会員登録はこちら
東京ジャンプS J G3   日程:2019年6月22日() 14:01 東京/障害3110m

レース結果

東京ジャンプS J G3

2019年6月22日() 東京/障害3110m/13頭

本賞金:2,900万 1,200万 730万 440万 290万


レコード:3分24秒8
天候:
馬場:稍重



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気
1 6 8

シングンマイケル

セ5 60.0 石神深一  高市圭二 454(-4) 3.29.4 5.7 3
2 1 1

マイネルプロンプト

セ7 60.0 森一馬  坂口智康 472(+2) 3.29.5 1/2 2.9 1
3 2 2

シンキングダンサー

牡6 60.0 金子光希  武市康男 476(+2) 3.30.3 3.1 2
ラップタイム
前半
後半

■払戻金

単勝 8 570円 3番人気
複勝 8 150円 3番人気
1 120円 1番人気
2 130円 2番人気
枠連 1-6 790円 2番人気
馬連 1-8 860円 2番人気
ワイド 1-8 280円 2番人気
2-8 330円 3番人気
1-2 190円 1番人気
馬単 8-1 1,930円 6番人気
3連複 1-2-8 620円 1番人気
3連単 8-1-2 5,180円 10番人気

東京ジャンプSのニュース&コラム

【東京ジャンプ】シングンマイケル重賞初制覇!
 東京ジャンプS(障害3歳上OP、芝3110メートル)が22日、東京競馬場で13頭によって争われ、好位を進んだ3番人気のシングンマイケルが最終障害飛越後に先頭に立ち、1番人気マイネルプロンプトに半馬身差をつけ、重賞初挑戦で勝利を飾った。シングンオペラ産駒はJRA重賞初勝利。高市圭二調教師(63)は2005年GIIIダイヤモンドS(ウイングランツ)以来、14年ぶりの重賞制覇となった。次走は阪神ジャンプS(9月14日、阪神、J・GIII、芝3140メートル)を予定している。 ◆石神騎手(シングンマイケル1着)「跳ぶたびに前に出るのでそのぶん、タメがつくれた。道悪も上手だし、まだ馬も若いのでこれからが楽しみ」 ◆森一騎手(マイネルプロンプト2着)「初めての東京でも自分のリズムで競馬ができた。勝ちたいレースだったので悔しい」 ◆金子騎手(シンキングダンサー3着)「レース前に雨が降って馬場の状態が変わってしまった。それでも最後は力のあるところを見せてくれた」★22日東京8R「東京ジャンプS」の着順&払戻金はこちらシングンマイケル 父シングンオペラ、母ジェヴォーナ、母の父トウカイテイオー。鹿毛のセン5歳。美浦・高市圭二厩舎所属。北海道新冠町・ヒカル牧場の生産馬。馬主は伊坂重憲氏。戦績20戦4勝(障害12戦4勝)。獲得賞金9955万1000円(うち障害9240万1000円)。重賞初勝利。東京ジャンプSは高市圭二調教師が初勝利、石神深一騎手は2016年オジュウチョウサンに次いで2勝目。馬名は「冠名+人名より」。
2019年6月23日() 05:03

 323

【東京ジャンプ】3番人気のシングンマイケルが初重賞V
 6月22日の東京8Rで行われた第21回東京ジャンプステークス(障害3歳以上オープン、J・GIII、芝3110メートル、別定、13頭立て、1着賞金=2900万円)は、石神深一騎手騎乗の3番人気シングンマイケル(セン5歳、美浦・高市圭二厩舎)が好位追走から残り2つ目の障害飛越で先頭に立ち、後続の追撃を振り切った。タイムは3分29秒4(稍重)。 半馬身差の2着には中団から差してきたマイネルプロンプト(1番人気)、さらに5馬身差遅れた3着に好位から伸びたシンキングダンサー(2番人気)。 東京ジャンプSを勝ったシングンマイケルは、父シングンオペラ、母ジェヴォーナ、母の父トウカイテイオーという血統。北海道新冠町・ヒカル牧場の生産馬で、馬主は伊坂重憲氏。通算成績は20戦4勝(障害は12戦4勝)。重賞初制覇。東京ジャンプSは、高市圭二調教師は初優勝、石神深一騎手は2016年オジュウチョウサンに次いで2勝目。 ◆石神深一騎手(1着 シングンマイケル)「攻め馬から乗せていただき、いい馬だと思っていました。練習では飛越がずっと上手でしたし、レースも上手でした。飛越が上手なので、飛越のたびに前に出ますが、我慢して脚をためることができました。道悪も上手でしたし、本場(ほんじょう=東京・中山・阪神・京都の中央場所)の大きい障害のほうが合っています。まだ馬が若いですし、今後が楽しみです」★22日東京8R「東京ジャンプS」の着順&払戻金はこちら
2019年6月22日() 14:21

 331

【重賞データ分析(特別編)】東京ジャンプS 前走5着以内の4~8歳馬が主力を形成!人気薄の大駆けに要注意!
東京ジャンプSの過去のレース結果をもとに、ファクターごとの傾向に注目し、好走パターンに合致する馬をピックアップしました。予想の際にお役立てください。 【全般】 3110m施行の2012年以降、3着以内馬はすべて4~8歳 ①マイネルプロンプト ②シンキングダンサー ④アグリッパーバイオ ⑤シゲルボブキャット ⑥ラピッドシップ ⑦ユアーザワン ⑧シングンマイケル ⑨シゲルピーマン ⑩ハルキストン ⑪マイネルピクトル 近年は8歳馬の活躍が目につく ④アグリッパーバイオ ⑪マイネルピクトル 前走5着以内の馬が堅調な成績(2013年以降) ①マイネルプロンプト ②シンキングダンサー ⑤シゲルボブキャット ⑥ラピッドシップ ⑧シングンマイケル ⑩ハルキストン ⑪マイネルピクトル ⑫メイショウオトコギ 前走で3930m以上の障害重賞に出走していた馬の好走例が多い(近年の傾向) ①マイネルプロンプト ②シンキングダンサー ⑥ラピッドシップ 1週前あるいは当該週の追い切りで好時計を記録した馬の好走が目立つ(2013年以降) ①マイネルプロンプト ②シンキングダンサー ④アグリッパーバイオ ⑥ラピッドシップ ⑧シングンマイケル 【人気】 勝ち馬の7割が1~3番人気(1999年以降) ※10時00分現在の1~3番人気 ①マイネルプロンプト ②シンキングダンサー ⑧シングンマイケル 5~9番人気、ふたケタ人気の複勝回収率が優秀(1999年以降) ※10時00分現在の5番人気以下 ③セガールフォンテン ④アグリッパーバイオ ⑤シゲルボブキャット ⑥ラピッドシップ ⑦ユアーザワン ⑨シゲルピーマン ⑪マイネルピクトル ⑫メイショウオトコギ ⑬ビットアレグロ 単勝オッズ帯では、20.0~49.9倍、50.0倍以上の回収率が高い(1999年以降) ※10時00分現在の単勝オッズ20.0倍以上 ③セガールフォンテン ④アグリッパーバイオ ⑤シゲルボブキャット ⑦ユアーザワン ⑨シゲルピーマン ⑪マイネルピクトル ⑫メイショウオトコギ ⑬ビットアレグロ 【脚質】 逃げ~先行が有利(1999年以降) ①マイネルプロンプト ②シンキングダンサー ⑧シングンマイケル ⑩ハルキストン ⑪マイネルピクトル ⑫メイショウオトコギ ※近走の内容を参考に先行策をとりそうな馬を想定 【枠順】 内枠(1~3枠)が優秀な成績(1999年以降) ①マイネルプロンプト ②シンキングダンサー ③セガールフォンテン 【血統】 ヘイルトゥリーズン系×ノーザンダンサー系の配合(逆を含む)馬の好走例が多い(近年の傾向) ⑨シゲルピーマン 【5項目以上該当馬】 ①マイネルプロンプト(7項目) ②シンキングダンサー(7項目) ⑪マイネルピクトル(6項目) ④アグリッパーバイオ(5項目) ⑥ラピッドシップ(5項目) ⑧シングンマイケル(5項目) ウマニティ重賞攻略チーム
2019年6月22日() 10:30

 538

【U指数的考察】東京ジャンプS U指数上位馬が安定!指数5位以内を重視すべきレース!
東京ジャンプSの近年の傾向をもとに、U指数を絡めてピックアップした条件に合致する馬や買い目を提示しました。予想の際にお役立てください。 ※2013年以降の結果をもとに検証 <ポイント①> 波乱決着傾向の強いレースという印象を受けるが、U指数上位馬は安定した走りを見せている。なかでも、指数1~5位の好走頻度が高く、人気薄で穴をあけるケースも少なくない。 指数1~5位 ①マイネルプロンプト ②シンキングダンサー ⑧シングンマイケル ⑩ハルキストン ⑬ビットアレグロ <ポイント②> 低指数馬の台頭がちょくちょくあるレースではあるが、馬券に絡んだ馬の最低指数98.6。これを下回る馬で3着入りを果たした馬はゼロ。 指数98.6未満 ③セガールフォンテン ⑦ユアーザワン <ポイント③> 指数1~5位の上位占有率が高く、2~3着に人気薄が激走して高配当演出というパターンが多い。それゆえ、ヒモ荒れを狙ったワイド、馬連が効果的。指数1~5位のワイドと馬連のボックス買いをした際の回収率は、前者が575.1%、後者が112.1%。2014年の波乱決着が数値を引き上げているのは明白だが、この年を除いてもワイド回収率は180.5%のハイパフォーマンス。 指数1~5位のワイド・馬連ボックス買い目 ①②⑧⑩⑬ ウマニティ重賞攻略チーム
2019年6月22日() 09:30

 525

東京ジャンプSのニュースをもっと見る >

プロ予想家の的中情報


東京ジャンプSの無料予想&プロ予想【的中情報】

最強の予想家決定戦「予想コロシアム」から厳選した予想家の無料予想を続々と公開!
レース発走前に無料予想をご覧になるには 会員登録(登録無料)が必要です。

今すぐ会員登録(無料)する!

6月22日 13:59更新
予想家名
予想家レベル・クラス
配当 払戻 予想
Lv115 
860円 8,600円
Lv115 
150円 15,000円
Lv114 

620円
570円
9,420円
Lv114 
860円 4,300円
Lv114 
130円 13,000円

的中情報をもっと見る >

東京ジャンプS過去10年の結果

2018年6月23日() 東京競馬場/障3110m 天候: 馬場:
2017年6月24日() 東京競馬場/障3110m 天候: 馬場:
1着 シンキングダンサー 金子光希 3:27.9 6.4倍 106.8
2着 グッドスカイ 森一馬 クビ 9.4倍 106.8
3着 ビットアレグロ 五十嵐雄祐 1 1/4 86.6倍 106.4
2016年6月25日() 東京競馬場/障3110m 天候: 馬場:稍重
1着 オジュウチョウサン 石神深一 3:26.2 2.0倍 108.9
2着 ウインヤード 大江原圭 1 1/2 91.3倍 108.5
3着 タナトス 白浜雄造 20.3倍 106.8

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

東京ジャンプSの歴史と概要

東京ジャンプステークスは、1956年に障害重賞競走として創設され、年2回施行されていた東京障害特別(秋)が前身。1998年の第86回競走を最後に廃止された東京障害特別(秋)の機能を引き継ぐ形で、1999年に障害競走にグレード制が施行されたと同時に新設された東京オータムジャンプを経て現在の東京ジャンプステークスに至る。

2008年までは関東圏で行われる秋シーズン最初の障害重賞競走として行われていたが、ハンデキャップ競走であるがゆえ、有力馬は出走してこない傾向があった。また優勝馬及び上位入賞馬は、12月に中山競馬場で施行されるイルミネーションジャンプステークスをステップにするか直行で中山大障害に向かうケースも見られたが、2009年からは競走名称を東京ジャンプステークスに変更するとともに開催時期を10月から6月に移設。これにより、東京障害特別時代の春の競走の機能を引き継いだ東京ハイジャンプ(2009年より10月に施行)と位置付けが入れ替わる形となっている。

過去の優勝馬にはゴーカイマキハタコンコルドテンビーエースメジロロンザンコウエイトライタイキレーザーエイシンボストンマジェスティバイオデンコウオクトパスなどがいる(グレード制施行以後を対象)。


東京ジャンプステークスの過去の成績はコチラ

執筆者:ウマニティ競馬研究所(略してウマケン)

東京ジャンプSの攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2019年11月23日(
ラジオN杯京都2歳S  G3
2019年11月24日(
ジャパンカップ  G1
京阪杯  G3

競馬番組表

2019年11月23日(
5回東京7日目
5回京都7日目
2019年11月24日(
5回東京8日目
5回京都8日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡7
100,070万円
2 アーモンドアイ 牝4
90,211万円
3 レイデオロ 牡5
88,155万円
4 オジュウチョウサン 牡8
66,681万円
5 スワーヴリチャード 牡5
58,813万円
6 リスグラシュー 牝5
58,398万円
7 キセキ 牡5
52,914万円
8 マカヒキ 牡6
51,710万円
9 アルアイン 牡5
51,170万円
10 ブラストワンピース 牡4
50,950万円
» もっと見る

3歳
1 サートゥルナーリア 牡3
31,176万円
2 アドマイヤマーズ 牡3
27,353万円
3 クロノジェネシス 牝3
26,043万円
4 ダノンキングリー 牡3
25,281万円
5 ダノンファンタジー 牝3
23,621万円
6 ヴェロックス 牡3
21,907万円
7 ラヴズオンリーユー 牝3
19,950万円
8 グランアレグリア 牝3
19,878万円
9 ワールドプレミア 牡3
19,473万円
10 リオンリオン 牡3
13,748万円
» もっと見る