ファッショニスタ(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
ファッショニスタ
写真一覧
現役 牝5 鹿毛 2014年3月25日生
調教師安田隆行(栗東)
馬主ゴドルフィン
生産者ダーレー・ジャパン・ファーム有限会社
生産地日高町
戦績16戦[6-7-1-2]
総賞金12,539万円
収得賞金3,350万円
英字表記Fashionista
血統 ストリートセンス
血統 ][ 産駒 ]
Street Cry
Bedazzle
アクアリスト
血統 ][ 産駒 ]
Coronado's Quest
Oyster Catcher
兄弟 スモーダリングスピリットレイク
前走 2019/07/04 スパーキングレディー G3
次走予定

ファッショニスタの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
19/07/04 川崎 11 スパーキング G3 ダ1600 14--------1** 牝5 55.0 川田将雅安田隆行500(--)1.40.6 -0.8----サルサディオーネ
19/06/08 阪神 11 天保山S OP ダ1400 15222.112** 牝5 54.0 川田将雅安田隆行494(+8)1.22.4 0.235.8ヴェンジェンス
19/03/02 阪神 10 播磨S 1600万下 ダ1400 167143.921** 牝5 55.0 川田将雅安田隆行486(-2)1.22.7 -0.536.5シヴァージ
18/12/09 阪神 10 堺ステークス 1600万下 ダ1800 9661.614** 牝4 55.0 福永祐一安田隆行488(0)1.53.2 0.537.4⑤⑤⑤⑤テルペリオン
18/11/04 京都 12 JBCレディ Jpn1 ダ1800 1681511.953** 牝4 55.0 大野拓弥安田隆行488(0)1.50.5 0.136.3⑭⑭⑬⑩アンジュデジール
18/10/06 京都 11 平城京S 1600万下 ダ1800 137104.832** 牝4 55.0 川田将雅安田隆行488(+4)1.50.4 0.036.4④⑤アイアンテーラー
18/06/09 阪神 11 安芸S 1600万下 ダ1400 11552.312** 牝4 55.0 川田将雅安田隆行484(-4)1.24.2 0.036.6タイセイエクレール
18/05/13 京都 11 栗東S OP ダ1400 16482.819** 牝4 53.0 松若風馬安田隆行488(+6)1.23.7 1.035.7⑮⑮ウインムート
18/04/01 阪神 12 鳴門S 1600万下 ダ1400 15461.811** 牝4 55.0 川田将雅安田隆行482(-2)1.24.3 -0.136.6④④テイエムグッドマン
18/03/03 阪神 10 播磨S 1600万下 ダ1400 166112.712** 牝4 55.0 川田将雅安田隆行484(-2)1.23.9 0.436.0テーオーヘリオス
17/11/03 京都 10 貴船S 1600万下 ダ1400 16482.312** 牝3 52.0 川田将雅安田隆行486(-2)1.24.0 0.235.5⑨⑩ドライヴナイト
17/09/24 阪神 12 3歳以上1000万下 ダ1400 16233.421** 牝3 53.0 川田将雅安田隆行488(0)1.23.4 -0.136.7ヴェンジェンス
17/06/25 東京 10 清里特別 1000万下 ダ1400 168153.622** 牝3 52.0 戸崎圭太安田隆行488(+16)1.24.3 0.236.1⑧⑨サトノファンタシー
17/02/25 阪神 6 3歳500万下 ダ1400 128112.411** 牝3 54.0 川田将雅安田隆行472(+2)1.24.8 -0.336.5⑧⑧ゲキリン
17/01/22 京都 4 3歳500万下 ダ1400 147113.312** 牝3 54.0 北村友一安田隆行470(-4)1.25.1 0.236.7⑨⑩タガノカトレア
16/12/17 阪神 5 2歳新馬 ダ1400 11671.311** 牝2 54.0 川田将雅安田隆行474(--)1.25.7 -0.436.6④④ハートフルタイム

ファッショニスタの関連ニュース

 10月3日に大井競馬場で行われるレディスプレリュードのJRA出走予定馬および補欠馬が16日、次の通り発表された。

 「第16回レディスプレリュード」(大井競馬場、交流GII、3歳上牝馬オープン、ダート・右1800メートル)

 【JRA出走予定馬】5頭アンデスクイーン(牝5歳、栗東・西園正都厩舎、騎手未定)ファッショニスタ(牝5歳、栗東・安田隆行厩舎、大野拓弥騎手)プリンシアコメータ(牝6歳、美浦・矢野英一厩舎、騎手未定)マドラスチェック(牝3歳、美浦・斎藤誠厩舎、騎手未定)ラビットラン(牝5歳、栗東・角居勝彦厩舎、ミルコ・デムーロ騎手)

 【JRA所属の補欠馬】2頭(補欠順位順)1.クルークハイト2.アポロユッキー

ファッショニスタなど安田隆厩舎オープン馬4頭の次走 2019年9月3日(火) 12:08

 栗東・安田隆厩舎のオープン馬4頭の次走は以下のとおり。交流GIII・スパーキングレディC快勝後、放牧中のファッショニスタ(牝5)は、レディスプレリュード(10月3日、大井、交流GII、ダ1800メートル)からJBCレディスクラシック(11月4日、浦和、交流GI、ダ1400メートル)へ。

 デュープロセス(牡3)は南部杯(10月14日、盛岡、交流GI、ダ1600メートル)に登録。出走できない場合は武蔵野S(11月9日、東京、GIII、ダ1600メートル)に向かう。

 ペールエール(牡2)はD杯2歳S(11月9日、京都、GII、芝1600メートル)、アングライフェン(牡7)は白山大賞典(10月1日、金沢、交流GIII、ダ2100メートル)を目指す。

[もっと見る]

【古馬次走報】ファッショニスタ秋はJBCレディスクラシックが目標 2019年7月5日(金) 13:54

 ★スパーキングレディーCを制したファッショニスタ(栗・安田隆、牝5)は、秋はJBCレディスクラシック(11月4日、浦和、交流GI、ダ1400メートル)を目標にする。

ファッショニスタの競走成績はこちら

[もっと見る]

【スパーキングレディーカップ(Jpn3)A1下牝馬オープン選定馬】(川崎)~ファッショニスタが優勝2019年7月4日(木) 21:09

4日、川崎競馬場の第11Rに行われた第23回 スパーキングレディーカップ(Jpn3)A1下牝馬オープン選定馬(ダート 左1600m サラブレッド系3才以上 別定)は川田将雅騎手騎乗の1番人気・4番ファッショニスタ牝5)が優勝した。
勝ちタイムは1分40秒6(不良)。さらに4馬身差の2着に6番人気・2番サルサディオーネ牝5)、そこから6馬身差の3着に11番人気・9番ローレライ(牝5)が入った。
ファッショニスタは、父ストリートセンス、母アクアリスト、母の父Coronado’sQuestという血統で安田隆行厩舎の所属馬。生産は沙流郡日高町・ダーレー・ジャパン・ファーム有限会社。馬主はゴドルフィン。通算成績は16戦6勝。
スパーキングレディーカップ(Jpn3)A1下牝馬オープン選定馬」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【スパーキングLC】ファッショニスタが重賞初制覇 2019年7月4日(木) 20:36

 7月4日の川崎11Rで行われたホクトベガメモリアル第23回スパーキングレディーカップ(3歳以上牝馬オープン、交流GIII、ダート・左1600メートル、別定、14頭立て、1着賞金=2500万円)は、川田将雅騎手騎乗の1番人気ファッショニスタ(牝5歳、栗東・安田隆行厩舎)が2番手追走から直線半ばで先頭に立ち、後続に4馬身差をつけて初タイトルを獲得した。タイムは1分40秒6(不良)。

 2着には逃げ粘ったサルサディオーネ(6番人気、JRA)、さらに6馬身差遅れた3着に内めを追い込んだローレライ(11番人気、大井)、そこからさらにクビ差遅れた4着に3歳のマドラスチェック(3番人気、JRA)が入った。

 スパーキングレディーCを勝ったファッショニスタは、父ストリートセンス、母アクアリスト、母の父コロナドズクエストという血統。北海道日高町・ダーレー・ジャパン・ファーム有限会社の生産馬で、馬主はゴドルフィン。通算成績は16戦6勝。重賞初制覇。スパーキングレディーCは、安田隆行調教師、川田将雅騎手ともに初優勝。

 ◆川田騎手(ファッショニスタ 1着)「テンに速い馬がそろっていたから、もう少し後ろからのイメージだったけど、結果としていい位置で競馬ができた」

 ◆岩田康騎手(サルサディオーネ 2着)「砂をかぶると嫌がる馬だから、こういう競馬になった。不良馬場だけど頑張ってくれた」

 ◆本田重騎手(ローレライ 3着)「直線でいいところが開いた。手応えも良くて、しまいをしっかり使ってくれた」

 ◆斎藤騎手(マドラスチェック 4着)「枠順と斤量で前に行きたかったけど、二の脚がつかなかった。もまれ弱い面が出たのと、経験の差が出たのかも」

 ◆的場文騎手(マルカンセンサー 5着)「道中でついていければ、これくらいはやれる。右回りのほうがいい」

 ◆左海誠騎手(ミッシングリンク 6着)「返し馬は良かったんだけど、馬場のせいか、ノメって走っていた」

 ◆御神本訓騎手(ラーゴブルー 7着)「出負けと、3コーナーで先頭集団について行けなかった」

 ◆古川騎手(ゴールドクイーン 8着)「行きっぷりが悪かったし、コーナーも上手に回れなかった」

[もっと見る]

【スパーキングLC】レース展望 2019年7月3日(水) 14:22

 4日(木)に川崎競馬場で、第23回スパーキングレディーC(交流GIII、3歳以上オープン、牝馬、別定、ダート・左1600メートル)が行われる。これまでJRA勢18勝、地方勢3勝(いずれも船橋所属馬)とJRA勢に分がある一戦だが、今年は果たしてどんな結果となるか。注目の一戦を展望する。



★“齋藤親子タッグ”で重賞初Vを狙うマドラスチェック



 メンバー唯一の3歳馬で、前走の関東オークス(交流GII)で2着していることからも上位人気の一角となりそうなマドラスチェック(3歳、美浦・齋藤誠厩舎)は、今年3月にデビューした新人・齋藤新騎手と新コンビを結成。あえて美浦で厩舎を営む父・齋藤誠調教師とは離れた栗東デビューを選択した若武者だが、注目の一戦で親子の力を見せつけることになるか。



 今回は、関東オークスに続いて2戦連続の川崎コースということで舞台自体は問題ないが、何といっても気になるのは2100mから一気に500mの距離短縮される点。52キロの斤量はいかにも有利に映るが、最内枠からスムーズに立ち回れるかどうかが、上位進出のカギとなりそうだ。



 なお、1着ゴールを果たせば、アンジュデジール(2017年)以来2年ぶりとなる3歳馬による制覇となる。齋藤新騎手にとっては中央・地方を通じて初重賞騎乗で勝利という快挙がかかっているが、果たしてどのような結果が出るか注目したい。



★実績上位のゴールドクイーンは初マイル克服がカギ



 3歳時に芝1200mの葵S(重賞)で重賞初Vを果たし、前走のかきつばた記念(交流GIII)で2つ目の重賞タイトルを獲得。芝・ダートで重賞制覇を果たしており、ここでは実績最上位の存在といえるゴールドクイーン(4歳、栗東・坂口智康厩舎)は、未知の領域となる1600mの距離を克服できるか否かが大きなカギを握っている。



 初体験となるマイル戦に加えて、左回りもデビュー3戦目に出走して10着大敗となった昇竜S(3歳オープン)以来となるが、担当の坂口弘真助手は「前走は久々のためにスタートがいつもほど良くなかったけど、それでも勝ってくれました。左回りは久しぶりですが、苦にするような感じはないし、ひと叩きして上向いています。ポイントは距離の1600mに尽きますね。スピードが生きるぶん、馬場は渋った方がいいと思います」とコメント。



 内枠にサルサディオーネ、ラーゴブルー、ミッシングリンクといった同型の先行馬が複数いることで難しい立ち回りを余儀なくされることになりそうだが、目下の充実度でどこまで自分の力を出し切れるか注目したいところだ。



★抜群の安定感を誇るファッショニスタが初の地方参戦



 これまでキャリア15戦で【5.7.1.2】と抜群の安定感を誇り、重賞勝ちの実績こそないものの昨秋のJBCレディスクラシック(交流GI)で3着に善戦するなど、牝馬重賞戦線では上位の力を持つことを証明しているファッショニスタ(5歳、栗東・安田隆行厩舎)が、初の地方遠征に挑む。



 初舞台となるだけに、管理する安田隆行調教師は「前走(天保山S・2着)は牡馬相手に、スピードがあるところを見せてくれました。いい内容だったと思います。その後も順調にきていますよ。JBCレディスクラシックで3着に来ているように牝馬同士なら力上位で、距離も守備範囲。あとはコースがどうかですね。地方は初めてですし、大型馬なので小回りへの対応がカギ」と慎重な姿勢だが、能力自体は通用していい。



 逃げ・差し自在に力を出し切れる脚質だけに、内外に並ぶ先行馬を行かせて脚を溜める形となりそうだが、ペースアップする勝負どころの3、4コーナーで極端に置かれるようなことがなければ、上位争いに顔を出してくる可能性が高いのではないだろうか。

★自分の形で行ければ渋太いサルサディオーネ



 今年に入ってからの3戦は7、7、14着と苦しいレースが続いているものの、昨年のエンプレス杯(交流GII)3着、クイーン賞(交流GIII)2着と、牝馬の交流重賞で何度も見せ場を作っているサルサディオーネ(5歳、栗東・羽月友彦厩舎)も、通用していい一頭。



 一にも二にも自分の力を出し切れるかどうかが結果に左右する馬で、管理する羽月友彦も「体調面は相変わらずいいですね。毎回のことですが、気難しさが課題。ハナに行くか2番手でも外でうまく運ばないとだめ。距離に関しては2100mもこなすものの、マイルの方が競馬はしやすいはず。まともなら重賞を勝つだけのモノは持っているので、なんとか力を出し切る競馬ができれば」と語っている。



 絶好の内枠に入ったものの、外から先行馬が殺到しそうな組み合わせとなっているだけに、スタート直後から隊列が決まるまでをいかにスムーズに乗り切れるかが結果に直結しそう。ラヴェリータに騎乗してこのレースを2勝(09、10年)した経験もあり、3歳秋以来のコンビ再結成となる岩田康誠騎手の手綱捌きに期待したいところだ。



★地元の南関勢もラーゴブルーを筆頭に注目馬がズラリ



 強力なJRA勢を迎え撃つ地元の南関勢も、注目馬がズラリと揃っている。その中でも最注目の存在になるのは、前走のマリーンC(交流GIII)で初の交流重賞制覇を果たしているラーゴブルー(5歳、川崎・内田勝義厩舎)だろう。



 そのマリーンCは7頭立ての少頭数で行われたものの、昨年のスパーキングレディーCの覇者でもあるリエノテソーロや、交流重賞勝ちの実績があるアイアンテーラーが相手だっただけに、価値のある結果といえる。多頭数の内枠だけにレース序盤の立ち回りは無難にこなしたいところだが、しっかり力を出し切りさえすれば前走の再現があってもいいのではないか。



 昨年のTCK女王盃(交流GIII)を制した実績があり、JRAからの移籍初戦となった前走の京成盃グランドマイラーズで3着と新天地でまずまずの再スタートを切ったミッシングリンク(5歳、浦和・小久保智厩舎)も注目の一頭。6月28日に南関東歴代1位となる1277勝目をマークした小久保智調教師の元で、どこまで全盛期の力を取り戻せているのか注目したい。



 もう一頭挙げるなら、大井のレジェンド・的場文男騎手が騎乗するマルカンセンサー(4歳、大井・高野毅厩舎)か。近2走は、自己条件をいずれも圧倒的な内容で連勝中。今回は重賞で相手が一気に強化されるが、4走前のTCK女王盃(交流GIII)で2着に好走した実績があるだけに、目下の勢いなら通用する可能性がありそう。先行馬が揃ったことで、後方待機馬に展開が向く可能性がありそうなのも、この馬にとっては歓迎だ。

[もっと見る]

⇒もっと見る

ファッショニスタの関連コラム

閲覧 1,660ビュー コメント 0 ナイス 3

初のJRA京都開催となった先週のJBC。結果は、クラシックがケイティブレイブ、スプリントがグレイスフルリープ、そしてレディスクラシックはアンジュデジールが制した。

その中でも特に印象に残ったのは、レディスクラシックのアンジュデジール…というよりは鞍上の横山典弘騎手だった。

この日は大外枠のスタートだったが、早めに促して先行集団の後ろまで押し上げて行くと、正面スタンドでじわじわとインに進路を切り替えて行く。そして1コーナーの入りの時点では、好位インのポケットにスッと収まり絶好位を確保した。その後は馬の行く気に任せて、惰性での先行策。終始リラックスした走りで追走し、4コーナーでは馬の加速を利用してスーッと押し上げ、直線は早め先頭。

直線の叩き合いの中では一旦ラビットランに並ばれ、そして交わされたのだが、そこから驚異的な勝負根性で差し返した。現在50歳の横山典騎手が、39歳ミルコ・デムーロを叩き合いで競り落とした瞬間、場内からは大きな拍手が沸き上がり、騎手・横山典もガッツポーズで応えた。

勝利ジョッキーインタビューの嬉しそうな表情を見ると、こちらまで嬉しくなる。私の本命だった◎ファッショニスタは僅かに届かず馬券は外れてしまったが、それでも良いレースを観ることができたという満足感に包まれていた。馬券は残念だったが、こういう競馬もたまには良い。

~横山典の現在地と狙いどころ~

そんな横山典騎手であるが、今年は先週終了時点で44勝。さすがにリーディング争いとは程遠い存在となったが、ベテランの職人騎手としてその存在感を随所に発揮している。

それは数字にも明確に表れている。騎手の巧拙を知る上で大事なのは、もちろん穴馬をどれだけ持ってくるかということもあるが、やはり期待された人気馬をどれだけキッチリ走らせることができるである。

その点で見ると、2018年、1~3番人気馬に118回騎乗した際の成績は、勝率・連対率・3着内率ともに平均値を上回っている。

・横山典騎手の1~3番人気騎乗時の成績(2018年)

(32-23-14-49)勝率 29.3% 連対率 48.8% 3着内率 58.5%

ちなみに平均値はおおよそであるが、勝率20%強、連対率40%弱、3着内率50%強くらいである。いずれの数字をも横山典騎手は上回っているのだ。

また同騎手といえば”ポツン”などと言われるように時に無気力とも見える騎乗も目につく印象がある。しかし、私はそれですら、

”職人の研ぎ澄まされた感覚によって導き出された一つの答え”

なのだと納得している。何より、実際の騎乗とそこから導き出される数字によって、その確かな感性と技術は証明されているのだ。

最後に狙いどころにも少し触れておくと、ひとつはやはり同騎手の代名詞とも言える”内枠”である。

芝ダートともに1枠では今なおベタ買いしても儲かるほどの好成績。前述したJBCレディスクラシックにおけるアンジュデジールも、大外枠ながら見事にインのポケットに導き、最短距離で勝利を手繰り寄せるという、ある意味同騎手の得意パターンでもあった。

そしてもう一つは、オルフェーヴル産駒騎乗時である。まだ新しい種牡馬だけに実例は多くないが、ミスティックグロウとのコンビでの強烈な追い込みは印象的だ。

同馬の産駒は才能を秘めるものの気難しいタイプが多いだけに、なんとなく似た雰囲気を持つ天才肌の騎手とは気が合うのだろうか(笑)。天才は天才を知る…とはよく言ったもので、今年はオルフェーヴル産駒×横山典騎手のコンビでなんと、(2-3-2-1)とほぼ馬券圏内を外していない。是非見つけたら注目してほしい。

いずれにしても、ベテラン健在を観ることができたJBCレディスクラシックは、個人的には3レースの中で最も印象深いレースであった。


エリザベス女王杯の特注馬~

さて、今週末は牝馬の頂上決戦、エリザベス女王杯が行われる。横山典騎手はまたしても大外枠に入り、ミスパンテールとのコンビで挑むわけだが、さすがに厳しい戦いになるだろうか。

個人的な注目馬は、レッドジェノヴァである。

同馬は今年の夏の札幌で、まさに覚醒したといえる勝利を挙げた馬。本コラムでも第1回の際に、モレイラ・リターンの効果(※モレイラが騎乗すると馬が変わる)として実例を挙げた記憶があるが、その後も順調に出世の階段を上り、前走は京都大賞典サトノダイヤモンドの2着と健闘した。

2走前に札幌の1600万条件を制した際には、私もメルマガ・TAROの競馬ノートにて、

『完勝!ココに来てかなり地力付けてきており、前走のモレイラ騎乗で馬が変わった印象。行きっぷりも良化し2000mにも難なく対応した。今回の内容なら重賞はもちろん、エリザベス女王杯でも侮れない存在になって来た。この秋注目の存在』

として、わざわざ狙い馬として推奨したほどの馬だ。

秋G1は個人的な予想に関して言えばモヤモヤした結果が続いている。そんな状況ではあるが、鬱憤を晴らす激走が見られるのではないかと、今週末は結構期待している。

※最終結論はブログ『TAROの競馬』で無料公開します。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)。


登録済みの方はこちらからログイン

2018年11月7日(水) 17:30 競馬プロ予想MAX
先週の回顧~(11/3~11/4)覆面ドクター・英プロが日曜79万払戻しの大暴れ!いっくんプロはJBCクラシック◎○▲パーフェクト的中!
閲覧 869ビュー コメント 0 ナイス 6



先週は、4(日)に京都競馬場でJpn1JBCクラシック、Jpn1JBCスプリント、Jpn1JBCレディスクラシックが行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
Jpn1JBCクラシックは、1番人気サンライズソアに、テーオーエナジーシュテルングランツテイエムジンソクといったところが加わって一団の先行勢で1コーナーを通過。軽快なラップを刻んだうえに、向こう正面でテイエムジンソクが積極策でハナを叩こうとしたためさらに馬群は縦長となる展開に。早々、手応えが怪しくなる馬もちらほらみられ始める中、3コーナーで外を回って3番人気ケイティブレイブが手応えよく進出。2番人気オメガパフュームはその直後、4番人気アポロケンタッキーはさらに2~3馬身後方で4コーナーから直線へ。迎えた直線、サンライズソアテーオーエナジーの横並びで残り300mを通過すると、その後方から抜群の伸び脚でケイティブレイブが迫り、こちらも脚色良くオメガパフュームケイティブレイブから2馬身ほどのところまで浮上。サンライズソアテーオーエナジーを競り落として単独先頭になったのも束の間、これを目標に伸びたケイティブレイブが残り100mで交わし去ってそのまま先頭でゴール。交流G1・3勝目を挙げています。3/4馬身差2着にオメガパフュームがラストで浮上し、サンライズソアはそこから1馬身差の3着に敗れています。
公認プロ予想家では、いっくんプロスガダイプロジョアプロ赤木一騎プロ馬っしぐらプロ馬侑迦プロら計6名が的中しています。
 
Jpn1JBCスプリントは、1番人気マテラスカイがスムーズにハナを奪って1馬身ほどのリードで牽引。序盤の攻防はそれほど激しいものにはならなかったものの、軽快なペースで運ぶマテラスカイ。狙いすましたようにその直後の最内を確保し、終始ぴったりとマテラスカイをマークする位置で運んだ4番人気グレイスフルリープが2番手で続き、4コーナーを出ます。先を行くマテラスカイと、追うグレイスフルリープ。この2頭が後続との差をやや広げ、勝負の行方は一騎打ちの様相。残り200mでも1馬身半差をキープしていたマテラスカイのリードはここから徐々になくなり、グレイスフルリープの脚色優勢で叩き合いに持ち込まれると、残り50mで内のマテラスカイを交したグレイスフルリープが先頭でゴール。国内G1初勝利を決めています。2着はクビ差でマテラスカイ。直線半ばまでは、前を行く2頭から4~5馬身ほど後方で繰り広げられていた3番手争いは、ラブバレットキタサンミカヅキに、レッツゴードンキキングズガードモーニンといった後方勢が加わっての攻防となりましたが、5番人気キタサンミカヅキがこの争いから抜け出し3着に入っています
公認プロ予想家では、伊吹雅也プロ☆まんでがんプロ蒼馬久一郎プロ赤木一騎プロ他6名が的中しています
 
Jpn1JBCレディスクラシックは、アイアンテーラーのペースで展開。締まったペースに縦長となる馬群の中、中団の1番人気ラビットランアンジュデジールといったところが、3コーナー過ぎで進出を開始。3番手プリンシアコメータを早々に交わして先団に取り付く構えを見せると、4コーナーではアイアンテーラーサルサディオーネの直後まで迫ったこの2頭が、ここで一気に先頭を奪って併せ馬で直線勝負へ。最内アンジュデジールに外からラビットランが襲い掛かり、3番手を窺っては2番人気クイーンマンボといった態勢。後続からは、3番人気フォンターナリーリアンデスクイーンといったところも伸びを見せますが、これらはすぐに脚が上がって後退。代わってさらに外を通って5番人気ファッショニスタが鋭い伸びで3番手クイーンマンボに並び掛ける勢い。直線半ば、一旦はクイーンマンボに完全に交わされた6番人気アンジュデジールでしたが、再び盛り返す粘り腰でゴール直前では差し返す根性をみせると、最後は内からグイっと出てアタマ差V。嬉しい初G1制覇を飾っています。2着ラビットランから1/2馬身差の3着には5番人気ファッショニスタが入っています。
公認プロ予想家では、西野圭吾プロはははふほほほプロ山崎エリカプロ金子京介プロ蒼馬久一郎プロろいすプロ他9名が的中しています
 
 
 
----------------------------------
 
☆☆☆注目プロ →覆面ドクター・英プロ
3(土)福島11Rで計11万320円払戻しのスマッシュヒット。4(日)にも、東京6Rでのスマッシュヒットなど前半から好調をアピールすると、福島9Rでは◎フラッグアドミラル(単勝23.6倍)から3連複319倍含む計33万6,000円、東京9Rでは◎トーラスジェミニ(単勝35.3倍)から馬単ほか総獲りの計10万7,390円払戻しなどの活躍ぶり。週末トータルでは、回収率147%、収支トップの339,190円をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →いっくんプロ
3(土)は福島9RG2京王杯2歳Sで的中をマーク。4(日)には東京4RJpn1JBCクラシックでの◎○▲パーフェクト的中などを披露すると、東京12Rでは34万3,000円のビッグヒットを記録。土日2日間では、回収率118%、収支13万690円プラスを達成しています。
 
☆☆☆注目プロ →伊吹雅也プロ
4(日)JBCスプリントでは、『相手は今年の東京盃で4着以内となったキタサンミカヅキグレイスフルリープ』と評し、▲◎○的中を披露!前日の3(土)G2京王杯2歳Sでの◎×▲的中と合わせ、週末トータル回収率148%をマークし、2週連続週末プラスを達成しています。
 
☆☆☆注目プロ →シムーンプロ
4(日)東京8Rの◎エントシャイデン(単勝73.8倍)、勝負レース福島10Rでの◎マイネルサーパス的中で週末プラス(トータル回収率103%)を達成。
 
 
 
この他にも、馬侑迦プロ(132%)、馬っしぐらプロ(106%)、dream1002プロ(103%)らが週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。

また、先週はJRDBから期間限定参戦中の赤木一騎プロ(238%)、金子京介プロ(126%)らも活躍をみせています。
 
 
 
----------------------------------
 
※全レースの結果情報はこちら


今週も「プロ予想MAX」にぜひご注目下さい。

[もっと見る]

ファッショニスタの口コミ


口コミ一覧

マイラプソディについて等

 正義の魂 2019年7月5日(金) 02:19

閲覧 122ビュー コメント 0 ナイス 9

今週末に、POGでも人気になっている、
マイラプソディが、世界最強の騎手で
出走予定となっている。

しかし、マイラプソディが、
POG期間内に大成することは、ない。

理由は、私が指名すると必ず負ける
(例外もあるが)POGで、マイラプソディを
指名したからである。

もともと私は、そのPOGを10年以上やってきて、
私がどう作戦を立てようが、私の指名した
馬は、ほぼ絶対に負けることを、
自分で分かっている。

私がそのPOGを続けている理由はただ一つ:
自分の指名馬とは別の馬の馬券を買って、
儲けることである。

これからマイラプソディをPOG指名しようと
している皆さんには、是非に思いとどまって
頂きたいと、私は切に願う。

さて、昨日のスパーキングレディーカップでは、
ゴールドクイーンの葵ステークス圧勝が
いまだに忘れられず、ファッショニスタの単勝でなく、
枠連3-7を1,000円買ったのであったが、
結果は「昔の馬成績でなく、現在の騎手の力量差を
冷静に見極めて馬券を買え」との教訓の費用と化した。

 はたと止まる 2019年7月5日(金) 00:38
5日の川崎 
閲覧 173ビュー コメント 0 ナイス 10

 スパーキングレディーカップはファッショニスタの圧勝だった。不良馬場もよかったのだろう。
 サルサディオーネは直線半ばまではがんばっていたが、2着。3着に期待していた的場のマルカンセンサーは3着とはクビ・クビ差の5着。ゴールドクイーンは3コーナーで手ごたえが怪しくなって惨敗。。。
 4日は笠松・園田も買っていたが、最後が良くなくて、佐賀の最終で取り返した形に終わった。


(5日 川崎)
10R 織姫・彦星特別
 思い切って4サージュ真島、6ハレカイ町田、13ピアノイッチョウ達城の3頭に絞る。

11R 第68回橋本七夕まつり記念
 ここも1アルファベット森、8ゴッドフュージョン御神本、9ケンネプチューン山崎誠の3頭。

12R 天の川特別
 3トワイライトスカイ町田、10リュウノチーノ笹川、8キモンクラブ達城まではいいが、そのあとが混戦模様。4ウインブロンクス森、5オーラベガス山崎誠、7ヒミノクリスエス酒井、13ケイアイテディ藤江あたりまで馬券に入れておくべきだろう。

 雨がよく降って、馬場がなかなか回復しないだろう。そろそろ七夕賞とプロキオンSの動向が気になる。
 カフェブリッツ、いいとこ魅せないかなぁ。ロードヴァンドールも要注意。
 マテラスカイはこの雨は歓迎だろう。ヴェンジェンス、アルクトス、ミッキーワイルドも勢いがある。


 写真はハーレムライン。TOYOTA賞中京記念ぐらいに出てくるのだろうか。谷川岳Sは驚いたが、あれぐらいは走ってもおかしくはなかった。出てくれば考えたい。

[もっと見る]

 ちびざる 2019年7月4日(木) 23:31
【交流重賞】スパーキングレディーカップ(JpnⅢ)の結果
閲覧 116ビュー コメント 0 ナイス 14

1着:④ファッショニスタ
2着:②サルサディオーネ
3着:⑨ローレライ



1着の④ファッショニスタは◎
2着の②サルサディオーネは△
3着の⑨ローレライは無印

でした。

私の注目馬の④ファッショニスタは1着でした。


予想買い目は、

馬連
④→⑪
ワイド
④→②
④→⑦

でしたので、予想はワイドが的中しました。(´▽`) ホッ


私が注目馬の④ファッショニスタは1着でした。
好スタートから内枠ということもあり、2番手からの競馬。
それでも無理してこの位置ではないので、楽に追走できました。
逃げた馬が流れを作ってくれたも良かったと思います。
絶好の手ごたえで直線を向くとあっという間に前を捕らえ抜け出しました。
川田騎手のコメントから、想定していたより前での競馬となりましたが
今日の感じからだと先行抜け出しが合っていそうでしたね。
かなり強い勝ち方だったと思います。
マイル適性もあったと思います。


2着の②サルサディオーネについては、今日は、上手くハナに立てましたね。
ハナに立てれば、かなり渋太いですね。
枠も良かったですし、自分のペースで逃げれたことも良かった。
今日は勝った馬が強すぎました。
勝ち馬には4馬身離されましたが、3着には6馬身差をつけているので
この馬も力は出せたと思います。
ああいう形でマークされると逃げ馬に厳しい展開にはなりますね。



3着の⑨ローレライは、良く頑張ったと思いますね。
道中は後方からの競馬で良く追い込んできました。
展開も向いたって感じですかね。


ゴールドクイーンに関しては、この結果を見るとマイルは長い感じでしたね。
好位を追走していましたが、早々と手ごたえが怪しくなり、8着でした。
現状は千二から千四あたりが良いのかもしれませんね。



的中された方、おめでとうございます。

[もっと見る]

⇒もっと見る

ファッショニスタの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

ファッショニスタの写真

ファッショニスタ

ファッショニスタの厩舎情報 VIP

2019年6月8日天保山ステークス2着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ファッショニスタの取材メモ VIP

2019年6月8日 天保山ステークス 2着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。