ハーベストムーン(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
ハーベストムーン
写真一覧
現役 牡4 黒鹿毛 2015年2月4日生
調教師浅見秀一(栗東)
馬主三田 昌宏
生産者ノーザンファーム
生産地安平町
戦績10戦[3-1-1-5]
総賞金3,537万円
収得賞金1,900万円
英字表記Harvest Moon
血統 マンハッタンカフェ
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
サトルチェンジ
レツィーナ
血統 ][ 産駒 ]
キャプテンスティーヴ
タニウインドタイム
兄弟 ヴェラヴァルスターアシャカダイキ
前走 2019/01/06 ポルックスステークス OP
次走予定

ハーベストムーンの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
19/01/06 中山 11 ポルックスS OP ダ1800 134437.5810** 牡4 55.0 津村明秀浅見秀一510(-2)1.55.2 1.938.5⑤⑦テーオーエナジー
18/11/18 福島 11 福島民友C OP ダ1700 152211.4510** 牡3 54.0 津村明秀浅見秀一512(+4)1.46.2 1.138.4④⑤⑤ヒラボクラターシュ
18/09/23 阪神 11 神戸新聞杯 G2 芝2400 10810314.71010** 牡3 56.0 幸英明浅見秀一508(-5)2.28.0 2.436.8⑤⑤④ワグネリアン
18/07/11 大井 11 ジャパンDD G1 ダ2000 14--------9** 牡3 56.0 戸崎圭太浅見秀一513(--)2.08.4 2.6----ルヴァンスレーヴ
18/06/17 東京 11 ユニコーンS G3 ダ1600 16488.3413** 牡3 56.0 戸崎圭太浅見秀一500(-10)1.36.8 1.837.2ルヴァンスレーヴ
18/05/20 京都 10 鳳雛S OP ダ1800 9335.731** 牡3 56.0 鮫島克駿浅見秀一510(-2)1.53.4 -0.036.2グレートタイム
18/03/31 阪神 5 3歳500万下 ダ1800 13442.311** 牡3 56.0 福永祐一浅見秀一512(-2)1.53.7 -0.837.3パキュートハート
18/02/24 小倉 10 くすのき賞 500万下 ダ1700 16355.333** 牡3 56.0 鮫島克駿浅見秀一514(-6)1.46.9 0.737.5⑦⑥⑩⑦コマビショウ
18/01/28 京都 2 3歳未勝利 ダ1800 13691.111** 牡3 56.0 武豊浅見秀一520(+2)1.56.2 -0.339.3⑥⑦ザファーストバイオ
18/01/14 京都 4 3歳新馬 ダ1800 157121.712** 牡3 56.0 C.ルメー浅見秀一518(--)1.54.6 0.336.6オメガパフューム

ハーベストムーンの関連ニュース

ポルックスSの近年の傾向をもとに、U指数を絡めてピックアップした条件に合致する馬を提示しました。予想の際にお役立てください。

※2014年以降の結果をもとに検証

<ポイント①>
荒れ模様のレースで、U指数7位以下の人気薄が毎年のように上位を賑わせている。とりわけ、前走で右回りのダ1800m戦に出走、かつひとケタ着順の好走率が高い。

指数7位以下かつ条件を満たしている馬

サクラルコール

<ポイント②>
低指数馬の奮闘が目立つレースではあるが、指数95.0未満のワンツー決着はゼロ。高配当を狙うにしても、指数95.0未満同士の2連勝馬券は控えめにしたほうがベター。

指数95.0未満

ホーリーブレイズ
アルクトス
ハーベストムーン
ヨシオ
マイネルオフィール
マインシャッツ
サクラルコール
ザイディックメア
ブラックスピネル
シャイニービーム

<ポイント③>
指数94.0未満の好走はほとんど見られない。例外は前走1600万下を勝利した昇級馬。この手のタイプは指数こそ低いものの、急成長を遂げる可能性もあるので、切るのは賢明ではない。これを除くと好走例はゼロ。とくに、買い材料がなければ、基本的に不要と考えていい。

指数94.0未満(前走1600万下1着馬を除く)

ハーベストムーン
ヨシオ
マイネルオフィール
マインシャッツ
サクラルコール
ザイディックメア



ウマニティ重賞攻略チーム

【メインレース・データ分析(特別編)】ポルックスS 12月のレース出走馬が堅調!近5年の勝ち馬はすべて奇数枠!2019年1月6日() 10:00

ポルックスSの過去のレース結果をもとに、ファクターごとの傾向に注目し、好走パターンに合致する馬をピックアップしました。予想の際にお役立てください。

※2014年以降の結果をもとに検証

【全般】
3着以内に入った馬の大半が6歳以下

ホーリーブレイズ
アルクトス
ハーベストムーン
ヨシオ
テーオーエナジー
マインシャッツ
ブラックスピネル

前年12月の中山・阪神開催を使われた馬の好走率が高い

ブラゾンドゥリス
ヨシオ
テーオーエナジー
マインシャッツ
シャイニービーム

前走で右回りのレースに出走、かつ1ケタ着順だった馬の上位占有率が高い

テーオーエナジー
サクラルコール

【人気】
波乱傾向が強い

※人気を過度に気にする必要はない

【脚質】
やや先行有利

ブラゾンドゥリス
アルクトス
ヨシオ
テーオーエナジー
マイネルオフィール
クルーガー

※近走の内容を参考に先行策をとりそうな馬を想定

【枠順】
勝ち馬はすべて奇数枠

ホーリーブレイズ
アルクトス
テーオーエナジー
マイネルオフィール
サクラルコール
ザイディックメア

【血統】
サンデーサイレンス内包馬の上位入線が多い

アルクトス
ハーベストムーン
テーオーエナジー
マイネルオフィール
マインシャッツ
サクラルコール
ザイディックメア
ブラックスピネル
シャイニービーム


【3項目以上該当馬】
テーオーエナジー(6項目)
アルクトス(4項目)
ヨシオ(3項目)
マイネルオフィール(3項目)
マインシャッツ(3項目)
サクラルコール(3項目)



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【神戸新聞杯】レースを終えて…関係者談話2018年9月24日(月) 05:02

 ◆松山騎手(メイショウテッコン3着) 「折り合いがついていた。4コーナーでセーフティーリードが欲しかったけど、距離は大丈夫。京都コースはプラスだと思います」

 ◆川田騎手(ステイフーリッシュ5着) 「秋初戦で、これだけの強いメンバーがいるなか、掲示板は外していませんからね。よく頑張っています」

 ◆和田騎手(タイムフライヤー6着) 「行きっぷりが良すぎて、力んでいた。使ってガス抜きができれば」

 ◆浜中騎手(ビッグスモーキー7着) 「スタートがよく、2番手で運んだ。大きく差はなかった」

 ◆蛯名騎手(ゴーフォザサミット8着) 「いい形だったけど、前があいてからも思ったほど伸びなかった」

 ◆岩田騎手(アドマイヤアルバ9着) 「中団ぐらいにつけたかったけど、進んでいかなかった」

 ◆幸騎手(ハーベストムーン10着) 「かわされるとやめていたし、幼い面がある」

★23日阪神11R「神戸新聞杯」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【U指数的考察】神戸新聞杯 指数上位が高値安定!とりわけ1位の信頼度はケタ違い!2018年9月23日() 10:14

神戸新聞杯の近年の傾向をもとに、U指数を絡めてピックアップした条件に合致する馬を提示しました。予想の際にお役立てください。

※2013年以降の結果をもとに検証



<ポイント①>
指数1~3位の安定感は高く、直近5年中4回は最低2頭が3着以内に入っている。とりわけ、1位の信頼度はケタ違い。2013年以降、【5.0.0.0】という圧巻のパフォーマンスを見せつけている。

1位→⑧エポカドーロ
2位→③ワグネリアン
3位→①ゴーフォザサミット

<ポイント②>
指数6位以下の馬が2頭以上3着入りしたケースはゼロ。穴を狙うにしても指数6位以下同士を組み合わせた馬券は控えめにしたほうがベター。

指数6位以下

エタリオウ
タイムフライヤー
ビッグスモーキー
アドマイヤアルバ
ハーベストムーン

<ポイント③>
指数92.0未満で馬券に絡んだ馬は2頭。1頭は京都新聞杯で2着の実績があり、もう1頭は1000万下の芝レースで1着経験があった。2000m超の重賞連対経験、あるいは1000万下より上のクラスの芝レースで優勝経験のない低指数馬は軽視のスタンスで構わない。

指数92.0未満、かつ要件を満たしていない馬

ビッグスモーキー
ハーベストムーン



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【斬って捨てる!】神戸新聞杯 キャリア10戦以上は不振!米国型ミスプロ系の相性悪し!2018年9月23日() 09:37

ウマニティの重賞攻略ページに掲載されている「データ分析」の内容や、神戸新聞杯の近年の結果をもとに、凡走パターンに合致する馬をピックアップするものです。予想の際にお役立てください。




【全般】
前走でG2格のレースに出走していた馬の好走例はゼロ(2008年以降)

ゴーフォザサミット

前走が日本ダービーあるいはラジオNIKKEI賞だった馬を除くと、前走3着以下敗退馬の好走例はみられない(2008年以降)

ゴーフォザサミット
ビッグスモーキー
ハーベストムーン

中4週以内のローテで臨んだ馬の連対例はゼロ(2008年以降)

ゴーフォザサミット

日本ダービー優勝馬を除くと、キャリア10戦以上の好走例は皆無(2008年以降)

ビッグスモーキー
アドマイヤアルバ

【人気】
2桁人気の最高着順は3着まで(1998年以降)
※8時30分現在の10番人気以下

ハーベストムーン

【脚質】
前走1~2着馬を除くと、近2走ともに4角通過が6番手以内だった馬の連対例はゼロ(2008年以降)

ハーベストムーン

【枠順】
2枠の連対は皆無(2008年以降)

エタリオウ

【血統】
米国型のミスプロ系(キングマンボ系は除く)種牡馬を父あるいは母父に持つ馬の連対例はゼロ(2008年以降)

ビッグスモーキー
エポカドーロ

G1勝利経験のある馬を除くと、ステイゴールド産駒の好走例は皆無(2008年以降)

エタリオウ
ステイフーリッシュ


【上記の凡走パターンに合致しなかった馬(連軸候補)】
ワグネリアン
タイムフライヤー
メイショウテッコン



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【血統アナリシス】神戸新聞杯 これまで以上のパフォーマンスを見せても不思議はないアノ馬!血統魅力度の高いステイゴールド産駒!2018年9月22日() 17:00

日曜日に行われる神戸新聞杯の出走馬について、血統的な舞台適性の有無を1頭ずつシンプルに考察していきます。 予想の際にお役立てください。


ゴーフォザサミット
ハーツクライは2014年の勝ち馬ワンアンドオンリーを輩出。愛ダービー馬バランシーンや仏オークス馬ウェストウィンドなど、G1馬を多数送り出している牝系の底力に関しても文句のつけようがない。さらに、サンデーサイレンス系×ノーザンダンサー系の配合馬は当舞台で好相性。血の特長を最も活かせる持続力勝負になれば、上位食い込みのチャンスは十分にある。

エタリオウ
近親に目立った活躍馬はいないものの、母は米G1勝ち馬であり、一定の底力を備えているとみていい。父ステイゴールドは、オルフェーヴルなど3頭の勝ち馬を輩出。サンデーサイレンス系×ストームバード系の当レースにおける相性も悪くない。ただし、母母父ブロードブラッシュの血が利いているためか、速い脚に欠ける印象。血の良さを活かすためには、持久力を要求される展開、あるいは馬場がベターになる。

ワグネリアン
母父は神戸新聞杯で好パフォーマンスを示しているキングマンボ系。父ディープインパクトも当レース&今秋の阪神開催で安定した成績を残しており、額面上のマイナス要素は少ない。一方、母と祖母はどちらかと言えば短距離指向。近親の活躍馬の良績もマイルレンジに集中している。そのあたりを踏まえると、スタミナを要求される競馬は本質不向き。スピードを活かせる速い上がりの決め手勝負、あるいは高速決着がベストと言えよう。

ステイフーリッシュ
伯父に安田記念勝ち馬のブラックホーク、伯母にNHKマイルC勝ち馬のピンクカメオを持ち、スピード面については文句なし。ステイゴールド×キングカメハメハ×シルヴァーホークの組み合わせを鑑みると、スタミナ面に関しても相応のモノを備えているとみていい。近親には、2016年のBCターフスプリントを制したオブヴィアスリーなど、多数の活躍馬が並び、牝系の活力も十分すぎるほど。血統魅力度の高い1頭だ。

タイムフライヤー
ハーツクライ神戸新聞杯で2014年の優勝馬を含む3頭の連対馬を輩出。母父ロベルト系の当レースにおける相性も悪くなく、額面上の舞台適性については問題なし。父母父のトニービンのしぶとさに、ブライアンズタイムのパワーとスタミナを組み合わせているのだから、秘めている持久力はかなりのものだ。その点を鑑みると、直線急坂の阪神コースは歓迎のクチ。最も得意とする馬力勝負になれば、侮れない存在と言えよう。

メイショウテッコン
マンハッタンカフェは2009年の勝ち馬イコピコを輩出し、母父であるレモンドロップキッドは当レースと好相性のキングマンボ系。よって、相応の舞台適性を持ち合わせているとみていい。BCスプリント勝ち馬である祖母の半兄をはじめ、さかのぼるとG1活躍馬が多数出ているファミリーゆえに、母系の底力についても申し分なし。やや晩成型の血筋を勘案すると、これまで以上のパフォーマンスを見せても、何ら不思議はない。

ビッグスモーキー
父は神戸新聞杯で安定した成績を残しているキングマンボ系のキングカメハメハ。父系は悪くない半面、母父のスモークグラッケンが属する米国型ミスプロ系の当レースにおけるパフォーマンスがイマイチ。加えて、母系のダート色が濃く、サンデーサイレンスの血脈も持っていないため、芝のG2ではスピード不足の印象を受ける。今回に限ってはプラス要素を見出せない。

エポカドーロ
父は3冠馬オルフェーヴル、母は重賞2勝のパワー&スピード型。機動力とスピードはメンバー随一といってもよい。半面、母以外の近親に目立った活躍馬がおらず、成長余地の有無については判断に悩むところ。また、米国型のミスプロ系種牡馬を父あるいは母父に持つ馬が当レースで不振傾向である点も気がかり。血の良さを最大限に活かせる持久力を必要とする競馬、または自身から動いて持続質勝負に持ち込むことが、勝ち負けの必須条件となる。

アドマイヤアルバ
サンデーサイレンス系×ノーザンダンサー系の組み合わせは、神戸新聞杯の好走血統のひとつ。一方、一族を振り返ると4代母までさかのぼらなければ、これといった活躍馬が見当たらず、やや活力に欠ける印象。本馬の勝ち味が遅い要因のひとつだろう。この不安要素を、父ハーツクライの特長である成長力でどこまでカバーできるかが、今回の焦点となる。

ハーベストムーン
母父は粘り強さが身上のキャプテンスティーヴ(ダマスカス系)、母母父はパワー&スタミナ型のブライアンズタイムで、追ってバテないしぶとさが持ち味。この母に持続力型のマンハッタンカフェを組み合わせているのだから、潜在している持久力は相当なものだ。半面、スタミナとパワーに長けているぶん、芝の決め手勝負は不向き。今回の舞台で上位に食い込むには、極端な馬場悪化など、多くの馬が苦にする状況にならないと厳しい。



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

⇒もっと見る

ハーベストムーンの関連コラム

閲覧 1,209ビュー コメント 0 ナイス 14



こんにちは、公認プロ予想家のくりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
前走からの中間の調整内容(評価はA~F)を中心に、各馬コメントをしていきたいと思います。



9月23日(日) 第66回 神戸新聞杯(G2、3歳 芝・外2400m Bコース)

(登録馬:11頭)

アドマイヤアルバ(C)
先週のセントライト記念は登録だけで予定通りこちらへ。休み明けで乗り込み量は豊富だが、先週の1週前追い切りの動きを見ると外の馬に手応えでは見劣り、押して押してやっと先着といかにも休み明けで動きが重い感じ。

エタリオウ(C)
変則日程や間隔が詰まっていなければ、3本~4本は追い切られて出走してきている馬でこの中間も本数は多く乗られている。乗り込み量は十分な一方で、ダービー1週前の動きと比べると先週の追い切りの動きは反応が鈍い印象を受けた。

エポカドーロ(B)
この中間は長めから4本時計を出していて、1週前追い切りでは戸崎騎手が跨り直線強めに追われた。スッと先着している様子からも仕上がりは良さそう。直前に強く追いすぎると当日のパドックでテンションが高くなることが懸念されるタイプ。最終追い切りは馬なりで良い動きを見せるようなら、好走が期待できるだろう。

ゴーフォザサミット(D)
休み明けの札幌記念を使われての叩き2戦目になるが、1週前追い切りの動きを見ても変わってきた感じがない。今回は長距離輸送も控えていて、1週前でこの動きでは不安が残る。

ステイフーリッシュ(A)
この厩舎らしく休み明けでもそれほど乗り込まれていないが、1週前追い切りでは手応えも終いの伸び脚も抜群に良く見えた。馬体重の増減が大きい馬なので、この状態なら最終追い切りは馬なりでテンションを上げないような追い切りが理想的。

タイムフライヤー(C)
若葉Sの時よりは長めから好時計が出ており数字的には良さそうな感じ。ただ1週前追い切りの動きを見ると力強さがなく、走り全体が小さく見える点は気になる。

ダブルシャープ(C)
休み明けで+14㎏での出走となった前走は、パドックでは太め感もなく成長分と合わせれば馬体が戻ったというところか。レースでは直線で伸びきれなかったが、その辺りは休み明けの分だと思われる。使われて良くなったと言いたいところだが、この中間の1週前追い切りの時計は物足りない。むしろレースを使っての反動が出ている可能性もあるので、最終追い切りの動きには注意したい一頭。

ハーベストムーン(E)
ダートではオープン特別勝ちがあるが、休み明けで初めての芝レース参戦で一線級相手。さすがに厳しいだろう。ましてやこの中間の調教内容を見ても、良い時の坂路での速い時計が出ておらず状態面での不安もある。

ビッグスモーキー(B)
芝では2戦していて、勝ち鞍こそないもののすみれS3着の実績もあり慣れれば走ってくるのかもしれない。この中間も前走時から引き続き好時計が出ていて、調子は良さそう。

メイショウテッコン(A)
オープン、G3と連勝中。この中間も坂路とCWで好時計が出ていて状態は良好。好走時は調教で時計が出る馬で、今回は単騎で行けそうなメンバーと好材料も多い。跳びが大きいことからも外回りのこのコースも向きそうだ。

ワグネリアン(B)
ダービー以来のレースで、この中間もいつもと同じ3週前に坂路、2週前と1週前にCWでという過程。少し違う点は2週前のCWでの追い切りが併せ馬ではないことくらいで、1週前の動きを見ても前半の押さえも効いて直線スッと伸びていて仕上りは良さそう。あとは福永騎手が乗れないのでその影響がどうか。


◇今回は神戸新聞杯編でした。
静岡県には『エクセル浜松』があるものの競馬場もなく、特に私の住んでいる田舎では普通に生活していると競馬に関わっている人に会うことはほとんどありません。ところが、この地域にもひょんなことから競馬に関わる人が近くにやってくることになろうとは、巡り合わせというのは不思議なものです。
私の住む町には大井川鐡道という、毎日SLが走っている鉄道があります(大井川鐵道の鉄道事業収入は、沿線人口の減少などを背景に、その9割をSL列車への乗車を目的とする観光客から得る構造となっていた。2011年度(平成23年度)からは2期連続で最終赤字を計上。存続が危ぶまれる事態となった)。当時、苦境に立たされた大井川鐵道を救おうと様々な再建計画が検討されていく中で、最終的に大井川鐡道の90%の株式を所有する形で再建に手を上げてくれたのが、エクリプス日高という北海道の会社でした。エクリプス日高と聞いて競馬センサーが反応しない訳がなく、調べてみるとエクリプス日高のオーナーさんは競走馬を所有している馬主さんでした。夢のある競馬の世界で馬を持っている人だからこそ、潰れそうな鉄道会社の再建に手を上げてくれたのではないかと感じましたし、SLを救ってくれたのが競馬の世界の人ということで私としては当時とても嬉しく思ったものです。その大井川鐡道も、2017年にはエクリプス日高の完全子会社となり、現在は2014年から期間限定で運行している『きかんしゃトーマス号』の人気も手伝って週末には関東圏、関西圏ナンバーの自動車を見かけることも多くなるほど、遠くからたくさんの方々が訪れるようになって活気が戻ってきています。
新東名の開通、静岡空港の開港と交通の便も良くなり訪れやすくなっているので、自然の中で温泉に浸かってのんびり過ごしたい方、茶畑の中を走る『きかんしゃトーマス』を見てみたい方など、子供から大人まで楽しめますのでご興味のある方はぜひいらしてみてください。


(撮影:くりーく)

競馬界も、今週の神戸新聞杯では皐月賞馬とダービー馬の対決、来週からはG1レース、さらに来月に入れば凱旋門賞と、夢のある舞台が続いていきます。台風、地震とそれどころではない方も多いと思いますが、競馬に限らず野球、サッカー、テニスなど夢のある舞台で頑張っている人たちのパフォーマンスが勇気となり、希望の星となることを期待したいと思っています。

それでは次回、毎日王冠京都大賞典編(予定)でお会いしましょう。

神戸新聞杯出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。
※最終結論はレース当日のくりーくプロページでチェックしてください。


登録済みの方はこちらからログイン

2018年6月10日() 15:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2018年06月10日号】特選重賞データ分析編(102)~2018年ユニコーンステークス~
閲覧 1,682ビュー コメント 0 ナイス 5



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G3 ユニコーンステークス 2018年06月17日(日) 東京ダ1600m


<ピックアップデータ>

【前走の条件別成績(2011年以降)】
דJRA、かつ500万下のレース” [1-0-1-35](複勝率5.4%)
○“JRA、かつ500万下のレース”以外 [6-7-7-54](複勝率27.0%)

 500万下を勝ち上がったばかりの馬は過信禁物。それなりに人気を集めた馬も少なくありませんが、ほとんど上位争いに食い込めていません。なお、前走の条件が“JRA、かつ500万下のレース”、かつ前走の着順が1着だった馬のうち、前走の2位入線馬とのタイム差が0.5秒未満だった間は2011年以降[0-0-0-29](複勝率0.0%)とさらに苦戦していました。

主な「○」該当馬→ハヤブサマカオーリョーノテソーロルヴァンスレーヴ
主な「×」該当馬→ヒラボクラターシュホウショウナウレピアーウィット


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

○「前走の条件が“JRA、かつ1000万下から上のクラスのレース”ならびに“地方のレース”、かつ前走の4コーナー通過順が3番手以内」だった馬は2011年以降[5-4-4-13](複勝率50.0%)
主な該当馬→ハーベストムーンハヤブサマカオー

[もっと見る]

ハーベストムーンの口コミ


口コミ一覧
閲覧 38ビュー コメント 0 ナイス 1

1月6日(日)中山・京都
【★=今週一番】

中山11RポルックスS
◎ 5 . ヨシオ       17.5
○ 7 . マイネルオフィール (18)
▲ 2 . ブラゾンドゥリス  17
★ 6 . テーオーエナジー  16.5
△ 4 . ハーベストムーン  (16.5)
△ 8 . クルーガー     15.5
△ 3 . アルクトス     14

~レーティングについて~
 馬名右の数値は、該当馬の実力に騎手の巧拙、枠順やコーナーの有利不利を加味して算出した独自のレーティングです。1ポイント=0.2秒の差を示し、5ポイントで入線タイム差が約1秒と想定しています。(カッコ)付き数値は長期休養馬、もしくは8カ月以上前のレースぶりを見て算出したものです。予想の参考としてご覧ください。

【参考買い目】
<単勝>
◎=1点
<3連単>
◎↔〇▲★△△△(1頭軸マルチ)=90点
〇→▲★→▲★△△△=8点
◎→〇→▲★=2点

◆勝負レース回収率◆
単勝 73%
三連単 43%

【本日の厳選1頭】
中山9R
10.グランドサッシュ

以上

 清瀬のよっちゃん 2018年11月18日() 17:25
★・・今週の予想結果とmyPOG馬の結果・・★ 
閲覧 78ビュー コメント 3 ナイス 26

写真は、ビンゴを達成した今月の「競馬でビンゴ」の私の成績です!!



今週の予想結果
(私の予想コロシアムの登録は、◎単勝と◎○▲△の馬単・3連単のBOXです)


土曜メインレースの予想結果です     


福島11R フルーツラインカップ 1000万下 芝2,600

 ◎ ③ショウナンラーゼン    6着(1番人気)
 ○ ⑥マスターコード      4着(2番人気)
 ▲ ①ミルトプレスト      2着(5番人気)
 △ ⑪ハウエバー        7着(11番人気)
1着・ゴールドフラッグを外し当り無し

ビンゴ馬:③ショウナンラーゼン  6着(1番人気)6着①マスを塗りつぶし・・・2つ目のビンゴ達成!!



東京11R 東京スポーツ杯2歳ステークス GⅢ 芝1,800

 ◎ ③カテドラル       11着(3番人気)
 ○ ⑮ルヴォルグ        9着(1番人気)
 ▲ ⑤ヴァンドギャルド     3着(4番人気)
 △ ⑫ホウオウサーベル     6着(5番人気)
1着・ニシノデイジーを外し当り無し

ビンゴ馬:③カテドラル     11着(3番人気)塗りつぶし無し



京都11R アンドロメダステークス オープン 芝2,000

 ◎ ⑧ドレットノータス     1着(2番人気)
 ○ ⑭サーブルオール      2着(1番人気)
 ▲ ⑪ショウナンバッハ    11着(3番人気)
 △ ⑤トーセンマタコイヤ   12着(10番人気)
単勝(380円)馬単(1,170円)が当たり

ビンゴ馬:⑭サーブルオール    2着(1番人気)2着②マスを塗りつぶし




日曜メインレースの予想結果です


福島11R 福島民友カップ オープン ダート1,700

 ◎ ⑭ヒラボクラターシュ   1着(1番人気)
 ○ ⑩コスモカナディアン   3着(2番人気)
 ▲ ⑮ジュンヴァルカン   12着(3番人気)
 △ ②ハーベストムーン   10着(5番人気)
単勝(190円)が当たり

ビンゴ馬:エポック       4着(4番人気)塗りつぶし無し



東京11R 霜月ステークス オープン ダート1,400

 ◎ ⑫ダンツゴウユウ     8着(1番人気)
 ○ ⑨アードラー       7着(3番人気)
 ▲ ⑥サクセスエナジー    5着(2番人気)
 △ ③ブラゾンドゥリス   14着(8番人気)
1着・サトノファンタシーを外し当り無し

ビンゴ馬:⑫ダンツゴウユウ   8着(1番人気)8着マスを塗りつぶし・・リーチ



京都11R マイルチャンピオンシップ GⅠ 芝1,600

 ◎ ②ペルシアンナイト    2着(3番人気)
 ○ ⑧モズアスコット    13着(1番人気)
 ▲ ①ステルヴィオ      1着(5番人気)
 △ ⑭エアスピネル     10着(7番人気)
馬単(6,350円)が当たり

ビンゴ馬:カツジ        4着(16番人気)塗りつぶし無し





★メインレースの予想は、単勝が2レースと馬単が2レースで当たりました、GⅠを当てられたのが嬉しいです!



★競馬でビンゴは、3マスを塗りつぶせ、2つ目のビンゴを達成、あとリーチも1つ出来ました!!



★POG馬の出走結果


土曜日

東京競馬場11RGⅢ東京スポーツ杯2歳ステークス(芝1,800)にカテドラル・牡・池添学厩舎(栗東)が出走→11着


東京競馬場11RGⅢ東京ポーツ杯2歳ステークス(芝1,800)にホウオウサーベル(牡)奥村武厩舎(美浦)が出走→6着

※このレースは残念な結果でした・・


日曜日

京都競馬場2R未勝利(芝2,000)にプランドラー・牡・池江泰寿厩舎(栗東)・筆頭オーナーが出走→1着

※やっと勝てました、筆頭オーナー馬なので嬉しいです!!


東京競馬場9R500万下赤松賞(芝1,600)にミディオーサ・メス・堀亘行厩舎(美浦)が出走→6着

※脚が伸びなかったですね・・・




※ビンゴ馬については、下記の日記を参照下さい

https://umanity.jp/home/view_diary.php?id=7548770965&owner_id=2ec1608dab

[もっと見る]

 清瀬のよっちゃん 2018年11月17日() 17:42
★・・11月18日メインレース、好走枠・好走脚質とmy予想... 
閲覧 210ビュー コメント 0 ナイス 20

日曜日の京都競馬場は、マイルチャンピオンシップが行われます、写真はマイルチャンピオンシップのポスターです
 


日曜メインレース+重賞の好走枠、好走脚質と予想です
※皆さんの予想の参考になると思われるJRA-VANよりの好走枠、好走脚質を付加しました


福島11R 福島民友カップ オープン ダート1,700

福島ダート 1,700(JRA-VANより)
・好走枠
外枠:勝率8、3% 3着内率23、2%
・好走脚質
 先行:勝率14、9% 3着内率43、8%

 ◎ ⑭ヒラボクラターシュ
 ○ ⑩コスモカナディアン
 ▲ ⑮ジュンヴァルカン
 △ ②ハーベストムーン
⑭は、夏から力を付けてきた上り馬、別定戦で斤量も恵まれている

ビンゴ馬:エポック
5着狙い



東京11R 霜月ステークス オープン ダート1,400

東京ダート 1,400(JRA-VANより)
・好走枠
フラット
・好走脚質
 逃げ:勝率12、8% 3着内率34、6%

 ◎ ⑫ダンツゴウユウ
 ○ ⑨アードラー
 ▲ ⑥サクセスエナジー
 △ ③ブラゾンドゥリス
⑫は、近3走で力をつけてきており、オープン昇級初戦でも勝ち負けになる

ビンゴ馬:⑫ダンツゴウユウ
1着狙い



京都11R マイルチャンピオンシップ GⅠ 芝1,600

京都芝(外) 1,600(JRA-VANより)
・好走枠
フラット
・好走脚質
 逃げ:勝率12、6% 3着内率34、7%

 ◎ ②ペルシアンナイト
 ○ ⑧モズアスコット
 ▲ ①ステルヴィオ
 △ ⑭エアスピネル
②は、昨年の優勝馬、今年も昨年と同じローテーションで連覇を狙う

ビンゴ馬:カツジ
13着狙い



※ビンゴ馬については、下記の日記を参照下さい

https://umanity.jp/home/view_diary.php?id=7548770965&owner_id=2ec1608dab

[もっと見る]

⇒もっと見る

ハーベストムーンの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

ハーベストムーンの写真

ハーベストムーン

ハーベストムーンの厩舎情報 VIP

2019年1月6日ポルックスステークス10着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ハーベストムーンの取材メモ VIP

2019年1月6日 ポルックスステークス 10着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。