マイネルサージュ(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
マイネルサージュ
写真一覧
現役 牡7 鹿毛 2012年4月13日生
調教師鹿戸雄一(美浦)
馬主株式会社 サラブレッドクラブ・ラフィアン
生産者レイクヴィラファーム
生産地洞爺湖町
戦績33戦[6-4-3-20]
総賞金14,037万円
収得賞金4,250万円
英字表記Meiner Sage
血統 ハービンジャー
血統 ][ 産駒 ]
Dansili
Penang Pearl
サオヒメ
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
ハルカゼ
兄弟 ティアップサニーホウオウヒミコ
前走 2019/05/18 メイステークス OP
次走予定

マイネルサージュの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
19/05/18 東京 11 メイS OP 芝1800 1571237.6811** 牡7 56.0 三浦皇成鹿戸雄一502(+2)1.46.6 0.833.9⑨⑧⑧ダイワキャグニー
19/04/14 福島 11 福島民報杯 (L) 芝2000 15357.745** 牡7 56.0 津村明秀鹿戸雄一500(-8)1.59.2 0.636.5⑫⑫⑭⑩レッドローゼス
19/02/24 中山 11 中山記念 G2 芝1800 11811245.399** 牡7 56.0 津村明秀鹿戸雄一508(-12)1.46.4 0.933.5⑩⑩⑩⑩ウインブライト
19/01/26 東京 11 白富士S OP 芝2000 95525.378** 牡7 58.0 石橋脩鹿戸雄一520(+4)2.00.7 1.435.1ブラックスピネル
19/01/05 中山 11 日刊中山金杯 G3 芝2000 16816196.7166** 牡7 56.0 津村明秀鹿戸雄一516(+10)1.59.4 0.234.9⑮⑮⑫⑩ウインブライト
18/08/05 小倉 11 小倉記念 G3 芝2000 125621.3710** 牡6 56.0 和田竜二鹿戸雄一506(0)1.58.2 1.334.0⑪⑪⑨⑨トリオンフ
18/07/08 福島 11 七夕賞 G3 芝2000 12557.842** 牡6 55.0 津村明秀鹿戸雄一506(0)2.00.8 0.037.3⑫⑫⑩⑥メドウラーク
18/04/15 福島 11 福島民報杯 OP 芝2000 165108.051** 牡6 54.0 津村明秀鹿戸雄一506(+4)2.00.8 -0.036.0⑮⑮⑮⑩マイスタイル
18/02/25 中山 11 中山記念 G2 芝1800 1011141.6109** 牡6 56.0 三浦皇成鹿戸雄一502(+2)1.48.1 0.534.8⑧⑦⑧⑧ウインブライト
18/01/27 東京 11 白富士S OP 芝2000 103335.273** 牡6 56.0 三浦皇成鹿戸雄一500(0)1.59.2 0.234.0⑥⑥⑥マイネルハニー
17/11/05 東京 11 アルゼンチン G2 芝2500 161275.21111** 牡5 54.0 柴田大知鹿戸雄一500(0)2.31.3 1.336.9スワーヴリチャード
17/09/24 中山 11 オールカマー G2 芝2200 1761151.21214** 牡5 56.0 松岡正海鹿戸雄一500(-2)2.15.3 1.534.8⑩⑩⑩⑩ルージュバック
17/09/03 札幌 11 丹頂S OP 芝2600 146916.784** 牡5 55.0 木幡初也鹿戸雄一502(-4)2.44.4 0.237.2⑬⑫⑩⑧プレストウィック
17/05/28 東京 12 目黒記念 G2 芝2500 1861173.21612** 牡5 55.0 柴田大知鹿戸雄一506(+6)2.32.1 1.236.2フェイムゲーム
17/05/06 東京 10 メトロポリタ OP 芝2400 13225.737** 牡5 56.0 柴田大知鹿戸雄一500(0)2.24.7 0.635.9ヴォルシェーブ
17/03/25 中山 11 日経賞 G2 芝2500 1647143.9128** 牡5 56.0 柴田大知鹿戸雄一500(-6)2.33.6 0.836.1⑥⑥⑦⑤シャケトラ
17/01/05 京都 10 万葉S OP 芝3000 128112.517** 牡5 55.0 柴田大知鹿戸雄一506(+2)3.07.5 1.438.9タマモベストプレイ
16/12/10 阪神 10 オリオンS 1600万下 芝2400 9115.121** 牡4 55.0 柴田大知鹿戸雄一504(0)2.26.3 -0.234.5サラトガスピリット
16/11/05 東京 9 南武特別 1000万下 芝2400 11223.411** 牡4 57.0 柴田大知鹿戸雄一504(+4)2.26.3 -0.334.2エイシンアロンジー
16/07/16 福島 10 信夫山特別 1000万下 芝2600 108102.112** 牡4 57.0 柴田大知鹿戸雄一500(-4)2.41.8 0.034.5⑧⑧④サトノフェアリー

⇒もっと見る


マイネルサージュの関連ニュース

 ★昨年の大阪杯勝ち馬で、3月のドバイシーマクラシック3着後、戦列を離れているスワーヴリチャード(栗・庄野、牡5)は、宝塚記念(6月23日、阪神、GI、芝2200メートル)で復帰する。来週中に帰厩予定で、鞍上はM・デムーロ騎手に戻る。

 ★大阪杯2着で宝塚記念に向かうキセキ(栗・角居、牡5)は、鞍上が川田騎手に決まった。大阪杯7着スティッフェリオ(栗・音無、牡5)は22日に帰厩。宝塚記念に向かうが、鞍上は未定。中山グランドジャンプを制したオジュウチョウサン(美・和田郎、牡8)は24日、放牧から帰厩して宝塚記念に備える。

 ★ヴィクトリアマイル3着クロコスミア(栗・西浦、牝6)は「疲れが見られる」(西浦調教師)ため、予定していた宝塚記念を自重して23日に放牧へ。

 ★平安S2着のモズアトラクション(栗・松下、牡5)は、大沼S(6月22日、函館、L、ダ1700メートル)に参戦する。8着クイーンマンボ(栗・角居、牝5)は、スレイプニルS(6月1日、東京、OP、ダ2100メートル)へ。

 ★韋駄天S2着カッパツハッチ(美・矢野、牝4)、9着レジーナフォルテ(美・佐藤、牝5)は、バーデンバーデンC(7月14日、福島、OP、芝1200メートル)か、アイビスSD(7月28日、新潟、GIII、芝・直1000メートル)。3着ミキノドラマー(美・南田、牡6)もアイビスSDが目標。

 ★フリーウェイSを勝ってオープン入りしたトミケンキルカス(美・大和田、牡7)は、中京記念(7月21日、中京、GIII、芝1600メートル)や、関屋記念(8月11日、新潟、GIII、芝1600メートル)、または朱鷺S(8月25日、新潟、L、芝1400メートル)が視野に。

 ★メイS快勝のダイワキャグニー(美・菊沢、牡5)は、放牧へ。11着マイネルサージュ(美・鹿戸、牡7)は、巴賞(6月30日、函館、OP、芝1800メートル)か、七夕賞(7月7日、福島、GIII、芝2000メートル)。

 ★平安S10着グレンツェント(美・加藤征、牡6)は、エルムS(8月11日、札幌、GIII、ダ1700メートル)へ。

 ★福島牝馬Sで6着だったランドネ(栗・角居、牝4)は、M・デムーロ騎手でマーメイドS(6月9日、阪神、GIII、芝2000メートル)に参戦。同レースには先週の京都・下鴨Sを勝ったセンテリュオ(栗・高野、牝4)もエントリーする。

【古馬次走報】ディアドラ、ドバイターフへ 2019年2月27日(水) 05:01

 ★中山記念6着ディアドラ(栗・橋田、牝5)は予定通り、モレイラ騎手との新コンビでドバイターフ(3月30日、メイダン、GI、芝1800メートル)へ。5着エポカドーロ(栗・藤原英、牡4)は大阪杯(同31日、阪神、GI、芝2000メートル)に進む。

 ★中山記念7着マルターズアポジー(美・堀井、牡7)は「1800メートルを超える距離は使わない」(堀井師)として次走を検討中。同厩で10着シベリアンスパーブ(牡10)は東風S(3月10日、中山、OP、芝1600メートル)などが視野に。8着ハッピーグリン(ホッカイドウ・田中淳、牡4)は日経賞(同23日、中山、GII、芝2500メートル)を目指す。騎手は未定。9着マイネルサージュ(美・鹿戸、牡7)は福島民報杯(4月14日、福島、OP、芝2000メートル)。

 ★阪急杯を制したスマートオーディン(栗・池江、牡6)は京王杯スプリングC(5月11日、東京、GII、芝1400メートル)から安田記念(6月2日、東京、GI、芝1600メートル)の予定。2着レッツゴードンキ(栗・梅田、牝7)、7着ミスターメロディ(栗・藤原英、牡4)、8着ラインスピリット(栗・松永昌、牡8)は高松宮記念(3月24日、中京、GI、芝1200メートル)の予定。

 ★阪急杯4着ロードクエスト(美・小島、牡6)はダービー卿チャレンジT(3月30日、中山、GIII、芝1600メートル)が選択肢の一つ。11着タイムトリップ(美・菊川、牡5)は京王杯SCが目標で、その前に春雷S(4月7日、中山、OP、芝1200メートル)を使う予定。

 ★伊丹Sを勝ってオープン入りしたロードゴラッソ(栗・藤岡、牡4)はマーチS(3月24日、中山、GIII、ダ1800メートル)へ。

[もっと見る]

【中山記念】レースを終えて…関係者談話2019年2月25日(月) 05:07

 ◆戸崎騎手(エポカドーロ5着) 「展開がうまく向いていい感じだったが、もう少し時計のかかる馬場の方がよかった。でも、昨秋よりも雰囲気はよかった」

 ◆武士沢騎手(マルターズアポジー7着) 「(小倉からの)連闘だったが馬は元気だった。2番手の馬に早めに来られたが、自分の競馬はできた」

 ◆ミナリク騎手(ハッピーグリン8着) 「右回りは合っている。きょうは相手が強かった」

 ◆津村騎手(マイネルサージュ9着) 「距離は二千以上あった方がいい」

 ◆田中勝騎手(シベリアンスパーブ10着) 「千八は長い感じ」

 ◆大野騎手(トルークマクト11着) 「追走でいっぱいだった」



★24日中山11R「中山記念」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【斬って捨てる!】中山記念 芝1800~2000m未勝利馬は苦戦!6番人気以下かつ4~5歳馬の連対ゼロ!2019年2月24日() 09:16

ウマニティの重賞攻略ページに掲載されている「データ分析」の内容や、中山記念の近年の結果をもとに、凡走パターンに合致する馬をピックアップするものです。予想の際にお役立てください。




【全般】
9歳以上馬の好走例はゼロ(2009年以降)

シベリアンスパーブ
トルークマクト

G1勝利経験がある馬を除くと、芝1800m未勝利馬の連対例はみられない(2009年以降)

トルークマクト

芝1800~2000m戦未勝利馬の連対例は皆無(2009年以降)

ラッキーライラック

前走G1 2着以内馬や、3走前にオープンクラスの2200m以下で2着以内の経験があった馬を除くと、近2走とも2400m以上のレースに出走していた馬の好走例はみられない(2009年以降)

トルークマクト
エポカドーロ

【人気】
6番人気以下、かつ4~5歳馬の連対例はゼロ(2009年以降)
※8時30分現在の6番人気以下、かつ4~5歳馬

ラッキーライラック
ハッピーグリン

6番人気以下、かつ前走G1出走馬の連対例はみられない(2009年以降)
※8時30分現在の6番人気以下、かつ前走G1出走馬

ラッキーライラック
ハッピーグリン

単勝オッズ50.0倍以上の連対例はゼロ(1999年以降)
※8時30分現在の単勝オッズ50.0倍以上

シベリアンスパーブ
トルークマクト
ハッピーグリン
マイネルサージュ

【脚質】
前走G1出走馬を除くと、前走の4角通過順が11番手以降だった馬の好走例はみられない(2009年以降)

マルターズアポジー
シベリアンスパーブ
トルークマクト

【枠順】
6~8枠、かつ当日6番人気以下だった馬の連対例はゼロ(2009年以降)
※8時30分現在の6番人気以下、かつ6~8枠

トルークマクト
ハッピーグリン
マイネルサージュ

馬番枠6番、8番、11番の連対例はみられない(2009年以降)

トルークマクト
ハッピーグリン
マイネルサージュ

【血統】
グレイソヴリン系を除くと、父あるいは母父にナスルーラ系種牡馬を配している馬の連対例はゼロ(2009年以降)

マルターズアポジー

良馬場施行時に限ると、サンデーサイレンス非内包馬の連対例は皆無(2009年以降)

マルターズアポジー
シベリアンスパーブ

※良馬場(JRA発表)を想定


【上記の凡走パターンに合致しなかった馬(連軸候補)】
ウインブライト
ディアドラ
ステルヴィオ
スワーヴリチャード



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【血統アナリシス】中山記念 高い舞台適性を備えた昨年の覇者!今回の舞台がプラスに働く可能性もある5歳牝馬!2019年2月23日() 16:30

日曜日に行われる中山記念の出走馬について、血統的な舞台適性の有無を1頭ずつシンプルに考察していきます。予想の際にお役立てください。


ウインブライト
短距離指向の強い母に、全姉は阪神JF2着馬。加えて、近親にハクサンムーンなどがいる短距離色の濃い一族。だが、欧州型の血脈で固められている母系にステイゴールドを掛け合わせた妙から生まれたものなのか、本馬は中距離でも対応可能のタイプに仕上がっている。昨年1着の内容が示すように、舞台適性の高さは折り紙つき。最も得意とする上がりを要する競馬になれば、G1級相手でも見劣りしない。

マルターズアポジー
父は朝日杯FSを逃げ切ったゴスホークケン。母は1200mで行われていた旧フェアリーSの勝ち馬で、近親には米ダート短距離のG1馬が複数並ぶ。スピードとパワーに特化した血統構成だ。ただし、加齢とともに持ち味である加速力が鈍ってきている点は不安材料。昨年のパフォーマンス(3着)を考えると完全無視は禁物だが、突き放すイメージまでは湧いてこない。あっても3着、というスタンスで構えるのが正解だろう。

ラッキーライラック
父はクラシック3冠を含むG1 6勝のオルフェーヴル。米G1勝ち馬の母、一族にミッキーアイルアエロリットなどを擁する牝系についても上質と言えよう。スピードの持続力と機動力に優れたタイプだけに、中山へのコース替わりがプラスに作用してもおかしくない。半面、北米血統が色濃く反映された母系ゆえに、粘り強さを要求されると案外の可能性もある。牡馬勢との斤量差をストレートに評価しての、連下扱いまでが妥当ではないか。

シベリアンスパーブ
父のシベリアンホークは中山記念と相性が良い、持続力タイプのノーザンダンサー系。母父のグレイソヴリン系も当レースにおける活躍血統のひとつ。加えて、母は中山芝1800mのフラワーカップを制しており、相応の舞台適性を備えているものと判断できる。とはいえ、年齢的にピークアウトの感は否めず、ハイパフォーマンスを期待するのは酷だろう。それなりの走りは見せるかもしれないが、複勝圏内に届くイメージまでは湧いてこない。

ディアドラ
父は名種牡馬デインヒルの血を受け継ぐハービンジャー。その父にスペシャルウィーク×マキャベリアンの肌馬を配することで、優れたスピードの持続力を生み出している。一方で、ややスタミナ色が濃い父系の血脈が影響しているせいか、直線の長いコースで牡馬一線級を相手とする決め手比べでは、ひと押し足りない印象。そのあたりを踏まえると、今回の舞台はプラスに転じる可能性がある。洋芝適性も高く、警戒を怠れない1頭と言えよう。

トルークマクト
アドマイヤジャパン×ハイシャパラル(サドラーズウェルズ系)という組み合わせ。持久力に優れた配合ゆえに、少々の激流やタフな馬場でも耐えうる体力が最大の武器。半面、直線の決め手勝負になると後手を踏みやすい。また、近い親族にコレといった活躍馬が見当たらず、活力の面でも物足りない印象を受ける。馬場や展開に恵まれた際の、掲示板争いまでが精一杯ではないだろうか。

ステルヴィオ
父は産駒初年度から年度代表馬を輩出したロードカナロア。ただし、産駒の大半は父の距離適性を映し出したかのように、マイルレンジがベスト。本馬も母がスピード寄りのタイプなので、芝1800mはギリギリの印象を受ける。とはいえ、同じ舞台のスプリングSを制しているうえに、タフな馬場状態で行われたマイルCSも勝ち切っている。そのあたりを踏まえると、持続質勝負になりやすい中山記念のレース質は歓迎のクチ。ここでも差はないはずだ。

ハッピーグリン
父はサドラーズウェルズ系のローエングリン。その父に、スピード型サンデーサイレンス系のアグネスタキオン×持久力型ロベルト系のブライアンズタイムの配合馬を掛け合わせることで、均整のとれた好バランスを生み出している。近走の成績から強気に推しづらい面はあるが、父系の当レースならびに当該コースにおける成績は上々の部類。スピード型サンデーサイレンス系を母父に持つ馬の相性も悪くない。馬場ならびに展開次第では、圏内に食い込む余地はある。

エポカドーロ
中山芝の中距離以上を得意とするステイゴールドの直仔を父に持ち、母はフィリーズレビューなど重賞を2勝しているパワー&スピード型。父および母の機動力とスピード能力だけなら、ここでも見劣りはしない。半面、サンデーサイレンス系×フォーティナイナー系配合馬の古馬混合戦における当該コース成績が奮わない点は気がかり。ここで上位争いに加わるには、血の良さを最大限に活かせる持久力を必要とする競馬、あるいは自身から動いて持続質勝負に持ち込むことが必須になる。

スワーヴリチャード
父は持続力に優れたハーツクライ。その父に、パワーとスピードを兼備したアンブライドルズソングの肌馬を組み合わせることで、バランス抜群の総合力を実現している。ただし、中距離以上でスピードの持続力を活かしたいタイプであることは間違いなく、2400m→1800mの臨戦過程で速い時計を求められると最後のツメが甘くなる可能性もある。血筋の特長を活かすためには、適度に時計を要する馬場、あるいは展開が望ましい。

マイネルサージュ
ノーザンダンサー系×サンデーサイレンスの組み合わせは、中山記念における好走配合のひとつ。ただし、欧州色の濃いハービンジャーを父に持つため、一線級相手の決め手比べでは、どうしても最後のひと押しが利かない。加えて、近い親族に重賞級がおらず、中央場所のG2では活力の面でもパンチが足りない印象。抜きんでたファクターを欠く感は否めず、馬券圏内までには至らないのではないか。



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【ズバリ!調教診断】中山記念 JC以来の5歳馬に休み明けの不安なし!マイルCSウイナーも仕上がり良好!2019年2月23日() 14:00

日曜日に行われる中山記念の出走馬の追い切り内容について、1頭ずつ考察していきます。予想の際にお役立てください。


ウインブライト
7日と14日に南Wにて長めから上々の時計をマーク。同じく南Wで行われた20日の併せ馬でも素軽い走りを見せた。鞍上の合図に対する反応が良く、集中力は抜群。僚馬と馬体を併せてからの伸縮性あるフォームは目を引くものがある。いいデキでレースに臨めそうだ。

マルターズアポジー
連闘。1週前に小倉のダートで実施した追い切りは緩めの内容に終始。テンションが上がらないように、細心の注意を払っていたようだが、肝心のレースでは出遅れてしまい競馬にならず……。この馬の場合、とにもかくにもリラックスして走れるかどうかが、好凡走のカギを握る。今回の強行軍がどちらに転ぶかはさておき、当日の気配はしっかりと確認しておいたほうがいいだろう。

ラッキーライラック
栗東CWで実施した1週前追い切りでは、長めから上々のタイムを計測。栗東坂路で行われた今週の併せ馬では、4F50秒8の好タイムを記録した。少し力んではいるものの、四肢の動き自体は悪くない。3歳春のような柔らかさは見受けられないが、秋華賞時と比べると気配は確実にアップしている。軽んじて扱えない1頭と言えよう。

シベリアンスパーブ
中1週と間隔が詰まることもあり、1週前は時計を出さず、21日に行われた追い切りも半マイルから上がり重点の内容。それなりのタイムを刻んでいるが、大きく変わった感じはない。この馬なりに順調なのかもしれないが、上積みまではどうか。様子見が賢明だろう。

ディアドラ
今週の本追い切りは栗東坂路で軽めの内容。とはいえ、中間の乗り込み量に不足はなく、1週前には栗東CWで長めから攻め、当日の一番時計をマークしている。ゆえに、本追い切りを調整色の濃い内容で留めたことは、順調であることの証左と判断したい。現状の力を発揮できる状態とみる。

トルークマクト
中2週と間隔は詰まるが、15日に南Wで時計を出しているように、障害戦を使ったあとの疲れは心配しなくてもよさそう。半面、20日に南Wで実施した併せ馬の動きはイマイチ。重い馬場が影響したとはいえ、僚馬に先着を許し、手応えも見劣る始末。相手強化、ましてや別定G2では苦しいのではないか。

ステルヴィオ
1週前追い切りは南Wで長めから3頭併せを行い、2頭に追走先着&好時計を記録。17日には坂路でラスト1F11秒7の好ラップをマークした。20日に南Wで実施した併せ馬でも力強いフットワークを披露。少し前肢の動きが硬く映るような気もするが、重心が低くバネの利いた走りをみるに、さしたる問題ではなさそう。仕上がり良好。

ハッピーグリン
20日に門別の屋内坂路にて行われた追い切りでは、3F36秒1、ラスト1F12秒5のラップを記録。いつもながらケイコはよく動く。半面、季節的なものもあり、今回は本馬場で負荷をかけた調教を施していない。ジャパンカップの健闘は、1週前に実施した実戦さながらのハードな攻めが功を奏した感。その点を鑑みると、期待よりも不安のほうが大きい。

エポカドーロ
前月20日に初時計記録後、栗東CWと栗東坂路を交えて順調にメニューを消化。1週前に栗東CWで行われた併せ馬では、俊敏な脚捌きを見せ、ラスト1F11秒半ばの好ラップをマーク。同じくCWで実施した20日の併せ馬でも上々の反応を示した。ひと追いごとの良化が顕著で、気合乗りも十分すぎるほど。力を出せるデキとみる。

スワーヴリチャード
2月5日に初時計を計測。それ以降は栗東坂路と栗東CWを併用して丹念な乗り込み。1週前に行われた併せ馬では、約1秒追走するビハインドを苦にせず、楽々と先着。20日の併せ馬でも、豪快なフットワークを見せつけた。折り合い重点の調整を施しているため、見映えはあまり良くないものの、我慢がしっかり利いている点は好感が持てる。少なくとも久々の不安はない。

マイネルサージュ
南Wで実施した1週前追い切りは、単走でマズマズの時計を記録。同じく南Wで行われた20日の併せ馬でも、及第点のタイムを余力残しでマークした。タフな馬場にもかかわらず、ストライドを大きく伸ばしている点が印象的。気配だけなら2走前の金杯時(0秒2差の6着)よりも上向いている。当日の馬場ならびに気配次第では、ヒモ穴として一考の余地があるかもしれない。



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

⇒もっと見る

マイネルサージュの関連コラム

閲覧 2,088ビュー コメント 0 ナイス 5



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G2 天皇陛下御在位30年慶祝 中山記念 2019年02月24日(日) 中山芝1800m内


<ピックアップデータ>

【前走の距離別成績(2014年以降)】
○2000m以下 [3-5-4-23](複勝率34.3%)
×2000m超 [2-0-1-20](複勝率13.0%)

 臨戦過程に注意したい一戦。2014年以降に限ると、前走が2000m超のレースだった馬は安定感を欠いています。なお、前走の距離が2000m超、かつ前走の着順が4着以下だった馬は2014年以降[0-0-0-19](複勝率0.0%)と好走例なし。2000m超のレースを経由してきたにもかかわらず3着以内となったのは、その前走で連対を果たしていた馬だけです。

主な「○」該当馬→ステルヴィオディアドラマイネルサージュ
主な「×」該当馬→エポカドーロスワーヴリチャード、ハッピーグリン


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

○「“前年以降、かつJRA、かつ2000m以下、かつG1のレース”において12着以内となった経験がある」馬は2014年以降[5-3-5-18](複勝率41.9%)
主な該当馬→エポカドーロステルヴィオ

続きは、ウマニティ会員登録(無料会員)でご覧頂けます。
※限定公開期間終了後は、非会員の方もご覧頂けます。
続きを読む
登録済みの方はこちらからログイン

2018年8月1日(水) 18:00 くりーく
くりーくの中間調教チェック 2018小倉記念編
閲覧 1,169ビュー コメント 0 ナイス 10



こんにちは、公認プロ予想家のくりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
前走からの中間の調整内容(評価はA~F)を中心に、各馬コメントをしていきたいと思います。


8月4日(日) 第54回 小倉記念(G3、3歳以上、ハンデ、芝2000m)

【登録頭数:12頭】(フルゲート18頭)

トリオンフ 57(前走530kg +4)<B>
これまで坂路中心に追い切られてきた馬だが、前走時は最終追い切りがCWを長めからで今回は1週前追い切りがCWを長めからとなり、何かを変えてきている状態。ただし1週前追い切りを一杯に追われているところはいつも通りなので、状態面で特に気になるところはない印象。

キンショーユキヒメ 54(前走504kg -10)<C>
調教駆けする馬でこの中間も1週前にCWを長めから好時計が出ていて、数字的には変わりない感じ。ただ、前走時の追い切りの動きを見るとやや首が上り気味で伸びきれていない感じにも見えたので、ひょっとしたら疲れもあるかもしれない。

サンマルティン 56(前走502kg +4)<B>
昨年は2着で、今年も5月のレースを使ってここへ直行というローテーションでの参戦。中間の乗り込み量は少ないものの、早めの小倉入りで日曜日に時計を出している点も昨年とほぼ同様。今年は前走で函館記念勝ちのエアアンセムを負かしていて更なる上昇を期待したいところだが、その分ハンデも2kg重くなっておりその点がどれくらい影響するか。

サトノクロニクル 57(前走458kg +2)<B>
天皇賞(春)以来のレースで、この中間もいつも通り2週前、1週前とCWを長めから併せ馬で先着とこの馬の良い時の調整内容。前走は我慢できずに早めに動いてしまった部分も見受けられたので、乗り方次第で何とかなるだけの良い状態だろう。

マイネルサージュ 56(前走506kg ±0)<D>
前走は得意の福島で勝てなかったもののしっかり2着は確保。サマーシリーズの5ポイントを獲得した。この中間は前走時に比べると調教の時計が物足りず、小倉への長距離輸送もあるので前走以上の走りは厳しそう。

ストロングタイタン 57(前走522kg +2)<A>
この中間は1週前に坂路で一杯に追われて好時計を出していて、近走の中では一番の調整内容。昨年よりは確実に良く、近走では鳴尾記念よりも良い状態かもしれない。

メドウラーク 56(前走506kg -2)<C>
休み明けの米子Sの時にしっかり乗り込まれていたことが前走時のしぶとさに繋がった印象。この中間もガラッと変わった感じはないが、しっかり乗り込まれて調子落ちはなさそう。ただ今回は馬場が福島とは真逆の状態になりそうなので、その辺りはポイントになってくるだろう。

レイホーロマンス 51(前走420kg ±0)<B>
前走◎もあの馬場状態では小柄なこの馬には厳しかった感じで、鞍上の手が終始動いていた。使い詰めで前走で悪い馬場を使った疲れもあるのか、この中間はいつものCWで一杯の1週前追い切りを、坂路で終い伸ばす内容に変えてきている点は気になるところ。ただ一方で、切れる馬で小倉の馬場はかなり向くハズで、ハンデもかなり軽くハマれば一発ありそうな感じもある。

ストーンウェア 54(前走470kg +2)<C>
5月以来のレースとローテーションに余裕があり、この中間もしっかり乗り込まれてこの馬の時計も出ている。ただ抜けて良いという訳でもなく、この馬なりに出来は上々といった感じ。

キョウヘイ 55(前走436kg +4)<D>
前走は馬場が向いてうまくハマったという印象があり、この中間は乗り込まれているものの特に良い感じはない。2000mの実績もなく今回は厳しそう。

マウントゴールド 54(前走442kg ±0)<C>
この中間は、2週前、1週前とCWを長めから乗られてこの馬なりに良い時計は出ている。ただ、1週前にサトノクロニクルと併せて遅れていて、そのあたりのクラスの馬との力の差はありそうな感じを受けた。

エーティーサンダー 51(前走524kg ±0)<E>
好走時には坂路で好時計の出る馬だが、格下の条件馬で間隔も詰っていて特に目立つ時計も出ていない状況でこの相手では厳しい。



◇今回は小倉記念編でした。
――今年は、炊飯器に電気ポットにクオカード数枚、ここ2、3年までさかのぼればデジカメ、ドライヤー、エチケットカッター、電動歯ブラシ、クオカードは10枚以上。
これらは全てコンテストや懸賞でもらったものです。こう見えても(どう見えているのか分からないですが)自分自身をかなり運が良い方だと思っています。正確に言うと運の良い人たちに囲まれて強運をもらっている、と言ったほうが良いのかもしれませんが・・・・・・。
というのも、ある強運の持ち主に出会って運気を意識するようになってからというもの、特に良いことが舞い込むようになってきたからです。誰にでも良いことがあれば悪いことも起こるもので、私もこの世の終わりかと思うほど悪いことが続いた経験があります。が、そんな時でもほんのチョットの良いことを探し出すことを意識していると、自然と前に進むことができます。物事をプラスに考えるか、マイナスに考えるかで進む道は変わってきます。
ここで、誰にでもできる運気を上げる簡単な方法をお教えしますので、もし良かったら意識してみて下さい。とても簡単です。まず何か良いことがあったら素直に喜ぶことです。人間嬉しいことがあれば笑顔になります。『笑う門には福来る』という言葉があるように笑顔には福が集まってくるもの。あとは良いことがあったら周りの誰かに少しでも良いので運を分けてあげることです。これは個人的な考えですが、良いことを一人で貯めこんでいても次の運が入ってくる場所がないので、常に福が入ってくる場所を空けておくという意味もあります。余談ですが、もしこの2つのことをすべての人たちが意識していたら、世界から争い事はなくなり戦争も起こらないのかもしれません。皆さんもぜひ、運が舞い込んでくるような明るい道を見つけて進んで行ってください。
競馬に話を戻すと、競馬の勝ち負けにも運が占める割合がかなりあります。完璧な予想であっても運が味方しない時もありますし、負けパターンのレース内容でもハナ差で勝ってくれることもあります。競馬の予想もできる限りのことをやっていればいつか競馬の神様が味方してくれるハズなので、負けても外れても前向きに進んでいきましょう。
そういえばひとつ言い忘れていました。先日の中京記念当日の来場ポイントキャンペーンでは、ターフサンダルが当たりました。ピッとする前に子供たちにかき氷を買ってあげたのが良かったのかなぁ。何といっても、うちの子供たちはかなりの強運の持ち主ばかりなので。




それでは次回、サマー2000シリーズ札幌記念編(予定)でお会いしましょう。


小倉記念出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。

※最終結論はレース当日のくりーくプロページでチェックしてください。

[もっと見る]

2018年7月11日(水) 08:00 競馬プロ予想MAX
先週の回顧~(7/7~7/8)シムーンプロがG3七夕賞◎メドウラーク的中で12万6,600円払戻し!
閲覧 1,249ビュー コメント 0 ナイス 7



先週は、8(日)に福島競馬場でG3七夕賞、中京競馬場でG3プロキオンSがそれぞれ行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G3七夕賞は、1コーナーまでにハナを奪い切ったマイネルミラノが逃げて前半1000mを58.2秒の流れで牽引。雨上がりで稍重スタートとなったこの日のタフな馬場状態を考えるとかなりのハイペースを刻むマイネルミラノに対し、2番手グループのバーディーイーグルワンブレスアウェイ以下も大きく離されることなく追走。3コーナーにかけて後方から上位人気の一角マイネルサージュが早めの進出を開始すると、1番人気サーブルオールもこの辺りから外を回して先団に取り付く構え。直線入り口まで先頭をキープしていたマイネルミラノに代わってワンブレスアウェイが先頭へ。しかし、すぐさま外からサーブルオールメドウラークマイネルサージュの3頭に詰め寄られる展開となり、内を突いては最低人気パワーポケットもジリジリと伸びて上位争いへ。この争いから抜け出したのは、こちらも11番人気の伏兵メドウラークでした。厳しい展開と馬場に各馬脚が上がって力尽きる中、最後まで力強い脚取りを維持したメドウラークがそのまま先頭でゴール! 7歳にして初の重賞制覇を飾っています。クビ差の2着に4番人気マイネルサージュ、さらにそこから2馬身差の3着には12番人気パワーポケットが入り、3連単は256万馬券となる大波乱決着を演じています。
公認プロ予想家では、シムーンプロ“帰ってきた”凄馬勝子プロ馬っしぐらプロスガダイプロおかべプロら、計5名が的中しています。
 
G3プロキオンSは不良馬場でスタートを迎えます。外枠からマテラスカイが軽快に飛ばして先頭に立つと、最後方をポツンと追走のダノングッド一頭を除き全馬ほぼ一団の態勢でレースは展開。手応え十分のマテラスカイに、2番手にはこちらは気合をつけながら追走の形でウインムートとなって直線入り口へ。直線を迎えても、歴然の脚取りで早くも独走を窺わせるマテラスカイ。懸命に脚を伸ばすウインムート、以下との差は広がる一方で、残り200mを通過。結局、そこからの1Fでもその差を縮められるどころかむしろ広げてみせた5番人気マテラスカイがそのまま圧逃V。時計も、従来の記録を1秒2更新する、1分20秒3(不良)の日本レコードを計時し、重賞初制覇を飾っています。2着には後方から差してきた1番人気インカンテーションが入り、そこから1/2馬身差の3着にウインムートが入っています。
公認プロ予想家では、覆面ドクター・英プロサウスプロ伊吹雅也プロ豚ミンCプロろいすプロ他、計7名が的中しています。
 
 
 
----------------------------------
 
☆☆☆注目プロ →シムーンプロ
8(日)は、函館3Rで◎スズノアリュール(単勝34.4倍)的中で10万3,200円の払戻し、函館10Rで◎デルマキセキ(単勝41.6倍)的中等の好調予想を披露すると、極めつけはG3七夕。「鞍上と手が合いそうで、道悪もこなす」と評した◎メドウラーク(単勝100.8倍)の単複で鮮やかに的中し、12万6,600円の払戻をマーク! 週末2日間のトータルでは回収率134%を記録しています。
 
☆☆☆注目プロ →霧プロ
7(土)は中京2Rでの◎ブンゴ(単勝52.1倍)的中などでトータルプラスを計上。8(日)には福島2Rの◎エンパイアシュアー(単勝25.2倍)-▲マーマレードガール的中や、中京3Rでの◎タガノブディーノ(単勝31.3倍)-▲カラレイアでの17万8,190円払戻し、中京9Rの▲プリュス-◎ステイオンザトップ的中などをマーク。随所に穴馬ヒットを披露し、連日のプラス収支を決めています。週末トータルでは、回収率175%、収支24万2,520円の大幅プラスを記録しています。
 
☆☆☆注目プロ →覆面ドクター・英プロ
7(土)は福島4Rでの17万9,080円払戻し、函館7Rでの3連単2点勝負的中含む35万150円払戻しのビッグヒットなどをマーク。勢いのまま迎えた8(日)にも、中京5Rでの的中や、G3プロキオンSでの10万6,500円払戻しなどの活躍を披露。土日ともに大幅プラス達成の先週は、回収率165%、収支トップの47万230円プラスをマークしています。
 
 
 
この他にも、おかべプロ(233%)、馬っしぐらプロ(130%)、ゼット1号プロ(124%)、夢月プロ(108%←2週連続週末プラス)、マカロニスタンダーズプロ(101%)らが週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
 
 
----------------------------------
 
※全レースの結果情報はこちら


今週も、競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家陣の予想にご注目下さい。

[もっと見る]

2018年7月3日(火) 15:30 くりーく
くりーくの中間調教チェック 2018七夕賞編
閲覧 1,056ビュー コメント 0 ナイス 12



こんにちは、公認プロ予想家のくりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
前走からの中間の調整内容(評価はA~F)を中心に、各馬コメントをしていきたいと思います。


7月8日(日) 七夕賞(G3 芝2000m ハンデ) 【登録頭数:12頭】

キンショーユキヒメ 54kg(B)
もともと調教駆けする馬で1週前追い切りでもいつもと同じくらいの好時計が出ていて、悪い印象はない。牝馬にしては大きな馬で使い減りするタイプでもなく、状態面でのマイナスはなさそう。

マイネルミラノ 57kg(A)
休み明けの前走を使われ、この中間は1週前にCWを長めから追い切られてこれまでの好走時に出ていた時計よりもさらに良い時計が出ていて、上積みがありそう。

マイネルフロスト 57kg(D)
好走時には最終追い切りで良い動きを見せる馬。この中間は、長期休養明けを使われたがそれほど目立つ時計は出ていない。1週前段階では、大きな変り身は感じられないといったところか。

マイネルサージュ 55kg(B)
前走から少し間隔が空いたが入念な乗り込み。3戦3連対と得意の福島ということもあり、マイネル軍団の中にあってとりわけこの馬は、ここに早くから狙いを定めていた感じ。

ワンブレスアウェイ 53kg(C)
近走は1週前、日曜、最終追い切りと馬場状態の違いはあるにせよ比較的良い時計が出ていて、レースでも重賞で好走するなど全体的に充実が窺える。この中間もいつも通りの内容で、調子落ちなく良い状態をキープできている感じ。

サーブルオール 55kg(A)
前走は2ヶ月間隔が空いていた影響か3走前、2走前と比べてもお腹に少し余裕があり、気性的にも2走前のような気合い乗りはなく少しおとなしく見せていた。それでもレースでは上位3頭に迫る内容で力のあるところをアピール。もともと長期休養明け以外はトレセンでの乗り込み量は少なく、この中間は間隔も詰っているので直前の日曜日に4Fから時計を出す程度だが、好タイムが出ていて上積みはありそう。

レイホーロマンス 51kg(B)
今年は牝馬限定重賞を使われて大崩れのない成績。ここ2戦は勝負どころで思い通りに追い上げて行くことができず着順は悪くなっているが、着差はそれほどなくこの馬なりに確実に終いの脚は使えている。状態に関してもこの中間は1週前にCWを長めから一杯に追われて好時計マークと、小柄な牝馬だが状態面の不安はなさそう。今回は乗り替わりとなるが、ハンデは51kgでスムーズな競馬ができれば直線勝負がハマる可能性も。

バーディーイーグル 53kg(E)
休み明けのメイS、そして前走のエプソムCと使われての出走となるが、この中間も調教面での変り身は見られず。今年で3年連続の参戦となるこのレースだが、前2年と比べて今年は違うというところが感じられない現状では、上位争いは厳しそう。

シルクドリーマー 53kg(D)
半年ぶりのレースで乗り込み量は豊富も、年齢的にも成績的にもいきなり勝ち負けとまでは・・・・・・。

メドウラーク 54kg(F)
約3年勝ち鞍がなく、当時と比べて調教内容が良くなっているかとそうでもなく……。レースでの成績も急に良くなることはなさそう。

プラチナムバレット 57kg(C)
長期の休み明けを3戦使われているが、この中間はCWでの時計がここ3戦よりもかなり良くなっている。一見、変わり身がありそうにも見えるが重賞を勝つような馬は強く追えば簡単にこれぐらいの時計は出てしまうのが今の栗東の馬場。さらにこの中間は騎乗しているのが体重の軽い岩崎騎手ということもあり、単純に良くなっているとは判断しない方が賢明か。特に、前走でもレース中にハ行しているように脚に爆弾を抱えているような馬で時計を出しすぎるのもちょっと怖いところがある。能力があるのは分かるが、なかなか強くは推せない面もあり。

パワーポケット 50kg(F)
ダートを使っていた馬が、障害を使って芝を使い、連闘でダート戦を使って中1週で格上の芝重賞に挑戦と普通ではなかなかあり得ないローテーション。使ってきても相手が強い。



◇今回は七夕賞編でした。
宝塚記念が終わり今年も半分が過ぎたことになり、いよいよ本格的な夏競馬に突入しました。今年はG1レースにこだわらずステップレースを中心に幅を広げて書いてきた当コラムは、この夏も休まず営業の予定。まずは手始めに、夏競馬と言えばサマーシリーズということで、札幌記念を中心としたサマー2000シリーズから始めてみようと思っています。春シーズンは、調教VTRの見かたをこれまで以上にこだわった点が奏功し、皐月賞サンリヴァル)、安田記念モズアスコット)、宝塚記念ミッキーロケット)などなど<最終追い切り評価A>で拾い上げることができたので、この勢いをそのままに調教予想に磨きをかけていきたいと思います。なかなか暑い日が続きますが、馬がバテる前に人がバテないようにしっかり水分補給をして夏競馬を楽しんでいきましょう!!
それでは次回は、サマー2000シリーズ函館記念編(予定)でお会いしましょう。


七夕賞出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。

※最終結論はレース当日のくりーくプロページでチェックしてください。

[もっと見る]

2018年7月1日() 15:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2018年07月01日号】特選重賞データ分析編(105)~2018年七夕賞~
閲覧 1,916ビュー コメント 0 ナイス 7



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G3 福島競馬場開設100周年記念 七夕賞 2018年07月08日(日) 福島芝2000m


<ピックアップデータ>

【前走の条件が“国内のレース”だった馬の、前走の馬体重別成績(2013年以降)】
○500kg未満 [4-4-5-41](複勝率24.1%)
×500kg以上 [1-0-0-20](複勝率0.0%)

 馬格のあり過ぎる馬は評価を下げた方が良さそう。前走の条件が“国内のレース”、かつ前走の馬体重が500kg以上だった馬のうち、3着以内となったのは2015年1着のグランデッツァだけです。ちなみに、2016年以降の該当馬4頭はいずれも単勝オッズ7倍未満の支持を集めていました。たとえ実績上位でも過信禁物と見るべきでしょう。

主な「○」該当馬→プラチナムバレットマイネルフロストマイネルミラノ
主な「×」該当馬→キンショーユキヒメマイネルサージュメドウラーク


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

○「馬齢が6歳以下」だった馬は2013年以降[5-4-4-39](複勝率25.0%)
主な該当馬→キンショーユキヒメプラチナムバレット

[もっと見る]

2018年2月25日() 14:00 凄馬プロジェクトチーム
第338回『凄馬出馬表分析&馬券検討』~中山記念 G2
閲覧 904ビュー コメント 0 ナイス 0



みなさんこんにちは!

本日は中山11R「中山記念 G2」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「-1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「-1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。





第1グループ(橙)は、ディサイファから1.0ポイント差(約1馬身差)内のマルターズアポジーペルシアンナイトまで3頭。
第2グループ(黄)は、ショウナンバッハから1.0ポイント差(約1馬身差)内のアエロリットマイネルハニーヴィブロスまで4頭。
第3グループ(薄黄)は、サクラアンプルールから同差内のマイネルサージュまで2頭となっていて、以下は第4Gとなっています。

凄馬出馬表を見渡すと、少頭数にも関わらずほとんど差の生じない配置となっていて、単勝オッズ以上になかなかの混戦模様といった状況が見てとれます。

そんななか今回の本命は◎マイネルハニーとしました。基本的には“格”が重要なレースですが、昨年のように実績馬たちが崩れて思わぬ穴が開くこともあるこの中山記念。それ以前にも、シルポートエイシンドーバーなどG1好走馬たちに隠れてのG2・G3実績馬の一発がみられます。またこれら2頭を含め、過去の連対馬の多くにマイル以下での勝利実績があり、今年は◎を含めアエロリットペルシアンナイトマルターズアポジーの計4頭が該当する状況。中山1800mに関してはスプリングSでの2着もありベストな印象の◎マイネルハニーが56キロならチャンス十分とみて、妙味込みでこの馬から。
相手も似たような見地から、距離延長で臨んだ先行タイプの馬が好成績ということで○マルターズアポジー。一瞬本命でもとよぎったくらいですが、土曜を見ると最内を通らされる分少し厳しいとみて一枚割引きました。あとは同じく距離延長での臨戦ですが、こちらはおそらく先行策にはならないであろう▲ペルシアンナイトとここまでの2頭と組んで買いたいと思います。
馬券は◎=○▲からの3複で勝負とし、☆ディサイファサクラアンプルールあたりにも上位進出を期待。


【3連複フォーメーション】
◎=○▲=印
6=4,8=1,2,3,4,5,7,8,9,10(15点)

[もっと見る]

⇒もっと見る

マイネルサージュの口コミ


口コミ一覧

北村友一めが余計なことを

 正義の魂 2019年5月19日() 16:47

閲覧 374ビュー コメント 0 ナイス 5

いましがた終わった、東京最終で、
結構、枠連2-8に自信があったのであるが、
せっかく8枠の代用馬が来てくれたのに、
北村友一に邪魔され、1着3着となってしまった。

その枠連2-8は、20倍近くついていたので、
的中していれば、間違いなく今日の馬券収支が
大逆転、となったところであったのだが、
非常に残念である。

ただ、昨日のプラス分を考えると、今週の
馬券収支は、わずかながらプラスになった
(東京9Rのメイショウサチシオの単勝が
功を奏した)ので、ひと安心と
いったところであった。

オークスは、ここまで来たら、
津村騎手に獲らせてあげたかった。
津村騎手には、昨年の七夕賞
(マイネルサージュの複勝)で、かなり良い
思いをさせてもらったからである。

だが、私が指名すると、絶対に大レースを
勝てなくなると決まっていたPOGで、
ラヴズオンリーユーを指名できたのは、
まあ喜ぶべきところであろう。

我が応援する、センテリュオも、強いところを
見せてくれたし、今週の競馬では、
楽しいものを見させてもらったものであった。

来週は、いよいよ日本ダービーであるが、
勝つのはヴェロックスと信じている。

 DEEB 2019年5月18日() 18:02
恥ずかしい馬予想2019.05.18[結果]
閲覧 51ビュー コメント 0 ナイス 5

東京11R メイステークス 4歳以上オープン(国際)[指定]
◎15 レイエンダ…9着
○12 マイネルサージュ…11着
▲ 9 エンジニア…7着
△ 2 ダイワキャグニー …1着
× 3 ブレスジャーニー …5着
[結果:ハズレ×]

東京12R 4歳以上1000万下[指定]
☆18 ボールドジャパン…7着
[結果:ハズレ×]

京都 2R 3歳未勝利[指定]
◎ 6 ★イグナーツ…1着
○11 ニホンピロハビアー …2着
▲13 ヘニーストライカー …9着
△ 4 サンレイブランコ…8着
×14 ピエナクロフネ…14着
[結果:アタリ△ 単勝 6 310円、複勝 6 130円、馬連 6-11 290円]

京都10R シドニートロフィー 4歳以上1600万下(混合)[指定]
☆ 2 ガンジー …8着
[結果:ハズレ×]

京都11R 平安ステークス GⅢ 4歳以上オープン(国際)(指定)
◎16 ロンドンタウン…12着
○ 7 チュウワウィザード…1着
▲15 サトノティターン…9着
△ 9 ジョーダンキング…6着
× 8 サンライズソア…5着
☆ 4 トラキチシャチョウ…14着
[結果:ハズレ×]

新潟11R 大日岳特別 4歳以上1000万下(混合)[指定]
◎15 ニシノラディアント…12着
○ 5 グッドジュエリー …10着
▲14 ビリーバー …1着
△ 9 シセイヒテン…3着
× 4 ズアー …4着
[結果:ハズレ×]

今日は、休みです。
散髪に、行くつもりです。
あとは、競馬します。

[今日の結果:6戦0勝5敗1分]
ダメですね。

[もっと見る]

 グリーンセンスセラ 2019年5月18日() 14:32
🐎無料情報 当たりはずれあり。 自己責任で。2019年5月18日... 
閲覧 48ビュー コメント 0 ナイス 4

━━━━ 5月18日(土) ━━━━


東京11R
メイS

◎ 15番 レイエンダ
○ 2番 ダイワキャグニー
▲ 1番 ベルキャニオン
△ 12番 マイネルサージュ
△ 3番 ブレスジャーニー
△ 6番 カラビナ
△ 9番 エンジニア

三連複軸1頭流し

軸:15
相手:1, 2, 3, 6, 9, 12

⑭があれば凄いのにな! 大外れ~
---------------------------------------


京都11R
平安S(G3)

◎ 16番 ロンドンタウン
○ 8番 サンライズソア
▲ 15番 サトノティターン
△ 1番 オメガパフューム
△ 3番 グレンツェント
△ 7番 チュウワウィザード
△ 9番 ジョーダンキング

三連複軸1頭流し

軸:16
相手:1, 3, 7, 8, 9, 15

大外れ~
---------------------------------------


新潟11R
大日岳特別

◎ 15番 ニシノラディアント
○ 14番 ビリーバー
▲ 9番 シセイヒテン
△ 8番 サラドリーム
△ 1番 ダノンハイパワー
△ 4番 ズアー
△ 6番 メイラヴェル

三連複軸1頭流し

軸:15
相手:1, 4, 6, 8, 9, 14

ハズレ~ 相手のBOXなら🎯ってるよね。( ´艸`)
3連複
6-9-14 4,130円 8番人気

3連単
14-6-9 29,230円

[もっと見る]

⇒もっと見る

マイネルサージュの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

マイネルサージュの写真

マイネルサージュ

マイネルサージュの厩舎情報 VIP

2019年5月18日メイステークス11着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

マイネルサージュの取材メモ VIP

2019年4月14日 福島民報杯 (L) 5着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。