ルヴァンスレーヴ(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
POGウォッチリストに登録すると、ウマニティPOGのPOGリストに追加できます。
今すぐ会員登録
ルヴァンスレーヴ
ルヴァンスレーヴ
ルヴァンスレーヴ
写真一覧
現役 牡3 鹿毛 2015年1月26日生
調教師萩原清(美浦)
馬主株式会社 G1レーシング
生産者(有)社台コーポレーション白老ファーム
生産地白老町
戦績 6戦[5-1-0-0]
総賞金6,008万円
収得賞金6,650万円
英字表記Le Vent Se Leve
血統 シンボリクリスエス
血統 ][ 産駒 ]
Kris S.
Tee Kay
マエストラーレ
血統 ][ 産駒 ]
ネオユニヴァース
オータムブリーズ
兄弟 ネイヴァルベース
前走 2018/07/11 ジャパンダートD G1
次走予定

ルヴァンスレーヴの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
18/07/11 大井 11 ジャパンDD G1 ダ2000 14--------1** 牡3 56.0 M.デムー萩原清490(--)2.05.8 -0.3----オメガパフューム
18/06/17 東京 11 ユニコーンS G3 ダ1600 167142.311** 牡3 56.0 M.デムー萩原清488(-8)1.35.0 -0.635.2⑧④グレートタイム
18/04/01 中山 10 伏竜S OP ダ1800 9771.612** 牡3 57.0 内田博幸萩原清496(+10)1.54.9 0.236.6④④ドンフォルティス
17/12/13 川崎 11 全日本2歳優 G1 ダ1600 13--------1** 牡2 55.0 M.デムー萩原清486(--)1.41.6 -0.2----ドンフォルティス
17/10/14 東京 9 プラタナス賞 500万下 ダ1600 11661.411** 牡2 55.0 M.デムー萩原清486(0)1.36.2 -0.435.4ソリストサンダー
17/08/13 新潟 6 2歳新馬 ダ1800 15593.411** 牡2 54.0 M.デムー萩原清486(--)1.54.8 -1.138.5⑦⑨ビッグスモーキー

ルヴァンスレーヴの関連ニュース

 第10回レパードステークス(5日、新潟11R、GIII、3歳オープン国際(指)、馬齢、ダ1800メートル、1着本賞金4000万円 =出走15頭)内田博幸騎乗のグリムがマイペースで逃げて、ヒラボクラターシュの追撃をクビ差でおさえて重賞初制覇。タイム1分52秒0(良)。この後は、休養して秋に備える。3着はビッグスモーキー。1番人気のグレートタイムは後方追走から伸び切れず6着に敗れた。

 抜かれそうで抜かせない、驚異的な粘り腰で初重賞タイトルをもぎ取った。ジョッキーの叱咤(しった)に応えて5番人気のグリムが逃げ切り。ダート界に新星が誕生した。

 「スピードがあるし、わざわざ抑えて番手よりも馬の気分を損ねないように、と思っていた。自然と行く形になりましたね」

 思い描いたとおりの作戦勝ち。汗をぬぐう内田騎手はすがすがしい笑みを浮かべる。

 ほぼ真ん中の(6)番枠から周りをうかがいながらジワッとハナへ。道中は速すぎず、遅すぎずの絶妙のペース配分で直線に入った。外からヒラボクラターシュが馬体を併せに来ると、ここから“豪腕”内田の真骨頂。馬を奮い立たせて、追いすがる相手とクビ差のリードを保ったまま押し切った。「並んだらしぶといからね。馬が来るともう一段ギアが入る」と、ジョッキーは勝負根性をたたえた。

 前走のユニコーンSは馬群の中で何度も不利を受けて9着に敗退。野中調教師は「まだ不器用で(不利に)対応できないからね。ハナもあるかなとジョッキーとも話していた。この形になればメンバーが強くても、と思っていたから」と、持ち味を生かし切ったことに笑顔を見せる。

 3歳ダート界は、交流GI2勝のルヴァンスレーヴが一枚抜けた存在といわれているが、レパードSの勝ち馬も後にGI馬に上り詰めることが多い。「まだ緩いけど、そのぶん伸びしろがある。出世レースの名を汚さないようにしないとね」と、リベンジに意欲を見せるトレーナー。今後はひと息入れて秋に備えるが、成長したグリムがどんな走りをするか。ダート界の世代戦争が盛り上がってきそうだ。 (柴田章利)

★5日新潟11R「レパードS」の着順&払戻金はこちら

グリム 父ゼンノロブロイ、母ブランシュネージュ、母の父サクラバクシンオー。芦毛の牡3歳。栗東・野中賢二厩舎所属。北海道新ひだか町・服部牧場の生産馬。馬主は(株)カナヤマホールディングス。戦績7戦4勝。獲得賞金7279万1000円。重賞初勝利。レパードSは、野中賢二調教師、内田博幸騎手ともに初勝利。馬名は「人名より」。

【レパードS】ドンフォルティス4着止まり 石橋脩「こんな馬ではない」 2018年8月5日() 20:35

 8月5日の新潟11Rで行われた第10回レパードステークス(3歳オープン、GIII、ダート1800メートル、馬齢、15頭立て、1着賞金=4000万円)は、内田博幸騎手騎乗の5番人気グリム(牡、栗東・野中賢二厩舎)が逃げ切って重賞初制覇を果たした。

 2走前の伏竜Sで3歳ダート王ルヴァンスレーヴを破っており、2番人気に支持されたドンフォルティスは、直線伸びるも、流れ込む形で4着に終わった。

 石橋脩騎手「内枠を引けて立ち回りはうまくいった。いい手応えで直線に向いて少しシュッと伸びたが、その後が流れ込む感じに。暑さの影響があったのか。こんな馬ではないと思う」



★【レパードS】払い戻し確定!! 全着順も掲載

[もっと見る]

【レパードS】9Fで全開!ドンフォルティス 2018年8月4日() 11:58

 失った威厳を適距離で取り戻す。ドンフォルティスが1F短縮で逆襲だ。

 世代の頂点を狙った前走・ジャパンダートダービーは、2番人気に推されながら伸びあぐねて6着。2走前の伏竜Sで土をつけたルヴァンスレーヴに、再び水を開けられてしまった。

 「状態自体は良かったと思うけど、脚が上がってしまった。距離が長かったのかな」と、武豊騎手は敗因を初の2000メートルに求めた。

 さすが天才の慧眼というべきか、血統データからも“距離の壁”がくっきり浮き彫りになる。ヘニーヒューズ産駒はこれまでにJRAで90勝(輸入+本邦産)をあげているが、1900メートル超では【2・0・1・22】勝率8%と、ほとんど結果を残せていないのが実情だ。



 フォルティス自身も1800メートルでは交流GIII北海道2歳優駿、前記・伏竜Sと2戦2勝。初勝利を1200メートルであげているほどスピードがあるだけに、1F短縮は大歓迎だ。また、2014年に同じ父を持つアジアエクスプレスが勝っているのも心強い。メンバー中唯一の重賞ウイナーが、本来の実力を発揮するにはまたとない舞台といえる。

 中間は目立つ時計を出していないが、これは牧浦調教師の方針。「暑さを考慮して疲れをためないようにしています。休み明けをひと叩きして状態面での上積みは見込めると思いますよ。1Fでも短くなるのはいいし、左回りもまったく問題ありません」。“省エネ調整”でためたパワーを一気に爆発させる。

 “究極の3連単は”フォルティスを1着に固定。連闘で臨んだヒヤシンスS(4着)以外はすべて馬券に絡んでいるグレートタイムを2、3着に据えた12点で勝負する。(夕刊フジ)



レパードSの出馬表はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【レパードS】ドンフォルティス、軽やかな動き 2018年8月2日(木) 05:07

 ジャパンダートダービー6着のドンフォルティスは、坂路で僚馬サンライズソル(3歳未勝利)と併入。馬なりのため4ハロン57秒1-13秒2と時計は平凡だったが、軽やかな動きで気配は悪くない。

 牧浦調教師は「輸送もあるし無理をしなかったけど、手応えはよかったです。トモ(後肢)の緩さがあってまだ発展途上ですが、伸びしろはあります」と評価した。ダ1800メートルは2戦2勝で、2走前の伏竜SではジャパンDDを制したルヴァンスレーヴを撃破。得意の距離で巻き返しなるか。

レパードSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【レパードS】グレートタイム“No.2”卒業へ11秒6 2018年8月1日(水) 11:11

 ユニコーンS2着→ジャパンダートダービー3着と、王者ルヴァンスレーヴと好勝負してきたグレートタイムが、重賞初Vへ前進した。栗東CWコースでダノンサンシャインを4馬身追走。4角で内へ入り、軽く気合が入ったラスト1Fを11秒6で駆け抜けて、並ぶようにフィニッシュした。

 「いいと思うよ。攻めすぎず馬任せで仕上げてきた。前2走は相手が強かった。ひ弱かった面がしっかりしてきたし、能力はある。今回は舞台もいい」と藤原英調教師。中2週だが「使ってくたびれたというより、元気になってきた感じ」と暑さも気にせず、“No.2”の威厳を示したい。(夕刊フジ)



レパードSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【レパードS】ドンフォルティス、距離短縮プラス 2018年8月1日(水) 05:06

 交流GIジャパンダートダービー6着からの巻き返しを狙うのがドンフォルティス。3歳ダート王のルヴァンスレーヴに土をつけた2走前の結果からも、力上位の存在なのは明らかだ。牧浦調教師は「夏の暑さを考えてソフトな調整にしていますが、調子はいいですよ。距離短縮はプラスですし、左回りもいいので」と説明した。



レパードSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

⇒もっと見る

ルヴァンスレーヴの関連コラム

閲覧 472ビュー コメント 0 ナイス 10



先週は、17(日)に函館競馬場でG3函館スプリントSが、東京競馬場でG3ユニコーンSが行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G3函館スプリントSは、ポンと好発を決めた2番人気ワンスインナムーンを内から交わした3番人気セイウンコウセイが先頭へ。軽快なラップを刻み前半3Fを33.1秒(推定)で通過すると、1番人気ナックビーナスも3番手に続き上位人気3頭が後続を率いる形で直線へ。最内で粘り込みを図るセイウンコウセイに、ワンスインナムーンナックビーナスと迫り、最内を突いてはタマモブリリアン、後続からはヒルノデイバローラインスピリットあたりも徐々にエンジン点火。残り100mを切って後続勢が前との差を一気に詰め、馬群が一気に凝縮しますが、先頭を行くセイウンコウセイも必死の応戦。最後際どく追い込んだ10番人気ヒルノデイバローセイウンコウセイがハナ差振り切って、逃げ切りV。G1高松宮記念以来の重賞2勝目をあげています。3着には、1、2着馬の間をしぶとく伸びて最後まで食い下がった1番人気ナックビーナスが入っています。
公認プロ予想家では、エース2号【予想マイレージクラブ限定】プロエース1号プロ山崎エリカプロ夢月プロ河内一秀プロ他、計12名が的中しています。
 
G3ユニコーンSは、セイウンクールガイが逃げて一団馬群のまま直線へ。序盤後方追走から外々を回って進出した1番人気ルヴァンスレーヴは、早くも先団に取り付き4番手。2番人気グリムは好位の馬群の中、3番人気グレートタイムはその直後のインとなって叩き合いに持ち込まれます。抜群の手応えのルヴァンスレーヴがあっさりと抜け出すと、そのまま勝負付けを済ませて独走へ。2番手で粘り腰を見せるセイウンクールガイに、徐々に後続各馬も迫りますが、これらは離れた2着争いまで。結局、3馬身1/2差を付けて1番人気ルヴァンスレーヴが完勝を飾っています。一方、ゴール手前で5~6頭が横一線となった混戦の2着争いは、外に持ち出してラスト伸びたグレートタイムと、馬群を縫うように伸びて上り最速をマークしたエングローサーの2頭が最後に抜け出し一騎打ちの態勢に。軍配は外グレートタイムに上がり、アタマ差で7番人気エングローサーの結果となっています。
公認プロ予想家では、はははふほほほプロサラマッポプロ岡村信将プロジョアプロ佐藤洋一郎プロ他、計7名が的中しています。
 
 
 
----------------------------------
 
☆☆☆注目プロ →サウスプロ
17(日)の東京1Rで、いきなりの3連単31万2,820円馬券的中、計125万オーバー払戻しのホームランをマークすると、他にも函館5R函館12Rなどで的中を披露!週末2日間トータルで、回収率238%、収支99万6,350円プラスのトップ成績をマーク!
 
☆☆☆注目プロ →ろいすプロ
16(土)の東京2Rミュゼット(単勝12.2倍)、東京5Rラインカリーナ(単勝89.4倍)、17(日)東京2Rケイツーリラ(単勝64.7倍)など、随所に好調予想を披露!週末トータル回収率191%の好成績をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →山崎エリカプロ
先週は、17(日)阪神11Rでの◎○▲パーフェクト予想(馬券は◎ベステンダンク-○タイセイサミットの馬連ほか的中)や、G3函館スプリントSでの◎セイウンコウセイ-△ヒルノデイバロー馬連的中などをマーク!週末トータルでは回収率132%を記録し、2週連続の週末プラスを達成しています。
 
☆☆☆注目プロ →岡村信将プロ
17(日)の函館1R函館2RG3函館スプリントS東京12R阪神3Rなど、随所に好調◎を披露した先週は、回収率130%、収支13万2,000円のプラスを記録。こちらも2週連続週末プラスをマークしています。
 
 
この他にも、おかべプロ(126%)、【U指数】3連単プリンスプロ(120%)、エース2号【予想マイレージクラブ限定】プロ(115%←6週連続週末プラス)、河内一秀プロ(114%←2週連続週末プラス)、サラマッポプロ(110%)、馬侑迦プロ(107%)、霧プロ(102%)、夢月プロ(102%)らが週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
 
 
----------------------------------
 
※全レースの結果情報はこちら


今週も、競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家陣の予想にご注目下さい。


登録済みの方はこちらからログイン

2018年6月17日() 13:01 競馬プロ予想MAX
「プロ予想MAX四天王の決断!」/ユニコーンS G3(サラマッポプロ)
閲覧 667ビュー コメント 0 ナイス 2



 最初にお知らせです。本日のお昼休み、東京競馬場のゴール前特設ステージにて、ウマニティ主催のユニコーンS予想検討会が開催されます。午前中から現地観戦されている方は、ぜひ足をお運びください!
 当欄でユニコーンSの予想を提供してくれるのは、卓越した相馬眼を武器に圧倒的な予想実績を残しているウマニティ公認プロ予想家のサラマッポさんです。「東京ダートマイルはタフな流れになり、力勝負になりやすいコース。初対戦の馬も多く、各馬の力量比較がポイントになる」とレース攻略のカギを指摘してくれた“神の目を持つ男”は、どんな決断を下したのでしょうか?
 本命は⑭ルヴァンスレーヴ。「胸が深く、豊富なスタミナを備えた馬。前走は上がり勝負で良さが出なかったが、タフな流れが見込める今回は連勝時のような強い競馬ができそう」と推奨根拠を挙げてくれました。馬券は⑭の単勝一本で勝負!本レース以外のサラマッポプロの予想は、ウマニティのプロ予想MAXでご確認ください!


(ウマニティ編集長・岡田大)

------------------------------------------------
プロ予想MAX四天王の決断!」とは・・・ウマニティが日曜のサンケイスポーツ競馬面にてお届けする連載コラムで、プロ予想MAX最強プロ予想家陣の中でも売上ランキング(前月の月間予想売上)で頂点に君臨する四天王の中から毎週1名の予想家が登場し、重賞予想を掲載しています。
------------------------------------------------

ウマニティ公認プロ予想家の予想はここが違う!
プロ予想家の予想は、予想の収支が完全公開されているガチンコ勝負の予想です。予想収支を出さない他の予想サイトとは一線を画しています。

【プロ予想家の提供する予想】
1.予想印(◎◯▲△×)による評価
2.コメントで予想根拠を提示※1
3.資金配分をした買い目(予算最大1万円)
※1:コメントの無い予想もあります。コメントの有る無しは購入前に確認できます。

【予想例】いっくんプロの皐月賞予想
3連単106万4360円を10点買いで的中!1063万4360円払戻し!


「競馬プロ予想MAX」には総勢30名のウマニティ公認プロ予想家がいます!
プロ予想家の収支はリアルタイムで完全公開されています。
まずは、どんな予想家がいるかあなたの目で確かめて下さい。
>>詳しくは競馬プロ予想MAXへ<<

[もっと見る]

2018年6月10日() 15:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2018年06月10日号】特選重賞データ分析編(102)~2018年ユニコーンステークス~
閲覧 1,512ビュー コメント 0 ナイス 5



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G3 ユニコーンステークス 2018年06月17日(日) 東京ダ1600m


<ピックアップデータ>

【前走の条件別成績(2011年以降)】
דJRA、かつ500万下のレース” [1-0-1-35](複勝率5.4%)
○“JRA、かつ500万下のレース”以外 [6-7-7-54](複勝率27.0%)

 500万下を勝ち上がったばかりの馬は過信禁物。それなりに人気を集めた馬も少なくありませんが、ほとんど上位争いに食い込めていません。なお、前走の条件が“JRA、かつ500万下のレース”、かつ前走の着順が1着だった馬のうち、前走の2位入線馬とのタイム差が0.5秒未満だった間は2011年以降[0-0-0-29](複勝率0.0%)とさらに苦戦していました。

主な「○」該当馬→ハヤブサマカオーリョーノテソーロルヴァンスレーヴ
主な「×」該当馬→ヒラボクラターシュホウショウナウレピアーウィット


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

○「前走の条件が“JRA、かつ1000万下から上のクラスのレース”ならびに“地方のレース”、かつ前走の4コーナー通過順が3番手以内」だった馬は2011年以降[5-4-4-13](複勝率50.0%)
主な該当馬→ハーベストムーンハヤブサマカオー

[もっと見る]

2017年12月4日(月) 12:00 伊吹雅也
伊吹雅也のPOG分析室 (2017) ~第8回 U指数で見る条件別注目馬~
閲覧 4,111ビュー コメント 0 ナイス 6

 今年も残すところあと1か月。今月は12月10日の阪神ジュベナイルフィリーズ(2歳GI・阪神芝1600m外)、12月17日の朝日杯フューチュリティステークス(2歳GI・阪神芝1600m外)、12月28日のホープフルステークス(2歳GI・中山芝2000m内)と、各路線の2歳チャンピオン決定戦が立て続けに施行されます。今年からホープフルステークスがGIに昇格したので、JRA賞最優秀2歳牡馬ならびに牝馬のタイトル争いがどうなるかも興味深いところですね。

 個人的に、JRA賞は「当該カテゴリーでもっとも“頑張った”馬=当該カテゴリーにおいてもっとも多くの賞金を獲得した馬」が受賞すべきだと考えているものの、実際は「出走数の少ない馬ほど強く見えがち」「施行時期の遅いレースほど高く評価されがち」「距離の長いレースほど格上に見られがち」などといった傾向がありますから、おそらくホープフルステークスの勝ち馬は(牡牝を問わず)ほぼ無条件でタイトルを獲得することになるでしょう。例外として考えられるのは、ホープフルステークスを超人気薄の馬が勝った場合、すなわち投票者の大半がその馬の潜在能力を見誤っているケースくらい。客観的な指標とは関係なく決まる賞だからこそ、結果がどうなるか楽しみで仕方ありません。

 2017年の当コラムは本稿が最終回で、ウマニティPOGも仮想オーナー募集枠の開放は12月4日が最後。“総括”的な意味合いを込め、今回はウマニティ独自のスピード指数「U指数(結果U指数)」をベースに、既出走馬がこれまでのレースで見せたパフォーマンスをランキング化してみました。入札の検討材料として、さらには2歳GI3競走のヒントとして、ぜひご活用ください。

 まずは単純な「U指数」のトップ10をご覧いただきましょう(11月19日終了時点。以下同)。

●11月12日 福島10R 福島2歳S 芝1200m アンヴァル 96.7
●10月07日 東京11R サウジアラビアRC 芝1600m ダノンプレミアム 95.2
●11月04日 東京11R 京王杯2歳S 芝1400m タワーオブロンドン 95.2
●09月03日 札幌10R すずらん賞 芝1200m リュウノユキナ 94.1
●10月07日 東京11R サウジアラビアRC 芝1600m ステルヴィオ 92.9
●11月18日 東京11R 東京スポーツ杯2歳S 芝1800m ワグネリアン 92.7
●10月22日 京都08R なでしこ賞 ダ1400m ハヤブサマカオー 92.6
●11月12日 福島10R 福島2歳S 芝1200m リュウノユキナ 92.6
●11月04日 東京11R 京王杯2歳S 芝1400m カシアス 92.6
●11月04日 東京11R 京王杯2歳S 芝1400m アサクサゲンキ 91.7

 トップは11月12日の福島2歳ステークス(2歳オープン・福島芝1200m)を圧勝した牝馬のアンヴァルアルーリングボイスの2015)。高いU指数が出やすいレースではあるものの、見た目の派手さに見合うだけの価値はあります。年内は休養予定とのことですが、マイル前後の距離も問題なくこなせるようであれば今後が楽しみです。
 2位タイは10月7日のサウジアラビアロイヤルカップ(2歳GIII・東京芝1600m)をレコード勝ちしたダノンプレミアム(インディアナギャルの2015)と、11月4日の京王杯2歳ステークス(2歳GII・東京芝1400m)を制したタワーオブロンドン(スノーパインの2015)。どちらも朝日杯フューチュリティステークスに出走を予定しているそうで、おそらく人気の中心となるでしょう。
 個人的に注目しているのはリュウノユキナ(ネオカラーの2015)。9月3日のすずらん賞(2歳オープン・札幌芝1200m)に加え、2着だった福島2歳ステークスのU指数もベスト10入りを果たしました。なお、前走までは北海道の桑原義光厩舎に所属していましたが、現在は船橋の齊藤敏厩舎に移籍しています。再度のJRA挑戦に期待して指名するのも面白そうです。

 ここから先は、クラス(新馬、未勝利、500万下から上のクラス)とトラックおよび距離(芝1600m以下、芝1700m以上、ダート)ごとに集計したランキングをご覧いただきましょう。U指数は上級条件のレースほど高い数字が出やすい指標ですし、ここから先の番組は路線もより明確になってくるので、ご自身の指名戦略に合わせてご活用いただければと思います。なお、世代限定戦のU指数には「遅い時期のレースほど高い数値が出やすい」という傾向もありますので、付記してある日付にもぜひご注目ください。

【新馬、かつ芝1600m以下のレースにおけるU指数トップ10】
●08月19日 小倉05R 芝1200m モズスーパーフレア 84.9
●10月21日 京都04R 芝1400m ナディア 84.6
●10月29日 新潟05R 芝1600m ノーブルアース 84.5
●11月19日 東京06R 芝1400m ロードライト 84.1
●11月19日 東京06R 芝1400m マートルリース 84.1
●08月06日 小倉06R 芝1200m サイエン 84.0
●08月19日 小倉05R 芝1200m ジャスパープリンス 83.9
●11月05日 京都06R 芝1400m サウンドキアラ 83.9
●10月01日 阪神05R 芝1400m アルモニカ 83.8
●08月05日 小倉05R 芝1200m バーニングペスカ 83.4
●08月05日 小倉05R 芝1200m ラブカンプー 83.4

 トップのモズスーパーフレア(Christies Treasureの2015)はデビュー2~3戦目こそ7着、5着に敗れていますが、この2戦はどちらも重賞でしたし、展開にも恵まれなかった印象。それぞれ勝ち馬とのタイム差はわずかでしたから、これからまた地道に賞金を稼いでくれるかもしれません。

【未勝利、かつ芝1600m以下のレースにおけるU指数トップ10】
●11月19日 東京04R 芝1600m テトラドラクマ 89.6
●11月11日 京都03R 芝1600m パクスアメリカーナ 89.5
●08月19日 札幌02R 芝1200m リンシャンカイホウ 88.2
●11月11日 京都03R 芝1600m ラセット 88.0
●10月21日 東京03R 芝1400m ラストプリマドンナ 87.9
●08月26日 小倉01R 芝1200m ペイシャルアス 87.7
●09月03日 小倉01R 芝1200m アンヴァル 87.3
●08月13日 小倉01R 芝1200m アサクサゲンキ 87.2
●10月07日 京都02R 芝1600m レッドランディーニ 86.9
●10月09日 東京02R 芝1600m プリモシーン 86.6
●10月09日 東京02R 芝1600m テトラドラクマ 86.6

 リンシャンカイホウ(トリプルアクトの2015)は9月30日のカンナステークス(2歳オープン・中山芝1200m外)でも2着に好走。同等の指数をマークした馬は要注目です。

【500万下から上のクラス、かつ芝1600m以下のレースにおけるU指数トップ10】
●11月12日 福島10R 福島2歳S 芝1200m アンヴァル 96.7
●10月07日 東京11R サウジアラビアRC 芝1600m ダノンプレミアム 95.2
●11月04日 東京11R 京王杯2歳S 芝1400m タワーオブロンドン 95.2
●09月03日 札幌10R すずらん賞 芝1200m リュウノユキナ 94.1
●10月07日 東京11R サウジアラビアRC 芝1600m ステルヴィオ 92.9
●11月12日 福島10R 福島2歳S 芝1200m リュウノユキナ 92.6
●11月04日 東京11R 京王杯2歳S 芝1400m カシアス 92.6
●11月04日 東京11R 京王杯2歳S 芝1400m アサクサゲンキ 91.7
●10月07日 東京11R サウジアラビアRC 芝1600m カーボナード 91.4
●10月07日 東京11R サウジアラビアRC 芝1600m テンクウ 91.4
●11月11日 京都11R デイリー杯2歳S 芝1600m ジャンダルム 91.4

 サウジアラビアロイヤルカップ組は4着のテンクウ(ピサノドヌーヴの2015)までがランクイン。人気の中心だった上位2頭はもちろん、3着のカーボナード(ディアマンティナの2015)あたりも引き続き期待できるのではないかと思います。

【新馬、かつ芝1800m以上のレースにおけるU指数トップ10】
●10月08日 東京05R 芝2000m ブラゾンダムール 82.2
●06月25日 阪神05R 芝1800m ダノンプレミアム 81.0
●10月08日 東京05R 芝2000m ジェシー 81.0
●10月22日 京都05R 芝2000m グレイル 80.9
●10月22日 京都05R 芝2000m ストーミーバローズ 80.9
●10月28日 京都05R 芝1800m スーパーフェザー 80.8
●10月28日 京都05R 芝1800m レッドヴェイロン 80.8
●11月19日 東京05R 芝1800m ブラストワンピース 80.7
●07月16日 福島05R 芝1800m ノームコア 79.8
●10月09日 京都05R 芝1800m タングルウッド 79.7

 ダノンプレミアムは6月25日の時点で81.0をマーク。次走のサウジアラビアロイヤルカップも優秀な内容でしたし、今後もしばらくは“主役”として君臨できるんじゃないでしょうか。

【未勝利、かつ芝1800m以上のレースにおけるU指数トップ10】
●10月22日 東京02R 芝2000m カフジバンガード 86.6
●09月02日 小倉02R 芝2000m シャルドネゴールド 85.7
●09月02日 小倉02R 芝2000m ウォルビスベイ 85.1
●11月11日 京都04R 芝1800m アイトーン 84.8
●11月18日 福島04R 芝1800m トーセンクリーガー 84.6
●09月30日 阪神03R 芝1800m ヘンリーバローズ 84.4
●09月23日 阪神03R 芝1800m マイスターシャーレ 84.3
●09月23日 阪神03R 芝1800m ムーンレイカー 84.3
●11月18日 東京03R 芝2000m エイムアンドエンド 84.2
●11月18日 東京03R 芝2000m ニシノマメフク 84.2

 トップは2000mのレースで86.6をマークしたカフジバンガード(エミリアの2015)。11月18日の東京スポーツ杯2歳ステークス(2歳GIII・東京芝1800m)は4着どまりだったものの、2000m以上のレースが増える今後は楽しみです。

【500万下から上のクラス、かつ芝1800m以上のレースにおけるU指数トップ10】
●11月18日 東京11R 東京スポーツ杯2歳S 芝1800m ワグネリアン 92.7
●11月05日 東京09R 百日草特別 芝2000m ゴーフォザサミット 90.5
●11月05日 東京09R 百日草特別 芝2000m ナスノシンフォニー 89.9
●11月05日 東京09R 百日草特別 芝2000m ディロス 89.9
●11月12日 京都09R 黄菊賞 芝2000m ジュンヴァルロ 89.5
●11月18日 東京11R 東京スポーツ杯2歳S 芝1800m ルーカス 89.3
●11月18日 東京11R 東京スポーツ杯2歳S 芝1800m シャルルマーニュ 89.3
●11月12日 京都09R 黄菊賞 芝2000m ケイティクレバー 88.9
●11月12日 京都09R 黄菊賞 芝2000m ドンアルゴス 88.9
●11月12日 京都09R 黄菊賞 芝2000m タニノフランケル 88.9

 ランキングを見る限り、11月5日の百日草特別(2歳500万下・東京芝2000m)はなかなかレベルの高い一戦だった模様。上位馬は引き続きマークしておくべきだと思います。

【新馬、かつダートのレースにおけるU指数トップ10】
●11月04日 東京05R ダ1300m ミスターメロディ 90.2
●10月28日 東京04R ダ1400m プロミストリープ 88.3
●10月15日 京都04R ダ1200m クレヴァーパッチ 88.2
●11月19日 京都06R ダ1200m ヌーディーカラー 84.6
●11月19日 京都06R ダ1200m ブライトエンパイア 84.6
●09月24日 中山04R ダ1200m デンコウケンジャ 84.5
●08月13日 新潟06R ダ1800m ルヴァンスレーヴ 83.4
●07月30日 札幌06R ダ1700m ハヤブサマカオー 83.3
●10月28日 京都04R ダ1200m ロードエース 83.2
●10月14日 東京04R ダ1400m ダークリパルサー 83.0

【未勝利、かつダートのレースにおけるU指数トップ10】
●09月16日 阪神01R ダ1200m ヤマニンレジスタ 89.5
●09月16日 阪神01R ダ1200m バイラ 88.8
●11月04日 福島01R ダ1150m スリーチェイサー 88.2
●09月02日 札幌01R ダ1700m ハヤブサレジェンド 87.8
●10月08日 京都01R ダ1400m マッスルマサムネ 87.2
●11月18日 東京02R ダ1600m ショーム 87.1
●11月04日 福島01R ダ1150m ソングオブファイア 86.8
●08月27日 新潟01R ダ1200m タマモアモーレ 86.5
●08月19日 小倉01R ダ1000m ニシノダンテ 86.2
●10月29日 東京02R ダ1600m ゴライアス 86.0

【500万下から上のクラス、かつダートのレースにおけるU指数トップ10】
●10月22日 京都08R なでしこ賞 ダ1400m ハヤブサマカオー 92.6
●10月22日 京都08R なでしこ賞 ダ1400m オーロスターキス 88.7
●09月30日 阪神09R ヤマボウシ賞 ダ1400m ドンフォルティス 88.7
●11月18日 京都09R もちの木賞 ダ1800m ビッグスモーキー 87.9
●10月22日 京都08R なでしこ賞 ダ1400m ユニオンローズ 87.6
●11月18日 京都09R もちの木賞 ダ1800m サージュミノル 87.5
●11月11日 東京09R オキザリス賞 ダ1400m ダークリパルサー 87.4
●10月14日 東京09R プラタナス賞 ダ1600m ルヴァンスレーヴ 87.2
●11月11日 東京09R オキザリス賞 ダ1400m クレヴァーパッチ 86.8
●11月18日 京都09R もちの木賞 ダ1800m サクラアリュール 86.7
●11月18日 京都09R もちの木賞 ダ1800m コマビショウ 86.7

 ダート路線の馬は今後の入札でもそれほど人気にならないはず。低額で落札できそうなポイントゲッターが欲しい場合は検討してみてください。

■執筆者プロフィール
伊吹 雅也(いぶき・まさや)

 埼玉県桶川市在住のフリーライター、競馬評論家。JRAホームページ内『今週の注目レース』で「データ分析」のコーナーを担当しているほか、グリーンチャンネル、JRAのレーシングプログラムなどさまざまなメディアを舞台に活動している。近著に『コース別 本当に儲かる騎手大全 2016秋~2017』(ガイドワークス)など。2016年12月02日には監修を務める人気シリーズの最新刊『ウルトラ回収率 2017-2018』(ガイドワークス)を、2017年04月12日には最新刊『コース別 本当に儲かる血統大全 2017-2018』(ガイドワークス)をリリース。POG関連メディアの制作にもさまざまな形で携わっており、ウマニティPOG 2014では最高位クラスのスペシャルワールドにおいて優勝を果たした。

[もっと見る]

ルヴァンスレーヴの口コミ


口コミ一覧
閲覧 32ビュー コメント 0 ナイス 1

1着:⑥グリム
2着:⑮ヒラボクラターシュ
3着:⑪ビッグスモーキー


私の◎にした⑭グレートタイムは6着でした。
1着の⑥グリムは▲
2着の⑮ヒラボクラターシュは無印
3着の⑪ビッグスモーキーは無印

でした。

買い目は

馬連フォーメーション
⑭④→⑥②⑦⑧⑨⑤

でしたので、予想はハズレました。_| ̄|○

まずは、⑭グレートタイムに関して、スタートして最後方からのレースになりました。
終始外を回る形のレース展開だったので、最後の直線でいつもの伸びはありませんでした。
一瞬、伸びそうでしたが・・・。
レース間隔が詰まっていたのと外枠で終始外を回ったことで
余力はなかったように感じました。
ルヴァンスレーヴの打倒一番手かと思い期待していたのですが・・・・。
ゆっくり疲れをとって秋に備えてほしいですね。

1着の⑥グリムは、対照的に好スタートから先手を奪って
常に前でレースを進めていました。
楽に前に行けたことで良い手ごたえで直線を迎えたので
直線もバテることなく逃げ切りました。
内田騎手の好騎乗だったと思います。


2着の⑮ヒラボクラターシュも好走したと思います。
ただ残念だったのは、スタートがよかったのに
逃げなかったことですね。
あのまま逃げていたら、違う結果が出たかもしれませんね。
勿体無いレースだったと思います。
次走どんなレースするのか注目してみたいと思います。

的中された方、おめでとうございます。

 ちびざる 2018年8月5日() 13:34
【GⅢ】レパードステークスの予想
閲覧 63ビュー コメント 0 ナイス 3

◎:⑭グレートタイム
〇:④ドンフォルティス
▲:⑥グリム
△:②アルクトス
×:⑦オノリス
×:⑧プロスパラスデイズ
×:⑨エングローサー
×:⑤アドマイヤビクター


【買い目】
※オッズにより、変更する可能性アリ

馬連流し
⑭→④⑥②⑦⑧⑨⑤
④→⑭⑥②⑦⑧⑨⑤

◎は⑭グレートタイムにしました。
指数2位。某スポーツ紙調教評価1位
ユニコーンSで2着、交流重賞のジャパンダートダービーで3着。
このメンバーでも実績は最上位。
レース間隔が詰まっているのと外枠が気になるところですが、
レース間隔が詰まっている点は、調教評価も高いことから状態は悪くないと思います。
外枠からの発送もルメール騎手の手腕で何とかしてくれると思います。
前走から距離短縮もプラスだと思います。

○は④ドンフォルティスにしました。
指数1位。
前走のジャパンダートダービーはよもやの6着。
最後で伸びを欠いたのはやはり距離の壁と考えれば巻き返しは可能。
先行力を生かすには、良い枠を引いたと思います。
距離が千八のあるのはプラス。
石橋騎手に乗り替わるのも良いと思います。
この馬と手が合っていると思います。
ルヴァンスレーヴに勝っている馬なので、力はあると思います。

▲は⑥グリムにしました。
指数3位。某スポーツ紙調教評価3位
ユニコーンSは9着と大崩れしましたが
青竜Sでは強い内容でスマハマに勝ったほどの馬。
素質は高いと思います。
距離が1ハロン伸びますが、新潟コースなら問題ないと思います。
ある程度、前で競馬ができるか。

△以下では、⑧プロスパラスデイズに注目しています。
前走の古馬混合の1000万下の濃尾特別を勝ちました。
古馬相手の1000万下を勝つことは力がないとできないので
それなりの力はあると思います。
調教評価からも状態は悪くないと思います。
左回りの千八を経験したことも大きいですね。
右回りより左回りのが走りやすいのかもしれませんね。
そのレースぶりに注目したいですね。
 

[もっと見る]

 ちびざる 2018年7月15日() 21:00
【交流重賞】マーキュリーカップ(JpnⅢ)の注目馬
閲覧 100ビュー コメント 0 ナイス 1

明日は、交流重賞のマーキュリーカップが行われます。


私が注目している馬は、

フェニックスマーク


です。

ここまで、7戦全て連対の成績で重賞に初挑戦。
それだけでも注目してしまいます。
レースぶりも中団から抜け出す強い競馬をしています。
今回は、大外枠に入ってどうかですね。
鞍上も横山典騎手なので、乗り方にも注目したいと思います。
ここで好走して、先週も勝ったルヴァンスレーヴとともに
秋のダート戦線を盛り上げて欲しいですね。


地方馬で注目しているのは

エンパイアペガサス

ですね。

JRAのメンバーが手薄の中でもかなり差はあると思います。
この中で、エンパイアペガサスがどこまでやれるのか。
地元の走り慣れた競馬場で、3連勝中の勢いでどこまで食い下がるのか。
注目したいですね。

[もっと見る]

⇒もっと見る

ルヴァンスレーヴの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

ルヴァンスレーヴの写真

ルヴァンスレーヴ
ルヴァンスレーヴ
ルヴァンスレーヴ

ルヴァンスレーヴの厩舎情報 VIP

2018年6月17日ユニコーンステークス G31着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ルヴァンスレーヴの取材メモ VIP

2018年6月17日 ユニコーンステークス G3 1着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。