デアフルーグ(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
POGウォッチリストに登録すると、ウマニティPOGのPOGリストに追加できます。
今すぐ会員登録
デアフルーグ
写真一覧
現役 牡3 鹿毛 2016年5月2日生
調教師鈴木伸尋(美浦)
馬主西森 鶴
生産者隆栄牧場
生産地新冠町
戦績 5戦[3-1-0-1]
総賞金4,282万円
収得賞金1,900万円
英字表記Der Flug
血統 ベーカバド
血統 ][ 産駒 ]
Cape Cross
Behkara
パイクーニャン
血統 ][ 産駒 ]
フレンチデピュティ
パイアン
兄弟 パイメイメイパイルーチェ
前走 2019/06/16 ユニコーンステークス G3
次走予定

デアフルーグの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
19/06/16 東京 11 ユニコーンS G3 ダ1600 15462.617** 牡3 56.0 津村明秀鈴木伸尋496(-4)1.36.4 0.937.2⑩⑧ワイドファラオ
19/05/12 東京 9 青竜S OP ダ1600 12112.312** 牡3 57.0 津村明秀鈴木伸尋500(-4)1.36.6 0.035.2⑨⑧デュープロセス
19/03/31 中山 10 伏竜S OP ダ1800 8881.611** 牡3 56.0 津村明秀鈴木伸尋504(-2)1.53.2 -0.237.3⑦⑦⑥⑥マスターフェンサー
19/01/13 中山 9 黒竹賞 500万下 ダ1800 166121.811** 牡3 56.0 津村明秀鈴木伸尋506(+8)1.54.3 -0.838.5⑬⑬⑥④ロダルキラー
18/12/02 中山 5 2歳新馬 ダ1800 16593.711** 牡2 55.0 津村明秀鈴木伸尋498(--)1.54.7 -1.538.1⑥⑥⑤④アラゴネーゼ

デアフルーグの関連ニュース

 ★函館SS3着タワーオブロンドン(美・藤沢和、牡4)はキーンランドC(8月25日、札幌、GIII、芝1200メートル)へ。5着ペイシャフェリシタ(美・高木、牝6)は、同レースかUHB賞(8月4日、札幌、OP、芝1200メートル)が視野に。

 ★ユニコーンS7着デアフルーグ(美・鈴木伸、牡3)はジャパンダートダービー(7月10日、大井、交流GI、ダ2000メートル)に登録し、様子を見て出否が決まる。

 ★禁止薬物問題の影響で函館SSを除外されたダノンスマッシュ(栗・安田隆、牡4)は、短期放牧を挟んでキーンランドCと産経賞セントウルS(9月8日、阪神、GII、芝1200メートル)の両にらみで調整。

【ユニコーンS】“二刀流”ファラオ、初の砂戦で快逃ショー 2019年6月17日(月) 05:11

 ユニコーンSが16日、東京競馬場で13頭によって争われ、先手を取った3番人気ワイドファラオが、直線でいったんは2番人気デュープロセスにかわされながらも差し返して優勝。初のダート戦出走で芝のニュージーランドTに次ぐ重賞制覇を飾った。1番人気デアフルーグは7着に敗れた。

 芝でも砂でも速いもの勝ちだ。芝のニュージーランドTを逃げ切ったワイドファラオが、またもや逃げ切りV。2011年シリウスSヤマニンキングリー以来の、初ダートで重賞勝ちを成し遂げ、3歳ダート界に“二刀流”の新星が誕生した。

 「オーナーには最初からダート(の方が合う)と言っていたんです。それが立証できましたね」

 してやったりの表情の福永騎手は、持ち味のスピードと粘り強さを思う存分に発揮させた。

 スタートセンスが抜群。最内枠だけに1歩目が遅ければ、前に他馬に入られて砂をかぶる展開になっていた。初ダートでも東京のマイルはスタート地点が芝。これもアドバンテージになり、ダッシュよく飛び出して、外の先行馬も振り切って先頭に立つと、その後はひとり旅。ゴール前ではデュープロセスが迫ったが、頭の上げ下げでアタマ差競り勝った。

 「スタート次第と思っていたけど、今回もいいスタート。あの形から控えても馬のリズムを崩すだけですからね。最後は脚が上がっていたけど、並んでしのいだのは、この馬の気持ちの強さ」

 自分の形に持ち込んで気力を絞り出したジョッキーは、精神力の強さに舌を巻く。

 初ダートで重賞を制した馬ではクロフネメイショウボーラーなどが、その後に砂の頂点に立っている。福永騎手は「僕が乗った馬ではメイショウボーラーがそうだったけど、その後にGIでも活躍した。この馬にもそうなってほしい」とさらなる高みを目指す。距離は「正直(マイルは)少し長い」と話すが、フェブラリーSの舞台で勝てたのも、大きな自信になったはずだ。

 3歳にして芝とダートで重賞タイトルを手にしたワイドファラオ。今後も二刀流で、その存在感を示していくのかに注目だ。 (柴田章利)

★16日東京11R「ユニコーンS」の着順&払戻金はこちら

ワイドファラオ 父ヘニーヒューズ、母ワイドサファイア、母の父アグネスタキオン。栗毛の牡3歳。栗東・角居勝彦厩舎所属。北海道新ひだか町・フジワラフアームの生産馬。馬主は幅田昌伸氏。戦績6戦3勝。獲得賞金1億40万3000円。重賞は2019年ニュージーランドTに次いで2勝目。ユニコーンS角居勝彦調教師が05年カネヒキリに次いで2勝目。福永祐一騎手は12年ストローハットに次いで2勝目。馬名は「冠名+王様」。

[もっと見る]

【ユニコーンS】デアフルーグ、初の連対圏外7着2019年6月17日(月) 05:10

 1番人気のデアフルーグは7着に敗退。いつものような伸び脚を発揮できず、デビュー以来初めて連対圏を外した。「マークしていた2着馬(デュープロセス)と一緒に伸びてくれるかと思ったが…。暑さの影響で少し疲れがあったのかもしれません」と、津村騎手は肩を落としていた。

★16日東京11R「ユニコーンS」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【ユニコーンS】レースを終えて…関係者談話 2019年6月17日(月) 05:10

 ◆幸騎手(ダンツキャッスル3着)「ゲートの中でうまく立てなかったが、(スタート後は)何とか3番手まで行った。もう少し距離があった方がいい」

 ◆田辺騎手(ヴァニラアイス4着)「短距離を使ってきたので楽にポジションが取れた。初めての千六だったが、ただ1頭の牝馬でよく頑張っている」

 ◆蛯名騎手(エルモンストロ5着)「競馬が上手でロスなく回ってこられた。折り合いもつくし、成長してくれば…」

 ◆大野騎手(アシャカトブ6着)「追走に苦労したが、長くいい脚を使っている」

 ◆津村騎手(デアフルーグ7着)「直線で外に出しても、きょうは伸びなかった。少し疲れがあったのかも」

 ◆野中騎手(ザディファレンス8着)「馬のリズムを大事にロスなく回ってジリジリと脚を使った。これがいい経験になれば」

 ◆北村友騎手(ノーヴァレンダ9着)「外にモタれてコーナーリングがスムーズじゃなかった。それを修正するのに力を使ってしまった」

 ◆石橋騎手(ニューモニュメント10着)「ゲートを出て、デムーロ騎手の馬(デュープロセス)を見ながら離されないように追走。直線はだらだらとした走りで伸びきれなかった」

 ◆戸崎騎手(ヴァイトブリック11着)「テンションが上がっていて、ゲート内も落ち着かなかった」

 ◆柴田善騎手(オンザウェイ12着)「初めてなので比較はつかないが、返し馬から走りにばらつきがあった」

 ◆丸山騎手(イメル13着)「スタートはうまく出て先行できたが、相手が強かった」

★16日東京11R「ユニコーンS」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【ユニコーンS】1番人気デアフルーグは7着 津村「暑さの影響で疲れがあったのかも」2019年6月16日() 19:17

 6月16日の東京11Rで行われた第24回ユニコーンステークス(3歳オープン、GIII、ダート1600メートル、別定、13頭立て、1着賞金=3500万円)は、福永祐一騎手騎乗の3番人気ワイドファラオ(牡、栗東・角居勝彦厩舎)が好スタートから果敢に逃げ、ゴール前で2番人気のデュープロセスとの首の上げ下げでアタマ差退け、ダート初挑戦で重賞制覇を成し遂げた。タイムは1分35秒5(重)。



 前走で連勝がストップし巻き返しを図った1番人気のデアフルーグは、後方追走で脚をため直線に懸けるも、弾け切れず7着に敗れた。



 津村明秀騎手「位置取りはあれぐらいだと思っていたし、マークしていた2着馬と一緒に上がってそこからいつものように伸びてくれるかと思ったのですが…。何とも言えないが、暑さの影響で疲れがあったのかも」



★【ユニコーンS】払い戻し確定!! 全着順も掲載

[もっと見る]

【ユニコーンS】3番人気ワイドファラオが初ダートも逃げ切りV! 2019年6月16日() 16:01

 6月16日の東京11Rで行われた第24回ユニコーンステークス(3歳オープン、GIII、ダート1600メートル、別定、13頭立て、1着賞金=3500万円)は、福永祐一騎手騎乗の3番人気ワイドファラオ(牡、栗東・角居勝彦厩舎)が好スタートから果敢に逃げ、ゴール前で2番人気のデュープロセスとの首の上げ下げでアタマ差退け、ダート初挑戦で重賞制覇を成し遂げた。タイムは1分35秒5(重)。

 アタマ+3馬身差の3着にはダンツキャッスル(6番人気)が続き、1番人気に支持されたデアフルーグは7着に敗れた。

 ユニコーンSを勝ったワイドファラオは、父ヘニーヒューズ、母ワイドサファイヤ、母の父アグネスタキオンという血統。北海道新ひだか町・フジワラファームの生産馬で、馬主は幅田昌伸氏。通算成績は6戦3勝。重賞は2019年ニュージーランドT・GIIに次いで2勝目。ユニコーンSは、角居勝彦調教師は2005年カネヒキリに次いで2勝目。福永祐一騎手は2012年ストローハットに次いで2勝目。

 ◆福永祐一騎手(1着 ワイドファラオ)「いい枠順だったので、スタート次第では逃げることを考えていましたし、リズムよくマイペースで進められました。最後は並ぶ形になりましたが、よくしのいでくれて気持ちの強い面を出してくれましたし、初ダートで勝つのですからこのままGIの舞台までいけると思います」

★【ユニコーンS】払い戻し確定!! 全着順も掲載

[もっと見る]

⇒もっと見る

デアフルーグの関連コラム

閲覧 208ビュー コメント 1 ナイス 3



先週は、16(日)に函館競馬場でG3函館スプリントS、東京競馬場でG3ユニコーンSがそれぞれ行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G3函館スプリントSは、競走除外6頭により7頭立てとなるなか、スタートを決めたカイザーメランジェがハナへ。2番手には3歳馬アスターペガサスが続き、1番人気タワーオブロンドンは後方の外を追走する形で直線へ。1馬身半ほどのリードを保つカイザーメランジェはまだまだ余力十分といった感じで、2~3番手以下よりもむしろ手応えは楽。結局、前半34.4秒-後半34.0秒(稍重)で、少頭数レースをまとめた5番人気カイザーメランジェがそのまま振り切って優勝。2番人気2着のアスターペガサスに1馬身1/2差をつける快勝で、重賞初制覇を飾っています。
公認プロ予想家では、シムーンプロジョアプロ豚ミンCプロ覆面ドクター・英プロろいすプロおかべプロ馬侑迦プロら計8名が的中をマークしています。
 
G3ユニコーンSは、前日からは一転晴天のもと、重馬場まで回復した状態でスタート。数頭横並びの態勢から、初ダート・初重賞挑戦の最内枠ワイドファラオが出ていき先頭へ。前半4Fを45.8秒で通過する流れを刻み、人気を分け合う形となった1~2番人気勢はデアフルーグは後方馬群、デュープロセスはその少し前の中団外目の位置取りでコーナーを通過していきます。直線を迎え、1馬身ほどのリードで逃げるワイドファラオ以下には、2番手でヴァニラアイス、3番手イメルと続き、外からは力強く坂を駆け上がってデュープロセス。一方のデアフルーグは、徐々にデュープロセスから離されて脱落。残り300mを過ぎてデュープロセスが単独2番手に迫って、ゴールにかけてはワイドファラオに並び掛けての叩き合い。2頭が鼻面を併せゴールに飛び込むと、最後はこの争いをワイドファラオがアタマ差振り切って勝利。4月のニュージーランドTに続き、重賞2勝目をあげています。
公認プロ予想家では、サラマッポプロ豚ミンCプロスガダイプロ蒼馬久一郎プロ他計7名が的中をマークしています。
 
 
 
----------------------------------
 
☆☆☆注目プロ →はははふほほほプロ
15(土)は函館4R3歳未勝利メガディスカバリー(単勝121.9倍)的中で計40万2,860円払戻しを記録。他にもこの日は東京3R3歳未勝利東京12R3歳以上1勝クラス阪神9R鷹取特別阪神12R3歳以上1勝クラスなど、随所に冴えわたる予想を披露しました。週間トータルでは回収率151%、収支トップ37万40円の大幅プラスを記録しています。こちらも、2週連続プラスをマークし、収支トップも2週連続!
 
☆☆☆注目プロ →サラマッポプロ
15(土)は阪神3R3歳未勝利東京11RジューンSでの◎的中などで前週土曜から続く開催日プラスを3に伸ばすと、16(日)にはG3ユニコーンS東京12R3歳以上1勝クラスの的中を披露。4日連続100%超をマークし、2週連続完全プラスを達成!土日2日間トータル成績は、回収率160%、収支6万9510円プラスで終えています。
 
☆☆☆注目プロ →霧プロ
15(土)阪神9R鷹取特別を▲◎○的中で仕留めると、阪神11R水無月Sでは◎○▲パーフェクト的中で計11万7,760円のスマッシュヒットを記録。16(日)は函館4R3歳未勝利での◎マイタイムオブデイ(単勝42.6倍)、東京4R3歳未勝利フラッフィーベアヤップヤップヤップ的中など連日の活躍を披露しています。土日トータルでは、回収率155%、収支18万2,640円の大幅プラスを達成、同時に3週連続週末プラスをマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →豚ミンCプロ
15(土)は函館2R3歳未勝利での◎的中、東京7R3歳未勝利での◎的中、阪神12R3歳以上1勝クラスでの◎○的中などで大幅プラス。16(日)にも函館3R3歳未勝利での◎ニシノゴウウン(単勝34.3倍)的中、G3函館スプリントSでの◎カイザーメランジェG3ユニコーンSでは◎ダンツキャッスルデュープロセスでのワイド1点的中と好調を継続。週間回収率トップの229%、収支12万2,590円の大幅プラスをマークし、2週連続の週末プラス収支を達成しています。
 
☆☆☆注目プロ →あおまるプロ
15(土)は函館5R2歳新馬阪神11R水無月S東京12R3歳以上1勝クラスなどのスマッシュヒットで大幅プラスをマーク!16(日)も東京4R3歳未勝利東京12R3歳以上1勝クラスといった的中を披露した先週は、トータル回収率160%、収支33万1,500円プラスを達成しています。
 
☆☆☆注目プロ →KOMプロ
15(土)は函館4R3歳未勝利で◎メガディスカバリー(単勝121.9倍)から計17万2,430円払戻しのスマッシュヒット。他にも、同阪神6R3歳未勝利、16(日)東京2R3歳未勝利などで好調予想を披露した先週は回収率108%をマーク!これで、3週連続の週末プラス収支を達成しています。
 
☆☆☆注目プロ →夢月プロ
15(土)は阪神6R3歳未勝利の◎○パーフェクト的中、函館5R2歳新馬の◎的中などでプラス収支を記録。16(日)には東京8R3歳以上1勝クラス東京10R町田特別阪神3R3歳未勝利などで好配当を連発し、さらに好調をアピール。週間トータルでは、回収率154%、収支23万4,590円プラスをマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →きいいろプロ
16(日)阪神5R2歳新馬で61万9,200円払戻しの一撃。また、この日の勝負予想阪神10R灘Sでは、○◎▲的中を披露するなどの活躍で大幅プラスを達成。土日2日間回収率は149%を記録し、収支35万6,000円払戻しの大幅プラスをマークしています。
 
 
 
この他にも、金子京介プロ(136%←2週連続週末プラス)、馬っしぐらプロ(131%←2週連続週末プラス)、シムーンプロ(122%)、イレコンデルパサープロ(116%)、マカロニスタンダーズプロ(115%)、馬侑迦プロ(110%)、おかべプロ(106%)、岡村信将プロ(106%)、田口啄麻プロ(102%)らが、週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
 
 
----------------------------------
 
※全レースの結果情報はこちら


今週も「プロ予想MAX」にぜひご注目下さい。


登録済みの方はこちらからログイン

2019年6月14日(金) 14:00 TARO
【TAROの競馬研究室】華やかな新馬の影で注目したい2歳未勝利戦/今週末の重賞展望
閲覧 608ビュー コメント 0 ナイス 4

先週の東西重賞は真逆の展開に。

超スローで前残りになったのがエプソムC。直前に降り出した雨の影響が心配されたが、5F通過63秒9というスーパースローペースになり、2番手につけたレイエンダが抜け出し勝利、逃げたサラキアが2着に入った。良い馬に乗ってばかり…と時に揶揄されることも少なくないルメール騎手だが、スローと見込んだらサッと2番手を取るあたり、やはり確かな技術と判断力があることを改めて証明した。

それにしても、5番人気というのは案外馬券を獲った人にとっては美味しかったのかもしれない。意外とまだ人気の盲点はあるということだ。

一方でマーメイドSは直線外が伸びる展開になり、大外一気のサラス+8枠2頭という、外差し競馬の教科書のような結末になった。内が荒れて来ている馬場状態に加えて各馬が早めに仕掛けたこと、さらに絶妙なハンデが生み出した波乱劇だった。

牝馬路線は通常スローペースが多いだけに、タフな流れのスタミナ戦になると通常の牝馬重賞で出ている結果や序列がまったくアテにならない。マーメイドSはハンデ戦でもあり、そういった類の荒れ方になりやすいので、来年以降も頭に入れておきたい。


~予想力を鍛えるのに最適な”2歳未勝利”

さて、春のG1は残すところ来週の宝塚記念のみとなったが、一方でこれから熱を帯びていくのが2歳戦線だろう。昨年は開幕週のサートゥルナーリアグランアレグリアダノンファンタジーといった後のG1馬がデビューしたように、近年はクラシック級の有力馬が6月にデビューするケースが増えている。今年も開幕週にサリオスリアアメリアと、今後に期待が膨らむ内容での勝ち上がり馬が出現した。

当然このようなクラシック戦線を賑わす良血馬には注目だが、もう一つ、個人的に注目したいのが今週から始まる「2歳未勝利戦」だ。新馬戦と比較するとかなり地味なイメージがある2歳未勝利だが、予想力を鍛えるにはなかなか面白い。というのも、基本的にこの時期はほぼ全頭がキャリア1戦の馬たちの戦いになるので、いわゆる前走で使っているレースも限られてくる。参考レースとなるのも限られた数戦で、その中での各馬の前走内容や変わり身の有無などを考えるわけだ。

当然人気の面では前走2着や3着の馬が有利になるが、案外、前走着外の中から変わり身を見せてくる存在もいる。例えば毎年、世代最初の未勝利となる阪神芝1400mの2歳未勝利戦では、過去3年のうち2度タートルボウル産駒が初戦の惨敗から巻き返し穴をあけている。

新馬戦は短距離でもスローペースになりやすいので、単純に前に行って2着に粘っただけ…といったタイプでも、前走2着という字面だけで人気になるが、そういったレースで逆に力を発揮できなかった馬が未勝利で巻き返しケースは多々ある。メインレースのように多くの人がレース映像をチェックしているわけではなく、また基本的に朝イチで行われるので、さほど練られていない人気が形成されがちでもある。

2歳戦、まして注目を集める新馬戦でもなく未勝利戦などは、あまり予想にも熱が入らないかもしれない。だが、たった数レースで全馬の参考レースをチェックできるという意味では予想における時間対効果は高く、キャリアが浅いからこその思わぬ穴馬を見つけることができるかもしれない。馬券のチャンスは大衆が目を向けないところにこそ眠っているものだ。


~出世レース・ユニコーンSの注目馬

さて、今週末は3歳限定のダート重賞・ユニコーンSと、サマースプリントシリーズの開幕戦・函館スプリントSが行われる。

函館スプリントSに関していえば、やはりダノンスマッシュが最有力とみる。高松宮記念ではラストで伸びあぐねて人気を裏切ったものの、得意の平坦に変わればこのメンバーなら最上位級だろう。小回りゆえに不利などで力を発揮できないケースはあるかもしれないが、基本的にはスタートも上手くて不発の少ないタイプだ。

一方、先々に向けても注目なのがユニコーンSだ。3歳世代にとっては初のJRAダート重賞となるため世代の中心を担う顔ぶれが揃う一戦で、近年の勝ち馬を見ても、ルヴァンスレーヴゴールドドリームノンコノユメベストウォーリアなど後々まで活躍する大物を多数輩出している。

今年もクリソベリルこそいないが、世代のトップクラスが集結した印象だ。その中で注目馬を一頭挙げるならデアフルーグだろう。前走は最内枠に泣き2着に敗れたものの、窮屈なレースでもキッチリ最低限の結果を出したのは評価できる。新馬戦の勝ちっぷりという点では世代でもトップクラスで、大型馬の割には器用さもある馬。ココも引き続き軸としての信頼度は高いとみる。

※一部重賞の最終結論は、ブログ『TAROの競馬』にて無料公開します。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』
(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)。2018年12月14日には最新刊『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)をリリース。

[もっと見る]

デアフルーグの口コミ


口コミ一覧
閲覧 42ビュー コメント 0 ナイス 5

はいさい!回顧のお時間です。

なぜ当たったか、なぜ外れたのか。
馬のキャラクターを知ることは次回的中への近道^ ^
サボらずしっかりやりましょうー。

‥と、その前に。

予想コロシアムの1枚目(50位以内)に載ることができました!
これが今週だけにならないようにがんばります笑

個人的には◎の単勝回収率と
▲△の複勝回収率が100%超えたのが嬉しうございまする。

さて、ではユニコーンSから

レースラップ
33.9-24.5-37.1 1.35.5 重

超が付くほどの前傾ラップで、言うならばテンから押して行き4-6Fは並ばれるのを待ってから追い出し。
あとは余力で押し切った感じですが、馬場を考慮しても3歳春でこれはハイレベルレースでしたね。
個別に行きます。

ワイドファラオ
展開としては上記の通り。
雨が味方した部分は否定しませんが、足りないトップスピードの要素をテンから出して他の馬に脚を使わせることで対応。
これはナイス騎乗です。
正直福永さんにそんなことができるとは思ってなか‥ゲフンゲフン

ただ距離はこの辺が限界ですかね。
1400とかがベストですが、時計のかかるダートへの対応はまだ未知数な部分があります。
明確に狙えるなら来年のフェブラリーですかね。

デュープロセス
テンに速いレースを好位置から早めに捕まえに行って、後は首の上げ下げ。やはり強い馬ですね。
展開に左右されにくい要素があるので、毎回着差以上に強いです。
今後も楽しみな馬ですが、こちらも距離と重たいダートはまだ未知数ですね。

ダンツキャッスル
事前に話してた通りの展開から押して行きましたが、勝負どころで置かれてしまいました。
しかし、ジリジリと3着。
加速の遅さが課題ですが、バテない強みもありますし、距離伸ばして楽しみな一頭で、むしろ速い時計のここで3着まで来たのが強さの証明ですね。

ヴァニラアイス
基礎スピードの高い馬なので、馬場の恩恵もありつつ楽に好位置へ。最後差されたのは距離でしょうね。
1400がベストで、あれだったらスプリントでもって感じでして、まぁオープンまではすんなり上がってくると思います。

エルモンストロ
トップスピードに欠ける要素があり、距離はもう少し長くても大丈夫な印象ですね。
この手のタイプは、今後も勝ち上がりには苦労するかもしれません。相手なりって馬です。

デアフルーグ
加速の遅さ。それに尽きます。
馬場も、乾いてた方がいいし、交流重賞でも活躍できそうなタイプですが、テンにもう少し行けないと信頼の頭まで!って感じではないですね。
まぁまだまだこれからでしょう。

ノーヴァレンダ
この馬の特性を活かすためには勝ち馬をねじ伏せに行くくらいの競馬が良かったのですが、あまり時計の出る馬場だと難しいのかもしれません。
コーナリングにも課題がありそうです。

ニューモニュメント
加速の悪さ、トップスピード。展開も馬場も向いてない感じでしたね。
距離も1400くらいの方が良さそうです。

ヴァイトブリック
やはり根本的なスピード不足です。地方のが輝けるかも。
この馬で後ろからでこの馬場ではノーチャンス。



続いて函館SS

レースラップ
34.4-34.0 1.08.4

函館コースは変わっててスタートから少し登り、ゆっくり下ってゴールみたいなコースで、予想のアプローチとしてはテンに行ける馬。そして持続力。この2点に尽きるのですが、大量抹消の恩恵も受け、勝ち馬が逃げ切りました。
でも他の馬いてもダノンスマッシュが勝ち馬に絡むかどうかくらいなもんだったんじゃないかなーって正直思ってます。

一頭ずつ!

カイザーメランジェ
この馬だけが上記の条件を持っていたので、必然の勝利と言えます。
足りるか不安でしたが笑
少し渋ったのも良かったかもしれません。
ここで勝ったし次も!と言いたいところですが、リンクするコースの重賞だとアイビスSDかスワンSなのです。
新潟だとスピード足りないし、スワンSだと距離長そう。
難しいタイプですね。
ひと雨降った短距離戦で逃げ馬いない時に!って感じでしょうか。

アスターペガサス
この馬は、スプリンターとしてはテンが足りませんが、末脚の持続力はなかなか見るものがあります。
京都1400とかだと相当強いパフォーマンス見せてくれると思います。

タワーオブロンドン
ちょっと1200は忙しいですね。それに尽きます。
3着まで来たのはむしろ力の証明ですね。
4着のが嬉しかったですけど。
ぐぅぅ‥。

ダイメイフジ
この手の条件はいつも得意なタイプなのですが、馬場は乾いてた方が良さそうですね。

ペイシャフェリシタ
うーん。もう少しやれると思ったんですけど。
急加速に難があるかもしれませんから、もっとテンに押して行った方が良かったのかもしれません。


こんな感じでございますー。

プリンスオブウェールズやりたいけどラップがないし馬場差大きすぎて情報不足ですので個人の楽しみまでに笑

ではまた宝塚の予想にてー。

 DEEB 2019年6月16日() 19:54
恥ずかしい馬予想2019.06.16[結果]
閲覧 48ビュー コメント 0 ナイス 1

東京11R ユニコーンステークス GⅢ 3歳オープン(国際)(指定)
◎ 6 デアフルーグ…7着
○ 3 ヴァイトブリック…11着
▲ 8 デュープロセス…2着
△ 4 エルモンストロ…5着
× 1 ワイドファラオ…1着
[結果:ハズレ×]

阪神 6R 3歳未勝利(混合)[指定]
◎ 2 プラネットアース…3着
○ 7 モズハチキン…1着
▲12 アストライア…10着
△14 ☆ラッキーバローズ…2着
× 8 スイートミーティア…6着
[結果:アタリ△ 複勝 14 190円]

阪神 9R 箕面特別 3歳以上2勝クラス(混合)[指定]
◎ 2 サクレディーヴァ…6着
○ 6 バルコラベーロ…4着
▲ 4 サンライズカラマ…2着
△ 8 スピリットワンベル…1着
× 5 オンリーワンスター …8着
[結果:ハズレ×]

阪神11R 米子ステークス(L) 3歳以上オープン(国際)(特指)
◎11 リライアブルエース…2着
○ 4 ストーミーシー …5着
▲ 8 ヒーズインラブ…10着
△ 2 ワンダープチュック…9着
× 6 キョウヘイ…11着
[結果:ハズレ×]

函館 8R 3歳以上1勝クラス(混合)[指定]
◎ 1 ヒシゲッコウ…1着
○ 5 レーガノミクス…2着
▲ 8 ☆タガノスカイハイ…7着
△ 4 アドマイヤリーブラ…3着
× 7 スカイシアター …6着
[結果:アタリ△ 馬連 1-5 360円]

函館11R 函館スプリントステークス GⅢ 3歳以上オープン(国際)(特指)
◎11 アスターペガサス…2着
○ 2 ペイシャフェリシタ…5着
▲13 タワーオブロンドン…3着
△ 7 ダイメイフジ…4着
×10 カイザーメランジェ…1着
× 9 ☆ユキノアイオロス…6着
[結果:アタリ○ 馬連 10-11 1,910円]

今日は、予定がなにもありません。
どこか行こうかな?
どこに行こうかな?

[今日の結果:6戦1勝3敗2分]
結局、仁川に行きました。
結果は、もうチョイでした。

[もっと見る]

 fedo_love 2019年6月16日() 19:18
ユニコーンS備忘録
閲覧 64ビュー コメント 0 ナイス 7

【予想】
◎6デアフルーグ/津村
〇8デュープロセス/デムーロ
△1ワイドファラオ/福永
 3ヴァイトブリック/戸崎
 13ニューモニュメント/石橋脩
→馬連6-8、6,8-1,3,13の7組

【結果】
①ワイドファラオ
②デュープロセス

⑦デアフルーグ
⑩ニューモニュメント
⑪ヴァイトブリック

【的中】
馬連1-8💮 400×12.7

【振返り】
デアフルーグとデュープロセスの2強がカタいと思いつつ、鞍上と戦績・予想番組での情報から3頭を相手に据えました。ワイドファラオ、初のダート、このレースで前走芝の馬は過去10年で(0,0,0,25)のデータがある反面、ヒロシさん本命で一押し。血統面(父ヘニーヒューズ)のダート適性に陣営も自信があるようだし、これまでのレースの格と距離を考えれば・・・と乗っかって、正解!でした。芝スタートをすんなりきめて、逃げるとわかっていて逃げて、パワーのある走りをデュープロセスの猛追をうけてなお持続させて1着。最後の200mあたりで馬券的にはホッとできたので(#^^#)2頭のマッチレースは見応えがありました。
期待したデアフルーグ、終始デュープロセスをマークしてましたが、直線を向いてからニューモニュメントとゴチャついて脚色を失ったように見えました。ニューモニュメントは今年毎月出走してたんですね、疲れていたかも。ヴァイトブリック、好調戸崎騎手でしたがゲートで遅れ、戦団に取りつき戻すまでで精一杯だったでしょうか。
ともあれ、新潟大賞典以来の馬券的中、やっとのことで連敗ストップできました(*^^)v カープも北海道・東北の超遠征続きでようやく勝ちました! この流れで、また共に戦おう!

[もっと見る]

⇒もっと見る

デアフルーグの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

デアフルーグの写真

デアフルーグ

デアフルーグの厩舎情報 VIP

2019年6月16日ユニコーンステークス G37着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

デアフルーグの取材メモ VIP

2019年6月16日 ユニコーンステークス G3 7着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。