ヴェンジェンス(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
ヴェンジェンス
写真一覧
現役 牡6 栗毛 2013年3月26日生
調教師大根田裕之(栗東)
馬主宮川 純造
生産者富田牧場
生産地浦河町
戦績25戦[7-7-4-7]
総賞金19,725万円
収得賞金6,500万円
英字表記Vengeance
血統 カジノドライヴ
血統 ][ 産駒 ]
Mineshaft
Better Than Honour
スペシャルクイン
血統 ][ 産駒 ]
スペシャルウィーク
ソシアルクイーン
兄弟 ハイパーノヴァサウンズグレイト
前走 2019/11/03 みやこステークス G3
次走予定 2019/12/01 チャンピオンズカップ G1

ヴェンジェンスの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
19/11/03 京都 11 みやこS G3 ダ1800 161118.771** 牡6 56.0 幸英明大根田裕492(0)1.49.1 -0.136.5⑬⑬⑪キングズガード
19/10/12 京都 11 太秦S OP ダ1800 16477.732** 牡6 58.0 幸英明大根田裕492(+2)1.49.5 0.437.4⑩⑩⑧⑤エアアルマス
19/07/07 中京 11 プロキオンS G3 ダ1400 15347.843** 牡6 56.0 幸英明大根田裕490(-2)1.21.6 0.437.1アルクトス
19/06/08 阪神 11 天保山S OP ダ1400 15236.531** 牡6 57.0 幸英明大根田裕492(-6)1.22.2 -0.235.3ファッショニスタ
19/03/09 阪神 11 ポラリスS OP ダ1400 16485.021** 牡6 56.0 幸英明大根田裕498(-2)1.23.3 -0.236.7⑩⑩タムロミラクル
19/02/17 京都 11 大和S OP ダ1200 133311.073** 牡6 55.0 石川裕紀大根田裕500(+2)1.11.1 0.435.5⑩⑩ヤマニンアンプリメ
19/01/19 京都 11 すばるS OP ダ1400 15233.119** 牡6 56.0 C.ルメー大根田裕498(+6)1.24.5 1.738.1サクセスエナジー
18/12/09 中山 11 カペラS G3 ダ1200 162326.2105** 牡5 56.0 石川裕紀大根田裕492(+6)1.10.5 0.336.0⑪⑪コパノキッキング
18/10/20 京都 11 室町S OP ダ1200 167136.432** 牡5 54.0 幸英明大根田裕486(+2)1.10.7 0.235.8⑦④オールドベイリー
18/09/22 阪神 11 大阪スポ杯 1600万下 ダ1400 128117.441** 牡5 57.0 幸英明大根田裕484(0)1.21.6 -0.636.2カネトシビバーチェ
18/06/24 阪神 10 花のみちS 1600万下 ダ1200 16356.542** 牡5 57.0 福永祐一大根田裕484(0)1.11.3 0.636.1⑪⑩マテラスカイ
18/06/09 阪神 11 安芸S 1600万下 ダ1400 11443.826** 牡5 57.0 幸英明大根田裕484(-2)1.24.5 0.336.6④④タイセイエクレール
18/04/29 京都 12 高瀬川S 1600万下 ダ1400 166114.016** 牡5 57.0 幸英明大根田裕486(+2)1.25.1 0.838.3アードラー
18/04/08 阪神 8 天王寺特別 1000万下 ダ1400 167142.711** 牡5 57.0 幸英明大根田裕484(-2)1.22.6 -0.637.1キタサンガンバ
18/01/27 京都 12 4歳以上1000万下 ダ1400 16113.014** 牡5 57.0 幸英明大根田裕486(-2)1.25.4 0.338.1トウケイワラウカド
18/01/13 京都 12 4歳以上1000万下 ダ1400 16475.032** 牡5 57.0 岩田康誠大根田裕488(+2)1.24.7 0.137.1スマートダンディー
17/12/17 阪神 12 妙見山特別 1000万下 ダ1400 165103.229** 牡4 57.0 幸英明大根田裕486(-2)1.25.2 0.737.5⑦⑧ラバニーユ
17/10/14 京都 12 3歳以上1000万下 ダ1400 128111.913** 牡4 57.0 幸英明大根田裕488(+6)1.24.3 0.236.9④④ドライヴナイト
17/09/24 阪神 12 3歳以上1000万下 ダ1400 16365.732** 牡4 57.0 幸英明大根田裕482(-8)1.23.5 0.136.6⑥⑤ファッショニスタ
17/09/02 小倉 8 3歳以上500万下 ダ1700 167132.511** 牡4 57.0 幸英明大根田裕490(+2)1.46.1 -0.637.7アドマイヤウイング

⇒もっと見る


ヴェンジェンスの関連ニュース

【乗り替わり勝負度チェック!】エリザベス女王杯 シビアな主戦降板で本気モードが漂うこの馬に要注意! 2019年11月8日(金) 13:30

当企画のコンセプトにつきましては、コチラにてご確認ください。今週も“勝ち逃げ馬券師”新良武志氏に、注目の乗り替わりをピックアップしてもらいます。
※データは2015年以降の結果をもとに集計




編集部(以下、編) 新良さん、先週はお見事でした。土日の4重賞でオススメの乗り替わりを教えていただき、京王杯2歳Sヴァルナが4番人気3着、ファンタージSでレシステンシアが6番人気1着、みやこSキングズガードが10番人気2着と狙い目が大暴れ。このコーナーを参考にされている方は相当オイシイ思いができたと思います。

新良(以下、新) ありがとうございます。

編 さらに、継続騎乗だったためにここでは名前が出てきませんでしたが、会員さん向けの予想では、京王杯2歳SタイセイビジョンみやこSヴェンジェンスと、いずれも勝ち馬に◎を打って的中させたそうですね。

新 先週は怖いくらいにハマってくれました。相手もしっかり拾えていたので、個人的にも、まぁそれなりの利益を上げることができましたよ(笑)。

編 うらやましい限りです。ぜひとも、この好調ムードのまま2週連続のヒット連発を決めちゃってください。

新 頑張ります。

編 先週はG1がありませんでしたが、今週はエリザベス女王杯が行われます。早速、狙い目になりそうな乗り替わりを教えてください。

新 石橋脩騎手からスミヨン騎手に乗り替わる②ラッキーライラックですね。

編 ラッキーライラックと言えば石橋騎手、という印象ですが、ここでスミヨン騎手にバトンタッチですか……。

新 ついにこの時が来た、という感じです。落馬負傷で乗れなかった昨年の秋華賞以外、デビューからすべてのレースでコンビを組んできましたが、非情な決断が下されました。前走は得意とは言えない舞台ながら、ハイペースの展開を3着に粘ったように、決して悪い内容ではなかったんですけどね。

編 厳しい世界ですね。

新 ただ、単なる乗り替わりではなく、陣営にしてみれば相当気合いの入った乗り替わりだと思います。スミヨン騎手に、中途半端な状態の馬を託すわけにはいきませんから。

編 つまり、このジョッキーを乗せてくる時点で、万全の状態であると推測できると?

新 そういうことです。スミヨン騎手は京都の芝で先週までに3勝を挙げていますが、いずれも外回りコースでした。広々としたコースで騎乗させたら、私はルメール騎手以上だと評価しています。本気で勝ちに来ているとみて間違いないでしょう。

編 馬自身は昨年春のチューリップ賞以来、勝ちきれていませんが……。

新 ここで復活があっても驚けません。距離はベストではないにせよ、ギリギリこなせるレベル。期待は大きいです。

編 わかりました。それ以外にオススメの乗り替わりはありますか? 今週も平地重賞が4つ組まれていますが。

新 デイリー杯2歳Sの①レッドベルジュールに注目しています。もともと福永祐一騎手からデットーリ騎手に乗り替わる予定でしたが、騎乗停止で乗れなくなったので、思わぬかたちで武豊騎手に手綱が回ってきました。

編 デットーリ騎手の騎乗が見られると期待していたんですけどね。

新 まぁ、残念な面もありますが、馬にとっては武豊騎手が空いていてよかったと思います。武豊騎手は京都芝1600mの外回りでは、2015~2017年が11.9%、2018年以降が20.0%と高い勝率を残しており、安定感は抜群。非常に高いレベルでの鞍上変更で、まったくマイナスにはならないでしょう。

編 新馬戦は強い勝ち方でしたし、伸びしろはありそうですね。

新 未知の部分はありますし、強敵もたくさんいますが、まとめて面倒を見るだけの素質は秘めているはず。警戒は怠れないですね。

編 わかりました。今週も大爆発といきますように!


★その他の注目乗り替わり★
土曜東京11R ⑨タイムフライヤー(ルメール→藤岡佑介
日曜福島11R ②リリックドラマ菱田裕二西村淳也


【プロフィール】
新良武志(しんら・たけし)
20歳を過ぎたころに競馬を覚え、40代半ばまでは負け組人生を送っていたが、データベースソフト『TARGET』と『ウマニティ』のU指数に出会い、データ馬券に開眼。騎手と種牡馬をメインにした斬新なデータ活用術と馬券購入テクニックを武器に、コンスタントに好配当馬券を的中させる“勝ち逃げ馬券師”へと変貌を遂げる。15年秋に雑誌『競馬最強の法則』でデビューし、翌16年春には単行本『毎週コツコツ勝ち逃げリーマン最強馬券術』(ベストセラーズ)を上梓。現在もデータ馬券研究の日々を送る。昨年10月に新創刊された『競馬の天才!』(メディアボーイ)で連載をスタート!最新情報は『“新良式”データ馬券ブログ』で公開中。

[もっと見る]

【古馬次走報】チュウワウィザード、チャンピオンズCへ 2019年11月7日(木) 05:01

 ★JBCクラシックを制したチュウワウィザード(栗・大久保、牡4)は、チャンピオンズC(12月1日、中京、GI、ダ1800メートル)へ。同レースには、みやこS1着ヴェンジェンス(栗・大根田、牡6)、2着キングズガード(栗・寺島、牡8)、3着ウェスタールンド(栗・佐々木、セン7)、5着ワイドファラオ(栗・角居、牡3)、12着テーオーエナジー(栗・宮、牡4)も視野に入れている。6着アナザートゥルース(美・高木、セン5)は浦和記念(28日、浦和、交流GII、ダ2000メートル)か、チャンピオンズC。

 ★アルゼンチン共和国杯で重賞初制覇を飾ったムイトオブリガード(栗・角田、牡5)、2着タイセイトレイル(栗・矢作、牡4)は、ともにジャパンC(24日、東京、GI、芝2400メートル)に向かう。3着アフリカンゴールド(栗・西園、セン4)はチャレンジC(30日、阪神、GIII、芝2000メートル)か、中日新聞杯(12月7日、中京、GIII、芝2000メートル)のどちらかに出走の構え。12着オジュウチョウサン(美・和田郎、牡8)は、ステイヤーズS(30日、中山、GII、芝3600メートル)に向かう予定。

[もっと見る]

【みやこS】ヴェンジェンス、波乱重賞初V! 2019年11月4日(月) 05:05

 みやこSが3日、京都競馬場で16頭によって争われ、7番人気のヴェンジェンスが重賞初制覇。カジノドライヴ産駒にとっても、JRA重賞初制覇となった。今後は馬の状態をみながら、優先出走権を獲得したチャンピオンズC(12月1日、中京、GI、ダ1800メートル)を視野に入れる。2着は10番人気のキングズガード、3着は6番人気のウェスタールンドが入り、3連単47万3050円の波乱となった。

 覚悟を決めた陣営の作戦勝ちだ。3、4コーナーでひとまくりを決めたヴェンジェンスが、重賞初制覇。7番人気の伏兵が、3連単47万円超の波乱の主役を演じた。

 「器用な馬ではない。動き出したら、一気に動かないとやめたりする面があるので、4コーナーで先頭集団にいこう、と。素直にうれしいです」

 好騎乗の幸騎手が、誇らしげに振り返った。前半1000メートル通過59秒0のハイペース。ジッと後方待機し、3コーナー手前から鞍上がムチを飛ばして外からまくり、直線入り口で先頭へ。そのまま、後続の追撃を振り切った。デビュー26年目の幸騎手は今年、重賞初制覇。昨年11月11日に落馬負傷し、3カ月ほど休養を余儀なくされただけに、「今年、重賞を勝てていなかったので、うれしいです」と喜びもひとしおだ。

 短距離ダートを主戦場としていたが、前走(太秦S)は初めての1800メートル戦で2着と好走。距離延長が吉と出た。大根田調教師は「最近はグッと行きたがる面もなくなって大人になった。大事に使ってきたからよかった」と目を細める。

 今後は、馬の状態をみながら、チャンピオンズCを視野に入れる。「上を目指して頑張れる馬なので、一緒に頑張っていきたいです」と幸騎手。着実にレベルアップを遂げた6歳馬が、さらなる高みを目指していく。(山口大輝)



★3日京都11R「みやこS」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【みやこS】10番人気キングズガードが強烈な末脚で追い込むも2着惜敗 秋山「よく頑張ってくれました」 2019年11月3日() 19:17

 11月3日の京都11Rで行われた第9回みやこステークス(3歳以上オープン、GIII、ダート1800メートル、別定、16頭立て、1着賞金=3800万円)は、幸英明騎手騎乗の7番人気ヴェンジェンス(牡6歳、栗東・大根田裕之厩舎)が3コーナー過ぎにひとまくり、直線は馬場の真ん中を突き抜けて重賞初制覇を果たした。



 道中は後方2番手あたりを進んだ10番人気のキングズガードが、大外から上がり最速となる36秒3の末脚で追い込んだが、勝ち馬に半馬身及ばずの2着に惜敗した。



 秋山真一郎騎手「ゴチャついたところに巻き込まれず、スムーズに運べましたし、よく頑張ってくれました」

★【みやこS】払い戻し確定!! 全着順も掲載

[もっと見る]

【みやこS】休養明けのウェスタールンドは伸び脚を発揮するも3着 スミヨン「休み明けのぶん最後に一杯になりました」 2019年11月3日() 19:16

 11月3日の京都11Rで行われた第9回みやこステークス(3歳以上オープン、GIII、ダート1800メートル、別定、16頭立て、1着賞金=3800万円)は、幸英明騎手騎乗の7番人気ヴェンジェンス(牡6歳、栗東・大根田裕之厩舎)が3コーナー過ぎにひとまくり、直線は馬場の真ん中を突き抜けて重賞初制覇を果たした。



 久々の実戦復帰となったウェスタールンドは道中、中団やや後ろを追走し、最終コーナーで先頭集団を射程圏に入れるも、直線で勝ち馬に伸び負けすると、後方から伸びたキングズガードにも交わされて3着に敗れた。



 C・スミヨン騎手「京都は最後方からでは厳しいし、計画通りに運べました。ただ、休み明けのぶん、最後に一杯になりました」

★【みやこS】払い戻し確定!! 全着順も掲載

[もっと見る]

⇒もっと見る

ヴェンジェンスの関連コラム

閲覧 1,424ビュー コメント 0 ナイス 2

G1はひと休みの先週末となったが、東西で合計4つの重賞が行われた。その中でもっとも印象深かったのは、チャンピオンズCの前哨戦、みやこステークスだ。

戦前から人気のインティスマハマを含め逃げ先行馬が揃っている印象を受けていたが、レースは想像を超える息の入らない流れとなった。

結果的に59キロを背負い大外枠から掛かり気味に前に行ったインティは、早々に手応えを失い失速。落馬したメイショウウタゲを除けば、最下位という結果に。

逃げ争いに加わったリアンヴェリテも13着、内からハナを譲らずに逃げたスマハマも9着がやっとで、勝ったのは道中後方からマクったヴェンジェンス、2着には最後方近い位置から追い込んだキングズガード、3着にも後方からマクったウェスタールンドが入り、3連複は6万円台、3連単は47万円台の大波乱となった。

実は今年に入ってJRAのダート中距離重賞は、みやこS同様に流れが厳しくなり差しが届くケースが多い。サトノティターンが差し切った3月のマーチS、チュウワウィザード以下後方待機組が上位を独占した平安S、モズアトラクションが制したエルムSも、ローカルダート1700m重賞にしては珍しい差し追い込み馬の決着だった。

基本的にダート戦は前に行く馬が強いのが普通で、先行馬が人気を集めることが多く差し馬が上位を占めるケースはあまりない。その証拠に、前述した3レースは、今回のみやこS同様に3連単は10万を余裕で超える波乱の結果となっている。

いわば、ダートの差し追い込み決着は”非日常”。なかなか見られるものではないが、上手くハマれば大きな馬券を手にできる可能性がある。これから冬場を迎えるとタフなダートのレースも増えて来るので、みやこSのような差し追い込み馬が台頭する波乱のパターンは頭に入れておきたい。

クリソベリルが無敗で挑む本番のチャンピオンズCはどのようなレースになるだろうか。


〜波乱含みのエリザベス女王杯展望

さて、今週末はエリザベス女王杯が行われる。

最強牝馬アーモンドアイの不在は仕方ないとしても、昨年の覇者リスグラシューは海外遠征中、ディアドラも同様に海外、さらに秋華賞2着のカレンブーケドールジャパンカップ路線、ヴィクトリアマイルの覇者ノームコアもコチラには回って来ず、クイーンSの覇者ミッキーチャームは戦線離脱と、主力級の馬たちが数多く抜けて少々手薄なメンバー構成となりそうだ。

その中で恐らく人気を集めるのはオークス以来となるラヴズオンリーユー秋華賞を制して勢いに乗るクロノジェネシス、スミヨンを配してきた実績馬ラッキーライラックの3頭だろうか。そして、府中牝馬Sの覇者スカーレットカラー、2連連続2着のクロコスミアなどが続く形。いずれにしても今年は上位6〜7頭までチャンスがある混戦模様の一戦だろう。実質的に上位人気勢は押し出されている感もあるだけに、波乱の可能性もありそうだ。

現時点での注目馬は、マーフィー騎手が騎乗するウラヌスチャーム。今年に入ってからオープン入りし重賞は4戦し2着が最高成績となっているが、ルーラーシップ産駒らしいスタミナ豊富なタイプで、京都の長丁場は合いそうだ。前回の来日時は随所のその腕を見せてくれた鞍上込みで期待してみたい。

もう一頭挙げるなら、2年連続2着のクロコスミア。今年も札幌記念では強敵相手に見せ場を作っており、昨年と似たような臨戦で無事に出走できるのは大きい。戸崎騎手が月曜日のアクシデントで乗れないのは痛いが、藤岡祐騎手ならば脚を余さずに持ち味を引き出してくれるだろう。

もう10年前になるが、2009年にはクィーンスプマンテテイエムプリキュアの前残りで大波乱が起こったこともあるレース。今年はラヴズオンリーユーが久々、クロノジェネシスは掛かるタイプで距離延長に不安があり、ラッキーライラックも3歳前半までの勢いは影を潜めている。上位人気勢に不安要素が多く、久々に荒れる予感がする。

エリザベス女王杯の結論は、『TAROの競馬』にて無料公開予定。また、馬券の買い方や券種の選び方なども含めた結論は、競馬ノートにて限定配信の予定です。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』
(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)、『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)。


登録済みの方はこちらからログイン

2019年11月8日(金) 12:00 競馬プロ予想MAX
先週の回顧~(11/2~11/3)新参者プロが土曜京都10R貴船Sで△タマモカトレア◎クライシス×マイネルラック81万オーバーの一撃披露!
閲覧 375ビュー コメント 0 ナイス 4


 
2(土)に行われたG2京王杯2歳S、G3ファンタジーS、3(日)に行われたG2アルゼンチン共和国杯、G3みやこSほか、様々なスマッシュヒットが記録された先週。
好成績を収めた注目プロ予想家や、その的中の数々をご紹介していきたいと思います。
 
 
 
☆☆☆注目プロ →夢月プロ
2(土)G2京王杯2歳Sを○タイセイビジョンビアンフェヴァルナで馬連&3連複1点的中を披露すると、3(日)G2アルゼンチン共和国杯でも◎ムイトオブリガードアフリカンゴールドの予想できっちり的中(馬券は◎単勝&◎○馬連の計2点購入のみ)し、連日の重賞HIT。他にも、2(土)福島3R3歳以上1勝クラス、3(日)福島7R3歳以上1勝クラスなどの的中を披露した先週は、週末トータル回収率112%を達成しています。
 
☆☆☆注目プロ →スガダイプロ
先週は、G2アルゼンチン共和国杯を◎タイセイトレイルから仕留めると、続くG3みやこSは▲ヴェンジェンスウェスタールンドの予想(馬券は◎複勝のみの的中)で日曜重賞W的中をマーク!他にも、3(日)東京5R2歳新馬や、福島10R3歳以上1勝クラスなどの予想を披露し、土日2日間トータル回収率104%で終えています。これで、3週連続週末プラスをマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →きいいろプロ
2(土)はG2京王杯2歳Sで◎タイセイビジョンビアンフェ的中を披露すると、続くG3ファンタジーSで△レシステンシアマジックキャッスルクリアサウンドの3連複57倍的中を含む計8万7900円払戻しをマーク。2(土)福島7R3歳以上1勝クラス◎○▲的中を筆頭に、同京都5R2歳新馬◎○的中、3(日)福島10R3歳以上1勝クラス◎○的中などで好調予想連発の先週は、週間回収率121%、収支15万4300円プラスをマーク!2週連続週末プラスを達成しています。
 
☆☆☆注目プロ →新参者プロ
先週は、2(土)京都10R貴船ステークスを、2着◎クライシス(単勝48.4倍)から、1着△タマモカトレア(同12.5倍)3着×マイネルラック(同111.4倍)への3連単フォーメーションで81万1750円のビッグヒットを記録!週間トータル回収率175%、収支45万8760円プラスをマークし、2週連続週末プラスを達成しています。
 
☆☆☆注目プロ →nigeプロ
2(土)は勝負予想東京8R3歳以上1勝クラスなどの的中をマークすると、3(日)の勝負予想東京10R錦秋Sでは「前走のレースレベルがかなり高く、最近の東京では勝てていないが、秋嶺S(1600万下)は、完全に展開不向き。青梅特別(1000万下)は負けて強しのレース内容で、東京は合う」と推した◎ワイルドカードから3連単◎○△本線的中を披露し、10万5000円のスマッシュヒット!土日2日間トータルでは回収率トップの215%をマークし、2週連続週末プラスを達成しています。
 
 
 
この他にも、導師嵐山プロ(150%)、セイリュウ1号プロ(130%)、馬っしぐらプロ(130%←2週連続週末プラス)、“帰ってきた”凄馬勝子プロ(127%)、山崎エリカプロ(126%)、イレコンデルパサープロ(126%←4週連続週末プラス)、金子京介プロ(124%)、霧プロ(123%)、田口啄麻プロ(108%)、馬侑迦プロ(106%)が、週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
 
 
 
※全レースの結果情報はこちら


今週も「プロ予想MAX」にぜひご注目下さい。

[もっと見る]

2019年7月12日(金) 14:00 TARO
【TAROの競馬研究室】仮柵移動の土曜は手控える勇気を/屈指の波乱重賞・函館記念展望
閲覧 1,091ビュー コメント 0 ナイス 4

先週の七夕賞は菊沢騎手が騎乗したミッキースワローが、外から豪快に突き抜け久々の重賞2勝目。ジョッキーにとっては初の重賞制覇となった。

マルターズアポジーが先導し、後続も差なく続く流れは字面以上に厳しく、2着にも外枠のクレッシェンドラヴが突っ込んで来るなど、ローカルの荒れ馬場らしく最後は外からの差しが決まった一戦だった。今後に向けてという意味では、むしろ先行失速勢、内枠勢の巻き返しに注意しておきたい。

一方、中京のプロキオンSアルクトスがインを捌いて3連勝で重賞初制覇。3頭出走していた4歳馬のうち2頭のワンツー決着で、交流重賞の1400m路線を使ってきた組は総崩れ、2着ミッキーワイルド、3着ヴェンジェンスとともに、前走中央競馬で勝利してきた馬たちの上位独占となった。

最近の交流重賞1400m路線は過去の名前で出ている馬が持ち回りをしているような状況で、だからこそそのレベルには怪しい部分も多い。その点では今後の参考になる一戦だったかもしれない。


~明確な傾向が出るダートの狙いどころ

さて、今週末も引き続き函館・福島・中京の継続開催となるが、3場いずれも芝のコース設定がA→Bコースへと変わる。いわゆる仮柵移動の週末となる。

再三当コラムでも芝の状態の話、馬場の伸びどころの話をしているが、それだけ現代競馬の予想において馬場状態は重要で、だからこそ今週末に関しては少し様子を見ることも大事かもしれない。特に土曜日はBコース替わり初日で、どのような傾向が出るのかやや不透明な部分もある。仮柵移動によってインが復活するのか、あるいはさほどでもなく引き続きタフな馬場が継続するのか、各場とも空模様が怪しい面もあり、馬場読みの難易度は高そうだ。

中央競馬は毎週末続いていくもので、まして3場開催ならば週末だけで72レースが行われる。どのレースを買うか、そして買わないかは我々の判断にゆだねられており、主催者の思惑に乗じてアレもコレもと手を出しているようでは、回収率という観点では長期的にみて間違いなくマイナスだろう。時には手控えるという判断も重要で、今週の、特に土曜の芝のレースに関してはそういう判断(無茶しない)もアリかなと考えている。

だが、週末は手控えよう…ではあまりに面白くないので、そんな週末に個人的に注目しているのはダートである。特に先週末は函館と福島のダートで外が伸びる傾向が出ていた。

例えば、わかりやすいのは函館ダート1000m戦で、先週末は4レース施行されたが、そのうち8枠が2勝、7枠が1勝、6枠が1勝と完全に外有利傾向。連複圏内まで広げてみても、やはり明確に外有利に傾向が出ており、1~3枠は以下の通り壊滅的状況だ。

・先週末の函館ダート1000m1~3枠の成績
(0-1-0-11)

もちろんこれは事前に察知できたことで、筆者の会員限定配信である競馬ノートにおいても、事前予想の段階で、

「開催通じて外の方がやや優勢の気配がある函館ダート1000m」
「今の函館ダート1000mは外寄りからの先行の方が有利」

と述べた通りである。ちなみに先週に限らず今年の函館ダート1000m戦で調べてみても、14レースのうち1~5枠は75頭出走して3勝、一方6~8枠は73頭出走して11勝と、明らかに外の方が有利である。これは連対圏、複勝圏まで広げても同様で、こういう傾向を他のコースや、あるいは開催場単位でいち早く掴むのが勝利に近づく重要なポイントになる。

ダートに関しては天気や馬場によって猫の目のように変わる面もあり、芝のように開催進捗とともに徐々に外が伸びる…という感じではないため”見極め”は重要になるが、芝が難解な週末だからこそ、ダートに目を転じてみるのも面白いかもしれない。あくまでも個人の経験則ではあるが、函館の傾向は今週末もそこまで変わらないとみているので、興味のある方は狙ってみても面白いだろう。


~今週は1レース入魂! 屈指の波乱重賞函館記念

さて、今週末は夏の名物・函館記念の開催となる。

函館記念の特徴といえば、なんといっても波乱度の高さだろう。1番人気の勝利どころか馬券圏内自体が近年はほとんどなく、2010年にジャミールが2着して以降は8連敗中で、3着にすら入れていない状況が続いている。

3連単の配当に目を転じても過去4年連続で10万超、3連複ですら8年連続で万馬券となっているように、まともに買うのがアホらしくなるような波乱続きだ。ローカルの多頭数のハンデ重賞…というだけでいかにも荒れそうだが、そのイメージ通り穴を狙って良い一戦だ。他に重賞もない週末なので、今週は一穴主義でガシガシ攻めていきたい。

まだ馬場状態が不透明な段階だが、現時点で有力とみているのはレッドローゼスだ。前走の福島民報杯は完勝といえる内容で、ようやく力をつけて本格化しつつある。前走で下したクレッシェンドラヴカデナはいずれも次走で好走しており、そういう点でレベル面の裏付けがあるのも心強い。

函館記念らしく穴っぽいところなら、巴賞敗戦組からドレッドノータスマイネルファンロンあたりが面白そうだ。

ドレッドノータスは前走久々に好内容で、今回はベストとなるコーナー4回の2000m戦。当該条件で6勝中5勝を挙げている、いわばコーナー4つの2000m巧者だ。

マイネルファンロンは久々の巴賞では何もできずに終わったが、やや距離不足も感じる内容だっただけに叩いての上積みがあれば面白そうだ。スンナリ先行できれば、今回は一変があるとみる。

いずれにしても、前述通り波乱続きの一戦。人気で決まったらごめんなさい、という気持ちで、思い切りバットを長く持って振り回してみても面白いかもしれない。


函館記念の最終結論は、ブログ『TAROの競馬』にて無料公開します。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』
(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)。2018年12月14日には最新刊『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)をリリース。

[もっと見る]

2019年7月11日(木) 18:30 競馬プロ予想MAX
先週の回顧~(7/6~7/7)土曜函館5R◎▲○3単的中など披露のくりーくプロが週間回収率250%でトップ!
閲覧 1,223ビュー コメント 0 ナイス 9



先週は、7(日)に中京競馬場でG3プロキオンS、福島競馬場でG3七夕賞がそれぞれ行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G3プロキオンSは、晴れ空のもと稍重まで回復してスタートの時を迎えます。大方の見立て通り、1番人気マテラスカイがダッシュ良くハナに立つと、終始1馬身ほどのリードで運びハイペースを演出。前半4Fは44.3秒(推定)で通過していきます。2番手サクセスエナジー、3番手ヴェンジェンスと、徐々に先頭マテラスカイへのプレッシャーを強めながら4コーナーを回って直線へ。内を突いては、2番人気アルクトス、3番人気ミッキーワイルドも3列目から徐々に差を詰め、残り200mでは4頭横並びの態勢になって、依然先頭キープのマテラスカイを追います。ここから、さすがにオーバーペースに泣く格好となったマテラスカイは急失速。代わって外からミッキーワイルドアルクトスの2頭が迫ると、この争いから最後に1/2馬身抜け出たアルクトスが、初の重賞タイトルを奪取。3連勝で重賞ウィナーの仲間入りを果たしました。
公認プロ予想家では、岡村信将プロイレコンデルパサープロ夢月プロスガダイプロジョアプロ伊吹雅也プロ金子京介プロ山崎エリカプロ蒼馬久一郎プロら計9名が的中をマークしています。
 
G3七夕賞も、稍重馬場でのスタート。マルターズアポジーがハナに立つと、タニノフランケルロードヴァンドールブラックスピネルストロングタイタンといった先行勢を5馬身ほど離して軽快に飛ばしていきます。前半1000mは58秒0(推定)で通過。ここから、後方勢も3コーナを前にして早くも外へと持ち出して押し上げる馬などが複数見られ、大きくペースを落とさぬままコーナーへと突入。大外を回ったミッキースワロー、さらに後方からはクレッシェンドラヴあたりも連れて一気に先団に取り付くと、迎えた直線で一気にミッキースワローが2馬身ほど抜け出して堂々の先頭。後続はなすすべなく引き離されていく一方となる中、ただ一頭迫ったクレッシェンドラヴも力強い伸び脚を見せますが、先に抜け出していたミッキースワローには及ばず。3番人気ミッキースワローが、約2年ぶりの重賞Vを決めています。鞍上にとっては嬉しい初重賞制覇となっています。
公認プロ予想家では、サラマッポプロnigeプロ奥野憲一プロスガダイプロ山崎エリカプロ馬っしぐらプロら計6名が的中をマークしています。
 
 
 
----------------------------------
 
☆☆☆注目プロ →くりーくプロ
6(土)函館5R2歳新馬で、◎プリンスリターン(単勝15.6倍)▲アメージングサン(同1.4倍)○ヴィクトワールボス(同103.9倍)的中をマーク。他にも、同中京5R2歳新馬、7(日)には函館1R2歳未勝利などの好調予想を披露すると、福島1R2歳未勝利では◎ダンシングサンダーダウラギリエストラードのパーフェクト的中を達成。“真骨頂”を幾度となく見せつけた先週は、週間回収率トップの250%、収支13万8,820円プラスを記録しています。
 
☆☆☆注目プロ →nigeプロ
6(土)中京10R濃尾特別での◎スペリオルシチーワンダーウマスキーフラッシュ的中、7(日)福島11RG3七夕での○ミッキースワロークレッシェンドラヴ的中などを披露し、土日ともプラス収支を達成。週間トータル回収率245%、収支9万4,480円プラスをマークし、2週連続週末プラスを記録しています!
 
☆☆☆注目プロ →サラマッポプロ
6(土)福島10R松島特別、7(日)中京2R3歳未勝利等の的中を披露すると、福島11RG3七夕では◎○△で10万4,340円払戻し達成の一撃!週末2日間トータルでは、回収率207%、収支15万3,640円の大幅プラスをマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →夢月プロ
6(土)に福島5R2歳新馬などの的中で引き続きの好調をアピールすると、7(日)には福島1R2歳未勝利中京3R2歳未勝利中京8R3歳以上1勝クラス函館10R立待岬特別などでヒットを量産。ラストは中京11RG3プロキオンS中京12R3歳以上1勝クラスの“連勝”で締めくくり、トータル回収率156%、収支26万8,760円の大幅プラスをマークしています。これで週末プラスを4週連続とし、直近30日間の総収支48万9,700円プラスは全予想家中トップとなっています(7/11現在)。
 
 
 
この他にも、奥野憲一プロ(216%)、豚ミンCプロ(142%)、ース2号【予想マイレージクラブ限定】プロ(126%←3週連続週末プラス)、イレコンデルパサープロ(123%)、いっくんプロ(116%)、あおまるプロ(112%)、おかべプロ(111%←5週連続週末プラス)、ース1号プロ(107%←3週連続週末プラス)、KOMプロ(107%)、蒼馬久一郎プロ(106%)、岡村信将プロ(101%←3週連続週末プラス)、スガダイプロ(101%)らが、週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
 
 
----------------------------------
 
※全レースの結果情報はこちら


今週も「プロ予想MAX」にぜひご注目下さい。

[もっと見る]

2019年2月13日(水) 22:00 覆面ドクター・英
フェブラリーS2019
閲覧 1,921ビュー コメント 0 ナイス 12



3日間開催は難しかったですね。月曜の地方で勝ててまだ良かったのですが......。そして、今週は早くも2019年最初のG1。昔はG1ではなかったし、ダート馬の地位がかなり低かったのですが、現在は、有馬記念後の待ち遠しい一戦となりつつあるフェブラリーS。それでは、当コラムとしても“今年初戦”いってみましょう。


<全頭診断>
1番人気想定 インティ:デビュー戦のみとりこぼしたものの7戦6勝でここまで6連勝中。しかも7,4,4,10,5,2馬身と大きな差をつけてきた。地味な種牡馬ケイムホームの最初で最後の大物では。逃げなくてもやれるし、スピードがあり前に行ってしまう面からも初となるマイルも問題なさそう。当然最有力で、再度輝きを増す武豊騎手も、今年もG1勝ちと初戦からいきたいところではないか。

2番人気想定 ゴールドドリーム:一昨年末のチャンピオンズC勝ち、フェブラリーS2着(ノンコノユメの強襲に負け)、かしわ記念に帝王賞勝ちと王者だったが、今秋はマイルチャンピオンSで3歳馬(現4歳))ルヴァンスレーヴに負け、東京大賞典でも3歳馬(現4歳)オメガパフュームにまで負け、世代交代が既に済んだ感もあり。上位に来れても頭まではもう無いか。一昨年のチャンピオンズCで海外旅行プレゼントしてくれた恩義ある馬だが、深追いは禁物かもしれない。

3番人気想定 オメガパフュームルヴァンスレーヴがいるため世代ナンバー2的な位置づけできているが、昨秋にシリウスSを3歳の身で勝ち、JBCクラシックでケィティブレイブの2着後に東京大賞典も勝ち、トップレベルにいるのは確か。だがスウェプトオーヴァーボード×ゴールドアリュールという血統の字面以上にズブい感じもあり(母母父リアルシャダイの影響か)、東京マイルはちょっと忙しそう。強いのは分かりきっているが人気になるだけに評価を下げる予定。

4番人気想定 コパノキッキング:9戦7勝で、4連勝中で、さらにはに藤田菜騎手の初G1騎乗と話題性たっぷりなのだが......。確かに馬は強いし、藤田菜騎手は私自身もよく買っているように腕も確かだが、短距離志向の強い馬。正直、東京マイル向きでない割に、根岸S勝ちで人気になりすぎそうで、消して妙味か。

5番人気想定 サンライズノヴァ:1番人気で前哨戦の根岸Sを8着と惨敗。この日のWIN5で、せっかく4つ目まで当たっていたところ、5つ目でこの馬に裏切られ取り損ねた私にとっては、イラっときた馬だが、2年ぶりの540kg台だったように本番を見据えて余裕残しだったのかもしれない。マイルも守備範囲で本番での巻き返しは十分ありえる。

6番人気想定 サンライズソア:4歳時は同馬主のサンライズノヴァより評価が高かったくらいだが、ここ3走3着といまひとつな状況。ただ2000m前後を多く使われているようにスタミナ不安は無く、東京マイルは案外いいかもしれない。

7番人気想定 ノンコノユメ:得意の東京マイルで昨年の勝ち馬だけにやれても良いが、どうも勢いが感じられず、妙味はあまり無い。

8番人気想定 ユラノト:母コイウタは前川清さんの持ち馬で、芝東京マイルで強かったし、父キングカメハメハも東京マイルから2400mまで強かった。芝G1馬同士の配合であるこの馬も、マイル以上でも実績あるようにここはぴったりの舞台では。

9番人気想定 モーニン:3年前のこのレースの勝ち馬だが、やはり1400mまでが良い様子。相手が弱いコリアスプリントで昨秋勝ってはきたとはいえ、ここでの強調材料はない。

10番人気以下想定
クインズサターン:オープンに上がってからは重賞で2着3着あわせて7回と馬主孝行だが、G1向きではない。

アンジュデジール:JBCレディスクラシックは6番人気ながらうまく運んで勝ったが、力自体がここではちょっと落ちる。

レッツゴードンキ:芝でもダートでも長く頑張ってきた馬だが、どんどんスプリンター寄りになってきていて、今さら東京マイルというのは向かないのでは。昨年は直線で一旦やったかと思わせる感じもあったので、一発狙ってみる手もあるが......。

ナムラミラクル:連闘では使わないのではないかと思われるが、乗り替わらないと出てきても買わないつもり。力はあるのだが、2/10の藤懸騎手の騎乗には落胆させられたので。外から抜かされかかってるのに仕掛けを遅らせるとか、昭和の騎乗でがっかり(杉浦騎手(現調教師)がせこく勝っても上のクラスで通用しないという信念で、確かにそうとも言えるが......)。

サクセスエナジー:マイルより1400m向きではあるが、デビュー時より30kg近く馬体を増やして本格化してきており、人気が無いならヒモに加えたい。

ワンダーリーデル:実績が1400mまででオープンの壁にも当たっており、特に買いたい感じはしない。

ノボバカラ:前残りの根岸Sで6着とまだ元気なところを示したが、2年2ヶ月勝っていない馬を大一番で特に買おうとは思わない。

メイショウウタゲ:オープン特別は3勝しているが、中央の重賞では通用しておらず(南部杯3着はあるが)、ここも要らない。

ヴェンジェンス:1200~1400mばかり使っており東京マイル向きではない。


<まとめ>

最有力:インティ

ヒモに:ゴールドドリームサンライズノヴァサンライズソアユラノト

穴で:サクセスエナジー

[もっと見る]

2019年2月13日(水) 18:30 くりーく
くりーくの中間調教チェック 2019フェブラリーS
閲覧 2,180ビュー コメント 0 ナイス 18



こんにちは、公認プロ予想家のくりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
前走からの中間の調整内容(評価はA~F)を中心に、各馬コメントをしていきたいと思います。

2月17日(日) 
東京11R 第36回 フェブラリーステークス(G1、4歳以上、ダ1600m)

【フルゲート16頭】


【優先出走馬】

インティ(B)中3週
大きな馬で前走時のパドックでは、まだ余裕のある馬体に見えた。中3週で臨むこの中間は、1週前追い切りは坂路で行われている。動きに関しては、前走時の最終追い切りよりは素軽さが出ていて、上積みが窺える。あとは芝スタートとコーナー2つのコースが課題。いつもと流れが変わってくるので、それに対応でき、いつも通りの競馬に持ち込めるか。

コパノキッキング(B)中2週
ここ2戦関西から輸送しての競馬で、パドックではうるさい面を見せているが、レースではしっかり折り合って強い競馬を見せている。ダートスタートなら逃げるスピードもあるくらいの馬だが、そんなレースをしたら1400mでも伸びきれない。その意味では、ここ2戦のように控える競馬でならというところかで、マイル戦でもギリギリ持ちそうな感もある。今回は芝スタートで他に速い馬もいて前には行けそうもないので、あとは仕掛けをどれだけ我慢できるか。それ次第でゴール前の伸び脚が変わってくると思う。間隔も詰っており1週前追い切りは軽めだったが、気合い乗りも良くしっかり折り合えていた。状態面に関しては、好状態を維持できている印象。


【賞金上位順】

ゴールドドリーム(C)中6週
昨年は特に馬体重の増減が激しい1年だったが、結果的に連対を外さない安定した成績で状況に合わせてしっかり調教して出走させた厩舎の努力あってのものだと思う。この中間は、1週前追い切りでCWを3頭併せで一杯に追われている。調子の良い時は坂路のみの調教で出走してくるが、太めの心配があるときはCWでの追い切りを挟んでくるので、重い感じがあるのかもしれない。あとは最終追い切りの内容、調教後の馬体重を見ての判断としたい。

オメガパフューム(D)中6週
前走で古馬を負かしてのG1勝ち。ただ連対を外している2戦がともに左回りでのレースで、マイル戦は3着に敗れた青竜S以来2戦目というのも気になる。この中間はいつも通り坂路で馬なりでの調整も、時計的にいつもより物足りない。昨年の9月から使い詰めできているので、前走以上の上積みを期待するのは厳しそう。

ノンコノユメ(A)中10週
昨年の勝ち馬だが、後方から行く馬なのでどうしても展開の助けが必要。ペースが速くなってくれないと厳しいところがある。この中間は乗り込み量豊富で、1週前に北Cコースでの併せ馬で先着と、これは昨年の根岸S、南部杯の1週前追い切りと同じパターン。どちらかと言えば良い内容だろう。動きを見ても、ダートということもあるかもしれないがしっかりと伸びていて、これで最終追い切りが単走馬なりなら変わり身があるかもしれない。

レッツゴードンキ(D)3ヵ月半
回避して来週の阪急杯に出走する予定。1月中旬から坂路で乗り込まれているので出走できないこともなさそうだが、休み明けの1週前追い切りにはほぼ岩田騎手が追い切りに乗る馬。1週前追い切りに乗っていないということは、やはりここには出走しない公算大。

アンジュデジール(F)中3週
相手が違うとはいえ、ダート1600mは3戦3勝。ただ調子の良い時は、1週前追い切りでCWの外に併せて力強く伸びる馬が、今回は間隔が詰まっているとはいえCWの内(コーナーでかなり内をまわっているので時計は速い)に併せて持ったままの併走相手にやっと併入という内容。調教面からはマイナス材料が多い。

モーニン(D)中2週
3年前の勝ち馬で短い距離で復調してきてはいる感じ。この中間は中2週なので1週前は軽めの内容でも力強さが伝わってくるもので、上積みが感じられる動きだった。あとは近走あまり使われていないマイル戦で息がもつかどうか。

サンライズノヴァ(A)中2週
前走は3歳時以来の540kg台での出走。馬場状態、展開と影響があったにしてもいつも上り3F34秒台の脚を使う馬が、36秒台の脚しか使ってないので本来の走りでないことは明白。そのあたりは、関東への輸送があってなお、チャンピオンズC時よりも馬体が増えていたことを考えても、見た目以上に余裕があったことによるものかもしれない。ただしっかり乗り込まれていたので反動がある訳ではなく、今年は1週前追い切りで軽めながらも時計を出してきている。動き自体も悪くなかったので、これで最終追い切りでビシッと追ってしっかり伸びているようなら、前走のようなことはなさそう。

サクセスエナジー(D)中3週
1400mを中心に使われている馬。前々走、前走と間隔が詰まっているので、この中間は軽めの調整で上積みは厳しそう。8戦5勝と相性の良い松山騎手とのコンビは魅力だが......。

メイショウウタゲ(E)中2週
デビューからダートを41戦しているが、1600m戦は4戦のみで1勝3着1回と、この成績をどう捉えるか。休み明けの前走を叩かれ、この中間は中2週でも1週前に強めに追われているが、動きをみると終いに脚が上がっている感じで上積みはありそうもない。

ノボバカラ(D)中2週
前走時のパドックでは−6kgでも、まだお腹に余裕のある馬体に見えた。レースでも1400m戦としては遅いペースで恵まれた割には、0.9秒離されていて物足りない内容。日曜日に速い時計を出しているが終いの時計はかかっていて年齢的にもガラッと変わってくる感じはない。

ユラノト(B)中2週
ここ2戦は1400m戦を使われているが、6勝の内5勝が1700m、1800m戦でのもので今回1600m戦に距離が延びることは悪くない。この中間は、中2週にもかかわらず1週前に坂路で強めに追われていて、驚きの回復力で上積みも期待できそう。

サンライズソア(C)中10週
昨年1年間はすべて外国人騎手騎乗で、7戦して6戦が3着以内の好成績。前走から間隔が空いて休み明けでの出走になるが、この中間は休み明けの割に乗り込み量が少ない印象。1週前追い切りを見ても坂路でフラフラするようなところも見られ、まだ仕上り途上ではないだろうか。

クインズサターン(B)中2週
ダ1600mは11戦して7連対と最も得意としている距離で、新馬戦以外の勝ち鞍はすべて東京のこのコースと、好相性は明白。状態に関しては、昨年の9月から月1走のペースで使われてきているが、前走マイナス体重でも細い感じはなし。中2週での今回は、日曜日の坂路で終い伸ばす追い切りができているので悪くない。

ヴェンジェンス(D)中3週
日曜日の大和S(ダ1200m)へ出走予定。近走は1200m、1400mを中心に使われていて、1週前の坂路での時計を見ても短い距離のほうが良さそう。


【以下、除外対象馬】

ナムラミラクル(E)連闘
2/10バレンタインS(ダ1400m)に出走したため回避予定。

ワンダーリーデル(D)中2週
ダ1600m戦は1戦のみ。この中間は1週前の坂路での動きは気合いの入ったもので悪くない動きも、1600m戦でこの相手だと厳しそう。



◇今回はフェブラリーS編でした。
今年のフェブラリーSでは藤田菜七子騎手がコパノキッキングに騎乗予定です。近年は短期免許で外国人騎手を連れてきて勝ちにこだわる馬主さんもいる中で、小林オーナーのように若い騎手にチャンスを与えてくれるオーナーの心意気には競馬ファンとして感謝したいと思います。武豊騎手、菜七子騎手、ルメール騎手、デムーロ騎手が有力馬に乗って対戦するというだけでもワクワクするもので、今年は期待に胸が膨らむようなレースがたくさん見られる1年であってもらいたいと思っています。

それでは次回チューリップ賞&弥生賞編(予定)でお会いしましょう。\(^o^)/



<昨年サインを頂いた菜七子騎手には頑張ってもらいたい>


フェブラリーS出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。
※最終結論はレース当日のくりーくプロページでチェックしてください。

[もっと見る]

⇒もっと見る

ヴェンジェンスの口コミ


口コミ一覧

11月10日のWIN5予想

 藤沢雄二 2019年11月10日() 14:22

閲覧 103ビュー コメント 0 ナイス 8

先週はリーチがかかってみやこSを迎えたのですがヴェンジェンスまでは買い切れませんでした。
ちょうどウマフレさんとバッタリ会って、福島のみちのくSを8番人気で突破したものだからかなり色めき立って盛り上がったのですけど、残念ながら見せ場を作ったところまででした。
今週はリベンジしたいものです。

【東京10R 奥多摩S】⑥ルガールカルム
【京都10R 修学院S】⑬ゴータイミング ⑧エスポワール
【福島11R 福島記念】④アドマイヤジャスタ ⑨ステイフーリッシュ ⑭アロハリリー
【東京11R オーロC】④トゥザクラウン ⑨ジョイフル
【京都11R エリザベス女王杯】④ウラヌスチャーム ⑧クロノジェネシス ②ラッキーライラック ⑪ラヴズオンリーユー
1×2×3×2×4=48


奥多摩Sは目下3年連続で9月の秋風Sで掲示板に載った馬が勝っている。
今回の該当馬はルガールカルムしかいないのでこれで勝負。

修学院Sは1800mになって2年目だから傾向は掴みにくいが、何はともあれ3歳馬ということで決め手強烈なゴータイミングと自己条件に戻るエスポワールをチョイス。

福島記念はデータ的に好材料が並ぶアドマイヤジャスタがファーストチョイス。ジャスタウェイ産駒は大箱よりも小回りの方が合っている気もするので。
そして出目の偏りが見られるので、その中から相手関係は楽になるステイフーリッシュと、データ的に不利な外枠ではあるが臨戦過程を考えると買いたいアロハリリーまで。

オーロCはデータ的に掴み所がないが、過去10年で5歳馬が5勝しているのでそこを突破口にしてみた。
前走チョイ負けぐらいがちょうど良さそうなのでトゥザクラウンとジョイフルをチョイス。エリザベス女王杯の日にトゥザヴィクトリーの仔が勝てばちょっとしたドラマにならないかしら?

エリザベス女王杯は買いたい順にウラヌスチャーム、クロノジェネシス、ラッキーライラック。ホントはラヴズオンリーユーは切りたかったのだけど「押さえておけ」と天の声が聞こえたので押さえたw

オーロCまでクリアできればさすがに今回は…と思うので、うまくいってほしいです。

 ちびざる 2019年11月9日() 00:45
【GⅢ】武蔵野ステークスの予想
閲覧 74ビュー コメント 2 ナイス 12


<指数的には、1頭抜けているも2位以下が混戦で波乱の可能性も!?>


◎:⑤エアアルマス
〇:③デュープロセス
▲:①グルーヴィット
△:⑧ドリームキラリ
△;⑪サンライズノヴァ
△:⑯カフジテイク


【買い目】
※オッズ等により、変更する可能性アリ

三連複フォーメーション
⑤→③①→⑨⑪⑯
もしくは
三連複1頭軸流し
⑤→③①⑨⑪⑯


 ◎は⑤エアアルマスにしました。
指数1位。某スポーツ紙調教評価1位
ダートに路線変更してから3連勝中。
前走の太秦ステークスでは、みやこステークスを勝ったヴェンジェンスに2馬身半差の完勝でした。
今回は距離が一ハロン短縮になりますが
千四でも勝ち鞍がありさほど問題はないと思います。
ただ個人的な感覚では、みやこステークスのスマハマと同じ匂いがするのが気になります。


 ○は③デュープロセスにしました。
指数2位。
前走のグリーンチャンネルカップは1番人気に推されるも
休み明けでプラス18キロが影響したのか5着と敗退しました。
ただ一叩きされて上昇すると思います。
今回は鞍上が福永騎手からルメール騎手に乗り替わります。
好走条件はそろったと思います。


 ▲は①グルーヴィットにしました。
指数4位。某スポーツ紙調教評価3位
ダート戦は500万下を勝って以来のダート戦がどう出るかですね。
状態は良さそうですね。
某スポーツ紙調教評価も3位ですし、スミヨン騎手に乗り替わるのも魅力ですね。
ここでどんな騎乗するのか楽しみです。


 △以下では、⑪サンライズノヴァに注目です。
前走の南部杯は。これまでの後方からの競馬ではなく
前目からの競馬で見事復活しました。吉原寛人騎手の好騎乗もあっての勝利でした。
今回も船橋のトップジョッキーの森泰斗騎手が騎乗。
森泰斗騎手が今回も前目からのレースになるのか後ろからの競馬になるのか
注目したいですね。

[もっと見る]

 Haya 2019年11月8日(金) 07:00
【~術はある~】(2019.11.8.)(武蔵野S、デ杯2歳S、エ女王... 
閲覧 230ビュー コメント 0 ナイス 3

おはようございます!(=^・^=)
いつもブログ訪問される方々、ありがとうございます。
ついでに応援”ポチ”もよろしくお願いします。

朝夕冷え込む季節になりましたね?
東海地方は、今週初め頃に今秋一番の冷え込み!?
本日8日(金)は”立冬”です。本格的に冷え込んできそうですね?

我が懐は、すでに真冬?地球温暖化のはずですが?何か?

<立冬(りっとう)>
冬のはじまり、冬の気配が現われてくる頃。毎年11月7~8日頃。

【週間スケジュール】

一週間の基本的なブログスケジュールは、下記参照。
(毎朝7時ごろ更新/競馬変則日程の場合は変更あり)

月曜日 : お休み
火曜日 : 週末の重賞(日刊馬番コンピ指数活用術予想篇)
水曜日 : 週末の重賞(血 統データ活用術予想篇)
木曜日 : 週末の重賞(インパクトデータ活用術予想篇)
金曜日 : 先週末重賞に関する回顧(日記)等
土曜日 : 土曜当日の重賞レースを予想(ハイブリッド指数活用術予想篇)
土曜日 : 土曜当日の重賞レースを回顧
日曜日 : 日曜当日の重賞レースを予想(ハイブリッド指数活用術予想篇)
日曜日 : 日曜当日の重賞レースを回顧

水曜TARGET frontier JVから血統データへ変更。
木曜インパクトデータをアップデート。

※「人気ブログランキング」「にほんブログ村」「ウマニティ競馬ブログ」以上のブログランキングへ参戦中!応援クリックをよろしく、お願いします。

ブログのアドレス   https://89923493.at.webry.info/

宜しくお願い致します。

【活用術予想 第11期 途中経過】
第11期(11月2日~24日)8日間(京王杯2歳S~ジャパンC:全13戦)

週末は、当てる事ができたのか!?

土曜、G2京王杯2歳Sでは、4頭を推奨。
(グレイトホーン、タイセイビジョン、マイネルグリット、ヴァルナ)
馬番コンピの予想では、(8⇒2,4,3,5,10)狙いを参考にして、
2番マイネルグリット軸で勝負!
馬連(2⇒4,5,7,8)
結果は、ハズレ…(ノД`)・゜・。

土曜「京王杯2歳S」の軸馬マイネルグリットは、直線で弾けて優勝…のはずが9着惨敗。レースは、相手馬4頭中3頭の縦目決着。反省点として、軸馬選択に失敗。素直に、人気でもルメール騎手騎乗、1番人気タイセイビジョンにするべきだった。秋競馬も後半に入り、いよいよ外国人騎手が押し寄せるだけに、無視は出来ない。


土曜、G3ファンタジーSでは、4頭を推奨。
(パドゥヴァルス、ヒルノマリブ、ベッラヴォルタ、レジェーロ)
馬番コンピの予想では、(12,5,11,14)BOX狙いを参考にして、
5番ヤマカツマーメイド軸で勝負!
馬連(5⇒3,8,11,12,14,15)
結果は、ハズレ…(ノД`)・゜・。

土曜「ファンタジーS」の軸馬ヤマカツマーメイドは、直線で弾けて優勝…のはずが4着。優勝したレシステンシアは、まったくのノーマーク?今後、絶好調の北村友一騎手騎乗馬に要注意!反省点として、軸馬選択と馬券種の選択?このレースも素直に、人気でも決め手トップだったクリアサウンド。そして、絶対的な本命馬不在なら”ワイド馬券”で勝負すべきだった…反省。



日曜、G2アルゼンチン共和国杯では、3頭を推奨。
(アフリカンゴールド、ムイトオブリガード、ルックトゥワイス)
馬番コンピの予想では、(5⇒1,4,9,3,10,12,2)狙いを参考にして、
4番アイスバブル軸で勝負!
馬連(4⇒1,2,5,7,9)
結果は、ハズレ…(ノД`)・゜・。

日曜「アルゼンチン共和国杯」の軸馬アイスバブルは、スタートが悪く後方待機。直線で弾けて優勝…のはずが11着惨敗。レースは、相手馬5頭中4頭の縦目決着。反省点として、前日に続き軸馬選択の失敗。繰り返し素直に、人気でもルメール騎手騎乗、1番人気アフリカンゴールドにするべきだった。当然、馬券種の選択も含めて、絶対的な本命馬不在なら”ワイド馬券”で勝負すべきだった…反省。



日曜、G3みやこステークスでは、5頭を推奨。
(インティ、スマハマ、ワイドファラオ、アドマイヤビクター、スワーヴアラミス)
馬番コンピの予想では、(9⇒5,2,14,8,4,1)狙いを参考にして、
5番スマハマ軸で勝負!
馬単(5⇒4,9,10,14,16)
結果は、ハズレ…(ノД`)・゜・。

日曜「みやこステークス」の軸馬スマハマは、出足が良すぎて先頭に!先頭のまま直線で弾けて優勝…のはずが9着惨敗。狙ったレースだっただけに…残念。反省点として、軸馬選択の失敗。優勝したヴェンジェンスは、まったくのノーマーク?2着入線キングズガードもノーマーク。このレースは、波乱含みの混戦…荒れる。




【先週ブログのなかで推奨した結果】
京王杯2歳S=グレイトホーン(5着)、
タイセイビジョン(1着)、マイネルグリット(9着)、ヴァルナ(3着)

ファンタジーS=パドゥヴァルス(10着)、
ヒルノマリブ(5着)、ベッラヴォルタ(9着)、レジェーロ(14着)

AR共和国杯=
アフリカンゴールド(3着)、ムイトオブリガード(1着)、ルックトゥワイス(4着)

みやこS=インティ(15着)、スマハマ(9着)、ワイドファラオ(5着)
(抽選対象:アドマイヤビクター(10着)、スワーヴアラミス(抽選外れ))


【今週の重賞データ 検証&有力馬】

【武蔵野S】(ダート1600㍍戦)(3歳以上オープン別定)
【好走データ篇】【プラスデータ】
①前走着順&着差(4着以内かつ着差0.9秒以内)
②前走人気(4番人気以内)
③キャリア(~20戦以内)

今年出走予定馬で検証(項目順に該当外馬を消去)
①該当外:グルーヴィット、コスモカナディアン、タイムフライヤー、デュープロセス、ドリームキラリ、マジカルスペル
(抽選対象:ダンツゴウユウ、ミキノトランペット)(除外対象:ストロングバローズ、フェニックスマーク)
②該当外:アードラー、カフジテイク、ダノンフェイス
③該当外:アディラート、サンライズノヴァ、ワンダーリーデル


【該当馬のみ検証】
1⃣(ダート)14~1800㍍戦実績(連対率/複勝率)
2⃣東京競馬場(ダート)実績(連対率/複勝率)

エアアルマス  1⃣(3-0-0-0)100%/100%  2⃣未出走
スウィングビート  1⃣(4-2-3-5)43%/64%  2⃣(4-1-1-2)63%/75%
スワーヴアラミス  1⃣(3-2-0-0)100%/100%  2⃣未出走

【武蔵野Sの有力馬】
エアアルマス、スウィングビート、スワーヴアラミス


【デイリー杯2歳S】(芝1600㍍戦)(2歳オープン馬齢)
【好走データ篇】【プラスデータ】
①東西厩舎(関西優勢)
②前走着順&人気(1着or重賞2着以内かつ3番人気以内)
③キャリア(~3戦以内)

今年出走予定馬で検証(項目順に該当外馬を消去)
①該当外:ウイングレイテスト、(地)エキサイター、サクセッション
②該当外:アサケエース、インザムード、カリニート、ジャストナウ
③該当外:アジャストザルート、ゼンノジャスタ

【該当馬のみ検証】
1⃣(芝)1600㍍以上戦実績(連対率/複勝率)
2⃣(芝)右回り実績(連対率/複勝率)

コルテジア  1⃣(1-1-0-0)100%/100%  2⃣(1-1-0-0)100%/100%
トリプルエース  1⃣未出走  2⃣(1-1-0-0)100%/100%
ペールエール  1⃣(0-1-0-0)100%/100%  2⃣未出走
ライティア  1⃣(1-0-0-0)100%/100%  2⃣(1-0-0-0)100%/100%
レッドベルジュール  1⃣(1-0-0-0)100%/100%  2⃣(1-0-0-0)100%/100%

【デイリー杯2歳Sの有力馬】
コルテジア、トリプルエース、ペールエール、ライティア、レッドベルジュール


【エリザベス女王杯】(芝2200㍍戦)(3歳以上オープン牝馬定量)
【好走データ篇】【プラスデータ】
①前走クラス(重賞G2戦以上)
②前走着順&着差(5着以内かつ着差0.5秒以内)

今年出走予定馬で検証(項目順に該当外馬を消去)
①該当外:アメリアブルーム、ゴージャスランチ、サラキア、センテリュオ、ブライトムーン、ポンテザール、ミスマンマミーア、レイホーロマンス
(除外対象:レッドラフェスタ)
②該当外:ウラヌスチャーム、クロコスミア、サトノガーネット、シャドウディーヴァ、レッドランディーニ

【該当馬のみ検証】
1⃣(芝)2200㍍以上戦実績(連対率/複勝率)
2⃣京都競馬場(芝)実績(連対率/複勝率)

クロノジェネシス  1⃣(0-0-1-0)0%/100%  2⃣(1-0-0-0)100%/100%
スカーレットカラー  1⃣未出走  2⃣(1-1-0-0)100%/100%
フロンテアクイーン  1⃣(0-0-0-2)0%/0%  2⃣(0-0-0-2)0%/0%
*2項目共に50%割れのため、消 し
ラッキーライラック  1⃣(0-0-1-0)0%/100%  2⃣(0-0-0-1)0%/0%
ラヴズオンリーユー  1⃣(1-0-0-0)100%/100%  2⃣(2-0-0-0)100%/100%

【エリザベス女王杯の有力馬】
クロノジェネシス、スカーレットカラー、ラッキーライラック、ラヴズオンリーユー


【福島記念】(芝2000㍍戦)(3歳以上オープンハンデ)
【好走データ篇】【プラスデータ】
①前走着順&着差(10着以内かつ着差1.0秒以内)
②ローテーション(中3~9週以内)
③キャリア(~20戦以内)

今年出走予定馬で検証(項目順に該当外馬を消去)
①該当外:アドマイヤジャスタ、トーセンガーネット、フローレスマジック、マイネルサージュ、マイネルファンロン、レッドローゼス
(除外対象:アウトライアーズ、ナイトオブナイツ、ロードヴァンドール)
②該当外:アロハリリー、ウインクシード、ステイフーリッシュ、デンコウアンジュ
(除外対象:アメリカズカップ、ゴールドサーベラス)
③該当外:メートルダール、リリックドラマ、ルミナスウォーリア
(除外対象:レイホーロマンス)


【該当馬のみ検証】
1⃣(芝)2000㍍戦実績(連対率/複勝率)
2⃣福島競馬場(芝)実績(連対率/複勝率)

カンタービレ  1⃣(0-0-1-0)0%/100%  2⃣未出走
クレッシェンドラヴ  1⃣(2-2-0-2)67%/67%  2⃣(0-3-0-0)0%/100%
ミッキースワロー  1⃣(2-1-0-3)50%/50%  2⃣(1-1-0-0)100%/100%
(除外対象:マイネルサーパス  1⃣(0-0-0-2)0%/0%  2⃣(1-1-0-0)100%/100%)

【福島記念の有力馬】
カンタービレ、クレッシェンドラヴ、ミッキースワロー
(除外対象:マイネルサーパス)


【今週末の重賞レースの注目馬】
武蔵野S=エアアルマス、スウィングビート、スワーヴアラミス

デ杯2歳S=コルテジア、トリプルエース、ペールエール、ライティア、レッドベルジュール

エ女王杯=クロノジェネシス、スカーレットカラー、ラッキーライラック、ラヴズオンリーユー

福島記念=カンタービレ、クレッシェンドラヴ、ミッキースワロー
(除外対象:マイネルサーパス)

 
過去10年のレース傾向(1番人気の信頼度)
武蔵野S=東京(ダ)1600㍍=B(76)外枠有利
デ杯2歳S=京都(芝)1600㍍=B(75)先行馬が残る
エ女王杯=京都(芝)2200㍍=D(64)内枠有利
福島記念=福島(芝)2000㍍=D(67)内枠有利

【日刊馬番コンピ指数活用術予想 結果報告】
(京王杯2歳S)
【3連複】で
馬番コンピ指数1位から
指数2~6位までの5頭へ流して10点。
(8⇒2,4,3,5,10)
結果 4⇒8⇒5
指数3位⇒1位⇒5位
結果は、的中…トリガミ。(3連複990円)

(ファンタジ-S)
【ワイド】で
馬番コンピ指数1~4位までの4頭ボックス 6点。
(12,5,11,14)BOX
結果 6⇒12⇒14
指数7位⇒1位⇒4位
結果は、的中…トリガミ。(ワイド540円)

(アルゼンチン共和国杯)
【馬連】で
馬番コンピ指数2位から
指数3~9位までの7頭へ流して7点。
(5⇒1,4,9,3,10,12,2)
結果 7⇒2⇒1
指数1位⇒9位⇒3位
結果は、ハズレ…(ノД`)・゜・。


(みやこステークス)
【ワイド】で
馬番コンピ指数2位から
指数3~8位までの6頭へ流して6点。
(9⇒5,2,14,8,4,1)
結果 1⇒3⇒14
指数8位⇒9位⇒5位
結果は、ハズレ…(ノД`)・゜・。


【今週末の重賞レースの馬番コンピ指数活用術予想篇】

(武蔵野S)
【馬連】で
馬番コンピ指数2位から
指数3~7位までの5頭へ流して5点。

(デイリー杯2歳S)
【ワイド】で
馬番コンピ指数1~4位までの4頭ボックス 6点。

(エリザベス女王杯)
【馬連】で
馬番コンピ指数1位から
馬番1~8までの8頭へ流して8点。

(福島記念)
【馬連】で
馬番コンピ指数1~3位までの3頭ボックス 3点。


詳細は、ブログまで訪問して下さい。
ブログのアドレス  https://89923493.at.webry.info/
宜しくお願い致します。

[もっと見る]

⇒もっと見る

ヴェンジェンスの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

ヴェンジェンスの写真

ヴェンジェンス

ヴェンジェンスの厩舎情報 VIP

2019年11月3日みやこステークス G31着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ヴェンジェンスの取材メモ VIP

2019年11月3日 みやこステークス G3 1着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。