センチュリオン(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
センチュリオン
センチュリオン
写真一覧
現役 牡6 黒鹿毛 2012年1月31日生
調教師田村康仁(美浦)
馬主窪田 康志
生産者(有)社台コーポレーション白老ファーム
生産地白老町
戦績23戦[8-5-3-7]
総賞金20,581万円
収得賞金6,300万円
英字表記Centurion
血統 キングカメハメハ
血統 ][ 産駒 ]
Kingmambo
マンファス
ハンドレッドスコア
血統 ][ 産駒 ]
ホワイトマズル
サンデーエイコーン
兄弟 パーフェクトスコアマルクプレンヌ
前走 2018/03/25 マーチステークス G3
次走予定

センチュリオンの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
18/03/25 中山 11 マーチS G3 ダ1800 16486.121** 牡6 57.0 幸英明田村康仁536(0)1.52.1 -0.037.6④④クインズサターン
18/03/04 中山 10 総武S OP ダ1800 16243.611** 牡6 57.0 大野拓弥田村康仁536(+4)1.52.8 -0.038.0⑤④⑤リーゼントロック
18/01/07 中山 10 ポルックスS OP ダ1800 168162.513** 牡6 57.0 大野拓弥田村康仁532(+2)1.53.1 0.738.0⑬⑫⑪⑨アルタイル
17/09/17 中山 11 ラジオ日本賞 OP ダ1800 167135.221** 牡5 56.0 大野拓弥田村康仁530(+2)1.51.0 -0.137.0⑪⑪⑪⑪カゼノコ
17/08/26 新潟 11 BSN賞 OP ダ1800 15473.626** 牡5 56.0 大野拓弥田村康仁528(-2)1.52.2 0.737.3⑨⑨⑦⑧トップディーヴォ
17/07/16 中京 11 名鉄杯 OP ダ1800 16593.122** 牡5 56.0 内田博幸田村康仁530(0)1.51.9 0.038.3⑥⑥⑤⑤オウケンワールド
17/04/22 東京 11 オアシスS OP ダ1600 16125.532** 牡5 56.0 内田博幸田村康仁530(0)1.35.4 0.136.0⑧⑧アルタイル
17/02/25 中山 11 総武S OP ダ1800 157124.723** 牡5 56.0 伊藤工真田村康仁530(-2)1.52.7 0.137.2⑧⑧⑩⑫モンドクラッセ
17/01/07 中山 11 ポルックスS OP ダ1800 14454.222** 牡5 56.0 大野拓弥田村康仁532(+2)1.52.9 0.037.3⑦⑦⑦⑥ドリームキラリ
16/12/04 中山 11 北総S 1600万下 ダ1800 128123.121** 牡4 57.0 柴山雄一田村康仁530(-2)1.53.1 -0.436.2⑤⑤⑤⑤リーゼントロック
16/11/06 東京 10 晩秋S 1600万下 ダ2100 15475.933** 牡4 57.0 大野拓弥田村康仁532(+4)2.11.4 0.537.8モズライジン
16/10/02 中山 12 内房S 1600万下 ダ1800 163613.662** 牡4 57.0 大野拓弥田村康仁528(+16)1.52.1 0.338.4ロンドンタウン
16/04/16 阪神 11 アンタレスS G3 ダ1800 1671429.0616** 牡4 56.0 C.ルメー田村康仁512(+2)1.53.0 3.140.2アウォーディー
16/03/21 中山 10 韓国馬事会杯 1600万下 ダ1800 15596.741** 牡4 57.0 大野拓弥田村康仁510(0)1.52.1 -0.337.7リッカルド
16/02/20 東京 10 金蹄S 1600万下 ダ2100 1471120.782** 牡4 56.0 大野拓弥田村康仁510(0)2.11.1 0.737.6⑤⑤アポロケンタッキー
16/01/23 中山 11 アレキサンド 1600万下 ダ1800 146957.9125** 牡4 56.0 大野拓弥田村康仁510(+4)1.53.5 0.838.5⑤⑤⑥⑤バスタータイプ
15/12/27 中山 8 フェアウェル 1600万下 ダ1800 1661114.4712** 牡3 56.0 C.ルメー田村康仁506(-4)1.55.2 2.040.6⑧⑧⑩⑪キープインタッチ
15/10/04 中山 12 内房S 1600万下 ダ1800 161220.4811** 牡3 54.0 吉田豊田村康仁510(-2)1.53.7 2.039.6⑧⑤⑤⑤モンドクラッセ
15/09/12 中山 10 鋸山特別 1000万下 ダ1800 138133.721** 牡3 54.0 C.ルメー田村康仁512(-4)1.52.1 -0.137.0ゴーイングベル
15/08/09 新潟 11 レパードS G3 ダ1800 153434.8710** 牡3 56.0 伊藤工真田村康仁516(+10)1.54.1 2.240.0クロスクリーガー

⇒もっと見る


センチュリオンの関連ニュース

 10月2日(火)に金沢競馬場で行われる白山大賞典のJRA所属の出走予定馬および補欠馬が9月17日、発表された。



 「第38回白山大賞典」(金沢競馬場、交流GIII、3歳以上オープン、グレード別定、ダート・右2100メートル)



【JRA所属の出走予定馬】5頭グリム(牡3歳、栗東・野中賢二厩舎、騎手未定)センチュリオン(牡6歳、美浦・田村康仁厩舎、騎手未定)ドンフォルティス(牡3歳、栗東・牧浦充徳厩舎、騎手未定)マイネルバサラ(牡5歳、美浦・松山将樹厩舎、柴田大知騎手)ミツバ(牡6歳、栗東・加用正厩舎、騎手未定)



【JRA所属の補欠馬】5頭(補欠順位順)1.ストライクイーグル2.ムーンクレスト3.コパノチャーリー4.リーゼントロック5.ヨシオ

【アンタレスS】レース展望 2018年4月9日(月) 18:48

 春の阪神開催も最終週を迎え、日曜メインにダートのGIIIアンタレスS(1800メートル)が行われる。2012年に連覇を遂げたゴルトブリッツは続く帝王賞でGI初制覇。13年の覇者ホッコータルマエは次走のかしわ記念でGI初制覇を飾り、その後、大きく成長した。16年の優勝馬アウォーディーも2走後のJBCクラシックでGI初制覇を成し遂げ、ダートGIの常連になっている。今後のGIに向け、今年も大いに注目したい。

 グレイトパール(栗東・中内田充正厩舎、牡5歳)はダートへ転向後、無傷の5連勝で重賞初挑戦となった昨年の平安Sを圧勝した。その後、惜しくも右前脚の骨折が判明。昨年末にはいったん栗東に帰厩したが、再び放牧に出たため、休養が長引いた経緯がある。それでも調整は軌道に乗り、いい状態に仕上がりそうだ。レース勘が戻っているかどうかが大きなポイントになるが、あっさり勝っても不思議ではない。今回も賞金順位は16番目で出走枠ギリギリでもあり、今後に向けた賞金の上積みが期待される。

 ナムラアラシ(栗東・牧田和弥厩舎、牡5歳)は2走前のアルデバランS、前走の仁川Sとオープン特別を連勝中。ともに最内枠から馬群をさばいて差し切り勝ちだった。全7勝中4勝と阪神コースも得意。脚質的に展開に左右されるが、差し脚は侮れない。今回は牧田厩舎への転厩初戦。リスタートで連勝を伸ばせるか、関心が集まる。

 ユラノト(栗東・松田国英厩舎、牡4歳)は1000万下、準オープン・摩耶Sを連勝中。昨年8月に未勝利を脱出したばかりの馬が一気にオープンまで駆け上がってきた。2走前は2番手からメンバー最速の上がり(3ハロン36秒7)を使い、前走も好位4番手からメンバー2位の上がりでV。好位につけるセンスがあり、しまいの脚もしっかりしているのが強みだ。重賞初挑戦だが、相手なりに走れる可能性は十分ある。

 着実に力をつけているのがクインズサターン(栗東・野中賢二厩舎、牡5歳)。オープン入り直後の武蔵野Sは10着だったが、その後は師走S4着、東海S5着、総武S3着。前走のマーチSではセンチュリオンにハナ差2着とタイトルに手が届くところまできた。以前は左回りにこだわって使われていたが、今は右回りでも問題ない印象。強敵にもまれながら成長してきた点から、このメンバーに入っても見劣ることはない。

 トップディーヴォ(栗東・昆貢厩舎、牡6歳)は名古屋グランプリ、佐賀記念と交流重賞で連続2着。JRAの重賞でも昨秋のシリウスSで4着に入っており、ここも上位争いが見込める。昆厩舎&横山典弘騎手のコンビは、先週のサンスポ杯阪神牝馬Sミスパンテールで制しており、2週連続Vのチャンスだ。

 韓国のローカルGIコリアC優勝馬で、昨年のこのこのレース2着のロンドンタウン(栗東・牧田和弥厩舎、牡5歳)、前走の名古屋大賞典は落馬競走中止だったが、シリウスS、名古屋グランプリと重賞2勝のメイショウスミトモ(栗東・南井克巳厩舎、牡7歳)、マーキュリーC優勝馬で前走の名古屋大賞典2着のミツバ(栗東・加用正厩舎、牡6歳)、前走のマーチSで小差4着のアルタイル(美浦・手塚貴久厩舎、牡6歳)なども十分に上位を狙える。



アンタレスSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【マーチS】センチュリオン、重賞初V! 2018年3月26日(月) 05:03

 第25回マーチステークス(25日、中山11R、GIII、4歳上オープン国際(指)、ハンデ、ダ1800メートル、1着本賞金3600万円 =出走16頭)幸英明騎乗で4番手を進んだ2番人気センチュリオンが、4角手前からスパートして先頭に立ち、外を強襲した5番人気クインズサターンをハナ差でおさえて重賞初制覇。タイム1分52秒1(良)。全8勝を中山ダ1800メートルで挙げる巧者ぶりを発揮した。次走は未定。1番人気ハイランドピークは9着に終わった。



 ◆幸騎手(センチュリオン1着) 「追ってからもしっかりと伸びて競馬が上手。言うことなしです」

 ◆津村騎手(クインズサターン2着) 「力のあるところは見せてくれた。こういう(中団からの)競馬もしていかないとね」

 ◆荒山勝師(ロワジャルダン3着) 「体をきっちりとつくった。適性の高い中山1800メートルで、いい競馬をしてくれました」

 ◆土田師(ハイランドピーク9着) 「少し疲れがあったのかも。ゲートもポコンと出て後ろから。最後は伸びてきたし、いろんなパターンを経験するのは今後につながるだろう」

 ◆ルメール騎手(エピカリス14着) 「4角まではいい感じも、仕掛けてから反応できなかった」



★25日中山11R「マーチS」の着順&払戻金はこちら



センチュリオン 父キングカメハメハ、母ハンドレッドスコア、母の父ホワイトマズル。黒鹿毛の牡6歳。美浦・田村康仁厩舎所属。北海道白老町の(有)社台コーポレーション白老ファームの生産馬。馬主は窪田康志氏。戦績23戦8勝。獲得賞金2億581万2000円。重賞初勝利。マーチS田村康仁調教師、幸英明騎手ともに初勝利。馬名は「古代ローマ軍百人隊指揮官名より。母名より連想」。

[もっと見る]

【マーチS】クインズサターンは2着 津村「力あるところは見せてくれた」 2018年3月25日() 19:29

 3月25日の中山11Rで行われた第25回マーチステークス(4歳以上オープン、GIII、ダート1800メートル、ハンデ、16頭立て、1着賞金=3600万円)は、幸英明騎手騎乗の2番人気センチュリオン(牡6歳、美浦・田村康仁厩舎)が好位の外め追走から直線の叩き合いを制した。タイムは1分52秒1(良)。



 中団から直線急追したクインズサターン(5番人気)はハナ差の2着に入った。



 津村明騎手「いつもよりゲートは出たし、(道中も)スルスルと上がっていけた。力のあるところは見せてくれたし、(中団から)こういう競馬もしていかないとね」



★【マーチS】払い戻し確定!! 全着順も掲載!

[もっと見る]

【マーチS】ロワジャルダンは3着 荒山師「いい競馬してくれた」2018年3月25日() 19:29

 3月25日の中山11Rで行われた第25回マーチステークス(4歳以上オープン、GIII、ダート1800メートル、ハンデ、16頭立て、1着賞金=3600万円)は、幸英明騎手騎乗の2番人気センチュリオン(牡6歳、美浦・田村康仁厩舎)が好位の外め追走から直線の叩き合いを制した。タイムは1分52秒1(良)。



 大井競馬所属の10番人気ロワジャルダンは3着に入った。



 荒山勝調教師「(22キロ減で)体をきっちりとつくってきた。適性の高い中山ダート1800メートルで、いい競馬をしてくれました」



★【マーチS】払い戻し確定!! 全着順も掲載!

[もっと見る]

【マーチS】ハイランドピーク9着…土田師「違う競馬できたのは今後につながる」 2018年3月25日() 19:28

 3月25日の中山11Rで行われた第25回マーチステークス(4歳以上オープン、GIII、ダート1800メートル、ハンデ、16頭立て、1着賞金=3600万円)は、幸英明騎手騎乗の2番人気センチュリオン(牡6歳、美浦・田村康仁厩舎)が好位の外め追走から直線の叩き合いを制した。タイムは1分52秒1(良)。



 断然の1番人気に推されたハイランドピークはこれまでとは一転、後方からレースを進めたが、9着に終わった。



 土田稔調教師「もしかしたら使ってきた疲れがあったかもしれません。ゲートの中も悪かったですし、ポコッと出て後ろから行ってもらった感じです。最後は脚を使っていますし、これまでと違う競馬ができたのは今後につながると思います」



★【マーチS】払い戻し確定!! 全着順も掲載!

[もっと見る]

⇒もっと見る

センチュリオンの関連コラム

閲覧 695ビュー コメント 0 ナイス 6



先週は、25(日)に中京競馬場でG1高松宮記念が行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G1高松宮記念は、単勝1番人気にレッドファルクスが推され、以下単勝ひとケタ台にファインニードルレッツゴードンキダンスディレクターと3頭が続く形で発走を迎えます。
まず先頭に立ったのは、最内枠からセイウンコウセイ。これに外からダイアナヘイローが並び掛けていきこの2頭が後続を引き連れる形となります。リエノテソーロブリザードが直後に続き、出遅れたネロは押し上げて直後の5番手まで進出。以下は一団で、ナックビーナスレッツゴードンキファインニードルダンスディレクタージューヌエコールレーヌミノルスノードラゴンシャイニングレイキングハートラインミーティアラインスピリットと続き後方2番手をレッドファルクス、最後方にノボバカラの態勢で先頭は早くも3コーナーへ。
前半3Fを33.3秒(推定)で通過し、僅かに先頭はセイウンコウセイとなって4コーナーを回ります。依然、後方2番手のままのレッドファルクス、2番人気ファインニードルは中団外を回って手応えよく進出を開始、3番人気レッツゴードンキは対照的にインの中団からと、人気各馬は三者三様の位置取りで直線勝負へ。
迎えた直線、内を突いて早々セイウンコウセイに並び掛けたのはレッツゴードンキ。直後からはダンスディレクターが、これもインを突いて追撃態勢に入ります。レースを引っ張るこれら3頭が、内の悪いところを割けるように徐々に外に持ち出すようにして残り200mを通過すると、次第に覇権争いは馬場の中央での叩き合いに持ち込まれます。渋太く食い下がるセイウンコウセイの外からブリザードナックビーナスファインニードルといったところが脚を伸ばし前を射程圏の勢い。一方で、後方から進路に手間取りながら懸命に追い上げるレッドファルクスはここで敗戦濃厚の態勢となります。残り100mを切って、レッツゴードンキの内からダンスディレクター、外からはナックビーナスファインニードルが並び掛け、勝負の行方はこの4頭に絞られると、大外を通ったファインニードルがこの叩き合いに終止符を打つゴール前でのラストひと伸びを披露し見事戴冠。嬉しいG1初制覇を連勝で飾っています。ハナ差の2着にレッツゴードンキが残し、そこから1/2馬身差の3着には10番人気のナックビーナスが入っています。
公認プロ予想家では、エース2号【予想マイレージクラブ限定】プロエース1号プロ伊吹雅也プロゼット1号プロろいすプロ蒼馬久一郎プロほか、計9名が的中しています。

 
 
 
----------------------------------
 
☆☆☆注目プロ →夢月プロ
24(土)の阪神2Rでの◎▲○パーフェクト的中で34万5,720円払戻しを記録すると、続く阪神3Rでは◎○馬連1点的中で30万8,000円払戻しと立て続けにビッグヒットをマーク!25(日)にもG3マーチSでの◎センチュリオンクインズサターン的中などを披露した先週は、週末トータル回収率152%、収支37万8,890円の大幅プラスを達成しています!
 
☆☆☆注目プロ →覆面ドクター・英プロ
24(土)の阪神6Rで、3連単など計48万5,530円払戻しのビッグヒットを披露!土日トータル回収率116%、収支11万8,080円プラスを達成しています。
 
☆☆☆注目プロ →河内一秀プロ
24(土)の中山5Rでは◎マイネルユキツバキヒラボクラターシュ×キタノユウキの印で、3連単658倍含む計27万5,550円払戻しのスマッシュヒット!25(日)にも勝負レースの中山2Rなどできっちり仕事を果たした先週は、週末トータル回収率100%をマークしています。
 
 
 
この他にも、エース2号【予想マイレージクラブ限定】プロ(253%)、エース1号プロ(169%)、【U指数】3連単プリンスプロ(150%)、ゼット1号プロ(133%)、マカロニスタンダーズプロ(123%)、伊吹雅也プロ(120%)、蒼馬久一郎プロ(118%)、おかべプロ(113%←8週連続週末プラス)、ろいすプロ(104%)、きいいろプロ(102%)、くりーくプロ(100%)らが週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
----------------------------------
 
※全レースの結果情報はこちら


今週は注目G1大阪杯に加えて、新プロ(豚ミンCプロと馬侑迦(まゆか)プロ)も登場!
この春ますます注目の『競馬プロ予想MAX』に集う、競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家陣の予想にぜひご期待下さい。


登録済みの方はこちらからログイン

2017年8月23日(水) 17:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2017年08月23日号】週末メイン「1点」分析EXTRA編(61)
閲覧 2,296ビュー コメント 0 ナイス 3



週末の注目レースを伊吹雅也プロが「1点」の傾向に注目して分析するウマニティ会員専用コラム。「さらにプラス1!」として挙げている種牡馬別成績も含め、ぜひ予想にご活用下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


▼2017年08月26日(土) 小倉09R ひまわり賞
【“JRAのレース”において1着、もしくは“2~4着、かつ1位入線馬とのタイム差が0.8秒以内”となった経験の有無別成績(2010年以降)】
●あり [7-7-7-24](複勝率46.7%)
●なし [0-0-0-72](複勝率0.0%)
→過去の戦績を素直に評価したい一戦。4着以内に好走したことがない馬までマークする必要はありません。

<<さらにプラス1!>>
【『血統大全』このコースの“買い”】
小倉芝1200m×ブラックタイド×3歳以下
→複勝回収率199%


▼2017年08月26日(土) 新潟11R BSN賞
【前走の着順別成績(2014年以降)】
●3着以内 [3-3-2-10](複勝率44.4%)
●4着以下 [0-0-1-19](複勝率5.0%)
→現在の施行時期に移った2014年以降は前走好走馬が優勢。特別登録を行った馬のうち、前走の着順が3着以内なのは、コパノアラジンシンゼンレンジャースズカリバーセンチュリオンタガノゴールドマスクゾロラテンロックの7頭だけです。


▼2017年08月27日(日) 新潟10R 朱鷺ステークス
【前走が“国内のレース”だった馬の、前走の4コーナー通過順別成績(2012年以降)】
●4番手以内 [0-1-0-19](複勝率5.0%)
●5番手以下 [5-4-5-37](複勝率27.5%)
→先行力の高さを活かしたいタイプは過信禁物。また、馬齢が7歳以上だった馬は2012年以降[0-0-0-16](複勝率0.0%)と苦戦しています。

<<さらにプラス1!>>

[もっと見る]

2017年7月12日(水) 17:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2017年07月12日号】週末メイン「1点」分析EXTRA編(55)
閲覧 2,328ビュー コメント 0 ナイス 5



週末の注目レースを伊吹雅也プロが「1点」の傾向に注目して分析するウマニティ会員専用コラム。「さらにプラス1!」として挙げている種牡馬別成績も含め、ぜひ予想にご活用下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


▼2017年07月16日(日) 福島11R バーデンバーデンカップ
【“福島芝1200mか小倉芝1200mのレース”における優勝経験の有無別成績(2014年以降)】
●あり [3-3-2-16](複勝率33.3%)
●なし [0-0-1-18](複勝率5.3%)
→近年は北海道を除くローカル場、かつ右回りのレースに実績のある馬が優勢。各馬のコース適性に注目すべきだと思います。


▼2017年07月16日(日) 中京11R 名鉄杯
【“同年、かつJRA、かつ1600万下から上のクラスのレース”における連対経験の有無別成績(2012~2016年のジュライステークス)】
●あり [5-4-4-13](複勝率50.0%)
●なし [0-1-1-39](複勝率4.9%)
→年明け以降の戦績を素直に評価したい一戦。特別登録を行った馬のうち、“2017年、かつJRA、かつ1600万下から上のクラスのレース”において連対経験があるのは、オウケンワールドキクノソルコパノチャーリースリータイタンセンチュリオンタガノゴールドデビルズハーツトップディーヴォマイネルクロップの9頭です。

<<さらにプラス1!>>

[もっと見る]

2015年5月2日() 14:00 凄馬プロジェクトチーム
第95回『凄馬出馬表分析&馬券検討』~テレビ東京杯青葉賞 GII
閲覧 248ビュー コメント 0 ナイス 4

みなさんこんにちは!

本日は東京11R「テレビ東京杯青葉賞 GII」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。


U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「-1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】は競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「-1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。




第1グループ(橙)は、マサハヤドリーム
第2グループ(黄)は、タンタアレグリアレーヴミストラルの2頭。
第3グループ(薄黄)は、センチュリオンスモークフリーブラックバゴとなり、以下は第4G(灰)となっています。

凄馬出馬表をご覧いただくと第1グループ・総合ポイント1位のマサハヤドリーム~第2グループ・総合ポイント2位タンタアレグリアの間の1.3の溝、第2グループ・総合ポイント3位レーヴミストラル~第3グループ・総合ポイント4位センチュリオンとの1.0の溝が上位グループでは目立ちます。

特に総合ポイント4位のセンチュリオンはダートでの指数という点を加味すると総合ポイント上位3頭(マサハヤドリームタンタアレグリアレーヴミストラル)がかなり他馬を引き離している構図と言えそうです。

この点を踏まえて私の馬券は素直に◎マサハヤドリーム、○タンタアレグリア、▲レーヴミストラルと印を打って勝負します。

【馬連ボックス】
3,8,16

【3連複フォーメーション】
3,8,16

3,8,16

1,3,4,5,6,8,12,15,16

計22点

穴が来ることを期待して3連複は手広く流してみます。

[もっと見る]

センチュリオンの口コミ


口コミ一覧

本日の見所(ローズS)

 山崎エリカ 2018年9月16日() 03:29

閲覧 344ビュー コメント 1 ナイス 21

2018年 ローズステークス
____________

オープン時代の紫苑Sは上がり馬が集う舞台に対して、ローズSはオークスの上位馬が集う舞台でした。しかし、今年のオークス上位のアーモンドアイ、リリーノーブル、ラッキーライラックは揃って秋華賞に直行。最近はG1レースの優先出走権がある馬は、前哨戦を使わなくなってきているとはいえ、寂しいメンバー構成になりました。

また、ローズSが行われる阪神芝1800mは、外回りコースで最初の3コーナーまで約665mとたっぷりと距離があります。このため先行争いが激化することもあれば、各馬が長い直線を意識して序盤でペースが落ち着くこともあります。つまり、非常に展開に振れ幅が広いということ。

先行馬が手薄ならば、ホエールキャプチャ(2010年)、ジェンティルドンナ(2011年)、ヌーヴォレコルト(2014年)が優勝した年のように、先行押し切りが決まることが多いです。一方、玉砕型の逃げ馬が出走していたり、先行馬が集うとデニムアンドルビー(2012年)やタッチングスピーチ(2015年)が優勝した年のように、追い込み馬が上位を独占することもあります。9番人気のムードインディゴが2着に追い込んだ2008年も、オーバーペースでした。

まとめるとローズSは展開読みが重要。特に今年のような実力拮抗のレースでは、より展開が重要になってくるでしょう。さて、今回はというと、逃げ馬がラテュロスくらい。さらに上位人気のサトノワルキューレ、センチュリオンは追い込み馬、サラキアもゲート難で後方からが基本スタイル。また、馬場も昨日土曜日から回復して高速馬場が濃厚なだけに、前目からの穴一発が決まる可能性が高そうです。私自身はその前提で予想を組み立てる予定です。

 ムーンシュタイナー 2018年9月6日(木) 19:14
18-19 POG 15週目②
閲覧 42ビュー コメント 0 ナイス 4

■調教から

ディアブルノワール 9/8 阪神芝1600 新馬
(マンハッタンカフェ×デビルズコーナー)
ノーザンF 泉新キャピタル 高野厩舎

栗坂 
55.1-39.6-25.6-12.7

直前は軽め。
馬なりの調教が続いていましたが、
乗り込み量はそこそこ豊富なのでこれで良いでしょう。
阪神1600だと距離長そうだし、
追って良さが出るタイプにも思えないので
初戦は難しいかな、と思いますが、
いい意味で裏切る好走を見せて欲しいです。


ジョニーズララバイ  9/22 ききょうS予定
(マンハッタンカフェ×メジロアリス)
レイクヴィラF 金子 音無厩舎

栗坂 脚色仕掛
53.4-39.1-25.7-13.1

順調。少し余裕が出て、
終い伸ばせるようになれば良いですが
そのあたりはまだまだ。
相手次第ですが、勝ち負けレベルは難しいかな。
まぁ、順調である事が重要なので、
着実に成長することを期待しています。


ルガールカルム  9/22 中山芝1600 デビュー
(ロードカナロア×サンデースマイルⅡ)
ノーザンF サンデーR 田村厩舎

美南W 良 馬なり余力
67.4-52.6-38.5-13.1
センチュリオン(古オープン)一杯の内1.0秒先着

ウッドでも動きますね。
想像以上に脚力ありそうなので、
マイルまで持たせられれば理想です。
気性面はわかりませんが、ひとまず期待できるかな。


ミッキーブラック  9/22 芙蓉S予定
(ブラックタイド×マラコスタムプラダ)
ノーザンF 野田氏 音無厩舎

栗坂 脚色強め
55.3-40.1-25.9-12.6
外モズスーパーフレア馬也と併せで併入

緩さが取れてくるかが鍵だと思いますが、
少しはよくなったかな?
もう少しパンとすると、
えらい良い馬になるんですが。
成長してきそうな雰囲気もあるし、
じっくり育てて欲しいです。


ヴェロックス 9/14 野路菊S予定
(ジャスタウェイ×セルキス)
ノーザンF 金子真人 中内田厩舎

栗CW 脚色強め
68.2-53.8-39.8-11.9

ラスト伸ばしただけ。
口角炎の影響で軽めなのかわかりませんが、
デビュー前より動きは悪いですね。
あと1週でどこまで仕上がるか。
デビュー戦より状態はよくないかもしれないなぁ。

[もっと見る]

 ユウキ先生 2018年5月7日(月) 15:04
☆2018年 重賞 ユウキ先生の◎○パート18(*^-^*)☆
閲覧 184ビュー コメント 0 ナイス 9

先週の重賞は京都新聞杯と新潟大賞典とNHKマイルCでした☆

個人的に◎○の成績を記載していきたいと思います☆

中山金杯=◎ダイワキャグニー=5着 ○ブラックバゴ=4着

京都金杯=◎ブラックムーン=1着 ○ストーミーシー=5着

フェアリーS=◎レッドベルローズ=3着 ○プリモシーン=1着

シンザン記念=◎アーモンドアイ=1着 ○カフジバンガード=5着

愛知杯=◎クインズミラーグロ=16着 ○キンショーユキヒメ=10着

京成杯=◎コズミックフォース=2着 ○エイムアンドエンド=10着

日経新春杯=◎ミッキーロケット=4着 ○カラビナ=8着

東海S=◎テイエムジンソク=1着 ○ドラゴンバローズ=13着

アメリカJCC=◎ゴールドアクター=11着 ○トーセンビクトリー=5着

根岸S=◎アキトクレッセント=12着 ○カフジテイク=3着

シルクロードS=◎アットザシーサイド=14着 ○ダイアナヘイロー=16着

東京新聞杯=◎グレーターロンドン=9着 ○ダノンプラチナ=11着

きさらぎ賞=◎ダノンマジェスティ=9着 ○カツジ=5着

共同通信杯=◎グレイル=7着 ○カフジバンガード=5着

京都記念=◎レイデオロ=3着 ○クロコスミア=8着

クイーンC=◎フィニフティ=2着 ○ナラトゥリス=15着

ダイヤモンドS=◎リッチーリッチー=4着 ○ソールインパクト=3着

京都牝馬S=◎ソルヴェイグ=11着 ○ヴゼットジョリー=6着

小倉大賞典=◎ダッシングブレイズ=4着 ○ハッピーユニバンス=7着

フェブラリーS=◎テイエムジンソク=12着 ○インカンテーション=3着

中山記念=◎ヴィブロス=8着 ○ウインブライト=1着

阪急杯=◎ディバインコード=8着 ○モーニン=16着

オーシャンS=◎スノードラゴン=11着 ○ビップライブリー=5着

チューリップ賞=◎ラッキーライラック=1着 ○スカーレットカラー=7着

弥生賞=◎ワグネリアン=2着 ○ダノンプレミアム=1着

中山牝馬S=◎マキシマムドパリ=12着 ○レイホーロマンス=3着

金鯱賞=◎スワーヴリチャード=1着 ○デニムアンドルビー=7着

フィリーズレビュー=◎コーディエライト=15着 ○アンコールプリュ=2着

フラワーC=◎トーセンブレス=2着 ○ロックディスタウン=13着

ファルコンS=◎テンクウ=8着 ○アサクサゲンキ=2着

スプリングS=◎ステルヴィオ=1着 ○カフジバンガード=6着

阪神大賞典=◎レインボーライン=1着 ○サトノクロニクル=2着

日経賞=◎トーセンバジル=5着 ○ソールインパクト=7着

毎日杯=◎ユーキャンスマイル=6着 ○ブラストワンピース=1着

マーチS=◎センチュリオン=1着 ○ハイランドピーク=9着

高松宮記念=◎レッツゴードンキ=2着 ○ナックビーナス=3着

ダービー卿CT=◎グレーターロンドン=5着 ○ゴールドサーベラス=6着

大阪杯=◎サトノダイヤモンド=7着 ○ウインブライト=12着

阪神牝馬S=◎リスグラシュー=3着 ○アドマイヤリード=4着

ニュージーランドT=◎エントシャイデン=9着 ○カシアス=7着

桜花賞=◎フィニフティ=12着 ○アンコールプリュ=アンコールプリュ=10着

アーリントンC=◎タワーオブロンドン=1着 ○ダノンスマッシュ=5着

アンタレスS=◎ナムラアラシ=8着 ○ディアデルレイ=11着

皐月賞=◎ワグネリアン=7着 ○ジャンダルム=9着

福島牝馬S=◎カワキタエンカ=2着 ○ゲッカコウ=9着

マイラーズC=◎モズアスコット=2着 ○エアスピネル=3着

フローラS=◎オハナ=14着 ○ラブラブラブ=16着

青葉賞=◎ダノンマジェスティ=8着 ○ディープインラヴ=10着

天皇賞(春)=◎レインボーライン=1着 ○ミッキーロケット=4着

京都新聞杯=◎ユーキャンスマイル=6着 ○アドマイヤアルバ=2着

新潟大賞典=◎ステファノス=11着 ○トーセンマタコイヤ=5着

NHKマイルC=◎レッドヴェイロン=3着 ○ギベオン=2着

次の印は[1着・2着・3着・4着・5着・掲示板以外]で表示します(^^)/

◎[10・7・4・3・3・25]

○[4・5・6・3・8・26]

合わせて~~~(^◇^)

◎○[14・12・10・6・11・51](^^♪

[もっと見る]

⇒もっと見る

センチュリオンの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

センチュリオンの写真

センチュリオン
センチュリオン

センチュリオンの厩舎情報 VIP

2018年3月25日マーチステークス G31着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

センチュリオンの取材メモ VIP

2018年3月25日 マーチステークス G3 1着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。