ピオネロ(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
ピオネロ
ピオネロ
ピオネロ
写真一覧
抹消  鹿毛 2011年4月8日生
調教師松永幹夫(栗東)
馬主有限会社 キャロットファーム
生産者ノーザンファーム
生産地安平町
戦績43戦[6-8-8-21]
総賞金20,953万円
収得賞金4,530万円
英字表記Pionero
血統 ネオユニヴァース
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
ポインテッドパス
クルソラ
血統 ][ 産駒 ]
Candy Stripes
Calorica
兄弟 クルミナルクローチェ
前走 2019/09/28 シリウスステークス G3
次走予定

ピオネロの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
19/09/28 阪神 11 シリウスS G3 ダ2000 141153.0910** 牡8 56.0 北村友一松永幹夫504(0)2.04.4 0.937.5ロードゴラッソ
19/08/24 新潟 11 BSN賞 (L) ダ1800 12337.457** 牡8 56.0 北村宏司松永幹夫504(+14)1.51.3 0.637.7⑤⑥⑤④アイファーイチオー
19/05/05 東京 10 ブリリアント (L) ダ2100 1651011.566** 牡8 56.0 福永祐一松永幹夫490(-8)2.08.6 0.536.7アングライフェン
19/04/14 阪神 11 アンタレスS G3 ダ1800 161126.597** 牡8 56.0 荻野極松永幹夫498(-6)1.51.8 1.038.0⑫⑪⑩⑥アナザートゥルース
19/02/23 阪神 11 仁川S OP ダ2000 1661210.172** 牡8 56.0 岩田康誠松永幹夫504(-2)2.06.0 0.337.5テルペリオン
19/02/02 京都 11 アルデバラン OP ダ1900 155817.093** 牡8 58.0 北村友一松永幹夫506(-10)1.57.9 0.337.3⑦⑦⑧⑧アングライフェン
18/12/28 阪神 11 ベテルギウス OP ダ1800 168156.2212** 牡7 58.0 北村友一松永幹夫516(+20)1.53.6 1.138.1⑤⑥⑦⑩ロードアルペジオ
18/10/21 東京 11 ブラジルC OP ダ2100 163619.883** 牡7 56.0 北村友一松永幹夫496(0)2.10.7 0.337.5⑥⑤④④ラインルーフ
17/12/09 中山 11 師走S OP ダ1800 166117.656** 牡6 56.0 V.シュミ松永幹夫496(+2)1.52.8 0.837.4⑧⑥⑦⑨ディアデルレイ
17/11/11 東京 11 武蔵野S G3 ダ1600 1651021.596** 牡6 56.0 V.シュミ松永幹夫494(-6)1.36.1 0.635.4⑨⑩インカンテーション
17/09/30 阪神 11 シリウスS G3 ダ2000 167135.233** 牡6 56.0 福永祐一松永幹夫500(+6)2.04.0 0.137.6メイショウスミトモ
17/08/13 札幌 11 エルムS G3 ダ1700 14696.027** 牡6 56.0 C.ルメー松永幹夫494(+3)1.42.2 1.336.2⑪⑪⑩⑪ロンドンタウン
17/07/17 盛岡 9 マーキュリC G3 ダ2000 14--------2** 牡6 54.0 戸崎圭太松永幹夫491(--)2.02.2 0.1----ミツバ
17/05/20 京都 11 平安S G3 ダ1900 163519.594** 牡6 56.0 石橋脩松永幹夫498(-10)1.56.5 0.837.1⑬⑬⑪⑧グレイトパール
17/03/30 名古 11 名古屋大賞典 G3 ダ1900 9--------2** 牡6 54.0 戸崎圭太松永幹夫508(--)2.02.8 0.3----ケイティブレイブ
17/02/25 中山 11 総武S OP ダ1800 157135.132** 牡6 58.0 戸崎圭太松永幹夫496(-18)1.52.7 0.137.7⑧⑧モンドクラッセ
17/02/12 京都 10 アルデバラン OP ダ1900 128112.413** 牡6 56.0 R.ムーア松永幹夫514(+8)1.58.1 0.436.6⑥⑥⑥⑥モルトベーネ
17/01/22 中京 11 東海S G2 ダ1800 16596.236** 牡6 56.0 川須栄彦松永幹夫506(+6)1.53.6 0.437.4グレンツェント
16/10/01 阪神 11 シリウスS G3 ダ2000 11783.922** 牡5 56.0 福永祐一松永幹夫500(+2)2.01.7 0.036.2マスクゾロ
16/08/27 新潟 11 BSN賞 OP ダ1800 14222.911** 牡5 55.0 福永祐一松永幹夫498(-4)1.51.1 -0.337.2⑤⑦④④モズライジン

⇒もっと見る


ピオネロの関連ニュース

ウマニティの重賞攻略ページに掲載されている「データ分析」の内容や、シリウスSの近年の結果をもとに、凡走パターンに合致する馬をピックアップするものです。予想の際にお役立てください。


【全般】
前年の当レースを制していた馬を除くと、7歳以上の好走例はゼロ(2008年以降)

ピオネロ
ヤマカツライデン
アングライフェン
キングズガード

【人気】
1番人気の支持を集めた馬を除くと、美浦所属ジョッキー騎乗馬の連対例は皆無(2008年以降)
※10時30分現在の2番人気以下、かつ美浦所属ジョッキーの騎乗馬

マッスルビーチ
メイプルブラザー

12番人気以下の好走例はみられない(2008年以降)
※10時30分現在の12番人気以下

サトノプライム
ナムラアラシ
メイプルブラザー

前走で非重賞戦に出走し、そのレースで3番人気以下かつ8着以下だった馬の好走例は皆無(2008年以降)

サトノプライム

【脚質】
前走が非重賞1着あるいは重賞3着以内だった馬を除くと、前走の4角通過順が2番手以内だった馬の連対例はなし(2008年以降)

タイムフライヤー
ヤマカツライデン
ロードゴラッソ
ジョーダンキング
メイショウワザシ

【枠順】
馬番枠12番の好走例はゼロ(2008年以降)

メイショウワザシ

馬番枠6番、7番の連対例は皆無(2008年以降)

ロードゴラッソ
ロードアルペジオ


【上記の凡走パターンに合致しなかった馬(連軸候補)】
モズアトラクション



ウマニティ重賞攻略チーム

【重賞データ分析】シリウスS ダート重賞ながら芝の潜在適性をも問われる一戦!迷った時は内めの枠重視の姿勢で! 2019年9月28日() 10:30

ウマニティの重賞攻略ページに掲載されている「データ分析」の内容をもとに、シリウスSのファクターごとの傾向に注目し、好走パターンに合致する馬をピックアップしました。予想の際にお役立てください。


【全般】
2010~2017年の勝ち馬は、いずれも芝レースの経験あり

ピオネロ
タイムフライヤー
ヤマカツライデン
モズアトラクション
サトノプライム
ロードゴラッソ
ロードアルペジオ
アングライフェン
ナムラアラシ
ジョーダンキング
メイプルブラザー

【人気】
1番人気が強い(1999年以降)
※10時00分現在の1番人気

タイムフライヤー

【脚質】
好位で脚を溜めることのできる先行馬が優勢(近年の傾向)

ピオネロ
タイムフライヤー
ロードゴラッソ
アングライフェン
メイショウワザシ

※近走の内容を参考に想定

【枠順】
内枠(1~3枠)勢の活躍が目立つ(近年の傾向)

ピオネロ
タイムフライヤー
ヤマカツライデン
モズアトラクション

人気馬が内枠を引いた際は、素直に信頼するのもひとつの手
※10時30分現在の1~3番人気、かつ1~3枠の馬

タイムフライヤー

【血統】
父もしくは母父にミスプロの血を持つ馬が強い(2007年以降)

モズアトラクション
サトノプライム
ロードゴラッソ
ロードアルペジオ
ナムラアラシ
ジョーダンキング
メイショウワザシ

ミスプロ系×サンデーサイレンス系の配合(逆を含む)馬の相性が抜群(2007年以降)

ロードゴラッソ
ジョーダンキング
メイショウワザシ

芝G1馬を父に持つ馬の活躍が顕著(2007年以降)

ピオネロ
タイムフライヤー
ヤマカツライデン
モズアトラクション
ロードゴラッソ
ロードアルペジオ
アングライフェン
マッスルビーチ
ジョーダンキング


【4項目以上該当馬】
タイムフライヤー(6項目)
ロードゴラッソ(5項目)
ピオネロ(4項目)
モズアトラクション(4項目)
ジョーダンキング(4項目)



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【ズバリ!調教診断】シリウスS 一昨年のホープフルSの覇者がダートでも重賞制覇を狙う!格上挑戦のアノ馬にも好勝負を期待! 2019年9月28日() 10:00

シリウスSの出走馬の追い切り内容について、1頭ずつ考察していきます。予想の際にお役立てください。


ピオネロ
最終追いは栗東坂路を単走で4F52秒6をマーク。スピード感に欠けるものの、終い2F24秒5-12秒4とそれなりの時計を記録しており、この馬なりに状態は良さそう。ただ、普段からこの程度のタイムは刻んでいる馬。近走が物足りない結果に終わっていることを考えると良くても平行線。連下争いに加わるのが精一杯ではないだろうか。

タイムフライヤー
今週の追い切りは今回騎乗予定のC.ルメール騎手を背に栗東CWで併せ馬。直線で鞍上が促すとスッと反応して終い1Fを12秒台前半でまとめ、なおかつ先着したあたり、コンビネーションも良さそうである。初ダートの前走の内容が悪くなかっただけに、今回は上積みも期待できる。久しぶりの勝利を挙げる、チャンス到来と言ってもいいだろう。

ヤマカツライデン
25日に栗東CWで6F78秒台半ばの好時計をマーク。この馬なりに順調であるとは思うが、近走は淡泊なレースが続いており、素直にタイムを評価できないのも確か。久しぶりのダート戦になるが、500万下(現1勝クラス)を勝ちあぐねていただけに、重賞では厳しいのではないか。

モズアトラクション
帰栗後は栗東Bコースで乗り込まれている。ゆったりと入って終い重点の調教パターンはいつも通り。最終追いの5F74秒前後の時計に派手さはないが、終い1Fは12秒台半ばでまとめており、状態自体は悪くなさそう。ただ、前走は展開がハマッた感が強く、今回も展開面が好凡走のカギを握りそうだ。

サトノプライム
最終追いは、同じくシリウスSに出走予定のメイショウワザシと栗東坂路で併せ馬。4F53秒6というタイム自体はこの馬としては悪くない。しかし、鞍上が仕掛けたにもかかわらず、余力残しのメイショウワザシにアッサリと振り切られたあたり、パワー不足は否めない。調教内容がレースに直結するタイプだけに今回も苦しいレースが予想される。

ロードゴラッソ
25日の追い切りは、レースでも手綱を取る予定の藤岡佑介騎手がまたがり、栗東CWで併せ馬を実施。内めを通ったとはいえ併走馬を一気に突き放し、6F82秒台の時計をマーク。この馬なりに順調ではある。ただ、成績的に重賞ではワンパンチ足りない感じで、それを乗り越えるだけの迫力には欠ける。首位争いまでは厳しいのではないか。

ロードアルペジオ
帰栗後は坂路とCWで丹念な乗り込み。25日の坂路追いでは4F51秒5を記録。一応の態勢は整ったように思える。しかし、追われるとフラフラしていたあたり、まだ本調子には届いてなさそう。本領発揮は次戦以降になると思われる。

アングライフェン
中間は栗東坂路で入念に調教を重ね、25日の追い切りでは馬場の真ん中をしっかりとした脚取りで駆け上がり順調さをアピール。ただ、1週前の4F50秒4-ラスト1F12秒9、今週の4F55秒0-ラスト1F12秒3は春先の好走時の調教過程と比べて、少々バランスが悪い。それなりのデキにはあると思われるが、その一方で過度の信頼まではどうか。

ナムラアラシ
今週の本追い切りは、栗東CWで2歳馬と併せ馬を実施。直線では鞍上がしきりにシゴくも、スピードの乗りが悪く、アッサリと突き放された。普段から調教は動かないタイプとはいえ、終い1Fが14秒台半ばというのはさすがにいただけない。上がり目に乏しく、今回は見送りが賢明だろう。

マッスルビーチ
25日の追い切りは栗東CWで併せ馬。僚馬に後れをとったものの、大きく追走していただけに気にしなくてもいいだろう。むしろ、勝ち上がり後の中2週とレース間隔が詰まるにもかかわらず、しっかりと負荷をかけた攻めを消化した点は好感度が高い。格上かつ重賞挑戦となるが、気配の良さを活かせるようなら、好勝負に持ち込めそうだ。

ジョーダンキング
この中間は、レースでも騎乗予定の岩田康誠騎手がまたがって栗東CWにて併せ馬を3本消化。最終追いは、前半をゆったりと入り、最後の直線だけビッシリと攻め、終い1Fを12秒台前半でまとめた。この馬なりに状態は良さそうだが、内めを通って僚馬に後れをとった点は印象が悪い。上昇度の面で疑問符がつくうえに、重賞では結果が出ていない現状を鑑みると、信頼を置くには躊躇してしまう。

メイショウワザシ
最終追いは、同じくシリウスS出走予定のサトノプライムと栗東坂路で併せ馬を実施。相手の反応をうかがう余裕を見せながら、最後までしっかりとした脚取りで終い1Fを12秒1でまとめて先着。状態は引き続き良さそうだ。自分の競馬ができれば重賞でも通用するのではないか。

メイプルブラザー
この中間は栗東坂路で調整。総じて終い1Fが13秒台と地味ではあるが、前走時(阿蘇S3着)も似たような調整過程で健闘しており、この馬の力を出せる状態にはあるとみる。ただでさえ、人気よりも着順が上回るケースが多い馬。軽視しないほうがいいだろう。

キングズガード
1週前、今週と栗東CWで5F66秒台の時計が出ているように、衰えは感じさせない。しかし、短距離戦から2000mに距離を延ばすにあたって、調教パターンが変わらないのはインパクトに欠ける。2年以上勝ち星から遠ざかっていることを考えると、もっと変わり身を示せるアピールが欲しい。



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【U指数的考察】シリウスS 指数6位以内の占有率高!U指数上位を中心に攻めるのが得策! 2019年9月28日() 09:20

シリウスSの近年の傾向をもとに、U指数を絡めてピックアップした条件に合致する馬を提示しました。予想の際にお役立てください。

※2013年以降の結果をもとに検証

<ポイント①>
指数1~3位の信頼度は比較的高く、毎年必ず最低1頭は3着以内を確保している。

指数3位以内

タイムフライヤー
アングライフェン
キングズガード

<ポイント②>
1~3位のみならず、4~6位も安定しており、指数7位以下の馬が2頭以上3着入りしたケースは皆無。指数上位を中心に攻めるのが得策といえよう。

指数4~6位

ピオネロ
モズアトラクション
ロードゴラッソ

<ポイント③>
馬券に絡んだ馬の最低指数は93.4。これを下回る馬は割引が必要となる。

指数93.4未満

ヤマカツライデン



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【シリウスS】8歳馬ピオネロの“季節到来” 2019年9月27日(金) 12:21

 8歳の古豪ピオネロは春~夏に精彩を欠いていたが、今年2月に(3)(2)着があるように気温が下がってからのほうがいい。「順調だし元気があり、衰えを感じさせない。とにかくこの舞台は合う。芝スタートで忙しくないのがいいんだろう。56キロは背負い慣れているし、しぶとさを生かしたい」と松永幹調教師。このレースは3年前が2着で、一昨年3着。阪神ダート10Fは【0・2・1・0】だ。(夕刊フジ)

シリウスSの出馬表はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【シリウスS】厩舎の話 2019年9月27日(金) 05:05

 ◆アングライフェン・安田隆師 「休み明けですが、先週は坂路で50秒台、今週の追い切り(4ハロン55秒0)は予定通りです」

 ◆キングズガード・寺島師 「しっかり動けている。テンのスピードが遅くなっているので、距離は短くするよりいい」

 ◆サトノプライム・南井師 「ゲートが課題。五分で出られれば」

 ◆ジョーダンキング・岩田康騎手 「モタモタするところはあったけど先週よりよくなっている。阪神もいい」

 ◆タイムフライヤー・松田師 「いい追い切りができた。スタート地点が芝なので、スピードに乗せていけそう」

 ◆ナムラアラシ・牧田師 「状態は変わらない。うまくさばければ」

 ◆ピオネロ・松永幹師 「順調に来ていて、元気もある。コース相性のよさに期待したい」

 ◆マッスルビーチ・鈴木孝師 「いつも調教は地味だが、実戦で走ってくれる。決め脚勝負になれば、ハンデ差を生かせるかもしれない」

 ◆メイショウワザシ・南井師 「いい感じできているし、動きもよかった。2000メートルも大丈夫だと思う」

 ◆モズアトラクション・松下師 「使ってきているのでサラッと。ダートで(調教を)やるようになって、背腰の疲れが出にくくなったし、変わらず順調です」

 ◆ヤマカツライデン・池添兼師 「動きはいい。ダートはこなせると思うし、ハナに行ってどこまでやれるか」

 ◆ロードアルペジオ・笹田師 「時計は出ているし、仕上がっている。久々を克服できるように調整してきた」

シリウスSの出馬表はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

⇒もっと見る

ピオネロの関連コラム

閲覧 2,073ビュー コメント 0 ナイス 4



週末の注目レースを伊吹雅也プロが「1点」の傾向に注目して分析するウマニティ会員専用コラム。「さらにプラス1!」として挙げている種牡馬別成績も含め、ぜひ予想にご活用下さい。今週のターゲットは、カンナステークス、シリウスステークス、ポートアイランドステークス、スプリンターズステークスの4レースです。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


▼2019年09月28日(土) 中山09R カンナステークス
【前走の馬体重別成績(2013年以降)】
●460kg未満 [0-1-1-40](複勝率4.8%)
●460kg以上 [6-5-5-17](複勝率48.5%)
→馬格のない馬は不振。また“JRA、かつ1200m、かつ出走頭数が9頭以上のレース”において連対経験のない馬は2013年以降[0-0-0-28](複勝率0.0%)と上位争いに食い込めていません。


▼2019年09月28日(土) 阪神11R シリウスステークス
【“JRA、かつ芝のレース”における連対経験の有無別成績(2009年以降)】
●あり [4-7-6-25](複勝率40.5%)
●なし [6-3-4-86](複勝率13.1%)
→芝のレースに実績がある馬は堅実。特別登録を行った馬のうち“JRA、かつ芝のレース”において連対経験があるのは、アングライフェンタイムフライヤーピオネロヤマカツライデンロードゴラッソの5頭だけです。

<<さらにプラス1!>>

続きは、ウマニティ会員登録(無料会員)でご覧頂けます。
※限定公開期間終了後は、非会員の方もご覧頂けます。
続きを読む
登録済みの方はこちらからログイン

2018年12月27日(木) 20:00 凄馬
『凄馬』で今週の鉄板馬情報をゲット! 2018年12月27日
閲覧 734ビュー コメント 0 ナイス 0

毎週、確勝級の鉄板馬をお知らせする『凄馬(スゴウマ)』情報。
さっそく、今週の凄馬を紹介いたしましょう!

<2018年12月28日()の凄馬!>
超凄馬
阪神3R 2歳未勝利
メイショウテンゲン(+3.0)

超凄馬
中山7R ヤングJSFR中山1
プレシャスブルー(+2.3)

超凄馬
中山2R 2歳未勝利
セイカハルカゼ(+2.2)

超凄馬
阪神11R ベテルギウスS
ピオネロ(+2.2)

<『凄馬』の見方>
超凄馬・・・勝率36%、複勝率69%を誇る軸馬候補!
極凄馬・・・凄馬の極み、断然の軸馬!勝率46%、複勝率77%
馬名の右にある数字・・・数字が大きいほど勝率が高い
(集計期間:2008年6月1日~2018年12月28日、集計数:33,749レース分)

<日曜日の『凄馬』を受信しよう!>
日曜日の凄馬情報は『凄馬』メールに登録(無料)することで受信できます。
『凄馬』メールは、その日に出走する馬の中から確勝級の馬を携帯メールでお知らせしてくれる無料サービスです。

<『凄馬』メールの登録のしかた>
携帯電話で右上のQRコードを読み取って、何も記入せずにメールを送信してください。
1、2分ほどで登録完了メールが返ってきたら、登録は完了です。
日曜日の『凄馬』は、土曜日の午後6時以降にお届けになりますのでお楽しみに!

QRコードがうまく読み取れない場合は、直接、s@umanity.jp へ空メール※を送っても登録できますのでお試しください。
※件名と本文に何も記入せずにメールを送信してください

[もっと見る]

2017年11月28日(火) 17:00 覆面ドクター・英
チャンピオンズC・2017
閲覧 3,000ビュー コメント 0 ナイス 14

JCは、調教軽かったキタサンの疲労と差し馬場を考慮して最終的に本命打ったシュヴァルグランの単勝を結構持っていて嬉しかったのですが、キタサンへの馬単もたっぷり持っていただけに、最後キタサンが3着に落ちてがっかり(レイデオロの通用はまだ先で有馬で買おうと消して大失敗)。WIN5も4レース目を1番人気コウエイエンブレム1点で通そうとして2番人気ニットウスバルに負けて2着と残念なWIN4止まり。あれで263万つくのなら2レース目のモズアスコットのところを1点にしての最初の欲かかないバージョンで直さないままで行けばよかったのですが(あまりにも人気だっただけに前詰まったりしないかと期待して欲かきすぎて)、なかなかうまくいかないものです。


さて今週はチャンピオンズカップ。前身がジャパンダートダービーのダートチャンピオン決定戦で、中京1800mでの4度目(その前の6回が阪神ダート1800m、更にその前が東京2100m)となります。この3つの競馬場の中で中京が最も差しにくいコースだとは思いますが、騎手もその意識からか前が激しくやり合い案外差しが決まったりという結果のここ2年でした。

それでは恒例の1週前全頭診断を。

アウォーディー:JBCクラシックはまだ1番人気になるんだなあと逆にちょっと意外(結果も4着)だった。昨年6連勝で迎えこのレース2着だった時とは勢いが違い、7歳秋。高齢までパワー優位のダートだとやれるものだが、スピード問われる条件だけに消しまでありか。

ノンコノユメ:去勢してから慌てて使い過ぎたのもあり不調が長かった。ようやく上向いてきた感があり本命を打った前走武蔵野Sでは、よく追い上げて4着だったがここは脚質的に向かず。(できれば使わないで)2月の東京2戦で期待。

カフジテイク:5歳秋で前走得意条件(2月のフェブラリーSで1番人気になったくらい)で5着とやや勢い無くなってきた感もあり。あとはあまりダート追い込み馬に合っていない福永騎手でなく、四位騎手あるいは小牧騎手あたりならヒモで期待できるが。

テイエムジンソククロフネ産駒の数少ないダート重賞勝ち馬(ダート勝ち数は多いが重賞勝ちほとんどない種牡馬)だが、強力な先行力ある上がり馬。G1だからと手の合う古川吉騎手を降ろさなければ好勝負必至。

キングズガード:乗り方ひとつで距離はもつタイプとみて1800mでも本命を打った前走のみやこSだったが勝負がついた頃に差してきて3着。C・デムーロ騎手あたりに乗り替わって、前で折り合わせられたら期待できるのだが馬主、厩舎的にもそれは無さそう。

コパノリッキー:JBCスプリントでも2着と予想通り短距離適性もあったが、この2年は1番人気7着、3番人気13着とここが期待できないために短距離を使ったのかもしれず惨敗もあるだろう。ただ、つかみどころのない馬で中間の調教が良さそうなら、香港馬がよく大レース前に短距離を使いやる気を引き出すように、更なるG1勝利上積みもあるか。

ゴールドドリーム:昨年のこのレースで2番人気12着と惨敗。2月のフェブラリーSは勝つも、以降さっぱりで、調教の動きは良いのだが、復活するとしてもここではないのでは。

ピオネロ:オープンに上がってからも強い相手にも2着や3着できるのだが弱い相手にも勝ち切れない馬で、6歳秋のここで激走するかといえば難しいのでは。

サンライズソア:3歳のサンライズ2騎の勝ち切れないが安定して上位に来るほうで、母がスペシャルウィーク×ビハインドザマスクの芝でも期待できそうな配合。頭はないまでもそれなりに好走期待できるのでは。

アスカノロマン:昨年のこのレースで3着と激走したが、以降一度も馬券圏内無く衰えてきたのだろう。

サウンドトゥルー:昨年の勝ち馬で、一昨年も3着と芝スタートでなければ左回りは歓迎で、JBCクラシックも勝って勢い保っておりセン馬だけに衰え少なく好走必至。

アポロケンタッキー:昨年はこのレースで5着した後に東京大賞典を巨漢馬得意な内田博騎手で勝ったが、薬物検出(ステロイド)があり、関節炎や喘鳴症などどこか問題あるのでは。もう薬物使用はできないだろうから、実力があるのはわかっているが安定した状態は作りにくいのでは。

ロンドンタウンエルムSではテイエムジンソクを退けたタイムが札幌1700mなのに1分40秒9(重馬場)というすごい時計で、勢いのままコリアCではクリソライトに勝って(韓国G1でも相手はG3レベルか)連勝中。じわじわ強くなるカネヒキリ産駒らしく、ここでもやれる力つけてきた。

グレンツェント:1月の東海S制覇までは破竹の勢いだったがそれ以降はネオユニヴァースらしい気難しさが前面に出てきたか、さっぱりのスランプに陥ってしまい、ここでいきなり復活するのは難しそう。

ケイティブレイブ:出遅れて差して帝王賞を勝ってしまったり、元々はハイペース逃げで好走したりの強引な競馬が合う馬で強引な騎手の方が合いそうだが・・。

ミツバ:かつては追い込み馬で、横山典騎手の大逃げでオープン勝ちしてからは再度差し競馬で7月には交流重賞マーキュリーCも勝った。2番人気だったシリウスSはひどく行きっぷりが悪く8着。期待されなかった前走JBCクラシックはやる気を見せて7番人気3着と、つかみどころ無い感じの馬だが基本後方からとなりやすいだけに初の中京はあまり向かなそう。

メイショウスミトモ:遅咲きの馬で6歳秋でシリウスSを11番人気で勝ってしまったが(ヒモで好走期待していたが5番人気の私の本命を差し切ってしまい、頭まで来ないでよ、という前走)、フロックでなく父ゴールドアリュールで母もダートのオープン馬ロングプライドを出している血統構成からも3着くらいにきてもおかしくない。

メイショウウタゲ:前々走のオープン特別のブラジルCは、プリサイスエンドという血統からか2100mだと人気にならず本命を打って6番人気(11.5倍)稼がせてもらったが、前走武蔵野S8着はそんなものかなあという結果で強敵相手に一発ある感じではない。

トップディーヴォ:8月の新潟(BSN賞)でオープン勝ちを果たしシリウスSでも4着と好走したが、▲打った前走シリウスSは、手綱が外れて放馬という、タイヤ外れるルパン三世なみのびっくり除外(笑)。力つけてきているのだがあまり買いたくない経過。

サンライズノヴァユニコーンSは4馬身突き抜けるも1番人気のJDDでは6着と期待を裏切り、秋の始動戦のグリーンCCは古馬相手にきっちり勝つも武蔵野Sは1番人気で12着とムラ馬な感じ。地力はあり後方からズドンと激走あるのかもしれないが、買わない。

モルトベーネ:2月にアルデバランS(オープン特別)、4月にアンタレスS(G3)勝ち。父ディープスカイに初重賞をもたらしたが、この2戦ダメで期待薄。

スリータイタン:8歳にして準オープン勝ちでオープン入りしたものの、ここはスピードも問われ厳しい。

ローズプリンスダム:11番人気でレパードS勝ちした3歳馬だが、秋の始動戦のみやこSで出遅れて7番人気7着とそれなりの結果で、あまり買い要素無し。


<まとめ>
有力:テイエムジンソクサウンドトゥルー

[もっと見る]

2017年10月4日(水) 17:00 凄馬プロジェクトチーム
『凄馬出馬表&馬券検討』9/30,10/1の結果(スプリンターズS,シリウスS)
閲覧 671ビュー コメント 0 ナイス 3

10月1日(日)に行われました中山11Rの「スプリンターズS G1」です。

レース結果(着順)の凄馬出馬表(画像)をご覧ください。



1着:総合ポイント【1位】△レッドファルクス(3.2倍)
2着:総合ポイント【4位】△レッツゴードンキ(10.8倍)
3着:総合ポイント【11位】△ワンスインナムーン(16.0倍)

第1グループ・総合ポイント1位のレッドファルクスが1着、第1グループ・総合ポイント4位のレッツゴードンキが2着、第3グループ・総合ポイント11位のワンスインナムーンが3着という結果でした。

モンドキャンノに期待した今年のスプリンターズSだった訳ですが、後方から差を詰められず惨敗。悔しかったのは予想編でも触れた△ワンスインナムーン。展開や馬場が向いたことはもちろん、当日のデキも相当よく映りましたので、もう少し早くに気付けていれば......。


【3複フォーメーション】
◎=○▲☆=印
11=9,15,16=1,2,3,4,5,6,7,8,9,13,15,16(30点)

【馬連ボックス】
9,11,15,16(6点)

計36点 払い戻し0円


続いて、9月30日(土)に行われました阪神11Rの「シリウスS G2」です。

レース結果(着順)の凄馬出馬表(画像)をご覧ください。



1着:総合ポイント【5位】メイショウスミトモ(74.2倍)
2着:総合ポイント【13位】ドラゴンバローズ(6.7倍)
3着:総合ポイント【2位】○ピオネロ(5.2倍)

第2グループ・総合ポイント5位のメイショウスミトモが1着、第4グループ・総合ポイント13位のドラゴンバローズが2着、第1グループ・総合ポイント2位のピオネロが3着という結果でした。

ミツバは3コーナー過ぎで追い通し、まったく見せ場のない惨敗でした。
ムラ馬なのか、状態が悪かったのか正直不可解な負け方でした(+_+)
連敗となってしまった先週ですが、運のいいことに(?)今週末からは場替わり。いざ府中&淀のロングラン開催に向けて頭を切り替え、秋競馬を楽しんでいきたいと思います。


【3連単フォーメーション】

12

3,6,13

3,5,6,11,13

12

3,5,6,11,13

3,6,13

3,6,13

12

3,5,6,11,13


計36点 払い戻し0円

[もっと見る]

2017年9月30日() 14:00 凄馬プロジェクトチーム
第297回『凄馬出馬表分析&馬券検討』~シリウスステークス G3
閲覧 768ビュー コメント 0 ナイス 2



みなさんこんにちは!

本日は阪神11R「シリウスステークス G3」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「-1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「-1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。




第1グループ(橙)は、マスクゾロピオネロの2頭。
第2グループ(黄)は、ブライトアイディアから1.0ポイント差(約1馬身差)内のキクノソルまで4頭。
第3グループ(薄黄)は、トップディーヴォから1.0ポイント差(約1馬身差)内のタガノゴールドまで5頭となっていて、以下は第4G(灰)となっています。

凄馬出馬表を見渡すと第1グループ~第2グループに1.2の溝がありますが、大きな差ではなく混戦の分布となっています。

昨年の1着、2着、4着馬が出走してきた今年のシリウスステークス
3着馬のアポロケンタッキーが東京大賞典を制覇し、よりクローズアップされてしまいますが、昨年のシリウスステークスは間違いなくハイレベルなレース。昨年からの伸びしろがポイントになると見ています。

私の本命は◎ミツバとしたいと思います。
昨年は緩い流れで後方の大外、4角の時点でノーチャンスといえるほどの差がありました。1年経った今、近走のレースでは完全に1ランク上の強さを見せ、本格化を迎えている印象。脚質も終い一辺倒から自在性が加わりました。今年もメンバー的にそれほどペースは流れなさそうですが、今のミツバなら抑え込んでくれると期待しています。

以下、○ピオネロ、▲マスクゾロ、△モルトベーネに印を打ちます。

【3連単フォーメーション】

12

3,6,13

3,5,6,11,13

12

3,5,6,11,13

3,6,13

3,6,13

12

3,5,6,11,13


計36点

[もっと見る]

2017年8月16日(水) 15:30 競馬プロ予想MAX
先週の回顧~(8/12~8/13)サウスプロがビッグHIT3発で収支58万プラスをマーク!
閲覧 903ビュー コメント 0 ナイス 7

先週は、13(日)に札幌競馬場でG3エルムSが、新潟競馬場でG3関屋記念が行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G3エルムSは、3連勝で重賞初挑戦となったテイエムジンソクが単勝1.5倍と断然の人気を集めてスタートの時を迎えます。先手争いは、そのテイエムジンソクの隣から好発を決めてドリームキラリが制しハナへ。2番手にテイエムジンソクを従えて、その他の人気どころではモンドクラッセロンドンタウンは好位、ピオネロは後方からとなって、1~2コーナーを通過。降雨により高速化した馬場のなか、やはり平均的に速いラップを刻んだ馬群は隊列に大きな変化のないまま3コーナーへ。前を行くドリームキラリテイエムジンソクの2頭はそのままの態勢、好位勢からはロンドンタウンリッカルドが前の2頭との差を詰めに掛かります。迎えた直線、終始手応え万全に映ったテイエムジンソクは内ラチ沿いを逃げ粘るドリームキラリをなかなか捕まえられずよもやの苦戦状況。残り100mを切ってもその差は1馬身ほどで縮まらず、逆に後方からはロンドンタウンに詰め寄られる格好となります。結局、外からまとめて差し切った4番人気ロンドンタウンが1分40秒9という超高速決着を制し、JRA重賞初勝利を飾っています。1/2馬身差の際どい2着争いはハナ差制したテイエムジンソクが入り、3着に8番人気ドリームキラリが入っています。 
公認プロ予想家ではジ ョ アプロきいいろプロKOMプロ霧プロ山崎エリカプロマカロニスタンダーズプロスガダイプロ西野圭吾プロら8名が的中しています。
 
G3関屋記念は、ポンと出たマルターズアポジーが単独先頭に立ち、同じく好発を決めたダノンリバティが2番手を窺うと、外からウインガニオンが積極的に出していきこれを奪い単独2番手を確保。人気馬では1番人気メートルダール、3番人気ブラックムーンは後方、2番人気ロードクエストは中団からとなって、やや縦長の馬群は3コーナーを通過していきます。直線を向いても手応え十分のマルターズアポジーウインガニオンの2頭に対して、後方勢からは目立った伸びを見せる馬はみられず。好位グループからダノンリバティヤングマンパワー、中団からロードクエストダノンプラチナあたりが追撃を開始しますが、前との差を逆転するには至らずのまま直線半ばを通過。結局、7番人気マルターズアポジーが快逃Vで重賞3勝目を挙げ、そこから1馬身1/4差に4番人気ウインガニオンが2番手からの粘り込み2着となりレースは前々での決着となりました。さらにクビ差の3着には好位から内々を渋太く伸びた5番人気ダノンリバティが入っています。
公認プロ予想家では、dream1002プロくりーくプロの2名が的中しています。
 
 
----------------------------------
 
☆☆☆注目プロ →サウスプロ
12(土)札幌7Rで◎フィルムフランセ(単勝27.6倍)からの馬連2点勝負を敢行し、▲◎的中!払戻しは41万500円のビッグヒットとなりました。さらに同日小倉12Rでは○◎△3連複的中、20万7240円払戻しと絶好調。13(日)には小倉4Rで馬連○◎1点的中、32万7000円払戻しのダメ押しの一撃を披露し土日プラスを達成。週末トータル回収率181%、収支58万3590円プラスをマークしています!
 
☆☆☆注目プロ →dream1002プロ
13(日)G3関屋記念で、3連単1317.1倍を△◎☆的中!土日トータルでは、回収率205%をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →サラマッポプロ
13(日)は小倉10Rの◎ノボリクリーン小倉11Rの◎マサハヤドリーム新潟12Rの◎プリティマックスなど、単勝1点予想で連続的中!土日トータル回収率は176%を達成しています。
 
☆☆☆注目プロ →くりーくプロ
12(土)は、新馬戦など的中率100%で安定感を見せると、迎えた勝負予想レース小倉9Rでは、『ダートのデビュー戦はスピードのある競馬でゴール前もうひと伸びする強い内容。調教内容は前走以上でさらに状態の上積みに期待できる。芝でもスピードと切れのある競馬を。』と評した◎ゴールドクイーン(単勝22.7倍)をズバリ!馬単254.3倍含め、単勝・複勝・ワイドを仕留めました。13(日)も関屋記念を◎ダノンリバティからしっかりゲットするなどの活躍を見せた先週は、週末トータル回収率150%をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →ろいすプロ
12(土)札幌1Rで▲サージュミノルハヤブサレジェンドワンダーツーの3連複(113.9倍)的中、13(日)小倉2Rで◎△△3連複的中、札幌8Rで3連複&ワイド的中(◎カンバンムスメ)などを筆頭に、随所に好調予想を散りばめ土日ともにプラス収支を達成。トータル回収率136%をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →スガダイプロ
12(土)は札幌1Rの馬連&3連複的中で好スタートを決めると、札幌8R新潟9Rなどの的中を披露し、この日回収率135%を達成。続く13(日)も、勝負予想のG3エルムSを含め、札幌8Rなどで的中をマークし回収率123%を記録。7/29(土)以来続いている開催日連続プラス収支を“6”に伸ばし、週末のトータル回収率128%を達成しています。
 
☆☆☆注目プロ →きいいろプロ
12(土)小倉9Rで◎ゴールドクイーンの単勝1点1万円勝負で的中し22万7000円を払戻し!13(日)の勝負予想レースG3エルムSでも◎○馬連1点的中&単勝的中を披露するなどの活躍を見せました。
 
 
この他にも、ジ ョ アプロエース1号プロエース2号【予想マイレージクラブ限定】プロ山崎エリカプロ【U指数】馬単マスタープロおかべプロ霧プロらが週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
----------------------------------
 
※全レースの結果速報はこちら


今週も競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家陣の予想にご注目下さい。

[もっと見る]

⇒もっと見る

ピオネロの口コミ


口コミ一覧
閲覧 221ビュー コメント 0 ナイス 10

最近あまりダートレースの予想してませんが久しぶりに。

◎4歳 55kg ロードゴラッソ 父ハーツクライ
この子はハンデ恵まれちゃいましたね。
ここは確勝級じゃないかな。
ハーツクライ産駒なので阪神も大丈夫そうだし。
ダート替わりして3連勝、3勝目が阪神1800の伊丹Sで、2着に0.6差の圧勝。
4戦目は初重賞マーチで6着だけど、2着馬とは0.1秒差。
その後大沼2着、盛岡交流戦マーキュリーで4着。
とうとう順番が回って来た感じですね。

○と▲は阪神巧者。

○5歳 57kg テルペリオン 父フリオーソ
ブライアンズタイムの血をひいてるので、阪神相性抜群。
最近良馬場では3-0-1-0、特に阪神では1600万下堺ステークス、オープン仁川54kgで、一昨年のシリウス3着馬ピオネロ56kgに0.3差つけて連勝。前走も◎ロードゴラッソと同じ54kgで先着し3着。
雨降らなければ馬券になるでしょう。

▲8歳 56kg ピオネロ 父ネオユニ
このレースもリピーターが活躍するレース。
この馬はダート2000は激走する傾向にあります。
2016年 阪神2000 シリウス 2着
2017年 盛岡2000 マーキュリー 2着
2017年 阪神2000 シリウス3着
2019年 阪神2000 仁川2着
と、これまで0-3-1-0と馬券外したことありません。

有力馬(有名馬)がこぞって斤量もらっているので、この3頭で決まる可能性もあるんじゃないでしょうか。ちょっと好配当期待しちゃいます!

 ☆コノホシカツ☆ 2019年4月10日(水) 14:04
アーリントンカップ(GⅢ)アンタレスS(GⅢ)出目
閲覧 170ビュー コメント 0 ナイス 3

2019年4月13日(土)2回阪神7日
☆二黒大安『吉数』枠2・5・8馬②⑤⑧⑫⑮⑱
11R(15:30)芝1600
第28回アーリントンカップ(GⅢ)
【時系列出目】
「枠」
◆1ミッキースピリット、ロードグラディオ
「馬」
◇①ミッキースピリット
 〓
【demedas】
「枠」
★3サンノゼテソーロ、ニシノカツナリ
☆8ミッキーブリランテ、ヤマニンマヒア、ジャミールフェルテ
*5カテドラル、イベリス
*6ヴァンドギャルド、トオヤリトセイト
*1ミッキースピリット、ロードグラディオ
「馬」
★⑤サンノゼテソーロ
☆⑩カテドラル
*⑥ニシノカツナリ
*⑨イベリス
*⑦ジゴロ


2019年4月14日(日)2回阪神8日
☆三碧赤口『吉数』枠1・3・6馬①③⑥⑨⑪⑬⑯
11R(15:30)ダ1800
第24回アンタレスS(GⅢ)
【時系列出目】
「枠」
◆該当なし
「馬」
◆該当なし
 〓
【demedas】
「枠」
★2グリム、ロンドンタウン
☆4オルナ、リーゼントロック
*1ピオネロ、テーオーエナジー
*8クロスケ、メイショウスミトモ
*7ヒラボクラターシュ、ドライヴナイト
「馬」
★②テーオーエナジー
☆⑧リーゼントロック
*①ピオネロ
*⑭ヒラボクラターシュ
*⑮メイショウスミトモ

[もっと見る]

 やなぴょん 2018年12月28日(金) 15:35
ベテルギウス OP 
閲覧 37ビュー コメント 0 ナイス 1

全く当たらん。

助けて、友一。

ピオネロ本命!

[もっと見る]

⇒もっと見る

ピオネロの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
3:
  Tomoya_0708   フォロワー:0人 2013年6月23日() 12:27:28
スローの流れを後方から差しきり!
今後が楽しみになりました!
2:
  金羊アリエス   フォロワー:0人 2013年6月20日(木) 20:23:24
一口出資しているので応援します。
1:
  ポグニティ   フォロワー:0人 2013年6月18日(火) 12:57:42
6/23(日)阪神・新馬戦・芝1800mに出走予定です。

ピオネロの写真

ピオネロ
ピオネロ
ピオネロ

ピオネロの厩舎情報 VIP

2019年9月28日シリウスステークス G310着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ピオネロの取材メモ VIP

2019年9月28日 シリウスステークス G3 10着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。