ってほしい」と期待を込めた。★平安Sの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2018年5月17日(木) 05:02

 619

【平安S】ミツバは、アンタレスS2着から参戦
 <栗東トレセン> 6連勝中のグレイトパールは、引き続き好調を保っている。「長期休養明け(アンタレスS1着)を使いましたが、何ごともなくきています。ダート界は強い馬がいるので、賞金加算していかないと」と片山助手は意気込んだ。 フェブラリーS12着以来のテイエムジンソクは、仕切り直しの一戦だ。木原調教師は「前走は距離も短かったし、ワンターンが向かなかったね。順調にきているし、競馬が近いのを分かっている。斤量(58キロ)は仕方がない。自分の競馬をするだけ」と力を込めた。 サンライズソアが巻き返しを狙う。「前回(ブリリアントS14着)は気の悪さを出してしまった。スタートを決めて前々で運んでくれたら」と河内調教師。 牝馬路線で好成績を残してきたクイーンマンボは、牡馬相手の対戦になる。「やってみないと、わからないけど、前走よりは(体も)よくなっています。距離が延びるのもよさそうなので」と角居調教師は前向きだ。 ミツバは、アンタレスS2着から参戦する。加用調教師は「変わりなく順調にきている。早めに外に出して進出を開始する競馬をしてくれれば」と語った。 アンタレスS3着クインズサターンも、コマを進める。「確実に脚は使ってくれているけど、展開待ちの面があるからね」と野中調教師は流れを気にしていた。★平安Sの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2018年5月16日(水) 12:01

 572

平安ステークスの直前追い切り情報をもっと見る >

平安ステークスの無料予想&プロ予想【的中情報】

最強の予想家決定戦「予想コロシアム」から厳選した予想家の無料予想を続々と公開!
レース発走前に無料予想をご覧になるには 会員登録(登録無料)が必要です。

今すぐ会員登録(無料)する!

5月19日 15:34更新
予想家名
予想家レベル・クラス
配当 払戻 予想
Lv117 
740円 22,200円
Lv111 
1,870円 18,700円
Lv105 
580円 14,500円
Lv102 

1,870円
740円
16,750円
Lv98 
5,940円 178,200円

的中情報をもっと見る >

平安ステークス過去10年の結果

2017年5月20日() 京都競馬場/ダ1900m 天候: 馬場:
1着 グレイトパール 川田将雅 1:55.7 2.5倍 105.8
2着 クリソライト 武豊 16.7倍 103.0
3着 マイネルバイカ 岩田康誠 1/2 156.7倍⑮ 102.6
2016年5月21日() 京都競馬場/ダ1900m 天候: 馬場:
1着 アスカノロマン 太宰啓介 1:56.2 2.2倍 103.8
2着 クリノスターオー 幸英明 7.5倍 100.6
3着 クリソライト 川田将雅 アタマ 7.9倍 100.6
2015年5月23日() 京都競馬場/ダ1900m 天候: 馬場:

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

平安ステークスのデータ分析とレース傾向

コース図京都ダート1900m

2013年に従来の1月から5月に開催時期が移された平安ステークス。距離も1800m→1900mに変更され、同時期に行われていた旧東海ステークスと開催時期および施行条件(グレードを除く)が入れ替わるかたちになった。最も有力なステップは、2010年以降(旧東海ステークス時代を含む)に5勝を含む10頭の連対馬を送り出している前走アンタレスステークス組。特に好成績なのが「前走5番人気以内」「同年のフェブラリーステークス出走」の2パターン。条件をクリアした馬は、その時点で勝ち負けの有力候補となる。舞台となる京都ダート1900mは、4コーナー付近からスタート。最初のコーナーまでの距離が約380mあるため、枠順の有利不利は比較的少ない。(各種データ、原稿は本年のレース発走前のものとなります)

データ分析をもっと見る >

平安ステークスの歴史と概要


2013年の優勝馬ニホンピロアワーズ

第20回(2013年)に1月から5月に開催が移った京都のダート中距離重賞。第2回(1995年)の勝ち馬ライブリマウントは、翌年に日本調教馬として初めてドバイワールドカップに参戦(結果は6着)。第4回(1997年)はトーヨーシアトルシンコウウインディによる同着という、珍しい決着を見た。なお、後者は次走のフェブラリーステークスを制し、G1馬の仲間入りを果たしている。ほか、G1馬もしくはのちのG1馬の勝利は、第11回(2004年)のタイムパラドックス、第20回(2013年)のニホンピロアワーズの例がある(地方交流G1を含まない)。

歴史と概要をもっと見る >

平安ステークスの攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2018年6月2日(
鳴尾記念 G3
2018年6月3日(
安田記念 G1

競馬番組表

2018年6月2日(
3回東京1日目
3回阪神1日目
2018年6月3日(
3回東京2日目
3回阪神2日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
87,022万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
79,728万円
3 ゴールドアクター 牡7
74,324万円
4 オジュウチョウサン 牡7
53,307万円
5 レイデオロ 牡4
51,492万円
6 サトノクラウン 牡6
48,604万円
7 スマートレイアー 牝8
47,984万円
8 レッドファルクス 牡7
46,924万円
9 サウンズオブアース 牡7
45,645万円
10 マカヒキ 牡5
45,466万円
» もっと見る

3歳
1 アーモンドアイ 牝3
31,342万円
2 ワグネリアン 牡3
30,614万円
3 エポカドーロ 牡3
26,206万円
4 ラッキーライラック 牝3
23,653万円
5 ケイアイノーテック 牡3
16,998万円
6 ダノンプレミアム 牡3
16,651万円
7 リリーノーブル 牝3
13,810万円
8 ステルヴィオ 牡3
13,669万円
9 タワーオブロンドン 牡3
12,474万円
10 タイムフライヤー 牡3
11,016万円
» もっと見る