会員登録はこちら
中山牝馬ステークス G3   日程:2020年3月14日() 15:45 中山/芝1800m

レース結果

中山牝馬ステークス G3

2020年3月14日() 中山/芝1800m/16頭

本賞金:3,600万 1,400万 900万 540万 360万


レコード:1分44秒9
天候:
馬場:不良



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気
1 2 3

フェアリーポルカ

牝4 52.0 和田竜二  西村真幸 496(+6) 1.50.2 9.6 3
2 8 15

リュヌルージュ

牝5 50.0 団野大成  斉藤崇史 470(0) 1.50.3 3/4 125.0 14
3 5 9

エスポワール

牝4 53.0 M.デムー  角居勝彦 486(+8) 1.50.4 3/4 2.7 1
ラップタイム 12.7 - 12.0 - 12.3 - 12.0 - 11.8 - 11.6 - 12.2 - 12.3 - 13.3
前半 12.7 - 24.7 - 37.0 - 49.0 - 60.8
後半 61.2 - 49.4 - 37.8 - 25.6 - 13.3

■払戻金

単勝 3 960円 3番人気
複勝 3 290円 3番人気
15 1,680円 13番人気
9 150円 1番人気
枠連 2-8 4,850円 21番人気
馬連 3-15 48,730円 72番人気
ワイド 3-15 11,890円 72番人気
3-9 520円 2番人気
9-15 5,220円 52番人気
馬単 3-15 77,490円 132番人気
3連複 3-9-15 36,620円 111番人気
3連単 3-15-9 357,990円 856番人気

中山牝馬ステークス-厩舎の話


 ◆ウラヌスチャーム斎藤誠師 「並んでからの反応がいい」

 ◆エスポワール・小滝助手 「動きは良かったし、1800メートルもいい」

 ◆コントラチェック・藤沢和師 「順調。速い流れになれば歓迎」

 ◆ゴージャスランチ・鹿戸師 「迫力のある動き。スタートを決めて、流れに乗れれば」

 ◆デンコウアンジュ・加納助手 「中山コースがどうか」

 ◆フィリアプーラ・菊沢師 「3歳時に比べれば数段力をつけている」

 ◆メイショウグロッケ・佐藤助手 「距離はどうかだが、52キロはいい」

 ◆レイホーロマンス・橋田師 「もう少し前で競馬ができれば」

中山牝馬Sの出馬表はこちら 調教タイムも掲載

中山牝馬ステークスのニュース&コラム

プロ予想家の的中情報


中山牝馬ステークスの無料予想&プロ予想【的中情報】

最強の予想家決定戦「予想コロシアム」から厳選した予想家の無料予想を続々と公開!
レース発走前に無料予想をご覧になるには 会員登録(登録無料)が必要です。

今すぐ会員登録(無料)する!

3月14日 15:43更新
予想家名
予想家レベル・クラス
配当 払戻 予想
Lv121 
960円 76,800円
Lv114 
150円 15,000円
Lv112 
960円 4,800円
Lv103 

960円
520円
24,400円
Lv101 
150円 15,000円

的中情報をもっと見る >

中山牝馬ステークス過去10年の結果

2019年3月9日() 中山競馬場/芝1800m 天候: 馬場:
2018年3月10日() 中山競馬場/芝1800m 天候: 馬場:稍重
2017年3月12日() 中山競馬場/芝1800m 天候: 馬場:

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

中山牝馬ステークスのデータ分析とレース傾向

コース図中山芝1800m

東日本大震災の影響で4月開催となった2011年を除くと、2008年以降の勝ち馬は5頭が年内初戦で、残る6頭が年明け2戦目。前走レース別では愛知杯組が3勝、2着2回、3着2回で、2016年から施行時期が変わっても好相性を見せている。エリザベス女王杯組は2013年1着のマイネイザベルが唯一の好走例で、2012年のホエールキャプチャ、2017年のパールコードなどが人気を裏切る結果に。近年は前走で牡馬相手に敗れた馬の巻き返しが目立つようになっているので、牝馬重賞路線組にこだわる必要はなさそうだ。ハンデ別では53キロが6勝、2着3回、3着3回、54キロが4勝、2着5回、3着1回であり、ともに前走から斤量の増減が1キロ以内の馬の好走が顕著となっている。舞台となる中山芝1800mは直線の急坂からスタートし、小回りの内回りを1周するコースで、器用さを持ったタイプに向く。広いコースからの場所替わりによる激走に注意したい。(各種データ、原稿は本年のレース発走前のものとなります)

データ分析をもっと見る >

中山牝馬ステークスの歴史と概要


2016年の優勝馬シュンドルボン

35年以上の歴史を誇る牝馬限定のハンデ重賞。G1ホースが酷量を背負いながら貫禄を見せることもあれば、軽ハンデの伏兵の一発もある。第10回(1992年)は前年の牝馬クラシック戦線を沸かせたスカーレットブーケ京都牝馬ステークスに続き連勝。第16回(1998年)には牡馬のトップクラスと渡り合っていたメジロランバダが快勝した。2009年に開催された第27回には、3年前の桜花賞キストゥヘヴンが参戦。56.5キロのトップハンデを背負いながらも鮮やかな差し切り勝ちを決め、引退の花道を飾った。また、第29~30回(2011~2012年)にかけてはレディアルバローザが連覇を達成している。

歴史と概要をもっと見る >

中山牝馬ステークスの攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2020年4月4日(
ダービー卿チャレンジ  G3
2020年4月5日(
大阪杯  G1

競馬番組表

2020年4月4日(
3回中山3日目
2回阪神3日目
2020年4月5日(
3回中山4日目
2回阪神4日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 アーモンドアイ 牝5
90,211万円
2 オジュウチョウサン 牡9
70,813万円
3 ブラストワンピース 牡5
57,236万円
4 マカヒキ 牡7
56,210万円
5 キセキ 牡6
55,914万円
6 サートゥルナーリア 牡4
50,059万円
7 ワグネリアン 牡5
49,274万円
8 ラッキーライラック 牝5
42,792万円
9 フィエールマン 牡5
42,004万円
10 サングレーザー 牡6
41,309万円
» もっと見る

3歳
1 レシステンシア 牝3
11,585万円
2 サリオス 牡3
11,145万円
3 コントレイル 牡3
11,127万円
4 マルターズディオサ 牝3
9,736万円
5 タイセイビジョン 牡3
8,586万円
6 ヴェルトライゼンデ 牡3
7,463万円
7 サトノフラッグ 牡3
6,708万円
8 ラウダシオン 牡3
6,654万円
9 ワーケア 牡3
6,454万円
10 エーポス 牝3
6,438万円
» もっと見る