テルペリオン(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
写真一覧
現役 牡5 栗毛 2014年3月12日生
調教師寺島良(栗東)
馬主株式会社 ダイリン
生産者谷川牧場
生産地浦河町
戦績23戦[7-4-2-10]
総賞金14,387万円
収得賞金4,850万円
英字表記Telperion
血統 フリオーソ
血統 ][ 産駒 ]
ブライアンズタイム
ファーザ
エルベレス
血統 ][ 産駒 ]
ダンスインザダーク
ジアーダ
兄弟 レムミラスガラドリエル
前走 2019/07/15 マーキュリーカップ G3
次走予定

テルペリオンの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
19/07/15 盛岡 10 マーキュリC G3 ダ2000 14--------3** 牡5 54.0 松若風馬寺島良514(--)2.03.7 0.5----グリム
19/06/01 東京 11 スレイプニル OP ダ2100 16368.741** 牡5 57.0 松若風馬寺島良526(+2)2.11.2 -0.337.5アンデスクイーン
19/05/05 東京 10 ブリリアント (L) ダ2100 166127.338** 牡5 56.0 松若風馬寺島良524(-8)2.08.7 0.636.6⑤⑥⑥④アングライフェン
19/03/14 名古 11 名古屋大賞典 G3 ダ1900 12--------5** 牡5 54.0 松若風馬寺島良532(--)2.03.2 1.1----グリム
19/02/23 阪神 11 仁川S OP ダ2000 1651014.181** 牡5 54.0 松若風馬寺島良528(-12)2.05.7 -0.337.3ピオネロ
19/02/02 京都 11 アルデバラン OP ダ1900 15464.2211** 牡5 56.0 松若風馬寺島良540(+14)1.59.4 1.839.2アングライフェン
18/12/09 阪神 10 堺ステークス 1600万下 ダ1800 9554.331** 牡4 57.0 松若風馬寺島良526(+2)1.52.7 -0.237.3プロスパラスデイズ
18/11/10 京都 10 観月橋S 1600万下 ダ1800 98910.422** 牡4 57.0 松若風馬寺島良524(+8)1.50.2 0.836.5インティ
18/08/25 小倉 11 釜山S 1600万下 ダ1700 10772.212** 牡4 56.0 藤岡佑介寺島良516(0)1.44.3 0.336.2タガノディグオ
18/07/29 小倉 9 響灘特別 1000万下 ダ1700 12682.211** 牡4 57.0 松若風馬寺島良516(+2)1.44.6 -0.337.3④④フィールドセンス
18/07/08 福島 10 天の川賞 1000万下 ダ1700 157123.722** 牡4 57.0 石川裕紀寺島良514(-6)1.45.4 1.437.7⑤④⑥ワイルドカード
18/05/27 京都 9 東大路S 1600万下 ダ1800 167145.537** 牡4 57.0 松若風馬寺島良520(-6)1.52.3 1.238.7フォンターナリーリ
18/04/22 京都 10 桃山S 1600万下 ダ1900 15222.615** 牡4 57.0 C.ルメー寺島良526(-2)1.58.7 0.738.4⑤⑤④⑥ジュンヴァルカン
18/04/08 阪神 12 梅田S 1600万下 ダ1800 15117.744** 牡4 57.0 松若風馬寺島良528(0)1.51.5 0.338.6ストロングバローズ
18/02/13 小倉 11 門司S 1600万下 ダ1700 16363.013** 牡4 56.0 松若風馬寺島良528(-2)1.43.9 0.137.7④④キーグラウンド
18/01/06 京都 10 初夢S 1600万下 ダ1900 108105.332** 牡4 56.0 松若風馬寺島良530(0)2.00.0 0.237.1マイネルオフィール
17/12/23 阪神 10 摩耶S 1600万下 ダ1800 16357.444** 牡3 55.0 松若風馬寺島良530(+4)1.53.3 0.636.6ユラノト
17/10/21 京都 12 3歳以上1000万下 ダ1800 156106.551** 牡3 55.0 松若風馬寺島良526(+22)1.50.9 -0.337.7ショートストーリー
17/08/20 小倉 12 3歳以上500万下 ダ1700 16366.751** 牡3 54.0 松若風馬寺島良504(-4)1.45.6 -0.438.1タイセイパルサー
17/05/27 京都 5 3歳500万下 ダ1800 16366.946** 牡3 56.0 松若風馬寺島良508(-2)1.53.2 0.639.9テイエムアンムート

⇒もっと見る


テルペリオンの関連ニュース

 ★帝王賞6着インティ(栗・野中、牡5)は、チャンピオンズC(12月1日、中京、GI、ダ1800メートル)を秋の目標にしてローテーションが組まれる。プランに上がっていた海外遠征(米ブリーダーズCクラシック挑戦)は行わない見通し。野中調教師は「秋はほぼ国内戦に専念する方向になる」と語った。僚馬でマーキュリーC1着グリム(牡4)は、エルムS(8月11日、札幌、GIII、ダ1700メートル)に向かう。

 ★左前球節炎で帝王賞を回避したゴールドドリーム(栗・平田、牡6)は、南部杯(10月14日、盛岡、交流GI、ダ1600メートル)で復帰する。

 ★安田記念10着で札幌記念(8月18日、札幌、GII、芝2000メートル)に向かうペルシアンナイト(栗・池江、牡5)の鞍上はM・デムーロ騎手に決まった。また、函館記念8着ナイトオブナイツ(栗・池添兼、牡6)は札幌記念を目指す。

 ★名鉄杯8着クイーンマンボ(栗・角居、牝5)は、ブリーダーズGC(8月15日、門別、交流GIII、ダ2000メートル)を目指す。僚馬でヴィクトリアマイル13着サトノワルキューレ(牝4)は新潟記念(9月1日、新潟、GIII、芝2000メートル)へ。

 ★バーデンバーデンC2着アンヴァル(栗・藤岡、牝4)、3着メイソンジュニア(栗・渡辺、牡5)は北九州記念(8月18日、小倉、GIII、芝1200メートル)へ。4着フロンティア(栗・中内田、牡4)は、朱鷺S(8月25日、新潟、L、芝1400メートル)を視野に入れる。

 ★日本ダービー9着後、戦列を離れているタガノディアマンテ(栗・鮫島、牡3)は、神戸新聞杯(9月22日、阪神、GII、芝2400メートル)で復帰する。

 ★マーキュリーC3着テルペリオン(栗・寺島、牡5)は、白山大賞典(10月1日、金沢、交流GIII、ダ2100メートル)を目標にする。僚馬でプロキオンS7着キングズガード(牡8)は、シリウスS(9月28日、阪神、GIII、ダ2000メートル)に向かう。

 ★函館SSを競走除外になったシュウジ(栗・須貝、牡6)は、クラスターC(8月12日、盛岡、交流GIII、ダ1200メートル)に進む。

 ★13日の信夫山特別で3連勝を飾ったオセアグレイト(美・菊川、牡3)はセントライト記念(9月16日、中山、GII、芝2200メートル)から菊花賞(10月20日、京都、GI、芝3000メートル)を目指す。

【マーキュリーカップ(Jpn3)オープン】(盛岡)~グリムが優勝2019年7月15日(月) 18:19

15日、盛岡競馬場の第10Rに行われた第23回 マーキュリーカップ(Jpn3)オープン(ダート 左2000m サラブレッド系一般 別定)は武豊騎手騎乗の1番人気・1番グリム(牡4)が優勝した。
勝ちタイムは2分03秒2(良)。さらに2馬身差の2着に4番人気・3番ノーブルサターン(牡5)、そこから3/4馬身差の3着に3番人気・9番テルペリオン(牡5)が入った。
グリムは、父ゼンノロブロイ、母ブランシュネージュ、母の父サクラバクシンオーという血統で野中賢二厩舎の所属馬。生産は日高郡新ひだか町・服部牧場。馬主は(株)カナヤマホー。通算成績は13戦7勝。
マーキュリーカップ(Jpn3)オープン」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【マーキュリーC】グリムが断然人気に応え重賞4勝目!2019年7月15日(月) 17:04

 7月15日の盛岡10Rで行われた第23回マーキュリーカップ(3歳上オープン、別定、交流GIII、ダート・左2000メートル、14頭立て、1着賞金=2300万円)は、武豊騎手騎乗の1番人気グリム(牡4歳、栗東・野中賢二厩舎)が好位追走から直線抜け出してゴール。タイムは2分03秒2(良)。



 2馬身差の2着は勝ち馬の後ろから脚を伸ばしたノーブルサターン(4番人気)、さらに3/4馬身差の3着は2番手追走のテルペリオン(3番人気)が入り、JRA勢が上位を独占した。



 グリムは初体験の盛岡コースで他馬より重い斤量を背負うも苦にすることなく、見事に勝利を飾り重賞4勝目。



 また、鞍上の武豊騎手は同レース初勝利で、「令和初の重賞V」となった。



 マーキュリーカップを制したグリムは父ゼンノロブロイ、母ブランシュネージュ、母の父サクラバクシンオーという血統。北海道新ひだか町・服部牧場の生産馬で、馬主は(株)カナヤマホールディングス。通算成績は13戦7勝(うち地方5戦3勝)。



★【マーキュリーC】払い戻し確定!! 全着順も掲載

[もっと見る]

【マーキュリーC】レース展望 2019年7月14日() 19:57

 15日(祝・月)に盛岡競馬場で、“海の日”の開催が定着している夏の名物重賞・第23回マーキュリーC(交流GIII、3歳以上オープン、別定、ダート・左2000メートル)が行われる。2017、18年で連覇を果たしたミツバは、その後GIホースとなり今年は不在。新チャンピオンの座を射止めるのは果たしてどの馬か、展望していきたい。



★実績面で頭ひとつ抜けているグリムが断然の主役



 過去22回で地方勢の勝利はメイセイオペラ(第2回・水沢所属)、ユーロビート(第19回・大井所属)の2頭のみ。今年もJRA勢が上位争いを演じる公算が高いが、その中でも中央・地方で計3つの重賞タイトルを獲得しているグリム(栗東・野中賢二厩舎、牡4歳)が断然の支持を集めることになりそうだ。



 実績があるぶん他馬より重い斤量を背負うことになるが、これまでの実績を加味すれば56キロ自体は問題ないだろう。盛岡コースは初体験だが、これまで地方の交流重賞では4度走って1、2、3、1着と崩れていないだけに、大きなマイナス要素になることは考えにくいところ。



 コンビ再結成となる武豊騎手は、盛岡競馬場で行われているマイルチャンピオンシップ南部杯(交流GI)、クラスターC(交流GIII)を制した実績があるものの、意外にもマーキュリーCは未勝利。グリムを勝利に導き「令和初の重賞V」、そして新たなタイトルをその手に収めるか注目したい。



★ダートへ路線変更で素質開花のロードゴラッソ



 芝の中距離戦でデビューを果たし4戦目で未勝利を脱出したものの、1勝クラスに昇級後は15、4、13着と苦戦が続いていたロードゴラッソ(栗東・藤岡健一厩舎、牡4歳)だが、昨年の暮れにダート路線にシフトチェンジすると一気の3連勝でオープン入りを果たした。



 初重賞挑戦となったマーチS(GIII)ではダート戦の初黒星となる6着に敗れてしまったが、メンバー中3位となる上がり3ハロン37秒2の末脚で勝ち馬とは0秒3差。続くオープン特別の大沼Sではしっかり2着に巻き返しているだけに、「オープン級」の力を持っていると言っていいだろう。



 注目されるグリムと比べてしまうと実績面で見劣りするが、他に目立った実績を残しているライバルはおらず相手は“実質1頭”と絞れそうなメンバー構成。56キロを背負うグリムに対して2キロ軽い54キロの斤量で出走できるアドバンテージもあるだけに、目標を絞ってどこまで追い詰めることができるだろうか。



★2度目のオープンVで勢いを取り戻したテルペリオン



 2歳10月のデビューから一貫してダートの中距離路線を歩み続けると、一歩ずつ階段を昇り続け、明け5歳となった今年2月の仁川Sで待望の初オープン特別勝ちまで到達したテルペリオン(栗東・寺島良厩舎、牡5歳)。



 重賞初挑戦となった名古屋大賞典(交流GIII・5着)、前々走のブリリアントS(8着)と2戦連続で人気を下回る成績に終わっていたものの、前走のスレイプニルSではしっかり立て直して2度目のオープン特別勝ちを果たしている。



 主戦を務める松若風馬騎手は、スレイプニルS制覇後に「焦ると手前を替えない課題はあるけど、力はありますね」と語っているように、完成の域に到達するのはまだ先となりそうだが、勢いを取り戻し斤量も有利な54キロで出走できるここでどこまで通用するか見守りたい。



★一時期の不振を脱した印象受けるノーブルサターン



 3歳時には兵庫チャンピオンシップ(交流GII)2着、ジャパンダートダービー(交流GI)、レパードS(GIII)でともに5着と、ダートの重賞戦線で上位の力を発揮していたノーブルサターン(栗東・牧浦充徳厩舎、牡5歳)。



 4歳夏に自己条件を卒業してオープン入りを果たしてからは、古馬の一線級を相手に力を出し切ることができず、ことごとく2ケタ着順を並べてしまったものの、前走のアハルテケSで3着に善戦したことで、復調の兆しが見えてきた。



 コンビを組む鮫島良太騎手は、ジュエルオブナイルで制した2009年の小倉2歳S(GIII)以来、10年ぶりとなる重賞制覇のチャンス。管理する牧浦充徳調教師にとっても、ドンフォルティスで制した北海道2歳優駿(2017年・交流GIII)に次いで2度目の重賞Vがかかっているだけに期待したいところだ。



コパノチャーリーは自分の形でどこまで巻き返すか



 2017、18年にオープン特別の阿蘇Sを連覇。一時は重賞タイトルにも手が届きそうなところにいたコパノチャーリー(栗東・村山明厩舎、牡7歳)だが、近走は12、15、5、13、15着と苦戦が続いている。



 このところ本来の力強い先行策が見られず、勝負どころではズルズルとポジションを落とし抵抗できない内容が続いており、年齢的にもここでのガラリ一変は望みづらいところ。それでも、上位争いできそうな有力馬が限られる今回なら前々で立ち回れる可能性が残されていると考えることもできるのではないだろうか。



 過去の実績を見ると2000mの距離はギリギリの印象を受けるが、2100mの川崎記念(交流GI)でも5着に残っているように、年齢を重ねた今なら我慢できそう。一にも二にも、自分の形に持ち込むことができるかどうかが上位進出のカギになりそうだ。

[もっと見る]

【マーキュリーカップ】JRAの出走予定馬が決定 2019年7月11日(木) 17:44

 7月15日に盛岡競馬場で行われるマーキュリーカップのJRA出走予定馬および騎乗予定騎手が決定した。

 「第23回マーキュリーカップ」(盛岡競馬場、交流GIII、3歳上オープン、別定、ダート・左2000メートル)

 【JRA出走予定馬】5頭グリム(牡4歳、栗東・野中賢二厩舎、武豊騎手)コパノチャーリー(牡7歳、栗東・村山明厩舎、松山弘平騎手)テルペリオン(牡5歳、栗東・寺島良厩舎、松若風馬騎手)ノーブルサターン(牡5歳、栗東・牧浦充徳厩舎、鮫島良太騎手)ロードゴラッソ(牡4歳、栗東・藤岡健一厩舎、藤岡佑介騎手)

[もっと見る]

【マーキュリーカップ(メイセイオペラ記念)】JRAの出走予定馬が決定 2019年7月11日(木) 17:44

 7月15日に盛岡競馬場で行われるマーキュリーカップのJRA出走予定馬および騎乗予定騎手が決定した。

 「第23回マーキュリーカップ」(盛岡競馬場、交流GIII、3歳上オープン、別定、ダート・左2000メートル)

 【JRA出走予定馬】5頭グリム(牡4歳、栗東・野中賢二厩舎、武豊騎手)コパノチャーリー(牡7歳、栗東・村山明厩舎、松山弘平騎手)テルペリオン(牡5歳、栗東・寺島良厩舎、松若風馬騎手)ノーブルサターン(牡5歳、栗東・牧浦充徳厩舎、鮫島良太騎手)ロードゴラッソ(牡4歳、栗東・藤岡健一厩舎、藤岡佑介騎手)

[もっと見る]

⇒もっと見る

テルペリオンの関連コラム

関連コラムはありません。

テルペリオンの口コミ


口コミ一覧
閲覧 87ビュー コメント 0 ナイス 17

1着:①グリム
2着:③ノーブルサターン
3着:⑨テルペリオン



1着の①グリムは◎
2着の③ノーブルサターンは△
3着の⑨テルペリオンは▲

でした。

私の注目馬の①グリムは1着でした。


予想買い目は、

ワイド
③→①
③→⑨
③→⑭

でしたので、予想は的中しました。(´▽`) ホッ


私が注目馬の①グリムは1着でした。
今日は、最内枠からでしたが、逃げませんでしたね。
3番手を追走する形となりましたが、鞍上の武豊騎手は全く慌てる様子もなく
追走していました。
直線を向いてから前の馬の交わすと楽々と先着しました。
やはりここでは、力が違いましたね。
前走のアンタレスステークスで控える競馬を経験したことが生きた感じでしたね。
秋に向けて良いスタートを切ったと思います。
これからも楽しみですね。


2着の③ノーブルサターンについて、スタートは好スタートも
すぐに4番手に控える形に。
直線では、外に持ち出し、追い出されると
前を行く⑨テルペリオンと⑭ロードゴラッソを交わすも
勝ち馬のグリムを交わすまでは至らず、2着まで。
それでも大健闘だったと思います。
復調してきたと思います。
次走が試金石になると思います。


3着の⑨テルペリオンは、先行策を取りましたが
2頭による形の先行で息が入らない展開では厳しかったと思います。
ロードゴラッソは振り切りましたが、そこまででしたね。
この馬も復調気配ですね。


的中された方、おめでとうございます。

 Mr.A- 2019年7月15日(月) 16:40
10R マーキュリーカップ(Jpn3)オープン
閲覧 80ビュー コメント 1 ナイス 5

10R マーキュリーカップ(Jpn3)オープン
ダ 2000m(左回り) 発走時間 16:50
1番グリム
9番テルペリオン
14番ロードゴラッソ
この3頭で勝負です。

[もっと見る]

 しんすけ47 2019年7月15日(月) 07:01
マーキュリーカップ
閲覧 169ビュー コメント 2 ナイス 33

せっかく盛岡競馬場さんの方でご準備頂きましたので参戦してみますかね。

盛岡10R マーキュリーカップ

◎⑨テルペリオン
〇①グリム
▲⑭ロードゴラッソ

馬連⑨ー①・⑭への2点。
馬単⑨ー①・⑭への2点。
三連単⑨ー①・⑭ー①・⑭への2点。

グリムで断然!って感じだけんどもしかし・・・。左回りに付け入る隙を見出してみます。
テルペリオンはブリンカーを付けてからレース振りが変わったそうな。ここでも先手取れそうだし。
手広く行っても仕方ないんで3頭に絞り込み。ノーブルサターンが若干怖いけど距離面でカット!

今日も当たります様に・・・。

[もっと見る]

⇒もっと見る

テルペリオンの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

テルペリオンの写真

投稿写真はありません。

テルペリオンの厩舎情報 VIP

2019年6月1日スレイプニルS1着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

テルペリオンの取材メモ VIP

2019年6月1日 スレイプニルS 1着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。