テーオージーニアス(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
テーオージーニアス
テーオージーニアス
テーオージーニアス
写真一覧
抹消  鹿毛 2015年4月10日生
調教師梅田智之(栗東)
馬主小笹 公也
生産者ヤナガワ牧場
生産地日高町
戦績28戦[4-7-3-14]
総賞金11,256万円
収得賞金3,340万円
英字表記T O Genius
血統 ゴールドアリュール
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
ニキーヤ
リーグルメアリー
血統 ][ 産駒 ]
Afternoon Deelites
Really Rising
兄弟 テーオーポシブルテーオーメアリー
前走 2021/02/21 大和ステークス OP
次走予定

テーオージーニアスの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師



馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
21/02/21 阪神 11 大和S OP ダ1200 155932.2815** 牡6 56.0 川須栄彦梅田智之 500
(-6)
1.12.7 1.337.1⑪⑫リュウノユキナ
20/12/13 中山 11 カペラS G3 ダ1200 166115.6310** 牡5 56.0 丸山元気梅田智之 506
(+6)
1.10.7 0.935.1⑮⑮ジャスティン
20/11/22 東京 11 霜月S OP ダ1400 165107.138** 牡5 56.0 川須栄彦梅田智之 500
(+2)
1.23.6 0.835.9⑫⑪ヘリオス
20/10/24 京都 11 室町S OP ダ1200 163515.975** 牡5 56.0 岩田康誠梅田智之 498
(-6)
1.10.0 0.634.4⑮⑭レッドルゼル
20/04/19 中山 10 京葉S (L) ダ1200 16233.812** 牡5 57.0 岩田康誠梅田智之 504
(0)
1.09.4 0.235.2⑫⑪ヒロシゲゴールド
20/03/28 中京 11 名鉄杯 OP ダ1400 14222.612** 牡5 58.0 川田将雅梅田智之 504
(+5)
1.23.6 0.535.6④④ダイメイフジ
20/03/10 高知 5 黒船賞 G3 ダ1400 12--------2** 牡5 56.0 岩田康誠梅田智之 499
(--)
1.28.0 0.7----ラプタス
20/02/23 京都 11 大和S OP ダ1200 16242.814** 牡5 56.0 岩田康誠梅田智之 512
(+4)
1.10.1 0.334.5⑮⑮スズカコーズライン
20/02/02 東京 11 根岸S G3 ダ1400 161125.676** 牡5 56.0 川須栄彦梅田智之 508
(+4)
1.23.4 0.735.4⑧⑧モズアスコット
19/12/08 中山 11 カペラS G3 ダ1200 166125.532** 牡4 56.0 丸山元気梅田智之 504
(-2)
1.09.7 0.435.4⑪⑪コパノキッキング
19/11/24 京都 11 AリーフS OP ダ1200 166113.422** 牡4 57.0 川須栄彦梅田智之 506
(+4)
1.10.5 0.234.9⑪⑦スズカコーズライン
19/10/20 新潟 11 北陸S 3勝クラス ダ1200 15113.811** 牡4 57.0 川須栄彦梅田智之 502
(-4)
1.09.2 -0.335.1④④リュウノユキナ
19/10/06 京都 10 藤森S 3勝クラス ダ1200 134530.292** 牡4 57.0 坂井瑠星梅田智之 506
(+18)
1.10.8 0.135.1⑫⑫デザートストーム
19/06/09 阪神 10 安芸S 3勝クラス ダ1400 11558.245** 牡4 57.0 川須栄彦梅田智之 488
(-4)
1.24.3 1.036.2⑥⑦エアアルマス
19/06/02 東京 10 麦秋S 3勝クラス ダ1400 16365.8211** 牡4 57.0 C.ルメー梅田智之 492
(+2)
1.24.7 1.236.6④⑦ミッキーワイルド
19/04/13 阪神 10 陽春S 1600万下 ダ1200 16233.724** 牡4 56.0 浜中俊梅田智之 490
(-2)
1.11.8 0.436.5⑤④ニホンピロタイド
19/03/16 阪神 10 なにわS 1600万下 ダ1200 157135.833** 牡4 57.0 川須栄彦梅田智之 492
(-4)
1.10.7 0.335.5⑥⑥ヒロシゲゴールド
19/03/02 中山 12 4歳以上1000万下 ダ1200 16242.811** 牡4 57.0 浜中俊梅田智之 496
(-2)
1.10.6 -0.235.8⑨⑧レッドアネラ
19/02/16 京都 12 4歳以上1000万下 ダ1200 16355.236** 牡4 57.0 川須栄彦梅田智之 498
(+8)
1.12.4 0.436.4⑪⑨ハニージェイド
18/11/25 京都 7 3歳以上1000万下 ダ1200 166129.344** 牡3 56.0 川須栄彦梅田智之 490
(0)
1.11.8 0.535.5⑭⑭ロードエース

⇒もっと見る


テーオージーニアスの関連ニュース

 ★AJCCを制したアリストテレス(栗・音無、牡4)は、阪神大賞典(3月21日、阪神、GII、芝3000メートル)から天皇賞・春(5月2日、阪神、GI、芝3200メートル)に駒を進める。

 ★日経新春杯13着で、今月末で勇退する角居厩舎のエアウィンザー(セン7)は、新谷厩舎に転厩して、北村友騎手で大阪城S(3月7日、阪神、L、芝1800メートル)。

 ★ターコイズS1着スマイルカナ(美・高橋祥、牝4)は、27日に帰厩。ダービー卿CT(4月3日、中山、GIII、芝1600メートル)で復帰する。

 ★大和S1着リュウノユキナ(美・小野、牡6)は、東京スプリント(4月14日、大井、交流GIII、ダ1200メートル)の見込み。6着ダンシングプリンス(美・宮田、牡5)は京葉S(4月18日、中山、L、ダ1200メートル)を視野に入れる。

 ★京都記念2着ステイフーリッシュ(栗・矢作、牡6)、小倉大賞典4着アールスター(栗・杉山晴、牡6)は、日経賞(3月27日、中山、GII、芝2500メートル)に進む。

 ★ダイヤモンドS4着ナムラドノヴァン(栗・杉山晴、牡6)は、阪神大賞典へ。5着ヒュミドール(美・小手川、セン5)は、阪神大賞典日経賞の両にらみ。6着アイスバブル(栗・池江、牡6)は、ひと叩きしてメトロポリタンS(5月8日、東京、L、芝2400メートル)から目黒記念(5月30日、東京、GII、芝2500メートル)を予定。8着タイセイトレイル(栗・矢作、牡6)、16着メイショウテンゲン(栗・池添兼、牡5)は、阪神大賞典に向かう。10着ミスマンマミーア(栗・寺島、牝6)は、大阪-ハンブルクC(4月11日、阪神、OP、芝2600メートル)と、メトロポリタンSの両にらみの構え。

 ★日経新春杯10着アドマイヤビルゴ(栗・友道、牡4)は、大阪杯(4月4日、阪神、GI、芝2000メートル)でGIに初参戦。

 ★小倉大賞典11着バイオスパーク(栗・浜田、牡6)は、新潟大賞典(5月9日、新潟、GIII、芝2000メートル)。13着ドゥオーモ(栗・野中、牡8)は、福島民報杯(4月18日、福島、L、芝2000メートル)に進む。

 ★京都牝馬S8着ヤマカツマーメイド(栗・池添兼、牝4)、16着メイショウショウブ(栗・池添兼、牝5)は、名鉄杯(3月27日、中京、OP、ダ1400メートル)を視野に入れる。9着リバティハイツ(栗・高野、牝6)は、引退して繁殖入りする。

 ★東京大賞典6着テーオーケインズ(栗・高柳大、牡4)は、名古屋城S(3月21日、中京、OP、ダ1800メートル)。

 ★京都金杯10着レッドアネモス(栗・友道、牝5)は、マリーンC(4月7日、船橋、交流GIII、ダ1600メートル)へ。

 ★中日新聞杯13着トリコロールブルー(栗・友道、牡7)は、大阪城S。同厩舎で神戸新聞杯18着から休養しているマイラプソディ(牡4)も、同レースで復帰する。

 ★昨夏のアイビスSD2着後、戦列を離れているライオンボス(美・和田郎、牡6)は来週中に帰厩し、復帰戦の千葉S(3月21日、中山、OP、ダ1200メートル)に備える。ダートのハンデ戦を使うことについて「別定では60キロを背負わされるので」と和田郎調教師は説明。その後は韋駄天S(5月23日、新潟、OP、芝直1000メートル)の予定。

 ★橿原Sを制したサイクロトロン(栗・音無、牡4)は、千葉Sへ。同レースには、大和S15着テーオージーニアス(栗・梅田、牡6)も参戦する。

 ★キャピタルS10着ウーリリ(栗・友道、牡5)は、六甲S(3月28日、阪神、L、芝1600メートル)。

 ★オーロC9着ダノンチェイサー(栗・池江、牡5)は、東風S(3月14日、中山、L、芝1600メートル)に向かう。

【有名人の予想に乗ろう!】カペラS2020 ダート短距離界の強豪が中山に集結!あの人の見解は!? 2020年12月13日() 06:30


※当欄ではカペラSについて、競馬好きとして知られる芸能人、著名人の皆さんの予想を紹介していきます。迷ったときは彼らの予想に乗るのも手。参考になさってください。



【大久保洋吉(元JRA調教師)】
◎⑫レッドルゼル
○⑨ダンシングプリンス
▲⑬ジャスティン
△④シュウジ
△⑩サブノジュニア
△⑪テーオージーニアス

【杉本清】
◎⑨ダンシングプリンス
○⑬ジャスティン
▲④シュウジ
☆⑩サブノジュニア
△①スズカコーズライン
△⑪テーオージーニアス
△⑫レッドルゼル
△⑭フォーテ

【キャプテン渡辺】
注目馬
シュウジ
ダンシングプリンス
馬連・ワイド
④-⑨

【目黒貴子】
◎⑨ダンシングプリンス



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【カペラS】厩舎の話 2020年12月11日(金) 04:53

 ◆ジャスティン・矢作師「絶好調。ただ、他馬との斤量差が気になる」

 ◆シュウジ・須貝師「いい感じに仕上がった。57キロも問題ない」

 ◆スズカコーズライン・木原師「久々の前走も頑張っていた。上積みに期待」

 ◆ダンシングプリンス・宮田師「控えた競馬をしたときにどうか」

 ◆テーオージーニアス・梅田師「昨年2着だし、末脚が生きる展開になればね」

 ◆ヒロシゲゴールド・北出師「連闘明けでも状態はいい。ハナに行くように指示するつもり」

 ◆フォーテ・藤原英師「気は悪いが、具合はいい。挑戦の気持ちで」

 ◆レッドルゼル・安田隆師「動きは良かった。末脚が生きる展開になってほしい」



カペラSの出馬表はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【カペラS】追って一言 2020年12月10日(木) 04:46

 ◆ジャスティン・矢作師「絶好調。ただ、先行馬がそろったうえに他馬との斤量差が気になる」

 ◆シュウジ・須貝師「いい感じに仕上がった。57キロも問題ない」

 ◆スズカコーズライン・木原師「しっかりとラスト1ハロンを追った。久々の前走も頑張っていたし、上積みに期待」

 ◆ダイメイフジ・森田師「短期放牧で回復している。ダートの1200メートル戦がどうか」

 ◆テーオージーニアス・梅田師「ラストで仕掛けたぐらい。昨年2着だし、末脚が生きる展開になればね」

 ◆ノーフィアー・佐藤吉師「順調。中山は走るので、コース替わりに期待したい」

 ◆ヒロシゲゴールド・北出師「時計は良かった。連闘明けでも状態はいいしハナに行くように指示するつもり」

 ◆フォーテ・藤原英師「ブリンカーを着けているように気は悪いが、具合はいいし、ここは挑戦の気持ちで」

 ◆レッドルゼル・安田隆師「動きは良かった。デビュー当初より体は強くなっていて、前走後も順調。末脚が生きる展開になってほしい」

 ◆ロンドンテソーロ・栗田師「体質が強化して、追ってガクッとこなくなった。ハナじゃなくて、もまれない形なら」

カペラSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【U指数的分析の結論!】カペラステークス2020 1位レッドルゼルか2位ジャスティンのいずれかを軸に! 2020年12月8日(火) 12:00

ウマニティ重賞攻略チームが毎週末の重賞をあらゆる切り口で考察!今回はカペラS・U指数予想をお届けします!


U指数は、ウマニティが独自に開発した競走馬の能力値「スピード指数」で、その精度の高さから多くのユーザーに支持されています。ウマニティに会員登録(無料)すると重賞レースの出走予定馬全頭のU指数をご覧いただけますので、是非お試しください。
---------------------


14位で11番人気ながら2着に激走した2018年のサイタスリーレッドのような例はあるが、基本的にU指数上位勢の強いレース。過去5年間で1~2位が1頭も3着以内に入らなかった年がないように、低指数の馬が上位を占めて大波乱ということはない。よほどの不安材料がない限り、指数の高い馬を信頼する姿勢を崩さないほうがいいだろう。過去5年間で馬券に絡んだ15頭中13頭が指数95.6以上なので、96あたりが取捨を判断するのに適したラインになりそうだ。

デビュー以来13戦走って、4着以下が2回しかないU指数1位のレッドルゼル(99.7)、久々のJRAのレースになるが、地方交流重賞で着実に結果を残している2位のジャスティン(99.4)は、欠点が少なく外すことはできない。先述した傾向からも、この2頭のいずれかを軸にするのが最善策と言えるだろう。

妙味がありそうなのは、7位のテーオージーニアス(96.7)。昨年の2着馬で勝負になる指数を持ちながらも、下馬評はあまり高くない。今回は絶好の狙い目とみる。以下、圧倒的な内容で3連勝(地方を含めると6連勝)を決めている3位のダンシングプリンス(99.0)を押さえて臨みたい。


【U指数予想からの注目馬】
レッドルゼル ジャスティン テーオージーニアス ダンシングプリンス

[もっと見る]

【カペラS】レース展望 2020年12月7日(月) 16:55

 中山の日曜メインにダートの短距離重賞、カペラS(13日、GIII、1200メートル)が行われる。

 今年、スプリントの交流重賞を2勝しているジャスティン(栗東・矢作芳人厩舎、牡4歳)がJRA重賞初勝利を狙う。1月に門松Sを勝ってオープン入りを果たすと、昇級2戦目の千葉Sでオープン特別初勝利。続く交流GIIIの東京スプリントで重賞初制覇を飾り、ダートのスプリント重賞路線の中心的な存在となった。重賞連勝を狙ったさきたま杯はゲートでつまずいて5着に敗れるも、東京盃は1番人気に応えて重賞2勝目を挙げ、実力を改めて示した。前走のJBCスプリントはもまれる競馬に対応できず8着とGI勝利を手にすることはできなかったが、千葉Sを勝った舞台で巻き返してくるだろう。

 大井所属のサブノジュニア(堀千亜樹厩舎、牡6歳)はJBCスプリントで中央勢を破って、GI初制覇を成し遂げた。8番人気の低評価だったが、東京スプリント2着、東京盃5着と好走しており、この勝利は何ら不思議のないものだった。初めての中山コースと、59キロの斤量に対応できればここでも好勝負は可能だ。

 ダンシングプリンス(美浦・宮田敬介厩舎、牡4歳)は中央再転入後、3連勝と破竹の勢いでオープンまで登りつめた。今回が重賞初挑戦だが、彦星賞で3歳以上ダート1150メートルの中央競馬レコードタイム更新しており、そのポテンシャルはかなりのもの。力を発揮できれば船橋時代も含め7連勝で重賞初制覇も夢ではない。

 オープン特別2勝のレッドルゼル(栗東・安田隆行厩舎、牡4歳)も侮れない。重賞初挑戦ながらも1番人気に推されたプロキオンSは8着に敗れたが、次走の室町Sを勝ってしっかりと巻き返してきた。この馬も初めての中山コースへの対応が鍵になるだろう。

 シュウジ(栗東・須貝尚介厩舎、牡7歳)は前走の天王山Sで59キロを背負いながらも2着に好走。【1・0・4・2】と好相性の舞台で57キロなら上位を狙える。

 昨年6着のヒロシゲゴールド(栗東・北出成人厩舎、牡5歳)は近2走12、16着と大敗を喫しているが、この馬もオープン特別を2勝と実力は確かだ。今年4月にオープンの京葉Sを勝った中山コースなら前進は可能。

 他には昨年の2着馬テーオージーニアス(栗東・梅田智之厩舎、牡5歳)や、昨年の兵庫ゴールドトロフィー以来の勝利を目指すデュープロセス(栗東・安田隆行厩舎、牡4歳)なども上位をうかがう。



カペラSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

⇒もっと見る

テーオージーニアスの関連コラム

閲覧 1,729ビュー コメント 0 ナイス 6



こんにちは、くりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
今回も前走からの中間の調整内容(評価はA~F)を中心に各馬コメントをしていきたいと思います。



2月23日(日) 東京11R 第37回フェブラリーステークス(G1、4歳以上、ダート1600m)

【フルゲート:16頭】

<優先出走馬>

モズアスコット(B)中2週
休み明けの前走時は、入厩後からすぐに3週連続好時計を出していて牧場での仕上げができていた感じ。この中間はレース翌週の木曜日から軽めに乗られ、1週前は金曜日に坂路で速い時計と、大きな疲れはなさそう。前走時も馬体が減っているくらい仕上がっていたので、直前は馬なりで終いの時計が出ているようなら引き続き良い状態で出走できそう。


<賞金上位馬>

ケイティブレイブ(E)中3週
この中間は川崎記念から中3週での出走。時計を出し始めたのが14日で、1週前追い切りもなく16日に軽めの調整と、疲れが残っているような感じ。

ノンコノユメ(C)中7週
東京大賞典2着から、中7週で久しぶりにJRAのレースに出走。この中間、これまでと比べると調教の時計がかかっていて、この馬としては物足りなく感じる。

インティ(A)中3週
<1週前追い切り>
栗東坂路単走。重心が低い走りで伸び脚良く、昨年の最終追い切りよりも良い動きに見えた。

ブルドッグボス(D)中8週
<1週前追い切り>
栗東坂路併せ馬。前半はスピードのある走りも、終い脚が上がった感じで伸び脚物足りず。

サンライズノヴァ(A)3ヶ月半
<1週前追い切り>
栗東坂路併せ馬。いつもはもっと重い感じに見える馬だが、今回は1週前から重め感のない走りで終いしっかり伸びた。休み明けでの好走実績があり、併せ馬で先着している点も良い。

ヴェンジェンス(D)中3週
<1週前追い切り>
栗東坂路単走。軽い動きだが重心が高く力強さがない。

アルクトス(D)4ヵ月半
<1週前追い切り>
南W3頭併せの中。休み明けでまだ重い感じで伸び脚が物足りず。調教ではもっと時計の出る馬なので、好条件ではあるものの状態面に関しては不満が残る。

デルマルーヴル(B)中3週
<1週前追い切り>
美浦Pコース併せ馬の内。馬なりで相手に併せる内容。使い込まれているが、スピード感のある走りで勢いあり。

ワイドファラオ(A)中2週
栗東坂路単走。中2週と間隔が詰まっているが、1週前に坂路で終い強めに追われて好時計と上積みがありそう。

キングズガード(C)中3週
<1週前追い切り>
CW併せ馬の外。時計は出ているが、追い比べで終い遅れる。

ワンダーリーデル(B)中2週
休み明けの前走時は、しっかり乗り込まれていて追い切りの動きも良く見えたが、この馬にしては終いの時計が少しかかっていた。中2週のこの中間は、1週前の金曜日に坂路で強めに追われて前走時と同じような時計をマーク。最終追い切りで、終いの時計が出てくるようなら上積みがありそう。

モジアナフレイバー(A)中7週
昨秋も3戦と無理のないローテーションで、今回も東京大賞典からの中7週。3週連続で速い時計が出ていて、16日には強めに追われていつも通りの調教内容を披露している。仕上りは前走時と同じかそれ以上。

ミッキーワイルド(B)中2週
<1週前追い切り>
栗東坂路単走。前走時の最終追い切りと同じような時計は出ているが、今回の方が手応えに余裕があり、一度使われての上積みがありそう。

ミューチャリー(C)中3週
休み明けの前走時にしっかり乗り込まれていて、この中間も1週前に強めに追われ終いの時計も出た。上積みがありそう。

タイムフライヤー(C)3ヶ月
チャンピオンズCプからの休み明け。2週前、1週前とCWを長めから追われて好時計が出ていて調教内容は悪くない。ただ、休み明けの好走実績がなく、これまでもこのぐらいの時計は出ていて、特に今回が特別に良いという感じでもない。


<以下、除外対象馬>

ダノンフェイス(A)中2週
前走時は叩き2戦目で追い切りの動きもかなり良かった。馬体も減っていたがパドックではまだ絞れそうな感じにも見えて、この中間は中2週でも1週前に坂路で速い時計を出してきた。叩き3戦目で、さらに上積みが期待できそう。

ドリームキラリ(E)中2週
前走は休み明け、マイナス体重でパドックでもトモが寂しく見えた。調教での時計も平凡だったので出来自体が良くなかった感じ。この中間も、1週前の金曜日に坂路で軽めの調整で時計平凡と、変わり身は感じられない。

テーオージーニアス(B)中2週※大和Sに登録あり
休み明けの前走を使われて、この中間も1週前にいつも通りCWを長めから速い時計を出してきており、叩き2戦目での上積みがありそう。ただ1600m戦にはこれまで出走したことがない。

ヨシオ(C)中2週※大和Sに登録あり
根岸Sから中2週。14日(金)に坂路を馬なりで速い時計が出ていて、疲れはなさそう。

クリノガウディー阪急杯に出走予定

ラプタス(F)連闘
先週出走していて1番人気で8着。ダートは1400m戦を使われてきており、出走できてもさすがに厳しい。

スマートアヴァロン(D)中2週
昨秋から使い込まれていて、この中間も軽めの調整のみ。1週前も速い時計は出しておらず、状態面での上積みは期待できそうもない。

ロードグラディオ(F)連闘
2月に2戦していてさらに連闘となるので出走はなさそう。



◇今回はフェブラリーS編でした。早くも今年最初のJRAG1のフェブラリーSが行われますが、今年からはサウジアラビアでも2月に国際競走が行われるようになります。3月にはドバイワールドカップデーもあり、ともにアメリカからもヨーロッパからも馬が集まってきます。現在の中東情勢のなか、このようにサウジアラビアとドバイで競馬が普通に開催されるというのはある意味不思議な感じもしますが、何より競馬が開催出来るということは平和なこと。日本でも新型コロナウイルスが猛威を振るい、今後の競馬開催に対してもどのように影響が出てくるか心配な面もあります。近年は地震などの自然災害による被害も多く、競馬が普通に開催されていくことは本当に平和なことだと心のどこかにいつも思って競馬を楽しんでいきたいものです。

それでは次回、弥生賞編でお会いしましょう。

フェブラリーS出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。
※最終結論はレース当日のくりーくプロページでチェックしてください。


登録済みの方はこちらからログイン

2020年2月19日(水) 16:00 覆面ドクター・英
フェブラリーS・2020
閲覧 2,114ビュー コメント 0 ナイス 9



いよいよ今年一発目のG1がやってきました。今年は有力馬がごっそり、超高額賞金レースのサウジC(1着賞金がなんと約11億円)に向かうため、層が薄くなるのが例年とは違うところです。トップレベルの馬たちは、フェブラリーSとチャンピオンズC(昔はジャパンカップダート)の年2つの中央G1と交流G1を中心にローテーション組むことが多かったのが、海外も選択肢に入ってきたというのは時代の流れなんでしょう。サウジCは高額賞金ももちろん魅力的ではありますが、日本馬の優秀さを世界に見せつけて、海外向けの馬産・海外での種牡馬入りなどの道筋につながるという一面もあります。そうした夢も広がるので、気持ちよく送り出して応援したいと思っています(実力馬たちが日本のG1に出てこないのは寂しいですが)。日高の奥の方はもう、今やインド人の乗り役だらけで(もちろんインド人も歓迎なんですが)、待遇がもう少し良くなって日本人もより多く働ける環境になっていってくれると、道民としても嬉しいんですけどね。

さて、フェブラリーSの今年のポイントですが、大きく以下の2点だと思っています。

#1 昨年覇者のインティ。実力が落ちてきているといっても、一線級がサウジCに行ってしまい、チャンピオン決定戦というには相手が強力ではない状況で、連覇で王座防衛とするのか。

#2 芝のG1馬であるモズアスコットが、初ダートの前走根岸Sでコパノキッキングを本来の短距離路線に押し戻すだけの強い勝ち方。豪快に差し切ったその実力が本物で、ここでも再度好走するのかどうか。


<全頭診断>
1番人気想定 インティ:昨年は6連勝の勢いもあって私自身も本命を打って、1番人気に応えてくれた。ただ今年は逃げても逃げなくてもいまひとつのレースぶりで、前走の東海Sでもエアアルマスには粘られ、ヴェンジェンスには差され、と、だらしない結果。相手が思ったほどG1でも強くならないとはいえ、ゆったりと下り坂状態で、消去法的とはいえ「1番人気になるの?」という感じで......。妙味は全くなし。でも、じゃあどの馬が強いか、というと、「あれ、あんまり居ないなあ・・」というのが悩ましいところ。武豊騎手に競りかける騎手は少ないが、矢作厩舎の逃げ馬のドリームキラリを佐藤友騎手にスイッチしてきたのは、若手の坂井騎手の将来を案じてか(笑)ならば、武騎手と禍根を残さないように地方騎手の起用で遠慮せずに前でガリガリ競らせて、矢作厩舎のモズアスコットの差し切りズドンが決まる、というのが今年のシナリオか?

2番人気想定 モズアスコット:2018年の安田記念馬でその後は低迷が続いた。前走の初ダートの根岸Sではコパノキッキングをズバッと差し切ってみせた。父フランケルはガリレオ×デインヒル×レインボウクエストなので芝配合なのかなあとは思うが、母はヘネシー×ミスワキで東京のマイルなら引き続き強いレースをみせられるのでは。東京マイルのダートは芝的なスピードや瞬発力もプラスで、ちょうどいい配合なのかも。気難しいフランケル産駒だけに連続好走はしないのかもしれないが、能力的には十分足りてアグネスデジタルのように芝ダート両方のG1制覇もあるところまではきていそう(前走同様の出遅れから、やる気を消失するパターンもありえる)。

3番人気想定 アルクトス:昨秋は3連勝でプロキオンSも制した勢いで臨んだ南部杯でも2着(ゴールドドリームには先着)。メキメキ実力をつけてきたが、ここに4ヶ月半のぶっつけというのはいくら鉄砲実績があるとはいえ、ノーザンFの馬でもなく正直マイナスでは。

4番人気想定 ヴェンジェンス:11月にみやこSを勝って臨んだチャンピオンズCは7着と一線級には跳ね返された形だが、東海S2着(1着のエアアルマスは骨折で今回出れず)と7歳にして充実期間に入っている。ただ東京マイル適性はいまひとつでは。

5番人気想定 サンライズノヴァ:似た適性の必要な南部杯で約1年ぶりの勝ち星をあげたが、あのレースは吉原騎手の好騎乗が光った一戦。以前ほど末脚に迫力が無くなってきていて、そう信頼はできない。ただ影の実力者として最近特に活躍している松山騎手を確保できたというのは大きい。

6番人気想定 ノンコノユメ:去勢や地方転出などいろいろあったが、それでもなお高いレベルで頑張っている8歳セン馬。東京マイルは実績通り向くのだが、8歳の今はちょっとスピード的に忙しい可能性もある(実際、最近は1800mや2000mで好成績)。

7番人気想定 ワイドファラオ:芝マイルの重賞勝ち馬でもあり、初ダートのユニコーンSでもいきなり勝ってしまったが、その後はそうでもない結果。例年より弱い相手とはいえ、ちょっと力が足りないのでは。

8番人気想定 モジアナフレイバー:母がセイウンコウセイの半姉で、地方馬でも父バトルプラン(その父エンパイアメーカー)とそれなりのスケール感があり、そう格落ち感は無い。東京大賞典では3着に突っ込んできたが、南部杯で4着だったように東京マイル適性はそう高くないのでは。

9番人気想定 ミッキーワイルド:期待して本命を打った前走根岸Sで11着と惨敗。がっかりだったが、デムーロ騎手が全然合わなかった可能性もあり、主戦の北村友騎手に戻る今回再度期待してみる手はありか。ただマイルより1400mが良い馬で、前走惨敗から1F延びるのは歓迎ではない。

10番人気以下想定
タイムフライヤー:2歳G1ホープフルS勝ちのある馬なのだが、長らく低迷して昨夏からダートに路線変更した。武蔵野Sで2着したようにこの条件への適性はあり、絶好の穴馬として狙えるのでは(モズアスコット同様、勝てば芝ダートの両方制覇となる。まあ頭までは無さそうだが)。

ワンダーリーデル:昨秋の武蔵野Sで横山典騎手の神騎乗で9番人気ながら初重賞制覇となったが、その後もイマイチで7歳でもあり、上がり目には乏しいか。

デルマルーヴル:余談だが、皮膚科医の浅沼先生の馬で、先生自身は千歳のロータリークラブの講演で「馬主はハイリスク、ノーリターン~壮大な無駄遣い」と言っていた(^^; 馬自身は、レパードSで2着した後はダートのステイヤー寄りの交流重賞ばかり使ってきているだけあって人気を落とす要素満載で、確かに母父コマンズから長めの距離が向いているのかもしれないというキャラ。ただ、厳しいペースでスタミナが生きる展開になれば、父パイロ(この条件で強いエーピーインディ系)でもあり、通用しておかしくない。穴として狙える馬では。

スマートアヴァロン:8歳になってもオープン特別で3着を拾い続ける馬主孝行な馬。根岸S3着とそう弱くはないがマイル実績に乏しく、さすがにここでは。

キングズガード:9歳を迎えるも昨年11月にはみやこS2着と元気ではあるが、G1でどうこういう力はもうないのでは。

ダノンフェイス:重賞勝ちは無いが、武蔵野S3着、根岸S4着とそれなりの力はある。ただ、爆発力が無く7歳だけに、一変もないか。

ミューチャリー:羽田盃勝ち、東京ダービー2着、JDD3着と川崎記念4着とそれなりの実力馬だが、地方でも長めの距離を使われており東京マイルのスピード勝負向きでない印象。

クリノガウディー東京新聞杯3着からここへ登録。母父ディアブロとダートをこなせる素地はありそうだが、さすがに初ダートがG1というのは......。

ブルドッグボス:中央でもオープン特別複数勝ち、地方転出後も長く頑張っているが、マイル実績ゼロというのはさすがに厳しい。

ケイティブレイブ:ドバイで開腹手術をして帰国初戦の浦和記念勝ちはびっくりさせられた。その後の2戦は本来の粘りがなく、長岡騎手を乗せてくること自体、期待薄。

ロードグラディオ:準オープンを勝って臨んだ前走のオープン初戦で7着だったように実力不足。

ヨシオ:ジャニュアリーSは1200mが向いたのか1年9か月ぶりの勝利だったが、前走は根岸S15着。ここから巻き返すのは難しい。

ラプタス:1400mで未勝利から準オープンまで4連勝の上り馬だが、オープン初戦で逃げて8着と止まったように、G1でいつもより1F長いマイルでは厳しいのでは。

ドリームキラリ:8歳となり粘りが無くなってきた、逃げないと全くダメな馬だけに要らない。ただ同厩舎のモズアスコットのアシストをすべく(建前上は、チームプレー禁止なので口にしないだろうが)、前半ハイペースを演出してインティと競る重要な役割。出遅れは勘弁してほしい。

テーオージーニアス:昨秋から力をつけてきて重賞でも好走できるようになってきたが、1200m向きで、1400mの前走根岸Sでも終いに鈍っていたように、マイルのここは向かない。


<まとめ>
有力:モズアスコット

ヒモに:アルクトスインティヴェンジェンスサンライズノヴァノンコノユメ

穴で:タイムフライヤーデルマルーヴル

[もっと見る]

2020年1月26日() 15:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2020年01月26日号】特選重賞データ分析編(187)~2020年根岸ステークス~
閲覧 2,583ビュー コメント 0 ナイス 2



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G3 根岸ステークス 2020年02月02日(日) 東京ダ1400m


<ピックアップデータ>

【“前年以降、かつ東京、かつオープンクラスのレース”において5着以内となった経験の有無別成績(2014年以降)】
○あり [5-6-6-30](3着内率36.2%)
×なし [1-0-0-45](3着内率2.2%)

 2014年以降の3着以内馬18頭中、2019年1着のコパノキッキングを除く17頭は“前年以降、かつ東京、かつオープンクラスのレース”において5着以内となった経験がある馬でした。条件クラスのレースや東京以外のレースを主戦場としてきた馬、しばらく東京のレースで好走していない馬は過信禁物と見るべきでしょう。

主な「○」該当馬→スマートアヴァロンダノンフェイスワンダーリーデル
主な「×」該当馬→テーオージーニアスモズアスコットヤマニンアンプリメ


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

○「前走の距離が1500m超」だった馬は2014年以降[5-2-4-18](3着内率37.9%)
主な該当馬→モズアスコットワンダーリーデル

[もっと見る]

2019年12月13日(金) 13:00 競馬プロ予想MAX
先週の回顧~(12/7~12/8)KOMプロが土曜阪神10R◎メイショウタカトラ(単勝125.4倍)的中などで回収率210%のトップ!新参者プロは阪神JF◎△○的中などで2週連続プラス60万オーバー達成!
閲覧 892ビュー コメント 0 ナイス 3


 
7(土)に行われたG3中日新聞杯、8(日)G1阪神JF、G3カペラSほか、様々なスマッシュヒットが記録された先週。
好成績を収めた注目プロ予想家や、その的中の数々をご紹介していきたいと思います。
 
 
 
☆☆☆注目プロ →新参者プロ
7(土)の中京8R3歳以上1勝クラスでは、△スーパーブレイクナンヨープランタン×マイネルプリンチペで3連単68万2240円馬券的中のビッグヒット!8(日)には、「自信度AA」とした勝負予想G1阪神JFを◎レシステンシアマルターズディオサクラヴァシュドールで仕留め、3連単8万6720円馬券を200円分的中するスマッシュヒットを達成。他にも、中京7R2歳未勝利中山12R3歳以上2勝クラスなどの的中を披露した先週は、回収率200%、収支トップの62万8320円プラスを記録しています。2週連続プラス、同収支60万オーバーを達成しています。
 
☆☆☆注目プロ →KOMプロ
7(土)阪神10R境港特別では、単勝125.4倍の最低人気メイショウタカトラに本命◎を打ち、単勝含む計175,260円の払戻しを記録!他にも、7(土)中京3R3歳以上1勝クラス、同G3中日新聞杯サトノガーネット、8(日)中京7R2歳未勝利中京12R栄特別など随所に好配当を演出し、週末2日間のトータル回収率は全予想家中トップの210%、収支は50万1860円の大幅プラスをマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →霧プロ
7(土)中京8R3歳以上1勝クラスを◎スーパーブレイク(単勝62.1倍)から的中!単勝・馬連・馬単計25万8220円払戻しのビッグヒットをマークしました。8(日)にはG3カペラSを▲コパノキッキングテーオージーニアスシュウジ中山12R3歳以上2勝クラスを×◎○で仕留めるなどの活躍を披露し、週間トータル回収率137%を達成しています。
 
☆☆☆注目プロ →伊吹雅也プロ
7(土)の勝負予想中山11R師走Sで▲◎○的中を披露!すると、翌8(日)には同じく勝負予想指定とした中京12R栄特別で、「中京芝2000mは、前走で京都芝1800m外のレースを使っていた馬の期待値が高いコースで、このコース替わりはプラスに働く」とした◎サンレイポケットから◎▲○的中をマーク!週末トータルでは、回収率164%とし、これで3週連続週末プラスを達成しています
 
 
 
この他にもイレコンデルパサープロ(168%)、覆面ドクター・英プロ(164%)、おかべプロ(144%←4週連続週末プラス)、山崎エリカプロ(143%)、【U指数】3連複プリンセスプロ(141%)、豚ミンCプロ(137%)、導師嵐山プロ(130%)、蒼馬久一郎プロ(129%←2週連続週末プラス)、セイリュウ1号プロ(129%)、ゼット1号プロ(127%←3週連続週末プラス)、シムーンプロ(122%)、エース1号プロ(118%←3週連続週末プラス)、“帰ってきた”凄馬勝子プロ(104%)、nigeプロ(100%←2週連続週末プラス)が、週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
 
 
 
※全レースの結果情報はこちら


今週も「プロ予想MAX」にぜひご注目下さい。

[もっと見る]

テーオージーニアスの口コミ


口コミ一覧

大和ステークス

 ヒゲなべ 2021年2月21日() 01:54

閲覧 77ビュー コメント 0 ナイス 1

こちらも王室コースで行きましょう。
先ずは王子が2頭いました♫
ジャスパープリンス
ダンシングプリンス
そして帝王も2頭いました♫
テーオーヘリオス
テーオージーニアス
プラス王の象徴の龍
リュウノユキナ

 Haya 2020年12月17日(木) 07:00
【~術はある~】(2020.12.17.)(ターコイズS、朝日杯フュ... 
閲覧 181ビュー コメント 0 ナイス 8

おはようございます!(=^・^=)
いつもブログ訪問される方々、ありがとうございます。
ついでに応援”ポチ”もよろしくお願いします。

今週は、本格的な寒波が南下したこともあり、各地で"初雪"が観測され始めました。 
忘れかけていた冬の寒さが、いっきに思い起こされる…っていうより、寒い!?

【リニューアル週間スケジュール】

一週間の基本的なブログスケジュールは、下記参照。
(毎朝7時ごろ更新/競馬変則日程の場合は変更あり)

月曜日 : お休み
火曜日 : 週末の重賞(日刊馬番コンピ指数分析篇)
水曜日 : 週末の重賞(血 統データ分析篇)
木曜日 : 先週末重賞に関する回顧(日記)等
木曜日 : 週末の重賞(刻を見極めるラップ篇)
金曜日 : 週末の重賞(過去ラップ分析篇)
土曜日 : 土曜当日の重賞レースを予想(“総合分析”予想篇)
土曜日 : 土曜当日の重賞レースを回顧
日曜日 : 日曜当日の重賞レースを予想(“総合分析”予想篇)
日曜日 : 日曜当日の重賞レースを回顧

*各曜日の予想を週末の重賞レース“総合分析”予想のみに絞り込みます。
木曜インパクトデータを止めて重賞レース回顧(日記)へ変更
金曜重賞レース回顧(日記)から有力馬ラップ分析へ変更
ハイブリッド指数予想を止めて重賞レース“総合分析”予想へ変更

※引き続き「人気ブログランキング」「にほんブログ村」「ウマニティ競馬ブログ」以上のブログランキングへ参戦中!応援クリックをよろしく、お願いします。

ブログのアドレス   https://89923493.at.webry.info/

宜しくお願い致します。

【“総合分析”予想 第12期途中経過】
第12期(12月5日~12月27日)8日間(ステイヤーズS~有馬記念)11戦

週末は、当てる事ができたのか!?

土曜、G3中日新聞杯では、2番ボッケリーニ軸で勝負!
ワイド(2-1,6,11,13,18) 
結果は、ハズレ…(ノД`)・゜・。

土曜「中日新聞杯」の軸馬ボッケリーニ、中団でレースを進め直線で脚を伸ばし、好位追走から一旦は先頭に立ったシゲルピンクダイヤ(9人気)を内から捕らえ、これにクビ差をつけ優勝。さらに3/4馬身差の3着にヴェロックス(1人気)が入った。反省点として、 相手馬の選択!? 先行馬なのか、差し・追込み馬なのか、何か中途半端な選び方の結果、外れたという感じ!? 特に2着入線シゲルピンクダイヤ(9人気)に関しては、ノーマーク…残念。


日曜、G3カペラステークスでは、11番テーオージーニアス軸で勝負!
ワイド(11-1,4,5,12,15) 
結果は、ハズレ…(ノД`)・゜・。

日曜「カペラステークス」の軸馬テーオージーニアス、後方2番手から直線で一気に突き抜けて優勝…のはずが、先行勢が止まらず追込み勢は惨敗…10着。優勝ジャスティン(4人気)、2着レッドルゼル(1人気)、3着ダンシングプリンス(2人気)が入り本命決着!! 反省点として、軸馬選択の失敗!? あれほど軸馬の選択は、ハイブリット新聞推定後半1位馬からと決めていたはずが、自分の推す馬で失敗。本当に、学習能力が全く無いことに呆れる。仮に、このレースなら12番レッドルゼル(2着)が軸馬だった…残念。


日曜、G1阪神ジュベナイルフィリーズでは、18番メイケイエール軸で勝負!
馬連(18-6,7,10,12,16)
結果は、ハズレ…(ノД`)・゜・。

日曜「阪神ジュベナイルフィリーズ」の軸馬メイケイエール、後方スタートから3~4角で先行に迫り突き抜けて優勝…のはずが、伸びてはいるが最後止まって4着まで…残念。優勝ソダシ(1人気)、2着サトノレイナス(2人気)3着ユーバーレーベン(6人気)が入り、本命決着!反省点として、軸馬選択の失敗!? カペラS同様に軸馬の選択は、ハイブリット新聞推定後半1位馬からと決めていたはずが、自分の推す馬で失敗。仮に、このレースなら7番サトノレイナス(2着)が軸馬だった…残念。


週末、3戦3敗の完敗という感じ。つくづく実感するのは、馬券購入がヘタ!! 今年も残すところ、2週!? 残り5戦の軸馬は、「ハイブリット新聞推定後半1位馬」で勝負です。



過去10年のレース傾向(1番人気の信頼度)
【着別度数】単勝回収率/複勝回収率
ターコイズS=中山(芝)1600=【0-0-1-2】0%/50%
朝日杯FS=阪神(芝)1600=【3-1-1-1】148%/106%


【ラップ分析試行錯誤中】
【ラップ分析実戦 結果検証篇】
<G1 阪神ジュベナイルF (タイム1分33秒1)の回顧>
LAP(前半 3F 34.9秒)
LAP(後半 3F 34.4秒)
メイケイエール(着)武豊騎手のコメント
「前半はいい感じで3コーナーまで行けたけどかかりましたね。なかなか折り合いに苦労しました。そこがロスになっている分、終いが甘くなりました」

<重賞ラップ分析実戦篇>
朝日杯フューチュリティS 阪神(芝)1600㍍(2歳OP)
<傾 向>
基本的に1番人気が強いレース!!
<ポイント>
直線が長く急坂もあるため、高い瞬発力を求められる。
<注目馬>
レッドベルオーブ(牡2、栗東・藤原英昭)
今回と同じ阪神マイルで行われた、デイリー杯2歳Sで結果を残していることが最大の強み!!

【重賞レースの馬番コンピポイント篇】
(ターコイズS)
注目(複勝)したのは、"日刊馬番コンピ指数5位"

過去10年内(1-3-1-5/10)
勝率10%/連対率40%/複勝率50%/回収率143%
近5年内 (1-1-0-3/5)
勝率20%/連対率40%/複勝率40%/回収率144%

2年連続外れているだけに、今年は期待大!!


(朝日杯フューチュリティS)
注目(複勝)したのは、"日刊馬番コンピ指数9~10位"

ただし、指数値49~48のみ。
過去10年内(0-1-1-9/11)
勝率0%/連対率9%/複勝率18%/回収率115%
近5年内 (0-1-1-2/4)
勝率0%/連対率25%/複勝率50%/回収率317%

昨年、出現していないだけに今年は期待大!!


詳細は、ブログまで訪問して下さい。
ブログのアドレス  https://89923493.at.webry.info/
宜しくお願い致します。

[もっと見る]

 DEEB 2020年12月13日() 18:24
恥ずかしい馬予想2020.12.13[結果]
閲覧 188ビュー コメント 0 ナイス 6

中山11R カペラステークス GⅢ 3歳以上オープン(国際)(指定)
◎11 テーオージーニアス…10着
○13 ジャスティン…1着
▲12 レッドルゼル…2着
△ 9 ダンシングプリンス…3着
× 1 スズカコーズライン…5着
[結果:アタリ△ 馬連 12-13 1,080円]

阪神 6R 2歳1勝クラス(混合)(特指)
◎ 9 ワイズマンハート…2着
☆ 4 クールシャワー…7着
[結果:ハズレ×]

阪神 9R オリオンステークス 3歳以上3勝クラス(混合)(特指)
◎ 2 ヒートオンビート…2着
○ 3 ☆ベレヌス…4着
▲ 7 ダンスディライト…1着
△ 9 ディアマンミノル…3着
[結果:アタリ△ 馬連 2-7 430円]

阪神11R 阪神ジュベナイルフィリーズ GⅠ 2歳オープン(国際)牝(指定)
◎ 6 ★ソダシ…1着
○18 ☆メイケイエール…4着
▲ 7 サトノレイナス…2着
△16 ☆インフィナイト…14着
×12 ☆オパールムーン…6着
×11 ☆ユーバーレーベン…3着
☆ 2 ルクシオン…10着
[結果:アタリ△ 単勝 6 320円、複勝 6 150円・11 450円、馬連 6-7 690円、ワイド 6-11 1,200円]

中京 6R 2歳未勝利牝[指定]
◎11 フミロア…14着
○16 カバーガール…3着
▲14 ☆マリアエレーナ…1着
△ 5 イッツユアタイム…7着
× 8 ゴットゴーゴー…9着
[結果:アタリ△ 複勝 14 190円]

中京 9R 3歳以上1勝クラス[指定]
◎ 4 サイモンルモンド…5着
☆15 ネオボーゲン…10着
[結果:ハズレ×]

中京11R 飛騨ステークス 3歳以上3勝クラス(混合)(特指)
◎ 3 アーデンフォレスト…5着
○15 ヴェスターヴァルト…1着
▲ 5 ☆タガノスカイハイ…5着
△13 ☆エレヴァート…16着
× 9 アプルーヴァル…9着
[結果:ハズレ×]

今日は、予定なく、在宅競馬かと思いましたが、やっぱり出かけようかな。

[今日の結果:7戦0勝3敗4分]
ダメダメな結果でした。

[もっと見る]

⇒もっと見る

テーオージーニアスの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

テーオージーニアスの写真

テーオージーニアス
テーオージーニアス
テーオージーニアス

テーオージーニアスの厩舎情報 VIP

2021年2月21日大和ステークス15着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

テーオージーニアスの取材メモ VIP

2020年12月13日 カペラステークス G3 10着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。