ルールソヴァール(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
写真一覧
現役 セ6 栗毛 2012年5月20日生
調教師高木登(美浦)
馬主株式会社 ノルマンディーサラブレッドレーシング
生産者岡田スタツド
生産地新ひだか町
戦績23戦[7-6-0-10]
総賞金12,836万円
収得賞金5,350万円
英字表記Leur Sauveur
血統 フレンチデピュティ
血統 ][ 産駒 ]
Deputy Minister
Mitterand
キョウエイトルース
血統 ][ 産駒 ]
フジキセキ
キョウエイヨシノ
兄弟 サウンドトゥルーツインクルスター
前走 2018/02/06 佐賀記念 G3
次走予定

ルールソヴァールの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
18/02/06 佐賀 10 佐賀記念 G3 ダ2000 12--------1** セ6 56.0 幸英明高木登498(--)2.07.8 -0.7----トップディーヴォ
17/12/28 阪神 11 ベテルギウス OP ダ1800 16485.941** セ5 57.0 幸英明高木登496(+2)1.52.0 -0.337.5⑦⑥⑥スリータイタン
17/12/09 中山 11 師走S OP ダ1800 165105.439** セ5 56.0 大野拓弥高木登494(+2)1.53.0 1.037.4⑩⑩⑫⑬ディアデルレイ
17/11/05 京都 11 みやこS G3 ダ1800 1651055.192** セ5 56.0 幸英明高木登492(+2)1.50.5 0.437.4⑥⑤⑤テイエムジンソク
17/06/24 東京 11 夏至S 1600万下 ダ1600 163622.461** セ5 54.0 大野拓弥高木登490(-4)1.35.5 -0.035.9⑤④レッドゲルニカ
17/05/28 東京 11 薫風S 1600万下 ダ1600 1681515.588** セ5 57.0 大野拓弥高木登494(0)1.36.9 1.136.3⑨⑨ラインシュナイダー
17/05/06 東京 9 立夏S 1600万下 ダ1600 136812.456** セ5 57.0 大野拓弥高木登494(0)1.37.3 1.036.3⑩⑫ゴールデンバローズ
16/12/17 中山 10 仲冬S 1600万下 ダ1800 15477.2410** セ4 57.0 大野拓弥高木登494(+2)1.53.8 1.238.0⑧⑨⑩⑨リーゼントロック
16/11/27 東京 8 シャングリラ 1000万下 ダ1600 166116.731** セ4 57.0 大野拓弥高木登492(+2)1.36.5 -0.035.8⑦⑥トーセンラムセス
16/11/13 東京 12 3歳以上1000万下 ダ1600 16246.338** セ4 56☆ 石川裕紀高木登490(+2)1.36.1 0.635.8ヒプノティスト
16/09/10 中山 10 松戸特別 1000万下 ダ1800 16481.319** セ4 57.0 蛯名正義高木登488(+6)1.53.8 1.438.5⑨⑨⑦⑨アースコネクター
16/08/14 新潟 9 麒麟山特別 1000万下 ダ1800 15463.522** セ4 57.0 蛯名正義高木登482(+8)1.52.0 0.037.4⑤⑤④タマノブリュネット
16/07/24 福島 10 横手特別 1000万下 ダ1700 156102.812** セ4 57.0 蛯名正義高木登474(-6)1.45.8 0.037.8④④ベルウッドケルン
16/04/16 中山 12 利根川特別 1000万下 ダ1800 167132.011** セ4 57.0 蛯名正義高木登480(0)1.53.2 -0.136.8④④⑤④アスペンツリー
16/03/26 中山 9 鹿島特別 1000万下 ダ1800 16232.512** セ4 57.0 蛯名正義高木登480(-2)1.53.2 0.037.1⑥⑦⑦⑦タムロミラクル
16/03/13 中山 12 4歳以上1000万下 ダ1800 168155.122** セ4 57.0 蛯名正義高木登482(+4)1.54.9 0.037.4クラウンシャイン
16/02/14 東京 12 4歳以上1000万下 ダ1600 16118.339** セ4 57.0 蛯名正義高木登478(-6)1.37.5 2.138.2ラストダンサー
15/08/02 新潟 12 3歳以上500万下 ダ1800 157134.121** 牡3 54.0 蛯名正義高木登484(+10)1.53.6 -0.039.4⑤⑤④ロジテースト
15/06/27 東京 9 日野特別 500万下 ダ1600 1661240.894** 牡3 54.0 大野拓弥高木登474(-8)1.36.1 0.236.9⑪⑪ソルティコメント
15/05/31 東京 5 3歳500万下 ダ1600 168166.924** 牡3 56.0 蛯名正義高木登482(+10)1.38.5 0.637.0⑥⑦モーニン

⇒もっと見る


ルールソヴァールの関連ニュース

 3月14日(水)に船橋競馬場で行われるダイオライト記念のJRA所属の出走予定馬および補欠馬が2月25日、発表された。



 「第63回ダイオライト記念」(船橋競馬場、交流GII、4歳以上オープン、定量、ダート・左2400メートル)



【JRA所属の出走予定馬】4頭アウォーディー(牡8歳、栗東・松永幹夫厩舎、武豊騎手)アポロケンタッキー(牡6歳、栗東・山内研二厩舎、内田博幸騎手)ケイティブレイブ(牡5歳、栗東・目野哲也厩舎、福永祐一騎手)マイネルバサラ(牡5歳、美浦・松山将樹厩舎、騎手未定)



【JRA所属の補欠馬】5頭(補欠順位順)1.ルールソヴァール2.オールブラッシュ3.ミツバ4.エピカリス5.メイプルブラザー

【古馬次走報】サトノクロニクル、天皇賞・春へ 2018年2月8日(木) 05:02

 ★有馬記念9着サトノクロニクル(栗・池江、牡4)は、天皇賞・春(4月29日、京都、GI、芝3200メートル)を目指す。始動戦は阪神大賞典(3月18日、阪神、GII、芝3000メートル)で、鞍上は川田騎手の予定。

 ★佐賀記念を制したルールソヴァール(美・高木、セン6)は、ダイオライト記念(3月14日、船橋、交流GII、ダ2400メートル)か名古屋大賞典(同29日、名古屋、交流GIII、ダ1900メートル)へ向かう。

 ★東京新聞杯5着ディバインコード(美・栗田博、牡4)は、阪急杯(2月25日、阪神、GIII、芝1400メートル)へ。11着ダノンプラチナ(美・国枝、牡6)は放牧を挟んで、ダービー卿チャレンジT(3月31日、中山、GIII、芝1600メートル)へ向かう。

サトノクロニクルの競走成績はこちら

[もっと見る]

【佐賀記念】ルールソヴァール、4馬身差V2018年2月7日(水) 05:02

 幸英明騎乗で1番人気のルールソヴァール(JRA)が、4番手から4コーナーで先頭に立つと、力強く抜け出して4馬身差で快勝。重賞初制覇を飾った。タイム2分7秒8(稍重)。2着はトップディーヴォ(JRA)、3着にマイネルバサラ(JRA)が入った。

ルールソヴァール 父フレンチデピュティ、母キョウエイトルース、母の父フジキセキ。栗毛のセン6歳。美浦・高木登厩舎所属。北海道新ひだか町・岡田スタツドの生産馬で、馬主は(株)ノルマンディーサラブレッドレーシング。戦績23戦7勝(うち地方1戦1勝)。獲得賞金1億5136万3000円(うち地方2300万円)。重賞は初制覇。佐賀記念は高木登調教師が初勝利、幸英明騎手は1997年グリーンサンダー、2013年ホッコータルマエに次ぐ3勝目。馬名は「彼らの救世主(仏)」。 

[もっと見る]

【佐賀記念(Jpn3)オープン】(佐賀)~ルールソヴァールが優勝2018年2月6日(火) 17:48

6日、佐賀競馬場の第10Rに行われた第45回 佐賀記念(Jpn3)オープン(ダート 右2000m サラブレッド系4才以上 別定)は幸英明騎手騎乗の1番人気・1番ルールソヴァールセ6)が優勝した。
勝ちタイムは2分07秒8(稍重)。さらに4馬身差の2着に2番人気・5番トップディーヴォ(牡6)、そこから11/4馬身差の3着に3番人気・10番マイネルバサラ(牡5)が入った。
ルールソヴァールは、父フレンチデピュティ、母キョウエイトルース、母の父フジキセキという血統で高木登厩舎の所属馬。生産は日高郡新ひだか町・岡田スタツド。馬主は(株)ノルマンディ。通算成績は23戦7勝。
「佐賀記念(Jpn3)オープン」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【佐賀記念】ルールソヴァールが重賞初V!2018年2月6日(火) 17:19

 2月6日(火)の佐賀競馬10Rで行われた第45回佐賀記念(交流GIII、4歳以上オープン、別定、ダート・右2000メートル、12頭立て、1着賞金=2300万円)は、幸英明騎手騎乗で1番人気に支持されたルールソヴァール(セン6歳、美浦・高木登厩舎)が圧勝。重賞初制覇を飾った。



 4馬身差の2着にはトップディーヴォ(2番人気、JRA所属)、さらに1馬身1/4差の3着にはマイネルバサラ(3番人気、JRA所属)が入線した。

[もっと見る]

【佐賀記念】レース展望 2018年2月5日(月) 17:55

 6日(火)に佐賀競馬場で、第45回佐賀記念(交流GIII、4歳以上オープン、別定、ダート・右2000メートル)が行われる。昨年の覇者ロンドンタウンは、ここでの重賞初勝利をきっかけに飛躍を遂げており、今年も新たなスター候補が現れるのか注目される。



★交流重賞2勝目を狙うマイネルバサラ

 昨年末の浦和記念で初重賞制覇を果たしたマイネルバサラ(牡5歳、美浦・松山将樹厩舎)は、ヒガシウィルウィンやオールブラッシュといったGIホースに大きな差をつけて圧勝した同レースの内容から、地方の水が合っている印象を受ける。

 佐賀までの長距離輸送や、自身初となる58キロの斤量など、いくつか克服すべき課題もあるが、自分の走りができれば上位争い必至といえそうだ。

★明け6歳の“今が旬”ルールソヴァール

 明け6歳になるルールソヴァール(セン6歳、美浦・高木登厩舎)は、3走前のみやこSではテイエムジンソクの2着に好走しており、前走のベテルギウスSで初オープン勝ちを果たしたように“今が旬”と言っていい一頭。

 マイネルバサラは前走で同斤量を背負いながら負かしているだけに、2キロの斤量差があるのはいかにも有利で、最内枠からスムーズなスタートを切ることができさえすれば、上位争いに加われる可能性は高そう。

 GI3勝の実績を誇るサウンドトゥルーを管理する高木登厩舎から、新たなダート路線の主役が誕生するかもしれない。

トップディーヴォ重賞でも通用する

 初の交流重賞挑戦となった前走の名古屋グランプリで、見せ場十分の2着に善戦したトップディーヴォ(牡6歳、栗東・昆貢厩舎)も、このメンバーなら通用していい力の持ち主。

 前走は、みやこSを競走除外になった直後で仕切り直しの一戦だったことを思えば、今回の方が状態は良いはずで、2000mへの距離短縮もこれまでの実績を考えるとプラスに働く可能性は高そうだ。

 なお、JRAからは他に、8着に敗れた白山大賞典からの巻き返しが期待されるコパノチャーリー(牡6歳、栗東・村山明厩舎)、15年アンタレスS以来となる2年10カ月ぶりの勝利を目指すクリノスターオー(牡8歳、栗東・高橋義忠厩舎)も出走を予定している。

★デリッツァリモーネ佐賀に移籍で黄金期到来

 地元の佐賀所属馬の中では、移籍後に快進撃が続いているデリッツァリモーネ(セン7歳、佐賀・真島元徳厩舎)が大将格といえる存在。

 JRA所属時は、デビュー3戦目で初勝利を挙げ、次走で2歳オープン特別・萩Sを制覇したものの、その後は思うような結果が出ずに浦和へ移籍。南関東で2戦を消化したのちに今度は佐賀へ移籍したが、そこからは快進撃が続いている。

 ここまで佐賀で15戦12勝2着3回とパーフェクト連対を継続しており、まさに“佐賀に敵なし”といった印象。今回は相手が一気に強くなるが、地元の意地を見せてもらいたいところだ。

 地元の佐賀からは他に、佐賀で31勝の実績を誇る古豪のキョウワカイザー(牡8歳、佐賀・大垣敏夫厩舎)、鮫島克也騎手が騎乗するコウザンゴールド(牡6歳、佐賀・手島勝利厩舎)、さらにアクロマティック(セン8歳、佐賀・山田義人厩舎)も出走予定となっている。

[もっと見る]

⇒もっと見る

ルールソヴァールの関連コラム

閲覧 843ビュー コメント 0 ナイス 4

先週は、3(祝金)に京都競馬場でG3ファンタジーSが、4(土)に東京競馬場でG2京王杯2歳Sが、5(日)に東京競馬場でG2アルゼンチン共和国杯、京都競馬場でG3みやこSがそれぞれ行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G3ファンタジーSは、コーディエライトがハナを奪い一団のままスローな流れで3~4コーナーを通過。迎えた直線、粘り込みを図るコーディエライトアルモニカモズスーパーフレアあたりが追撃を始め、残り200mを過ぎます。依然、先頭はコーディエライトで、後続からは代わってペイシャルアスアマルフィコーストベルーガが進出。残り50mを過ぎ、ひと際目立つ末脚を披露したのは大外のベルーガでした。そのまま、5番人気ベルーガが差し切って連勝で重賞初制覇!1/2馬身差の2着に3番人気コーディエライト、さらにそこからハナ差の3着に1番人気アマルフィコーストが入っています。
公認プロ予想家ではサウスプロほか計4名が的中しています。
 
G2京王杯2歳Sは、2番人気タイセイプライドを先頭に直線へ。2番手はアサクサゲンキで、直後からはカシアスも迫り、単勝1.8倍の1番人気に推されたタワーオブロンドンはその後ろの外の5番手あたり。直線半ばを過ぎて、タイセイプライドが苦しくなり代わって先頭に立ったアサクサゲンキに、2頭の間を割ってカシアスが並び掛けますが、これを残り100mで一瞬にして外からまとめて交わし去ったタワーオブロンドンがV。2馬身差の2着に5番人気カシアス、さらにそこから1/2馬身差の3着に4番人気アサクサゲンキが入っています。
公認プロ予想家では岡村信将プロきいいろプロ山崎エリカプロマカロニスタンダーズプロろいすプロほか計16名が的中しています。
 
G2アルゼンチン共和国杯は、スタート直後から横並びでなかなか先頭が決まらない中、マイネルサージュが押し出される形でハナへ。1番人気に推された3歳馬スワーヴリチャードは中団のインを追走。先頭のマイネルサージュと2番手カレンミロティックが後続をやや引き離す形で、隊列は向こう正面を通過していきます。3~4コーナーでその差が縮まって馬群ひと塊の態勢で直線勝負へ。内を割って早々スワーヴリチャードが先頭を窺うと、馬群からはソールインパクトアルバートセダブリランテスといったところが伸びを見せます。抜け出したスワーヴリチャードのリードは3馬身ほど。ここからなかなか差が詰まらずの状態が続き、結局そのまま内ラチ沿いを悠々と駆け抜けたスワーヴリチャードが先頭でゴール。得意の府中で重賞2勝目を挙げています。2馬身1/2差の2着に7番人気ソールインパクト、さらにそこから1馬身1/4差の3着に3番人気セダブリランテスが入っています。
公認プロ予想家ではdream1002プロほか計4名が的中しています。
 
G3みやこSは、サルサディオーネが引っ張る展開を、4角手前で楽な手応えのテイエムジンソクが並び掛け、2番手にルールソヴァールの態勢で直線へ。直線に入り、この2頭が後続との差を広げると、1番人気エピカリスタムロミラクルキングズガードあたりが離れた3番手グループから伸び脚を披露。しかし、前は既に大勢決した構えで、セーフティーリードを早々築いた2番人気テイエムジンソクが勝利。重賞初勝利を挙げています。2馬身1/2差の2着も直線入り口で後続との差を確保した9番人気ルールソヴァールが粘り込み、そこから1馬身1/4差の3着に3番人気キングズガードが入っています。
公認プロ予想家では導師嵐山プロ岡村信将プロ河内一秀プロほか計8名が的中しています。
 
 
 
----------------------------------
 
☆☆☆注目プロ →佐藤洋一郎プロ
4(土)福島4Rで、◎ヤマタケジャイアン(単勝82.8倍)-○タガノアーバニティからの3単5,014倍を含む計58万4,240円の高額払戻しを記録。2週連続のホームラン的中を披露した先週はトータル回収率122%、収支12万5,900円プラスをマークしています!
 
☆☆☆注目プロ →夢月プロ
3(金)福島3Rを◎トーホウリーガルで仕留め10万4,720円の払戻し。翌4(土)福島5Rを◎○で仕留め21万円払戻し、と連日のスマッシュヒットを記録!他にもヒットを量産した先週はトータル回収率111%で終えています。
 
☆☆☆注目プロ →覆面ドクター・英プロ
4(土)東京6Rで3連単的中、12万4,350円払戻しをマークすると、5(日)には東京3R(3連単的中14万20円払戻し)、京都3R(3連単的中ほか計24万2,980円払戻し)で連続スマッシュヒットを披露!週末のトータルでは回収率116%、収支12万80円プラスをマークしています!
 
☆☆☆注目プロ →☆まんでがんプロ
3(金)福島7Rでの◎▲○パーフェクト的中(計12万3,180円払戻し)、5(日)京都3Rでの計12万5,400円払戻しなどの活躍を見せ2週連続のプラス達成!週末トータルでは回収率113%をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →霧プロ
4(土)東京10Rでの◎○▲的中、5(日)東京10Rでの馬単514倍含む計18万600円払戻しのビッグヒットなどの活躍を披露。週末のトータル回収率135%、収支11万4,440円プラスをマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →西野圭吾プロ
4(土)は福島11R(計11万9,900円払戻し)、勝負予想福島12R(○◎的中)などの的中で回収率351%を記録!週末のトータルでは回収率141%をマークしています。
 
 
 
この他にも、dream1002プロ(151%)、エース2号【予想マイレージクラブ限定】プロ(146%)、エース1号プロ(123%)、くりーくプロ(107%)、岡村信将プロ(101%)らが週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
----------------------------------
 
※全レースの結果情報はこちら


今週も競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家陣の予想にご注目下さい。


登録済みの方はこちらからログイン

ルールソヴァールの口コミ


口コミ一覧
閲覧 251ビュー コメント 0 ナイス 1

フェブラリーS(G1)大野拓弥「サウンドトゥルー降板」の裏......オーナーとの亀裂と「ミナリク」侮るなかれ─ Gambling Journal ギャンブルジャーナル/ 2018年2月14日 8時26分

 ダートの頂上決戦、フェブラリーS(G1)が今週末に開催される。今年はディフェンディングチャンピオンのゴールドドリーム、新星テイエムジンソクの一騎打ちになるのではないかと早くから見られている。

 そんな状況の中、虎視眈々と機を伺っているのが、ダート界の古豪・サウンドトゥルーだ。

 これまでも安定した好成績を誇っているサウンドトゥルー。今年は川崎記念(G1)で始動していたため、出走間隔が近いフェブラリーSは回避するものと思われていた。しかし、陣営は先週に出走を表明。しかも今回は長年手綱を取ってきた大野拓弥騎手ではなく、短期免許を取得して来日しているF.ミナリク騎手と新タッグを結成しての参戦だという。

 代わりとして発表されているミナリク騎手はこれまで4度、ドイツでリーディング1位を獲得した名手。先週の共同通信杯(G3)で10番人気だったエイムアンドエンドを3着に持ってくるなどいきなり活躍している。彼が手腕を発揮することでサウンドトゥルーも上位進出が見込めるかもしれない。

 だが、降ろされた大野騎手はこれまで多くの栄光をサウンドトゥルーと勝ち取ってきた名パートナー。そのため、この突然の交代劇は多くのファンから驚きを持って迎えられている。

「この乗り替わりの大きな原因は前走の川崎記念とされています。レースは先行したケイティブレイブらがそのまま上位に入る典型的な前残りのレース。サウンドトゥルーに騎乗した大野騎手がレース後『早めに動こうとするも動かなかった』と語っていたように、脚を繰り出すタイミングが遅すぎたため5着に終わりました。

 そしてどうやらこの騎乗が、同馬の実質的オーナーである岡田牧雄氏の目には無気力に映ったようで、大野騎手に激怒したとか。馬の状態も悪くなかったみたいですので、岡田氏としてはもう少し健闘できたと考えたのかもしれません」(現場記者)

 長年のパートナーを失ってしまった大野騎手。騎手の乗り替わりが多い昨今とはいえ、長年のパートナーに見切りをつけるのはいささか早すぎる気もしてしまうのだが......。

🏇次のページ 徐々にオーナーサイドからの信頼を失いつつあった!?

「前走の結果に加えて、大野騎手から幸英明騎手に乗り替わったルールソヴァールが好成績を残しているのも遠因のひとつだそう。徐々にオーナーサイドからの信頼を失いつつあった中、前走の騎乗が決定打になってしまったのでしょうね。しばらく岡田氏の息がかかったところからは騎乗依頼がないと考えられています。

 加えて大野拓弥騎手が昨年、エージェント契約を解消したことも岡田氏との関係悪化につながったようです。仲介者を入れることなく、自ら騎乗馬を確保する道を選んだ大野騎手ですが、そのため彼の騎乗をフォローしてくれる人がいなくなってしまったと。もしオーナーと親しく付き合っているエージェントがうまく仲を取り持っていれば、このような事態には陥っていなかったかもしれません」(別の現場記者)

 さらに大野騎手は切ったエージェントからもなにかと疎まれており、最近では騎乗数も減少傾向。今後苦境に立たされることになるかもしれない。

 現在、騎手が成功するか否かは騎乗依頼仲介者となる「エージェント次第」といわれるほど影の実力者として存在感を。しかし、大野騎手のように態勢を疑問視する人も多く、さらに、なかなかうまくいっていないのが現状だ。エージェント支配の時代がまだまだ続く競馬界。できることならば、エージェント制度の見直しを図ろうとはしているJRAには大ナタに期待したいところだが......。

 とにもかくにも、サウンドトゥルーを失ってしまった大野騎手。今後はグレーである。

 ちびざる 2018年2月6日(火) 23:04
【交流重賞】佐賀記念(JpnⅢ)の結果
閲覧 53ビュー コメント 0 ナイス 2


※交流重賞の結果のみ。

1着:①ルールソヴァール
2着:⑤トップディーヴォ
3着:⑩マイネルバサラ


1着の①ルールソヴァールは○
2着の⑤トップディーヴォは▲
3着の⑩マイネルバサラは◎

でした。

私の◎であり注目馬の⑩マイネルバサラは3着でした。

なので、◎の⑩マイネルバサラを軸とした馬連と
⑤トップディーヴォを軸とした馬連でしたので

馬券は的中しました。(´▽`) ホッ


映像は見ていないので、レースの感想は書けません。m(__)m


私が注目馬の⑩マイネルバサラは3着でした。
が、少し離された3着でしたので、物足りなさは感じますね。
ただ、58kgの斤量が多少は影響があったかもしれませんね。
外目の枠も良いとは思ったのですがね。
4着に6馬身差をつけているのでその辺りは力は示せたと思います。

勝った①ルールソヴァールは強かったですね。
着差を見ると完勝といっていいでしょう。
みやこS2着の力は本物でしたね。
ここでは力が一枚上でした。
今が充実期なんだと思います。
この感じなら、もう一つ上の交流重賞でも好走できると思います。
枠も斤量も恵まれたと思います。

2着の⑤トップディーヴォも良かったと思います。
前走の名古屋グランプリに続いての2着ですが
良く走っていると思います。
交流重賞制覇も近いと思います。


的中された方、おめでとうございます。

[もっと見る]

 まーくんibf 2018年2月6日(火) 21:08
佐賀記念
閲覧 62ビュー コメント 0 ナイス 9

ルールソヴァール、単勝のつもりが複勝になっていた
苦笑

[もっと見る]

⇒もっと見る

ルールソヴァールの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

ルールソヴァールの写真

投稿写真はありません。

ルールソヴァールの厩舎情報 VIP

2017年12月28日ベテルギウスS1着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ルールソヴァールの取材メモ VIP

2017年12月28日 ベテルギウスS 1着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。