レコンダイト(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
レコンダイト
レコンダイト
レコンダイト
写真一覧
抹消  黒鹿毛 2010年2月14日生
調教師音無秀孝(栗東)
馬主金子真人ホールディングス 株式会社
生産者社台ファーム
生産地千歳市
戦績36戦[5-3-4-24]
総賞金15,518万円
収得賞金3,350万円
英字表記Recondite
血統 ハーツクライ
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
アイリッシュダンス
モテック
血統 ][ 産駒 ]
Last Tycoon
Sudaka
兄弟 サンテミリオンテクニカルラン
前走 2017/12/09 中日新聞杯 G3
次走予定

レコンダイトの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
17/12/09 中京 11 中日新聞杯 G3 芝2000 18818124.21616** 牡7 55.0 松若風馬音無秀孝456(+8)2.00.3 1.034.1⑬⑬⑭⑮メートルダール
17/11/05 東京 11 アルゼンチン G2 芝2500 1671415.4515** 牡7 55.0 北村友一音無秀孝448(-6)2.32.1 2.137.0⑧⑧⑦⑦スワーヴリチャード
17/10/09 京都 11 京都大賞典 G2 芝2400 15814306.0145** 牡7 56.0 北村友一音無秀孝454(0)2.23.4 0.433.9⑨⑩⑪⑫スマートレイアー
17/05/28 東京 12 目黒記念 G2 芝2500 18817103.7175** 牡7 55.0 松山弘平音無秀孝454(+2)2.31.5 0.635.0⑧⑧⑥⑦フェイムゲーム
17/05/06 東京 10 メトロポリタ OP 芝2400 135721.965** 牡7 57.0 田辺裕信音無秀孝452(-4)2.24.5 0.435.4④④④ヴォルシェーブ
17/03/25 中山 11 日経賞 G2 芝2500 1612365.01413** 牡7 56.0 石橋脩音無秀孝456(0)2.34.6 1.836.2⑮⑮⑭⑭シャケトラ
17/03/05 阪神 11 大阪城S OP 芝1800 162357.01110** 牡7 55.0 松若風馬音無秀孝456(-4)1.47.6 0.533.8⑤⑥アストラエンブレム
16/12/03 中京 11 金鯱賞 G2 芝2000 132217.076** 牡6 56.0 武豊音無秀孝460(+6)2.00.0 0.333.6④④④⑤ヤマカツエース
16/11/06 東京 11 アルゼンチン G2 芝2500 1571230.286** 牡6 55.0 蛯名正義音無秀孝454(0)2.33.8 0.433.7⑫⑭⑭⑫シュヴァルグラン
16/10/16 東京 11 アイルランド OP 芝2000 14337.968** 牡6 57.0 石橋脩音無秀孝454(-4)2.00.8 1.336.1ハギノハイブリッド
16/06/12 東京 11 エプソムC G3 芝1800 1861225.375** 牡6 56.0 石川裕紀音無秀孝458(-2)1.46.8 0.633.6⑤⑥⑥ルージュバック
16/05/29 東京 12 目黒記念 G2 芝2500 182313.464** 牡6 55.0 武豊音無秀孝460(-6)2.30.8 0.234.4⑬⑪⑪⑩クリプトグラム
16/04/10 阪神 10 大―ハンC OP 芝2400 167135.7410** 牡6 55.0 武豊音無秀孝466(-2)2.26.5 1.134.8⑪⑩⑧⑧クリプトグラム
16/03/12 中京 11 中日新聞杯 G3 芝2000 1871346.0133** 牡6 55.0 武豊音無秀孝468(+12)2.01.4 0.134.3⑨⑨⑧⑧サトノノブレス
15/11/08 東京 11 アルゼンチン G2 芝2500 183614.1510** 牡5 55.0 柴田善臣音無秀孝456(-6)2.35.0 1.034.5⑪⑨⑩⑪ゴールドアクター
15/10/12 京都 11 京都大賞典 G2 芝2400 105512.568** 牡5 56.0 M.デムー音無秀孝462(+6)2.24.7 1.132.9⑨⑨⑨⑨ラブリーデイ
15/07/12 福島 11 七夕賞 G3 芝2000 16362.8112** 牡5 55.0 M.デムー音無秀孝456(-2)1.59.3 1.135.2⑪⑪⑦⑪グランデッツァ
15/05/31 東京 12 目黒記念 G2 芝2500 18126.942** 牡5 55.0 M.デムー音無秀孝458(-6)2.29.9 0.234.8⑥⑥⑥⑥ヒットザターゲット
15/04/12 阪神 10 大―ハンC OP 芝2400 12555.122** 牡5 54.0 M.デムー音無秀孝464(+4)2.27.7 0.034.2⑨⑩⑨⑨サトノシュレン
15/03/22 阪神 10 但馬S 1600万下 芝2000 16113.211** 牡5 56.0 M.デムー音無秀孝460(-4)2.02.2 -0.235.0⑧⑧⑪⑫モビール

⇒もっと見る


レコンダイトの関連ニュース

【中日新聞杯】追って一言

2017年12月7日(木) 05:02

 ◆ヴォージュ・西村師 「十分に乗り込んでいる。いい意味での危ないしぐさも出てきた」

 ◆クィーンチャーム・兼武助手 「調教量は豊富。52キロのハンデを生かしたい」

 ◆ケントオー・高橋一厩務員 「重い馬場のなかで、いい時計が出た。状態は良好です」

 ◆サラトガスピリット・友道師 「しっかりと乗り込んでいるし、状態は悪くない」

 ◆ショウナンバッハ・上原師 「安定して力を発揮できるようになってきた」

 ◆スズカデヴィアス・橋田師 「腰がしっかりしてきて、安定して走れるようになっています」

 ◆タイセイサミット・矢作師 「久々でも雰囲気は悪くない。切れ味勝負になるとつらい」

 ◆パドルウィール・中尾師 「放牧で活気が戻った。中京も合う」

 ◆バンドワゴン・石坂師 「コズミも軽く、調教でも動いている」

 ◆フェルメッツァ・松永幹師 「寒い時期が合う。叩いて成績が上がるタイプ」

 ◆フルーキー・辻野助手 「前走はブリンカーを装着したことでタメがきいた」

 ◆マウントロブソン・森助手 「調整は順調です。中京芝2000メートルは合っている」

 ◆マキシマムドパリ・藤岡佑騎手 「上がり重点でしたが、いい動きでした。雰囲気もいい」

 ◆ミッキーロケット・音無師 「前走は馬場がすべて。動きは引き続きいい」

 ◆メートルダール・戸田師 「動きは良かったですね。夏よりこの時期の方がいい」

 ◆レコンダイト・音無師 「最近は調教で動くようになっている」

 ◆ロードヴァンドール・昆師 「上がり重点でいい感じの走りだったし、中京も合う」

【中日新聞杯】特別登録馬2017年12月3日() 17:30

[もっと見る]

【アルゼンチン】レースを終えて…関係者談話2017年11月6日(月) 05:07

 ◆池添騎手(カレンミロティック5着) 「瞬発力勝負ではつらいので、ペースが落ちないように前を突きながら。かわされてからも盛り返そうと頑張ってくれた」

 ◆北村宏騎手(トウシンモンステラ6着) 「ロスなく上手に立ち回れた。3着はあるかと思ったけど…」

 ◆吉田隼騎手(シホウ7着) 「勝負どころで置かれたけど、そこからしぶとく伸びてくれた」



 ◆田辺騎手(デニムアンドルビー8着) 「後ろでじっとしていた割に、最後は脚が上がった」

 ◆シュミノー騎手(プレストウィック9着) 「“何で?”と思うぐらい馬に行く気がなかった」

 ◆津村騎手(ハッピーモーメント10着) 「リズム良く走れていたが、3~4コーナーで苦しくなった」

 ◆鹿戸師(マイネルサージュ11着) 「(ハナに)行く形は良くないね」

 ◆三浦騎手(ヒットザターゲット12着) 「内枠なら、もう一列前で運べたんですが…」



 ◆勝浦騎手(カムフィー13着) 「しまいはもう少し来られるかと思ったが」

 ◆江田照騎手(トルークマクト14着) 「手応えは良かったので、もっと我慢できると思ったけど…」

 ◆北村友騎手(レコンダイト15着) 「外を回された。ゲートをポンと出すぎたのがあだになったかも」

 ◆内田騎手(サラトガスピリット16着) 「4コーナー手前で手応えがなかった」



★5日東京11R「アルゼンチン共和国杯」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【アルゼンチン】スワーヴが1番人気/前日最終オッズ 2017年11月4日() 18:22

 東京の日曜メインはハンデGIIのアルゼンチン共和国杯(芝2500メートル)が組まれている。過去10年の勝ち馬を見ると、2007年アドマイヤジュピタは翌08年天皇賞・春を制覇。08年スクリーンヒーローは次走のジャパンCも優勝。10年トーセンジョーダンは翌11年の天皇賞・秋、15年ゴールドアクターは続く有馬記念を制するなど、GIに直結するレースになっている。09年ミヤビランベリ(11番人気)、13年アスカクリチャン(7番人気)と人気薄で勝った馬もいるが、それ以外の8頭は1~3番人気で、トップハンデの好走例も多い。

 今年もジャパンCや、ステイヤーズS、有馬記念を見据えたスタミナ自慢の馬たちが集まった。前日最終オッズは以下の通り。



枠番-馬番 馬名      単勝オッズ1-1 セダブリランテス    7.31-2 マイネルサージュ   80.32-3 デニムアンドルビー  11.12-4 スワーヴリチャード   1.93-5 トウシンモンステラ 205.33-6 プレストウィック   18.04-7 ソールインパクト   15.14-8 カレンミロティック  38.85-9 シホウ        55.35-10 サラトガスピリット 91.26-11 アルバート      4.66-12 トルークマクト   85.97-13 ハッピーモーメント 55.87-14 レコンダイト    20.98-15 ヒットザターゲット 35.28-16 カムフィー    246.3



アルゼンチン共和国杯の枠順はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【アルゼンチン】夕刊フジ・調教チェッカーズ 2017年11月4日() 11:54

 金土日の変則開催。昨日の紙面でしの記者も触れていたけど、水曜に出馬投票というのはリズムが崩れてどうしようもない。土曜に行われる後輩の結婚パーティーのことも、金曜日にやるよって人に教えていた。漆山クン、すいません。

 1番手はレコンダイト

 7歳の秋ながら活気は十分。4歳年下のOP馬サンライズノヴァと併せた1日の坂路も躍動感はバッチリで、ラストも優勢の手応えできっちり併入した。叩き2戦目の効果が感じられる小気味良さだ。

 スワーヴリチャードは世代指折りのCWコース巧者。春は舌を出したりヨレてみせたりと不安定さもあったが、馬装を工夫した秋はスムーズな走りで、大差先行した僚馬に楽に先着した。まだ重心が高く、迫力が戻るのは次だろうが、復帰初戦としては合格点。

 アルバートは道中こそ頭の高さが目についたが、脚力はさすがで、ラストは力強くクビ差先着でフィニッシュした。これで気合も乗ってきそうだ。(夕刊フジ)



アルゼンチン共和国杯の枠順はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【アルゼンチン】追って一言2017年11月2日(木) 05:09

 ◆カムフィー・池上和師 「年齢の割には元気。大きな変わり身はないけど、ハンデ差を生かして」

 ◆カレンミロティック・平田師 「前回より動けていたね。気配は安定している。まだ元気ですよ」

 ◆サラトガスピリッツト・友道師 「動きは良かった。先週、今週としっかりやっている。ハンデも軽い」

 ◆シホウ・笹田師 「1回叩いて素軽さが増しているね。距離は延びればいいタイプだし、上積みにも期待したい」

 ◆ソールインパクト・戸田師 「状態はすごくいい。前走は開幕週で時計が速く、ヨーイドンの競馬も合わなかった。力が要る今の馬場なら」

 ◆デニムアンドルビー・辻野助手 「前走の内容は悪くないし、条件がよくなる今回に期待したい」

 ◆トウシンモンステラ・村山師 「順調にきている。長くいい脚が使えるしスタミナを生かしたい」

 ◆トルークマクト・江田照騎手 「3頭併せの真ん中でしっかり追った。状態はいい。時計がかかる馬場の方がいい」

 ◆ハッピーモーメント・辻野助手 「前回は久々の右回り。3、4コーナーでトモ(後肢)が流れた。状態はいい」

 ◆ヒットザターゲット・清生助手 「春に比べると復調気配だし、体調はいい」

 ◆プレストウィック・武藤師 「柔らかみがあっていい動き。スタミナの持続力がかなりついてきている」

 ◆マイネルサージュ・鹿戸師 「イメージ通りの動き。いいけいこができた」

 ◆レコンダイト・音無師 「調子がいいね。距離は少し長いかもしれないが、ハンデは55キロ。どこまでやれるか」

★AR共和国杯の出馬表はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

⇒もっと見る

レコンダイトの関連コラム

閲覧 885ビュー コメント 0 ナイス 2



みなさんこんにちは!

本日は中京11R「中日新聞杯 G3」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「-1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「-1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。





第1グループ(橙)はフルーキーメートルダールの2頭。
第2グループ(黄)はレコンダイトから1.0ポイント差(約1馬身差)内のフェルメッツァまで9頭。
第3グループ(薄黄)は、ロードヴァンドールから同差内のパドルウィールまで4頭となっていて、以下は第4G(灰)となっています。

第2グループが9頭!大きな溝もありませんし、稀にみる大混戦の構図となっています。

実力差がないのであれば人気馬に妙味は感じないというのが正直なところ。天皇賞(秋)組はどうも反動が出ているのか、結果が出ていませんし、人気のミッキーロケットも危ないかもしれません。力差がなく拮抗したメンバー同士の戦いであれば、大波乱を狙ったボックス作戦が凄馬出馬表的には面白そうです。
今回は機械的なアプローチで網を広げてみます。


【ワイドボックス】
3,6,7,8,9,14,18

計21点

思い切って人気になりそうな馬は切ってみました。大穴に期待です(^^)/


登録済みの方はこちらからログイン

2017年11月5日() 14:00 凄馬プロジェクトチーム
第310回『凄馬出馬表分析&馬券検討』~アルゼンチン共和国杯 G2
閲覧 1,033ビュー コメント 0 ナイス 2



みなさんこんにちは!

本日は東京11R「アルゼンチン共和国杯 G2」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「-1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「-1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。





第1グループ(橙)は、カレンミロティックから1.0ポイント差(約1馬身差)内のアルバートレコンダイトまで3頭。
第2グループ(黄)は、デニムアンドルビーから1.0ポイント差(約1馬身差)内のヒットザターゲットまで2頭。
第3グループ(薄黄)は、トウシンモンステラから同差内のサラトガスピリットマイネルサージュスワーヴリチャードまで4頭となっていて、以下は第4G(灰)となっています。

凄馬出馬表を見渡すと、ハンデ戦らしく最大でも0.9ポイント差となっていて、最上位から最下位までが5.4ポイント差内にひしめく全馬拮抗の状況です。

そんな中、今回の私の本命は◎デニムアンドルビーとしました。牝馬は馬券どころか、出走自体も近年では見られないレースではあるのですが、この馬自体はコース替わりと田辺騎手への乗り替わりが魅力的。過去10年で馬券圏外に敗れた牝馬たちは、みな2ケタ人気の人気薄でしたし、単勝11倍程度(原稿執筆時点)のこの人気で牝馬が出走してくること自体傾向には当てはまっていないので狙ってみる価値はありそうです。乗り替わりの好走馬が多いレースですし、先週700勝達成の田辺騎手も短期免許の外人J二人よりはよっぽど信頼できるとみています。土曜の東京芝中長距離戦はスローばかりでアテにならないかもしれませんが、外を伸びて差してくるシーンもありましたので、持ち前の末脚さえ発揮できればアタマまで十分狙えるのではないでしょうか。陣営も「条件好転」を強調している今回、府中長距離でのスローからのキレ味勝負での牡馬一蹴を期待します。

以下、東京長距離得意な鞍上と近走で条件戦勝ち上がり組の活躍が目立つレース傾向から○セダブリランテス、この距離ではペースによっては過信禁物な印象でムーア騎手ではない今回1枚割り引いた▲アルバート、5か月ぶりで一本被りの☆スワーヴリチャード、それぞれ違う理由で◎が来るようなレースへの適性という意味で割り引いた△プレストウィック、△ソールインパクトまで印を回し、今回の私の馬券は◎の単勝と馬連で勝負とします。


【単勝】
3

【馬連流し】
◎=印
3=1,4,6,7,11(5点)

計6点

[もっと見る]

2017年11月5日() 11:30 ROBOTIPプロジェクトチーム
~重賞予想~かんたん予想ロボット『ROBOTIP』(アルゼンチン共和国杯 G2)
閲覧 707ビュー コメント 0 ナイス 0



みなさんこんにちは!ROBOTIPプロジェクトチームです。当コラムはウマニティが開発した新サービス『ROBOTIP(予想ロボット)』の重賞予想&運用レポートをお届けしています!

※新予想ツール『ROBOTIP』とは?・・・誰でも簡単に、無料で自分の予想ロボットを作ることが出来るサービスです。「U指数」をベースにした6つの能力指数と5つの適性を自由に配合してあなただけの最強ロボットを完成させましょう!詳しくはコチラ

では早速ですが、本日は『アルゼンチン共和国杯 G2』のロボ予想をお届けしたいと思います。予想ロボットは競走馬重視・血統重視・騎手重視の3体です。まずは、各ロボのセッティングをご確認ください。





それでは1体目、競走馬ロボの印(勝率)、買い目を見てみましょう!

【競走馬ロボ】

<勝率&印>



<買い目>



本命は◎レコンダイトで、勝率は11.8%。先週の天皇賞(秋)同様に、1位の勝率が低く、2番手以下にも目立った勝率の開きが見られない状況です。1~3番人気全てに印が回っておらず、当コラム始まって以来の妙味タップリの上位勢となっていて期待が膨らむ配置ではありますね。まあ、人気馬のうち2頭は3歳馬で低評価やむなしの存在ですから、非常に怖いところなのですが(^^;


続いて血統ロボです。下記の勝率&印、買い目画像をご覧ください。

【血統ロボ】

<勝率&印>



<買い目>



こちらは本命◎トウシンモンステラ。……これはもう、このコラムの1年分の勝ちを決めてもらうしかないですね。競走馬ロボ以上に大振りしています(◎_◎;)


最後に騎手ロボです。下記の勝率&印、買い目画像をご覧ください。

【騎手ロボ】

<勝率&印>



<買い目>



こちらは再び本命◎レコンダイトで、勝率は11%台とこれまでのロボ2体と似たような勝率。○スワ-ヴリチャードが浮上してきて、今回初めて上位人気馬が買い目に組み込まれた状況。あとは、競走馬ロボ、血統ロボとは異なり、4位→5位の部分に少し勝率の開きが生じていますね。


【まとめ】
今回の中心は2体のロボが本命に推し、血統ロボでも買い目に組み込まれているレコンダイト。ただ、その本命に推した2体のロボも差のない勝率分布での1位指名で、揺るぎない存在は不在の印象です。だからこそ、血統ロボ(◎トウシンモンステラ)が火を噴いたりして......。単勝200倍(執筆時点)と聞くとちょっと尻込みしてしまいそうですが、よくよく振り返れば、プレストウィック(今年のダイヤモンドSでは、当時1キロ差でトウシンモンステラが先着)が10倍台(〃)の穴人気ということを考えると、ここまで舐められなくてもいいのにとも思えてこなくもないですが。
いずれにしても買い目のオッズ表示にそそられるレースのスタートを、今から楽しみにしています(^^♪


--『ROBOTIP』--
「ロボットの便利さ」と「自分で予想する楽しさ」を兼ね備えた、新聞とも従来の競馬ソフトとも異なる、まったく新しい競馬予想ツール。誰でも簡単に、無料で自分の予想ロボットが作成可能です!ROBOTIPはウマニティに会員登録(無料)するだけでご利用いただけます!

○ウマニティ会員登録はこちらからどうぞ

[もっと見る]

2017年10月9日(月) 14:00 凄馬プロジェクトチーム
第301回『凄馬出馬表分析&馬券検討』~京都大賞典 G2
閲覧 947ビュー コメント 0 ナイス 4



みなさんこんにちは!

本日は京都11R「京都大賞典 G2」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「-1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「-1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。




第1グループ(橙)は、サウンズオブアースから1.0ポイント差(約1馬身差)内のシュヴァルグランまでの3頭。
第2グループ(黄)は、ミッキーロケットカレンミロティックの2頭。
第3グループ(薄黄)は、フェイムゲームから同差内のレコンダイトまで5頭となっていて、以下は第4G(灰)となっています。

凄馬出馬表をご覧いただくと各グループ間に溝が存在していますが、大きな溝ではありませんのでどの馬にもチャンスがありそうです。

私の本命は◎スマートレイアーにしたいと思います。香港ヴァーズは外々から強気の競馬で見せ場十分の5着、京都記念でもサトノクラウン相手に2着と長距離戦でのパフォーマンスは相当高く、今回のメンバーでも十分勝負になると判断しました。京都の長丁場ですし、武豊騎手という点も心強いです。以下、ここに向けてかなり仕上がっているように見える○サウンズオブアース、▲シュヴァルグラン、△ミッキーロケットトーセンバジルと印を打ちます。


【馬連ながし】
4

2,3,5,8

【3連複1頭軸流し】
4

2,3,5,8

計10点

[もっと見る]

2017年3月25日() 14:00 凄馬プロジェクトチーム
第257回『凄馬出馬表分析&馬券検討』~日経賞 G2
閲覧 802ビュー コメント 0 ナイス 0

みなさんこんにちは!

本日は中山11R「日経賞 G2」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「-1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】は競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「-1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。



第1グループ(橙)は、ゴールドアクターのみ1頭。
第2グループ(黄)は、アドマイヤデウスのみ1頭。
第3グループ(薄黄)は、ディーマジェスティから1.0ポイント差(約1馬身差)内のシャケトラレインボーラインレコンダイトまで4頭となっていて、以下は第4G(灰)となっています。

凄馬出馬表をご覧いただくと、上位2頭がそれぞれ次点に差を付け、一方で以下は大きな“溝”が生じない配置となっています。
さらに去年とは打って変わってフルゲートと頭数が揃い、ここからG1戦線を賑わせてきそうなメンバーも多数。多士済々の状況故、思わぬ盲点となってくる隠れ実力馬が現れそうな印象です。

そんな中、今回の私の本命は◎アドマイヤデウスにしました。中山2500でのパフォーマンスはもちろん、前年のJCや有馬記念に出走していた組が活躍傾向のこのレースで、56キロでの出走とあれば積極的に狙ってみたいと思います。(特にJC・有馬のうち、JCを使わず有馬のみ出走していた組は好走傾向が強く、手元の資料にある近12年で複勝率83%となっていました。)
頭数は揃ったものの逃げ・先行勢は多くなく、昨年のように流れが落ち着いてくれればこの馬のチャンスはさらに大きくなるとみています。3位以下を引き離しているこの凄馬出馬表評価も信頼してこの馬から。
○は普通にゴールドアクター。人気でも、休み明け緒戦でも、ここでは格好はつけてくれるのではとみます。
▲にレインボーライン。血統的にも、戦績的にも中山2500での一発に期待。この舞台への適性が割れていない分、少し妙味も出てくれるのではないかと思いましたが、鞍上が......。というわけで、あまり当日妙味は無さそうですね。それでも好走確率という意味では追い風と判断し上位進出を期待。
☆にシャケトラ。まだ実績馬たちとは斤量利があってこの指数評価であればチャンス十分。関東圏への輸送は初めてとなりますが、ここでも期待の方が大きいと見て上位評価。
そして、今回の私の馬券は当日オッズ次第では◎の単複勝負となりそうですが、当コラムでは◎○からの3連複とお楽しみの馬連ボックスを組み合わせた馬券で勝負とします。


【3連複軸2頭流し】
◎○=印
10,12=3,6,7,8,9,11,13(7点)

【馬連ボックス】
◎▲☆
9,10,13(3点)

計10点

[もっと見る]

2016年11月7日(月) 17:52 凄馬プロジェクトチーム
『凄馬出馬表&馬券検討』11/5~11/6の結果(アルゼンチン共和国杯・京王杯2歳ステークス)
閲覧 915ビュー コメント 0 ナイス 2

11月6日(日)に行われました東京11Rの「アルゼンチン共和国杯G2」です。

レース結果(着順)の凄馬出馬表(画像)をご覧ください。



1着:総合ポイント【8位】△シュヴァルグラン(3.9倍)
2着:総合ポイント【2位】△アルバート(5.4倍)
3着:総合ポイント【9位】▲ヴォルシェーブ(4.8倍)

第3グループ・総合ポイント8位のシュヴァルグランが1着、第1グループ・総合ポイント2位のアルバートが2着、第3グループ・総合ポイント9位のヴォルシェーブが3着という結果でした。

期待した◎レコンダイトはちょっと位置取りを下げ過ぎましたね。まさか、道中最後方の競馬になるとは思いもしませんでした。完敗です。
ラスト大外を回って脚を使っているだけに残念ですが、もう少し流れる条件でまた穴で狙ってみたいと思います。
1、2着した△シュヴァルグラン、△アルバートは休み明けのここを好内容で無事クリア。この先のG1戦線でも注目したいと思っています。

【3複フォーメーション】
◎=○▲☆=印
12=1,6,13=1,2,3,5,6,8,11,13,14,15(24点)払い戻し0円


続いて11月5日(土)に行われました東京11Rの「京王杯2歳ステークスG2」です。

レース結果(着順)の凄馬出馬表(画像)をご覧ください。



1着:総合ポイント【4位】△モンドキャンノ(7.4倍)
2着:総合ポイント【1位】○レーヌミノル(2.0倍)
3着:総合ポイント【6位】△ディバインコード(9.8倍)

第2グループ・総合ポイント4位のモンドキャンノが1着、第1グループ・総合ポイント1位のレーヌミノルが2着、第4グループ・総合ポイント6位のディバインコードが3着という結果でした。

勝ったモンドキャンノを高評価できず、これは完全に見誤りました(+_+)◎コウソクストレートもスローペースながらよく追い込んでいますが、うーん2歳戦は難しいですね。


【3連単フォーメーション】
8,11

8,11

1,2,3,4,7,9,10,12,13

8,11

1,2,3,4,7,9,10,12,13

8,11

計32点 払い戻し0円

[もっと見る]

⇒もっと見る

レコンダイトの口コミ


口コミ一覧
閲覧 179ビュー コメント 2 ナイス 7

昨日の東京6RでDMMドリームクラブのディープシャインという馬がデビュー。
結果は3着でした。

最終追い切りの動きがかなり良かったので、
「初戦向きのタイプなのかな?」という印象を持っていましたが、
直線で伸びあぐねる形になってしまいました。

次走以降に変わり身を見せられるのかどうか、というところがポイントになってきそうです。


【アルゼンチン共和国杯】

◎スワーヴリチャード
○セダブリランテス
▲レコンダイト
△マイネルサージュ、プレストウィック、アルバート

人気しすぎな感じがしますけど、
ダービー2着・スワーヴリチャードが共同通信杯以来となる重賞Vを決めてくれる、と考えて◎にしました。

56kgというハンデはさすがに見込まれましたが、
得意の左回りで追い切りの動きも上々、という状況なら、
厳しい条件を克服してくれるのではないでしょうか。

セダブリランテスはスワーヴリチャードよりも斤量が2kg軽くなっている点がかなりの魅力。
でも、追い切りの動きはちょっと微妙だったので、対抗評価としました。

追い切りの動きだけを見れば、古豪・レコンダイトの栗東坂路での動きはとても凄かったです。
外枠に入ってしまいましたけど、今のデキなら上位争いに食い込んできても不思議ありません。


【みやこS】

◎モルトベーネ
○トップディーヴォ
▲キングズガード
△ルールソヴァール、エピカリス

叩き2戦目、コース替わり、距離短縮、という要素が全てプラスに働くモルトベーネから勝負します。

前走の最終追い切りは軽めだったんですけど、
今回の最終追い切りはしっかりと負荷をかけてきていますので、前走よりも体調が良いのか明らか。
あとは、今回のメンバー相手に通用する地力があるのかどうか、というところだけでしょう。

待望の内枠を引いたトップディーヴォが脅威。
キングズガードも展開が紛れれば、一気の差し切り勝ちを決めるかもしれません。

エピカリスはぶった切りたいところなんですが、
前走は直線でスムーズさを欠いた分の負けですので、
外枠からスムーズなレース運びをする今回は巻き返し必至、だと考えています。

 馬券のAエース 2017年10月8日() 21:08
【月曜の格上馬】+京都大賞典♪ 
閲覧 255ビュー コメント 0 ナイス 4

////////////

【メモリアル】あと1勝で○○○勝♪
吉田 豊≪騎手≫〔現在1199勝〕月:ステイパーシスト
伊藤 工真≪騎手≫〔現在99勝〕
川島 信二≪騎手≫〔現在299勝〕
高倉 稜≪騎手≫〔現在199勝〕
藤岡 健一≪調教師≫〔現在399勝〕月:サウンズオブアース
島川 隆哉≪馬主≫〔現在499勝〕月:トーセンマタコイヤ トーセンバジル
ノースヒルズ≪馬主≫〔現在199勝〕
GⅠレーシング≪馬主≫〔現在199勝〕月:グラップユアコート イーデンホール

///////////////

【月曜の格上馬】
京都1R…シゲルホウレンソウ
京都6R…ストライクイーグル
東京9R…ニシノアモーレ
京都10R…ストーンウェア
東京10R…ソールインパクト

【厩舎&騎手】高確率メソッド
京都3R:◆ゴルトキルシェ デム&平田〔複勝率〕44.4%
京都5R:◆サトノエターナル ルメ&池江〔複勝率〕52.9%
京都5R:◆ハーツフェルト デム&角居〔複勝率〕52.4%
京都6R:◆ダノンオブザイヤー ルメ&池江〔複勝率〕52.9%
京都8R:◆ダノンプレシャス ルメ&角居〔複勝率〕48.5%
京都10R:◆マウントゴールド 武&池江〔複勝率〕48.6%
京都11R:◆シュヴァルグラン デム&友道〔複勝率〕57.4%

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【京都大賞典】京都2400m

≪馬指数≫
1位:〔98〕③シュヴァルグラン
2位:〔88〕④スマートレイアー
3位:〔83〕②サウンズオブアース ⑫カレンミロティック

≪タイム指数≫
1位:〔70.3〕⑮マキシマムドパリ
2位:〔70.5〕③シュヴァルグラン ⑤ミッキーロケット
4位:〔71.1〕⑥ヒットザターゲット

≪LAP一致度≫
・④スマートレイアー・⑮マキシマムドパリ

※10/4に≪攻略ポイント≫更新しています。
データからは◎シュヴァルグラン◎ミッキーロケット〇サウンズオブアース〇レコンダイト
が残り、固め決着っぽいですが、レコンダイトが絡むとあらっ??大波乱(笑)

/////////////

【グリーンチャンネルC】東京ダート1400m

≪馬指数≫
1位:〔82〕⑤ウインムート
2位:〔81〕⑬サンライズノヴァ
3位:〔80〕⑮ロワジャルダン

過去の勝ち馬はカフジテイク・ワイドバッハ・ゴールスキーなど直線一気を
得意とする馬が届くレース。今年はどの馬?それとも届かない?

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

公開データの作成が終わったんで明日はじっくり競馬楽しみますm(^^)m
3日間開催は中日が一番大変(o>ω<o)
お陰で毎日王冠、賭けれなくて良かったぁ(笑)
逃げ馬不在とはいえ、まさかソウルが行ってしまうとは・・・。
明日の京都大賞典も逃げた馬は【0-0-0-12】どれが行くんですかね?
最終日頑張りましょう♪

[もっと見る]

 馬券のAエース 2017年10月4日(水) 07:10
京都大賞典≪データ攻略ポイント≫ 
閲覧 437ビュー コメント 0 ナイス 8

【京都大賞典】京都芝2400m

例年、当然のようにGⅠクラスの馬が多数出走するレースだが、
馬連の堅い年と荒れる年が両極端。
断然人気の1番人気が飛ぶケースもあるレース。

(傾向)
過去12年1着馬は4・5歳のみ(2013年ヒットザターゲット以外は5番人気まで)

≪好走条件≫
☆『速い上がりの馬』は絶対視!!
・上がり3Fのタイムが最速の馬が【6-5-0-5】複勝率68.7%
・上がり3F2位の馬【4-2-3-4】複勝率69.2%
☆前走GⅠ・GⅡ組の7歳馬【0-4-1-2】複勝率71% 
※≪好走条件≫にリンクして重賞タイム指数表の上り1位・2位のどちらかは必ず馬券内(*^^*)

≪消し条件≫
▼前走1800m以下のレースに出走した馬【1-1-0-12】※前走GⅠまたは前走上がり最速は例外
×前走GⅠ以外の2ケタ着順は全消しでOK
×ブリンカー着用馬【0-0-0-9】 
×6歳馬で4番人気以下【0-0-0-24】
×前走GⅢ以下で5着以下【0-0-0-22】
×逃げ馬、過去12年逃げた馬は【0-0-0-12】

≪マイナス条件≫
▼前走55キロ以下の斤量【0-0-2-19】あって3着
▼関東馬は過去10年で【0-0-1-14】3着1回のみ
▼8歳以上【0-0-1-10】

【見解】
1着条件は④番人気以内の4・5歳馬〔シュヴァルグラン・ミッキーロケット〕有力
・カレンミロティック(▼8歳以上)
・サウンズオブアース
・シュヴァルグラン
・スマートレイアー(▼55キロ以下)
・バロンドゥフォール(▼関東馬)
・フェイムゲーム(〇好走7歳馬)(▼関東馬)
・ミッキーロケット
・レコンダイト(〇好走7歳馬)
前走GⅠで当日②人気以内【4-3-4-4】複勝率約73%
シュヴァルグラン・ミッキーロケットが1・2人気以内なら両方入っての堅め決着も。

今年は前走GⅢ以下で5着以下の馬が多いので、
全くマイナスが無いのは
◎シュヴァルグラン
◎ミッキーロケット
〇サウンズオブアース
〇レコンダイト
の4頭のみ!
「速い上り」という点だけならトーセンバジルも入りそうなものだが・・・。
京都で速い上りを使う為には、内枠で脚を溜めるのも1つの戦術。
過去10年1・2枠だけが複勝回収率100%を超えているので、内枠の穴馬に注意(*^^*)

[もっと見る]

⇒もっと見る

レコンダイトの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
1:
  ヨッシー   フォロワー:3人 2014年1月13日(月) 21:31:39
1月13日次走注意

レコンダイトの写真

レコンダイト
レコンダイト
レコンダイト

レコンダイトの厩舎情報 VIP

2017年12月9日中日新聞杯 G316着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

レコンダイトの取材メモ VIP

2017年11月5日 アルゼンチン共和国杯 G2 15着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。