オジュウチョウサン(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
オジュウチョウサン
オジュウチョウサン
オジュウチョウサン
オジュウチョウサン
オジュウチョウサン
写真一覧
現役 牡9 鹿毛 2011年4月3日生
調教師和田正一郎(美浦)
馬主株式会社 チョウサン
生産者坂東牧場
生産地平取町
戦績30戦[16-2-1-11]
総賞金66,680万円
収得賞金1,100万円
英字表記Oju Chosan
血統 ステイゴールド
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
ゴールデンサッシュ
シャドウシルエット
血統 ][ 産駒 ]
シンボリクリスエス
ユーワジョイナー
兄弟 ケイアイチョウサンコウキチョウサン
前走 2019/11/30 ステイヤーズS G2
次走予定

オジュウチョウサンの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
19/11/30 中山 11 ステイヤーズ G2 芝3600 13116.546** 牡8 56.0 M.デムー和田正一520(+6)3.46.5 0.436.7モンドインテロ
19/11/03 東京 11 アルゼンチン G2 芝2500 1381219.4712** 牡8 53.0 松岡正海和田正一514(+2)2.32.8 1.335.4ムイトオブリガード
19/10/06 東京 9 六社S 3勝クラス 芝2400 15583.4110** 牡8 56.0 石神深一和田正一512(0)2.26.6 0.834.6アフリカンゴールド
19/04/13 中山 11 中山GJ G1 芝4250 11551.111** 牡8 63.0 石神深一和田正一512(-4)4.47.6 -0.413.5シンキングダンサー
19/03/09 阪神 8 阪神スプリJ G2 芝3900 128111.111** 牡8 62.0 石神深一和田正一516(+2)4.23.6 -0.413.5タイセイドリーム
18/12/23 中山 11 有馬記念 G1 芝2500 16119.259** 牡7 57.0 武豊和田正一514(+2)2.33.0 0.836.9ブラストワンピース
18/11/03 東京 9 南武特別 1000万下 芝2400 7333.131** 牡7 57.0 武豊和田正一512(+2)2.25.0 -0.134.5ブラックプラチナム
18/07/07 福島 9 開成山特別 500万下 芝2600 12562.011** 牡7 57.0 武豊和田正一510(0)2.42.3 -0.537.1ドリームスピリット
18/04/14 中山 11 中山GJ G1 芝4250 12561.511** 牡7 63.0 石神深一和田正一510(+4)4.43.0 -2.413.3アップトゥデイト
17/12/23 中山 10 中山大障害 G1 芝4100 15471.111** 牡6 63.0 石神深一和田正一506(-2)4.36.1 -0.113.5アップトゥデイト
17/10/15 東京 9 東京ハイJ G2 芝3110 10891.411** 牡6 62.0 石神深一和田正一508(-2)3.32.5 -2.013.7グッドスカイ
17/04/15 中山 11 中山GJ G1 芝4250 138121.311** 牡6 63.0 石神深一和田正一510(+2)4.50.8 -0.613.7サンレイデューク
17/03/11 阪神 8 阪神スプリJ G2 芝3900 118111.311** 牡6 62.0 石神深一和田正一508(-4)4.28.1 -0.413.7アップトゥデイト
16/12/23 中山 10 中山大障害 G1 芝4100 12791.411** 牡5 63.0 石神深一和田正一512(+2)4.45.6 -1.513.9アップトゥデイト
16/10/16 東京 9 東京ハイJ G2 芝3110 10222.111** 牡5 62.0 石神深一和田正一510(-4)3.27.6 -0.213.4マキオボーラー
16/06/25 東京 8 東京ジャンプ G3 芝3110 147122.011** 牡5 62.0 石神深一和田正一514(+4)3.26.2 -0.213.3⑦⑦ウインヤード
16/04/16 中山 11 中山GJ G1 芝4250 10776.521** 牡5 63.0 石神深一和田正一510(-2)4.49.4 -0.613.6サナシオン
16/03/06 中山 4 障害4歳以上オープン 芝3200 14465.822** 牡5 62.0 石神深一和田正一512(+2)3.32.5 0.213.3⑦⑤ニホンピロバロン
15/12/26 中山 10 中山大障害 G1 芝4100 141121.366** 牡4 63.0 石神深一和田正一510(+8)4.42.2 4.313.8⑫⑫⑪⑪アップトゥデイト
15/12/05 中山 8 イルミネJS OP 芝3570 155812.744** 牡4 60.0 石神深一和田正一502(0)3.59.9 1.713.4⑪⑫⑧⑦サナシオン

⇒もっと見る


オジュウチョウサンの関連ニュース

 JRAは7日、2019年度のJRA賞競走馬部門の受賞馬を発表した。年度代表馬には、宝塚記念有馬記念、豪GIコックスプレートを制したリスグラシュー(栗東・矢作芳人厩舎、牝5歳=2019年の馬齢)が選ばれた。各部門の受賞馬と得票数は次の通り。

●年度代表馬リスグラシュー=271アーモンドアイ=2クリソベリル=1

●最優秀2歳牡馬コントレイル=197サリオス=77

●最優秀2歳牝馬レシステンシア=274(満票)

●最優秀3歳牡馬サートゥルナーリア=124アドマイヤマーズ=107クリソベリル=24ロジャーバローズ=15ワールドプレミア=3該当馬なし=1

●最優秀3歳牝馬グランアレグリア=121ラヴズオンリーユー=99クロノジェネシス=47該当馬なし=7

●最優秀4歳以上牡馬ウインブライト=136インディチャンプ=118スワーヴリチャード=11フィエールマン=6該当馬なし=2グローリーヴェイズ=1

●最優秀4歳以上牝馬リスグラシュー=271アーモンドアイ=3

●最優秀短距離馬インディチャンプ=211アドマイヤマーズ=38タワーオブロンドン=22ミスターメロディ=3

●最優秀ダートホースクリソベリル=270オメガパフューム=4

●最優秀障害馬シングンマイケル=175オジュウチョウサン=95該当馬なし=4

【古馬次走報】タワーオブロンドン、オーシャンSから高松宮記念 2020年1月4日() 05:01

 ★スプリンターズSを勝った後、休養しているタワーオブロンドン(美・藤沢和、牡5)は夕刊フジ賞オーシャンS(3月7日、中山、GIII、芝1200メートル)から高松宮記念(同29日、中京、GI、芝1200メートル)を目指す。

 ★香港Cを制したウインブライト(美・畠山、牡6)は中山記念(3月1日、中山、GII、芝1800メートル)3連覇に向けて備える。

 ★障害馬として現役を続行するオジュウチョウサン(美・和田郎、牡9)は昨年同様、阪神SJ(3月14日、阪神、J・GII、芝3900メートル)から中山GJ(4月18日、中山、J・GI、芝4250メートル)へ。中山大障害優勝馬シングンマイケル(美・高市、セン6)も同じ路線へ。

 ★交流GIII・兵庫ゴールドTで重賞を初制覇したデュープロセス(栗・安田隆、牡4)は、バレンタインS(2月16日、東京、OP、ダ1400メートル)か、大和S(2月23日、京都、OP、ダ1200メートル)のどちらかに出走予定。

 ★CBC賞勝ち以来となるレッドアンシェル(栗・庄野、牡6)は、シルクロードS(2月2日、京都、GIII、芝1200メートル)で復帰の予定。

 ★秋華賞5着以来となるビーチサンバ(栗・友道、牝4)はヴィクトリアマイル(5月17日、東京、GI、芝1600メートル)を大目標に1、2戦(未定)使われる予定。同16着のフェアリーポルカ(栗・西村、牝4)は愛知杯(1月18日、小倉、GIII、芝2000メートル)に和田騎手で参戦。

 ★武蔵野S10着以来となるグルーヴィット(栗・松永幹、牡4)は、ニューイヤーS(18日、中山、L、芝1600メートル)へ。

 ★京都金杯に登録のあったハッピーアワー(栗・武幸、牡4)は同レースを回避して淀短距離S(11日、京都、L、芝1200メートル)へ、同じくキョウヘイ(栗・宮本、牡6)も回避してニューイヤーSへ。

タワーオブロンドンの競走成績はこちら

[もっと見る]

【中山大障害】マイケル障害GI初制覇!20年目の金子も初タイトル 2019年12月22日() 05:04

 中山大障害(J・GI、芝4100メートル)が21日、中山競馬場で15頭によって争われ、金子騎乗で2番人気のシングンマイケルが最終障害飛越後に先頭に立ち、6番人気ブライトクォーツに2馬身差をつけて快勝。障害重賞3連勝でジャンプ王に輝いた。デビュー20年目の金子光希騎手(37)=美・フリー=はうれしいJ・GI初制覇。1番人気のシンキングダンサーは4着に敗れた。

 正攻法の横綱相撲で文句なしの2馬身差。フィギュアスケートの羽生結弦ばりのノーミスジャンプを見せたシングンマイケルが、“華の大障害”で待望のJ・GIをつかみ取った。

 「やっと夢がかないました。うれしいです。この馬を信じて1つ1つ障害を跳んで、3~4コーナーでこれならいい勝負になる…と。最後は夢中でしたが、馬がよく頑張ってくれました」。

 左手を高く天に突き上げた金子騎手は激走した相棒をたたえる。小学5年生のときに中山競馬場の少年団で乗馬を始めて騎手を目指し、2012年からは障害一本のライセンス。中山でJ・GIを勝つことが夢だった。実に11度目の中山大障害挑戦。支えてくれた家族の前で勝てたのが何よりうれしかった。

 高市調教師もこれがJ・GI初勝利。「今回はオジュウチョウサンがいないなかでの勝利になったけど、来春の中山GJ(4月18日、中山、J・GI、芝4250メートル)では胸を借りるつもりでいきたい」と早くも次の戦いを見据えた。

 来年は阪神SJ(3月14日、阪神、J・GII、芝3900メートル)で始動して中山GJに挑むシングンマイケル。打倒オジュウを掲げてさらなる進化を遂げ、J・GI連勝へ突き進む。 (片岡良典)

シングンマイケル 父シングンオペラ、母ジェヴォーナ、母の父トウカイテイオー。鹿毛のセン5歳。美浦・高市圭二厩舎所属。北海道新冠町・ヒカル牧場の生産馬。馬主は伊坂重憲氏。戦績22戦6勝(うち障害14戦6勝)。獲得賞金2億739万1000円(うち障害2億24万1000円)。重賞は2019年J・GIII東京ジャンプS、J・GII東京ハイジャンプに次いで3勝目。中山大障害高市圭二調教師、金子光希騎手ともに初勝利。馬名は「冠名+人名より」。

[もっと見る]

【中山大障害】2番人気シングンマイケルが重賞3連勝でJ・GI制覇 2019年12月21日() 15:21

 12月21日の中山10Rで行われた第142回中山大障害(障害3歳以上オープン、J・GI、芝4100メートル、15頭立て、1着賞金=6600万円)は、金子光希騎手騎乗の2番人気シングンマイケル(セン5歳、美浦・高市圭二厩舎)が前半は中団で脚をため、3コーナー手前から一気に仕掛けて優勝、重賞3連勝で待望のJ・GI制覇を果たした。タイムは4分38秒9(良)。

 2馬身差の2着にはブライトクォーツ(6番人気)、さらに2馬身半差遅れた3着にメイショウダッサイ(4番人気)が続き、1番人気のシンキングダンサーは4着に敗れた。

 中山大障害を勝ったシングンマイケルは、父シングンオペラ、母ジェヴォーナ、母の父トウカイテイオーという血統。北海道新冠町・ヒカル牧場の生産馬で、馬主は伊坂重憲氏。通算成績は23戦6勝。重賞は2019年東京ジャンプS・GIII、東京ハイジャンプ・GIIに次いで3勝目。

 ◆金子光希騎手(1着 シングンマイケル)「胸を借りるつもりでしたが、この馬のリズムを守って、一つ一つ跳んでいけば勝負になると思っていました。最後は無我夢中で自分のスタイルをキープできませんでしたが、馬が助けてくれました。今回はオジュウチョウサンという希代の馬がいないなかでの勝利でしたし、いずれはチャレンジしたい」

★【中山大障害】払い戻し確定!! 全着順も掲載

[もっと見る]

【阪神C&中山大障害】レースの注目点 2019年12月18日(水) 18:20

★ラストランを勝利で飾るか!レッツゴードンキ 今年の桜花賞グランアレグリアも参戦予定



 2015年の桜花賞レッツゴードンキ(牝7歳、栗東・梅田智之厩舎)は、阪神Cが引退レースとなる。同馬は桜花賞制覇後も数々のビッグレースに挑戦を続け、グレード制が導入された1984年以降、牝馬では最多となるJRA・GI19回出走を記録。2歳新馬1着以降はすべて重賞に出走し、地方・海外も含めると今回で35戦連続の重賞出走となる。レッツゴードンキにはこれまで29戦で手綱をとった岩田康誠騎手が騎乗する予定だが、有終の美を飾ることができるかどうか。なお、当日の阪神競馬場では最終レース終了後に同馬の引退式が実施されることになっている。



 また、今年の桜花賞グランアレグリア(牝3歳、美浦・藤沢和雄厩舎)は、NHKマイルC以来、7力月半ぶりの出走となる。同馬はデビュー以来、一貫して芝1600メートル戦に出走しており、芝1400メートル戦に出走するのは今回が初めて。3歳牝馬が阪神Cを勝てばレース史上初めてのこととなるが、グランアレグリアは初の芝1400メートル戦でどんな走りを見せるだろうか。



★J・GI実施機会7連勝中の石神深一騎手 中山GJ2着シンキングタンサーに騎乗予定



 石神深一騎手は、オジュウチョウサンとのコンビで2016年~2019年の中山グランドJを4連覇、中山大障害では2016・17年はオジュウチョウサン、2018年はニホンピロバロンに騎乗して勝利を挙げており、J・GI実施機会7連勝中。石神騎手は今年の中山グランドJ2着馬シンキングダンサー(牡6歳、美浦・武市康男厩舎)に騎乗する予定だが、中山大障害4連覇&J・GI実施機会8連勝を遂げることができるかどうか。



 また、今年の障害競走で最多の15勝を挙げている森一馬騎手は、小倉サマーJ勝ち馬メイショウダッサイ(牡6歳、栗東・飯田祐史厩舎)、森騎手に次ぐ13勝を挙げている白浜雄造騎手は京都ジャンプS勝ち馬ディライトフル(セン8歳、栗東・大久保龍志厩舎)に騎乗予定。さて、今年最後の障害重賞を制すのはどのジョッキーだろうか。



★阪神Cの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載★中山大障害の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【中山大障害】レース展望 2019年12月16日(月) 17:05

 中山では土曜メインにJ・GIの中山大障害(21日、4100メートル=直線芝)が組まれている。障害界の絶対王者オジュウチョウサンが休養に入ったため不在で混戦模様だが、その主戦の石神深一騎手が騎乗するという点で注目したいのがシンキングダンサー(美浦・武市康男厩舎、牡6歳)。鞍上は昨年ニホンピロバロンで勝っており、J・GIを7連勝中というのが実に心強い。馬の実績も上々。重賞制覇は2017年のJ・GIII東京ジャンプS1回のみだが、中山大障害は17、18年ともに4着と上位に入り、今春のJ・GI中山グランドジャンプでもオジュウチョウサンの2着に好走している。その後も東京ジャンプS3着、J・GIII阪神ジャンプS2着、オープン・秋陽ジャンプS1着と堅実に走っている。

 シングンマイケル(美浦・高市圭二厩舎、セン5歳)はJ・GIII東京ジャンプS、J・GII東京ハイジャンプと重賞を連勝中。大障害コースの経験がないので、その克服が大きなポイントになるが、勢いがあるだけにチャンスは十分ありそうだ。

 同じく大障害コースは初めてだが、ディライトフル(栗東・大久保龍志厩舎、セン8歳)も侮れない。障害転向後、未勝利、オープンと連勝。続くペガサスジャンプSは3着に敗れたが、その後、清秋ジャンプSを勝ち、前走のJ・GIII京都ジャンプSで重賞初制覇。キャリアは浅いが、センスの良さは侮れない。

 メイショウダッサイ(栗東・飯田祐史厩舎、牡6歳)は2走前のJ・GIII小倉サマージャンプで重賞初制覇を飾り、前走の東京ハイジャンプでも2着と好走。大崩れしないので上位が望める。

 前走のイルミネーションジャンプS5着が案外だったが、昨年のGIII七夕賞、2走前の阪神ジャンプSと平地&障害両カテゴリーで重賞制覇があるメドウラーク(栗東・橋田満厩舎、牡8歳)も興味深い存在だ。

 他では、16、17年ともに3着など大障害コースの経験が豊富なルペールノエル(栗東・藤原英昭厩舎、牡9歳)あたりも上位争いに加わっても不思議はない。



中山大障害の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

⇒もっと見る

オジュウチョウサンの関連コラム

閲覧 622ビュー コメント 1 ナイス 3

天皇賞(秋)は2強対決が注目されたものの、レースはまさに”一強”。

アーモンドアイが直線アエロリットのインにできた進路を突き、楽々と抜け出して3馬身差。影をも踏まさぬ完勝劇だった。アーモンドアイの強さについては今さら語るまでもないが、レースに行っての走りの素晴らしさのみならず、レース前に余計なことにエネルギーを使わない精神面の強さ、折り合いに苦労せず馬群も捌ける操縦性&ギアチェンジ性能の高さなど、競走馬として必要なものを全て兼ね備えている印象だ。

これは近年の名馬でいえばキタサンブラックにもいえたことで、とりわけ立ち回りの上手さを問われる現代競馬においては勝ち続けるための必須条件なのだろう。人気を分け合ったサートゥルナーリアは本馬場入場後からイレ込みがみられるなど、精神面のモロさを露呈しただけに、より一層アーモンドアイの盤石ぶりが強く刻まれる結果となった。


~馬場をよく読めている西村淳也騎手

大いに盛り上がった天皇賞(秋)の裏で、最終週の新潟競馬場でも熱い戦いが繰り広られた。僅か3週間の開催ながら雨に降られることも多く、先週末は荒れ馬場の中での開催。荒れ馬場巧者の蛯名騎手が久々の土日連続勝利で健在ぶりを示すなど、内の伸びが悪く外からの差しが利く特徴的な馬場状態だった。

そんな中、若手騎手で目立ったのが西村淳也騎手だ。2年目となる今年は、先週末終了時点で49勝とプチブレークをしているが、騎乗ぶりを見ていても馬場の伸びどころをよく見ているように思える。

西村淳騎手はもともと芝の方が得意で、勝率・連対率・複勝率ともにダート<芝の傾向があるジョッキーだが、その理由の一つは馬場読みにあるのではないだろうか。先週末でいえばピッツィカートで制した萬代橋特別では、道中はロスを最小限に抑え、直線は思い切って外に出し勝利。2歳未勝利のキーダイヤでは、結果だけ見れば1番人気で2着に敗れたとはいえ、直線粘り混む段階で内が悪いと見るや最後は外に進路を切り替えて持たせた。

とりわけ、馬場が荒れて来て伸びどころの把握が重要になる開催終盤で馬場読み力が発揮されるイメージが強い。インが不利だった夏の小倉最終週では、最内枠のメイショウカズヒメで逃げて直線は思い切って外に出し穴をあけたのも強く印象に残っている。先週末は芝に限っても2勝2着2回。馬場読み力に長けているだけに、特徴のある馬場状態やローカルの荒れ馬場でまとめて来ることが多い。まだまだ人気薄での騎乗も多いので、今のうちから上手く特徴をつかんでおきたい。


~重賞盛りだくさんの週末の注目馬は?

さて、今週末は土日合計4重賞となる。その中でも日曜日のみやこSは、フェブラリーSの覇者インティなど、今後のG1にもつながっていきそうな好メンバーが揃った。もっとも、インティは久々に加えて59キロとなかなかシビアな条件となる。上がり馬や実績馬も揃っており、伏兵の出番もありそうな一戦だ。

現時点での注目はキングズガード。1800mは久々になるが、2000mを使われた前走でもラストは良い伸びを見せており、差し馬としては不発の少ない堅実タイプ。2年前にも好走した得意の京都で、今年も一発があるかもしれない。

一方、アルゼンチン共和国杯は目黒記念を制して以来となるルックトゥワイスに注目が集まるが、前走はレーン騎手の腕で持ってきた面もあっただけに、同じように走れるかは半信半疑。再び上昇気配のあるアフリカンゴールド、前走はスムーズさを欠いたものの完全復調しているノーブルマーズが面白いか。

穴ならオジュウチョウサンも面白そうだ。どうしても話題先行のイメージがあるものの、有馬記念だけ走れば通用しておかしくない。平地実績のない石神騎手から松岡騎手に乗り替わるのもプラスだろう。

3場開催の上に月曜日にはJBCもあるためいつも以上に数多くのレースが行われる週末になるが、何でもかんでも追い掛けるのではなく、ある程度勝負どころを見極めて狙って行きたい週末だ。

※重賞の結論は、『TAROの競馬』にて一部レースを無料公開予定。また、馬券の買い方や券種の選び方なども含めた結論は、競馬ノートにて限定配信の予定です。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』
(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)、『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)。


登録済みの方はこちらからログイン

2019年4月18日(木) 17:30 競馬プロ予想MAX
先週の回顧~(4/13~4/14)山崎エリカプロがG3アーリントンCを◎イベリス-△カテドラルでGET!40万オーバー達成!
閲覧 1,173ビュー コメント 0 ナイス 11



先週は、14(日)に中山競馬場でG1皐月賞が行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G1皐月賞は、単勝1.7倍の断然の中心にサートゥルナーリア。2番人気に単勝5.7 倍でアドマイヤマーズ、3番人気ダノンキングリー(単勝5.8倍)、4番人気ヴェロックス(同9.0倍)と続き、以下5番人気ファンタジストは単勝25倍台。上位4頭とそれ以外ではかなり開きがあるオッズを形成し、全18頭がゲートイン。
全馬一斉のスタートから、内枠勢が行き脚良く先手を窺うと、その中からランスオブプラーナダノンキングリーが前へ。ここに外からダディーズマインドが競りかけ、クリノガウディーも積極策。結局これらの中から、ランスオブプラーナがハナに立ち主導権を握って1コーナーに入ります。
2番手ダディーズマインド、3~4番手クリノガウディーダノンキングリーと続く先行集団。以下は、アドマイヤマーズヴェロックスファンタジストクラージュゲリエの態勢で続くと、直後のちょうど中団馬群の外目をサートゥルナーリア。後方にかけては、シュヴァルツリーゼラストドラフトアガラスサトノルークスブレイキングドーンナイママタガノディアマンテアドマイヤジャスタと続き、最後方にメイショウテンゲンの位置取り。
先頭を行くランスオブプラーナが、前半1000mを59.1秒(推定)で通過。平均的な流れでの逃げに、後続もぴったりと離されずに一団馬群で追走。3コーナーでは、早くもダディーズマインドクリノガウディーを筆頭に、さらにランスオブプラーナへのプレッシャーを強めていくと、外を回って早くもヴェロックスがこれらを射程圏に入れて早めのスパートを開始。そして、その直後にこちらも手応え十分にサートゥルナーリア。各馬横に広がって直線に突入していきます。
堂々の先頭に立ったヴェロックスに対し、インに切れ込んでショートカットのダノンキングリー、馬群の中のアドマイヤマーズ、外を通るサートゥルナーリアと、これら1~3番人気馬たちは、ほぼ横並びの位置取りで1馬身ほど後ろを追走。手応え十分に外から襲い掛かるサートゥルナーリアに、内でこちらも非凡なキレ味を披露するダノンキングリーが、徐々にヴェロックスを飲み込む伸びを見せ、アドマイヤマーズはやや伸びで見劣り後退。離れた内にダノンキングリー、外に馬体を併せてサートゥルナーリアと、これら2頭に挟まれた格好のヴェロックスによる3頭の叩き合いに持ち込まれますが、やはりここから強さを見せつけたのは断然の主役サートゥルナーリアでした。内に寄ってしまい審議対象になるなどの多少粗削りな部分を覗かせながらも、外を鋭く伸びて1冠目を“無事通過”。アタマ差の着差以上に強い内容で、皐月賞制覇を飾っています。そのアタマ差2着には、4番人気ヴェロックス。早め先頭からマークされる立場での競馬となりながらも、最後差し返す伸びを見せ2着を確保。さらにそこからハナ差の3着に3番人気ダノンキングリーが入っています。
公認プロ予想家では、霧プロKOMプロ奥野憲一プロ田口啄麻プロろいすプロ豚ミンCプロ蒼馬久一郎プロら計14名が的中をマークしています。
 
 
 
----------------------------------
 
☆☆☆注目プロ →山崎エリカプロ
13(土)G1中山GJを「本命はオジュウチョウサンで仕方なし。ただ、ヒモ荒れには期待できる」と評し的中すると、G3アーリントンCでは、◎イベリスから馬連361.2倍含む計40万8,200円払戻しのビッグヒットを達成!週間トータル回収率454%、収支35万4,600円の大幅プラスを記録しています。
 
☆☆☆注目プロ →田口啄麻プロ
13(土)福島2Rでいきなりの33万9,040円払戻しをマークすると、中山6R中山10Rなどの的中を披露。翌14(日)には、中山8Rの◎ハーグリーブス(単勝29.0倍)的中や、G1皐月の◎○的中などの活躍を見せた先週は、土日トータル回収率215%、収支トップの47万6,690円プラスを記録しています。
 
☆☆☆注目プロ →霧プロ
13(土)は阪神6Rの○◎的中や、勝負予想G1中山GJ◎△○的中、福島12R◎▲的中などの活躍を披露。14(日)には、勝負予想福島4R阪神9RG1皐月オールヒットなどで、さらにプラスを積み増し!連日のプラス収支達成で、トータル回収率131%、収支10万8,660円プラスの好成績をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →岡村信将プロ
13(土)阪神4Rレッドアウローラ(単勝30.3倍)的中を筆頭に、14(日)阪神6R福島7R福島12Rなどの的中を記録。安定した成績で2日間を終え、トータル回収率105%をマークし、2週連続プラス収支を達成しています。
 
☆☆☆注目プロ →覆面ドクター・英プロ
13(土)の阪神1R福島2Rと序盤に好調予想を連発すると、この日の中山最終Rでは3連単32万5,380円馬券を的中!週間トータル回収率105%をマークしています。
 
 
 
この他にも、金子京介プロ(152%←2週連続週末プラス)、“帰ってきた”凄馬勝子プロ(140%)、
奥野憲一プロ
(113%)、夢月プロ(122%←2週連続週末プラス)らが、週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
 
 
----------------------------------
 
※全レースの結果情報はこちら


今週も「プロ予想MAX」にぜひご注目下さい。

[もっと見る]

2019年4月12日(金) 20:00 凄馬
『凄馬』で今週の鉄板馬情報をゲット! 2019年04月12日
閲覧 1,210ビュー コメント 0 ナイス 2

毎週、確勝級の鉄板馬をお知らせする『凄馬(スゴウマ)』情報。
さっそく、今週の凄馬を紹介いたしましょう!

<2019年4月13日()の凄馬!>
極凄馬
福島2R 3歳未勝利
エイトマイル(+9.0)

極凄馬
中山9R 山藤賞
サトノウィザード(+4.7)

超凄馬
中山4R 3歳未勝利
リワードアンヴァル(+3.7)

超凄馬
中山6R 3歳500万以下
ユニバーサルレディ(+3.7)

超凄馬
福島3R 3歳未勝利
ダノングリスター(+3.4)

超凄馬
福島10R 雪うさぎ賞
ナランフレグ(+3.3)

超凄馬
阪神10R 陽春ステークス
ニホンピロタイド(+3.1)

超凄馬
阪神1R 3歳未勝利
ハッピーゴラッキー(+2.7)

超凄馬
中山11R 中山グランドジャンプ G1
オジュウチョウサン(+2.6)

超凄馬
阪神4R 3歳未勝利
メイショウオウギ(+2.6)

超凄馬
中山2R 3歳未勝利
サクラルーフェン(+2.5)

超凄馬
福島9R 4歳以上500万以下
グランセノーテ(+2.2)

超凄馬
阪神5R 3歳未勝利
カズマークセン(+2.2)

<『凄馬』の見方>
超凄馬・・・勝率36%、複勝率68%を誇る軸馬候補!
極凄馬・・・凄馬の極み、断然の軸馬!勝率46%、複勝率77%
馬名の右にある数字・・・数字が大きいほど勝率が高い
(集計期間:2008年6月1日~2019年4月14日、集計数:34,703レース分)

<日曜日の『凄馬』を受信しよう!>
日曜日の凄馬情報は『凄馬』メールに登録(無料)することで受信できます。
『凄馬』メールは、その日に出走する馬の中から確勝級の馬を携帯メールでお知らせしてくれる無料サービスです。

<『凄馬』メールの登録のしかた>
携帯電話で右上のQRコードを読み取って、何も記入せずにメールを送信してください。
1、2分ほどで登録完了メールが返ってきたら、登録は完了です。
日曜日の『凄馬』は、土曜日の午後6時以降にお届けになりますのでお楽しみに!

QRコードがうまく読み取れない場合は、直接、s@umanity.jp へ空メール※を送っても登録できますのでお試しください。
※件名と本文に何も記入せずにメールを送信してください

[もっと見る]

2019年3月8日(金) 20:00 凄馬
『凄馬』で今週の鉄板馬情報をゲット! 2019年03月08日
閲覧 1,128ビュー コメント 0 ナイス 2

毎週、確勝級の鉄板馬をお知らせする『凄馬(スゴウマ)』情報。
さっそく、今週の凄馬を紹介いたしましょう!

<2019年3月9日()の凄馬!>
極凄馬
阪神9R ゆきやなぎ賞
アーデントリー(+5.2)

超凄馬
中京4R 3歳未勝利
ヴィーゲンリート(+3.0)

超凄馬
阪神3R 3歳未勝利
クラウドスケープ(+3.0)

超凄馬
阪神8R 阪神スプリングJ G2
オジュウチョウサン(+2.8)

超凄馬
中山12R 4歳以上1000万以下
レッドフレイ(+2.6)

超凄馬
中京6R 4歳以上500万以下
クインアマランサス(+2.6)

超凄馬
中京7R 4歳以上500万以下
アウステルリッツ(+2.1)

超凄馬
阪神6R 4歳以上500万以下
ドラグーンシチー(+2.0)

<『凄馬』の見方>
超凄馬・・・勝率36%、複勝率68%を誇る軸馬候補!
極凄馬・・・凄馬の極み、断然の軸馬!勝率46%、複勝率77%
馬名の右にある数字・・・数字が大きいほど勝率が高い
(集計期間:2008年6月1日~2019年3月10日、集計数:34,370レース分)

<日曜日の『凄馬』を受信しよう!>
日曜日の凄馬情報は『凄馬』メールに登録(無料)することで受信できます。
『凄馬』メールは、その日に出走する馬の中から確勝級の馬を携帯メールでお知らせしてくれる無料サービスです。

<『凄馬』メールの登録のしかた>
携帯電話で右上のQRコードを読み取って、何も記入せずにメールを送信してください。
1、2分ほどで登録完了メールが返ってきたら、登録は完了です。
日曜日の『凄馬』は、土曜日の午後6時以降にお届けになりますのでお楽しみに!

QRコードがうまく読み取れない場合は、直接、s@umanity.jp へ空メール※を送っても登録できますのでお試しください。
※件名と本文に何も記入せずにメールを送信してください

[もっと見る]

2018年12月27日(木) 16:00 競馬プロ予想MAX
先週の回顧~(12/22~12/23)日曜阪神9R◎マイネルフラップ(単勝152.3倍)的中のマカロニスタンダーズプロが週間収支+42万超でトップ!
閲覧 558ビュー コメント 0 ナイス 4

先週は、23(日)に中山競馬場でG1有馬記念が行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G1有馬記念は、小雨が降るなか馬場状態は稍重発表で発走時刻を迎えます。1番人気はレイデオロで単勝2.2倍。2番人気にキセキ(同5.9倍)、3番人気にブラストワンピース(同8.9倍)、4番人気にモズカッチャン(同9.1倍)、5番人気にオジュウチョウサン(同9.2倍)と、ここまでが単勝ひとケタ台の支持を集め、全16頭がゲートイン。
ミッキースワローが後手を踏んだ以外は各馬まずまず揃ったスタートを切ると、まず注目のオジュウチョウサンが先頭へ。ここにサウンズオブアースミッキーロケットと並び掛けていくところへ、離れた外からキセキが進出しハナを奪って1週目のホームストレッチへ。前半1000mを1分00秒8(推定)で通過すると、ここから若干ペースを落としながら向こう正面へと馬群を率います。
キセキから4馬身後方には、ミッキーロケットが続き、差がなくオジュウチョウサンサウンズオブアースクリンチャーモズカッチャンブラストワンピースと中団にかけての追走。サトノダイヤモンドを挟んで、直後の9番手あたりをレイデオロがキープ。後方集団は、マカヒキシュヴァルグランパフォーマプロミススマートレイアーサクラアンプルールリッジマンとなって、離れて最後方をミッキースワローの態勢で2週目の3コーナーを目指します。
3コーナーを迎え、ここからペースアップを図るキセキがさらにリードを広げ始めると、歓声に沸く場内。外を回って手応えよく進出を開始するブラストワンピースに、これを追うように直後からはレイデオロも徐々に先行集団の一角へとポジションを上げて直線勝負へ。
逃げるキセキのリードは、依然3馬身ほど。終始直後の位置取りで進めたミッキーロケットオジュウチョウサンも手応え十分に追い出され、残り200mでキセキから2馬身差へと詰め寄ると、外を伸びてはブラストワンピースが差のないところまで浮上。直後の5番手にはさらに外を通ってレイデオロも伸びてきます。坂を上がったところで苦しくなったキセキを、外からミッキーロケットブラストワンピースが一気に捉えると、直後のレイデオロ、さらに後方から馬群を縫うように伸びたシュヴァルグランの2頭も急追。ゴール手前50mでは4~5頭がひと塊となる熱戦を、最後は3歳馬ブラストワンピースが振り切って先頭でゴール!G1初制覇を飾っています。クビ差の2着にはレイデオロが入り、そこから1馬身1/4差の3着には9番人気シュヴァルグランが入っています。
公認プロ予想家では、サウスプロ☆まんでがんプロ赤木一騎プロ奥野憲一プロくりーくプロら、計6名が的中しています。
 
 
 
----------------------------------
 
☆☆☆注目プロ →マカロニスタンダーズプロ
22(土)を阪神12Rでの○◎的中などでプラス収支で終えると、23(日)には中山5Rでの◎▲○的中計12万8940円の払戻し、阪神9Rでの◎マイネルフラップ(単勝152.3倍)的中計40万7040円、阪神10Rでの◎ペルソナリテ(単勝24.7倍)的中計10万7400円払戻しと大暴れ。土日トータルでは、回収率197%、収支トップの42万5,720円をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →金子京介プロ
22(土)のG2阪神Cでは、◎ダイアナヘイロー(単勝38.3倍)的中で計13万4050円のスマッシュヒットを披露。23(日)も中山10Rなどの的中で2日間連続のプラスを達成した先週は、週間トータル回収率128%を記録し、3週連続週末プラスを達成しています。
 
☆☆☆注目プロ →くりーくプロ
15(土)は、G2阪神Cを◎スターオブペルシャ(単勝46.3倍)の予想で仕留めるなど、的中率100%、回収率183%の成績をマークすると、23(日)にはこの日の勝負予想G1有馬記念を◎シュヴァルグラン(単勝22.7倍)から的中!週末のトータルでは、回収率106%をマークしています。
 
 
 
この他にも、【U指数】馬単マスタープロ(301%)、セイリュウ1号プロ(146%)、“帰ってきた”凄馬勝子プロ(142%)、おかべプロ(126%←7週連続週末プラス)、ース1号プロ(118%)、【U指数】3連複プリンセスプロ(105%)、山崎エリカプロ(102%)、またJRDBから期間限定参戦中の赤木一騎プロ(153%)らが週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
 
 
----------------------------------
 
※全レースの結果情報はこちら


今週も「プロ予想MAX」にぜひご注目下さい。

[もっと見る]

2018年12月21日(金) 17:30
濃霧注意報DX~有馬記念2018展望+ホープフルS2018注目馬短評~
閲覧 2,165ビュー コメント 0 ナイス 5



 毎年有馬記念の頃になると頭をよぎるのが、「え、もう?」という自分の脳内セリフ。
 やたらと一年が長く感じた学生時代に比べると、社会人になってからの一年、家庭を持ってからの一年、子供を授かってからの一年……と、ライフイベントを経るごとにその早さがとんでもない勢いで増しているような気がします。
 今年も今年で、引っ越し等により日々を慌ただしく過ごすうちに年末を迎えてしまったという印象で、まだ頭が”有馬記念モード”になっていかないというのが正直なところ。自分の中で、どこかまだ生活環境に落ち着きを見つけられていないのかもしれません。
 それでも、有馬記念を外した状態で年末年始を迎える……というのは、後から必ず後悔の念が怒涛のように押し寄せるパターン。穏やかに、そして満足いく形で正月休みを過ごすためにも、ここは自分に鞭打って的中を目指したいところです。
 それでは、今年最後の濃霧注意報――有馬記念展望、まいります(後半では、来週28(金)のホープフルステークスについても注目馬短評を書かせて頂いています)。



 秋の古馬王道路線のうち、天皇賞(秋)レイデオロが盤石の競馬で完勝。
 続くジャパンカップアーモンドアイが驚異のレコードを樹立……と、それぞれに見応えあるレースが繰り広げられました。
 そして最終戦の有馬記念
 ジャパンカップを制したアーモンドアイの名前がないのは残念ではありますが、天皇賞馬レイデオロはきっちりとここに狙いを定めての出走。強気の競馬で秋の王道を盛り上げ続けているキセキや、3歳牡馬最強格とも言えるブラストワンピース、既に十分な実績を積み上げているシュヴァルグランサトノダイヤモンドといった面々に加え、障害王者のオジュウチョウサンまでもが参戦し、近年の中では最もバラエティ豊かなメンバー構成になっているように映ります。ジャパンカップを回避してここに備えたマカヒキミッキーロケット、海外帰りのクリンチャー、叩き2戦目のミッキースワロー、上がり馬のパフォーマプロミス辺りまで含めて考えると、いったいどこまで印を打てばいいんだ……と途方に暮れそうになります。

 そんな難解なメンバーの中に入っても、頭一つ抜けた人気を集めそうなのがレイデオロ
 なんとなく消化不良な感があった春シーズンが嘘のように、この秋はきっちりと勝ち切る本来の強さを見せています。天皇賞(秋)で楽に先着したキセキジャパンカップで素晴らしい走りを見せたことも、本馬の評価を上げる一因になっているでしょう。
 時折テンションが高かったり、レースに行って折り合いの難しさを出すことがあったりと、まだ気性面に不安定な部分を残すものの、関東圏のレースに限ればそうした面はあまり見せず、馬券圏内を外したのもぶっつけでG1に臨んだ3歳時の皐月賞のみ。基本的には非常に堅実で、勝ち癖もしっかりと身に付けている馬と言えるでしょう。
 天皇賞(秋)、そして日本ダービーと、大きなタイトルはいずれも東京コースにおけるものですが、母父のシンボリクリスエスをはじめ、母母レディブロンド、母ラドラーダはいずれも中山コースで高いパフォーマンスを発揮していた馬達。条件不問な父系と、こうした母系の組み合わせならば、今回の舞台もマイナスにはならないと考えます。
 状態面においても、大レコードが樹立されたジャパンカップスキップしたことで、変なダメージはなく順調な様子。ここまで余力を残していた馬の好走が目立つレースでもありますし、あまり嫌う材料が見当たりません。ただ、オッズ的に妙味がない存在であるというのは間違いないので、買い目構築にひと工夫必要かもしれませんね。

 この秋は勝ち切れないまでも、十二分に復活をアピールしているのがキセキ
 前走のジャパンカップは自らペースを作っての超ハイレベル決着でしたから、これはもう勝ち馬のアーモンドアイを褒めるしかありません。ここに来ての急上昇はルーラーシップ産駒らしさを感じますし、来年は更なる成長が見込めるのではないでしょうか。
 しかし、コラム的に注目しなくてはならないのが、”今回が果たしてどうなのか”という点。

[もっと見る]

⇒もっと見る

オジュウチョウサンの口コミ


口コミ一覧

有馬記念考察(簡易版)

 今崎ホセ 2019年12月20日(金) 18:11

閲覧 441ビュー コメント 0 ナイス 4

【高く評価している馬】
・ヴェロックス
血統面から見ても前走はさすがに距離か。
小回りコースでの適性が高く、
デビュー戦の8馬身差圧勝や、
若葉Sでワールドプレミアを子供扱いしたのも圧巻。

皐月賞にしてもサートゥルナーリアに寄られた不利が響き、
そこから最後もう一度伸び返した内容は勝ち馬同等以上に評価出来る。

ダービーの時に一旦サートゥルナーリアに前に出られながら、
最後差し替えした辺りこのくらいの距離ならスタミナは持ちそう。

ただ絶対的な能力ではアーモンドアイやサートゥルナーリアの方が
上回っている感じは否めず適正面と立ち回りでどれだけカバー出来るか。

・サートゥルナーリア
神戸新聞杯は少頭数ながら世代のトップクラスに完勝。
前走も折り合いを欠いただけで能力的なものとは思わない。

スミヨンが2度目の騎乗で手の内に入れてくるだろうし、
東京よりは中山の方がテンションが上がりすぎないという意味で良さそう。

神戸新聞杯の内容からすれば、
絶対的な能力ではアーモンドアイともそう差はないはず。
とにもかくにも折り合って自分の競馬が出来るかだけ。
自分の競馬が出来れば突き抜けても不思議はない。

・リスグラシュー
これまであんまり強いイメージは感じなかったが、
近2走の内容があまりにも秀逸。

コックスプレートは大外ぶん回して相当なロスがありながら完勝。
宝塚記念は前有利の展開ではあったものの3馬身差の内容は濃い。

海外帰りも経験しており、
ローテーション的にもそんなに危惧することはなさそう。

ただ今走は相手関係が一気に強化されることと、
引退レースというのはちょっと気になるところ。
それを差し引いても重い印は打ちたい。

【あまり評価していない馬】
・アーモンドアイ
もちろん圧倒的に強いのは誰もが知っているが、
あんまり中山向きのイメージがない。

脚質的な事を考えても捌ききれるかちょっと心配なところも。

どうせグリグリの人気になるし、
ローテーション的にもちょっと不安なので、
本命は打たずに2~4番手くらいの評価で。

・ワールドプレミア
個人的にあまり強い馬だと思っていない。
前走は内をロスなく回った好騎乗で、
能力でねじ伏せたわけではない。

単純な力関係ではヴェロックスやサートゥルナーリアの方が、
はるかに上ではないかなという印象。

おそらく武豊とディープ産駒という事で人気しているだけで、
馬券的な妙味は全くと言っていいほどない。
去年のオジュウチョウサンみたいな感じ。

勝たれたら仕方ないという感じで、
馬券的には完全に無印で。

とりあえず現時点では…
◎サートゥルナーリア
○ヴェロックス
▲リスグラシュー
△アーモンドアイ
✕レイデオロ

こんな感じで考えてますが、
かなり悩んでるので変更する可能性はあります。

 ナリタブライアン 2019年12月19日(木) 23:41
2019年秋G1馬当て 第11戦中山大障害 第12戦有馬記念
閲覧 321ビュー コメント 18 ナイス 48

中山大障害と有馬記念の予想をしましょう(^_^)b
大障害はオジュウチョウサンが出ないので結構難しくなりそうですね。
有馬記念は5枠9番アーモンドアイが1番人気でしょうか?

<有馬記念>
1枠1番 スカーレットカラー(牝4、栗東・高橋亮) 岩田康
1枠2番 スワーヴリチャード(牡5、栗東・庄野) O.マーフィー

2枠3番 エタリオウ(牡4、栗東・友道) 横山典
2枠4番 スティッフェリオ(牡5、栗東・音無) 丸山

3枠5番 フィエールマン(牡4、美浦・手塚) 池添
3枠6番 リスグラシュー(牝5、栗東・矢作) D.レーン

4枠7番 ワールドプレミア(牡3、栗東・友道) 武豊
4枠8番 レイデオロ(牡5、美浦・藤沢和) 三浦

5枠9番 アーモンドアイ(牝4、美浦・国枝) C.ルメール
5枠10番 サートゥルナーリア(牡3、栗東・角居) C.スミヨン

6枠11番 キセキ(牡5、栗東・角居) R.ムーア
6枠12番 クロコスミア(牝6、栗東・西浦) 藤岡佑

7枠13番 アルアイン(牡5、栗東・池江) 松山
7枠14番 ヴェロックス(牡3、栗東・中内田) 川田

8枠15番 アエロリット(牝5、美浦・菊沢) 津村
8枠16番 シュヴァルグラン(牡7、栗東・友道) 福永

[もっと見る]

 ブルースワン 2019年12月18日(水) 23:49
メジロパーマー号 おまけ
閲覧 111ビュー コメント 4 ナイス 18

宝塚記念・有馬記念勝つ前
新潟大賞典も勝ってますが
その前に障害レース走って勝ってるのは
メジロパーマーファンぐらいしか知らないような・・

なのでオジュウチョウサンより
メジロパーマーの方がスゴイかも😊
障害レース勝ったG1馬なんです😊

[もっと見る]

⇒もっと見る

オジュウチョウサンの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
1:
  TERAMAGAZINE   フォロワー:40人 2019年10月28日(月) 22:17:36
オジュウチョウサン
期待したい!!!

えっ
ジョッキーは松岡正海…?

ユタカさんでも障害の名コンビ石神騎手でもなく…

レース選択もそうだが、

一貫性が無い!

というしか…

オジュウチョウサンの写真

オジュウチョウサンの厩舎情報 VIP

2019年11月30日ステイヤーズS G26着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

オジュウチョウサンの取材メモ VIP

2019年11月30日 ステイヤーズS G2 6着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。