テルペリオン(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
写真一覧
現役 牡5 栗毛 2014年3月12日生
調教師寺島良(栗東)
馬主株式会社 ダイリン
生産者谷川牧場
生産地浦河町
戦績25戦[7-4-2-12]
総賞金14,387万円
収得賞金4,850万円
英字表記Telperion
血統 フリオーソ
血統 ][ 産駒 ]
ブライアンズタイム
ファーザ
エルベレス
血統 ][ 産駒 ]
ダンスインザダーク
ジアーダ
兄弟 レムミラスガラドリエル
前走 2019/10/20 ブラジルカップ (L)
次走予定

テルペリオンの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
19/10/20 東京 11 ブラジルC (L) ダ2100 16114.9215** 牡5 57.0 松若風馬寺島良512(-10)2.11.2 3.240.0サトノティターン
19/10/01 金沢 11 白山大賞典 G3 ダ2100 9--------4** 牡5 54.0 松若風馬寺島良522(--)2.16.4 0.5----グリム
19/07/15 盛岡 10 マーキュリC G3 ダ2000 14--------3** 牡5 54.0 松若風馬寺島良514(--)2.03.7 0.5----グリム
19/06/01 東京 11 スレイプニル OP ダ2100 16368.741** 牡5 57.0 松若風馬寺島良526(+2)2.11.2 -0.337.5アンデスクイーン
19/05/05 東京 10 ブリリアント (L) ダ2100 166127.338** 牡5 56.0 松若風馬寺島良524(-8)2.08.7 0.636.6⑤⑥⑥④アングライフェン
19/03/14 名古 11 名古屋大賞典 G3 ダ1900 12--------5** 牡5 54.0 松若風馬寺島良532(--)2.03.2 1.1----グリム
19/02/23 阪神 11 仁川S OP ダ2000 1651014.181** 牡5 54.0 松若風馬寺島良528(-12)2.05.7 -0.337.3ピオネロ
19/02/02 京都 11 アルデバラン OP ダ1900 15464.2211** 牡5 56.0 松若風馬寺島良540(+14)1.59.4 1.839.2アングライフェン
18/12/09 阪神 10 堺ステークス 1600万下 ダ1800 9554.331** 牡4 57.0 松若風馬寺島良526(+2)1.52.7 -0.237.3プロスパラスデイズ
18/11/10 京都 10 観月橋S 1600万下 ダ1800 98910.422** 牡4 57.0 松若風馬寺島良524(+8)1.50.2 0.836.5インティ
18/08/25 小倉 11 釜山S 1600万下 ダ1700 10772.212** 牡4 56.0 藤岡佑介寺島良516(0)1.44.3 0.336.2タガノディグオ
18/07/29 小倉 9 響灘特別 1000万下 ダ1700 12682.211** 牡4 57.0 松若風馬寺島良516(+2)1.44.6 -0.337.3④④フィールドセンス
18/07/08 福島 10 天の川賞 1000万下 ダ1700 157123.722** 牡4 57.0 石川裕紀寺島良514(-6)1.45.4 1.437.7⑤④⑥ワイルドカード
18/05/27 京都 9 東大路S 1600万下 ダ1800 167145.537** 牡4 57.0 松若風馬寺島良520(-6)1.52.3 1.238.7フォンターナリーリ
18/04/22 京都 10 桃山S 1600万下 ダ1900 15222.615** 牡4 57.0 C.ルメー寺島良526(-2)1.58.7 0.738.4⑤⑤④⑥ジュンヴァルカン
18/04/08 阪神 12 梅田S 1600万下 ダ1800 15117.744** 牡4 57.0 松若風馬寺島良528(0)1.51.5 0.338.6ストロングバローズ
18/02/13 小倉 11 門司S 1600万下 ダ1700 16363.013** 牡4 56.0 松若風馬寺島良528(-2)1.43.9 0.137.7④④キーグラウンド
18/01/06 京都 10 初夢S 1600万下 ダ1900 108105.332** 牡4 56.0 松若風馬寺島良530(0)2.00.0 0.237.1マイネルオフィール
17/12/23 阪神 10 摩耶S 1600万下 ダ1800 16357.444** 牡3 55.0 松若風馬寺島良530(+4)1.53.3 0.636.6ユラノト
17/10/21 京都 12 3歳以上1000万下 ダ1800 156106.551** 牡3 55.0 松若風馬寺島良526(+22)1.50.9 -0.337.7ショートストーリー

⇒もっと見る


テルペリオンの関連ニュース

ブラジルカップの過去のレース結果をもとに、ファクターごとの傾向に注目し、好走パターンに合致する馬をピックアップしました。予想の際にお役立てください。

※2014年以降の結果をもとに検証



【全般】
関西馬の活躍が顕著

テルペリオン
サトノプライム
ホーリーブレイズ
メイショウスミトモ
ナムラアラシ
メイプルブラザー
カラクプア
ミキノトランペット

前走シリウスS組の上位入線が目につく

サトノプライム
ナムラアラシ
メイプルブラザー

オープンクラスかつ左回りのダ1800m以上戦(JRAのレースに限る)で連対経験がある馬の好走例が多い

テルペリオン
コスモカナディアン
フェニックスマーク

同年のオープンクラス、かつ1800m以上のレース(JRA戦に限る)で4着以内の経験がある馬好走頻度が高い

テルペリオン
ホーリーブレイズ
ナムラアラシ
コスモカナディアン
クロスケ
サトノティターン

【人気】
人気サイドでは、1~3番人気に推された関西馬が及第点の成績
※10時30分現在の3番人気以内、かつ関西馬

テルペリオン
ホーリーブレイズ

穴では、8番人気以下かつ前走ひとケタ着順馬の奮闘が目につく
※10時30分現在の8番人気以下、かつ前走ひとケタ着順馬

サトノプライム
ナムラアラシ
ブラックバゴ
カラクプア
クロスケ
ミキノトランペット

【脚質】
先行(逃げを含む)×差しの組み合わせが多い

※過度に気にする必要はない

【枠順】
良馬場の場合は外めの枠(5~8枠)がやや優勢

メイプルブラザー
カラクプア
コスモカナディアン
クロスケ
サトノティターン
フェニックスマーク
ミキノトランペット
サノサマー

道悪の場合は内めの枠(馬番枠1~7番)の出現率が高い(2009年以降)

テルペリオン
ゴールデンブレイヴ
サトノプライム
ホーリーブレイズ
マイネルクラース
メイショウスミトモ
ナムラアラシ

【血統】
父あるいは母父にサンデーサイレンス系種牡馬を配している馬の上位占有率が高い

テルペリオン
ゴールデンブレイヴ
マイネルクラース
メイショウスミトモ
ブラックバゴ
メイプルブラザー
クロスケ

父もしくは母父にヴァイスリージェント系種牡馬を有する馬が、2勝を含む4連対(近5年)

ゴールデンブレイヴ
サトノティターン


【4項目以上該当馬】
●良馬場のケース
テルペリオン(5項目)
ナムラアラシ(4項目)
メイプルブラザー(4項目)
クロスケ(4項目)

●道悪のケース
テルペリオン(6項目)
ナムラアラシ(5項目)
サトノプライム(4項目)
ホーリーブレイズ(4項目)



ウマニティ重賞攻略チーム

【ズバリ!調教診断】菊花賞 厩舎ゆかりのジャスタウェイ産駒に大駆けの予感!名手にスイッチした西山ブランドの重賞2勝馬に一発を期待! 2019年10月19日() 13:30

日曜日に行われる菊花賞の出走馬の追い切り内容について、1頭ずつ考察していきます。予想の際にお役立てください。


ザダル
美浦Wで行われた16日の追い切りは、輸送を考慮してか4F53秒台半ばの時計を出すにとどめた。プリンシパルS時の唸るような走りこそ見られなかったが、今回は初の中4週と間隔が詰まるなかでの出走。順調に調教を消化している点は前向きにとらえられる。4戦3勝、3着1回の好成績を残している素質馬。最内枠を活かせる立ち回りができるようなら面白い。

ニシノデイジー
16日にレースでも手綱を取る予定のC.ルメール騎手が美浦に駆けつけ、Wコースで併せ馬を敢行。馬ナリのまま併走馬を突き放す絶好の動きを見せた。近3走はいずれも行き脚がつかず道中の位置取りが良くなかっただけに、走る気を表に出しているあたりは評価できる。もとより重賞2勝の実績馬。一発があってもおかしくない。

カリボール
16日の本追い切りは栗東CWで併せ馬を実施。馬場の内めを通ったことを加味すると、6Fタイムは強調するほどものではない。だが、中1週と間隔が詰まるなか、しっかりと負荷をかけた攻めを消化できた点は好印象。元気の良さを活かせるようなら、乱菊の使者と化す可能性も十分にある。

ユニコーンライオン
1週前、今週と2週続けてレースでも騎乗予定の岩田康誠騎手を背に栗東CWで併せ馬を実施。2歳新馬相手に先着は当然として、鞍上の指示にスムーズに応えていたところは長丁場に臨むにあたり好材料。ただし、前走(神戸新聞杯5着)以上のデキにあるかといえば微妙な線。内枠を味方につける走りができれば連下には、といったところか。

ワールドプレミア
栗東CWで実施した1週前では、レースでも手綱をとる予定の武豊騎手がまたがり、6F82秒台前半、ラスト1F12秒台前半のタイムを記録した。ややモッサリした動きに映るが、それはトビの大きいフットワークによるもの。大箱コースの長丁場を走るうえでは大きな武器になる。心配なのは前走(神戸新聞杯3着)時にパドックで見せたテンションの高さ。調教ではそんな素振りを見せていないが、当日の気配には十分な注意を払いたい。

ディバインフォース
17日に栗東CWでオープン馬のテルペリオンと併せ馬。ゆったりとした走り方は3000mの距離を考えると好感が持てる。なおかつラスト1Fを12秒台前半で収めており、状態は決して悪くない。しかし、前走は2勝クラスで上がり3ハロン最速をマークするも5着止まり。よほど展開が向かないと上位進出のチャンスはない。

ヒシゲッコウ
前走(阿寒湖特別1着)後も放牧に出されることはなく、函館→美浦と在厩のままジックリと調整を積んでいる。ただ、16日に美浦Wで行われた追い切りの気配は今ひとつ。時計こそ及第点も、直線でステッキが数発入るなど、いかにも重苦しい印象を受けた。バテてはいないのでスタミナはあると思うが、動き自体は感心しない。4戦3勝という、資質の高さでどこまでカバーできるか。

メロディーレーン
阪神最終週で勝ち上がり、中2週での菊花賞参戦。340キロ前後の小さな身体なので、当該週の追い切りを軽めで済ませたのは致し方ないところか。間隔が詰まるなか、しっかりと負荷をかけた調教を1週前に消化している点は評価したい。ただ、牝馬にとって菊花賞は厚い壁。1頭でも多く負かして帰ってくれば……というのが正直なところだろう。

ヴァンケドミンゴ
16日の追い切りはレースでも騎乗予定の藤岡佑介騎手を背に、栗東CWでラストにかけてビッシリと攻め、6F84秒ソコソコ、ラスト1F12秒台半ばのタイムを記録した。だが、走り自体にメリハリはなく、現状維持が精一杯の様子。大一番を前に底上げという面での不安は残る。

カウディーリョ
美浦Wで実施した16日の単走追いでは、5F68秒前後のタイムを計時。少し頭が高い走りではあるが、力むところなく運んでいるあたりは長丁場の一戦を迎えるうえでプラス要素になる。とはいえ、これまでと比べて相手は格段に強くなる。上位争いに絡むには、展開など何らかの助けがほしい。

シフルマン
1週前、今週と栗東CWで単走追いを消化。17日は前半をゆっくりと入ったので、6Fタイムは84秒台後半にすぎないが、終い1Fを11秒台でまとめているように、調子は良さそう。ただ、同じような雰囲気だった神戸新聞杯は1秒1差の6着。大幅な変わり身を見込めるかどうかについては疑問符が付く。

レッドジェニアル
17日に栗東CWで行われた追い切りは、5F71秒台前半の遅い入りにもかかわらず、掛かることはなく道中の折り合いは至ってスムーズ。本番でペースが緩んだ際はアドバンテージになりそうだ。神戸新聞杯は4着に終わったものの、得意とする京都コースに舞台が替わるのは好材料。京都新聞杯では後の日本ダービー馬を負かしているだけに、軽んじて扱うことはできない。

ヴェロックス
今週の本追い切りは栗東CWで単走。回転の鋭いフットワークを駆使して、抜群の伸び脚を見せつけた。春に鎬を削ったライバル不在の一戦だけに負けられないところだが、中内田充正厩舎は前哨戦快勝→本番今一歩のパターンが続いている。デキの良さだけを鵜呑みにして、全幅の信頼を寄せるのは危険かもしれない。

サトノルークス
16日の本追い切りは栗東CWでジャンダルムをパートナーに併せ馬を実施。レースでも騎乗予定の福永祐一騎手がまたがって感触を確かめた。スムーズさを欠くことなく併入を果たしており、コンビネーションの面で不安はなさそう。走り自体も悪くなく、前回のデキはキープしている様子。ただ今回は外めの14番枠。連続好走には道中の巧みな立ち回りが求められる。

ホウオウサーベル
1週前に美浦Wで行われた併せ馬では内めを通ったとはいえ、終いまでしっかりと負荷をかけラスト1F12秒台前半の好ラップを記録。当週は5F69秒近辺程度に抑えたものの、迫力十分だった前週の動きを思えば、この程度で十分だろう。重賞経験は昨年の東京スポーツ杯2歳Sのみだが、0秒5差の6着と大きくは負けていない。自己条件を連勝した勢いを持ち込むことができれば、通じるだけのベースはある。

ナイママ
美浦Wで行われた1週前追いでは、6F83秒近辺のタイムをマーク。鞍上のステッキに即座に応える反応の良さが印象的だった。16日のW追いは終い重点の内容で済ませたが、余力残しでラスト1F12秒台前半のラップを刻んだあたり、この馬なりに良い状態を維持しているとみてとれる。だが、G1で上位に食い込むには、もう一工夫ほしいところだ。

タガノディアマンテ
1週前に栗東CWで実施した併せ馬では一度は振り払った併走相手に詰め寄られた点に物足りなさを覚えたが、16日の併走では2歳新馬相手にキッチリと先着を果たした。それぞれ終い1Fは12秒台前半をマークしているように、デキそのものは決して悪くない。しかし、重賞では詰めの甘さが目立つ現状。それを覆すだけの上昇度は感じとれない。

メイショウテンゲン
レースでも騎乗予定の池添謙一騎手を背に、栗東CWで2週続けて併せ馬を行ない、それぞれ6F83秒近辺のタイムを記録。鞍上に促されると良い反応を示し、スムーズに加速できている点は好感度が高い。しかし、皐月賞以降は道中の位置取りに泣くレースが続いている。状態の良さをレースに結びつけるためには、鞍上の上手なエスコートが不可欠といえよう。



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【ブラジルC】地力上位テルペリオン 2019年10月19日() 11:18

 テルペリオンマーキュリーC3着、白山大賞典4着と交流重賞でも崩れなかった。3走前には今回と同じ舞台のスレイプニルSを快勝。2着はのちに交流重賞を連勝するアンデスクイーンと弱い相手ではなかった。

 いかに自分のリズムで走れるかがカギだが、寺島調教師は「1コーナーまでスムーズに入っていければ、いい競馬になる」と自信を見せる。仁川SなどOP2勝の実績馬で57キロを背負うが、スレイプニルSが57キロでのV。スムーズな走りさえできれば地力が違う。(夕刊フジ)



★ブラジルCの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【白山大賞典】グリムが1番人気に応えて連覇達成 2019年10月1日(火) 16:52

 10月1日の金沢11Rで行われた第39回白山大賞典(3歳以上オープン、交流GIII、ダート・右2100メートル、別定、9頭立て=キタノイットウセイが出走取消、1着賞金=2100万円)は、浜中俊騎手騎乗で1番人気に支持されたグリム(牡4歳、栗東・野中賢二厩舎)が道中3番手追走から直線入口で先頭に立つと、中団から脚を伸ばしたデルマルーブル(2番人気)の追撃をクビ差凌いで勝利。エーシンモアオバー(13、14年)以来となる白山大賞典連覇を果たした。タイムは2分15秒9(良)。



 2着はデルマルーヴル、さらに3/4馬身差の3着には昨年の全日本2歳優駿を制した実績があるノーヴァレンダ(5番人気)が入線。4番人気のテルペリオンは中団で脚を溜めるも前を追い切れず4着、3番人気に支持されたリアンヴェリテは先手を奪うも粘り切れず7着に敗れている。



 白山大賞典を勝ったグリムは、父ゼンノロブロイ、母ブランシュネージュ、母の父サクラバクシンオーという血統。北海道新ひだか町・服部牧場の生産馬で、馬主は(株)カナヤマホールディングス。通算成績は15戦8勝(うち地方6戦4勝)。重賞は18年レパードS(GIII)、白山大賞典(交流GIII)、19年名古屋大賞典(交流GIII)、マーキュリーC(交流GIII)に次いで5勝目。白山大賞典は、騎乗した浜中俊騎手が初勝利、管理する野中賢二調教師は昨年に続いて2勝目。

[もっと見る]

【白山大賞典】レース展望 2019年9月30日(月) 18:26

 10月1日(火)に金沢競馬場で、第39回白山大賞典(交流GIII、3歳以上オープン、別定、ダート・右2100メートル)が行われる。3日連続で組まれている交流重賞の初日となる、注目の一戦を展望していきたい。



グリムがレコードVを果たした昨年の再現を狙う



 注目を集めそうなのは、昨年のこのレースでは2着以下に5馬身差をつけ、2分11秒4のレコードVを果たしているグリム(栗東・野中賢二厩舎、牡4歳)。フランス遠征する武豊騎手に替わってコンビを組むのは浜中俊騎手だが、3走前のアンタレスS(GIII、2着)で騎乗経験があるだけにマイナス要素にはならないだろう。



 前走のエルムS(GIII)では7着に大敗。騎乗した武豊騎手が「感じは良かったのですがね。速いレースを経験していなかったけど、そこは対応できると思っていたのですが…。回るときに手応えがなかったのは初めて。自信があっただけに残念です」と語っているように大きな敗因が見当たらないのは気になるところだが、これまで2度、着外に敗れた次走で1着に巻き返している。



 地方の交流重賞は5走して【3.1.1.0】と崩れておらず、得意の舞台で前走からの一変があっても良さそう。連覇を果たせばエーシンモアオバー(13、14年)以来の快挙となるが、果たしてどのような走りを見せてくれるだろうか。



デルマルーヴルが地元の名手・吉原騎手と新コンビ結成



 2歳秋に兵庫ジュニアグランプリ(交流GII)を圧勝しており、全日本2歳優駿、ジャパンダートダービーと、同世代を相手にした交流GIで2着に善戦。さらにはドバイのUAEダービーでも4着するなど、現3歳世代ではトップクラスの実績を誇るデルマルーヴル(美浦・戸田博文厩舎、牡3歳)が、金沢の名手・吉原寛人騎手と新コンビを結成して古馬との初対戦に挑む。



 未知の領域となる2100mの距離は気になるところだが、2000mまではこなしているだけに克服可能とみる。古馬との力関係にも注目だが、9月23日に船橋競馬場で行われた日本テレビ盃(交流GII)で、同世代のクリソベリルが圧勝を果たしているのは心強い限り。52キロの斤量で出走できるのも、大きなプラス要素と考えていいだろう。



 3歳で白山大賞典Vを決めた馬はこれまで3頭。スマートファルコン(08年)、ケイティブレイブ(16年)、そして昨年のグリム。3頭ともに、ここでの勝利をきっかけにダート戦線で大活躍しているが、デルマルーヴルもここで飛躍のきっかけを掴むことができるか注目だ。



★交流GI制覇の実績が光るノーヴァレンダ



 デビュー戦こそ競走中止に終わったものの、2戦目から怒涛の3連勝で全日本2歳優駿(交流GI)を制した実績が光るノーヴァレンダ(栗東・齋藤崇史厩舎、牡3歳)が、新コンビとなる和田竜二騎手とともに登場する。



 明け3歳となってからの2戦が5着(伏竜S・オープン特別)、9着(ユニコーンS・GIII)とパッとしないのは引っ掛かるところだが、ここでも注目を集めるデルマルーヴルに勝利したこともあり、実績面では注目に値する。



 2走前の伏竜Sで騎乗した石橋脩騎手がレース後に「砂をかぶった瞬間からフーッと気を抜く感じで、エンジンがかからないままだった。きょうは力を出せなかった」と話せば、前走のユニコーンSでコンビを組んだ北村友一騎手は「向こう正面は良かったが、コーナリングがスムーズじゃなかった。それを修正するのに力を使ってしまいました」と語っていたように、今年2戦の敗因は気性面にあると言える。



 そうなると、初体験となる金沢競馬場や2100mの距離が必ずしもプラスに働くとは言えないが、ひと夏を越したことで課題が克服されていれば、上位進出の可能性も出てくるのではないか。実績は十分にあるだけに、いかに自分の力を100%出し切れるかがカギになるだろう。



テルペリオン松若風馬騎手を背に重賞初Vを狙う



 仁川S、スレイプニルSと2つのオープン特別を制し、前走のマーキュリーC(交流GIII)でも勝利したグリムから0秒5差の3着に善戦。5歳を迎えてオープンクラスでも実績を残し始めたテルペリオン(栗東・寺島良厩舎、牡5歳)が、松若風馬騎手とともに重賞初Vを狙う。



 金沢競馬場は初見参となるが、すでにスレイプニルSで2100mの距離を克服できているのは心強い。他のJRA勢と実績面を比べると分が悪く映るが、ここにきての上昇度は目を見張るものがあるだけに、見どころがありそうだ。



 夏の函館開催で大沼S、マリーンSとオープン特別2連勝を果たしたリアンヴェリテ(栗東・中竹和也厩舎、牡5歳)は、登録のあったシリウスS(GIII)を回避して初の金沢遠征を選択してきた。



 地方遠征は2年前の笠松以来となるが、その時は手応えに余裕を残して3馬身差の圧勝を決めている。今回は重賞で相手も揃っているだけに同じような結果を残せるとは限らないが、中央との馬場の違いに苦労するようなことはないのではないか。



★JRA重賞2勝の実績があるグレイトパール



 例年以上のハイレベルに見えるJRA勢5頭に対するは、地元の金沢勢3頭と、他地区所属の4頭。その中で一番手に取り上げたいのは、JRA所属時に重賞2勝(17年平安S・GIII、18年アンタレスS・GIII)を挙げているグレイトパール(佐賀・川田孝好厩舎、牡6歳)だ。



 前走の帝王賞で、強力なメンバーが相手だったとはいえ見せ場なく12着に大敗しているのは残念だが、当時と比べれば少なからず相手関係は楽になっているだけに、本来の力強い走りを見せてもらいたい。



 地元の金沢勢からは、新天地で急成長を遂げたティモシーブルー(金沢・金田一昌厩舎、牡5歳)の名前も挙げておきたい。JRA所属時は16戦1勝。1勝クラスでは頭打ちの状態で金沢に移籍したが、水を得た魚のような活躍を見せて3走前には初重賞Vも果たしている。JRA勢が相手ではそう簡単にはいかないだろうが、地元の代表として奮闘して欲しいところだ。

[もっと見る]

【シリウスステークス】特別登録馬 2019年9月22日() 17:30

[もっと見る]

⇒もっと見る

テルペリオンの関連コラム

関連コラムはありません。

テルペリオンの口コミ


口コミ一覧

恥ずかしい馬予想2019.10.20[結果]

 DEEB 2019年10月20日() 17:06

閲覧 81ビュー コメント 0 ナイス 4

東京 5R 2歳1勝クラス(混合)(特指)
◎ 1 ゼンノジャスタ…1着
○10 モーベット…2着
× 8 ☆トロワマルス…7着
[結果:アタリ△ 馬連 1-10 370円]

東京 9R 鷹巣山特別 3歳以上2勝クラス(混合)[指定]
◎ 4 レッドベルディエス…1着
○ 9 アンブロークン…5着
× 7 ☆サンクロワ…9着
[結果:ハズレ×]

東京11R ブラジルカップ (L) 3歳以上オープン(国際)(特指)
◎ 1 テルペリオン…15着
○13 サトノティターン…1着
▲11 コスモカナディアン…12着
△ 4 ホーリーブレイズ…5着
× 5 マイネルクラース…13着
[結果:ハズレ×]

東京12R 3歳以上2勝クラス(混合)[指定]
◎ 6 オーヴォドーロ…1着
○ 4 スズカアーチスト…4着
×15 ☆カムカム…7着
[結果:ハズレ×]

京都10R 桂川ステークス 3歳以上3勝クラス(混合)[指定]
◎12 アイラブテーラー …1着
○15 エイティーンガール…2着
×13 スワーヴアーサー …7着
× 4 ☆ニシオボヌール…6着
[結果:アタリ○ 馬連 12-15 2,270円、ワイド 12-15 1,000円]

京都11R 菊花賞 GⅠ 3歳オープン(国際)牡・牝(指定)
◎13 ヴェロックス…3着
○ 1 ☆ザダル…13着
▲ 2 ☆ニシノデイジー …9着
△ 5 ワールドプレミア…1着
× 7 ヒシゲッコウ…10着
[結果:ハズレ×]

京都12R 大山崎特別 3歳以上2勝クラス[指定]
◎ 9 ハルサカエ…7着
○14 パラーティウム…4着
×16 ☆サンライズフルメン…10着
[結果:ハズレ×]

新潟 3R 3歳以上1勝クラス牝[指定]
◎ 9 ソルファ…10着
○ 1 ☆グロリアーナ…2着
▲11 アレグレモエティー …11着
△ 4 オデュッセイア…1着
× 6 ハートウォーミング…7着
[結果:アタリ△ 複勝 1 160円]

新潟 8R 3歳以上1勝クラス(混合)[指定]
◎ 5 ワールドイズマイン…2着
○11 カーンテソーロ…3着
×10 ☆スズカアカデミー …4着
[結果:アタリ△ ワイド 5-11 380円]

新潟11R 北陸ステークス 3歳以上3勝クラス(混合)(特指)
◎ 1 テーオージーニアス…1着
○ 8 メイショウコゴミ…8着
▲ 9 メイショウサチシオ…12着
△ 5 アヴァンティスト…11着
×15 リュウノユキナ…2着
[結果:アタリ○ 馬連 1-15 1,320円]

今日は、菊花賞デーですね。
家で観ようか、何処か行こうか、迷っています。

[今日の結果:10戦2勝5敗3分]
マアマアの結果でした。
菊花賞は家のテレビで観戦しました。

 藤沢雄二 2019年10月20日() 14:43
10月20日のWIN5予想
閲覧 85ビュー コメント 0 ナイス 6

今日も懲りずにWIN5の予想を。

【東京10R 昇仙峡特別】③スパイラルダイブ ⑦ジークカイザー
【京都10R 桂川S】⑤ダイシンバルカン ⑩ジュランビル ①クインズチャパラ
【新潟11R 北陸S】⑬シアーライン ⑫スビールアスール
【東京11R ブラジルC】①テルペリオン
【東京11R 菊花賞】③カリボール ②ニシノデイジー ⑤ワールドプレミア ⑦ヒシゲッコウ
2×3×2×1×4=48

とにかく欲の皮が突っ張った予想になっておりますw
でも別に奇をてらったわけでなく普通に予想したらこうなっただけ。

とりあえず夢だけは見させて。

[もっと見る]

 グリーンセンスセラ 2019年10月20日() 11:19
🐎無料情報 当たりはずれあり。 自己責任で。2019年10月20日... 
閲覧 178ビュー コメント 0 ナイス 1

━━━━ 10月20日(日) ━━━━


東京11R
ブラジルC

◎ 13番 サトノティターン
○ 1番 テルペリオン
▲ 11番 コスモカナディアン
△ 5番 マイネルクラース
△ 2番 ゴールデンブレイヴ
△ 3番 サトノプライム
△ 7番 ナムラアラシ

三連複軸1頭流し

軸:13
相手:1, 2, 3, 5, 7, 11

⑨⑫がない。大ハズレ~
---------------------------------------


京都11R
菊花賞(G1)

◎ 3番 カリボール
○ 13番 ヴェロックス
▲ 2番 ニシノデイジー
△ 1番 ザダル
△ 7番 ヒシゲッコウ
△ 12番 レッドジェニアル
△ 14番 サトノルークス

三連複軸1頭流し

軸:3
相手:1, 2, 7, 12, 13, 14

⑤がない。ハズレ~ ワイド13-14 720円
---------------------------------------


新潟11R
北陸S

◎ 9番 メイショウサチシオ
○ 15番 リュウノユキナ
▲ 5番 アヴァンティスト
△ 8番 メイショウコゴミ
△ 1番 テーオージーニアス
△ 7番 ルッジェーロ
△ 13番 シアーライン

三連複軸1頭流し

軸:9
相手:1, 5, 7, 8, 13, 15


ハズレ~、相手BOX馬券なら🎯 3連複1-7-15 5,510円 18番人気  3連単1-15-7 20,870円 38番人気
馬連1-15 1,320円  馬単1-15 2,280円

[もっと見る]

⇒もっと見る

テルペリオンの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

テルペリオンの写真

テルペリオン

テルペリオンの厩舎情報 VIP

2019年10月20日ブラジルカップ (L)15着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

テルペリオンの取材メモ VIP

2019年10月20日 ブラジルカップ (L) 15着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。