リスペクト(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
POGウォッチリストに登録すると、ウマニティPOGのPOGリストに追加できます。
今すぐ会員登録
写真一覧
現役 牡3 鹿毛 2017年3月13日生
調教師奥村武(美浦)
馬主石川 達絵
生産者白井牧場
生産地日高町
戦績10戦[2-4-0-4]
総賞金2,809万円
収得賞金900万円
英字表記Respect
血統 エピファネイア
血統 ][ 産駒 ]
シンボリクリスエス
シーザリオ
ラヴィアンフルール
血統 ][ 産駒 ]
ステイゴールド
フィジーガール
兄弟 ネガイアップデート
前走 2020/09/21 朝日セントライト記念 G2
次走予定

リスペクトの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
20/09/21 中山 11 セントライト G2 芝2200 126816.579** 牡3 56.0 C.ルメー奥村武466(+8)2.17.0 2.038.6バビット
20/07/04 福島 9 開成山特別 1勝クラス 芝2600 12112.011** 牡3 54.0 D.レーン奥村武458(-2)2.42.1 -0.035.5⑨⑨⑨⑤ファンタスティック
20/04/25 東京 9 新緑賞 1勝クラス 芝2300 8663.922** 牡3 56.0 D.レーン奥村武460(+2)2.21.4 0.133.4⑤⑤⑤⑤ブラックマジック
20/04/05 中山 9 山吹賞 1勝クラス 芝2200 122211.752** 牡3 56.0 津村明秀奥村武458(-12)2.16.6 0.135.1⑥⑧⑤エヴァーガーデン
20/02/23 東京 4 3歳未勝利 芝2400 16121.611** 牡3 56.0 C.ルメー奥村武470(+2)2.28.8 -0.235.0⑤⑤⑤⑤プモリテソーロ
20/02/01 東京 6 3歳未勝利 芝2400 12223.422** 牡3 56.0 C.ルメー奥村武468(+6)2.27.2 0.734.2ダノングロワール
19/12/14 中山 7 2歳未勝利 芝2000 172442.096** 牡2 55.0 池添謙一奥村武462(+6)2.01.7 0.936.1⑰⑰⑧⑦ゼノヴァース
19/11/16 福島 4 2歳未勝利 芝1800 16245.528** 牡2 55.0 丸田恭介奥村武456(+10)1.49.9 0.835.9⑬⑫⑫⑩ハローキャンディ
19/09/22 中山 3 2歳未勝利 芝1800 1081068.892** 牡2 54.0 池添謙一奥村武446(-2)1.50.6 0.134.8⑦④⑤⑤レインカルナティオ
19/07/13 福島 5 2歳新馬 芝1800 16489.849** 牡2 54.0 戸崎圭太奥村武448(--)1.52.9 2.336.9④④⑪⑪ディアセオリー

リスペクトの関連ニュース

 ◆北村友騎手(ラインハイト4着)「10キロ増でも太くなかったし、上手に競馬はできたけど、伸びてほしいところでジリっぽくなった」

 ◆三浦騎手(ヴァルコス5着)「中山はどうかと思ったけど、最後は差を詰めて力は見せてくれた。使って次(菊花賞)は距離が延びるのもいいと思う」

 ◆丸山騎手(ココロノトウダイ6着)「ひと夏を越して成長しているので期待していた。折り合いはついていたが、2000メートルぐらいの方がいいのかも」

 ◆M・デムーロ騎手(フィリオアレグロ7着)「本気を出していない。もう少し前で競馬をしたかったが、ゴチャついて後ろからになった。3~4コーナーでも反応できなかった」

 ◆石橋騎手(サペラヴィ8着)「体重が増えてフォルムが良くなった。仕掛けてすぐに反応できなかったが、それでも最後は伸びている」

 ◆ルメール騎手(リスペクト9着)「すごくいい感じだったが、3コーナーで手応えがなくなってバテた」

 ◆丹内騎手(マイネルソラス10着)「少しゲート内でうるさかった。3コーナーから早めに踏んで仕掛けたが、ついていけなかった」

 ◆田辺騎手(ピースディオン11着)「全然ついていけなかった」

★21日中山11R「セントライト記念」の着順&払戻金はこちら

【セントライト】重賞初挑戦のリスペクトは9着に終わる ルメール「3コーナーで手応えが…」2020年9月21日(月) 19:27

 9月21日の中山11Rで行われた第74回セントライト記念(3歳オープン、GII、芝2200メートル、馬齢、12頭立て、1着賞金=5400万円)は、内田博幸騎手騎乗の4番人気バビット(牡、栗東・浜田多実雄厩舎)が逃走V。ラジオNIKKEI賞に続く重賞連勝を果たした。タイムは2分15秒0(良)。



 未勝利戦V以来のコンビ再結成となったC.ルメール騎手とともに初重賞の舞台に挑んだリスペクト(7番人気)は、スタート直後から果敢に先行集団に取り付いたものの、勝負どころで動くことができず中団までポジションを落としてしまう。直線に向いても懸命に粘ったものの、最後は力尽きて9着に敗れた。



 ◆C.ルメール騎手「道中はいい感じでしたけど、3コーナーで手応えがなくなり、ラストはバテてしまいました」

★【セントライト記念】払い戻し確定!! 全着順も掲載

[もっと見る]

【有名人の予想に乗ろう!】セントライト記念2020 関東圏で行われる菊花賞のトライアルレース!あの人の見解は!? 2020年9月21日(月) 05:30


※当欄ではセントライト記念について、競馬好きとして知られる芸能人、著名人の皆さんの予想を紹介していきます。迷ったときは彼らの予想に乗るのも手。参考になさってください。



【杉本清】
◎⑨サトノフラッグ
○⑦ガロアクリーク
▲⑥バビット
☆⑩ヴァルコス
△⑤ダノンファスト
△④フィリオアレグロ
△⑪ココロノトウダイ
△⑧リスペクト

【横山ルリカ】
◎⑪ココロノトウダイ

【稲富菜穂】
◎④フィリオアレグロ
○⑨サトノフラッグ
▲⑩ヴァルコス
△⑪ココロノトウダイ
△⑥バビット

【小木茂光】
注目馬
ヴァルコス
サトノフラッグ
バビット
3連単フォーメーション
⑥⑨⑩→④⑤⑥⑦⑧⑨⑩⑪→⑥⑨⑩

【安田和博(デンジャラス)】
◎⑦ガロアクリーク

【鈴木麻優(元岩手競馬騎手)】
◎⑩ヴァルコス

【守永真彩】
◎⑩ヴァルコス
3連複フォーメーション
⑩-④⑥⑨-②④⑤⑥⑦⑨

【目黒貴子】
◎⑨サトノフラッグ



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【セントライト】厩舎の話 2020年9月18日(金) 04:50

 ◆ココロノトウダイ・手塚師 「春より体に幅も出てきました。道悪になっても大丈夫だし、十分にやれるメンバーだと思います」

 ◆サペラヴィ・相沢師 「併せた相手が動くので稽古はこんなもの。右回りは左回りほどスムーズじゃないので」

 ◆バビット・浜田師 「予定よりも全体時計が遅くなりました。ただ、前回は脚元(ソエ)を気にしながらの調整だったのが、今回は気にせずできています」

 ◆ピースディオン・大竹師 「ジョッキーは『引っ掛かった』と言っていたけど、実戦では大丈夫でしょう」

 ◆マイネルソラス・和田郎師 「順調。以前は1600メートルでも行きたがるのでどうなるかと心配していたけど、もともと長めの距離がいいと思っていました」

 ◆ラインハイト石坂正師 「いい動き。休んだことで馬が心身ともに成長した。あとは重賞で通用するかどうか」

 ◆リスペクト奥村武師 「トモ(後肢)のゆがみが解消されて成長を感じる。スタミナ勝負なら」

セントライト記念の出馬表はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【セントライト】厩舎の話2020年9月17日(木) 11:30

 ダノンファスト・菊沢調教師「状態はかなりいい。以前芝を使っていたときとは完成度が違う」

 ラインハイト・浜名助手「夏を越して成長。長めの距離のほうが自分のリズムで行けるだろう」

 リスペクト奥村武調教師「トモのゆがみが取れてきて成長を感じる。スタミナ勝負なら」

(夕刊フジ)



セントライト記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【セントライト】サトノフラッグ得意の中山に期待 2020年9月16日(水) 04:59

 <美浦トレセン>

 弥生賞勝ち馬で、皐月賞5着、ダービー11着のサトノフラッグが、得意の中山で巻き返しを狙う。国枝調教師は「そんなに馬体も変わらずに帰ってきて、仕上がりは問題ないですね。ダービーの敗因がよくわからないが、順調なので改めて期待しています」と話した。

 夏の上がり馬として注目なのが開成山特別勝ちのリスペクト。「前走は道悪でポジションが下がってしまったのに、よくがんばってくれた。その後はここを目標に。左回りはもたれるので、右回りの方がいい」と奥村武調教師。

 フェアリーポルカの半弟ココロノトウダイの雰囲気がいい。「昨秋にきんもくせい特別を勝ったときの感じに戻りつつある。距離延長は問題ないし、オープンでもやれる力は持っていますよ」と矢嶋助手の期待は大きい。

 <栗東トレセン>

 バビットは前走のラジオN賞で8番人気ながら5馬身差で逃げ切った。「順調にきています。前走は強かったし、具合もよかった」と竹下厩務員。今回は2ハロンの距離延長となるが「(前々走の)新潟は返し馬で引っ掛かって止まらなくても走った。スタミナはありますよ」と自信をのぞかせた。

 ヴァルコス日本ダービー14着から巻き返しを図る。近親にディープインパクトがいる良血馬で、青葉賞では2着と素質を示した。大江助手は「馬格なりの軽快さが出てきました。(中山で)ヨーイドンになりにくいのは、この馬にとっていいと思います。長くいい脚を使いますからね」と期待を込めた。

セントライト記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

⇒もっと見る

リスペクトの関連コラム

閲覧 1,497ビュー コメント 0 ナイス 3

先週末は新潟でレパードS、小倉では夏の名物重賞、小倉記念が行われた。

レパードSは、田辺騎手騎乗のハヤヤッコが直線鮮やかに差し切り、10番人気の低評価を覆しての重賞制覇となった。これで田辺騎手は重賞騎乗機会4連勝。年明け当初は人気馬を飛ばすことが多かったが、ココに来てエンジンが掛かってきたようだ。もっともレース自体はやや低調な印象で、打倒クリソベリルといえるほどの存在は見当たらなかった。

一方、小倉記念メールドグラースが重賞3連勝で秋に向けての飛躍を予感させた。2着カデナとの着差は僅かにクビ差ではあったが、内容的には完勝といえるもの。今後はさらに強い相手と激突することになるだろうが、今の勢いと充実ぶりならば十分互角の戦いを挑めそうだ。

その小倉記念は馬券的にもほぼ思い通りの決着となった。最終的に本命にしたのは6番人気の◎カデナだったが、相手は力上位のメールドグラース。先週当コラムでも取り上げたノーブルマーズもキッチリ押さえており、3連複本線、3連単までキレイに当てることができた。




もっとも、札幌のWINSで購入したこの追加馬券が当たればさらに楽しいことになったのだが…。



そこまで求めては贅沢というものか。この楽しみは次回以降に取っておこう。


~騎手は上手くなくて良い、大事なのは”わかる”こと

それにしても、先週改めて感じたのは騎手の重要性だ。

前述の小倉記念で本命にしたカデナにしても、北村友騎手が騎乗していたことは大きな後押しになった。北村友騎手は、馬をリラックスさせて脚を溜めるのが非常に上手い。これは派手に内を突くとか、あるいはオーバーアクションでガシガシ追うようなものではないためわかりづらいのだが、馬上でのバランスが良く、道中で余計なスタミナをロスしない。だからこそ切れる馬に騎乗した際には、ラストで鋭い伸びを引き出すことができる。これはライアン・ムーアなど海外勢にはあまり感じられない、”JRA的な”技術力である。

このことに気づいたのはもう10年近くも前になるのだが、興味があるならば、同騎手の過去の重賞制覇のレースを見直してみてほしい。上手く溜めて外から脚を伸ばして来るレースが非常に多いはずだ。

その中でひとつだけわかりやすい例を挙げるならば、2017年のCBC賞だろうか。シャイニングレイで制したこのレースにおける末脚の伸び方は、まさに北村友騎手ならではのものだった。今年はアルアインでG1初制覇を飾ったが、より北村友騎手らしさが出ていたのは今回のカデナや、上述のシャイニングレイ、あるいは今年の重賞でいえばヴァルディゼールシンザン記念ダノンスマッシュでの一連のレース、またあるいはクロノジェネシスでのレースぶりだろう。

北村友騎手が上手いかどうかは、正直なところそれぞれの感じ方にもよると思う。ただ、大事なことは、

「ある程度パターン化し理解できるかどうか」

である。騎手も生きものではあるが、個性やクセ、パターンがあるので、それを理解できれば別に上手い必要などない。


~上手くはないが最近買えるのはアノ

上手い必要はないが買いやすい、という例でいえば、最近は田中勝騎手がお気に入りである。個人の感想を遠慮なく述べるならば決して上手い騎手だとは思わないが、それでも買いどころはある。ちょっと感覚的なものなので言語化が難しいが、

「やることが決まっている」

というレースになるとそこそこ頼りになるイメージだ。好例は函館記念マイスタイルだろうか。函館記念におけるマイスタイルは、とにかく逃げるだけ、相手関係を見ても楽に先手が奪えそうだった。ある意味、得意パターンでの逃げ切り勝ちといえるだろう。

他にもレッドルチアとのコンビでは毎回折り合いにとりあえず専念して外から脚を伸ばすスタイルに特化している。なので外枠を引いても不利にならない状況下ではキッチリ伸びて来る。

先週の越後Sで本命にした◎ヴォーガもやはり田中勝騎手の騎乗が大きな後押しになった。なぜなら同騎手の進言によりブリンカーを着用してきた上に外枠を引けたのだから、もう行くしかないというレースだろう。まさにやることが決まっている田中勝騎手である。

しかも、同騎手は最近全く人気にならない。人気にならないなりの理由がもちろんあるのだが、函館記念での久々の重賞制覇以後バイオリズムも上がっており、穴をあけるケースが増えている。何度も言うように、別に騎手が上手い必要などない。我々馬券を買う立場からすれば、大事なことは上手いことよりもわかることである。極論すれば、毎回出遅れて外を回す超下手だけど人気馬によく乗る騎手がいるならば、それはそれで人気馬に乗ってきたら消せば良いわけで、馬券的には重宝するはずだ。

その騎手がどんな騎乗をするのか、ある程度パターン化して理解できるようになれば、予想をする際にも大いに役に立つはずだ。”わかる騎手”や”パターン化できる騎手”をどんどん増やしていきたい。命賭けの仕事に対してリスペクトをしつつ、馬券という意味では少しドライに付き合っていけるのが理想だろう。


~エルムSはハナ争いに注目!

さて、今週も2重賞、新潟では関屋記念、そして札幌ではエルムSが行われる。どちらもフルゲートになりそうで、なかなか面白そうな一戦だ。

関屋記念は3歳馬ケイデンスコールとエプソムC上位組に加え、久々のミッキーグローリーなども加わり混戦模様となりそうだが、現時点での注目はエプソムCの上位組、サラキアソーグリッタリングだ。

エプソムCは雨の中でのレースとなったが、本質的には軽い馬場の方が向くタイプ。ともに距離短縮もプラスで、先週まで同様に好天が続くようなら注目したい。

一方、エルムSは逃げ争いに注目が集まる一戦。7歳にして初ダートとなるマルターズアポジーの参戦により、例年以上に先行争いが激化しそうだ。

ドリームキラリ陣営はハナにこだわることを示唆、人気を集めそうなリアンヴェリテも積極策でオープンを連勝してきただけに、これらの馬たちがどのような流れを刻むのか。それ次第でレースの様相はかなり変わってきそうだ。

前がやり合う流れになれば、決め手秘めるモズアトラクションレッドアトゥあたりの待機組が怖いと考えているが、元来札幌ダートは先行有利のコースでエルムSも先行馬が活躍する舞台。馬場状態や陣営のコメントなどを見た上で、もう少し悩んでみるつもりだ。

※重賞の最終結論は、『TAROの競馬』にて一部無料公開しますので、是非当日のブログをご覧ください。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』
(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)。2018年12月14日には最新刊『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)をリリース。


登録済みの方はこちらからログイン

リスペクトの口コミ


口コミ一覧

フワちゃん

 酒呑童子くん 2020年9月30日(水) 05:22

閲覧 87ビュー コメント 0 ナイス 16

フワちゃんと豊田真由子の絡みに、朝から爆笑。

フワちゃん、すげーわ(笑)

フワちゃん、リスペクトm(__)m

 穴馬見つけたかも 2020年9月27日() 16:25
オールカマー 残念。。。
閲覧 92ビュー コメント 0 ナイス 9

センテリュオ。。。
パドックも平凡に見え、完全にノーマーク。。。

稍重のわりには先週よりは追い込めるような馬場にも感じました。

印の打った馬は、
◎ ステイフーリッシュ  3着 (3人気)
○ カレンブーケドール  2着 (2人気)
▲ ジェネラーレウーノ  7着 (6人気)
△ クレッシェンドラブ  4着 (4人気)
× サンアップルトン   6着 (7人気)

あと一歩でした。。。。

リフレッシュして、また来週頑張ります

× リスペクト    9着 (7人気)

大敗したフィリオアレグロ、マイネルソラス、リスペクトは
位置取りが予想と全く違っていたので、結果はついてこなかったです。。。

展開予想の精度上げるように頑張ります。

[もっと見る]

 穴馬見つけたかも 2020年9月21日(月) 16:26
セントライト記念 反省会
閲覧 107ビュー コメント 0 ナイス 4

残念。。。

ガロアクリークは距離、サトノフラッグは揉まれ弱さで消したのですが、
両馬ともに問題なく強かったですね。

印の打った馬は、
◎ フィリオアレグロ 7着 (3人気)
○ マイネルソラス  10着 (11人気)
▲ バビット     1着 (4人気)
△ ヴァルコス    5着 (5人気)
× リスペクト    9着 (7人気)

大敗したフィリオアレグロ、マイネルソラス、リスペクトは
位置取りが予想と全く違っていたので、結果はついてこなかったです。。。

展開予想の精度上げるように頑張ります。

[もっと見る]

⇒もっと見る

リスペクトの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
4:
  fc0703d559   フォロワー:2人 2020年9月21日(月) 00:14:10
トーマ、○、長い脚使える
3:
  fc0703d559   フォロワー:2人 2020年9月19日() 17:35:47
うまな、ガロア、サトノ、ヴァルを相手にせざるを得ない
2:
  fc0703d559   フォロワー:2人 2020年9月19日() 17:34:42
うまな、波乱の主役、ルメール実績

⇒もっと見る

リスペクトの写真

投稿写真はありません。

リスペクトの厩舎情報 VIP

2020年9月21日朝日セントライト記念 G29着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

リスペクトの取材メモ VIP

2020年9月21日 朝日セントライト記念 G2 9着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。