ナイトオブナイツ(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
ナイトオブナイツ
写真一覧
現役 牡5 栗毛 2013年4月16日生
調教師池添兼雄(栗東)
馬主市川義美ホールディングス 株式会社
生産者社台ファーム
生産地千歳市
戦績27戦[6-2-1-18]
総賞金11,298万円
収得賞金3,650万円
英字表記Night of Knights
血統 ハービンジャー
血統 ][ 産駒 ]
Dansili
Penang Pearl
シャイニングアレキ
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
シャイニンレーサー
兄弟 サンライズフォルテシャイニンシーザー
前走 2018/08/19 札幌記念 G2
次走予定

ナイトオブナイツの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
18/08/19 札幌 11 札幌記念 G2 芝2000 16611148.01510** 牡5 57.0 池添謙一池添兼雄456(-2)2.02.3 1.237.6⑭⑭⑬⑭サングレーザー
18/07/15 函館 11 函館記念 G3 芝2000 1571310.468** 牡5 56.0 池添謙一池添兼雄458(+10)2.00.4 0.634.8⑪⑪⑩⑩エアアンセム
18/07/01 函館 11 巴賞 OP 芝1800 11558.051** 牡5 56.0 池添謙一池添兼雄448(-10)1.49.9 -0.034.9④④アストラエンブレム
18/05/06 新潟 11 新潟大賞典 G3 芝2000 165918.2715** 牡5 54.0 津村明秀池添兼雄458(0)2.00.9 0.933.2⑬⑭スズカデヴィアス
18/04/15 阪神 10 難波S 1600万下 芝1800 138135.931** 牡5 57.0 池添謙一池添兼雄458(-4)1.47.5 -0.135.4⑨⑧クリノヤマトノオー
18/01/28 京都 10 飛鳥S 1600万下 芝1800 11449.066** 牡5 57.0 松山弘平池添兼雄462(+4)1.49.0 0.835.2⑤④トリコロールブルー
18/01/07 京都 10 寿ステークス 1600万下 芝2000 91110.543** 牡5 57.0 池添謙一池添兼雄458(+6)2.00.0 0.934.6⑥⑥⑦⑦トリオンフ
17/12/17 阪神 10 元町S 1600万下 芝1600 176117.148** 牡4 57.0 池添謙一池添兼雄452(-2)1.34.2 0.434.0⑩⑩ミエノサクシード
17/12/03 阪神 11 逆瀬川S 1600万下 芝1800 11798.054** 牡4 55.0 北村友一池添兼雄454(+2)1.46.6 0.233.3⑥⑤サトノアリシア
17/08/06 札幌 12 藻岩山特別 1000万下 芝1800 12332.211** 牡4 56.0 池添謙一池添兼雄452(+6)1.47.2 -0.434.0⑤⑥⑤シャララ
17/07/01 函館 10 恵山特別 500万下 芝1800 15463.711** 牡4 57.0 池添謙一池添兼雄446(0)1.46.1 -0.735.3⑦⑦⑥⑤ラボーナ
17/06/25 函館 10 奥尻特別 500万下 芝1800 127102.514** 牡4 57.0 藤岡康太池添兼雄446(-4)1.47.9 0.434.2⑦⑧⑨⑦フィールドシャルム
17/01/07 京都 12 4歳以上1000万下 芝1600 16124.925** 牡4 56.0 松山弘平池添兼雄450(0)1.34.6 0.434.6⑥⑥スペシャルギフト
16/12/10 阪神 9 摂津特別 1000万下 芝1600 10117.334** 牡3 56.0 松山弘平池添兼雄450(+2)1.35.0 0.234.0⑨⑦ビナイーグル
16/11/26 京都 12 3歳以上1000万下 芝1600 147126.232** 牡3 56.0 松山弘平池添兼雄448(+2)1.34.9 0.034.3⑪⑨ハクサンルドルフ
16/11/05 京都 9 近江特別 1000万下 芝1800 14115.537** 牡3 54.0 松山弘平池添兼雄446(+8)1.47.0 0.433.5⑨⑪クリノラホール
16/07/23 中京 10 長久手特別 1000万下 芝1600 143312.655** 牡3 54.0 松山弘平池添兼雄438(0)1.34.6 0.534.0⑧⑪⑪バンドワゴン
16/07/03 福島 11 ラジNIK賞 G3 芝1800 1651014.187** 牡3 54.0 松山弘平池添兼雄438(+2)1.47.5 0.534.9⑨⑧⑩⑨ゼーヴィント
16/04/30 京都 9 あやめ賞 500万下 芝1800 1181110.551** 牡3 56.0 松山弘平池添兼雄436(+2)1.47.6 -0.033.4⑧⑧ロワアブソリュー
16/04/09 阪神 6 3歳500万下 芝1600 1371037.582** 牡3 56.0 松山弘平池添兼雄434(-6)1.34.0 0.034.1⑨⑪ハクサンルドルフ

⇒もっと見る


ナイトオブナイツの関連ニュース

 ◆藤岡佑騎手(サウンズオブアース4着) 「体調が戻ればまだやれることは証明できた。正直、勝ちたかった」

 ◆丸山騎手(スティッフェリオ5着) 「ずっと右手前だったので、どこかで左手前に替えられればよかった」

 ◆吉田隼騎手(サクラアンプルール6着) 「1頭になるとフワフワしていた。もう少し仕掛けを遅らせてもよかったかな」

 ◆蛯名騎手(ゴーフォザサミット7着) 「手応えのわりに最後まで伸びている。いい経験になると思う」

 ◆勝浦騎手(クロコスミア8着) 「ムキにならず、リズムよく走れていた」

 ◆田中勝騎手(マイスタイル9着) 「(動くのが)結果的に早かったかな。最後は息切れしたよ」

 ◆池添騎手(ナイトオブナイツ10着) 「もう少し力をつけないと、このメンバーだと厳しい」

 ◆藤岡康騎手(アストラエンブレム11着) 「勝負どころでスムーズに押し上げられなかった」

 ◆三浦騎手(スズカデヴィアス12着) 「きょうの展開なら、しまいにかけた方がよかったかも」

 ◆菊沢師(ミッキースワロー13着) 「直線はすごく渋滞していたね。これも競馬だから仕方ない」

 ◆モレイラ騎手(ネオリアリズム14着) 「直線で狭くなったし、休み明けのぶんもあったかな」

 ◆柴田善騎手(マルターズアポジー15着) 「早めに来られたけど、競馬だから仕方ない」

 ◆国分恭騎手(アイトーン16着) 「古馬相手だと速い馬も多いので、距離を延ばした方がいい」

★19日札幌11R「札幌記念」の着順&払戻金はこちら

【札幌記念】有名人の予想に乗ろう!(こじはるほか多数)2018年8月19日() 09:40

※当欄では日曜日に開催される札幌記念について、競馬好きとして知られる芸能人、著名人の皆さんの予想を紹介していきます。迷ったときは彼らの予想に乗るのも手。参考になさってください。




【小嶋陽菜(こじはる)】
3連単ボックス
ネオリアリズム
サクラアンプルール
スズカデヴィアス
ミッキースワロー
モズカッチャン

【田中裕二(爆笑問題)】
◎④マイスタイル
○⑬スズカデヴィアス
▲②サングレーザー
△⑭ミッキースワロー
△⑨サクラアンプルール
△⑪ナイトオブナイツ
△⑧ネオリアリズム
馬連1頭軸流し・3連単1頭軸流しマルチ
④→②⑧⑨⑪⑬⑭

【DAIGO】
◎⑤マカヒキ

【林修】
注目馬
サクラアンプルール

【徳光和夫】
3連複ボックス
ゴーフォザサミット
ネオリアリズム
スズカデヴィアス
ミッキースワロー
モズカッチャン
アイトーン
ワイド1頭軸流し
サウンズオブアース→②③④⑤⑩⑬⑭⑮

【さゆりんご(松村沙友理・乃木坂46)】
◎⑮モズカッチャン

【松村香織(かおたん・SKE48)】
◎⑭ミッキースワロー
○⑮モズカッチャン
▲⑨サクラアンプルール
△④マイスタイル
△②サングレーザー
△⑤マカヒキ
3連単フォーメーション
⑨⑭⑮→②④⑤⑨⑭⑮→②④⑤⑨⑭⑮

【斉藤慎二(ジャングル ポケット)】
◎②サングレーザー
ワイド
②→⑦

【キャプテン渡辺】
◎④マイスタイル
単勝

ワイド・馬連
④→②

【土屋伸之(ナイツ)】
◎④マイスタイル
○⑭ミッキースワロー
▲①マルターズアポジー
△②サングレーザー
△⑩スティッフェリオ
△⑬スズカデヴィアス
△⑮モズカッチャン

【安田和博(デンジャラス)】
◎⑤マカヒキ
○⑧ネオリアリズム
▲②サングレーザー
△③アストラエンブレム
△⑨サクラアンプルール
△⑭ミッキースワロー
△⑮モズカッチャン

【土井よしお(ワンダラーズ)】
◎④マイスタイル
○⑨サクラアンプルール
▲②サングレーザー
△⑧ネオリアリズム
△⑬スズカデヴィアス
△⑭ミッキースワロー
△⑮モズカッチャン

【ビタミンS お兄ちゃん】
ネオリアリズム
馬単
馬単1着軸流し
⑧→②④⑤⑥⑦⑨⑩⑬⑭⑮
3連単フォーメーション
②④⑥⑦⑨⑭→⑧→①②④⑤⑥⑦⑨⑩⑬⑭⑮
②④⑥⑦⑨⑭→①②④⑤⑥⑦⑨⑩⑬⑭⑮→⑧

【こいで(シャンプーハット)】
◎⑨サクラアンプルール
3連単2頭軸流しマルチ
⑨→⑬→①②④⑤⑦⑧⑫⑭⑮

【てつじ(シャンプーハット)】
◎⑥クロコスミア
3連複1頭軸流し
⑥→②④⑦⑧⑨⑬⑭⑮
3連単2頭軸流しマルチ
⑥→⑮→②④⑦⑧⑨⑬⑭

【天童なこ】
◎④マイスタイル



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【札幌記念】U指数的考察2018年8月19日() 09:30

札幌記念の近年の傾向をもとに、U指数を絡めてピックアップした条件に合致する馬を提示しました。予想の際にお役立てください。

※2013年以降の結果をもとに検証



<ポイント①>
2017年こそ低指数馬同士のワンツー決着となったが、上位勢が全滅ということはない。毎年必ず指数4位以内のなかから、最低1頭は馬券に絡んでいる。

1位→⑤マカヒキ
2位→②サングレーザー
3位→④マイスタイル
4位→⑬スズカデヴィアス

<ポイント②>
低指数馬の台頭がちょくちょくあるため軽くは扱えないが、指数96.5未満の馬が2頭以上絡んだ年はゼロ。低指数馬同士を組み合わせた馬券は控えたほうがベター。

指数96.5未満

アストラエンブレム
ゴーフォザサミット
ネオリアリズム
スティッフェリオ
ナイトオブナイツ
モズカッチャン
アイトーン

<ポイント③>
馬券に絡んだ馬の最低指数は、2016年の3着馬レインボーラインの92.7。同馬は伸びしろが大きい3歳馬だった。ちなみに、4歳以上で3着入りした馬の最低指数は95.8。成長余地が少ないうえに、指数の裏付けもない古馬は評価を下げたほうがいいかもしれない。

指数95.8未満の4歳以上馬

ネオリアリズム
スティッフェリオ
ナイトオブナイツ
モズカッチャン



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【札幌記念】斬って捨てる!2018年8月19日() 09:17

ウマニティの重賞攻略ページに掲載されている「データ分析」の内容や、過去の札幌記念の結果をもとに、凡走パターンに合致する馬をピックアップするものです。予想の際にお役立てください。




【全般】
前走函館記念で1~2着だった馬の連対例はゼロ(2008年以降の札幌開催)

サクラアンプルール

前走函館記念(良馬場)で0秒6以上の着差をつけられていた馬の好走例はゼロ(2008年以降)

ナイトオブナイツ

前走で非重賞戦に出走していた馬の好走例はゼロ(2008年以降)

アストラエンブレム
マイスタイル
スティッフェリオ
アイトーン

【人気】
3番人気の連対例は皆無(1998年以降)
※8時30分現在の3番人気

サングレーザー

前走重賞連対馬もしくは前走函館記念に出走していた馬を除くと、6番人気以下の連対例はゼロ
※8時30分現在の6番人気以下、かつ該当馬

マルターズアポジー
アストラエンブレム
マイスタイル
クロコスミア
ゴーフォザサミット
スティッフェリオ
サウンズオブアース
アイトーン

6番人気以下、かつ牝馬の好走例は皆無(2008年以降)
※8時30分現在の6番人気以下、かつ牝馬

クロコスミア

【脚質】
前走(国内のレースに限る)の4角通過順位が1番手だった馬の好走例は皆無(2008年以降の札幌開催)

マルターズアポジー
マイスタイル

【枠順】
馬番7、9、12の好走例はゼロ(2008年以降)

ゴーフォザサミット
サクラアンプルール
サウンズオブアース

【血統】
父ノーザンダンサー系の連対例は皆無(2008年以降)

マルターズアポジー
ナイトオブナイツ
モズカッチャン


【上記の凡走パターンに合致しなかった馬(連軸候補)】
マカヒキ
ネオリアリズム
スズカデヴィアス
ミッキースワロー



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【札幌記念】取捨即断!血統アナリシス2018年8月18日() 17:00

日曜日に行われる札幌記念の出走馬について、血統的な舞台適性の有無を1頭ずつシンプルに考察していきます。 予想の際にお役立てください。


マルターズアポジー
父は朝日杯FSを逃げ切ったゴスホークケン。母は1200mで行われていた旧フェアリーSの勝ち馬で、近親には米ダート短距離のG1馬がズラリと並ぶ。スピードとパワーに特化した血統構成だ。ただし、加齢とともに持ち味である加速力が鈍ってきている点は不安材料。札幌記念における父ノーザンダンサー系のパフォーマンスも下降しており、今回は苦しい戦いを強いられるのではないだろうか。

サングレーザー
ディープインパクトは産駒から2頭の札幌記念優勝馬を輩出。一方で、母であるマンティスハントの仔は軽い芝を得意にしているタイプが多く、本馬も例外ではない。ゆえに、タフな馬場になった場合に踏ん張りが利くかどうかの疑問は残る。勝ち負け争いに加わるためには、血の良さを活かせる速い上がりの競馬、あるいはスピード決着が望ましい。

アストラエンブレム
現役時に皐月賞天皇賞(秋)を制したダイワメジャーに、秋華賞勝ちの母を掛け合わせた良血馬。札幌記念におけるダイワメジャー産駒の好走例こそないが、半兄が札幌2歳Sで優勝しているように、相応のコース適性を持ち合わせていると考えても差し支えない。スピード競馬になれば血の良さを引き出す可能性もある。侮れない1頭と言えよう。

マイスタイル
持続力型サンデーサイレンス系のハーツクライを父に持つ点は悪くない半面、母父のフォーティナイナーはタメの利かないワンペース型。本馬は母父の影響が強く反映されているようで、目標にされると案外のケースも少なくない。持ち味であるパワーとスピードの持続力を活かすためには、馬群がバラける展開、あるいは馬場の恩恵がほしい。

マカヒキ
父は当舞台で好相性のディープインパクト。兄姉はマイル以下を得意とするタイプが多く、その点を鑑みると距離短縮の2000mは好材料だ。一方で、母父にフレンチデピュティを持つ馬の当該コースにおける成績が芳しくないことに加え、札幌記念の最高着順も3着止まりである点は気がかり。父の相性の良さを評価しての連下扱いまでが妥当ではないか。

クロコスミア
ステイゴールドは、札幌記念で好パフォーマンスを見せている持続力型のサンデーサイレンス系。1回札幌開催の芝2000mにおいて父の産駒が好調だった点も好感が持てる。母父はスピードに優れたボールドルーラー系のボストンハーバーで、少なくとも速い時計に対する不安はない。切れ味よりも持続力が重視されるレース傾向を踏まえると、一変があってもおかしくない血統構成だけに怖い1頭ではある。

ゴーフォザサミット
サンデーサイレンス系×ノーザンダンサー系の配合自体は悪くないのだが、父であるハーツクライの産駒および母父にストームバード系を持つ馬の札幌記念におけるパフォーマンスはイマイチ。そのあたりを鑑みると、軽い決着になった場合の不安は残る。血の良さを活かすためには、上がりを要する競馬、あるいは自身から早めに動く積極策が不可欠となる。

ネオリアリズム
父は札幌記念で好相性の持続力型サンデーサイレンス系。もとより本馬自身、2016年に当レースを制しているのだから、高い舞台適性を持っていることは間違いない。不安点を挙げるならば、加齢に伴うスピードの衰え。つまり、相手関係ウンヌンではなく、自身の能力を維持できているかどうかが大きな焦点となる。

サクラアンプルール
キングカメハメハ×サンデーサイレンスという、主流血統同士の組み合わせ。スピードの持続力に長け、パワーと器用さをも兼ね備えた好配合だ。父は近年の札幌記念における好走血脈のひとつ。そもそも本馬自身、昨年優勝しているのだから、舞台適性の高さは疑いようがない。昨年同様、緩い流れになれば、器用さを活かしての上位進出もあり得る。

スティッフェリオ
父は持続力と機動力が持ち味のステイゴールド。その父にムトト×ケープクロスという重厚な肌馬を掛け合わせることで、持続力および持久力がより強調されている。ゆえに、大箱コースの決め手比べよりも、小回りもしくは内回りの我慢比べのほうがベター。そのあたりを勘案すると、札幌芝2000mの舞台は悪くない。

ナイトオブナイツ
札幌記念は瞬発力よりも持続力を求められる舞台だけに、持続力を持ち味とするハービンジャーを父に持つ点は好材料。本馬自身も当地で1勝しているように、高いコース適性を備えていることは疑いようがない。ただし、欧州色が強い父の特性上、速い上がりを求められると、どうしてもラストの詰めが甘くなる。よって、時計を要する馬場、あるいは展開がベストだろう。

サウンズオブアース
サンデーサイレンス系×ディキシーランドバンドという組み合わせ。2011~2013年に3年続けて上位入線馬を送り出している配合だけに、高い適性を持ち合わせていることは間違いない。ただし、本馬はハイペリオンをベースとした母方の重厚な血統構成が強く反映されているせいか、中距離で速い上がりを求められると今ひとつ。上位争いに加わるには、上がりを要する展開、あるいは馬場が望ましい。

スズカデヴィアス
父は近年の札幌記念における好走血脈のひとつで、身体能力の高さが持ち味のキングカメハメハ。母父はチャンピオンサイアーのサンデーサイレンス、母母父は機動力に優れたボールドルーラー系と、額面上の血統構成だけなら、相応の適性を備えているものと判断できる。舞台に不足はなく、状態ひとつで上位に食い込むチャンスはある。

ミッキースワロー
トーセンホマレボシディープインパクトの直仔でありながら、瞬発力ではなくスピードの持続力を武器に京都新聞杯を日本レコード(当時)で制した珍しいタイプ。その父にジャングルポケット(グレイソヴリン系)×リファール系という持続力特化型の肌馬を掛け合わせているのだから、同馬が備えているスピード持続力はかなりのもの。持続質の競馬になりやすい札幌芝2000mでは軽視禁物の1頭だ。

モズカッチャン
父ハービンジャーは持続力と持久力が持ち味。その父にキングカメハメハ×ストームバード系という、パワー&スピード型の肌馬を組み合わせて、ハイレベルのスピード持続力を実現している。半面、速い上がりの決め手比べはイマイチ。とりわけ、根幹距離の瞬発力勝負では後れをとりやすい。持ち味を発揮するには、上がりを要する競馬になるか、あるいはロングスパートを仕掛けることが肝要になる。

アイトーン
中距離指向の強いキングズベストの産駒で、距離については問題なし。スピード面に関しても、NHKマイルC2着馬を半兄に持ち、一族にはマイル以下の愛&米G1勝ち馬の名が見られることから、相応の適性を持ち合わせているものと判断できる。ただし、瞬発力よりも持久力に長けたタイプであることは間違いなく、上位に食い込むためには、馬場や展開など何らかの恩恵が欲しい。



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【札幌記念】ズバリ調教診断!2018年8月18日() 16:00

日曜日に行われる札幌記念の出走馬の追い切り内容について、1頭ずつ考察していきます。予想の際にお役立てください。


マルターズアポジー
この中間は南W主体に意欲的な乗り込み。札幌に移動して行われた今週の追い切りでは、重い芝をものともせず、及第点のラップを計測した。この馬にしては落ち着きがあり、醸し出す雰囲気は上々の部類。攻め巧者だけに、過度の評価はできないものの、好ムードであることは間違いない。

サングレーザー
札幌芝で行われた1週前追い切りでは、アストラエンブレムと併せて上々の時計をマーク。同じく札幌芝で実施した最終追い切りでも及第点の走りを見せた。一方で、約2カ月半ぶりの実戦であることを踏まえると、調教量が1~2本足りない印象。ましてやタフさを要求される舞台となれば、勝ち切るイメージまでは湧いてこない。

アストラエンブレム
札幌芝で行われた1週前追い切りでは長めから追われ、好時計をマーク&併走相手のサングレーザーを完封。同じく札幌芝で実施した最終追い切りは流す程度の内容ながらも、上々の脚捌きを披露した。動きを確認する限り、デキ落ちは感じられない。順調とみていいだろう。

マイスタイル
札幌ダで行われた1週前追い切りは、上がりを要して僚馬に遅れてしまうかたちになったが、全体時計は優秀そのもの。札幌芝で実施した最終追い切りは終い重点の内容で、上々の伸び脚を披露した。四肢の動きがスムーズで踏み込みも力強い。現状の力を発揮できる状態とみていいだろう。

マカヒキ
帰厩後は栗東坂路と栗東CWを併用して入念な乗り込み。函館移動後も順調に調教本数を重ねており、少なくとも体調面の不安はない。2週前、1週前と函館芝で2週連続好時計をマーク。札幌に移動して行われた最終追い切りでもリズミカルな脚捌きを披露した。ピーク時には及ばないまでも、決して悪い状態ではない。

クロコスミア
札幌入厩後は札幌ダ中心に入念な乗り込み。中間および最終追い切り(芝)の時計だけを検証すると、凡庸な印象も受けるが、終いのラップはキッチリと詰めているので、過度に不安視する必要はない。派手さはないものの、とくに悪い点が表面化しているわけではなく、及第点の仕上がりと言えよう。

ゴーフォザサミット
この中間は熱心に併せ馬を消化。最終追い切りは札幌芝で3頭併せを行い、スムーズな動きを見せた。適度な気合乗りもあり、ひと追いごとに状態が上がってきている印象を受ける。休養前のデキとまでは行かないかもしれないが、悪くない仕上がりと言えるのではないか。

ネオリアリズム
函館芝で行われた1週前追い切りでは、余力残しで併走相手を一蹴する上々のパフォーマンス。同じく函館芝で実施した最終追い切りでも力強い脚捌きを見せた。半面、物見をする悪癖が出てきている点は気がかり。被されない位置取りであれば問題はないかもしれないが、包まれた際に最後のひと押しが利くかどうかについては疑問が残る。

サクラアンプルール
この中間は函館Wで調整。1週前にビッシリと追われて及第点のラップを計測。しかし、最終追い切りは珍しく掛かるところを見せるなど、落ち着きを欠く雰囲気。調教映えしない馬なので、大きな割引材料にはならない半面、好評価をするわけにもいかない悩ましい1頭である。

スティッフェリオ
中2週続きながらも函館Wで行われた最終追い切りは、5Fからマズマズの時計をマーク。大きなデキ落ちは見られない。一方で、鞍上の仕掛けに対する反応が鈍く、加速するまでに時間を要してしまった点は気がかり。この馬なりに順調なのかもしれないが、前回からの上がり目については乏しいと言わざるを得ない。

ナイトオブナイツ
ケイコにムラのあるタイプで評価するに悩ましい1頭。札幌芝で行われた最終追い切りでも掛かりグセを見せるなど、つかみどころが難しい。とはいえ、落ち着いてからの走りは悪くなく、最後までキッチリと脚を伸ばしている点は好感が持てる。この馬なりに良い状態ととらえてもいいのではないか。

サウンズオブアース
2週前、1週前と函館Wでマズマズの時計をマーク。同じく函館Wで実施した最終追い切りでも、上々の伸び脚を見せた。中間の内容を確認する限り、前回よりも状態が上向いてることは間違いない。とはいえ、いい頃と比べると迫力不足。歴戦のキャリアでどこまでカバーできるか。

スズカデヴィアス
前走後は函館Wで丹念な乗り込み。1週前までの内容に目立つものはなかったが、今週の追い切りでは一転して大幅に時計を詰めてきた。やや首の立つ走りではあるが、グイグイと脚を伸ばすさまはなかなかのもの。最終追い切りの動きだけなら、前回以上と判断できる。

ミッキースワロー
函館入厩後は順調に調教を消化し、函館Wで行われた1週前追い切りでは、余力残しで及第点以上の時計をマーク。同じく函館Wで実施した最終追い切りでもマズマズのラップを記録した。少し頭が高く、物見をするシーンもあるが、許容範囲の部類。及第点の仕上がり具合と言えよう。

モズカッチャン
函館入厩後は着実に調教本数を重ね、2週前、1週前と及第点のラップを計時した。だが、函館Wで実施した今週の追い切りの動きは今ひとつ。鞍上の合図に対する反応が悪いうえに、フットワークもバラつき気味で、好調時と比べると見劣る感は否めない。まだ良化途上、といったところか。

アイトーン
この中間は札幌ダ主体で丹念に乗り込まれ、1週前追い切りでは及第点の時計をマーク&追走先着を果たした。だが、札幌芝に場所を移して行われた最終追い切りは馬場が悪かったとはいえ、鞍上の仕掛けに対する反応が悪く、併走相手に手応えで見劣る物足りない内容。終いの時計も要しており、今回は割引が必要かもしれない。



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

⇒もっと見る

ナイトオブナイツの関連コラム

閲覧 1,176ビュー コメント 0 ナイス 6



こんにちは、公認プロ予想家のくりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
前走からの中間の調整内容(評価はA~F)を中心に、各馬コメントをしていきたいと思います。


8月19日(日) 札幌11R 第54回 札幌記念(G2、3歳以上、芝2000m)

アイトーン 54(前走474kg +2)<B>
坂路中心で1週前にコースで併せ馬を行い、直前は坂路で終いを伸ばすというのがこの馬の普段の調教パターン。今回は札幌でのレースということもあり、前走後に函館入りをし、この中間は札幌のダートで乗り込まれている。毎回、国分恭騎手を背に調教されていて、1週前には併せ馬で一杯に追われて先着と調整は順調。

アストラエンブレム 57(前走464kg +4)<A>
無理のないローテーションで使われてきている馬で、近走は調教で目立つ時計が出ていなかった。今回、札幌芝での1週前追い切りでは、普段の坂路とは違うものの久し振りに速い時計が出ていて雰囲気は良さそう。昨年もこの時期は新潟記念で2着に好走していて、今年は北の大地で好コンディションを披露してくれそうだ。

クロコスミア 55(前走海外出走)<C>
ドバイ遠征後初のレースとなるが、札幌で入念に乗り込まれ昨年、一昨年の札幌での追い切りと同じくらいの時計が出ている。かなり良いという感じはないが、いつも通り1週前に強めの追い切りができていて順調に来ている印象。

ゴーフォザサミット 54(前走496kg ±0)<D>
ダービー以来の出走となり、この中間は札幌芝コースを中心に乗り込まれている。ただ、青葉賞(◎)時のような勢いはみられず、疲れが取れていない、もしくはこれから使われて良くなる途上のどちらかといった感が漂う。

サウンズオブアース 57(前走498kg -14)<B>
昨年は休み明けで馬なりばかりの追い切りだったが、今年は目黒記念を使われて2週前、1週前と併せ馬で一杯(先着)に追われている。内容的にも昨年よりも良い感じ。

サクラアンプルール 57(前走478kg -8)<A>
前走は厳しい条件でトップハンデ、調教の動きもそれほど目立たなかったので軽視したが、昨年以上の走りで能力の高さを見せてくれた。乗り込み量が昨年と比べてかなり多かったので、体がしっかりできていたのかもしれない。この中間は、昨年よりも1本時計が少ないが、1週前に一杯に追われているので反動はなさそう。昨年以上の出来で出走できそう。

サングレーザー 57(前走486kg +4)<F>
札幌は2戦2勝の実績も2000m戦はホープフルS以来となる。変則的な追い切りを行うこの厩舎だが、一番肝になる1週前の日曜に速い時計を出せていない点はかなりのマイナス材料となりそう。

スズカデヴィアス 57(前走512kg ±0)<D>
この中間は函館Wで乗り込まれ、2週前、1週前と強めに追われているが前走時と同じで調教駆けするこの馬としては物足りない時計。今のところ大きな変り身は見られない。

スティッフェリオ 57(前走442kg -8)<B>
休み明けから函館、札幌で3戦して条件戦とはいえ1、2、1着と好成績。前走時は、クイーンS出走のトーセンビクトリーの内に併せて先着と良い動きを見せており、疲れよりは勢いのほうがありそうな印象。

ナイトオブナイツ 57(前走458kg +10)<B>
前走時は間隔が詰まっていて、最終追い切り1本のみで調整が難しかった感じ。好走時は1週前の日曜日にそこそこの時計を出す馬。この中間は1週前には速い時計を出していないものの、土曜日に速い時計を出しており前走時よりは良いハズ。

ネオリアリズム 57(前走海外出走)<E>
ドバイ以来の出走で乗り込まれてはいるが、1週前追い切りでは直線で追われてから首が上り気味で、相手も走らなすぎだった中での先着。時計的にもこのクラスの馬にしては平凡で物足りない内容。

マイスタイル 57(前走460kg -4)<D>
函館で2連勝中。前走が連闘でこの中間は間隔が空いているが乗り込み量が多い訳ではなく、1週前追い切りの時計も平凡。2連勝中の勢いとは裏腹に、この中間は調教面での物足りなさが残る。

マカヒキ 57(前走500kg -4)<B>
デビューからゆったりしたローテーションで使われていた馬だが、昨年秋は毎日王冠からジャパンカップまで厳しいローテーションで使われているように馬がだいぶしっかりしてきたように思う。今回はそれ以来の休み明けになるが、入念に乗り込まれていて骨折明けを感じさせない調教内容。最終追い切りでどんな動きを見せるかに注目したい。

モズカッチャン 55(前走海外出走)<C>
ドバイ以来の休み明け。函館で乗り込まれ2週前、1週前には強めに追われてと調整は順調。ただ、左回りのほうが良く休み明けは走らない馬で、最終追い切りの動きがかなり良くないと好走は厳しいかもしれない。

マルターズアポジー 57(前走532kg +4)<D>
8勝中のうち3勝が2000m戦で距離は特に気にしなくて良いだろう。ただ、先週まで美浦で調整されてその後札幌まで移動してのレース、というのは想像以上に不利にはなると思う。

ミッキースワロー 57(前走476kg -10)<B>
中山での成績が良く、関西でのレースでは実績がないように長距離輸送がマイナスになる馬。今回は函館で調整されて札幌でのレースと条件的には力を出せるハズ。1週前には函館Wコースで単走馬なりで好時計が出ており、仕上りも良さそう。



◇今回は札幌記念編でした。
競馬場、ウインズでは開催場に限らず毎週いろいろなイベントが開催されていて、人気俳優がゲストで来場することもあれば、先着で記念品をもらえることもあったりしてそれを目当てに競馬場に足を運ぶ人もいるのではないかと思います。そんな数あるイベントの中でも、個人的に好きなのが先月の中京開催の最終日にも行われた芝コースの開放です。何といっても、そう簡単に実際に馬が走るコースに入れることはほとんどありませんし、イメージしていた以上に芝丈が長かったり凸凹していたりと新たな発見があったりすることもあって非常に勉強になります。うまく活用すれば競馬の予想に役立つこと間違いなし!?、の競馬場イベントにぜひ参加してみてはいかがでしょうか。

  

ちなみに今週は、第2回となる『WINS day』ということで、全国のウインズ、エクセル、パークウインズでいろんなイベントが開催されます。全国規模で行われる年に1度のイベントなので、こちらもお近くの方はぜひ!

それでは次回、新潟2歳S編(予定)でお会いしましょう。


札幌記念出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。

※最終結論はレース当日のくりーくプロページでチェックしてください。


登録済みの方はこちらからログイン

2018年7月10日(火) 12:25 くりーく
くりーくの中間調教チェック 2018函館記念編
閲覧 1,258ビュー コメント 0 ナイス 13



こんにちは、公認プロ予想家のくりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
前走からの中間の調整内容(評価はA~F)を中心に、各馬コメントをしていきたいと思います。



7月15日(日) 第54回函館記念(G3、3歳以上、ハンデ、芝2000m)
【登録頭数:16頭】(フルゲート:16頭)

サクラアンプルール 57.5 (前走時486kg -4)<D>
函館は2戦して着外2回。日経賞からの休み明けのレースとなりここまで美浦で入念に乗り込まれているが、時計的にはこの馬にしたら少し物足りない。関西圏も含めて長距離輸送でのレースで実績はなく、昨年と同様に美浦で仕上げて函館でレース、というのもマイナス面が大きい。

スズカデヴィアス 57.0 (前走時512kg -2)<A>
函館初出走。大柄な馬の割には小倉や福島の小回りコースでも好走実績がある。無理のないローテーションで、この中間も函館移動前の2週前にCWを長めから一杯に追われこの馬らしい時計。そして1週前には函館Wで強めに追われており、順調そのものといった印象。調教駆けする馬ではあるが、それを差し引いても現時点良い状態で出走できそう。

マイネルハニー 57.0 (前走時490kg +12)<C>
函館は1戦して着外1回。前走は休み明けにもかかわらず追い切りが日曜の馬なり、最終追い切りの強めとまともに追われたのが1本のみと明らかに乗込み不足だった。今回は叩き2戦目で中1週。ただ、前走を調教代わりと考えても休み明けの時点で乗り込んでいなかった点からも調教過程には不安が残る。

エテルナミノル 54.0 (前走時466kg +6)<E>
函館は1戦着外1回。昨年秋から使い詰めできていて函館への移動もあり1週前に速い時計を出していないところをみると、マイナス材料はあってもプラス材料はなさそう。

ナイトオブナイツ 56.0 (前走時448kg -10)<B>
函館は3戦2勝。前走は仕掛けを待ったというよりは、進路を探していたら仕掛けが遅くなって結果的に脚が溜まり最後の伸び脚に繋がったという感じ。この中間はまだ時計を出していないが、前走時には函館で好時計が出ていて状態は悪くはなさそう。

トリコロールブルー 56.0 (前走時492kg -4)<B>
函館は初出走。これまで無理使いしていない馬で、今回も鳴尾記念を使ってここと無理のないローテーション。函館では2週前、1週前と強めを2本追われている。時計的には物足りないが、昨年も函館での追い切りでは目立つ時計は出ていなかったので過度な心配は無用か。。最終追い切りで併せて先着か、単走であれば馬なりで手応え良く伸びることが出来ていれば良い状態で出走できるだろう。

ブラックバゴ 56.0 (前走時530kg +14)<C>
函館では1戦1勝。休養明けの今回も美浦での2週前追い切りでの時計は平凡。好走時は終いの時計が良いことが多く、最終追い切りの動き・時計には注意。

ゴールドサーベラス 54.0 (前走時448kg -4)<D>
函館初出走。近走重賞を2回使われているが、位置(コース)取り、終いの脚などを見ても上位入線馬とは力の差がある印象。この中間は、1週前に美浦で追われて日曜日に函館で時計を出しているようにかなりタフな面も覗かせてはいるが、やはりこの間隔で函館への移動があってレースというのは馬には厳しいのではないか。

クラウンディバイダ 54.0 (前走時476kg -2)<D>
函館は2戦2着1回。使い詰めで中1週と条件的にはかなり厳しいとは思うが、ゲートの出が速く内枠に入れば楽に先手が取れそう。楽に行かせてもらえてどこまで粘れるかといったところだろう。

ロジチャリス 56.0 (前走時562kg -2)<B>
函館初出走。かなりの大型馬で休み明けのレース。ただ、函館での調教内容は悪くなく仕上がり自体は良さそう。

カレンラストショー 54.0 (前走時444kg -4)<E>
函館初出走。休み明けで2週前、1週前と追い切られているがジョッキー騎乗でこの時計は物足りず。

エアアンセム 55.0 (前走時506kg ±0)<A>
函館は1戦して4着1回。休み明けの今年初戦スピカSから3戦使われてきているが、とにかく順調に調教されてレースを使われている点に非常に好感。久しぶりに見ることができた前走時の追い切りVTRでは、シャドーロールの効果か首の位置が下がり、走りの重心も低くなって前に伸びるようになっていた。調教での好時計、レースでの好成績にしっかり繋がっている印象を受ける。また、近走のパドック(特に関東圏)ではイレ込みが強い感もある中で、今回は滞在競馬。パドックでのうるさい面もマシになるのではないだろうか。追い切り内容に関しては、函館ということで坂路では追い切れていないが、この中間も順調に3本時計を出していて疲れなく好調をキープといったところだろう。

ヤマカツライデン 54.0 (前走時540kg ±0)<E>
函館では1戦して3着1回。鳴尾記念から時計を出しておらず、近走の成績もイマイチときて、最終追い切り1本のみでの出走だとかなり厳しそう。

カデナ 56.0 (前走時470kg +8)<C>
函館は初出走。前走時から間隔に余裕があり、馬房の関係もあるとは思うがもっと早く移動できていたほうが良かったかも。函館移動前の坂路での時計は良かったものの、1週前に強めの追い切りがなく残り1週でどのように仕上げてくるかがポイントになるだろう。最終追い切りの動きは気になるところ。

ナスノセイカン 55.0 (前走時476kg ±0)<B>
函館は1戦着外1回。長期休養明けを4戦してパドックでの動きも使われるごと良くなっているように見える。この中間は間隔が詰まっていて時計は出ていないが、調教で良い時計が出ている時は好走することが多いので、最終追い切りは重要になりそう。

ブレスジャーニー 56.0 (前走時490kg +14)<B>
函館では1戦着外1回。この中間は中1週となりまだ時計は出していないが、前走巴賞時も調教では時計が出ていたし、最終追い切りで好時計が出ていれば問題なし。



◇今回は函館記念編でした。
――皆さんは初めて競馬場に行った時のことを覚えていますか? 競馬を続けている方の多くは、良い意味でそこで強烈な印象を受けてまた競馬場に行ってみたいと思ったのではないでしょうか。私は最近、競馬場に行ったことのない人たちを連れて競馬場を訪れる機会が増え、先週も競馬初心者4名を連れて中京競馬場に行ってきました。行くからにはまた競馬場に来てもらえるよう楽しんでもらうのが、招待する人の役目。押し付けるのではなくそれぞれが楽しめるような状況を作ってあげるのが一番だという考えのもと、まずは入場人員の少ない土曜日で席は指定席を選びました。競馬場に行くと、想像以上に歩きますし、人も多いので疲れます。特に慣れていない人は大変です。その点、席が確保されているだけでもだいぶ違いますし、馬券も余裕を持って買えてレースも良い眺めで見ることが出来ますからね。せっかく足を運んだからにはパドック、レースとゆっくり馬を見て楽しむのが一番。競馬場で競馬を観るのですから『馬を見て馬券を買ってレースを観る』、ここだけは満足してもらいたかったので、今回はその点良かったんじゃないかなと思っています。また、人に教えることで自分も初心に戻れますし、何より楽しさを分かってもらえた時の嬉しさや何とも言えない喜びという“副産物”を私自身も得ることが出来ました。あなたの周りにももし競馬場に行ってみたいと思っている人がいるようであれば誘ってみてはいかがでしょうか。そして、ぜひ一人でも多くの人に競馬の魅力を伝えていってもらえればと思っています。
それでは次回、函館2歳S編(予定)でお会いしましょう。


函館記念出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。

※最終結論はレース当日のくりーくプロページでチェックしてください。

[もっと見る]

2018年7月8日() 15:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2018年07月08日号】特選重賞データ分析編(106)~2018年函館記念~
閲覧 1,785ビュー コメント 0 ナイス 5



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G3 農林水産省賞典 函館記念 2018年07月15日(日) 函館芝2000m


<ピックアップデータ>

【“同年、かつJRAのG1かG2”において11着以内となった経験の有無別成績(2013年以降)】
○あり [4-5-4-23](複勝率36.1%)
×なし [1-0-1-42](複勝率4.5%)

 年明け以降のレース選択に注目したい一戦。G1やG2といった、格の高いレースに挑戦してきた馬が中心です。一応、2016年は3着以内馬3頭のうち2頭が「なし」に該当する馬だったものの、この年も同年の読売マイラーズカップ(4歳以上G2)で7着に健闘していたケイティープライドが単勝オッズ27.6倍(13番人気)の低評価を覆し2着に好走。過小評価されている該当馬を見逃さないようにしましょう。

主な「○」該当馬→サクラアンプルールブレスジャーニーヤマカツライデン
主な「×」該当馬→エアアンセムスズカデヴィアスナイトオブナイツ


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

○「前走の出走頭数が16頭以上」だった馬は2013年以降[5-3-3-27](複勝率28.9%)
主な該当馬→エアアンセムスズカデヴィアス

[もっと見る]

ナイトオブナイツの口コミ


口コミ一覧
閲覧 174ビュー コメント 0 ナイス 2

2018年8月19日(日)2回札幌2日・2回小倉8日
★二黒先負『吉数』枠番2・5・8馬番②⑤⑧⑫⑮⑱
札幌11R(15:45)芝2000
第54回札幌記念(GⅡ)
【時系列出目】
「枠番」
◆該当なし
「馬番」
◆⑦ゴーフォザサミット
 ・・・・
【demedas】
「枠番」
★2マイスタイル、アストラエンブレム
☆7スズカデヴィアス、ミッキースワロー
*8モズカッチャン、アイトーン
*5サクラアンプルール、スティッフェリオ
「馬番」
★③アストラエンブレム
☆⑪ナイトオブナイツ
*⑯アイトーン
*⑩スティッフェリオ


小倉11R(15:25)芝1200
第53回北九州記念(GⅢ)ハンデ
【時系列出目】
「枠番」
◆該当なし
「馬番」
◆②ツィンクルソード
 ・・・・
【demedas】
「枠番」
★5ラブカンプー、グレイトチャーター
☆7トウショウピスト、アサクサゲンキ
*4アクティブミノル、アンヴァル
*8ナガラフラワー、ナリタスターワン
「馬番」
★⑦アンヴァル
☆⑭アサクサゲンキ
*⑥セカンドテーブル
*⑬トウショウピスト

 清瀬のよっちゃん 2018年7月15日() 16:48
★・・土日トータルでプラス回収・・今週の予想結果myPOG... 
閲覧 116ビュー コメント 4 ナイス 24

写真は、今月の「競馬でビンゴ」の私の成績です



今週の予想結果
(私の予想コロシアムの登録は、◎単勝と◎○▲△の馬単・3連単のBOXです)


土曜メインレースの予想結果です     


函館11R STV杯 1000万下 芝1,200

 ◎ ⑬ロイヤルメジャー     3着(5番人気)
 ○ ①ハウメア         1着(1番人気)
 ▲ ⑤コロラトゥーレ      4着(2番人気)
 △ ⑫レヴァンテライオン   11着(11番人気)
2着・ドウディを外し当り無し

ビンゴ馬:③リュウノユキナ    8着(9番人気)8着マスを塗りつぶし



 
中京11R マレーシアカップ 1600万下 芝2,000

 ◎ ③メイズオブオナー     2着(2番人気)
 ○ ②エンジニア        1着(3番人気)
 ▲ ①サトノティターン     4着(1番人気)
 △ ⑥スズカルパン       3着(4番人気)
馬単(760円)、3連単(2,820円)が当たり

ビンゴ馬:④ガーニーフラップ   6着(番人気)6着②マスを塗りつぶし



福島11R 安達太良ステークス 1600万下 ダート1,700

 ◎ ⑥ミッシングリンク     7着(1番人気)
 ○ ①ビックスモーキー     5着(2番人気)
 ▲ ⑮レッドオルバース     2着(4番人気)
 △ ⑩スウィフトレイド     3着(3番人気)
1着・ノーブルサターンを外し当り無し

ビンゴ馬:⑦サトノアッシュ    4着(10番人気)4着①マスを塗りつぶし




日曜メインレースの予想結果です


中京11R 名鉄杯 オープン ダート1,800

 ◎ ⑧オールマンリバー     8着(2番人気)
 ○ ⑤ジュンヴァルカン     9着(1番人気)
 ▲ ⑯ラインルーフ       1着(3番人気)
 △ ⑫カゼノコ        10着(7番人気)
2着・コパノチャーリーを外し当り無し

ビンゴ馬:⑤ジュンヴァルカン   9着(1番人気)塗りつぶし無し




福島11R バーデンバーデンC オープン 芝1,200

 ◎ ①ゴールドクイーン     2着(1番人気)
 ○ ⑨タマモブリリアン     1着(3番人気)
 ▲ ④フミノムーン       6着(4番人気)
 △ ⑦タイセイプライド    10着(2番人気)
馬単(1,760円)が当たり

ビンゴ馬:①ゴールドクイーン   2着(1番人気)2着①マスを塗りつぶし




函館11R 函館記念 GⅢ 芝2,000

 ◎ ⑬ナイトオブナイツ     8着(6番人気)
 ○ ⑦トリコロールブルー    6着(1番人気)
 ▲ ⑤スズカデヴィアス     5着(3番人気)
 △ ③サクラアンプルール    2着(7番人気)
1着・エアアンセムを外し当り無し

ビンゴ馬:⑬ナイトオブナイツ   8着(6番人気)塗りつぶし無し




★メインレースの予想は、6レース中、馬単が2レース、3連単が1レースで当たりましたが、メインレース以外は予想が好調で、予想コロシアムは土日トータルで大きくプラス回収(+368,280円)になりました



★競馬でビンゴは、4マスを塗りつぶせた、来週にはリーチをかけたい!!



★myPOG馬の成績

日曜日
中京競馬場5R2歳新馬(芝1,600)にアメリカンウェイク・メス・斉藤崇史厩舎(栗東)(ハーツクライ産駒)が出走、鞍上は福永騎手、出走頭数は11頭

1番人気だったが、9着に終わってしまった・・・残念です



※ビンゴ馬については、下記の日記を参照下さい

http://umanity.jp/home/view_diary.php?id=957ceb3f4a&owner_id=2ec1608dab

[もっと見る]

 藤沢雄二 2018年7月15日() 14:56
7月15日のWIN5予想
閲覧 80ビュー コメント 0 ナイス 7

暑いですな~。
今日もバタバタですがWIN5の予想を。

【福島10R 鶴ヶ城特別】⑩スズカグラーデ
【函館10R 北海ハンディキャップ】②マスターコード ⑥クレッシェンドラヴ ⑩ジェシー
【中京11R 名鉄杯】⑤ジュンヴァルカン
【福島11R バーデンバーデンC】⑪マドモアゼル ⑦タイセイプライド ⑨タマモブリリアン ①ゴールドクイーン
【函館11R 函館記念】⑬ナイトオブナイツ ⑦トリコロールブルー ⑥エアアンセム
1×3×1×4×3=36

鶴ヶ城特別は、関西圏の1000万で権利獲得のスズカグラーデの力が一枚上で素直に信頼。

北海ハンディキャップは、とにかく函館でハービンジャーを買いたいのでマスターコードが第一手。以下、人気でもクレッシェンドラヴとジェシーを。

名鉄杯は「前走1着」が強いので素直にジュンヴァルカンを。

バーデンバーデンCは最も買いたいのがマドモアゼル。以下、3歳馬+タマモブリリアンまで。

函館記念はまずはハービンジャー産駒のナイトオブナイツ。そして4枠両馬を。

JRA様、ボーナス下さい(切実)

[もっと見る]

⇒もっと見る

ナイトオブナイツの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

ナイトオブナイツの写真

ナイトオブナイツ

ナイトオブナイツの厩舎情報 VIP

2018年8月19日札幌記念 G210着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ナイトオブナイツの取材メモ VIP

2018年8月19日 札幌記念 G2 10着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。