タイセイプライド(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
タイセイプライド
写真一覧
抹消  青鹿毛 2015年3月25日生
調教師西村真幸(栗東)
馬主田中 成奉
生産者谷川牧場
生産地浦河町
戦績12戦[3-0-0-9]
総賞金3,952万円
収得賞金2,000万円
英字表記Taisei Pride
血統 ヨハネスブルグ
血統 ][ 産駒 ]
Hennessy
Myth
キャニオンリリー
血統 ][ 産駒 ]
エルハーブ
ミスフアピー
兄弟 フクノドリームウィズインライアン
前走 2019/05/05 鞍馬ステークス OP
次走予定

タイセイプライドの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
19/05/05 京都 11 鞍馬S OP 芝1200 1761264.91415** 牡4 56.0 藤井勘一西村真幸504(-2)1.08.7 1.133.8⑪⑪ミラアイトーン
19/03/17 中山 10 千葉S OP ダ1200 1651021.4813** 牡4 53.0 大野拓弥西村真幸506(+4)1.11.6 1.336.5⑩⑫シュウジ
18/11/25 京都 11 AリーフS OP ダ1200 163652.71211** 牡3 55.0 鮫島克駿西村真幸502(+6)1.12.0 1.235.6⑪⑪コパノキッキング
18/10/07 京都 11 オパールS OP 芝1200 182374.71412** 牡3 53.0 鮫島克駿西村真幸496(+7)1.08.9 0.734.9⑥⑤アンヴァル
18/08/14 佐賀 8 サマーチャン G3 ダ1400 10--------6** 牡3 53.0 大野拓弥西村真幸489(--)1.26.9 1.2----エイシンバランサー
18/07/15 福島 11 バーデンBC OP 芝1200 11674.5210** 牡3 53.0 戸崎圭太西村真幸492(0)1.09.2 0.934.3⑦⑦タマモブリリアン
18/05/26 京都 11 葵ステークス G 芝1200 167138.347** 牡3 57.0 岩田康誠西村真幸492(-2)1.08.6 0.633.3⑭⑭ゴールドクイーン
18/03/17 中京 11 ファルコンS G3 芝1400 1681512.266** 牡3 57.0 岩田康誠西村真幸494(-10)1.22.4 0.335.2ミスターメロディ
17/12/24 中山 8 クリスマスR OP 芝1200 157123.311** 牡2 56.0 M.デムー西村真幸504(-18)1.09.0 -0.134.2⑦④ラストプリマドンナ
17/11/04 東京 11 京王杯2歳S G2 芝1400 11556.228** 牡2 55.0 M.デムー西村真幸522(+14)1.22.8 0.934.7タワーオブロンドン
17/08/05 新潟 9 ダリア賞 OP 芝1400 9891.511** 牡2 54.0 M.デムー西村真幸508(+6)1.22.4 -0.334.7シャインカメリア
17/07/02 中京 6 2歳新馬 芝1400 108101.511** 牡2 54.0 M.デムー西村真幸502(--)1.23.4 -0.635.1アトレヴィード

タイセイプライドの関連ニュース

鞍馬Sの近年の結果をもとに、U指数を絡めてピックアップした条件に合致する馬を提示しました。予想の際にお役立てください。

※2014年以降の結果をもとに検証

<ポイント①>
低指数馬の奮闘が目立つレースではあるが、指数95.0未満の馬が2頭以上3着以内に入ったケースはゼロ。指数95.0未満同士を組み合わせた馬券は控えめにしたほうがベター。

指数95.0未満

ツーエムマイスター
クインズサリナ
メイソンジュニア
イエローマリンバ
トウショウピスト
タイセイプライド
オールポッシブル
モルトアレグロ

<ポイント②>
2014年以降、指数3~6位馬が4勝。勝てなかった年も2着連対を確保しており、該当馬は有力な軸馬候補となる。

指数3~6位

ダイメイフジ
ダイメイプリンセス
フミノムーン
カイザーメランジェ

<ポイント③>
馬券に絡んだ馬の最低指数は93.4。これを下回る馬は割引が必要となる。

指数93.4未満
ツーエムマイスター
クインズサリナ
メイソンジュニア
トウショウピスト
オールポッシブル
モルトアレグロ



ウマニティ重賞攻略チーム

【メインレース・データ分析(特別編)】鞍馬S 昨年に3連単106万馬券が出るなど荒れ気味の一戦!OPクラスの戦績を要チェック!2019年5月5日() 10:00

鞍馬Sの過去のレース結果をもとに、ファクターごとの傾向に注目し、好走パターンに合致する馬をピックアップしました。予想の際にお役立てください。

※2014年以降(2014~2016年はハンデ戦)の結果をもとに検証


【全般】
別定戦に変更後は斤量54~56キロの馬が攻勢

ツーエムマイスター
クインズサリナ
ミラアイトーン
メイソンジュニア
コウエイタケル
イエローマリンバ
カラクレナイ
セカンドテーブル
タイセイプライド
オールポッシブル
モルトアレグロ
カイザーメランジェ

1400~1600mの勝ち鞍がある馬の好走が目立つ

ツーエムマイスター
ミラアイトーン
コウエイタケル
トウショウピスト
カラクレナイ
ダイメイフジ
セカンドテーブル
タイセイプライド
オールポッシブル
モルトアレグロ
フミノムーン
カイザーメランジェ

2014年以降の連対馬は例外なく、前年か同年に芝1200mのオープンクラスで2着以内、もしくは京都芝のオープンクラスで3着以内の経験があった

ナインテイルズ
クインズサリナ
カラクレナイ
ダイメイフジ
セカンドテーブル
ダイメイプリンセス
モルトアレグロ
フミノムーン

【人気】
上位人気(1~3番人気)は可もなければ不可もない成績

※人気を過度に気にする必要なし

【脚質】
差し馬の活躍が目を引く

ミラアイトーン
コウエイタケル
カラクレナイ
タイセイプライド
フミノムーン
カイザーメランジェ

※近走の内容を参考に上がり上位馬を想定

【枠順】
5~8枠馬がやや優勢

カラクレナイ
ダイメイフジ
セカンドテーブル
タイセイプライド
オールポッシブル
ダイメイプリンセス
モルトアレグロ
フミノムーン
カイザーメランジェ

【血統】
父非サンデーサイレンス系の上位占有率が高い

ツーエムマイスター
ナインテイルズ
ミラアイトーン
メイソンジュニア
トウショウピスト
カラクレナイ
ダイメイフジ
セカンドテーブル
タイセイプライド
ダイメイプリンセス
モルトアレグロ
フミノムーン
カイザーメランジェ

父ミスプロ系の上位進出が目立つ

ダイメイフジ
セカンドテーブル
モルトアレグロ
フミノムーン
カイザーメランジェ


【5項目以上該当馬】
カラクレナイ(6項目)
セカンドテーブル(6項目)
モルトアレグロ(6項目)
フミノムーン(6項目)
カイザーメランジェ(6項目)
ダイメイフジ(5項目)
タイセイプライド(5項目)



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【U指数的考察】オパールS 指数上位馬が安定!内めの枠を引き当てることができなかった低指数馬は一枚割り引き!2018年10月7日() 10:22

オパールSの近年の傾向をもとに、U指数を絡めてピックアップした条件に合致する馬を提示しました。予想の際にお役立てください。

※2013年以降の結果をもとに検証



<ポイント①>
指数1~3位の安定度は高く、毎年必ず最低1頭は馬券に絡んでいる。

1位→①セカンドテーブル
2位→⑰キングハート
3位→⑫カラクレナイ

<ポイント②>
指数96.0未満の馬が2頭以上複勝圏内に入ったケースはゼロ。高配当を狙うにしても指数96.0未満同士を組み合わせた馬券は控えめにしたほうがベター。

指数96.0未満

ナリタスターワン
タイセイプライド
オールインワン
ユキノアイオロス
ジョーストリクトリ
ゴールドクイーン
モズスーパーフレア
アンヴァル
コスモドーム
トゥラヴェスーラ
グレイトチャーター
エントリーチケット
レジーナフォルテ

<ポイント③>
指数96.0未満で1~2着を果たした馬は2頭。どちらも馬番4番枠以内の馬だった。内めの枠を引き当てることができなかった低指数馬は3着入りが精一杯。

指数96.0未満、かつ馬番5番枠より外

ユキノアイオロス
ジョーストリクトリ
ゴールドクイーン
モズスーパーフレア
アンヴァル
コスモドーム
トゥラヴェスーラ
グレイトチャーター
エントリーチケット
レジーナフォルテ



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【メインレース・データ分析(特別編)】オパールS 波乱必至のハンデ戦!人気を過度に意識する必要ナシ!2018年10月7日() 10:00

オパールSの過去のレース結果をもとに、ファクターごとの傾向に注目し、好走パターンに合致する馬をピックアップしました。予想の際にお役立てください。

※2013年以降の結果をもとに検証



【全般】
前走ステップ別では、G3組とOP特別組がやや優勢

セカンドテーブル
ナリタスターワン
オールインワン
ユキノアイオロス
ジョーストリクトリ
ゴールドクイーン
コスモドーム
カラクレナイ
トゥラヴェスーラ
タマモブリリアン
キングハート

中5週以上のゆったりしたローテで臨んだ馬の活躍が顕著

セカンドテーブル
ナリタスターワン
タイセイプライド
オールインワン
ユキノアイオロス
ジョーストリクトリ
ゴールドクイーン
コスモドーム
カラクレナイ
トゥラヴェスーラ
タマモブリリアン
キングハート

同年に重賞あるいはオープン特別で5着以内に入った経験のある馬の好走例が目立つ

セカンドテーブル
ゴールドクイーン
モズスーパーフレア
アンヴァル
アドマイヤゴッド
カラクレナイ
トゥラヴェスーラ
グレイトチャーター
タマモブリリアン
キングハート
レジーナフォルテ

【人気】
大きな偏りなし

※人気を過度に意識する必要はない

【脚質】
先行優勢

セカンドテーブル
オールインワン
ゴールドクイーン
モズスーパーフレア
レジーナフォルテ

※近3走の走りを参考に先行策をとりそうな馬を想定

【枠順】
1、2、4、7枠の出現率が高い

セカンドテーブル
ナリタスターワン
タイセイプライド
オールインワン
ゴールドクイーン
モズスーパーフレア
トゥラヴェスーラ
グレイトチャーター
タマモブリリアン

【血統】
ナスルーラ系種牡馬を父あるいは母父に持つ馬が攻勢

ナリタスターワン
ゴールドクイーン
コスモドーム
トゥラヴェスーラ
グレイトチャーター
エントリーチケット
レジーナフォルテ

米国型のミスプロ系種牡馬を父あるいは母父持つ馬の上位入線が目立つ

セカンドテーブル
ユキノアイオロス
ジョーストリクトリ
モズスーパーフレア
レジーナフォルテ

父フォーティナイナー系の期待値が高い

セカンドテーブル
オールインワン


【4項目以上該当馬】
セカンドテーブル(7項目)
ゴールドクイーン(6項目)
オールインワン(5項目)
トゥラヴェスーラ(5項目)
ナリタスターワン(4項目)
モズスーパーフレア(4項目)
タマモブリリアン(4項目)
レジーナフォルテ(4項目)



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【サマーチャンピオン】JRA出走予定馬(8/9発表)2018年8月9日(木) 18:31

8月14日(火)、佐賀競馬場で行われるサマーチャンピオン(Jpn 3)のJRA所属馬および騎乗予定騎手は以下の通り。(馬名・性齢・騎乗予定騎手・調教師)

タイセイエクレール 牡5 M.デムーロ 森田直行
タイセイプライド 牡3 大野拓弥 西村真幸
ブルミラコロ 牡6 秋山真一郎 大久保龍志
ヨシオ 牡5 戸崎圭太 森秀行
ルグランフリソン 牡5 福永祐一 中竹和也

(JRA発表)


================
地方競馬もウマニティにおまかせ!
================
最新ダートグレード競走のニュース・予想コラム・過去10年の結果・厳選予想家の無料予想・オッズ・結果(払戻)など情報満載!
ウマニティダートグレード特集

[もっと見る]

【サマーチャンピオン】JRA出走予定馬(8/3発表)2018年8月3日(金) 18:33

8月14日(火)、佐賀競馬場で行われるサマーチャンピオン(Jpn 3)のJRA所属馬および騎乗予定騎手は以下の通り。(馬名・性齢・騎乗予定騎手・調教師)

タイセイエクレール 牡5 M.デムーロ 森田直行
タイセイプライド 牡3 (未定) 西村真幸
ブルミラコロ 牡6 (未定) 大久保龍志
ヨシオ 牡5 戸崎圭太 森秀行
ルグランフリソン 牡5 福永祐一 中竹和也


(JRA発表)

================
地方競馬もウマニティにおまかせ!
================
最新ダートグレード競走のニュース・予想コラム・過去10年の結果・厳選予想家の無料予想・オッズ・結果(払戻)など情報満載!
ウマニティダートグレード特集

[もっと見る]

⇒もっと見る

タイセイプライドの関連コラム

閲覧 1,105ビュー コメント 0 ナイス 8



先週は、17(土)に中京競馬場でG3ファルコンS、中山競馬場でG3フラワーCが、18(日)に阪神競馬場でG2阪神大賞典、中山競馬場でG2スプリングSが、それぞれが行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G3ファルコンSは、1番人気ダノンスマッシュは出負けして後方から。先手を奪ったのはモズスーパーフレアで、ダッシュを効かせてそのまま後続をやや引き離しながら3コーナーへ。依然人気のダノンスマッシュは後方馬群の中、2番人気の支持を集めたテンクウも最後方、対して3番人気ミスターメロディは4番手の好位で4コーナーを回って直線を迎える展開。モズスーパーフレアのリードは2馬身ほど。各馬横に大きく広がっての追い比べに持ち込まれると、内から伸びたミスターメロディモズスーパーフレアをとらえ残り100mで先頭へ。後続からは同じく内を突いたタイセイプライドアサクサゲンキアンブロジオフロンティアといったところも迫りますがこれらは2着争いまで。芝初挑戦のミスターメロディが、最後は1馬身1/4差をつけて勝利を収めています。2着には7番人気アサクサゲンキが入り、そこからクビ差の3着には5番人気フロンティアが入っています。
公認プロ予想家では、きいいろプロ岡村信将プロ夢月プロ蒼馬久一郎プロマカロニスタンダーズプロスガダイプロKOMプロろいすプロほか、計17名が的中しています。
 
G3フラワーCは、中からモルフェオルフェが出ていき先頭に立って向こう正面へ。5、6番手のインに2番人気のカンタービレ、直後の7、8番手を1番人気ロックディスタウン、後方3番手を3番人気トーセンブレスとなって前半1000mを61.5秒(推定)で通過していきます。道中で終始頭を上げてスムーズさを欠いたロックディスタウンは3角でズルズルと後退。代わって後方からは、トーセンブレスファストライフといったところが外を回して進出して直線勝負へ。前では、横並びの争いからカンタービレが脚色良く抜け出す構えで、大外からはこれにトーセンブレスが急追して残り100mを通過します。しかし、先に抜け出したカンタービレがこの追い上げを封じてV。連勝で重賞初勝利を飾っています。坂を駆け上がったところまでの勢いでは完全に上回っていたトーセンブレスはクビ差2着まで。そこから2馬身差の3着には、4番人気ノームコアが入っています。
公認プロ予想家では、おかべプロイータン育成プロほか、計7名が的中しています。
 
G2阪神大賞典は、1週目の3コーナーまでにヤマカツライデンがハナを奪ってレースを引っ張る展開。前半1000mを60.1秒(推定)という過去10年で最も速いペースで通過すると、1番人気クリンチャーはこの流れの中を序盤掛かり気味になりながら4番手あたりでの追走、2番人気アルバートは後方3番手からとなって1コーナーへ。一旦緩めたところから再びヤマカツライデンが次第にペースを上げながらラップを刻んでいきます。向こう正面を過ぎて縦にばらけていた隊列が徐々にひと塊になるようにして3コーナーを通過。2番手からムイトオブリガードが先頭に並び掛け、クリンチャーも3番手から進出。6枠両頭が並んで浮上し、アルバートは依然後方から。迎えた直線、最も手応えよく4角を出たレインボーラインが残り200m手前で一気に先頭に立つと、2番手にはサトノクロニクルクリンチャーとなって、アルバートも直後からこれを追います。しかし、抜け出した3番人気レインボーラインが一気に後続を突き離し、そのまま先頭でゴールを駆け抜け優勝。1馬身1/4差の2着に4番人気サトノクロニクルが入り、さらにそこから1馬身1/2差の3着にはクリンチャーが入っています。
公認プロ予想家では、伊吹雅也プロはははふほほほプロ山崎エリカプロ西野圭吾プロほか、計10名が的中しています。
 
G2スプリングSは、コスモイグナーツが途中から後続を大きく引き離しての逃げで軽快に飛ばすと、終始離れた2番手に3番人気エポカドーロの形で展開していきます。この流れの中、1番人気ステルヴィオは中団馬群の外を追走し、2番人気ルーカスも直後に続き、1頭+ひと塊の他12頭の隊列は早くも3コーナーへ。ここで、早めに進出を開始したステルヴィオが先団の1列後ろまで位置を上げると、2番手エポカドーロ、3番手マイネルファンロンの直後に続く形で直線に入ります。脚色が鈍ったコスモイグナーツに代わって、堂々先頭はエポカドーロ、そしてこれを追うようにマイネルファンロンステルヴィオ、内を伸びてはハッピーグリンバールドバイといったあたりが続き残り200mを通過。一瞬にしてこの2番手争いに蹴りをつけたステルヴィオが、ここからもう一段階のギアを見せてエポカドーロも射程圏の伸びを見せると、最後はゴール直前で鮮やかに差し切ってV。ステルヴィオが重賞初制覇をあげています。ハナ差2着のエポカドーロから3馬身1/2差の3着には6番人気マイネルファンロンが入っています。
公認プロ予想家では、覆面ドクター・英プロイータン育成プロおかべプロほか、計7名が的中しています。
 
 
 
----------------------------------
 
☆☆☆注目プロ →霧プロ
先週は、17(土)中京5Rでの◎▲○パーフェクト的中などで午前中から好調予想を連発して好ダッシュを決めると、大波乱となった阪神11Rで◎ロードアクシス(単勝334.4倍)の予想を披露し大ホームラン!3連複10点勝負(登録はほかに馬連など11点)で64万2,490円馬券を見事仕留めました。18(日)も阪神10Rで◎ケンホファヴァルト(単勝45.9倍)からの○◎▲的中などで連日の大幅プラスをマーク!“ファンタジスタ”ぶりをいかんなく発揮した先週は、週末トータルでは回収率トップの379%、収支91万6,530円を記録しました!これで、2月最終週から4週連続の週末プラスを達成しています。
 
☆☆☆注目プロ →佐藤洋一郎プロ
17(土)の中山10Rで、3連単40万8,080円馬券的中のビッグヒットを披露!土曜収支2ケタプラスをマークすると、18(日)には中山10Rで◎ウインオスカーからの3連単136万8,150円馬券的中の特大アーチ!!土日トータル回収率277%、収支122万8,040円プラスを達成しています。
 
☆☆☆注目プロ →おかべプロ
17(土)のG3フラワーCで馬連1点的中、18(日)G2スプリングSをワイド1点的中で仕留めてみせた先週は、週末トータル回収率285%をマーク!2月3日以来の7週連続週末プラスを記録しています。
 
 
 
この他にも、dream1002プロ(206%)、イータン育成プロ(170%)、山崎エリカプロ(161%)、☆まんでがんプロ(156%)、蒼馬久一郎プロ(125%)、きいいろプロ(123%)、スガダイプロ(122%)、西野圭吾プロ(117%)らが週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
----------------------------------
 
※全レースの結果情報はこちら


今週も、競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家陣の予想にご注目下さい。


登録済みの方はこちらからログイン

2017年11月10日(金) 10:30 競馬プロ予想MAX
先週の回顧~(11/3~11/5)佐藤洋一郎プロら、好調11名が回収率100%超!
閲覧 1,211ビュー コメント 0 ナイス 4

先週は、3(祝金)に京都競馬場でG3ファンタジーSが、4(土)に東京競馬場でG2京王杯2歳Sが、5(日)に東京競馬場でG2アルゼンチン共和国杯、京都競馬場でG3みやこSがそれぞれ行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G3ファンタジーSは、コーディエライトがハナを奪い一団のままスローな流れで3~4コーナーを通過。迎えた直線、粘り込みを図るコーディエライトアルモニカモズスーパーフレアあたりが追撃を始め、残り200mを過ぎます。依然、先頭はコーディエライトで、後続からは代わってペイシャルアスアマルフィコーストベルーガが進出。残り50mを過ぎ、ひと際目立つ末脚を披露したのは大外のベルーガでした。そのまま、5番人気ベルーガが差し切って連勝で重賞初制覇!1/2馬身差の2着に3番人気コーディエライト、さらにそこからハナ差の3着に1番人気アマルフィコーストが入っています。
公認プロ予想家ではサウスプロほか計4名が的中しています。
 
G2京王杯2歳Sは、2番人気タイセイプライドを先頭に直線へ。2番手はアサクサゲンキで、直後からはカシアスも迫り、単勝1.8倍の1番人気に推されたタワーオブロンドンはその後ろの外の5番手あたり。直線半ばを過ぎて、タイセイプライドが苦しくなり代わって先頭に立ったアサクサゲンキに、2頭の間を割ってカシアスが並び掛けますが、これを残り100mで一瞬にして外からまとめて交わし去ったタワーオブロンドンがV。2馬身差の2着に5番人気カシアス、さらにそこから1/2馬身差の3着に4番人気アサクサゲンキが入っています。
公認プロ予想家では岡村信将プロきいいろプロ山崎エリカプロマカロニスタンダーズプロろいすプロほか計16名が的中しています。
 
G2アルゼンチン共和国杯は、スタート直後から横並びでなかなか先頭が決まらない中、マイネルサージュが押し出される形でハナへ。1番人気に推された3歳馬スワーヴリチャードは中団のインを追走。先頭のマイネルサージュと2番手カレンミロティックが後続をやや引き離す形で、隊列は向こう正面を通過していきます。3~4コーナーでその差が縮まって馬群ひと塊の態勢で直線勝負へ。内を割って早々スワーヴリチャードが先頭を窺うと、馬群からはソールインパクトアルバートセダブリランテスといったところが伸びを見せます。抜け出したスワーヴリチャードのリードは3馬身ほど。ここからなかなか差が詰まらずの状態が続き、結局そのまま内ラチ沿いを悠々と駆け抜けたスワーヴリチャードが先頭でゴール。得意の府中で重賞2勝目を挙げています。2馬身1/2差の2着に7番人気ソールインパクト、さらにそこから1馬身1/4差の3着に3番人気セダブリランテスが入っています。
公認プロ予想家ではdream1002プロほか計4名が的中しています。
 
G3みやこSは、サルサディオーネが引っ張る展開を、4角手前で楽な手応えのテイエムジンソクが並び掛け、2番手にルールソヴァールの態勢で直線へ。直線に入り、この2頭が後続との差を広げると、1番人気エピカリスタムロミラクルキングズガードあたりが離れた3番手グループから伸び脚を披露。しかし、前は既に大勢決した構えで、セーフティーリードを早々築いた2番人気テイエムジンソクが勝利。重賞初勝利を挙げています。2馬身1/2差の2着も直線入り口で後続との差を確保した9番人気ルールソヴァールが粘り込み、そこから1馬身1/4差の3着に3番人気キングズガードが入っています。
公認プロ予想家では導師嵐山プロ岡村信将プロ河内一秀プロほか計8名が的中しています。
 
 
 
----------------------------------
 
☆☆☆注目プロ →佐藤洋一郎プロ
4(土)福島4Rで、◎ヤマタケジャイアン(単勝82.8倍)-○タガノアーバニティからの3単5,014倍を含む計58万4,240円の高額払戻しを記録。2週連続のホームラン的中を披露した先週はトータル回収率122%、収支12万5,900円プラスをマークしています!
 
☆☆☆注目プロ →夢月プロ
3(金)福島3Rを◎トーホウリーガルで仕留め10万4,720円の払戻し。翌4(土)福島5Rを◎○で仕留め21万円払戻し、と連日のスマッシュヒットを記録!他にもヒットを量産した先週はトータル回収率111%で終えています。
 
☆☆☆注目プロ →覆面ドクター・英プロ
4(土)東京6Rで3連単的中、12万4,350円払戻しをマークすると、5(日)には東京3R(3連単的中14万20円払戻し)、京都3R(3連単的中ほか計24万2,980円払戻し)で連続スマッシュヒットを披露!週末のトータルでは回収率116%、収支12万80円プラスをマークしています!
 
☆☆☆注目プロ →☆まんでがんプロ
3(金)福島7Rでの◎▲○パーフェクト的中(計12万3,180円払戻し)、5(日)京都3Rでの計12万5,400円払戻しなどの活躍を見せ2週連続のプラス達成!週末トータルでは回収率113%をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →霧プロ
4(土)東京10Rでの◎○▲的中、5(日)東京10Rでの馬単514倍含む計18万600円払戻しのビッグヒットなどの活躍を披露。週末のトータル回収率135%、収支11万4,440円プラスをマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →西野圭吾プロ
4(土)は福島11R(計11万9,900円払戻し)、勝負予想福島12R(○◎的中)などの的中で回収率351%を記録!週末のトータルでは回収率141%をマークしています。
 
 
 
この他にも、dream1002プロ(151%)、エース2号【予想マイレージクラブ限定】プロ(146%)、エース1号プロ(123%)、くりーくプロ(107%)、岡村信将プロ(101%)らが週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
----------------------------------
 
※全レースの結果情報はこちら


今週も競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家陣の予想にご注目下さい。

[もっと見る]

2017年9月5日(火) 18:00 伊吹雅也
伊吹雅也のPOG分析室 (2017) ~第6回 ワールド上位者レビュー~
閲覧 2,050ビュー コメント 0 ナイス 5

 先週末9月2日の札幌2歳ステークス(2歳GⅢ・札幌芝1800m)、9月3日の小倉2歳ステークス(2歳GⅢ・小倉芝1200m)をもって、「ウマニティPOG 2017」の夏季競馬シーズンが終了。既にアサクサゲンキ(Ameliaの2015)、カシアス(ラブディランの2015)、フロンティア(グレースランドの2015)、ロックディスタウン(ストレイキャットの2015)と4頭のJRA重賞ウイナーが誕生しました。いわゆる“POG本”の発売日が集中している4月下旬からは4か月ほど経過していますし、一般的な“POG期間”も残すところ2017年の秋季競馬と2018年の春季競馬だけ。全体の3分の1くらいは消化したと考えている方が多いかもしれません。

 しかし“POG期間”中の総賞金額に対する割合で見ると、(2歳時の)夏季競馬が占めているのは全体の1割程度。残る9割の賞金(≒ポイント)は今週以降のレースで奪い合うことになります。しかも、G1、G2、G3、オープンの各ワールドは今後も仮想オーナー募集枠が順次開放されるため、既出走馬を含むすべての2歳馬に入札可能。これから参加するプレイヤーでも十分に優勝を狙えるのがウマニティPOGの醍醐味です。つい最近になって会員登録を済ませたばかりという方もぜひご参加ください!

 今回は先週末9月3日終了時点、すなわち「ウマニティPOG 2017」の夏季競馬シーズンにおける各ワールドの戦況をまとめてみました。ゲーム全体から見ればごく一部に過ぎない時期ではあるものの、「上手いプレイヤーの大半は序盤からそれなりに結果を出せる」というのも否定しがたい事実。今後もしばらくは優勝争いを牽引するであろう猛者たちの指名から、今週以降の入札や来シーズン以降の戦略を考えるうえで参考になりそうな教訓を読み取っていきましょう。

 1頭1オーナー制で争われているスペシャルワールドは、カシアスを獲得しているサウスさんがトップ。既に15頭の指名馬がデビューを果たしたうえ、15頭すべてが賞金を獲得しています。おそらく早期デビュー組を狙う作戦だったのだと思いますが、スペシャルワールドは大半の素質馬がデビュー前の入札で指名されてしまう(=他のプレイヤーが指名できなくなってしまう)ため、希望通りの馬を揃えるのは至難の業。それでいてこの“高打率”はお見事と言うほかありません。サウスさんは未出走組に良血馬が控えていますし、まだまだ獲得ポイントを伸ばしてきそうです。
 ただし、スペシャルワールドの上位グループは混戦模様。サウスさんの総獲得賞金は1億1199万円ですが、2位の藤沢雄二さん、3位のよ~じさん、4位のmizumizuさん、5位のろーりんぐえっぐさんもそれぞれ9千万円を超えていました。今後もしばらくは頻繁に首位が入れ替わる展開となるでしょう。
 なお、個人的に興味を惹かれているのはアマルフィコースト(ジプシーハイウェイの2015)などを指名しているろーりんぐえっぐさん。まだ12頭しか指名していないため、他のプレイヤーが獲得していない馬であれば、デビュー戦を見てから追加指名することもできます。ここから先はどんな作戦で臨むのか、非常に楽しみです。

 G1ワールドはスペシャルワールド以上の大混戦。1億0968万円を獲得したジャガリコライトさんがトップとなったものの、たいぎぃさんが1億0541万円、ウーピンさんが1億0473万円、九州の田舎者さんが1億0246万円で続いていました。もっとも、首位で夏季競馬を終えたジャガリコライトさんは、アサクサゲンキカシアスをそれぞれデビュー前に獲得。他にも高額なポイントで落札した良血馬が控えていますし、もうしばらく優勝争いを引っ張っていく可能性が高いんじゃないでしょうか。

 G2ワールドは9319万円を獲得した岡八郎さんが一歩リード。7625万円のナリタブライアンさんが2位につけています。ちなみに、トップ10のうち6名のプレイヤーはロックディスタウンを指名していましたが、岡八郎さんはアイアンクロー(ヤマノアイリーの2015)が、ナリタブライアンさんはタイセイプライド(キャニオンリリーの2015)が出世頭で、いずれも重賞ウイナーを指名していません。それでも首位争いをしているのは、指名した馬たちが満遍なくポイントを稼いでいる証拠。これは私がPOGにおいて理想としているスタイルでもあり、今後が楽しみです。

 G3ワールドは1億1559万円を獲得したキーコ21歳さんが単独トップ。ロックディスタウンファストアプローチ(ジョリージョコンドの2015)を指名しており、札幌2歳ステークスで一気にポイントを伸ばしてきました。ロックディスタウンなどデビュー後に指名している馬も多いのですが、デビュー前の入札で獲得した馬たちも堅実に勝ち上がっており、今後はこれらの馬たちによってどこまで獲得賞金を伸ばせるかがポイントになるでしょう。

 オープンワールドの首位は1億2300万円を獲得した2743d9090fさんカシアスゴールドクイーン(サザンギフトの2015)、ステルヴィオ(ラルケットの2015)、フロンティアと、既に4頭の指名馬がオープンクラスのレースを制しています。このあたりが順調に出世していくようなら、このままPOGシーズンの終盤まで優勝争いをリードしていく可能性もありそうです。

 現在行われている第15回入札は9月8日の11:00が締め切り。スペシャル以外の各ワールドは仮想オーナー募集枠が解放されたばかりですし、秋季競馬の開幕に合わせて追加指名を検討しているプレイヤーが多いんじゃないでしょうか。まだどの馬に入札するか迷っているのであれば、好調なプレイヤーの戦略ならびに選択も参考にしてみてください。

■執筆者プロフィール
伊吹 雅也(いぶき・まさや)

 埼玉県桶川市在住のフリーライター、競馬評論家。JRAホームページ内『今週の注目レース』で「データ分析」のコーナーを担当しているほか、グリーンチャンネル、JRAのレーシングプログラムなどさまざまなメディアを舞台に活動している。近著に『コース別 本当に儲かる騎手大全 2016秋~2017』(ガイドワークス)など。2016年12月02日には監修を務める人気シリーズの最新刊『ウルトラ回収率 2017-2018』(ガイドワークス)を、2017年04月12日には最新刊『コース別 本当に儲かる血統大全 2017-2018』(ガイドワークス)をリリース。POG関連メディアの制作にもさまざまな形で携わっており、ウマニティPOG 2014では最高位クラスのスペシャルワールドにおいて優勝を果たした。

[もっと見る]

タイセイプライドの口コミ


口コミ一覧
口コミ情報はありません。

タイセイプライドの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

タイセイプライドの写真

タイセイプライド

タイセイプライドの厩舎情報 VIP

2019年5月5日鞍馬ステークス15着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

タイセイプライドの取材メモ VIP

2018年7月15日 バーデンバーデンC 10着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。