サングラス(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
サングラス
写真一覧
現役 牡9 青鹿毛 2011年4月26日生
調教師谷潔(栗東)
馬主玉置 潔
生産者冨岡 博一
生産地浦河町
戦績55戦[6-3-2-44]
総賞金12,359万円
収得賞金3,450万円
英字表記Sun Grass
血統 スタチューオブリバティ
血統 ][ 産駒 ]
Storm Cat
Charming Lassie
ノッティングギャル
血統 ][ 産駒 ]
ダンスインザダーク
ウェディングダイヤ
兄弟 ノースランドボーイノッティングボーイ
前走 2020/05/30 欅ステークス OP
次走予定

サングラスの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
20/05/30 東京 11 欅ステークス OP ダ1400 1611206.3158** 牡9 57.0 北村友一谷潔508(-8)1.24.2 0.836.3⑧⑧トップウイナー
20/05/17 京都 11 栗東S (L) ダ1400 16612105.81311** 牡9 55.0 藤井勘一谷潔516(+6)1.22.9 1.036.7⑩⑩サクセスエナジー
20/02/16 東京 10 バレンタイン OP ダ1400 16611201.0169** 牡9 59.0 石川裕紀谷潔510(+2)1.24.6 1.036.2⑬⑭ショーム
20/02/02 東京 11 根岸S G3 ダ1400 16714387.21616** 牡9 56.0 北村宏司谷潔508(-4)1.24.7 2.035.3⑯⑯モズアスコット
20/01/13 京都 11 すばるS (L) ダ1400 144681.6118** 牡9 57.0 秋山真一谷潔512(+2)1.25.3 0.736.4⑫⑫ダノンフェイス
19/12/22 阪神 12 ギャラクシー OP ダ1400 162436.61212** 牡8 57.0 幸英明谷潔510(+8)1.25.3 1.136.5⑪⑪スマートダンディー
19/08/11 札幌 11 エルムS G3 ダ1700 1469102.71110** 牡8 56.0 古川吉洋谷潔502(0)1.44.1 2.237.5⑬⑬⑬⑪モズアトラクション
19/07/07 函館 11 マリーンS OP ダ1700 1471124.675** 牡8 56.0 藤岡佑介谷潔502(-2)1.44.3 1.037.0⑪⑪⑪⑨リアンヴェリテ
19/04/20 東京 11 オアシスS (L) ダ1600 165109.155** 牡8 57.0 M.デムー谷潔504(-6)1.37.6 0.936.1⑯⑭アルクトス
19/03/09 阪神 11 ポラリスS OP ダ1400 165108.045** 牡8 57.0 M.デムー谷潔510(-2)1.23.9 0.636.7⑯⑯ヴェンジェンス
19/02/10 東京 10 バレンタイン OP ダ1400 165920.191** 牡8 56.0 M.デムー谷潔512(-10)1.24.6 -0.035.7⑧⑨ダノングッド
19/01/19 京都 11 すばるS OP ダ1400 15712147.7133** 牡8 56.0 秋山真一谷潔522(-2)1.23.7 0.936.2⑫⑪サクセスエナジー
18/12/28 阪神 11 ベテルギウス OP ダ1800 1661170.51310** 牡7 56.0 酒井学谷潔524(+16)1.53.4 0.937.6⑪⑪⑬⑬ロードアルペジオ
18/11/18 福島 11 福島民友C OP ダ1700 154772.8158** 牡7 56.0 黛弘人谷潔508(+6)1.45.9 0.837.8⑬⑪⑧⑦ヒラボクラターシュ
18/06/16 阪神 11 天保山S OP ダ1400 1612200.6137** 牡7 56.0 小牧太谷潔502(+6)1.24.2 0.636.0⑯⑯ウインムート
18/04/21 東京 11 オアシスS OP ダ1600 1624164.51110** 牡7 56.0 松岡正海谷潔496(-10)1.37.5 0.836.4⑧⑧ルグランフリソン
18/02/11 東京 10 バレンタイン OP ダ1400 162375.71213** 牡7 56.0 池添謙一谷潔506(0)1.24.7 1.236.5⑬⑬レッドゲルニカ
18/01/21 中京 11 東海S G2 ダ1800 16713192.41510** 牡7 56.0 酒井学谷潔506(-2)1.53.5 1.738.6⑫⑫⑪⑩テイエムジンソク
17/12/28 阪神 11 ベテルギウス OP ダ1800 1671476.7135** 牡6 56.0 古川吉洋谷潔508(+6)1.52.5 0.537.7⑨⑨⑧⑦ルールソヴァール
17/11/19 福島 11 福島民友C OP ダ1700 142216.496** 牡6 56.0 川島信二谷潔502(-8)1.45.9 0.837.9⑧⑨⑧⑦ディアデルレイ

⇒もっと見る


サングラスの関連ニュース

ウマニティの重賞攻略ページに掲載されている「データ分析」の内容や、根岸Sの近年の結果をもとに、凡走パターンに合致する馬をピックアップするものです。予想の際にお役立てください。




【全般】
9歳以上の好走例はみられない(2009年以降)

サングラス

前走1着馬を除くと、8歳馬の連対例はゼロ(2009年以降)

テーオーヘリオス
スマートアヴァロン
カフジテイク
ノボバカラ
ドリームキラリ

前走ふたケタ着順馬の連対例は皆無(2009年以降)

ワンダーリーデル
ワイドファラオ
モズアスコット

前走チャンピオンズカップ出走馬を除くと、前走5着以下敗退馬の連対例はゼロ(2009年以降)

ブルベアイリーデ
カフジテイク
サングラス

前走兵庫ゴールドトロフィー出走馬の連対例は皆無(2009年以降)

ノボバカラ

前走カペラS敗退馬の連対例はゼロ(2009年以降)

テーオージーニアス

前走でオープン特別(地方限定重賞を含む)に出走、かつ4着以下敗退馬の連対例は皆無(2009年以降)

ブルベアイリーデ
カフジテイク
アードラー
サングラス
ドリームキラリ

前走で1秒0以上の大敗を喫していた馬の連対例はなし(2009年以降)

ワイドファラオ
モズアスコット

1400m以上で2着以内の経験がない馬の連対例は皆無(2009年以降)

テーオージーニアス

【人気】
12番人気以下の連対例はみられない(2009年以降)
※8時30分現在の12番人気以下

テーオーヘリオス
ノボバカラ
アードラー
ヨシオ
サングラス

東京ダ1400~1600mの重賞で2着以内の経験がある馬を除くと、10番人気以下の好走例はゼロ(2009年以降)
※8時30分現在の10番人気以下、かつ条件を満たしていない馬

テーオーヘリオス
アードラー
ヨシオ
サングラス
ドリームキラリ

【脚質】
前走3着以内馬を除くと、前走の4角通過順が3番手以内だった馬の連対例は皆無(2009年以降)

ドリームキラリ

【枠順】
連勝中の前走重賞1着馬を除くと、馬番枠1番と16番の連対例はゼロ(東京競馬場リニューアルの2004年以降)

テーオージーニアス
ドリームキラリ


【上記の凡走パターンに合致しなかった馬(連軸候補)】
ミッキーワイルド
コパノキッキング
ダノンフェイス



ウマニティ重賞攻略チーム

【ズバリ!調教診断】根岸S2020 安田記念馬に仕上がり面の不足なし!角居厩舎のへニーヒューズ産駒も好感触! 2020年2月1日() 17:00

日曜日に行われる根岸Sの出走馬の追い切り内容について、1頭ずつ考察していきます。予想の際にお役立てください。


テーオージーニアス
最終追い切りは29日に栗東坂路で行われた。回転の速いフットワークで駆け上がり、終い1Fを11秒8で収めた。前回よりも相手関係は強化されるが、デキに関してはヒケをとらない。気配の良さを活かせるようなら、ここでも上位圏内に手が届く。

テーオーヘリオス
30日に栗東坂路でビッシリと追われ、馬場の真ん中をしっかりとした脚取りで駆け上がった。間隔は詰まるものの、激走後の反動はなく元気ハツラツ。相手は強くなるが、再度の圏内突入があってもおかしくはない。

ミッキーワイルド
1週前にしっかり負荷をかけて当週は抑えめの内容というのがこの馬の調整パターン。ただ、関東への輸送と雨馬場を考慮しても、当週の栗東坂路4F56秒3のタイムはこれまでと比べて軽い。四肢の動きは悪くなかったが、何らかの不安を抱えている可能性もある。当日の気配には注意を払いたい。

ワンダーリーデル
年末から栗東坂路主体に調教本数を積み上げ、29日の最終追い切りでは力強い脚取りで4F52秒2をマーク。明け7歳という年齢を感じさせない動きを披露した。前回はG1の厚い壁に阻まれたものの、相手関係が軽くなる今回は巻き返しを十分見込める状態にある。

コパノキッキング
短期放牧から帰厩後はトラックで調教を重ね、当週は栗東CWで楽々と6F81秒台を記録した。集中を切らさず重心を低く保って脚を伸ばすさまは目を引くものがある。ここ照準に順調に調整されている印象。連覇を意識できるコンディションとみたい。

ワイドファラオ
中間は坂路とトラックを織り交ぜて調整を重ねてきた。1週前に栗東CWで行われた併せ馬では、前進気勢にあふれた動きで併走馬を一蹴。前回の中間時よりも攻めを強化しているあたり、モチベーションの高さが伝わってくる。勝負気配が漂う1頭だ。

スマートアヴァロン
コンスタントに使われていることあって、この中間の強い攻めは29日の栗東坂路1本のみ。とはいえ、リズム良く軽やかな脚運びで登坂する姿から、デキは高いレベルで安定している印象。穴候補としてマークしておきたい。

ブルベアイリーデ
中2週と間隔が詰まるものの、29日に栗東坂路で4F52秒4の時計をマーク。終い1Fも12秒1でまとめており、自身の力を出せる状態にはありそう。ただ、相手強化に対応できるほどの上積みがあるとは言い難い。上位進出は容易ではないだろう。

カフジテイク
長期休養から復帰後、コンスタントにレースを使えている点は好感が持てる。その一方、この中間は終いを要する内容がほとんど。好調時はキッチリ収めてくる馬だけに、デキはまだ戻りきっていない印象を受ける。今回も苦しい戦いになりそうだ。

ノボバカラ
30日に栗東坂路でマテラスカイと併せ馬を実施。パートナーが攻め巧者とはいえ、本馬自身も調教は動くタイプ。それだけに馬なりの相手に途中置かれそうになったうえ、ラストにかけてズルい面を出し、併走遅れを喫してしまったのはいただけない。前走以上の上積みには疑問が残る。

モズアスコット
栗東坂路で行われた今週の本追い切りでは、ラスト2F24秒9-12秒3の加速ラップをマークした。帰厩後の攻め本数は少なめではあるが、1週前の坂路追いでは4F50秒6の好タイムを刻んでいるように、仕上がり面の不足はなさそう。調教の走りから初のダート戦はプラスに転じる可能性もある。不安よりも楽しみのほうが大きい。

アードラー
中2週が続くものの、中間は栗東坂路で順調にメニューを消化。29日の併せ馬では3勝クラスの僚馬に後れをとってしまったが、自身のパフォーマンスは示しており、過度に気にする必要はない。デキは決して悪くなく、展開がハマれば浮上の目はある。

ヨシオ
ジャニュアリーSを勝って中1週となるが、30日に栗東坂路で実施した追い切りでは、緩めることなく終いにかけてビッシリと攻めた。活気みなぎる走りから、好状態を維持している印象。前回よりも相手が大幅に強化されるとはいえ、目下の勢いは無視できない。

サングラス
この中間はいつも通り栗東坂路での調整。中2週が続くタイトなローテーションながら、2週連続で4F51秒台を記録。年齢を感じさせない元気の良さを見せている。ただ、調教巧者の本馬にとっては平常運転の域。重賞で勝ち負けを演じるには、もう一段階上の変わり身がほしい。

ダノンフェイス
すばるS優勝から中2週での一戦。栗東坂路で実施した今週の追い切りでは、最後まで頭を低く保ち集中して走れていた。タイム自体に派手さはないが、グリップのしっかり利いたフットワークと、スピードの持続力はなかなかのもの。いい仕上がりで臨めるのではないか。

ドリームキラリ
栗東坂路で追い切られることが多い馬だが、今回は2週続けてCWで併せ馬を施すなど、変化をつけてきた。ただ、しっかりと攻めた割に、それぞれ1勝クラスの僚馬に併走遅れを喫してしまったのは印象が悪い(29日は3頭併せのうち1頭に先行遅れ)。良くなるのは、ここを使ってからではないだろうか。



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【重賞データ分析】根岸S2020 上位人気の差し馬が有力!距離短縮組の巻き返しに警戒が必要! 2020年2月1日() 16:00

ウマニティの重賞攻略ページに掲載されている「データ分析」の内容をもとに、日曜日に行われる根岸Sのファクターごとの傾向に注目し、好走パターンに合致する馬をピックアップしました。予想の際にお役立てください。




【全般】
前走敗退から距離短縮で臨んだ馬の好走が顕著(近年の傾向)

ワンダーリーデル
ワイドファラオ
モズアスコット

東西別では関西馬が圧倒(2009年以降)

テーオージーニアス
テーオーヘリオス
ミッキーワイルド
ワンダーリーデル
コパノキッキング
ワイドファラオ
スマートアヴァロン
ブルベアイリーデ
カフジテイク
ノボバカラ
モズアスコット
アードラー
ヨシオ
サングラス
ダノンフェイス
ドリームキラリ

【人気】
勝ち馬のほとんどが6番人気以内(2008年以降)
※土曜日15時30分現在の1~6番人気

ミッキーワイルド
ワンダーリーデル
コパノキッキング
ワイドファラオ
モズアスコット
ダノンフェイス

10番人気以下、かつ7歳以上馬の激走に注意(2008年以降)
※土曜日15時30分現在の10番人気以下、かつ7歳以上

※7歳以上
テーオーヘリオス
カフジテイク
ノボバカラ
ヨシオ
サングラス
ドリームキラリ

【脚質】
人気サイド(1~5番人気)の差し・追い込みタイプが攻勢(2008年以降)
※土曜日15時30分現在の1~5番人気、かつ差し・追い込みタイプ

ミッキーワイルド
ワンダーリーデル
コパノキッキング
モズアスコット

※脚質は近走の内容を参考に想定

【枠順】
2~4枠の好走率が高め(2008年以降)

ミッキーワイルド
ワンダーリーデル
コパノキッキング
ワイドファラオ
スマートアヴァロン
ブルベアイリーデ

【血統】
父エーピーインディ系や、父ストームキャット系が攻勢(近年の傾向)

ワンダーリーデル
ワイドファラオ
アードラー
ヨシオ
サングラス
ドリームキラリ

父あるいは母父にミスプロ系種牡馬を持つ馬が強い(近年の傾向)

テーオーヘリオス
ミッキーワイルド
スマートアヴァロン
ブルベアイリーデ
カフジテイク
ヨシオ
ダノンフェイス
ドリームキラリ

ミスプロのクロスを内包(5代内)している馬の好走が目立つ(近年の傾向)

コパノキッキング
スマートアヴァロン
ブルベアイリーデ
カフジテイク
モズアスコット
ヨシオ
ダノンフェイス


【5項目以上該当馬】
ワンダーリーデル(6項目)
ミッキーワイルド(5項目)
コパノキッキング(5項目)
ワイドファラオ(5項目)
モズアスコット(5項目)
ヨシオ(5項目)



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【U指数的考察】根岸S2020 コース適性に長けた指数上位馬が主力!指数5~9位の牡馬に要注意! 2020年1月31日(金) 17:00

根岸Sの近年の結果をもとに、U指数を絡めてピックアップした条件に合致する馬を提示しました。予想の際にお役立てください。

※2014年以降の結果をもとに検証



<ポイント①>
馬券を構築する際に、頼りになるのはコース適性に長けた指数上位馬。なかでも、指数1~3位かつ東京のオープンクラスのダート戦において掲示板経験がある馬の期待度が高い。

指数1~3位かつ条件を満たす馬

コパノキッキング
ワイドファラオ

<ポイント②>
指数5~9位の牡馬が毎年のように馬券に絡んでおり、好配当の片棒を担ぐこともある。近走の成績にかかわらず、条件を満たす馬に対する警戒は怠れない。

指数5~9位の牡馬

ミッキーワイルド
スマートアヴァロン
カフジテイク
ダノンフェイス
ドリームキラリ

<ポイント③>
低指数馬は苦戦。指数97.5未満かつ指数順位13位以下の好走例は見られない。

指数97.5未満かつ指数順位13位以下

テーオージーニアス
ブルベアイリーデ
ヨシオ
サングラス



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【根岸S】厩舎の話 2020年1月31日(金) 05:07

 ◆アードラー・音無師 「相手が走る馬なのでこんなものでしょう。しまい一辺倒なので展開に左右される。前が止まるかどうかだね」

 ◆カフジテイク・湯窪師 「全体時計はいいけど、しまいが少しかかった。状態は変わりない。年齢は感じさせない」

 ◆コパノキッキング・村山師 「時計を出す厩舎ではないですが、出てしまった。これだけ動けたのは、それだけ具合がいいからだと思います」

 ◆サングラス・谷師 「いつも通りの感じでやって、馬は元気いっぱいです。流れ次第ですね。展開が向けば」

 ◆スマートアヴァロン・西園師 「攻め馬は走らないけど、競馬では安定して走りますからね。元気もいっぱい」

 ◆ダノンフェイス・大久保師 「間隔が詰まっているので、息を整える感じ。大丈夫なんじゃないかと思う。輸送があるので(馬体重は)マイナスになると思うけど、問題ないですよ」

 ◆テーオージーニアス・梅田師 「めちゃくちゃ動いている。予定より(時計が)速くなったぐらい。ここのところ、力をつけている」

 ◆ドリームキラリ・矢作師 「気の悪さを出したみたいだけど、体調はいいと思う。今回も行くだけですね」

 ◆ノボバカラ・高野助手 「しっかりやって状態はまずまず。ゲート次第も、流れに乗れれば」

 ◆ブルベアイリーデ・杉山師 「“動きすぎ”というぐらい動きましたね。前走を使って動きに力強さが出てきました。今回の条件も合います」

 ◆ミッキーワイルド・安田隆師 「乗り役(調教助手)に感触を聞いたら、『いいときと比べると…』と話していました。(状態が)上がりきらなかったですね。ひと叩きすれば変わりそうなんですが」

 ◆モズアスコット・矢作師 「休み明けはいい馬じゃない。ただ、ダートはピッチ気味(の走法)で、パワーもあるので悪いとは思わない」

 ◆ヨシオ・高野助手 「間隔を詰めて使う方がいいタイプ。距離は不問で相手なりに走れそう」

 ◆ワイドファラオ・小滝助手 「反応も良かったですし、この馬としてはいい動き。いい状態で送り出せると思います」

 ◆ワンダーリーデル・安田翔師 「先週のひと追いと週末にやったことで、馬も競馬をわかってきた感じ。今回で仕上げられる範囲では、思い残すことはありません」



根岸Sの出馬表はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【根岸ステークス】特別登録馬 2020年1月26日() 17:30

[もっと見る]

⇒もっと見る

サングラスの関連コラム

閲覧 1,497ビュー コメント 0 ナイス 2

先週末は長く続いた夏競馬の最終週、土日で3つの重賞が行われた。

新潟記念は2番人気のユーキャンスマイルが接戦を制して重賞2勝目。各路線から上がり馬も多数参戦したが、天皇賞(春)以来の出走で57キロを背負った同馬が底力で退けた形だ。馬群を上手く突いて直線外に出した岩田騎手の好騎乗も光った。

2着には3勝クラスを勝ち上がって重賞初挑戦となったジナンボーが入り、金子オーナーの所有馬のワンツーとなった。なお、両馬は父母もともに現役時代は金子オーナーの持ち馬で、まさに「リアルダビスタ馬主」を地で行く決着でもあった。

小倉と札幌で行われた2歳ステークスの中では、やはり印象深いのは札幌だろうか。勝ったブラックホール、2着サトノゴールドともに新種牡馬のゴールドシップ産駒。8年前、父はグランデッツァに及ばず敗れた同レースだったが、初年度産駒が早速一発で答えを出した形だ。まだ産駒の全貌は見えないが、まずは順調な第2のキャリアのスタートといえそうだ。


~大不振…から復調気配あるデムーロ

さて、いよいよ今週末から秋競馬のスタートとなるが、個人的に気になるジョッキーが一人いる。ミルコ・デムーロ騎手だ。

何を今さらと言われてしまいそうだが、長らく不振を極めていた。デムーロがどれだけ不振だったかというのは、単純に今年に入ってからの単勝回収率=51%というのを見ても明らかだ。感覚的にもとにかく人気馬を飛ばしていた印象が強い。デムルメ…といえば昨今の騎手界のシンボルでもあるが、現状は明らかに成績、馬質も含めルメール騎手に押され気味である。

とりわけ7月のデムーロは僅か3勝と不振を極めた。特に2~4番人気馬に27回騎乗して未勝利という散々な時期で、レース内容を見ても明らかに精彩を欠いていた印象が強く、ダイメイプリンセスはデムーロから乗り替わった途端に北九州記念を制した。

今年は特に人気薄での活躍がまったく見られず、5番人気以下での勝利は2月のバレンタインS(サングラス)以来一度もない。当然デムーロ人気の中での5番人気以下ということはその程度の馬だともいえるが、それでも昨年と比べてみるとよくわかる。

2018年 デムーロ&5番人気以下(2-2-3-23)30戦
2019年 デムーロ&5番人気以下(1-5-6-58)70戦

ご覧の通り、成績もさることながら、そもそも5番人気以下に騎乗する回数が増えている。これが何を示すかというと、

1、かつてほどデムーロは人気しなくなっている(さすがに不振に気づかれている)
2、乗り馬の質が下がっている

主に以上の2点であろう。乗り馬の質の低下はデムーロの不振によるものか、あるいはエージェントの交代によるものか、はたまた両方なのか、という話になるが、ファンもさすがにデムーロの調子の悪さを察しているということだろう。

だが、デムーロはもともと「気分屋」の面がある。昔からどちらかといえば常に安定しているルメールと比べると好不調の波が激しい。昨年の秋、ルメールが立て続けにG1を制し我が世の春を謳歌していたが、ルヴァンスレーヴでのチャンピオンズC制覇から流れが一変。アドマイヤマーズ(朝日杯FS)、サートゥルナーリア(ホープフルS)、オメガパフューム東京大賞典)で、G1級レースを立て続けに制したのは記憶に新しい。

いわば、デムーロは”バイオリズムジョッキー”なのだ。戦略としては、調子が良い時に乗っかっていくのが良いし、今年もなんだかんだG1を2勝しているように大舞台にはめっぽう強い。今年はこれまで不振を極め、移籍後は必ず2ケタに乗せて来ていた重賞勝利数もわずかに3つ。だが、デムーロ株はそろそろ底をついてきた印象がある。

先々週は久々に(人気馬ばかりではあるが)4勝の固め打ち。ゴールデンレシオではデムーロらしい出遅れからじわじわ押し上げての差し切り、サトノダムゼルでは道中リズムよく運んでスムーズに抜け出していた。そして、先週末は土日メインでアガラスジナンボーといずれも伏兵馬を連対圏まで持ってきており、デムーロの持ち味である馬と一体になったリズムの良い道中の運びが見られるようになって来ている。

今週からは2場開催が続き、良い意味でローカルよりも目立たなくなり人気的には妙味も出て来るだろう。中山&阪神という得意の急坂コースでの開催が続くだけに、そろそろ復調のゾーンに入って来ても良いはずだ。

ちなみに今週末の京成杯AHではロードクエストに騎乗する。恐らく4~5番人気程度に収まるこの馬をどこまで持ってこられるだろうか。タイミング的にはそろそろ底打ちから反騰へと変化するころとみているだけに、上手く上昇のタイミングに乗っていきたい。


~直行ローテが増えた影響で手薄になりつつあるセントウルS

さて、秋競馬の開幕を飾るのは京成杯AH、そしてセントウルSだ。ココではスプリンターズSへ向けて重要な前哨戦となるセントウルSを考えてみたい。

人気は強行軍での参戦ながらサマースプリント制覇がかかりルメールが騎乗するタワーオブロンドン、そして高松宮記念を勝利し堂々スプリント王者として参戦するミスターメロディの2頭だろう。

だが、前者はスプリント戦未勝利、後者は久々と、人気でも十分に付け入るスキがありそうだ。何より今年はダノンスマッシュキーンランドCからの直行を選んだほか、モズスーパーフレアも間隔を詰めると良くないという反省から北九州記念をステップに選んだ。近年はあらゆる局面で直行ローテが主流になっており、本番まで中2週となるこの舞台に必ずしも主力が集結していない。だからこそ波乱の余地があるというものだろう。

そこで現時点での注目は、ダイメイプリンセス北九州記念では鮮やかに外からの差し切りを決めたが、決して平坦巧者というわけではなく、急坂コースもこなせる馬だ。実際昨年のスプリンターズSでも4着と健闘しており、何より前述のような近年のトライアル事情から今年の北九州記念は例年以上にメンバーが揃っていた。

そういう意味ではアンヴァルにも再度注目。ズブさが増しているのは気掛かりではあるが、毎度キッチリ末脚を使えるだけに、あとは流れ一つだろう。

大穴ならペイシャフェリシタも侮れない。近走はようやく行きっぷりが戻り復調気配がみられ、メンバーが揃ったキーンランドCでもそこそこ見せ場を作っていた。

いずれにしても、セントウルSはG1の前哨戦とはいえ、例年夏競馬の延長戦ともいえる舞台。一発狙うならば、夏場にレースを使っている組の中から選びたい。


※一部重賞の最終結論は、ブログ『TAROの競馬』にて無料公開します。是非当日のブログをご覧ください。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』
(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)。2018年12月14日には最新刊『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)をリリース。


登録済みの方はこちらからログイン

2019年2月15日(金) 11:30 競馬プロ予想MAX
先週の回顧~(2/9~2/11)岡村信将プロが日曜東京8R◎マイネルアンファン的中で121万のホームラン!ほか12名がプラス収支をマーク!
閲覧 933ビュー コメント 0 ナイス 6



先週は、10(日)に京都競馬場でG2京都記念、東京競馬場でG3共同通信杯が、雪による土曜東京競馬順延によってG3クイーンCが11(祝月)にスライドして行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G2京都記念は、タイムフライヤーが逃げて前半1000mを1分3秒3(推定)で通過するスローな流れ。ブラックバゴが後方から外を通って並び掛ける動きはあったものの、それ以外は少頭数らしく隊列に大きな変化のないまま3コーナーから4コーナーへ。外を通ってダンビュライトステイフーリッシュが前の2頭との差を詰めながら直線に入ります。最内を突いたパフォーマプロミスも加わって、馬場の中ほどにかけて4~5頭横一線となった争いからまず抜け出したのはダンビュライト。そのダンビュライトの外を通っては1番人気ステイフーリッシュも差を詰め、さらに外からはマカヒキケントオーも追い込みを見せます。しかし、この争いを先んじて抜け出していた6番人気ダンビュライトが封じてV。重賞2勝目を挙げています。
公認プロ予想家では、☆まんでがんプロ西野圭吾プロスガダイプロ
岡村信将プロ
シムーンプロ奥野憲一プロろいすプロ豚ミンCプロら計18名が的中。また、プロテスト最終審査としてプロ予想MAX参戦中のあげだしさんも的中を披露しています。
 
G3共同通信杯は、断然人気の支持を集めたアドマイヤマーズが逃げる展開。2番手に2番人気フォッサマグナ、3~4番手に3番人気ダノンキングリーと、人気馬が前目につける態勢で直線を向くと、1馬身ほどのリードを築いてアドマイヤマーズが逃走Vへスパートを開始。2番手フォッサマグナは直線半ばで苦しくなって後退。ここへ、最内を突いて迫ったのはダノンキングリーでした。懸命に追われるアドマイヤマーズに、余力十分の手応えで並び掛けるダノンキングリー。上り3F32.9秒のキレを披露し、最後は2歳王者に1馬身1/4差をつけて優勝。無傷の3連勝で重賞初制覇を飾っています。
公認プロ予想家では、金子京介プロ岡村信将プロスガダイプロきいいろプロマカロニスタンダーズプロ馬侑迦プロろいすプロほか計18名が的中。プロテスト最終審査参加ユーザーからはャンヌさんイレコンデルパサーさんら4名が的中しています。
 
12(祝月)にスライドして行われたG3クイーンCは、2番人気ビーチサンバが出遅れる以外は各馬まずまず出揃っての幕開け。ハナを奪ったのは大方の予想通りジョディーで、終始1馬身半~2馬身ほどのリードで逃げて直線に入っていきます。2番手にはミリオンドリームズが迫り、その外からはカレンブーケドールが脚を伸ばします。さらに外からクロノジェネシス、大外ビーチサンバと、人気2頭はさらに後方からの末脚勝負に。残り200mあたりで、まずクロノジェネシスが抜け出すと、ビーチサンバも連れて単独2番手へ。最内で粘り込みを図るジョディーを、阪神JF2~3着馬が交わしたところでゴールとなりますが、軍配は先に抜け出した1番人気クロノジェネシスビーチサンバの追い上げをクビ差封じて、重賞初制覇を飾っています。
公認プロ予想家では、KOMプロサウスプロ佐藤洋一郎プロ山崎エリカプロきいいろプロろいすプロほか計18名が的中。プロテスト最終審査参加ユーザーからはイレコンデルパサーさんら4名が的中しています。
 
 
 
----------------------------------
 
☆☆☆注目プロ →岡村信将プロ
先週は、大波乱決着となった10(日)東京8Rを、◎マイネルアンファン(単勝121.9倍)で的中!121万9,000円払戻しのホームランを披露しました。10(日)東京10Rでの◎サングラス的中(20万1,000円払戻し)、11(祝月)東京8Rニシノジャガーズ的中、9(土)小倉11Rバイオレントブロー的中などと併せて、週間トータル回収率359%、収支129万260円プラスの断トツトップ成績で終えています。
 
☆☆☆注目プロ →豚ミンCプロ
9(土)は小倉1Rの◎○馬単1点的中含む予想を披露し、この日の大幅プラスを決めると、翌10(日)には小倉4Rフィデリオグリーン(単勝14.6倍)の的中でさらにプラスを上積み。週末トータル回収率202%をマークし、引き続きの好調をアピール。これで5週連続週末プラス達成となっています。
 
☆☆☆注目プロ →KOMプロ
先週は、9(土)京都1Rテオレーマ的中計13万9,320円払戻しなどで回収率231%を達成。10(日)は小倉12Rトーセンアルバータ(単勝25.2倍)的中などで回収率172%をマーク。11(祝月)はG3クイーンC的中などで回収率232%達成と、3日連続のプラス収支を記録。週間トータルでは回収率172%、収支33万2,550円の大幅プラスをマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →奥野憲一プロ
9(土)小倉2Rでの3連複334.1倍、10(日)東京3Rでの3連単2757.1倍、11(祝月)東京3Rでの3連複223.7倍的中などを披露!週間トータルでは回収率194%をマークし、収支26万6,920円の大幅プラスを達成しています。
 
 
 
この他にも、馬侑迦プロ(158%)、西野圭吾プロ(154%)、霧プロ(138%)、マカロニスタンダーズプロ(137%)、サラマッポプロ(126%)、シムーンプロ(125%)、エース2号【予想マイレージクラブ限定】プロ(107%←4週連続週末プラス)、スガダイプロ(104%)、ろいすプロ(102%)、ゼット1号プロ(102%←6週連続週末プラス)らが週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
また、イレコンデルパサーさん(165%)、あおまるさん(138%)、新参者さん(126%)、暴君アッキーさん(102%)らが、プロテスト最終審査3週目をプラスで終えています。
 
 
 
----------------------------------
 
※全レースの結果情報はこちら


今週も「プロ予想MAX」にぜひご注目下さい。

[もっと見る]

2017年8月18日(金) 15:00 くりーく
くりーくプロコラム(番外編)~札幌記念公開調教体験レポート
閲覧 1,454ビュー コメント 0 ナイス 16



宿泊先のホテルから歩くこと数十分。競馬場の横を歩いていると馬が駆ける音が聞こえてきました。
8月16日(水)の朝6時頃、札幌競馬場に到着。
すでに内馬場では何十頭もの馬が乗り運動をしておりコースでは順番に追い切りが行われていました。
この日は札幌記念の公開調教デー。一般の人でも競馬場のスタンドで調教の模様が見学できるのです。
今年はお盆休みを利用して家族旅行で北海道に来ていて、たまたまこの日は札幌に滞在していたので朝早起きをして小学1年生の長男と見学に行ってきました。
調教を予想で重視している私ではありますが、公開調教は大昔に東京競馬場で行われていたジャパンカップの時以来で、トレセンでのそれには参加したことはなく、何十頭もの調教を目の前で観るのは今回が初めて。
そのジャパンカップの公開調教時にも感じたことですが、競馬が行われていない平日に競馬場に入った瞬間というのは、ある意味ワクワクする感じで何ともたまらない刺激があります。

受付で無料のドリンク引換券付の案内をもらいスタンドに向かうと、すでに朝早くから見学に来ている人の姿が見えます。人数は、競馬開催日に比べると100分の1ぐらいといったところでしょうか。何だか広い競馬場がさらに広く感じます。

せっかくここまできたので、札幌記念で好走しそうな馬を見つけて帰ろうとは思っていたのですが、そもそも今年有力馬の多くが函館に滞在していて結局この日札幌で追い切った馬はアングライフェンサングラスツクバアズマオーディサイファナリタハリケーンマウントロブソンの6頭のみ。そのうちアングライフェンサングラスナリタハリケーンの3頭は到着前にすでに追い切られており、マウントロブソンは木曜に強めに追われるため軽めの調整で、しっかり追い切りの動きを確認することが出来たのはディサイファツクバアズマオーの2頭でした。その2頭に関しても、ディサイファは芝コースで追われたものの太め感のある走りで動きが重く、ツクバアズマオーもダートコースで追われたものの力強さは感じられず物足りない動きでパッとせず。今年の札幌記念は函館滞在組の方が有力なのかなあとの印象を持ちました。

ただ札幌記念の公開調教といっても水曜日で普通の追い切りの日なので、滞在している馬たちが次から次へと追い切られていきます。(札幌記念に出走する馬が追い切る際は、ターフビジョンで映してくれるのでどの馬か分かるのですが、その他の馬はゼッケンの色と番号で見分けなければならないので慣れていないと大変(^^;)。馬の動きを見ようとすると番号を見落としたり、番号をしっかり見ようとすると馬の動きのチェックが曖昧だったり四苦八苦。普段、トレセンで追い切りを見ているトラックマンの方たちはこの作業を時計を計りながら行っているんだなあとかその神業ぶりに思いをはせた瞬間であり、改めて競馬新聞の調教時計のありがたさを痛感した瞬間でした。それでも何頭もの追い切りを見ているうちに、ようやく勝手が分かってきて、ここから親子の分担作業が始まります。私が馬の動きを見て良い動きの馬が来たときのみ長男に番号をチェックしてもらう、例えば動きが良い馬が来た時には、父『外の馬何番?』、子『1814番』→「メモる」といった具合です。これを繰り返し、何頭分か溜まったらゼッケン番号一覧表が置いてある場所に行って馬名をまとめてチェックしていく、そんな作業が3時間ほど続きあっという間に9時の公開調教終了の時を迎えました。改めて馬の良し悪しは自分の目でしっかり見ることが重要だなと感じました。なかなかこのような機会はありませんが、今度はG1レースの公開調教などにも参加してみたいものです。
以上、くりーくの“夏休みの宿題”的レポートでした(思いの外、札幌記念について触れることが少なくてすみませんでした)。

札幌記念の全頭調教評価は、最終予想に載せる予定です。気になった方はそちらをチェックしてください。また、公開調教で目に留まった動きの良い何頭かの中には今週出走予定の馬もいるようですので、そちらにもぜひともご注目ください。


※くりーくプロページはこちら

[もっと見る]

2014年10月29日(水) 20:00 本命ドリパス
『競馬』という名の推理小説 ~第295話天皇賞・秋(謎解き編)
閲覧 578ビュー コメント 0 ナイス 5

第295話 「天皇賞・秋」


09年 35.6-47.9-33.7 =1.57.2 ▼9△5△ 3 瞬発戦
10年 35.3-48.0-34.9 =1.58.2 ▼5▼4△ 6 瞬発戦 稍重
11年 34.3-46.0-35.8 =1.56.1 ▼1△2▼ 3 平坦戦
12年 34.8-45.9-36.6 =1.57.3 △2△8▼10 瞬発戦
13年 35.0-47.2-35.3 =1.57.5 ▼3▼1△7 平坦戦

稍重だった10年こそ1分58秒台でしたが以外の年は56~57秒台となっており高速中距離戦のレース。
過去5年では瞬発戦3回、平坦戦2回でレースの上りは33秒7~36秒6とかなり差がある。
レースでの上り2位以内の馬の成績が
5-1-4-0 勝率50.0% 連対率60.0% 複勝率100.0%
となっていて上りが重要になるのは間違いありませんが中盤で脚を溜めての一気の爆発力なのか中盤で脚を溜めなくても持続可能な末脚なのかはその年によって異なるというのがポイントかと思われます。
では過去の連対馬のラップギアを見てみましょう。

1着馬
カンパニー     【瞬7平6消1】
ブエナビスタ    【瞬5平5消0】
トーセンジョーダン 【瞬6平4消0】
エイシンフラッシュ 【瞬6平1消0】
ジャスタウェイ   【瞬6平1消0】
2着馬
スクリーンヒーロー 【瞬4平6消0】
ペルーサ      【瞬2平2消0】
ダークシャドウ   【瞬6平1消0】
フェノーメノ    【瞬5平0消0】
ジェンティルドンナ 【瞬4平4消0】

瞬発戦>平坦戦というタイプか瞬発戦=平坦戦というタイプが多くなっています。
瞬発戦<平坦戦というタイプはスクリーンヒーローのみなので多少の割り引きは必要でしょう。
平坦戦になろうともやはりコース適性【瞬9平1消0】の舞台ということです。

今年のメンバーで流れを作りそうなのはカレンブラックヒルサトノノブレス辺りでしょうか。
それよりも鍵を握りそうなのが柴田大Jに乗り戻るマイネルラクリマ
先週の菊花賞でもそうでしたが実際逃げたのはサングラスでしたがペースを落とさないようにしたのは2番手追走の柴田大J騎乗のマイネルフロストだったと思われます。
柴田大Jもマイネルラクリマのことは熟知してるはずでラストの上り勝負ではこのメンバーでは厳しいはず。
ならば中盤であまりペースを落とさせないよう突っつくはずで今年も平坦戦になると予想します。

となれば昨年上手くいった戦法で行ってみるか。
狙い目は東京コースで平坦戦だった重賞連対経験馬。
今年の登録馬では
アスカクリチャンイスラボニータエピファネイアカレンブラックヒルジェンティルドンナダークシャドウトーセンジョーダンペルーサ
の8頭です。
6歳以上の馬の成績は過去5年で1-0-1-36で割り引きが必要でしょう。
上記の馬で5歳以下の馬は
イスラボニータエピファネイアカレンブラックヒルジェンティルドンナ
の4頭となっています。

「本命ドリパスの3連単1点予想(水曜時点)」
イスラボニータマーティンボロデニムアンドルビー
なんだかんだいって外国人Jの成績3-1-2-7(勝率23.1%、連対率30.8%、複勝率46.2%)は脅威。

(補足)
「▼4▼2△6」や「平坦戦」などの表記はラップギアを使用しています。
数値などは岡村信将プロより提供して頂いています。
表記の意味などの詳細は岡村信将プロのマイページをご覧下さい。

[もっと見る]

2014年10月27日(月) 14:38 【ウマニティ】
先週の回顧~夢月プロが1強と評した◎トーホウジャッカルでズバリ!
閲覧 363ビュー コメント 0 ナイス 1

先週は、26(日)に京都競馬場でGI菊花賞が行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
GI菊花賞は快晴の良馬場という絶好条件で行われました。1番人気はワンアンドオンリーで2.4倍、続いてトゥザワールド5.3倍、トーホウジャッカル6.9倍、サウンズオブアースが8.6倍と上位人気を形成しました。全馬スムーズにゲートイン完了し、迎えたスタートでは大きな遅れもなく、その中からサングラスが内から先手を奪って1週目のホームストレッチへ。先頭はサングラス、直後にシャンパーニュマイネルフロストの2頭が並走。半馬身後方の内にトーホウジャッカルゴールドアクタートゥザワールドと続き、先行集団を形成。その直後の外にワンアンドオンリー、真ん中ハギノハイブリッド、内にサウンズオブアース。続いてワールドインパクトタガノグランパトーセンスターダムヴォルシェーブと中団馬群。そこから1馬身程、間があいた後方集団にはショウナンラグーンメイショウスミトモサトノアラジンミヤビジャスパーアドマイヤランディと追走。各馬折り合いに専念し、隊列変わらぬまま淡々とレースが流れて3コーナーへ差し掛かります。
 
 ここで先頭を行くサングラスを交わしてシャンパーニュが先頭に立つとペースを上げて一気にレースが動きます。リードを広げにかかるシャンパーニュですが、各馬も進出を開始し、馬群がギュッと凝縮して直線コースへ。
 シャンパーニュに代わって先頭に立ったマイネルフロストを馬場の真ん中から抜群の手応えでトーホウジャッカルが並びかけると一気に交わして抜け出します。粘りこみを図るトーホウジャッカルに内ラチ沿いからサウンズオブアースも脚を伸ばして猛追。ラスト200m、後方からは目立つ伸び脚の馬は来ず、前を行く内のサウンズオブアース、外トーホウジャッカルの激しい叩き合いに。ラスト100m、トーホウジャッカルが最後もうひと伸びを見せ、サウンズオブアースに半馬身の差を付けての完勝!デビューからわずか5か月間でのG1制覇となりました。勝ちタイムは従来のレコードを1秒7も塗り替えた3分1秒0。2着にサウンズオブアース、そこから3馬身半差の3着にゴールドアクターが入っています。
  
 
 公認プロ予想家ではkmプロ夢月プロ佐藤洋一郎プロはははふほほほプロ億の馬券術事務局プロシムーンプロが的中させています。
 
☆☆☆注目プロ →夢月プロ
勝負レースに指定した26(日)京都11R菊花賞G1で『前走は不利のオンパレード。一強ムード濃厚!』と評価したトーホウジャッカルの単勝1万円を的中!
この他にも京都5Rで単勝41.5倍の大穴、タイセンアプローズの単勝1万円的中や福島11Rサカジロロイヤル(10.4倍)など的中を重ね、週末トータル回収率110%、収支プラス24万6000円の好成績を収めています。
 
☆☆☆注目プロ →kmプロ
26(日)京都11R菊花賞G1を◎▲△の大本線予想を披露!3連単592倍を300円的中させ、17万7660円を払い戻しました!この他にも東京5Rオーゴンボルトの単勝を1万円的中させ、19万4000円を払い戻し!週末トータルでは回収率112%、収支プラス5万8960円をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →億の馬券術事務局プロ
 
25(土)福島7Rでは単勝4.4倍レッドラヴィータの単勝7800円的中させ、3万4320円を払い戻し!福島10Rでも△◎△で3連複64.8倍を800円的中させ、5万1840円を払い戻すなど25(土)に挙げた4レースの予想をすべて的中!週圧トータル的中率35%、回収率197%、収支プラス7万7230円を達成しています!
 
☆☆☆注目プロ →サウスプロ
26(日)福島5Rで◎デルマジュゲムゴールドペガサスの馬連50.2倍を1点勝負で仕留め、50万2000円のビッグヒット!京都3Rでも◎アッシュゴールドヴェルステルキングの馬連15.1倍を1万円的中!週末トータル回収率139%、収支プラス28万3070円を記録しています。
 
☆☆☆注目プロ →蒼馬久一郎プロ
26(日)東京7Rで◎○▲のパーフェクト予想を披露!単勝8.6倍、馬連38.9倍、3連単922.9倍を的中させ、10万8670円を払い戻しました!この他にも勝負レースとした京都12Rで○▲◎でしっかり仕留めるなどコンスタントに的中を重ね、週末トータル的中率55%、回収率127%、収支プラス7万4020円をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →dream1002プロ
26(日)東京3Rを△◎△で3連単を的中させ、12万7170円を払い戻しました!京都7Rでも◎マスクゾロエノラブエナラウンドロビンの大本線で仕留め、3連単127倍を500円的中!!この他にも挙げたレースを次々と的中させ、週末トータル的中率45%、回収率119%、収支プラス7万9450円の好成績を収めています。
 
☆☆☆注目プロ →スガダイプロ
25(土)福島12Rで『まともな競馬さえ出来れば楽勝まで可能』とコメントした◎オリエンタルサンの単勝10.1倍、○ヤマニンマルキーザとの馬連、ワイド、3連複を大本線的中させ、8万5090円の払い戻しを達成しました!この他にもコンスタントに的中を重ね、週末トータル的中率は43%、回収率105%、収支プラス4万5960円をマークしています。
 
 この他にもシムーンプロ(106%%)、3連単プリンスプロ(104%)が週末トータル100%超えの活躍を見せています。

※全レースの結果速報はこちら
  
今週も競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家の予想にご注目下さい。
 

[もっと見る]

2014年9月23日(火) 18:00 【ウマニティ】
先週の回顧~霧プロ 阪神4R馬連740倍、3連複982倍を本線的中!
閲覧 318ビュー コメント 0 ナイス 4

先週は、22(日)に新潟競馬場でG2セントライト記念が、阪神競馬場でG2ローズSがそれぞれ行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。G2セントライト記念は、サングラスが先頭を切って落ち着いた流れのまま直線へ。直線に入ると好位に付けていたトゥザワールドが手応え抜群に先頭に立ち、それをマークするように直後に付けていたイスラボニータも追い出しにかかります。ラスト200m、一気にエンジンかかったイスラボニータトゥザワールドを並ぶ間もなく交わし去さるとゴールまで余裕の手ごたえで完勝!1馬身1/4差の2着には粘りこんだトゥザワールド、クビ差の3着にはゴール前で力強く差し込んできたタガノグランパが入っています。公認プロ予想家の中ではサウスプロ蒼馬久一郎プロ岡村信将プロ河内一秀プロ3連複プリンセスプロが的中しています。
G2ローズSは外枠から好スタートを決めたリラヴァティが先頭で直線コースへ。3馬身ほどのセーフティリードを取ったリラヴァティが粘りこみを図りますが、内で脚を溜めていた2人気のヌーヴォレコルトが追い出されると抜群の反応で差を詰めてきます。残り200付近で先頭に立つと他馬を寄せ付けない力強い末脚で突き抜けての快勝!秋華賞へ向け、最高のスタートを切りました。1馬身1/4差の2着には内から鋭く差し込んできたタガノエトワール。そこから1馬身1/4差の3着に粘りこんだリラヴァティが入っています。追撃公認プロ予想家の中でははははふほほほプロ馬っしぐらプロシムーンプロサラマッポプロが的中しています。

☆☆☆注目プロ →霧プロ
20(土)阪神4Rで◎ハッピーロード(単勝17.5倍)、特注穴馬に挙げたメイショウセイウン(単勝76.9倍)がワンツー!単勝17倍、馬連740倍、3連複982倍を的中させ、26万超えの払い戻しを達成しました!土日トータルでは的中率27%、回収率218%、収支プラス15万1460円をマークしています!

☆☆☆注目プロ →ろいすプロ
21(日)阪神4Rで単勝16.6倍の伏兵◎ナガラキコウシからワイド56倍、3連複840倍を本線的中させ、8万9640円を払い戻しました!さらに新潟5Rで6人気アルター、8人気チャビアールの2頭を注目馬に抜擢!馬連104倍、3連複381倍を的中!土日トータルでは回収率291%の好成績を収めました!

☆☆☆注目プロ →佐藤洋一郎プロ
土日合計で3本の1000倍超のビッグヒットをマーク!まずは20(土)新潟5Rで単勝19倍ファイアフライ1着固定の3連単2265倍を的中させると21(日)新潟2Rでは◎ロッソマドンナからの3連単1688倍をゲット!さらに新潟12Rで単勝61倍◎アルテミシアからの3連単1286倍を的中!土日トータルでは回収率142%、収支プラス19万3050円を記録しています。

☆☆☆注目プロ →はははふほほほプロ
勝負レースに指定した20(土)新潟1Rで◎スミレタンポポからの単複勝負で9万4500円を払い戻すと阪神5R阪神10Rとスマッシュヒットを連発!21(日)新潟6Rにも◎○▲のパーフェクト予想を披露!土日トータル回収率112%、収支プラス5万7920円をマークしています。

☆☆☆注目プロ →kmプロ
20(土)新潟1Rスミレタンポポの単勝を1万円的中させ、19万6000円を払い戻し!21(日)阪神10Rでも◎ニシノビークイックの単勝12.2倍を的中させました!土日トータル回収率109%、収支プラス3万7000円を記録しています。

☆☆☆注目プロ →億の馬券術事務局プロ
20(土)新潟9Rで単勝87倍の大穴エリモフェザーに注目。複勝17.3倍を7200円的中させ、12万4560円の払い戻しとなりました。土日トータルでも回収率107%をマークしています!

☆☆☆注目プロ →サウスプロ
21(日)新潟6Rビーチドラゴンツリーチャイムの馬連13倍を1点的中!新潟9Rでも◎ソーミラキュラスマルケサスの馬連を1点勝負で的中させ、26万5000円の高額払い戻しをマークしました!

※全レースの結果速報はこちら

今週も競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家の予想にご注目下さい。

「TC-007」

[もっと見る]

⇒もっと見る

サングラスの口コミ


口コミ一覧
閲覧 122ビュー コメント 0 ナイス 2

こんばんは明日5/30単複王です
No.362 京都 9レース 紫野特別(2勝クラス)  芝 2000m ◎ ダディーズトリップ ◯ マイネルウィルトス
No.363 京都 10レース 東大路S(3勝クラス)  ダート 1800m ◎ ケイアイパープル ◯ アヴァンセ
No.364 京都 11レース 葵ステークス(重賞)  芝 1200m ◎ ケープコッド ◯ ワンスカイ
No.365 東京 9レース 富嶽賞(2勝クラス)  ダート 1400m ◎ デルタバローズ ◯ トモジャドット
No.366 東京 10レース 葉山特別(2勝クラス)  芝 1600m ◎ アオイシンゴ ◯ シャインカメリア
No.367 東京 11レース 欅ステークス(OP)  ダート 1400m ◎ メイケイダイハード ◯ カタナ
つづいて
No.58 葵ステークス ◎ ケープコッド ○ ワンスカイ ▲ アルムブラスト ☆ ゼンノジャスタ ビアンフェ
明日5/30のメインレースは
葵ステークス(重賞) 芝 1200m
欅ステークス(OP) ダート 1400m
です
葵ステークス(重賞) ◎ ケープコッド ○ ワンスカイ ▲ アルムブラスト ☆ ゼンノジャスタ ビアンフェ
欅ステークス(OP) ◎ メイケイダイハード ○ カタナ ▲ エレクトロポップ ☆ ホウショウナウ サングラス
https://youtu.be/-y96snzKQgk
よろしくおねがいします

 ターフィーTD 2020年5月29日(金) 22:37
タフィスポ(5月30日号)
閲覧 38ビュー コメント 0 ナイス 5

5月30日(土)東京・京都

東京11R欅S
◎2.ダノンフェイス  18
・5.ミッキーワイルド  17
・6.エレクトロポップ  14.5
・1.サングラス  14.5
・4.ホウショウナウ  14.5
・13.トップウイナー  14.5
・15.アディラート  14

~レーティングについて~
 馬名右の数値は、該当馬の実力に騎手の巧拙、枠順やコーナーの有利不利を加味して算出した独自のレーティングです。1ポイント=0.2秒の差を示し、5ポイントで入線タイム差が約1秒と想定しています。(カッコ)付き数値は長期休養馬、もしくは8カ月以上前のレースぶりを見て算出したものです。予想の参考としてご覧ください。

【勝負馬券】
(カッコ内は前週までの年間回収率)
単勝◎=1点(101%)

以上

[もっと見る]

 元【穴党専者】愛飢男 2020年5月16日() 20:43
京都🦄✨11R 栗東ステークス◉⑭アードラー✧︎( ̄▽+ ̄*)
閲覧 68ビュー コメント 2 ナイス 3

ノーザンダンサーを呼び水にナイスダンサーの勝負根性を補強。んで、春のパン祭りじゃなくて、春のリファールかいな。(´∀`)ww

叩き一変あるかもよ。鞍上戻りだし( ̄▽ ̄)

◉⑭アードラー

そして、対抗に前走比4キロ減59~55キロ

して、前走59キロ背負い痛恨の出遅れ↯↯
がしかし、大外を回ってなかなかの脚を使えいたこと。恩恵の一発があって驚けない。

〇⑫サングラス😎ww

単穴▲❼マルカソレイユ

恩恵の叩き一変!

連下△⑯ヒザクリゲ

BMS→春のフレンチデピュティ

△❶ドリュウ

距離短縮

△❷ヨシオ

距離延ばして追走が楽にならんか?



🥊( ̄▽+ ̄*)🤞Good Job

[もっと見る]

⇒もっと見る

サングラスの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

サングラスの写真

サングラス

サングラスの厩舎情報 VIP

2020年5月30日欅ステークス8着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

サングラスの取材メモ VIP

2019年8月11日 エルムステークス G3 10着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。