ミッキースワロー(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
ミッキースワロー
ミッキースワロー
ミッキースワロー
写真一覧
現役 牡5 鹿毛 2014年2月26日生
調教師菊沢隆徳(美浦)
馬主野田 みづき
生産者ノーザンファーム
生産地安平町
戦績15戦[4-2-1-8]
総賞金20,521万円
収得賞金5,275万円
英字表記Mikki Swallow
血統 トーセンホマレボシ
血統 ][ 産駒 ]
ディープインパクト
エヴリウィスパー
マドレボニータ
血統 ][ 産駒 ]
ジャングルポケット
ツィンクルブライド
兄弟 サトノラプターフリウラーノ
前走 2019/07/07 七夕賞 G3
次走予定

ミッキースワローの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
19/07/07 福島 11 七夕賞 G3 芝2000 166128.231** 牡5 57.5 菊沢一樹菊沢隆徳478(-2)1.59.6 -0.136.7⑩⑩⑨④クレッシェンドラヴ
19/06/09 東京 11 エプソムC G3 芝1800 14584.0210** 牡5 56.0 横山典弘菊沢隆徳480(-2)1.50.1 1.033.2⑪⑩⑪レイエンダ
19/04/29 新潟 11 新潟大賞典 G3 芝2000 16116.532** 牡5 57.5 横山典弘菊沢隆徳482(+2)1.58.7 0.132.9⑬⑫メールドグラース
18/12/23 中山 11 有馬記念 G1 芝2500 1651028.81011** 牡4 57.0 横山典弘菊沢隆徳480(-2)2.33.1 0.935.4⑯⑯⑯⑯ブラストワンピース
18/11/25 東京 11 ジャパンC G1 芝2400 144562.685** 牡4 57.0 横山典弘菊沢隆徳482(0)2.21.9 1.333.9⑬⑬⑬⑬アーモンドアイ
18/08/19 札幌 11 札幌記念 G2 芝2000 167145.7313** 牡4 57.0 横山典弘菊沢隆徳482(+8)2.02.8 1.738.3⑪⑪⑨⑪サングレーザー
18/04/01 阪神 11 大阪杯 G1 芝2000 161112.355** 牡4 57.0 横山典弘菊沢隆徳474(-10)1.58.7 0.534.0⑭⑬⑬⑩スワーヴリチャード
18/01/21 中山 11 AJCC G2 芝2200 11332.112** 牡4 56.0 横山典弘菊沢隆徳484(+4)2.13.6 0.334.8⑨⑨ダンビュライト
17/10/22 京都 11 菊花賞 G1 芝3000 186125.236** 牡3 57.0 横山典弘菊沢隆徳480(-2)3.19.7 0.840.5⑪⑪⑪キセキ
17/09/18 中山 11 セントライト G2 芝2200 15356.121** 牡3 56.0 横山典弘菊沢隆徳482(-2)2.12.7 -0.333.4⑧⑥⑥⑥アルアイン
17/07/22 福島 10 いわき特別 1000万下 芝1800 10782.413** 牡3 54.0 菊沢一樹菊沢隆徳484(-4)1.48.5 0.033.7⑨⑨⑩⑨コスモナインボール
17/05/06 京都 11 京都新聞杯 G2 芝2200 12686.345** 牡3 56.0 菊沢一樹菊沢隆徳488(0)2.15.3 0.134.1⑥⑥⑤プラチナムバレット
17/04/08 福島 10 ひめさゆり賞 500万下 芝2000 13567.141** 牡3 56.0 菊沢一樹菊沢隆徳488(-6)1.59.9 -0.233.9⑧⑦⑥④ドリームソルジャー
17/03/26 中山 4 3歳未勝利 芝2200 18357.131** 牡3 53▲ 菊沢一樹菊沢隆徳494(-2)2.16.0 -0.636.3⑭⑮⑯⑤フリージングレイン
17/02/25 中山 6 3歳新馬 芝2000 1471116.055** 牡3 53▲ 菊沢一樹菊沢隆徳496(--)2.08.1 0.534.3⑭⑭⑭⑭ストロングレヴィル

ミッキースワローの関連ニュース

 函館記念の出走馬が11日、確定。ルーキーの斎藤新騎手(18)=栗・安田隆=は、父・斎藤誠調教師(48)=美浦=が管理するブラックバゴで、初めてのJRA重賞に挑む。ミッキースワロー七夕賞を制した菊沢父子に続き、今週も父子タッグが主役を演じてみせる。

 今週は俺がやる。ルーキーの斎藤騎手が、7歳馬ブラックバゴで重賞初参戦。しとしとと降り続く栗東の雨に打たれながら、北の大地で迎える晴れ舞台への意気込みを熱く語った。

 「うれしいですし、この時期に重賞に乗れるのは恵まれていると思います。斎藤先生からは、僕を乗せるのは『“いつもと違う騎乗をしろ”ってことだぞ』といわれているので、積極的に乗りたいですね」

 今年3月に、父が開業する美浦ではなく、栗東の安田隆厩舎所属でデビュー。1週目にいきなり2勝をマークすると、ここまで全国リーディング30位、新人では断トツの20勝を挙げている。それでも「チャンスのある馬に乗せてもらっているので、(勝ち数が)多いとも(ペースが)速いとも思わないです。安田先生やスタッフの方からアドバイスを受けて勉強させてもらっているので、少しでも早くうまくなって厩舎に貢献したいです」と表情を引き締める。

 競馬学校合格後から、調教師と騎手の関係性を意識し、敬語で接するようになった父子タッグは通算で【5・3・0・22】。4日には、交流GIII・スパーキングレディーCマドラスチェック4着)で地方ながら重賞に初参戦した。斎藤誠調教師は「まだ特別戦や重賞に乗れる技術はありませんが、馬主さんには快く(騎乗を)了解していただきました。折り合いが大変だけど、先入観なく思い切った競馬をしてほしいですね」と期待を込めて手綱を託す。

 函館コースは初騎乗ながら、6月6日に自厩舎の追い切りで経験済み。斎藤騎手は「洋芝でクッションがあって乗りやすかった。どう乗ろうか考える時間が、今は楽しいです。今週の調教もすごく良かったみたいなので、ガチガチになり過ぎず印象に残るような競馬ができれば」と結んだ。

 先週の七夕賞は菊沢父子タッグのミッキースワローが勝利。今週は斎藤親子が、ブラックバゴで絆を見せつける。 (川端亮平)

★体切れ良いデキ

 ブラックバゴは追い切り翌日の11日、函館競馬場内の厩舎周りを運動。「テンションが高くなるタイプではないし、いつも通りの雰囲気。昨年(10着)は中山金杯以来で少し体に余裕があった。順調に使えている今年の方が、体に切れがある」と磐井助手はデキの良さを伝えた。

斎藤 新(さいとう・あらた) 2001(平成13)年2月9日生まれ、18歳。茨城県出身。13年に第5回ジョッキーベイビーズで優勝し、16年に競馬学校入学。栗東・安田隆行厩舎所属で今年3月にデビューし、同3日に自厩舎のアルファライズで初勝利。同期の中では一番星だった。ここまで20勝で全国リーディング30位(11日現在)。趣味は最近始めたばかりの釣り。164センチ、47キロ。

【古馬次走報】マテラスカイ、BCスプリント目標ローテ 2019年7月11日(木) 05:05

 ★プロキオンS5着マテラスカイ(栗・森、牡5)は、BCスプリント(11月2日、サンタアニタ、GI、ダ1200メートル)を目標にしたローテーションが組まれる。7着キングズガード(栗・寺島、牡8)は、チャンピオンズC(12月1日、中京、GI、ダ1800メートル)を目標に、何戦か挟む予定。15着アードラー(栗・音無、牡5)は、阿蘇S(8月10日、小倉、OP、ダ1700メートル)を予定。

 ★七夕賞快勝のミッキースワロー(美・菊沢、牡5)は放牧へ。秋は産経賞オールカマー(9月22日、中山、GII、芝2200メートル)で始動、天皇賞・秋(10月27日、東京、GI、芝2000メートル)に向かう。5着アウトライアーズ(美・小島、牡5)は、栗東入りして小倉記念(8月4日、小倉、GIII、芝2000メートル)に向かう。鞍上は丸田騎手を予定。6着タニノフランケル(栗・角居、牡4)も小倉記念を予定。ここには巴賞3着カデナ(栗・中竹、牡5)も参戦する。

 ★プロキオンS8着ウインムート(栗・加用、牡6)は、コリアC(9月8日、ソウル、GIII、ダ1800メートル)に登録。選出されなければ東京盃(10月2日、大井、交流GII、ダ1200メートル)へ。

 ★ラジオN賞1着ブレイキングドーン(栗・中竹、牡3)は、神戸新聞杯(9月22日、阪神、GII、芝2400メートル)へ。13着レッドアネモス(栗・友道、牝3)は、ローズS(9月15日、阪神、GII、芝1800メートル)を視野。僚馬で天皇賞・春5着ユーキャンスマイル(牡4)は、新潟記念(9月1日、新潟、GIII、芝2000メートル)を視野に入れる。

 ★マリーンS1着リアンヴェリテ(栗・中竹、牡5)、2着のモズアトラクション(栗・松下、牡5)はともにエルムS(8月11日、札幌、GIII、ダ1700メートル)へ。

 ★函館SS除外のダノンスマッシュ(栗・安田隆、牡4)は川田騎手で、2着アスターペガサス (栗・中竹、牡3)は福永騎手でともにキーンランドC(8月25日、札幌、GIII、芝1200メートル)へ。

 ★スパーキングレディーCでの2着のサルサディオーネ(栗・羽月、牝5)は、BSN賞(8月24日、新潟、L、ダ1800メートル)へ。

 ★韋駄天S10着レッドラウダ(栗・音無、牡6)は、藤田菜七子騎手でアイビスSD(28日、新潟、GIII、芝1000メートル)を予定。

 

[もっと見る]

【函館記念】レースの注目点 2019年7月10日(水) 18:46

★1番人気馬が12連敗中の函館記念 今年はエアスピネルなど16頭が登録



 14日に実施される函館記念は、難解なハンデ戦らしく1番人気馬が苦戦しており、2006年にエリモハリアーが勝ったのを最後に12連敗中。また、過去10年で3連単の払戻金が10万円を超えた年は8回あり、目下4年連続でフタ桁人気馬が馬券の対象になっている。



 今年の函館記念には、重賞3勝馬でトップハンデの58キロを背負うエアスピネル(牡6歳、栗東・笹田和秀厩舎)、歴代2位タイの28年連続JRA重賞制覇がかかる蛯名正義騎手が騎乗予定のレッドローゼス(牡5歳、美浦・国枝栄厩舎)など16頭が登録しているが、どのような決着となるだろうか。



橋田満調教師はスズカデヴィアスを登録 史上7人目のJRA全10場重賞制覇なるか



 函館記念スズカデヴィアス(牡8歳)を登録している橋田満調教師(栗東)は、1985年の厩舎開業以来、函館を除く9場でJRA重賞61勝を挙げており、函館記念を勝てばJRA全10場重賞制覇となる。同調教師の函館重賞最高成績は2002年函館記念での3着(トーワトレジャー)だが、果たして、史上7人目となるJRA全10場重賞制覇の偉業を成し遂げることができるだろうか。



 なお、スズカデヴィアスは前哨戦の巴賞を制しており、鞍上には前走に続き勝浦正樹騎手が予定されている。ちなみに、スズカデヴィアスはJRA全10場で重賞に出走しており、昨年の函館記念では5着に入っている。



★父・斎藤誠調教師の管理馬ブラックバゴで参戦 ルーキー斎藤新騎手がJRA重賞初挑戦



 今年デビューのルーキー・斎藤新騎手は、函館記念ブラックバゴ(牡7歳、美浦・斎藤誠厩舎)に騎乗する予定。斎藤騎手は7月8日現在、同期の中でトップとなる20勝を挙げており、今回がJRA重賞初挑戦となる。デビュー年にJRA重賞を勝てば、2008年の三浦皇成騎手以来11年ぶりとなるが、斎藤騎手は初めてのJRA重賞挑戦でいきなり勝利を挙げることができるだろうか。なお、斎藤騎手のレース当日の年齢は18歳5力月6日で、函館記念を勝てば、武幸四郎元騎手に次ぐ歴代2位のJRA重賞最年少優勝となる。



 また、ブラックバゴは斎藤騎手の父・斎藤誠調教師の管理馬。7日の七夕賞では、菊沢一樹騎手が父・菊沢隆徳調教師の管理馬ミッキースワローとのコンビでJRA重賞初制覇を飾ったが、斎藤騎手も父の管理馬で初の重賞タイトルを手にするごとができるだろうか。なお、7月8日現在、斎藤誠調教師&斎藤新騎手の親子コンビはJRAで5勝を挙げている。



函館記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【七夕賞】スワローが叶えた!菊沢父子タッグの重賞初星 2019年7月8日(月) 05:14

 サマー2000シリーズ初戦の七夕賞が7日、福島競馬場で16頭によって争われ、3番人気ミッキースワローが優勝。デビュー4年目の菊沢一樹騎手(21)=美・菊沢=は初のJRA重賞制覇を父、隆徳調教師(49)=美浦=の管理馬で飾った。2番人気クレッシェンドラヴが2着。ゴールドサーベラスに騎乗した藤田菜七子騎手はJRA重賞で自身最高の4着に入った。

 6年ぶりとなる7月7日の七夕開催で、父子の願いがかなった。デビュー4年目の菊沢一樹騎手が、父・隆徳調教師が管理するミッキースワローで待望の重賞初制覇を飾った。涙で顔をくしゃくしゃにさせながら、パートナーに、父に、感謝の気持ちを伝えた。

 「以前は自分の未熟さで結果を出せなかったけど、2年ぶりに乗ることになった今回は馬を信じて乗りました。馬に感謝です。父にもデビューしてから迷惑をかけましたし、いい馬に乗せてもらっても結果が出せず。それでも、乗せ続けてくれた僕の一番の味方です。恩返しがしたかった」

 ハイペースの中、後方馬群の外めをリズム良く追走し、大胆にも勝負どころの3~4コーナーでひとまくり。「福島の直線がこんなに長く感じたのは初めて」と鞍上が振り返る厳しい戦いを、トップハンデ57・5キロを背負いながら驚異的な粘り腰でしのぎきった。

 見守った菊沢師は「強気に乗って『大丈夫かな』と心配したけど、馬が助けてくれたね」とハラハラ、ドキドキの展開を回顧。トレーナーも騎手時代の2000年にロングカイウンでこの名物GIIIを制しており、喜びはひとしおだろう。

 ミッキースワロー自身も3歳秋のセントライト記念以来、約1年10カ月ぶりの美酒。これでひと息入れるが、秋の大舞台へ向けて弾みがついた。

 「馬に勉強させてもらいながら一歩一歩成長したいし、一緒に大きいところを目指したい」

 「ウィメンジョッキーズワールドカップ」で優勝した菜七子と同期。夏の福島で絆を強固なものにしたミッキースワローとのコンビから、秋も目が離せない。 (板津雄志)

★7日福島11R「七夕賞」の着順&払戻金はこちら

菊沢 一樹(きくざわ・かずき) 1997年8月27日生まれ、21歳。茨城県出身。2016年3月5日に中山でデビューし、同5月7日東京1Rのジョリガーニャントで初勝利。デビュー年は7勝、一昨年20勝、昨年は19勝をマークした。4年目となる今年は6勝でJRA通算52勝(7日現在)。藤田菜七子坂井瑠星らと同期。父の隆徳はJRA調教師。

ミッキースワロー 父トーセンホマレボシ、母マドレボニータ、母の父ジャングルポケット。鹿毛の牡5歳。美浦・菊沢隆徳厩舎所属。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬。馬主は野田みづき氏。戦績15戦4勝。獲得賞金2億521万3000円。重賞は2017年GIIセントライト記念に次いで2勝目。七夕賞菊沢隆徳調教師、菊沢一樹騎手ともに初勝利。馬名は「冠名+ツバメ」。

[もっと見る]

【七夕賞】クレッシェンドラヴ、外から追撃も及ばず2着… 2019年7月8日(月) 05:12

 2番人気クレッシェンドラヴは向こう正面からミッキースワローをぴったりマークする形で追走。直線は外から一完歩ごとに追い詰めたが、3/4馬身差及ばず2着に終わった。「このメンバーでこれだけやれるんだからね。やっぱり走るよ。勝ち馬は強かったけど、馬も良くなっていた。オレに運がなかったよ」と内田騎手は悔しさをにじませた。今後も芝の中距離路線を歩むことになりそうだ。

★7日福島11R「七夕賞」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【七夕賞】クレッシェンドラヴ惜しくも2着 内田博「やっぱり走る」 2019年7月7日() 19:16

 7月7日の福島11Rで行われたサマー2000シリーズ第55回七夕賞(3歳以上オープン、GIII、芝2000メートル、ハンデ、16頭立て、1着賞金=4100万円)は、トップハンデ(57・5キロ)で菊沢一樹騎手騎乗の3番人気ミッキースワロー(牡5歳、美浦・菊沢隆徳厩舎)が後方待機策から向こう正面で徐々に進出し、4コーナーでは大外を回って後続を突き放し優勝した。タイムは1分59秒6(稍重)。



 外枠スタートのクレッシェンドラヴは、後方でじっくりと脚をため、徐々にポジションを上げて、先に抜け出した勝ち馬を捕らえようと脚を伸ばすも3/4馬身届かず2着に惜敗した。



 内田博幸騎手「このメンバーでこれだけやれるんだから、やっぱり走る。勝ち馬は強かったけど、(この)馬も良くなっていたね」



★【七夕賞】払い戻し確定!! 全着順も掲載

[もっと見る]

⇒もっと見る

ミッキースワローの関連コラム

閲覧 1,007ビュー コメント 0 ナイス 4

先週の七夕賞は菊沢騎手が騎乗したミッキースワローが、外から豪快に突き抜け久々の重賞2勝目。ジョッキーにとっては初の重賞制覇となった。

マルターズアポジーが先導し、後続も差なく続く流れは字面以上に厳しく、2着にも外枠のクレッシェンドラヴが突っ込んで来るなど、ローカルの荒れ馬場らしく最後は外からの差しが決まった一戦だった。今後に向けてという意味では、むしろ先行失速勢、内枠勢の巻き返しに注意しておきたい。

一方、中京のプロキオンSアルクトスがインを捌いて3連勝で重賞初制覇。3頭出走していた4歳馬のうち2頭のワンツー決着で、交流重賞の1400m路線を使ってきた組は総崩れ、2着ミッキーワイルド、3着ヴェンジェンスとともに、前走中央競馬で勝利してきた馬たちの上位独占となった。

最近の交流重賞1400m路線は過去の名前で出ている馬が持ち回りをしているような状況で、だからこそそのレベルには怪しい部分も多い。その点では今後の参考になる一戦だったかもしれない。


~明確な傾向が出るダートの狙いどころ

さて、今週末も引き続き函館・福島・中京の継続開催となるが、3場いずれも芝のコース設定がA→Bコースへと変わる。いわゆる仮柵移動の週末となる。

再三当コラムでも芝の状態の話、馬場の伸びどころの話をしているが、それだけ現代競馬の予想において馬場状態は重要で、だからこそ今週末に関しては少し様子を見ることも大事かもしれない。特に土曜日はBコース替わり初日で、どのような傾向が出るのかやや不透明な部分もある。仮柵移動によってインが復活するのか、あるいはさほどでもなく引き続きタフな馬場が継続するのか、各場とも空模様が怪しい面もあり、馬場読みの難易度は高そうだ。

中央競馬は毎週末続いていくもので、まして3場開催ならば週末だけで72レースが行われる。どのレースを買うか、そして買わないかは我々の判断にゆだねられており、主催者の思惑に乗じてアレもコレもと手を出しているようでは、回収率という観点では長期的にみて間違いなくマイナスだろう。時には手控えるという判断も重要で、今週の、特に土曜の芝のレースに関してはそういう判断(無茶しない)もアリかなと考えている。

だが、週末は手控えよう…ではあまりに面白くないので、そんな週末に個人的に注目しているのはダートである。特に先週末は函館と福島のダートで外が伸びる傾向が出ていた。

例えば、わかりやすいのは函館ダート1000m戦で、先週末は4レース施行されたが、そのうち8枠が2勝、7枠が1勝、6枠が1勝と完全に外有利傾向。連複圏内まで広げてみても、やはり明確に外有利に傾向が出ており、1~3枠は以下の通り壊滅的状況だ。

・先週末の函館ダート1000m1~3枠の成績
(0-1-0-11)

もちろんこれは事前に察知できたことで、筆者の会員限定配信である競馬ノートにおいても、事前予想の段階で、

「開催通じて外の方がやや優勢の気配がある函館ダート1000m」
「今の函館ダート1000mは外寄りからの先行の方が有利」

と述べた通りである。ちなみに先週に限らず今年の函館ダート1000m戦で調べてみても、14レースのうち1~5枠は75頭出走して3勝、一方6~8枠は73頭出走して11勝と、明らかに外の方が有利である。これは連対圏、複勝圏まで広げても同様で、こういう傾向を他のコースや、あるいは開催場単位でいち早く掴むのが勝利に近づく重要なポイントになる。

ダートに関しては天気や馬場によって猫の目のように変わる面もあり、芝のように開催進捗とともに徐々に外が伸びる…という感じではないため”見極め”は重要になるが、芝が難解な週末だからこそ、ダートに目を転じてみるのも面白いかもしれない。あくまでも個人の経験則ではあるが、函館の傾向は今週末もそこまで変わらないとみているので、興味のある方は狙ってみても面白いだろう。


~今週は1レース入魂! 屈指の波乱重賞函館記念

さて、今週末は夏の名物・函館記念の開催となる。

函館記念の特徴といえば、なんといっても波乱度の高さだろう。1番人気の勝利どころか馬券圏内自体が近年はほとんどなく、2010年にジャミールが2着して以降は8連敗中で、3着にすら入れていない状況が続いている。

3連単の配当に目を転じても過去4年連続で10万超、3連複ですら8年連続で万馬券となっているように、まともに買うのがアホらしくなるような波乱続きだ。ローカルの多頭数のハンデ重賞…というだけでいかにも荒れそうだが、そのイメージ通り穴を狙って良い一戦だ。他に重賞もない週末なので、今週は一穴主義でガシガシ攻めていきたい。

まだ馬場状態が不透明な段階だが、現時点で有力とみているのはレッドローゼスだ。前走の福島民報杯は完勝といえる内容で、ようやく力をつけて本格化しつつある。前走で下したクレッシェンドラヴカデナはいずれも次走で好走しており、そういう点でレベル面の裏付けがあるのも心強い。

函館記念らしく穴っぽいところなら、巴賞敗戦組からドレッドノータスマイネルファンロンあたりが面白そうだ。

ドレッドノータスは前走久々に好内容で、今回はベストとなるコーナー4回の2000m戦。当該条件で6勝中5勝を挙げている、いわばコーナー4つの2000m巧者だ。

マイネルファンロンは久々の巴賞では何もできずに終わったが、やや距離不足も感じる内容だっただけに叩いての上積みがあれば面白そうだ。スンナリ先行できれば、今回は一変があるとみる。

いずれにしても、前述通り波乱続きの一戦。人気で決まったらごめんなさい、という気持ちで、思い切りバットを長く持って振り回してみても面白いかもしれない。


函館記念の最終結論は、ブログ『TAROの競馬』にて無料公開します。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』
(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)。2018年12月14日には最新刊『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)をリリース。


登録済みの方はこちらからログイン

2019年7月11日(木) 18:30 競馬プロ予想MAX
先週の回顧~(7/6~7/7)土曜函館5R◎▲○3単的中など披露のくりーくプロが週間回収率250%でトップ!
閲覧 1,159ビュー コメント 0 ナイス 9



先週は、7(日)に中京競馬場でG3プロキオンS、福島競馬場でG3七夕賞がそれぞれ行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G3プロキオンSは、晴れ空のもと稍重まで回復してスタートの時を迎えます。大方の見立て通り、1番人気マテラスカイがダッシュ良くハナに立つと、終始1馬身ほどのリードで運びハイペースを演出。前半4Fは44.3秒(推定)で通過していきます。2番手サクセスエナジー、3番手ヴェンジェンスと、徐々に先頭マテラスカイへのプレッシャーを強めながら4コーナーを回って直線へ。内を突いては、2番人気アルクトス、3番人気ミッキーワイルドも3列目から徐々に差を詰め、残り200mでは4頭横並びの態勢になって、依然先頭キープのマテラスカイを追います。ここから、さすがにオーバーペースに泣く格好となったマテラスカイは急失速。代わって外からミッキーワイルドアルクトスの2頭が迫ると、この争いから最後に1/2馬身抜け出たアルクトスが、初の重賞タイトルを奪取。3連勝で重賞ウィナーの仲間入りを果たしました。
公認プロ予想家では、岡村信将プロイレコンデルパサープロ夢月プロスガダイプロジョアプロ伊吹雅也プロ金子京介プロ山崎エリカプロ蒼馬久一郎プロら計9名が的中をマークしています。
 
G3七夕賞も、稍重馬場でのスタート。マルターズアポジーがハナに立つと、タニノフランケルロードヴァンドールブラックスピネルストロングタイタンといった先行勢を5馬身ほど離して軽快に飛ばしていきます。前半1000mは58秒0(推定)で通過。ここから、後方勢も3コーナを前にして早くも外へと持ち出して押し上げる馬などが複数見られ、大きくペースを落とさぬままコーナーへと突入。大外を回ったミッキースワロー、さらに後方からはクレッシェンドラヴあたりも連れて一気に先団に取り付くと、迎えた直線で一気にミッキースワローが2馬身ほど抜け出して堂々の先頭。後続はなすすべなく引き離されていく一方となる中、ただ一頭迫ったクレッシェンドラヴも力強い伸び脚を見せますが、先に抜け出していたミッキースワローには及ばず。3番人気ミッキースワローが、約2年ぶりの重賞Vを決めています。鞍上にとっては嬉しい初重賞制覇となっています。
公認プロ予想家では、サラマッポプロnigeプロ奥野憲一プロスガダイプロ山崎エリカプロ馬っしぐらプロら計6名が的中をマークしています。
 
 
 
----------------------------------
 
☆☆☆注目プロ →くりーくプロ
6(土)函館5R2歳新馬で、◎プリンスリターン(単勝15.6倍)▲アメージングサン(同1.4倍)○ヴィクトワールボス(同103.9倍)的中をマーク。他にも、同中京5R2歳新馬、7(日)には函館1R2歳未勝利などの好調予想を披露すると、福島1R2歳未勝利では◎ダンシングサンダーダウラギリエストラードのパーフェクト的中を達成。“真骨頂”を幾度となく見せつけた先週は、週間回収率トップの250%、収支13万8,820円プラスを記録しています。
 
☆☆☆注目プロ →nigeプロ
6(土)中京10R濃尾特別での◎スペリオルシチーワンダーウマスキーフラッシュ的中、7(日)福島11RG3七夕での○ミッキースワロークレッシェンドラヴ的中などを披露し、土日ともプラス収支を達成。週間トータル回収率245%、収支9万4,480円プラスをマークし、2週連続週末プラスを記録しています!
 
☆☆☆注目プロ →サラマッポプロ
6(土)福島10R松島特別、7(日)中京2R3歳未勝利等の的中を披露すると、福島11RG3七夕では◎○△で10万4,340円払戻し達成の一撃!週末2日間トータルでは、回収率207%、収支15万3,640円の大幅プラスをマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →夢月プロ
6(土)に福島5R2歳新馬などの的中で引き続きの好調をアピールすると、7(日)には福島1R2歳未勝利中京3R2歳未勝利中京8R3歳以上1勝クラス函館10R立待岬特別などでヒットを量産。ラストは中京11RG3プロキオンS中京12R3歳以上1勝クラスの“連勝”で締めくくり、トータル回収率156%、収支26万8,760円の大幅プラスをマークしています。これで週末プラスを4週連続とし、直近30日間の総収支48万9,700円プラスは全予想家中トップとなっています(7/11現在)。
 
 
 
この他にも、奥野憲一プロ(216%)、豚ミンCプロ(142%)、ース2号【予想マイレージクラブ限定】プロ(126%←3週連続週末プラス)、イレコンデルパサープロ(123%)、いっくんプロ(116%)、あおまるプロ(112%)、おかべプロ(111%←5週連続週末プラス)、ース1号プロ(107%←3週連続週末プラス)、KOMプロ(107%)、蒼馬久一郎プロ(106%)、岡村信将プロ(101%←3週連続週末プラス)、スガダイプロ(101%)らが、週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
 
 
----------------------------------
 
※全レースの結果情報はこちら


今週も「プロ予想MAX」にぜひご注目下さい。

[もっと見る]

2019年7月4日(木) 13:00 くりーく
くりーくの中間調教チェック 2019七夕賞
閲覧 1,113ビュー コメント 0 ナイス 8



こんにちは、公認プロ予想家のくりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
前走からの中間の調整内容(評価はA~F)を中心に、各馬コメントをしていきたいと思います。



7月7日(日) 福島11R 第55回七夕賞(3歳以上G3・ハンデ・芝2000m)


【登録頭数:16頭】(フルゲート:16頭)

マルターズアポジー 57kg(B)
この中間は2週前の南W、1週前の北Cコースでの併せ馬ともに先着していて、近走の中では良い出来で出走できそう。

ブラックスピネル 57kg(B)
この中間は2週前、1週前と坂路で好時計が出ていて調子は良さそう。前走時は併せ馬で遅れたが、今回の1週前は併せて先着と上積みもありそうな感じ。

タニノフランケル 55kg(C)
前走では◎にしたほど調教の時計は良かった。この中間も1週前追い切りではCWを3頭併せで追い切られて好内容。前走の最終追い切りは坂路だったので、今回はCWで追われてくるほうが良いかもしれない。

ウインテンダネス 56kg(C)
休み明けの目黒記念を使われての叩き2戦目。この中間は2週前、1週前とCWで好時計が出ている。それも外を回って終いの時計が速く、変わり身を感じられる内容。

ロシュフォール 55kg(A)
この中間は南W、坂路、芝コースと好時計が出ており、前走重賞3着時の勢いそのままにといった印象の良い出来。

ストロングタイタン 57kg(A)
中山金杯からの休み明け。調教ではもともと好時計の出る馬だが、この中間も2週前、1週前といつも以上に速い時計が出ていて、調子は良さそう。

ミッキースワロー 57.5kg(D)
この中間は1週前に時計は出しているがいつものように強く追われておらず、疲れが残っているのかもしれない。

アウトライアーズ 54kg(D)
4月に2戦使われたが、当時の調教内容はこの馬としては全然時計が出ていなかった。この中間も物足りない印象の残る時計だが、1週前の併せ馬では先着していて、前回よりはまだ良いほうかもしれない。

クレッシェンドラヴ 55kg(B)
ここ2戦とも、追い切りには鞍上の内田博騎手が騎乗して追われていたが、この中間も先週内田博騎手騎乗で坂路を併せ馬。先着を果たしており、調子は良さそう。

クリノヤマトノオー 55kg(B)
この中間は2ヶ月ほど間隔が空くが、2週前、1週前に強めに追われて速い時計をマークと、順調そう。これで最終追い切りが馬なりで、楽に時計が出ているようなら。

エンジニア 54kg(C)
普段は南Wで乗り込まれている馬だが、工事中のためこの中間は坂路での調整。時計的には出ているほうで、調子は悪くなさそう。

カフェブリッツ 54kg(B)
休み明けでの参戦。この中間は2週前の坂路、1週前のCWと好時計をマーク。特に1週前は3頭併せで先着と出来は良さそう。

ロードヴァンドール 55kg(A)
天皇賞(春)からの休み明けだが、かなりの乗り込み量で、CW、坂路で好時計も出ていて出来は良さそう。

ソールインパクト 54kg(B)
宝塚記念にも登録していたが、こちらに回ってきた。それもあって、乗り込み量は豊富。前走同様、調教師自らが騎乗して追い切られており、馬なりでのもので時計自体はそれほど出ていないが、内容的には好印象。

ゴールドサーベラス 54kg(E)
この中間は北Cコースでの調整。時計が平凡で物足りない。

ベルキャニオン 55kg(B)
この中間も乗り込み豊富。もともと調教では時計の出る馬だが、1週前に坂路で一杯に追われて好時計が出ており、叩き2戦目での上積みがありそう。



◇今回は七夕賞編でした。
夏競馬も始まり、2歳馬が続々とデビューして早くも来年のクラシックに向けて戦いが始まっています。
私も、『ウマニティPOG』など各メディアが主催するPOGに毎年参加していますが、その中でも佐藤洋一郎さんが主催するPOGでは20数名でドラフト会議を行い、毎年ドキドキとワクワクの馬選びが行われます。特に1位指名、2位指名、3位指名はプロ野球のドラフト会議のような緊張感があり、希望の馬を選択できた時には、それはもう新馬戦を勝ったかのような嬉しさがあるものです。
昔は写真を見たり血統を見たりして馬選びをしていたのですが、なかなか好成績を上げることができず......。それが、5年前くらいに方針をガラっと変えたところ、メジャーエンブレム、ケーアイノーテック、ワグネリアングランアレグリアと、G1を勝ってくれる馬を毎年のように指名することができるようになり、近年は毎年上位争いに加わることができています。
今年も10頭( https://pog.umanity.jp/user/?user_id=2b477d5ec3 )指名したうち4頭がデビュー、2頭が勝ち上がりと好スタートを切れているので、どの馬も無事に1年間走り続けて、運よく大きなレースに勝ってくれることを期待しています。

それでは次回、函館2歳S編(予定)でお会いしましょう。


七夕賞出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。
※最終結論はレース当日のくりーくプロページでチェックしてください。

[もっと見る]

2019年5月3日(金) 14:00 TARO
【TAROの競馬研究室】ファインプレーの次走/NHKマイルC展望
閲覧 1,033ビュー コメント 0 ナイス 3

天皇賞(春)は昨年の菊花賞の再戦ムードだったが、上位人気を集めたフィエールマンエタリオウの両馬は明暗がクッキリ分かれる形となった。勝ったのは菊花賞に引き続き、フィエールマン。道中折り合って直線は抜群の切れ味を発揮、追いすがるグローリーヴェイズをしのいだ。ルメールの冷静な手綱も光り、これでG1・2勝目。名実ともに中長距離路線におけるトップホースの座に就いた。

一方、エタリオウはスタートから流れに乗れず4着止まり。道中は離れた最後方、確かに前が速いことを見越した奇襲だったのかもしれないが、全体としてはチグハグな印象を残した。鞍上のデムーロはどうも今年に入ってからリズムが悪い。もともとルメールよりは良くも悪くもムラがあり、好不調の波が激しいタイプだが、現状はあまり良い状態とはいえないようだ。

それならば負けたとはいえ昨年の菊花賞5着から進境を見せた2着グローリーヴェイズの内容が光った。母父スウェプトオーヴァーヴォ—ドの名前を見ると距離に不安を覚えなくはなかったが、同父は案外距離に融通が利くタイプが多く、今回出走していたリッジマンの父でもあった。勝ちに行っての2着は価値があるもので、今後さらなる活躍を予感させる好内容だった。


武豊&横山典騎手による絶品の逃げ

さて、今週末はNHKマイルCとなるが、その展望に入る前に先週の競馬を見ていて改めて感じたことを書きたい。それは今さら言うまでもないかもしれないが、武豊&横山典騎手の逃げの上手さである。

先週の横山典騎手と言えば、何といっても土曜日の青葉賞リオンリオンによる逃げ切りが光った。1枠2番の絶好枠を生かして好スタートを切ると、そのままハナへ。道中は後続を引きつけつつリラックスした逃げを打ち、直線に入ると一旦後続を突き放し、最後はランフォザローゼスの追撃をハナ差退けた。

着差を見ても一瞬の判断、タイミングが明暗を分けた格好で、まさに騎手の腕を見せつけた一戦だったと言えるだろう。かつては追い込みでもたびたび見せ場を作ったジョッキーだが、大ベテランの域に入り、逃げやインで溜める競馬で随所に好プレーを見せてくれている。2着に敗れたとはいえ、新潟大賞典ミッキースワローにおける進路取りなども、横山典騎手らしさを感じるものだった。

一方の武豊騎手は、先週末香港への遠征となったが、不在の中でもその存在の大きさを見せつけられた。正確には今週…というべきなのかもしれないが、月曜の京都メイン・天王山S。ここで人気を集めたのが、直近2走は武豊騎手による逃げで好走をしてきたヒロシゲゴールド。単勝は2.3倍と抜けた人気に支持されたが、今回は以前騎乗していた松田騎手への乗り替わり。

レースではスタートからやや押っ付けられてハナを奪うまでに脚を使った影響か、直線の粘りを欠き9着と惨敗。武豊=逃げはいわばファインプレーのようなもので、その次に乗り替わりでは安易に手を出すべきではなかったとレース後に反省をさせられた一戦だった。

今さら言うまでもないことだが、好騎乗で結果を出した後の次走というのは、特に人気を集めるケースでは狙いづらくなる。名手の得意パターンによる好走は、基本的に能力を最大限に引き出されているためだ。

逃げの武豊、番手の川田、道悪のデムーロ…のような得意条件下での好走の次走、特に乗り替わりのケースでは少し疑ってみる必要もありそうだ。


〜波乱含みのNHKマイルC

さて、GWも残り少なくなってきたが、今週末はNHKマイルC。毎年のように2ケタ人気クラスの伏兵が台頭するレースだが、今年は桜花賞グランアレグリアの参戦により例年以上に盛り上がりそうだ。

そのグランアレグリアは、ルメール騎手のG1騎乗機会4連勝という快記録も懸かった一戦となる。穴党としてはそろそろ…などという邪心も湧いてくるが、得意の東京マイルが舞台となれば、当然有力候補だろう。

一方、冒頭でも触れたが、調子がイマイチに映るデムーロ騎手はアドマイヤマーズに騎乗する。前走の皐月賞はやや消極的な競馬にも映ったが、今回は得意のマイル戦。この距離では昨年暮れの朝日杯でグランアレグリアを倒しており、巻き返しに期待する手もあるか。

もっとも、かつては1000万近い馬券が飛び出すなど基本的には波乱含みのレース。上記2頭を評価しつつも、今週は伏兵から入っても面白いかもしれない。

特に期待したいのは大挙出走するロードカナロア勢。同産駒は急坂コースよりもどちらかといえば平坦や東京コースの方が良い場合が多い。例えば前走12番人気で逃げ切ったイベリス。スローペースに恵まれた面もありフロック視されるかもしれないが、レースセンスは高く、再度のスローペースや内伸びの馬場になれば怖い一頭だ。

同じくアーリントンカップからの参戦となるヴァルディゼールは、平坦のシンザン記念で抜群の切れ味を発揮して重賞制覇。同産駒らしい鋭い脚を秘めており、立ち回り次第では巻き返しがあるかもしれない。

ルメール騎手の勝利インタビューもそろそろ見飽きてしまったので…というのは冗談だが、人気が予想されるグランアレグリアは気性的にややモロさも感じるタイプだけに、伏兵台頭の余地もあるはず。そろそろ他の騎手たちにも一矢報いてほしいところだが果たして—。


※NHKマイルCの最終結論は、ブログ『TAROの競馬』にて無料公開します。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』
(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)。2018年12月14日には最新刊『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)をリリース。

[もっと見る]

2018年12月27日(木) 16:00 競馬プロ予想MAX
先週の回顧~(12/22~12/23)日曜阪神9R◎マイネルフラップ(単勝152.3倍)的中のマカロニスタンダーズプロが週間収支+42万超でトップ!
閲覧 480ビュー コメント 0 ナイス 4

先週は、23(日)に中山競馬場でG1有馬記念が行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G1有馬記念は、小雨が降るなか馬場状態は稍重発表で発走時刻を迎えます。1番人気はレイデオロで単勝2.2倍。2番人気にキセキ(同5.9倍)、3番人気にブラストワンピース(同8.9倍)、4番人気にモズカッチャン(同9.1倍)、5番人気にオジュウチョウサン(同9.2倍)と、ここまでが単勝ひとケタ台の支持を集め、全16頭がゲートイン。
ミッキースワローが後手を踏んだ以外は各馬まずまず揃ったスタートを切ると、まず注目のオジュウチョウサンが先頭へ。ここにサウンズオブアースミッキーロケットと並び掛けていくところへ、離れた外からキセキが進出しハナを奪って1週目のホームストレッチへ。前半1000mを1分00秒8(推定)で通過すると、ここから若干ペースを落としながら向こう正面へと馬群を率います。
キセキから4馬身後方には、ミッキーロケットが続き、差がなくオジュウチョウサンサウンズオブアースクリンチャーモズカッチャンブラストワンピースと中団にかけての追走。サトノダイヤモンドを挟んで、直後の9番手あたりをレイデオロがキープ。後方集団は、マカヒキシュヴァルグランパフォーマプロミススマートレイアーサクラアンプルールリッジマンとなって、離れて最後方をミッキースワローの態勢で2週目の3コーナーを目指します。
3コーナーを迎え、ここからペースアップを図るキセキがさらにリードを広げ始めると、歓声に沸く場内。外を回って手応えよく進出を開始するブラストワンピースに、これを追うように直後からはレイデオロも徐々に先行集団の一角へとポジションを上げて直線勝負へ。
逃げるキセキのリードは、依然3馬身ほど。終始直後の位置取りで進めたミッキーロケットオジュウチョウサンも手応え十分に追い出され、残り200mでキセキから2馬身差へと詰め寄ると、外を伸びてはブラストワンピースが差のないところまで浮上。直後の5番手にはさらに外を通ってレイデオロも伸びてきます。坂を上がったところで苦しくなったキセキを、外からミッキーロケットブラストワンピースが一気に捉えると、直後のレイデオロ、さらに後方から馬群を縫うように伸びたシュヴァルグランの2頭も急追。ゴール手前50mでは4~5頭がひと塊となる熱戦を、最後は3歳馬ブラストワンピースが振り切って先頭でゴール!G1初制覇を飾っています。クビ差の2着にはレイデオロが入り、そこから1馬身1/4差の3着には9番人気シュヴァルグランが入っています。
公認プロ予想家では、サウスプロ☆まんでがんプロ赤木一騎プロ奥野憲一プロくりーくプロら、計6名が的中しています。
 
 
 
----------------------------------
 
☆☆☆注目プロ →マカロニスタンダーズプロ
22(土)を阪神12Rでの○◎的中などでプラス収支で終えると、23(日)には中山5Rでの◎▲○的中計12万8940円の払戻し、阪神9Rでの◎マイネルフラップ(単勝152.3倍)的中計40万7040円、阪神10Rでの◎ペルソナリテ(単勝24.7倍)的中計10万7400円払戻しと大暴れ。土日トータルでは、回収率197%、収支トップの42万5,720円をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →金子京介プロ
22(土)のG2阪神Cでは、◎ダイアナヘイロー(単勝38.3倍)的中で計13万4050円のスマッシュヒットを披露。23(日)も中山10Rなどの的中で2日間連続のプラスを達成した先週は、週間トータル回収率128%を記録し、3週連続週末プラスを達成しています。
 
☆☆☆注目プロ →くりーくプロ
15(土)は、G2阪神Cを◎スターオブペルシャ(単勝46.3倍)の予想で仕留めるなど、的中率100%、回収率183%の成績をマークすると、23(日)にはこの日の勝負予想G1有馬記念を◎シュヴァルグラン(単勝22.7倍)から的中!週末のトータルでは、回収率106%をマークしています。
 
 
 
この他にも、【U指数】馬単マスタープロ(301%)、セイリュウ1号プロ(146%)、“帰ってきた”凄馬勝子プロ(142%)、おかべプロ(126%←7週連続週末プラス)、ース1号プロ(118%)、【U指数】3連複プリンセスプロ(105%)、山崎エリカプロ(102%)、またJRDBから期間限定参戦中の赤木一騎プロ(153%)らが週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
 
 
----------------------------------
 
※全レースの結果情報はこちら


今週も「プロ予想MAX」にぜひご注目下さい。

[もっと見る]

2018年12月23日() 13:00 競馬プロ予想MAX
「プロ予想MAX四天王の決断!」/有馬記念 G1(豚ミンCプロ)
閲覧 1,203ビュー コメント 0 ナイス 2

ひとつの時代を締めくくる、記念すべき有馬記念の発走時刻が近づいてまいりました。本日、この年末の大一番を予想してくれるのは、ウマニティが誇る新鋭プロの豚ミンCプロです。先週は大幅プラス収支で、12月に入ってから回収率145%と目下絶好調。15年以降、中山芝2500mで的中率23%、回収率165%をマークしている〝コース巧者〟は、いったいどんな結論を導いたのでしょうか?

本命は⑫レイデオロ「器用さがありこの舞台は問題なく、秋3戦目で余力もある。枠以外に不安な点はほとんどない」と死角の少なさを指摘。「あとは鞍上の手腕で」と、No.1騎手の勝負強さに託しました。対抗は「昨年2着のクイーンズリングのイメージで、内々をロスなく乗っての一発に期待したい」モズカッチャン。単穴は「追っ付けて前に行く鞍上の奇襲戦法もありそう」な⑩ミッキースワロー。馬券はワイドボックス③⑩⑫で勝負します。本レース以外の豚ミンCプロの予想は、ウマニティのプロ予想MAXでご確認ください。

(ウマニティ編集長・岡田大)


------------------------------------------------
プロ予想MAX四天王の決断!」とは・・・ウマニティが日曜のサンケイスポーツ(関東版)競馬面にてお届けする連載コラムで、プロ予想MAX最強プロ予想家陣の中でも売上ランキング(前月の月間予想売上)で頂点に君臨する四天王の中から毎週1名の予想家が登場し、重賞予想を掲載しています。
------------------------------------------------

ウマニティ公認プロ予想家の予想はここが違う!
プロ予想家の予想は、予想の収支が完全公開されているガチンコ勝負の予想です。予想収支を出さない他の予想サイトとは一線を画しています。

【プロ予想家の提供する予想】
1.予想印(◎◯▲△×)による評価
2.コメントで予想根拠を提示※1
3.資金配分をした買い目(予算最大1万円)
※1:コメントの無い予想もあります。コメントの有る無しは購入前に確認できます。

【予想例】いっくんプロの皐月賞予想
3連単106万4360円を10点買いで的中!1063万4360円払戻し!


「競馬プロ予想MAX」には約40名のウマニティ公認プロ予想家がいます!
プロ予想家の収支はリアルタイムで完全公開されています。
まずは、どんな予想家がいるかあなたの目で確かめて下さい。
>>詳しくは競馬プロ予想MAXへ<<

[もっと見る]

⇒もっと見る

ミッキースワローの口コミ


口コミ一覧

豪華 ~札幌記念GⅡ~

 グラニースミス 2019年8月14日(水) 16:01

閲覧 345ビュー コメント 0 ナイス 31

ある飲食店のランチに、ゴージャセットとかデラックスセットがあった。どちらも言葉からの乖離はなかったが、入替っていても問題がないように感じた。ここになんだかモヤモヤを感じたので、クグってみた。

ゴージャスは、英語のgorgeousから来ており、本来は「褒める」ときに使われる。対象は、人、天気、お食事などで、
豪華さを披露し、満足感を与えるさま の意味。
デラックスは、フランス語のdeluxeを英語読みしたものであり、「豪華な」という意味で使われる。対象は「物」で、「人」に対して使う事はない。質において豊富で優秀な の意味らしい。
ということは、マツコ・デラックスではなく、マツコ・ゴージャスってことなのことなんだろうか?

第55回 札幌記念 GⅡ 芝・右 2000m 3歳以上OP (国際)(特指) 定量

メンバーは、天皇賞・菊花賞馬、ダービー馬、有馬記念馬、海外GⅠ2着馬に過去の札幌記念馬など豪華です。
2019年 サマー2000シリーズはすべて、第55回なのは先日書きましたが、ここまで3戦は
●七夕賞は、ミッキースワローが1着だった。3歳秋にセントライト記念GⅡ1着して、菊花賞に出走した。4歳時は未勝利で、5歳になって久々の重賞勝ちをした。
●函館記念は、マイスタイルが1着だった。3歳春に弥生賞GⅡ2着で、皐月賞に出走した。4歳になって自己条件を勝つもOP勝ちはなく、初重賞制覇した。
●小倉記念は、カデナが2着だった。3歳春に弥生賞GⅡ1着以来、ずっと低迷していた。

似たような馬をさがすと ゴーフォザサミットが面白ろそうです。

写真は一度、こんな豪華客船に乗ってみたいなぁと思うものを選びました。競馬やらなきゃ簡単に乗れそうですね(笑)

では

 グラニースミス 2019年8月1日(木) 11:45
AMEMIA ~小倉記念GⅢ~ 
閲覧 524ビュー コメント 0 ナイス 35

先日、「冷やし中華始めました」の張り紙を見た。AMEMIAのあの歌を思い出した。
しかしよく考えれば、「冷やし中華終わりました」というのは見たことがない。夏に食べる食べ物として定着しているためか冬には、こっそりいなくなっている。美味しい食べ物なので一年中食べても別にいいと思うのだが、、、

JRAのサマーシリーズは、どの程度認知されているのかと思う。
GⅠレース週間だと盛り上がるが、サマーシリーズの種類をきちんと答えられる人は、あまり居ないのではと思う。
実際、このウマニティの日記でもサマーシリーズについて書かれている人はほぼいない。
歴史としては、2006年にサマースプリントシリーズ及びサマー2000シリーズ創設され、2007年サマージョッキーズシリーズ創設された。2012年にはサマーマイルシリーズ創設 2015年ワールドスーパージョッキーズシリーズを秋番組から移設した。やはり、JRAの意図としては、夏競馬はGⅠもなく、春・秋開催よりも売上が上がらないので、売上向上の打開策のように感じる。サマーシリーズは、JRAによる「冷やし中華始めました」のようなものと感じる。

2019年 サマー2000シリーズ
第55回七夕賞
第55回函館記念 農林水産省章典
第55回小倉記念 農林水産省章典
第55回札幌記念
第55回新潟記念 農林水産省章典

サマー2000シリーズは重賞開催回数が全て揃えられていることに気が付いた。個人的な意見だが、こういうことには偶然ではなく、意図的なものを感じてしまう。

七夕賞は、ミッキースワローが1着だった。3歳秋にセントライト記念GⅡ1着して、菊花賞に出走した。4歳時は未勝利で、5歳になって久々の重賞勝ちをした。

函館記念は、マイスタイルが1着だった。3歳春に弥生賞2着で、皐月賞に出走した。4歳になって自己条件を勝つもOP勝ちはなく、初重賞制覇した。

小倉記念は、クラシックトライアルで好走した馬で、しばらく勝てずにGⅢハンデ戦で再浮上する馬を狙おうかと思います。アウトライアーズ、カデナの2頭かなぁと思います。

どうでもいいことだが、AMEMIAは最近どうしているのだろうか。


では

[もっと見る]

 海外にいても競馬はや 2019年7月30日(火) 00:07
小倉記念 ハンデ発表後予想
閲覧 297ビュー コメント 4 ナイス 10

小倉記念 登録13頭


今年はおもしろそうです。
◎はハンデ決定前から決まっています。
準備万端ストロングタイタンです。

ハンデも予想通り57kg(56kgだったら最高でしたが)、ここ2戦向かない競馬場、中山と福島で成績落としたので、好配当間違いなしでしょう。

以下、各馬評価です。

7歳 2頭
54 シャイニービーム 父カンパニー
芝5戦/米子3着、距離長すぎ、マイルで先行して前残りタイプ、今回は不要

△55 レトロロック 父ディープ
小倉3勝、小倉OP勝ち、小倉大賞典は後方から8着、やや前でハンデ貰えれば夏の小倉では面白い

6歳 3頭
×56 ノーブルマーズ 父ジャンポケ
宝塚3着、目黒2着、小倉は2戦して1/3着、好位から、スタミナを要求されるとしぶとい

◎57 ストロングタイタン 父外
小倉3勝、鳴尾記念1着、小倉記念8/12着(12着は心房細動)、小倉大賞典5着、軽い芝での高速決着では滅法強い、好位から控えて本命

54 カフェブリッツ 父マンカフェ
芝5戦/ダイヤモンド3着、先行してスタミナ勝負、ここでは少し足りない

5歳 3頭
×56 カデナ 父ディープ
弥生賞/京都2歳1着、福島民報/巴賞3着、後方からの差し、アウトライアーズよりは格上、ノーブルマーズよりは格下

×54 アウトライアーズ 父ピサ
スプリング2着、小倉1戦1勝、後方からのまくり、本来的には冬の小倉向きなので買わなくても良いはず(余裕あればおさえ)

×55 クリノヤマトノオー 父ジャンポケ
菊花賞8着、大阪城3着、グレイソブリン+サンデーの血は冬の小倉血統、夏はおさえまで

4歳 5頭
○57.5 メールドグラース 父ルーラー
新潟大賞典/鳴尾記念1着、小倉2000m2戦2勝マクリと好位、4連勝中、重馬場は良くなく軽い馬場向き、ミッキースワローよりは下軽い芝でのノーブルマーズよりは上

△55 タニノフランケル 父フランケル
小倉大賞典2着中山金杯3着、小倉2戦1/2着、逃げ番手、スティッフェリオ/ステイフーリッシュとはハンデ差あったため、アルバより恵まれたいところ、クリノ/アウトと同等クラス

▲54 アドマイヤアルバ 父ハーツクライ
京都新聞杯2着、京都金杯4着、ダービー9着、アマルフィー/ステイフーリッシュクラスで強い、軽い芝で中団からの上がり勝負が良さそう、本来はマイルが良さそうだが、小倉血統なのでハンデ恵まれれば頭まである

55 アイスバブル 父ディープ
目黒記念2着、グリュイエール全弟
スタミナ差し勝負、上がり速いと厳しい

×54 アイスストーム 父ストーミングホーム
1600連勝で勝ち上がり、軽い芝で後方から末脚勝負、東京や新潟向き


あとは枠順考慮ですが、基本決まりですね。

◎57 ストロングタイタン
○57.5 メールドグラース
▲54 アドマイヤアルバ
△55 タニノフランケル
△55 レトロロック

これに三列目のおさえを入れた三連系勝負。
前走から斤量1.5kg増のメールドグラースが馬券から外れると、かなりの高配当に。

今週末は、小倉記念全力で行きます。

[もっと見る]

⇒もっと見る

ミッキースワローの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
1:
  おかき   フォロワー:0人 2017年12月31日() 12:01:09
かなり強い 次走ガチ買

ミッキースワローの写真

ミッキースワロー
ミッキースワロー
ミッキースワロー

ミッキースワローの厩舎情報 VIP

2019年7月7日七夕賞 G31着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ミッキースワローの取材メモ VIP

2019年7月7日 七夕賞 G3 1着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。