ボールライトニング(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
ボールライトニング
写真一覧
現役 牡6 栗毛 2013年4月21日生
調教師宮本博(栗東)
馬主株式会社 グリーンファーム
生産者恵比寿興業株式会社那須野牧場
生産地栃木県
戦績24戦[3-1-2-18]
総賞金9,053万円
収得賞金2,000万円
英字表記Ball Lightning
血統 ダイワメジャー
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
スカーレットブーケ
デフィニット
血統 ][ 産駒 ]
Dehere
Hiroo Garden
兄弟 デグラーティアアブシンベル
前走 2019/09/29 ポートアイランドS (L)
次走予定

ボールライトニングの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
19/09/29 阪神 11 ポートアイS (L) 芝1600 153483.71312** 牡6 56.0 中谷雄太宮本博514(-2)1.34.0 1.335.1⑮⑮ロードマイウェイ
19/08/25 小倉 11 小倉日経OP OP 芝1800 135728.4109** 牡6 56.0 西村淳也宮本博516(-8)1.47.0 0.635.0⑨⑨⑧⑧アロハリリー
19/03/24 阪神 11 六甲S (L) 芝1600 174720.8710** 牡6 56.0 鮫島良太宮本博524(-2)1.34.6 0.733.8⑮⑮ソーグリッタリング
19/03/03 阪神 11 大阪城S OP 芝1800 1561015.766** 牡6 55.0 松山弘平宮本博526(-6)1.46.6 0.534.7⑭⑬スピリッツミノル
19/01/27 京都 10 飛鳥S 1600万下 芝1800 74413.351** 牡6 57.0 松山弘平宮本博532(+12)1.48.0 -0.234.3⑥⑥モーヴサファイア
18/11/04 京都 9 清水S 1600万下 芝1600 84413.956** 牡5 57.0 藤岡佑介宮本博520(0)1.35.2 0.333.7⑧⑤フローレスマジック
18/10/08 京都 10 長岡京S 1600万下 芝1600 88811.944** 牡5 57.0 松山弘平宮本博520(-6)1.35.0 0.934.1⑧⑧ソーグリッタリング
18/09/09 阪神 10 ムーンライト 1600万下 芝1800 112213.268** 牡5 57.0 藤岡佑介宮本博526(+8)1.48.1 1.135.1⑩⑨ヴァフラーム
18/05/06 東京 9 湘南S 1600万下 芝1600 128114.539** 牡5 57.0 内田博幸宮本博518(-6)1.34.6 0.733.4⑪⑨レッドオルガ
18/03/25 阪神 11 六甲S OP 芝1600 10899.153** 牡5 56.0 D.バルジ宮本博524(-4)1.33.2 0.334.1⑥⑤ロジクライ
18/03/04 阪神 10 武庫川S 1600万下 芝1600 107810.143** 牡5 57.0 D.バルジ宮本博528(+10)1.33.6 0.033.5⑦⑤ヒーズインラブ
17/11/26 京都 10 渡月橋S 1600万下 芝1400 153511.158** 牡4 57.0 A.シュタ宮本博518(0)1.22.2 0.734.7⑨⑨モズアスコット
17/11/05 京都 10 長岡京S 1600万下 芝1600 85520.652** 牡4 57.0 藤岡佑介宮本博518(+4)1.34.3 0.133.8⑦④ムーンクエイク
17/10/14 東京 10 白秋S 1600万下 芝1400 107713.467** 牡4 57.0 蛯名正義宮本博514(0)1.22.3 0.433.9⑦⑦ビップライブリー
17/06/24 阪神 11 垂水S 1600万下 芝1800 98836.267** 牡4 57.0 高倉稜宮本博514(+8)1.45.5 1.033.7⑦⑦シルバーステート
17/06/03 東京 11 麦秋S 1600万下 ダ1400 16117.2413** 牡4 57.0 蛯名正義宮本博506(-8)1.25.6 2.137.4⑧⑨ベストマッチョ
17/05/14 京都 11 栗東S OP ダ1400 162411.345** 牡4 55.0 藤岡佑介宮本博514(+8)1.23.5 0.935.5⑮⑮サイタスリーレッド
16/12/17 阪神 11 リゲルS OP 芝1600 178167.954** 牡3 55.0 A.アッゼ宮本博506(+2)1.35.0 0.234.5⑭⑭マイネルアウラート
16/11/13 東京 11 オーロカップ OP 芝1400 183623.195** 牡3 54.0 大野拓弥宮本博504(0)1.21.8 0.233.5⑰⑰ナックビーナス
16/04/09 中山 11 NZT G2 芝1600 167149.0512** 牡3 56.0 蛯名正義宮本博504(-6)1.35.1 1.236.0⑨⑤ダンツプリウス

⇒もっと見る


ボールライトニングの関連ニュース

ポートアイランドSの過去のレース結果をもとに、ファクターごとの傾向に注目し、好走パターンに合致する馬をピックアップしました。予想の際にお役立てください。

※2013年以降の結果をもとに検証



【全般】
5~6歳の活躍が顕著

キョウヘイ
ボールライトニング
サフランハート
クラウンディバイダ
メイショウオワラ
サトノアーサー
ストーミーシー
プラチナムバレット
アーバンキッド

6歳以下、かつ重賞で3着以内の経験のある馬が攻勢

マイネルフラップ
キョウヘイ
ボールライトニング
アマルフィコースト
サトノアーサー
ストーミーシー
プラチナムバレット
アドマイヤアルバ
アーバンキッド

6歳以下、かつ芝1600mで2勝以上挙げている馬の上位進出が目立つ

マイネルフラップ
メイショウオワラ

前走ステップ別では、オープン特別組とG3組の上位占有率が高め

マイネルフラップ
キョウヘイ
ボールライトニング
サフランハート
シャイニービーム
クラウンディバイダ
ストーミーシー
プラチナムバレット
アドマイヤアルバ
アーバンキッド

【人気】
人気サイド(1~5番人気)が堅実
※10時30分現在の1~5番人気

ロードマイウェイ
アマルフィコースト
メイショウオワラ
サトノアーサー
ストーミーシー

8番人気以下の激走が目につく
※10時30分現在の8番人気以下

ボールライトニング
サフランハート
シャイニービーム
クラウンディバイダ
プラチナムバレット
アドマイヤアルバ
マイネルネーベル
アーバンキッド

前走4番人気以内で、今回も人気サイド(1~5番人気)に支持された馬の好走例が多い
※10時30分現在の1~5番人気、かつ前走4番人気以内の馬

ロードマイウェイ
サトノアーサー

【脚質】
先行優勢(穴多い)

ロードマイウェイ
シャイニービーム
アマルフィコースト
クラウンディバイダ
マイネルネーベル

※近走の内容を参考に先行策をとりそうな馬を想定

【枠順】
4~8枠の出現率が高い

シャイニービーム
アマルフィコースト
クラウンディバイダ
メイショウオワラ
サトノアーサー
ストーミーシー
プラチナムバレット
アドマイヤアルバ
マイネルネーベル
アーバンキッド

【血統】
父サンデーサイレンス系が主力を形成

ロードマイウェイ
マイネルフラップ
キョウヘイ
ボールライトニング
サフランハート
アマルフィコースト
クラウンディバイダ
メイショウオワラ
サトノアーサー
プラチナムバレット
アドマイヤアルバ
アーバンキッド

ステイゴールド産駒とダイワメジャー産駒の好走が目につく

ボールライトニング
アマルフィコースト
クラウンディバイダ


【6項目以上該当馬】
クラウンディバイダ(7項目)
ボールライトニング(6項目)
アマルフィコースト(6項目)
サトノアーサー(6項目)
プラチナムバレット(6項目)
アーバンキッド(6項目)



ウマニティ重賞攻略チーム

【U指数的考察】ポートアイランドS 低指数馬同士のワンツー決着は望み薄!頼りになるのは高指数の実績馬! 2019年9月29日() 09:50

ポートアイランドSの近年の傾向をもとに、U指数を絡めてピックアップした条件に合致する馬を提示しました。予想の際にお役立てください。

※2013年以降の結果をもとに検証



<ポイント①>
馬券を構築する際に、頼りになるのは重賞3着以内の経験がある高指数馬。なかでも、指数1~3位かつ重賞3着以内の経験がある6歳以下の期待度が高い。近走がどうであれ、条件を満たす馬は抑えておいたほうが賢明だ。

指数1~3位、かつ重賞3着以内の経験がある6歳以下の馬

アマルフィコースト
サトノアーサー
ストーミーシー

<ポイント②>
指数4位以下同士のワンツー決着はゼロ。好配当を狙うにしても、指数4位以下同士を組み合わせた2連勝馬券はおススメできない。

指数4位以下

ロードマイウェイ
マイネルフラップ
キョウヘイ
ボールライトニング
サフランハート
シャイニービーム
クラウンディバイダ
メイショウオワラ
プラチナムバレット
アドマイヤアルバ
マイネルネーベル
アーバンキッド

<ポイント③>
指数94.5以下で2着以内に食い込んだ馬は4頭。いずれも重賞3着以内もしくはオープン特別で2着以内の経験がある馬だった。実績の裏付けのない低指数馬が首位争いに加わることは難しい。

指数94.5以下、かつ条件をクリアしない馬

ロードマイウェイ
サフランハート
クラウンディバイダ
メイショウオワラ
マイネルネーベル



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【ポートアイS】ボールライトニング阪神マイルで変身 2019年9月28日() 11:13

 久々の前走では見せ場なく終わったボールライトニング。「休み明けもあったが、自分からハミを取っていくタイプじゃないので、小回りでコーナーが4つある小倉の1800メートルは合わなかった」と、長谷川助手は敗因を説明する。

 ひと叩きされた今回はワンターンのマイル戦。「動きは良くなったし、コーナー2つの舞台に替わるのはプラスだ。あとは展開の助けがあれば」と、阪神マイルでの変わり身を期待していた。(夕刊フジ)



★ポートアイランドSの枠順はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【小倉日経OP】追って一言2019年8月22日(木) 05:06

 ◆アウトライアーズ・矢野助手 「一気にトップスピードに入る面がある。じわじわとスピードを上げる競馬なら」

 ◆ケイティクレバー・杉山師 「具合はいい。ハナにはこだわりません。番手からの競馬でいい面を見せられれば」

 ◆トリコロールブルー・安田助手 「先週にしっかりと負荷をかけられています。動きも悪くない。前めの競馬なら」

 ◆プラチナムバレット・河内師 「状態は変わりない。走り切れていないのは気持ちの面かな」

 ◆ベステンダンク・安達師 「状態は変わりない。前々の形の方が持ち味が生きますね」

 ◆ボールライトニング・宮本師 「力を出せる状態。コーナー4つの競馬がいい方に出れば」

 ◆マイネルフラップ・梅田師 「能力はあるけど、出し切れていない。レースに行っての気持ちが鍵だね」

 ◆マウントゴールド・池江師 「攻め馬の感じは変わりなくきています。小倉の軽い馬場はいいでしょう」

 ◆レトロロック・辻野助手 「体調維持に努めてきました。前回が内めで窮屈な競馬でしたが、内容は悪くなかった」

[もっと見る]

【関屋記念】特別登録馬2019年8月4日() 17:30

[もっと見る]

【U指数的考察】大阪城S 指数上位馬が主力を形成!低指数馬同士の組み合わせは期待薄!2019年3月3日() 10:15

大阪城Sの近年の結果をもとに、U指数を絡めてピックアップした条件に合致する馬を提示しました。予想の際にお役立てください。

※2014年以降の結果をもとに検証



<ポイント①>
指数的には傾向がつかみづらく難解なレースだが、指数1~4位が揃って大きく崩れることはない。2014年以降は4位以内のうち必ず1頭が2着以内に入っている。

指数4位以内

トリコロールブルー
ナイトオブナイツ
ショウナンバッハ
ランガディア

<ポイント②>
指数96.0以上の安定感は上々。なかでも、ハンデ55キロ以上の上位入線が目立つ。

指数96.0以上かつハンデ55キロ以上

ナイトオブナイツ

<ポイント③>
指数94.5未満の馬が2頭以上馬券に絡んだケースはゼロ。指数94.5未満同士を組み合わせた馬券はおススメできない。

指数94.5未満

サイモンラムセス
スピリッツミノル
マイネルアウラート
ジョルジュサンク
ボールライトニング
アイトーン
クリノヤマトノオー



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

⇒もっと見る

ボールライトニングの関連コラム

閲覧 1,912ビュー コメント 0 ナイス 8

 日本ダービー(3歳GⅠ・東京芝2400m)が施行された5月29日をもって「ウマニティPOG 2015」が終了。1年間にわたって繰り広げられてきた優勝争いの最終結果が確定しました。
 各ワールドを制した皆さんのコメントは後日改めて公開されると思いますが、今回は一足先に“チャンピオン”たちの指名を振り返ってみたいと思います。先週から既に新シーズン「ウマニティPOG 2016」が開幕しており、現在は第2回の入札が行われているところ。指名枠を使い切った方はまだそれほどいらっしゃらないでしょうし、今後の入札方針を再考するうえでの指針としていただければ幸いです。

 著名なプレイヤーや前シーズン以前の「ウマニティPOG」で優秀な成績を収めたユーザーが集う最高位クラスであり、一般的なPOGと同じ“1頭オーナー制”で争われるスペシャルワールドを制したのは、メジャーエンブレムなどを指名した中(ナカ)さん。ウマニティ公認プロのろいすさんがマカヒキ日本ダービー制覇などで最終週に2億2175万円を獲得したものの、五千万円以上の差をつけて逃げ切りました。
 中(ナカ)さんはデビュー後に指名した馬も多いのですが、2億6280万円を稼いだメジャーエンブレムは第1回の入札で確保していましたし、1億5324万円を獲得したスマートオーディンもデビュー2週前の第14回入札で指名しています。
 スペシャルワールドは参加人数こそ少ないものの、真っ先に落札したプレイヤーしか仮想オーナーとなれない“1頭オーナー制”であり、各プレイヤーの実力も国内屈指と言って差し支えないレベル。それゆえ、数億円も稼ぐような馬をデビュー後に獲得するのは困難です。手前味噌ではありますが、「ウマニティPOG 2014」で優勝を果たした私も、GⅠウイナーのクラリティスカイミッキークイーンを第1回入札で指名できたのが最大の勝因。しばらく様子見をしていたら、おそらく他の方が私よりも先に落札していたでしょう。
 もしかしたら、「ウマニティPOG 2016」のスペシャルワールドも、第1回入札を終えた現時点で既に大勢が決しているのかもしれませんね。参加している私たちからするとたまったものではありませんが(笑)、他ワールドに参加している皆さんは、スペシャルワールドの入札結果を今後の参考にすることも可能。POG界を代表する猛者たちが真っ先に獲得したいと考えたのはどの馬なのか、今のうちにしっかりチェックしておいていただければと思います。

 1頭あたりの仮想オーナー枠が最大4つあったミリオネアワールドを制したのは、マカヒキシンハライトを確保していた四白流星タイテエムさんでした。大半の指名馬をデビュー前に獲得していらっしゃいましたし、日本ダービー馬を第1回入札で、オークス馬を第4回入札で早々に落札している点もお見事です。スペシャルワールドよりは仮想オーナー枠に余裕があるものの、やはりこのクラスもGⅠ級の活躍馬を早い時期から確保しなければ優勝争いには食い込めないのでしょう。
 個人的に興味を惹かれたのは2位のsokuratesuさん。メジャーエンブレムに加え、トウショウドラフタブランボヌールブレイブスマッシュなど、芝短距離戦線の活躍馬を中心としたラインナップでこのポジションに君臨しています。何を隠そう、私も牝馬や短距離馬を重視する方針で毎年のドラフト&入札に臨んでいるのですが、牡馬クラシック戦線の注目馬を指名候補から外すだけで、目当ての馬を獲得できる可能性はグッと上がるんですよね。四白流星タイテエムさんや「ウマニティPOG 2014」の私がそうだったように、牡馬クラシック戦線が混戦模様だと、牝馬や短距離馬が獲得した賞金だけでも優勝争いは十分に可能。一般的なPOGにおいても有効な作戦なので、ご興味がある方はぜひお試しください。

 1頭あたりの仮想オーナー枠が最大10人だったリッチワールドは、マカヒキメジャーエンブレムシンハライトを揃えたハマノパリードさんが優勝を果たしました。
 ハマノパリードさんが指名したGⅠウイナー3頭のうち、デビュー前に獲得していたのはシンハライトだけ。マカヒキはデビュー戦を勝った後に、メジャーエンブレムは10月31日のアルテミスステークス(2歳GⅢ・東京芝1600m)で2着となった後に指名されていますね。
 1頭あたりの仮想オーナー枠が最大20人のブルジョアワールドは、日本ダービー馬のマカヒキを指名した横断歩道さん、かっちゃさん、GT-Rさん、バンコクの夜は熱い...さんが上位を占める展開。混線から抜け出したのは、メジャーエンブレムスマートオーディンプロフェットボールライトニングなど、他にも多数の重賞ウイナーを指名していた横断歩道さんです。
 1頭あたりの仮想オーナー枠が最大50人のアベレージワールドを制したのは、マカヒキシンハライトディーマジェスティと3頭の指名馬がクラシックで優勝を果たしたユナさん。「ウマニティPOG 2015」において総獲得賞金が10億円を超えた唯一のプレイヤーとなりました。

 この辺のワールドは参加人数が非常に多く、いわゆる“POG本”で大きく取り上げられているような馬を早い時期に一本釣りするのは困難。仮想オーナー枠の開放スケジュールを把握し、ご自身のPOGポイントや所有枠と相談しつつ、後のGⅠウイナーを的確に獲得していかなければ優勝は狙えません。スペシャルワールドあたりの構造と比べればお分かりいただけると思いますが、こちらは基本的に長期戦。相馬眼だけでなく、ルールに対する理解度、入札を行っていくうえでの戦略性や粘り強さ、デビュー後のレース内容から将来性を把握する能力なども強く問われます。本稿を公開直後に読んでいらっしゃる方はもちろん、数か月遅れくらいのタイミングで参戦する方にも優勝のチャンスは十分過ぎるほど残されているはず。こうした間口の広さが「ウマニティPOG」の醍醐味ですし、残念ながら第1回の入札に間に合わなかったという方も、ご自身の実力を証明する場としてご活用いただければ幸いです。


※次回のコラムは6/14(火)になります。


■執筆者プロフィール
伊吹 雅也(いぶき・まさや)

埼玉県桶川市在住のフリーライター、競馬評論家。JRAホームページ内『今週の注目レース』で「データ分析」のコーナーを担当しているほか、グリーンチャンネル、JRAのレーシングプログラムなどさまざまなメディアを舞台に活動している。主な著作に『コース別 本当に儲かる血統大全』(ガイドワークス)、『コース別 本当に儲かる騎手大全』(ガイドワークス)、『一口馬主の愉しみ(競馬道OnLine新書)』(スタンダードマガジン)、『門外不出! 投票データから分かった! WIN5の鋭い買い方』(東邦出版)、『WIN5(五重勝)ほど儲かる馬券はない!! 少点数で驚愕配当をモノにする絶対的セオリー(競馬王新書)』(白夜書房)。POG関連メディアの制作にもさまざまな形で携わっており、ウマニティPOG2014では最高位クラスのスペシャルワールドにおいて優勝を果たした。


登録済みの方はこちらからログイン

2016年2月27日() 14:00 凄馬プロジェクトチーム
第163回『凄馬出馬表分析&馬券検討』~アーリントンカップ GIII
閲覧 857ビュー コメント 0 ナイス 7

みなさんこんにちは!

本日は阪神11R「アーリントンカップ GIII」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「-1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】は競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「-1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。





第1グループ(橙)は、ヒルノマゼランから1.0ポイント差(約1馬身差)内のオデュッセウスシゲルノコギリザメまでの3頭。
第2グループ(黄)は、アーバンキッド1頭。
第3グループ(薄黄)は、レオナルドから1.0ポイント差(約1馬身差)内のボールライトニングメイショウカネサダレインボーラインまでの計4頭となっていて、以下は第4G(灰)となっています。

上位勢の間では、第1グループ→第2グループ間の1.1ポイント、第2グループ→第3グループ間の1.3ポイントの開きが目立つ構図。そして、下位にはさらに大きな溝も見られています。
しかし、毎度のことながらまだまだキャリアの浅い3歳戦です。適性、状態、…など、今回条件でどれだけ指数を伸ばすかが最大のポイントで、あまり額面通りという結果を期待しない方が良いかもしれません。

今回の中心は総合9位の◎ダンツプリウス、同4位○アーバンキッドとしたいと思います。
上位勢をざっと見渡すと、どうも適性という点で急坂コースや、1600m外回りコースがしっくりこない感があるので、前走ジュニアカップ組の◎ダンツプリウス、○アーバンキッドを狙ってみようと考えています。◎ダンツプリウスは最終追切は平凡も、1週前絶好で人気も落ち着きそう。脚質的にも○アーバンキッドがどうしても取りこぼしが多そうなのに対して器用に立ち回れる◎ダンツプリウスは開幕週の馬場も追い風となるのではないでしょうか。
相手本線には、シンプルに前走重賞1ケタ着順組を重視し、▲ロワアブソリュー、☆レインボーライン、△レオナルドといったところを配置し、今回の私の馬券は◎から上記4頭への3複と馬連ボックスで勝負としたいと思います。


【3複ながし】
◎=○▲☆△(9)=印
12=6,9,10,15=5,6,7,9,10,11,14,15(22点)

【馬連ボックス】
◎,○,▲,☆,△(9)
6,9,10,12,15(10点)


計32点

[もっと見る]

2015年12月23日(水) 14:50 【ウマニティ】
先週の回顧~(12/19~12/20)英プロが高額払い戻し連発で収支プラス75万超!
閲覧 1,050ビュー コメント 0 ナイス 5

先週は、20(日)に阪神競馬場で朝日杯フューチュリティステークスGIが行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
朝日杯フューチュリティステークスGIの1番人気はエアスピネルで1.5倍、続いてリオンディーズ5.9倍、シュウジ9.1倍とここまでが10倍を切る形でオッズを形成しました。
 
注目のスタートは好ダッシュを決めたウインオスカーが先手を奪い、2番手にショウナンライズ、その後ろにアドマイヤモラールシュウジサイモンゼーレユウチェンジと続いて先行集団を形成。中団からはボールライトニングエアスピネルハレルヤボーイシャドウアプローチイモータル。後方からはツーエムレジェンドスリラーインマニラタイセイサミットコパノディールと追走して最後方にリオンディーズの態勢。前半の600m通過は34秒7(参考)の平均ペース、3コーナーから4コーナーへかけてややペースが緩むと馬群が一気に凝縮して直線コースへ差し掛かります。
 
先頭はウインオスカーでリードは半馬身、2番手にショウナンライズアドマイヤモラールがこれを追う形。人気のエアスピネルは馬群の中団外目、リオンディーズは大外最後方から追い出しにかかります。残り300m、ここでエアスピネルが仕掛けると一気の加速で前を捉え、あっという間に後続を突き放します。残り200mを通過、完全に抜け出したエアスピネルのリードは3馬身、しかしここで大外からリオンディーズが力強い脚でエアスピネルに迫ってきます。残り100m、粘り込みを図るエアスピネル、追うリオンディーズの2頭が完全に後続を離してのマッチレース!リオンディーズが坂を上ったところでエアスピネルに並びかけるとゴール前でもう一伸びを見せて優勝しました!勝ちタイムは1分34秒4(良)。3/4差の2着にエアスピネル、そこから4馬身差の3着にシャドウアプローチが入っています。
 
公認プロ予想家ではサウスプロ蒼馬久一郎プロサラマッポプロ山崎エリカプロおかべさん(オーディション参加中)、マカロニスタンダーズさん(オーディション参加中)、シムーンプロが的中しています。
 
☆☆☆注目プロ →覆面ドクター・英プロ
19(土)中京7Rで『伴騎手も最近ようやく乗りなれてきた感じで横山和騎手とは遜色なく乗れるのでは。』と◎インストアイベントを評価し、◎△△の印で3連単を300円、単勝を1000的中円!51万6910円の高額払い戻しを達成しました!この他にも中京5Rで26万1700円、20(日)阪神5Rでも21万8480円払い戻しと高額払い戻しを連発!週末トータルでは回収率206%、収支プラス75万7650円をマークしています!
 
☆☆☆注目プロ →サウスプロ
19(土)中山11Rで▲シングウィズジョイダンスアミーガの馬連を546倍を1600円的中させ、87万5040円を払い戻しました!20(日)阪神11R朝日杯フューチュリティステークスGIで◎○の馬単、馬連、ワイドをそれぞれ1点的中!5万8000円を払い戻しました!週末トータル回収率178%、収支プラス56万4110円をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →シムーンプロ
19(土)中山8Rで『前走は捲られる展開に。このクラスでも揉まれず行ければ通用しそう。』と◎ヨウライフク(34.8倍)の単複、ワイドを的中!20(日)阪神6Rでは『スーパーホーネットの仔なら、むしろ芝の方がいいかも。初芝でパフォーマンスアップがあれば。』と評した◎シゲルノコギリザメの単勝40.6倍、馬連68.6倍等を的中!週末トータル回収率165%をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →夢月プロ
勝負レースに指定した20(日)阪神6Rで◎シゲルノコギリザメ(40.6倍)の単勝を的中!40万6000週末円を払い戻しました!この他にも19(土)中京8Rスズカビスタの単勝を仕留め、13万2000円を払い戻しました。トータル回収率130%、収支プラス22万円をマークしています。
 
この他にもおかべさん(オーディション参加中/153%)、サラマッポプロ(129%)、みるみる★さん(オーディション参加中/107%)が回収率100%以上の好成績を収めています。
  
   
※全レースの結果速報はこちら
   
★プロ予想家オーディション、最終選考(~27日)実施中!公認プロをはじめ、未来のプロ予想家の渾身の予想にも是非ご注目下さい!

[もっと見る]

2015年12月20日() 14:00 凄馬プロジェクトチーム
第148回『凄馬出馬表分析&馬券検討』~朝日杯フューチュリティステークス GI
閲覧 904ビュー コメント 0 ナイス 3

みなさんこんにちは!

本日は阪神11R「朝日杯フューチュリティステークス GI」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。


U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「-1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】は競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「-1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。



第1グループ(橙)は、エアスピネル1頭。
第2グループ(黄)は、シュウジ1頭。
第3グループ(薄黄)は、ボールライトニングシャドウアプローチの2頭となっていて、以下は第4G(灰)となっています。

凄馬出馬表をご覧いただくと気付くのがエアスピネルシュウジ間の4.0の大きな溝です。その他ではそれほど大きな溝は生まれてませんのでこの溝が凄馬出馬表から見る朝日杯FSの特徴と言えそうです。

こうなると本命はエアスピネルと言いたいところですが、断然の1人気ですし、ここは対抗に留め、本命は◎リオンディーズにしたいと思います。まだ1戦しかしていませんが、かかり通しでラスト11.8-11.1-11.0を遊びながら駆け抜けるその内容は超抜といえます。負けた馬たちも即勝ち上がるハイレベルなレースでしたし、素質は1番と見ました。対抗は先述した○エアスピネルとし、以下▲ハレルヤボーイ、△ショウナンライズユウチェンジイモータルタイセイサミットボールライトニングと印を打ちます。

【3連単フォーメーション】
15

11

2,6,7,9,10,14

15

2,6,7,9,10,14

11

11

15

2,6,7,9,10,14

計18点

シュウジは距離に不安を感じるので切ってみました。デムーロVS武豊の叩き合いに1票です!(^^)!

[もっと見る]

2015年12月1日(火) 16:02 伊吹雅也
伊吹雅也のPOG分析室 (2015) ~第8回クラス別U指数TOP10
閲覧 3,715ビュー コメント 0 ナイス 4

 2015年の2歳戦線もいよいよクライマックス。来週12月13日には阪神ジュベナイルフィリーズ(2歳GⅠ・阪神芝1600m外)が、再来週12月20日には朝日杯フューチュリティステークス(2歳GⅠ・阪神芝1600m外)が開催されます。2歳戦全体や9月12日~12月27日のシーズン表彰を狙える位置にいるプレイヤーの皆さんは、“愛馬”の動向に一喜一憂する日々を過ごしていらっしゃるんじゃないでしょうか。

 もっとも、POG期間全体から見れば、今はまだ中盤戦に差し掛かったかどうかといったところ。ブルジョアワールド、アベレージワールドは12月7日に最後の仮想オーナー枠開放が控えていますし、最終結果を左右するような高額賞金レースは年明け以降にもたくさんありますから、今後の入札や各馬の成長次第ではどのプレイヤーにも優勝のチャンスがあるはずです。

 今回は各カテゴリーごとにこれまでのレースでマークしたU指数が優秀な馬をピックアップしてみました。特にブルジョアワールド、アベレージワールドの方は、次回以降の入札における追加指名の候補馬として注目してみてください。

■重賞のレースにおけるU指数トップ10
97.4 エアスピネル 11月14日 京都11R 芝1600m デイリー杯2歳S(1着)
96.5 ボールライトニング 11月7日 東京11R 芝1400m 京王杯2歳S(1着)
94.8 アドマイヤモラール 11月7日 東京11R 芝1400m 京王杯2歳S(2着)
94.8 シャドウアプローチ 11月7日 東京11R 芝1400m 京王杯2歳S(3着)
94.8 レッドラウダ 11月7日 東京11R 芝1400m 京王杯2歳S(4着)
94.8 トウショウドラフタ 11月7日 東京11R 芝1400m 京王杯2歳S(5着)
94.6 ブランボヌール 7月26日 函館11R 芝1200m 函館2歳S(1着)
93.9 オデュッセウス 11月7日 東京11R 芝1400m 京王杯2歳S(6着)
93.5 ドレッドノータス 11月28日 京都11R 芝2000m 京都2歳S(1着)
93.5 リスペクトアース 11月28日 京都11R 芝2000m 京都2歳S(2着)

 トップは11月14日のデイリー杯2歳ステークス(2歳GⅡ・京都芝1600m外)でエアスピネルエアメサイアの2013)がマークした97.4。衝撃的な勝ちっぷりで話題を集めましたが、U指数もパフォーマンスの優秀さを裏付けています。朝日杯フューチュリティステークスはもちろん、順当ならば来春の3歳牡馬クラシック戦線でも主役級の扱いを受けることになりそうです。
 全体的に上位入線馬のU指数が優秀だったのは11月7日の京王杯2歳ステークス(2歳GⅡ・東京芝1400m)。特に勝ったボールライトニング(デフィニットの2013)はエアスピネルと遜色ない水準でした。芝短距離戦線はこのレースを経由した馬たちに注目しておくべきでしょう。
 芝1800m以上の重賞における最高値は、11月28日の京都2歳ステークスでドレッドノータスディアデラノビアの2013)、リスペクトアース(アースグリーンの2013)がマークした93.5。ドレッドノータスはウマニティPOGこそmizumizuさんにひと足早く落札されてしまったものの、私のプライベートPOGにおいては命運を左右しそうな指名馬の一頭なので、陰ながら応援しております(笑)。

■オープン特別のレースにおけるU指数トップ10
92.9 ラズールリッキー 11月15日 福島10R 芝1200m 福島2歳S(1着)
90.8 コスモアルコン 11月15日 福島10R 芝1200m 福島2歳S(2着)
90.7 ボーダレス 10月3日 中山9R 芝1200m カンナS(1着)
90.1 ブラックスピネル 10月31日 京都8R 芝1800m 萩S(1着)
89.5 スマートオーディン 10月31日 京都8R 芝1800m 萩S(2着)
89.0 プロディガルサン 9月27日 中山9R 芝2000m 芙蓉S(1着)
88.8 レインボーライン 10月31日 京都8R 芝1800m 萩S(3着)
88.8 ノーブルマーズ 10月31日 京都8R 芝1800m 萩S(4着)
88.8 アルマククナ 11月15日 福島10R 芝1200m 福島2歳S(3着)
88.8 ファド 11月15日 福島10R 芝1200m 福島2歳S(4着)
88.8 アラモアナワヒネ 11月15日 福島10R 芝1200m 福島2歳S(5着)

 上位入線馬のU指数が全体的に高かったのは11月15日の福島2歳ステークス(2歳オープン・福島芝1200m)。例年の傾向を見る限り、もともと良い指数が出がちなレースではあるものの、完勝したラズールリッキー(コリンズグラスの2013)あたりは今後も要注目です。
 あとは10月31日の萩ステークス(2歳オープン・京都芝1800m外)組も面白い存在。既にスマートオーディン(レディアップステージの2013)が11月23日の東京スポーツ杯2歳ステークス(2歳GⅢ・東京芝1800m)で優勝を果たしました。

■500万下のレースにおけるU指数トップ10
92.7 バティスティーニ 11月15日 京都9R 芝2000m 黄菊賞(1着)
92.0 トウショウドラフタ 11月22日 東京9R 芝1400m からまつ賞(1着)
91.9 ニシノジャーニー 11月29日 東京7R 芝1600m ベゴニア賞(1着)
91.6 レガーロ 11月21日 京都9R ダ1800m もちの木賞(1着)
91.6 スマートシャレード 11月21日 京都9R ダ1800m もちの木賞(2着)
91.3 ショウナンライズ 10月25日 東京9R 芝1400m くるみ賞(1着)
91.1 ティソーナ 11月29日 東京7R 芝1600m ベゴニア賞(2着)
91.1 シルバーステート 10月17日 京都9R 芝2000m 紫菊賞(1着)
90.5 プレスティージオ 10月3日 阪神9R ダ1400m ヤマボウシ賞(1着)
90.5 オーマイガイ 11月14日 東京9R ダ1400m オキザリス賞(1着)
90.5 ストロングバローズ 11月14日 東京9R ダ1400m オキザリス賞(2着)

 注目はやはり11月15日の黄菊賞(2歳500万下・京都芝2000m内)を制したバティスティーニバプティスタの2013)。全兄にデウスウルト、半兄にイースターらがいる良血馬ですし、次走に予定しているホープフルステークス(2歳GⅡ・中山芝2000m内)の結果次第では、クラシック戦線の主役級と評されてもおかしくありません。また、この時期は「遅い日付のレースほど高いU指数が出やすい」という傾向もあるので、10月中旬までに優秀な数字をマークしたシルバーステート(シルヴァースカヤの2013)、プレスティージオ(スーリアの2013)あたりも将来有望だと思います。

■未勝利のレースにおけるU指数トップ10
90.5 クリムゾンバローズ 11月23日 東京2R ダ1300m 2歳未勝利(1着)
89.0 ビービーバーレル 8月22日 新潟1R 芝1600m 2歳未勝利(1着)
88.7 ダイワダッチェス 11月14日 東京4R 芝1400m 2歳未勝利(1着)
87.9 キョウエイギア 10月3日 阪神1R ダ1800m 2歳未勝利(1着)
87.8 ゼンノサーベイヤー 9月13日 阪神1R ダ1400m 2歳未勝利(1着)
87.6 ラズールリッキー 11月1日 福島2R 芝1200m 2歳未勝利(1着)
87.4 シルバーステート 7月25日 中京1R 芝1600m 2歳未勝利(1着)
87.3 ラニ 11月22日 京都2R ダ1800m 2歳未勝利(1着)
87.1 ハレルヤボーイ 9月19日 中山3R 芝1600m 2歳未勝利(1着)
87.0 ストライクショット 11月14日 東京4R 芝1400m 2歳未勝利(2着)

 上記10頭のうち、シルバーステートラズールリッキーラニ(Heavenly Romanceの2013)は既に2勝目をマーク。勝ち上がったレースの条件はさまざまですが、どの馬もそれぞれの得意カテゴリーで獲得ポイントを伸ばしてきそうです。

■新馬のレースにおけるU指数トップ10
87.9 マイネルハニー 11月15日 東京5R 芝1600m 2歳新馬(1着)
86.5 ドーヴァー 11月15日 東京6R 芝1400m 2歳新馬(1着)
85.6 ヴェンジェンス 9月27日 阪神6R ダ1400m 2歳新馬(1着)
84.7 ストロボフラッシュ 11月14日 東京5R ダ1400m 2歳新馬(1着)
84.7 キラージョー 11月8日 東京5R 芝1800m 2歳新馬(1着)
84.6 ラルク 11月7日 京都6R 芝1600m 2歳新馬(1着)
84.4 サトノダイヤモンド 11月8日 京都5R 芝2000m 2歳新馬(1着)
83.9 アポロテキサス 10月18日 新潟5R ダ1200m 2歳新馬(1着)
83.9 チェッキーノ 11月15日 東京6R 芝1400m 2歳新馬(2着)
83.5 リオンディーズ 11月22日 京都5R 芝2000m 2歳新馬(1着)

 サトノダイヤモンド(マルペンサの2013)、チェッキーノハッピーパスの2013)、ラルク(ライラックスアンドレースの2013)、リオンディーズシーザリオの2013)といった良血馬がランクインしました。キラージョー(ラヴリージョウの2013)が東京スポーツ杯2歳ステークスで2着馬と0.1秒差の4着に健闘していますし、他の9頭も引き続き注目しておくべきでしょう。


■執筆者プロフィール
伊吹 雅也(いぶき・まさや)

埼玉県桶川市在住のフリーライター、競馬評論家。JRAホームページ内『今週の注目レース』で「データ分析」のコーナーを担当しているほか、グリーンチャンネル、JRAのレーシングプログラムなどさまざまなメディアを舞台に活動している。近著に『ウルトラ回収率 2015-2016』(ガイドワークス)、『現在(いま)の勝負気配が分かる 騎手×調教師 黄金タッグ』(ガイドワークス)、『一口馬主の愉しみ(競馬道OnLine新書)』(スタンダードマガジン)。POG専門誌の制作にもさまざまな形で携わっており、現6歳世代のPOGでは参加したすべてのドラフト(いずれも参加者20名以上)でジェンティルドンナの単独1位指名に成功した。このウマニティPOGにおいても、ミッキーアイルクラリティスカイと2年連続でGⅠウイナーを指名している。

[もっと見る]

2015年11月11日(水) 17:19 【ウマニティ】
先週の回顧~(11/7~11/8)岡村プロが単勝的中ラッシュで回収率137%超!
閲覧 560ビュー コメント 0 ナイス 2

先週は、7(土)に東京競馬場でG2京王杯2歳ステークス、京都競馬場でG3ファンタジーステークス、8(日)に東京競馬場でG2アルゼンチン共和国杯、京都競馬場でG3みやこステークスがそれぞれ行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G2京王杯2歳ステークスレッドラウダが先頭で直線コースへ。坂を上がって逃げるレッドラウダと続くボールライトニングサイモンゼーレの3頭が抜け出して追い比べ。残り100mを通過、ここで逃げるレッドラウダを捉えたボールライトニングが先頭に立つと外から迫るアドマイヤモラールシャドウアプローチの追撃を振り切ってV。1馬身1/4差の2着にアドマイヤモラール、そこからハナ差の3着にシャドウアプローチが入っています。
 
公認プロ予想家ではdream1002プロはははふほほほプロサラマッポプロ伊吹雅也プロろいすプロが的中しています。
 
G3ファンタジーステークスメジェルダが先頭で直線コースへ。逃げるメジェルダブランボヌールタガノヴィアーレキャンディバローズが並びかけると、4頭が他を離しての叩き合いとなります。ゴール前外から1人気ブランボヌールが鋭い末脚で追い込んできますが、3番手まで。前の競り合いを制したキャンディバローズが重賞初制覇を飾りました。アタマ差の2着にメジェルダ、そこからクビ差の3着にブランボヌールが入っています。
 
公認プロ予想家ではセイリュウ1号プロ河内一秀プロ凄馬勝子プロゼット1号プロエース1号プロ山崎エリカプロ3連単プリンスプロ伊吹雅也プロろいすプロ3連複プリンセスプロが的中しています。
 
G2アルゼンチン共和国杯はスズカデヴィアスが先頭で直線コースへ。直線に入ると2番手につけていたメイショウカドマツスズカデヴィアスを交わして先頭、リードを広げにかかります。残り200mを通過、逃げ込みを図るメイショウカドマツ目掛けて単独2番手に浮上したゴールドアクターが徐々にメイショウカドマツとの差を詰めると、ゴール前でアタマ差捉えて優勝。2着にメイショウカドマツ、そこから2馬身半差の3着にレーヴミストラルが入っています。
 
公認プロ予想家では山崎エリカプロ導師嵐山プロスガダイプロ河内一秀プロろいすプロジョアプロサラマッポプロが的中しています。
 
G3みやこステークスモンドクラッセが先頭で直線コースへ。逃げ込みを図ろうとしたモンドクラッセですが、残り200mで一杯、ここで内から脚を伸ばしてきたローマンレジェンドロワジャルダンの2頭が併せ馬の形で抜け出します。ゴール前、外からカゼノコが力強い末脚で猛追しますが、ロワジャルダンがこれを凌いで優勝。アタマ差の2着にカゼノコ、そこからクビ差の3着にローマンレジェンドが入っています。
 
公認プロ予想家では凄馬勝子プロが的中しています。
 
 
☆☆☆注目プロ →岡村信将プロ
土日34レースを予想し、12レースの単勝を的中させる高精度予想を披露した岡村信将プロ。勝負レースに指定した7(土)福島11Rの◎ヤマニンボワラクテ(3.0倍)をはじめ、京都8Rセンターピース(6.8倍)、京都3Rダイナミックアロー(5.4倍)、東京4Rダイチラディウス(6.7倍)など次々と的中!土日トータル的中率は圧巻の70%、回収率137%、収支プラス12万5970円をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →山崎エリカプロ
7(土)京都11RファンタジーステークスGIIIで『前走でマークしたPP 指数はりんどう賞の2着馬メジェルダと同等。しかも、メジェルダよりもキャリアの浅い時点でマークしたことに価値がある』と狙った◎キャンディバローズの複勝、馬連を仕留め、4万7650円を払い戻し!翌日の東京11Rアルゼンチン共和国杯GIIでは『今年は道悪で行われることもあり、よりスタミナが問われるレースになりそう。「道悪巧者」と「前走で厳しい流れを経験」を重視』と本命に推した◎メイショウカドマツからの馬連、ワイドを的中させ、4万800円を払い戻しました!週末トータル回収率124%をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →伊吹雅也プロ
7(土)京都11RファンタジーステークスGIIIで『前走との間隔に余裕のある馬が強いレース。夏季競馬の早い時期から好走していた馬を重視』と本命に推した◎キャンディバローズからの3連複を800円的中!3万5920円を的中させました。この他にも勝負レースに指定した福島12Rで▲×◎の印で4万2640円を払い戻し!週末トータル回収率120%をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →河内一秀プロ
7(土)京都11RファンタジーステークスGIIIで▲○◎の大本線的中!3連複44.9倍を1000円、3連単394.8倍を100円的中させ、8万4380円を払い戻しました!この他にも勝負レースに指定した京都2R東京4R、8(日)福島3Rもしっかり的中!週末トータル回収率107%をマークしています。
 
※全レースの結果速報はこちら
  
今週も競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家の予想にご注目下さい。

[もっと見る]

⇒もっと見る

ボールライトニングの口コミ


口コミ一覧
閲覧 257ビュー コメント 5 ナイス 53

JRAは2012年に「ダービーからダービーへ」を掲げ、2歳新馬戦が日本ダービー翌週に行われるようになりました。それ以来、ある年を除いてダービー馬の仔がダービーを制しています。

ある年とは、2014年のダービーで、ワンアンドオンリー勝ちました。(ハーツクライ産駒)
先日の慶祝じゃないですが、現天皇陛下が皇太子殿下だった時に台覧されている特別な競走でした。

今回、この京王杯2歳Sに、POG馬が出走します。キズナの初年度産駒です。
POG馬を探している時は、やはりダービー馬の産駒を中心に選定しましたが、まさか函館2歳を勝つとは思いませんでした。

このレースの近5年を調べていくと、2015年から2016年で本賞金の増額がされています。
ここで注目したいのは、新馬戦の負担重量です。
2018年 1着ファンタジスト 54
2017年 1着タワーオブロンドン 54
2016年 1着モンドキャンノ 54
2015年 1着ボールライトニング 55

2016年11月5日(土)5回東京1日目
11R 第52回 京王杯2歳ステークス GⅡ 芝・左 1400m サラ系2歳オープン (国際)(指定) 馬齢
本賞金:3,800万 1,500万 950万 570万 380万

2015年11月7日(土)5回東京1日目
11R 第51回 京王杯2歳ステークス GⅡ 芝・左 1400m サラ系2歳オープン (国際)(指定) 馬齢
本賞金:3,600万 1,400万 900万 540万 360万

このレースの1着馬は、いずれも新馬戦を勝ち上がった馬ですが、2015年は斤量55kgで、賞金増額の年から斤量54kgの馬たちが勝ち始めました。この負担重量の差は、番組表上のルールで、夏競馬と秋競馬の違いです。このレースは、「秋デビューじゃなくて、夏デビューで、間隔を十分とってねー」なんて言っている感じです。
牝馬は新馬から桜花賞直前まで54kg一律ですが、牡馬の馬齢重量は時間の経過と共に変化していくのを注意すると色々と分かることがあります。

【過去3年間の戦歴】
2017年
1着タワーオブロンドン 5R新馬① → クローバー賞② → (秋)ききょうS①
2着カシアス 5R新馬② → 未勝利① → 函館2歳①
3着アサクサゲンキ 6R新馬④ → 未勝利② → 未勝利① →小倉2歳①

2018年
1着ファンタジスト 6R新馬[指定]① → 小倉2歳①
2着アウィルアウェイ 新馬① → ダリア賞①
3着カルリーノ 新馬④ → 未勝利① → 函館2歳③
5着アスターペガサス 5R新馬(混合)[指定]① → 函館2歳①

2017年から2018にかけて続いていることは、連対馬は2歳GⅢ戦勝利馬が条件のようです。
ファンタジスト と アスターペガサス は、同じ新馬勝ちですが、前者は6R[指定]、後者は5R新馬(混合)[指定]でした。

2019年有力馬
マイネルグリット 5R新馬[指定]① → フェニックス賞① → 小倉2歳①
ビアンフェ 5R新馬[指定]② → 未勝利① → 函館2歳①
タイセイビジョン 5新馬(混合)[指定]① → 函館2歳②

マイネルグリットは、フェニックス賞(OP特別)から中2週で小倉2歳を勝った馬で、かなりの強行軍でした。
タイセイビジョンは、函館2歳を勝っていません。

枠順発表前なので、完璧に合致する馬はいませんが、今のところ ビアンフェ(POG馬)です。
単なる思い入れだけではないですが、想いと考えが一致して後悔はなさそうです。
ビアンフェの馬名意味は、上出来、かっこいい(仏)です。
平たくいえば「よくやったねぇ」ってことです。
ここは通過点で朝日杯へ行って欲しいです

では

 藤沢雄二 2019年8月25日() 14:50
8月25日のWIN5予想
閲覧 77ビュー コメント 0 ナイス 5

今回も締切間際にバタバタ書いてます。
早い段階で3レースは絞れたのですけど、札幌のワールドオールスターJと小倉日経オープンが絞れなくて…。


【札幌10R ワールドオールスターJ第3戦】①キタサンタイドー ③アノ ⑫ヴォカツィオーネ ⑬マイネルカイノン
【新潟10R 朱鷺S】⑩フロンティア
【小倉11R 小倉日経オープン】⑪アウトライアーズ ⑬マイネルフラップ ⑦ボールライトニング ⑫サーブルオール ②レトロロック
【札幌11R キーンランドC】⑬ダノンスマッシュ
【新潟11R 新潟2歳S】⑪モーベット
4×1×5×1×1=20

札幌のワールドオールスターJは馬もさることながら騎手買い。
武豊がキタサンで勝てば盛り上がるだろうというミーハー心が初手w

朱鷺Sはフロンティアで堅いと思う。

逆に小倉日経オープンは印を打った馬を全部拾った。

キーンランドCはダノンスマッシュで大丈夫だと思う。

新潟2歳Sは藤沢和雄厩舎のマイル力を信じてモーベットで勝負!

当たりますように。

[もっと見る]

 tntn 2019年8月7日(水) 00:20
関屋記念の乗る乗らん! 
閲覧 137ビュー コメント 43 ナイス 120

**************************
サマーマイルシリーズの第2戦!

新潟の夏のマイル重賞として君臨!

「関屋記念」の乗る乗らん!
※鞍上予定は、ギャロップより。 ☆=過去勝利数。
--------------------

※継続騎乗※

エントシャイデン。。。。。中谷雄太
オールフォーラヴ。。。。。和田竜二
キョウワゼノビア。。。。。中井裕二
ケイデンスコール。。。。。石橋脩
サラキア。。。。。。。。。丸山元気
ストーミーシー。。。。。。大野拓弥
ソーグリッタリング。。。。浜中俊
トミケンキルカス。。。。。柴田大知
ハーレムライン。。。。。。木幡巧也
ミエノサクシード。。。。。川島信二
リライアブルエース。。。。吉田豊
ロードクエスト。。。。。。Mデムーロ

※乗り替わり※

アストラエンブレム。。。☆内田博幸
サンマルティン。。。。。。津村明秀
ディメンシオン。。。。。☆戸崎圭太
ファストアプローチ。。。。木幡育也
フローレスマジック。。。☆三浦皇成
ボールライトニング。。。。江田照男
マイネルアウラート。。。。野中悠太郎
ミッキーグローリー。。。。Cルメール
ヤングマンパワー。。。。。武藤雅
ランガディア。。。☆☆☆☆北村宏司
ロシュフォール。。。。。☆田辺裕信

ブレスジャーニー。。。。。○○○○

--------------------

@【ランガディア】☆4のヒロシさんが乗れば。。。

@【ロシュフォール】2週連続重賞勝ち田辺さん!

@【ミッキーグローリー】スイッチ入ったクリストフ!休み明けだけ?

@【ソーグリッタリング】エプソム2着の浜中さん。ロジャーバローズ~

@【ケイデンスコール】サンデーx石橋脩。新潟2歳S優勝など新潟マイル2勝!

@【オールフォーラヴ】2連勝中!ディープ産駒!

@【ミエノサクシード】中京記念再先着4着!川島さん。。。んー。ヾ(ーー )

@【リライアブルエース】福島OP1着からタッグそろそろ一発!東の豊!

@【サラキア】逃げ?夏の牝馬、鞍上も元気!ヾ(ーー )

******************

ディープインパクト産駒ワンツースリー!

https://umanity.jp/home/view_diary.php?id=294d99f8fd&owner_id=4a85df85ef

****************************

[もっと見る]

⇒もっと見る

ボールライトニングの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

ボールライトニングの写真

ボールライトニング

ボールライトニングの厩舎情報 VIP

2019年9月29日ポートアイランドS (L)12着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ボールライトニングの取材メモ VIP

2019年3月3日 大阪城ステークス 6着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。