デスペラード(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
デスペラード
写真一覧
抹消  鹿毛 2008年2月27日生
調教師安達昭夫(栗東)
馬主市川 義美
生産者田中 裕之
生産地新ひだか町
戦績34戦[9-3-2-20]
総賞金32,397万円
収得賞金13,400万円
英字表記Desperado
血統 ネオユニヴァース
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
ポインテッドパス
マイネノエル
血統 ][ 産駒 ]
トニービン
マイネキャロル
兄弟 ロジサンデーマイネルナタリス
市場価格1,312万円(2009セレクトセール)
前走 2014/12/06 ステイヤーズS G2
次走予定

デスペラードの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師



馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
14/12/06 中山 11 ステイヤーズ G2 芝3600 15585.231** 牡6 57.0 横山典弘安達昭夫B 474
(+6)
3.47.8 -0.135.4ファタモルガーナ
14/11/09 東京 11 アルゼンチン G2 芝2500 182410.679** 牡6 58.0 横山典弘安達昭夫B 468
(-10)
2.32.0 1.536.1フェイムゲーム
14/10/14 京都 11 京都大賞典 G2 芝2400 12688.558** 牡6 57.0 横山典弘安達昭夫 478
(-8)
2.25.0 0.834.4④④④④ラストインパクト
14/05/04 京都 11 天皇賞(春) G1 芝3200 1881827.4517** 牡6 58.0 横山典弘安達昭夫 486
(-6)
3.17.3 2.236.1⑨⑨⑧⑭フェノーメノ
14/02/16 京都 11 京都記念 G2 芝2200 1281134.361** 牡6 57.0 横山典弘安達昭夫 492
(+14)
2.16.0 -0.134.1トーセンラー
13/12/22 中山 10 有馬記念 G1 芝2500 163533.877** 牡5 57.0 横山典弘安達昭夫 478
(+4)
2.34.3 2.038.1⑥⑧⑪⑩オルフェーヴル
13/11/30 中山 11 ステイヤーズ G2 芝3600 13443.011** 牡5 56.0 横山典弘安達昭夫 474
(+8)
3.45.2 -0.635.4⑤⑤⑤⑤ユニバーサルバンク
13/11/03 東京 11 アルゼンチン G2 芝2500 1861123.596** 牡5 56.0 横山典弘安達昭夫 466
(+4)
2.31.6 0.735.0⑮⑮⑬⑮アスカクリチャン
13/10/06 京都 11 京都大賞典 G2 芝2400 1333103.41010** 牡5 56.0 武幸四郎安達昭夫 462
(-16)
2.23.7 0.834.3⑫⑬⑫⑫ヒットザターゲット
13/05/26 東京 12 目黒記念 G2 芝2500 1871417.999** 牡5 57.0 C.デムー安達昭夫 478
(-10)
2.30.5 0.934.5⑱⑱⑱⑱ムスカテール
13/04/28 京都 11 天皇賞(春) G1 芝3200 182325.359** 牡5 58.0 浜中俊安達昭夫 488
(-2)
3.15.9 1.737.0⑱⑱⑯⑭フェノーメノ
13/03/17 阪神 11 阪神大賞典 G2 芝3000 96611.832** 牡5 56.0 武豊安達昭夫 490
(-4)
3.05.3 0.336.6⑨⑨⑦⑥ゴールドシップ
13/01/06 京都 10 万葉S OP 芝3000 157132.911** 牡5 56.0 武豊安達昭夫 494
(+14)
3.08.0 -0.034.5⑬⑬⑫⑩タニノエポレット
12/12/01 中山 11 ステイヤーズ G2 芝3600 15585.323** 牡4 56.0 内田博幸安達昭夫 480
(-6)
3.46.7 0.236.8⑫⑬④トウカイトリック
12/11/03 京都 10 八坂S 1600万下 芝1800 10559.341** 牡4 57.5 M.デムー安達昭夫 486
(0)
1.48.0 -0.032.8⑩⑨サクラアルディート
12/10/21 京都 12 観月橋S 1600万下 ダ1800 13684.426** 牡4 57.0 M.デムー安達昭夫 486
(-8)
1.51.9 0.435.9⑫⑫⑫⑫アクティビューティ
12/10/08 京都 10 平城京S 1600万下 ダ1800 16353.9111** 牡4 58.0 岩田康誠安達昭夫 494
(+10)
1.51.8 0.736.5⑭⑭⑭⑯バトルドンジョン
12/08/25 小倉 11 宮崎S 1600万下 ダ1700 165104.1110** 牡4 58.0 安藤勝己安達昭夫 484
(-8)
1.46.7 1.839.7⑯⑮⑬⑪ナイスミーチュー
12/05/19 京都 11 東海S G2 ダ1900 1571213.764** 牡4 56.0 武豊安達昭夫 492
(+2)
1.56.6 0.235.6⑮⑮⑭⑭ソリタリーキング
12/04/14 阪神 11 アンタレスS G3 ダ1800 165916.847** 牡4 56.0 武豊安達昭夫 490
(+6)
1.50.6 0.736.3⑯⑯⑯⑯ゴルトブリッツ

⇒もっと見る


デスペラードの関連ニュース

京都記念は京都芝2200mで施行される別定戦のG2。

京都競馬場の改修工事中、直近3年は阪神芝2200mが使用され、京都開催は4年ぶりになる。今年は例年どおり落ち着いた頭数に加え、G2にしては少し寂しいメンバー構成。
当記事の趣旨的には最内枠を引いたバビット、対照的に大外枠に収まったアフリカンゴールドに注目したいところ。阪神開催を除く、過去10年のデータを使用し、勝ち馬を見極めたい。

逃げた馬の成績は【1-1-0-5】。内訳は2014年デスペラード6番人気1着、2015年スズカデヴィアス4番人気2着。
2014年の1000m63秒7は、対象期間中最も遅く、デスペラードは展開利を活かしての逃げ切り。この年、馬券内の馬は4角4番手以内。
2015年も1000m通過61秒2と緩い流れ、番手のラブリーデイとハナのスズカデヴィアスのワンツー。ペースと位置取りが連動している。
そのほかの年も、初めのコーナーを通過後、坂の上りへ向けてラップが落ちる年が多く、息の入った先行馬の好走率が高い。

▼脚質成績
逃げ 14.3% 28.6% 28.6%
先行 21.4% 35.7% 53.6%
中団 0%  10.5% 21.1%
後方 0%  0%  0%

※数字は左から勝率・連対率・複勝率

前半1000mを見ると対象期間の7年中63秒台4回、61秒台2回、60秒台1回。
1000m通過60秒2と最も速い2017年は、逃げたヤマカツライデンと番手のガリバルディが、3番手以下を7、8馬身離している。結果、逃げ・番手の2頭は沈み、3~5番手にいた3頭がそのまま流れ込んだ。
今年の逃げ候補2頭が、そこまで離して逃げられるかは微妙ながら、レースの型として頭に置いておきたい。

京都芝2200mのスタートは、内回りコースの4コーナー付近。
1コーナーまでは397m、それなりに距離があり、先行争いの2ハロン目に速いラップが踏まれる。コーナーを通過すると、3コーナーの坂までは淡々とした流れ。
下り坂でラップが加速、その勢いのまま直線へ進入し、404mでの追い比べ。ペースアップは残り800mからなので、長く脚を使う形になる。

逃げ馬に注目すると、冒頭で触れたバビットアフリカンゴールドがいる。
バビットは直近9戦馬券外、近走はスタートの出も微妙だが、前走ダート初挑戦の東海Sは、重馬場とはいえテン1ハロン12秒2。
アフリカンゴールドも、競走中止の昨年・天皇賞・春を含め、12戦連続着外。掲示板に載ったレースが2度あるものの、どちらも単騎でスローペースだった。テンの速い馬ではなく、同型がいるのはマイナス。
バビットが洛陽Sに回り、アフリカンゴールドの単騎逃げなら怖さがあった。また、近走のバビットはスタート・二の脚がもうひとつのレースもあるため、枠が逆ならアフリカンゴールド楽逃げの目もあっただろう。ただ、最内を引いたならさすがに主張するとみたい。
この2頭が競っても、ほかの馬はそれほど意識せず、マイペースで走りそう。競り合えば止まりそうな2頭なので、その後につけられる実力馬で順当に決まりそう。

ベラジオオペラ日本ダービーは最内枠から控え、1000m60秒4と緩めながら、逃げ馬が番手以下を離す苦しい展開。それでも、上がり3ハロン最速の脚を使い、勝ち馬とタイム差ナシの強い競馬。
日本ダービー以来の前走チャレンジCは、プラス20キロでの出走。好位で流れに乗り、持続ラップに対応し、古馬初対決を制した。2着馬はこのクラスの安定勢力ボッケリーニで、今回の対戦比較上でも力上位ととれる。
外回りに替わればさらに差し脚を伸ばしやすく、前々で運ぶこともできる。重賞連勝を期待したい。

馬券は◎の単勝。プラダリアとの馬連。

(文・垣本大樹)

デスペラードが屈腱炎で引退 種牡馬に 2014年12月10日(水) 14:44

 12月6日のGII・ステイヤーズステークスを勝ち、連覇を達成したデスペラード(牡6歳、栗東・安達昭夫厩舎、父ネオユニヴァース、母マイネノエル)は、右前浅屈腱炎を発症していたため、12月10日付でJRAの競走馬登録を抹消した。今後は北海道日高郡新ひだか町のアロースタッドで種牡馬となる予定。前走後、陣営は有馬記念を目指していたが、体調不備のため見送り、「詳しい症状を含めた今後の動向は、オーナーサイドと調整して近日中に発表します」と安達調教師がコメントしていた。

 デスペラードは34戦9勝。獲得賞金は3億2397万6000円(付加賞含む)。重賞はGII・ステイヤーズステークス(2013、14年)、GII・京都記念(2014年)の3勝を挙げている。

デスペラードの競走成績はこちら

[もっと見る]

デスペラード、体調不備のため有馬断念2014年12月10日(水) 05:02

 ステイヤーズS連覇を果たしたデスペラード(栗・安達、牡6)は、有馬記念(28日、中山、GI、芝2500メートル)への出走を見送ることになった。体調不備のためで、「詳しい症状を含めた今後の動向は、オーナーサイドと調整して近日中に発表します」と安達調教師。

[もっと見る]

【ステイヤーズ】デスペ、史上4頭目の連覇! 2014年12月7日() 05:06

 第48回ステイヤーズステークス(6日、中山11R、GII、3歳上オープン国際(特指)、別定、芝・内2周3600メートル、1着本賞金6000万円 =出走15頭)3番手を進んだ横山典弘騎乗で3番人気デスペラードが、最後の直線坂下から一気に加速。先に抜け出した4番人気ファタモルガーナを1/2馬身差で捕らえてV。昨年に続く連覇を達成した。タイム3分47秒8(良)。この後は有馬記念(28日、中山、GI、芝2500メートル)へ向かう予定。1番人気クリールカイザーは3着に敗れた。

 この舞台なら主役の座は渡さない。デスペラードが、ピュアーシンボリ(1981&82年)、スルーオダイナ(88&89年)、アイルトンシンボリ(92&93年)に次ぐ史上4頭目のステイヤーズS連覇を達成した。

 「連覇できてよかった。いつもは真面目に走らないけど、きょうはよく頑張ってくれた」

 ステイヤーズS現役最多の5勝目に横山典騎手から笑みがこぼれる。

 会心の騎乗だ。馬のリズムを最優先して中団を追走。勝負どころの2周目3コーナーでは他馬よりもワンテンポ遅らせ、1頭ぶん外に持ち出した。合図を送ると加速。残り100メートルでファタモルガーナを捕らえた。

 横山典騎手は「ブリンカーを着けて馬がヤル気になっていた」と話す。前走(9着)からブリンカー着用を進言していたのも同騎手で、今回は集中力が増した。

 次走は有馬記念が視野に入る。コンビで重賞3勝の横山典騎手はワンアンドオンリーに騎乗するため、「騎手はこれから探します」と安達調教師。デスペラードは昨年の有馬で7着だったが、今年は豊富なスタミナで“波乱の目”となる。 (片岡良典)

★6日中山11R「ステイヤーズS」の着順&払戻金はこちら

デスペラード 父ネオユニヴァース、母マイネノエル、母の父トニービン。鹿毛の牡6歳。栗東・安達昭夫厩舎所属。北海道新ひだか町・田中裕之氏の生産馬。馬主は市川義美氏。戦績は34戦9勝。重賞は2013年GIIステイヤーズS、14年GII京都記念に次いで3勝目。獲得賞金3億2397万6000円。ステイヤーズSは、安達昭夫調教師は03年チャクラ、13年デスペラードに次いで3勝目、横山典弘騎手は1999年ペインテドブラック、01年エリモブライアン、08年エアジパング、13年デスペラードに次いで5勝目。馬名の意味由来はアメリカ映画のタイトル名から。

[もっと見る]

【ステイヤーズ】デスペラードが連覇達成! 2014年12月6日() 15:35

 6日の中山11Rで行われた第48回ステイヤーズステークス(3歳上オープン、GII、芝3600メートル、15頭立て、1着賞金=6000万円)は、横山典弘騎手騎乗の3番人気デスペラード(牡6歳、栗東・安達昭夫厩舎)が好位のイン追走から抜け出してV。同レース連覇を達成した。タイムは3分47秒8(良)。

 暮れの風物詩として定着しているJRA平地最長距離レースを制したのは、今年もこの人馬だった。横山典弘騎手とデスペラードが人馬一体の走りでマラソンレースを快勝。馬は2度目、安達昭夫調教師は3度目、そしてジョッキーは5度目のステイヤーズS制覇となった。

 長丁場の一戦はアップルジャックの逃げで幕を開け、ファタモルガーナ、人気のクリールカイザーがその直後に続いた。序盤は淡々とした流れになるが、1周目の3コーナーでネオブラックダイヤが外から先頭を奪う。2周目に入ると、今度は向こう正面でマイネルメダリストが果敢に押し上げ、ネオブラックダイヤファタモルガーナと3頭で雁行状態。一団となって最後の直線を迎える。先に抜け出したのはファタモルガーナディープインパクト産駒初の3000メートル以上Vかと期待されたが、そこにデスペラードが迫ってくる。好位のインでピタリと折り合っていた昨年の覇者が、坂を上がってさらに加速。きっちりとファタモルガーナをかわして連覇を成し遂げた。1/2馬身差の2着が4番人気のファタモルガーナ。さらに1馬身3/4差の3着が1番人気のクリールカイザーだった。

 デスペラードは、父ネオユニヴァース、母マイネノエル、母の父トニービンという血統。北海道新ひだか町・田中裕之氏の生産馬で、市川義美氏の所有馬。通算成績は34戦9勝。重賞はGIIステイヤーズS(2013年)、GII京都記念(14年)に次いで3勝目。安達昭夫調教師は03年チャクラ、13年デスペラードに次いでステイヤーズS3勝目、横山典弘騎手は99年ペインテドブラック、01年エリモブライアン、08年エアジパング、13年デスペラードに次いで5勝目。

 会心の騎乗でゴール後にガッツポーズを決めた横山典騎手は「まじめに走らないところがある馬なので、頑張ってくれればいい勝負になると思っていました。前回からブリンカーを着けさせてもらって、きょうはやる気満々でした。乗り役は4コーナーまでうまくなだめられて、馬は4コーナーからよく踏ん張ってくれました。いいトシですから、順調に使えればそれなりに頑張ってくれます。有馬記念ですか? まともに走ればなかなかいいところがある馬ですから、頑張ってほしいです」とグランプリに向けたエールを送っていた。

★6日中山11R「ステイヤーズS」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【アルゼンチン】今週も北村宏! フェイム重賞V3 2014年11月9日() 15:46

 9日の東京11Rで行われた第52回アルゼンチン共和国杯(3歳上オープン、GII、芝2500メートル、18頭立て、1着賞金=5500万円)は、北村宏司騎手騎乗の2番人気フェイムゲーム(牡4歳、美浦・宗像義忠厩舎)が直線で差し切り重賞3勝目をマークした。タイムは2分30秒5(良)。

 今週も東京競馬場で北村宏司騎手が躍動した。2番人気のフェイムゲームに重賞3勝目をもたらし、自身はこのレースでJRA年間100勝を達成。伝統のハンデGIIは、人馬の充実ぶりが際立つ結果となった。

 レースはデスペラードが先手を取り、大逃げを打つ形。離れた2番手にクリールカイザーがつけて、ラブリーデイスマートギアサイレントメロディと続く。縦長の展開になり、人気のホッコーブレーヴは後方の外めからレースを進めた。デスペラードは速いペースで飛ばしたせいか、4コーナーで早くも後続につかまり、クリールカイザーが先頭に躍り出る。そのまま押し切るかと思われたが、道中でインにいたフェイムゲームが直線で外に持ち出すとグイグイと力強い伸び脚を披露。勢いに乗って差し切り、重賞2勝目を飾った。2馬身1/2差の2着は4番人気のクリールカイザー。さらに3/4馬身差の3着には3番人気のスーパームーンが入っている。

 フェイムゲームは、父ハーツクライ、母ホールオブフェーム、母の父アレミロードという血統。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬で、(有)サンデーレーシングの所有馬。通算成績は13戦4勝。重賞はGIII京成杯(2013年)、GIIIダイヤモンドS(14年)に次いで3勝目。宗像義忠調教師、北村宏司騎手ともにアルゼンチン共和国杯は初勝利。

 北村宏騎手は「ゲートの出は悪くなかったのですが、二の脚がもともと速くなくて、思ったより後方の位置になりました。そのあとは上手に走ってくれましたが、勝負どころでなかなか進路がなく、四苦八苦して申し訳なかったです。目標がいた方がいい馬なので、直線は前の馬(クリールカイザー)を目標に追いました。なかなか気持ちが前に向かなくて苦労していた馬なのですが、きょうは一生懸命走ってくれました。(年間100勝は)たくさんいい馬に乗せてもらっているので、もっと早く決めないといけませんね」と2週連続のメーン制覇にも喜びは控えめで、しっかりと気を引き締めていた。

★9日東京11R「アルゼンチン共和国杯」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

⇒もっと見る

デスペラードの関連コラム

閲覧 725ビュー コメント 0 ナイス 2

本日は先週の凄馬出馬表の結果をお伝えいたします!

まずは12月7日(日)に行われました中京11Rの「チャンピオンズカップ GI」です。

レース結果(着順)の凄馬出馬表(画像)をご覧ください。



1着:総合ポイント【3位】 ◎ホッコータルマエ(5.9倍)
2着:総合ポイント【6位】 ☆ナムラビクター(20.7倍)
3着:総合ポイント【1位】 ○ローマンレジェンド(7.1倍)

第1グループの総合ポイント3位ホッコータルマエが1着、第2グループの総合ポイント6位ナムラビクターが2着、第1グループの総合ポイント1位ローマンレジェンドが3着という結果でした。馬券は◎ホッコータルマエからの3連複フォーメーションでしたので的中となりました。人気薄の☆ナムラビクターが凄馬出馬表では上位評価でしたのでそこが大きかったですね。3連単でも的中していましたが、そこは欲張りすぎですかね('_')

【3複フォーメーション】
◎=○~△=○~△+ワンダーアキュートコパノリッキー
8=2,4,9,10,12=2,4,9,10,11,12,14(20点)

計20点 払い戻し1万1730円

続いて12月6日(土)に行われました中山11Rの「ステイヤーズS GII」です。

レース結果(着順)の凄馬出馬表(画像)をご覧ください。



1着:総合ポイント【1位】 ◎デスペラード(5.2倍)
2着:総合ポイント【5位】 △ファタモルガーナ(7.8倍)
3着:総合ポイント【3位】 ○クリールカイザー(3.4倍)

第1グループの総合ポイント1位デスペラードが1着、第2グループの総合ポイント5位ファタモルガーナが2着、第1グループの総合ポイント3位クリールカイザーが3着という結果となりました。馬券は◎デスペラードからの3連複フォーメーションでしたので的中となりました。今回の凄馬出馬表ではファタモルガーナ以下に1.8という巨大な溝がありましたのでもっと絞るべきでしたね。3連単でも的中していた買い目なので馬券上手の方なら3連単を選択しているでしょう(笑)


【3連複フォーメーション】
8

2,12,13

2,5,9,12,13,15

計12点 払い戻し2180円

今週も週末重賞の凄馬出馬表を公開致します。宜しくお願い致します!


登録済みの方はこちらからログイン

2014年12月6日() 14:00 凄馬プロジェクトチーム
第58回『凄馬出馬表分析&馬券検討』~ステイヤーズステークス GII
閲覧 428ビュー コメント 0 ナイス 2

みなさん、こんにちは!

本日は東京11R「ステイヤーズステークス GII」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。


U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「-1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】は競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「-1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。



第1グループ(橙)は、デスペラードホッコーブレーヴセイクリッドバレークリールカイザーの4頭。
第2グループ(黄)は、ファタモルガーナ1頭。
第3グループ(薄黄)はサイモントルナーレマイネルメダリストスズカデヴィアスの3頭で以下は第4G(灰)となっています。

ご覧のように凄馬出馬表を見渡すと気付くのが、第1グループの総合ポイント3位クリールカイザーファタモルガーナ間の1.2の溝、ファタモルガーナサイモントルナーレ間の1.8の大きな溝です。全体からみても最も大きな溝が生まれていますのでこのレースを紐解く重要な点と言えそうです。◎は僅差ながらも総合ポイント首位のデスペラードにしようと思います。相手候補は○に充実著しいクリールカイザー、▲にホッコーブレーヴ、△ファタモルガーナの3頭で馬券構築したいと思います。

【3連複フォーメーション】
8

2,12,13

2,5,9,12,13,15

計12点

セイクリッドバレーサイモントルナーレはかなりの高齢馬なので評価を下げました。代わりにGIでの実績を評価してスカイディグニティを抜擢して買い目に加えてみました。

[もっと見る]

2014年11月12日(水) 17:40 【ウマニティ】
先週の回顧~霧プロが京王杯◎セカンドテーブルなど回収率214%の爆発!
閲覧 578ビュー コメント 0 ナイス 2

先週は、8(土)に東京競馬場でG2京王杯2歳ステークス、京都競馬場でG3ファンタジーステークス、9(日)に東京競馬場でG2アルゼンチン共和国杯が、京都競馬場でG3みやこステークスがそれぞれ行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
  
G2京王杯2歳ステークスセカンドテーブルがハナを奪って直線へ。残り200m、先頭で逃げ込みを図るセカンドテーブルに中からアポロノシンザンサフィロス、外からニシノラッシュが脚を伸ばしてきます。残り100mを切っても逃げるセカンドテーブルの脚色は衰えず、リードを保ったままの逃げ切り勝ち!デビューから3戦目で重賞初制覇を飾りました。1馬身半差の2着にサフィロス、そこから半馬身差の3着にニシノラッシュが入っています。公認プロ予想家ではきいいろプロ霧プロ導師嵐山プロが的中しています。
  
G3ファンタジーステークスはバラついたスタートの中、シンフォニアが先頭切って直線コースへ。ラスト200m、逃げるシンフォニアを真ん中から徐々に差を詰めてきたクールホタルビが交わして先頭に立つと直後、ダノングラシアスウインソワレも併せ馬の形で猛追。ゴール前、2頭の追撃を振り切り、クールホタルビが嬉しい重賞初制覇を飾りました。半馬身差の2着にダノングラシアス、そこからクビ差の3着にウインソワレが入っています。
 
G2アルゼンチン共和国杯はデスペラードが快調に飛ばして直線コースへ。直線に入るとデスペラードは失速し、抜群の手応えで先頭に立ったクリールカイザーが抜け出します。残り200mを通過すると先頭を行くクリールカイザーを目掛けてフェイムゲームが一気に詰め寄り、残り100m地点で捉えると最後まで力強く伸びて完勝!2馬身半差の2着にクリールカイザー、そこから3/4差の3着にスーパームーンが入っています。
 
公認プロ予想家ではきいいろプロはははふほほほプロサラマッポプロ伊吹雅也プロ河内一秀プロシムーンプロが的中しています。
 
G3みやこステークスサトノプリンシパルが逃げて直線へ。先頭を行くサトノプリンシパルナムラビクターが並びかけて200mを通過。先頭に変わったナムラビクターに外からインカンテーションが伸びてくると真ん中からはランウェイワルツも猛追し、3頭の激しい叩き合い。ゴール前でナムラビクターを捉えたインカンテーションが13年レパードステークス以来となる重賞制覇を飾りました。半馬身差の2着にランウェイワルツ、そこからアタマ差の3着にナムラビクターが入っています。
 
公認プロ予想家では霧プロはははふほほほプロ岡村信将プロきいいろプロが的中しています。
 
☆☆☆注目プロ →霧プロ
8(土)東京11R京王杯2歳Sで『調教の動きが非常に良く映る、トワイニング産駒は東京芝1400mでぽつぽつと穴をあけている』と評した◎セカンドテーブルからの単勝、馬連、3連複を本線的中!9万1940円を払い戻しました!9(日)京都11Rみやこステークスで『ベストは右回り、斤量も味方で人気以上の走りが期待できる』と◎ランウェイワルツからの馬連、3連複を的中させ、9万6300円の払い戻しを記録。この他でも好調予想を幾度となく披露し、週末トータル的中率34%、回収率214%、収支プラス36万1410円をマークしました。
 
☆☆☆注目プロ →サウスプロ
8(土)福島6Rで7人気◎アニマトゥール、6人気○パリソワールの馬連102.2倍を8000円的中させ、81万7600円のビッグヒットとなりました。9(日)京都3Rでも◎○の馬連30.1倍を1万円1点勝負で仕留め、30万1000円を払い戻しました。週末トータル回収率188%、収支プラス63万3400円を達成しています。
 
☆☆☆注目プロ →きいいろプロ
9(日)東京11Rアルゼンチン共和国杯◎○の印で単勝、馬連を仕留め、7万5100円の払い戻し!8(土)東京11R京王杯2歳ステークスでも◎セカンドテーブル(34.4倍)の単勝を3000円仕留め、10万3200円の払い戻し!この他にも9(日)東京8R、8(土)の福島11Rと10万超えの払い戻しを記録しました!
 
☆☆☆注目プロ →kmプロ
勝負レースにした9(日)福島8Rで『冬馬(コラム推奨馬』のローレルアルトスの単勝14.6倍、馬連200.6倍を的中させ、31万7400円を払い戻しました!8(土)福島8Rでは単勝27.2倍の大穴◎ヤマニンカヴァリエからの馬連266.8倍を2000円のビッグヒット!53万3600円を払い戻しました!週末トータル回収率148%、収支プラス29万4000円をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →dream1002プロ
9(日)東京5Rで単勝33.4倍の◎シャインアローを本命に抜擢!3連単935.8倍を200円的中させ、18万7160円を払い戻しました!
 
☆☆☆注目プロ →億の馬券術事務局プロ
9(日)福島7Rで3連複128.1倍を1300円の大本線的中!16万6530円を払い戻しました!
 
この他でも伊吹雅也プロ(165%)、スガダイプロ(125%)、サラマッポプロ(118%)が週末トータル回収率100%超えの活躍を見せています。

※全レースの結果速報はこちら
 
今週も競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家の予想にご注目下さい。

[もっと見る]

2014年11月9日() 14:00 凄馬プロジェクトチーム
第51回『凄馬出馬表分析&馬券検討』~アルゼンチン共和国杯 GII
閲覧 459ビュー コメント 0 ナイス 3

みなさん、こんにちは!

本日は東京11R「アルゼンチン共和国杯 GII」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。


U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「-1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】は競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「-1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。




第1グループ(橙)はフェイムゲーム1頭のみ。
第2グループ(黄)はラブリーデイデスペラードホッコーブレーヴサイモントルナーレスマートギアの5頭。
第3グループ(薄黄)はセイクリッドバレークリールカイザーコスモロビンの3頭で、以下は第4G(灰)となっています。

凄馬出馬表を見渡すとハンデ戦らしく、全体的に大きな溝が少ないのが特徴で、混戦ムードと言えそうです。但し、総合ポイント1位のフェイムゲーム、2位のラブリーデイ間に1.3の溝があり、今回の出馬表では最大の開きとなっていますので凄馬出馬表的にはフェイムゲームが有力と言えそうです。

馬券構築の方は◎に総合ポイント1位のフェイムゲームを抜擢しますが、問題は相手探しです。総合ポイント3位のデスペラードと4位ホッコーブレーヴ間に0.8の溝があるものの、絶対的な溝ではなく、第3グループの最下位コスモロビンまでみてもかなりの小差となっていますのでチャンスは多くの馬にありそうです。が、人気の一角であるフェイムゲームから何点も買うのは厳しいので相手を絞りたいと思います。
今回の出馬表上位にランクした高齢馬のサイモントルナーレセイクリッドバレースマートギアについては、近10年間で7歳以上馬は【0-0-1-32】とかなり厳しいデータもありますのでここは思い切って評価を下げ、◎フェイムゲームから敢えて序列は付けない形で勝負しようと思います。

【馬連】
3-4,6,9,15,17

計5点

総合ポイント1位馬のフェイムゲームからの馬連勝負です。オッズ的にも大分割れていますので、5点までなら十分プラスになると判断しました。

[もっと見る]

2014年2月20日(木) 12:00 【ウマニティ】
先週の回顧~2週連続!きいいろプロが日曜京都4Rで81万払戻しのホームランを記録!
閲覧 472ビュー コメント 0 ナイス 5

先週は、大雪による影響のため変則4日間開催で行われ、16(日)に京都競馬場でG2京都記念が、17(月)に東京競馬場でG3東京新聞杯が、18(火)にはG3クイーンカップがそれぞれ行われました(G3共同通信杯は2/24に延期。)。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
G2京都記念は、女帝ジェンティルドンナに注目が集まる中、スタート直後押して出ていったデスペラードが逃げる展開。4コーナー手前で外からトゥザグローリーがポジションを上げていき、直線入り口で代わって先頭へ。ジェンティルドンナは終始3番手の位置取りからの競馬となって直線でも3分どころの3番手。直線半ばを過ぎて、内で盛り返すデスペラード、その内を突いてアンコイルド、外からは2番人気トーセンラーらが伸びを見せる中、ジェンティルドンナは伸びあぐねて苦しい展開。結局、直線で一旦は2番手に下がったところから2枚腰の伸びを見せたデスペラードが後続を封じてV。3/4馬身差の2着に上がり最速で詰め寄ったトーセンラー。そこから1馬身1/4差の3着にアンコイルドが入っています。ジェンティルドンナは6着。
公認プロ予想家の中では、☆まんでがんプロ栗山求プロサラマッポプロスガダイプロシムーンプロ3連複プリンセスプロが的中しています。
G3東京新聞杯は、上位人気のショウナンマイティサトノギャラントが出遅れる幕開け。逃げるコスモセンサーを先頭に直線へ。外に持ち出して好位から昨年の覇者クラレントが直線前半で早々と先頭に。連れてコディーノエキストラエンドも迫りますが、それ以上の手応えで伸びてきたのは実質トップハンデの57キロを背負ったホエールキャプチャでした。後方馬群追走から直線で外に持ち出して力強く伸びたホエールキャプチャが、内の上位人気馬を捻じ伏せV。重賞5勝目を挙げています。1馬身差の2着には3番人気エキストラエンド。そこからアタマ差の3着には5番人気クラレントが入っています。
G3クイーンカップは、グリサージュが逃げる展開。断然人気に推されたフォーエバーモアがこれをぴたりとマークするように2番手で続き直線に入ります。持ったままの手応えで、残り300m過ぎでフォーエバーモアが先頭へ。グリサージュが苦しくなったところへ、内の狭いところを割って伸びてきたのは3番人気のマジックタイム。前が開いてからはフォーエバーモアの外に持ち出して懸命に迫りますが、フォーエバーモアがクビ差振り切ってV。重賞初制覇を飾っています。2着マジックタイムから1馬身1/2差の3着には、外から鋭く追い込んだニシノアカツキが入っています。
こちらは、きいいろプロ伊吹雅也プロスガダイプロ岡村信将プロ河内一秀プロレイトバスター事務局プロ蒼馬久一郎プロ他計10名が的中しています。

その他では、kmプロ夢月プロdream1002プロ佐藤洋一郎プロが活躍を見せています。


☆☆☆注目プロ → きいいろプロ
16(日)の京都4Rで馬連178倍一点的中(○◎)!単勝的中と合わせて計81万4300円払戻しと先週に引き続きホームランをマーク!17(月)にも、東京7Rで◎○的中!単勝&馬連計12万1000円の払戻しをマークしています。週末トータル回収率209%・収支76万4700円プラスの好成績を記録しています。

☆☆☆注目プロ → サラマッポプロ
15(土)の京都3Rで、馬単2万8230円馬券&3連単24万3100円馬券を見事的中!計27万1330円払戻しのスマッシュヒットをマークしています。16(日)のG2京都記念でも本命◎アンコイルド、対抗○デスペラードの予想で計7万7300円を払戻すなどの活躍を見せた先週は、トータル回収率339%・収支25万6140円プラスをマークしています。

☆☆☆注目プロ → ☆まんでがんプロ
15(土)の京都6Rで3連複を1000円分的中し、13万9200円を払戻すと、翌16(日)G2京都記念では本命◎デスペラードから、3連単&3連複をゲットし計20万7600円払戻しのビッグヒット!

☆☆☆注目プロ → シムーンプロ
16(日)のG2京都記念では、本命◎デスペラード、対抗○アンコイルドの2頭のみで勝負する冴え渡る予想を披露し的中!週末トータルでは、回収率172%を達成しています。

☆☆☆注目プロ → kmプロ
18(火)の東京5Rで本命◎パープルセイルの単勝1万円勝負的中で13万6000円を払戻し!さらに、東京7Rでは本命◎スズヨストラの単勝1万円勝負的中で40万円払戻しのビッグヒットをマークしています。週末のトータルでは、回収率111%を達成。

☆☆☆注目プロ → 夢月プロ
16(日)の京都3Rで◎コリャコリャの予想を披露!単勝的中で12万4000円払戻しのスマッシュヒットを記録。さらに、京都12Rでは単勝16.5倍の◎エリアコンプリート的中で16万5000円の払戻しをマーク!

☆☆☆注目プロ → 河内一秀プロ
16(日)の京都9R(8万3050円払戻し)など週末4日間を通じて高確率で的中を披露!週末トータルでは、的中率50%・回収率135%・収支10万540円プラスの好成績で終えています。

☆☆☆注目プロ → dream1002プロ
17(月)の東京7Rで▲○◎3連単的中!200円分の購入で11万9140円の払戻しをマークしています。

☆☆☆注目プロ → 佐藤洋一郎プロ
17(月)の東京1Rで、3連単10万1250円馬券を▲◎△的中のスマッシュヒットを記録しています!

他には、栗山求プロ(815%)、3連複プリンセスプロ(132%)、霧プロ(124%)、蒼馬久一郎プロ(112%)が週末トータル回収率100%オーバーの活躍を見せています。


※全レースの結果速報はこちら


今週は2014年のG1第1戦・フェブラリーステークスが行われます。今週も、競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家の予想にご期待下さい。

「ユータ」

[もっと見る]

2013年5月21日(火) 20:00 伊吹雅也
伊吹雅也の週末メイン「1点」分析 2013年05月21日号
閲覧 709ビュー コメント 0 ナイス 7

▼5月25日(土)京都10R 白百合ステークス
【前走がJRAのレースだった馬の、前走の4コーナー通過順別成績(2010年以降)】
●5番手以内 [0-1-1-10](複勝率16.7%)
●6番手以下 [3-2-2-10](複勝率41.2%)
→京都芝1800m外回りで施行されるようになった2010年以降は、前走で先行していた馬が不振。差し馬を重視すべきでしょう。

▼5月26日(日)東京10R 東京優駿(日本ダービー)
【芝1800m以上のJRA重賞における優勝経験の有無別成績(2003年以降)】
●あり [9-10-6-57](複勝率30.5%)
●なし [1-0-4-92](複勝率5.2%)
→過去10年の連対馬20頭中、牝馬のウオッカを除く19頭は芝1800m以上のJRA重賞において優勝経験のある馬でした。ただし、札幌2歳ステークスで優勝経験のあった馬は2003年以降[1-0-0-6](複勝率14.3%)、京成杯で優勝経験のあった馬は2003年以降[1-0-0-8](複勝率11.1%)、共同通信杯で優勝経験のあった馬は2003年以降[0-0-0-9](複勝率0.0%)とやや苦戦しています。

▼5月26日(日)東京12R 目黒記念
【同年、かつJRAのレースにおいて1着、もしくは同年、かつJRA、かつオープンクラスのレースにおいて2着となった経験の有無別成績(2007年以降)】
●あり [5-5-4-27](複勝率34.1%)
●なし [1-1-2-56](複勝率6.7%)
→年明け以降に好走経験がある重視したいレース。ただし、同年、かつJRA、かつ2600m以上のレースにおいて連対経験のあった馬が2007年以降[0-0-0-6](複勝率0.0%)と苦戦している点には注意すべきでしょう。特別登録を行った馬のうち、本年、かつJRAのレースにおいて1着、もしくは本年、かつJRA、かつオープンクラスのレースにおいて2着となった経験があるのは、アドマイヤラクティカフナカポーティスタークリールカイザーコスモロビンステラウインドタッチミーノットデスペラードノーステアヒットザターゲットムスカテールの11頭。本年、かつJRA、かつ2600m以上のレースにおいて連対経験があるのは、アドマイヤラクティデスペラードの2頭です。

■執筆者プロフィール
伊吹 雅也(いぶき・まさや)
 埼玉県桶川市在住のフリーライター、コピーライター、競馬評論家。的確でわかりやすいデータ分析に定評があり、現在は『JRAホームページ』内「今週の注目レース」で“データ分析”のコーナーを担当しているほか、さまざまなメディアに活躍の場を広げている。競走馬への一口出資やペーパーオーナーゲーム(POG)などにも造詣が深く、近年はWIN5研究の第一人者としても知られるようになった。近著に『門外不出! 投票データから分かった! WIN5の鋭い買い方』(東邦出版)、『WIN5(五重勝)ほど儲かる馬券はない!! 少点数で驚愕配当をモノにする絶対的セオリー(競馬王新書)』(白夜書房)。

[もっと見る]

⇒もっと見る

デスペラードの口コミ


口コミ一覧
閲覧 607ビュー コメント 0 ナイス 7

2015年 ステイヤーズS、金鯱賞
_______________

●ステイヤーズS

最長距離戦のステイヤーズS。天皇賞(春)などのG1では、やや能力が足りないステイヤーにとって、最終目標となるのがG2のこの舞台です。当然、重要なのは、芝3000m級の距離実績。過去4年の勝ち馬は2011年マイネルキッツ、2012年トウカイトリック、2013年デスペラード、2014年デスペラードと、ともに芝3000m以上の重賞で連対実績のある馬でした。

しかし、今年はこの条件を満たす馬は、過去2年のこのレースの2着馬で、今年のダイヤモンドSの2着馬フェタモルガーナしかいません。確かにフェタモルガーナは、PP指数の能力値ナンバー1、最高値ナンバー1タイの馬ではありますが、休養明けの馬というのはスタミナが足りないもの。当然、距離が長いレースほど、マイナス要素を抱えます。果たしてフェタモルガーナは、3度目の正直か? 3度目の裏切りか?

また、よくある穴パターンは、2010年の勝ち馬コスモヘレノスや2011年の2着馬イグアスなどのように、デビューから距離を伸ばしてPP指数を上昇させた隠れステイヤータイプ。3歳馬は斤量が軽いこともありますが、「芝3000m以上の距離が未経験で多くの方には気がついてもらえなかったけれど、実はステイヤーでした」という流れで高配当を演出しています。ただし、今年は類似馬はいますが、3歳馬が不出走です。

よって、今回は3番目の策を使います。3番目の策とは、アルゼンチン共和国杯組を狙うというもの。ステイヤーズSは、なんだかんだかんた言ってもこのレースと同格でレース間隔もそれほど開かないアルゼンチン共和国杯組が優勢。過去10年の勝ち馬10頭中8頭がアルゼンチン共和国杯組で、残る2頭は2009年のフォゲッタブルと2011年のマイネルキッツです。

フォゲッタブルは菊花賞2着馬、マイネルキッツは天皇賞(春)で1着、2着の実績がある馬です。2008年の菊花賞2着馬フローテーションもこのレースで2着と善戦しています。要は、レース間隔が開くマイナス面を能力でカバーしてくれることに賭けるか、アルゼンチン共和国杯組を狙うしか、ほぼ手がないレースとも言えます。ただ、アルゼンチン共和国杯組を狙うにしても、距離が伸びることが吉と出る可能性が高い馬を狙わなければダメでしょう。そんなに難しいレースでもないので、ぜひ、当てたいところです。


●金鯱賞

中京競馬場の新装オープンと同時に、宝塚記念の前哨戦から有馬記念の前哨戦に生まれ変わって早3年の金鯱賞。年々、馬場が高速化し、昨年のこのレースの決着タイムは1分58秒8と、さらにレコードタイムが更新されました。しかし、それでもG2の芝2000mで1分58秒8というのは、昭和の時計レベル。レースの上がり3Fが35秒4も掛かっていることから前が厳しいレースをしていることは明らかです。

また、決着タイム1分59秒6、上がり3Fが36秒1も要した一昨年は、1番人気に支持され逃げ馬メイショウナルトが14頭立ての14着に失速したように、36秒台まで掛かってしまうと、前が相当に厳しいです。一昨年は、結果的に先行馬が残りましたが、その時の勝ち馬は翌年の宝塚記念で2着、今年の天皇賞(春)で3着のカレンミロティック、2着馬は今年G1で2勝と絶好調のラブリーデイです。つまり、後のG1になれるほどの実力馬でなければ、前記のタイムで先行馬が勝ち負けするのは厳しいのです。

今年はどこまで時計が掛かるのか、前半の芝のレースを見てみないとわかりませんが、今週木曜日の雨の影響を受けて、昨日の段階まではダートコースが稍重でした。おそらく今年も決着タイム1分59秒前半から半ば、上がり3Fも35秒台半ばから後半くらいは掛かりそうです。まず、前が厳しいでしょうね。差し、追い込み勢から馬券を組み立てたいところです。

 馬券王くるわ 2014年5月3日() 21:31
馬券王のメインはお任せ ~第149回天皇賞・春(G1)~
閲覧 152ビュー コメント 0 ナイス 4

☆土曜東京11R 第21回青葉賞(G3)
馬連  2-11    4,990円 ☆的中
三連複 2-11-13 12,190円 ☆的中

日曜日のメイン予想は、
新潟11R 谷川岳ステークス(OP)
東京11R スイートピーステークス(OP)
京都11R 第149回天皇賞・春(G1)
以上3Rとなります。

記事の本文
☆新潟11R 谷川岳ステークス(OP)

〈展開予想)
14アーデント以外前に行く馬が見当たらない。
というより前走10番手以下を走っていた馬が
ほとんど。スローにしかなりそうもない。
前残りを計るアーデントに後方の馬が、
どれだけ迫れるか?決め脚勝負。

〈短評〉
本命は3メイケイペガスター。
もってる素質は重賞級だが、
ここまで気性が成長を邪魔している。
相性のいい左回りで気分よくいけば
OP特別なら勝つ力はある。


◎3 メイケイペガスター
○11 サトノギャラント
▲5 レオアクティブ
△14 アーデント
×4 セイルラージ
注7 カネトシディアス

推奨馬連  3→11、5、14、4、7
推奨3連複 3→11、5、14、4、7


☆東京11R スイートピーステークス(OP)

〈展開予想)
6トシザキミの単騎先頭が濃厚。
ペースは平均ペースで進みそう。
高速馬場だけに、前が止まらない。
中団より前につけた馬による
決め脚勝負。

〈短評〉
本命は、10ショウナンパンドラ。
出走メンバーの中で、決め脚なら
この馬がピカイチ。ここは確実に権利を取る。
相手は、12ヘイジームーン。
まだ未勝利勝ちしたばかりだが、
長くいい脚が使えて、いかにも東京向き。
33秒台の脚がハマれば逆転も。


◎10 ショウナンパンドラ
○12 ヘイジームーン
▲6 トシザキミ
△3 ホクラニミサ
×11 マリアライト

推奨馬連  10、12、6、3、11 BOX
推奨3連複 10、12、6、3、11 BOX


☆京都11R 第149回天皇賞・春(G1)

〈展開予想)
バンデの回避で、絶対的な逃げ馬不在のレース。
3サトノノブレスが行くか
18デスペラードがもう一度マジックを見せるか?
何が逃げてもそれほど早くはならないだろう。
距離的にも、スタミナ勝負の決め脚勝負になる。

〈短評〉
本命は、14 キズナ。
前走の大阪杯は、決して楽な展開ではなかったが、
前残りを計るトウカイパラダイスをきっちり捕らえた。
阪神から広い京都外回りに変わり、
条件はさらに向く、ここは負けられない。
相手は 8ゴールドシップ。
前走勝ったとはいえ、全盛期にはまだまだ遠い内容だった。
ただキズナ以外なら、今の状態でも十分対応可能。
逆転までは厳しそう。


◎14 キズナ
○8 ゴールドシップ
▲12 ウインバリアシオン
△18 デスペラード
×7 フェノーメノ
注5 レッドカドー

推奨馬連  14→8、12、18、7、5
推奨3連複 14→8、12→8、12、18、7、5

[もっと見る]

 TERAMAGAZI 2013年12月21日() 00:26
【有馬記念】爆ラブイズブーシェ(隠れ黄金配合) 
閲覧 341ビュー コメント 0 ナイス 2

有馬記念と宝塚記念はファン投票で選ばれるグランプリレース。
距離もG1でありながら、2220mと2500mという非根幹距離で開催される特別なレース。
力の差がハッキリ出る東京のマイル、2000m、2400mと違って適性の有無が重要となる。
実際、宝塚記念は、ドリームジャーニー、ナカヤマフェスタ、オルフェーヴル、ゴールドシップとステイゴールド産駒が過去5年で4勝。
有馬記念もドリームジャーニー、オルフェーヴル、ゴールドシップとステイゴールド産駒が過去5年で3勝。

過去5年の両グランプリの勝ち馬10頭中7頭がステイゴールド産駒。
しかもリピーターの来るレースなので普通に考えれば、オルフェーヴルとゴールドシップで間違いないが、オルフェーヴルはすっかりおとなくなって迫力ないし、ゴールドシップは前走負け過ぎ。
アンカツ師匠が言ってるようにシップは調子云々ではなく走る気がなくなっているのかもしれない。
かと言ってオルフェとシップに勝てる馬がいるか?というと微妙だが、3着以内なら05年絶対王者ディープインパクトを完封したハーツクライの仔のカレンミロティック、ウインバリアシオン、アドマイヤラクティが狙い目。

03年2着→05年3着のリンカーン、08年14番人気で2着に来たアドマイヤモナークと昨年3着ルーラーシップの母父はトニービン。
宝塚記念で10年3着→11年優勝したアーネストリーの母父もトニービン。さらにルーラーシップは12年の宝塚記念で2着に来ている。母父トニービンもステイゴールドに負けないグランプリ血統と言える。
今年出走で母父トニービンはデスペラードのみ。じゃデスペラードを買えば良いかというと答えは否。ステイヤーズSを勝つような馬が純然たるステイヤーが有馬記念で好走した例はない。
実はトニービンの血が入ってるのはデスペラードだけではない。
ハーツクライは母アイリッシュダンスの父がトニービンという隠れトニービン血統。さらにアドマイヤラクティは母父がエリシオであり、トニービンと合わせて2頭の凱旋門賞馬の血が流れている。
過去10年の3着内馬30頭中13頭が前走ジャパンカップ。ウイリアムズは過去3年で3着2回と有馬記念で乗れてるジョッキー。アドマイヤラクティは相当な狙い目。

ダノンバラードは、リンクする同じグランプリの宝塚記念で2着。中山は同じ非根幹距離2200mのAJCC勝ちとコース、距離実績がある。1枠から先行すれば、宝塚記念と同じように粘れる可能性は高い。問題はジョッキーの川田ユウガ。藤田伸二が批判している米つきバッタみたいなへんてこダンス騎乗がどう出るか?阪神JFのハープスター、朝日杯FSのアトムと2週連続で1番人気で勝てないのはあのへんてこダンス騎乗スタイルに問題がある。先行した直線でへんてこダンスを踊ってダノンバラードの邪魔さえすなければ有力なのだが。
ダノンバラードは母系が一流で、母レディバラードは統一G3のTCK女王盃とクイーン賞を勝った名牝。さらに種牡馬として成功しているラーイ、デヴィルズバッグ、ジャパンカップ、ドバイワールドカップ、BCカップターフなど世界のG1を勝っているシングスピールがいる。川田さえ普通に乗ってくれれば○対抗まであるのだけど。

爆穴はユタカさん騎乗のラブイズブーシェ。
マンハッタンカフェ×メジロマックイーンという配合は、ドリームジャーニー&オルフェーヴルのグランプリブラザース、ゴールドシップのステイゴールド×メジロマックイーンと同じ黄金配合と言える。(マンハッタンカフェもステイもサンデー産駒なので)。
ユタカさんはキズナ回避の鬱憤を晴らすと共にG1・101勝をココで挙げる可能性はある。

ナカヤマナイトは【4・2・0・1】と中山巧者だが唯一の馬券圏外は昨年の有馬記念。母系が弱くG2クラスの馬でG1では絶対好走出来ないタイプ。

トーセンジョーダンは、ジャパンカップ3着で穴人気になるかもしれないが、有馬記念は一昨年、アルゼンチン共和国杯を勝って臨んだ4歳時は5着。天皇賞・秋をレコード勝ちして生涯最高潮だった5歳時も5着。7歳の今年にそれ以上の成績は出せない。

◎オルフェーヴル
○アドマイヤラクティ(ハーツクライ、トニービン、エリシオ)
▲ダノンバラード(川田がマイナス)
爆ラブイズブーシェ(隠れ黄金配合)
△ゴールドシップ(天皇賞秋負け→JC2ケタ惨敗から奇跡の優勝を果たした芦毛の先輩オグリキャップに続け!)
△カレンミロティック
△ウインバリアシオン
△ヴェルデグリーン

ちなみにオルフェーヴルの母父メジロマックイーンの全成績→【12・6・1・2】
オルフェーヴルのココまでの成績→【11・6・1・2】
有馬記念を勝てば、メジロマックイーンと全く同じ生涯成績になります!!

【土曜競馬の狙い目】
※3連系の軸馬(3着以内期待)としての推奨なので単勝勝負はオススメ出来ません。
阪神1R 2歳未勝利
エリーザベスト

阪神3R 2歳未勝利
シーサイドバウンド

阪神10R 六甲アイランドS
マイネボヌール、マコトワラタナ

阪神11R ラジオNIKKEI杯G3
サトノアラジン

中山6R 3歳上500万下
ピグマリオン

中山7R 3歳上500万下
メイスンキャプテン

中山9R クリスマスローズS
シゲルカガ

中山11R ラピスラズリS
ツインクルスター

いよいよ、TERAMAGAZINEの競馬攻略本が発売になりました!!!
amazon↓↓
http://p.tl/zo-Y
JRA全重賞完全データ攻略2014 [単行本]
TERAMAGAZINE (著)

「買った馬券は、だいたい当たるという喜び」を共有しましょう!

僕のJRAと地方競馬の全レースの予想と買い目を公開しています↓↓↓↓
【サンスポ・競馬エイト】】ウマニティ】予想コロシアムにて「中央競馬・全レース」買い目公開中
http://umanity.jp/coliseum/profile.php

【サンスポ・競馬エイト】【ウマニティ】予想コロシアムにて「地方競馬・全レース」買い目公開中
http://nar.umanity.jp/coliseum/profile.php?user_id=35fe1fee66

Twitterやってます。
https://twitter.com/tera_chaaaaan

【TERAMAGAZINEの鋭すぎる競馬予想!】で競馬の予想をしています。
http://blogs.yahoo.co.jp/teramagazine

[もっと見る]

⇒もっと見る

デスペラードの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

デスペラードの写真

デスペラード

デスペラードの厩舎情報 VIP

2014年12月6日ステイヤーズS G21着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

デスペラードの取材メモ VIP

2014年12月6日 ステイヤーズS G2 1着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。