デルマルーヴル(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
POGウォッチリストに登録すると、ウマニティPOGのPOGリストに追加できます。
今すぐ会員登録
デルマルーヴル
デルマルーヴル
デルマルーヴル
写真一覧
現役 牡3 青鹿毛 2016年3月19日生
調教師戸田博文(美浦)
馬主浅沼 廣幸
生産者坂東牧場
生産地平取町
戦績10戦[3-4-1-2]
総賞金3,745万円
収得賞金4,430万円
英字表記Derma Louvre
血統 パイロ
血統 ][ 産駒 ]
Pulpit
Wild Vision
カリビアンロマンス
血統 ][ 産駒 ]
コマンズ
サバナパディーダ
兄弟 サンチャップリン
前走 2019/10/01 白山大賞典 G3
次走予定

デルマルーヴルの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
19/10/01 金沢 11 白山大賞典 G3 ダ2100 9--------2** 牡3 52.0 吉原寛人戸田博文487(--)2.16.0 0.1----グリム
19/08/04 新潟 11 レパードS G3 ダ1800 156103.512** 牡3 56.0 吉田隼人戸田博文490(0)1.51.3 0.038.3⑦⑦ハヤヤッコ
19/07/10 大井 11 ジャパンDD G1 ダ2000 14--------2** 牡3 56.0 戸崎圭太戸田博文490(--)2.06.7 0.6----クリソベリル
19/03/30 アラ 5 UAダービー G2 ダ1900 14--------4** 牡3 57.0 C.ルメー戸田博文--0000 ------プリュクパルフェ
19/02/17 東京 9 ヒヤシンスS OP ダ1600 10332.413** 牡3 57.0 C.ルメー戸田博文498(+5)1.39.1 0.536.3⑧⑧オーヴァルエース
18/12/19 川崎 11 全日本2歳優 G1 ダ1600 14--------2** 牡2 55.0 M.デムー戸田博文493(--)1.42.8 0.0----ノーヴァレンダ
18/11/28 園田 10 兵庫JGP G2 ダ1400 12--------1** 牡2 55.0 C.ルメー戸田博文491(--)1.28.6 -0.7----オルトグラフ
18/11/10 東京 9 オキザリス賞 500万下 ダ1400 16122.111** 牡2 55.0 C.ルメー戸田博文498(+6)1.24.4 -0.235.3⑪⑨ナンヨーイザヨイ
18/09/22 中山 1 2歳未勝利 ダ1800 15592.011** 牡2 54.0 C.ルメー戸田博文492(-4)1.53.3 -1.238.8モーンストルム
18/08/25 札幌 5 2歳新馬 ダ1700 137113.224** 牡2 54.0 福永祐一戸田博文496(--)1.46.0 0.838.4⑧⑦④④ロークアルルージュ

デルマルーヴルの関連ニュース

 11月28日に浦和競馬場で行われる浦和記念のJRA出走予定馬および補欠馬が10日、次の通り発表された。

 「第40回浦和記念」(浦和競馬場、交流GII、3歳上オープン、ダート・右2000メートル)

 【JRA出走予定馬】5頭ケイティブレイブ(牡6歳、栗東・杉山晴紀厩舎、C・スミヨン騎手)サトノティターン(牡6歳、美浦・堀宣行厩舎、騎手未定)デルマルーヴル(牡3歳、美浦・戸田博文厩舎、O・マーフィー騎手)ノーヴァレンダ(牡3歳、美浦・斉藤崇史厩舎、騎手未定)ロードゴラッソ(牡4歳、栗東・藤岡健一厩舎、騎手未定)

 【JRA所属の補欠馬】5頭(補欠順位順)1.アイファーイチオー2.アナザートゥルース3.メイショウワザシ4.コマビショウ5.マイネルユキツバキ

【白山大賞典】グリムが1番人気に応えて連覇達成 2019年10月1日(火) 16:52

 10月1日の金沢11Rで行われた第39回白山大賞典(3歳以上オープン、交流GIII、ダート・右2100メートル、別定、9頭立て=キタノイットウセイが出走取消、1着賞金=2100万円)は、浜中俊騎手騎乗で1番人気に支持されたグリム(牡4歳、栗東・野中賢二厩舎)が道中3番手追走から直線入口で先頭に立つと、中団から脚を伸ばしたデルマルーブル(2番人気)の追撃をクビ差凌いで勝利。エーシンモアオバー(13、14年)以来となる白山大賞典連覇を果たした。タイムは2分15秒9(良)。



 2着はデルマルーヴル、さらに3/4馬身差の3着には昨年の全日本2歳優駿を制した実績があるノーヴァレンダ(5番人気)が入線。4番人気のテルペリオンは中団で脚を溜めるも前を追い切れず4着、3番人気に支持されたリアンヴェリテは先手を奪うも粘り切れず7着に敗れている。



 白山大賞典を勝ったグリムは、父ゼンノロブロイ、母ブランシュネージュ、母の父サクラバクシンオーという血統。北海道新ひだか町・服部牧場の生産馬で、馬主は(株)カナヤマホールディングス。通算成績は15戦8勝(うち地方6戦4勝)。重賞は18年レパードS(GIII)、白山大賞典(交流GIII)、19年名古屋大賞典(交流GIII)、マーキュリーC(交流GIII)に次いで5勝目。白山大賞典は、騎乗した浜中俊騎手が初勝利、管理する野中賢二調教師は昨年に続いて2勝目。

[もっと見る]

【白山大賞典(Jpn3)3歳以上オープン(中央・地方全国交流)】(金沢)~グリムが優勝 2019年10月1日(火) 16:50

1日、金沢競馬場の第11Rに行われた第39回 白山大賞典(Jpn3)3歳以上オープン(中央・地方全国交流)(ダート 右2100m サラブレッド系3才以上 別定)は濱中俊騎手騎乗の1番人気・10番グリム(牡4)が優勝した。
勝ちタイムは2分15秒9(良)。さらにクビ差の2着に2番人気・4番デルマルーヴル(牡3)、そこから3/4馬身差の3着に5番人気・6番ノーヴァレンダ(牡3)が入った。
グリムは、父ゼンノロブロイ、母ブランシュネージュ、母の父サクラバクシンオーという血統で野中賢二厩舎の所属馬。生産は日高郡新ひだか町・服部牧場。馬主は(株)カナヤマホー。通算成績は15戦8勝。
白山大賞典(Jpn3)3歳以上オープン(中央・地方全国交流)」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【白山大賞典】レース展望 2019年9月30日(月) 18:26

 10月1日(火)に金沢競馬場で、第39回白山大賞典(交流GIII、3歳以上オープン、別定、ダート・右2100メートル)が行われる。3日連続で組まれている交流重賞の初日となる、注目の一戦を展望していきたい。



グリムがレコードVを果たした昨年の再現を狙う



 注目を集めそうなのは、昨年のこのレースでは2着以下に5馬身差をつけ、2分11秒4のレコードVを果たしているグリム(栗東・野中賢二厩舎、牡4歳)。フランス遠征する武豊騎手に替わってコンビを組むのは浜中俊騎手だが、3走前のアンタレスS(GIII、2着)で騎乗経験があるだけにマイナス要素にはならないだろう。



 前走のエルムS(GIII)では7着に大敗。騎乗した武豊騎手が「感じは良かったのですがね。速いレースを経験していなかったけど、そこは対応できると思っていたのですが…。回るときに手応えがなかったのは初めて。自信があっただけに残念です」と語っているように大きな敗因が見当たらないのは気になるところだが、これまで2度、着外に敗れた次走で1着に巻き返している。



 地方の交流重賞は5走して【3.1.1.0】と崩れておらず、得意の舞台で前走からの一変があっても良さそう。連覇を果たせばエーシンモアオバー(13、14年)以来の快挙となるが、果たしてどのような走りを見せてくれるだろうか。



デルマルーヴルが地元の名手・吉原騎手と新コンビ結成



 2歳秋に兵庫ジュニアグランプリ(交流GII)を圧勝しており、全日本2歳優駿、ジャパンダートダービーと、同世代を相手にした交流GIで2着に善戦。さらにはドバイのUAEダービーでも4着するなど、現3歳世代ではトップクラスの実績を誇るデルマルーヴル(美浦・戸田博文厩舎、牡3歳)が、金沢の名手・吉原寛人騎手と新コンビを結成して古馬との初対戦に挑む。



 未知の領域となる2100mの距離は気になるところだが、2000mまではこなしているだけに克服可能とみる。古馬との力関係にも注目だが、9月23日に船橋競馬場で行われた日本テレビ盃(交流GII)で、同世代のクリソベリルが圧勝を果たしているのは心強い限り。52キロの斤量で出走できるのも、大きなプラス要素と考えていいだろう。



 3歳で白山大賞典Vを決めた馬はこれまで3頭。スマートファルコン(08年)、ケイティブレイブ(16年)、そして昨年のグリム。3頭ともに、ここでの勝利をきっかけにダート戦線で大活躍しているが、デルマルーヴルもここで飛躍のきっかけを掴むことができるか注目だ。



★交流GI制覇の実績が光るノーヴァレンダ



 デビュー戦こそ競走中止に終わったものの、2戦目から怒涛の3連勝で全日本2歳優駿(交流GI)を制した実績が光るノーヴァレンダ(栗東・齋藤崇史厩舎、牡3歳)が、新コンビとなる和田竜二騎手とともに登場する。



 明け3歳となってからの2戦が5着(伏竜S・オープン特別)、9着(ユニコーンS・GIII)とパッとしないのは引っ掛かるところだが、ここでも注目を集めるデルマルーヴルに勝利したこともあり、実績面では注目に値する。



 2走前の伏竜Sで騎乗した石橋脩騎手がレース後に「砂をかぶった瞬間からフーッと気を抜く感じで、エンジンがかからないままだった。きょうは力を出せなかった」と話せば、前走のユニコーンSでコンビを組んだ北村友一騎手は「向こう正面は良かったが、コーナリングがスムーズじゃなかった。それを修正するのに力を使ってしまいました」と語っていたように、今年2戦の敗因は気性面にあると言える。



 そうなると、初体験となる金沢競馬場や2100mの距離が必ずしもプラスに働くとは言えないが、ひと夏を越したことで課題が克服されていれば、上位進出の可能性も出てくるのではないか。実績は十分にあるだけに、いかに自分の力を100%出し切れるかがカギになるだろう。



テルペリオン松若風馬騎手を背に重賞初Vを狙う



 仁川S、スレイプニルSと2つのオープン特別を制し、前走のマーキュリーC(交流GIII)でも勝利したグリムから0秒5差の3着に善戦。5歳を迎えてオープンクラスでも実績を残し始めたテルペリオン(栗東・寺島良厩舎、牡5歳)が、松若風馬騎手とともに重賞初Vを狙う。



 金沢競馬場は初見参となるが、すでにスレイプニルSで2100mの距離を克服できているのは心強い。他のJRA勢と実績面を比べると分が悪く映るが、ここにきての上昇度は目を見張るものがあるだけに、見どころがありそうだ。



 夏の函館開催で大沼S、マリーンSとオープン特別2連勝を果たしたリアンヴェリテ(栗東・中竹和也厩舎、牡5歳)は、登録のあったシリウスS(GIII)を回避して初の金沢遠征を選択してきた。



 地方遠征は2年前の笠松以来となるが、その時は手応えに余裕を残して3馬身差の圧勝を決めている。今回は重賞で相手も揃っているだけに同じような結果を残せるとは限らないが、中央との馬場の違いに苦労するようなことはないのではないか。



★JRA重賞2勝の実績があるグレイトパール



 例年以上のハイレベルに見えるJRA勢5頭に対するは、地元の金沢勢3頭と、他地区所属の4頭。その中で一番手に取り上げたいのは、JRA所属時に重賞2勝(17年平安S・GIII、18年アンタレスS・GIII)を挙げているグレイトパール(佐賀・川田孝好厩舎、牡6歳)だ。



 前走の帝王賞で、強力なメンバーが相手だったとはいえ見せ場なく12着に大敗しているのは残念だが、当時と比べれば少なからず相手関係は楽になっているだけに、本来の力強い走りを見せてもらいたい。



 地元の金沢勢からは、新天地で急成長を遂げたティモシーブルー(金沢・金田一昌厩舎、牡5歳)の名前も挙げておきたい。JRA所属時は16戦1勝。1勝クラスでは頭打ちの状態で金沢に移籍したが、水を得た魚のような活躍を見せて3走前には初重賞Vも果たしている。JRA勢が相手ではそう簡単にはいかないだろうが、地元の代表として奮闘して欲しいところだ。

[もっと見る]

【白山大賞典】JRAの出走予定馬発表 2019年9月16日(月) 17:47

10月1日に金沢競馬場で行われる白山大賞典のJRA出走予定馬および補欠馬が16日、次の通り発表された。

 「第39回白山大賞典」(金沢競馬場、交流GIII、3歳上オープン、ダート・右2100メートル)

 【JRA出走予定馬】5頭グリム(牡4歳、栗東・野中賢二厩舎、騎手未定)デルマルーヴル(牡3歳、美浦・戸田博文厩舎、騎手未定)ノーヴァレンダ(牡3歳、栗東・斉藤崇史厩舎、騎手未定)ヒラボクラターシュ(牡4歳、栗東・大久保龍志厩舎、騎手未定)リアンヴェリテ(牡5歳、栗東・中竹和也厩舎、騎手未定)

 【JRA所属の補欠馬】5頭(補欠順位順)1.テルペリオン2.アイファーイチオー3.アングライフェン4.サノサマー5.ロードゴラッソ

[もっと見る]

【レパードS】史上初!ハヤヤッコ、白毛JRA重賞V 2019年8月5日(月) 05:07

 3歳馬によるダートGIII・レパードSが4日、新潟競馬場でフルゲート15頭で争われ、田辺騎乗の10番人気ハヤヤッコが後方から鋭く伸び、白毛馬初のJRA重賞制覇を成し遂げた。今後は未定だが、ダート路線が大いに盛り上がりそうだ。1番人気のデルマルーヴルがクビ差の2着だった。

 大混戦のゴール前で、真っ白な馬体がグイッと抜け出した。10番人気のハヤヤッコが大激走。白毛馬では伯母のユキチャンが関東オークスなど地方の交流重賞を3勝しているが、JRA重賞では史上初。初コンビの田辺騎手が汗をぬぐいながら喜びを表した。

 「白毛の馬にはなかなか乗る機会もないですし、騎乗できるだけでも光栄。勝たせてもらって、歴史的な瞬間を味わわせてもらいました」

 テン乗りとは感じさせない立ち回りだ。ペースが速いと感じると、先行策プランを後方待機に変更。距離ロスを最小限に抑えて4コーナーを回り、末脚を引き出した。

 「脚質に幅が出て、距離にも融通が利きそう」と伝えた田辺騎手はこの夏、ラジオN賞(ブレイキングドーン)、プロキオンSアルクトス)、アイビスSDライオンボス)に続いて騎乗機会4連続重賞V。「あまり浮かれないように。いい馬に乗せてもらって勝てているのは、僕の自信にもなる」と声を弾ませた。

 国枝調教師も「すごいね。かわいいし、これからは白毛を買おうかな」と“舌好調”。「暑い中でも順調に来られたし、馬ものんびりできたんじゃないか」と放牧先から新潟競馬場に直接入厩させた作戦もハマッたが「やっぱり金子さんはすごいよ」。馬主は7月30日に17歳で死んだ三冠馬ディープインパクトと同じ金子真人氏(円内、名義は金子真人ホールディングス(株))。オーナーは不在だったが“ディープインパクト追悼競走”と銘打たれた一戦で雲の上からの後押しがあったのか…。

 不世出の大スターが天に旅立った週に現れた、『黒、青袖、黄鋸歯形』勝負服の異色の星。運命的なものを感じさせずにはいられない。 (板津雄志)

★4日新潟11R「レパードS」の着順&払戻金はこちら

★白毛

 サラブレッドの毛色は8種類。その割合(2006~10年までの日本での5世代の統計)は鹿毛(44・1%)、栗毛(25・1%)、黒鹿毛(17・8%)、青鹿毛(5・6%)、芦毛(5・1%)、青毛(1・7%)、栃栗毛(0・6%)、白毛(ほぼ0%)で、白毛は最も割合が少ない。日本で一番新しく認定されたのが白毛で、1979年生まれの牡馬ハクタイユー(4戦0勝)だった。

★白毛と芦毛の違い

 一見、変わらないように見えるが、一般的に芦毛が徐々に白くなっていくのに対し、白毛は誕生時から白い。また、芦毛馬は両親のどちらかが芦毛でないと誕生しないが、白毛馬は両親の毛色に関係なく、突然変異的に生まれる。ハヤヤッコは祖母シラユキヒメが突然変異で白毛として生まれ、母マシュマロも白毛と遺伝している。

ハヤヤッコ 父キングカメハメハ、母マシュマロ、母の父クロフネ。白毛の牡3歳。美浦・国枝栄厩舎所属。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬。馬主は金子真人ホールディングス(株)。戦績9戦3勝。獲得賞金6183万9000円。重賞は初勝利。レパードS国枝栄調教師、田辺裕信騎手ともに初勝利。馬名は「速くて白い」

[もっと見る]

⇒もっと見る

デルマルーヴルの関連コラム

閲覧 548ビュー コメント 1 ナイス 2


 
4(日)に行われたG3小倉記念、G3レパードSをはじめ、様々なスマッシュヒットが記録された先週。
好成績を収めた注目プロ予想家や、その的中の数々をご紹介していきたいと思います。
 
 
☆☆☆注目プロ →導師嵐山プロ
4(日)小倉2R2歳未勝利では、◎シゲルミズガメザ(単勝63.0倍)○ミントティー(同97.1倍)×マリスドランジュ(同29.4倍)の印で、ワイド3点総獲りに3連複48万馬券的中と、しめて125万6,480円払戻しのホームラン!4月の170万超に続き今年2本目の100万オーバーを記録した先週は、土日トータル回収率213%、収支81万7,440円の大幅プラスでいずれも成績トップに立っています。
 
☆☆☆注目プロ →霧プロ
4(日)G3小倉記念を、○メールドグラース×カデナノーブルマーズで3連複的中。続くG3レパードSでは、×ハヤヤッコデルマルーヴルトイガーの3連複336倍をゲットと絶好調!先週は、他に3(土)札幌1R2歳未勝利、同新潟7R3歳未勝利、4(日)札幌5R2歳新馬、同札幌8R3歳以上1勝クラス、同新潟9R両津湾特別など高精度予想を連発。週末トータル回収率128%、9万8,310円プラスを記録しています。
 
☆☆☆注目プロ →田口啄麻プロ
4(日)の勝負予想G3レパードSを、◎ハヤヤッコ(単勝24.0倍)で的中し、単勝・馬連・ワイド総獲りをマークしています!
 
☆☆☆注目プロ →山崎エリカプロ
4(日)G3小倉記念を◎メールドグラースでキッチリと仕留めると、G3レパードSでも◎ハヤヤッコ(単勝24.0倍)で的中し、単勝&馬連ゲット!両重賞◎的中をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →新参者プロ
4(日)G3レパードSを3連単フォーメーションで△ハヤヤッコデルマルーヴルトイガー的中!27万9,040円馬券的中のスマッシュヒットを披露しています。3(土)札幌11R札幌日経オープン、4(日)新潟8R3歳以上1勝クラスなどでも好配当を披露した先週は、土日トータル回収率132%、収支21万800円の大幅プラスを達成しています。
 
☆☆☆注目プロ →シムーンプロ
3(土)の勝負予想札幌2R3歳未勝利では、「兄姉は芝向きディープ産駒ながらダートで良績。妹のこの馬はオルフェーヴル産駒ということで適性を見込む。鞍上も強化で初ダートでも好勝負を」と評した◎アドマイヤビーナスの単複をキッチリとゲットすると、この日は小倉8R3歳以上1勝クラスヤマニンブルーベルなどの的中を挟み、締めくくりは勝負予想小倉12R3歳以上1勝クラス。「前走は新人騎手で外を回りすぎた。スピードに偏った走りではないため、距離もこなせるのではないか。勝利している騎手に戻し2勝目を期待」とした◎ペガサスから▲エイシンヨッシーへの馬連含め、計10万8,060円のスマッシュヒット!4(日)にも新潟8R3歳以上1勝クラスシルバーストーン小倉12R3歳以上1勝クラススターペスマリアなどの予想を披露した先週は、週間トータル回収率164%、収支12万3,090円をマークし、これで3週連続週末プラスを達成しています!
 
☆☆☆注目プロ →スガダイプロ
4(日)はG3小倉記念を◎メールドグラースの単、◎-○ノーブルマーズのワイドで的中!他にも、3(土)札幌6R3歳未勝利札幌10R桑園特別、4(日)小倉3R未勝利札幌6R未勝利等の的中で、週間トータル回収率103%を達成。2週連続週末プラスをマークしています。
 
 
 
この他にも、おかべプロ(209%)、豚ミンCプロ(165%)、ース1号プロ(113%←2週連続週末プラス)、ろいすプロ(109%)、あおまるプロ(106%←2週連続週末プラス)、“帰ってきた”凄馬勝子プロ(106%)が、週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
 
 
 
※全レースの結果情報はこちら


今週も「プロ予想MAX」にぜひご注目下さい。


登録済みの方はこちらからログイン

2019年7月28日() 15:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2019年07月28日号】特選重賞データ分析編(161)~2019年レパードステークス~
閲覧 1,735ビュー コメント 0 ナイス 2



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G3 レパードステークス 2019年08月04日(日) 新潟ダ1800m


<ピックアップデータ>

【“中山・阪神、かつ1400~1800mのレース”における連対経験の有無別成績(2014年以降)】
○あり [5-4-3-26](複勝率31.6%)
×なし [0-1-2-32](複勝率8.6%)

 新潟ダ1800mのレースですが、2014年以降に好走した馬の大半は、中央場所、かつゴール前の直線に急坂があるコースのレースで連対したことのある馬。3歳限定のダート重賞という特殊な条件ですし、このレースに限ってはそういったタイプの方が合うのでしょう。コース適性が高い(高そう)と思われているような馬は、過信禁物と見ておいた方が良いかもしれません。

主な「○」該当馬→ゲンパチルシファーデルマルーヴルハヤブサナンデクン
主な「×」該当馬→サトノギャロスダイスアキャストブラックウォーリア


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

○「“JRA、かつ2勝クラス以上のレース”において3着以内となった経験がある」馬は2014年以降[5-2-3-23](複勝率30.3%)
主な該当馬→デルマルーヴルブラックウォーリア

[もっと見る]

デルマルーヴルの口コミ


口コミ一覧
閲覧 46ビュー コメント 0 ナイス 10


1着:⑩グリム
2着:④デルマルーヴル
3着:⑥ノーヴァレンダ



1着の⑩グリムは〇
2着の④デルマルーヴルは◎
3着の⑥ノーヴァレンダは×

でした。

私の注目馬の④デルマルーヴルは2着でした。


予想買い目は、

三連複フォーメーション
④→⑤⑩→②⑥⑧

でしたので、予想は的中しました。(´▽`) ホッ


私が注目馬の④デルマルーヴルは2着でした。
スタートは五分に出るも後方からの競馬になりました。
それでも慌てることなくじっくりと前を見ながらの競馬は出来ていたと思います。
3コーナー辺りから徐々に差を詰め、4コーナーから直線では外を回しました。
直線で良い脚を使うも差し切れませんでした。
またも2着でしたね。なかなか勝ちきれませんね。
それでも良い競馬はしていると思います。
もう少し早く動いていればって感じはしますが、切れ味は削がれることを思うと
こういう競馬になってしまうのかもしれませんね。
次走も注目したいですね。


1着の⑩グリムについて、好スタートから3番手追走。
3コーナー過ぎから徐々に差を詰め、直線では前に並びかけると
抜き去りました。最後は、軽ハンデの④デルマルーヴルに迫られましたが
余力十分でしたね。
浜中騎手の好判断でしたね。前を行く2頭を追いかけることなく少し離れた3番手を追走し
3コーナーから4コーナーで差を詰めて、直線で前を捕らえる理想的な競馬だったと思います。
これでますます前走の敗因が分からなくなりましたね。
敢えていうなら距離が短かったということでしょうか。
現状はダート二千くらいが上手く流れに乗れて、楽に追走出来ている感じがします。


3着の⑥ノーヴァレンダは、収穫のレースでしたね。
まずは、距離。これまでダートのマイル、千八のレースを使ってきました。
距離が持つのかという点をクリアしたと思います。
もう一つは、掛からなかったこと。
前走のユニコーンステークスも掛かり気味でしたからね。
今日は、リアンヴェリテと競る形になっても我慢が利いていたと思います。
流石に直線は苦しくなりましたが、3着を確保しました。
この馬にとっては今後に向けてプラスになるレースだったと思います。



的中された方、おめでとうございます。

 jura777 2019年10月1日(火) 14:33
白山大賞典
閲覧 64ビュー コメント 0 ナイス 13


個人的には一騎討ちではなかろうかと思ってます。

デルマルーヴルがなぜここを使うのかが謎…。

[もっと見る]

 競馬が大好き(複勝男 2019年10月1日(火) 09:02
はくさん
閲覧 59ビュー コメント 0 ナイス 5

白山大賞典

今日
レースがあります

個人的な登録馬の評価

リアンヴェリテ
(自分のペースで逃げれば強いと思うが、途方の馬場適性と距離延長が課題)

テルペリオン
(逃げか番手が理想、前半楽に追走できれば、スタミナはあると思います)

グリム
(実績は1番で馬場も大丈夫で去年も参戦して勝利している。案外スタミナはないと思うし3歳馬と4Kg差は結構響くかも)


デルマルーヴル
(3歳の中ではトップレベルの馬なので、前が速くなればこの馬に展開は向くかなと)

ノーヴァレンダ
(成績がここ2戦駄目なので、巻き返せるかどうか?少し穴馬かな)

グレイトパール
(中央馬相手だとしんどい感じですね、遠征にもなるから)

ティモシーブルー
(中央から金沢に移ってから6戦連続好走、今回一気に強い相手でどうかなぁ、)

[もっと見る]

⇒もっと見る

デルマルーヴルの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
1:
  ななたろう   フォロワー:0人 2018年11月12日(月) 19:25:32
向正面でかかっていたし、4コーナー回ってから右によれていたジョッキーのさばきで勝てたような気がする

デルマルーヴルの写真

デルマルーヴル
デルマルーヴル
デルマルーヴル

デルマルーヴルの厩舎情報 VIP

2019年8月4日レパードステークス G32着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

デルマルーヴルの取材メモ VIP

2019年8月4日 レパードステークス G3 2着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。