会員登録はこちら
ステイヤーズS G2   日程:2018年12月1日() 15:25 中山/芝3600m

レース結果

ステイヤーズS G2

2018年12月1日() 中山/芝3600m/14頭

本賞金:6,200万 2,500万 1,600万 930万 620万


レコード:3分41秒6
天候:
馬場:



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気
1 7 11

リッジマン

牡5 56.0 蛯名正義  庄野靖志 446(-2) 3.45.2 3.9 1
2 7 12

アドマイヤエイカン

牡5 56.0 田辺裕信  須貝尚介 508(+2) 3.45.6 2 1/2 4.1 2
3 3 3

モンドインテロ

牡6 56.0 W.ビュイ  手塚貴久 490(+6) 3.45.6 クビ 4.9 4
ラップタイム 13.0 - 12.0 - 13.7 - 12.4 - 12.0 - 12.9 - 12.8 - 12.9 - 12.8 - 12.8 - 13.4 - 12.7 - 12.4 - 11.6 - 11.7 - 11.8 - 11.7 - 12.6
前半 13.0 - 25.0 - 38.7 - 51.1 - 63.1
後半 59.4 - 47.8 - 36.1 - 24.3 - 12.6

■払戻金

単勝 11 390円 1番人気
複勝 11 150円 2番人気
12 140円 1番人気
3 160円 3番人気
枠連 7-7 730円 3番人気
馬連 11-12 760円 1番人気
ワイド 11-12 320円 1番人気
3-11 460円 6番人気
3-12 430円 5番人気
馬単 11-12 1,430円 1番人気
3連複 3-11-12 1,490円 3番人気
3連単 11-12-3 5,760円 3番人気

ステイヤーズSのニュース&コラム

【ステイヤーズ】リッジマン、重賞初V!
 第52回ステイヤーズステークス(1日、中山11R、GII、3歳上オープン国際(特指)、別定、芝・内2周3600メートル、1着本賞金6200万円 =出走13頭)蛯名正義騎乗で1番人気のリッジマンが直線で抜け出し、2馬身1/2差で重賞初制覇を飾った。3分45秒2(良)。2着は2番人気のアドマイヤエイカン。JRA史上初の同一重賞4連覇がかかっていたアルバートは、右前肢跛行のため出走を取り消した。 1番人気に応える横綱相撲だ。2馬身半差の快勝で、リッジマンが長距離界の新王者に就いた。 「いい位置に入れたのが(勝った)要因。斤量を背負っていたし、急坂で油断できないと思っていたけど、最後まで(脚いろが)衰えずに頑張ってくれた」 1995年ステージチャンプ以来、23年ぶりに平地最長距離レースVを飾った蛯名騎手は、相棒の首筋をポンポンと叩いてねぎらった。他馬の手綱が激しく動き始めた3角手前でも1頭だけ余裕十分の手応え。残り1ハロンで先頭に立つと、後続をグンと突き放した。 昨年6月に初コンビを組んだ際は、まだ500万下の身。約1年半での出世劇に「かなり力をつけているし、落ち着きも出てきた。良くなっているね」と目を細めた。 これで芝3000メートル超は(2)(2)(1)着。短距離馬が多いスウェプトオーヴァーボード産駒としては異色の存在で、「若い頃より芯が入り、口向きも良くなったので長いところで踏ん張っている」と庄野調教師。「1200メートルを3回走ったんだから、賞金も3倍もらわないと」と笑わせた。 次走は未定だが、有馬記念(23日、中山、GI、芝2500メートル)に登録する可能性も。ホッカイドウ競馬出身の叩き上げは、さらに高いステージを目指して走り続ける。 (漆山貴禎) ◆田辺騎手(アドマイヤエイカン2着) 「距離も道中の折り合いも平気だった。ワンペースな面があるので、早めに動いたけど、勝った馬の末脚が切れたね」 ◆ビュイック騎手(モンドインテロ3着) 「うまくゲートを出て(好位で)じっくりと我慢したが、トップスピードに乗るまでに時間がかかった」★1日中山11R「ステイヤーズS」の着順&払戻金はこちら
2018年12月2日() 05:04

 210

【ステイヤーズ】2番人気のアドマイヤエイカンは2着 田辺裕「勝った馬の末脚が切れたね」
 12月1日の中山11Rで行われた第52回ステイヤーズステークス(3歳以上オープン、GII、芝・内2周3600メートル、別定、14頭立てから1頭取消の13頭立て、1着賞金=6200万円)は、蛯名正義騎手騎乗の1番人気リッジマン(牡5歳、栗東・庄野靖志厩舎)が重賞初制覇。タイムは3分45秒2(良)。 先頭を常に射程圏に入れる好位を追走した2番人気のアドマイヤエイカンは、直線早めに抜け出したが、勝ち馬に2馬身半差及ばずの2着だった。 田辺裕騎手「距離も道中の折り合いも平気だった。ワンペースな面があるので、早めに動いたけど、勝った馬の末脚が切れたね」★【ステイヤーズS】払い戻し確定!! 全着順も掲載
2018年12月1日() 20:47

 188

【ステイヤーズ】モンドインテロは2年前と同じ3着 ビュイック「次につながるレースはできた」
 12月1日の中山11Rで行われた第52回ステイヤーズステークス(3歳以上オープン、GII、芝・内2周3600メートル、別定、14頭立てから1頭取消の13頭立て、1着賞金=6200万円)は、蛯名正義騎手騎乗の1番人気リッジマン(牡5歳、栗東・庄野靖志厩舎)が重賞初制覇。タイムは3分45秒2(良)。 W・ビュイック騎手騎乗で4番人気だったモンドインテロは、道中3番手のインを追走して勝機をうかがったが、2年前に初挑戦したときと同じ3着だった。 ビュイック騎手「うまくゲートを出て(好位で)じっくり我慢したが、トップスピードに乗るまでに時間がかかった。次につながるレースはできたと思う」★【ステイヤーズS】払い戻し確定!! 全着順も掲載
2018年12月1日() 20:46

 148

【ステイヤーズ】障害王者の全弟コウキチョウサンは7着 北村宏「4コーナー手前で苦しくなった」
 12月1日の中山11Rで行われた第52回ステイヤーズステークス(3歳以上オープン、GII、芝・内2周3600メートル、別定、14頭立てから1頭取消の13頭立て、1着賞金=6200万円)は、蛯名正義騎手騎乗の1番人気リッジマン(牡5歳、栗東・庄野靖志厩舎)が重賞初制覇。タイムは3分45秒2(良)。 障害王者で有馬記念出走を目指すオジュウチョウサンの全弟としてレースぶりに注目が集まった6番人気コウキチョウサンは、中団の内でじっくり脚をためて最後の攻防に備えたが、直線で弾けず7着に敗れた。 北村宏騎手「スタートをうまく出てくれたし、道中もリズム良く運べました。ただ、4コーナー手前で苦しくなってしまいましたよ」★【ステイヤーズS】払い戻し確定!! 全着順も掲載
2018年12月1日() 20:45

 182

ステイヤーズSのニュースをもっと見る >

【ステイヤーズ】アルバート、4連覇へ12秒7
 JRA史上初の同一重賞4連覇がかかるアルバートは、Wコース4ハロン53秒0-12秒7。ゴール前で仕掛けられて力強い脚を見せた。森助手は「秋3戦目で息もできているので先週、今週と単走。年齢的な歩様の硬さは少しあるけど、動きも良く、力を出せる仕上がりです」とデキの良さを保証。「7歳でも元気があるし、衰えはないと思います。次のことは考えず、ここに全力投球です」と偉業達成に期待を込めた。★ステイヤーズSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2018年11月29日(木) 05:02

 711

【ステイヤーズ】追って一言
 ◆アドマイヤエイカン・北村助手 「しっかりやれたし、状態はいい。折り合いがつくから距離は大丈夫」 ◆ヴォージュ・余田助手 「けいこの動きはいい。前走を使って良化している。自分のリズムでスムーズに走りたい」 ◆コウキチョウサン・和田郎師 「ここ2週で負荷をかけたので、気持ちを入れる程度。体に張りも出ていい状態」 ◆ネイチャーレット・野中騎手 「動きは良かったです。乗り難しい馬なので、うまくコントロールできれば」 ◆マイネルミラノ・相沢師 「追い切りの動きは悪くなく、順調にきているが、行き脚もなく、どこまで頑張れるか」 ◆マサハヤダイヤ・今野師 「調子はいいです。距離はいくらあってもいいタイプ。長距離の適性は高いので…」 ◆メドウラーク・橋田師 「しまい重点の調整。最後の切れは良かったですね。長い距離で新味が出るようなら」 ◆ララエクラテール・今野師 「背中が強くなってきましたし、体調はいいです。折り合いに不安はありません」 ◆リッジマン・庄野師 「仕上がりはいいし、力を出せる状態。スタミナがあるから中山コースはいいだろう」★ステイヤーズSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2018年11月29日(木) 05:02

 955

【ステイヤーズ】リッジマン庄野師「中山コースはいい」
 〈栗東トレセン〉 リッジマンは、丹頂S勝ち以来、3カ月ぶりの実戦になる。「芝の長いところはいい。スタミナがあるから中山コースはいいだろうね。小回りコースも上手な馬だから」と庄野調教師は期待する。 ヴォージュは、3走前に札幌日経OPを勝っている。「前走(7着)はもう少し早めに仕掛けてもよかったかな。状態はいいし、長く脚を使う形なら」と西村調教師は反撃を見込む。★ステイヤーズSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2018年11月28日(水) 12:16

 760

【ステイヤーズ】アドマイヤエイカン前走Vで勢い!
 1600万下の古都Sを勝って勢いに乗るアドマイヤエイカン(栗・須貝、牡5)。3歳の弥生賞5着以来の重賞挑戦となるが、侮れない存在だ。「前走後も順調だし、折り合いがつくから距離は大丈夫。中山もいいんじゃないかな」と北村助手は前向きに話した。★ステイヤーズSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2018年11月28日(水) 05:04

 586

ステイヤーズSの直前追い切り情報をもっと見る >

プロ予想家の的中情報


ステイヤーズSの無料予想&プロ予想【的中情報】

最強の予想家決定戦「予想コロシアム」から厳選した予想家の無料予想を続々と公開!
レース発走前に無料予想をご覧になるには 会員登録(登録無料)が必要です。

今すぐ会員登録(無料)する!

12月1日 15:23更新
予想家名
予想家レベル・クラス
配当 払戻 予想
Lv118 
430円 21,500円
Lv115 
160円 8,000円
Lv111 
5,760円 5,760円
Lv110 
5,760円 11,520円
Lv107 
1,490円 14,900円

的中情報をもっと見る >

ステイヤーズS過去10年の結果

2017年12月2日() 中山競馬場/芝3600m 天候: 馬場:
2016年12月3日() 中山競馬場/芝3600m 天候: 馬場:
2015年12月5日() 中山競馬場/芝3600m 天候: 馬場:
1着 アルバート R.ムーア 3:45.9 3.2倍 102.1
2着 カムフィー 横山典弘 15.3倍 99.6
3着 トゥインクル 三浦皇成 クビ 7.8倍 99.3

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

ステイヤーズSのデータ分析とレース傾向

コース図中山芝3600m

平地では国内最長となる芝3600mで行われる重賞。レース名の通りステイヤーとしての素質が問われるレースであり、近年ではデスペラード(2013年、2014年)が2連覇を、アルバート(2015年、2016年、2017年)が3連覇を果たしている。ほかの平地3000m以上のレースがバックストレッチからスタートして1周半なのに対し、中山芝3600mは中山直線の急坂手前あたりからスタートして内回りコースを2周する。すなわち長距離適性のみならず、小回りに近いコース形態や、急坂を含めた高低差5.3mの起伏といったトリッキーな中山内回りコースへの対応力も求められる。器用さの有無も結果に大きく影響するレースだ。(各種データ、原稿は本年のレース発走前のものとなります)

データ分析をもっと見る >

ステイヤーズSの歴史と概要


2015~17年の優勝馬アルバート

我が国の平地競走における最長距離の3600mを舞台に行われる重賞。唯一無二の特殊なコースで行われるレースゆえにリピーターの活躍が目立ち、第22~23回(1988~1989)連覇のスルーオダイナ、第26~27回(1992~1993年)連覇のアイルトンシンボリ、第39回(2009年)の覇者デルタブルース、第46回(2012年)を勝ったトウカイトリック、第47~48回(2013~2014年)連覇のデスペラード、第49~51回(2015~2017年)3連覇のアルバートなど、その時代を代表するスタミナ自慢たちが歴史をつくり上げてきた。

歴史と概要をもっと見る >

ステイヤーズSの攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2018年12月15日(
ターコイズステークス  G3
2018年12月16日(
朝日フューチュリティ  G1

競馬番組表

2018年12月15日(
5回中山5日目
4回中京5日目
5回阪神5日目
2018年12月16日(
5回中山6日目
4回中京6日目
5回阪神6日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
92,522万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
86,512万円
3 レイデオロ 牡4
73,559万円
4 オジュウチョウサン 牡7
55,899万円
5 スワーヴリチャード 牡4
54,047万円
6 マカヒキ 牡5
48,298万円
7 スマートレイアー 牝8
47,984万円
8 ファインニードル 牡5
47,828万円
9 アップトゥデイト 牡8
47,571万円
10 レッドファルクス 牡7
46,924万円
» もっと見る

3歳
1 アーモンドアイ 牝3
72,022万円
2 ワグネリアン 牡3
36,086万円
3 ステルヴィオ 牡3
27,773万円
4 エポカドーロ 牡3
27,016万円
5 ラッキーライラック 牝3
23,653万円
6 フィエールマン 牡3
17,886万円
7 ケイアイノーテック 牡3
17,668万円
8 ダノンプレミアム 牡3
16,651万円
9 ルヴァンスレーヴ 牡3
16,344万円
10 エタリオウ 牡3
14,754万円
» もっと見る