スピリッツミノル(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
スピリッツミノル
写真一覧
抹消  栗毛 2012年3月7日生
調教師本田優(栗東)
馬主吉岡 實
生産者フジワラフアーム
生産地新ひだか町
戦績36戦[6-1-1-28]
総賞金11,653万円
収得賞金3,850万円
英字表記Spirits Minoru
血統 ディープスカイ
血統 ][ 産駒 ]
アグネスタキオン
アビ
バアゼルクローバー
血統 ][ 産駒 ]
ラムタラ
ストームザミント
兄弟 イイデソユーズマイオリオン
前走 2019/03/24 六甲ステークス (L)
次走予定

スピリッツミノルの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
19/03/24 阪神 11 六甲S (L) 芝1600 172421.898** 牡7 57.0 坂井瑠星本田優510(+2)1.34.5 0.634.3⑦⑦ソーグリッタリング
19/03/03 阪神 11 大阪城S OP 芝1800 1523109.8131** 牡7 54.0 酒井学本田優508(0)1.46.1 -0.134.8④⑥トリコロールブルー
19/01/26 東京 11 白富士S OP 芝2000 944127.799** 牡7 56.0 北村宏司本田優508(+12)2.02.5 3.236.9ブラックスピネル
17/09/03 新潟 11 新潟記念 G3 芝2000 175969.31413** 牡5 55.0 三浦皇成本田優496(+2)1.58.6 0.734.5⑧⑨タツゴウゲキ
17/08/06 小倉 11 小倉記念 G3 芝2000 131114.779** 牡5 55.0 幸英明本田優494(-12)1.58.8 1.236.6⑤⑤⑥⑧タツゴウゲキ
17/06/25 阪神 11 宝塚記念 G1 芝2200 1133110.597** 牡5 58.0 幸英明本田優506(+10)2.12.6 1.236.7⑦⑥⑥⑤サトノクラウン
17/06/03 阪神 11 鳴尾記念 G3 芝2000 102256.4105** 牡5 56.0 幸英明本田優496(-2)1.59.8 0.434.1⑥⑤⑤⑤ステイインシアトル
17/04/30 京都 11 天皇賞(春) G1 芝3200 1724221.11614** 牡5 58.0 幸英明本田優498(0)3.15.2 2.736.6⑮⑮⑮⑯キタサンブラック
17/03/19 阪神 11 阪神大賞典 G2 芝3000 101194.085** 牡5 56.0 幸英明本田優498(+2)3.03.4 0.836.4⑤⑤⑥④サトノダイヤモンド
17/02/19 小倉 11 小倉大賞典 G3 芝1800 1671350.6138** 牡5 55.0 吉田隼人本田優496(-6)1.46.7 0.936.4⑩⑩⑫⑭マルターズアポジー
17/01/05 京都 10 万葉S OP 芝3000 12336.333** 牡5 55.0 M.デムー本田優502(+6)3.06.4 0.337.4⑪⑪⑧⑥タマモベストプレイ
16/12/18 中山 11 ディセンバー OP 芝2000 1471213.588** 牡4 56.0 蛯名正義本田優496(-6)2.01.3 0.435.1⑪⑪⑫⑫ツクバアズマオー
16/11/19 京都 10 比叡S 1600万下 芝2200 8116.341** 牡4 57.0 幸英明本田優502(0)2.13.5 -0.234.9アルター
16/10/22 京都 10 古都S 1600万下 芝2400 12687.455** 牡4 56.0 武豊本田優502(+4)2.25.7 0.434.2⑨⑨⑦⑨プロレタリアト
16/06/25 阪神 10 京橋特別 1000万下 芝2000 9222.211** 牡4 57.0 C.ルメー本田優498(+6)2.03.0 -0.235.9⑥⑦⑥④パドルウィール
16/06/04 阪神 10 三木特別 1000万下 芝1800 126710.745** 牡4 57.5 酒井学本田優492(-2)1.45.5 0.532.7⑩⑩アスカビレン
16/04/10 阪神 10 大―ハンC OP 芝2400 161125.098** 牡4 54.0 酒井学本田優494(-4)2.26.4 1.034.5⑫⑫⑬⑪クリプトグラム
16/03/06 阪神 11 大阪城S OP 芝1800 163533.6107** 牡4 54.0 酒井学本田優498(+4)1.45.4 0.234.0⑮⑭テイエムイナズマ
16/02/20 東京 11 ダイヤモンド G3 芝3400 161126.3117** 牡4 53.0 松岡正海本田優494(0)3.41.1 3.339.5⑫⑬⑪⑧トゥインクル
16/01/05 中山 11 日刊中山金杯 G3 芝2000 142228.697** 牡4 53.0 酒井学本田優494(-4)2.01.7 0.534.0ヤマカツエース

⇒もっと見る


スピリッツミノルの関連ニュース

 ★高松宮記念3着ショウナンアンセム(美・田中剛、牡6)は函館SS(6月16日、函館、GIII、芝1200メートル)が視野に。12着ペイシャフェリシタ(美・高木、牝6)も函館SSへ。11着ダイメイフジ(栗・森田、牡5)は鞍馬S(5月5日、京都、OP、芝1200メートル)を使い、状態次第で函館SSへ。

 ★日経賞を逃げ切ったメイショウテッコン(栗・高橋忠、牡4)は、天皇賞・春(4月28日、京都、GI、芝3200メートル)を目指す。鞍上は未定。4着ハッピーグリン(北海道・田中淳、牡4)は、登録がある香港のクイーンエリザベスIIC(同、シャティン、GI、芝2000メートル)に選出されない場合、マイラーズC(同21日、京都、GII、芝1600メートル)へ。

 ★東京新聞杯を制したインディチャンプ(栗・音無、牡4)は、引き続き福永騎手でマイラーズCへ。僚馬で高松宮記念15着モズスーパーフレア(牝4)は、放牧に出て秋はスプリンターズS(9月29日、中山、GI、芝1200メートル)を目標に。

 ★マーチS2着ロンドンタウン(栗・牧田、牡6)は、アンタレスS(4月14日、阪神、GIII、ダ1800メートル)か、平安S(5月18日、京都、GIII、ダ1900メートル)を視野に入れる。8着ジョーダンキング(栗・藤原英、牡6)も平安Sへ。14着エイシンセラード(栗・今野、牝4)は、マリーンC(4月17日、船橋、交流GIII、ダ1600メートル)に向かう。

 ★六甲S4着クリノヤマトノオー(栗・高橋忠、牡5)は、新潟大賞典(4月29日、新潟、GIII、芝2000メートル)が視野。7着ツーエムマイスター(栗・本田、牡7)は函館SSへ。8着スピリッツミノル(同、牡7)は新潟大賞典へ。11着アップクォーク(美・中川、牡6)はエプソムC(6月9日、東京、GIII、芝1800メートル)を目指す。

 ★昨秋のカシオペアS7着後、戦列を離れているブレスジャーニー(栗・佐々木、牡5)は、メトロポリタンS(5月4日、東京、L、芝2400メートル)で復帰する。

ショウナンアンセムの競走成績はこちら

【大阪城S】スピリッツミノル、約2年3カ月ぶり勝利 2019年3月4日(月) 05:02

 3日の阪神11R大阪城S(リステッド、4歳上OP、芝・外1800メートル)は、13番人気スピリッツミノル(栗・本田、牡7、父ディープスカイ)が好位から抜け出し、2016年11月19日の比叡S(1600万下)以来、約2年3カ月ぶりの勝利を飾った。35戦6勝でオープンは15年すみれSに次ぐ2勝目。タイム1分46秒1(良)。「馬混みの中でもリズムよく走れていました。長期休養(1年5カ月)明け2走目で結果を出して大したものです」と酒井騎手。1番人気トリコロールブルーが1/2馬身差の2着だった。

★3日阪神11R「大阪城S」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【大阪城ステークス】入線速報(阪神競馬場)2019年3月3日() 15:38

阪神11R・大阪城ステークス(1回阪神4日目 阪神競馬場  芝・右外1800m サラ系4歳以上オープン)は、1番手3番スピリッツミノル(単勝109.8倍/13番人気)、2番手4番トリコロールブルー(単勝3.5倍/1番人気)、3番手15番クリノヤマトノオー(単勝5.5倍/3番人気)で入線しています。

想定オッズは以下の通り。

馬連3-4(329.4倍) 馬単3-4(906.2倍) 3連複3-4-15(572.3倍) 3連単3-4-15(5892.4倍)

更に詳しい情報はこちら→http://umanity.jp/racedata/race_8.php?code=2019030309010411
※着順・払戻金等の確定情報は、レース結果確定後にレース結果ページにてご覧頂けます。

(注=上記は確定前情報を含みます。成績、払戻金など正確な情報につきましては、必ず今後JRA(日本中央競馬会)から発表されるものと照合してください。)

[もっと見る]

【U指数的考察】大阪城S 指数上位馬が主力を形成!低指数馬同士の組み合わせは期待薄!2019年3月3日() 10:15

大阪城Sの近年の結果をもとに、U指数を絡めてピックアップした条件に合致する馬を提示しました。予想の際にお役立てください。

※2014年以降の結果をもとに検証



<ポイント①>
指数的には傾向がつかみづらく難解なレースだが、指数1~4位が揃って大きく崩れることはない。2014年以降は4位以内のうち必ず1頭が2着以内に入っている。

指数4位以内

トリコロールブルー
ナイトオブナイツ
ショウナンバッハ
ランガディア

<ポイント②>
指数96.0以上の安定感は上々。なかでも、ハンデ55キロ以上の上位入線が目立つ。

指数96.0以上かつハンデ55キロ以上

ナイトオブナイツ

<ポイント③>
指数94.5未満の馬が2頭以上馬券に絡んだケースはゼロ。指数94.5未満同士を組み合わせた馬券はおススメできない。

指数94.5未満

サイモンラムセス
スピリッツミノル
マイネルアウラート
ジョルジュサンク
ボールライトニング
アイトーン
クリノヤマトノオー



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【リステッドレース・データ分析(特別編)】大阪城S 人気サイドの信頼度は平均以下!鞍上が継続騎乗となる馬に注目!2019年3月3日() 10:05

大阪城Sの過去のレース結果をもとに、ファクターごとの傾向に注目し、好走パターンに合致する馬をピックアップしました。予想の際にお役立てください。

※2014年以降の結果をもとに検証



【全般】
トップハンデ馬が健闘

カデナ
トリコロールブルー
アメリカズカップ
ナイトオブナイツ

前走で重賞に出走していた斤量54キロ馬の好走例が多い

ケイティクレバー
ショウナンバッハ
ランガディア

6歳以上馬の奮闘が目につく

サイモンラムセス
スピリッツミノル
ナイトオブナイツ
マイネルアウラート
ジョルジュサンク
ボールライトニング
ショウナンバッハ

鞍上が継続騎乗となる馬の好走率が高い

サイモンラムセス
トリコロールブルー
ナイトオブナイツ
ジョルジュサンク
ボールライトニング
アイトーン
クリノヤマトノオー

【人気】
人気サイドの信頼度は平均以下で中位人気の好走が目立つ

※人気を過度に気にする必要はない

【脚質】
差し優勢

トリコロールブルー
ナイトオブナイツ
ランガディア
レッドローゼス
クリノヤマトノオー

※近走の内容を参考に上がり上位馬を想定

【枠順】
中~外枠(4~8枠)の出現率が高め

ナイトオブナイツ
マイネルアウラート
ジョルジュサンク
ケイティクレバー
ボールライトニング
ショウナンバッハ
アイトーン
ランガディア
レッドローゼス
クリノヤマトノオー

【血統】
サンデーサイレンス系×ノーザンダンサー系配合馬が毎年のように上位進出

カデナ
スピリッツミノル
トリコロールブルー
ジョルジュサンク
ボールライトニング
レッドローゼス


【4項目以上該当馬】
ナイトオブナイツ(5項目)
トリコロールブルー(4項目)
ジョルジュサンク(4項目)
ボールライトニング(4項目)



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【今日のキラ星】サトノライジン2018年10月27日() 05:00

 【京都5R】新馬-若竹賞と連勝したバンザイ(父タイキシャトル)など兄姉はJRAでの勝ち上がり率が高い。近親にも芝中距離で5勝を挙げたスピリッツミノル、サトノパンサーがいる。12日にCW6ハロン81秒0、18日に坂路で4ハロン51秒3とコース問わずに好時計をマークと動きの良さも目立つ。「動きはまずまず。調教通りなら」と南井調教師も手応えありだ。

[もっと見る]

⇒もっと見る

スピリッツミノルの関連コラム

閲覧 1,114ビュー コメント 0 ナイス 2



みなさんこんにちは!

本日は小倉11R「小倉記念 G3」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「-1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「-1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。




第1グループ(橙)は、ストロングタイタンから1.0ポイント差(約1馬身差)内のケイティープライドまでの2頭。
第2グループ(黄)は、クランモンタナから1.0ポイント差(約1馬身差)内のタツゴウゲキヴォージュまで3頭。
第3グループ(薄黄)は、フェルメッツァから同差内のバンドワゴンシャドウパーティースピリッツミノルベルーフまで5頭となっていて、以下は第4G(灰)となっています。

凄馬出馬表を見渡すと、第1G→第2G間の1.8ポイント差が目立ち、それ以外にはあまり大きな“溝”が生じない配置となっています。

そんななか今回の私の本命は総合評価5位の◎ヴォージュとしました。前走は重賞初挑戦でコンマ7秒差の9着敗退と着差(着順)だけ見ると完敗にも映りますが、2着マイネルフロストを除き序盤で先行した各馬はみな同じように惨敗の一戦。それでいて4~5着あたりからは少差で、最後まで踏ん張ったと言えば踏ん張った内容でしたし、2番人気に推されたマルターズアポジーが2秒差の11着に大敗したことを思えばまだ見限るのは早計ではないでしょうか。前走七夕賞組は着順に関わらず人気に推されていた馬たちの好走が多い小倉記念ですし、確か、七夕賞の戦前時点では「芝2000m現役最多勝」とそこそこもてはやされていて、「もともと小倉記念を予定していたが早めて使う」といった話も出ていたように記憶しています。当時より妙味アップし、当初狙っていたレースへの参戦となる今回狙ってみたいと思っています。このレースで好相性のグレイソヴリン系とニジンスキー系を両方持っている点と好枠も魅力的です。
○はベルーフ。正直近況からはあまり復活の糸口は見出せないのですが、個人的には気持ちの問題だと考えている同馬。舞台・時期ともにベストの条件で、トップハンデも嫌われてこの人気なら。
以下▲シャドウパーティー、☆ストロングタイタン、△サンマルティンと夏場に好成績の馬たちを上位評価し、今回の私の馬券は、◎からの馬単とワイドで勝負とします。


【馬単流し】
◎=○▲☆△(8)
3=6,8,9,10(4点)

【ワイドボックス】
◎○▲
3,6,9(3点)

計7点


登録済みの方はこちらからログイン

2017年6月30日(金) 13:30 競馬プロ予想MAX
先週の回顧~(6/24~6/25)夢月プロが高精度予想を披露!収支プラスは49万超え!
閲覧 1,172ビュー コメント 0 ナイス 3

先週は、25(日)に阪神競馬場でG1宝塚記念が行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G1宝塚記念の1番人気はキタサンブラックで1.4倍、続いてシャケトラが8.5倍、サトノクラウンが9.0倍とここまでが10倍を切る形で人気を形成しました。
 
注目のスタートは好スタートを決めたシュヴァルグランが先手を奪って第1コーナーへと差しかかります。先頭のシュヴァルグランのリードは1馬身、2番手にシャケトラ、続いてキタサンブラッククラリティシチーミッキーロケットと先団を形成。中団からはゴールドアクターサトノクラウンスピリッツミノルミッキークイーンと続いて最後方にヒットザターゲットの態勢。
 
前半の1000m通過は1分0秒6の平均ペース、ここで外からサトノクラウンがポジションを押し上げるとキタサンブラックら先行グループもこれに反応、ペースは緩むことなく直線コースへ差し掛かります。
 
シュヴァルグランを交わして先頭に立ったシャケトラのリードは半馬身!内からクラリティシチースピリッツミノル、外からは1番人気キタサンブラックが並びかけて横一線!
 
残り200mを通過、ここで外から力強い脚で追い込んできたサトノクラウンが先行各馬をまとめて交わして先頭!2番手には内から経済コースを通って脚を伸ばすゴールドアクター!1番人気キタサンブラックは抵抗することなく、ズルズル後退!
 
残り100m、内ゴールドアクター、外サトノクラウン、ゴール前まで激しい追い比べとなりましたが、先に抜け出したサトノクラウンがそのままリードを保って1着!国内G1初制覇となりました!勝ちタイムは2分11秒4(稍)。3/4差の2着にゴールドアクター、そこから1馬身半差の3着にゴール前で追い込んできたミッキークイーンが入っています。
  
公認プロ予想家ではきいいろプロ他7名が的中させています。
 
----------------------------------
 
☆☆☆注目プロ →夢月プロ
勝負レースに選んだ24(土)東京6Rで◎カネトシユキミの単勝を8800円的中!33万880円を払い戻しました!さらに翌日の阪神1Rでは○プリンセスタイムデロングスターの馬連210.4倍を1200円的中させ、25万2480円を払い戻し!週末トータル回収率176%、収支プラス49万8960円をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →はははふほほほプロ
24(土)東京6Rで『21日の南Wで併せて先着と調教の動きも上々。今回も内枠から積極先行策。』と狙った◎ジッテの複勝12.2倍、馬連465倍、ワイド74.3倍を本線的中!35万5050円を払い戻しました!25(日)函館3Rでは◎サンライズフォルテの単複を的中させ、10万4400円払い戻し!週末トータル回収率127%、収支プラス19万9150円をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →山崎エリカプロ
24(土)東京12Rで『前走は2番ゲートから好スタートを切ったものの、押えて位置を下げたら直線で2度も前が塞がる不利。普通に乗ってくれれば巻き返せるでしょう。』と本命に推した◎ショウナンアンセムプラトリーナの馬連52.6倍を2000円的中させ、10万5200円を払い戻しました!週末トータル回収率180%、収支プラス7万2300円をマークしています。

この他にも馬券生活プロ(164%)、伊吹雅也プロ(130%)、河内一秀プロ(116%)、岡村信将プロ(107%)、きいいろプロ(102%)が回収率100%超の活躍を見せています。

今週も、競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家陣の予想にご注目下さい。

[もっと見る]

2017年6月22日(木) 14:30 くりーく
くりーくの中間調教チェック 2017宝塚記念
閲覧 2,452ビュー コメント 0 ナイス 6



こんにちは、くりーくです。このコラムでは、今週行われるG1出走予定馬の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
今回からはシンプルに前走からの中間の調整内容(評価はA~F)を中心に各馬コメントをしていきたいと思います。
なお、シューナカコラムで取り上げている競走馬については同コラム内でコメントしていますのでそちらでご確認ください。


◇ファン投票上位順◇

シュヴァルグラン(D)
春3戦目になりますが前2走と比べると乗り込み量は多いものの物足りない内容。もともと調教駆けするタイプではないものの前2走は動きも良かったので今回は割引が必要かもしれません。距離もこの馬には少し短い感じもします。

ゴールドアクター(B)
1週前の追い切りでは横山典騎手騎乗で追い切られ前走時より動きが軽くなったような感じで良い動きに見えました。今回も輸送があるので直前は強くは追わないと思いますがリラックスして走れていれば前走よりは良いレースが期待できるかもしれません。

サトノクラウン(D)
前走の大阪杯から間隔があるので乗り込み量は豊富。ただ1週前の追い切りでは伸びきれない感じで物足りない動きに見えました。

レインボーライン(D)
この馬は1週前追い切りと1週前の日曜日で仕上げることが多い馬ですがどちらかというと終いの時計がかかっており前2走と比べても良い時計は出ていない。

ミッキーロケット(B)
阪杯から間隔を空けての出走となりしっかり乗り込まれて好時計が出ています。1週前追い切りではユニコーンSを圧勝したサンライズノヴァと併せて互角の動きを見せており出来は良さそうです。

ヒットザターゲット(E)
年齢的なこともあるかもしれませんが1週前追い切りの動きを見ても力強さがない感じで今回も厳しい感じ。

スピリッツミノル(D)
昨年秋から休みなく使われてきており1週前追い切りの動きを見ても伸びきれていない感じで迫力もない。

クラリティシチー(B)
今回休み明け4戦目になりますが前走時の追い切りの動きを見ても良い時の重心の低い走りができており調子は良さそう。


キタサンブラックシャケトラミッキークイーンについてはシューナカコラムにてコメントしていますので、そちらをご覧ください。


<デビュー前2歳馬の調教注目馬>

ジェネラーレウーノ(牡馬)美浦:矢野厩舎
美浦の坂路で好時計が出ておりスピードのありそうな馬。短い距離でスピードを活かすレースが向いていそう。

ローズベリル(牝馬)栗東:高野厩舎
まだ乗り込み量は少ないですが先週、今週と併せて先着で時計も優秀。あと1、2週乗り込んで出走すれば好勝負しそうな馬です。



 今回は宝塚記念編でした。
 今年から大阪杯もでき、秋には海外遠征を考えている馬もいるので、今後もファン投票上位の馬がすべて出走してくるということがますます困難なレースになっていきそうな宝塚記念。それでも、今年はファン投票1位のキタサンブラックが出走してくるというだけで、盛り上がりをみせています。JRAも売り上げ的には何とかしたいと思っているところがあると思いますが、強い馬が圧勝するような強いレースを見せてくれることも競馬の魅力でもあり、宝塚記念宝塚記念で独自の個性が出るレースであれば良いのではないかと思います。
 今年は函館の時計が異常に速くなっていたりしていますし、宝塚記念が行われるこの時期はどうしても馬場が悪くなることも多々ありますので、出走した馬が故障せずに秋の目標に無事に向かっていくことができるよう、とにかくその点(馬場)だけには気をつけてもらいたいものです。
 2017年春G1シーズンのコラムも今回が最終回となります。最後までお付き合い頂きありがとうございました。それではまた次回(秋の予定)お会いしましょう。(^_-)-☆


尚、宝塚記念出走各馬の最終追い切り評価については最終予想でコメントする予定です。


※最終結論はレース当日のくりーくプロページでチェックしてください。

[もっと見る]

2017年6月20日(火) 14:00 覆面ドクター・英
宝塚記念・2017
閲覧 4,951ビュー コメント 0 ナイス 23

11頭と少頭数となりましたが、メンバー自体はそれなりな上に、馬券的にも結構面白そうで、楽しみな春のグランプリになります。テーマはずばり「王者キタサンブラックを倒せる馬は居るのか?」でしょう。ポイントとしては、春に消耗し過ぎて、暑い時期でもあり、お釣りがなくなって下降線を辿っていないか、内回り2200mだけに後方一気の極端な脚質だと、なかなか差し切れない事(ただ今年くらい少頭数ならさばきやすいんでしょうが)、また斤量が案外こたえる馬もいること、ローテーション的な本気度はどうか?などでしょうか。そのあたりを含めて恒例の全頭診断を。

キタサンブラック:もはや距離・コース不問の王者で、非根幹距離のこの2200mは強力な先行力を生かせる絶好舞台で崩れる姿は想像できない。

シュヴァルグラン:連続2着だが負けた相手がサトノダイヤモンドキタサンブラックであり、現在の古馬の中では頂点近くの存在。ただスタミナ豊富でこの距離は少し忙しい可能性もあるのでは。昨年の宝塚記念9着は下がってくる馬と一緒に下がってしまったのもあり度外視可能だが、人気馬の中では前走サトノダイヤモンドに先着と頑張ってしまったこともあり、人気必至でもっとも妙味がないか。3着くらいを期待(笑)

シャケトラマンハッタンカフェ産駒は菊花賞と有馬記念を制した父と違い、長距離トップレベルでは実績さっぱりで、京都の3200mは向かないと思って前走では評価下げたがやはり凡走した。ここは巻き返し濃厚な舞台でルメール騎手込みで、期待大。キタサンブラックに食らいついていくのはこの馬では。

ゴールドアクター:前走は横山典騎手への乗り替わりで過剰に期待されたが、気性的な問題が出てきて低迷しており、結局関東か滞在でないと結果出せないままなのは相変わらずで、暑い時期の関西への輸送では買いにくい。人気次第でヒモに入れるか程度か。

サトノクラウン:昨年12月に香港でG1を勝ってきて京都記念も勝ったが、期待された前走大阪杯は6着と冴えず。ここは距離的には向くのだろうが1週前までの調教イマイチで、前走も12kg減だったりと体調安定せず、大一番で強いとはいえ最近乗れていないデムーロ騎手込みで正直狙いにくい。

ミッキーロケット:神戸新聞杯ではサトノダイヤモンドをひやっとさせる2着で、菊花賞5着の後に日経新春杯を勝ち、もう少しやるかと思いきや京都記念4着、大阪杯7着と「最強世代(私は全然そう思っていませんでしたが)」の上位メンバーとしては、やや物足りない状況。ただその2戦はゲートで身体をよじって出遅れてのもので末脚は悪くなかったし、調教の動きはなかなか良く、ゲートさえポンと出れば(出る保証は全くないんですが(笑))、上位争いする力は十分あり人気落としそうな今回は楽しみな一頭。

ミッキークイーン:1番人気を裏切ったヴィクトリアマイルより距離はこのくらいがいいのだろうが、牡馬相手の56kgは厳しいのでは。エリザベス女王杯や阪神牝馬Sでも56kgを背負ったことはあるが、牝馬相手だったし、久々やマイルが忙しかったこともあるのだろうが56kgが堪えていつもの反応無かったので、ここもそこそこ人気になりそうで妙味薄い。

レインボーライン:菊花賞2着以降はJCで6着、日経賞は4着、天皇賞(春)では12着と尻すぼみ状態。距離は本質的にこのくらいが良いのかもしれないが、距離コース不問の堅実頑張り屋さんタイプが一旦崩れ出すと復活が難しいことが多く、ここもあまり期待できない。

クラリティシチー:エプソムCで4着とここにきて復活の兆しはあるのかもしれないが、勝ち星は1800mまででマイル中心に使われてきており、11着と惨敗した3年近く前のセントライト記念以来となるこの距離でこの相手では狙えない。

スピリッツミノルディープスカイ産駒の数少ない芝馬で、古馬になってからのオープンでは、重賞ではさっぱりで、オープン特別しかも特殊条件の3000m戦である万葉Sでの3着が最高なだけに期待できない。

ヒットザターゲット:9歳まで走って馬主孝行な丈夫さだがここは参加賞で、夏の北海道の2600mならまだやれるのでは。


<まとめ>
最有力 キタサンブラック
有力 シャケトラシュヴァルグラン
ヒモで期待のやや人気薄馬 ミッキーロケット
人気で評価下げたい馬 ゴールドアクターサトノクラウンミッキークイーン

[もっと見る]

2017年5月2日(火) 18:50 競馬プロ予想MAX
先週の回顧~(4/29~4/30)はははふほほほプロが穴馬指名で高額払い戻しを連発!
閲覧 940ビュー コメント 0 ナイス 3

先週は、30(日)に京都競馬場でG1天皇賞(春)が行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G1天皇賞(春)キタサンブラックが1番人気で2.2倍、2番人気がサトノダイヤモンドで2.5倍、3番人気がシャケトラで9.9倍とここまでが10倍を切る形で人気を形成しました。

注目のスタートはキタサンブラックが好スタートを決めますが、外からヤマカツライデンがこれを制して先手を奪うとグングン突き放す形で1週目のホームストレッチに差し掛かります。先頭はヤマカツライデンでリードは8馬身、2番手にキタサンブラック、3番手にアドマイヤデウス、続いてワンアンドオンリーシャケトラシュヴァルグランファタモルガーナサトノダイヤモンドを先団を形成。中団からはアルバートタマモベストプレイラブラドライトトーセンバジルゴールドアクターディーマジェスティと追走。後方はスピリッツミノルプロレタリアトと続いて最後方にレインボーラインの態勢。先頭のヤマカツライデンの刻んだ前半1000m通貨は58秒3(参考)の厳しい流れ。縦長の隊列となりましたが、3コーナーを過ぎたあたりでキタサンブラックがペースを上げるとこれに反応した各馬も追い出しを開始!4コーナー手前でヤマカツライデンを早々と捉えたキタサンブラックが先頭で直線コースへ差し掛かります。

キタサンブラックが先頭でリードは2馬身、2番手にシュヴァルグラン、その内からアドマイヤデウス、外からはサトノダイヤモンド!後続は離れて早々と4頭のレースの様相!残り200mを通過、アドマイヤデウスシュヴァルグランサトノダイヤモンドの3頭が懸命に前を追いますが、力強い脚で粘るキタサンブラックとの差を詰められず、隊列変わらぬままゴール!キタサンブラックが圧巻の内容で大阪杯に続く、G1連勝を成し遂げました!勝ちタイムはディープインパクトの持つ3分13秒4(良)を大幅に更新する3分12秒5(良)のスーパーレコード!1馬身1/4差の2着にシュヴァルグラン、そこからクビ差の3着にサトノダイヤモンドが入っています。
 
公認プロ予想家ではおかべプロ他10名が的中しています。

----------------------------------
 
☆☆☆注目プロ →はははふほほほプロ
勝負レースに選んだ30(日)京都10Rで『前回のダートは府中1600mでこの馬には少し長かった。中山芝1200mでOP勝ちがあり芝スタートのここは楽に好位で流れに乗れる。この枠順なら砂をかぶる心配もない。23日の南Wが好内容と仕上がりも上々。一発あるならこの馬。』と狙った◎マイネルバールマンの単勝27.3倍、複勝8.8倍を的中!12万5000円を払い戻しました!この他にも京都9Rエマノン(単勝45.7倍→1着)や東京8Rニシノクラッチ(38.3倍)など穴馬指名で高額払い戻しを連発!週末トータル回収率127%、収支プラス19万9000円をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →山崎エリカプロ
30(日)東京11Rで『前走のニュージーランドTは、前に壁を作れず、タフな馬場を先行したために11着に凡退しました。しかし、前走で厳しい流れを経験したことが、今回でのスタミナ強化に繋がるはず。高速馬場の東京なら巻き返しが濃厚でしょう。』と狙った◎カリビアンゴールドと△ブラックスビーチの馬連79.2倍を1000円、複勝600円を5000円的中させ、10万9200円を払い戻しました!週末トータル回収率196%、収支プラス7万7200円をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →岡村信将プロ
30(日)京都9Rで単勝45.7倍の◎エマノンを本命に抜擢!単勝を3900円的中させ、17万8200円を払い戻しました!週末トータル回収率143%、収支プラス12万2960円をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →おかべプロ
30(日)京都11R天皇賞(春)で『素直に2強。絶好枠はゆーいち君、理想はキタサンマーク』と見解を示し、◎サトノダイヤモンドキタサンブラックシュヴァルグランの3連複1点勝負で的中!6万1000円を払い戻しました!週末トータル回収率144%、収支プラス5万3700円を払い戻しました!
 
この他にも霧プロ馬っしぐらプロが回収率100%超の活躍を見せています。

※全レースの結果速報はこちら!


今週も、競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家陣の予想にご注目下さい。

[もっと見る]

2017年4月28日(金) 11:00 くりーく
くりーくの中間調教チェック 2017天皇賞(春)
閲覧 1,836ビュー コメント 0 ナイス 5



こんにちは、くりーくです。このコラムでは、今週行われるG1出走予定馬の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。
前回に引き続き、前走からの中間の調整内容(評価はA~F)を中心に各馬コメントをしていきたいと思いますので、私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
なお、シューナカコラムで取り上げている競走馬については同コラム内でコメントしていますのでそちらでご確認ください。


◇優先出走馬◇

シャケトラ(B)
昨年の6月にデビューしたレースでの予想でこの馬は大きなところまで行く馬と書いたのですが予想通り1年も経たないうちにG1の舞台で有力馬の1頭として出走してくれました。まだ粗削りな感じもあり不安なところもありますのでまだまだ成長する馬だと思います。状態に関してはこの中間も1週前にCWで長めから併せ馬で追われ、日曜日にも坂路で速い時計が出ており乗り込み豊富で順調な仕上がり。直前は馬なりで速い時計が出ていれば好勝負できそう。


<賞金決定順>

ゴールドアクター(B)
前走時もしっかり乗り込まれていて動きも悪くなかったのですがパドックでのイレ込みがきつくその辺が直線での伸びきれない結果につながってしまったのかもしれません。この中間は2週前、1週前と今回騎乗する横山典騎手が騎乗して追い切られ動きも良く仕上がりは良さそう。あとは関西への輸送もあるので当日のイレ込みが一番重要になってくると思います。

アルバート(B)
1週前追い切りの動きを見ると首が上がり気味ですが時計は優秀。輸送もあるので最終追い切りは軽めの追い切りになると思いますが昨年より良い状態で出走できそう。

ディーマジェスティ(A)
ジャパンC以来となった前走はしっかり乗り込まれていましたが+6キロとまだ絞れそうな馬体で少し集中力を欠くパドックでした。前走時しっかり乗り込まれていたので反動もなくこの中間も入念な乗り込みで1週前の追い切りは動きが軽くなった感じで上積みがありそう。関東馬で輸送がありますがそれでもビッシリ追ってくるようなら勝負調教かもしれません。

シュヴァルグラン(B)
前走の阪神大賞典では直前の追い切りを坂路にするくらい休み明けから仕上げてきている感じでした。この中間も2週前、1週前とCWを長めから一杯に追われ直前の日曜にも坂路で時計を出して調子落ちなく順調にきている感じ。

ワンアンドオンリー(B)
前走時も調教内容に関しては悪くなかったのですがレースでは特に見せ場もなく凡走。この中間も入念な乗り込みで和田騎手が2週前、1週前と追い切りにも騎乗して時計も優秀ですが勝ち鞍のない京都でのレースで気持ちのスイッチが入らないと好走は厳しいかもしれません。

ファタモルガーナ(E)
昨年と同じローテーションで調教でもそれほど速い時計の出る馬ではないのですが今年も時計のかかる馬場とはいえ目立つ時計はなく昨年と比べても物足りない。

タマモベストプレイ(B)
この中間は2週前、1週前とCWを3頭併せで追い切られ前走並みの好時計が出ています。しっかり乗り込まれ状態面も良さそうなので良い状態で出走できそうです。

アドマイヤデウス(A)
日経賞から中間速い時計3本。1週前の追い切りは岩田騎手騎乗で長手綱で気分良さそうな走りで好印象。京都大賞典ではキタサンブラックと差のないレースをしておりその時に近い出来で臨めそう。

ヤマカツライデン(C)
今年は日経新春杯から始動するも調教では時計が出ている割に結果がついてこない状況。昨年の春の好成績が出ていた時は坂路で好時計が出ていたが近走はCW中心の調教内容でこの中間も時計は出ているが何かキッカケがないと厳しいように思います。

トーセンバジル(C)
休み明けの前走は調教内容も良く好仕上りで内容も悪くなかったが最後伸びそうで伸びきれないところは能力の差のように思います。今回も長距離戦で1週前が馬なりというところは状態面で少し気になる。

スピリッツミノル(F)
1週前の追い切りでは手応えの割に伸びそうで伸びない内容。中間も速い時計少なくこの内容では好走は厳しそう。

ラブラドライト(D)
それほど速い時計の出る馬ではないがこの中間も特に目立つ時計もなく上積みはそれほどなさそう。

プロレタリアト<C>
休み明けの前走から間隔も空いているので乗り込みようは多いがこれと言って目立つ時計もなく1週前の追い切り終いもうひと伸びが足りない感じで今回は相手が強い。


サトノダイヤモンドキタサンブラックレインボーラインについてはシューナカコラムコラムにてコメントしていますので、そちらをご覧ください。


近年の天皇賞(春)、菊花賞の予想で毎回書くことですが現在の長距離戦において重要なことは血統よりも折り合いだと思っています。特に京都のようにスタート後のポジション争いで下り坂があり1週して勝負どころでも下り坂とあまり行かせたくないところで勢いがついてしまうコース。そんなコースということもありゆったり流れることもあれば出入りの激しいレースになることもあります。それでも折り合いがついて鞍上の指示にしっかり従うことのできる馬は騎手の判断ミスがなければ無駄にスタミナを消耗することはありません。今年は昨年のようにキタサンブラックが主導権を握るレースになるのかその他の馬がハナを叩きに行くレースになるのか分かりませんがいずれにしても何があっても自分のペースが守れて動きたいところまでジッと我慢できる馬が好走する可能性は高いと思います。2強対決にそれぞれの騎手の駆け引きと見どころはたくさんある淀の3200m戦、皆さんそれぞれの◎馬に自分が乗っているつもりで応援して見てみるのも面白いと思います。

天皇賞(春)出走各馬の最終追い切り評価については最終予想でコメントする予定です。それでは次回、オークス編(予定)でお会いしましょう。(*^^)v


※最終結論はレース当日のくりーくプロページでチェックしてください。

[もっと見る]

⇒もっと見る

スピリッツミノルの口コミ


口コミ一覧
閲覧 95ビュー コメント 0 ナイス 8

先ずはスピリッツミノル君前走休み明けのレース手応え良く持ったまま直線に入りアーヤバイなんて買わない時に来るのよなんて独りでさわいでたらいつまでも追わない?抑えたままのシンガリ負け???そしたら大阪城Sに登録。調教師前走は休み明けで大事に乗りすぎただと訳わからんコメント。そこで私は勝手に解釈したハンデ戦のこのレース為にやったなコイツラと(笑)そして私は友人にも半分乗らせてスピリッツミノル君からに3連単②着③着狙いの自信の勝負。その後の結果は想像通り…直線に入りイケぇからゴール前はヤメて頭は悲鳴

 fedo_love 2019年3月3日() 16:31
大阪城S備忘録
閲覧 85ビュー コメント 0 ナイス 6

【予想】
◎14レッドローゼス×川田
〇15クリノヤマトノオー×和田
▲4トリコロールブルー×岩田康
△6ナイトオブナイツ×古川
 10ボールライトニング×松山
→馬連ボックス10組

【結果】
①スピリッツミノル・・・?
②トリコロールブルー
③クリノヤマトノオー
④レッドローゼス
⑤ナイトオブナイツ
⑥ボールライトニング

【的中】
なし。。。

【振返り】
万全の馬券シフトを敷いたはずが、先にスピードを上げて坂を上ってもスピードの落ちなかったスピリッツミノルに吹っ飛ばされました。。戦歴を見ると、15.3のすみれS(2200)、16.6の京橋特別(2000)と、阪神の重馬場で1着の実績があったんですね。1年以上の休み明け2戦目での復活、おめでとうございますです。それにしても、5頭がそろいもそろって届かないかぁぁぁ??

[もっと見る]

 馬券のAエース 2017年9月2日() 20:37
【日曜の格上馬】+小倉2歳S・新潟記念♪ 
閲覧 299ビュー コメント 0 ナイス 3

川田 将雅≪騎手≫〔通算1400勝〕小倉サトノケンシロウで達成♪

////////////

【メモリアル】あと1勝で○○○勝♪
伊藤 工真≪騎手≫〔現在99勝〕
佐々木 昌三≪調教師≫〔現在499勝〕

昨日書いた個人馬主、南波さんも見事勝負駆けで通算100勝のメモリアル達成!
明日も通算200勝を狙う個人馬主さんがおられますね♪
【厩舎&騎手】高確率メソッドの中にあるので勝負気配アリ(*⌒0⌒)b♪

///////////////

【日曜の格上馬】
札幌2R…ノーモアサイレンス
小倉9R…エルビッシュ
小倉12R…タガノシャルドネ

【厩舎&騎手】高確率メソッド

札幌9R:◆ピックミータッチ ルメ&藤沢〔複勝率〕56.9%
新潟8R:◆ヒルダ 内田&黒岩〔複勝率〕51.5%
新潟10R:◆ハッピーノリチャン 内田&黒岩〔複勝率〕51.5%
新潟11R:◆アストラエンブレム デム&小島〔複勝率〕48.3%
新潟12R:◆トワイライトライフ 内田&黒岩〔複勝率〕51.5%
小倉2R:◆デロングスター 浜中&藤原〔複勝率〕50.0%
小倉6R:◆ロードフェイム 浜中&池江〔複勝率〕47.5%
小倉9R:◆ユイフィーユ 武&池江〔複勝率〕48.6%
小倉10R:◆シロニイ 浜中&池江〔複勝率〕 47.5%
小倉11R:◆ペイシャルアス 川田&坂口〔複勝率〕43.6%

※内田&黒岩の組み合わせが3鞍、単複ともしっかり結果を残しているだけに注目
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【小倉2歳S】小倉1200m

≪馬指数≫は2歳馬はありません
≪タイム指数≫

1位:〔68.8〕⑱ジュンドリーム
2位:〔69.1〕⑫ナムラアッパレ
3位:〔69.2〕⑦ペイシャルアス ⑮ナムラアッパレ

≪LAP一致度≫
⑪モズスーパーフレア ①シトリカ ⑭アイアンクロー ②イイコトヅクシ

※8/30に≪攻略ポイント≫更新しています
≪攻略ポジ≫では選びにくい馬がタイム指数の上位馬を独占ヽ( ̄д ̄;)ノ
ハイペース間違いナシのレースで前走もHペースを経験した馬を狙います(* ̄∀ ̄)ゞ

////////////

【新潟記念】新潟2000m

≪馬指数≫
1位:〔91〕⑪アストラエンブレム
3位:〔82〕①タツゴウゲキ ⑥ハッピーモーメント
4位:〔80〕⑤ロイカバード ⑫マイネルフロスト

≪タイム指数≫
1位:〔69.1〕⑫マイネルフロスト
2位:〔69.4〕⑨スピリッツミノル
3位:〔69.5〕⑥ハッピーモーメント

≪LAP一致度≫
⑥ハッピーモーメント ⑨スピリッツミノル ⑩ソールインパクト ⑫マイネルフロスト

※8/31に≪攻略ポイント≫更新しています
全項目上位にマイネルフロスト・ハッピーモーメントが該当(*^o^*)
上り3Fが全て11秒台で流れるLAPなら末脚がキレるタイプ。
スローから残り800mでペースが上がるなら先行粘り型。になると推測しています。
まずはペースが当たるか?1/2の勝負(笑)

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

今日はエースの隠しネタも3の2(外したのは12番人気馬)
新潟メインもほぼ3頭縛りで当たり、土曜が当たり日だったかな!?(笑)
資金は増えたので、重賞片方はせめて当てたい(〃^▽^〃)
そして、会員さんに公開した〇〇の12R勝負レースへ(笑)

[もっと見る]

⇒もっと見る

スピリッツミノルの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

スピリッツミノルの写真

スピリッツミノル

スピリッツミノルの厩舎情報 VIP

2019年3月24日六甲ステークス (L)8着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

スピリッツミノルの取材メモ VIP

2019年3月3日 大阪城ステークス 1着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。