アンデスクイーン(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
アンデスクイーン
写真一覧
現役 牝5 栗毛 2014年5月3日生
調教師西園正都(栗東)
馬主株式会社 グリーンファーム
生産者ノーザンファーム
生産地安平町
戦績28戦[7-4-1-16]
総賞金9,927万円
収得賞金5,200万円
英字表記Andes Queen
血統 タートルボウル
血統 ][ 産駒 ]
Dyhim Diamond
Clara Bow
レイナカスターニャ
血統 ][ 産駒 ]
キングカメハメハ
ナスカ
兄弟 レイナデルビエントカタルーニャ
前走 2019/11/04 JBCクラシック G1
次走予定

アンデスクイーンの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
19/11/04 浦和 10 JBCクラシ G1 ダ2000 11--------8** 牝5 55.0 松山弘平西園正都502(--)2.08.6 2.5----チュウワウィザード
19/10/03 大井 11 レディスプレ G2 ダ1800 12--------1** 牝5 55.0 戸崎圭太西園正都502(--)1.53.2 -0.0----ファッショニスタ
19/08/15 門別 11 ブリーダーズ G3 ダ2000 11--------1** 牝5 55.0 戸崎圭太西園正都508(--)2.06.2 -0.1----プリンシアコメータ
19/07/14 中京 11 名鉄杯 (L) ダ1800 115518.864** 牝5 54.0 松山弘平西園正都502(0)1.48.6 1.036.1⑤④⑤④スマハマ
19/06/01 東京 11 スレイプニル OP ダ2100 1671313.572** 牝5 54.0 戸崎圭太西園正都502(+4)2.11.5 0.337.1⑩⑪⑧⑩テルペリオン
19/05/05 東京 10 ブリリアント (L) ダ2100 162327.9114** 牝5 52.0 戸崎圭太西園正都498(+6)2.08.4 0.336.0⑨⑨⑨⑨アングライフェン
19/04/20 東京 11 オアシスS (L) ダ1600 163660.1117** 牝5 54.0 田中勝春西園正都492(-2)1.37.9 1.236.7⑫⑫アルクトス
18/12/28 中山 10 立志S 1600万下 ダ1800 16247.441** 牝4 55.0 C.ルメー西園正都494(-6)1.53.2 -0.238.9⑧⑧⑧⑦エオリア
18/11/24 京都 10 花園S 1600万下 ダ1900 1671415.265** 牝4 54.0 松若風馬西園正都500(+4)1.58.6 0.837.5⑩⑨⑦⑦エイコーン
18/11/04 京都 12 JBCレディ Jpn1 ダ1800 16713122.4125** 牝4 55.0 松若風馬西園正都496(0)1.51.0 0.637.0⑬⑬⑫⑧アンジュデジール
18/10/06 京都 11 平城京S 1600万下 ダ1800 132217.887** 牝4 55.0 松若風馬西園正都496(0)1.50.9 0.536.5⑥⑥⑦⑦アイアンテーラー
18/09/15 阪神 11 オークランド 1600万下 ダ1800 107817.088** 牝4 55.0 松若風馬西園正都496(+6)1.52.0 1.337.1⑤⑤⑤⑤チュウワウィザード
18/06/30 中京 11 白川郷S 1600万下 ダ1800 16247.034** 牝4 54.0 福永祐一西園正都490(0)1.52.1 1.136.6④④⑤⑤ミキノトランペット
18/06/17 阪神 10 灘ステークス 1600万下 ダ1800 14347.943** 牝4 55.0 松若風馬西園正都490(+6)1.53.2 0.338.9⑤④⑤ハイランドピーク
18/05/06 京都 10 上賀茂S 1600万下 ダ1800 16488.851** 牝4 52.0 松若風馬西園正都484(0)1.51.8 -0.136.5⑤④ミキノトランペット
18/04/08 阪神 12 梅田S 1600万下 ダ1800 154739.196** 牝4 55.0 岩田康誠西園正都484(+4)1.51.5 0.337.9⑨⑧⑨⑨ストロングバローズ
18/03/17 中山 10 韓国馬事会杯 1600万下 ダ1800 154727.688** 牝4 55.0 吉田隼人西園正都480(0)1.54.8 1.338.1⑮⑮⑮⑪ブライトンロック
17/12/06 船橋 11 クイーン賞 G3 ダ1800 9--------6** 牝3 51.0 吉田隼人西園正都480(--)1.54.2 2.4----プリンシアコメータ
17/11/03 京都 8 3歳以上1000万下 ダ1800 14114.121** 牝3 53.0 M.デムー西園正都482(+4)1.51.0 -0.236.4⑨⑩⑦⑤エンパイアブルー
17/10/15 京都 10 愛宕特別 1000万下 ダ1800 1651045.6115** 牝3 52.0 松若風馬西園正都478(-4)1.51.7 0.438.3⑫⑫⑪⑪ヒロブレイブ

⇒もっと見る


アンデスクイーンの関連ニュース

【クイーン賞】レース展望NEW!

2019年12月10日(火) 10:02

 11日(水)に船橋競馬場で、第65回クイーン賞(交流GIII、3歳以上オープン、牝馬、ハンデ、ダート・左1800メートル)が行われる。2019年の牝馬ダート路線を締めくくる交流重賞だけに、来年を占う上でもしっかりチェックしておきたい一戦だ。



★目下の勢い、実績、ともに申し分なし!アンデスクイーン



 昨年までは目立った実績がなかったものの、5歳となった今年に入ってからブリーダーズゴールドC(交流GIII)、レディスプレリュード(交流GII)と2つの牝馬重賞を獲得しており、目下の勢い、実績、ともに申し分ないアンデスクイーン(栗東・西園正都厩舎、5歳)に注目が集まりそう。



 前走のJBCクラシックは8着大敗という結果に終わってしまったものの、牡馬の一線級が相手だったことを考えれば仕方のないところ。牝馬限定戦に戻る上に、近走不振馬が多いメンバー構成なら、順当に巻き返してくる可能性が高いのではないか。



 一昨年のクイーン賞で6着に敗れており、前走のJBCクラシックでも見せ場なし。見方によっては左回りはマイナス要素とみることもできるが、そこは新コンビを組む“天才”マーフィー騎手の手綱捌きにも期待したい。



★本来の先行策で見直したい2年前の覇者プリンシアコメータ



 一昨年のクイーン賞を圧勝しており、交流重賞3勝と今回のメンバーに入れば上位の実績を持っているプリンシアコメータ(美浦・矢野英一厩舎、6歳)も、力通りの決着なら上位争いに加わってくる可能性がある一頭といえる。



 前走のレディスプレリュード(交流GII)は見せ場なく10着に大敗しているが、不慣れな中団からの競馬を余儀なくされて本来の力を出し切れなかっただけ。元々が“上位か大敗か”と成績にムラがあるタイプだけに、必要以上に悲観することはないのではないか。



 6歳となった今年もエンプレス杯(交流GII)を制しており、年齢による衰えも皆無。JBCには参戦しなかったものの、この中間は11月上旬から1カ月以上かけて入念に乗り込まれているように、態勢は万全だ。



★3歳馬のラインカリーナが古馬の厚い壁を打ち破るか



 クイーン賞は2010~12年(ミラクルレジェンド、クラーベセクレタ、レッドクラウディア)に3年連続で勝利を果たすなど“3歳馬”による制覇が珍しくない。今年はJRA・地方で計3頭の3歳馬が出走予定だが、その中で最も上位進出の可能性が高いのはラインカリーナ(美浦・武藤善則厩舎、3歳)ではないだろうか。



 初の古馬挑戦となった2走前のブリーダーズゴールドC(交流GIII)では、果敢に逃げて勝ち馬のアンデスクイーンから1/2+ハナ差の3着に善戦。前走は牡馬が相手の太秦S(オープン特別)に出走して4着と、古馬相手にも悪くない走りが続いている。



 同型馬が内枠にいることで近走のような逃げの形に持ち込めないことが予想されるが、好位からでも力を出せるタイプだけに、大きな問題にはならないだろう。デビューから一度も掲示板を外していない堅実な走りを、ここでもしっかり見せてもらいたいところだ。



★ダート路線に戻って見直したいトーセンガーネット



 南関東の浦和競馬でデビューし、桜花賞(SI)、東京プリンセス賞(SI)と南関東牝馬二冠を制覇。史上2頭目の三冠がかかった関東オークス(交流GII)ではJRA所属馬の壁に跳ね返されたものの3着と、JRA勢を相手にしても通用する力を持っているところを見せたトーセンガーネット(美浦・小笠倫弘厩舎、3歳)。



 JRAに移籍後の2戦は紫苑S(GIII)13着、福島記念(GIII)14着と大敗が続いているが、ともに芝の重賞に挑戦してのものだけに参考外と考えていい。ダート路線に戻れば近走のようなことはないはず。



 2歳時に牡馬を相手にした平和賞(SII)で、のちの東京ダービー馬であるヒカリオーソの2着に好走しているだけに、船橋コースも歓迎材料と言っていいだろう。52キロの軽ハンデも有利で、上位進出が十分に考えられそうだ。



★最内枠に入り展開のカギを握るクレイジーアクセル



 4頭のJRA勢を迎え撃つ地元の南関東勢は、大井・浦和から各2頭、船橋から1頭の計5頭が参戦する。中でも最内枠に入ったクレイジーアクセル(大井・渡邉和雄厩舎、4歳)は、常にハナを譲らない姿勢で結果を出しているだけに、今回も外枠勢の先行を許すわけにはいかないだろう。



 JRA勢を相手にした交流重賞でも、3歳時に関東オークス(交流GII)3着があり、前走のレディスプレリュード(交流GII)も見せ場十分の4着に粘っている。相手が楽になり、52キロのハンデも恵まれた印象を受けるだけに、マイペースの逃げ残りが考えられそうだ。



 JBCレディスクラシック(交流GI)で5着に善戦したミッシングリンク(浦和・小久保智厩舎、5歳)も、JRA所属時に交流重賞を制した実績があるだけに、復調気配の今なら見せ場がありそう。



 ホッカイドウ競馬から1頭で果敢に挑戦するアルティマウェポン(北海道・林和弘厩舎、6歳)は、昨年のレディスプレリュード(交流GII)で3着したことがある。51キロの最軽ハンデでもあり、展開次第では出番があっても良さそうだ。

【クイーン賞】JRAの出走予定馬発表 2019年11月24日() 17:14

 12月11日に船橋競馬場で行われるクイーン賞のJRA出走予定馬および補欠馬が24日、次の通り発表された。

 「第65回クイーン賞」(船橋競馬場、交流GIII、3歳上牝馬オープン、ダート・左1800メートル)

 【JRAの出走予定馬】4頭アンデスクイーン(牝5歳、栗東・西園正都厩舎、騎手未定)トーセンガーネット(牝3歳、美浦・小笠倫弘厩舎、騎手未定)プリンシアコメータ(牝6歳、美浦・矢野英一厩舎、岩田康誠騎手)ラインカリーナ(牝3歳、美浦・武藤善則厩舎、武藤雅騎手)

 【JRA所属の補欠馬】5頭(補欠順位順)1.クルークハイト2.メモリーコウ3.ラビットラン4.サルサディオーネ5.マリームーン

[もっと見る]

【JBCクラシック】レース展望 2019年11月2日() 19:30

★3つ目のGIタイトル獲得を狙うオメガパフューム



 4日(祝・月)に、交流GI・第19回JBCクラシック(交流GI、3歳以上オープン、定量、ダート・左2000メートル)が行われる。初開催となる浦和競馬場を舞台に行われる注目の一戦を展望していきたい。



 5頭が参戦するJRA勢の中でもファンの期待を集めるのは、昨年末の東京大賞典(交流GI)で初GIタイトルを獲得し、今夏には強豪が揃った帝王賞(交流GI)も制しているオメガパフューム(栗東・安田翔伍厩舎、牡4歳)だろう。



 強い4歳世代の中でもルヴァンスレーヴに次ぐNo.2の実績を誇り、東京大賞典帝王賞ともに完勝しているように、能力の高さだけでなく勝負強さも光る。4カ月ぶりの実戦復帰となるが、10月30日に栗東坂路で4ハロン51秒5をマークしている。攻め駆けしないタイプとしては上々の時計だけに、仕上がりに問題はなさそう。



 管理する安田翔伍調教師も「思っていた調整はできました。いい状態でレースに出せます。(小回りの)浦和でも、12頭立てならコーナーで大きく外を回ることはないと思うので」と語っており、いつも通りの走りを見せつけてくれそうだ。



★安定感ならチュウワウィザードが一歩リード



 初GI挑戦となった今夏の帝王賞(交流GI)では勝利したオメガパフュームから1馬身1/4差の2着に惜敗したものの、先行馬にとっては厳しい流れとなったことを加味すれば評価できるチュウワウィザード(栗東・大久保龍志厩舎、牡4歳)がリベンジを狙う。



 名古屋競馬場や船橋競馬場で交流GIIを制しているように、浦和競馬場の小回りコース、左回りともに歓迎材料といえそうで、持ち前の先行力を武器にスムーズに回れば他馬を一蹴する可能性まで秘めている。



 31日の最終追い切りは栗東坂路で単走で追われ、テンから徐々にラップを速めると、余裕の手応えのままラスト1F12秒6でフィニッシュした(4F53秒9-39秒2)。馬体の張りも良く、気配は良好だ。



 大久保龍志調教師は「動きはいいし、仕上がりは問題ない。帝王賞は馬体が減っていたが、今度は勝った平安Sくらいの体重で出走できるだろう。コースは左右どちらでも上手に走るし、小回りも大丈夫」と語る。キャリア12戦で【7.3.2.0】とすべて3着以内の安定味をここでも生かしたい。



★重賞初Vの勢いでGIの舞台に挑むロードゴラッソ



 3度目の重賞挑戦となった前走のシリウスS(GIII)で待望の重賞初制覇を飾ったロードゴラッソ(栗東・藤岡健一厩舎、牡4歳)が、勢いに乗って強豪が待ち構える初GIの舞台に挑む。



 デビュー当初は芝で結果を出し切れずにいたが、ダートに路線変更してからは順調に実績を積み重ねており、地方の馬場も盛岡競馬場で経験済み。4角先頭で押し切ったシリウスSの内容からも小回りの浦和コースがマイナスに働くことはなさそうだ。



 シリウスSを制した直後は12月のチャンピオンズC(GI)を目標に調整される公算だったが、その前にここを使えるのは状態が良い証。「前走はよく勝ち切ってくれたが、まだあれでいっぱいではないからね。休み明けを使って状態は上がっているし、いい筋肉がついて良化している。小回りコースも先行力があるから向く。いいときは4コーナーで先頭に来るので、ここもそういう形になれば」と、藤岡健一調教師の期待も大きい。



★南関東の名手・矢野貴之騎手と新コンビで挑むクインズサターン



 JRA勢5頭の中で唯一の重賞未勝利馬。実績では見劣るものの、たびたび重賞で穴を開けてきたクインズサターン(栗東・野中賢二厩舎、牡6歳)が、今年もすでに250勝に迫る勢いで勝ち星を重ねている南関東の名手・矢野貴之騎手を新コンビに迎えて“下剋上”を狙う。



 これまでのキャリアを見ると2000mの距離はやや長い印象を受けるが、近走はテンから忙しくなってきているだけに、距離延長がプラスに働く可能性は十分にある。地方の馬場も未知の領域だが、良い方向に出ればガラリ一変となるかもしれない。



 管理する野中賢二調教師も「前走(太秦S・6着)は休み明けということもあるし、内容は悪くなかった。1600m前後を中心に使ってきたけど、ズブくなってきたので地方の2000mはこなせると思う」と見通しを語っている。



★牝馬によるクラシック初Vの快挙を目指すアンデスクイーン



 ブリーダーズゴールドC(交流GIII)、レディスプレリュード(交流GII)と牝馬の交流重賞を連勝中のアンデスクイーン(栗東・西園正都厩舎、牝5歳)が、牝馬によるJBCクラシック初Vの快挙を狙って登場する。



 本来なら昨年も出走(5着)した牝馬限定戦のレディスクラシックを選択するところだが、今年は浦和競馬場の“1400m”が舞台となる。短距離戦を嫌って牡馬が相手になるクラシックを選択したとの見方が強いが、目下の勢いなら上位争いに台頭してきても驚けない存在だ。



 「前2走が素晴らしい走り。使いながら力をつけてきて、ようやく本格化した感じだね。いまの充実ぶりなら、牡馬が相手でもチャンスは十分あると思う」と、管理する西園正都調教師も期待を寄せている。



★史上初の地方所属馬Vを目指すワークアンドラブ



 前走のマイルグランプリ(SII)で重賞初Vを果たし、勢いに乗るワークアンドラブ(大井・荒山勝徳厩舎、牡4歳)が、史上初の地方所属馬によるクラシック制覇を目指す。昨年末の東京大賞典(交流GI)では、勝ったオメガパフュームから1秒2差の7着に敗れているが、経験を積んだ今なら当時より差を詰めることができるのではないか。



 移籍2戦目となった東京記念(SI)を制したストライクイーグル(大井・藤田輝信厩舎、牡6歳)、同レース2着のセンチュリオン(浦和・小久保智厩舎、牡7歳)も南関東勢の中では上位の存在といえるが、対JRA勢の実績を加味すると可能性が高いのは後者の方。



 もう一頭挙げるなら、先行力があるシュテルングランツ(浦和・小久保智厩舎、牡8歳)だが、昨秋の東京記念(SI)を最後に1年以上勝利から遠ざかっている上に、8歳の高齢馬でガラリ一変は望みづらい。過度な期待をかけるのは酷ではないだろうか。

[もっと見る]

【JBCクラシック】ウィザード、坂路4ハロン53秒9 2019年11月1日(金) 05:09

 交流GI・JBC諸競走(浦和)の追い切りが31日、栗東トレセンで行われた。枠順は1日に決定する。

 帝王賞2着以来のチュウワウィザード(大久保、牡4)は、坂路で単走追い。馬なりで4ハロン53秒9-12秒6と控えめだった。大久保調教師は「いつも通り、動きはよかったです。いい感じでじっくりと動けていました」と納得の表情。これまで12戦し、4着以下なしの堅実派。「今まで、初めての舞台でも苦労していないし、相手なりに走れるタイプですからね。自分の競馬をしてくれれば。楽しみです」とGI初制覇へ期待を込めた。

 シリウスSで重賞初制覇を飾ったロードゴラッソ(藤岡、牡4)はCWコースで5ハロン67秒6-12秒2。メンターモード(2勝クラス)にクビ差先着した。藤岡調教師は「いい感じで、(レースを使って)明らかに良くなっています。筋肉も大きくなって、パワフルになってきました」と胸を張った。

 太秦S6着クインズサターン(野中、牡6)は坂路で4ハロン53秒8-12秒4。一杯に追われて半馬身先着した。野中調教師は「一回叩いて、上がってきています。中2週で、予定通りの調教ができている」と前向きに話した。

 重賞連勝中のアンデスクイーン(西園、牝5)は、坂路で4ハロン52秒7-13秒1。西園調教師は「いい動きをしてくれました。力をつけてきているし、いい状態。地方の馬場も合いますよ」と力を込めた。

[もっと見る]

交流重賞JBC3競走のJRA選出馬 2019年10月22日(火) 05:00

▽第19回JBCクラシック(11月4日、浦和、交流GI、3歳上オープン、ダ・左2000メートル) アンデスクイーンオメガパフュームM・デムーロ、クインズサターンチュウワウィザードロードゴラッソ ※補欠=繰り上がり順(1)ダンツゴウユウ(2)ヨシオ

▽第19回JBCスプリント(同、3歳上オープン、ダ・左1400メートル) コパノキッキングサクセスエナジー松山、ノボバカラファンタジストミスターメロディ福永 ※補欠(1)モーニン(2)シュウジ(3)アディラート(4)ヒロシゲゴールド(5)テーオーヘリオス

▽第9回JBCレディスクラシック(同、3歳上牝馬オープン、ダ・左1400メートル) ゴールドクイーン古川、ファッショニスタ川田、モンペルデュヤマニンアンプリメ武豊レッツゴードンキ ※補欠(1)ラビットラン(2)ストロベリームーン(3)オウケンビリーヴ(4)オールポッシブル(5)ヴィルトファン

[もっと見る]

【ブラジルC】地力上位テルペリオン 2019年10月19日() 11:18

 テルペリオンマーキュリーC3着、白山大賞典4着と交流重賞でも崩れなかった。3走前には今回と同じ舞台のスレイプニルSを快勝。2着はのちに交流重賞を連勝するアンデスクイーンと弱い相手ではなかった。

 いかに自分のリズムで走れるかがカギだが、寺島調教師は「1コーナーまでスムーズに入っていければ、いい競馬になる」と自信を見せる。仁川SなどOP2勝の実績馬で57キロを背負うが、スレイプニルSが57キロでのV。スムーズな走りさえできれば地力が違う。(夕刊フジ)



★ブラジルCの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

⇒もっと見る

アンデスクイーンの関連コラム

閲覧 898ビュー コメント 0 ナイス 6



先週は、4(日)に京都競馬場でJpn1JBCクラシック、Jpn1JBCスプリント、Jpn1JBCレディスクラシックが行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
Jpn1JBCクラシックは、1番人気サンライズソアに、テーオーエナジーシュテルングランツテイエムジンソクといったところが加わって一団の先行勢で1コーナーを通過。軽快なラップを刻んだうえに、向こう正面でテイエムジンソクが積極策でハナを叩こうとしたためさらに馬群は縦長となる展開に。早々、手応えが怪しくなる馬もちらほらみられ始める中、3コーナーで外を回って3番人気ケイティブレイブが手応えよく進出。2番人気オメガパフュームはその直後、4番人気アポロケンタッキーはさらに2~3馬身後方で4コーナーから直線へ。迎えた直線、サンライズソアテーオーエナジーの横並びで残り300mを通過すると、その後方から抜群の伸び脚でケイティブレイブが迫り、こちらも脚色良くオメガパフュームケイティブレイブから2馬身ほどのところまで浮上。サンライズソアテーオーエナジーを競り落として単独先頭になったのも束の間、これを目標に伸びたケイティブレイブが残り100mで交わし去ってそのまま先頭でゴール。交流G1・3勝目を挙げています。3/4馬身差2着にオメガパフュームがラストで浮上し、サンライズソアはそこから1馬身差の3着に敗れています。
公認プロ予想家では、いっくんプロスガダイプロジョアプロ赤木一騎プロ馬っしぐらプロ馬侑迦プロら計6名が的中しています。
 
Jpn1JBCスプリントは、1番人気マテラスカイがスムーズにハナを奪って1馬身ほどのリードで牽引。序盤の攻防はそれほど激しいものにはならなかったものの、軽快なペースで運ぶマテラスカイ。狙いすましたようにその直後の最内を確保し、終始ぴったりとマテラスカイをマークする位置で運んだ4番人気グレイスフルリープが2番手で続き、4コーナーを出ます。先を行くマテラスカイと、追うグレイスフルリープ。この2頭が後続との差をやや広げ、勝負の行方は一騎打ちの様相。残り200mでも1馬身半差をキープしていたマテラスカイのリードはここから徐々になくなり、グレイスフルリープの脚色優勢で叩き合いに持ち込まれると、残り50mで内のマテラスカイを交したグレイスフルリープが先頭でゴール。国内G1初勝利を決めています。2着はクビ差でマテラスカイ。直線半ばまでは、前を行く2頭から4~5馬身ほど後方で繰り広げられていた3番手争いは、ラブバレットキタサンミカヅキに、レッツゴードンキキングズガードモーニンといった後方勢が加わっての攻防となりましたが、5番人気キタサンミカヅキがこの争いから抜け出し3着に入っています
公認プロ予想家では、伊吹雅也プロ☆まんでがんプロ蒼馬久一郎プロ赤木一騎プロ他6名が的中しています
 
Jpn1JBCレディスクラシックは、アイアンテーラーのペースで展開。締まったペースに縦長となる馬群の中、中団の1番人気ラビットランアンジュデジールといったところが、3コーナー過ぎで進出を開始。3番手プリンシアコメータを早々に交わして先団に取り付く構えを見せると、4コーナーではアイアンテーラーサルサディオーネの直後まで迫ったこの2頭が、ここで一気に先頭を奪って併せ馬で直線勝負へ。最内アンジュデジールに外からラビットランが襲い掛かり、3番手を窺っては2番人気クイーンマンボといった態勢。後続からは、3番人気フォンターナリーリアンデスクイーンといったところも伸びを見せますが、これらはすぐに脚が上がって後退。代わってさらに外を通って5番人気ファッショニスタが鋭い伸びで3番手クイーンマンボに並び掛ける勢い。直線半ば、一旦はクイーンマンボに完全に交わされた6番人気アンジュデジールでしたが、再び盛り返す粘り腰でゴール直前では差し返す根性をみせると、最後は内からグイっと出てアタマ差V。嬉しい初G1制覇を飾っています。2着ラビットランから1/2馬身差の3着には5番人気ファッショニスタが入っています。
公認プロ予想家では、西野圭吾プロはははふほほほプロ山崎エリカプロ金子京介プロ蒼馬久一郎プロろいすプロ他9名が的中しています
 
 
 
----------------------------------
 
☆☆☆注目プロ →覆面ドクター・英プロ
3(土)福島11Rで計11万320円払戻しのスマッシュヒット。4(日)にも、東京6Rでのスマッシュヒットなど前半から好調をアピールすると、福島9Rでは◎フラッグアドミラル(単勝23.6倍)から3連複319倍含む計33万6,000円、東京9Rでは◎トーラスジェミニ(単勝35.3倍)から馬単ほか総獲りの計10万7,390円払戻しなどの活躍ぶり。週末トータルでは、回収率147%、収支トップの339,190円をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →いっくんプロ
3(土)は福島9RG2京王杯2歳Sで的中をマーク。4(日)には東京4RJpn1JBCクラシックでの◎○▲パーフェクト的中などを披露すると、東京12Rでは34万3,000円のビッグヒットを記録。土日2日間では、回収率118%、収支13万690円プラスを達成しています。
 
☆☆☆注目プロ →伊吹雅也プロ
4(日)JBCスプリントでは、『相手は今年の東京盃で4着以内となったキタサンミカヅキグレイスフルリープ』と評し、▲◎○的中を披露!前日の3(土)G2京王杯2歳Sでの◎×▲的中と合わせ、週末トータル回収率148%をマークし、2週連続週末プラスを達成しています。
 
☆☆☆注目プロ →シムーンプロ
4(日)東京8Rの◎エントシャイデン(単勝73.8倍)、勝負レース福島10Rでの◎マイネルサーパス的中で週末プラス(トータル回収率103%)を達成。
 
 
 
この他にも、馬侑迦プロ(132%)、馬っしぐらプロ(106%)、dream1002プロ(103%)らが週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。

また、先週はJRDBから期間限定参戦中の赤木一騎プロ(238%)、金子京介プロ(126%)らも活躍をみせています。
 
 
 
----------------------------------
 
※全レースの結果情報はこちら


今週も「プロ予想MAX」にぜひご注目下さい。


登録済みの方はこちらからログイン

アンデスクイーンの口コミ


口コミ一覧

Queen

 競馬が大好き(複勝男 2019年12月10日(火) 10:25

閲覧 24ビュー コメント 0 ナイス 4

クイーン賞
船橋競馬場
ダート1800M

ハンデ戦で荒れる要素は無きにしも非ず

個人的な登録馬の評価

56
プリンシアコメータ
(先行できればこの馬のレースが出来る。1コーナーまでのポジションが大事)

アンデスクイーン
(前回より相手は弱いので、牝馬限定なら負けれないし馬券外もなさそう)

54
ラインカリーナ
(逃げればそれなりに有利なコースなので、ハンデ差で上位と何とかしたいけどハンデの軽い馬が多いので先行争いが上手くいくかどうか)

53
ミッシングリンク
(相手は弱くないけど、ハンデと距離延長で少しは勝負できるかも程度)

52
クレイジーアクセル
(最内枠でスタート決まれば逃げたい。今回は兼ね合いがあるので、1コーナーまでが勝負かな)

トーセンガーネット
(ハンデとダートで新味が出れば関東オークスは距離が亜駄目だったならば今回の1800Mで1発あるかも)

51
オルキスアン
(勢いは少しあるのかなと、ただ相手が強いのでハンデを生かせてどこまで粘れるか)

アルティマウェポン
(追い込みなので展開が嵌まれば3着争いの可能性はあるかな)

 山崎エリカ 2019年11月4日(月) 12:51
JBCレディスクラシックの予想
閲覧 65ビュー コメント 0 ナイス 4

スプリント路線馬の出走がこのレースを荒らす!?
______________________

2011年に創設されて今年で9年目となる「JBCレディスクラシック」は、今年は浦和が舞台。「この日、今まで見たことのない浦和になる」というキャッチフレーズどおり、見たことないほどの人で賑わうことでしょう。浦和になったことで、まさかのJBCスプリントと同距離1400mで行われることになります。もともと距離の長短を視野に入れたデータ作りはしていますが、本来であればスプリントに出走するはずのスプリント路線馬は警戒したほうがいいでしょう。

浦和1400mが舞台になったことで、前哨戦のレディスプレリュードを制したアンデスクイーンがクラシックに回り、3着馬のラビットランは昨日のみやこSに出走していましたね。これはさすがに浦和で行われることの弊害でしょう。何だか気の毒です(´;ω;`)ウゥゥ


続きはこちら!
https://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=11951


予想はこちら!
https://nar.umanity.jp/coliseum/coliseum_view.php?user_id=3100000007&race_id=2019110418090108

[もっと見る]

 しんすけ48 2019年11月4日(月) 06:25
JBCレディスクラシック・JBCスプリント・JBCクラシック
閲覧 140ビュー コメント 0 ナイス 28

おっは~♪

11月4日、良いよの日ですね!

今日は休みで良いよー。

馬券も当てちゃって良いよー。

ポケモンgoやっても良いよー。

と言う訳で月曜日が休みなのは楽しくて良いよー。

浦和8R JBCレディスクラシック

◎③ヤマニンアンプリメ
〇⑤ゴールドクイーン
▲⑪ファッショニスタ
△⑥レッツゴードンキ

馬連③ー⑤・⑥・⑪への3点。
馬単③ー⑤・⑥・⑪への3点。
三連複③・⑤ー⑥・⑪への2点。
三連単③・⑤ー⑥・⑪への2点。

この娘は20戦前の条件戦から注目し買う時はほぼほぼ本命にしていた注目馬。
ここまで出世するとは思いませんでしたが・・・、大舞台に出て来たんで本命にしない訳にはね。
ただ鞍上は武豊じゃ無い方が良かったな。まあ勝ってちょーだいネ♪

浦和9R JBCスプリント

◎④サクセスエナジー
〇①ミスターメロディ
▲②ノブワイルド
△⑩コパノキッキング

馬連④ー①・②・⑩への3点。
馬単④ー①・②・⑩への3点。
三連複①・④ー②・⑩への2点。

2走前は出遅れ、前走は千二。得意の千四でデキも上がって来たのでスタートさえ決めれば好勝負!
かな?

浦和10R JBCクラシック

◎⑧チュウワウイザード
〇⑦アンデスクイーン
▲⑨ロードゴラッソ
△③オメガパフューム

馬連⑧ー⑦・⑨への2点。
馬単⑧ー⑦・⑨への2点。
三連複⑦・⑧ー③・⑨への2点。
三連単⑧ー⑦・③・⑨への2点。

小回り・左回りでは大幅に評価を下げねばならんね、パフューム君は。
帝王賞と違ってインティいないんでペースも落ち着くだろうしね。
チュウワウイザードが勝つのは間違い無し!相手も間違い無し!

と言う訳で今日もGI3鞍に参戦しまっせ!

昨日はまた的中無しだったんで今日こそは全勝と行きたいもんですな。

[もっと見る]

⇒もっと見る

アンデスクイーンの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

アンデスクイーンの写真

アンデスクイーン

アンデスクイーンの厩舎情報 VIP

2019年7月14日名鉄杯 (L)4着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

アンデスクイーンの取材メモ VIP

2019年7月14日 名鉄杯 (L) 4着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。