ロザムール(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
ロザムール
写真一覧
抹消  栗毛 2016年3月31日生
調教師上原博之(美浦)
馬主栗山 良子
生産者静内坂本牧場
生産地新ひだか町
戦績29戦[4-3-4-18]
総賞金10,704万円
収得賞金3,900万円
英字表記Rose Amour
血統 ローズキングダム
血統 ][ 産駒 ]
キングカメハメハ
ローズバド
グレートテン
血統 ][ 産駒 ]
Caerleon
アイヴォリーイメージ
兄弟 ハンドレッドアーツコスモスイートテン
市場価格507万円(2017北海道サマーセール)
前走 2022/11/13 福島記念 G3
次走予定

ロザムールの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師



馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
22/11/13 福島 11 福島記念 G3 芝2000 16510196.11616** 牝6 52.0 菊沢一樹上原博之B 500
(-2)
2.03.4 3.239.0ユニコーンライオン
22/10/23 新潟 11 新潟牝馬S OP 芝2200 145766.21414** 牝6 55.0 菊沢一樹上原博之 502
(+2)
2.16.6 2.137.0ホウオウエミーズ
22/07/10 福島 11 七夕賞 G3 芝2000 161245.21212** 牝6 53.0 丸田恭介上原博之B 500
(+12)
1.59.4 1.636.9エヒト
22/04/23 福島 11 福島牝馬S G3 芝1800 1671428.91016** 牝6 54.0 武藤雅上原博之B 488
(-6)
1.51.4 4.440.3アナザーリリック
22/03/12 中山 11 中山牝馬S G3 芝1800 161169.21413** 牝6 54.0 北村宏司上原博之B 494
(+2)
1.47.5 0.735.7クリノプレミアム
22/01/05 中山 11 日刊中山金杯 G3 芝2000 175916.1516** 牝6 53.0 北村宏司上原博之 492
(-2)
2.01.5 1.437.2レッドガラン
21/11/14 阪神 11 エリザベス杯 G1 芝2200 17714137.71417** 牝5 56.0 池添謙一上原博之 494
(-8)
2.16.7 4.641.0アカイイト
21/09/26 中山 11 オールカマー G2 芝2200 1681573.1910** 牝5 54.0 三浦皇成上原博之 502
(+2)
2.12.9 1.036.3ウインマリリン
21/07/11 福島 11 七夕賞 G3 芝2000 161214.172** 牝5 53.0 M.デムー上原博之 500
(+8)
2.02.2 0.037.1トーラスジェミニ
21/04/24 新潟 11 福島牝馬S G3 芝1800 16249.3513** 牝5 54.0 北村宏司上原博之 492
(-6)
1.48.0 1.135.3ディアンドル
21/03/13 中山 11 中山牝馬S G3 芝1800 1661110.352** 牝5 52.0 北村宏司上原博之 498
(-4)
1.54.8 0.039.9ランブリングアレー
21/01/05 中山 11 日刊中山金杯 G3 芝2000 1761256.3144** 牝5 52.0 北村宏司上原博之 502
(+8)
2.01.4 0.535.5ヒシイグアス
20/12/13 中山 10 常総S 3勝クラス 芝1800 115510.551** 牝4 55.0 北村宏司上原博之 494
(+2)
1.49.3 -0.035.7ニシノカツナリ
20/10/31 東京 10 キタサンブM 3勝クラス 芝1600 183514.7612** 牝4 54.0 北村宏司上原博之 492
(+6)
1.33.9 1.135.6トライン
20/06/28 東京 10 江の島S 3勝クラス 芝1800 165912.152** 牝4 55.0 北村宏司上原博之 486
(+6)
1.49.9 0.136.3ボッケリーニ
20/04/05 中山 10 浅草特別 2勝クラス 芝1600 128125.021** 牝4 55.0 田辺裕信上原博之 480
(-2)
1.35.3 -0.134.7バールドバイ
20/03/08 中山 12 4歳以上2勝クラス 芝1600 1371110.573** 牝4 55.0 北村宏司上原博之 482
(0)
1.35.9 0.436.5フォルコメン
20/02/16 東京 12 4歳以上2勝クラス 芝1600 1281213.563** 牝4 55.0 北村宏司上原博之 482
(-2)
1.35.5 0.436.2ニシノカツナリ
19/11/03 東京 9 3歳以上2勝クラス 芝1600 153413.363** 牝3 54.0 松岡正海上原博之 484
(+2)
1.33.2 0.335.1キングリッド
19/10/06 東京 8 3歳以上2勝クラス 芝1600 153521.373** 牝3 53.0 松岡正海上原博之 482
(-6)
1.33.7 0.234.2モズダディー

⇒もっと見る


ロザムールの関連ニュース

★昨年の中山牝馬S七夕賞2着で、前走の福島記念16着ロザムール(美・上原、牝6)は現役を引退し、北海道安平町の追分ファームで繁殖馬となる予定。

【福島記念】10番人気ユニコーンライオンがブリンカー着用で復活の逃げ切りV 2022年11月13日() 18:19

11月13日の福島11Rで行われた「第58回福島記念」(3歳以上オープン、GⅢ、芝2000メートル、ハンデ、16頭立て、1着賞金=4300万円)は、トップハンデタイ57キロを背負った国分優作騎手の10番人気ユニコーンライオン(牡6歳、栗東・矢作芳人厩舎)が逃げ切ってV。昨年の鳴尾記念以来となる重賞2勝目をマークしたタイムは2分0秒2(良)。

1馬身3/4差の2着は好位からじわじわ伸びたサトノセシル(3番人気)で、欧州生まれの外国産馬によるワンツー。さらに3/4馬身差の3着には1番人気のアラタが入った。

レースはユニコーンライオンが先手を取り、シャムロックヒルベレヌスロザムールが先行集団を形成。離れた5番手にサトノセシルコスモカレンドゥラが続き、人気のアラタはこれらを見ながら7番手からレースを進めた。ユニコーンライオンは勝負どころでも手応え良く後続を引き離し、そのまま押し切ってV。一昨年の夏に着用して以来、芝では初めてのブリンカー着用で大きな変わり身を見せた。

国分優作騎手(1着 ユニコーンライオン)「この枠が決まった段階で出して行ってハナを主張するつもりでした。トップハンデでも重賞を勝っている馬だし、調教で状態の良さも分かっていたの焦らずに乗ることができました。単騎でも集中力は途切れなかったし、最後までよく頑張ってくれましたよ」

福島記念を勝ったユニコーンライオンは、父No Nay Never、母Muravka、母の父High Chaparralという血統のアイルランド産馬で、馬主はライオンレースホース(株)。通算成績は23戦6勝。重賞は2021年GⅢ鳴尾記念に次いで2勝目。福島記念矢作芳人調教師が21年パンサラッサに次いで2勝目で、国分優作騎手は初勝利。

[もっと見る]

【回収率予報ニュース! 2022/11/13(日)版】エリザベス女王杯、福島記念ほか 2022年11月13日() 09:00

皆さん、こんにちは。ウマニティ編集部です。本日は【回収率予報ニュース!2022/11/13(日)版】をお届けします。

登場してもらうのは、本年プロ予想家デビューし活躍中の回収率予報官プロ。その名の通り、回収率を予測(予報)するという予想スタイルの中枢を担う「予測回収率」にまつわる「危険馬」「穴馬」の紹介を当欄では行っていただきます。


≪2022/11/13(日) 買ってはいけない エリザベス女王杯福島記念ほか≫

「買ってはいけない」とは・・・予測回収率が低く、文字通り馬券購入の際には避けることをおすすめする馬。
なお、予測回収率が高い馬は「プロ予想MAX」提供予想の「一言コメント」および「コメント」欄に記載しています。

メインレースの予測回収率が低い馬です。
馬券購入の際には避けることをおすすめします。

■福島11R 芝2000m 3歳上オープン 15:20 G3 福島記念
 ② 60% 17.1倍(8) ユニコーンライオン
 ③ 60% 45.2倍(13) パトリック
 ⑩ 50% 91.3倍(15) ロザムール
 ⑬ 50% 98.7倍(16) サトノエルドール

■東京11R 芝1400m 3歳上オープン 15:30 オーロカップ
 ① 60% 6.1倍(2) テンハッピーローズ
 ⑤ 50% 90.1倍(18) タマモメイトウ

■阪神11R 芝2200m 3歳上オープン 15:40 G1 エリザベス女王杯
 ② 50% 55.4倍(16) ローザノワール
 ⑪ 60% 6.9倍(3) ナミュール
 ⑫ 60% 45.7倍(13) ルビーカサブランカ
 ⑰ 60% 14.4倍(9) ウインマイティー

・買ってはいけない 各レースの人気馬

各レースの出走馬で、単勝オッズ6.0以下かつ予測回収率60%以下の一覧です。

阪神 01R ⑪ 60% 4.6倍(2) マラマ
阪神 03R ⑬ 60% 4.1倍(1) シャルラハロート
福島 09R ⑨ 50% 5.5倍(3) レイカットスルー
阪神 09R ⑦ 60% 4.9倍(2) ルモンドブリエ
阪神 10R ② 60% 4.0倍(1) ジャスティン

※表は左から、レース、馬番、予測回収率、単勝オッズ、人気順、馬名です。
※オッズはデータ作成の前日夜時点のものです。
※オッズや人気順が変わっても予測回収率は変わりません。
※回収率予報の説明や使い方はこちら
 https://note.com/hrrf


≪2022/11/13(日) 単勝万馬券を狙え≫

「単勝万馬券を狙え」では、予測回収率90%以上の中で最もオッズの高い馬をご紹介いたします。単勝以外の券種でも、この馬を絡めるとオトクですよ。

東京 10R ⑭ 90% 114.4倍(15) ココニアル

※左から、レース、馬番、予測回収率、単勝オッズ、人気順、馬名です。
※オッズはデータ作成時点のものです。
※オッズや人気順が変わっても予測回収率は変わりません。
※回収率予報の説明や使い方はこちら
 https://note.com/hrrf

[もっと見る]

【ROBOTIPの勝率予測】福島記念2022 騎手重視予測からはエフェクトオン、サトノセシル2頭が並び立つ 2022年11月12日() 12:00

こんにちは。ウマニティのROBOTIP開発プロジェクトメンバーの劉備です。
日曜重賞の福島記念(G3)は、わたくし劉備が担当させていただきます。

わたくし劉備ROBOTIP設定は騎手を重視しますので「競走馬」30%、「騎手」70%を基本ベースとしています。適性については、レース条件に応じて、騎手の「距離」、「トラック」、「周回方向」、「G前の坂の有無」の各適性を配合していきます。補正は、レース条件に関係なく「斤量」「調教評価」の2点を補正ONにします。
これが劉備のROBOTIP設定の基本方針となります。

さて、今回の福島記念の舞台である福島芝2000mは、小回りで直線が短いながらもスタートとゴールに2回上り坂のあるコース。ここはそんな舞台を考慮して、距離適性50%、トラック適性30%、G前の坂の有無適性20%のセッテイングといたしました。

この設定によって算出された勝率予測は以下の通りとなります。

劉備ROBOTIPが弾き出した福島記念全馬の勝率
(順位・馬番・馬名・勝率)

1 ⑪エフェクトオン   10.96%
2 ⑦サトノセシル    10.39%
3 ⑨フィオリキアリ   8.28%
4 ③パトリック     8.02%
5 ⑭ゴールドスミス   8.00%
6 ⑫オニャンコポン   7.36%
7 ⑯ヴァンケドミンゴ  7.14%
8 ⑬サトノエルドール  6.87%
9 ⑤コスモカレンドゥラ 6.25%
10 ④カテドラル     6.09%
11 ①アラタ       5.62%
12 ⑧ベレヌス      5.05%
13 ⑩ロザムール     3.26%
14 ⑥フォワードアゲン  3.19%
15 ⑮シャムロックヒル  2.27%
16 ②ユニコーンライオン 1.25%

ROBOTIPの基本的な考え方は、平均勝率(16頭立ての場合は6.25%)を上回る馬のみを馬券対象としますので、今回の福島記念では上位9頭までが対象馬となります。
勝率の差で隊列を組むと以下の並びになります。

⑪⑦>⑨③⑭>⑫⑯⑬⑤

ご覧のように⑪エフェクトオンと⑦サトノセシル2頭がともに勝率予測10%超えで並び立ちました。隊列からは1位、2位、3位のグループが明確に分かれる図式となります。ハンデ戦ゆえ平均勝率を上回る9頭すべてにチャンスがありそうですが、馬券はエフェクトオンサトノセシル両馬の馬連を本線に、1位2位グループのボックスと、残り6~9位に流した以下の馬連の合計9,400円(19点)で勝負いたします。

【劉備の福島記念勝負馬券】

馬連
⑦-⑪
2,000円

馬連ボックス
③⑦⑨⑪⑭
10点×各500円=5,000円

馬連ながし
⑪-⑤⑫⑬⑯
4点×各300円=1,200円

馬連ながし
⑦-⑤⑫⑬⑯
4点×各300円=1,200円

**************************************
ROBOTIPは自分の競馬予想理論に従って6つの能力指数(競走馬・騎手・血統・調教師・馬主・生産者)と、5つの適性(距離・トラック・馬場状態・周回方向・G前の坂)を自由に配合して出走馬の勝率を予測するロボットです。
ROBOTIPはウマニティに会員登録(無料)すると無料でご利用頂けます。
⇒詳しくはこちらへ!
**************************************

[もっと見る]

【血統アナリシス】福島記念2022 3年連続でキングカメハメハ直系とステイゴールド直系のワンツー決着 2022年11月12日() 12:00


ウマニティ重賞攻略チームが毎週末の重賞をあらゆる切り口で考察!今回は福島記念2022・血統予想をお届けします!


昨年は1000m通過57秒3というハイペースを刻んだロードカナロア産駒のパンサラッサが、まさに肉を切らせて骨を断つ逃げで後続に4馬身差を付ける快勝。キングカメハメハの直系という観点でいえば、15年ヤマカツエース以来の勝利となるが、17年2着スズカデヴィアス、20年2着ヴァンケドミンゴ、21年3着アラタ、と近年は同系統に該当する馬が定期的に好走している。

一方、17~19年はウインブライトスティッフェリオクレッシェンドラヴ、とステイゴールドの直仔が3連覇を飾っており、20年も後継種牡馬の産駒であるバイオスパーク(父オルフェーヴル)が勝利。昨年においても2着にはオルフェーヴル産駒のヒュミドールが入線していたため、同系統が5年連続で連対していることも念頭に置くべきだろう。

ゴールドスミスは、父ステイゴールド×母ザミリア(母の父Cape Cross)。同産駒は過去に4頭が勝ち馬として名を連ねているが、18年1着スティッフェリオにおいては本馬の甥にあたる間柄でもあるので、血統構成の3/4が一致していることになる。同馬も6歳にして天皇賞(春)で2着になるなど躍進を遂げていたが、この父系らしい晩成傾向は本馬にも通じる部分がありそうだ。本馬は8歳とはいえキャリアが浅く、伸びしろも十分だろう。

フォワードアゲンは、父ローズキングダム×母エーシンシャイナー(母の父グラスワンダー)。父はキングカメハメハの直仔となるが、同系統で母の父にグラスワンダーが配された血統構成は、15年の勝ち馬ヤマカツエースを想起させる。総じて同産駒は道悪を得意とする馬が多く、同じ福島芝2000mで施行された21年七夕賞ではロザムールが2着。本馬自身も稍重と不良で1勝ずつ挙げているように、時計のかかる馬場では警戒しておきたい。

アラタは、父キングカメハメハ×母サンシャイン(母の父ハーツクライ)。同産駒は好調ぶりが目に留まるが、本馬自身も昨年は上がり3F最速となる末脚を駆使して3着に好走。また、ルーラーシップアドマイヤベガなど、トニービン内包種牡馬の血を引く馬も毎年のように上位を賑わせているため、母の父を介して同血脈を保持することも強調しやすい。前走札幌記念では4着と復調気配を示しているだけに、リピーターとして要注意な存在だろう。


【血統予想からの注目馬】
ゴールドスミス ⑥フォワードアゲン ①アラタ

[もっと見る]

【重賞データ分析】福島記念2022 6項目チェックすべてをクリアしたのは、アラタ、オニャンコポン、カテドラル、ベレヌスの4頭 2022年11月12日() 12:00


ウマニティ重賞攻略チームが毎週末の重賞をあらゆる切り口で考察!福島記念・データ分析 をお届けします!


【性別】
2012年以降、牡・せん馬の【10.10.9.106】に対し、牝馬は【0.0.1.23】の連対(2着以内)なしと劣勢。しかも、後者の3着は斤量面の恩恵を享受した3歳馬によるもの。4歳以上の牝馬は3着以内ゼロと、ひと息の結果に終わっている。

(減点対象馬)
サトノセシル ⑨フィオリキアリ ⑩ロザムール ⑮シャムロックヒル

【馬齢】
2012年以降の3着以内馬延べ30頭の馬齢を確認すると、3歳から8歳までの間。その一方、7~8歳の2着連対圏入りは前年の福島記念優勝馬だけとなっている。当レース未勝利の高齢馬は評価を控えめにしたい。

(減点対象馬)
ゴールドスミス

【ハンデ】
2012年以降の3着以内馬延べ30頭の負担重量を検証すると、52キロから58.5キロまで幅広い。ただし、52~53キロの複勝圏入りは3歳牝馬に限られる。そのあたりには配慮が必要だろう。

(減点対象馬)
フォワードアゲン ⑦サトノセシル ⑨フィオリキアリ ⑩ロザムール ⑪エフェクトオン ⑮シャムロックヒル

【近走成績】
前走の着順はさほど重要ではないものの、近2走の縛りでみると話が変わってくる。2012年以降、近2走内にG1以外の2000m戦で10着以下の大敗歴がある馬が2着連対圏に入ったケースはなし。また、近2戦続けてG2以下の1800~2200m戦を使用し、ともに5着以下だった馬の連対(2着以内)例は皆無。該当馬は疑ってかかったほうがよさそうだ。

(減点対象馬)
ユニコーンライオン ③パトリック ⑨フィオリキアリ ⑩ロザムール ⑬サトノエルドール ⑮シャムロックヒル ⑯ヴァンケドミンゴ

【近走人気】
近走で低評価を受けていた馬が上位入線することも珍しくないレースではあるが、その多くは重賞を主戦場としてきた馬。2012年以降、近2走続けて非重賞戦を使用し、ともに単勝7番人気以下の低評価だった馬の複勝圏入りはゼロ。該当馬が首位争いに加わることは難しい。

(減点対象馬)
コスモカレンドゥラ

【間隔】
2012年以降の3着以内馬延べ30頭は、いずれも前走から中1~14週の間隔で臨んでいた。中15週以上の臨戦馬は3着以内ゼロと、厳しい戦いを強いられている。

(減点対象馬)
エフェクトオン


【データ予想からの注目馬】
上記6項目で減点がないのは、①アラタ、④カテドラル、⑧ベレヌス、⑫オニャンコポンの4頭。

トップには①アラタを挙げたい。2012年以降の3着以内馬30頭中13頭を占める前走G2組に該当。そのなかでも、前走が1秒0未満の敗戦だった馬は【3.4.3.8】と過半数が3着以内に入っている。ここは重賞制覇の好機だろう。

過去10年【2.1.1.7】の3歳馬に当てはまる、⑫オニャンコポンを2番手評価。以下、④カテドラル、⑧ベレヌスまでマークしておきたい。

<注目馬>
アラタ ⑫オニャンコポン ④カテドラル ⑧ベレヌス

[もっと見る]

⇒もっと見る

ロザムールの関連コラム

閲覧 1,802ビュー コメント 0 ナイス 2



先週の七夕賞は丸田騎手=ロザムールの逃げに期待したが、想定した流れと真逆の競馬になってしまいかすりもせず。レースは持久力を問われた。

その中で大外枠のエヒトがスムーズに進出し抜け出し、2着にヒートオンビート、3着にアンティシペイトが入線、キングマンボ系×母父ディープインパクトのワンツースリー決着。

10分前に行われた小倉のプロキオンSも、トップウイナーが何が何でもの姿勢を見せて先行争いに加わって行ったため、ダートとしては珍しいハイペースの持久力戦に。結果、ダート中長距離実績馬が上位を独占した。

そのレースを制したのがゲンパチルシファーゲンパチルシファーの父はトゥザグローリー。決して産駒が多いわけではなくマイナー種牡馬に分類される同馬だが、これでカラテに次いでJRA重賞2勝目となった。奇しくも前日の福島メインでも同産駒のエターナルヴィテスが14番人気で2着に激走。

ゲンパチルシファーカラテエターナルヴィテスといった馬たちに共通するのは、キレないがバテないということ。カラテゲンパチルシファーはともに500キロを大きく超える超大型馬で追わせるタイプの鞍上が合うということも共通している。

ゲンパチルシファーは久々の勝利となったが、川田騎手とのコンビで2戦2勝。カラテは追わせることにおいては若手トップクラスといってもいい菅原明騎手とのコンビで活躍している。エターナルヴィテスは決め手がない弱点を早めのマクリで補って大穴をあけた。

こういった傾向は例えば種牡馬データのようなものを検索してわかるものではない。アナログで得た感覚の点と点を繋げることで初めて実感できる。マイナー種牡馬はその血統ゆえに穴になることも多いので、上手く手の内に入れて自分自身の得意血統を持っておきたい。本来であれば馬券を当てた上でこういった話をしたかったのだが、それはまた次回以降ということで。

では、今回も先週の競馬から次走狙えそうな馬を一頭。

【次走狙い馬】エイシンスポッター(土曜小倉12レース・3歳上1勝クラス/1着)

どんな状況でも1200mを使われてからは確実にラスト伸びてくる。今回は詰まりつつもラスト伸びて脚余しながら勝利で、馬群も捌けるので不発は少ないはず。下り坂スタートの小倉も合うので引き続き警戒。

函館記念展望

では、いつも通り最後は週末の注目馬で締めたい。今週末は函館ラストウィークを飾るハンデ戦・函館記念。注目馬はコチラ。

アラタ横山武史騎手)

注目はアラタ横山武史騎手。前走は逃げて失速も本来は好位で溜めたいタイプ。荒れ馬場を全く苦にせず、函館の小回りも合う。何よりこの舞台で横山武史騎手は大きなプラス材料。雨予報も朗報で、好位から抜け出す。

※週末の重賞の最終本命馬は、ブログ『TAROの競馬』にて無料公開予定です。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)、『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)。


登録済みの方はこちらからログイン

2022年7月8日(金) 14:00 TARO
【TAROの競馬研究室】大事なのは騎手の巧拙より馬との相性/七夕賞展望
閲覧 1,478ビュー コメント 0 ナイス 1



ラジオNIKKEI賞は開幕週らしく逃げ馬&内枠の決着に。当初本命予定だった当コラムでも推奨したクロスマジェスティは、内田騎手への乗り替わりが嫌で評価を下げ、最終的な本命は◎サトノヘリオス

道中は最内枠を生かしインを追走、そこで我慢できるのが岩田望来騎手の良さ。直線は何とか馬群を捌いて伸びて来てくれた。理想は2着までに来てくれることだったが、それでも十分力を出しての3着。開幕週の馬場を考えた好騎乗だった。

クロスマジェスティを嫌ったのは、やはり内田騎手がまったく合わないと思えたため。同騎手はゴールドシップに代表されるパワー騎乗が持ち味で、立ち回りを身上とするギアの軽い牝馬はもっとも合わない。急遽の乗り替わりの場合残っている騎手から上位のジョッキーを選ぶケースも多いが、今回は馬の特徴を考えるとかなりミスマッチだったように思える。

ジョッキーと馬の相性というのは馬券を買う上でもかなり重要なポイントなのだが、その割にあまり考えられていないようにも思える。未だに騎手評の多くが、「○○騎手は乗れるor乗れない」の域を出ないのはその証拠でもある。仮に乗れる騎手でも合わない馬はいるし、逆に微妙に思える騎手でも合う馬はいる。もちろんもっと残酷なことに、どれだけ思い入れのあるコンビでも技術が足りず、上手い騎手が乗り替わればアッサリ走ってしまうケースもある。

いずれにしても、予想をする上で騎手を見る場合は、その騎手が上手いか下手かをそこまで強く考える必要はない。それ以上に、騎手の特徴や、馬との相性がどうかといったことを考えるのが重要になる。

では、今回も先週の競馬から次走狙えそうな馬を一頭。

【次走狙い馬】オンリーオピニオン(日曜函館8レース・3歳上1勝クラス/1着)

久々だったが2番手から堂々の抜け出し。デビュー当時から安定感ある立ち回りでセンスがあり小回りは合う。これまで柴田大知騎手が騎乗していたことで馬のパフォーマンスがかなり落ちていたが、今回は乗り替わり効果てきめんで完勝。クラスが上がっても北海道で続戦ならば即通用しそうだ。

七夕賞展望

では、いつも通り最後は週末の注目馬で締めたい。今週末は夏の名物ハンデ重賞・七夕賞が開催される。波乱含みの一戦なので、今回も穴馬を取り上げてみたい。注目馬はコチラ。

ロザムール丸田恭介騎手)

ロザムールは昨年の七夕賞2着馬。以降は結果出ていないが、外枠を引かされることが多く、昨年の好走以降唯一内枠を引けた中山牝馬Sは皮肉なことに外が伸びる馬場になってしまった。自在に立ち回れるので小回りは合うし、タフな馬場は非常に上手い。近走の不振で人気はかなり落ちそうだが、立ち回り次第で出番がありそうだ。先週土日メインジャックした好調丸田騎手騎乗も心強く、すっと先行できる本馬の持ち味を生かしてくれそうだ。気象状況と枠順次第で一発狙ってみる価値はある。

※週末の重賞の最終本命馬は、ブログ『TAROの競馬』にて無料公開予定です。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)、『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)。

[もっと見る]

2021年11月11日(木) 10:00 くりーく
くりーくの中間調教チェック エリザベス女王杯2021 
閲覧 1,682ビュー コメント 0 ナイス 6



こんにちは、くりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
今回も前走からの中間の調整内容(評価はA~F)を中心に各馬コメントをしていきたいと思います。


11月14日(日) 阪神11R 第46回エリザベス女王杯(3歳以上G1・牝馬・芝2200m)


【登録頭数:18頭】(フルゲート:18頭)


レイパパレ(C)中6週
前走時も坂路での終いの伸びに物足りなさを覚えたが、この中間1週前の追い切りでも同様。先着こそ果たしているが、バネの効いたラストの伸びがなく走りが硬い感じ。

アカイトリノムスメ(B)中3週
前走時は休み明けで、1週前にビッシリ追われ、太め感なくマイナス体重での出走という過程でV。チャカチャカしていて、仕上がった感じの馬体だったので、この中間は馬なりでの調整。今回も阪神への輸送もあり、これ以上馬体が減ってくるとトモが寂しくなってしまうので、前走時の馬体はキープしておきたいところ。

ウインマリリン(C)中6週
1週前追い切りでは、モタモタした感じで伸びきれず併走遅れ。

ランブリングアレー(C)中6週
1週前追い切りでは、前走時からの良かは感じさせるものの、動きが素軽くなった割には迫力に欠ける走りで伸び脚にも力強さがない。

ウインキートス(A)中6週
この中間も1週前に南Wで強めに追われ好時計が出ていて、引き続き好調キープ。

テルツェット(B)中3週
1週前追い切りではもうひと伸びほしい感じも、しっかり先着。輸送もあるので、さらに絞れてきそう。

デゼル(D)中3週
前走時は追い切りで迫力に欠ける感じだったが、今回の1週前追い切りでも走りに硬さがあり、追って伸びる感じがない。

ロザムール(D)中6週
1週前追い切りでは、走りやすそうな馬場だったが首が高い走りで終い伸びきれず。前走時よりも時計がかかっていて、一度使われての変り身が感じられない

シャムロックヒル(C)3ヶ月半
休み明け。1週前追い切りの動きを見ると、重たい感じあり。

コトブキテティス(C)中4週
1週前追い切りでは、重心が低い走りで伸び脚上々に駆け抜けた。関西への輸送は初めてで、その点は気になる。

アカイイト(B)中3週
叩き2戦目でこの中間も坂路での調整。終いの時計はかかり気味で、伸び脚物足りず。

ソフトフルート(B)中2週
1週前追い切りでは、単走で力強い伸び脚を披露していて、出来は前走以上。

クラヴェル(B)中9週
前走時は、坂路での時計が優秀で軽ハンデもあって◎に推したが、惜しい競馬で3着。この中間は前走時ほどの好時計は出ていないが、悪くない時計で好調キープとの印象。

リュヌルージュ(D)中2週
叩き2戦目も、1週前の時計が平凡で上積みは感じられない。

ステラリア(A)中3週
1週前追い切りでは併せ馬で先着。捌きが軽く、前走を一度使われての上積みがありそう。

イズジョーノキセキ(D)中3週
叩き2戦目で、1週前追い切りの動きを見ると伸び脚に力強さがない。

エアジーン(D)中2週
前走時も乗り込み豊富で悪くない調教内容だったが、レースでは伸びきれず。この中間は間隔も詰っていて軽めの調整。

ムジカ(C)中2週
叩き3戦目も、この中間は間隔が詰まっていて大きな上積みがあるという感じでもない。


※このコラムからの推奨馬は、ウインキートスステラリアアカイトリノムスメクラヴェルソフトフルートの5頭をあげておきます。



◇今回は、エリザベス女王杯編でした。
エリザベス女王杯を生で観戦したことは過去に1度あり、それがスノーフェアリーの勝った2011年でした。前年直線内から一気に伸びて衝撃的な勝ち方をしたとはいえ、この年は状態面であまり良いことは言われていないなか、終わってみれば1頭だけ違う伸び脚で連覇達成。これほどレベルの馬が日本に来日する機会も減っている昨今、トップクラスの馬の走りを生で観られたことは、今考えるととても運が良かったと言えるかもしれません。


エリザベス女王杯出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。
※最終結論は、レース当日のくりーくプロページでチェックしてください。

[もっと見る]

2021年9月20日(月) 15:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2021年09月20日号】特選重賞データ分析編(272)~2021年産経賞オールカマー
閲覧 1,836ビュー コメント 0 ナイス 2



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
https://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G2 産経賞 オールカマー 2021年09月26日(日) 中山芝2200m外


<ピックアップデータ>

【“JRA、かつG1のレース”において7着以内となった経験の有無別成績(2017年以降)】
○あり [4-4-4-9](3着内率57.1%)
×なし [0-0-0-27](3着内率0.0%)

 実績馬が中心。2017年以降の3着以内馬12頭は、いずれも“JRA、かつG1のレース”において7着以内となった経験のある馬でした。条件クラスやオープン特別のレースはもちろん、G2やG3のレースを主戦場としてきた馬も扱いに注意しましょう。

主な「○」該当馬→ウインマリリンステイフーリッシュレイパパレ
主な「×」該当馬→ウインキートスサトノソルタスロザムール


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

○「前走との間隔が中7週以上」の馬は2017年以降[4-4-4-19](3着内率38.7%)
主な該当馬→ウインマリリンサトノソルタスレイパパレロザムール

[もっと見る]

2021年3月19日(金) 14:00 TARO
【TAROの競馬研究室】気合で騎乗馬のしぶとさを引き出す『急坂の和田』騎手/スプリングS展望
閲覧 1,508ビュー コメント 0 ナイス 2



先週は土日の重賞で和田騎手が活躍。土曜は中山牝馬ステークスフェアリーポルカに騎乗。不良馬場の中でインを立ち回り最後は気合で追い比べを耐え凌ぎ6番人気3着。

ロザムールからホウオウピースフルも2列目に入れていた当方としては、4着のホウオウピースフルが届いてくれた方が配当も高くて良かったのだが、最後は騎手の気合勝ちだった。



さらに返す刀で日曜の阪神、フィリーズレビューでは8番人気シゲルピンクルビーに騎乗し、直線馬群を突き抜けて勝利。阪神芝1400m重賞では、先日の阪急杯で10番人気ミッキーブリランテを2着に持って来たのに続く、連続での穴となった。

~京都競馬場改修で注目度アップ

和田騎手といえばもう21年前、テイエムオペラオー皐月賞を制し一躍全国に名を知られる存在となったのだが、むしろその後の渋い活躍の方が印象深い。近年は騎乗ぶりに鋭さが増しており、重賞で穴をあける機会も増えている。特にコースロスなくコーナーを回り、直線馬群を捌いてくる気合の入った騎乗ぶりは、混戦になればなるほど強みになる。また、道悪や急坂などタフな条件もプラスで、馬がへこたれず伸びて来る。

現在京都は改修工事に入っており、しばらくは阪神や中京といった急坂コースでの開催が増えることになる。必然的に和田騎手の出番も増えるはずで、これから2~3年の間は、これまで以上に和田騎手を狙う機会が増えそうだ。

詳細な騎乗スタイルについては『競馬記者では絶対に書けない騎手の取扱説明書』を読んで頂きたいが、とにかく外枠でも内に入れて行く、バテそうになっても必死に最後まで追う、狭くなっても諦めないのが持ち味なので、今後開催後半の荒れ馬場になればより注目してほしい。

ちなみに和田騎手に関しては、坂の有無による重賞成績がわかりやすい。阪神・中京・中山を急坂コース、それ以外を非急坂コースとすると、以下のような成績になる。(データは2020年~先週終了時点)

急坂重賞 (3-4-4-27)複勝率 28.9% 複勝回収率 132%
非急坂重賞(2-1-2-26)複勝率 16.1% 複勝回収率 68%

ご覧の通り、急坂戦の方が明らかに成績が良い。データはあくまでもデータだが、和田騎手は馬のしぶとさやスタミナを引き出すので、このような成績が出るのは納得だろう。今後も買う機会は多いと思うので、頭に入れておきたい。

~スプリングステークス展望

今週末は年に5回ほどしかない4重賞の週末。頭を悩ませることになりそうだが、ココではスプリングSを取り上げる。人気を集めるのは三浦騎手のランドオブリバティか。デムーロ騎手騎乗停止により再び手綱を取ることになる三浦騎手だが、重賞で工夫した騎乗をできるタイプではなく、1800mへの距離短縮も不安が残る。相手には恵まれたが、伏兵の出番もありそうだ。

ココでは逆転候補を一頭挙げておきたい。

ボーデン

まだ未勝利を勝ち上がったばかりだが、ハービンジャー産駒らしいパワフルな走りが目立つ。急坂コースも全く問題なく、今年の相手関係なら素質は上位だろう。強気に攻めていく川田騎手とも手が合うタイプで、先行できるのも強み。今回はランドオブリバティよりこちらに注目したい。

スプリングSの本命馬は、ブログ『TAROの競馬』にて無料公開予定です。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』
(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)、『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)。

[もっと見る]

2021年3月19日(金) 10:00 競馬プロ予想MAX
先週の回顧~(3/13~3/14) 霧プロ G2フィリーズR◎××的中10万オーバー! スガダイプロはG2金鯱賞△◎ G3中山牝馬S▲◎でゲット!
閲覧 507ビュー コメント 0 ナイス 0



14(日)に行われたG2金鯱賞、G2フィリーズレビュー、13(土)のG3中山牝馬Sほか様々な的中がマークされた先週。
好成績を収めた注目プロ予想家をご紹介していきたいと思います。
 
 
 
☆☆☆注目プロ →霧プロ
14(日)のG2フィリーズレビューでは「父系、母系ともに良くなるのはここからで、調教好感」の◎シゲルピンクルビーから単勝、馬単、馬連、3連複総獲りで計10万3560円払戻し(1,479%回収)を達成。他にも、阪神8R4歳以上1勝クラス阪神3R3歳未勝利などの好調予想を披露し、週間トータル回収率117%をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →スガダイプロ
13(土)G3中山牝馬Sランブリングアレーロザムール的中、14(日)G2金鯱ギベオンデアリングタクト的中などのほか、同中山11RアネモネS、同中山12R4歳以上2勝クラスなどで活躍を披露!
 
☆☆☆注目プロ →織本一極プロ
13(土)の阪神11RポラリスSでの31万4470円払戻し、14(日)中山11R東風Sでの8万5360円払戻しの2本で、週間回収率444%、収支30万9830円の大幅プラスを達成しています。
 
☆☆☆注目プロ →にしのけいごプロ
13(土)をプラスで終えると、14(日)は中山10R東風Sでの○◎▲的中、G2フィリーズレビューでの△◎的中、中山11RアネモネSでの▲◎△的中などをマークし、プラスを積み増し。土日2日間トータル回収率175%を達成、2週連続週末プラスとしています。
 
☆☆☆注目プロ →山口吉野プロ
13(土)は、勝負予想を阪神6R3歳1勝クラス中山9R鎌ケ谷特別中京11R中京スポーツ杯と全て的中させ大幅プラス。14(日)も、阪神7R3歳1勝クラス阪神10R伊丹Sなどの的中をマークし、土日完勝を決めました。週間トータル回収率167%で終えています。
 
 
 
この他にも、暴君アッキープロ(114%←2週連続週末プラス)、豚ミンCプロ(106%←3週連続週末プラス)、ジョアプロ(104%)、あおまるプロ(102%)らが回収率100%超をマークしています。
 
 
 
今週も「プロ予想MAX」にぜひご注目下さい。

[もっと見る]

⇒もっと見る

ロザムールの口コミ


口コミ一覧
閲覧 262ビュー コメント 0 ナイス 4

皆さん、おはようございます!

今日は福島記念エリザベス女王杯

何時も前1位に注目し
逃げる馬でなく逃げそうな馬をチョイスしたりしてまして

福島記念
前1位と4角一番手予測がロザムール
今年は5戦し全て二けた着順
さかのぼれば昨年最後の方の2戦も二けた着順
7戦二けた着順です
まぁ普通なら狙いませんかねぇ
ねらっても抑えの抑えくらいの位置でしょうかねぇ

が、指数でやってる以上はそんな成績不振な馬でチョイスしてと
まぁ逃げてりゃ展開で万が一もありますからねぇ

まぁ不利も承知で、最初から放棄はしないよう
行くしかないですねぇ
福島記念も何とかいい成績、3着までに粘ってほしいところです
勿論厳しいのは承知で


エリザベス女王杯
迷いますねぇ
外国人騎手のBOXでも買えば良いんでしょうかねぇ
外国人騎手6人居るとはいえ、馬券対象は3頭ですからねぇ

まぁ外国人騎手嫌うでなく、気になる馬からチョイスでしょうか

昨年覇者のアカイイト
昨年同レース制覇後は今年の金鯱賞3着以外は不振ですかねぇ
本当ならレーン&ウインマリリンやムーア&アンドヴァラナウトをチョイスでしょうが
オッズ的に嫌う感じでしょうか
まぁそんな時、除外したら得てして来たりしますが

アカイイトに注目

もう1頭はテルツェット
こちらもちょっと気になりました

あとこれも気になしましたが
ウィンの3頭出しでしょうか
勿論調教師さんは3頭とも別々の調教師さんですが
同馬主の3頭だし

こういう時って、その中の人気薄って言いましたっけねぇ

ウィンキートス
これも注目しとこ

ちょっと馬券追加すっかもです


さぁ、こんな感じの今日重賞

皆さんも良き競馬デー過ごしてください!

 YASUの小心馬券 2022年11月11日(金) 10:37
YASUの小心馬券 【最終予想】 福島記念 2022
閲覧 129ビュー コメント 0 ナイス 7

【最終予想】

サトノセシル 牝6 53 古川吉

6歳牝馬ながらキャリアはまだ15戦、前走の府中牝馬Sをみると、地力強化は確かなものと考えられます。

上位3頭が全て内を通ったバイアスの中で、外を差してソダシ

0.2差は、このメンバーなら能力上位。

カテドラル 牡6 57 団野

初めての福島コースだが、中山や小倉という小回りで直線短いコース形態が一瞬の鋭さを活かせるという点で適性ありとみています、脚質上軸には不適も安定して使える脚力は常に要警戒で、

ハイペース利して直線勝負だけでもやれる。

アラタ 牡5 56 大野

GⅠ級が揃った札幌記念④着は立派、この戦績だけでも人気になるのは仕方ないところ、加えて上りの掛かる消耗戦は彼の適性にマッチする、先行勢揃う今回はよもや緩いペースでの瞬発戦にはならない事もプラスに働きそうだ。

大とびな馬だけに最内枠は明らかにマイナス、その分だけ評価を割り引いた。

△フォワードアゲイン セ5 53 江田

近2走のレースから本格化の兆しを感じています、特に前走の

新潟記念、瞬発戦に脆いところをみせていた馬が33.8の切れ味、

上位には鋭さ負けしたも、同馬にとっては評価したい。

上りの掛かる福島コースも得意舞台、前が速くなりそうな展開が見込めるメンバー構成で、波乱の使者たる資格充分とみます。



※:三連系の紐まで評価を落したのは、展開的に厳しいと思われるベレヌス、逆に波乱の使者として紐に指名するのは、8歳馬も上昇気配著しいゴールドスミスと福島巧者で地力強化のエフェクトオン



【見解・予想の肝】

ロザムールシャムロックヒルベレヌスと逃げてこそという馬が揃いペースが緩むことはなさそうだ。

GⅢのハンデ戦という事もあり能力差はあまりないメンバー構成なら予想の肝は展開。

3頭が作り出すハイペースでタフな末脚を繰り出せるサトノセシル中心で良いでしょう。

ズブズブ決着まであるかもしれないカテドラルにも注目。



【馬券考察】

本命・対抗共に抜けた能力を認めてのものではなく、ハンデ戦ならば券種は馬連・三連複のBOXで勝負。

★馬連 ⑦④①⑥ BOX

★三連複 ⑦④①⑥-⑦④①⑥-⑦④①⑥⑧⑭⑪ フォーメーション



【買いたくない馬】

オニャンコポン 牡3 54 菅原明

皐月⑥着、ダービー⑧着と強力三歳世代の一角であるも、道中緩んだペースで末脚を発揮できるタイプとみます。

AR共和国杯のキラーアビリティをみても真に強いのはダービーの上位5頭までかもしれません、調教もあまり良いとは思えず、

①人気想定は、あまりにも期待値低い。

[もっと見る]

 競馬が大好き(複勝男 2022年11月11日(金) 01:09
福島記念
閲覧 105ビュー コメント 0 ナイス 4

福島記念 

11月13日 日曜日 福島競馬場 右回りで Aコース
芝2000M GⅢ 3歳以上ハンデ戦

過去10年
サンデーサイレンス系    4-5-6  7頭
ミスタープロスペクター系  2-2-1  5頭
ナスルーラ系        2-0-0  0頭
ノーザンダンサー系     1-2-2  3頭
ヘイルトゥリーズン系    1-1-1  0頭
ブランドフォード系     0-0-0  1頭 計16頭

このレースの傾向として(競馬ブック参考)
〇 芝1600~2000Mの重賞3着以内
〇 前走オクトーバーS組
〇 4歳 次点が3歳
〇 牝馬は割引
〇 ハンデ頭は苦戦。

出走馬の個人的な評価

57
ベレヌス 競馬ブック印◎○▲◬合計ポイント 1.5ポイント 5位
(先行か逃げれば強い競馬が出来ている。ただ今回はGⅢでの距離延長がカギとなるかな。同型もいるしミドルペースになれば展開でしんどくなるので、ただこの馬が出ればずっとスローペースが続いている。今回もそうなるかどうかですね。)

カテドラル 0.5ポイント 6位
(前走である程度2000MでもGⅢなら大丈夫そうで今回も小回りでコーナー4つだから心配はなさそうですね。でも追い込みなので展開の助けがいるからミドルペース以上で進めばチャンスは出てくる。)

ユニコーンライオン 0ポイント 16位
(矢作厩舎はこのレース相性いいけど馬は復帰してから結果が出ていない。ただ芝2000Mのコーナー4つの小回りは条件が一番いいので、後はハンデが重いので逃げて直線まで持つかどうか。)

56
アラタ 13ポイント 1位
(去年3着で前走札幌記念4着で地力はこの馬かなと思うが、どうもワンパンチ足らないので、決め手のある馬に差されないか心配はしている。折り合ってうまく進めば確実に伸びてくるはずなので、早め抜け出して押し切りたい。)

ヴァンケドミンゴ 0ポイント 8位
(去年6着で今年はここまで成績は落ちているから、楽ではなさそう。小回りも実績はあるが、中1週で叩き2走目で前進あればいいが。)

ゴールドスミス 0ポイント 9位
(前走リステッド勝利から今回福島でどうかはあるが、コース実績もあるし勢いもあるとは思っているが、もう8歳で連続好走が出来るかが不安なので、自在性もあるからレースはしやすそうですが、まだ信頼度は高くないから人気はなさそうです。)

55
コスモカレンドゥラ 3.5ポイント 4位
(前走逃げ切り勝利で相手は強くなるけど今回乗り替わりで同じ作戦で行くかどうか?福島は2回目で久しぶりなので馬に合うかどうか?ハンデも少し重いかなと思っています。)

パトリック 0ポイント 12位
(先行が出来ればいいレースが出来ているので、相手強化になるし多頭数で小回りなので、いい位置が取れれば穴馬としては面白いかなと、広いコース向きかなと思っているが。)

サトノエルドール 0ポイント 14位
(前走は障害戦からの参戦で0.8秒差ならまずまずと思う。叩き2走目でコーナー4つは向いていると思うが、最近馬券内がないので斤量減もあるし大穴候補かな。)

54
オニャンコポン 12ポイント 2位
(距離短縮で見直したい馬だと思う。コーナー4つの2000Mならチャンスは上がるし、古馬相手になるけど経験値は高い馬なので、先行よりは差しの方が馬に向いているはずなので、差してくると思ってますが。)

53
サトノセシル 8.5ポイント 3位
(古川吉騎手に乗り替わるけどクイーンSで乗っているから心配はしていないが福島コースになるので、馬も初戦以来でどうか?小回り慣れはしているから問題はなさそうでここ2戦いい内容なので今回は速い上りは求められないからチャンスはあるはず。)

フォワードアゲン 0ポイント 7位
(ここ2戦の内容がいいので穴人気にはなりそう。小回りの実績もあるので、ハンデも前走と同じならばチャンスもあると思うので、後は中団から上手く進めればということと思う。)

エフェクトオン 0ポイント 10位
(休み明けで状態が気になるところ。去年5着もしているし小回り適正もあるので、侮れないが1回使ってからかなという感じで厩舎も強気ではないし自信はなさそうなので。)

52
フィオリキアリ 0ポイント 11位
(前走の札幌記念で0.9秒差で健闘はしたと思うので、今回3kg減で1発はないかなと少し思う。福島が初めてで馬に合えば面白いと思う。)

シャムロックヒル 0ポイント 13位
(ずっと逃げか番手なのでここ3戦は1秒以内の競馬はしているから侮れないが、いい勝負までにはいっていない。今回小回りで展開も遅くはならないと思うので3kg減でどこまで踏ん張れるかだと思う。)

ロザムール 0ポイント 15位
(最近結果が出ていないので全盛期過ぎた感があるが、逃げ馬なので上手く進めれば1発はあるかも。52kgならチャンスはあってもいいが、同型もいるので。)

[もっと見る]

⇒もっと見る

ロザムールの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

ロザムールの写真

ロザムール

ロザムールの厩舎情報 VIP

2022年11月13日福島記念 G316着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ロザムールの取材メモ VIP

2022年7月10日 七夕賞 G3 12着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。