タガノエスプレッソ(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
タガノエスプレッソ
写真一覧
現役 牡6 鹿毛 2012年2月12日生
調教師五十嵐忠男(栗東)
馬主八木 良司
生産者有限会社新冠タガノファーム
生産地新冠町
戦績28戦[4-3-2-19]
総賞金11,684万円
収得賞金3,200万円
英字表記Tagano Espresso
血統 ブラックタイド
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
ウインドインハーヘア
タガノレヴェントン
血統 ][ 産駒 ]
キングカメハメハ
フィバリッシュ
兄弟 タガノトネールタガノヴェローナ
前走 2018/07/08 マリーンステークス OP
次走予定

タガノエスプレッソの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
18/07/08 函館 11 マリーンS OP ダ1700 1481453.7117** 牡6 55.0 国分恭介五十嵐忠460(+4)1.44.3 0.538.2⑪⑩⑨⑥ユラノト
18/06/23 函館 11 大沼S OP ダ1700 11558.449** 牡6 57.0 国分恭介五十嵐忠456(-6)1.45.6 1.237.7⑦⑧リーゼントロック
18/05/13 京都 11 栗東S OP ダ1400 164714.677** 牡6 56.0 国分恭介五十嵐忠462(+4)1.23.4 0.735.8⑩⑩ウインムート
18/03/31 阪神 11 コーラルS OP ダ1400 161210.4513** 牡6 56.0 浜中俊五十嵐忠458(0)1.24.5 1.137.3⑬⑭モーニン
18/03/10 阪神 11 ポラリスS OP ダ1400 145833.492** 牡6 57.0 国分恭介五十嵐忠458(0)1.22.8 0.436.2⑫⑩サトノファンタシー
18/01/21 中京 11 東海S G2 ダ1800 164745.0811** 牡6 56.0 北村友一五十嵐忠458(-4)1.53.5 1.738.1⑫⑫⑮⑯テイエムジンソク
17/12/28 阪神 11 ベテルギウス OP ダ1800 168168.956** 牡5 57.0 浜中俊五十嵐忠462(+6)1.52.8 0.837.8⑫⑬⑩⑩ルールソヴァール
17/07/09 函館 11 マリーンS OP ダ1700 145718.962** 牡5 56.0 北村友一五十嵐忠456(+2)1.43.7 0.837.1⑧⑧⑧⑤テイエムジンソク
17/06/24 函館 11 大沼S OP ダ1700 14227.837** 牡5 57.0 北村友一五十嵐忠454(+2)1.44.4 1.637.9⑨⑨⑪⑧テイエムジンソク
17/05/20 京都 11 平安S G3 ダ1900 161218.786** 牡5 56.0 北村友一五十嵐忠452(-2)1.56.6 0.937.3⑬⑬⑪⑫グレイトパール
17/04/15 阪神 11 アンタレスS G3 ダ1800 1661240.2107** 牡5 56.0 北村友一五十嵐忠454(+2)1.50.4 0.535.9⑯⑯⑯⑮モルトベーネ
17/01/21 京都 11 すばるS OP ダ1400 16594.4314** 牡5 57.0 北村友一五十嵐忠452(+2)1.24.6 1.437.8⑥⑦スマートアヴァロン
16/12/25 阪神 12 ファイナルS OP ダ1400 1651043.5121** 牡4 56.0 北村友一五十嵐忠450(+6)1.22.6 -0.035.9⑧⑧エイシンバッケン
16/11/26 東京 11 キャピタルS OP 芝1600 151130.9910** 牡4 56.0 内田博幸五十嵐忠444(0)1.34.8 1.336.4ブラックムーン
16/07/24 中京 11 中京記念 G3 芝1600 168157.6315** 牡4 55.0 M.デムー五十嵐忠444(-2)1.35.1 1.535.3⑧⑧⑨ガリバルディ
16/07/02 中京 11 豊明S 1600万下 芝1600 9779.951** 牡4 57.0 M.デムー五十嵐忠446(-4)1.33.6 -0.133.6グァンチャーレ
16/02/13 京都 11 洛陽S OP 芝1600 105511.666** 牡4 56.0 菱田裕二五十嵐忠450(-4)1.35.1 0.733.5⑦⑧ラングレー
16/01/05 京都 11 スポ京都金杯 G3 芝1600 1781522.998** 牡4 54.0 菱田裕二五十嵐忠454(+12)1.33.6 0.634.1⑦⑦ウインプリメーラ
15/10/25 京都 11 菊花賞 G1 芝3000 18816204.11813** 牡3 57.0 菱田裕二五十嵐忠442(-2)3.05.3 1.436.7⑤⑤キタサンブラック
15/09/27 阪神 11 神戸新聞杯 G2 芝2400 1561089.2138** 牡3 56.0 菱田裕二五十嵐忠444(+6)2.28.0 1.334.8⑬⑬⑪⑩リアファル

⇒もっと見る


タガノエスプレッソの関連ニュース

【マリーンS】厩舎の話

2018年7月6日(金) 05:02

 ◆サンマルデューク・中田助手 「この馬なりに順調。前が飛ばして展開が向いてくれれば」

 ◆サンライズメジャー・小林助手 「前走は好内容。初距離だが、掛かる面は以前よりまし」

 ◆ストロングバローズ・藤岡康騎手 「追い切りは良かった。OPでもやれそうだし、立ち回りひとつ」

 ◆タガノエスプレッソ・坂田助手 「去年(2着)より斤量は軽いし、今回の方が元気はいい」

 ◆タムロミラクル・岩田騎手 「前走は1歩目でつまずいた。力的には通用する」

 ◆ディアデルレイ・勝浦騎手 「硬さがなくていい状態。昨年連勝時の内容が強かったように、能力はある」

 ◆ハイランドピーク・石井助手 「雰囲気は変わりない。逃げる形がベストなのでゲート次第」

 ◆ヒデノインペリアル・田中一厩務員 「前走より良化。スタート次第で逃げても良さそう」

 ◆ブレスアロット・五味助手 「前走は発馬からスムーズなら違った。滞在して状態はいい」

 ◆メイショウスミトモ・南井師 「体調はいい。時計はかかった方がいいので天気がどうか」

 ◆ユラノト・ルメール騎手 「以前はズブかったけど、今は反応がいい。前走は楽勝だし、能力がある」

 ◆ヨシオ・四位騎手 「初騎乗で比較はつかないが、元気はいい。前に行く馬だけど、他に行く馬も多いのがどうか」

 ◆ラストダンサー・池田助手 「B着で走る方に気が向けば。馬場は渋ってほしい」

 ◆リーゼントロック・松岡騎手 「硬さが出ているので軽めの内容。体は絞れた前走と同じくらいになると思う」

【大沼ステークス】メインレース・データ分析(特別編)2018年6月23日() 11:00

大沼ステークスの過去のレース結果をもとに、ファクターごとの傾向に注目し、好走パターンに合致する馬をピックアップしました。予想の際にお役立てください。

※2013年以降の結果をもとに検証

【全般】
中8週以上の間隔をあけて臨んだ馬の好走率が高い

ブレスアロット
ラストダンサー
タムロミラクル
ヨシオ
ストロングバローズ
サウンドスカイ

5~6歳馬が優勢

ブレスアロット
タムロミラクル
タガノエスプレッソ
ヨシオ
ストロングバローズ
サウンドスカイ
アングライフェン

前走6着以下敗退馬の巻き返しが顕著

ブレスアロット
ラストダンサー
タムロミラクル
タガノエスプレッソ
サウンドスカイ
リーゼントロック

斤量57キロ以上馬の好走例が多い

ラストダンサー
タムロミラクル
タガノエスプレッソ

1600m以下のレースにおいて好走経験のある馬の活躍が目立つ

ラストダンサー
ゴーインググレート
タムロミラクル
タガノエスプレッソ
マッチレスヒーロー
ヨシオ
ストロングバローズ
サウンドスカイ
アングライフェン

【人気】
1番人気は及第点の成績
※10時30分現在の1番人気

アングライフェン

2桁人気馬が毎年のように馬券絡み
※10時30分現在の10番人気以下

ゴーインググレート
サウンドスカイ

【脚質】
先行有利

ラストダンサー
タムロミラクル
マッチレスヒーロー
ヨシオ
リーゼントロック

※近3走の走りを参考に先行策をとりそうな馬を想定

【枠順】
連対率は7~8枠が優勢

ストロングバローズ
サウンドスカイ
リーゼントロック
アングライフェン

1~3枠の複勝回収率が高め

ブレスアロット
ラストダンサー
ゴーインググレート

【血統】
ミスプロ系種牡馬を父あるいは母父に持つ馬が優勢

ブレスアロット
ラストダンサー
タガノエスプレッソ
ヨシオ
ストロングバローズ
サウンドスカイ

パワー型あるいはスピード型のノーザンダンサー系種牡馬を父もしくは母父に持つ馬の活躍が目立つ

ゴーインググレート
マッチレスヒーロー
ヨシオ
アングライフェン


【6項目以上該当馬】
サウンドスカイ(7項目)
ラストダンサー(7項目)
タムロミラクル(6項目)
ヨシオ(6項目)



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【大沼ステークス】U指数的考察2018年6月23日() 09:40

大沼ステークスの近年の傾向をもとに、U指数を絡めてピックアップした条件に合致する馬や買い目を提示しました。予想の際にお役立てください。

※2013年以降の結果をもとに検証

<ポイント①>
2013年以降の勝ち馬はすべてU指数4位以内。U指数下位の人気薄が絡んで波乱となるケースもあるが、連軸については基本的に指数上位馬からチョイスしたほうがいい。

1位→⑪アングライフェン
2位→⑤タガノエスプレッソ
3位→②ラストダンサー
4位→⑩リーゼントロック

<ポイント②>
低指数馬の大駆けはたまにあるが、上位勢が全滅ということはない。毎年のように指数1~5位の馬が2頭馬券に絡んでいる。ゆえに、指数6位以下同士の組み合わせは避けたほうがベター。

指数6位以下

ブレスアロット
ゴーインググレート
タムロミラクル
ヨシオ
ストロングバローズ
サウンドスカイ

<ポイント③>
取捨のひとつの目安は指数93.8。これ未満で馬券絡みを果たした馬は、2016年の2着馬ビービーバーレル1頭のみ。同馬は斤量差のアドバンテージが大きい3歳牝馬だった。斤量面の恩恵がない4歳以上の低指数馬は、基本的に期待値が下がると考えたほうがいいかもしれない。

4歳以上の指数93.8未満

ブレスアロット
ヨシオ
ストロングバローズ
サウンドスカイ



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【大沼S】厩舎の話2018年6月22日(金) 05:03

 ◆アングライフェン・山下助手 「状態はいい。小回りの対応が鍵」

 ◆ゴーインググレート・對馬助手 「久々の1700メートルがどう出るか」

 ◆サウンドスカイ・高取助手 「状態は変わりないが苦戦続きで…」

 ◆ストロングバローズ・小林厩務員 「前に行けるので小回りも苦にしない。素質は通用する」

 ◆タガノエスプレッソ・国分恭騎手 「滞在で雰囲気は悪くない。流れに乗り遅れなければ」

 ◆タムロミラクル・中二助手 「小倉での実績から小回りは合う」

 ◆ブレスアロット・五味助手 「ブリンカー着用。前めで競馬を作れれば」

 ◆マッチレスヒーロー・金成師 「体調は上がってきている」

 ◆ヨシオ・清水亮助手 「気合が乗っていい状態。前々の競馬が理想」

 ◆ラストダンサー・池田助手 「この距離で流れに乗っていければ」

 ◆リーゼントロック・松岡騎手 「腰の状態が安定。うまく先手を取れれば」

[もっと見る]

【大沼S】追って一言2018年6月21日(木) 05:04

 ◆アングライフェン・山下助手 「輸送をクリアして状態はいい。小回りに対応してくれれば」

 ◆サウンドスカイ・高取助手 「滞在は悪くない。何とかきっかけを」

 ◆ストロングバローズ・小林厩務員 「ちょっと太めなのでビシッと追った。素質は通用する」

 ◆タガノエスプレッソ・五十嵐師 「ビシッとやれたように順調。うまく流れに乗れれば」

 ◆タムロミラクル・中二助手 「間隔があいているのでしっかり追った。小回りで一発を」

 ◆ブレスアロット・五味助手 「コンディションは上がっている。ブリンカーの効果にも期待」

 ◆ヨシオ・清水亮助手 「栗東でしっかり乗ってきたので調整程度。気合が乗っていい状態」

 ◆ラストダンサー・蛯名騎手 「落ち着きが出たし、動きもよかった。自分の競馬でどこまで」

 ◆リーゼントロック・松岡騎手 「昨年より腰の状態がいい。感じはいいね。前走は距離が長かった。先行してうまいことはまれば」

[もっと見る]

【ポラリスS】サトノファンタシー、オープン初勝利 2018年3月11日() 05:02

 10日の阪神11RポラリスS(4歳上OP、ダ1400メートル)は、4番人気サトノファンタシー(栗・松田、牡5、父クロフネ)が向こう正面で早めに進出して先頭の1番人気コウエイエンブレム(4着)と併走し、残り200メートルで先頭に立って押し切った。15戦6勝でオープン初勝利。タイム1分22秒4(稍重)。「気難しいところがあるけど、勝つときは強いね。外枠でスタートがよくて、3、4コーナーも馬なり。併せてからも頑張ってくれた」と特別レース3連勝を含むこの日5勝を挙げたM・デムーロ騎手。後方から伸びた9番人気タガノエスプレッソが2馬身1/2差の2着だった。

★10日阪神11R「ポラリスS」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

⇒もっと見る

タガノエスプレッソの関連コラム

閲覧 862ビュー コメント 0 ナイス 2

毎週、確勝級の鉄板馬をお知らせする『凄馬(スゴウマ)』情報。
さっそく、今週の凄馬を紹介いたしましょう!

<2017年12月28日()の凄馬!>
極凄馬
中山9R エスペランサ賞
ミスターメロディ(+4.4)

超凄馬
阪神6R 2歳500万以下
シャルドネゴールド(+3.3)

超凄馬
中山4R 2歳未勝利
カイトセブン(+2.8)

超凄馬
中山7R 3歳以上500万以下
アルーフクライ(+2.7)

超凄馬
阪神11R ベテルギウスS
タガノエスプレッソ(+2.7)

超凄馬
阪神2R 2歳未勝利
スマートアルタイル(+2.1)

超凄馬
中山11R ホープフルステークス G1
タイムフライヤー(+2.0)

<『凄馬』の見方>
超凄馬・・・勝率36%、複勝率69%を誇る軸馬候補!
極凄馬・・・凄馬の極み、断然の軸馬!勝率46%、複勝率77%
馬名の右にある数字・・・数字が大きいほど勝率が高い
(集計期間:2008年6月1日~2017年12月28日、集計数:30,551レース分)

<日曜日の『凄馬』を受信しよう!>
日曜日の凄馬情報は『凄馬』メールに登録(無料)することで受信できます。
『凄馬』メールは、その日に出走する馬の中から確勝級の馬を携帯メールでお知らせしてくれる無料サービスです。

<『凄馬』メールの登録のしかた>
携帯電話で右上のQRコードを読み取って、何も記入せずにメールを送信してください。
1、2分ほどで登録完了メールが返ってきたら、登録は完了です。
日曜日の『凄馬』は、土曜日の午後6時以降にお届けになりますのでお楽しみに!

QRコードがうまく読み取れない場合は、直接、s@umanity.jp へ空メール※を送っても登録できますのでお試しください。
※件名と本文に何も記入せずにメールを送信してください


登録済みの方はこちらからログイン

2017年5月20日() 14:00 凄馬プロジェクトチーム
第273回『凄馬出馬表分析&馬券検討』~平安ステークス G3
閲覧 1,059ビュー コメント 0 ナイス 0



みなさんこんにちは!

本日は京都11R「平安ステークス G3」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。

重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「-1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】は競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。

重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「-1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。




第1グループ(橙)は、グレイトパールから1.0ポイント差(約1馬身差)内のクリノスターオーまで2頭。
第2グループ(黄)は、ロワジャルダンから1.0ポイント差(約1馬身差)内のアスカノロマンピオネロまで3頭。
第3グループ(薄黄)はラストインパクトから同差内のタガノエスプレッソグレンツェントロンドンタウンマイネルバイカクリソライトマイネルクロップまで7頭となっていて、以下は第4G(灰)となっています。

凄馬出馬表を見渡すと、上位勢では第2G→第3G間の0.9ポイント差が目立つくらいで、全般的に大きな差の生じない配置となっています。ただし、ダート重賞の場合、近走にU指数が算出されない交流重賞を使っている馬には注意が必要です。特に直近のパフォーマンスが交流重賞でその部分が“目隠し”となっているような馬は鵜呑みにすると危険かもしれません(これだけの混戦模様ですから余計に)。

そんななか今回の私の本命は◎リーゼントロックとしました。前走アンタレスSは瞬発力勝負だと苦しいこの馬にとっては不向きな上がりを求められる展開となりながら、最後まで2着争いを演じての4着。今回先行勢には厳しいハイペースとなりそうなメンバー構成ではありますが、上がりが掛かるならその点についてはプラスに働きそうです。むしろ、前は厳しいと映ることでなんとかまだ妙味を維持してくれそうな点は、個人的には追い風と捉えています。前回の健闘で前回ほど穴馬とはなってくれないだろうと当初軽視する方向で考えていましたが、思い直しての本命視。凄馬出馬表評価は下位ですが、もともと大きな差のないメンバー構成ですし、引き続き状態は良さそうなので前走以上を期待したいと思います(できれば、人気は前走以下でお願いしたいところですが果たして......)。
以下、前走は上がり36秒台のレースに対応してみせたが本来6~8走前のようなタフなレースのほうが向きそうな○ロンドンタウン、ここまで間隔が空いたのは初めてでも休み明け好走実績がありこの条件なら相手で十分狙える▲クリノスターオー、勝ち切った6走前から持久戦になったほうが良さそうな☆ピオネロを上位評価。
そして今回の私の馬券は、恐らく◎の単複勝負になると思いますが、当コラムでは◎から○▲☆への3複勝負としたいと思います。


【3複フォーメーション】
◎=○▲☆=印

8=5,6,11=4,5,6,7,9,11,14,15,16(21点)

[もっと見る]

2017年4月15日() 14:00 凄馬プロジェクトチーム
第263回『凄馬出馬表分析&馬券検討』~アンタレスステークス G3
閲覧 1,028ビュー コメント 0 ナイス 1



みなさんこんにちは!

本日は阪神11R「アンタレスステークス G3」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「-1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】は競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「-1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。



第1グループ(橙)は、モンドクラッセから1.0ポイント差(約1馬身差)内のロワジャルダンアスカノロマンまで3頭。
第2グループ(黄)は、グレンツェントから1.0ポイント差(約1馬身差)内のタガノエスプレッソまで2頭。
第3グループ(薄黄)はロンドンタウンから同差内のメイショウスミトモミツバマイネルクロップピットボスマイネルバイカモルトベーネまで7頭となっていて、以下は第4G(灰)となっています。

凄馬出馬表を見渡すと、上位には開きがほとんど生じない団子状態。第3G→第4G間に1.4ポイント差がありますが、それすら他の重賞と比べると小さな溝の印象でどこからでも入れそうな状況となっています。

そんな中、今回の私の本命は◎アスカノロマンに期待しました。前走から斤量1キロ減と乗り慣れた鞍上に戻って真価が問われる一戦。コース・展開的にも不利になるとは考えにくいですし、凄馬出馬表評価上位勢ではもっとも信頼できる存在とみて本命視。
○はミツバ。舞台適性という意味ではこちらも上位の存在。昨秋のシリウスステークスはこの馬には時計が速過ぎた印象で、しかも前々決着となる中で中身のある4着という内容。当時よりも脚質自在キャラに生まれ変わって迎えるJRA重賞再挑戦の今回、さらなる前進を期待したいと思っています。
▲にメイショウスミトモ。いずれも中山1800ではあるものの前走、7走前あたりの内容を評価しました。想定通りの淀みない流れなら、こちらも好相性の舞台で一発を期待できそうです。
☆にグレンツェント。能力の高さは認めますが、前走東海ステークスVは55キロでスローからの瞬発戦。斤量増もさることながら、今回求められる質も変わってきそうなペース面からも一枚割引きました。ただ、2走前に締まったペースで上り掛かる展開でも実績があるのがニクイところ。斤量が嫌われれば妙味も出てきそうで、そういった意味では今回狙い目も。
そして今回の私の馬券は、◎○▲=◎○▲からの3複で勝負とします。


【3連複フォーメーション】
◎○▲=◎○▲=印
3,8,13=3,8,13=3,4,6,7,8,10,12,13,14(19点)

[もっと見る]

2016年12月28日(水) 18:20 競馬プロ予想MAX
先週の回顧~(12/24~12/25)はははふほほほプロが回収率141%、収支プラス29万超!
閲覧 907ビュー コメント 0 ナイス 9

先週は25(日)に中山競馬場でG1有馬記念が行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G1有馬記念サトノダイヤモンドが2.6倍で1番人気、2番人気がキタサンブラックで2.7倍、3番人気ゴールドアクター7.9倍、4番人気サウンズオブアース8.7倍とここまでが10倍を切って上位人気を形成しました。
 
注目のスタートはムスカテールが出遅れますが、その他各馬はきれいな出だし。大方の予想通り中からマルターズアポジーが先頭に立ってホームストレッチに入ります。先頭はマルターズアポジーでリードは4馬身、2番手にキタサンブラック、そこから2馬身ほど間があいてゴールドアクターアドマイヤデウスサムソンズプライドマリアライトと続いて先行集団を形成。中団からはミッキークイーンヤマカツエースサトノダイヤモンドサウンズオブアースサトノノブレスシュヴァルグランアルバートと追走。後方からはデニムアンドルビームスカテールが並走してそこから3馬身ほど間があいて最後方にヒットザターゲットの態勢。
 
前半の1000m通過は1分1秒0(参考タイム)の平均的な流れ。向こう正面でサトノダイヤモンドがポジションを取りに行って3番手、キタサンブラックを見る形でレースを進めます。残り1000mを通過、ここでサトノノブレスが仕掛け気味に上がっていくとこれに反応したのがキタサンブラック、ここでペースが一気に上がって直線コースへ差し掛かります。マルターズアポジーを交わしたキタサンブラックが先頭、これに併せる形でゴールドアクター、その外にはサトノダイヤモンド、後続も差なく前の3頭を追います。
 
残り200mを通過、逃げるキタサンブラックゴールドアクターを突き放して逃げ込み態勢、直後のサトノダイヤモンドも追い込みますが、反応やや鈍くなかなか差を詰められません!
 
残り100m、坂を上がってゴールドアクターはやや一杯、キタサンブラックの粘り込み濃厚かと思われた直後、ここでサトノダイヤモンドがグングン加速!内キタサンブラック、外サトノダイヤモンド!1、2番人気馬による激しい叩き合いとなりましたが、僅かに外サトノダイヤモンドキタサンブラックをクビ差捉えて有馬記念を制しました!勝ちタイムは2分32秒6(良)。クビ差の2着にキタサンブラック、そこから半馬身差の3着にゴールドアクターが入っています。
 
公認プロ予想家ではおかべプロほか7名が的中しています。

------------------------------------------------------------------------------

☆☆☆注目プロ →はははふほほほプロ
25(日)阪神12Rで『血統からは初ダートは望むところ。15日、21日と坂路で好調教連発。発馬を決めて逃げ~先行。一発あるならこの馬。』と狙った◎タガノエスプレッソ(43.5倍)の単複を仕留め、15万6600円を払い戻し!阪神7Rでは単勝28.7倍のサブトゥエンティの単複を仕留め、11万8200円を払い戻しました!この他にも24(土)中山3Rアダマンティン(19.7倍)、中山9Rディオスコリダー(18.1倍)など鋭い予想を3日間に渡り披露!週末トータル回収率141%、収支プラス29万4900円をマークしています。

☆☆☆注目プロ →シムーンプロ
23(金)阪神4Rで『初戦は外に張って走っていたようで競馬がチグハグだった。チーク着用で改善されれば変わっても。』と狙った大穴マスターコード(78.4倍)を本命に抜擢!馬連289.8倍、ワイド68.4倍、複勝23.9倍を仕留めました!24(土)中山6Rでは◎サウンディングベルの単勝43.1倍、複勝8.5倍を的中!この他にも25(日)中山1Rリオファンク(42.7倍)、中山9RホープフルステークスG2の◎マイネルスフェーン(47.3倍)など穴の激走馬を次々と推奨!週末トータル回収率122%をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →おかべプロ
25(日)中山7Rで◎ステイブラビッシモ×ステイパーシスト×ブライトバローズの印で3連複1点勝負!34万9000円を払い戻しました!さらに中山10R有馬記念G1では◎サトノダイヤモンドキタサンブラックの馬連を1点勝負で仕留め、4万4000円の払い戻し!週末トータル回収率189%、収支プラス23万4340円をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →サラマッポプロ
25(日)阪神1Rで『硬さがありパワータイプ。条件替わりで良さが出そう。』と本命に推した◎アッティーヴォスマートニンバスの馬単21倍を2000円仕留め、4万2000円を払い戻し!中山2Rでは◎○の馬連13.8倍を2000円的中させ、2万7600円を払い戻しました!週末トータル回収率172%をマークしています。
 
この他にもKOMプロ(140%)、山崎エリカプロ(126%)、伊吹雅也プロ(120%)、kmプロ(119%)、ろいすプロ(113%)、蒼馬久一郎プロ(108%)、加藤拓プロ(100%)が回収率100%超えの活躍を見せています。

※全レースの結果速報はこちら
 
今年も1年間誠にありがとうございました!来年もウマニティ競馬プロ予想MAXをどうぞ宜しくお願い致します!

[もっと見る]

2016年7月24日() 14:00 凄馬プロジェクトチーム
第198回『凄馬出馬表分析&馬券検討』~トヨタ賞中京記念 G3
閲覧 692ビュー コメント 0 ナイス 3

みなさんこんにちは!

本日は中京11R「中京記念 G3」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「-1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】は競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「-1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。






第1グループ(橙)は、ダッシングブレイズ1頭。
第2グループ(黄)は 、ピークトラムから1.0ポイント差(約1馬身差)内のワキノブレイブダノンリバティタガノエスプレッソダローネガケントオーまでの6頭。
第3グループ(薄黄)は、カオスモスから1.0ポイント差(約1馬身差)内のガリバルディアルマディヴァンスマートオリオンまでの4頭となっていて、以下は第4G(灰)となっています。

ダッシングブレイズが1頭抜け出た以外、2位以下は大混戦の配置。ハンデ戦なので往々にして起こる状況ですが、下位グループから指数を跳ね上げてくるような馬にも要警戒なメンバー構成ではないでしょうか。

今回はまず、その頭一つ抜け出した状態のダッシングブレイズについてから。
鞍上も、マイルも、中京も、中間の過程も減点材料には当たらず......。という訳で、久々の1位馬本命パターンにはなりますが素直に◎ダッシングブレイズでいこうと思います。ただ、あまり外を回すようなことになった場合、馬場の3~5分どころあたりを通った馬たちに後塵を拝することになりそうなので2着まで想定しておきます。
○はアルマディヴァン。夏場+中京得意で、昨年と出来自体は変わりなく来れていそうなので“リピーター”の台頭に期待してみたいと思います。
あとは、中京記念自体もそうですが、このコースで活躍傾向の“そこそこ人気で適度に馬格のある馬”(具体的には「馬体重480kg~520kg位かつ単勝15倍程度まで」)に該当してきそうなあたりから▲にダノンリバティ、☆にガリバルディを上位評価。
以下△にピークトラムスマートオリオンタガノエトワールと印を回します。
そして今回の私の馬券は、◎からの馬単を本線にお楽しみの3複を合わせた買い目で勝負としたいと思います。


【馬単流しマルチ】
◎⇔印
8⇔3,5,7,10,11 (10点)

【3複軸2頭流し】
◎○=印
8,10=3,5,7,11 (4点)

計14点


荒れるレースということで手広くいこうかとも考えましたが、先週と違って◎が(恐らく最終的にも)1番人気馬なので短く持って決め打ちでいってみましたが果たして......。

[もっと見る]

2016年7月23日() 09:10 みんなの競馬コラム
【中京記念】血統考察 byうまカレ
閲覧 1,686ビュー コメント 0 ナイス 7

学生団体うまカレ副代表の金沢ユウダイです。

今週は中京記念
このレースは重賞の中でもトップクラスに難しいなと毎年感じます。
所謂「リピーターレース」で、フラガラッハの連覇がよく語られますが、個人的にはミッキードリームの方が印象深いです(^^;)

ミッキードリームは2012年が7番人気4着、2013年が2着、2014年が3着でした。血統的に注目すべきことは「キングカメハメハ×トニービン持ちの母」という配合であるということ。
東京のGIを勝ちまくったトニービン直仔の斬れは、母父Hornbeam(Nasrullah×Hyperion)の、Nasrullahの広いコース向きの柔らかい体質と、Hyerionの持続力に起因します。トニービンはHyperion5×3・5でもあるので、母系に入ると粘着力を伝え、切れ味が削がれる馬もいます。
しかし、キングカメハメハの母母父Blakeneyの母父がHornbeamなので、トニービン持ちの牝馬と交配すると、Hornbeamのクロスができ、トニービン直仔らしい馬(長い直線で持続性ある末脚が武器な馬)が生まれやすいのです。
その最たる例が、ドゥラメンテルーラーシップであり、彼らの場合はHornbeamのクロスのほかに、エアグルーヴの牝祖パロクサイドもNasrullahとHyperionを持っているというのがポイントでした…というのが望田先生に教わった最初のこと。
話を戻しますが、ミッキードリームは、パロクサイド牝系でこそないものの、キングカメハメハ×サンデーサイレンス×トニービン×ノーザンテーストと、ドゥラメンテと15/16同血。トニービンを増幅した配合で、外差し馬場になり易い最終週の中京は持ってこいだったのですね。(「終わりそうで終わらないノーザンテースト」ともいえる)

とにかく難解なので内枠から気になる馬、有力馬について書いていきます。

●「中京マイル」という独特の舞台が合っているのではないか
カオスモスは、Buckpasser、母系に入るMy Chermer(Seattle Slewの母)Bug Hurry(Caerleonの5代母)、Never BendのLa Troienneパワー(特に母はBold Reason≒Never Bendのきょうだいクロス4×6)も豊富ですが、母母がナスキロ血脈のサンデーピクニック(サンデー×Caerleon×Shirley Heights)なので、ここが父のSecretariatと脈絡しますから、パワーと斬れ、どちらも兼備しているというイメージがあります。だからというべきなのか、東京で斬れまくるわけでもないので、ちょっとタフな外回りである中京は合っているのではないかと思うのです。実際に昨年は0.2秒差5着でした。完璧に乗っても勝ち切ることはないと思いますが、前走パラダイスSも0.3秒差6着と悪くない内容、昨年(18.0倍8番人気)から人気暴落の予感なので気に掛けておきたい1頭です。

●母母のパワーで
マイネルアウラートは昨年暮れの1000万→1600万連勝から、年明けの東京新聞杯3着、前走パラダイスSでオープン特別優勝と、まさにステイゴールド産駒(というよりノーザンテースト4×4)らしい成長をみせています。とはいえ、母母セーヌフロウはティンパーカントリー産駒(母プレイメイトがBusanda≒Striking2×3)で、母系にヒッティングアウェー(母Striking)を持つのでBusanda≒Striking5・6×4というパワーの塊。外回りのマイルで斬れるタイプではないのですが、こういうパワーが優ったタイプが怖いのが中京記念です。

●≒ミッキードリーム
タガノエトワールキングカメハメハ×サンデーサイレンス×トニービン×ノーザンテーストで、ミッキードリームともドゥラメンテとも15/16同血。牝馬だから一瞬の切れもありますが、本質的には外回り向きと踏んでいます。前走は途中で競馬をやめてしまっている感じでしたし、ここまでミッキードリームと酷似の血統ですから、血統派としては是が非でも抑えます(^^;)

●あり余るパワーと底力
トウショウドラフタアンライバルド×ジェイドロバリー、母母がサマンサトウショウですから、Sadler’s Wells≒Number3×3のパワー+Hyperionというイメージでいます。前向きな気性はSpecial(Sadler’s Wellsの母母、Numberの母)らしいものです。気性的に後ろからの競馬にならざるを得ないのが難点ですが、それでも抑え込めているのは名手(田辺騎手)の力でしょう。ここはファルコンSほどタフな馬場になりそうにない中、古馬相手にどこまでやれるか。ただやっぱりこの鞍上ですから、「えっそんな位置でも競馬出来るんだ」な~んてことが起こりかねないので怖いです。この牝系なので成長力は◎です。

●母は名繁殖、気性が課題
ピークトラムは、母タッチザピークがマルゼンスキー≒Passing Mood3×3(Northern DancerとBuckpasserとBull Dog=Sir Gallahadなど)というニアリークロスを持っているので、名繁殖の道を駆け上がっています(兄タッチザターゲット2勝、弟セネッティ2勝)。チチカステナンゴ×スペシャルウィークでも、母系のパワーが強くストライドは伸びませんが、中京は合いそうです。難点は、望田先生が良く指摘されるチチカステナンゴのVaguely Nobleと、スペシャルウィークのセントクレスピンを通じるAureoleのクロスで馬群を嫌う気性があること。中山の500万も、前走の谷川岳Sも外目をスムーズに追走していました。小牧騎手がこの枠からどう乗りこなすかでしょう。僕は軽視します。

●舞台はベスト!
ダッシングブレイズは、母Blazing BlissがGonfalon≒Hopespringseternal3×3というナスキロ+War Admiral+La Troienneのニアリークロスで、ナスキロ+Tom FoolでみればLady Capuletとも脈絡します。サトノクラウンと同じような所謂「ナスキロ柔らかい」体質で外回りのマイルがベスト。ここは条件が揃いました。

●柔らか体質で外回り向き
カレンケカリーナの母父Unbridled’s Songは母Trolley SongがCaro×ナスキロなので柔らかい体質を伝えやすく、この血を持つ馬は外回り向きになりやすいです。直近の例では、トーホウジャッカル(母父)、東京で良く走るレッドルーファス(父))などがいます。カレンケカリーナの場合は3代母父がRound Table×Fleet Nasrullahで、ナスキロとCount Fleetと、Unbridled’s Songの血を増幅しているのがオッと思わせますし、ハーツクライ産駒でPromised Landのクロスを持つのはウインバリアシオンと同じで、これも外回り向きの斬れを引き出すクロスです。前走の福島牝馬(福島芝1800m)や、前々走のターコイズS(中山1600m)はこの馬にとって完全に不向きな条件。府中牝馬Sは0.4秒差ですし、ここは注目してみたいです。

●タフ馬場と夏がイイ
アルマディヴァンは父メジロベイリーの母父マルゼンスキーの母父Buckpasser、母母父Rivermanの父Never Bend、3代母父父Better SelfがLa Troienneを持っていて、特にBuckpasserの母BusandaとBetter SelfはWar AdmiralとLa Troienneを併せ持つのでニアリークロスとなります。こういうタイプは、器用に立ち回ることができるので内枠だったというのも昨年は良かったのでしょう。今年は巧く立ち回った中山牝馬Sで4着、これくらい走れていれば、真ん中くらいの枠なので再度警戒したいです。

●舞台は合いそうだが未知数な面も
ダノンリバティは名繁殖スカーレットレディにエリシオ→キングカメハメハと配されたのでNureyev≒Fairy King4×3、イメージ通りパワーがあります。だからもちろん芝であれば東京・京都<阪神・中京なのでしょうし、マイラーズカップの12着は伸びない外を回しての者だから参考外としても、全世代相手の芝のマイル重賞でやれるかどうかは疑問が残ります。人気先行ならちょっと怖い1頭ですね。

●マイラーズCの内容からここでも通用
ケントオーはLa Troienne→Baby Leagueの牝系で、母系のパワーが強く、ダンスインザダークも母系は米血パワーがすごいので道悪の前走が圧巻の内容(ダンスインザダークの8代母父High TimeはDomino3・3×2、ケントオーの5代母父母Beaming Beautyという馬はDomino3×4・4、こんなあたりも無関係ではないと思うんです)。重賞がどうかというところですが、高速馬場のマイラーズCで外目4番手を追走しながら0.5秒差8着なら上出来でしょう。当然中京なら大崩れはなさそうです。

●Hyperionらしくこれから成長
タガノエスプレッソの母タガノレヴェントンは、タガノトネールも産んでいる名繁殖。キングカメハメハ×トニービン(Hyperion5×3・5)×Nureyev(Hyperion4×4)でNureyev4×3、さらに3代母Likely ExchangeまでもがHyperion5・5×4・4というHyperion凝縮っぷり。だからタガノエスプレッソが2歳時にデイリー杯を勝ったことは少しぶっくりで、さすがにクラシックでは厳しい競馬が続いていたけれども、これから5歳、6歳とどんどん成長していく馬で、もう1つ2つ重賞は獲るはずです。今回は、さすがに前走は流れに恵まれた感があるし、本格化はまだ先だと思っているので厳しいとみます。
でもよく考えてみれば、中京記念を連覇したフラガラッハの母スキッフルはトニービン×Nureyevで、Hyperion凝縮型としては屈指の名繁殖。確かに血統だけみれば面白いっちゃ面白い。

●本来はしぶとい中距離馬
ダローネガは今年で7歳、まだ中山で行われていた朝日杯で3番人気だったのが懐かしいです。母カメリアローズはHyperionとDonatelloとFair Trialという主要血脈を豊富に含んでおり、これはスカーレットインク的(Alibhai的)、ノーザンテースト的(Lady Angela的)粘着力を増幅するので、ダローネガはマイルで差す競馬ばかりやっていますが、本当は1800-2000ベストのしぶとい中距離馬なのだと思います…。それでも能力があるから、タフ馬場の中京記念では3着まで走ります(でも水分を含む馬場は苦手)。デキは良さそうですし、鞍上も強気の騎乗をする藤岡康騎手、ここは買いでしょう。

【まとめ】
難解すぎて1頭に絞れないが、やっぱり最有力はダッシングブレイズとみる。
カオスモスは昨年の内容が悪くなく、当該舞台に相当な適性を感じる。
タガノエトワールミッキードリームと酷似の血統で、大箱のマイルコースはベストの可能性がある。
カレンケカリーナは柔らかい体質で大箱向き、近2走は小回りだったが府中牝馬では勝ち馬から0.4秒差だった。
アルマディヴァンは夏場が良いタイプで、今年もここまで人気薄なら拾っておきたい。
ダローネガは本来しぶとい中距離馬だが、マイルならここだろう。
うーん、タガノエトワールカレンケカリーナかなぁ。

トウショウドラフタ折り合い難から位置取りが後方になるので、古馬相手にまとめて面倒をみれるとは思わないが、ルメール騎手、横山典騎手のように気性難の馬を絶妙なタッチで操る田辺騎手が怖いので切れない。
ピークトラムは馬群を嫌がる気性があるので、真ん中の枠は割り引き。
ダノンリバティは、たしかに芝なら中京が良いだろうが、全世代相手の芝の重賞で勝負になるかはまだ未知数なので過剰人気しているならば切ってみたい。
タガノエスプレッソは母がHyperion豊富な名繁殖だから、これから重賞をもう1つ2つ撮るだろうが、前走はさすがにペースに恵まれ過ぎて、今回デムーロ騎手で過剰人気するならば切りたい。

----------


【参考】

『日本サラブレッド配合史―日本百名馬と世界の名血の探究』(笠雄二郎著)
望田潤さんのブログ http://blog.goo.ne.jp/nas-quillo
栗山求さんの連載「血統SQUARE」http://www.miesque.com/motomu/works.html
『覚えておきたい 日本の牝系100』(平出貴昭著)

【うまカレBlog】http://umacollege.blog.fc2.com
【Twitter】https://twitter.com/umacolle
【Facebook】https://ja-jp.facebook.com/umacolle

金沢ユウダイ
【Twitter】https://twitter.com/derby6_1
【ブログ】http://derby6-1.hatenablog.com/


執筆者:うまカレ(MYコロシアム>最新予想にリンク)

------------------------------------------------
あなたも「みんなの競馬コラム」コーナーでコラムニストデビューしてみませんか!
>>応募方法など詳しくはこちら<<
------------------------------------------------

[もっと見る]

⇒もっと見る

タガノエスプレッソの口コミ


口コミ一覧
閲覧 62ビュー コメント 0 ナイス 4

福島 5R メイクデビュー福島 2歳新馬(混合)[指定]
◎ 4 ★グロリアーナ…2着
○ 5 ストーミーナイト…6着
▲ 7 チェサピークベイ…3着
△ 8 クリスタルバローズ…1着
×10 ダズリングビーチ…10着
[結果:アタリ△ 複勝 110円、馬連4-8 490円]

福島10R 天の川賞 3歳以上1000万下(混合)(特指)
◎ 1 ワイルドカード…1着
○ 3 ゴールドブラッド…3着
×10 ☆フジゴウカイ …10着
[結果:アタリ△ ワイド1-3 320円]

福島11R 七夕賞 GⅢ 3歳以上オープン(国際)(特指)
◎ 7 ワンブレスアウェイ…5着
○ 6 サーブルオール…4着
▲ 1 プラチナムバレット…中止
△ 5 マイネルサージュ…2着
× 3 マイネルフロスト…8着
[結果:ハズレ×]

中京11R プロキオンステークス GⅢ 3歳以上オープン(国際)(指定)
◎ 7 キングズガード…7着
○ 2 ドリームキラリ…6着
▲ 6 インカンテーション…2着
△ 3 ウインムート…3着
× 5 ルグランフリソン…11着
[結果:ハズレ×]

函館 9R 3歳以上500万下[指定]
◎ 6 ★ゴールドフラッグ…2着
○ 2 コスモレリア…4着
▲ 1 メガフレア…10着
△ 4 ハウエバー …1着
× 5 ファントムグレイ…7着
[結果:アタリ○ 複勝6 160円、馬連4-6 760円]

函館11R デルマーサラブレッドクラブ賞マリーンステークス 3歳以上オープン(国際)(特指)
◎13 サンライズメジャー …5着
○10 ユラノト…1着
▲ 5 タムロミラクル…8着
× 2 ☆リーゼントロック…3着
×14 ☆タガノエスプレッソ…7着
[結果:アタリ× 複勝2 320円]

きのうは、PC馬券予想購入したのですが、PCがネットに繋がらず、日記を書けませんでした。
まあ、結果は、フツーでした。

今日は、阪神競馬場のパークウインズで競馬参戦してきます。
今日の豪快な応援馬は、フジゴウカイです。

[今日の結果:6戦1勝2敗3分]
豪快ではなく、微妙な結果でした。

 DEEB 2018年7月8日() 11:58
恥ずかしい馬予想2018.07.08
閲覧 88ビュー コメント 0 ナイス 5

趣味が競馬です。へたくそです。当たりません…。
恥ずかしい予想を…記録用に書きます。
今日も競馬を楽しみましょう。

福島 5R メイクデビュー福島 2歳新馬(混合)[指定]
◎ 4 ★グロリアーナ
○ 5 ストーミーナイト
▲ 7 チェサピークベイ
△ 8 クリスタルバローズ
×10 ダズリングビーチ

福島10R 天の川賞 3歳以上1000万下(混合)(特指)
◎ 1 ワイルドカード
○ 3 ゴールドブラッド
×10 ☆フジゴウカイ

福島11R 七夕賞 GⅢ 3歳以上オープン(国際)(特指)
◎ 7 ワンブレスアウェイ
○ 6 サーブルオール
▲ 1 プラチナムバレット
△ 5 マイネルサージュ
× 3 マイネルフロスト

中京11R プロキオンステークス GⅢ 3歳以上オープン(国際)(指定)
◎ 7 キングズガード
○ 2 ドリームキラリ
▲ 6 インカンテーション
△ 3 ウインムート
× 5 ルグランフリソン

函館 9R 3歳以上500万下[指定]
◎ 6 ★ゴールドフラッグ
○ 2 コスモレリア
▲ 1 メガフレア
△ 4 ハウエバー
× 5 ファントムグレイ

函館11R デルマーサラブレッドクラブ賞マリーンステークス 3歳以上オープン(国際)(特指)
◎13 サンライズメジャー
○10 ユラノト
▲ 5 タムロミラクル
× 2 ☆リーゼントロック
×14 ☆タガノエスプレッソ

きのうは、PC馬券予想購入したのですが、PCがネットに繋がらず、日記を書けませんでした。
まあ、結果は、フツーでした。

今日は、阪神競馬場のパークウインズで競馬参戦してきます。
今日の豪快な応援馬は、フジゴウカイです。

[もっと見る]

 ターフィーTD 2018年7月8日() 00:35
タフィスポ(7月8日号)
閲覧 100ビュー コメント 0 ナイス 3

7月8日(日)福島・中京・函館

【★★=本日一番、★=勝負レース】

函館11RマリーンS(★)
◎8 ラストダンサー
○3 サンマルデューク
▲5 タムロミラクル
★14 タガノエスプレッソ
△2、7、10、13

中京11RプロキオンS(★★★)
◎6 インカンテーション
○2 ドリームキラリ
▲8 ドライヴナイト
★14 サイタスリーレッド
△3、5、10、12

福島11R七夕賞
◎11 マイネルミラノ
○3 マイネルフロスト
▲12 シルクドリーマー
★4 メドウラーク
△1、2、6、10、(8)

【本日の注目馬】
中京2R
16 ディープエクセル

福島8R
14 ロードリベラル
15 ロフティフレーズ

中京9R
9 キャッチミーアップ

【参考買い目】
[単勝]
◎○=2点
[馬単]
◎○▲★=12点
△→◎○=(8点)
[三連単]
◎○→◎○▲★→◎○▲★△=36点

以上

[もっと見る]

⇒もっと見る

タガノエスプレッソの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

タガノエスプレッソの写真

タガノエスプレッソ

タガノエスプレッソの厩舎情報 VIP

2018年7月8日マリーンステークス7着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

タガノエスプレッソの取材メモ VIP

2018年7月8日 マリーンステークス 7着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。