キョウエイギア(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
キョウエイギア
写真一覧
現役 牡5 鹿毛 2013年2月16日生
調教師矢作芳人(栗東)
馬主田中 晴夫
生産者村上 幹夫
生産地青森県
戦績13戦[4-1-3-5]
総賞金4,707万円
収得賞金2,075万円
英字表記Kyoei Gere
血統 ディープスカイ
血統 ][ 産駒 ]
アグネスタキオン
アビ
ローレルアンジュ
血統 ][ 産駒 ]
パラダイスクリーク
スマートダーリン
兄弟 ツクバローレルタイホウパーリオ
前走 2016/11/06 みやこステークス G3
次走予定

キョウエイギアの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
16/11/06 京都 11 みやこS G3 ダ1800 163520.387** 牡3 57.0 M.バルザ矢作芳人496(0)1.51.0 0.937.2⑥⑥⑥④アポロケンタッキー
16/10/01 阪神 11 シリウスS G3 ダ2000 11444.938** 牡3 56.0 M.デムー矢作芳人496(+11)2.03.5 1.838.1マスクゾロ
16/07/13 大井 11 ジャパンDD G1 ダ2000 12--------1** 牡3 56.0 戸崎圭太矢作芳人485(--)2.05.7 -0.9----ケイティブレイブ
16/05/22 京都 10 鳳雛S OP ダ1800 10335.841** 牡3 56.0 松若風馬矢作芳人480(+2)1.51.3 -0.036.8マイネルバサラ
16/05/15 東京 10 青竜S OP ダ1600 1281122.063** 牡3 56.0 中谷雄太矢作芳人478(+2)1.37.3 0.436.3グレンツェント
16/04/03 中山 10 伏竜S OP ダ1800 155923.075** 牡3 56.0 中谷雄太矢作芳人476(+4)1.53.2 0.839.1⑤⑤ストロングバローズ
16/02/28 小倉 10 くすのき賞 500万下 ダ1700 166122.511** 牡3 56.0 中谷雄太矢作芳人472(+4)1.46.5 -0.338.4コウエイエンブレム
16/01/05 中山 7 3歳500万下 ダ1800 16234.412** 牡3 56.0 池添謙一矢作芳人468(-4)1.55.1 0.037.0⑤⑤⑥⑤マイネルバサラ
15/12/19 阪神 9 樅の木賞 500万下 ダ1800 148148.625** 牡2 55.0 川田将雅矢作芳人472(-6)1.53.6 1.038.1スマートシャレード
15/12/05 中京 10 寒椿賞 500万下 ダ1400 13457.043** 牡2 55.0 中谷雄太矢作芳人478(-6)1.24.8 0.337.3⑧⑥クリスタルタイソン
15/11/05 門別 10 北海道2歳優 G3 ダ1800 10--------4** 牡2 55.0 中谷雄太矢作芳人484(--)1.56.2 0.5----タイニーダンサー
15/10/03 阪神 1 2歳未勝利 ダ1800 165105.331** 牡2 55.0 中谷雄太矢作芳人478(0)1.54.8 -0.839.1⑤⑤ラニ
15/09/21 阪神 6 2歳新馬 ダ1800 9118.963** 牡2 54.0 中谷雄太矢作芳人478(--)1.57.3 0.638.8⑦⑥⑤⑦マイネルアトゥー

キョウエイギアの関連ニュース

 5月30日(水)に浦和競馬場で行われるサンケイスポーツ賞さきたま杯のJRA所属の出走予定馬および補欠馬が13日、発表された。

 「第22回サンケイスポーツ賞さきたま杯」(浦和競馬場、交流GII、4歳以上オープン、グレード別定、ダート・左1400メートル)

【JRA所属の出走予定馬】4頭グレイスフルリープ(牡8歳、栗東・橋口慎介厩舎、武豊騎手)サクセスエナジー(牡4歳、栗東・北出成人厩舎、騎手未定)ネロ(牡7歳、栗東・森秀行厩舎、騎手未定)ベストウォーリア(牡8歳、栗東・石坂正厩舎、戸崎圭太騎手)

【JRA所属の補欠馬】5頭(補欠順位順)1.ルグランフリソン2.キョウエイギア3.ベストマッチョ4.コパノマイケル5.エポック

【古馬次走報】セダブリランテス、新潟記念で復帰予定 2018年5月4日(金) 05:00

 ★中山金杯を制し、左橈骨(とうこつ)遠位端の軽微な剥離骨折で戦列を離れているセダブリランテス(美・手塚、牡4)は、新潟記念(9月2日、新潟、GIII、芝2000メートル)で復帰予定。僚馬でマイラーズC12着ヤングマンパワー(牡6)は、関屋記念(8月12日、新潟、GIII、芝1600メートル)へ。同じく僚馬でアンタレスS15着モンドインテロ(牡6)は、七夕賞(7月8日、福島、GIII、芝2000メートル)へ向かう。

 ★かきつばた記念2着キングズガード(栗・寺島、牡7)は放牧を経て、藤岡佑騎手でプロキオンS(7月8日、GIII、中京、ダ1400メートル)に向かう。

 ★谷川岳S2着タイセイサミット(栗・矢作、牡5)はメイS(19日、東京、OP、芝1800メートル)。僚馬で晩春Sを勝ってオープン昇格を決めたリライアブルエース(牡5)は京王杯SC(12日、東京、GII、芝1400メートル)に進む。2年前のみやこS7着以来休養していたキョウエイギア(牡5)は平安S(19日、京都、GIII、ダ1900メートル)で復帰する。

 ★京都牝馬S5着ワンスインナムーン(美・斎藤誠、牝5)は、函館スプリントS(6月17日、函館、GIII、芝1200メートル)へ。僚馬でダービー卿チャレンジT13着クラリティスカイ(牡6)は、大沼S(6月23日、函館、OP、ダ1700メートル)を目指す。

 ★スワンS7着後、休養しているトーセンデューク(栗・藤原英、牡7)は都大路S(12日、京都、OP、芝1800メートル)。ここには洛陽S6着キョウヘイ(栗・宮本、牡4)も参戦する。

 ★かきつばた記念6着のローズプリンスダム(美・畠山、牡4)はアハルテケS(6月9日、東京、OP、ダ1600メートル)を視野に。

[もっと見る]

【天皇賞・春】レースの注目点 2018年4月23日(月) 16:50

大阪杯13着の雪辱期すシュヴァルグラン 3着→2着の天皇賞・春で3度目の正直なるか



 昨年のジャパンC優勝馬シュヴァルグラン(牡6歳、栗東・友道康夫厩舎)は、3度目の天皇賞・春挑戦となる。同馬は、久々の芝2000メートル戦となった前走の大阪杯で13着に敗れたが、芝3000メートル以上のレースでは4戦1勝、2着2回、3着1回と安定した成績を残しており、天皇賞・春では2016年3着、2017年2着と着順を上げている。果たして、シュヴァルグランは、得意の長距離戦で2つ目のGIタイトルを手にすることができるだろうか。



 Vなら、前走2桁着順馬の天皇賞・春制覇は、2012年ビートブラック阪神大賞典10着)以来6年ぶり2頭目。前年2着馬の勝利は、1983年アンバーシャダイ以来35年ぶり2頭目となる。ちなみに、グレード制が導入された1984年以降、JRAの同一GIレースに3度出走し、3着→2着→1着という成績で3度目の正直を決めた馬には、1997年安田記念優勝のタイキブリザード、2017年有馬記念優勝のキタサンブラックがいる。



 また、シュヴァルグランには、前走、三浦皇成騎手が騎乗していたが、今回の鞍上はジャパンC優勝時に騎乗していたH・ボウマン騎手の予定。なお、ボウマン騎手の天皇賞・春での騎乗は、2016年フェイムゲーム(8着)以来2年ぶりとなる。

★4年連続2着のハーツクライ産駒 今年はシュヴァルグランなど5頭登録



 今年の天皇賞・春には、ハーツクライ産駒がカレンミロティック(セン10歳、栗東・平田修厩舎)、サトノクロニクル(牡4歳、栗東・池江泰寿厩舎)、シュヴァルグラン(牡6歳、栗東・友道康夫厩舎)、チェスナットコート(牡4歳、栗東・矢作芳人厩舎)、ピンポン(牡8歳、美浦・粕谷昌央厩舎)と5頭登録している。



 同産駒は、天皇賞・春で勝ち星を挙げていないが、2014年から4年連続で2着に入っており、芝3400メートルのダイヤモンドSでは3連覇を含む4勝を挙げている。さて、ハーツクライ産駒は、今年こそ天皇賞・春で勝利を挙げることができるかどうか。なお、父は2005年の天皇賞(春)で5着となっている。



 また、天皇賞・春で3勝を挙げているステイゴールド産駒は、レインボーライン(牡5歳、栗東・浅見秀一厩舎)が登録。勝てば、サンデーサイレンス産駒と並ぶ天皇賞・春最多の4勝となる。

ディープスカイ産駒クリンチャー、4度目の挑戦でGI初勝利なるか



 9戦3勝のクリンチャー(牡4歳、栗東・宮本博厩舎)は、4度目のGI挑戦となる。同馬は、昨年1月16日のデビュー戦で12着に敗れたが、続く未勝利→すみれSと連勝し、三冠レースに駒を進めた。春のクラシックでは、皐月賞4着、ダービー13着という結果だったが、秋の菊花賞では2着に入り、4歳を迎えた今年は京都記念1着、阪神大賞典3着という成績を残している。



 果たして、重賞レースで経験を積んだクリンチャーは、4度目の挑戦でGI初制覇を成し遂げることができるだろうか。なお、ダービー2桁着順馬で、その後GIを制した馬には、2年連続JRA賞年度代表馬に輝いたキタサンブラックなどがいる。



 また、クリンチャーの父は、2008年のダービー馬ディープスカイで、同産駒にはJRA・GI初制覇がかかる。なお、ディープスカイの血統登録頭数は、2013年生まれをピークに減少していたが、産駒からサウンドスカイ(2015年全日本2歳優駿、キョウエイギア(2016年ジャパンダートダービー)といった“統ーダートGI馬”が誕生しており、2017年生まれは前年(4頭)を上回る18頭が登録している。

[もっと見る]

【みやこS】厩舎の話2016年11月4日(金) 05:03

 ◆アスカノロマン・和田騎手 「少し重いかな」

 ◆アポロケンタッキー・山内師 「まともに走れば前回のような結果にはならない」

 ◆インカンテーション・藤岡康騎手 「確認する程度だったが、動きは良かった」

 ◆カゼノコ・野中師 「反応も息遣いも良かった」

 ◆キョウエイギア・武村助手 「使って動きも素軽くなっている」

 ◆グレンツェント・加藤征師 「春よりだいぶ動けるようになり、しっかりとしてきた」

 ◆タムロミラクル・西園師 「使ってきている馬だから、時計はこれくらいでいい」

 ◆モンドクラッセ・清水英師 「うまく立ち回れば」

 ◆ラニ・松永幹師 「(急仕上げの)前走より状態はいい」

 ◆ロワジャルダン・戸田師 「ここを目標に状態はいい」

みやこSの出馬表はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【みやこS】追って一言2016年11月3日(木) 05:07

 ◆インカンテーション・藤岡康騎手 「動きはよかった。ハミのかかりが良すぎるが、競馬にいけば大丈夫」

 ◆カゼノコ・野中師 「反応も息遣いもよかった。長くいい脚をつかうからこの条件はいい」

 ◆キョウエイギア・武村助手 「休み明けを1回使って調教の動きも素軽くなっている」

 ◆サクラエール・羽月師 「体調はよく絶好調。ダートの1800メートルで新味が出れば」

 ◆ナリタスーパーワン・松永昌師 「札幌以来だが、仕上がりは悪くない」

 ◆マイネルクロップ・飯田雄師 「以前の休み明けに比べれば、今回の方がいい」

 ◆メイショウイチオシ・庄野師 「もまれ弱いのでうまく先行できれば」

 ◆メイショウヒコボシ・安達師 「前走より時計は速かったし、これぐらい動けば合格」

 ◆モルトベーネ・松永昌師 「予定より速い時計が出たのは、具合がいいからだろう」

 ◆モンドクラッセ・清水英師 「最後まで気を抜かせないように走らせた。回復するのに少し時間がかかったが、順調に乗り込めている」

みやこSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【みやこS】キョウエイギア上々12秒3 2016年11月2日(水) 11:54

 キョウエイギアはジャパンダートダービー圧勝以来だった前走・シリウスSで、失速して8着。「息の入らない流れであの止まり方は久々のせいかな」(武村助手)と、叩かれた今回は何としても結果を出したい。

 栗東坂路で単走。スムーズにラップを速め、一杯に追われたラスト1Fも切れのいい脚さばきで12秒3と、スピード感たっぷりに動いた。

 「先週一杯にやったので、54~5秒台を予定していたが、少し速くなったね。でもけいこはいくらでも走るから遅くなるよりはいい。前走は11キロ増えていたが、太めより成長分のほうが大きかった。叩いて良くなるタイプ。上積みがあるし、斤量は重いが巻き返したい」と、古馬を蹴散らす快走を期待していた。(夕刊フジ)

みやこステークスの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

⇒もっと見る

キョウエイギアの関連コラム

閲覧 1,465ビュー コメント 0 ナイス 13

 3歳馬のダートチャンピオンを決めるジャパンダートダービー。このレースは、南関東馬にとっては羽田盃、東京ダービーから続く、3歳クラシックの最終関門です。東京ダービーと同距離コースで行われることや、中央馬は8月のレパードSを目標にしていることも多いため、意外と南関東馬の活躍が目立っているのが特徴。

 過去10年で南関東馬が優勝したのは、昨年のヒガシウィルウィンと2010年マグニフィカ。2014年にはハッピースプリントが2着したのみですが、中央馬が圧倒的なダートグレードの傾向を考えると、十分がんばれていると言えるでしょう。2007年には中央の強豪を抑えて、南関東のフリオーソ、アンパサンドがワン、ツーを決めたこともありました。これらの共通項は、マグニフィカを除いては前走の東京ダービーで2着以内ということ。マグ二フィカは東京ダービーの3着馬でした。

 しかし、マグニフィカが優勝した2010年は、東京ダービーの優勝馬マカニビスティーが主催元のルールにひっかかり出走叶わず、さらに東京ダービーの2着馬ガナールは枠順決定後に疾病で発走除外。2010年は東京ダービーの1,2着馬でしたから、基本的に南関東馬は、「東京ダービー2着以内なら、チャンスがある」と考えたほうが良さそうです。

 逆に中央馬は、どのような馬が有力かというと、当たり前だと言われてしまいそうですが、デビューからこれまでのダート戦で連対を外したことがない馬です。しかし、地方馬よりもキャリアが浅い中央馬は、例年そのタイプが何頭か出走しています。例えばダートで2戦2勝だったとしても、G1のこの舞台でオープン勝ちの実績さえもない馬を本命にするのはさすがに危険でしょう。

 しかし、「デビューからダートの連対率100%で、一度は中央のダ1800mのオープン勝ち」という条件を加えると、対象馬はかなり絞れます。前記の該当馬の過去10年のこのレースでの成績は【4・0・0・1】。1着の該当馬は2013年クリソライト、2012年ハタノヴァンクール、2011年グレープブランデー、2008年サクセスブロッケン。遡れば2006年のフレンドシップもこのパターンで優勝しています。

 唯一の4着以下馬は、昨年のストロングバローズでこのレースでは7着に凡退しました。前記した勝ち馬との大きな違いは、前走ユニコーンSに出走して連対したこと。重賞レースを大目標とし、そこで好走すれば当然、疲れが出るもの。確かに2015年のノンコノユメのように、ユニコーンSの勝ち馬でありながら、このレースで強い勝ち方をする場合もあります。

 しかし、その半面で昨年のサンライズノヴァ、2016年のゴールドドリーム、2013年ベストウォーリア、2012年のストローハット、2010年のバーディバーディは、ユニコーンSの優勝馬でありながら、このレースでは大きく人気を裏切りました。サンライズノヴァは7着、ゴールドドリームは3着、ベストウォーリアは5着、ストローハットは7着、バーディバーディは6着です。

 これまでダ1600m路線を中心に使われている馬は、おおむねユニコーンSが目標。ダ1800m路線を中心に使われている馬は、おおむねジャパンダートダービーが目標。ノンコノユメのように両方勝つには、その世代において断然の実力馬である必要性があります。ユニコーンSの勝ち馬は毎年人気になりますが、意外と人気に応えることができず、それらがぶっ飛ぶことで、波乱の結果になっている年もあります。

 実はこのレースのもっとも手堅い狙い方は、中央のダ1800m路線を中心に使われて来た馬を本命馬にすること。特にダ1800mのオープンを含むダ1800m以上で3勝以上をあげた馬のこのレースでの成績は、過去10年で過去10年で【5・1・0・2】。1着の該当馬は、2016年のキョウエイギア、2014年のカゼノコ、2013年のクリソライト、2012年のハタノヴァンクール、2011年のグレープブランデー。2着の該当馬は、2015年のクロスクリーガーです。

 4着以下に敗れたのは、昨年のリゾネーターと2010年のトーセンアレスですが、リゾネーターは、休養明けでオープンの伏流Sを勝利した後の一戦で、二走ボケを起こしたもの。また、トーセンアレスは皐月賞日本ダービーに出走してズルズルの競馬をした後の一戦でした。要するに休養明けでオープン勝利後か、芝のクラシックを使われた馬でなければ信頼できることになります。


 まとめるとこうなります!

 ●本命候補
 ・デビューからダートの連対率100%で、一度は中央のダ1800mのオープン勝ちを含む馬。
  (前走ユニコーンS出走馬を除く)
 ・一度は中央のダ1800mのオープンを含む、ダ1800m以上で3勝以上をあげた馬。
  (休養明けの前走でオープンやグレードレースを優勝した馬や、前走で芝のクラシックに出走していた馬を除く)

 ●穴馬候補
 ・東京ダービーで2着以内だった馬。

山崎エリカさんのダートグレード競走最新予想はこちらからご覧いただけます!!


登録済みの方はこちらからログイン

2017年7月11日(火) 11:36 山崎エリカ
【山崎エリカのダートグレード攻略】~ジャパンダートダービー2017~
閲覧 2,612ビュー コメント 0 ナイス 8

 3歳馬のダートチャンピオンを決めるジャパンダートダービー。南関東の馬にとっては羽田盃、東京ダービーから続く、クラシックの最終戦となります。また、このレースは東京ダービーと同舞台で行われることや、JRA勢よりも地方勢のほうがレース経験が豊富なため、南関東馬の活躍がなかなか目立っています。

 過去10年で南関東馬が勝利したのは、2007年フリオーソ、2010年マグニフィカ。2着入線馬は、2007年アンパサンド、2014年ハッピースプリント。この4頭の共通項は、マグニフィカを除いては前走の東京ダービーで2着以内ということ。

 しかし、マグニフィカが勝利した2010年は、JRA勢が手薄の上に、東京ダービーの1,2着馬が不出走という背景がありました。東京ダービーの勝ち馬マカニビスティーは、主催元のルールにひっかっかり出走叶わず。2着馬ガナールは枠順決定後に疾病で競走除外になったのです。マグニフィカは東京ダービーの3着馬。逃げるとしぶとい馬ではありましたが、東京ダービーの上位2頭が開けた穴を埋める形で勝利した感もあります。

 他に東京ダービーの3着馬は、2008年のこのレースでコラボスフィーダが7番人気で3着入線したこともありましたが、その年もレベルが低い年。南関東馬を狙うに当たっての一応の基準は、「前走の東京ダービー2着以内」と考えたほうがいいでしょう。

 逆にJRA勢は、どのような馬が有力かというと、当たり前だと言われてしまいそうですが、デビューからこれまでのダート戦で連対を外したことがない馬です。しかし、地方馬よりもキャリアが浅い中央馬は、そのタイプが何頭か出走しています。当然ダートで2戦2勝だったとしても、G1のこの舞台でオープン勝ちの実績さえもない馬を本命にするのはさすがに危険でしょう。

 しかし、「デビューからダート戦の連対率100%で、一度はJRAのダ1800mのオープン勝ち」という条件を加えると、対象馬はかなり絞れます。前記の該当馬の過去10年のこのレースでの成績は【4・0・0・1】。1着の該当馬は2008年サクセスブロッケン、2011年グレープブランデー、2012年ハタノヴァンクール、2013年クリソライト。遡れば2006年のフレンドシップもこのパターンで勝利しています。

 唯一の4着以下馬は、昨年のストロングバローズでこのレースでは7着に凡退しました。前記した勝ち馬との大きな違いは、前走ユニコーンSに出走していたこと。重賞レースを大目標とし、そこで好走すれば当然、疲れが出るもの。確かに一昨年のノンコノユメのように、ユニコーンSの勝ち馬でありながら、このレースで強い勝ち方をする場合もあります。

 しかし、その半面で2010年のバーディバーディ、2012年のストローハット、2013年ベストウォーリア、昨年のゴールドドリームは、ユニコーンSの勝ち馬でありながら、このレースで人気を大きく裏切りました。バーディバーディは6着、ストローハットは7着、ベストウォーリアは5着。昨年のゴールドドリームはよくがんばりましたが、それでも勝ち馬から離された3着が精一杯でした。

 これまでダ1600m路線を中心に使われている馬は、おおむねユニコーンSが目標。ダ1800m路線を中心に使われている馬は、おおむねジャパンダートダービーが目標。『ニ頭を追う者は、一頭も得ず』であるように、両レース狙いはストロングバローズのよう両方勝てないことが多いもの。ノンコノユメのように両方勝つには、その世代において断然の実力馬である必要性があります。

 ユニコーンSの勝ち馬はお決まりのように過剰人気になるので、JRAのダ1800m勝ちの実績のないタイプは、いっそぶった切って穴狙いするのもひとつの手段でしょう。いや、どちらかというと、ユニコーンSの勝ち馬を本命にすることのほうが、実はギャンブル的な打ち回しだったりするのです。

 実は一番手堅い方法は、JRAのダ1800m路線を中心に使われて来た馬を狙うこと。特に一度はダ1800mのオープンを含むダ1800m以上で3勝以上を挙げた馬のこのレースでの成績は、過去10年で【5・1・0・1】。1着の該当馬は、2011年のグレープブランデー、2012年のハタノヴァンクール、2013年のクリソライト、2014年のカゼノコ、2016年のキョウエイギア。2着の該当馬は、2015年のクロスクリーガー

 唯一の4着以下は、2010年のトーセンアレスですが、7頭中5頭もこのレースを勝利しているとなると、けっこう信頼できるのでは? それにこのタイプは昨年のキョウエイギアのように、これまでに4着以下に敗れたことが何度かあると、人気薄になることがあります。ユニコーンSの勝ち馬の回収率の悪さを考えれば、こちらのタイプを狙ったほうがお得でしょう。


 まとめるとこうなります!

 ●本命候補
 ・デビューからダート戦での連対率100%で、一度はJRAのダ1800mのオープン勝ちを含む馬。(前走ユニコーンS出走馬を除く)
 ・一度はダ1800mのオープンを含む、ダ1800m以上で3勝以上を挙げた馬。

 ●穴馬候補
 ・東京ダービーで2着以内だった馬。

ジャパンダートダービー特集はこちら

山崎エリカさんのダートグレード競走最新予想(「競馬プロ予想MAX」)はこちらからご覧いただけます!!

[もっと見る]

2016年10月1日() 14:00 凄馬プロジェクトチーム
第210回『凄馬出馬表分析&馬券検討』~シリウスステークス G3
閲覧 734ビュー コメント 0 ナイス 2

みなさんこんにちは!

本日は阪神11R「シリウスステークス G3」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「-1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】は競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「-1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。






第1グループ(橙)は、ピオネロから1.0ポイント差(約1馬身差)内のランウェイワルツマスクゾロまで3頭。
第2グループ(黄)は 、カゼノコから1.0ポイント差(約1馬身差)内のミツバトウシンイーグルまでの3頭。
第3グループ(薄黄)は、アポロケンタッキーから同差内のシンゼンレンジャーまで2頭となっていて、以下は第4G(灰)となっています。

上位では第1G→第2G間に1.0ポイントの多少の開きが見られるものの、基本的には上位拮抗の争いというのがこの凄馬出馬表の見立てとなっています。

ここはマスクゾロピオネロ2頭からとも思ったのですが、少し捻って今回私の◎はミツバに期待。意外と少頭数でも前が早くなる可能性と斤量利の2点が主な理由。前走で上り1位をマークしていた馬が近9年(3-1-4-5)であることや、サンデー系・ミスプロ系を併せ持つ馬が好相性というデータにともに該当する点も他馬にはない強みであるとみています。これで先述の2頭にはないダ2000m戦実績でもあればベストだったのですが、それが無くても補って余りある十分な妙味が今回あるだろうと考え本命視しました。
○は先述の2頭で迷いましたが、より出来が良く映った○ピオネロのほうを上に取りました。▲にマスクゾロ
☆に世代トップクラスの能力の持ち主で、56キロで古馬との初対戦でもこの世代ならと思わせるキョウエイギア
今回の私の馬券は◎=○▲からの3複で勝負としたいと思います。

【3複フォーメーション】
◎=○▲=印
11=1,8=1,4,7,8(5点)

[もっと見る]

2016年8月7日() 13:00 競馬プロ予想MAX
「プロ予想MAX四天王の決断!」/レパードステークス G3(スガダイプロ)
閲覧 553ビュー コメント 0 ナイス 2

ウマニティ公認プロ予想家のエースで4番のスガダイさんが絶好調です。函館2歳SアイビスSDと当欄で2週続けてクリーンヒット。しかも、後者は4年連続的中なのですから、もう手が付けられません。この勢いのまま、3連勝を決め手もらいましょう。狙い目は、昨年3連複万馬券を的中させている、相性抜群のレパードSです。
 本命は「JDDを圧勝したキョウエイギアと何度も互角の競馬をしてきた」⑫マイネルバサラ。「一見するとムラ馬にも見える成績だが、千八に限ればパフォーマンスは高いレベルで安定。新潟ダ1800mでは異常なまでの強さを見せるシニスターミニスター産駒というのもプラス」と太鼓判を押してくれました。
 対抗は⑥グレンツェント。単穴は⑤ケイティブレイブ。押さえに①レガーロ、②ネクストムーブ、⑦ピットボス。馬券は単勝⑫、馬連流し⑫→⑤⑥、3連複FM⑫→⑤⑥→①②⑤⑦で勝負します。本レース以外のスガダイプロの予想は、ウマニティのプロ予想MAXでご確認ください!

(ウマニティ編集長・岡田大)

------------------------------------------------
プロ予想MAX四天王の決断!」とは・・・ウマニティが日曜のサンケイスポーツ競馬面にてお届けする連載コラムで、プロ予想MAX最強プロ予想家陣の中でも売上ランキング(前月の月間予想売上)で頂点に君臨する四天王の中から毎週1名の予想家が登場し、重賞予想を掲載しています。
------------------------------------------------

ウマニティ公認プロ予想家の予想はここが違う!
プロ予想家の予想は、予想の収支が完全公開されているガチンコ勝負の予想です。 予想収支を出さない他の予想サイトとは一線を画しています。

【プロ予想家の提供する予想】
1.予想印(◎◯▲△×)による評価
2.コメントで予想根拠を提示※1
3.資金配分をした買い目(予算最大1万円)
※1:コメントの無い予想もあります。コメントの有る無しは購入前に確認できます。

【予想例】覆面ドクター・英プロの安田記念予想
3連単12万7190円を7点買いで的中!178万1400円払戻


「競馬プロ予想MAX」には総勢25名のウマニティ公認プロ予想家がいます!
プロ予想家の収支はリアルタイムで完全公開されています。
まずは、どんな予想家がいるかあなたの目で確かめて下さい。
>>詳しくは競馬プロ予想MAXへ<<

[もっと見る]

2016年7月14日(木) 18:00 みんなの競馬コラム
【七夕賞他】先週の結果などふり返り byうまカレ
閲覧 914ビュー コメント 0 ナイス 5

●悔いのない◎
先週の中央競馬は、土曜中京が田んぼ馬場に。
そのおかげもあり久しぶりに◎アグネスヒーローという、血統予想らしい血統予想がドカンとハマりました。
ぼくは普段馬券は購入しなくて、コラムも書かせていただいているウマニティで仮想購入をして楽しんでいます。
だから今年購入したレースは、自身のあったフェアリーS(◎ラブリーアモン...)と、現地観戦したオークスとダービーだけです。

しかし、七夕賞はダービーの◎リオンディーズに次いで、今年2番目に自信があったので買ってみたのです...。七夕賞血統考察コラムはこちら

クリールカイザー
アルバートドック
ダコール
◎-○▲のワイドをなかなか厚めに...です(^^;)

まぁ結果はご存知の通りなのですが、まるで先週のジョルジュサンク×田辺騎手を見ているような、クリールカイザー×田辺騎手でした。流れが厳しかったですが、でもああいうレースを見せてくれれば外れても後悔はありませんよねぇ。言っていること、主張してきたことは間違っていなかったということなのでそれで良いです。
アルバートドックはHyperionの血が濃いので、ディープ産駒にしては持続力に富むタイプで、将来的にはハーツクライのようにジャスタウェイのようにリトルアマポーラのようにワンアンドオンリーのようにある程度前で競馬ができるようになり、大きいところを取るかもしれない、と書いてきて、だんだんと現実味を帯びてきました。
オリオンザジャパンは内田騎手のプチゴールドシップ皐月賞騎乗(芦毛ですし)の好騎乗がありましたが、クロフネ×サンデーサイレンスで、1/4にあたる母母パーシャンブルーがトニービン×ノーザンテースト(クリアアンバー)でHyperion凝縮。6歳になってのこの成長はこのHyperionの影響といえるでしょう。
広いコース向きの走りなのですが、広いコースの方が瞬発力勝負になり易いというのが競馬の面白いところですね。
4着マイネルラクリマもチーフベアハート×サンデーサイレンスで、母母パイナップルスターはニホンピロウイナー×ノーザンテーストでHyperion6・5×6・5・5と凝縮されています。この「終わりそうで終わらない」競走成績はやはりHyperion、ノーザンテースト影響でしょう(2回目)。
考えて見れば5着クリールカイザーも母父はサッカーボーイですからノーザンテースト持ちでもありますね。

展望コラムでは以下のように書きました。

===(以下、展望コラムより引用)============================
ジャスタウェイ的成長の可能性を秘める
ディープ産駒×戸崎騎手、先週のゼーヴィントと被るアルバートドックはディープ産駒でも母がHyperionが濃い馬で、瞬発力よりも持続力に富んだ馬。だからある程度の位置から粘り込む競馬が出来れば、さらに持ち味が活きるはずで、同じくHyperion的なスタミナに富んだハーツクライジャスタウェイワンアンドオンリーリトルアマポーラも前で受けれるようになって大成しました。前走エプソムCも18頭中11番手からの競馬、以前よりは前目で競馬が出来るようになってきていますし、厩舎の先輩ジャスタウェイ的な大成をする馬かもしれません。

●軽いスピードで平坦が合う
ダコールは母アジアンミーティアが種牡馬Unbridled’s Songの全妹で、アジアンミーティアは父Unbridledと母Trolley Song(Caro×ナスキロ)の柔らかさを併せ持った馬。とはいえ、軽いスピードが出た走りで平坦コースは合っています。この枠なら・・・あとは斤量との戦い。
=============================================

●Hyperion豊富の名繁殖
プロキオンSも、望田先生も以前から指摘されていましたが、タガノトネールにはもう1400は短い。母タガノレヴェントンは、ブラックタイドとの間でタガノエスプレッソを産んだ名繁殖で、キングカメハメハ×トニービン(Hyperion5×3・5)×Nureyev(Hyperion4×4)でNureyev4×3、さらに3代母Likely ExchangeまでもがHyperion5・5×4・4というHyperion凝縮っぷり。南部杯、そして良馬場のフェブラリーあたりで狙ってみたい馬になっています。成長力たっぷりの血ですからタガノスプレッソももう1つや2つ重賞を取るんじゃないかとみています。

リーチザクラウン×欧血
少し前後しますが、オリオンザジャパンに関連していうと、米血が濃い種牡馬クロフネは、母からHyperion的な欧血を取り込むことで成功しています。それはきっと好調な新種牡馬リーチザクラウンにもいえるのではないかと推測できます。
リーチザクラウンは母母クラシッククラウンがChief's Crownの半妹という良血馬で、スペシャルウィーク×Seattle Slew×Mr.Prospector×Secretariatという米血の塊。競走馬としては欧血を取り込めなかったため、先行しても重厚な粘りが効きませんでしたが、このように「競走馬として完璧でなかったこと」が種牡馬としてはプラスに働くのです。
これは決して種牡馬として優遇されたスタートを切ったとはいえない、ステイゴールドにもいえたことで、望田先生はステイゴールドについて以下のように書かれています。
430キロ足らずの牡馬でPrincely Giftの非力さも受け継いで、全勝ち鞍が東京と平坦コース、小さくて非力なのが唯一の弱点で競走馬としてはチャンピオンにはなれなかったけれど、種牡馬としてはこの唯一の弱点を補うことで(補足:ノーザンテーストのクロスなど)チャンピオンを何頭も出したのは周知のとおり。完全無欠のチャンピオンではないからこそ、完全無欠のチャンピオンを出せるのだという、そんなことも教えてくれた馬でした
http://blog.goo.ne.jp/nas-quillo/e/f2ee786e8959abe85b4847f68a199f38

ちなみにリーチザクラウン産駒中央初勝利となったニシノアップルパイは母がアンバーシャダイ×トウショウボーイでノーザンテーストとトウショウボーイを通じるHyperion6・5×5・6、さらに3代母セリナトウショウはPharos5・5×6・5、Swynford7×6・5、その母ビバドンナがDonatello4×2など、リーチザクラウンの父の内包するセントクレスピンの血を増幅する配合をしています。(簡単にいえば重要な欧血が豊富)この馬が出世頭になるのではないかと見込んでいます。

先週の競馬でいえば、函館で圧倒的人気に応え2戦目で勝ちあがったエスケークラウンは、ニシノアップルパイほど欧血凝縮ではありませんが母父がアサティス、さらにAureole≒Alycidon6×7の3/4同血クロスも持っています。

また、福島芝1200m新馬戦を快勝したニシノオウカンのスピードは、マルゼンスキー≒Caerleon4×2の影響と考えられます。

とはいえ、2歳の夏で好調の要因は、米血らしい一本調子の気性を伝えているからだ、ともいえ、欧血を取り込んでいないと短距離で頭打ちになる馬も出てくるでしょう。リーチザクラウン産駒は全頭チェックしていますが、ぼくの中で最も良いなと思ったのはニシノアップルパイです。

●当然のように重馬場で
日曜の中京では1Rでゴールドケープが11番人気3着、2Rでスイフトアタックが10番人気2着と穴を空けたワークフォース産駒ですが、これは重馬場がプラスに働いたとしか言いようがありません。
Nureyev≒Sadler’s Wells4×2、パワーとスタミナに偏重している血統で、日本の種牡馬の中ではナカヤマフェスタと並んで「田んぼ馬場なら黙って買い」種牡馬だと思いますが、この2頭は2010年の田んぼ馬場凱旋門賞で死闘を繰り広げた2頭でした。この2頭が日本で種牡馬をやっているというのがもったいないというかなんというか…(^^;)

アグネスタキオンのダート化
ジャパンダートダービーはディープスカイ産駒のキョウエイギアが優勝しました。
ディープスカイ産駒の配合についてはまたの機会としますが、全日本2歳優駿のサウンドスカイと合わせてこの世代のダート路線を席巻。ダート種牡馬としての地位を確立していくでしょう。
少し視点を広げてみれば、同じアグネスタキオンの後継であったアドマイヤオーラクロスクリーガーを、母父としてもノンコノユメを輩出しました。アグネスタキオンの牝系を考えれば何ら驚きません。
それでもディープスカイは先述リーチザクラウン牝祖がMiss Carmieで同じ。母アビがその牝祖Miss Carmie4×3の牝馬クロスを持ち、Key to the Mintも内包していますからこちらの影響もあるでしょう。


----------


【参考】

『日本サラブレッド配合史―日本百名馬と世界の名血の探究』(笠雄二郎著)
望田潤さんのブログ http://blog.goo.ne.jp/nas-quillo
栗山求さんの連載「血統SQUARE」http://www.miesque.com/motomu/works.html
『覚えておきたい 日本の牝系100』(平出貴昭著)

【うまカレBlog】http://umacollege.blog.fc2.com
【Twitter】https://twitter.com/umacolle
【Facebook】https://ja-jp.facebook.com/umacolle

金沢ユウダイ
【Twitter】https://twitter.com/derby6_1
【ブログ】http://derby6-1.hatenablog.com/


執筆者:うまカレ(MYコロシアム>最新予想にリンク)

------------------------------------------------
あなたも「みんなの競馬コラム」コーナーでコラムニストデビューしてみませんか!
>>応募方法など詳しくはこちら<<
------------------------------------------------

[もっと見る]

2016年5月17日(火) 17:20 競馬プロ予想MAX
先週の回顧~(5/14~5/15)シムーンプロが高配当連発で回収率228%をマーク!
閲覧 789ビュー コメント 0 ナイス 4

先週は、15(日)に東京競馬場でG1ヴィクトリアマイルが行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G1ヴィクトリアマイルの1番人気はミッキークイーンで3.4倍、2番人気ショウナンパンドラ4.4倍、続いて3番人気がスマートレイアーで7.0倍、4番人気ルージュバック8.6倍とここまで10倍を切る形で上位人気を形成しました。
 
注目のスタートは各馬出遅れもなく、ほぼ横一線の中、内からレッドリヴェールが先頭に立ちます。2番手にスマートレイアー、やや間が空いてシャルールウインプリメーラカフェブリリアントマジックタイムルージュバックレッツゴードンキと先行集団を形成。中団からはウリウリクイーンズリングトーセンビクトリーストレイトガールミッキークイーンショウナンパンドラと追走。そこから2、3馬身ほど離れてメイショウマンボシュンドルボンショウナンアデラと続いて最後方にウキヨノカゼの態勢。
 
飛ばすレッドリヴェールの通過タイムは前半600m33秒8(参考)のハイペース、縦長の馬群の中、4コーナー手前で暴走気味にまくっていったカフェブリリアントが先頭に立って直線コースへ差し掛かります。
 
先頭はカフェブリリアントでリードは半馬身、内からはレッドリヴェールウインプリメーラ、馬場の真ん中からはスマートレイアーが前を追います。人気のミッキークイーンショウナンパンドラは大外に進路を取って追い込み態勢。残り300mを通過、ここでカフェブリリアントが一杯になると、内からスルスルと抜群の手応えで上がってきたストレイトガールが代わって先頭!2番手にスマートレイアー、その直後にマジックタイム、内からはミッキークイーン、外からはショウナンパンドラが差を詰めてきます。残り200mを通過、先頭に立ったストレイトガールはここでさらに加速、矢のような脚で後続とのリードを一気に広げると追い込んできくるミッキークイーンショウナンパンドラに2馬身半差をつけての完勝劇!昨年以上の圧巻のパフォーマンスでヴィクトリアマイル連覇を達成しました!勝ちタイムは1分31秒5(良)。2着にミッキークイーン、そこからハナ差の3着にショウナンパンドラが入っています。
 
公認プロ予想家では伊吹雅也プロが的中しています。
 
----------------------------------
 
☆☆☆注目プロ →シムーンプロ
14(土)東京7Rで『単勝は明らかにデムーロ人気だが能力ある。枠もいい。妙味のある3連単を狙っていく。』と◎ラセレシオンからの3連単618.5倍、馬連14.1倍を的中!東京1Rでは◎ノーブルサンズを本命に抜擢!単勝44.1倍、馬連33.5倍、3連複48.6倍を本線的中!週末トータル回収率228%、収支プラス11万9130円の好成績を収めています!
 
☆☆☆注目プロ →スガダイプロ
15(日)東京10Rで『伏竜Sは超ハイレベルな一戦。ダートで初めての敗戦を喫したグレンツェントだが、むしろ評価はアップ。』と狙った◎グレンツェントアルーアキャロルキョウエイギアの大本線で的中!6万1350円を払い戻しました!同日の東京6Rでも◎○▲のパーフェクト予想を披露し、3万2120円を払い戻しました!この他にも的中を連発させ、週末トータル的中率42%、回収率154%、収支プラス14万5380円をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →河内一秀プロ
14(土)新潟11Rで○◎△の印で3連複62.5倍、3連単206.8倍を的中!11万110円を払い戻しました!同日の東京1Rでも単勝44.1倍◎ノーブルサンズ(勝率36.2%)から3連複48.6倍、3連単523倍を的中させ、8万6320円を払い戻しました!週末トータル回収率158%、収支プラス24万4180円の好成績を収めています。
 
☆☆☆注目プロ →dream1002プロ
14(土)京都8Rで◎プレスアテンション(単勝15.6倍)から3連単勝負!○◎△の印で3連単681.9倍を300円的中させ、20万4570円を払い戻しました!週末トータル回収率167%、収支プラス13万5350円を払い戻しています。
 
 
※全レースの結果速報はこちら

競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家の予想にご注目下さい。

[もっと見る]

⇒もっと見る

キョウエイギアの口コミ


口コミ一覧
閲覧 57ビュー コメント 1 ナイス 4

《今週の推奨馬》

★土曜日・阪神10R・瀬戸内海特別(3歳以上1000万芝1400m)
・エイシンスレイマン
(前走に続いて4度目の推奨)
前走は降級初戦で新潟マイルの五頭連峰特別を4着に惜敗。
外が伸びる馬場で内枠だった分だけ負けた格好で実力負けではない。
前々走は4月に現級の府中マイル秩父特別をクビ差ながら勝っているから当然実力上位だ。
1400mは初めてだがマイルを得意としてるので守備範囲で、阪神コースは[1.2.0.0]の連対率100%で大得意だから問題ない。
得意コースで定量戦なら勝ち負け必至。

★土曜日・中山10R・松戸特別(3歳以上1000万ダート2400m)
・オメガドラクロワ
前走は500万に降級初戦の函館ダート2400m平場戦を2馬身半差で完勝して再昇級してきた。
これでダート成績は[3.1.0.2]だが、着外の2回は共に左回りだ。
右回りダートに限ると2戦2勝で、距離は2400mと2500mだから右回りダート長距離戦は抜群の強さがある。
中山は4走前に2500mを勝ってるから問題なく再昇級初戦から狙い撃ち。

★日曜日・阪神9R・夙川特別or★月曜日・中山10R・浦安特別(3歳以上1000万ダート1200m)
・アルーアキャロル
(前々走に続いて6度目の推奨)
前走は8ヶ月ぶりの休み明けで初めてのダート1200mの苗場特別だったから半信半疑で推奨を見送ったが見事に2着に好走。
むしろ速い流れが向いたようで適性があるようだ。
今回はどちらに出走しても初めての右回りとなるが、3歳時にグレンツェントやキョウエイギアなんかと好勝負してきた実力は条件クラスに留まる器ではない。
叩き2戦目の上積みも見込めるし勝ち負け必至。

★月曜日・阪神10R・吹田特別(3歳以上1000万ダート1800m)
・サトノグリッター
前走は小倉ダート1700mの500万平場戦を3馬身差で圧勝して昇級してきた3歳馬。
勝ちタイム1.43.5(不良馬場)は、翌日の重馬場だった1000万西日本スポーツ杯に僅か0.1秒及ばないだけの優秀な時計。
しかも前々走からダートを走るようになって2連勝中でダートでは底を見せてない魅力から、時計的にも昇級初戦でも勝ち負け必至。

 清瀬のよっちゃん 2018年2月20日(火) 11:48
★土曜日の小倉、500万下・くすのき賞の勝馬について★ 
閲覧 218ビュー コメント 4 ナイス 22

写真は、京都府立植物園の「くすのき並木」です



POGの参考になればと、3歳戦を注目しています!



過去5年の3歳戦、くすのき賞の(ダート:1,700)の勝馬と人気、前走を調べました



2013/2/23 タイセイウインディ:10番人気 1/5京都未勝利(ダート1,800)1着
次走:3/23毎日杯:10着

2014/2/15 ビタミンエース:3番人気 1/19京都500万下(ダート1,800)4着
次走:3/16昇竜S:9着

2015/2/22 ライドオンウインド:3番人気 1/18京都500万下(ダート1,800)3着
次走:3/21ファルコンS:13着

2016/2/28 キョウエイギア:1番人気 1/5中山500万下(ダート1,800)2着
次走:4/3伏竜S:5着

2017/2/25 シロニイ:1番人気 1/17京都500万下(ダート1,800)2着
次走:3/18若葉S:4着


勝馬は前走で、ダート1,800を走っている馬が勝っていますね


おまけ

くすのきの花言葉は、「芳香」です

[もっと見る]

 たぶお統括本部長 2017年11月20日(月) 20:03
今週の推奨馬+先週の◎成績
閲覧 116ビュー コメント 1 ナイス 0

《今週の推奨馬》

★土曜日・東京10R・銀嶺S(3歳以上1600万ダート1400m)
・ラユロット
前走は今回と同じ府中ダート1400mの1000万平場戦を3馬身差の圧勝。
前々走はマイルの重賞GⅢユニコーンSを9着に惨敗したが、3走前の500万も府中ダート1400mを勝っているので同舞台は2戦2勝の無敗だ。
前走の勝ちタイム1.22.7(稍重)は、同日の準オープン・テレビ静岡賞では3着に相当する優秀な時計。
ちなみにテレビ静岡賞3着のコロマンデルは次走に準オープンを勝ち上がっている。
まだまだ伸びていく3歳馬で負け無しの舞台なら時計的にも勝ち負け必至。

★日曜日・東京9R・シャングリラ賞(3歳以上1000万ダート1400m)
・アルーアキャロル
(前走に続いて5度目の推奨)
前走は500万に降級初戦で8ヶ月の長期休養あげるだったが、後方4番手くらいから直線半ばでは楽々と抜け出してきて2馬身差での楽勝。
元々は3走前に1000万で2着してた実力馬だから昇級の壁は無い。
4走前の3歳オープン特別青竜Sではハナ差2着に惜敗だったが、この時に僅かハナ差先着されたグレンツェントは既に重賞2勝馬、3着に負かしたキョウエイギアが2走後に交流GⅠジャパンダートダービーを勝っているのだからハイレベルであった。
今回は初めての1400mになるが広々とした府中なら問題なく叩き2戦目で勝ち負け必至。

★日曜日・東京10R・ウェルカムS(3歳以上1600万芝1800m)
・プロディガルサン
(前走に続いて2度目の推奨)
前走は降級2戦目で4ヶ月ぶりの甲斐路Sをクビ差2着に惜敗。
直線では楽な手応えで先頭に立ち楽勝かと思われたが、後方からハクサンルドルフが凄い脚で伸びてきてゴール直前で交わされ惜しい2着だったが、3着以下を2馬身半離しているのだから実力上位は明らか。
これで東京コースは[1.4.0.2]で、着外の2回はGⅠ日本ダービー10着とGⅡ青葉賞の4着なので、GⅢ以下では連を外した事がない。
GⅢの東京新聞杯と東スポ杯2歳S2着の実績は明らかに格上の実績だし引き続き同じ舞台なら勝ち負け必至。

[もっと見る]

⇒もっと見る

キョウエイギアの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

キョウエイギアの写真

キョウエイギア

キョウエイギアの厩舎情報 VIP

2016年11月6日みやこステークス G37着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

キョウエイギアの取材メモ VIP

2016年11月6日 みやこステークス G3 7着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。