フェイムゲーム(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
フェイムゲーム
フェイムゲーム
フェイムゲーム
フェイムゲーム
フェイムゲーム
フェイムゲーム
フェイムゲーム
フェイムゲーム
写真一覧
抹消  青鹿毛 2010年5月11日生
調教師宗像義忠(美浦)
馬主有限会社 サンデーレーシング
生産者ノーザンファーム
生産地安平町
戦績29戦[7-3-1-18]
総賞金41,114万円
収得賞金16,825万円
英字表記Fame Game
血統 ハーツクライ
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
アイリッシュダンス
ホールオブフェーム
血統 ][ 産駒 ]
アレミロード
ベルベットサッシュ
兄弟 バランスオブゲームトーセンオーパス
前走 2018/05/27 目黒記念 G2
次走予定

フェイムゲームの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
18/05/27 東京 12 目黒記念 G2 芝2500 167148.0413** セ8 59.0 C.ルメー宗像義忠456(-6)2.31.0 1.334.8⑭⑭⑭⑬ウインテンダネス
18/02/17 東京 11 ダイヤモンド G3 芝3400 148142.711** セ8 58.5 C.ルメー宗像義忠462(-6)3.31.6 -0.335.3⑩⑨⑨⑧リッジマン
17/12/02 中山 11 ステイヤーズ G2 芝3600 10224.622** セ7 57.0 H.ボウマ宗像義忠468(+16)3.43.4 0.435.5⑤⑤④アルバート
17/10/09 京都 11 京都大賞典 G2 芝2400 15479.8510** セ7 57.0 C.ルメー宗像義忠452(-2)2.23.9 0.934.6⑪⑪⑪⑩スマートレイアー
17/05/28 東京 12 目黒記念 G2 芝2500 1861219.181** セ7 58.0 C.ルメー宗像義忠454(0)2.30.9 -0.133.9⑩⑩⑩⑩ヴォルシェーブ
17/02/18 東京 11 ダイヤモンド G3 芝3400 15476.336** セ7 58.0 北村宏司宗像義忠454(0)3.35.9 0.734.1⑬⑭⑫⑫アルバート
16/11/27 東京 11 ジャパンC G1 芝2400 17611121.21517** セ6 57.0 北村宏司宗像義忠454(0)2.27.3 1.535.7⑬⑫⑤⑥キタサンブラック
16/11/06 東京 11 アルゼンチン G2 芝2500 155815.155** セ6 58.0 北村宏司宗像義忠454(-4)2.33.8 0.433.7⑭⑬⑪⑫シュヴァルグラン
16/06/26 阪神 11 宝塚記念 G1 芝2200 171164.51217** 牡6 58.0 柴山雄一宗像義忠458(-2)2.15.1 2.338.2⑪⑪⑬⑮マリアライト
16/05/01 京都 11 天皇賞(春) G1 芝3200 18357.448** 牡6 58.0 H.ボウマ宗像義忠460(-10)3.15.8 0.534.4⑮⑯⑰⑯キタサンブラック
16/02/20 東京 11 ダイヤモンド G3 芝3400 168165.622** 牡6 58.5 三浦皇成宗像義忠470(--)3.38.5 0.737.0⑫⑪⑬⑧トゥインクル
15/11/03 オー 7 メルボルンC G1 芝3200 24--------13** セ5 57.0 Z.パート宗像義忠--0000 ------プリンスオブペンザンス
15/10/17 オー 9 コーフィール G1 芝2400 18--------6** セ5 57.0 Z.パート宗像義忠--0000 ------モンゴリアンカーン
15/05/03 京都 11 天皇賞(春) G1 芝3200 1771422.672** 牡5 58.0 北村宏司宗像義忠456(0)3.14.7 0.034.5⑩⑨⑪⑩ゴールドシップ
15/02/21 東京 11 ダイヤモンド G3 芝3400 168163.711** 牡5 58.0 北村宏司宗像義忠456(-6)3.31.9 -0.334.6⑨⑪⑪⑩ファタモルガーナ
15/01/25 中山 11 AJCC G2 芝2200 175108.3312** 牡5 57.0 北村宏司宗像義忠462(+4)2.14.4 0.834.5⑰⑰⑫⑭クリールカイザー
14/11/09 東京 11 アルゼンチン G2 芝2500 18234.921** 牡4 57.0 北村宏司宗像義忠458(+2)2.30.5 -0.434.0⑪⑪⑧⑦クリールカイザー
14/09/28 新潟 11 オールカマー G2 芝2200 1881610.046** 牡4 56.0 北村宏司宗像義忠456(+6)2.12.4 0.234.4⑩⑩⑩⑨マイネルラクリマ
14/06/29 阪神 11 宝塚記念 G1 芝2200 1281233.176** 牡4 58.0 北村宏司宗像義忠450(-2)2.14.7 0.836.3ゴールドシップ
14/05/04 京都 11 天皇賞(春) G1 芝3200 1851091.7116** 牡4 58.0 北村宏司宗像義忠452(0)3.15.5 0.434.3⑫⑬⑪⑫フェノーメノ

⇒もっと見る


フェイムゲームの関連ニュース

 2017年の目黒記念など重賞を6勝したフェイムゲーム(セン8歳、美浦・宗像義忠厩舎、父ハーツクライ、母ホールオブフェーム、母の父アレミロード)が11月8日付でJRAの競走馬登録を抹消した。今後は福島県天栄村のノーザンファーム天栄で乗馬になる予定。

 フェイムゲームは通算成績29戦7勝(うち海外2戦0勝)。獲得賞金は4億1849万3300円(うち海外734万5300円)。重賞は2013年京成杯・GIII、2014年ダイヤモンドS・GIII、アルゼンチン共和国杯・GII、2015年ダイヤモンドS・GIII、2017年目黒記念・GII、2018年ダイヤモンドS・GIIIの6勝。2015年には天皇賞・春・GIで2着、秋はオーストラリアに遠征してコーフィールドC・GIで6着、メルボルンC・GIで13着。今年5月の目黒記念・GII(13着)がラストランになった。



フェイムゲームの競走成績はこちら

【アルゼンチン】目黒記念とリンク!テンダネス高速決着OK 2018年11月3日() 11:49

 東京芝2500メートル戦は現在、AR共和国杯と目黒記念のみ。季節は違えど、ともにハンデGIIでリンクしやすい。過去10年ではミヤビランベリフェイムゲームが両レースを制した。

 傾向を踏まえ、今春の目黒記念ウインテンダネスで勝負だ。Vタイムの2分29秒7はコースレコードに0秒1差。高速決着に強いキャラクターは今秋の東京芝にもフィットする。

 前走の京都大賞典6着はコース、休み明けともに実績がないので参考外。中間は上昇ムードで「叩き良化型で上積みは十分」と杉山調教師が言えば、1年5カ月ぶりにコンビを組む松岡騎手も「いい動き。以前より腰がしっかりした」と手応えをつかんでいる。

 “究極の3連単”は1着にウインを固定。2、3着にムイトオブリガードを固定した12点勝負だ。(夕刊フジ)



アルゼンチン共和国杯の枠順はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【古馬次走報】ワンブレスアウェイはエ女王杯が秋の目標 2018年8月28日(火) 05:01

 ★七夕賞5着後、放牧中のワンブレスアウェイ(美・古賀慎、牝5)は、エリザベス女王杯(11月11日、京都、GI、芝2200メートル)が秋の目標。ステップレースはオクトーバーS(10月14日、東京、OP、芝2000メートル)が有力。



 ★目黒記念13着後、休養しているフェイムゲーム(美・宗像、セン8)はステイヤーズS(12月1日、中山、GII、芝3600メートル)を目指す。



ワンブレスアウェイの競走成績はこちら

[もっと見る]

【今日のキラ星】ケイデンスコール2018年6月30日() 05:01

 【中京5R】おじに弥生賞など重賞7勝のバランスオブゲーム、ダイヤモンドS3勝を含む重賞6勝のフェイムゲームがいる。最終追い切りは年長馬相手に併入と上々の動き。中京マイルの新馬で【2・1・0・1】のロードカナロア産駒が初戦から好気配だ。「速いところにいくといいアクション。使えばさらに良くなりそうだが、どんな走りをするか楽しみ」と安田助手も期待を寄せる。

[もっと見る]

【古馬次走報】ノーブルマーズ、宝塚記念へ2018年5月30日(水) 05:00

 ★目黒記念2着ノーブルマーズ(栗・宮本、牡5)、12着サウンズオブアース(栗・藤岡、牡7)は宝塚記念(6月24日、阪神、GI、芝2200メートル)へ。13着フェイムゲーム(美・宗像、セン8)は近日中に福島・ノーザンファーム天栄に移動してしばらく放牧。「59キロのハンデがこたえたこともあるだろうが、これまでよりレース後の疲れが大きい」と宗像師。

 ★左膝に外傷を負ったため、葵Sを回避したアンフィトリテ(美・宗像、牝3)は一両日中に福島・ノーザンファーム天栄に移動してしばらく休養。

 ★26日京都の500万下(ダ1800メートル)を勝ったデルマカルヴァドス(美・和田郎、牡3)はレパードS(8月5日、新潟、GIII、ダ1800メートル)を目指す。

ノーブルマーズの競走成績はこちら

[もっと見る]

【目黒記念】9番人気テンダネス、重賞初V 2018年5月28日(月) 05:02

 第132回目黒記念(27日、東京12R、GII、4歳上オープン国際、ハンデ、芝2500メートル、1着本賞金5700万円 =出走16頭)内田博幸騎乗の9番人気ウインテンダネスが、好位から末脚を伸ばして重賞初制覇。タイム2分29秒7(良)。管理する杉山晴紀調教師(36)=栗東=も、開業3年目で重賞初勝利となった。2着は10番人気ノーブルマーズ。1番人気パフォーマプロミスは3着に敗退した。

 ◆内田騎手(ウインテンダネス1着) 「前走でハナに行っているので腕がしびれるぐらいに引っ掛かった。よく頑張っているし、力もつけている」

 ◆高倉騎手(ノーブルマーズ2着) 「少し(ハミを)かんだので、最後の50メートルで体が伸び切って余力がなかった」

 ◆藤原英師(パフォーマプロミス3着) 「休み明けのぶんかな。それでも力は示してくれたよ」=宝塚記念を視野に。

 ◆川田騎手(ポポカテペトル4着) 「4コーナーではすごくいい雰囲気で直線では勝てると思いましたよ」

 ◆蛯名騎手(チェスナットコート11着) 「こういう速い馬場が合わないのかな。伸びそうで伸びなかった」

 ◆ルメール騎手(フェイムゲーム13着) 「伸びそうで伸びなかった。59キロだったしね」

★27日東京12R「目黒記念」の着順&払戻金はこちら

ウインテンダネス 父カンパニー、母 モエレメルシー、母の父マジックマイルズ。栗毛の牡5歳。栗東・杉山晴紀厩舎所属。北海道新冠町・アサヒ牧場の生産馬。馬主は(株)ウイン。戦績29戦6勝。獲得賞金1億4038万6000円。重賞初勝利。目黒記念は、杉山晴紀調教師は初勝利、内田博幸騎手は2013年ムスカテールに次いで2勝目。馬名は「冠名+優しさ、親切心」。

[もっと見る]

⇒もっと見る

フェイムゲームの関連コラム

閲覧 824ビュー コメント 0 ナイス 2



2月18日(日)に行われました東京11Rの「フェブラリーS G1」です。

レース結果(着順)の凄馬出馬表(画像)をご覧ください。



1着:総合ポイント【3位】ノンコノユメ(10.7倍)
2着:総合ポイント【1位】○ゴールドドリーム(2.1倍)
3着:総合ポイント【6位】△インカンテーション(20.0倍)

第2グループ・総合ポイント3位のノンコノユメが1着、第1グループ・総合ポイント1位のゴールドドリームが2着、第3グループ・総合ポイント6位のインカンテーションが3着という結果でした。


なんと言っても△ニシケンモノノフ(横山典騎手)ですね。やられました。積極策や逃げまでは当然想定していたのですが、あの馬場で34.1秒(推定)で行くとは......。ただ、◎テイエムジンソクはそのハイペースが無くても、あのパドックや返し馬を見た感じでは厳しかったかなと。初競馬場、関東圏への長距離輸送という環境でこの馬を過信してしまったのは、痛恨でした。


【3連複軸2頭流し】
◎○=印
10,14=1,2,4,5,6,7,15(7点)

【馬単】
◎→○
10→14(1点)

計8点 払い戻し0円


続いて、2月17日(土)に行われました東京11Rの「ダイヤモンドS G3」です。

レース結果(着順)の凄馬出馬表(画像)をご覧ください。



1着:総合ポイント【1位】▲フェイムゲーム(2.7倍)
2着:総合ポイント【7位】△リッジマン(7.5倍)
3着:総合ポイント【11位】△ソールインパクト(11.7倍)

第1グループ・総合ポイント1位のフェイムゲームが1着、第3グループ・総合ポイント7位のリッジマンが2着、第3グループ・総合ポイント11位のソールインパクトが3着という結果でした。


こちらは▲フェイムゲームが、去年ほどの上り勝負にはならずラスト1Fが掛かるちょうど14年・15年のような展開になって強さを見せましたね。一方、本命◎ホウオウドリームは、やはり現状は上りの速い瞬発戦でないと厳しそうですね。そもそもが、◎ホウオウドリームがもう少し人気が落ち着いてくれて、スローからの瞬発力勝負なら▲フェイムゲームが危ういだろう、というのが予想の中心としてあったので、完敗当然の結果でした(+_+)反省です。


【馬連流し】
◎=○▲☆
5=7,8,14(3点)

【馬単流し】
◎→印
5=1,3,6,7,8,14(6点)

計9点 払い戻し0円


登録済みの方はこちらからログイン

2018年2月17日() 14:00 凄馬プロジェクトチーム
第336回『凄馬出馬表分析&馬券検討』~ダイヤモンドS G3
閲覧 972ビュー コメント 0 ナイス 1



みなさんこんにちは!

本日は東京11R「ダイヤモンドS G3」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「-1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「-1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。





第1グループ(橙)は、フェイムゲームのみ1頭。
第2グループ(黄)は、トウシンモンステラから1.0ポイント差(約1馬身差)内のラブラドライトプレストウィックハッピーモーメントサイモントルナーレまで5頭。
第3グループ(薄黄)は、リッジマンから1.0ポイント差(約1馬身差)内のレジェンドセラーリッチーリッチーホウオウドリームソールインパクトまで5頭となっていて、以下は第4Gとなっています。

凄馬出馬表を見渡すと、フェイムゲームトウシンモンステラ間に約3ポイントの大きな差が生じています。イメージ通り、というべきかこの路線でこのメンバー構成となると、正直58.5㎏でもフェイムゲームにとっては自分との闘いになるのかなといった印象。そしてその下は大きな差がなく、展開、適性、勢いなどで下位からの逆転も十分、そんな印象の配置です。

そんななか今回の◎は、過去このレースで好走率の高いG1(菊花賞)不出走の4歳馬から◎ホウオウドリームに期待しました。レースぶりから折り合い難のあるタイプではありませんし、エンジンの掛かりが遅いかわりに広いコースでの長距離戦ならスローからの瞬発力勝負でもまとめて前を一掃してくれるとみての本命視。前走は+10kgで太目残りでしたので当日絞れてきてくれないと困るのですが、ひと叩きの効果と東京3400m戦での大幅パフォーマンスアップに期待しています。ルーラーシップ産駒が基本的に距離が伸びて良いことや、松岡騎手もこのレースで4度穴を開けるなど芝3000m超での単複回収率が良いことも本命の理由。
以下、穴傾向の前走重賞以外組から○リッチーリッチー。先にも書いた通り自分との闘いとなりそうな▲フェイムゲームは、個人的に3000m超戦でセン馬本命は極力しないようにしているというのもあって3番手。◎同様に菊花賞不出走の4歳馬☆レジェンドセラーと、ここまでを上位評価。
そして今回の私の馬券は、◎から○▲☆の上位3頭への馬連を中心に、△リッジマン、△プレストウィック、△ソールインパクトまでを加えた馬単で勝負としたいと思います。

【馬連流し】
◎=○▲☆
5=7,8,14(3点)

【馬単流し】
◎→印
5=1,3,6,7,8,14(6点)

計9点

[もっと見る]

2018年2月16日(金) 20:00 凄馬
『凄馬』で今週の鉄板馬情報をゲット! 2018年02月16日
閲覧 1,239ビュー コメント 0 ナイス 2

毎週、確勝級の鉄板馬をお知らせする『凄馬(スゴウマ)』情報。
さっそく、今週の凄馬を紹介いたしましょう!

<2018年2月17日()の凄馬!>
極凄馬
東京11R ダイヤモンドS G3
フェイムゲーム(+4.9)

超凄馬
京都2R 3歳未勝利
タニオブスカイ(+3.4)

超凄馬
京都3R 3歳未勝利
アカツキジョー(+2.5)

超凄馬
京都10R 橿原ステークス
ゴルゴバローズ(+2.2)

超凄馬
小倉12R 大牟田特別
オリエンタルポリス(+2.1)

超凄馬
東京6R 3歳500万以下
ゴールドギア(+2.0)

超凄馬
小倉8R 4歳以上500万以下
マッカートニー(+2.0)

<『凄馬』の見方>
超凄馬・・・勝率36%、複勝率69%を誇る軸馬候補!
極凄馬・・・凄馬の極み、断然の軸馬!勝率46%、複勝率77%
馬名の右にある数字・・・数字が大きいほど勝率が高い
(集計期間:2008年6月1日~2018年2月18日、集計数:30,967レース分)

<日曜日の『凄馬』を受信しよう!>
日曜日の凄馬情報は『凄馬』メールに登録(無料)することで受信できます。
『凄馬』メールは、その日に出走する馬の中から確勝級の馬を携帯メールでお知らせしてくれる無料サービスです。

<『凄馬』メールの登録のしかた>
携帯電話で右上のQRコードを読み取って、何も記入せずにメールを送信してください。
1、2分ほどで登録完了メールが返ってきたら、登録は完了です。
日曜日の『凄馬』は、土曜日の午後6時以降にお届けになりますのでお楽しみに!

QRコードがうまく読み取れない場合は、直接、s@umanity.jp へ空メール※を送っても登録できますのでお試しください。
※件名と本文に何も記入せずにメールを送信してください

[もっと見る]

2017年12月7日(木) 16:00 凄馬プロジェクトチーム
『凄馬出馬表&馬券検討』12/2~3の結果(チャンピオンズカップ,ステイヤーズS)
閲覧 854ビュー コメント 0 ナイス 1

12月3日(日)に行われました中京11Rの「チャンピオンズカップ G1」です。

レース結果(着順)の凄馬出馬表(画像)をご覧ください。



1着:総合ポイント【2位】ゴールドドリーム(13.0倍)
2着:総合ポイント【5位】△テイエムジンソク(4.8倍)
3着:総合ポイント【6位】☆コパノリッキー(13.2倍)

第1グループ・総合ポイント2位のゴールドドリームが1着、第3グループ・総合ポイント5位のテイエムジンソクが2着、第3グループ・総合ポイント6位のコパノリッキーが3着という結果でした。


展開から読み違えて完敗の結果。◎ノンコ○カフジあたりは、少なくとも中盤からはもうちょっと流れてくれないと厳しかったでしょうか。そうなるとみた“予想の入り”の時点からチグハグでした。シーンとしては、ここ数年焼き付いているゴール前強襲が今年も繰り返されたわけですが、狙った差し馬がセンスなかったですね(+_+)


【馬単流しマルチ】
◎⇔印
4⇔1,2,11,12,13,14

計12点 払い戻し0円


続いて、12月2日(土)に行われました中山11Rの「ステイヤーズステークス G2」です。

レース結果(着順)の凄馬出馬表(画像)をご覧ください。



1着:総合ポイント【1位】○アルバート(1.3倍)
2着:総合ポイント【2位】▲フェイムゲーム(4.6倍)
3着:総合ポイント【3位】△プレストウィック(11.3倍)

第1グループ・総合ポイント1位のアルバートが1着、第1グループ・総合ポイント2位のフェイムゲームが2着、第2グループ・総合ポイント3位のプレストウィックが3着という結果でした。


プロレタリアトの3着があるか!?と思って少し期待してしまいましたがね......。よく頑張ってはくれたんですが、あとひと押しがきかなかったですね~。残念です。


【馬連流し】
◎=○▲
5=2,9

【3複フォーメーション】
◎=○▲=印
5=2,9=2,4,7,9

計7点 払い戻し0円

[もっと見る]

2017年12月2日() 14:00 凄馬プロジェクトチーム
第317回『凄馬出馬表分析&馬券検討』~ステイヤーズステークス G2
閲覧 937ビュー コメント 0 ナイス 2



みなさんこんにちは!

本日は中山11R「スポーツニッポン賞ステイヤーズステークス G2」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「-1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「-1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。





第1グループ(橙)は、アルバートから1.0ポイント差(約1馬身差)内のフェイムゲームまで2頭。
第2グループ(黄)は、プレストウィックから1.0ポイント差(約1馬身差)内のプロレタリアトシルクドリーマーまで3頭。
第3グループ(薄黄)は、シホウから1.0ポイント差(約1馬身差)内のサイモントルナーレカムフィーまで3頭となっていて、以下は第4G(灰)となっています。

凄馬出馬表を見渡すと、やはりと言うべきか第1グループ2頭が後続を大きく引き離している配置に。以下は各グループ間に1.0~2.0ポイント程度の差があるものの、上位2頭との差と比較すると小さなものとなっています。

そんななか今回の私の本命は◎プロレタリアトとしました。過去に冬の中山芝で見せた末脚を信頼。長距離でも不安の少ないハーツクライ産駒ですし、鞍上もこの馬とは長いことコンビを組んでいる仲。恐らく、○アルバートフェイムゲームが後半からスタミナ勝負に持ち込んでくる展開と思われ、中途半端な位置取り、スタミナの馬たちは苦しくなってきそう。知り尽くしたこのコンビのじっくり構えての直線勝負に期待して本命視(中間「逃げても」との談話も出てきているようですが、あまりアテにしていません。逃げたら逃げたで、人気薄の少頭数でのノーマーク逃げとしてそれはそれでまあ良しと捉えていますが)。意欲的に本数を乗られて仕上げに関しては抜かりなさそうですし、一発に期待します。
今回の私の馬券は◎からの馬連と◎から○▲への3複で勝負とします。

【馬連流し】
◎=○▲
5=2,9(2点)

【3複フォーメーション】
◎=○▲=印
5=2,9=2,4,7,9(5点)

計7点

[もっと見る]

2017年10月9日(月) 14:00 凄馬プロジェクトチーム
第301回『凄馬出馬表分析&馬券検討』~京都大賞典 G2
閲覧 1,019ビュー コメント 0 ナイス 4



みなさんこんにちは!

本日は京都11R「京都大賞典 G2」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「-1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「-1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。




第1グループ(橙)は、サウンズオブアースから1.0ポイント差(約1馬身差)内のシュヴァルグランまでの3頭。
第2グループ(黄)は、ミッキーロケットカレンミロティックの2頭。
第3グループ(薄黄)は、フェイムゲームから同差内のレコンダイトまで5頭となっていて、以下は第4G(灰)となっています。

凄馬出馬表をご覧いただくと各グループ間に溝が存在していますが、大きな溝ではありませんのでどの馬にもチャンスがありそうです。

私の本命は◎スマートレイアーにしたいと思います。香港ヴァーズは外々から強気の競馬で見せ場十分の5着、京都記念でもサトノクラウン相手に2着と長距離戦でのパフォーマンスは相当高く、今回のメンバーでも十分勝負になると判断しました。京都の長丁場ですし、武豊騎手という点も心強いです。以下、ここに向けてかなり仕上がっているように見える○サウンズオブアース、▲シュヴァルグラン、△ミッキーロケットトーセンバジルと印を打ちます。


【馬連ながし】
4

2,3,5,8

【3連複1頭軸流し】
4

2,3,5,8

計10点

[もっと見る]

⇒もっと見る

フェイムゲームの口コミ


口コミ一覧
閲覧 215ビュー コメント 1 ナイス 12

2019年 京都牝馬S、ダイヤモンドS
_________________

●京都牝馬S

1回京都開催最終週の芝1600m戦から、2回京都開催最終週の芝1400m戦に生まれ変わって今年で3年目。エリザベス女王杯や秋華賞組は1月の愛知杯へ、スプリント路線馬は京都牝馬Sへという形で定着してきました。

このレースが行われる京都外回りの芝1400mの舞台は、スタートしてから約200m地点で京都コース最大の名所、小高い丘を登り、後半が下り坂になるため、前半ペースがそこまで上がらないのがポイント。京都芝1200m戦ほどではないにせよ、前半ペースがそこまで上がらないことが多いのがポイント。一昨年の2着馬ワンズインザムーン(7番人気)のように、逃げ、先行馬が穴を開けることもしばしばあります。

また、先週の京都芝コースは、先々週から馬場が回復し、標準的な馬場(ただし、直線は外のほうが伸びる)。騎手が差し馬場だった先々週の意識で仕掛けを遅らせるため、スローペースのレースが連発していました。先週がやたらと前有利のレースが多かっただけに、今週は多少なりとも早めの仕掛けを意識してきそうな感はあります。

その上で、今年の京都牝馬Sは、何が何でも逃げたい馬は不在ながら、先行馬多数のメンバー構成。京都外回りの芝1400mで標準的な馬場、さらにスピードタイプの逃げ馬不在ならば、さすがにハイペースになることもないでしょう。しかし、先行馬が多数となれば、スローペースも考えづらく、平均ペースくらいが濃厚。脚質の有利不利よりも、直線の外から動ける馬を中心視したいところです。


●ダイヤモンドS

長距離の重賞路線は、ステイヤーズS→(万葉S)→ダイヤモンドS→阪神大賞典→天皇賞(春)という流れ。しかし、昨年の阪神大賞典&天皇賞の(春)に覇者レインボーラインはもちろんのこと、ステイヤーズSの覇者リッジマンは不在、今年の万葉Sの覇者ヴォージュも不在。このレースを3度も制したフェイムゲームは引退し、そのライバルのアルバートも戦線離脱。芝3000m以上を未経験の馬も多く、新興勢力同士の戦いとなりました。

このことが今年のこのレースを難しくさせているのですが、長距離は超々高速馬場で行われる京都の天皇賞(春)や菊花賞、万葉Sでない限り、フロックが利かないのも事実。長距離の場合、一速から二速、二速から三速と徐々にギアをあげていく必要があり、一速から急に五速、六速まであげるような馬は、通用しないからです。序盤で一速、二速で走っていたら、3コーナーで絶望的な位置になります。

昨年、トップハンデ58.5kgのフェイムゲームが優勝したように、過去のこのレースでトップハンデ馬が活躍しているのも、歴代の優勝馬が名だたるステイヤーばかりなのも、そのせいでしょう。今回が軽ハンデだったとしても、ギアチェンジが求められないレースである以上、あまり意味がないのです。(斤量はスピードのアップダウンに影響する)

つまり、ダイヤモンドSは、実力どおりの決着することが多いということ。また、このレースで穴を開けているのは、2012年の優勝馬ケイアイドウソジン(12番人気)のように、「芝3000mが未経験だっただけで、実はステイヤーだった」という馬ばかりです。そういう隠れステイヤーがいるかいないかを吟味するのが、このレースの最重要ポイント。前記のタイプがないない場合には、ほぼ芝3000m以上で強いレースをしている順に決着する可能性が高いでしょう。

 グラニースミス 2019年2月14日(木) 20:19
それで本当に良いのか ~第69回ダイヤモンドステークス GⅢ~ 
閲覧 177ビュー コメント 1 ナイス 31

青汁王子が逮捕された。テレビでちょっと見かけたが、成金っぷりが下品にしか見えなかった。その下品な成金は、セレクトセールで何頭が購入していたらしい。(馬の名誉のため馬名は書きません)
まだ刑が確定していないので、馬主資格はそのままらしいが、馬主審査もたいしたことないんだなぁなんて思っています。

このレースはJRA重賞の中で2番目の長距離重賞です。なんでか、この先の天皇賞(春)には直結しないようです。過去10年でこのレースの1着馬が、天皇賞(春)で馬券になったのは、フェイムゲーム(2015年2着)だけです。
このレースを制して天皇賞(春)を制したのは、2003年のイングランディーレまで遡ります。そのイングランディーレも、このレースを制した1年後の2004年の天皇賞(春)を制しているので、やはり直結とは言えないようです。最近流行らない長距離戦で、頭数もフルゲートにならず同じ馬ばかりが出走しているように感じます。

このレースの延長線上は、天皇賞(春)で、その途中に阪神大章典や日経賞があります。
また、このレースにやって来るステップとして、昨年のステイヤーズSや1月の万葉Sがあります。
昨年のこのレースの1着馬は、フェイムゲームで3年ぶり3回目の1着のリピーターさんでした。
2着のリッジマンは3・4歳時はずっと条件戦を走り、5歳になって万葉S 2着で賞金を加算してこのレースに臨みました。ですから古馬重賞初出走だったことになります。

昨日も書きましたが、今年は4歳馬の活躍がトレンドになっており、明け古馬9重賞はすべて4歳馬が1頭以上馬券になっています。じゃカンタンに唯一の4歳馬ユーキャンスマイルでいいじゃん! 
と行きたいところですが、とても気になることがあります。

このレースはGⅡハンデ戦です。全馬の負担重量から眺め、前走の負担重量から引き算してみると
4歳馬ユーキャンスマイルは、 前走53kg → 今回54kg と前走よりも背負わされています。
しかも万葉Sではハナ差といえ、2着に負けています。負けているのに増量です。背負う理由は菊花賞3着ということですが、賞金も加算されずに負担重量だけ増えている状況の未だ1600万下の条件馬です。
このレースはGⅢの重賞です。勝つことは無く、あって3着のように思います。
ちなみにもう1頭、グローブシアターも前走敗戦なのに1 kg増量です。他の馬は減量または据え置きです。

流行りの4歳か、ここは実績のあるトップハンデの据え置き馬か、とても悩んでいます。
私の4年間の予想成績は、的中率50%、回収率47.5%です。

今のところ ↓ の馬を注目しています。


では
Good Luck

[もっと見る]

 Haya 2018年6月1日(金) 07:00
【~術はある~】(2018.06.01.)(鳴尾記念、安田記念 馬番... 
閲覧 421ビュー コメント 0 ナイス 4

おはようございます!(=^・^=)
競馬を知れば知るほど、競馬業界全体が日本ダービー(東京優駿)中心に動いているのがよく分かると思いますが、日本ダービーが終わった今週末(6月2日)から2歳新馬戦(メイクデビュー)が始まります。と同時にクラス編成もあり、降級馬vs 3歳馬の争いも始まりますよ!?

相変わらず我が懐だけは、風の通り道なのか?涼しい…。 (@_@;)

<「降級馬」とは>
年に一度のクラス編成において、所属するクラスの最低賞金に満たず、下降条件へ降格した馬のこと。降級した場合は相手関係が随分と楽になる。降級してから近走で成績が振るっていなくても、相手関係がさらに弱化したり、休養によって本来の出来に戻れば一変するケースも少なくない。

今年1月に「降級制度」廃止が協議されていることが大手メディアから報道されていたが、いよいよ正式に決定した。現在は4歳夏を迎えた時点で賞金が半減してクラスが下がる、いわゆる「降級馬」が夏の条件戦の風物詩となっていたが、降級制度廃止は2019年夏実施で間もなく見られなくなる。

【訪問者の方々へ!?】
週一回の日記をカキコしていますが、先週やっと足あとキリ番8,000に到達しました。過去に訪問された方々、ありがとうごうざいました。ただ、残念なことにキリ番8,000訪問者『らおおー』さんから、何もアクション(コメント、ナイスポチ 等)がありませんでした。

今回気が付いたことは、あしあと=訪問者数ではなかった。

先々週、キリ番まで80もなかったので、普段200以上の訪問があることから到達すると思っていたら、到達できない。(えっ~?)で、やっと先週到達。ありがとうごうざいました。(ホッ!)


【週間スケジュール】

一週間の基本的なブログスケジュールは、下記参照。
(毎朝7時ごろ更新/競馬変則日程の場合は変更あり)

月曜日 : お休み
火曜日 : 週末の重賞(日刊馬番コンピ指数活用術予想篇)
水曜日 : 週末の重賞(TARGET frontier JV活用術予想篇)
木曜日 : 週末の重賞(インパクトデータ活用術予想篇)
金曜日 : 先週末重賞に関する回顧(日記)等
土曜日 : 土曜当日の重賞レースを予想(ハイブリッド指数活用術予想篇)
土曜日 : 土曜当日の重賞レースを回顧
日曜日 : 日曜当日の重賞レースを予想(ハイブリッド指数活用術予想篇)
日曜日 : 日曜当日の重賞レースを回顧

ブログタイトル「~術はある~」へ変更しました。
だからといって、ブログの内容は今迄と変わりません。

※「人気ブログランキング」「にほんブログ村」「ウマニティ競馬ブログ」以上のブログランキングへ参戦中!応援クリックをよろしく、お願いします。

ブログのアドレス  http://89923493.at.webry.info/


【活用術予想 最終結果】
第05期(04月21日~05月27日)12日間(福島牝馬S~目黒記念:全15戦)

最終週末は、巻き返すことができたのか?

土曜、新設重賞・葵ステークスでは、4頭を推奨。(アサクサゲンキ、タイセイプライド、ペイシャルアス、モズスーパーフレア)
馬番コンピの予想では、(2,10,13,8,15)BOX狙いを参考にして、
2番アサクサゲンキ軸で勝負!
馬連・ワイド(2⇒1,4,10,13)
結果は、ハズレ…(ノД`)・゜・。
軸馬が痛恨の出遅れで5着では、諦めるしかありません。


日曜、G1 東京優駿~日本ダービーでは、1頭を推奨。(ダノンプレミアム)
馬番コンピの予想では、(1,8,17,5,13)BOX狙いを参考にして、
5番キタノコマンドール軸で勝負!
馬連(5⇒1,8,13,15,17)
結果は、ハズレ…(ノД`)・゜・。
当日の馬体減-12㌔は、想定外?


日曜、G2 目黒記念では、3頭を推奨。(サウンズオブアース、トウシンモンステラ、フェイムゲーム)
馬番コンピの予想では、(10⇒8,14,5,2,16,1,11,3)狙いを参考にして、
5番サウンズオブアース軸で勝負!
ワイド(5⇒2,8,10,14,16)
当日の馬体減-14㌔は、想定外?


先週ブログのなかで推奨した結果
葵ステークス=
アサクサゲンキ(5着)、タイセイプライド(7着)、ペイシャルアス(8着)、モズスーパーフレア(回避)
日本ダービー=ダノンプレミアム(6着)
目黒記念=サウンズオブアース(12着)、トウシンモンステラ(9着)、フェイムゲーム(13着)

今週末の重賞レースの注目馬
鳴尾記念=トリコロールブルー、タツゴウゲキ、マルターズアポジー
安田記念=ウインガニオン、ウエスタンエクスプ、キャンベルジュニア、リアルスティール

過去10年のレース傾向(1番人気の信頼度)
鳴尾記念=73%(C)
*多頭数なら内枠の差し馬!
安田記念=77%(A)
*枠の偏りない!


【雑談でいっぷく!】
とりあえず、先週の”日刊馬番コンピ指数活用術予想篇”結果報告。
(葵ステークス)
【馬 連】で
馬番コンピ指数2~6位までの5頭BOX 10点。
(2、10、13、8、15)BOX
結果 3⇒1=14 (2着同着)


(日本ダービー)
【馬 連】で
馬番コンピ指数1~5位までの5頭BOX 10点。
(1、8、17、5、13)BOX
結果 17⇒12⇒7


(目黒記念)
【馬 連】で
馬番コンピ指数1位から
指数2~9位までの8頭へ流して8点。
(10⇒8、14、5、2、16、1、11、3)
結果 3⇒4⇒8

久々のボウズ達成!?さすがに落ち込みますよ…。
反省点としては、土曜・葵ステークスのレース傾向?京都の内回り1200㍍戦は直線が平坦で約330㍍しかなく、逃げ馬がもっとも好成績をおさめる舞台。徹底的に逃げ&先行馬狙いに絞るべきだった。さらに、日曜・東京優駿~日本ダービーの攻略法として、『皐月賞3着内の馬or5番人気以内の馬』に絞り込んだ場合、⑤キタノコマンドール・⑥ゴーフォザサミット・⑧ブラストワンピース・⑫エポカドーロ・⑮ステルヴィオ・⑰ワグネリアンの6頭。仮に馬連6頭ボックス15点で、的中(馬連7,950円)していただけに、残念…。


一応、今週も懲りずに2重賞(鳴尾記念、安田記念)を載せますので、参考にして下さい。宜しくお願い致します。

(鳴尾記念)
【馬 連】で
馬番コンピ指数1、2位から
指数3~9位までの7頭へ流して14点。


(安田記念)
【馬 連】で
馬番コンピ指数1位から
指数2~8位までの7頭へ流して7点。


詳細は、ブログまで訪問して下さい。
ブログのアドレス  http://89923493.at.webry.info/

[もっと見る]

⇒もっと見る

フェイムゲームの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

フェイムゲームの写真

フェイムゲームの厩舎情報 VIP

2018年5月27日目黒記念 G213着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

フェイムゲームの取材メモ VIP

2018年5月27日 目黒記念 G2 13着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。